FC2ブログ

長門「…………あの」 その1

***
2008/03/04(火)
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:18:52.52 ID:xXXhGh2k0
キョン「………」
長門「……あ、あのっ」
キョン「……ん?俺?」
長門「あの……これ……」
キョン「えっ……」
長門「……よかったら」
キョン「…??……」
長門「………そ、それじゃ」
キョン「あ、ちょっと!」

 タッタッタッ

キョン「……」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:19:32.04 ID:xXXhGh2k0
谷口「ようキョン!見てたぜ」
キョン「谷口……」
谷口「お前、長門有希と知り合いだったのか?」
キョン「……長門有希……いや……」
谷口「怪しいな……何渡されたんだよ。ラブレターか?」
キョン「それが……」
谷口「……ん?なんだそれ。入部届けって」
キョン「俺もよくわからん」
谷口「確か俺様のデータによると、長門有希は文芸部所属だったな。
   相当な無口らしいが……おおかた一日中本でも読んでるんだろ」
キョン「そうなのか?」
谷口「よくはわからんがな。もしかして人足りなくて困ってるんじゃないのか?
   この時期に勧誘するくらいならな」
キョン「………」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:19:59.86 ID:xXXhGh2k0
谷口「どうすんだよそれ」
キョン「どうするって……」
谷口「なんなら俺がもらってやろうか?」
キョン「いや、それは断る。なぜかわからんがお前に渡すのは危険な気がするからな」
谷口「んだよそれ……というか、何でお前なんだ?」
キョン「さあ……」
谷口「……まあいいや、早く帰ろうぜ」
キョン「……ああ」


長門「………」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:20:33.91 ID:xXXhGh2k0
 ~翌日~

 コンコン

長門「……どうぞ」
 
 ガチャ

キョン「失礼します」
長門「…!!…」
キョン「えっと……長門さん?でいいんだよな?」
長門「……うん」
キョン「昨日貰ったこれなんだが……どういうことなんだ?」
長門「……え……っと……」
キョン「………」
長門「……そ…その……」
キョン「??」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:21:11.25 ID:xXXhGh2k0
長門「こ、ここは文芸部で……」
キョン「うん」
長門「……す」
キョン「………」
長門「………」
キョン「う……うん、そうか!文芸部なのか!」
長門「………」
キョン「え~……っと」
長門「………」
キョン「いつもは何してるんだ?」
長門「……本を読んだり……とか……」
キョン「……とか?」
長門「……してる」
キョン「………」





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:22:55.70 ID:xXXhGh2k0
長門「………」
キョン「そっそうか!そうだよな、文芸部だもんな!
    そりゃ本も読むよな」
長門「………」
キョン「………」
長門「………」

キョン「その本、面白いのか?」
長門「……うん」
キョン「………」
長門「………」


キョン「あの……俺、読書の邪魔だったかな?」
長門「ううん……邪魔じゃない」
キョン「そうか」
長門「……そう……」





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:24:06.68 ID:xXXhGh2k0
キョン「あの、今日来てよかったのか?」
長門「……うん……良かった」
キョン「……そうか」
長門「……(コクッ)」
キョン「あ、俺の事はいいから……読書続けてくれ」
長門「……そう」
キョン「適当にここの本読んでいるからさ。これ、読んでいいか?」
長門「いい」
キョン「そうか」
長門「………」ペラッ
  ・
  ・
  ・





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:24:53.21 ID:xXXhGh2k0
キョン「………」
長門「………」ペラッ


キョン「もう下校の時間じゃないか」
長門「……」パタン
キョン「……じゃ、俺は帰るよ」
長門「あ……」
キョン「……?」

長門「あ……の……」
キョン「………」
長門「………」





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:25:25.63 ID:xXXhGh2k0
キョン「え~……っと」
長門「………」

キョン「その、何だ……明日もまた来ていいか?」
長門「…!!…う、うん…っ…」コクッ
キョン「そっか……」
長門「………」
キョン「じゃ、また明日な。長門」
長門「あ……」

 バタンッ

長門「………」

長門「名前……呼んでくれた……」

  ・  ・  ・





17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:28:06.81 ID:xXXhGh2k0
 ガチャ
キョン「よう」
長門「あ……」
キョン「あ、ノックしてなかったな。スマン」
長門「……ううん、いい……」
キョン「よいしょっと」

長門「………」
キョン「……今日も本読みに来たぜ」
長門「……うん」
キョン「あ、俺の事は気にしなくていいからさ。続けてくれ」
長門「うん……わかった」

キョン「………」
長門「………」ペラッ
  ・
  ・
  ・





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:28:27.11 ID:LMqCtDsF0
ハルヒ全巻読んだけど支援
消失はガチ




