QB「良く分からないけどマミは特別だからね」マミ「!?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/14(日)
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:11:43.06 ID:G3FmP1xI0
まどか「キュゥべえはいつもマミさんと一緒にいるね?」

QB「この中ではマミが一番付き合いが長いしね」

マミ「そうね、私としては当たり前になってたけど…」

さやか「まぁ、あたし達の魔女退治のサポートはちゃんとしてるし」

杏子「魔女の居場所とか調べてきたりもするな」モグモグ

ほむら「お目当てのグリーフシード回収しにきてるだけじゃないの」

QB「なんだいみんな僕にいつも傍に居て欲しいのかい?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:15:01.87 ID:G3FmP1xI0
まどか「でもたまに意味もなく部屋に現れたりするよね」

さやか「うん、壁抜けてスゥ~っとね!あれ未だに慣れないよ!」

杏子「気が緩んでるんだよ、アタシは気にならないぜ?」モグモグ

ほむら「あなたは壁の無い所で寝泊りしてるからでしょ」

さやか「杏子…ウチに泊まりにきても良いんだよもう寒いでしょ?」

杏子「ちげーし!今は親父の教会だって!使える部屋だって残ってるよ!!」

QB「これが少女特有の無視力ってやつかい?厄介だね」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:16:29.77 ID:G3FmP1xI0
マミ「私はちゃんと聞いてるわよ?キュゥべえがいるから毎日寂しくないわ」ニコッ

QB「マミィ……///」ポッ

ほむら「…何今の反応?」ドキッ!?

さやか「らしくないね、無感情生物の癖に」

まどか「なんかモジモジしてるね、これは…」

杏子「あぁ、気持ち悪いな」サクサク

まどか「うん!(即答)」

ほむら「…ハッ!?(私だけちょっと可愛いとか思っちゃったじゃない!!)」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:19:37.93 ID:G3FmP1xI0
ほむら(ずっと敵対してたから意外な一面に母性を擽られたわ…)ドキドキ

ほむら「でも違うのよ!?浮気じゃないのよ!誤解しないでまどかぁ!!」ガタッ!!

まどか「ふぇっ!?」

杏子「こっちもなーんか気持ち悪い空気に…」サクサク

さやか「ん?…ははーん!さてはほむらはキュゥべえに惚れたのかー?」ケラケラ

QB「良く分からないけどそうなのかい?やれやれだね」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:21:11.82 ID:G3FmP1xI0
ほむら「はぁ…腹パン天使、あなたは何処まで愚かなの?(鋭くないけど鋭いわね)」

さやか「腹パンは関係無いだろ!?まぁ天使は認めちゃいますけどね~☆」テヘッ

杏子「うぜぇ反応だなぁ…畜生愛も同性愛も駄目だかんな?地獄に堕ちるぞお前等」

ほむら「ななな何を当たり前な事を言ってるの!?(まどかLOVEがバレた!?)」

マミ(暁美さんのあの態度……え、嘘!?本当に!?)

マミ「…むぅ、キュゥべえ?今日から好きな所でお世話になったら良いんじゃない!」フン!




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:24:35.36 ID:G3FmP1xI0
QB「何を馬鹿な事を言ってるんだい、僕がマミと居たいから一緒に居るんだよ?」

QB「良く分からないけどマミは特別だからね!」

マミ「き、キュゥべえたら…みんなの前でそんなはっきりと…」モジモジ

QB「君と比べたら他の女の子なんて実にツマラナイ存在だよ?」

さやか「へぇ言ってくれるじゃないさ、まぁ全く悔しくないんだけどこれが」

杏子(マミさんのチョロさは相変わらず健在か…)パリポリ

まどか「ん?じゃあキュゥべえはどうしてウチにもくるの??」

QB「それはまどかがとっても魅力的だからさ!」

ほむら「!?」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:25:44.01 ID:HlT40gd+0
壁をすうっとすり抜けて少女の部屋に入るやつ俺もやりたいんだけど




