FC2ブログ

ローゼンの真紅がくそみそテクニックを読んでしまったようです その1

***
2008/03/29(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:11:22.64 ID:ZODbyfzs0


ジュン「フフ…アハハ、ハハ」

真紅「ジュン、何を読んでいるの?」

ジュン「し、真紅ぅ!お前起きてたのか!」

サッ

真紅「何でディスプレイを隠すの?」

ジュン「お、お前には関係ないだろ」





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:15:11.85 ID:ZODbyfzs0
真紅「ちょっと見せなさい!」

ジュン「あっ!」

真紅「…」

『うう~トイレトイレ、今トイレを探して…』

真紅「…漫画なのだわ。随分劇画の」

ジュン「ほ、ほら、普通の漫画だろ」

真紅「…?」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:17:38.06 ID:G6/qg5De0
こwwwれwwwwwはwwwwwww




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:17:50.50 ID:bDwgxTPU0
イギリスかぶれの真紅なら、ゲイに理解はあるはず




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:18:26.60 ID:ZODbyfzs0
ドン

真紅「いたっ」

ジュン「は、早くどけって、もういいだろ?」

真紅「ジュン!レディはもっと丁寧に扱いなさい!」

ジュン「はいはい」

真紅「(あの慌てぶり…怪しい…)」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:22:56.14 ID:ZODbyfzs0
翠星石「チビ人間の、パソコンの中ですか?」

真紅「そうよ。ジュンがパソコンの前でフヒヒフヒヒ言っていることは別にめずらしくないわ
   パソコンの前に私が座ると煙たがるのもめずらしくない…
   でも、今回は煙たがるというよりも、何か恐れているようだったのだわ」

翠星石「ほほ~う、それはそれは怪しいですぅ」

真紅「それで翠星石、漫画の中身に何か目星はつくかしら」

翠星石「翠星石は、特に心当たりは無いですねぇ」

真紅「そう…」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:27:21.76 ID:ZODbyfzs0
蒼星石「ジュン君も思春期なんだから、僕らも察してやろうよ…」

真紅「思春期…。ゴホン、いや、そういった漫画では無いのだわ。
   そういった漫画って、笑いながら読むのは考えづらいでしょう?」

蒼星石「そうかな。真紅も少し見たんでしょ?何て書いてあったの?」

真紅「『うう~トイレトイレ今トイレを探して全力疾走している僕は…』」

蒼星石「(野外…?)」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:29:16.77 ID:qO8wctQ+0
真紅は何故その方向にもっていこうとするww




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:33:02.69 ID:ZODbyfzs0
翠星石「こりゃあ意見が分かれたですぅ。真紅、チビ人間は今どこですか?」

真紅「図書館に行ったのだわ」

翠星石「ゴートゥースパイですぅ。早速偵察するですよぅ」

蒼星石「パソコンもプライバシーの一部だし、隠れて見るのは好ましくないんじゃないかな」

翠星石「うっ、蒼星石がそう言うなら…」

真紅「ジュンはまだ18才になっていないのよ。そんな彼が何かしら18禁の物を持っていたら、それは犯罪よ
   ジュンの未来のために、18禁のものを削除してやるのも彼のためじゃないかしら」

蒼星石「う~ん、それもそうだね」

真紅「(かかった!)」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:33:48.97 ID:S45J7fA90
>>「う~ん、それもそうだね」
クソワロタwww




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:35:15.42 ID:U/8wH3co0
>>22
言いくるめられるなよw




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:35:30.03 ID:ZODbyfzs0
翠星石「げげ、つかねーですぅ、このパソコン不良品ですぅ」

真紅「それはブラインドタッチよ。電源はここ」

翠星石「ほほう、真紅は詳しいですぅ」

チャラララン…

真紅「………パス…ワー…ド?」

翠星石「げげげ…これは……」

真紅「……」

翠星石「………」





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:39:22.24 ID:ZODbyfzs0
真紅「『kunkun』…、う~ん、やっぱり無理だわ」

翠星石「『suiseiseki』…、…!、このパソコン不良品ですぅ!」

真紅「(ジュンの好きなもの…)『nanoha』、違う。『niconico』…違う…!」

カチャカチャカチャ

蒼星石「あっ、開いたね」

翠星石「な、何て打ったのですか!?ま、まさか蒼星石は、一流ハッカー…」

蒼星石「違うよ。ジュン君の誕生日。さっき聞いてきたんだ」

翠星石「こりゃ飛んだ伏兵がいたもんですぅ…」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:40:26.82 ID:qO8wctQ+0
またわかりやすいのをwww




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:42:51.82 ID:U/8wH3co0
なのはwww




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:42:59.90 ID:ZODbyfzs0
翠星石「色々あるですねぇ、何か全部怪しく見えるのですぅ」

真紅「うぅ~ん、多分My documentじゃないかしら」

翠星石「色々とフォルダが出てきたのですぅ。あのチビ人間の化けの皮を剥がしてやるのですぅ」

真紅「でも多分隠しファイルよ。そういったものは中々見つけられないと思うのだわ」

『My picture
 My download
 My music』

真紅「パッと見普通ね。ん…?」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:45:22.21 ID:ZODbyfzs0
『エロ画像三昧フォルダ(ふたなり)』

