FC2ブログ

翠星石「やい、鬼人間!」 その3

***
2008/11/04(火)
18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 02:17:26.26 ID:cwaqMKpuO


その3です


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 02:17:26.26 ID:cwaqMKpuO
烈「ところで水銀燈」

水銀燈「なぁに?」

烈「この前に私が水銀燈にあげた人形を水銀燈があげた子は、大事にしてくれているだろうか」

水銀燈「知らないわよぉそんな事…」

烈「それが気になって私は…」

水銀燈「ま、少なくとも真紅は人形は大事にする子よぉ」

烈「そうか。それを聞いて安心した」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:29:23.53 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「そんなに気になるのならnのフィールドから見に行くぅ?」

烈「nのフィールド?」

水銀燈「鏡はあるかしら?」

烈「鏡…広間にあったな。案内しよう」

水銀燈「ちょっと待ちなさいよ。私に歩かせる気?」

烈「?」

水銀燈「察しなさいよ…。ほら、抱っこしなさぁい」

烈「ああ、済まない。気が付かなかった」ヒョイ




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:35:49.04 ID:cwaqMKpuO
烈「ここだ」

水銀燈「ふぅん…中華風だけど立派な鏡じゃない。じゃあ行くわよ」

ニュッ

烈「おおッ!?鏡の中に!」

水銀燈「これがnのフィールドよ」

烈「これは摩訶不思議な…」

スイーッ

水銀燈「ねぇ。どうしてあのボロっちい人形にそこまでこだわるのぉ?どこにでもある人形じゃない」

烈「ああ…あれはな。幼少の頃、母上からいただいたものなんだ」

水銀燈「そう…。そんなもの、どうして私にくれたのよぉ?すぐ真紅に送っちゃったけど…」

烈「水銀燈なら大切に可愛がってくれると思ったからな」

水銀燈「…悪い事しちゃったわねぇ」シュン




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:37:15.08 ID:APDKqcLQ0
幼少のころ母から頂いた人形がフシュルフシュルとか烈・・・・




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:43:10.68 ID:cwaqMKpuO
烈「私は構わん。あの人形も私に持たれているより、可愛がってくれる女の子の方が良いだろう」

水銀燈「…そう?あなたに人形も似合わなくはないわよ」

烈「ははは、私ほど人形の似合わん男はいないさ。真紅という子も人形が好きなんだろう?」

水銀燈「ええ。あの子は薔薇乙女の中でも生粋の人形好きだから」

烈「それはよかった。母上も喜んでくれているだろう」

水銀燈「え?あなたのお母様って…」

烈「…古い話だ。私は武に生きてきたからな」

水銀燈「…烈…」ギュ




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:46:53.61 ID:cwaqMKpuO
烈「はじめて名前で呼んでくれたな」

水銀燈「…ふん。くだらない事言ってないの。ほら、着いたわよ」

烈「おお、ここか」

ニュッ

ストッ

水銀燈「さぁて、真紅はどこにいるのかしらぁ?」

烈「ここは…独歩氏の家か?なぜここに…」

水銀燈「ん?」





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:49:36.14 ID:Z40BoiA+0
いいコンビだ・・・・




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:50:27.65 ID:qlQ5QINs0
人形を抱いたむさいオッサンどもが闊歩するwww
異様な光景だなwww




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 11:53:30.89 ID:cwaqMKpuO
人形「」ボロ…

水銀燈「お腹が…殴られたみたいにへこんでる…」

烈「オオ…」フ…

水銀燈「…烈」

烈「オオオオォ…」ポロポロ

水銀燈「真紅ぅ…!!なぜこんな事をっ!?」

水銀燈「悲しまないで。大丈夫…私が仇をとってやるわぁ…!」

烈「待て…!復讐は駄目だ…」

水銀燈「あなたが悲しんでる姿を見て、黙ってられないわぁ!!」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 12:00:43.64 ID:cwaqMKpuO
独歩「なんだかあっちの部屋が騒がしいなぁオイ」

真紅「まったく…ゆっくり紅茶も飲めないのだわ」

独歩「ちょっくら見てくるぜぃ」スッ

真紅「待ってどっぽ。私も行くわ。抱っこしてちょうだい」


ガッシャアアアアン!!

真紅「きゃあ!?」

独歩「またかッ!??」


水銀燈「許さなぁい…真紅、許さないわぁ」

真紅「水銀燈!やはり来たわね…」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 12:05:07.84 ID:oYnhXHx50
水銀燈さんwwwwww責任転嫁っすかwwwwwwww




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 14:45:28.09 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「あの人形には殴られた痕があった…真紅のものではないわね」

真紅「人形…?あの襲ってきた子の事ね?やはりあなたの使いだったのね」

水銀燈「あんたねぇ、烈がくれた人形をボロボロにしたのは」

独歩「人形を倒したのは確かにオイラだけどよォ、あれが烈のだったとはな」

水銀燈「烈がどれだけ悲しんだかわかってるぅ?母様からもらった大切な人形をよくも…」

独歩「烈が来てんのか?…ッてうおっ!?」

水銀燈「ジャンクにしてやるわぁッ!!」シュババババ




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 14:51:19.69 ID:cwaqMKpuO
真紅「独歩!」バッ

独歩「嬢ちゃん心配すんな。どきな、これくらい平気だ」

真紅「駄目よ。あなたを傷つけるわけにはいかないもの」

独歩「…ッ!」

水銀燈「ふふ…二人まとめてジャンクにしてあげるッッッ!!」シュババババ

真紅「くっ…!なんの…羽は手数は多くても決定打にはならないわ」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 14:56:59.70 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「私の能力が羽だけだと思ってぇ?あなたって本当に…お馬鹿さぁん♪」

破ッ!!

