FC2ブログ

翠星石のお留守番

***
2008/11/28(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:29:38.04 ID:Lhh5O7PrO
JUM「お前本当に一人で大丈夫なのか?僕も姉ちゃんも真紅達も夕方まで帰らないぞ」

翠星石「子供扱いするんじゃねーです。留守番くらい平気ですぅ」

JUM「そうか?もしなんかあったら家の電話から携帯に」

翠星石「大丈夫っつってるだろです!さっさと行くですウスノロチビ人間!」

JUM「わかったよ。じゃあごめんな、留守番頼むわ。火は使うなよ」

翠星石「はいです。行ってらっしゃいですぅ!車に気をつけるですよ」

JUM「ん。行ってきます」

ガチャ

バタン!

JUM「…」ニヤリ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:31:48.57 ID:GK1UzYIq0
.   ∩____∩゜.:+___∩: :.+ 
ワク. | ノ      ヽノ     ヽ+.:  
:.ワク/  ●   ● | ●   ● | クマ   
  ミ  '' ( _●_)''ミ'' ( _●_)''ミ クマ 
. /  ._  |_/__ノヽ__  |_/__ノヽ
 -(___.)─(__)__.)─(__)─




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:32:51.69 ID:Lhh5O7PrO
真紅「JUM遅いわね。もうネカフェで1時間も待ってるのだわ」

雛苺「なの…。翠星石が一人はいやーっ!ってゴネてるかも知れないの」

真紅「有り得るわね」

雛苺「それにしても楽しみなの!翠星石のお留守番!発案者のJUMは天才なのよー」

真紅「趣味が良いとは言えないけれど、不本意ながら楽しみだわ」

雛苺「家中にカメラはセットしてあるし、あとはJUMが来てPCから見れるようにするだけなの!」

ガチャ

JUM「お待たせー」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:38:02.07 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「待ってたのー!」

真紅「早くセットしてちょうだい。ワクテカが止まらないのだわ」

JUM「待ってろ、すぐに終わるよ。マルチ画面で見れるようになってるからな」

雛苺「わぁ。すごいの!お部屋からリビング、お風呂まで全部映ってるのー」

真紅「すごいわね。翠星石は…と。あ、居たわ」

JUM「あれ?こいつ…何やってんだ?」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:42:16.79 ID:Lhh5O7PrO
真紅「ベッドの上に居るようね」

雛苺「寝てるの?俯せで寝るなんて苦しそうなの…」

JUM「いや、違う…これは…」

雛苺「うゆ?」

真紅「枕に顔を埋めて足をバタバタさせているのだわ!」

雛苺「これは間違いないの!JUMの匂いを嗅いでキャッキャ言ってるのよー!」

JUM「ちょ!なにやってんだあいつは!」

真紅「JUM、ちょっとズームして」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:47:25.41 ID:Lhh5O7PrO
真紅「すごいわねこのカメラ。表情まではっきり見えるのだわ」

雛苺「きゃー!翠星石、耳まで真っ赤なのよ!」

JUM「留守番中になにしてんだよ…」

真紅「!」

雛苺「起き上がったの!どこに行くつもりかな?」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:53:43.85 ID:Lhh5O7PrO
JUM「着いた先は洗濯場か」

真紅「こんな所に何の用かしら?」

雛苺「うゆ?なにか拾い上げたのよ」

真紅「あれは」

JUM「さっき着替える時に脱いだパンツじゃないか」

雛苺「パンツを持ったまま睨めっこしてるのよー」

真紅「これは…」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:55:16.00 ID:86ixRQnFO
かわいいwwwktk




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 13:59:18.95 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「!」

真紅「きゃー!やった!やっちまったのだわ!」

雛苺「パンツに顔を埋めて全力で嗅いでるの!」

JUM「あいつ…ちょっと引くわ」

雛苺「うわー、肩が上下するくらいスーハーしてるのよ」

真紅「これを見られてるって気付いたら生きて行けないわね」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 14:20:59.73 ID:Lhh5O7PrO
JUM「もう5分くらいこうしてるな」

雛苺「あ、顔を上げたの!」

真紅「…幸せそうな顔ね。完全に紅潮しているわ」

JUM「あれ?また僕の部屋に向かったぞ」

真紅「しかもパンツを持ったまま…」

雛苺「完全にオ〇ニーフラグ立ったのよ」

JUM「これは…僕も見てていいのか?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 14:23:39.16 ID:qYs2NeHF0
雛苺…お前…




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 14:27:17.88 ID:Lhh5O7PrO
真紅「…」

JUM「なんだ?服を脱いで畳み始めたぞ」

真紅「わかっていないわねJUM。翠星石は今『家に一人』という状況に酔いしれているわ」

雛苺「『さぁおもいっきりオナニーするぞです!』っていう事なの」

真紅「普段と違った状況に彼女も自制心が効いていないみたいだわ」

JUM「翠星石、見られてるとも知らないで…」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 16:54:18.43 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「下着姿でベッドの上に正座したのー」

真紅「ん?何かしらあの表情」

JUM「唇を突き出して目を閉じて…まるで小鳥みたいだな」

雛苺「わかったの!」

JUM「ん?何がだ?」

雛苺「今翠星石の脳内では熱いキスシーンが再生されていると思うのよ!」

真紅「なるほど。オナニ〇と言えども順序は踏むのね。律儀な子」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 16:58:24.39 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「おお、ついにブラの中に手を…」

真紅「もう顔が真っ赤ね。それにしても、下着姿でこんな季節に寒くないのかしら」

JUM「ああ、暖房は入れっぱなしにして来たから大丈夫だろ。あ!ブラ外したな」

雛苺「結構胸おっきいのー…」

真紅「色も良好。良い身体をしているわ」

JUM「…人形とは言え、さすがにちょっと恥ずかしいな」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 17:03:12.64 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「うゆ?おっぱい持ち上げたの」

真紅「まさか…」

JUM「セルフリップ!?」

雛苺「すごいのー!ヒナは自分のなんて絶対届かないのよ」

真紅「私だって届かないのだわ。羨ましいわね」

JUM「な、何と言う艶かしい光景だ…」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 17:08:35.42 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「ここでJUMのパンツを使うのね」

真紅「パンツをベッドに敷いて…自分から顔を埋めた」

JUM「うわ、このアングルはやばいな…四つん這いになってる真後ろは反則だろ」

真紅「もう湿っているのだわ。グレーの下着だからすぐにわかるわね」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 17:13:40.63 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「いよいよ股間に手を伸ばしてきたの!」

真紅「あんなに下着を汚して…のりに洗濯される時どうするつもりかしら」

雛苺「あ!下着を横にずらしたの」

JUM「!!」ブハァッ

真紅「ちょっとJUM、汚いわね。これくらいで鼻血を噴かないでちょうだい」

雛苺「それにしても下着を脱がずに横にずらすだけなんて、翠星石はなかなか心得てるのー」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 17:56:23.07 ID:QXGN8bgbO
>>1
心得てるのはテメーだwwwwww
四つん這い最高wwwwwwwww




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 18:06:14.32 ID:XYNL0S2wO
四つん這いの時の腰のラインがたまらん




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 18:45:17.22 ID:Lhh5O7PrO
JUM「おお…撫でだしたぞ」

雛苺「あー。翠星石も中イキできないタイプなのね」

JUM「中イキ?」

真紅「そのようだわ。私は中派だけど」

JUM「なぁ、中イキとか中派ってなんなんだよ?」

真紅「本当に何も知らないのねJUM。女の子は全員がオナニーしてる訳じゃないって思ってるタチね」

JUM「え!?みんなしてるの!?」

雛苺「はぁ…当たり前なの。女の子にだって性欲はあるのよ」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 18:50:24.54 ID:Lhh5O7PrO
真紅「良いこと?むしろ女の子の方が〇ナニーに目覚めるのは早いの」