真紅「……」

翠星石「……」

蒼星石「………」

真紅「削……除ね…」

翠星石「お、おーですぅ…」

真紅「……」

カチッ

真紅「…」

蒼星石「うわっ、これは…」

翠星石「ば、バツを押すですぅ!真紅!」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:47:02.15 ID:f2MGFWTh0
消さないでwwwwwwジュンのためにもwwwwww




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:48:35.36 ID:ZODbyfzs0
蒼星石「……」

翠星石「……」

蒼星石「……ま…、まさか三次元で出てくるなんてね」

真紅「ごめんなのだわ。まさか三次元で出てくるなんて…」

蒼星石「うん……」

真紅「……」

翠星石「…れ、れっつファックジョですぅ(サクジョとかけてる)」

蒼星石「………………………」

真紅「…………」

蒼星石「……空気ぐらい読もうよ…翠星石…」

翠星石「…こ、こりゃすまんですぅ…」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:48:40.45 ID:iMS/EUmB0
JUMカワイソスw




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:52:55.28 ID:ZODbyfzs0
真紅「ガンガン行くのだわ……」
翠星石「…えい……えい………おー…ですぅ……」

蒼星石「………」

『エロ画像三昧フォルダ(SM)』

真紅「…………」
翠星石「………………」

蒼星石「あっ」

『こんなにエロくて、いいんですかぁ!(SM)
 エロエロの社(SM)
 エロ画像三昧フォルダ(SM)
 何となく保存してしまった画像(SM)
 削除待ち(SM)』

翠星石「……何か位分けしてあるのですぅ」

蒼星石「……」

真紅「……」

蒼星石「ジュ、ジュン君って、几帳面だね」

翠星石「…フォローになってないですぅ」

蒼星石「……そ、そうだね。ごめん」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:53:17.33 ID:wrAXn+us0
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:53:41.70 ID:0lmCi6D6O
位分けwwww




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:54:51.51 ID:bEle47xV0
もはやくそみそ関係ねぇwww




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:56:03.84 ID:ZODbyfzs0
翠星石「さっさと消すですぅ……」

『こんなにエロくて、いいんですかぁ!(SM)』

カチッ

『sample.avi』

真紅「…」

カチッ

『痛い、うえ-…痛っ、うっ、わーん』

カチッ

真紅「……」

翠星石「……」

蒼星石「……」

真紅「……」

蒼星石「女の子がひたすらゲンコツされ続けているAVだったね…」

翠星石「ばっ、思い出させるなですぅ!」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:57:08.66 ID:mjFylOACO
テラSMwwwwwww




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:57:21.37 ID:wrAXn+us0
SMはソフトに限るぜ




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/28(金) 23:58:48.94 ID:LHg7UXuHO
samplewwwwwww
ちゃんと入会汁wwww




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:00:36.75 ID:o1Thb2dz0
真紅「…………………そうね」

翠星石「……………もう、やめるですか……」

真紅「そうね、やめましょう」

蒼星石「だ、駄目だよ!確かに辛いけど、ここでやめたら、意味ないよ!
    ジュン君はまだ18才になっていない。そんな彼が何かしら18禁の物を持っていたら、それは犯罪!
    だから、ジュン君の未来のために!18禁のものを削除してやらなきゃいけないって…、真紅言ってたじゃないか!」

真紅「………」

翠星石「…そうですぅ…チビ人間のためですぅ…」

真紅「(蒼星石の屁理屈こき…)わかったのだわ」

蒼星石「そうと決まればまず消そう、中は見なくていいから、タイトルが怪しいものだけ、ね!」

真紅「フゥ……
   …?」

『【ヤマジュンは】くそみそテクニック【神】』

真紅「これは…?」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:01:24.93 ID:p1oKWKY40
とうとうキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:01:38.28 ID:d7Shb8kO0
神wwwwww




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:03:07.22 ID:LzaKJywI0
見つかったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:04:03.16 ID:o1Thb2dz0
蒼星石「どうしたの?真紅」

真紅「これ、タイトルだけでは判断出来ないわ」

蒼星石「う~ん、そうだね、じゃあ…見なきゃいけないか…、後回しにする?」

真紅「いや、今見るのだわ」

蒼星石「真紅気をつけて!今までみたいに油断していたらまた嫌な目にあう!
    戦地のイラクだったら死んでるよ!」

翠星石「センチな…イクラ?サザエさんですか?」

蒼星石「違うよ」

翠星石「…」

真紅「…」

カチッ

蒼星石「(jpgがいっぱい…)気をつけてね、真紅」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:04:37.19 ID:ylSIGFWr0
蒼星石wwwwwwwww




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:04:38.50 ID:LzaKJywI0
翠が可愛いなw




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:05:10.65 ID:ZaBEobz3O
センチなイクラワロスwwwwww




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:08:11.95 ID:o1Thb2dz0
真紅「フゥ…」

蒼星石「落ち着いて!ヒッヒッフーだよ!」

真紅「ヒッヒッフー…ヒッヒッフー…」

カチッ

蒼星石「!」

翠星石「!」

真紅「………これは…!」

『うう~トイレトイレ今トイレを探して全力疾走している僕は』

真紅「あ…やっぱり!」

蒼星石「こ、これ、あの時の漫画だろ?真紅。
    ジュン君が朝も早くから君か雛苺が見つけるかもしれないリスクを負いながらも
    それでいてなおかつフヒヒの声を漏らしながらも見た伝説の漫画は!」

真紅「フゥ…フゥ…。とうとう…発見したのね」

蒼星石「"→"ボタンでいいよ。押して、真紅」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:09:09.22 ID:LzaKJywI0
蒼星石がwwwwwwwww




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:11:02.58 ID:o1Thb2dz0
カチッ

真紅「……」

『やらないか』

真紅「(ビクッ!)」

翠星石「ゲッ、モロですぅ!」

 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /       ←蒼星石
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.