真紅「突き…!?キャアッ!」ドグッ

独歩「今の動き、間違いねェ!中国憲法!!こいつのミーディアムが烈ってのはマジだな」

独歩「だが…来てるとしたら今どこに!?」


━━━━━━

烈「…おぉぉ…」ポロポロ

ギュッ

人形「」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 14:59:10.16 ID:Z40BoiA+0
烈いつまで泣いてるんだよwwwwww




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:02:31.32 ID:FD0iCdRe0
烈ちょっと状況確認しろwwwwwwwwwww




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:06:31.02 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「ふふっ、手も足も出ないじゃなぁい?」

丹ッ
破ッ
掌ッ


真紅「~~~~~ッ!!」

独歩「眉間、人中、鳩尾、股間…!正確に正中線を狙って来るッ」

真紅「がはっ…」ザン…

水銀燈「とどめよぉ!アリスになるのはこの私ッ!」ガチ

真紅「…何…首の上に飛び乗って…!?」

独歩「嬢ちゃん!後ろに倒れろォオ!!」

水銀燈「無駄よッ」


水銀燈「  転  蓮  華  」

ぐるん




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:08:48.84 ID:DWeGf2Zt0
銀様wwwwwwwwwwww




132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:11:11.31 ID:FD0iCdRe0
首折る気かwwwww




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:11:56.53 ID:gvDFnNbq0
まwwさwwかwwのwwwww転wwww蓮wwwww華
蓮華が背景にぃww




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:13:56.31 ID:cwaqMKpuO
ゴキッ

真紅「~~~~」

水銀燈「終わりねぇ」ストッ

独歩「嬢…ちゃん」

真紅「」ぐらぁ…

水銀燈「さぁ…無様に倒れると良いわぁ。人形をジャンクにした報いよ」

真紅「…それは」ガッ

水銀燈「!?」

真紅「あなたがあの子を使いに使ったのが悪いんではなくて?」

水銀燈「馬鹿なッ…確かに頚椎は粉々になったはず…!」

真紅「あらよっ」かぽ

水銀燈「直前に球体関節を外したと言うの!?」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:14:25.01 ID:FD0iCdRe0
どういうことだwww




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:14:26.45 ID:Z40BoiA+0
なんというwwwwwwww




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:14:49.74 ID:qvHPErSc0
あらよwwwwwwwwww




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 15:19:28.30 ID:Z6QSfJ28O
かぽwwwwwwww




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 18:49:51.22 ID:cwaqMKpuO
独歩「たくよォ、冷や冷やさせやがってぇ…嬢ちゃん、反撃だッ!」

真紅「ええ。どっぽ、おもいっきり吸い取るわよ。覚悟するのだわ」

独歩「おうよ。守りは必要ねぇ、構えな」

真紅「行くわよ、水銀燈」ぐぐっ

独歩「オ、オイラと同じ構え…何も教えずに…!」

水銀燈「ふん、死にぞこない…!次こそローザミスティカ吐き出させてやるわぁ…!」

真紅「…シュッ!!」ダッ

水銀燈「速いッッッ!??」

ドキュ!!




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 18:54:00.05 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「!?重いッッッなんて重さッッッ」

真紅「ふんっ!!」ババババッ

ドガガガガ

水銀燈「ヒ、ヒイィィ!!」

独歩「正中線四連撃ッッッ!!」

水銀燈「…ぐ…」ガクッ

真紅「…無様ね。胴ががら空きなのだわ」ドカッ

水銀燈「レ、肝臓…!!がはぁッ」




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 18:54:05.01 ID:RK4y9CQz0
お前ら本来の力つかえwwww




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 18:56:14.77 ID:WYpMhmsF0
肝臓!?




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 19:00:07.36 ID:cwaqMKpuO
水銀燈「…ぐ…あ…」ドサ

真紅「まだ終わらないのだわっ!」ダダッ

独歩「待てェッ!!」

真紅「どっぽ、何故止めるの!?」

独歩「相手を見てみな…」

真紅「水銀燈を?」

水銀燈「オゲ…ゲェェェ」ビシャビシャビシャ

独歩「ここで追撃するつもりか?お前さんは守る為に戦うんじゃなかったのかい」

真紅「…そうだったわ。私は…闘争心しか頭になかった…」


ガラガラ

烈「水銀燈、すまなかった…取り乱してしまった。もう大丈…ぶ…?」

水銀燈「オエエェェ…」ビシャビシャ

独歩「烈!」

烈「水銀燈ッ!何があった!?」ダッ




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 19:00:13.71 ID:jWjDL8XM0
胴ががら空きなのは(ry




242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:41:00.25 ID:cwaqMKpuO
独歩「烈…おめぇさん来てたのか」

烈「独歩ッ!!」

水銀燈「ハァ…ハァ…れ、烈…手を出さないでちょうだぁい」

烈「しかし…!」

水銀燈「これは私の戦いよぉ…あなたは私に力を差し出せば良いの」

独歩「察してやんな」

烈「独歩…!!」

独歩「嬢ちゃん達には嬢ちゃん達の戦いがある。横槍なんて野暮な真似はできねぇよ」

烈「く…ッ!黙って見ていろと言うのかッッッ」




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:47:23.31 ID:cwaqMKpuO
烈「無力ッ!未熟ッ!自分の事しか見えず、守るべき者の危機にも気付けなかったッ!」

