--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/01(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 22:30:43.77 ID:JibRWbT3P
美琴「……」ムスッ

黒子(先程からお姉さまのご様子がおかしいですの)

初春(さっき撃退したスキルアウトが原因でしょうか? いつも以上に相手を痛めつけていたような気がしましたし)

佐天(な、なんか気まずいなぁ……御坂さんがこんなに機嫌悪そうなのって久しぶりかも)

黒子「あら、もうこんな時間ですの。そろそろ支部へ参りませんと」

初春「え? あ、ああそうですね! そろそろ行きましょうか!」

佐天「え? もうそんな時間?」

黒子「今日はアンチスキルの方との会議のようなものがありまして」

初春「ということなので、ここで解散ということでいいですか?」

美琴「別に構わないわよ」




美琴「佐天さんって、本当に物分りが悪いわね」 の続きを読む
2013/04/30(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/29(月) 09:47:19.37 ID:NEI5gdr50
長門「そう…」




古泉「朝比奈さんって…良いケツしてますよねぇ…」みくる「え…?」 の続きを読む
2013/04/29(月)
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:51:49.16 ID:DxEImIJhT
佐天「ういはる~!私レベル2になったよ~!」

初春「えーっ、もうレベル上がったんですかぁ!?私、あっというまに追い抜かれちゃいましたね……」

佐天「まぁまぁ、努力も大事だけど超能力には運も大事だからさー」

初春「はぁ……それでどんな能力なんですか?」

佐天「それはねぇ……んっ!」ピクッ

初春「?」

佐天「んっ……あっ///……み、御坂さんが来たみたい」モゾモゾ




佐天「電撃を性的快感に変える能力かぁ……」 の続きを読む
2013/04/28(日)
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/25(木) 13:58:40.73 ID:KrnV/Qsx0
固法「何よこの点数は!」

上条「いや上条さん的には一生懸命やったんですけど……」

固法「この点数じゃホントに進級出来ないわよ?」

上条「それはわかってるんですけどねぇ……」アハハ

固法「笑わないっ!」ビシッ

上条「ひっ!」




固法「こら、当麻!」上条「げ!姉ちゃん!!」 の続きを読む
2013/04/27(土)
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 21:08:22.94 ID:XtCkp01Qi
 
一方「馬鹿な……俺の……力がァ……」

佐天「ごめんなさい。 でも、能力を振りかざす方が悪いかなー、って」

一方「嘘だろ……こンな……こンな、ことが……」 ギリ…

佐天「まあ、でも、大丈夫ですよ」

佐天「人間はね、能力が無くたって、生きていけるんです」

佐天「そう、むしろね」

佐天「能力なんて無い方が、いいんです」

佐天「そっちの方が皆、幸せなんです」

佐天「私」

佐天「皆を幸せにしたいんです」 ニコッ



─── 窓の無いビル

 ユラ…

結標「……どうしたの?」

アレイスター「……プランを……変更する」




佐天「他人の能力を吸収できる能力かぁ」 の続きを読む
2013/04/26(金)
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:52:18.61 ID:tGW1kxsm0
あやせ「お兄さん、お話があります」

京介「またか……今度は一体何の相談だ?」

あやせ「いえ………今日は桐乃のことじゃなくて、お兄さんにお願いが…」

京介「俺に?出来ることなんてたかが知れてるが…」

あやせ「あの、その……」モジモジ

京介(あやせが言い淀むなんて珍しいな)

あやせ「わ……たしの…………を……」

京介「え、聞こえないぞ」

あやせ「私の処女を!貰ってください!」

京介「」




あやせ「お兄さん、処女を貰ってください」 の続きを読む
2013/04/25(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 16:06:50.88 ID:mGlQxcgb0
ロック「レヴィ、さっきの一件だけど……」

レヴィ「あ?なんだよ、ロック。もうあれはケツ拭いたからいいだろ?」

ロック「でも、危うく仕事が失敗するとことだったんだ。あんなところでケンカはやめてくれ」

レヴィ「ありゃあ、向こうが悪い。仕事の邪魔になったからあのデブに鉛玉舐めさせてやっただけだ」

ロック「それが困るって言ってるんだ」

レヴィ「ヘイ、ロック。あたしに意見できるほど、偉くなったのかよ?あぁ?まだまだエサ欲しさに囀るチキンの癖してよぉ」

ロック「今後もあんなことをするなら、俺はレヴィと仕事はできない」

レヴィ「なんだと、このやろう」

ロック「わかったか?」

レヴィ「てめぇ!勝手なことぬかしんてじゃねえよ!!てめぇのことはあたしが見るって決まってんだよ!!それがわからねえなら外で寝て、犬の糞と一緒に掃除されちまえ!ファック!!」