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:26:13.94 ID:G3FmP1xI0
ほむら「それはまだ、まどかとの契約を…」

QB「違うよ?まどか自身の魅力に吸い寄せられるって事さ」

ほむら「あなた巴さんが特別って言ったばかりじゃないの!この淫獣!!」

さやか「じゃあさ!じゃあさっ!あたしはどうよ?(私の女子的魅力は!?)」ウッフン♪

QB「………ハハッ?」

さやか「手前ぇ!?何が可笑しいッ!!!!」

杏子「あははは、んじゃさアタシはどうよ?」アムアム

QB「かなり良いよ!うんすっごくッ!!!!」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:29:14.40 ID:G3FmP1xI0
杏子「お、おう?あ、ありがとよ…?」ポリポリ///

さやか「き、杏子に負けた…あたしってほんとブス」

杏子「どういう意味だコラァ!!」

まどか「じ、じゃあさ…ほむらちゃんは…どう?」

QB「論外だよ、美樹さやか並か…ソレ以下だね!」

ほむら「表へ出ろ?」

QB「気を悪くしたかい?申し訳ないね、なんせ感情が無いからね」

ほむら「表へ出ろ?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:29:58.13 ID:/YGuoAhGP
嘘つけwww




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:33:48.00 ID:G3FmP1xI0
QB「ひどいじゃないか!殺さずボコボコにするだけなんて!」

QB「もうちょっとで変な感情が芽生えそうだったじゃないか!?」

ほむら「ふん、滅多に披露しない近接の極み、ほむラッシュよ」

マミ「…そ、それでキュゥべえは今日は何処で泊まりたいのかしら?」オズオズ

QB「そうだね…うーん今夜は杏子の所に厄介になろうかな?」

杏子「アタシ?ウチにはなんも無ぇぞ?それでも良いなら構わないけど」モッチャモッチャ

マミ(流れがおかしいじゃない!なによキュゥべえの裏切り者ぉぉぉ!!)




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:36:52.52 ID:G3FmP1xI0
  あんパパ教会跡

杏子「さてとやる事もないし、とっとと寝るか」モグモグ

QB「い、いや、これは…正直寒すぎないかい?」ブルブル

杏子「チッ仕方ないな…確か一斗缶と枯れ木がそこら辺にっと」モグモグ

QB(朝の建設現場の土建屋みたいな暖の取り方だね…)

杏子「窓開けて寝るからな?それと1時間ちょいで消えるからさっさと寝ろよ」ゴックン

QB「杏子?(…眠ったね、さてと早速目的を実行するかな?)」

  
マミルーム

マミ「…一人ぼっちのお布団は寂しいわ」クスン




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:39:11.18 ID:G3FmP1xI0
杏子「ふあぁ~、うーん今日も良く寝たなぁ…しかし、ううっ寒うっ!?」ブルッ

QB「…やぁ、おはよう杏子」

杏子「…お前変なポーズで何やってんだ?」

QB「なかなか寝付けなくてね、火が消えたらじょじょに関節が固まって…このザマさ」

杏子「バーカ、だからとっとと寝ろつったじゃんか」

QB(そういう訳にもいかないんだよねこれが)

杏子「しゃあねぇな…銭湯でも行くか、女湯上から男湯に放り込んでやるよ」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:45:19.01 ID:G3FmP1xI0
  お金払って銭湯

杏子「朝寝♪朝風呂♪あとなんだっけか~?」ヌギヌギ

QB「朝酒だね、しかし大胆な脱ぎっぷりだね杏子」

杏子「お前みたいな畜生もどきの前で何の遠慮があるってんだか、ん…」ファサァ

QB「…あーあー」ハァ…

杏子「ん?じゃあ放り込むぞ?せーのっ!」ポイッ

QB「きゅっぷい!」バシャーン

爺さん「な、なんじゃ!水爆かァ!?!」

杏子『上がるときテレパシーするから待ってろよ!』




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:49:28.63 ID:G3FmP1xI0
QB(まぁ朝方の冷え込みは辛かったけど昨晩はなかなか有意義な時間だったね)