雛苺「なのよー!机の角とか鉄棒とか…あとなんとなく触ってたら『あれ?なんだか気持ちいいかも』って思うの」

真紅「あとは個人差はあれど誰もがオナニ〇に走るわ。極端に少ない子もいるけど」

JUM「そ、そうだったのか…柏葉もやってるんだな」ゴクリ

真紅「ああいう大人しそうな娘ほど性欲は強かったりするのだわ」

雛苺「ヒナは何回か目撃してるのよ!鞄からこっそり見てたのー」

JUM「…なんて事だ」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 18:55:56.71 ID:Lhh5O7PrO
JUM「それより中イキって?」

真紅「中には自分で指を入れても気持ちよくないって子もいるの。ズボズボオ〇ニーしてる子はむしろ稀よ」

雛苺「ヒナも陰核じゃないとイケないのよ」

JUM「そうなのか、知らなかったな。おっと、翠星石はどうなった?」

真紅「あら?自分で入れてるわね。しかももう2本。人差し指と中指…四つん這いなら薬指の方がやりやすいと思うのだけど」

雛苺「翠星石は中でもイケる子だったのね!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:00:55.11 ID:Lhh5O7PrO
JUM「すごい量だな…太ももまで垂れてるじゃないか」

真紅「愛液の量は個人差が激しいの。感度が良くても濡れない子は濡れないわ」

雛苺「スタイルも良いし濡れやすいし、翠星石は魅力が多いの!」

真紅「感度も問題なさそうだわ」

JUM「…正直、たまりません」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:02:53.53 ID:iV9LPAgS0
たまらん!




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:03:04.21 ID:WAidxTk80
変態過ぎるドールがいると聞いて




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:04:04.99 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「あ、翠星石が背中を弓反りにしたの」

真紅「達したようね」

JUM「終わったあとはそのまま力無く倒れる…。本当に後ろから突かれてたみたいだな」

真紅「…起きて来ないわね」

雛苺「うゆ?どうしたの?」

JUM「寝ちゃったんじゃないか?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:06:12.81 ID:Lhh5O7PrO
JUM「〇ナニー終わってそのまま寝ちゃう気持ちはわかるな」

雛苺「気持ち良さそうに寝てるの」

真紅「さっきまでの女の顔が嘘のようだわ」

JUM「本当だ。何の曇りもない寝顔だな。まるで賢者だ」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:08:55.20 ID:Lhh5O7PrO




雛苺「あ!起きたのよ!」

真紅「あらあら、くしゃみして…裸で寝るからだわ」

雛苺「なんだか情けなさそうな顔で服を着てるの…」

JUM「裸でオナニ〇した後の着替えは確かに何とも言えない気持ちになるよな」

真紅「この子、〇ナニーしたのにシャワー浴びないのかしら?」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:12:59.48 ID:Lhh5O7PrO
真紅「部屋の掃除を始めたわね」

JUM「『オナニーして寝たら何かしないといけない気持ちになる現象』だな」

真紅「相変わらずこういう事は手際がいいわね。性欲が強くて家事は万能。良いお嫁さんになりそうだわ」

JUM「もういっその事、僕の嫁になってくれないかな」

真紅「あら、本人に言えば喜ぶんじゃない?」

JUM「ん?何怒ってんだよ真紅」

雛苺「うゆ?JUMの机の前で立ち止まったの!」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:17:12.72 ID:Lhh5O7PrO
真紅「異性の机の引き出し…誰もが心踊らせるパンドラの箱なのだわ」

雛苺「これは面白い事になりそうなの」

JUM「ふっふ…あいつめ、僕の机を漁るつもりか。真紅、雛苺。お前らに朗報がある」

真紅「なにかしら?」

JUM「実は1番上の引き出しの1番わかりやすい位置にローターを仕込んできた」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:18:22.30 ID:cmlEv0QR0
なんで仕込むんだwww




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:20:25.41 ID:Lhh5O7PrO
真紅「周到ね。発見した時の翠星石の反応が楽しみだわ」

雛苺「そうこうしてる間に翠星石が物色はじめたのよ」

JUM「右下の引き出しか。やっぱりあそこが1番気になるのかな」

真紅「でしょうね。たいていの男の子は本やDVDを隠す場所が決まってるから」

JUM「だろうな。お、ついに1番上の引き出しだ」

雛苺「うわ…引き出し開けた瞬間硬直しちゃったの」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:24:30.07 ID:Lhh5O7PrO
真紅「ローターを手に取ってなにかブツブツ言ってるのだわ」

雛苺「『あの変態、なんてもの持ってやがるですか!…ちょっとくらいなら試してもバレないですよね』とでも言ってるのよ」

JUM「当たらずも遠からずだろうな。お、スイッチ入れてみてびっくりしてる」

真紅「今の翠星石は興奮の絶頂でしょうね。想い人の机からローターが出て来るなんて」

雛苺「おぉっと予想外の展開なの!なんとローターを舐めはじめたのよ!」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:38:54.76 ID:Lhh5O7PrO
真紅「JUMの使用済みローターだと思って舐めてるのね」

雛苺「新品なのにねー」

JUM「え?う、うん。そうだね」

雛苺「…」

真紅「…」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:40:32.94 ID:y6wZz6eHO
JUMwwwwwwwwww




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:42:47.08 ID:Lhh5O7PrO
真紅「まぁいいわ。…あら?スイッチを切ったのだわ」

雛苺「…下着の上から当てて…」

JUM「…ゴクリ…」

真紅「……」

雛苺「焦らすのー…スイッチ入れるのにためらいすぎなのよ!翠星石!」

JUM「お!」

真紅「すごい反応ね。ビクンって跳ねたわ」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:46:44.51 ID:Lhh5O7PrO
真紅「下着脱いじゃったわね」

雛苺「賢者タイム終了!第2ラウンドのゴングが鳴ったのー!」

JUM「今回は四つん這いじゃなくて机にもたれ掛かったな」

真紅「まずは指を舐めて濡らして………え?」

雛苺「お…おしりの穴をその指で濡らしてるの」

JUM「おいおい、まさかだろ」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 19:50:23.03 ID:Lhh5O7PrO
真紅「またローターを舐めたわ。準備は万端ね」

雛苺「まさかアナ〇オナニーまで…」

真紅「アナルオナニーをしてる子は少なくないけれど、他人のローターで…」

JUM「こいつ、結構変態入ってるんだな」

雛苺「いよいよ押し込むのよ」ゴクリ

真紅「すごいわ…ぐりぐり聞こえてきそうなくらいめり込んでる…」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 22:29:40.20 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「すごい!ローター全部入っちゃったのよ」

真紅「人間用のローターをすんなり入れるなんて、相当慣れてるのかしら」

雛苺「うよ?でも翠星石は処女って言ってたような気がするの」

真紅「という事は…」

JUM「処女でア〇ルを自分で開発したと言うのかぁっ!?」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 22:36:44.92 ID:Lhh5O7PrO
JUM「あれ?翠星石の様子が…」

雛苺「なんだか苦悶の表情になってるのよ」

真紅「痛そうね。どうかしたのかしら」

雛苺「もしかして開発してなかったなんて事は…」

真紅「まさか。アナ〇初めてでいきなりローターは入れないでしょう。まずは指なりを入れるのが順序よ」

JUM「でもめちゃめちゃ痛そうだぞ。ちょっと泣いてるし」

真紅「みたいね。…あの子ったら、いくらJUMのローターだからって、未開発の〇ナルにいきなり入れるなんて」

雛苺「無茶しやがって…なの」





122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 22:54:08.31 ID:Lhh5O7PrO
真紅「確かにアナ〇に入れるのは、一歩間違えば激痛を伴うわね」