水銀燈「…烈…」

烈「詫びようもないッ…ただ、水銀燈よ、勝ってくれ!!!」ポロポロ

水銀燈「任せときなさぁい。あんたにそこまで言われて負けたら、薔薇乙女の治れだわぁ」

ヌギ…ヌギ…

烈「おお…靴を…!!」

水銀燈「もう遠慮はしないわぁ。真紅、あなたは強い。全力で行かせてもらうわよぉ」グッ

真紅「あら、ようやく気付いたの?素足になったところで何が代わるというのかしら」グッ




248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:51:30.28 ID:9Vk/QD8S0
銀様の素足を想像してエロい妄想したのは俺だけじゃないはず




252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:56:17.11 ID:cwaqMKpuO
独歩「前羽の構え…伝統空手が誇る絶対防御の構えだ…!」

水銀燈「無駄よぉ。たかが空手!素足になった中国拳法の前では無力ッ!」

フワッ…

真紅「飛んだ!?」

水銀燈「ふふ…その構え、上からの攻撃でも防げるのかしらぁ」

バキャ
ガシッ
ガコッ
グシッ

烈「上空から真下への連蹴り!連蹴り!!羽根を持つ水銀燈ならではの攻撃だッ!真紅もそれを捌ききっている!!」

真紅「甘いッ!あなたは伝統空手を甘く見すぎなのだわッ!!」ギョロ!!

独歩「さ…散眼…だとォ…!?」





254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:59:18.84 ID:zU99wW38O
目があああああああ!




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 22:59:26.49 ID:hXSzY+KgO
真紅を想像したら
なんかすごく怖いんですけど

本物の呪い人形みたいで




260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:02:53.86 ID:cwaqMKpuO
真紅「いつまでこの攻撃を続けても入る事はないのだわっ!」

ガシッ
ガコッ
ガシッ

水銀燈「そうみたいねぇ…!なら!このさらに真上から振り落とす踵落としに耐えられるかしらぁ!?」ガバァ

真紅「裁いてみせるわッ!」ググッ


グサァッ!!

真紅「!??」グボ…

独歩「な…!?フェイント!?高く振り上げた右足を囮に、左足の爪先で咽をえぐりやがった…」

水銀燈「ふん…お馬鹿さぁん」




261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:04:52.91 ID:YjVB9/Cu0
ハイレベルw




265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:06:55.89 ID:60oBkcz/O
銀様つええええwww




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:10:38.84 ID:cwaqMKpuO
グサッ!!
ガキィッ!
ズボッ!!

水銀燈「破ァ!!」

ズボォォ

烈「咽にもろに入った…ここまでだ…」

真紅(馬鹿な…私が負ける…!?)

真紅(守るべきもの…どっぽ…)

ドサッ…

真紅「…倒れてる?私が…負けるというの…?」

水銀燈「…」スタ…

真紅「…参ったのだわ…ローザミスティカ…持って行くといいわ…」

水銀燈「真紅…あなたは強かったわぁ。あなたに足りなかったのは…」

真紅「わかっているわ…言われなくても…」




269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:13:56.73 ID:RK4y9CQz0
情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!




270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:18:18.01 ID:LAgGr+vC0
そして何よりも!




271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:19:31.75 ID:P9wfQ8mi0
速さが足りない!




272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:22:02.98 ID:Z40BoiA+0
>>269>>270>>271
何かワロタwwww




273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:22:10.28 ID:FD0iCdRe0
お前らwww




274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:32:16.27 ID:qG5n8AcJ0
>>269>>270>>271
wwwww






281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:49:27.87 ID:cwaqMKpuO
独歩「…」

真紅「私の守るべきもの…私のミーディアム…」

水銀燈「…」

真紅「どうか……抜け殻になった私を…彼のもとに…」

水銀燈「わかったわぁ…必ず」

真紅「どっぽとの絆だけは…守りたい…」

独歩「嬢ちゃん…」

真紅「やっとわかったわ……守り抜く事に比べれば、勝利など…なんと小さい事なの…」

真紅「どっぽ…」

独歩「お前さんはよく戦った。守りたいものを守りきった。よくやったぜ」

真紅「…抱っこしてちょうだい…」

独歩「…ほらよ」ギュッ

真紅「ああ…どっぽ…私の愛しいスーパーマン……」


カクン…




284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:52:32.76 ID:Z40BoiA+0
真紅さん、乙です




290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:56:17.41 ID:HWeXh2htO
カクン で笑ってしまった




291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/31(金) 23:56:34.81 ID:cwaqMKpuO
真紅「」スッ…

独歩「これが真紅のローザミスティカか…なんて綺麗なんだ。水銀燈、受け取ってやってくれ」

水銀燈「確かに、受け取ったわ。真紅の意志は私が受け継ぐッ!」スッ

独歩「見ろ真紅。お前さんの『守る為の戦い』を継いでくれるとよ」

独歩「守る為に戦い続けるのは難しいって言ったっけなァ。水銀燈の中で戦い続ける…見事にやり遂げたじゃねぇか」

烈「立派な戦士だった…」る…

水銀燈「私は必ずアリスになるわッ!今回のアリスゲームはもう止められないッ」

水銀燈「烈!最後まできちんと協力するのよ」

烈「うむ。必ず。約束しよう」





296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:00:43.44 ID:aV74tqqqO
雛苺「うよ!?」

花山「どうした?雛苺」

雛苺「うゆ…ヒナの姉妹の気配が二つ消えたの…」

花山「例のアリスゲームか」

雛苺「…真紅ぅ…金糸雀ぁ…」シクシク

花山「…雛苺…」ナデナデ

雛苺「かおる…やぁなのよ…なんで戦うの?皆仲良しじゃ駄目なの?」シクシク

花山「…」ナデナデ




309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:08:36.96 ID:aV74tqqqO
雛苺「もう真紅達に会えないのぉ…?」シクシク

花山「…」



ガラガラ!