QB(さて…悪いけど杏子にはもう用はないね、先に帰らせてもらうよ)トテトテ

杏子「少女は~絶望へと落ちていく運命~エントロピィ~♪」カッポーン

QB「さてとこれからどうしようかな?」ホカホカ

さやか「おりょ?キュゥべえじゃん、湯気出して何してんの?」

QB「なんださやかか…君こそ何をしてるんだい?」ホカホカ

さやか「今からまどかの家に遊びに行くところだよ」

QB「僕も連れてってよ!!」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:54:50.70 ID:G3FmP1xI0
杏子『おーいキュゥべえー!!!』

杏子「チッ!なんだよ、あいつ先帰ったのか?」

杏子「朝酒じゃないけどフルーツジュース奢ってやろうと思ったのによ」

杏子「しかしなんか今朝はやたら髪がゴワゴワしてたな」

杏子「背中辺りもなんか触られまくったような跡があるし…」

杏子「淫獣…あいつマジで寝てるアタシにヤラシイ事したのか!?」

杏子「って、んな訳ないか!牛丼でも食いに行くかな~♪」グゥ~




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:59:16.53 ID:G3FmP1xI0
  まどハウス

まどか「さやかちゃんいらっしゃい♪あれ?キュゥべえも一緒なの?」

さやか「そこで偶然拾っちゃってさ、今日寒いし可哀想かなっと?」

まどか「ふーん、でもキュゥべえ杏子ちゃんと一緒じゃなかったの?」

さやか「そうそう杏子も誘おうと思ったんだけど家まで行っても返事が無くってさ」

QB「…彼女はまだ寝てるよ、お腹が空いたら起きるんじゃないかな?」

まどか「そっかぁ、まぁ風も吹いてるし早く入って入って♪」

さやか「おっ邪魔しまーす♪」

QB(…次は鹿目まどか、君の番だよ)




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:06:03.31 ID:G3FmP1xI0
ほむら「で、なんでキュゥべえまで連れて来るのかしら…ねぇ美樹さやか?」

さやか「もぉー別に良いじゃん!…まだ昨日の事根に持ってんの?」

さやか「小さい女はモテないよ!」ジーッ

ほむら「今…何処を見て言ったのかしら?」ユラァリ

さやか「胸じゃないよ!?ハ、ハート!そう心の事だからね!?」

QB「そうさ!女性の魅力は胸の大きさで決まるモノじゃないよ!」キリッ

まどか「なんか今のキュゥべえとっても紳士的に見えたよ♪」

ほむら(キュゥべえの奴、私を慰めてくれてるの?…だ、騙されちゃ駄目よ私!)キュン




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:13:34.08 ID:G3FmP1xI0
まどか「ねぇキュゥべえ?そ、その…肩にずっと居られるとお話し辛いんだけどなぁ?」

QB「そうかい?なら僕を使ってテレパシーで話すと良いよ、…ぁふん///」

まどか「いや膝の上とか、抱っことかじゃ駄目…かな?」

QB「それには及ばないよ、僕はここが良いんだから…はふぅ///」

ほむら「キュゥべえ、まどかが嫌がってるわ…どうしてもというなら私の肩に」

QB「僕はまどかの肩が良いんだよ!あ、次は右肩に移動するね♪」

ほむら(わ、私弄ばれてるのかしら!?)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:17:37.29 ID:/YGuoAhGP
まさか…Qほむ!?




