FC2ブログ

真紅「ジュン、紅茶を挿入れてちょうだい」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/16(土)
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 21:53:56.45 ID:GWghGq9k0
ジュン「ここに茶葉を入れればいいのか?」

真紅「そうよそこに…んんッ…はぁン…」

ジュン「すごいなどんどん入っていくぞ。もうティースプーンで三杯目だ」

真紅「中で葉が開いていくのが分かるわ」

ジュン「まったく、とんだティーバッグだよお前は」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 21:56:03.17 ID:+qFPc6U7O
よし銀と翠をむしろ茶葉にして続けるんだ




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:03:23.03 ID:N65I3G+w0
>>1も書かないみたいだし、暇だから乗っ取る



ジュン「楽しいな。もっと挿入れていいか?」

真紅「ダメよ。これ以上は味と香りのバランス、そして私が壊れちゃう」

 ガチャ

翠星石「タモさんの弔辞は何度聞いても泣けるですぅ」

翠星石「あれ…二人で何をしてるですぅ?」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:07:23.30 ID:N65I3G+w0
真紅「紅茶を挿入れてるのよ」

ジュン「紅茶を挿入れてるんだ」

翠星石「そうですか、紅茶を入れてるんですね」

翠星石「とてつもなく卑猥な事をしてると思ったからびっくりしたですぅ」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:12:14.94 ID:N65I3G+w0
翠星石「あれ?真紅のティーポットから茶葉がはみ出てますよ」

真紅「これはいけないわ。もったいない」

ジュン「もったいない。いまこの瞬間もアフリカの子供達は飢えに苦しんでいるというのに」

翠星石「もったいないおばけが出るから翠星石の如雨露でフタをするですぅ」

 ズプ

真紅「あふん!ビクリと反応する体は快楽ではなく、その気遣いへの感謝の意だわ」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:19:28.06 ID:N65I3G+w0
翠星石「なかなか如雨露の先端が入っていかないですぅ」

ジュン「翠星石、ロールスパイラルトライアル。略して3ルだ」

翠星石「でも…あの技はまだ本番では試したことがないですぅ…」

ジュン「でもチームが逆転するにはここしかないんだ」

翠星石「全国大会へのキップがかかったこの一戦でそんな博打を…」

ジュン「大丈夫だ。ほら、監督からもGOサインが出てる」

雛苺「やっちまえなのよ。勝てなきゃヒナは監督を首だけど、そんなことよりみんなが大事なの」

いい笑顔で親指を立てる雛苺




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:23:38.83 ID:N65I3G+w0
翠星石「監督…」

雛苺「あなたにそんな顔は似合わないの、翠星石!」

翠星石「わかったですぅ…行くですぅ!ロールスパイラルトライアル!」


 解説:ロールスパイラルトライアル

 体を軸にしてきりもみ回転をすることで如雨露の先端をねじ込む技


 貫通力・凄い  回転力・凄い  快感・凄い  きん・菅井




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:28:28.29 ID:N65I3G+w0
翠星石「オりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁですぅぅぅぅ!」

 ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル!

真紅「ハハッ!そんな攻撃で全国大会常連の私を倒せるとでも!?」

翠星石(届いてくるですぅ…みんなの思いが…総勢二人の思いが…!!)

ジュン(お前とは反発ばかりだったな…だけどそれもまた悪くなかったぜ…!)

雛苺(やっちまえなの…あなたならやれるの…翠星石…!)

翠星石「挿入れぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇですぅぅぅぅぅぅ!」

真紅「押されてる…?この私が…?」

 ズプゥゥゥゥゥゥン!!

真紅「あふぅぅぅぅぅぅぅん!!」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:33:26.39 ID:N65I3G+w0
ジュン「どうだっ!審判!?」

蒼星石「挿入った!ポイントワン!翠星石!!」

翠星石「やった…やったですよ…監督…みんな…」

ジュン「さすがだぜ…翠星石…さすがは別名、緑の彗星…」

監督「くっ…涙が流れてくるの…翠星石はヒナの誇りなの…」

蒼星石「タイムアァップ!ゲームセェット!」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:37:17.46 ID:N65I3G+w0
金糸雀「監督…あんなに涙を…現役の頃を想い出したのかしら…はいタオル」

翠星石「サンキューですぅ!マネージャー!」

真紅「くっ…いい気になっては駄目よ…全国には私以上の強敵がわんさかと…ぐふっ!」

翠星石「みんなの思いがあれば必ず全国でも勝てるですぅ!!」

ジュン「おう!当たり前さ!」

雛苺「戦いはまだ始まったばかりなの。でも翠星石ならきっとやれるの!」


夕日をバックに第1部 完




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:41:24.86 ID:N65I3G+w0
第2部開始