真紅「そ…そんな…ジュンは…もしかして…」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:11:05.27 ID:G8Ag3LB10
蒼のキャラおかしいぞwww




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:11:33.36 ID:4J1qxIDs0
蒼wwwwwwwwwwwww




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:12:30.26 ID:d7Shb8kO0
だめだwww蒼で吹くwwww




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:14:19.51 ID:o1Thb2dz0
真紅「ジュンは…」

蒼星石「ジュン君は…」

翠星石「チ、チビ人間は…」

真紅・蒼星石「ガチホモ!?」

翠星石「い、いや、やだー、聞きたくないですぅ!」

真紅「…………」

真紅「そ、そんな…。た、確かにこんな可愛いドールを手元に何体か置いておいて、よく手を出さないものだと思ったけど…」

蒼星石「しかも、行為の対象にゲンコツを繰り返すのが好きみたいだね…」

翠星石「ち、違うのですぅ!チビ人間は、チビ人間は、うわぁぁぁぁーっ、ですぅー!!」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:15:31.12 ID:G8Ag3LB10
翠が可愛すぎるwww




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:15:40.56 ID:Xaq4UScEO
これは泣けるwwwwww




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:17:53.72 ID:o1Thb2dz0
翠星石「行儀よく真面目なんて支配から卒業ですぅーーーーっっ!!」

ガチャーーーーン!!!(ドアを閉める音)

蒼星石「翠星石!翠星石!何か混じってるよ!翠星石ーっ!!!」

真紅「……」

『なにぃー、今度はうんこぉ!
 お前俺をバキュームカーか何かと』

真紅「……」

蒼星石「しかも…ゲンコツをした後、自分のお尻の中で小便させるのが好きみたいだね……」

真紅「……終わりましょう」

蒼星石「え?まだ全部消して………あ、うん、わかった。終わろう、真紅」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:18:48.62 ID:YYGT+dWHO
>>142
尾崎w




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:19:02.14 ID:p1oKWKY40
俺と窓ガラス割りまくろうぜ




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:21:10.52 ID:o1Thb2dz0
図書館のトイレ(個室)

ジャー

ジュン「アッー!ウォシュレットがケツに入って…」

ジュン「……ふぅ」

ジュン「……誰か、僕の噂してるな」


真紅「……蒼星石…、ゲームでもしましょう」

蒼星石「…いいね、…やろうか。何か…あったっけ…」

真紅「大乱闘スマッシュブラザーズ…」

蒼星石「大らんこ…げふっ、げふっ。わかった
    全て忘れよう…。ね」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:24:10.90 ID:o1Thb2dz0
夕方

巴「じゃあ、ジュン君またね」

ジュン「今日はありがとーっ、柏葉」

ジュン「ただいまー…ってあれ。姉ちゃんはまだ帰ってないのか」

ジュン「あいつらはいるかな?」

がちゃっ

翠星石「…」

ジュン「あれ?翠星石一人か?真紅達は?」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:27:29.16 ID:o1Thb2dz0
水銀燈「めずらしいのね、真紅ぅ、まさかあなたからアリスゲームをしようだなんてぇ」

真紅「御託はいいわ。水銀燈」

水銀燈「あらぁ、本当は怖いのにいきがっちゃってぇ」

真紅「来ないのならこちらから行くのだわ!」

水銀燈「うふふ…遊んであげっ…うっ」

バババッ

水銀燈「す、砂の目潰し…い、痛いわぁ…」

ガシッ

真紅「地獄に落ちるのだわ!水銀燈」

水銀燈「あうっ」

ガツンガツンガツン

水銀燈「あうっ!あう……頭突き…?この子、小癪な…!」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:28:13.04 ID:Vzl8EeGf0
>>176
なのだわがキレタwwwwww




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:28:22.53 ID:2ebj2bR80
水銀燈に八つ当たりwwww




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:31:10.72 ID:o1Thb2dz0
水銀燈「離れなさい!」

バッ

真紅「痛っ…」

水銀燈「どうしたの…、真紅ッ!こんなの、誇り高きローゼンメイデンのする戦いじゃないわッ!!」

真紅「……そうね」

水銀燈「わかっているなら…どうして…
    何かあったの…?真紅…」

真紅「何にもないわ…。それよりも続きよ」

水銀燈「今のあなたとなんて、アリスゲームなんてする気にもならないわ」

真紅「…そ、それって…」

水銀燈「拒否するの」

真紅「………」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:32:18.23 ID:6iPgy8CU0
水銀燈がかっこいい…




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:33:05.13 ID:4ws94Les0
こうして世界は平和になった




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:33:47.92 ID:o1Thb2dz0
水銀燈「じゃあね。もう二度と会うことは無いわぁ」