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:28:42.89 ID:xXXhGh2k0
キョン「そういや、ここって文芸部だろ」
長門「うん」
キョン「本を読むのはわかるが……何か書いたりしないのか?
    小説とか」
長門「えっ……!!!」

キョン「………」
長門「えっと……そのっ……///」
キョン「………」
長門「そ……それは…」

キョン「……そっか」
長門「えっ……!?」
キョン「いや、いいんだ。何でもない」
長門「……(ドキドキ)」





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:29:18.54 ID:xXXhGh2k0
キョン「いつかできたらさ、俺に一番最初に読ませてくれよ」
長門「えっ!!……」
キョン「……ダメか?」
長門「う、ううんっ……わかった……」
キョン「………」
長門「………いい」

キョン「そっか……楽しみにしてるよ」
長門「……うん…///」

キョン「………」ペラッ
長門「………(ドキドキ)」
キョン「………」ペラッ

長門「……ふぅ……」





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:30:19.51 ID:xXXhGh2k0
  ・
  ・
  ・
キョン「そろそろ帰るか……」
長門「……」パタン
キョン「……そういや、まだ渡してないものがあったな」
長門「……え…」
キョン「ほら」

長門「!!……これ……」
キョン「いや、その……俺も結構暇だしさ。谷口とかとツルんでるより
    本読んでみるのもいいかなって……」
長門「………」
キョン「それに、見た感じ……部員は君しかいないんだろ?」
長門「……うん」
キョン「その……俺で良ければ……」
長門「う、うん……」

キョン「よろしくな、長門」
長門「!!あ、あ……りがと……う…」





29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:31:50.33 ID:fQd41GJI0
消失長門か




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:33:50.90 ID:xXXhGh2k0
キョン「もう時間だな……途中まで一緒に帰らないか?」
長門「!!えっ……」

キョン「嫌か?」
長門「ううんっ!……イヤじゃ…ない……」
キョン「……そっか」
長門「……そう……」

キョン「……ほら、早くしないと校門閉まっちまうぜ」
長門「う、うんっ」

 バタンッ

  ・  ・  ・





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:38:24.72 ID:xXXhGh2k0
 ピーンポーン
朝倉「長門さん、私よ」
長門「………」
 ガチャ
長門「……朝倉さん……どうしたの?」
朝倉「ん、ちょっとね。上がっていいかしら」
長門「……うん」

朝倉「んしょ……っと……ねえ長門さん、わたし見ちゃったの」
長門「……?」
朝倉「……今日、キョン君と一緒に帰ってたでしょ」
長門「…え…!!!えっと……!」

朝倉「長門さん、キョン君とお友達だったかしら?」
長門「さ…最近……」
朝倉「ふうん……」
長門「………」





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:39:45.07 ID:xXXhGh2k0
長門「あの、それで…?」
朝倉「ううん、別にそれだけよ。もしかして長門さん、
   彼に言い寄られてるんじゃないかって思って心配してたから」
長門「ち、ちが……!」
朝倉「わかってるわよ、冗談。なんか仲良さそうにしてたもんだからね。
   ちょっと妬けちゃったな」
長門「……えっ…!?」

朝倉「あら、顔真っ赤にしちゃって」
長門「もう…///…朝倉さん…!!」
朝倉「ふふ、可愛いわね。」
長門「………」
朝倉「あら、怒らないでよ」
長門「…べ…別に…っ…」





50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:40:15.26 ID:FKn7vNEZO
今日まで生きてきてよかったと思った




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:41:04.10 ID:7Y1f/S/h0
>>50
明日まで生きていようと思った




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:43:33.26 ID:xXXhGh2k0
朝倉「彼、優しそうだものね。長門さんとお似合いじゃないかしら」
長門「あ、朝倉さんっ…!」
朝倉「まっ、長門さんの選んだ人ならね。私は手は出さないから安心して♪」
長門「もう……!」

朝倉「さてと……私は宿題があるから帰らなきゃ。長門さんの横にいたら
   こっちまで顔赤くなっちゃうわ」
長門「………///」
朝倉「それじゃあね。また明日来るわ」
長門「う、うん……おやすみなさい」
 
 バタンッ

長門「…………はぁ…」

  ・  ・  ・





60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:48:24.94 ID:xXXhGh2k0
 キーンコーンカーンコーン
 ~昼食時~