翠星石「というわけでティーポットにフタをしたですぅ」

真紅「如雨露の先端が太くて凄く良い感じだわ」

蒼星石「美味しそうだね。高貴な香りが漂ってくるよ」

真紅「でも、ちょっと水分が少ないわね。誰か如雨露を通して水を挿入れてちょうだい」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:45:42.68 ID:N65I3G+w0
雛苺「バケツに水を汲んできたのー」

金糸雀「もちろんボルヴィックという名の水道水かしら」

真紅「ボルヴィックならきちんと茶葉から抽出ができそうね」

ジュン「それでは塩素臭いボルヴィックを流し込むぞ」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:47:29.55 ID:xt1l/a0E0
ボル・・・フォッ・・・グ?




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:49:49.46 ID:N65I3G+w0
蒼星石「はい僕が右足を」

翠星石「そしてこっちは左足」

蒼星石「足をつかんで、はい!よいしょぉー!」

翠星石「股間に如雨露の逆立ち真紅」

真紅「全ての事象がひっくり返る。あらら下から雛苺のパンツが見えてるわ」

ジュン「性器丸出しが何を言う」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:51:52.74 ID:3EkOsTl90
何このシュールエロSS




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:53:24.92 ID:N65I3G+w0
ジュン「さっそく水を流しましょう」

雛苺「それではカナさん踊りましょうなの」

金糸雀「私でよければ喜んでかしら」

翠星石「はいはいはいはい、愉快なステップ」

蒼星石「タンタンタンタン、二人のタンゴ」

ジュン「それに合わせてじょろじょろじょろじょろ」

真紅「入ってくるわ。入ってくるわ。私の秘裂に冷たいお水」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:54:38.77 ID:Cj40GA6N0
ミュージカルになってきた




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 22:58:05.51 ID:N65I3G+w0
雛苺「はい、ここでステップインサイドなの」

金糸雀「真紅の秘所にもインサイドかしら」

蒼星石「いっそう深く奥までズブリ」

翠星石「如雨露を押しこむですぅ。はいズブリ」

ジュン「あふれるあふれる。お水がちょろっとあふれちゃう」

真紅「あふれるあふれる。喘ぎがはぁんとあふれちゃう」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:02:30.44 ID:N65I3G+w0
雛苺「ふぅ…中々のティーセレモニーダンスだったの」

金糸雀「アドリブとはいえまぁまぁだったかしら」

翠星石「あれ?真紅のお腹がパンパンですぅ」

蒼星石「まるで赤子を孕んだみたいだね」

ジュン「ちょっと水を入れすぎたかな」

真紅「なんだか母性本能が湧いてくるわ」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:04:30.07 ID:miN0m6qu0
全裸にくまさんパンツの真紅もいいが、
妊娠した真紅もいいな…ゴクリ




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:08:14.59 ID:N65I3G+w0
真紅「うぅ…ヒッヒッフー!ヒッヒッフー!」

翠星石「がんばるですぅ。もうちょっとですぅ真紅!」

真紅「付き添いありがとう翠星石…ヒッヒッフー!」

翠星石「まったく妻が出産だというのにあのチビ人間はどこに行ったですぅ!電話も繋がらないし!」

真紅「しょうがないわ…お仕事だもの…ヒッヒッフー!」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:11:56.42 ID:N65I3G+w0
翠星石「先生!母体の調子はどうですぅ!?」

蒼星石「少し危険ですが、強い奥さんです。僕が保障します、大丈夫ですよ」

金糸雀「もうちょっとで生まれるかしら!がんばるかしら!」

真紅「ありがとう…看護士さん…ヒッヒッフー!」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:14:40.41 ID:N65I3G+w0
翠星石「汗かいたからちょっとアクエリアスを買ってくるですぅ」

翠星石「…ん?…ジュン!なにこんな所で座ってるですぅ!」

ジュン「よぉ…翠星石…」

翠星石「真紅はいま出産の苦しみと戦ってるんですよ!!」

ジュン「あいつの子…本当に僕の子なのか?」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:16:29.59 ID:xt1l/a0E0
ここでまさかのシリアス展開




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:18:18.75 ID:N65I3G+w0
翠星石「何を言ってるですぅ!間違いなく二人の愛の結晶ですぅ!」

ジュン「だって僕が流し込んだのは塩素臭いボルヴィックじゃないか!」

翠星石「ばっきゃろぉぉぉ!ですぅぅ!」

 バキィ!