木崎「失礼しやす!二代目、そろそろ支度を…」

花山「…」スクッ

雛苺「カオル?お出かけするの?」グスッ

花山「すぐ戻る。雛苺はここで待っていろ」

雛苺「いやーなの!ヒナも行くの!一人はやぁなのよ…」

花山「…」

木崎「二代目ッ!」

雛苺「カオル…」グイ

花山「…木崎。連れて行くぞ」

木崎「し、正気ですかッ!?」

雛苺「わーいなの!カオル大好きぃ!!」ヨジヨジ ポフッ





317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:18:00.47 ID:aV74tqqqO
ブロロロ…

木崎「二代目…どういうつもりなんですか、雛苺さんを出入りに連れて来るなんて」

雛苺「カオルと~お出かけ~~♪」

木崎「どう考えても危険なだけだッ!今回ばかりは言わせていただきやす!雛苺さんが大切なら…」

花山「木崎よ…」

木崎「はい」ビク

花山「雛苺はどういう訳か俺に懐いているが…俺がどういう人間かを知らない。隠し通す程俺は器用な男じゃねぇ…そして隠し通すのは懐いている雛苺に対して不義理だろう」

木崎「二代目…」

花山「懐いているからこそ連れて行く。俺がどういう男かを見せる。雛苺が危険に晒される事はない。俺が戦うからだ…」

木崎「二代目が雛苺さんを守ると…?」

花山「いや…俺は敵を潰すだけだ。守る戦いができる程綺麗な人間じゃねぇからな…」




320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:24:45.53 ID:jqbgRPGK0
花山・・・あんた漢だぜ




321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:26:10.42 ID:aV74tqqqO
ブロロロ…ウウン…

ガチャ

バタン!!

木崎「着きやした」

雛苺「うゆー?ヒナあれ知ってるの!お船なのー!たくさーん!人もたくさーん!」

花山「木崎、雛苺を頼む」

木崎「…また一人で行かれるんですか。雛苺さん、ここで二代目を待ってましょう」

雛苺「えー!?嫌なのよ!ヒナもカオルと遊ぶの!」


花山「…」

ツカ…

ツカ…

ツカ…




322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:28:55.85 ID:0zWiZrCx0
花山・・・




326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:32:33.38 ID:aV74tqqqO
敵対ヤクザ「花山だァ!取れッッッ!」

バキュウ…ン

雛苺「え?」

花山「…」ツカ… ツカ…

雛苺「カオルどうしたの…?肩から血が出てるのよ!?」

木崎「あれくらい二代目にはなんともありやせん。それより、しっかりと見ていて下さい…」

雛苺「?」



敵対ヤクザ「お、おい…当たっただろ今…!?」

花山「…」ツカ…ツカ…

敵対ヤクザ「弾ァ…当たったじゃねぇかぁ!!」

ズキュン!!ズガン!!

花山「…」ツカ…ツカ…

敵対ヤクザ「ヒ…ヒィィィィッッッ!!!」




328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:35:54.78 ID:aV74tqqqO
敵対ヤクザ「…あ…あ…化け物…」ジョロロロ…

花山「…」ツカ…

ガシッ

敵対ヤクザ「あぁがぁ…あぁあ…!!」

メキョ…
メキ…
グギギィ…

敵対ヤクザ「」

グチャ

花山「…」フキフキ



雛苺「カ…オル…?」




330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:37:08.26 ID:IWbQI5t+0
花山の生き様は雛にどんな変化をもたらすのか……ゴクリ




333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:42:09.77 ID:aV74tqqqO
敵対A「うぁーー!!」

敵対B「なんなんだコイツぁ!?撃っても切ってもビクともしねぇじゃねえかぁッッ!」

敵対C「勝てる訳ねぇ…!勝てる訳ねぇよぉ…!!」

グチャ
メコォ
ぐしゃっ
メキッ

パンッッッ

し……ん

花山「…」


木崎「終わったな…死体の山で一人立つ姿…。あれが二代目だ」

雛苺「…」




338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:46:33.00 ID:aV74tqqqO
花山「…」ツカ… ツカ…


木崎「良い喧嘩でやした」スッ

花山「…」ビキッ ガブガブガブ

雛苺「…」



花山「雛苺」

雛苺「…」

花山「…」

雛苺「痛そうなの…血が出てるのよカオル…大丈夫?」

花山「!!!」





340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:51:33.47 ID:aV74tqqqO
木崎(怯えて泣き出すかと思ったら…なかなか肝が据わってるな)

花山「ああ…なんともない」

雛苺「なんともなくないの…いっぱい血が出てるのよ?あっちの人達も痛そうなの…」

花山「…お前は」

雛苺「うゆ?」

花山「戦いに、慣れているのか」

雛苺「…ヒナは、作られた時からずぅっと戦わないとダメだったの。いっぱい痛い思いもしたのよ」

花山「…」




341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:55:59.43 ID:aV74tqqqO
雛苺「だから…戦いは見慣れてるの。嫌だけど…ヒナは戦わないと駄目みたいなの…」

花山「…」

雛苺「でも…どうして戦うの?ヒナは皆仲良しが良いのに…戦わないといけないのはわかるの。でもどうしてなの?」

花山「…戦う…理由…」

雛苺「ねぇ…カオルはどうして戦うの?」

花山「『道』だ」

雛苺「みち?」




343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:59:25.48 ID:hl/xL4BW0
雛苺が道を語るようになるというのか