雛苺「地獄はこれからなのよ。もうローターは入っちゃってるの」

真紅「抜こうとすれば激痛、しかし放置すればするほど抜けにくくなるわ」

JUM「さぁどうする、翠星石」

雛苺「…また予想外の行動、なんとスイッチ入れちゃったの!」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 22:58:00.40 ID:Lhh5O7PrO
真紅「まさかそのままオナニ〇に入るとは…」

JUM「すごいな、机にもたれ掛かって喘いでる。叫んでるんじゃないか?」

雛苺「ホント!きっとすごい声で喘いでるのよ!音声が入らないのが悔やまれるのー!」

真紅「そのまま右手を股間に…」

雛苺「うわぁ…気持ち良さそうなの!それにしても翠星石は濡れやすいのよ。もう垂れてるの!」

JUM「糸引いてるよ糸。カーペットにシミつかないかな」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:01:35.49 ID:Lhh5O7PrO
真紅「イッたみたいね」

雛苺「イッた後にローターのスイッチ切るまでの間って辛いのよ」

真紅「そうね。余韻に浸れないのだわ」

JUM「さぁ…イッたは良いが、ローターどうするつもりだろうな」

雛苺「とりあえずは抜こうとしてるみたいだけど、簡単には抜けないの」

真紅「あ、入れたまま下着を穿いてしまったわ」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:09:42.93 ID:Lhh5O7PrO
JUM「あ、部屋を出て行っちゃったぞ。あいつローター入れっぱなしにしとくつもりか?」

真紅「…お風呂場に向かっているようね。歩き方が苦しそうだわ」

雛苺「かわいそうなのー。翠星石は今きっと異物感でいっぱいなのよ」

真紅「お風呂場で出すつもりかしら」

JUM「どっちにしてもシャワー浴びないとな。太ももとかぐしょぐしょだったし」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:11:24.80 ID:iVAc0TKk0
次はまさかシャワーを使って…?




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:13:14.85 ID:3KSXemwNO
翠星石の反応が楽しみだ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:15:34.16 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「お風呂場に入ったの」

JUM「お尻から伸びたコードがめちゃくちゃ卑猥なんだが」

真紅「本当ね。見られてるとも知らずに、かわいそうな翠星石」

JUM「楽しそうだな真紅」

雛苺「なんとか抜こうと頑張ってるけど抜けないみたいなの…頑張って翠星石!」

JUM「お?シャワー出したぞ」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:20:14.37 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「お尻にお湯をかけてるの。ちょっとはほぐれて抜けやすくなるかな?」

真紅「どうかしら?あ、しゃがみ込んだわ。穴にダイレクトでかけるつもりね」

JUM「さぁ、抜けるか?」

雛苺「うーん…でも抜けないみたいなのよ」

真紅「この恰好…」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:22:52.62 ID:Lhh5O7PrO
真紅「JUM、ウチのシャワーはヘッドは外せるの?」

JUM「いや、外せなかったと思うな。なんで?」

真紅「という事は…シャワーヘッドを直接当てるのね」

雛苺「まさか」

真紅「そう、そのまさかよ。耳年増な翠星石の事だもの。シャワー浣腸くらい知ってるはずよ」

JUM「まさか。処女の翠星石がそんな事まで…」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:27:22.87 ID:Lhh5O7PrO
JUM「あ!本当にシャワーヘッドを直接お尻に当てたぞ」

雛苺「今翠星石の直腸にはきっと少しずつお湯が流れ込んでるはずなの」

真紅「見て、彼女の顔を。切なそうな表情…」

雛苺「翠星石はきっとMなのね!」

JUM「もう結構長い事入れてるぞ?大丈夫か」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:29:41.57 ID:Lhh5O7PrO
真紅「そろそろかしらね」

雛苺「やっと入れるのをやめたの。結構入ったハズなのよ」

JUM「苦しそうだな…ここで出すのかな?」

真紅「どうかしら?慌てて身体を拭く訳でもないし、ここで出すんじゃない?」

JUM「おいおい…ウチの風呂だぞ」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:33:24.01 ID:WDpwXL+QO
セルフリップって何?




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:33:27.26 ID:lgmh48vVO
JUMのツッコミがシュールすぎだwwwwww




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:34:26.79 ID:Lhh5O7PrO
>>141
自分で舐める事だよ



雛苺「だんだん息が荒くなってきたの…顔も赤いのよ」

真紅「いよいよね。見物だわ」

JUM「僕ならこんなところ人に見られたら首吊るな…」

真紅「出た!出てるわ!」

雛苺「うわぁー!すごい勢いなの!プシャアーって聞こえてきそうなのよ!」

JUM「すご…こんなのAVでしか見た事ないよ」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:39:52.18 ID:Lhh5O7PrO
真紅「出しちゃったわね」

JUM「すごかったな。正直興奮したよ」

雛苺「でもローターは抜けてないのよ。あれ多分自分じゃ抜けないの」

真紅「でしょうね。結局入れたまま服を着てしまったわ」

JUM「ふふふ、じゃあ帰ろうか」

真紅「え!?」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:41:57.78 ID:Lhh5O7PrO
雛苺「このタイミングで帰るの!?」

JUM「そうだよ。ローターが抜けなくて困ってる翠星石の反応…見たくないか?」

雛苺「みたいのー!」

真紅「決まりね。では帰りましょう」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:45:08.20 ID:Lhh5O7PrO
ガチャ

JUM「ただいまー」

ドタドタドタドタ バタン!

雛苺「今の音は?」

真紅「きっと翠星石が鞄に隠れたのだわ」

JUM「…何もかも見られてたとも知らずにな。ははっ」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:47:29.56 ID:0pIputzNO
JUMテラ鬼畜wwwwwwwwwwwwwwwww




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:48:53.87 ID:Lhh5O7PrO
翠星石(う、うう…なんてタイミングで帰ってきやがりますか…)

翠星石(どうしよう…どうしよう…)

翠星石(お尻にローター入ったままですぅ…こんなのバレたらもうおしまいです…)

翠星石(チビ人間に…変態だと思われちまうですよ…)

JUM「おーい、翠星石ー!居ないのかー?」

JUM「あれ?ちゃんと留守番しといてくれって言ったのになぁー」

翠星石(うぇーん…どうしたら良いですかぁ…)




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:49:47.75 ID:ZR8Hoqo1O
なんか鞄からコードはみ出してそうだなwww




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:52:00.30 ID:Lhh5O7PrO
JUM「あ、もしかして風呂にでも入ってるのかー?」

翠星石「!!!」

翠星石(お、おぉ、お風呂はダメぇ!ですぅ!)

翠星石(ちゃんと流したですよね?アレの事はバレないですよね?)

JUM「あれ、風呂にも居ないかー!ん??」

翠星石(ひぃぃぃ…)

JUM「なんか変な臭いがするなぁー?」

翠星石(あぁぁぁ……)





159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/24(月) 23:57:32.12 ID:Lhh5O7PrO
真紅「本当ね!何の臭いかしらー!」

雛苺「うよー!?なんだか臭いのー!!!」

翠星石(真紅に雛苺まで一緒ですぅ!?)

