FC2ブログ

朝比奈みくるの本性 その2

***
2008/02/17(日)
627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:00:15.41 ID:byW01npGO
みなさん元気ですね…。
今友達と分かれて一人になれました。段々文に勢いがなくてちょっと挫折気味だったり…


※その2です






保守してくれてる方のために、安価の設定でなんか書いてみたいと思います…
安価

>>630




630以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:07:00.74 ID:yMND3rSt0
陰湿な手段でみんなにいじめられるハルヒ




638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:23:08.77 ID:byW01npGO
番外編
ハルヒへ陰湿いじめ
長門×ハルヒ

ハルヒは昼休みはいつも校内を歩くようにしている。最近教室にいても変な目で見られるからである。
ハルヒがコンピ研からパソコンを強奪した噂は、いつの間にかクラス内に回っていた。みくるの陰謀なのは言うまでもない。

ハルヒ「部室に来ちゃった…」

部室のドアを開けると、そこには長門がいた。二度の裏切り行為以来、ハルヒは長門と口を聞いていない。むしろ恐怖さえ覚えているからだ。

ハルヒ「有希…さん、何読んでるの…?」

長門「これ」

長門は持っている本をハルヒに見えるように掲げた。それは『ライフ』という漫画だった。主人公の少女がいじめと戦う漫画である。





640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:26:25.46 ID:byW01npGO
ハルヒ「有希…、やっぱりあなたも朝比奈さんからいじめを…」

長門「違う」

ハルヒ「じゃあ何でそんな本を?」

長門「勉強」

ハルヒ「もしかして、私がどうやったら朝比奈さんのいじめから脱出できるか考えてくれてる…?」

長門「違う」

ハルヒ「じゃあ何で…?」

長門「効率よくいじめを行う方法を考えている」

ハルヒ「まっ…まさか…」

バシッ

長門は本を閉じ、ハルヒに本を投げた。

長門「存在が邪魔だから消えて」

ハルヒ「ごめんね…」
(もう友達なんていないんだ…、一人で戦うしかないんだ…)

そうしてハルヒは目に浮かぶ滴を落とさぬように上を向きながら部室を後にした。





641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:26:32.62 ID:yMND3rSt0
ラwwwwwイwwwwwフwwwwwwwwwwwww




642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:28:31.34 ID:uOQRvSu90
いいねいいねwwwwwwwwww非道長門最高wwwwwwwww




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:34:44.24 ID:2NxEEvZn0
長門も中の人かwwwwwwwww




644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:35:26.41 ID:yMND3rSt0
長門の鬼畜さに惚れたwwwwwwwww




646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:46:36.66 ID:byW01npGO
ハルヒは一人涙目で廊下を歩いていた。すると後ろから勢い良く背中を叩かれた。

鶴屋「涼宮さんどうしたの?!元気ないぞー?!」

するとそこにはみくるの友達の鶴屋がいつものように明るく笑っていた。

ハルヒ「鶴屋さん…」
鶴屋「私の元気分けてあげよんか?!」

ハルヒ「鶴屋さんはいつも元気ですよね…」
鶴屋「めがっさ元気だよん!あはははははは」

ハルヒ「良いですね…」

鶴屋「そんな顏してると幸せが逃げるにょろん!」

ハルヒ「だっだよね!私らしくないよね!」

鶴屋「そうそう!その調子!その調子!」

ハルヒ「鶴屋さんありがと!私元気出たわ!」

鶴屋「そっかぁ!そりゃ良かったよ!じゃあねー!」

嵐のように鶴屋は去っていった。





647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:50:09.14 ID:0nITPBdkO
>勢い良く背中を叩かれた

まwwwさwwwかwww




649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:57:03.95 ID:byW01npGO
ハルヒ(やっぱり私らしくいかなきゃ駄目よね!頑張ろ!)


ハルヒはいつもの自信を取り戻し、毅然とした態度で廊下を歩く。

生徒1「クスクス」
生徒2「やだぁ、何あれー」
生徒3「やっぱそうなんだぁ」

ハルヒの後ろからやけに笑い声が聞こえてくる。

ハルヒ(なんだろ?もしかして何か面白いことでもあるのかしら?!)

ハルヒが振り替えると、生徒たちはハルヒから顏を背ける。すると、またハルヒの後ろから笑い声が聞こえる。

ハルヒ(私の背中に何かあるのかしら?…あれ?)

ハルヒは徐に背中に手をやった。すると背中には紙の感触があった。ハルヒがその紙をみると、そこには…


『ヤ リ マ ン 注 意
こいつ常に股間を見ているから気を付けろ!』

ハルヒ(まさかこれって…、鶴屋さんが…)
ハルヒは廊下を走り、屋上で声が枯れるほど泣いた。






650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:57:44.87 ID:yMND3rSt0
めがっさひでぇwwwwwwwwwwwwwwww




651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 04:59:32.16 ID:UwUn51Wo0
泣いた




652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:00:25.77 ID:3tnSXItGO
なんというライフwwwwww




653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:00:53.14 ID:byW01npGO
鶴屋さん編の方が
>>630さんの期待に沿えている気がしますね。陰湿いじめ編はこれで!





654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:05:17.36 ID:yMND3rSt0
ありがとうwwwwwwwwいいもん見れた




656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:07:21.46 ID:byW01npGO
感想かなり力になってます。やっぱ勢いがあると書きやすいです!
まだ人いるのかな?
また設定安価を…


>>660




660以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:19:23.77 ID:pN6ISUks0
いじめのターゲットが長門に変更




664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:22:08.81 ID:byW01npGO
>>660
番外編と言う形で本編とは違った世界という形でいいですか?流れは本編からの流れで行きますが…





666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:27:45.11 ID:pN6ISUks0
>>664
おk

今の世界→本編続き
     └→番外編

ってことだろ?