344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 00:59:42.23 ID:aV74tqqqO
花山「戦う事が俺の『道』だ…お前にとってのアリスゲームのようにな」

雛苺「ヒナの『道』…」

木崎「…二代目」

花山「…喋り過ぎた。帰るぞ」

ブロロロ…ンゥ




345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:00:37.25 ID:EQhiGtCi0
不覚にもンゥに




348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:06:14.74 ID:aV74tqqqO
雛苺「ねぇカオル」

花山「なんだ」

雛苺「痛いの痛いの飛んでいけー♪」ナデナデ

花山「~…」

雛苺「えへへ。ヒナもいっぱいナデナデして貰ったから、お返しなの」

花山「…そうか」ナデナデ

雛苺「んふふ♪カオルのおててはおっきくてズシッてなって気持ち良いの」

花山「…」

雛苺「カオル、今日は連れて来てくれてありがとうなの…。カオルの姿、言葉で…ちょっとモヤモヤがなくなったのよ」

花山「そうか」




351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:10:37.05 ID:aV74tqqqO
ブロロロ…

木崎「お疲れ様でやした」

ガチャ

バタン

ヤクザA「二代目、お疲れっした!客人がお見えになってます!」

花山「客?」

刃牙「やぁ、花山さん。久しぶり」




357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:16:45.41 ID:aV74tqqqO
花山「刃牙…」

刃牙「いつ以来かな。相変わらず忙しそうだね」

花山「ああ…世間話をしにきたって面じゃなさそうだな」

刃牙「うん、悪いね急で…」

花山「いつでも良いぜ」

ぐにゃあ~…

刃牙「違うんだ。用があるのは俺じゃなくてさ」

蒼星石「…こんにちは」ペコ

花山「…!」

刃牙「俺の所に来たからさ。もしかしたらアンタのとこにも…って思ったんだけど」


刃牙「どうやらビンゴかな」




366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:31:33.83 ID:aV74tqqqO
刃牙「こいつがね…『姉妹達と戦いたいッ』て」

花山「…」ギロリ

蒼星石「…良い顔だ。見かけ倒しじゃない。強いね貴方は」

刃牙「へェ~…花山さんを初見でびびらないか。たいした根性だな」

花山「…」

雛苺「蒼星石、顔…ううん纏う雰囲気が変わったの……」

蒼星石「君こそ、良い顔になっている。君のマスターによく似た目だ」




372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:41:47.09 ID:DWhvn2r00
真面目な話なのにわらってしまうwwwwwwwwww




373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:44:14.10 ID:aV74tqqqO
花山「どうするんだい…雛苺」

雛苺「聞かれるまでもないの。挑まれたらいつでもヤる。それがヒナの『道』なのよ」

花山「そうだな…済まなかった」


刃牙「だそうだ蒼星石」

蒼星石「…ああ…うれしい…。さぁ雛苺。すぐにでも」


花山「雛苺」

雛苺「うゆ?」

ビリィッ!!

花山「お前の背中にも背負うものがあるだろう。しっかりやってこい」

雛苺「す…ごい、入れ墨なの…大丈夫、ヒナは負けないのよカオル!!」


蒼星石「大層な塗り絵を披露した所で何が変わるんだい?」

雛苺「蒼星石はなんにもわかってないの。戦えば背負う物の重さがわかるのよッ!」グッ




374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:46:00.54 ID:rXHtdgXV0
ぬりえwwww蒼がバキ化するw




378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:49:02.18 ID:aV74tqqqO
刃牙「さぁ、蒼星石。ぶっ倒して来い」

蒼星石「うん!」


花山「雛苺…ぶっ潰して来い」

雛苺「応!!なの!」


蒼星石「レンピカ!」

雛苺「ベリーベル!」

カッ!!!




383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:56:22.58 ID:aV74tqqqO
蒼星石「ヒュッ!!」ドリュッ

バシィ

蒼星石「な…顔面で蹴りをモロに…」

雛苺「…」ツー

蒼星石「構えを…とらないのかッ!雛苺!」


刃牙「ハハ…まるで花山さんだな」




384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:57:44.73 ID:RiSMYT/pO
もはや庭師ではないwwwwwwwww




385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 01:58:48.96 ID:7mLwNJqN0
だからwwwww本来の武器を使えwww
翠星石を見習え




386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:01:09.30 ID:aV74tqqqO
蒼星石「僕の攻撃が…ッ!」

バシィ!!
ガキッ!!

雛苺「…」のろぉ~…

蒼星石「軽いと言うのかッ!!」

ガシッ

刃牙「捕まった…!」

雛苺(たしかカオルはこうやって…!!)


ミシッ…ミシィ…!!

蒼星石「!?なんて握力ッ!!」





387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:02:04.84 ID:UCBr1tdH0
握力自重wwwwww




388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:03:55.25 ID:VkPBGe8KO
本当に握撃しやがったwwwwwwwwww




390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:06:56.66 ID:aV74tqqqO
蒼星石「~~~!!」

ガシッボカッグワキィッ!!

雛苺「くっ…」パッ

蒼星石「危なかった…下手をすれば握り潰される所だった…」

蒼星石「しかし…捕まらなければ恐るるに足りないッ!」

シュババババッ!!

雛苺「ちょこまかと…ッ!うっとうしいのー!」

蒼星石「もらったぁ!!」

グシ!!

花山「水月…!!」ギリ




391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:07:11.24 ID:/kUGfIHhO
ミーディアム選択は本当に大事だな、影響受けすぎw




395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:12:36.41 ID:aV74tqqqO
雛苺「うぐッ…!!」

蒼星石「下がった頭を利用して…」

スパアン!