真紅「……ごめんなさい」

水銀燈「…」

真紅「謝るわ、水銀燈…。でも、これからも会って、お願い…
   私、どうにかなりそうなの…もう…」

水銀燈「……何があったの」

真紅「ジュン…ジュン…ジュンが…」

水銀燈「…」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:35:09.20 ID:2ebj2bR80
水銀燈(´・ω・`)


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:37:25.82 ID:o1Thb2dz0
ジュン「…真紅達は何処にいったか?知らないのか?」

翠星石「…知っているけど、教えないですぅ…」

ジュン「意地悪すんなよ…。いつも、お前らが過酷な運命の中頑張っている時だって
    僕はいつも蚊帳の外で…」

翠星石「フゥ~、そんなことよりこの部屋暑いですぅ…
    上着を脱ぐですぅ、ほれスルリと」

スルリ

ジュン「…何のつもり。翠星石…」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:41:09.53 ID:BxDr16460
翠が・・・誘っている・・・だと・・?




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:41:13.18 ID:o1Thb2dz0
翠星石「誘惑ですぅ」

ジュン「………………はっ?」

翠星石「健全なる男子ならこの状態の翠星石を襲わないことなんて無いのですぅ」

ジュン「……いや、80cmの人形に欲情する方が、ずっと健全じゃないと思うぞ」

翠星石「や、やっぱり…」

翠星石「ホモですぅ!」

ジュン「…?は?…………………え、えぇ!」

翠星石「チ、チビ人間は、ホモですぅ!!ほ、ホモ、ホモ、モホロビチッチ不連続面ですぅ!」

ジュン「え…いや、話の流れが…全然わからないんだけど…え、えぇ!?」

翠星石「ジュンなんてアッーでンギモッヂイイでハアッオ"なのですぅ!!」

ジュン「ま、まさか、お前、見たな!違うぞ!あれは阿部さんというキャラクターで、
    ニコニコでよくネタになってて!」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:41:44.59 ID:BzWbgK5DO
ゴクリ…




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:41:50.68 ID:rZqBudBT0
ニコニコwwwwwwwwwww




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:43:53.63 ID:9iB761pr0
>>ンギモッヂイイでハアッオ"
どこからそんな言葉出てきたんだ翠wwwwwwwwwwwwww




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:45:57.45 ID:o1Thb2dz0
翠星石「問答無用モンゴリアンチョップですぅ!」

ジュン「痛っ!ほ、本当、そ、それでまさか真紅達は、僕がホモだと勘違いして」

翠星石「ホモじゃないですか」

ジュン「ち、違う、それでも僕はホモじゃない、
    とにかく違うんだ!僕がお前らに嘘言うかよ!」

翠星石「!」

ジュン「とにかく…話すのは難しいけど、僕はホモじゃないんだ。
    例えば…僕のベッドの下を見てくれればわかると思うけど、全部ノーマルだろ?
    ほ、ほら、嘘だと思うなら、その80cmの巨体で潜れよ!」

翠星石「嫌ですぅ!絶対嫌ですぅ!
    ど、どうせホモじゃなくても、ドSですぅ!ゲンコツ好き、女の敵ですぅ!」

ジュン「違うよ、全然違うよ!アレは、アレだよ…アレ。そう、
    抜こうと思っても、勃たなかったし……ね!」

翠星石「(ヌ…ヌコウトオモッタ…)こ…この、変態人間!チビ人間から変態人間に格下げですぅ!」




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:47:04.15 ID:d7Shb8kO0
救いようがねぇwww




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:48:55.15 ID:o1Thb2dz0
翠星石「どの道ホモじゃなくても変態人間なのですぅ!」

ガチャバリーン!!

ジュン「ど、何処に行く、何処に行くんだ翠星石ぃー!」

ジュン「……」

ジュン「くそ…、思春期じゃないか…」



ガヤガヤガヤガヤ

ジュン「ん?」

「やーねー、桜田さんちの息子さん…」

「さっき飛び出た子見たでしょ?幼女よ、幼女。あんな子に変態と呼ばれて、一体何をしたのかしら…」

ジュン「!」

ジュン「翠星石!せ、せめて!戻ってこなくていいから!窓だけは直してくれ!翠星石ー!!」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:49:47.52 ID:NVqoieuT0
>>247
カオスwwwwwwwwwwwww




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:50:11.44 ID:0FQ5k4N70
>ジュン「くそ…、思春期じゃないか…」

吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:50:12.73 ID:9gn+kO2t0
あーあwwwwwwwwwwwwww




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:54:58.11 ID:o1Thb2dz0
トボトボトボ…

真紅「…」

翠星石「あっ…真紅…その、チビ人間なら…」

真紅「…」

翠星石「あっ、アイツ酷い奴ですぅ!うら若き翠星石が一肌も二肌も脱いで頑張ってやっているのにあいつは…」

真紅「翠星石」

翠星石「な、なんですかぁ?」

真紅「ジュンと、話してみるわ
   私ジュンを信じるわ。ジュンはホモじゃないって、水銀燈に散々私に絆絆自慢してた癖にぃって
   言われて、思い出したの、信じること」