翠星石(…バレたらもう生きていけないです…)

翠星石(うぅ、なんか…泣けて来たですぅ…)

翠星石(ア〇ルオナニーなんかしなきゃよかった…シャワー浣腸なんかしなきゃよかったですぅ…)シクシク




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:00:48.47 ID:PGa2HzTS0
みんな鬼畜wwwwwww




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:01:07.89 ID:z8aB5ncgO
トテトテ

トテトテ

翠星石「!」

翠星石(あいつら…二階に上がって来たです)

翠星石(こうなったら寝たフリを決め込むしかねぇです…)

JUM「翠星石、ただいま。あれ?ここにも居ないか」

JUM「どこか行っちゃったのかな?あいつならちゃんと留守番できるって信じてたのに…」




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:03:29.12 ID:mNDrYjNlO
>>1この経験したことあるだろ?
心理的な再現度がパネェwwwwww




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:04:56.95 ID:z8aB5ncgO
翠星石(ごめんなさい…ごめんなさいJUMぅ…)

翠星石(翠星石は留守番頼まれてもオナ〇ーしちゃう悪い子なんですぅ…)

翠星石(…嫌いにならないで欲しいです…ん?)カチッ

ヴィィィィィ

翠星石(まま、ままま、間違ってローターのスイッチを!は、早く切らないとっ!)あたふた

ガタッ ガタッ

JUM「ん?」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:08:27.71 ID:U0WC0pOx0
JUMぅ吹いたwwwww




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:17:06.53 ID:eqpo0GZ4O
なんで勝手スイッチが入るんだよwwwwwww




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:18:26.22 ID:z8aB5ncgO
>>171
誤って手が触れた、って事で




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:09:16.59 ID:z8aB5ncgO
JUM「なんだ、鞄の中に居るのか?」

翠星石(やばいやばいやばいやばいやばい)

翠星石(早くスイッチ切って…!コードをドレスの中に隠して…!)

JUM「昼寝してんのか?開けるぞ?」

がちゃ

パカッ

翠星石「ん…なんですぅ、人が気持ち良く寝てるのに。邪魔すんなですぅ」

翠星石(早く閉めて早く閉めて早く閉めてぇ…!!)バックン バックン バックン




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:11:16.89 ID:1r2oamIuO
なんだ…この気持………




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:12:50.79 ID:z8aB5ncgO
JUM「ごめんな、寝てたのか。どこか出かけたのかと思ったよ」

翠星石「翠星石は留守番ほっぽらかしてオナ…じゃなくて外出なんてしないです!」

JUM「だよな。疑ってごめん。留守番ありがとうな」

翠星石「…ん。構わんです」

翠星石(あぁ…そんな顔でお礼言うなですぅ…翠星石は留守番なんてしてないんです…)




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:15:10.88 ID:z3+LogCW0
翠星石健気で可愛い




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:16:53.06 ID:y18mDBVmO
ローターが遠隔操作できれば……ゴクリ




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 00:25:22.66 ID:z8aB5ncgO
JUM「出て来いよ翠星石、下で真紅達がお茶入れてくれてるから。お菓子も買って来たんだ」

翠星石「す、翠星石は良いです…」

JUM「え?せっかくお前のために買って来たのに」

翠星石(翠星石のため…)

翠星石「で、でも…」

JUM「嫌だったか?」

翠星石「嫌な訳ないですぅ…」

JUM「じゃあ行こう。ほら、出ておいで」

翠星石「うぅ…」





227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 09:59:06.33 ID:z8aB5ncgO
JUM「じゃあ下行くか」

翠星石「うん…です…」

JUM「どうかしたか?体調悪い?」

翠星石「ううん…違うです。なんでもないですよ」

JUM「そっか。なら良いけどさ。…………んん?」

翠星石「ど!どうしたですか!?」ドキッ

JUM「いや、机の前のカーペットにシミが出来てるんだ…。なんか零したかな?」

翠星石(ひあぁ……シ、シミになってるぅ…!!)




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 10:04:22.65 ID:z8aB5ncgO
JUM「あーあ。何だろうな?紅茶でも零したか」

翠星石「さ、さぁ?そうじゃねーですぅ?さっさと下行くですよ」

JUM「まぁ待ってよ。うーん、最近こんな所で紅茶飲んでないしなぁ」

翠星石「…」そわそわ

JUM「なんだろ?匂い嗅いでみようかな」

翠星石「だめぇー!!!」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 10:09:27.80 ID:z8aB5ncgO
JUM「え?なんでダメなんだよ」

翠星石「へ?あ、あの!そのぉ、翠星石が掃除しといてやるですから!!もう行こうですぅ!!」

JUM「掃除してくれても、何のシミかわかんなかったら気持ち悪いじゃないか」

翠星石「で、でも」かぁぁ

JUM「一応匂いだけ嗅いでおくよ。どうせ汚いもんでもないんだろうし」

クンクン

翠星石「…」かぁぁぁ…




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 10:14:50.56 ID:z8aB5ncgO
JUM「結局何のシミかわかんなかったな」

翠星石「…グスン」

JUM「泣いてるのか?」

翠星石「泣いてないですぅ…早く下に行くですぅ…」

JUM「あれ!?」

翠星石「キャー!つ、次はなんです!?」ササッ

翠星石(だ、大丈夫ですよね?コード見えてないですよね?)バックン バックン

JUM「なんで僕のパンツがベッドの上にあるんだ!?」




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:15:15.92 ID:z8aB5ncgO
翠星石「ぱ、ぱんつ…」

翠星石(しまったぁぁ!!さっきやってから片付けるの忘れてたですぅ!)

翠星石(し、しかも…シーツにもシミが…)

JUM「おっかしいなー?確かに洗濯場で脱いだんだけど」

翠星石「ひぁ?え、ああ。なんででしゅかね」

翠星石(うわ…テンパりすぎて噛んじゃったです…)




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:20:17.83 ID:z8aB5ncgO
JUM「んん?何慌ててるんだよ翠星石、怪しいな」

翠星石「慌ててなんかないです!!」

JUM「ムキになるなよ。お前か?これ持って来たの」

翠星石「違うです!翠星石は知らんですぅ!翠星石はずっと鞄でお昼寝してたですから!」

JUM「そっかそっか。あれ?ベッドにもシミがついてるなぁ?」

翠星石「うぅ…」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:21:56.45 ID:NqMhOYdz0
翠星石いじめてぇww




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:23:33.89 ID:z8aB5ncgO
JUM「何のシミだろうなぁ。ベッドにまでついてるなんて」

翠星石「そ、それはヨダレですぅ!!!」

JUM「よだれ?」

翠星石「そうですぅ。ほら、翠星石さっきベッドで寝てたですから…」

JUM「お前鞄で寝てたって言ったじゃないか」

翠星石「…あ」

翠星石(嘘をついたらどんどん墓穴を掘っちゃう…ですぅ)




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:25:10.45 ID:wgvtl5BX0
段々と追い詰められていくwww




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:27:48.12 ID:z8aB5ncgO
JUM「まぁいいか。下に降りよう」

翠星石「ほっ…」

JUM「ほら、抱っこしていってやるよ」

翠星石「だ…ダメ…抱っこはダメです」

JUM「は?なんでだよ?いつも抱っこしろってうるさいくせに」

翠星石「今日は良いんです!自分で歩くですから」

JUM「なんだよ、抱っこできない理由でもあるのか?」

翠星石「だ…だって…」

翠星石(だって翠星石のお尻にはローターが入ってるですよ…リモコンとか…)




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:31:48.28 ID:z8aB5ncgO
翠星石「…先に降りてです」

JUM「わかったよ、可愛くない奴め」

翠星石(違うんですよ?本当は抱っこして欲しいんですよ…?)

翠星石(うぅぅ…翠星石がアナ〇オナニーしたばっかりに…)

翠星石(一時の感情に流された過去の自分が憎いです…)

JUM「じゃあ階段降りようか。落ちないように気をつけろよ」

翠星石「はいです…」




301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:35:31.25 ID:z8aB5ncgO
トテトテ

トテトテ

翠星石(く、苦しいですぅ…)

トテトテ

トテトテ

翠星石(あれ…下着に引っ掛けてたリモコンがずれて…)

トテトテ

スル…ポロッ

カチャン!