蒼星石「前蹴上げ…!」

蒼星石「上がった顎に…」

チッ

蒼星石「手刀ッ!!」

蒼星石「崩れる体勢に合わせて…!!」

ガチィ!!

蒼星石「フック!!終わりだ…!」


雛苺「~…」トサッ




399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:16:08.15 ID:aV74tqqqO
蒼星石「力だけでは戦いに勝てないと言う事だよ、雛苺」

蒼星石「とどめだ。レンピカ…庭師の鋏を」

シャキン

蒼星石「呆気なかったね雛苺。ローザミスティカはいただくよ」

雛苺「…」

ザクッ




402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:22:01.92 ID:aV74tqqqO
花山「…」

刃牙「なにッ!?」

蒼星石「素手で…止められた!?」

雛苺「うにゅぅぅああ」ヌッ

蒼星石「うわッわッ!?鋏ごと…持ち上げられてる!??」ジタバタ

雛苺「甘いのよ、蒼星石。その驕りが命取りになるの」

ガッシ!!

雛苺「ねぇ蒼星石。アイアンクローって知ってる?」




403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:22:11.62 ID:ja3VyuzqO
ノーガードなら最初からハサミ使えwwwwwwww




405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:23:43.72 ID:sWqwlItsO
アイアンクローwwww




406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:26:33.70 ID:aV74tqqqO
ミキミキミキィ…
ミシ…
ミシ…

蒼星石「うああ…うああああああああ!!!」ジタバタジタバタ

ミシ…
ミシ…

蒼星石「うぅあああ!死ぬ…!死ぬぅああ!!」

ミシ…



雛苺「まだやるの?」




407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:27:30.69 ID:5BIbeDgD0
>雛苺「まだやるの?」
wwwwwwwwwwwwwwwwww




408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:28:28.08 ID:sWqwlItsO
すげぇ影響受けてんなwwwww




410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:34:38.03 ID:aV74tqqqO
刃牙(まずいっ…顔面が破壊されるッッッ!)

蒼星石「…ぐ…!!」

蒼星石(まずいっ…なんとか逃れる方法は…!!)

蒼星石(!!鋏…そうか、鋏で…)

蒼星石「だああああッッッ!!」ブン


ザクゥッ!!!!
ボトッ

蒼星石「…!」ドサッ

雛苺「~~~!?」

蒼星石「…はぁ…はぁ…ふふ、雛苺…!片腕だと形勢逆転だね」


雛苺「まだやるの…」




411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:36:51.73 ID:eOeKWncAO
雛がジャンクにwwwwww




412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:37:16.20 ID:3ra8MF+gO
腕とれたwwwwwwwwwwwwwwww




413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:39:54.86 ID:aV74tqqqO
刃牙「腕を…切り落とした…だと…」


雛苺「…」のそ…

蒼星石「しょうっ!!」バキィ

雛苺「…」グラァ

蒼星石「らぁッッッ!!」ドカァ

雛苺「……」ぐぐぐぐ…

蒼星石「はは、なんだいその構えは?苦し紛れかな?ボディがガラ空きじゃないか」

雛苺「…」ぐぐ…




417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:43:34.29 ID:aV74tqqqO
雛苺「体重…かける…」ぐ…

蒼星石「もう降参するんだ!君に勝ち目はない!」ドカッ

雛苺「握力……かける…」ミシミシミシィ…

蒼星石「これ以上苦しむ必要はない!諦めるんだ!」バキィ

雛苺「スピードぉ!!」

ぐおおお

蒼星石「!?」




419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:44:41.81 ID:3ra8MF+gO
雛いちばん体重軽いだろwwwwwwww




420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:47:38.35 ID:aV74tqqqO
ドグシャアアア

蒼星石「 」ブンッッッ  ドカッ ドシャッ

雛苺「…」

ツカ…

ツカ…

ツカ…

蒼星石(…なんて…パンチだ…)

ツカ…

ツカ…

雛苺「まだやるの?」グィ

蒼星石「…まだ…だッ…!」


ドグシャアアア!!




421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:49:19.20 ID:t270Z4uB0
名シーンww




422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:50:19.44 ID:aV74tqqqO
蒼星石「  」

雛苺「まだやるの?」

蒼星石「…負けな……」

ドグシャアアア!!


雛苺「まだ…やるの?」

蒼星石「……ま…」

ドグシャアアア!!


刃牙(今多分参ったって言おうとしたよな…)




423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:52:13.53 ID:IWbQI5t+0
バキwwww




426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:55:10.72 ID:aV74tqqqO
蒼星石「    」

雛苺「まだやるの?」

蒼星石「    」

花山「…」スッ

雛苺「…カオル?」

花山「雛苺、おめぇの勝ちだ」ポン

雛苺「ヒナ…勝ったの!?……やったあぁなの!!」ピョン

刃牙「ふっ…参った…敵わねぇや……完敗だ…」




427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 02:56:29.91 ID:Zfh8qZoy0
バキざまあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!