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:31:04.91 ID:byW01npGO
では、書いている間に本編の続きを張っておきますね。
本編
ハルヒもみくるの真似をし、声をあげる。

ハルヒ「み…く…る…ん…波…」
(積年の恨みいぃいぃ)
ハルヒはおもいっきり後藤の胸に掌をぶつけようとした。

みくる「見える!」

みくるはハルヒの掌を右に交し、そのまま高頭部に回し蹴りを食らわした。

ハルヒ「っ!?」

ハルヒはそのまま倒れ込み、気絶してしまった。

ガラガラガラ

古泉「一部始終みさせていただきました。涼宮さんが閉鎖空間で化け物を大量に発生させていたのはあなたのせいですか」
キョン「朝比奈さんこれは一体…」

後藤は口を開け、唖然としてしまった。

みくる(チッ、まずったな)


絶体絶命だっ!どうするみくるっ!





670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:32:10.05 ID:E2b3Zp7r0
後藤ってwww




671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:33:47.94 ID:5bY9zuG7O
中の人化し過ぎwwwwwwww




673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:40:31.97 ID:yMND3rSt0
後藤ワロタwwwwwwwwまんまゴトゥーザ様じゃねぇかwwwwww




674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:46:25.34 ID:byW01npGO
いじめ標的、ハルヒ→長門

相変わらずハルヒの憂鬱は止まらない。ハルヒもこの残酷な状況をいい加減抜け出したいと考えている。しかし、今の状況を打開する術はあるのだろうか…。そんな事を考えながら、放課後の廊下を歩いていた。すると、思わぬ光景に出くわすのだった。

本編より。
朝倉と長門の死闘後

キョン「長門!長門!」

長門「私に近付かないで。あの人に殺されてしまう」

キョン「意味が分からないぞ」

長門「私だって本当は普通に生きたい」

ハルヒは思わず携帯のカメラでキョンが長門を抱きかかえている姿をボタンを連射して撮影した。

ハルヒ(私が助かる術…、それはこれね…。私の代わりを作る!)





675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:48:58.14 ID:yMND3rSt0
ハルヒwwwwwwwwwww策士だな




676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:56:10.45 ID:ADwSN+IEO
ハルヒがんばれwwwwwwwwwwww




677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:57:29.42 ID:v2o83V0S0
中の人化中の人化って言ってるけど中の人がどうかしたの?
誰か教えてくだしあ><




678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:58:10.80 ID:yMND3rSt0
中の人のホームページを見れば分かる
特に100の質問




679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 05:59:59.32 ID:byW01npGO
後日、ハルヒが珍しくみくるを屋上に呼び出した。

みくる「おい、涼宮、何か用か?早く言えよ。」

ハルヒ「はっはい!」

みくる「あと、面白いことじゃなかったら、みくるビーム壊をお見舞いするからな」

みくるはいつになく気が立っている様子である。

ハルヒ「朝比奈様!これをみてください!」(有希、ごめん!)

ハルヒは昨日撮影した画像をみくるに見せた。

みくる「ほう…、私が目をかけている男に有希が手を出したという訳ね」

ハルヒ「はい!しかも有希はキョンに朝比奈様の事を『あの女性病持ち。気を付けて』っていってました!」
(有希本当ごめん!)

みくる「確にこの画像の口から見ると言ってるように見えるわね」

ハルヒ「はい!私はこの耳で聞きました!」

みくる「ふぅん、涼宮で遊ぶのも飽きたし、次のおもちゃ見付ける手間が省けた。涼宮!付いてきな!」

ハルヒ「はい!
(やった!!!)

ハルヒはいつになく大きく見えるみくるの背中に付いていった。





680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:02:05.14 ID:uOQRvSu90
卑屈ハルヒの逆襲wwwwwwwwみくる超頑張れwwwwwwwww




681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:03:32.81 ID:5bY9zuG7O
しかし何かこうフラグの予感がするのぅ




682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:04:21.89 ID:E2b3Zp7r0
>>681
のびたが秘密道具を手に入れたときと同じような




684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:12:16.60 ID:byW01npGO
みくるとハルヒは部室に着いた。そしてみくるは勢い良く部室のドアを開けた。

みくる「長門おぉ!」
長門は一瞬ビクッとしてみくるの方を見た。
みくる「私の男に手ー出したらしいじゃないか」
長門「(ブンッブンッ)」
長門は大きく首を横に振る。
みくる「証拠もあるんだよおぉ!涼宮、画像見せな」
ハルヒ「はい!朝比奈様!」
そして長門は昨日のキョンに抱えられている写真を見ることになる。
長門「これは…」

みくる「みくるビーム壊!!!」

長門「ぐうああああ、フンガッ」
長門は普段では出さない声を出した。

説明しよう。みくるビーム壊とは、右手で目潰しを行い、左手で鼻フックを行うものである。

ハルヒ「有希、朝比奈様の思い人に手を出すなんて良い度胸ね!あんたなんて死ねばいいのに」

長門は顏を押さえながら、ゆっくりと立ち上がり、何かを唱え始めた。





686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:12:44.15 ID:yMND3rSt0
みくるwwwwwwwwwwww




683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:10:32.87 ID:JHpLm8N4O
国立目指してる俺が追いついた




685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:12:24.47 ID:rIIgSX5G0
>>683
勉強しろよ




690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:22:11.35 ID:byW01npGO
みくる「させなーい」

みくるは長門の口を掴んだ。みくるは長門が呪文を唱える前に、口を押さえ込んだ。

長門「(ジタバタ)」

ハルヒ「この後に及んで朝比奈様に歯向かうなんて!あんたバカァ?!あと、勉強しなさいよ!>>683

長門(くっ…、凉宮…、>>683…)

みくる「長門おぉ!これから毎日覚悟しときなよ!」

そう言い残し、みくるは部室を後にした。ハルヒは本棚にある『ライフ』を手に取った。

ハルヒ「この漫画読んで、精々いじめに対する戦い方でも学ぶのね!」

ハルヒは勢い良く長門の額に『ライフ』を投げつけた。

正にハルヒと長門の形勢逆転の瞬間である。そしてここから、ハルヒの逆襲・長門の憂鬱が始まる。


長門「私…、負けない…」





691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:23:05.00 ID:yMND3rSt0
まさかのライフの仕返しwwwwwww




