佐天「電撃を性的快感に変える能力かぁ……」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/29(月)
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:51:49.16 ID:DxEImIJhT
佐天「ういはる~!私レベル2になったよ~!」

初春「えーっ、もうレベル上がったんですかぁ!?私、あっというまに追い抜かれちゃいましたね……」

佐天「まぁまぁ、努力も大事だけど超能力には運も大事だからさー」

初春「はぁ……それでどんな能力なんですか?」

佐天「それはねぇ……んっ!」ピクッ

初春「?」

佐天「んっ……あっ///……み、御坂さんが来たみたい」モゾモゾ




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:55:54.64 ID:DxEImIJhT
初春「いきなり何ですか?それより早く佐天さんの能力を(ry」

御坂「黒子ぉ~?いる~?」ガチャ

初春「うわっ!?ホントに御坂さんが来た!」

佐天「んんっ///」ビクッ

御坂「なに?何か私が来たらまずかったかしら?」

初春「あーっ!わかりました、予知能力ですね!?」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:56:26.28 ID:DxEImIJhT
初春「あれ、でもそうすると佐天さんのレベル1からあまりにも能力が違いすぎるし……」

初春「も、もしかして今巷で噂のデュアルスキル……!」

佐天「えっと、そうじゃなくて」

佐天「私のレベル2の能力は磁界の変化も性的快感に変わる能力なんだ……アハハ」

御坂「ちょっとそれって」テクテク

佐天「アッ!?……んっ、その御坂さんが近くにくると、か、感じちゃうといいますか///」モゾモゾ




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:58:33.97 ID:OUVxyxCWO
役に立たない能力わろたwww




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 18:05:27.39 ID:DxEImIJhT
黒子「佐天さんがレベル1のときも思いましたけど、これで佐天さんはますますお姉様に近づけなくなりましたわね」

初春「うわっ!白井さんまで急に現れないでくださいよ!」

黒子「初春……あなた、そのセリフを空間移動者に向かって使うんですの?」

佐天「と言うか白井さん、普通に奥の部屋から出てきましたよね」

黒子「それにしても、佐天さんはなぜお姉様をピンポイントに狙ったかのような能力を次から次に……」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 18:10:24.57 ID:DxEImIJhT
黒子「ハッ!」ガタッ

黒子「まさか、佐天さん!あなたまでお姉様によからぬ私情を抱いて!?」

御坂「よくないのはアンタの頭の中よ!」バチィ

黒子「いやぁん!」ビリビリ

佐天「ひゃぁん!」ビクッ

初春「サ、サテンサン///」

御坂「あっ!ゴメン、佐天さん!」

佐天「ハァ、ハァ……だ、だいじょうぶです。電流と磁場の変化がいきなりきたんで、つい声が出ちゃって……///」ピクッピクッ




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 18:18:34.99 ID:DxEImIJhT
御坂「でも、その……佐天さん、口元……///」

初春(よだれ垂れてますよぉ~!///)

佐天「ふぇ……?」ハァハァ

御坂「と、とにかく!磁場の影響まで受けるようになったのなら、黒子の言うとおり少し距離を置いた方がいいかも知れないわね」

黒子「そぉですの!」ガバッ

黒子「いくら佐天さんでも、お姉様からほとばしる私への愛を勝手に感じ取るのは許しませんの!」

御坂「いつ、私がアンタに愛をこめた電撃を……」パリッ

佐天「んんっ」ピクン




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 18:26:09.17 ID:DxEImIJhT
初春「ちょっと、御坂さん!」

御坂「ああぁ、ゴメンなさい佐天さん!」

佐天「だ、大丈夫れふ、大丈夫ですから……」ハァハァ

黒子「……空気中への放電はおろか、お姉様がわずかに発電しただけで感じてしまうとは」

初春「たしかにこれはちょっと厄介かも知れませんね」

御坂「……そうね、とりあえず解決策が見つかるまで、私たちが会わないしか方法は(ry」

佐天「あ、会ってくれないんですか!御坂さん!」グイッ

初春「お、おちついてください!サテンサン!」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 19:19:56.10 ID:DxEImIJhT
佐天「御坂さぁん……」ハァハァ

黒子「さ、佐天さんが快楽に屈してしまいましたの……!」ゴクリ

御坂(ちょっとそんな顔で見ないでよー!///)

佐天「私、御坂さんのそばにいたら、きっと能力をうまくコントロールできるようになると思うんです///」

初春「いや、絶対それが目的じゃないですよね」

黒子「お姉様の近くは、佐天さんにとっての天国ですものね」

黒子「もちろん、わたくしにとっても(ry」

佐天「だから、御坂さぁん……///」モゾモゾ




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 19:22:06.30 ID:DxEImIJhT
御坂(佐天さんは……私のそばにいるといつもこんな顔に……)

御坂「……」ドキドキ

御坂「……わかった、佐天さんの能力が落ち着くまで協力するわ」

黒子「お姉様!?」

初春「そ、それってつまり」

御坂「黒子、少しの間でいいから佐天さんと部屋を交換してあげて」


黒子「断ッ固拒否ですのぉぉぉぉおお!!」ガシャァン!

