番長「千枝、雪子、りせ、直斗の家にローターを送った」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/10(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 06:49:29.15 ID:7fUGop920
~堂島宅 番長の部屋~

陽介「…今なんとおっしゃいました?」

番長「四人の家にローターを送った」

陽介「クールな顔して何言ってんの!?」

番長「ついでに部屋にカメラを仕掛けた」

陽介「はあ!?犯罪だろそれ!!」

陽介「てかどうやってカメラなんて仕掛けたんだよ!?」

番長「影時間で象徴化してる時に侵入した」

陽介「ってその設定俺らの話じゃねーし!!」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 06:53:12.07 ID:7fUGop920
番長「陽介も見る?」

陽介「何俺も巻き込もうとしてんだよ!!」

番長「見ないならいい」

陽介「…へ? …まだ見ないとは…」

番長「じゃまた明日学校で」

陽介「ちょっ!待てって!! ……お、俺も見るよ…」

番長「にやり」

陽介「ぜ、絶対ばれないんだろうな?」

番長「大丈夫」

陽介「お前が言うと妙に安心感があるから不思議だよ…」

番長「陽介なら一緒に見てくれると思ってた」

陽介「あ、相棒…」



我は汝、汝は我...
魔術師コミュがランクアップした




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 06:58:57.56 ID:7fUGop920


番長「四人の毎日の生活を調査し、最もローターを使いそうな時間帯を割り出した」

陽介「(変態だ!こいつ変態のサラブレッドだ!)」

番長「千枝はトレーニングが終わり、夕食を食べて一段落ついた午後八時ごろ」

番長「りせは豆腐の仕込みが終わる午後九時ごろ」

番長「雪子は旅館の手伝いを終える午後十時ごろ」

番長「直斗は勉強が終わり寝る前の午後十一時ごろ」

陽介「いつの間にそんな調査してたんだよ…俺よりも参謀向いてるかもな…ハハハ…」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:00:23.46 ID:7fUGop920
陽介「それよりよ。ろ…ローターなんてどこで買ったんだよ?そんなの売ってる店この辺にあったか?」

番長「ジュネス」

陽介「嘘!?嘘つけー!!そんなもん売ってねえよ!!」

番長「時価ネットたなか」

陽介「それも嘘だろ!!あの番組うさんくさい商品ばっか扱ってるし」

番長「時価ネットたなかのテーマソング歌ってみて」

陽介「それと何の関係があるんだよ…。あなたの~テレビに~時価ネットたなか~♪ ってやつだろ?」

番長「その次」

陽介「み・ん・な・の 欲の友!   …ってまさか!!!」

番長「性欲(にやり)」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:04:15.26 ID:7fUGop920
エヴリディ ヤングライフ ジュ・ネ・ス ♪

陽介「おっと電話電話…」

くま『陽介ー!何やってるクマー!はらへったぞー!!』

陽介「あっワリィ 今日帰り遅くなるから先飯食べててくれ」

くま『何か用事くまか?』

陽介「あ、あぁ…まぁ…ちょっとな」

くま『ふふ~む…何か臭うクマね~』

陽介「な、何言ってんだよ…ハハハハ…」

くま『さては逆ナンクマね!!』

陽介「は!?違えーよ!!」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:07:48.81 ID:7fUGop920
くま『くまの嗅覚なめちゃあいかんクマよ』

陽介「お前は犬か!!ったく、もう切るぞ」

くま『陽介…くまという存在がいるのに逆ナンなんて…しどいクマ…』

陽介「だぁーから違えーって言ってんだろ!!」



番長「くまもここ呼べば?」

陽介「は!?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:11:55.02 ID:7fUGop920
くま『今センセイの声がしたクマ!一緒クマか?』

陽介「あ、ああ…まーな」

くま『も、、、もしかして先生から逆ナン!?』

陽介「そのくだりいい加減にしろ!」



陽介「"ほんとに呼んでいいのか?"」

番長「ああ」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:14:09.54 ID:7fUGop920
陽介「なあクマ、今から番長の家来ないか?」

くま『センセイと晩ごはんクマ!?行くクマ!!』

陽介「家わかるか?」

くま『大丈夫だクマ!』

陽介「じゃ、待ってるぞ(プツッ)」



陽介「はぁー…非常に不安なんだが…」

番長「落ち着け」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:19:31.91 ID:7fUGop920
くま「おっじゃまっしまーす!!!」