692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:30:24.56 ID:RuHUfO/k0
ハルヒはざまぁだがwwwwwwww長門がいじめれらるのは絶えられないんだぜwwwww




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:31:57.59 ID:uOQRvSu90
>>692
いいから見てろwwwwwwwwwwなんか目覚めるからwwwwwwwwwwww




696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:39:45.06 ID:byW01npGO
次の日から長門の憂鬱は始まった。朝登校すると、後ろから背中を叩かれた。長門が振り向くと、そこにはハルヒがニヤニヤした顏で長門を見ていた。

ハルヒ「有希!今日からは仲良くしようね!」

長門「そう」

そしてハルヒはスキップしながら去っていった。長門は下駄箱を開けた。すると中から封の空いた大量のコンドムが出てきた。その光景をハルヒは陰から見ていた。

ハルヒ(ふふふ、ざまぁ)

長門「これは…」

長門はコンドムを手に取った。

長門「何?素材はゴム。邪魔」

長門は動じる事なく、コンドムを退けた。

ハルヒ(イマイチ反応が薄いわね…、まあ良いわ!次!次!)





699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:43:30.58 ID:uOQRvSu90
長門は意外と打たれ弱そうだなwwwwwwwww




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:44:42.95 ID:PmXR+zdQO
何故だろう?胸がしめつけられる




701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:49:08.78 ID:byW01npGO
ハルヒはさっき長門の背中を叩いた際に、張り紙をした。

『異 臭 注 意
この女の趣味はコンドム集め』

長門の回りの生徒は明らかに笑っている。しかし、長門は全く動じていない。

ハルヒ(これもイマイチね…、まあ良いわ!次!次!)

長門が教室に着くと、長門の机の上には花瓶が置いてあった。花瓶には菊や白百合が大量に刺さっていた。

長門「これは…」

ハルヒ(これは効いたでしょ!)

長門「良い匂い。でも授業の邪魔。下に」

長門はそう言って花瓶を下に置いた。

ハルヒ(えぇー?!おっかしいわね!どうなってるのよ!)





703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:55:32.54 ID:uOQRvSu90
長門強いなwwwwwww長期陰湿で長門を攻めるか、それとも飽きたみくるがまたハルヒをwwwwww




704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 06:57:58.47 ID:ADwSN+IEO
長門がいぢめられるとなんかいたたまれないなwwwwwwwwwwww




706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:02:42.03 ID:byW01npGO
ハルヒの攻撃?に全く動じない長門。
ハルヒ(ただの人間ならとっくの昔に泣いていてもおかしくないのに…。まさか宇宙人?ってそんな訳ないか)
ハルヒはその場で考え込んだ。

ハルヒ(こうなったら…、ジャイア…、じゃなくて朝比奈様に頼んでみよう!)

そしてハルヒは放課後、みくるの元に走った。

ハルヒ「朝比奈様!長門が臭いんです!」

みくる「ほう?何臭いんだ?」

ハルヒ「ゴム臭いんです!」

みくる「あの野郎、まさかああぁぁ!」

ハルヒ(朝比奈様も簡単ね!)

みくるは部長席に座り、足を組んだ。明らかに苛立っている。すると、そこに長門が入ってきた。





707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:05:27.24 ID:ADwSN+IEO
このハルヒも宇宙人にちゃんと興味あるのかwwwwwwwwwwww




708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:07:41.50 ID:yMND3rSt0
ハルヒがだんだん賢しくなってきたwwwwww




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:16:43.26 ID:byW01npGO
先に言います。長門ファンの皆様、ごめんなさああああああいorz
以下番外編続き
ハルヒ「朝比奈様!何かこの部屋臭くないですかー?!」
みくる「臭いわね」

長門は換気扇を指差した。
長門「回っていない」

みくるは長門のたった一言に激しい怒りを覚えた。

みくる「長門おおおぉぉぉ!!!」

みくるは長門を押し倒し、馬乗りになった。そして、一言。

みくる「何か面白いこと言え」

長門「ない」
バシッ
長門は頬をおもいっきり殴られた。

みくる「もう一回」

長門「うぅ…、ヒューマノイド…」
バシッ
その後も長門は何度も殴られ続けた。
いつの間にか床には長門の血と涙がこぼれていた。






710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:18:24.70 ID:uOQRvSu90
>>709
謝るな、長門は美しい




711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:24:50.59 ID:3tnSXItGO
長門カッコいいな




712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:25:59.67 ID:mJ68VGjs0
お前ら長門に優しすぎだろ




714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:30:22.64 ID:byW01npGO
長門「もう…、許して…、私が何をしたの…」

みくる「はぁ、はぁ、はぁ…。やっと折れたか。涼宮、とりあえず長門は机の中に隠しとけ。そろそろキョンが来る」
ハルヒ「はい!」
(ぷぷぷ、良い気味)

ハルヒは人形のような長門を引きずり、部長席の机の下へ隠した。みくるは拳に付着した血を洗い流した。

後藤「殴りすぎたな、拳の骨のどっかが折れてるわ。ハルヒ、あんたはカムフラージュのために部長席に座んな」

ハルヒ「はい!」

ハルヒは急いで部長席に座った。

キョン「ちーす」

すると、タイミング良くキョンが現れた。

みくる「キョンくーん…」

キョン「朝比奈さん、どうしたんですか?まさかハルヒ、お前また朝比奈さんに何かしたのか?!」

ハルヒ「しないわよバカ!」





715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:38:51.45 ID:byW01npGO
みくる「それよりキョン君、私この前長門さんとキョン君が抱き合ってるのみちゃいました…」