JUM「!?」くるっ

翠星石「ああぁあ!!」がばあっ





302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:39:02.28 ID:NqMhOYdz0
どけ!そのローターは俺のものだ!




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:42:07.08 ID:nDPc6LByO
>>302オレの獲物に手を出すな!




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 20:48:06.95 ID:z8aB5ncgO
JUM「?なんか落としたか?」

翠星石「なぁんにも!?なんにも落としてないですもん!!」ブンブン

JUM「なに隠してるんだ?」

翠星石「隠してないですぅ…!!お願い、もう先に降りててです…」

JUM「わ、わかったよ」

翠星石「…しくしく」

JUM(リモコン落ちたのか…)

JUM(完全にコード見えてたけど黙っといてやろう)




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 21:00:22.72 ID:z8aB5ncgO
真紅「お帰りなさい、翠星石は?」

JUM「まだ階段だよ。階段で下着からリモコン落ちてテンパってた」

雛苺「翠星石…今頃後悔と焦りでおかしくなりそうに…かわいそうなのー…」

真紅「見てて面白いけれど」

JUM「そうだな。ローターも抜けてないし。まだまだここからだな」

雛苺「うふふー!楽しみなのー!」

JUM「あんまりいじめてやるなよ?あ、降りて来た」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 21:05:56.62 ID:z8aB5ncgO
翠星石「お待たせですぅ」

雛苺「うよー?翠星石遅いのよ!もうお菓子の準備出来てるの!」

真紅「紅茶も煎れてあげるわ。ローズヒップで良いかしら?」

翠星石「は、はい…ですぅ」

雛苺「ローズヒップ?薔薇…お尻?」

真紅「おバカ、違うのだわ」

翠星石「…」サッ





323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 21:07:50.45 ID:nDPc6LByO
なんだこのプレイwww




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 21:15:53.07 ID:z8aB5ncgO
真紅「さぁ、煎れたわよ。早くこっちにいらっしゃい」

雛苺「早く食べるのー」

翠星石「そうですね。いただくです」

トテトテ

雛苺「うよ?なんだか歩き方がぎこちないのー」

真紅「本当。どこか痛めたのかしら」

翠星石「そんな事ないですよ。ちゃんと歩けるです!」




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 21:49:55.33 ID:z8aB5ncgO
雛苺「うよ?座らないの?」

翠星石「えぁ?え…と、ウチに丸イスとかなかったです?」

真紅「丸イスって、真ん中に穴が開いたやつかしら?」

翠星石「そうそう!それです!」

真紅「あるわけないのだわ」

翠星石「ですよねー…」




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:00:30.15 ID:z8aB5ncgO
雛苺「ほらほらぁ、早く座るの!おっちんするのよ!」

ドン

翠星石「きゃ!?」

ポスン

カチ

真紅「カチ?」

翠星石「…うぅぅぅ」プルプル

雛苺「なんだか遠くで携帯のバイブみたいな音がするの…」




345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:05:11.35 ID:z8aB5ncgO
翠星石「…」ごそごそ

雛苺「翠星石ぃ、お尻ごそごそしてどうしたのー?」

翠星石「…ちょっと…お尻がかゆくて…」ごそごそ

真紅「こら、翠星石。はしたないわよ、やめなさい」

翠星石「ちょっと…待ってです」

カチ

翠星石「ふぅ…」

翠星石(ジ、JUMの前で…もう最悪です…穴があったら入りたい…)




348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:09:07.56 ID:z8aB5ncgO
真紅「…」チラ

JUM「ん?」

真紅「(JUM…少し外してちょうだい。ネットするとでも言って部屋から見ていなさい)」

JUM「…(了解。あんまりいじめすぎないようにな)」コク

JUM「じゃあ僕は部屋に戻るよ。ネットしてくる」

翠星石「あ…わ、私も…」

真紅「あなたはダメよ翠星石。せっかく女の子だけなんだし、ガールズトークでもしましょう」

雛苺「うわーい!ガールズトークもといドールズトークなの!」




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:20:10.56 ID:5tq/gSUY0
アナルトークですね。





350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:13:33.53 ID:z8aB5ncgO
真紅「さて…JUMも居ないし、久しぶりに女の子の話ができるわね」

雛苺「女の子ー!」

翠星石「そ、そうですね。じゃあ恋バナでもするですか?」

真紅「ふっふ…まだまだ子供ね。実はすごいネタがあるのよ」

翠星石「え…?」

雛苺「えー?なんなのー?」

真紅「実は…この前ね、JUMが出かけてる時に何気なく机を開けてみたの…」

翠星石「……へ、へぇ。それで?」ギク




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:19:00.42 ID:z8aB5ncgO
真紅「なんと!引き出しにピンクローターが入ってたのだわ!」

雛苺「えぇー!?あのJUMの机にぃ!?すっごいのー!きゃー!」

翠星石「そそ、そーなんですかぁ。へー」

真紅「あら、リアクション薄いわね。知ってたの?」

翠星石「まさか!今初めて知ったですよ!」

雛苺「JUMに彼女が出来たのかな?それとも自分で使ってるの?」

真紅「それが問題なのだわ」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:23:39.82 ID:z8aB5ncgO
真紅「あなたはどう思う?翠星石」

翠星石「あー…多分自分で使ってるんじゃないですぅ?」

雛苺「うゆ?どうしてー?」

翠星石「だってだって、あのJUMですよ?彼女なんか出来るわけねーです!いつも家に居るですし」

真紅(自分のお尻に入ってるロー〇ーがまさか他の女に使われたとは認めたくないのね…)

雛苺(しかもJUMのだと思ってペロペロ舐めてたの。他の女のだったら笑えないのよ)

真紅(複雑な気持ちが彼女を支配しているわね…)




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:29:09.77 ID:z8aB5ncgO
翠星石「ま、まあ〇ーターの話はもういいじゃないですか」

翠星石(まさかですよね…他の女のって事はないですよね)

真紅「そうね。…ねぇ、最近した?」

雛苺「最近してないのよー。ちょっと溜まり気味?なの。真紅は?」

真紅「私もなかなか…JUMはいつも家に居るし、一人になれる時間が少ないから…」

雛苺「よねー。翠星石は?」

翠星石「え?…え?」




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:33:48.10 ID:z8aB5ncgO
雛苺「あ!そういえば今日は翠星石お家に一人だったのー!」

真紅「あら、そういえばそうね。ふふ、お楽しみだったんじゃなくて?」

雛苺「きゃははは!有り得るのー!」

翠星石「あ、あー…そうですねぇ!せっかく一人なんだからやればよかったなぁー」

雛苺「えー?してないのー?」

真紅「せっかく一人なのに。私ならしちゃったわ」

雛苺「もー!真紅ったら!」

翠星石「え、えへ…えへへ…」




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:36:41.72 ID:sfMVzZTqO
開き直りクル?




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:38:51.54 ID:G2Z9U9ydO
これは罠だ!!