ザワザワ……ザワザワ……

生徒A「でさ、でさっ………」
生徒B「……マジ?……ヤバくね……キャハハッ」

長門「………」パクパク

生徒C「…おいw……なんだよそれ……」
生徒D「……ハハッ……だっせw………」

長門「………」モグモグ





62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:48:32.27 ID:LMCXy7BJO
                                   , -‐ '  ̄ ̄ ` - 、
                               , - ´           ゝ‐- 、
                            _, -´         ヽソー       \
                         _ , -'                       ヽ
                     ー=二-7 ,                    ヽ    ヽ
                        / /  /                   ヽ    '.,
                           / /   / / ,l ! i  |        ヽ    i       '
                       / ,イ l  ,' ,'  イ /! l   !      ',   ',   !       i
                      ,'./,' !  i  i / ! ハ l  !i  ', ',   ',    i   !     l
                      .!/. l  ! l _l__'__i ! ', |、  !ヽ  トヽ、 ヘ   l i   |      i
                      |'  ! !  i  } ! .!i`ヽj_!ヽ ! ヽ i  ヽ  !   | l  l       l
                        | .ハ  ! |l' ,r≠、 \ \! ゝヘー--、_l、  ト、! l       !
                        l .! ヽ |、 i! 彳!゜゙ミ、      `\  .\!ト-!', ! l    | ト .|
                          !|  ',.|ソ,l.! !i:;:::;:}       _,ry=≠ミ、 !ヽ|.レ !   l ハ !ヽ', 
                        |   X ト'! !z-:ノ       , {:::::::::::::k》   / fニ 、 .イ.ハ| ヽ
                               l l ::::` ´  ,      ,io、;;;:ノソ   / /_ ).}./.!'
                              | ヽ ゙.   '        `ー-'/ィ / /_ノ,.イ/  
                             |.イ!ヽ、   _    :.:.:.:.:.:〆/ //--, ´ l'
               l \     .r- 、、    |' l'   ヽ   `     _ ,´-' ./'、ソ.ヽ:ヽ
              r┴--ヽニ_‐<_  \----、     ` ー┐‐ ´ /, 'l/ l \:ヽ';::ヽ
               `t-、   `   ヘ .r--'-!-  \  ,r-‐_ニニノ--‐'7 ' _,    ',::l ',:::!
                 \  , -─‐ 、! `ー-、__  /フ--≦、      ´     }::l |:;!
          , -‐,-y‐ ´ .{, /:::, _:::::::-、::l    ヽー!r-"´`ヽ、ヾヽ           l::| j'
         /,.‐'        Y:/::::::::::::::.::ヽ   /-、:::::::::::::::::', ';::',           !:i i
       /,<        ,f:::,:::::::::::::::::::::j'   /:::::::::::\::::::::::::| .!::!          !:i i
       }、、ヽ       {:::;:::::::::::::::::::::i' _/':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::l !:|         // i
       | ヽ 、ヽ      `|:::::::::::::::::::::|, /::::::::::::::::::::::::;:::::l::::::::l !:|       _ -_/ .!
          ! 、ヽ、ヽ        |::::::::::::::::::::,Y:::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::l !:|       //,.,.-'
        ! ヽ ヽ、ヽ      !::::::::::::r/:::::::::::::::::::::::::::::/:/  l !:|, - 'ニニニ-´/j




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:49:14.27 ID:xXXhGh2k0
生徒A「……チョーうけるんだけど……キャハハ………」

   「あっ!!!」

 バシャーン

長門「………」ポタ…ポタ…





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:49:14.14 ID:LMqCtDsF0
>>60
なぁがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:49:38.63 ID:LMqCtDsF0
>>63
いまのうちにいっとくが生 徒 A 殺 す 




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:52:46.22 ID:uAmannfkO
ほぉ…生徒Aとやら…
なるほどなるほど…









69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:53:46.42 ID:J2c76LroO
生徒Aなら俺が殺しといたよ




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:53:50.68 ID:epVIZ0eH0

生徒A「きゃああっ!!ご、ごめん!!」
長門「………」ポタ…ポタ…
生徒A「大丈夫!?ごっごめんね長門さん!?」
長門「……いい」
生徒A「ホントごめん!!すぐ拭くからねっ!!」
長門「………」

生徒B「ちょっとアンタ……何やってんのよ」
長門「………」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:54:28.76 ID:epVIZ0eH0
生徒B「アンタ長門さんの事嫌いだったっけ?」
生徒A「ちょっと!変な事言わないでよ!」
長門「………」

生徒B「だって~長門さんって存在感無いもんね。まるで物置みたいじゃん。
    100人乗っても大丈夫なんじゃないの」
生徒A「プッ!!クスクスww」

長門「………」

生徒A「あっ……」





72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:54:32.78 ID:fQd41GJI0
AよりBか




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:55:19.15 ID:CpBZc/W0O
両方だな




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:55:21.85 ID:9uYtrZNbO
生徒Aは許そう


B……




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:55:50.51 ID:ZRZEQXAPO
きwwwwwwwさwwwwwwwまwwwwwwwwwwwwwwらwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:56:27.72 ID:epVIZ0eH0