キョン「あっあれは長門が具合いが悪くてですね、不可抗力です!」

みくる「そっかぁ…。あとね、長門さんが言ってたあの話、あれ全部嘘だからね?」

ハルヒ「っ?!」

キョン「え?なんのことですか?」

ハルヒ「えっ!?キョン!あれよあれ!」

キョン「涼宮、急にどうしたんだ?」

みくる「えっ…、長門さんが私の悪口をいっていたような気がしたんですよぉ…」

キョン「それは断じてありませんよ。安心してください。確かあの時は『私に近付くと危険』とかなんとか。相変わらず電波なこと言ってましたよ」

キョンは一人笑いながら語った。キョンが言葉を言い終わる前に、みくるはゆっくりとハルヒに近付き、耳元で

みくる「夜道には気を付けろよ」

と言い残し、みくるはテレビ用キャラでその日を過ごした。
そして言うまでもなく、その夜、ハルヒは何者かに襲われ、全治三週間の怪我を負うこととなった。
涼宮ハルヒ憂鬱。これはまだまだ終わりそうにないようだ。





717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/02/17(日) 07:41:01.53 ID:uOQRvSu90
ハルヒの浅知恵wwwwwwwwwwちょっとだけ可哀想wwwwwwww




718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:42:26.55 ID:mJ68VGjs0
これはハルヒざまぁwwwwwwwww




719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 07:44:06.69 ID:yMND3rSt0
ハルヒざまぁだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:02:39.53 ID:byW01npGO
みくる「これはですねぇ」

みくるは何かをポケットから取りだした。

みくる「えい!」

みくるは今いる空間の時間平面の流れを止めた。

みくる「これでとりあえず大丈夫ね」

古泉「甘いですね。あなたの行動は予測できています」

古泉がなぜ動けたのかはさておき、みくるはついに追い込まれたのである。

みくる「くっ、どうしても私を追い込みたいらしいわね」

古泉「えぇ、いい加減僕もプライベートの時間が欲しいですから」

みくる「どうせあんたのプライベートなんてハルヒの同人誌で抜きまくってるだけでしょ」

古泉「うっ…、あなたもある程度行動予測ができるみたいですね。それはともかくとして…、涼宮さんもそろそろ可愛そうですし。僕があなたを止めさせていただきます」

そう言うと、古泉は持てる力を全て引き出し、自分の体を赤いオーラで包んだ。





735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:03:52.12 ID:yMND3rSt0
そこは否定しろよ古泉wwwwwwwwww




738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:07:48.11 ID:byW01npGO
みくる「まるで界王拳のパクりね。そっちがその気ならこっちも力を解放するか」

するとみくるも大きな声で叫び始めた。

みくる「うおおおおおお」

古泉「こっこれは…」


後藤「来な」


古泉「何て言う力だ…、でも負けるわけには…」

後藤「遅い」

古泉は後藤にゲンコツを食らい、顔面が地面にめり込んだ。

後藤「カスが」

後藤は古泉に唾を吐き、力を徐々に落として元のみくるの姿に戻った。
さてと…、みくるは時間を止めている間にそれぞれの配置を移動させ、時間平面の流れを動かした。





744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:14:15.94 ID:byW01npGO
キョン「おいハルヒ!長門!何してるんだ!」

キョンの目の前に写った光景は、ハルヒがみくるを足蹴にし、長門がみくるの服を破っている姿だった。

ハルヒ「えっ?!何これ?!」

長門「?!」

みくる「キョンくぅん…、私…、涼宮さんと長門さんにいじめられてたんですぅ…」

キョン「ハルヒ!今までお前の悪戯はある程度ゆるしていた。しかしな!いくらなんでもいじめなんて最低だろ!」

ハルヒ「違うの…、私もいつの間にか気付いたら…」
長門「(コクコク)」





745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:20:26.56 ID:byW01npGO
キョン「何が気付いたらだ!ハルヒ…、今日は頭冷やせ。行きましょう朝比奈さん」

みくる「はひ(ニヤニヤ)」

ハルヒ「キョン!私の話を聞きなさいよ!キョン!ねぇってば…、聞いてよ…」

ハルヒの声も虚しく、キョンは部室から姿を消した。

ハルヒ(どうしてこんなことに…)

古泉「あのー、すいません。僕の名前何でしたっけ?」

長門「…ライフ」





746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:31:29.38 ID:DRovfA11O
www古wwww泉wwww

古泉はハルヒの味方でいてほしい…!




725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 08:20:39.46 ID:byW01npGO
再び密かに安価をしようかと…
なるべく遠くへ…。休憩時間をたっぷりと…
安価にたどり着くまで少し休憩します…

安価
>>740
みくるさんからのお言葉
「あんたら、あんまり早く安価にたどり着いたらハルヒの二の舞いだから」





740以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:09:06.34 ID:yMND3rSt0
大人版みくるが登場してみくるを教育




754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:44:26.58 ID:byW01npGO
番外編
大人番みくるの教育。

大人みくる(以下:後藤)「ここも久しぶりねー、懐かしい」

後藤は高校時代にいた高校に来た。今思い出すと、後藤は高校時代にあまり良い思い出かない。

後藤「そういえば私、涼宮って子をさんざんいじめてたっけ…」

後藤の高校時代は涼宮ハルヒ中心で回っていたと言っても過言ではない。気が付けばすぐ涼宮を遊び道具に使っていた気がしてならない。

後藤「折角だし、キョン君と涼宮に会いに行くかなっ」

後藤は駆け出し、部室に向かった。
後藤はゆっくりと部室のドアを開けた。

後藤「失礼しまーす」

部室の中を見ると昼休みにも関わらず、中にはハルヒが一人ポツンと椅子に座っていた。





756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:46:26.22 ID:DRovfA11O
後藤w
つか、みくるが過去に来た理由はハルヒなのでは…www




758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:50:49.03 ID:byW01npGO
ハルヒ「こっこんにちは…」

ハルヒは後藤を一目見た瞬間体に拒否反応を覚えた。

後藤「涼宮久しぶり!元気してた?」

ハルヒ「はっはい、あなた誰?」

後藤「あー、やっぱ分からないよね。ならこれならどう?」

後藤はハルヒの首根っ子を掴み

後藤「お前後輩だろ敬語使えよ」

ハルヒ「ゲホゲホ」

後藤「どう分かった?」

ハルヒ「ゴホっ…、朝比奈様のお姉さんですか…?」

後藤「駄目かぁ…、なら一通り試してみるか」

後藤はみくるが今までしてきた仕打を復習させるようにハルヒに浴びせた。

ハルヒ「グスン…もう許してください…、お願いします…」






763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:53:38.07 ID:mJ68VGjs0
反省してると思いきやwwww