翠星石「そ…………そうですねぇ
    そういえば、ジュンも『僕はホモじゃない』って言っていたのですぅ」

真紅「本当!?」

翠星石「それも何か、僕のベッドの下を見てくれればわかるだとか、自信を持って言いやがったですぅ」

真紅「フゥ…良かったのだわ…」

翠星石「ほっ…」





268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:55:39.60 ID:LzaKJywI0
ベッドの下に何があるんだろうなwwwwww




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:58:23.86 ID:o1Thb2dz0
翠星石「そうですぅ。翠星石は結構心配して…じゃないですぅ!
    奴、ドSなことは完璧に否定しなかったし、そもそもまだベッドの下見ないとわからないのですぅ!
    まだまだ矯正は骨が折れるですよぅ!」

真紅「そうね!翠星石!」


ジュン「……確かに、今日の朝ろくすっぽ説明をしなかったのは悪かったかもしれない…
    模範的な人間になろう、あいつらがローゼンメイデンとしてでなく、人間として尊敬できるような人間に!」

ジュン「とはいえ、ここは少し寒いな(窓無いし)…一階で、あいつらとお姉ちゃんが帰ってくるのを待つか
    そうだ、学校に行く用意もしなくちゃ」

トットットットッ

水銀燈「おじゃましまぁーす、ここが、真紅の言っていたガチホモの部屋?ウフフ…」




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:59:11.15 ID:eWOQr9d90
普通にガチホモ呼ばわりww




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 00:59:28.57 ID:E3P2CR8dO
銀様wwwww何をwwwwwwwwwwwwwww




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:03:05.27 ID:o1Thb2dz0
水銀燈「あの人間はいないわねぇ…一階かしら。なかなか都合がいいわぁ。
    真紅はあの場のノリでちょっと慰めちゃったけどぉ、折角だからこの部屋にも悪戯しちゃうわぁ
    大体、ホモ漫画見て笑うなんて人格欠落者なのよぅ。ウフフ…」


水銀燈「これで、よしと」

トットットットッ

水銀燈「あらぁ、人間、何の用かしら、とりあえず見つかるのはヤバいわぁ
    ここは離脱よぅ」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:05:11.55 ID:UaYWa94o0
>>297
やめてえええええええええええ




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:05:30.49 ID:Oa85liVd0
これは銀様のいたずらで事態は取り返しもつかなくなるなww




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:06:02.87 ID:o1Thb2dz0
ジュン「あいつら遅いなぁ…。…戻ってきたら、腹の底から謝るから
    戻ってきてくれよ。真紅、雛苺、翠星石、蒼星石…」

ヒューーーーーン

翠星石「おっと、人間、久しぶりですぅ!」

真紅「ジュン…」

ジュン「ご、ごめん!」

翠星石「わっ」

ジュン「謝る、謝るから、
    あのパソコンを覗いて…お前らに嫌な思いをさせたかもしれない
    それは謝る!本当にごめん!」

真紅「…」

翠星石「チビ人間…」

真紅「ジュン…」





314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:09:03.64 ID:o1Thb2dz0
翠星石「それを言うなら、翠星石も悪かったですぅ。チビ人間を疑って悲しませたですぅ
    本当、謝るなら謝罪の言葉も無いですぅ…」

真紅「私もよ。謝るわ。本当に…
   私が蒼星石を言いくるめなければ…」

ジュン「い、いいよ。…そういう反応、あれを見たら、あの反応で当然だろうし…
    それより…」

ジュン「も…戻ってきてくれて…ありがと…な」

翠星石「チビ人間!」

真紅「これからもよろしくなのだわ。
   私は真紅。ローゼンメイデンの第五ドール。そして幸せな、あなたのお人形…」




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:12:38.01 ID:o1Thb2dz0
翠星石「じゃ、最後にベッドの下見せやがれですぅ、もう翠星石達の間に秘密は無いですぅ」

ジュン「ああ、いいよ。その代わり、ヒくなよな(妊婦ものだけど…)」

翠星石「もうあんなのみたらヒけないですぅ、こりゃ翠星石もお嫁にいけなくなったのですぅ
    じゃ、これでチビ人間との間に、秘密は無いということで、
    チビ人間の秘密が無くなり次題、翠星石の最後の秘密を、教えるですぅ」

ジュン「な、なんだよそれ」

翠星石「(翠星石は実は…チビ人間のことが…)じゃ、調べるですぅ」

ジュン「お、おう(妊婦は…セーフだよな…多分…)」

ガサゴソガサゴソ

翠星石「うん…?これは?」




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:13:47.92 ID:QShMMp480
みちゃらめええええええええええ!!!!!