生徒A「ご、ごめん!!」
長門「……っっ…!!」タッタッタッ
 
 バタンッ

生徒A「あ、長門さん!?待って!!」
生徒B「あーあ、泣かしちゃった」
生徒A「ちょっと、何て事言うの!?長門さん行っちゃったよ!?」
生徒B「いいって、ほっときなよ。どうせ先生に告げ口する勇気もないだろうし」
生徒A「そ、そういう問題じゃないでしょ!!?」





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 16:58:17.55 ID:epVIZ0eH0

生徒B「まあまあ。いいから早く食べよ。長門さん、いてもいなくても
    変わらないし……それにアンタだって笑ってたじゃん」
生徒A「それは……」

生徒B「どうせ次の時間になったら戻ってきて本読んでるでしょ。
    そのとき謝ったらいいじゃん」
生徒A「そうかな……」
生徒B「そうだって。ほら、食べよ」

生徒A「………」





84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:00:39.06 ID:epVIZ0eH0
 タッタッタッ
  ・
  ・
  ・
 バタンッ

長門「……はぁ、はぁ……」

長門「……はぁ……」

長門「……くすん……」

長門「……グスッ…!…うぅ……」

長門「ウッ…ヒック…!!!…」

長門「……くすん…!…ひんっ……」





85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:01:22.37 ID:9uYtrZNbO
長門おおおおおおおお




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:06:40.20 ID:epVIZ0eH0

長門「…ウッ…ヒック………」
  「……グスッ……うぅ……」
 ガチャ

長門「ひっ!!?」

キョン「よう…いたのか」
長門「……うっ……うん……ヒック…!」
キョン「!!おい、どうした長門!?」
長門「……えっ…えっ……グスッ…!」





106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:07:25.08 ID:epVIZ0eH0

キョン「長門!?何かあったのか!?」
長門「うぅ……うわぁああん!!!」
 ガシッ
キョン「な、長門……!!!」
長門「うぅぅうう……ヒック…!…」

キョン「………」
長門「……えっ……ヒグッ……」





113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:09:15.10 ID:epVIZ0eH0

キョン「………」
長門「……うぅううう……」
キョン「………」
長門「……うっ……くすん……」

キョン「………」
長門「……すんっ……」

キョン「……大丈夫か?」
長門「……う……うん……」
キョン「……どうしたんだよ……何があった?」
長門「な、何でも……ない……」





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:10:29.16 ID:epVIZ0eH0

キョン「何でもないわけないだろ。言ってみろ」
長門「ほ……ほんとに……何でもないの…」
キョン「……っ……!」
長門「………」





117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:11:48.47 ID:epVIZ0eH0

長門「……くすん……」
キョン「……ほら……ハンカチあるぞ」
長門「…あ…ありがと……グスッ」
キョン「………」
長門「………」

キョン「なあ……」
長門「……なに?」
キョン「このままの体勢は、ちょっと……その……
    いろいろマズいんじゃないかと思うんだが」
長門「あっ……!!ごごごめんなさいっ!」
 バッ
長門「ご、ごめんっ……ね…!」
キョン「いや、構わないさ……」
長門「………」
キョン「………」





128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:16:36.96 ID:epVIZ0eH0

キョン「なあ……」
長門「……うん」
キョン「その……俺達、同じ文芸部員だよな」
長門「?……うん…」
キョン「部員も二人しかいないしさ」
長門「……うん」
キョン「つまり、俺とお前だけなわけだ……」
長門「………」





130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:17:13.78 ID:epVIZ0eH0

キョン「その……まだ長門の事よく知らないではあるんだけどさ……
    もっと俺を頼ってくれよ……」
長門「……!!」
キョン「俺もさ、入ったからには長門の力になりたいと思ってるし……
    何もできないかもしれないけど……相談相手くらいにはなると思うぜ?」
長門「……」
キョン「………」





134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:18:17.70 ID:VG6E/b/S0
長門が泣き出したときからこの展開は予想できた
だ が そ れ が い い




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:22:31.41 ID:epVIZ0eH0

長門「……くすん……」
キョン「……長門?」
長門「ご、ごめん……グスッ」
キョン「いや、謝らなくてもいいけど……」
長門「そ、そうだね……ごめん……グスッ」
キョン「………」

長門「あ……また、ごめんって言った……ヒグッ」
キョン「いや、いいよ……」





146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:23:52.26 ID:9uYtrZNbO
うぃ~っす
WAWAWA忘れ物~…


ほわぁっ!!