ロック「……ファック?俺とファックってことでいいんだよな。いいよ。向こうでしようか」

レヴィ「え!?……いや、ち、ちがう。そっちじゃねえよ。言葉つうじねえのかよ……こ、こらぁ……」




レヴィ「ロックの糞野郎!ファック!!」ロック「ファック?」 の続きを読む
2013/04/24(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 03:49:43.72 ID:iH3Ei3zX0
ロック「……あれ?」

ベニー「ロック、どうしたの?」

ロック「悪い、ベニー。火を貸してくれないか? どこかに置いてきたみたいだ」

ベニー「いいよ。でも、珍しいな。ロックが忘れ物なんて。盗まれたんじゃないのかい?」カチッ

ロック「ライターを盗まれたか。それはおっかないね。俺の火でロアナプラが燃えるなんてことになったら、生きていけない」

ベニー「言えてるね。バラライカ辺りに簀巻きにされて魔女裁判だ」

ロック「ありがとう。助かった」

ベニー「それじゃ、仕事に戻るよ。可愛い子が手に入ってね」

ロック「日本で見つかった基盤、気に入ったのか。それはよかった」

ロック「ふぅー……」

ロック(ライター。どこにいったんだろう?)

レヴィ「よう、ロック。シガータイムか。丁度いい。あたしにも火、よこせ」

ロック「悪い、レヴィ。ライターを無くしてね。ベニーに借りてきたらいい」

レヴィ「何言ってんだ。今、咥えてんだろ。それでいい」

ロック「え? これ? まぁ、いいけど」




レヴィ「ヘイ、ロック。火、よこせよ」ロック「ああ、いいけど」 の続きを読む
2013/04/23(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/16(金) 02:36:20.40 ID:8kDI/y7N0
上条「ごめんなさい」

インデックス「今度は誰としたの?」

上条「・・・・・・」

インデックス「私も知ってる人?」

上条「・・・・・・」コクリ

インデックス「誰なのかな」

上条「・・・・・・」

インデックス「イギリスに帰ろうかな・・・」

上条「うわあああああ言ういう言いますからそれだけはやめて下さい!!」




上条「浮気してしまいました」インデックス「また・・・?」 の続きを読む
2013/04/22(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/18(木) 17:40:27.75 ID:LtlQFoiN0
滝壺「言葉にできない」

上条「だとよ浜面」パンパン

浜面「おほおおおおおぉぉ・・・・・」ウットリ

上条「聞いてんのか?」パンパン

浜面「イイッ・・・・ギモッチイイイイィィィィ!!!」

滝壺「これはひどい」

上条「すっかり好きになっちまったみてえだな」パンパン

浜面「はぁっ!!!はあぉぉぉ・・・」ハァハァ

上条「ったく、彼女が見てるっていうのになぁ?」パンパン

浜面「はっ・・た・・きつぼ・・・・ おふっ」


残念、ホモスレでした




上条「どうだ?俺のものになった気分は」滝壺「うん」 の続きを読む
2013/04/21(日)
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/15(水) 02:14:06.19 ID:Odylu7a+o
御坂「ちょ、ちょっと待ってよ。何であいつの名前がそこで出てくるわけ!?」

上条「え? 言って無かったっけ。実は……」

食蜂「上条さぁ~ん☆」 ギュッ

上条「あ? おう、ちょうどよかった。はいこれ。この前借りてたジュース代」

御坂「え? え? な、何?」

食蜂「もう上条さんたらぁ、そんなのいいのにぃ」

上条「そうはいかねぇだろ。年下なんだしさ、食蜂」

食蜂「食蜂だなんてぇ、操祈って呼んでぇ」 

上条「え……あ、ああ……じゃあ、えっと……操祈」

食蜂「なぁに? 上条さぁん☆」

御坂「ど……どういうこと……?」

上条「ああ、実は俺、食蜂と付き合うことになったから」

食蜂「ごめんねぇ、御坂さぁん」 ニヤニヤ

御坂「」

御坂「つ、付き合うって……え? ちょっ、えぇ!?」

上条「何驚いてんだよ。上条さんだって健全な男子高校生。彼女の一人や二人いたっておかしくないですのことよ」 ドヤッ

食蜂「上条さぁん、今からどこか行きたぁい」 ムギュッ

上条「そ、そうだな。じゃあどっか行くか。そんな訳だから御坂」

御坂「ちょ、ちょっと待った!」




上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」 の続きを読む
2013/04/18(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:12:39.29 ID:eff/Q9vL0
病室

さやか「うーす」ガラッ

恭介「!」ビクッ

恭介「や、やぁさやか よく来てくれたね」

さやか「ふー、具合はどう?」ドサッ

恭介「…別に いつもと変わらずさ」

恭介(今さやかが足元に置いたのは新○堂の袋…)

恭介(…今日もCD持ってきてくれたのかな…)ドキドキ




恭介「さ、さやかは僕をいじめてるのかい…///あぁんっ!」 の続きを読む

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。