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:19:53.07 ID:G3FmP1xI0
さやか「いやーでさぁ、そんでその時ユウカがさぁ!」

まどか「えー?本当に~♪」ティヒヒッ

ほむら「ふふっ、あの娘ならありえるわね」

QB「……飽きた」

まどか「えっ?」

QB「大体なんでマミが居ないんだい?」

さやか「いや、だってマミさん受験生だし12月だし…ねぇ?」

QB「そんな事言って年上だから相手するのが面倒臭いとかお説教臭いとか思ってるんだろ!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:26:56.54 ID:G3FmP1xI0
ほむら「ど、どうしたのあなた?何をそんなに荒れてるのかしら?」

QB「…荒れる?この僕が?感情が無いのに?ちゃんちゃら可笑しいぜよ!」

まどか「ぜよ??」

QB「そうやってマミをのけ者にしてぼっち先輩オッスオッス!とか馬鹿にしてるんだろ!」

さやか「そんな訳無いじゃん!ちょっと落ち着きなよ!」

QB「杏子は誘おうとした癖にっ!マミは放ったらかしかい!?」

まどか「マ、マミさんは大事なお友達だよ、だから気を使って…」

QB「うるさい!うま気にぬかして!このくそぼっこ共ッ!!!」!




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:33:14.04 ID:/YGuoAhGP
くそぼっこww




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:37:34.94 ID:G3FmP1xI0
QB「はぁ、やはり君達では駄目だね、到底マミの魅力には及ばない…」

QB「鹿目まどか、特に君には失望したよ君のその…やめようもう詮無き事だ」

QB「やはり僕にはマミしかいない!今帰るよマミィィィィィィッ!!!!」ダッ!!

まどか「な、なんだったんだろうね?」

さやか「く・そ・ぼ・っ・こ」ピッピッピ

さやか「讃岐弁であほ、馬鹿の意…あんにゃろう!」ヒクヒク

ほむら「うま気…確かご立派に、とかだったかしら?」

まどか「ほむらちゃん物知り~♪」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:50:21.23 ID:G3FmP1xI0
  マミルーム

マミ「はぁ、連休なのに暇ねぇ…キュゥべえが居ないとこんなに時間の流れが遅いなんて」

マミ「連続ティータイムもいい加減にしないとお腹壊すわね…」

マミ「とか言ってたら早速尿意が…今日は寒いしトイレが近いわね」ブルル

マミ「もう歳かしら?よっこらしょっと、なーんてフフフ♪」ティロティロ…

マミ「ふぅ…って、私独り言多すぎィ!?こ、孤独だわ…そして長いわね」ティロティロ…

QB「マ゛ミ゛ィ゛ィ゛ィ゛ィ゛ィ゛ィ゛ッ!!!」スウゥッ!!

マミ「ぴぎゃぁぁぁぁぁぁぁッ!?!…あっ!!」ドタンッ!!!

QB「うわっぷぃ!?オ、オシッコ止めておくれよ!顔直撃でビシャビシャだよ!!」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:51:54.23 ID:/YGuoAhGP
おいQBすぐ代われ!!




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 01:59:10.19 ID:G3FmP1xI0
マミ「トイレとお風呂には入って来ないでっていつも言ってるでしょ!!」ガミガミ

QB「すまない、どうしても一刻も早くマミに会いたかったんだよ…」シュン

マミ「そ、そうなの?…で!でもあんなに慌てる事ないじゃないの!!」

マミ(おかげで偶然とは言え…あ、あんなハードなプレイを///)

QB「マミ…また紅茶ばかり飲んでたんだろう?僅かにそんな味がしたよ」

マミ「!!~~~~ッ///この!キュゥべえの馬鹿ぁ!!!」

QB「口が滑ったゴメンよ…とにかくお風呂に入らせて貰えないかい?」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:09:36.50 ID:G3FmP1xI0
  マミバス!