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 17:24:22.30 ID:epVIZ0eH0

長門「あ……ありがと」
キョン「………」
長門「ごめん……私…嬉しくて……グスッ」
キョン「……そっか……」
長門「……うん……」
キョン「………」





211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 18:30:00.60 ID:m5Uzjd6+0

長門「もう……大丈夫だから……グスッ」
キョン「そうか」
長門「うん……」
キョン「何かあったらいつでも言ってくれよ……泣いてちゃ可愛い顔が台無しだ」
長門「えっ…!!えっ……と……え…!?」

キョン「あ、いやっ、何でもない!ただの妄言だ!気にしないでくれ!」
長門「そ、そそそ……そっか…!」
キョン「そう……だ……うん」
長門「え……と…」





212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 18:30:25.05 ID:m5Uzjd6+0

キョン「はは……なんだか照れてきたな……」
長門「……わ、わたしも……」
キョン「お、やっと笑ってくれたな」
長門「えっ!?……あ!…えっと……!」
キョン「ははは……」

長門「……も……もう……っ…!」
キョン「すまんすまん……ははっ」
長門「……いじわる…っ!…」

キョン「ごめんって。怒らないでくれよ」
長門「……ううん……怒っては…いない……」
キョン「そっか」
長門「……そう」





214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 18:32:58.55 ID:m5Uzjd6+0

長門「……ハンカチ、洗って返す…ね…」
キョン「いいって。気にするなよ」
長門「…あ……うん……」

キョン「メシはもう食ったのか?」
長門「ちょっと……だけ」
キョン「パン一個余ってるんだ。食わないか」
長門「……うん…!」





216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 18:35:14.04 ID:m5Uzjd6+0

キョン「……なあ、昼飯の時はここで食べていいか?」
長門「……うん」
キョン「でも俺カギ持ってないんだよな」
長門「あ……じゃあ…こr」
キョン「なあ、昼飯の時はここ来て部室開けてくれよ」
長門「え……?」

キョン「一緒に食べようぜ」
長門「えっ……!!」





217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 18:37:51.01 ID:m5Uzjd6+0

キョン「……迷惑か?」
長門「うっ……ううん!!迷惑じゃ……ない……」
キョン「そうか……」
長門「えっと……その……」
キョン「ん?」

長門「……ありがと」
キョン「……いいさ」

  ・  ・  ・





228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:28:58.12 ID:m5Uzjd6+0

キョン「………」
長門「………」ペラッ
キョン「……長門、それ面白いか?」
長門「……うん」
キョン「どんな話なんだ?」
長門「えっと……ユニーク…」
キョン「そうか……読み終わったら俺にも貸してくれよ」
長門「……わかった」ペラッ





231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:31:34.67 ID:m5Uzjd6+0

キョン「……なあ長門」
長門「……なに?」
キョン「前から聞こうと思ってたんだが……どうして俺を誘ってくれたんだ?」
長門「えっ……!!」
キョン「あれ以来勧誘してる様子もないし」
長門「その……それは……」
キョン「………」
長門「……えっと……」
キョン「………」

長門「あの……これ、市立図書館で借りてきたの」
キョン「……?…ああ、そうなのか」

長門「……そう……」
キョン「??」





232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:34:04.80 ID:m5Uzjd6+0

長門「そ、その……市立図書館で……」
キョン「?ああ、それはわかったよ」
長門「………」


長門「……(ボソッ)わかって……ない……」
キョン「え?」
長門「………」
キョン「…??」

長門「………」ペラッ
キョン「………」





235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:41:57.91 ID:m5Uzjd6+0
  ・
  ・
  ・
キョン「……そろそろ時間だな」
長門「………」パタン
キョン「じゃ、帰るか……」
長門「………」
キョン「部室閉めるぞ……っておい」
長門「………」スタスタ


キョン「おい長門、ちょっと待ってくれよ」
長門「………」スタスタ
キョン「ちょ……鍵、鍵は…よしっ」

 バタンッ

キョン「長門、待てったら!」タッタッタッ

長門「………」スタスタ





236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:46:08.31 ID:9uYtrZNbO
長門かわええ…………




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:47:05.29 ID:m5Uzjd6+0

 ~帰り道~
キョン「なあ長門……」
長門「………」

キョン「どうしたんだよ」
長門「……何でもない……」

キョン「何でもないって……」
長門「………」

キョン「俺、なんか悪い事言ったか?」
長門「………」

キョン「よくわからんが……スマンな」
長門「……別にっ……」
キョン「………」
長門「………」





239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:48:11.19 ID:Yod7aG/i0
新展開ハイジマタ(^o^)/




240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:52:25.94 ID:m5Uzjd6+0

キョン「……ふぅ……なんか今日はツイてないな」
長門「………」
キョン「…谷口のやつなんか、体育の時間にサッカーしてたんだけど」
長門「………」
キョン「ボールを胸で受け取るつもりが顔面に当たってさ!」
長門「………」
キョン「しかもそれがゴールになって……そしたらあいつ、
    これが本当のヘディングシュートだとか言いやがって」
長門「……クスッ」
キョン「鼻血出しながら威張ってるんだよ。笑っちゃうよな」
長門「……ふふっ」