初春「私のノートPCィ!!」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 19:30:21.03 ID:DxEImIJhT
白井さんの抵抗むなしく、佐天さんと御坂さんは相部屋で暮らすことになりました。

御坂さんは「佐天さんの能力開発のため」を理由に随分と権限をふるったらしく、白井さん以外の障害はとくになかったそうです。

これは私のハイエンドノートを打ち壊した罰だと思ったので、白井さんの「妨害工作を手伝え」と言う扇動には、

ジャッジメントに迷惑防止条例違反者がいるとの通報で返事をしました。

相部屋生活を開始して3日間ほどは、佐天さんの眼から光が消えて常に口元が緩んでいましたが、

1週間たった今では、いつも少し頬が赤らんでいる他はまったく異常のないように見えます。




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 19:31:48.94 ID:DxEImIJhT
佐天「ういはる~!私ついにレベル3だよ~!」

初春「えぇっ!?ちょっとペース早すぎじゃないですか、サテンサン!」

佐天「いやー、これまでの努力が実った、ってやつかなぁー」

佐天「能力者に必要なのは『諦めずに自分を信じて待つ』ってことだと思うんだ」ドヤッ

初春「なるほどー、勉強になりますねぇ」メモメモ

初春「ってそんなことはどうでもいいんです!レベル3の能力はどんな能力なんですか!?」

佐天「う、うん、それなんだけどさ///」カァァ

初春「あれ?よくみたら佐天さんの顔が赤く……もしかしてまたえっちな能力なんですか!?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:03:38.74 ID:DxEImIJhT
佐天「エッチって、初春はいやらしいなー」

初春「い、いやらしいのは佐天さんの能力ですよ!」

佐天「うん、まぁ、性的快感に変換されるエネルギーの幅が広がったからレベル上がったんだけどさ」

初春「やっぱり」

佐天「でさぁ、これがまた厄介で……ャアンッ!」ビクン

黒子「白井黒子ただいま戻りましたのー」ヒュッ

御坂「おじゃましてまーす」ヒュッ

佐天「ンンッ///……ハァ」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:11:29.26 ID:DxEImIJhT
佐天「ふぅ……ちょっと御坂さん!いきなり距離が近くなるとキちゃうから白井さんとテレポートは控えてくださいって言いましたよね!」

御坂「あー、ゴメンね。でも、初春さん家に遊びに行く予定だったんなら、前もって教えといてよね」

佐天「いや、昨日の夜に話しましたよ!?そしたら『私もあとから遊びに行く』って……」

御坂「……」ジーッ

佐天「し、白井さんを……さそ、誘って……遊びに行くって……ンッ!」プルプル

初春(御坂さんが佐天さんを見つめると、佐天さんの顔が真っ赤に……)

黒子(お姉様ったら、また……!)




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:19:11.27 ID:DxEImIJhT
御坂「……」ジーッ

佐天「だから、私は……さ、先に初春の……アァッ!」ビクン

黒子「お姉様っ!!」

御坂「えっ?……あっ、佐天さん!ゴメン!」

佐天「 」ビクッビクッ

初春「サテンサン!」

黒子「ハァーッ……お姉様のAIM拡散力場すら佐天さんの快楽なのですから、快楽を与えるのを止めろなんてことは言いませんの」

黒子「それでも、限度と節度を守って行動していただきませんと」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:26:13.15 ID:DxEImIJhT
黒子「いくら快感とは言え、常に刺激を与え続けるなんてことになれば……」

御坂「人格を保てなくなるわよね、わかってるわ」

御坂(快楽に染まる佐天さんがいくら可愛からって私……)

佐天「えっと、それがですね……」ヨロッ

初春「あっ、佐天さん!気が付きました!?」

佐天「どうやら私、常に刺激を受けることになったみたいで……///」カァーッ

黒子「佐天さんがまたメス猫の顔に……お姉様っ!」

御坂「ち、ちょっと待ってよ!今は磁界も体内電流も弄ってないわよ!?」

初春(やっぱりさっきは弄ってたんだ)