番長「いらっしゃい」

くま「陽介~さびしかったクマ~」

陽介「いちいちくっつくなっての! ってかもう七時まわってるのか」

くま「お腹すいたクマ~」

番長「うちで食べていきなよ 動画観る前に」

陽介「おう、わりいな」

くま「センセイの手料理楽しみクマ~!それよか動画ってなんぞ?」

陽介「あ、まあー…それは飯食べたら話すから」

くま「了解クマー」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:24:09.96 ID:7fUGop920
~堂島宅 ダイニング~

一同「いただきまーす」

菜々子「みんなでご飯楽しいね!」

陽介「突然押しかけちゃってごめんな菜々子ちゃん」

菜々子「ううん、みんなで食べたほうがおいしいよ!」

くま「菜々子ちゃん、くま達ねえーご飯食べたあと動画観るクマよ」

陽介「バッカお前…!!」

菜々子「動画?」

くま「そうクマ。ねえーセンセイ?」

番長「そうだな」

陽介「お前も同意してんじゃねーよ!!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:30:03.38 ID:7fUGop920
菜々子「動画って何の動画?」

陽介「ああー…えっと 映画…みたいなもんかな」

菜々子「菜々子も観るー!」

番長「いいよ」

陽介「いいわけねーだろ!!何簡単にOK出してんだよ!!」

菜々子「菜々子いると、邪魔?」

陽介「いや、そういうわけじゃないんだけど…菜々子ちゃんには難しい内容っていうか…」

菜々子「おべんきょうの映画?」

陽介「そ、そうそう!学校の勉強の映画!菜々子ちゃんにはちょっと難しいんじゃないかなー」

くま「エェー勉強の映画?つまんないクマー くま菜々子ちゃんと遊んでるクマー」

陽介「こいつめんどくせー!!!」


番長「(そっとしておこう)」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:33:24.80 ID:7fUGop920
~夕食後 番長の部屋~

くま「おいしかったクマー」

陽介「ハァー…飯食べるのになんでこんな疲れなきゃいけないんだよ…」

番長「おつかれ」

陽介「お前もっと菜々子ちゃん大事にしろよ…」


番長「19時45分 そろそろ千枝の部屋のカメラにつなごう」

陽介「お、おう…どきどきしてきた…」

くま「チエチャン?」

番長「スイッチオン」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:37:01.44 ID:7fUGop920
ブゥン

陽介「う、うわ…本当に映った…」

くま「これ、チエチャンの部屋クマか?」

番長「そうだよ」

くま「ま、まさかセンセイ……」


くま「マヨナカテレビの新しい使い方を見つけたクマ!?さっすがセンセイクマー!」

番長「まあね」

陽介「(なんか勝手に解釈してるし!!…まあ楽でいいか)」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:38:12.36 ID:7fUGop920
陽介「あ、里中入ってきたぞ…!」



千枝『ふうー食べた食べた♪やっぱり肉丼は血となり肉となるねえ♪』

千枝『今日もたくさんトレーニングしたし、いつでもシャドウと戦えるね!みんなを守らなきゃ!』



陽介「…なんだか罪悪感が…」

番長「だがそれがいい」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:41:41.16 ID:7fUGop920
千枝『つっかれたー…』

ゴロン



くま「ベッドに横になったクマ! おパンツ見えそうクマー!」

陽介「画面に近付きすぎだ!」





千枝『スゥ...スゥ...』

千枝母『千枝ーあんた宛に宅急便届いてるわよー』

千枝『…あ、うん 今行くー』



陽介「スッゲ、八時ジャスト」

番長「さすが生田目宅急便」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:47:24.35 ID:7fUGop920
千枝『送り主の名前無し…なんだろ…?』

ガサガサ


千枝『…………』


千枝『……はあ!?』

千枝『な、な、なんでこんなものが私に…!!?』

千枝『これ宛先間違ってるんじゃあ…!』

千枝『里中…千枝…様…』

千枝『私宛…』

千枝『しかもすごい達筆だし…』



陽介「(どきどき)」

番長「(にやにや)」

くま「あれ何クマー」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:51:34.85 ID:7fUGop920
千枝『……き』

千枝『気持ち悪!!!!』

ポイッ

千枝『まじありえない!!誰よこんなの送ったやつ!!!』


くま「あ、ゴミ箱に捨てたクマ」

陽介「…まあ…そりゃそうだよな…」

くま「チエチャンなんで怒ってるクマ?」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:54:33.61 ID:7fUGop920

千枝『信じらんない…こういうことするのは…まさか花村…!?』




陽介「ちっげーし!!なんでそこで俺の名前が出てくるんだよ!!」

番長「ぶふっ」

陽介「笑うな! ってかどうすんのよ?計画失敗?」

番長「奥の手を使う」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 07:57:43.52 ID:7fUGop920
陽介「奥の手…?」

番長「これ」

スッ

陽介「何そのスイッチ?」

番長「スイッチ・オン」

ピッ



ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン....