ジュン「ぐっ!!………翠星石」

翠星石「そんなジュンは見たくなかったですぅ。真紅を信じてやれないんですか…?」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:21:27.46 ID:3EkOsTl90
まさかの泣き展開




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:22:18.26 ID:N65I3G+w0
ジュン「でも…」

翠星石「かつて全国大会優勝の力を与えてくれたのは…」

翠星石「勝つと信じて支えてくれたジュンのおかげですぅ!」

ジュン「…!!」

翠星石「ジュン!もう一度信じる心を取り戻すですぅ!」

ジュン「…ありがとう翠星石!やっぱりお前は最高のチームメイトだったぜ!!」

翠星石「そしてこれからも最高のチームメイトですよ!ジュン!!」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:27:24.17 ID:N65I3G+w0
ジュン「行ってくるよ!待ってろ真紅!!」

翠星石「…頑張るですよ。もう立派な父親の顔ですね…」

翠星石「さようならです…翠星石を支えてくれたジュン…愛してましたよ…」

雛苺「立派なの…翠星石…あなたはヒナの誇りなの!!!!」

翠星石「…監督!!」

雛苺「さぁこの監督の胸の中で思う存分泣くがいいの!」

翠星石「監督…うぅ…うわぁぁぁぁぁぁジュン!ジュン!愛してましたよ!うわぁぁぁぁぁ――――ん!」


悲しみと愛を胸に第二部 完




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:29:26.61 ID:M6PvCes50
夏らしい傑作だな




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:31:57.32 ID:N65I3G+w0
第三部開始


翠星石「というわけで水分を入れる事に成功したですぅ」

真紅「どんどん茶葉から美味しいエキスが抽出されてるわ」

金糸雀「もうそろそろ飲み頃かしら?」

蒼星石「じゃあフタを取ってみようか」

ジュン「よし!如雨露を引っ張るぞ!」




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:33:59.29 ID:3EkOsTl90
翠星石はもうジュンと結ばれないと分かっていても手を貸し続けるんだな・・・(´;ω;`)




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:35:28.26 ID:N65I3G+w0
翠星石「わっせわっせ!」

蒼星石「よいしょよいしょ!」

真紅「蒼星石が私の腕をつかみ、翠星石が如雨露を引っ張る」

ジュン「まるで綱引きのようなこの構図」

雛苺「がんばれがんばれあーおーぐーみ!なのー」

金糸雀「負けるな負けるなみどりぐみ!かしらー」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:38:56.83 ID:N65I3G+w0
ジュン「そろそろ抜けるぞ!真紅!膣圧にフルパワーだ!」

 ヌポン

真紅「ハイヤァ!!」

翠星石「キュッと締まってお茶を一滴もこぼしてないですぅ」

蒼星石「まさに完璧なティードリップだよ。この茶聖め」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:41:22.32 ID:N65I3G+w0
金糸雀「それではさっそく一服のお茶を喫するかしら」

雛苺「はい人数分のストローなのー」

翠星石「それではこれを、はいズブリ」

蒼星石「五本まとめて、奥までズブリ」

真紅「あふん、まるで一本一本が別の生物」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:44:22.36 ID:N65I3G+w0
ジュン「ようし、飲むぞ。みんなストローを咥えろ」

雛苺「ちゅーちゅー。これは見事な紅茶なのー」

金糸雀「なんと高貴な味かしら」

翠星石「大地の恵と甘い蜜のブレンドですぅ」

蒼星石「ストレートでも甘さを感じるね」

真紅「ふふふ。まるで甘い蜜に群がる虫のよう」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:45:33.27 ID:M6PvCes50
すげえ・・・才能のダムが決壊してやがる




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:47:48.59 ID:N65I3G+w0
金糸雀「ちょっと趣向を変えてミルクティーにしたいかしら」

翠星石「これは…来るですぅ」

蒼星石「お約束とも言える展開だね」

雛苺「さぁジュン。立ち上がれなの」

ジュン「ようし。僕のミルクを混ぜ込んじゃうぞ」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:50:56.52 ID:N65I3G+w0
真紅「私のティーポットは準備万端よ」