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:28:08.49 ID:DxEImIJhT
佐天「それが、どうやらAIM拡散力場の揺らぎも快感になっちゃうみたいで……///」モジモジ

初春「 」

黒子「 」

御坂「 」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:42:52.10 ID:DxEImIJhT
それはここ、学園都市において致命的な能力でした。

私たち超能力者が無意識に発生させていると言われるAIM拡散力場は、

能力の強度はおろか、能力の有無に関わらず全ての学生から微弱ながら発生しているとされ、

『学園都市内で生徒が動く』、それだけで佐天さんは性的快感を受けるのでした。

ただし、能力強度の上昇は「快楽受信の幅」の拡充とともに、「快楽刺激への閾値」も押し広げたそうで、

レベルアップ報告の翌日には、(少なくとも傍目には)これまでとほぼ変わらない態度であいさつを返してくれました。

心配をかけまいと強がっているのでは?と私が物思いにふけった、その隙をついてパンツチェックをされました。

はぁ、御坂さんが電撃能力者の群れを引き連れて、そこの曲がり角から現れないかな。




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 21:53:21.85 ID:DxEImIJhT
黒子「まったく、お姉様ったらまぁたこんな幼稚な下着をお召しになって!」ヒュッ

御坂「ちょっ!アンタ、それ私が今日履いてる……!」カァァ

初春(御坂さんの履いてるスカートと短パンはそのままに、パンツだけを空間移動ってどうやってるんだろう。この瞬間の白井さんの演算能力はレベル5に匹敵してるんじゃないかな)

御坂「黒子ォッ!!」バチィッ

黒子「あひぃぃぃぃいっ!!」ビリビリ

黒子「んほおぉぉぉぁぁあ゛」ビクビク

黒子「あ゛あ゛あ゛ぁぁぁああぁ」ショワワ…

初春「……えっ、み、御坂さん、あの、やりすぎでは」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:00:12.28 ID:DxEImIJhT
御坂「い、いや!違うわよ!?いくら黒子相手でも、肉体が弛緩しきるまで長く、強い電撃を浴びせるワケないでしょ!」

黒子「んへぇ…っ……んふっ///」ビクン ビクン

御坂「それより、この黒子の反応は痛みと言うより……!」

初春(うわぁ、白井さん、この顔はちょっと引きます)

御坂「すぅーっ……涙子ぉぉぉぉぉぉっ!!」

初春「……」

御坂「……」

御坂「……ふっ!」バチッ

「ああっ!んんっ!!」ガタン




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:05:22.55 ID:DxEImIJhT
『佐天さんの能力開発のため』に行われた(御坂さん談)、御坂さんと佐天さんの同居特訓以来、

御坂さんはたまに佐天さんのことを「涙子」って呼びます。

……超能力者の先輩として、いろんなことを教えこんだ結果ですよね。

師弟関係って奴なんでしょうか、たぶん、きっと。佐天さんの親友として、お願いだからソコ止まりでいてほしいです。




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:19:50.35 ID:DxEImIJhT
御坂「レベル4のテレパスは使わないでって言ったじゃない!」ビリッ パチッ

佐天「んぅっ!?ハァ、ハァ……だから!私は断ったんですけど!白井さんにスタンガン片手に『使え』って脅されて!」

初春(……白井さん、スタンガンとかさすがにどん引きです)


御坂さんの言った『快楽感応(テレパス)』って言うのは、佐天さんが能力を開発したときに付けられた能力名です。

……たしかに一応は「テレパス」なんでしょうけど。




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:27:12.43 ID:DxEImIJhT
黒子「んぁ……お姉様?」ムクリ

初春「あ、白井さんが起きました」

御坂「アンタはもう一度……」バチバチバチ

佐天「んんんっ!?」ビクッ ビクン

黒子「お、お姉様?いくら『電撃が快感になる』、今の無敵黒子でも、その量の愛はちょっと身に余ると言いますか」

御坂「寝てなさいっ!!!」ゴォゥン

黒子「んおおぉぉーっ!!」ビリビリビリ

黒子「 」バタン

佐天「こ、これは……だめえぇぇッ!!」プシュッ ショワワ…




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:39:33.22 ID:DxEImIJhT
佐天さんがレベル4相当と認められた「快楽感応(テレパス)」。