キョン「あ、いま笑った」
長門「……!!!!」





242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:55:00.28 ID:m5Uzjd6+0

キョン「あれ?長門?」
長門「わ、笑ってなんかない……もん……!!」
キョン「ほお~……」
長門「………///」

キョン「じゃ、そういう事にしておくよ」
長門「ほ、ほんとに……っ!」
キョン「わかったわかった」
長門「………」





245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 19:59:57.02 ID:m5Uzjd6+0

長門「……えっと…今日は、その……ごめん…ね…」
キョン「なんのことだ?」
長門「えっ……だって……」
キョン「もう忘れちまったよ、そんなの」
長門「!!……」

キョン「あいにく俺は物覚えが悪くてな……誰に似たもんだか……」
長門「……そ、そっか…」
キョン「そうさ」
長門「………」





246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 20:03:10.32 ID:m5Uzjd6+0

キョン「………」
長門「……でも、」
キョン「ん?」

長門「……私は憶えているから……ね」
キョン「なんだよ……だからゴメンなって」
長門「ううんっ!!違うの…っ…!そうじゃ、なくて……」
キョン「……?」

長門「やっぱり、いい……」
キョン「んん~……??何だよそれ」
長門「……いいの……」
キョン「??」

長門「……♪」

  ・  ・  ・





283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 22:31:25.55 ID:ddslrLlN0
>>246様 勝手に続き 帰ってきた際は無視してください

 ・ ・ ・

俺は部屋で横になりながら、なんとなく心にひっかかるものを感じていた。

―長門のやつ、今日はなんか様子がおかしかったな。
急に機嫌が悪くなったかと思ったら、よくわからんことを言ったりして…
『私は憶えている』って何だ?俺が忘れている何かを憶えているってことなのか?

シャミセンのあたまを撫でながらぼんやりと考えていると、
妹がノックもせずに俺の部屋に入ってきた。
「キョンくんハサミ貸して~」
「ああ、勝手に持っていけ」
いつもいつもハサミを借りに来るが、もういっそ100均で買ってもらえ。
「明日の図工で使うの」
「いったい何を作ってんだ?」
「え~っとねぇ。ぱっ、て開いたら、仕掛けがぴょんっ、てとびだしてくるカード」
「そうか。うまくできそうか」
「むずかしいの~。できたらキョンくんにあげるね!」
そう言って妹は部屋から出て行った。

「カードか…」そうつぶやいた俺の海馬がひとつの出来事を想起させたのである。





288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 22:58:47.33 ID:ddslrLlN0
あれは今年のいつだったか、近所の市立図書館に行った時のことだ。
なんで図書館に行ったかはあんまり憶えていない、どうせ気まぐれだ。
適当に時間を過ごした俺は、さて帰ろうかと席を立った所、北高の制服を着た少女の姿を目にした。
いかにも本が好きそうなその小柄な少女は、
カウンターの向こうで忙しそうにしている係員と、自分の手に持った分厚い本を交互に見ながら
何やらそわそわしていた。
意を決して声を出そうとしては口をつぐみ周囲の状況をうかがい、
また口を開こうとしては黙り込む、を繰り返している。
見ているこっちまで緊張してくるぜ。

俺はおせっかいながら声をかけた。

「きみ、もしかしてカードつくりたいじゃないのか?」





292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:15:38.53 ID:ddslrLlN0
「きみ、もしかしてカードをつくりたいんじゃないのか?」
俺は噛んだ為もう一度言い直した。聞こえていなかったみたいだしな。
「!!あっいえ…あの…」ものすごく赤面している。俺は逆に悪いことをした気にさえなった。
「そんなに怖がんなくてもいいって、俺も北高生なんだ」
「!……そう…」少女はチラリと俺を見たかと思うと、すぐに視線を下に落とした。
「つくりかた教えてやるよ」
「…でも」
「読みたいんだろ?」
「え」
「その本、読みたいんだろ。大事そうに抱えて」
「……うん」





294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:28:30.88 ID:ddslrLlN0
「ホラ、この紙に自分の名前と連絡先を書いて」
「…」
「書けたか。じゃあ生徒手帳か何か持ってるか?」
「…うん」
「そうか。ならこの紙と一緒に係員に渡すだけだ」
「…」
「すみませーん!」
俺はちょっと注意を引くつもりだったが、
係員はメガネの奥から、そんなでかい声ださなくても聞こえてますよと
言いたげな視線を向けながらゆっくりと歩いてやってきた。もっと急げ。