ジュン「それでは二人で布団を被って」

蒼星石「はいはい!いけいけ!」

翠星石「はいはい!ですです!」

金糸雀「軋むベッドの上で絡む二人はどうなるかしらっ!かしらっ!かしらかしらかしらっ!」

雛苺「それはもちろん!はい!それそれ!ギシギシ!アンアン!なのなのなの!」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:52:31.49 ID:xt1l/a0E0
最も紅茶好きであろう真紅自身が飲めないという悲劇




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:54:26.14 ID:dI9R6p8d0
>>59
よく読め
下の口で飲んでるじゃないか




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:57:13.13 ID:xt1l/a0E0
>>62
まさかローゼンメイデンは下のお口でも紅茶を楽しむことができるというのか
さすがはローゼン・・・天才の名を欲しいがままにしていることはある




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:54:04.55 ID:N65I3G+w0
真紅「Eeeeeeeeeeeeeeeeeyahaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!」

ジュン「Eeeeeeeeeeeeeeeeeeehahaaaaaaaaaaaaahahahaaaaaaaa!」

翠星石「おおっとミルクが出たですぅ」

金糸雀「たっぷりのそれをよーくシェイクするべきかしら」

雛苺「はい!ジュン!腰の動きを止めちゃ駄目なの」

蒼星石「はい!そのまま腰をふって―――」

一同「はいはい!それそれ!ギシギシ!アンアン!」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:56:15.44 ID:N65I3G+w0
真紅「Eeeeeeeeeeeeeeeeeyahaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!」

ジュン「Eeeeeeeeeeeeehahaaaaaaaaaahahahaaaaaa!」

翠星石「おおっとまたもやミルクが出たですぅ」

金糸雀「ということはまたもやシェイクが必要かしら」

雛苺「はい!ジュン!腰の動きを止めちゃ駄目なのー」

蒼星石「はい!そのまま腰をふって―――」

一同「はいはい!それそれ!ギシギシ!アンアン!」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:56:23.48 ID:EdMEWzo70
これはひどいwwwぜひ続けてください




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/11(月) 23:58:33.57 ID:N65I3G+w0
真紅「Eeeeeeeeeeeeeeeeeyahaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!」

ジュン「Eeeeeeehahaaaaaaaaaahahahaaaa!」

翠星石「おおっとさらにさらにミルクが出たですぅ」

金糸雀「ということはさらにさらにシェイクが必要かしら」

雛苺「はい!ジュン!腰の動きを止めちゃ駄目なのー」

蒼星石「はい!そのまま腰をふって―――」

一同「はいはい!それそれ!ギシギシ!アンアン!」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:00:35.41 ID:t55FwVG50
何か3回くらいコピペで稼いでる希ガス




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:01:26.13 ID:CgmvSGo20
繰り返すこと10回目


真紅「Eeeeeeeeeeeeeeeeeyahaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!」

ジュン「haaaa」

翠星石「そろそろジュンのミルクも限界みたいですぅ」

金糸雀「そろそろミルクティーも飲み頃かしら」

蒼星石「そろそろほどよくシェイクされたころだね」

雛苺「そろそろ干からびてきたジュンを引き剥がすのー」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:05:13.85 ID:CgmvSGo20
蒼星石「ジュン君の干物が出来てるよ」

翠星石「あとで炭火であぶってみるですぅ」

金糸雀「それより今はミルクティーかしら」

雛苺「それではもう一度ストローを―――はい!みんな!どうするのー!?」

一同「それはもちろん!はいはい!ズブリと奥までズブリ!」

真紅「はぁん!一本一本が別の方向を刺激するこの悦楽!」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:09:16.74 ID:CgmvSGo20
翠星石「ちゅーちゅー。ミルクのコクをまとったこの味わい…」

蒼星石「一段階進化したと言えるね」

金糸雀「これは海原雄山先生も驚きかしら」

雛苺「ミシュランでも蜜星が間違いなしなのー」

真紅「ふふふ。まるで花の蜜に群がる蝶のようだわ」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:16:07.69 ID:QrYrw8qmO
なんだこのロイヤルな英国文学は




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:16:47.27 ID:CgmvSGo20
バタフライエフェクト。

それは上海の蝶が羽ばたいたことによる気圧の変化でカリフォルニアで竜巻が起こる。
そのような複雑系な物の考え方である。確かそんな感じだった気がする。

僅かな変化が巡り巡って大きな変化を起こす。

真紅の紅茶に群がるドール達はまさに蝶。
ドール達の興奮の鼻息はあらぬ場所であらぬ変化を起こしていた。


めぐ「水銀燈…いつまでその酒びたりの生活を続けるの…?」

水銀燈「うるさいわねぇ…全国大会の決勝で負けた…この悔しさが分かるのぉ!!」

めぐ「みんな子供を出産したり…それぞれの道へ進んでるのよ!」

水銀燈「黙りなさい!それより酒よ!早く病院の消毒用アルコールを盗んできなさい!」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:20:11.87 ID:CgmvSGo20
その時。奇跡が起きた。