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:39:17.31 ID:z8aB5ncgO
真紅「私だったら…JUMのロー〇ー勝手に使っちゃうかも知れないのだわ」

雛苺「あはは!それはやり過ぎなのー!いくら溜まっててもそれじゃ変態さんなのよー」

翠星石「そ、そ、そうですよね、うん。それはやり過ぎですぅ」

真紅「うふふ。そうよね。裸になっちゃったりして」

雛苺「きゃはは!!そこまでしたら薔薇乙女の名折れなの!きっともうアリスにはなれないのよー」

真紅「あはははは、それもそうなのだわ」

翠星石「えへ…えへへ…」




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:39:22.49 ID:nDPc6LByO
どんどん墓穴が広がる…




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:46:00.47 ID:z8aB5ncgO
真紅「あら?翠星石、顔色が良くないようね。大丈夫?」

雛苺「ホントなの。体調悪いの?しんどいの?」

翠星石「え、えぇ…ちょっと」

真紅「それはいけないわ。汗もかいてるじゃないの。雛苺、熱を計ってあげて」

雛苺「うぃー」

ぴと

雛苺「これは…熱があるのよ!」




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 22:55:49.39 ID:z8aB5ncgO
翠星石「だ、大丈夫。大丈夫ですから。GT続けるですぅ」

真紅「ダメよ。あなたが身体を壊したら私達も悲しいもの」

雛苺「なの…ヒナ達は姉妹なのよ。しんどい時は頼れば良いの」

翠星石「うぅ…」

真紅「雛苺、翠星石の為に氷嚢を作ってきてあげなさい」

雛苺「了解なの!」

翠星石「チビ苺…」

真紅「さぁ翠星石。汗をかいてるようだし着替えましょう。バンザイして」

翠星石「だめぇーー!!!」



388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:18:46.62 ID:z8aB5ncgO
真紅「どうしたの?汗かいたままでは良くないわ」

翠星石「で、でも……」

真紅「…迷惑…だったかしら」

翠星石「う…そんな事ない…です……けど……でも…」

真紅「じゃあ脱がすわよ。あなたに風邪を引いてほしくないの」

ヌギヌギ

ぬぎぬぎ

しゅっ

ぱさ








ぽとっ





391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:23:13.42 ID:k50NToTb0
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:23:54.28 ID:z8aB5ncgO
真紅「……これは……ロータ〇のリモコン…?」

翠星石「…」

真紅「…」

翠星石「…」

真紅「……翠星石」

翠星石「…う…う……うぇぇぇぇ………」ぽろぽろ

真紅「……あなた、さっきしてないって言ったじゃない」

翠星石「うぇぇん…」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:28:52.02 ID:z8aB5ncgO
トテトテトテ

雛苺「翠星石ー!氷のう作ってきたの…よ…?」

翠星石「うああああん!!」ぽろぽろ

雛苺「うよ?なんで泣いてるのー?パンツから尻尾がはえてるのー!」

真紅「こら、雛苺」

雛苺「なにかしらー?このリモコン?コードの先にスイッチがあるのよー?」

カチ

ヴィィィィィ

翠星石「うぅぅぅぅぅ…!!」ぽろぽろ




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:33:13.29 ID:kKCurdaF0
雛苺いい仕事してるなー




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:34:53.91 ID:z8aB5ncgO
真紅「あなた…やっぱりしてたのね」

翠星石「うぅ…グスン」

真紅「泣いてちゃわからないのだわ」

翠星石「しました…です…」

雛苺「まさかホントにロー〇ー使ってるなんて思わなかったのー」

翠星石「………」

真紅「でもどうして入れっぱなしなのかしら?」

雛苺「しかもアナ〇に!」

翠星石「………抜けないん…です…」ぽろぽろ




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:40:35.48 ID:z8aB5ncgO
真紅「しかもJUMのロー〇ーを…これはもう返せないわね」

雛苺「洗ってもキレイキレイにならないのよ…」

真紅「…どうしたものかしら」

翠星石「お願い……お願い…JUMには言わないで…お願いですから…」

真紅「わかっているわ。なんとかごまかしましょう」

雛苺「好きな人にこんな事知られたら恥ずかしいもんね!」

真紅「…よしよし。大丈夫よ、私達も協力してあげるのだわ」なでなで

翠星石「うぅぅ…真紅ぅ…雛苺ぉ……翠星石は…」ぎゅ

真紅「…」チラ




420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:43:43.01 ID:z8aB5ncgO
真紅「…」チラ

JUM「お」

真紅「…」コク

JUM「カメラ越しに真紅が目線を…」

真紅「(今よ。降りて来なさいJUM)」

JUM「了解っと」

ガチャ

スタ…

スタ…

スタ…




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:47:48.76 ID:z8aB5ncgO
翠星石「う…ごめんなさい……翠星石がオナ〇ーしてた事…言わないで…JUMに言わないで…」

真紅「わかってるわ。私達も女の子ですもの。あなたの気持ちはわかるわ」

雛苺(JUMは細部までじっくり全部見てたけどねーなの)

翠星石「こんな姿JUMに見られたら…もう生きていけないですぅ…うぇぇぇん」ぽろぽろ

雛苺(ロー〇ー入れたまま泣いてもあんまり説得力ないのー…)




JUM「おーい、誰か僕の机漁ったか?」

翠星石「!?」ぞっ…

翠星石「いやぁああああああ!!!!」





431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/25(火) 23:59:25.79 ID:z8aB5ncgO
翠星石「あ…」

JUM「お前…何やってんだよ」

真紅「…」さっ

雛苺「…」さっ

翠星石「あ…あ……」

JUM「おい、それ…お尻から延びてるコード、もしかして」

翠星石「あ、あのね?ちち、違うんですよ?これはね、この…」ぽろぽろ

JUM「…うわ」

翠星石「違うんですよ、あのね?JUM、ちゃんと聞いてです、ほら、私、わたし、わた…」ぽろぽろ

JUM「…」

翠星石「わたしじゃない…私じゃないんですぅ…勝手に、そう勝手にね?…」ぽろぽろ




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:04:17.62 ID:HyPDKLgXO
真紅(テンパり方がハンパじゃないわね)

雛苺(言ってる事がめちゃくちゃで完全に意味わからないの)


翠星石「……見ないで……」ぽろぽろ

JUM「翠星石…」

翠星石「ごめんなさい…謝りますから…お願いだから見ないで…」ぽろぽろ

JUM「…」

翠星石「えぐっ…ひっ……ごめんなさい……嫌いにならないでぇ…」ぽろぽろ

翠星石「うぇぇぇえん!!」




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:04:41.67 ID:/ntOaTPrO
ここが底辺なはず!
こっからは上がってくはず…そうだろ?




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:05:27.09 ID:VPfBm9oO0
もう少し下がっても良い




454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:09:52.84 ID:HyPDKLgXO
JUM「翠星石」ぽん

翠星石「ごめんなさい…ごめんなさいJUM…!興味本位だったんです…」ぽろぽろ

翠星石「JUMの机勝手に開けちゃって…これがあったから…興奮しちゃって…」

翠星石「ごめんなさい…ごめんなさい…き、嫌いに…ヒグ、な、ならないでですぅ…」

JUM「…(おい、真紅)」チラ

真紅「(わかっているわ)」コク




459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:14:54.76 ID:HyPDKLgXO
真紅「(行くわよ、雛苺)」チラ

雛苺「(うぅい!)」コク

真紅「JUM…もう許してあげましょう」テクテク

雛苺「そうなの…JUMだって一人でする時もあるの。女の子も同じなのよ」テクテク

JUM「お前ら…」

テクテク

トテトテ

テクテク

トテトテ

クイッ

雛苺「うよ!?つまづいたー」

カチ

ヴィィィィィ

翠星石「うぅううう!!?」ぽろぽろ ビクッ




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:21:48.56 ID:HyPDKLgXO
ヴィィィィィ

翠星石「うううううう…!!」ガクガク

雛苺「ああ!ごめんなの翠星石!今スイッチ切るの!」

グイッ

真紅「雛苺!それは切じゃなくてMAXなのだわ」

雛苺「うよ?」

ウ゛ウ゛ーーン!!!