QB「…で何故マミまで一緒に入ってるんだい?」

マミ「わ、私が…その汚しちゃったし」ゴニョゴニョ

QB「まぁ僕もたまには浴槽に浸かりたいし…銭湯は大きすぎて落ち着かないしね」

マミ「キュゥべえ銭湯に行った事あるの?私は行った事無いんだけど…」

QB「僕のサイズには合わないけど人間には良い環境なんじゃないかな」

マミ「ふぅん、ちょっと興味あったのよね…今度行ってみましょうか?」

QB「僕をずっと抱き抱えててくれるなら考えても良いよ」

マミ「し、仕方ないわね///(今みたいにタオル巻いてれば…)」

QB「ちなみに浴槽入るときは全裸じゃないと怒られるよ?これ豆ね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:16:25.99 ID:G3FmP1xI0
QB「さて、のんびりしてたら就寝時間だね」

マミ「そうね、なんだか今日は気分的に疲れたわ…」

QB「ところでマミ?一つお願いがあるんだけど」キリッ

マミ「な、何かしら?(いつになく真面目な声色ね)」

QB「面倒臭いかもしれないが今夜はいつもの髪型のまま就寝してくれないかな?」

マミ「このロールのままって事?」

QB「うん、頼むよ…」

マミ「分かったわ髪飾りは流石に外すけど、それで良い?」

QB「ありがとうマミ!!(ヨッシャァ!!)」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:24:15.57 ID:G3FmP1xI0
  マミベッド

QB「今日は相当暇を持て余してたみたいだね、まさか3時間も喋り続けるとは…」

マミ「スースー…」

QB「今日の眠りはかなり深そうだね、睡眠剤も盛ったし…思う存分暴れられるよ」

QB「昨晩から不足気味だったエネルギーを…今こそ補おうじゃあないか!」スクッ

マミ「ん~キュゥべえ…えへへ♪ムニャムニャ」

QB「マミやっぱり君は特別だよ、僕をこんなに不思議な衝動に駆り立てる」

QB「…許してくれとは言わない、僕は今から…君を襲うよ!!!」ガバッ!!




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:29:20.73 ID:G3FmP1xI0
QB「んあぁぁぁぁぁぁっ!!クンカクンカ!モフモフゥ!スーハースーハー…こ、このやろ!?」

QB「絡み付いてきて!あぁ右後ろ足が捕縛されたぁぁん///畜生負けるもんかッ!!」ジタバタ

QB「ひょあん!このドリルやりおるぅ///柔らかフワフワの癖に確実に僕を絡め取る気か!」

QB「やらせはせんぞ!ああ駄目ぇぇ!匂いと縛りと柔かさで心?まで絡め取られちゃうぅぅ↑」

QB「こいつ淫獣の類か何かか!?僕の動きが!両前足が!完全に封じられて!!あはぁ幸べぇ」

QB「ズブズブと僕が堕とされていく…やっぱりマミ君は最高だ…最高のヘアースタイルだよほぉ!」

QB「ハァ、ヒィ…ま、まだだ!今夜は朝まで戯れ続けてやるッ!!んほぉぉぉ!!」ジタバタ!フガフガ!!




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:30:35.90 ID:TNtKOq9V0
起きたらマミさんヘアー大爆発やなwww




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:39:07.46 ID:G3FmP1xI0
  朝チュンチュン

マミ「うにゅ…ぅうーん、良く寝たわね♪さて起きようかしら、よいしょ…」グキッ

マミ「いっ!痛ぁぁぁぁぁぁいぃぃっ!!くく首がががっ!?!」

QB「…やぁ、おはよぉマミィィ///」ハァハァ

マミ「ち、ちょっとキュゥべえ!?なんで私の髪に絡まってるのよ!」

QB「マミィ…君は最高だよ///君さえ居れば他に何も要らない…」ピクピク

マミ「どうしてそんなウットリ顔してるのよ!?と、とにかく離れてぇ!!」

QB「あぁん///う、動かないでぇぇぇん!!!」ビクッビクン!!