千枝『わっ!!』




陽介「遠隔操作スイッチ!?」

くま「さすがセンセイ!!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:00:16.62 ID:Sy4UMwSIO
これは驚くwwwwwwww




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:01:06.77 ID:7fUGop920
千枝『はは…捨てた勢いでスイッチ入っちゃったのかな…』


ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......


千枝『……』



千枝『そ、そういえば初めてみたなあこういうの…』




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:06:02.67 ID:7fUGop920
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン....ピタ.


千枝『あ、止まっちゃった…』

ゴソゴソ

千枝『ピンク色で可愛いんだな…』

千枝『これがスイッチか…』

ピッ

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン

千枝『わっ!また動き出した…』

千枝『……』

千枝『…』


千枝『おかーさん!もう眠いから寝るね、部屋入ってこないでね!』




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:08:51.10 ID:7fUGop920
千枝『…(一回だけ、一回使ってみるだけ)』

ヌギヌギ



陽介「里…中…」

番長「にやにや」

くま「チ、チエチャンのおっぱい!!!!」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:11:20.21 ID:7fUGop920
千枝『(こ、こうやってあてればいいの…?)』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『あっ、わっ』

千枝『(声出しちゃった…!家族に聞こえてないよね…)』




ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『…ん……(くすぐったくて気持ちいい…)』

千枝『…んん…』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...



くま「チエチャンおっぱいにあててるあれ何クマ!!!」

番長「黙って見てなさい」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:15:36.60 ID:7fUGop920
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『うぅ…ん…』

千枝『(わ、私こんなので興奮して…疲れてるのかな…)』

千枝『(わっ すごい濡れてる…)』

千枝『(し、下にあてたら気持ちいいかな…)』



千枝『ひぁ!?』

千枝『…!(また声出しちゃった…!!)』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『…んっ…あっ…(嘘…これすごい気持ちいい…)』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:18:43.83 ID:7fUGop920
千枝『(パンツが邪魔だな…)』

ヌギ


ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『んっ…あっ…あ…』





陽介「…」

くま「…」


番長「千枝はクリ派か」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:19:13.11 ID:4LncTBzT0
番長冷静すぎwwwww




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:20:30.61 ID:7fUGop920
千枝『あっ…ああ…んっ…!』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『あっ…あっ、あっあっ…』

千枝『(手でするより全然気持ちいい…!)』


トントン


千枝『!?(ビクッ)』

千枝母『千枝ーどうしたの?騒いでるけど』

千枝『あ、ああちょっとブルース・リーの物まねの練習してた!アチョー!』

千枝母『さっき眠いって… あまり騒ぐんじゃないのよ』

千枝『わ、わかったー』

千枝『(あ、あぶなかった…)』



陽介「こういうハプニングがまた生々しいな…」

番長「興奮する」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:24:19.72 ID:7fUGop920
千枝『(声出ちゃうな…どうしよ…)』

千枝『…』

スッ

くま「枕で顔隠したクマ」

陽介「あっ ちくしょ…声漏れないためか…顔見れねーじゃん」

番長「逆に興奮する」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:24:55.91 ID:4LncTBzT0
この番長は豪が深いなwww
もっとやれw




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:25:54.63 ID:7fUGop920
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...


千枝『ンンッ…クゥッ…!!』

千枝『ふあっ あっ あっ…!』

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥン...

千枝『あっ…あっ…!あっ!』

ギシギシ…


番長「腰が浮いてまいりました」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:26:59.66 ID:7fUGop920
千枝『くう…あっ…ああ…あ!』

千枝『あっ!あっあっ!』

ギシギシギシ

番長「さらに倍プッシュ」

ピッ



ヴィィィィィィィィィィィイイイ!!!!