764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:58:52.02 ID:BSDKip36O
待てよ後藤wwwww




765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:59:10.40 ID:byW01npGO
後藤「…駄目か…。あのね、私は未来から来た朝比奈みくるなのよ!」

ハルヒ「あぁ!そんなんですか!通りで!」
(未来から来たとか…、この人絶対電波だ…。しかもいきなり人に暴力振るうってことは、きっと精神系の病気にかかってるんだ)

後藤「分かってくれた?!」

ハルヒ「はい!」
(何で私の回りは理不尽な電波な人たちがこんなにいるんだろ…)
後藤「懐かしいなぁ…、涼宮はみくるに今もいじめられてる?」

ハルヒ「そんなことないですよ!」
(この質問…、この人朝比奈様のスパイだ)
ハルヒも日常の流れから学習した。

後藤「そっか、なら良かった」

ガララ

みくる「涼宮!プロレス技のDDT練習させ…」

後藤「…いじめられてるじゃん」

ハルヒ「こっこれは…、練習です!」





766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 09:59:11.11 ID:VGJQBYH6O
もうハルヒがかわいそ過ぎる




767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:00:30.79 ID:YxN2mDKS0
ハルヒカワイソス・・・




769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:05:39.43 ID:+pBTqzEPO
自衛本能の方が強すぎて、もはや未来人とか気にしてる余裕すら無いのかwww

ハルヒカワイソス




772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:08:49.31 ID:byW01npGO
みくるは校内では見たことがない後藤に嫌悪感を示した。

みくる「あんた誰?」

後藤「後藤よ!」
(さすがに未来から来たあんたとは言えないよね)

みくる「ふぅん、後藤さん、部外者は出ていってください。さっ、涼宮、練習練習♪」

後藤「ちょっと待ちな。あんたいい加減いじめなんてやめたら?私が言えたことじゃないけど」

みくる「はぁ?年増は黙って男探しにいそしんでろよ」

ブチッ

後藤は堪忍袋の尾が切れた。みくるの頬を平手打ちした。するとみくるも空かさず反撃の拳を後藤に食らわした。
朝倉vs長門
みくるvs古泉
今まで戦いを越える激しい戦闘となった。

みくる「みくるビーム☆☆」
後藤「みくるビーム☆☆」

技の名前には萌え要素の一つに見えるが、実際の光景とは天と地の差である。果たしてこの決着はつくのだろうか?

絶体絶命だ!

ど う す る 後 藤!





775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:21:33.41 ID:byW01npGO
後藤「はぁはぁはぁ…」
後藤は立っているのがやっとの状態だった。一方、みくるは気を失っている。
後藤「ざっ…ざまぁ…」
ハルヒ「凄い…、あの朝比奈様を…」
後藤「こんなケツの青いガキなんかに負けてたまるか」
ハルヒ(この人に付いて行けば私助かるかも…)

後藤「ふう…、これでみくるも少しは落ち着くでしょ」

ハルヒ「あっありがとうございます!!」

後藤「礼は良いわ。自分のケツは自分で持つのが普通でしょ」

ハルヒ「はい!」
(また電波用語…?電波用語分からないのに…)

後藤「何か疲れちゃったから、キョン君に会うのはやめとくわ」

ハルヒ「でも折角だし…」
(行かないで…、私を守って…)

後藤「じゃあ言付けだけよろしく『もしどうしても困った状況になったら、白雪姫を思い出すように』って」

ハルヒ「はい…」
(私の盾さんが…)

後藤「じゃあね!」






776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:23:21.04 ID:yMND3rSt0
ここでまさかの白雪姫wwwwwwwww




777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:25:34.55 ID:YxN2mDKS0
ワロタwwwwwww




778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:31:29.59 ID:h61g5ZvP0
ここで白雪姫って本物電波




779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:33:10.19 ID:byW01npGO
後藤は煙幕を投げ、その場から消えた。
そしてまたまたタイミング良く、キョンが部室に入ってきた。

キョン「ちーす…、あっ朝比奈さん!どうしたんですか?!しっかり!!」

キョンは部室を見回した。辺りには白い煙のような跡、その中に立っているハルヒ。

キョン「ハルヒ、どうして朝比奈さんにここまでしなきゃならんのだ」

ハルヒ「え?!私じゃないわよ!」

キョン「だってこの部屋にはハルヒしかいないだろ」

ハルヒ「さっきまで後藤さんがいたのよ!その人がやったのよ!」

キョン「そうかい」

キョンはみくるを抱き抱え、立ち上がった。

ハルヒ「本当だってば!バカキョン!」

キョン「ハルヒ、最近のお前どうかしてるぞ。病院で見てもらえ。それじゃ」

キョンはハルヒを睨みつけ部室を後にした。

ハルヒ「もう私の言葉なんて誰も信じてくれない…。朝倉さん…、帰ってきて…」

後日ハルヒは病院に行くことになった。なぜ病院へ行く事になったかは、もちろんみくるに刺客を送ったと言う理由で後日散々な目にあったからである。
もはやハルヒの憂鬱ではなく、ハルヒは鬱と表現するのが正しいだろう。





781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:36:01.05 ID:BSDKip36O
キョンくんの馬鹿あっ!




782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:39:03.55 ID:swLvgivm0
ハルヒは鬱ww




789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 10:54:09.47 ID:byW01npGO
昨日朝にスレ立ち上げて、さんざん保守していただいたので、限界がくるまでリクに答えます!

小説設定指定安価

>>795




795以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:00:16.26 ID:k3JpWPAN0
谷口登場。ハルヒにいじめられる。




801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:06:58.98 ID:byW01npGO
それでは、>>795さんのハルヒが谷口いじめるで行きます。最初の張りは十分くらいかかります!