「この娘に貸し出しカードつくってやってください、あとこれも借りたいみたいです」
「はい、少々お待ち下さい」

その言葉をきいた時、少女は初めて緊張の糸がほぐれたような笑顔を見せた。
笑顔がとても可愛らしかった。眼鏡がなかったらもっと良さそうだったが。

「あ、あの、ありがとう…」
「いいっていいって」
「……………」
「じゃあ俺そろそろ行くよ」
「あ…」
「ひょっとしたら学校で会うかも知れんな。そんときゃその本の感想でも教えてくれな」





301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:46:04.72 ID:ddslrLlN0
・・・あの時俺が手伝ってやった少女、あれが長門だったんだ。
そう考えれば長門の「市立図書館で借りた」という台詞にも説明がつく。
以前に出会って話したことのある俺を、読書好きとでも思ったのかもしれないな。

一度会ったことを忘れてたのは、気を悪くさせただろうな。
また明日、長門に会った時は話してみようか。

俺は心のひっかかりがとれたので安心して床についた。

 ・ ・ ・





302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:49:15.93 ID:ddslrLlN0
カッとして書いた、今は反省している。
俺ももう寝る





304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:51:27.54 ID:fTCCadgz0
>>302
乙なんだぜ




305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/01(土) 23:52:00.25 ID:9uYtrZNbO
>>302
今読んだ
萌えた
GJ




323 名前::2008/03/02(日) 00:53:17.75 ID:HkGMFWlO0
書いてもらえたので>>301から続き




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:53:49.55 ID:HkGMFWlO0

長門「あの……」
キョン「ん?どうした長門」
長門「えと……今日は部会を…開こうかな……って」
キョン「部会?そんな事言っても二人しかいないじゃないか」
長門「……それは……」

キョン「なにか仕事があるなら今言ってくれていいぞ」
長門「でも……と、とにかく……今日は部会が…あるから……
   あとで部室に……」
キョン「?……ああ、わかったよ」

長門「………」





325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:54:15.60 ID:HkGMFWlO0
 ~放課後~

 ガチャ
キョン「よう」
長門「……あ……」
キョン「よいしょ……っと……」
長門「………」

キョン「今日は部会をやるんだったよな」
長門「……うん」
キョン「それで、議題はなんなんだ?部長さん」
長門「えっと……ね……」
キョン「………」

長門「わ、わ、わが部は……日々、活動を行っていますが……」
キョン「うん」
長門「その……」
キョン「………?」
長門「……学外での活動も、やらなきゃ……と……いうか……」
キョン「……」





326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:54:42.39 ID:HkGMFWlO0

キョン「二人しかいないんだからもっと落ち着いて……な?」
長門「そ、それで……」
キョン「それで?」

長門「明日、は……休日ですけど……」
キョン「うん」
長門「…部活を……しよう…かな……って……」
キョン「……」
長門「……ダメ……?」

キョン「え……?」
長門「………わかっ……た」

キョン「!い、いや!?ダメとか言ってないぞ!?うん、
    い…良いんじゃないかな!!」
長門「……ほんと……?」
キョン「ああ、俺は大賛成だ!うん!つまり全部員が賛成だ」
長門「……よかった…」





327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:55:15.50 ID:HkGMFWlO0
長門「………」
キョン「それで、明日は何をするんだ?部室に来たら良いのか?」
長門「あ、えっと……明日は……違う……の…」
キョン「……?」
長門「そ、そ、その……市立図書館…に……」
キョン「図書館……」

長門「ぶ……文献のっ!……調査です……」
キョン「……」

キョン「そっか、調査なら仕方ないな」
長門「……そう……」





328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:56:29.72 ID:HkGMFWlO0

キョン「それじゃ明日はどこで待ち合わせするんだ?
    駅前の広場が良いと思うが……」
長門「う、うんっ!!……じゃあ…駅前で…」
キョン「そうだな……今日はそろそろ帰ろうか」
長門「……うん」

キョン「(こいつも誰かに似てきたな……)」

キョン「(あれ、誰だっけ?……まあどうでもいいや)」

長門「……なに?」
キョン「いやっ、何でもない!……ほら行くぞ」
長門「…うんっ…!」





330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:57:29.98 ID:HkGMFWlO0
 ~翌日~

長門「……あ…!」

キョン「よっ……スマンな、待ったか?」
長門「ううんっ……待ってない…」
キョン「……なんだ、制服じゃないか」
長門「えっ…!?あ、その……あくまで部のっ…!…活動だから…」
キョン「そうだっけ……そういやそうだったな」
長門「……そう…」
キョン「向こうの方だったよな……じゃ、行こう」
長門「……うん」
  ・
  ・
  ・





332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 00:58:40.29 ID:HkGMFWlO0