それは「右手で触れた相手に自身のレベル1相当の超能力を与える」と言うものでした……これはテレパスなんでしょうか。

佐天さんの明確な意思がないと発動しないらしいですが、私は念のために、佐天さんの右手には触らないようにしています。念のためです。

学園都市の方も佐天さんの能力がここまで急速に、大胆に成長するとは思わなかったようで、近々、能力名の再考が行われるそうです。


初春「……」

黒子「 」プシュー

佐天「 」ビクッ ビクッ

御坂「……ま、まぁ、これだけお仕置きしとけばむやみに使わないわよね」



あっ、佐天さん曰く、レベル4テレパスの効き目はどうやら60秒程度らしいので、

白井さんが2度目に電撃を受けた頃には『無敵白井さん』などではなく、『ただの白井さん』だったと思います。

……まぁ、『ただの白井さん』が電撃を浴びてもいいんじゃないでしょうか。




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:47:21.02 ID:DxEImIJhT
8月15日

御坂「ああああああぁぁっ!!」バチバチバチ

一方通行「スゲェスゲェ、何だ新技かァ?」

御坂「はぁっ、はぁっ」

一方通行「……そうかそうか、予定と違うから何事かと思ったら」

一方通行「おまえ『オリジナr(ry」

佐天「御坂さんっ!」ザッ

御坂「佐天さん!?危ないから出てくるなって言ったでしょ!?」

一方通行「オリジナルと……ガキだと?」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 22:55:57.17 ID:DxEImIJhT
佐天「……あの人のやったコトは私にもわかりました」

佐天「私も一緒に戦います!」

御坂「ダメよ!佐天さんはひっこんでて!!」バチバチ

佐天「……ぁっ」ピクッ

一方通行「そうだぜ、クソガキィ!ここはオマエなんかが入ってきていい場所じゃねェ!」

一方通行「超能力者(バケモノ)が殺し合う場所だ!!」ゴゴゴ

佐天「……だったら私もここにいられますね」ゴゴゴ

一方通行「何ィ……?」

佐天「超能力者(レベル5)!『快楽主義(ヒドゥニズム)』、佐天涙子もッ!!」 ドン!




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:08:55.16 ID:DxEImIJhT
一方通行「8人目の……超能力者だと……!?」

御坂「……電撃も、砂鉄の嵐も、超電磁砲もアイツには効かなかった」

御坂「私を助けてくれる?涙子」

佐天「助けられるかはわからないけど」

佐天「気持ちよくしてあげますね、御坂さん」ニコッ

「あっ……待って、そんないきなり///」

「そう言いながら、御坂さんも最初から電撃全開じゃないですか……んんっ!」

「ねぇ、アイツが涙子の感じてる顔見てる……ああっ!!」

「そ、そんなこと、言わないで、くだ、あっ!イッ!」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:16:49.88 ID:DxEImIJhT
突如始まった現象が一方通行には理解できず、茫然とした。いや、認識はできていた。

彼は立ち向かうべき2人の姿から眼を離せないでいたのだから。

動けなかったのはナニが行われているかではなく、なぜソレが行われているのかがわからなかったからだ。

8人目の超能力者を名乗った少女は、オリジナルに抱かれながら嬌声を上げる。

彼がこれまで亡きものにしてきたモノと同じ姿をもつオリジナルは、全身から熱気と雷の柱を立ち上げ



一方通行「!」

一方通行「オリジナルの放つ電流が……強くなってンのか……?」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:29:11.17 ID:DxEImIJhT
佐天「ハァ、ハァ、私の能力は、電撃を性的快感に変える能力ぅンッ!?」ビクッ

御坂「そして、触れている相手にも、ど、同等の能力を……んんんっ!!」バチバチバチ

一方通行「ガキにくっついてやがるオリジナルも、電撃を快感に変える……!」

一方通行(だがソレなら、この加速度的に増えてやがるオリジナルの発電量はなンだ?)

一方通行(電撃から快楽へと変換する際に、いくらかの乗数がかかるとしても!この増幅量は比例的なンて域を超えてる!)

佐天「そしてっ!私が超能力者(レベル5)に認め、ああぁっ!み、認めぇ、だ、だめぇ!!」ガクガクガク

御坂「ふぅっ、はぁっ、み、認められた能力は……『性的快感を電撃に変える能力』……ぁン!」バリバリバリ

一方通行「なン……だと……!?」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:32:45.63 ID:r4rKM4VG0
限定的すぎるwww




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:34:01.32 ID:OUH+O2280
まさに自家発電




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:34:35.03 ID:5QRvgEcYO
>>133
誰が上手いこと言えと




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:52:51.75 ID:DxEImIJhT
佐天「ふーっ、はぁーっ」ガクガク