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:39:50.91 ID:TNtKOq9V0
QBシャンプー




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:43:32.47 ID:/YGuoAhGP
あーそれ宇宙レベルでカピカピですわ




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:48:39.62 ID:G3FmP1xI0
  下校中

さやか「なるほど、つまりキュゥべえは複雑な髪型フェチだったんですか」

ほむら「私と美樹さやかはほぼストレートだから対象外ということね」

まどか「ツインテールってそんなに複雑かなぁ…」

ほむら(私もまどかのツインポンポンでビンタとかされてみたいわ…)

杏子「寝るとき面倒臭いから縛ったまま寝てるけど、ポニテもストレートと変わらんだろ」ムグマグ

QB「いつもマミの肩に乗ってたからかネジリ髪房が触るのが癖になったみたいだね」

マミ「私は知らず知らずの内にこんな変態を育ててたのね、ショックだわ…あとネジリはやめて」

QB「でもこれで分かったよ、やっぱりマミの髪が質、匂い、感触全てにおいて一番だとね!」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 02:55:41.18 ID:G3FmP1xI0
マミ「な、何言ってるのよ!もうキュゥべえったら///」

QB「もうマミ以外の髪には興味が無いよ」キッパリ

QB「僕はマミの肩から離れない!断固動かないッ!!」

さやか「まぁ女として髪も大事な魅力だけど、あの時の怒りは収まったかなー」

ほむら「まぁ私も昔はツイン三つ編みにしてた時期があったんだけどね…」

QB「なんだって!?とりあえず今すぐソレにしてみようじゃないか!さぁ!!」カバ゙ッ!!

マミ「…キュゥべえ?私これからサラサラストレートにするから暁美さんと仲良くね?」ツン!!




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:01:23.68 ID:G3FmP1xI0
QB「い、いやそれは…くうぅっ!!」

さやか「震えてるね!悩んでるね!」ププッ

まどか「これって浮気かなぁ??」

杏子「浮気だろ?アタシんちの教義じゃ重罪だな」ムシャムシャ

ほむら「どうするの?巴さんから離れるならさっきの話考えてあげても良いけど?」クスクス

QB「三つ編み…何て素敵な響きなんだ!しかもツインだって!?むぎぃぃぃぃっ!」ゴロゴロ!!

マミ(キュゥべえ…本当は貴方を信じてるんだからね!?)




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:09:30.92 ID:G3FmP1xI0
QB「お試しとか…ないのかい??」チラッ?

マミほむ「…むさんこやぎろしやっちゃ」ビキビキ

まどか「…さやかちゃん、意味お願い」

さやか「え~とね…滅茶苦茶面倒臭い奴!だってwww」

杏子「讃岐弁かぁ、なんかうどん食いたくなってきたぞさやかー!」グゥゥ…

さやか「そうだねあたしもちょっと小腹が空いてきたよ」

まどか「そこの花◎うどんでも寄って行こっか♪」

QB「み、見るだけで良いんだ!頼むよ!絶対触らないから!?」ハァハァ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:11:12.33 ID:1DqK3PEx0
QB「先っぽだけ!先っぽだけだから!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:17:30.51 ID:G3FmP1xI0
  花◎うどん

まどか「うーんと、杏子ちゃんは何頼むの?」

杏子「ブッカケ!ブッカケッ!!ブッカケェ!!!」

さやか「わ、分かったから!大きい声で…ブッカケ!ブッカケ!!…言うな!」ボソボソ

さやか「ふぅ、あたしは…かけとイカ天で良いかなぁ…おりょ?ひょっとして?」

仁美「あら皆さん、うふふ御機嫌よう、帰りのHRぶりですわね♪」

まどか「珍しいねこんな所で仁美ちゃんと会うなんて…それに一瞬気付かなかったよ?」

仁美「今日のお稽古まで時間が無いんですの、そんな時セルフのお店は良く使うんですのよ私」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:26:00.78 ID:G3FmP1xI0
マミ「暁美さんは何頼むの?私はかけ小と磯辺揚げだけど」

ほむら「あら奇遇ね、私もそれにしようと思ってたの」

マミ「うふふ、磯辺揚げはお醤油でそのまま食べるのが私好きなのよ♪」

ほむら「なんですって?お出汁を吸って柔かくなった磯辺揚げを侮辱しているの?」ピク?