ドール達の鼻息による気圧変化が巡り巡って、一陣の風が巻き起こった。
その風は、めぐがしまい込んでいた手紙を水銀燈の手にふわりと送ったのである。


水銀燈「なによこれ…?翠星石からの手紙?」

めぐ「それは!……そうよ。全国大会の決勝であなたと争った相手から渡してくれと受け取った手紙よ」

めぐ「落ち込んでいたあの時のあなたには見せる気にはならなかったの」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:23:18.27 ID:CgmvSGo20
水銀燈「この手紙には一体何が…?読んでみるわ…」


手紙「水銀燈は強かったですぅ。本来の実力で言えば負けていたですぅ」

手紙「だけど翠星石が勝った。その差は信じてくれる人の支えですぅ」

手紙「翠星石には信じてくれる人がいた。だから頑張れたですぅ」

手紙「きっと水銀燈にもそんな相手がいるはず…」

手紙「その人を大事にするですぅ。そして本当の信頼関係を築けた時…」

手紙「また…試合をするですぅ!あなたの好敵手・翠星石より」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:25:25.29 ID:jXjSaIvZO
泣いた




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:26:19.89 ID:CgmvSGo20
水銀燈「…うっ…うううぅぅ…わぁぁぁぁぁぁぁ!」

めぐ「水銀燈…」

水銀燈「めぐ…ごめん…ごめんねぇ…私…大事な事を忘れていたわぁ…」

めぐ「いいのよ…水銀燈…」

水銀燈「…ありがとう…私のライバル…私…もう弱音を吐かないわぁ」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:26:58.57 ID:t55FwVG50
当の翠星石は真紅の秘穴にストロー突っ込んでチューチューやってるってのに・・・




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:29:55.83 ID:CgmvSGo20
雛苺「さすが翠星石なの…かつてのライバルすら立ち直らせたの!」

水銀燈「あなたは?…伝説の監督!」

雛苺「その人を大事にするの…きっと水銀燈に力を与えてくれるの!」

めぐ「…監督!」

水銀燈「…監督!」

雛苺「さぁ!ここからが本当の人生のスタートなの!!」


感動の涙にまみれ第三部 完 




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:31:39.91 ID:CgmvSGo20
第三部完でこのクソスレも打ち切りです。

眠いので寝ます。
お付き合い下さった暇な方はありがとうございました。




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:33:13.73 ID:435Mq/dE0
乙。




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 00:55:50.48 ID:qdXrTiDV0
泣きながら一気に読みました




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/12(火) 01:41:44.08 ID:P0pBdan7O
紅茶の無限の可能性を知りました。
どうかイギリスの愛好家の目に触れることがありませんように







-------------------------
当ブログについて
の※蘭33さんありがとうです。


(お徳用ボックス) ボルヴィック 1.5L*12本
(お徳用ボックス) ボルヴィック 1.5L*12本
ボルヴィック 2005-06-20
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
star気軽にできる入口
starまろやか+環境◎
starおいしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 07:15: :edit
    ローゼンss史上最低の作品を有難う
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 07:28: :edit
    色んな意味で最低だwwwwwwwwwwwww
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 07:36: :edit
    もうやだ・・・
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 07:38: :edit
    なんだこれ、ワロスw
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 08:35: :edit
    JUMの喘ぎ声がだんだん短くなってるのにワロタwww
    真紅の陰獣ぷりもいいねw
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 08:48: :edit
    天才だ
    紛れもなく天才だよ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 08:54: :edit
    きん・菅井で噴いたw
    必殺仕事人かwww
    つーか書いた奴幾つだよ
  8. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/08/16(土) 09:36: :edit
    JUMの干物いっちょ上がりwww
  9. 名前:   #-: 2008/08/16(土) 09:44: :edit
    湧き出るカオスな妄想を文章にコンバートできる才能に嫉妬
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 09:46: :edit
    絶妙なネジの外れ具合だ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 09:47: :edit
    乗っ取りSSは良すれwwww
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 09:49: :edit
    これは素晴らしい
  13. 名前: ごるごた #-: 2008/08/16(土) 09:58: :edit
    紅茶飲みたいな
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 10:03: :edit
    ヒトはどこまでアホになれるのだろうか・・・
  15. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/08/16(土) 10:17: :edit
    最悪に笑えたww
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 10:53: :edit
    久々にどうでもいいのが来たな
  17. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/08/16(土) 10:55: :edit
    今日彼女に実際出来るかどうかお願いしてみるよ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 11:05: :edit
    全英が泣いた
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 11:53: :edit
    どうしてこんなになるまで放置しておいたんだ!!
  20. 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 #-: 2008/08/16(土) 12:15: :edit
    きっとID:N65I3G+w0の血にはアールグレイが混入してるんだろう