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:14:18.48 ID:Oa85liVd0
ホモじゃない証拠が妊婦かよwww




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:15:47.82 ID:o1Thb2dz0
翠星石「う、うう~ん」

ジュン「どうした?翠星石」

翠星石「う、ううーん…ベッドの下が暗くて読めないですぅ
    真夏…ん?夢?うん?」

ジュン「じゃあベッドの下から出ればいいじゃないか」

翠星石「ううーん、乙女の翠星石としては、AVを持った状態で人前に出るのは恥らわれるのですぅ」

ジュン「何だよそれ、それじゃあ、何か僕がクロみたいじゃないか」

翠星石「そ、そんなこと無いですぅ」

ジュン「まあ出てくるまで待つよ。翠星石がいいって言うまで」

翠星石「(チビ人間…やっぱり本当は…優しい人間ですぅ…)」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:16:05.40 ID:HnhsuOLfO
中学生ですでに妊婦ものとは




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:17:22.20 ID:fua8MUpfO
よくよく考えたら妊婦物は絶対引く




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:17:23.85 ID:QFcEFzZp0
真夏の夜の淫夢じゃねーかwwwwwwwwwww




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:18:24.25 ID:o1Thb2dz0
翠星石「……」

ジュン「……」

翠星石「……」

ジュン「どうした、翠星石、もういいか?」

翠星石「…むぎゅう…ですぅ」

ジュン「どうした?」

翠星石「ジュンは乙女の悩みを察するべきですぅ」

ジュン「……出られなくなったのか?」

翠星石「近からず遠からずですぅ」

ジュン「…はいはい、わかったよ。乙女修行は厳しいな(ジュン、翠星石の足を持つ)」

ズリズリズリズリ

翠星石「も、もっと丁寧に引っ張りやがれですぅ」




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:19:27.40 ID:LzaKJywI0
むぎゅう・・・ですぅ
これやばいwwwwww超可愛いwwwwwww




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:19:54.55 ID:fRp0lI8+0
ふぅ…




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:21:02.74 ID:XbsnFm2v0
>>382
!?




386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:21:31.72 ID:o1Thb2dz0
真紅「ふう、翠星石も最後によく締まらない子ね」

翠星石「わ、悪かったですぅ、スマンスマンですぅ」

ジュン「そんな髪が長かったらしょうがないよ。気がつかなくてごめん」

翠星石「そ、そんなぺこぺこすんなですぅ、翠星石は関大ですぅ」

翠星石「その代わり」

ジュン「…うん(妊婦セーフ妊婦セーフ妊婦セーフ)」

翠星石「ジュンの秘蔵のAVを全てサルベージしてきたのですぅ。その数、三個!」

ジュン「そうそう、これこれ。こ…れ………。ん?」





『真夏の夜の淫夢』







389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:22:21.19 ID:6iPgy8CU0
いやあああああああああああああああああああ




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:22:21.46 ID:wckar+gt0
ア・・・・アウトッーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:22:33.39 ID:XU/UMSmW0
JUM終了のお知らせです




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:24:09.66 ID:o1Thb2dz0
                                   真






                 夏

  の

                                              夜

      の



                 淫

                                      夢




412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:25:01.38 ID:ZoxDalnHO
ぐぐったらそれっぽいのがでてきて泣いた





415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:25:25.62 ID:o1Thb2dz0
     ヽ       j   .真
  夜.   ゙,      l.    夏
  の    !      ',     の
  淫    ',        ',    :
  夢    ト-、,,_    l
  :    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./             ←翠星石
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´





418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:26:06.48 ID:DTQjzwRL0
翠星石wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:31:04.07 ID:o1Thb2dz0
ジュン「そ、そんな…馬鹿…な…えっ…待て…おいおいおいおい、待て、待て、翠星石…」

翠星石「騙した…翠星石を…チビ人間は…騙した…」

ジュン「おいおいおいおいおいおい!落ち着け!落ち着けよ!
    違う違う違う違う違う!ぜってーちげーよ!僕、僕じゃない!
    淫夢じゃないけど夢だよ!おい!答えろよ!」

真紅「へぇ…この男の人…多田野って言うの」

ジュン「ハアフゥハアフゥハアフゥハアフゥ…」

真紅「多田野って人。綺麗ね」

ジュン「違う……違う…こいつはただのホモだ。僕の…僕の好みじゃない…」

真紅「………」

ジュン「僕が好きなのは…もっと金髪で…ツインテールで…」

翠星石「この淫らな顔がそそるのですか?」

ジュン「違う、…断じて違う……ノー、アイドンド、アイムファインセンキュー…
    エンドユー…ディスイズ…」

翠星石「チビ人間…」

ジュン「アペン…
    ……………違う…それでも僕は………ホモじゃな…ホモじゃ…」




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:31:55.31 ID:9iB761pr0
おわたwwwwwwwwwwwww




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:32:12.84 ID:5S0+e8YD0
おわたな




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:32:37.83 ID:d7Shb8kO0
落ち着けJUM外人になってるwww




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:35:26.28 ID:o1Thb2dz0
翠星石「違うのですぅ!」

ジュン「違わなっ…そう、その通り、翠星石。僕を信じてくれ!僕は、ホモじゃない、嘘なんて…つかない!」

真紅「ジュン……」

ジュン「これは…悪戯だよ。そう、誰かの…梅岡か誰かが、差し入れに置いていったとか……」

蒼星石「ホモだよ」

ジュン「ビクンッ!」

蒼星石「ホモホモ、ジュン君はホモ。ホモ以外に違いないよ。むしろ…」

ジュン「……」

蒼星石「ガチホモ」

ジュン「ビクビクッ!!」

蒼星石「一部始終見させてもらったよ。真紅が水銀燈に慰められている所とか、それも含めて
    その全てから断定した。ジュン君はホモ…それもかなり…」

蒼星石「狡猾なホモ。カツホモ」

真紅「………どういう……こと?」





448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:36:07.93 ID:QShMMp480
狡猾なホモwwwww




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:36:13.29 ID:5S0+e8YD0
カツホモwwwwwwww