翠星石「うぐううぅぅぅ……!!!!」ガクッ




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:30:05.60 ID:HyPDKLgXO
JUM「雛苺、止めてやってくれ」

雛苺「うぃー」

カチ

ヴィィ…ン

翠星石「…はぁ…はぁ……」

JUM「…翠星石、大丈夫か?」

翠星石「う、うぅ…もう翠星石は生きて行けないです…」

JUM「そんな事ないって。自慰なんか誰でもするんだから」

翠星石「JUMぅ……」ぽろぽろ

JUM「僕だって真紅だって雛苺だって、みんなそうさ。そんな事で嫌いになんかならないよ、自慰星石」

翠星石「うわーーーーーん!!!」

雛苺「今のはヒドイの…」





494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:34:33.15 ID:/ntOaTPrO
自慰星石…
キツイなこれ…
銀「あらぁ自慰星石じゃなぁい」
蒼「自慰星石…僕たち姉妹だろ…?」
泣くだろw




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:37:07.41 ID:OM8gpacKO
読み方はなんて読むんだろ

オナせいせき?
ジイせいせき?




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:38:46.72 ID:aSGjTrHX0
じいせいえき




499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:39:42.71 ID:HyPDKLgXO
翠星石「翠星石はもうおしまいです…アリスゲームも降りるです…」

JUM「そう言うなって…。オナニ〇ばれたくらいで…」

翠星石「…お前にだけはバレたくなかったです…死にたいです…。どうせ私は自慰星石…」

雛苺「自慰星石はこれから自分の好きな人のロー〇ーを〇ナルに入れた女として生きて行くのね」

真紅「そんな事より、いい加減ロー〇ーを抜かないといけないんではなくて?」

JUM「そうだな」




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:40:48.62 ID:rGGlT4tzO
全員鬼畜すぎる




509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:48:06.51 ID:HyPDKLgXO
JUM「抜けるか?」

翠星石「全然です…なんべんも試したですけど…」

JUM「しょうがないな。ローション貸してあげるよ」

翠星石「こ、こんなもの持ってたですか…」

JUM「ほら、お尻出して」

翠星石「はぁ!?何言ってるです!自分でやるです…」

JUM「良いから。手伝ってやるから早くしろよ」

翠星石「うぅ…翠星石にはもう人権なんてないです…」




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:52:15.17 ID:HyPDKLgXO
ポタタ…

ヌリヌリ

翠星石「ひぅ…」ぴくん

雛苺「あれぇ?どうしたの自慰星石?手伝ってくれてるのにまだ感じてるのー?」

真紅「自慰星石、はしたないわね。JUMはあなたの為に協力しているのよ」

翠星石「そんな事言ったって…ひあ!」ピクン

ヌリヌリ

JUM「中にもローション塗らないとダメだから指入れるぞ?」

ぬぷぷ…

翠星石「うぅ…ううう…!!いったぁいです…!!」





525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 00:56:42.68 ID:HyPDKLgXO
ヌリヌリ

ぬぷっ

JUM「これで良し…っと。後はコード引っ張るだけだな」

ぐぐ…

翠星石「やめて…見ないで…見ないでぇ…」

雛苺「うわー出て来たのー」

真紅「すごいわね。こんなに拡げて」

翠星石「いやぁ…!いたぁい…痛いよぉ…!」

ぐぐ…

ぐぐぐ…

ぬぽっっ

翠星石「ひぁぁ!!」びくびくぅ




529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:00:58.28 ID:HyPDKLgXO
JUM「よし、抜けた」

翠星石「はぁ…はあ…」ビクッ ピクン

JUM「やれやれ…翠星石、もうこんな事するなよ?」

翠星石「…うぅ…はいです。…もうしないです…」

JUM「…オナ〇ーするなとは言わないから、次からはバレないようにな」

翠星石「う…ほ、本当に嫌いになってないですか?…正直に言って欲しいです…」

JUM「大丈夫だって。嫌いにならないよ。むしろ可愛かった。なぁ、真紅?雛苺?」




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:06:02.52 ID:HyPDKLgXO
真紅「そうね。ごめんなさい翠星石。少し意地悪しすぎたわ」

雛苺「…ヒナもなの。ごめんね翠星石。ちょっといつもの仕返しのつもりだったのよ…」

翠星石「…翠星石も調子に乗ってすまんですぅ。…JUM?」

JUM「ん?」

翠星石「本当の本当に嫌いになってないですか?これからも普通に接して欲しいですぅ…」

JUM「不安か?大丈夫だって、自慰なんて誰でもする事なんだから。…そうだな、安心させてやろうか?」




540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:11:26.85 ID:HyPDKLgXO
翠星石「安心?」

JUM「そういう事をしてるのがお前だけじゃないって事を確認させてやるよ。真紅、雛苺」

真紅「なぁに?」

雛苺「はい!」

JUM「水銀燈の教会に出かけるぞ」

真紅「了解だわ」

雛苺「なのー!」




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:13:17.42 ID:MRqTkP9y0
>>540
おお?




545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:14:41.46 ID:HyPDKLgXO




JUM「ただいま」

真紅「水銀燈の教会にカメラを仕掛けてきたのだわ」

翠星石「なな、なんですぅ!?犯罪じゃねーですか!」

雛苺「大丈夫なのよ、翠星石のもバッチリ撮れてるからー」

翠星石「え?え?」




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:16:02.89 ID:tnYN8miRO
雛苺ww




553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:19:28.08 ID:HyPDKLgXO
翠星石「ど…どういう…事です…」

JUM「家に隠しカメラセットしてただけだよ。僕らはそれを見てたんだ」

翠星石「な…」

JUM「大丈夫、僕が楽しむ為のものだから誰にも見せないよ」

翠星石「……うぇぇん……」




558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:25:05.76 ID:HyPDKLgXO
真紅「泣かないで良いのよ翠星石。あなたもすぐにハマるわ」

雛苺「なのよ!ヒナ達も内容は違えど翠星石と同じ経験してるのー」

翠星石「え…?真紅達も見られてたです?」

真紅「そうよ。はじめはあなたと同じ気持ちだったわ…」

JUM「元はと言えば僕が雛苺にオナ〇ー目撃されたのが始まりだけどな。翠星石も見ればわかるよ」

翠星石「お…PCに教会が映ったです」




562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:28:17.03 ID:HyPDKLgXO
雛苺「あ、水銀燈がちょうど帰ってきたのよ!」

真紅「本当ね。何か手に持っているのだわ」

翠星石「なんですアレは…?DVD?」

JUM「ちょっとズームしてみようか」

翠星石「お、タイトルが見えてきたです。なになに…?うわ…」

雛苺「レ、強姦モノなの……」




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:29:13.56 ID:rGGlT4tzO
そんな性癖が…




569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:30:36.08 ID:HyPDKLgXO
翠星石「な、なんか…いけない事してるのに…ワクワクしてきたです」

真紅「でしょう?一度ハマったらやめられないのだわ」

雛苺「あ!服を脱いで再生したの!」

JUM「おお…」

翠星石「これは…」




574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:35:16.36 ID:HyPDKLgXO





翠星石「凄かったです…」

真紅「そうね。あの子ったら、普段と違って…」

JUM「わかっただろ、翠星石」

翠星石「わかったです…なんだか水銀燈の所に遊びに行きたくなって来たですよ」

雛苺「なの!あんなの見ちゃったらいじめるしかないのよー!」

JUM「よし、nのフィールドから行くか」

翠星石「ですぅ!誰だってちょっと変わったオナニーくらいするですね!安心したですぅ!」




翠星石「よし、待ってるですよ水銀燈!」



おわり




575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:36:07.22 ID:HyPDKLgXO
翠星石「最後の最後で伏せ字忘れたですぅ」




576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:36:11.48 ID:c7gUE6zyO
>>574
銀様編はないのか…
乙!