マミ「…お出汁なんか吸ったら衣が剥がれてただの竹輪じゃない?」

マミ「磯辺揚げが可哀想だと思わないのかしら?」ハァ…

ほむら「取り消しなさい、今のはトッピング天ぷらの存在そのものを否定した発言よ」

QB「ふ、二人とも仲良くしなよ?…ほむらは早く三つ編みにしなよ?」ウズウズ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:28:40.83 ID:/YGuoAhGP
QBはブレないなww




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:34:22.93 ID:G3FmP1xI0
マミほむ「ぐぬぬぬぬ…」

仁美「暁美さん、巴先輩こんにちは」

マミ「??…えっと?」

ほむら「どちら様かしら?」

仁美「嫌ですわ!ちょっと髪型変えただけで気付いて貰えないなんて!」

ほむら「ひょっとして…志筑さん?どうしたのその髪型…学校じゃいつも通りだったのに」

仁美「実は恭介さんが私にはツインテールが似合うんじゃないかって///」ポッ

マミ「それで急にツインテールに…ふふ、上条君も幸せ者ね♪」

さやか「…あたし天カスだけでいいわ、天カス美味い…」ボリボリ

店員「お客さん困ります!?」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:42:03.32 ID:/YGuoAhGP
あたしってほんと天カス…




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:45:37.63 ID:G3FmP1xI0
マミほむ「黒緑のツイン良いわねぇ♪…ん?………ハッ!?」

QB「北海の如き荒波なウェーブ、生命力溢れる深緑色、全てを飲み込みそうな毛質…」ハッハッ…

QB「きき君のッ!!その髪房に用があるッ!!!!」ダッ!!

ほむら「はぁ…本当もう、」ガシッ

マミ「いい加減にしなさいッ!!」ブンッ!!

QB「あふぁぁぁん///ド、ドリルビンタはらめへぇぇぇ!!!」ビクンビクン!!

仁美「ん??…あっすいませーん!まるごとわかめ大を三つお願いしますわ♪」

店員「み、三つですかァ!?!」


終りだよ




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:47:07.88 ID:/YGuoAhGP
乙乙!

Qマミじゃなかったが面白かったよ!




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 03:49:29.21 ID:tnT5Nb/K0
乙!






---------------
当ブログについて
※欄806さんありがとうです。



figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
Max Factory 2013-08-31
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
S.H.フィギュアーツ キュアピース figma ビビッドレッドオペレーション 一色あかね (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 人類は衰退しました 妖精さんシリーズぱーとわん 妖精さん 妖精ダンスセット (1/2スケール PVC製塗装済み完成品) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray] 魔法少女まどか☆マギカ ぺたん娘みにっ! まどか☆マギカ トレーディングフィギュア (ノンスケール PVC製 塗装済みトレーディングフィギュア)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/14(日) 20:37: :edit
    マミさんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #JalddpaA: 2013/04/14(日) 21:30: :edit
    まどにゃんとほむにゃんになでなでし返したい...
  3. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2013/04/14(日) 21:37: :edit
    本編見たことないのにSSだけでお腹いっぱい
  4. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2013/04/14(日) 22:55: :edit
    おう、どんべえ食いたくなってきたぞ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/17(水) 16:20: :edit
    こんなべぇさんなら友達になれそうな気がする。
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/18(木) 00:38: :edit
    QB「ひどいじゃないか!殺さずボコボコにするだけなんて!」

    QB「もうちょっとで変な感情が芽生えそうだったじゃないか!?」
    すでに芽生えてるだろ(ニッコリ)
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/18(木) 05:09: :edit
    杏子の歌…w
    なまちゃさんやないかwww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。