807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:20:16.02 ID:byW01npGO
番外編
ハルヒ→谷口をいじめる。
ハルヒは今主に二つの病院に通院している。
一つは精神科
最近医者から鬱だと言われ、障害者手帳をもらったばかりである。
二つ目は眼科
お馴染みくるビーム☆を何度も食らったため、最近視力の低下が著しいのである。

ハルヒは最近精神科の先生からアドバイスをもらった。

フロイト先生「涼宮さん、あなたは何かストレス解消できる方法を持っていますか?ないなら探しましょう」

しかし、ハルヒには思い付くものはない。みくるから受ける日常的ストレスを解消する方法など、見付かるわけがない。






808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:26:41.17 ID:FkvTemMt0
フロイト先生www




811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:29:00.96 ID:byW01npGO
ハルヒは一人屋上にいた。
昼休みにみくるから
みくる「今日の放課後、飛天御剣流の技全部試すから、必ず来いよ」
と言われたからだ。

そんな言葉を聞いて行く気にもなれず、ぶらぶらと歩いていたら屋上に来てしまったからだ。

「ハァハァ」

ハルヒが夕日を見ていると、どこからか変な声が聞こえる。

ハルヒ(なんだろ…?)
音のある方へ近付くハルヒ。するとそこには、下半身丸出しで右手でちむぽをまさぐりながら、左手に双眼鏡を持つ怪しげな男子生徒がいた。

ハルヒ(へっ変態だわ…!通報しなきゃ…。でもその前に証拠写真を!)

ハルヒは携帯で変態男を撮影した。

ハルヒ(男の子のちむぽってこんな風に…、じゃなくて、捕まえなきゃ!)
「こら!そこの変態!何してるわけ?!」

「ひっひぃ!ごめんなさい!」

ハルヒ「谷口…」

変態男の正体、それは同じクラスの谷口であった。





812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:30:32.36 ID:ITmBM9RX0
たwwwにwwwぐwwwちwww




814 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:31:19.60 ID:yMND3rSt0
谷口なにしてんだwwwwwwwwwwww




815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:34:04.06 ID:x+06Y1gP0
WAWAWAwwwwwwwwwwwwwww




819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:41:30.24 ID:byW01npGO
谷口「涼宮…」

谷口は反り立つポークビッツを隠さぬまま、その場に立ち尽くした。

ハルヒ「あんたいつも暇そうにしてると思ったら、こんなことしてたわけ?!」

谷口「ごっ誤解だ!今日はたまたまだ!」

ハルヒ「たまたまでも覗きは犯罪よ?!警察に通報するわ!」

谷口「そっそれだけはやめてくれ!何でもするからさ!」

ハルヒは谷口の「何でもする」と言う言葉と同時にフライト先生の言葉が頭をよぎった。

ハルヒ(ストレス解消の方法…。やっぱり、やられたことをそのまま誰かにやるのが一番の方法かも)

谷口「涼宮ぁ!頼むよ!」

ハルヒ「良いわ!証拠写真も撮ってあるから逃げれないわよ!その代わり私に絶対服従よ!私が呼んでも来なかったら…、留置所行きだから!」

谷口「分かった」

谷口の頭の中では走りにされる程度だと考えていた。しかし、これから谷口が受ける仕打は想像を遥かに越えるものだと言うことはいうまでもない。





822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:44:16.93 ID:vuOhj0Qr0
たwwwwwwにwwwwwwwwぐwwwwちwwwwwwwww

やっぱハルヒはこうでなくちゃ




823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:44:57.64 ID:k3JpWPAN0
イイヨイイヨー




827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:54:02.45 ID:byW01npGO
谷口はハルヒに屋上へ呼び出された。谷口が屋上の扉を開けるとハルヒの声が横から聞こえた。

ハルヒ「ハルヒビーム☆☆☆」

谷口がハルヒの方に目をやると、みくるビームことハルヒビーム、通称目潰しを食らった。

谷口「ぎゃああああああああああああああ」

ハルヒ「大成功!これ気持良いわね!朝比奈様が何度も使う理由が分かるかも!」

ハルヒが感動している手前で、谷口は目を押さえながら転がっている。

谷口(今日の涼宮のパンツの色はピンクか)

ハルヒ「いつまで寝てるのよ!次は飛天御剣流の技全部試すんだから!」

谷口「はっ?!あんなの全部くらったら死ぬだろ!」

ハルヒ「むっ…、大丈夫よ!あんたも鍛えなさい!」
(普通の人なら死ぬかもしれないんだ…。じゃあ、やっぱりこれは筋トレの成果ね!)

先日ハルヒがみくるから飛天御剣流の技全てを試されたのはお察しの通りである。

ハルヒ「じゃあ、行くわよ!!」

その日谷口は家までタクシーで帰るはめとなる。





828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:56:39.95 ID:ITmBM9RX0
>今日の涼宮のパンツの色はピンクか
谷口余裕あるなw




829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:57:05.83 ID:3qZXa8S5O
谷口意外と余裕を見せたwwwwawa




830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 11:58:29.60 ID:BSDKip36O
何パンツチェックしてんだよwwwww




834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:02:16.00 ID:zTfvK3VE0
転んでもただでは起きないあたり流石だなw




835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:06:36.65 ID:byW01npGO
あれから毎日谷口はハルヒに痛めつけられている。最近谷口はハルヒの勧めで過酷な筋トレを始めた。谷口には家にいても学校にいても休まるところはない。

谷口「涼宮の野郎…、いくらなんでもこれは酷すぎる。俺にも限界がある」

その日谷口はハルヒの一日の同行を観察し、ハルヒの弱点を探ることにした。

昼休み、ハルヒはSOS団の部室へ向かった。谷口ももちろん後を付けている。

谷口(かわいい女の子を追い掛けるのって何か良い)

などを考えつつ付けていると、SOS団の部室へ到着した。

ハルヒ「失礼します!」

谷口(涼宮って以外に礼儀正しいんだな)

谷口はドアの隙間から中を覗く。

谷口(この感覚やばいな。しこりたくなっちまう)

部室の中には谷口内ランキング一位の朝比奈みくるがハルヒの前に立っていた。

谷口(朝比奈さんだ!ウホッ!ラッキー!)