472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:40:39.14 ID:o1Thb2dz0
蒼星石「まず、ここに『真夏の夜の淫夢』が置いてあった。これが動かぬ証拠だよ。
    例えば…ここの『真夏の夜の淫夢』が置いてあったとして、それが置かれている理由を考える…」

蒼星石「いち、ジュン君が元から持ってた
    に、誰かがここに置いた」

ジュン「誰かがここに置いたんだ……僕は…持ってなんていない…」

蒼星石「どうして?」

ジュン「ホモじゃ…ホモじゃないから…!」

蒼星石「ハハ、汚い犬の戯言だね」

ジュン「うっ…ううぅっ!!」

蒼星石「ジュンの肯定するこの二つ目だけど、基本ありえない。何故かって?だってそうだろ?
    大抵の人にはやる理由が無い。可能だとしても、理由が無いんだ。
    例えば…ジュンを全面的に肯定するなら、水銀燈が置いたって線もあるけど、これはもっとありえない
    だって彼女は真紅を慰めているし、彼女だって…こんなドロドロのアリスゲームを望んだりは…しない…」

翠星石「そ…そんな……」





476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:41:19.78 ID:6iPgy8CU0
蒼wwwwwwww




477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:41:48.78 ID:BxDr16460
蒼wwwwwwwwwwwwww星wwwwwwwwwwwww石wwwwwwwwwwwwwww




505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:46:13.37 ID:o1Thb2dz0
ジュン「ラプラス!ラプラスが!」

蒼星石「ま…百歩譲ってラプラスが置いたって線があっても…、これは更にありえない
    ラプラスは物事に身を任せる主義だし、何より、久しぶりに登場した彼が、やったことが僕達に顔を見せずにAVの移動だなんて、
    そんなのありえないだろ?」

ジュン「じゃ…じゃあ、何だって…なんだって言うんだよ…!
    ありえない…!ありえないじゃないか!」

蒼星石「そう、ありえない!ありえないんだよ!
    そこにいる汚い野犬が、性的に男の体を求める野獣じゃないかぎりね!!」

ジュン「う、うわああああああああああああああああああああああ!!!!!」

蒼星石「ほらほら、せめて言い逃れか射精ぐらいしてみなよ!
    この汚らしいホモ野朗!!ホモジュン君!ホモジュン!ヤマジュン!」

ジュン「あ、あっ、あうっあうあうあうっ、うわあああああああああああ!!!」

翠星石「そ、蒼星石、そ、そしてチビ人間!け、喧嘩は、や、やめるですぅ!」

蒼星石「喧嘩?違うね。駆逐だよ。蒼星石」

ジュン「あっ、あっああっ、うわああああああああああああああ!!!!!!!」





507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:47:05.52 ID:lmYZJI6k0
俺どS蒼に一生ついていくわ




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:47:39.95 ID:Ro4nQC260
ひどいwwww




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:48:33.98 ID:KAcw8n6j0
YAMAJUMwwwwwwwwwwwwww




535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:49:56.41 ID:o1Thb2dz0
ジュン「ああうあ、あああっ、あああああああああああああああああ!!!!!」

ジュン「ああああああああああ!!違う!!違う!!!!うがちいいいいいいいいああああ!!!」

ジュン「ひ、ひぎいっ、うっ、うっ、うっ……」

翠星石「チ…チビ人間…」

蒼星石「ハハ、ホモにはお似合いの姿だね。触らない方がいいよ。翠星石」

翠星石「……めっ!ですぅ!」

蒼星石「!…な、なんだよ」

翠星石「ジュンは否定しているのですぅ!こんなに、こんなに虐めて、ボロボロになって…
    こんなにボロボロになったジュンを、まだ虐げるのですか、蒼星石!」

蒼星石「……なんだよぅ」

翠星石「ほら、翠星石の所に来るですぅ…ほら、翠星石が、守ってあげるですよ…」




580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:56:43.06 ID:o1Thb2dz0
ジュン「う、うう…うう…違う…違うんだ…」

翠星石「わかってるですぅ…世界の全員が、チビ人間を、いや桜田ジュンをホモと断定しても
    翠星石だけが、翠星石だけがジュンの言うこと、全てを信じてやるですぅ…」

ジュン「う…うあ…、あ…ありがとう。ありがとう、翠星石…」

真紅「ほら、蒼星石、謝って…」

蒼星石「違うよ、こいつはただのホモ。同情してやる要素なんて一つも…」

蒼星石「!!」

蒼星石「ははは!これは傑作だよ翠星石!君の信じた、君の信じたその汚い野犬がね!アッハハハ!」

翠星石「!?な、何ですか、これ以上ジュンを…。…!?
    えっ…、えっ…?そんな、そんな…」

ジュン「ち、違う、これも、違う、全部、全部、全部…違う、違う、違う!!」

蒼星石「これだけ僕に罵られて、女の子三人に奇異の目で見られて、アハハハハハ!
    ははは!ははははは!ジュン、ジュン君ったら、確かにホモじゃないけど!あはははは!」

蒼星石「勃起してるじゃないか!あはは!
    正常!ジュン君はノンケだよ~、ホモじゃないよ~。女の子に攻撃されて」

ジュン「うう!ううっ、違うっ、違っ……違っ…」

蒼星石「勃起しちゃうんだもんね!あははははははは!!!」




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:58:06.16 ID:nvxaCsJ80
蒼い子すげえSwwwwwwwwwwwww