御坂「……そろそろ涙子が限界ね」ドドドドド

一方通行「クッ……クケカキクケキコケッ!!だから何なンだよォ!?」

一方通行「そうやって2人で乳繰りあってェ!!必死に自家発電してェ!!莫大な規模の電流を生み出して!それがどうしたァ!?ァアン!?」

佐天「……アレをやりましょう、御坂さん」ハァハァ

御坂「……いいわよ」ゴゴゴゴゴ




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 23:53:12.82 ID:DxEImIJhT
一方通行「……こいよ。オマエらの作った電撃は、所詮タダの電撃でしかないんだぜェ?」

一方通行「どんな電撃が来ても!オレの『ベクトル操作』の前では無意味だ!!」バッ

御坂「涙子」チュッ

佐天「んんンーっ!!」ギュッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

御坂「……一方通行」

一方通行「あン?」

御坂「愛にベクトルは、あるのかしら」

一方通行「……はァ?何をバk」 カッ




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:13:49.62 ID:tmnoiYgpT
8月15日未明、学園都市では未曾有の大災害が起きました。

いえ、『大人災』と呼ぶ方が真実を知る者の記録としては正しいようです。

真実を知っていると言っても、御坂さんと佐天さんのお話を真実と仮定したらの話ですけど。

超能力者の御坂さんでも、超能力者になった佐天さんでも、あの規模の『雷』は起こせないと思うのですが、

(現場に赴いたアンチスキルの方からは『雷の上位を表す言葉を知らないので、これは正確ではない』との記録があがってきました。)

佐天さんを問いただすと「愛の力……かな?」と御坂さんをうかがいながら証言してくれました。御坂さんは顔が真っ赤でした。

……あぁ、あれですかね。『師弟愛』ってものでしょうか、私にはよくわかりません。

この件について調べようと、学園都市の電子情報網に少しお邪魔してみると、

「量産型能力者計画の中止」「学園都市第三位と第八位の両名をもって新たな絶対能力者計画の構築を図る」

と言う情報が大事そうに置いてありました。

……私にはよくわからないけど、御坂さん、佐天さん、「愛の力」とか言うので頑張ってくださいね。          

                                記録者:初春飾利




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:15:05.79 ID:tmnoiYgpT
くぅ~疲これ完




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:15:52.11 ID:pvtFihkH0
上条印の乙




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:17:13.04 ID:GInd/M4Q0
面白かった乙




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:17:33.00 ID:tmnoiYgpT
あっ、あと「自家発電」が先読まれたのはマジで恥ずかしい、死にたい、死ぬ




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/28(日) 00:19:51.73 ID:P2K9MPhv0
面白かった乙






------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



とある科学の超電磁砲S 佐天 涙子 パジャマでお泊まり佐天さん
とある科学の超電磁砲S 佐天 涙子 パジャマでお泊まり佐天さん
キャラアニ 2013-07-26
売り上げランキング : 107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕は友達が少ない NEXT 羽瀬川小鳩 1/8スケールフィギュア ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) さくら荘のペットな彼女 椎名ましろ 1/8スケールフィギュア 劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ シェリル・ノーム (1/7スケール PVC製塗装済み完成品) 這いよれ! ニャル子さん ニャル子 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 14:16: :edit
    涙子のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 15:08: :edit
    一方通行「そうやって2人で乳繰りあってェ!!必死に自家発電してェ!!莫大な規模の電流を生み出して!それがどうしたァ!?ァアン!?」
    確かに乳繰りあってたww
  3. 名前: あ #-: 2013/04/29(月) 15:58: :edit
    性的ネットワーク
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 16:50: :edit
    これ佐天さんがレベル1だった所が削られてない?
    元スレには普通にあったと思うんだけど
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 17:13: :edit
    てっきり、セロリが快楽伝達でアヘ顔にでもされるオチかと思った。
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 17:41: :edit
    kome4
    それ立て逃げの1や
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 18:43: :edit
    初春の傍観者視点が良かった
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 19:10: :edit
    雷の上位?そりゃあ
    霹靂神(はたたがみ)ってなもんよ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 20:08: :edit
    なかなか乙であった。
    今後も精進してくれたまへ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 20:46: :edit
    何かワロタ
    一体何だったンだ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/29(月) 21:57: :edit
    永久機関じゃね?
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/30(火) 11:18: :edit
    上条印って確かまとめられてないよね
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/05/01(水) 01:22: :edit
    ツマラン!!
  14. 名前: 異常のナナシ #-: 2013/05/05(日) 04:25: :edit
    植木耕介のレベル2やん
  15. 名前: #: 2014/10/03(金) 14:32: :edit
    このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。