谷口はまだ何も分かっていなかった。この後にあんな惨劇が待っているとは。





836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:08:46.01 ID:yMND3rSt0
トンネルを抜けると、そこは地獄でしたwwwwwwwww




837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:09:51.99 ID:sefjn3Fs0
くwwwwwwwwwwwるwwwwwwwwぞwwwwwwwwww




842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:18:32.99 ID:byW01npGO
中を覗いていると、みくるが何やら言い出した。

みくる「おい、涼宮、今日は何したい?」

谷口はみくるの校内にいる時とのキャラのギャップに絶句した。

ハルヒ「おっお任せします…」

谷口(涼宮…。何からしくないぞ…)

みくる「じゃあー、あれだな。一歩だ一歩。一歩ごっこやろう」
ハルヒ「一歩…?ですか?」
みくる「しらないの?はじめの一歩よ。ボクシング漫画の」
ハルヒ「すいません…、分かりません…」
みくる「まあ良いわ。ファイティングポーズになって」
ハルヒ「こうですか?」

ハルヒは言われるがままにファイティングポーズを取った。

みくる「とりあえず漫画で覚えた技全部やるから。」

谷口(おい、まさかこれって…)

みくる「いくわよ、まずはガゼルパーンチ」

ハルヒ「ぐふんっ…」





843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:18:45.31 ID:Z2237rtB0
あれじゃね?ハルヒがこの谷口が朝比奈さんの着替え覗いてしごいてましただろw




844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:23:42.06 ID:zxFmR4oVO
左リバーブローからのデンプシーロールとかくらったらハルヒ死んじまうぞwwww




846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:25:39.12 ID:x+06Y1gP0
               ズドドドドドドドドドド!!!
                    ゜ヾ´      ″
     ミックルンルーン !  =―≡ ̄`:∵∧_∧´‘
          _  Λ_≡―=', (    )∴∵゛、゜¨
        , ≡ ) ( ゜Д゜r⌒)  _/ / ̄    _
      ´∴‘≡く / ∧   | y'⌒  ⌒ ヽ _Λ(  ≡―=‥、,、
     ″″    \/  Λ_|  /   | | ゜Д゜ )`=―≡―
     “         ( ゜Дー' |   |ヾノ   //
             =―≡ ̄`:, | ,  | ( ̄=―≒‥,,
         ,゛“=―≡―=',/  ノ )∵`=≡―=
                ∴/´/ / |  | ,'ゞ       ミックルンルーン!
              ゛〃/ / / \|  |   ヾ
                /(  |  (  |
               /  |  |  |\ \
              / / |  |   | ヽ/⌒〉
             (_  「 _) (_〈_/




848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:27:12.52 ID:zxFmR4oVO
>>846
ワロチwwww




850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:29:00.60 ID:yMND3rSt0
>>846
ワロタwwwwwwwwwwwww




851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:32:29.11 ID:byW01npGO
谷口(涼宮!反撃しろよ!)

みくる「続いて、宮田のカウンター!」
ハルヒ「ひぐんっ」

谷口(何だよこれ、どうなってんだよ…。とりあえずここは危険だ。涼宮よりまず身の安全だ!)

谷口は持てる力全てを使って走って教室前の廊下まで逃げきた。

キョン「谷口どうしたんだ?顏真っ青だぞ?」
谷口「何でもねぇ…、それよりキョン。お前の朝比奈さんのイメージ教えてくれ」

キョン「そうだなー、あの人は優しくて(以下略:原作ハルヒのみくるのイメージ)だな」

谷口「だっだよな!」
(キョンも知らない事なのかよ!)

谷口は席に着き、今見た出来事の整理をし始めた。
出来事の脳内整理中だったが、ハルヒはそんな事をしているとはつゆしらず、谷口に話しかけてきた。

ハルヒ「今日の放課後も屋上だから!」

谷口「あぁ…」
(良くみたら涼宮の顏ってあざだらけじゃないか…。ファンデーションがやけに濃いと思ったら、あざを隠すためだったのか…)






852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:34:33.46 ID:YxN2mDKS0
心が痛い。・・・・




853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:35:51.15 ID:Bnf7iMZYO
これはまさかの谷口×ハルヒフラグか?




854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:36:07.65 ID:vuOhj0Qr0
これはどういう展開になるんだwwww
wktk




855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:36:27.10 ID:yMND3rSt0
谷口の優しさに涙が




856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:37:38.20 ID:DRovfA11O
谷口、ハルヒを助けてやってくれ…!!
そしてキョン氏ね




857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:37:40.27 ID:CsjZgtCdO
谷口より鈍いキョン……




860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:42:23.36 ID:byW01npGO
ない頭で谷口は何かの答えを探し続けた。自分がどうするべきなのかと…

放課後、谷口は屋上の階段を登りながら、ある答えを導き出した。

ハルヒ「遅い!アバーン!はるひっしゅ!」

谷口のみぞおちにハルヒの拳が突き刺さった。

谷口「ゲホッゲホッ、相変わらず手厚い歓迎だな」

ハルヒ「まあね!それより今日は、はじめの一歩の技全部試すから覚悟しなさいよ!」

谷口「よし、来いや!」

なぜかテンションの高い谷口に戸惑いながらも、ハルヒはみくるから受けた攻撃を全て谷口に浴びせた。

谷口「ゲホッゲホ…、もう無理だ…」
(今日は水色っと)

そうして谷口は横になり、恒例のハルヒのパンツチェックを行った。





861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:43:31.96 ID:YxN2mDKS0
谷口がいいヤツっぽく見えてきた




862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:43:43.20 ID:ITmBM9RX0
恒例のwww




863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:44:02.67 ID:x+06Y1gP0
全みのるが泣いた




864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:44:22.94 ID:vuOhj0Qr0
いいヤツだなww




865 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:44:58.79 ID:xXpIj0SMO
谷口……男だな(´;ω;`)




872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 12:51:53.73 ID:DRovfA11O
谷口>ハルヒ>朝倉>>>>>(越えられない壁)>>>>長門>キョン>みくる
(古泉圏外)




878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:00:38.52 ID:byW01npGO
谷口は水色パンツを見て意を決し、自分の答えをハルヒにぶつける。