でも蒼い子は戻してあげてください




434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 03:02:35.82 ID:aV74tqqqO
雛苺「蒼星石…起きるの」ペチペチ

蒼星石「…?僕は…ここはどこだ…?マスターは?マスターはどこ?」オドオド

刃牙「ここに居るよ。…よく戦ったな、蒼星石」

蒼星石「そうか…僕は負けたんだね。ごめんねマスター…」

刃牙「謝るな!誇れ!良い戦いだったぞ、蒼星石!」

花山「ああ…良い喧嘩だった」

雛苺「蒼星石、とっても強かったのよ!!」

蒼星石「…みんな…」




436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 03:11:56.61 ID:aV74tqqqO
蒼星石「もう駄目みたいだね…どこも動かない…。最後の相手が君でよかったよ、雛苺」

雛苺「…蒼星石」

蒼星石「マスター、今までありがとう…貴方のおかげで、強くなれた」

刃牙「…ああ。君は強くなった」

蒼星石「花山さん…雛苺の…貴方の戦い方…いや、生き方か…。勉強になりました…」

花山「…」

蒼星石「雛苺……僕の…ローザミスティカを…君に…」

雛苺「任せるのよ…!」

蒼星石「最後に聞いて良いかな…なぜ最後まで苺わだちを…使わなかったの?手加減…?」

雛苺「誓って違うの。蒼星石は手加減して勝てる相手じゃないの。素手は…ヒナの『道』だからなのよ」

蒼星石「そ…よか…た……あ…」カク…




462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:00:21.13 ID:aV74tqqqO
蒼星石「  」スッ

雛苺「…蒼星石のローザミスティカ、確かに受け取ったのよ」スッ

刃牙「強い子だな。こんなに小さいのに」

花山「…ああ。雛苺は強い」

刃牙「花山さん、あんたに似てるよ」

花山「…」

雛苺「カオルー…」ヨジヨジ

花山「…よくやった。お前の『道』を見た」ナデナデ

雛苺「えへへ…でも…腕、取れちゃったの…ほら」




465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:08:49.25 ID:aV74tqqqO
花山「その傷は、蒼星石が生きた証…背負っていってやりな」

雛苺「証…ねぇ、蒼星石のミーディアム…?」

刃牙「どうしたんだい?」

雛苺「蒼星石をどうするの?」

刃牙「埋めてやろうと思う。花がたくさんある綺麗な場所を知ってるから…」

雛苺「じゃあ…。このヒナの片腕を、蒼星石と一緒に…」スッ…

刃牙「…わかった。手厚く弔っておくよ」




468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:15:06.74 ID:3ra8MF+gO
埋めるのかwwwwwwww




469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:15:14.25 ID:aV74tqqqO
trrrr

ピッ

花山「…」

雛苺「うよ?電話なの、カオル?」

花山「…本当か」

刃牙「…」ピク

花山「場所は?…わかった、すぐに向かう」

ピッ

雛苺「カオル、誰だったのー?ヒナも電話でお話したいのよー」グイ

刃牙「何かあったみたいだね」

花山「ああ……」

雛苺「うゆ?」

花山「…渋川剛気がやられた」

刃牙「渋川さんがッッッ?!」




470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:20:28.00 ID:RiSMYT/pO
渋川先生……




473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:26:50.61 ID:aV74tqqqO
ピッ…ピッ…ピッ…

渋川「……」


ガチャ!!


刃牙「渋川さんッ!!」ダッ

花山「…」雛苺「…」

医者「静かに。大丈夫、命に別状はない」

刃牙「…よかった…!!」

花山「…おい、雛苺。隣に置いてある人形の残骸は…」

雛苺「…ギリ…!!第2ドール…金糸雀で間違いないの…!!」




477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 10:45:03.70 ID:aV74tqqqO
刃牙「渋川さんも薔薇乙女のミーディアムになっていたのか…」

雛苺「許せないの…!ヒナの大事な大事なお姉ちゃんを…!!」ギリ…ミシ…

刃牙「路上で渋川さん程の達人を倒して…金糸雀にもこの必要以上の破壊的な攻撃…」

花山「オーガ…」

刃牙「親父…まさか親父が絡んでくるとは…!!」

ガチャ…

独歩「ここか…渋川先生の病室は」

花山・刃牙「!」




485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 11:21:59.86 ID:aV74tqqqO
独歩「俄かには信じがたかったが…どうやら本当のようだなァ」

花山「独歩…その抱いてる人形は…もう事切れてんのか」

刃牙「…あんたも、ミーディアムだったのかい…」

独歩「おうよ。綺麗なもんだろう?真紅ってんだ」

雛苺「真紅ぅ……!!」ジワ…

独歩「嬢ちゃん…泣くなッ!!」

雛苺「ッ!」ビタッ!!

独歩「こいつはなァ、自分の守りたいものの為に戦い、守り抜いて死んだ」

雛苺「…」

独歩「誇りこそすれ、泣く事は真紅の為にならねぇぜ」

雛苺「…そうね、ヒナ泣かないの」




486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 11:34:29.96 ID:/cf0NapaO
一部屋に人形もったマッチョが三人…




487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 11:38:20.28 ID:aV74tqqqO
雛苺「よく戦ったのね、真紅。よく頑張ったの」

独歩「そうだ。それで良い。よォ真紅。妹が誉めてくれてるぜ」

真紅「   」カクン

雛苺「独歩に抱かれて幸せそうなのよ。きっと真紅は独歩が好きだったの」

独歩「…へっ。趣味が良いとは言えねぇな」

雛苺「真紅は誰に負けたの…?」

独歩「水銀燈。烈海王のドールだ」




501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:05:48.61 ID:aV74tqqqO
刃牙「烈さんまでアリスゲームがに一枚噛んでるのか」

雛苺「水銀燈、ついに真紅を倒したの…」


花山「雛苺」

雛苺「んゆ?なぁにカオル」

花山「負けられねぇな…」

雛苺「もちろんなのよッ!ヒナには背負ってるものがあるの!負けられないのよ!」




504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:12:32.24 ID:aV74tqqqO
━━━━━