    それはそうと…一緒に病院に行こうか…?
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 12:24: :edit
    何というかこう、
    真紅とジュンが夫婦のように抵抗なく
    えっちな事してるとおっきする
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 12:51: :edit
    これはひどい

    最悪なおっきをした
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 13:00: :edit
    ttp://allabout.co.jp/family/yarikuri/closeup/CU20080624A/

    空気読まずに塩素臭いボルヴィックもってきたよー
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 13:00: :edit
    ID:N65I3G+w0は病気

  25. 名前:   #-: 2008/08/16(土) 13:15: :edit
    バブル期なら本物の声優でドラマCDを作るレベル
  26. 名前: 蒸発した名無し #-: 2008/08/16(土) 13:21: :edit
    勃起しながら読みました
    haaaでワラタ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 13:24: :edit
    ああー最近ギャグSSに興味がないんだよなー。

    もっと萌えたい
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 14:04: :edit
    何というカオス
  29. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/08/16(土) 14:14: :edit
    素晴らしきカオス
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 15:15: :edit
    これこそがカオス
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 16:00: :edit
    史上最高のカオス
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 16:42: :edit
    なんという愛すべきばか
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 17:45: :edit
    米27同意
    ちゃんと挟めないみたい…みたいなのもっと読ませれ
  34. 名前:   #67oAcE0k: 2008/08/16(土) 17:46: :edit
    茶は「煎れる」
    コーヒーは「淹れる」
    …だっけ?
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 18:47: :edit
    ばかじゃねーのwwwwwwwwwww
  36. 名前: 通常のナナシ #wLMIWoss: 2008/08/16(土) 19:41: :edit
    米33
    まて、エロ系SSはもうたくさんあるだろ!
    お前の意見が取り入れられるともっとギャグが読みたい俺が困る

    だから管理人さん、ギャグの方もお願いします
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 19:45: :edit
    感動系が最近減ってることに気づいた
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 19:52: :edit
    ローゼンの感動系は書く人が殆どいない
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 20:01: :edit
    米38
    ローゼンメイデンの話の人
    あと絵も描ける人が今新作やってるな
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/16(土) 21:19: :edit
    久々に病人の文章が読めた
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/17(日) 03:03: :edit
    凄まじいSSを見てしまった
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/17(日) 04:59: :edit
    エロじゃなくていい!エロじゃなくてもっと愛のある甘々S々を読ませてくれ…
    俺…そっちの方がおっきするんだ…///
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/17(日) 18:14: :edit
    ID:N65I3G+w0には何だか判らないけど完敗した気分になったよ
    でも何故だか清々しい。とても清々しい
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/18(月) 01:24: :edit
    最近凄まじい才能が増えたな
  45. 名前: 蒸発した名無し #-: 2008/08/18(月) 02:44: :edit
    戯曲みたいだ
    近松門左衛門みたいな
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/18(月) 21:37: :edit
    こんな天才がいるなら
    日本もまだ捨てたもんじゃないな
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/21(木) 05:33: :edit
    紅茶の無限の可能性を知りました。
    どうかイギリスの愛好家の目に触れることがありませんように
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/23(土) 00:52: :edit
    才能は凄いのに認めたくないのは何故なんだぜ
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/08/31(日) 15:56: :edit
    カオスww
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/10/12(日) 21:30: :edit
    才能を開花させる方向を間違わなければ、この人ノーベル賞取れてたんじゃないか?
  51. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/12/06(土) 13:08: :edit
    やっぱVIPはこうでなくちゃな
  52. 名前: 翠星石 #c51Ar82A: 2009/05/27(水) 10:33: :edit
    「はいはい!それそれ!ギシギシ!アンアン!」に吹いたですぅ
  53. 名前: 名がある名無し・s #-: 2009/10/28(水) 06:22: :edit
    とても素晴らしいお話なのだわ!
    特に真紅と言うお方は文章からでもその美しさと可憐さがわかる様なのだわ!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。