谷口「涼宮、これから毎日放課後は遊ぼうぜ」

ハルヒ「え?」

谷口「俺お前に殴られても対して痛くないし辛くないしさ」
(性的な意味では気持良いし)

ハルヒ「何いきなり?」

谷口「見ちまったんだよ。朝比奈さんと涼宮の部室でのやりとりを」
(パンツに関しては毎日見てる)

ハルヒ「ふぅん…、何?脅すつもり?」

谷口「そんな事しねーよ。ただ、あんな暴力振るわれて、辛いだろ?俺には正直朝比奈さんに勝てる気がしない。だったら、俺はお前の吐き溜めになる」
(それに対して脅せるネタでもないしな、脅せたら色々したいが)





879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:01:02.65 ID:UhkEBQJ10
谷口いいいいいいい




880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:01:39.87 ID:/q36UyRk0
やっと追いついた…

谷口、男だな




883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:02:20.87 ID:yMND3rSt0
谷口……見直したぜ……!




894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:09:18.25 ID:zxFmR4oVO
谷口はもうチンコ撮られたこととか忘れてんだろうな




902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:12:09.02 ID:byW01npGO
屋上に沈黙と言う音が流れる。
そしてハルヒは口を開いた。

ハルヒ「…ああ!言い忘れてたけど、あんた今日で走りクビだから!」

谷口「は?」

ハルヒ「もう用済みってことよ!画像も消したし、十分楽しんだのよね!だから、ばいばい!」

ハルヒはそれだけ言い残し、その場を後にした。

ハルヒ(あんな事言われて続けるなんて言えるわけないじゃない…。やっぱり誰かに痛みを押し付けたら駄目ね。今我慢すればきっといつか誰かが助けてくれるはず…。折角友達できたのに…、また一人ぼっちか…)

ハルヒの頬にスッと涙が駆け足して通り抜けた。


一方谷口は空を見上ながら呟いた。
谷口「やれやれ、ふられちまったか」
(あばよっ、俺の性欲処理器…!)

以上!





907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:14:20.81 ID:0Fnfv9pp0
>(あばよっ、俺の性欲処理器…!)
この野郎wwwwwwwwww




908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:14:43.25 ID:vuOhj0Qr0
ハルヒ…(´;ω;`)




909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:15:08.60 ID:zxFmR4oVO
ハルヒ優しすぎそしてカワイソス




912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:16:09.11 ID:TqXCtLo3O
谷口…www




913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/17(日) 13:18:00.39 ID:Bnf7iMZYO
谷口…お前がNo.1だ…




朝比奈みくるの本性2へ




TVアニメ「らき☆すた」2クール目エンディング集「白石みのるの男のララバイ」
白石みのる(白石稔)
ランティス (2007/10/10)
売り上げランキング: 8857
おすすめ度の平均: 4.0
5 感動したw
5 もはや・・・
4 これが京アニらしさかも?



ハルヒ「キョン!AVを撮るわよ!」 その1
ハルヒ「キョンの……パンツがぁ……」
ハルヒ「キョン!不思議探しよ!」古泉「女は黙ってろよ」+α
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/17(日) 18:56: :edit
    ・ωω・
  2. 名前: 名無し!! #-: 2008/02/17(日) 19:36: :edit
    え?終わり
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/17(日) 19:46: :edit
    谷口、お前やっぱいいやつだな
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/17(日) 20:00: :edit
    くそ、ハルヒ×コンクリートみたいな
    抜ける展開だと思ったのに・・・
  5. 名前:                #-: 2008/02/17(日) 20:21: :edit
    >>米4
    この鬼畜がww
  6. 名前:   #-: 2008/02/17(日) 20:47: :edit
    だんだん>>1が調子にのっちゃってないか?
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/17(日) 21:13: :edit
    谷口良いヤツ過ぎw 
    こんな友達が欲しかった
  8. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/17(日) 22:17: :edit
    最初は良かったけどなんかがっかり
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/17(日) 23:54: :edit
    これはいいハルヒ
  10. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/18(月) 00:00: :edit
    終わったのかよw
    せめて救われてくれよ。
  11. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/18(月) 01:34: :edit
    DDT見て確信した

    その1にあった「why?なぜ?」はザンディグだろw
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/18(月) 02:11: :edit
    これで終わりかよw
    番外編の谷口の話が本編の続きだったらまだよかったんだけどなw
  13. 名前: ポンタⅡ #-: 2008/02/18(月) 04:13: :edit
    まぁこんなもんだろ
    それなりに楽しめた
  14. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/18(月) 11:42: :edit
    ※6に同意
  15. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/18(月) 13:33: :edit
    もっと古泉だせよ
  16. 名前: 名無し #-: 2008/02/18(月) 15:00: :edit
    ・・・あれ?終わり・・・?

    ハルヒが可哀想すぎて泣いた
  17. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2008/02/18(月) 21:00: :edit
    まさかの打ち切り
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2008/02/20(水) 00:38: :edit
    これ昨日続編あったぞ

    一応完結までは見たが、ほとんど谷口メインになってたな
  19. 名前: h173 #-: 2008/10/16(木) 00:34: :edit
    646≫『涼宮さん』より『はるにゃん』のほうがよさげ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/27(火) 23:55: :edit
    後藤って寄生獣の?
  21. 名前: !!ぁぁぁぁぁぁぁぁあlっぁぁぁ #-: 2009/06/17(水) 12:35: :edit
     谷口は真正のマゾか。 神か?
  22. 名前: ひぐらしのなく頃にーーーーーーーーーーー #-: 2009/07/17(金) 20:43: :edit
    長門可愛そう
    古泉活躍してんジャン
    ・・・・・・・・・・・・・
  23. 名前: スイカ #-: 2011/03/12(土) 21:12: :edit
    ハルヒ→スネヲ
    みくる→ジャイアン

    だろw
  24. 名前: スイカ #-: 2011/03/12(土) 21:12: :edit
    ハルヒ→スネヲ
    みくる→ジャイアン
    長門→のび太

    だろw
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.