ツカ…

ツカ…

勇次郎「ここか」

翠星石「ですぅ。ちょっと下ろすです鬼人間」

勇次郎「ふん」

ストッ

翠星石「この部屋の中に皆居るですか…」ピト…

雛苺『許せないの…!ヒナの大事な大事なお姉ちゃんを…!』

翠星石「…ッ!」

勇次郎「クス…ひよっこどもの慰め合いか。くだらねぇ」

翠星石「雛苺…。翠星石は…そこまでやるつもりはなかったですよ…」




506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:23:40.13 ID:aV74tqqqO
雛苺『ヒナには背負っているものがあるの!負けられないのよ!』

勇次郎「ぷっ…ハハハハハハ!愚か過ぎて言葉もねぇ!」

翠星石「鬼人間?」

勇次郎「あまっちょろい考えだ…戦いに不純なものを持ち込むッ」

勇次郎「上等な料理にハチミツをぶっかけるが如くッッッ!!」

翠星石「…そうかも知れねぇです…」

勇次郎「翠星石、奴らに教えてやれ」

ドカァッッ!!

翠星石「こらぁ!ドアを蹴り破るなですッ!鬼人間!」




507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:24:38.68 ID:hl/xL4BW0
水銀燈蚊帳の外だな




508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:35:20.12 ID:aV74tqqqO
花山・独歩「!!!」

刃牙「お…親父ッッッ!!」

雛苺「翠星石!?」

ぐにゃあ~

勇次郎「よォ…邪魔するぜ」

翠星石「…」

雛苺「翠星石ッ!あなたが金糸雀をこんなにしたのッ!?」

翠星石「…」

雛苺「答えるのッ!翠星石!!」

翠星石「何を怒っているです?」

雛苺「!」

翠星石「翠星石はアリスゲームで勝った。金糸雀は負けた。ただそれだけの事…」

雛苺「何言ってるの!!」ギリ…

翠星石「それがお前の甘さです。純粋な戦いに、絆だの、情けだの、背負うだの…余計なものを持ち込むからお前は弱いッ!」

雛苺「…」ギリ…ミシ…ミシ…




512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:41:11.29 ID:ifO3daH/0
翠次郎になってきたなww




513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:42:38.06 ID:aV74tqqqO
翠星石「今のチビ苺など喰う気にもならんです…」

雛苺「ヒナは負けないのよ!」

翠星石「良いですかッ!破壊に情はいらんです!情を捨てろッ!欲のままにッ!破壊を楽しめッ!ですぅ」

雛苺「…翠星石…どうしちゃったの」

翠星石「…ふん。帰るですよ、鬼人間。抱っこしやがれです」

勇次郎「…ふん。お優しい事だぜおめぇは…」スッ

翠星石「雛苺、次に会う時はお前も甘い事は言ってられないですよ。殺す気でかかってくるです!」

雛苺「逃げる気なの!?翠星石!」

勇次郎「…帰るぜ」

フッ





515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/01(土) 13:46:02.35 ID:aV74tqqqO
雛苺「…カオル…抱っこ」

花山「…」ヒョイ

雛苺「ヒナは…翠星石の言葉なんて聞かないのよ。ヒナは自分の戦いを貫くの」

花山「そうか」

雛苺「それがヒナの『道』なの」

花山「それでいい。お前の好きなようにしたら良い」

雛苺「うゆ…カオル…」ぎゅ







その4へ




グラップラー刃牙 1 完全版 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
グラップラー刃牙 1 完全版 (1) (少年チャンピオン・コミックス)板垣 恵介

秋田書店 2007-12-07
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star買い続けます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 02:30: :edit
    1なら勇治郎って誰か教えて
  2. 名前: 通常のナナシ #DfxJsUgk: 2008/11/04(火) 03:28: :edit
    両國 勇治郎(りょうごく ゆうじろう、1892年3月18日 - 1960年8月10日)は、大相撲の力士。出羽海部屋所属。最高位は関脇。秋田県大仙市出身。
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 03:36: :edit
    裸の大将のことだよ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 03:54: :edit
    双子の弟だよ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 11:57: :edit
    お前ら・・・
    勇次郎はダークサイドに堕ちたアナキnうわなにするやめ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 13:17: :edit
    最後は刃牙(蒼)vs勇次郎(翠)の形式を取ると思ってたから雛が死ぬかと思ってたんだがな
    まあ俺は雛好きなんでそれでも良いんですけどね
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 16:03: :edit
    やっぱりどっぽちゃんはいつだって
    スーパーヒーローなんだね
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 16:03: :edit
    マンだった
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 16:52: :edit
    YOU!次郎!
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 17:51: :edit
    269からの流れに吹いたw
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 19:03: :edit
    >486の一言で吹いてしまったw
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 19:44: :edit
    >>269-274の流れで笑ったwwwwww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/04(火) 23:34: :edit
    雛vs蒼に花山vsスペック編の影がみえちゃった…

    でも読むのがとwまwらwなwいw
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/05(水) 00:16: :edit
    もうやだこの翠次郎wwwww

    真紅と蒼星石が退場ってローゼンSSだとけっこう珍しいな。

  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/05(水) 18:38: :edit
    散眼は伝統派空手の技じゃないだろ
    板垣的に考えて…
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/11/07(金) 18:55: :edit
    ※14
    ああ、良い番狂わせだな
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/12/09(火) 11:25: :edit
    >雛苺「まだやるの?」

    鳥肌立ったwwww
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/05(木) 02:27: :edit
    >>269>>270>>271腹痛いwwwww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.