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 01:58:12.97 ID:M2ZeRRT80
蒼がドS…ゾクゾクする。これは抜かざるをえない…




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:00:17.59 ID:o1Thb2dz0
蒼星石「あっはっはっはっはっは、あはははははははは!!!」

ジュン「うう、ひぐっ、違っ…違っ…」

蒼星石「じゃあこれは何さ、ボロ雑巾!」

ガシッ

ジュン「アウッ、…………うっ…うっ…」

翠星石「……」

ジュン「す、すい…翠星石ぃ…」

翠星石「ひ、ひぃ……」

ジュン「え…?え………何それ…ちょ、ちょっ…と…」

翠星石「ひぃ…ひぃ………はぁ、はぁ、はぁ」

ジュン「え、翠…翠星石…嘘、嘘だろ?」

翠星石「近寄るなですぅ、この雄犬」

ジュン「!!!!!!!!!!!!!!!!」




615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:00:18.69 ID:BxDr16460
翠不憫すぎだろwww




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:00:44.09 ID:A1HRuJiU0
翠までwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:01:18.67 ID:4l/8zg/Y0
ガシッって掴むなよ蒼www




653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:04:50.44 ID:o1Thb2dz0
ジュン「ああああああああああああ、、、翠、翠、すいすい翠星石ドリィィィームぅぅぅッ!!」

翠星石「い、いやー!触るな、触れるな、近寄るなですぅ!この」

翠星石「バイ菌」

ジュン「あ、あ、う、うわぁああああああ!!!!」

蒼星石「ははは、面白いね、この生物は」

ジュン「うう…うう…う…」

蒼星石「折角なんだから、オナニーでもしたらどう?興奮するんでしょ?」

ジュン「ち、違っ…違うんだ…違っ…」

蒼星石「あはは、この期に及んでそんなことも出来ないよ。いいよいいよ。冷めた。
    さあさ、行こっ。翠星石」

翠星石「もう二度と翠星石の前にあらわれるなですぅ」

真紅「顔も見たくないわ」

ジュン「そ、そんな、う、うわあああああ、酷い、酷いよおおおおお、何で僕ばっかり、ああああああ!!」

テクテクテク

蒼星石「グッバイ」

ジュン「うう、うう、うわあああああ…あああ…ああ…」




656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:05:23.24 ID:jlRWTIkr0
真紅ようやくセリフwwwwwwwww




657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:05:36.31 ID:BxDr16460
>すいすい翠星石ドリィィィーム

同人であったな




662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:05:57.55 ID:G8Ag3LB10
同人誌かよw




685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:09:23.55 ID:o1Thb2dz0
その夜ジュンは、窓の割れた部屋の中で一晩中泣き続けたという

ジュン「ああああああ…ああああ…」

真紅達が去った3時間程後、午後10時頃に枕元に立った、自らの姉の姿に気付かぬまま…

のり「ジュン君…?ジュン君…?どうしたの…?」

のりは自らの不甲斐無さを痛感した。弟がここまで苦しんでいても、自分は何も出来ない所か、声も届かない…

せめて苦しさを共有しようと、のりはジュンに毛布を被せ、自分の寝床をジュンの部屋に移動し、のりは寝た…




698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/29(土) 02:10:52.86 ID:BxDr16460
のりルートかよwwwwwwwwwwww





その2へ




とてつもない日本 (新潮新書 217)
とてつもない日本 (新潮新書 217)麻生 太郎

新潮社 2007-06-06
売り上げランキング : 3697

おすすめ平均 star
star麻生さんには期待できそう
starお見それしました、閣下!
starこの楽天的な性格は良

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/03/29(土) 22:43: :edit
    蒼星石「ほらほら、せめて言い逃れか射精ぐらいしてみなよ!
        この汚らしいホモ野朗!!ホモジュン君!ホモジュン!ヤマジュン!」



    間違いない、>>1はこれが言いたかったに違いない
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/03/30(日) 00:30: :edit
    とてつもない日本wwwwwwwwwww
  3. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/03/30(日) 19:01: :edit
    とてつもねぇwwwwwwwwwww
  4. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/03/30(日) 21:25: :edit
    amazonめwwwwwwwwwとてつもねぇwwwwwwwwwwww
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/04/02(水) 05:39: :edit
    半ズボンwww

    とてつもねぇwww
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/03/13(金) 22:15: :edit
    「梅岡か誰かが、差し入れに置いていったとか……」

    ねーよwww
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/03/13(金) 22:46: :edit
    蒼星石死ね
  8. 名前: !!ぁぁぁぁぁぁぁぁあlっぁぁぁ #-: 2009/06/25(木) 17:21: :edit
     かわいそう
  9. 名前:  アナログ #-: 2010/03/10(水) 12:24: :edit
     誤解でとんでもないことになるって、実際あるからね                    
     陰謀渦巻く感じ 
     
        
     
     
     
     
     

          

                   
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/15(土) 14:17: :edit
    蒼星石は変態でも真面目でもウザいと思う俺はどうすればいいんだぜ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/28(木) 21:08: :edit
    流石にジュンが哀れ…
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.