キョン「じゃあ俺はこっちの方で読んでるからさ」
長門「………」タッタッタッ
キョン「お、おい……」

キョン「あいつ……本当に本が好きなんだな」

キョン「さて、と……薄い小説でも読んでおくか」
  ・
  ・
  ・





334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:00:20.94 ID:HkGMFWlO0

長門「………」ペラッ

キョン「……zzZ」

長門「………」ペラッ

キョン「……zzZ」

  ・
  ・
  ・





338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:03:35.09 ID:HkGMFWlO0

長門「………」ペラッ

キョン「ハッ……!?!?」

長門「…あ……起きた?」
キョン「……ここは……」
長門「……図書館」
キョン「……ああ、そういえば……俺…寝てたのか…」

キョン「ん~~っっ……!」
長門「………」
キョン「……ふぅ……」

長門「……そろそろ閉館……」
キョン「え……マジかよ……」
長門「……マジ」
キョン「ああ……20ページしか読んでねえ」
長門「……」





339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:05:36.24 ID:8yXTWaiJO
キョンww5時間位寝たのかww




340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:06:34.29 ID:HkGMFWlO0

長門「……そろそろ…」
キョン「……ああ、帰るか」

長門「これ、借りてくるから……待ってて」
キョン「ああ」

キョン「………」

キョン「……確か……」
  ・
  ・
  ・





341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:07:46.45 ID:HkGMFWlO0

長門「……お待たせ」

キョン「なあ、長門……これだろ」

長門「!!!」

長門「……それ……は……」

キョン「そういや、まだ感想聞いてなかったよな」
長門「……」

長門「……その、本……」
キョン「………」
長門「………」
キョン「?どうした?」





343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:09:49.84 ID:HkGMFWlO0

長門「あなたに……借りてもらった本……」
キョン「ああ……」

長門「……憶えてた、の……?」
キョン「いや、まあ……なんというか……」
長門「………」
キョン「やっぱり……あの時の生徒は長門だったんだな……」

長門「……うん……」
キョン「………」

長門「あなたと……初めて会った……」
キョン「……ああ…そうだよな……」





347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:12:36.36 ID:HkGMFWlO0

キョン「なんか俺、この前までその事忘れてたみたいだ……」
長門「………」
キョン「……最低だよな」
長門「えっ!?」

長門「そっ……そんなこと…!!……ない……」
キョン「長門は憶えててくれたんだろ?」
長門「……うん…」
キョン「………」
長門「あ、あのっ!」
キョン「ん?」





348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/02(日) 01:13:53.53 ID:HkGMFWlO0

長門「とっても、とっても…!……良い本だった」
キョン「………」

長門「私の……一番、好きな……本…」

キョン「…そうだったのか」
長門「……うん」

長門「……思い出……だから……」
キョン「え?」
長門「ううんっ……!?な、な、何でもない……」
キョン「そっか……」
長門「………」

長門「……あの」
キョン「?」

長門「……ありがとう……」

  ・  ・  ・






その2へ





涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2004-07
売り上げランキング : 400

おすすめ平均 star
starおもわずレビューを書きたくなり・・・・。
starこれは……
star答えを決める権利

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/03/04(火) 18:30: :edit

    ニヤニヤしながら読みましたw
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/03/04(火) 18:39: :edit
    いいよいいよー
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/03/04(火) 18:56: :edit
    消失長門の破壊力は異常
  4. 名前: 蒸発した名無し #-: 2008/03/04(火) 19:07: :edit
    これ見たwww
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/03/04(火) 22:29: :edit
    小説全部持ってるけど
    一番初めに読んだのは消失だった
    それからだったんだ
    俺の長門萌えが始まったのは
  6. 名前: 名もなき名無し #-: 2008/03/04(火) 23:03: :edit
    もうこれで出版しちゃえよ谷川
  7. 名前: 通常のナナシ #dexRHUOA: 2008/03/15(土) 06:39: :edit
    長門に激しく萌えてしまった(*´д')
  8. 名前: 名前わすれた #-: 2008/08/06(水) 20:00: :edit
    萌えっ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/09/11(木) 08:37: :edit
    ニヤニヤが止まらない
  10. 名前: もっちくん #-: 2009/07/17(金) 09:13: :edit
    消失は俺にとって聖書だな
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/07/20(月) 01:12: :edit
    最高です!! 最高です!!
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/19(土) 16:06: :edit
    喜緑さんも出してほしいな~
    消失長門を嫁にしたい。
    あたし女だけry
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/03(土) 13:21: :edit
    キョン「(こいつも誰かに似てきたな……)」

    キョン「(あれ、誰だっけ?……まあどうでもいいや)」
    気になる台詞だ
    よし2へ行こう
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/25(日) 14:33: :edit
    これは長門に萌えた。
    長門かわいすぎwwwwwwwwwwww
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/02(火) 12:00: :edit
    ふんもっふ!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/09(日) 18:34: :edit
    うわああああああああああああ
    長門ーーーーーーーーーー!!!!!

    なんかもう俺の中こんな感じ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.