577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:36:54.92 ID:nv5M0fGD0
まぢたのしかった!




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:39:41.31 ID:HyPDKLgXO
>>576
銀様はこないだ散々書いたからな…
途中で特定されてたけど

水銀燈「どうして欲しいか言ってみなさい」
翠星石「触手プレイ?」

なんかの作者でした。
保守、支援thxでした。
今回はかなり自重したけど、最近変態しか書いてないな…




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:39:41.82 ID:tnYN8miRO
乙!




592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/26(水) 01:43:36.11 ID:/ntOaTPrO
あれ!?終わっとる…
>>1
次回作にも期待してるぜ!









-----------------------
当ブログについて
※欄147さんありがとうです。


-----------------
お絵かき掲示板よりevisuさんありがとうです。




のぞき屋 (1) (小学館文庫)
のぞき屋 (1) (小学館文庫)山本 英夫

小学館 2005-09-15
売り上げランキング : 471157

おすすめ平均 star
star表と裏。全てノゾいちゃいますψ(`∇')ψ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 09:33: :edit
    これは傑作
    ぷん太に載ると最初からわかってました
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 09:34: :edit
    可愛いw
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 09:44: :edit
    この作者の書くモノは本当に外れがないな
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:15: :edit
    この人はマジで大好きだw
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:15: :edit
    ふぅ……
    朝っぱらから、けしからん
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:32: :edit
    自慰星石って言いたかっただけだろwwww
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:48: :edit
    じいせいせきって
    口に出してみると意外と語呂が良いなw
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:57: :edit
    どちらかというと下ネタよりいじめられている翠が良い
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 10:58: :edit
    ふぅ……


    で、ぷん太がオナニーする話はまだか?
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 11:04: :edit
    これは続編希望だろ…jk…
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 11:24: :edit
    なんとエロかわいい・・・
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 11:50: :edit
    翠弄りのSSは大好きだwww
    乙www
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:05: :edit
    まあ翠星石が元気になってよかったわ…
    できれば幸せな終わり方がよかった
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:23: :edit
    翠が可哀想と思う反面
    もっといじめてみたい衝動にもかられる…
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:39: :edit
    あの作者か…流石わかってるじゃないか
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:44: :edit
    ふぅ・・・


    この作者は実にけしからん


    もっとやれ
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:45: :edit
    オナ苺
    オナリア
    自慰紅
    オナ銀灯
    オナ水晶
    自慰星石
    オナ星石
    オナリ晶
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 12:47: :edit
    GTって「ガールズトーク」の略かと思ったけど
    本当は「ジー(自慰)トーク」の略だったんだな・・・
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 13:34: :edit
    17
    オナリアでやられたwwww
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 14:10: :edit
    チンポおっきおっき
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 14:15: :edit
    閲覧注意つけろよww
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 14:22: :edit
    萌えの意味を知りました
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 14:23: :edit
    この作者マジでジーニアスだな
    ぷん太列伝に上位で食い込むよ
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 14:24: :edit
    おもしれー!うにゅ連に身を置くこの俺が嫌ぁぁぁ人生を棒にふっちゃうぅぅな翠に惹かれてる・・・ッ!

    この作者は優れた描写力を惜しみなくエンターテインメント方向に偏って発揮させた稀代の名作家
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 15:21: :edit
    ※24
    うにゅ連の構成員ならこのSSのヒナとかたまらんはずだろ?
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 15:47: :edit
    もう翠星石可愛すぎてこっちが枕に顔押しつけて足バタバタしたわ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:03: :edit
    銀様編も希望
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:31: :edit
    ジーニアス(笑)
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:32: :edit
    7巻買ったぜうっひょひょ~い!!

    JUMはリア充
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:39: :edit
    雛苺は巨にゅーだろjk
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:40: :edit
    生でみてたがぷん太に乗ると確信していたw
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:40: :edit
    変態!変態!
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 16:51: :edit
    オッキした
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 17:08: :edit
    実に面白い
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 19:27: :edit
    翠が可愛すぎた
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 19:50: :edit
    「え、えへ…えへへ…」
    が良すぎる
  37. 名前: 通行人α #-: 2008/11/28(金) 19:55: :edit
    オナってるシーンが直接書かれて無い分、余計に興奮する。
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 19:58: :edit
    載ると思ってた
    スレ見てておっきした
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 20:37: :edit
    なんという鬼畜…
    これはまさしくトップ5に入る
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 20:42: :edit
    この人最近変態多いからそろそろ鬱書いて欲しい

    アルツハイマーの話クラスの
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 21:22: :edit
    続編希望!
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 21:25: :edit
    これはいいものだ
  43. 名前: 774 #-: 2008/11/28(金) 21:54: :edit
    これ>>1の経験談だろwww
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 22:24: :edit
    やはりローゼンSSは変態ものに限る
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/28(金) 22:38: :edit
    翠かわええぇぇぇw
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 00:17: :edit
    おぉ、載せてくれるとは思わなんだ
  47. 名前: ニコニコ名無しさん #-: 2008/11/29(土) 01:32: :edit
    載ることは分かってた
    ぷん太は期待を裏切らない
  48. 名前: ニコニコ名無しさん #-: 2008/11/29(土) 01:39: :edit
    ふぅ・・・



    ふぅ・・・



    ふぅ・・・
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 01:42: :edit
    この作者は本当にわかってる。素晴らしすぎる
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 02:04: :edit
    や は り か の 変 態 か
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 02:11: :edit
    これは過去の真紅の体験談もぜひ書いてほしい
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 02:47: :edit
    この作者はすばらしい。実にすばらしい。
  53. 名前: ニコニコ名無しさん #-: 2008/11/29(土) 03:13: :edit
    次はぷん太だな
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 04:32: :edit
    金白はともかくなぜ誰も蒼の出番がないことに触れぬのか
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 09:37: :edit
    バレそうでビクビクしてる翠を目の前にしても理性残ってるJUMは頭がおかしい
    翠とオナヌー見せ合いっこしてぇええええ
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 12:06: :edit
    作者女の人?
    なんか細部がやたら生々しい
    逆に男だったら細かいとこまで考えてあって凄いな

    どちらにせよ変態最高
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/29(土) 18:47: :edit
    最高だ
  58. 名前: 通常のナナシ #jWeOCmHw: 2008/11/30(日) 00:40: :edit
    ふぅ・・・


    翠星石可愛いなあもう.
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/30(日) 01:46: :edit
    そういや変態話なのに蒼い子の出番がねえな確かに・・・
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/12/05(金) 10:21: :edit
    JUMの冷静な突っ込みが最高w
  61. 名前: 名もなき名無し #-: 2008/12/05(金) 18:07: :edit
    ここまでさらけ出しておいて
    「咥えろ」だの「吸わせろ」だのといった
    接触の方向にいっさい行かないあたりが
    果てしなく変態。
    尊敬に値するね。
  62. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/12/14(日) 23:19: :edit
    犯罪だろw
  63. 名前: 最強の名無し #-: 2009/02/14(土) 17:15: :edit
    翠星石の反応がやばかったーー
    てゆうかみんな鬼畜すぎだろ!!
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/21(土) 01:19: :edit
    久しぶりに見たけど…

    ふぅ…たまらん…
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/23(月) 19:40: :edit
    すばらしい
  66. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/06/02(火) 12:10: :edit
    また見に来てしまった…
    これはやはり名作
  67. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/08/13(木) 22:14: :edit
    久しぶりに見てもやはりたまらん
  68. 名前: 仁 #-: 2013/03/07(木) 12:17: :edit

    マイサンがエレクトしちゃったZE☆
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.