千枝『えっ!?あっ なっなんで!?あっあ!』




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:29:40.71 ID:7fUGop920
千枝『(気持ちいい…!)』

千枝『(頭の中真っ白になる…!)』

千枝『(イクッ…!)』


ジョワアアア......



千枝『…ッ! ッハァハァハァ…』

千枝『ハァ…ハァ…』

千枝『ハア・・・ハア・・・(漏らしちゃった…汚…どうしよ)』



くま「チエチャンがおしっこ漏らしたー!!」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:31:06.50 ID:7fUGop920
陽介「……」

陽介「相棒…」

番長「なんだ」

陽介「トイレ借りるっ!(ダッ)」

番長「ごゆっくり」


くま「……」

くま「センセイ…」

番長「どうした」

くま「なんかよくわからないけど…変な気分クマ…!」

番長「また一歩人間に近付いたね」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:31:39.33 ID:4LncTBzT0
> 番長「また一歩人間に近付いたね」
うるせぇよwwwwwww




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:33:02.38 ID:r7Vp6Ufu0
クマwwww大人の階段登ったwwwwwww




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 08:33:18.67 ID:7fUGop920
千枝『(こんな…見ず知らずの人から送られてきたものでしちゃった…)』

千枝『(ありえない…)』

千枝『(…でも誰かに見られてるわけじゃないし…いっか)』


千枝『…ふぅ』

フキフキ

ガチャ

くま「机の中にいちごさん閉まったクマー」

番長「(計画どおり!)」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:45:12.19 ID:7fUGop920
トントン

番長「はい」

菜々子「お兄ちゃん?さっきから大きな声聞こえるけどどうしたの?」

番長「映画が面白くてね。菜々子も一緒に観るかい?」

菜々子「面白いの!?観るー♪」

陽介「だぁめぇだぁあああああああ!!!!!」

くま「トイレから乙クマー」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:46:36.82 ID:7fUGop920
陽介「…ふぅ」

番長「心なしか大人びたな」

陽介「…まあな この世はくだらない」

くま「陽介が変になったクマ」

陽介「千枝はどうした?」

番長「眠ってるよ」

陽介「あーあー…シーツも変えないで…よっぽど良かったんだな」

番長「お前もな」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:48:55.92 ID:7fUGop920
番長「20時45分 次はりせだ」

陽介「りせか…元準トップアイドルりせちいのあんな姿が見られんのかな…ハハッ 録画したら高く売れそうだな」

番長「実はもうしてある」

陽介「なんだって!!!??」

くま「リセチャンのおっぱいも見れるクマかー?」



番長「それではスイッチ・オン」

ブゥン




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:50:42.57 ID:7fUGop920
りせ『~♪  ……!』

くま「映ったクマー リセチャンもう部屋にいるクマ」

陽介「毎日こんな時間まで家業の手伝いして偉いよな…」

番長「……」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:52:19.24 ID:7fUGop920
くま「リセチャン 部屋きれいクマー」

陽介「あぁ、確かに片付いてるな ってか思ってたより荷物自体が少なくね?」

番長「…」

陽介「しかもカメラワークも里中ん時よりずっといいし!さすが相棒!」

番長「…」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:55:02.51 ID:7fUGop920
ピンポーン

ナマタメ タッキュウビンデース

陽介「九時ジャスト 生田目さんいい仕事してんな」

番長「改心したな」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:57:21.13 ID:5DkCVX7LO
ナマタメワロタwwww




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 09:58:12.84 ID:7fUGop920
りせ『送り主の名前がない なんだろう?』

りせ『またファンからの変なものだったら嫌だな…(ソロ~ッ)』

りせ『…わっ』



陽介「おい…!!あれどういうことだよ!!里中のと形が全然…!」

番長「りせはきっと非処女」

くま「うわーまるでチンコクマー」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:02:12.00 ID:olf417QSO
バイブ…だと?




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:03:26.19 ID:7fUGop920
陽介「あんなんじゃ絶対気味悪がって使わないって!!」

番長「…」


りせ『…(ニコッ) うわーなにこれぇ』

りせ『こ、こんなの見ちゃうとドキドキするよ…』


陽介「あ、あれ…?」

番長「……」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:07:15.26 ID:7fUGop920
りせ『カーテン閉めて、お布団敷いて…っと』

陽介「な、なんかしらねえけどうまく行ったな!布団もいいカメラの撮影位置に敷いたし!!」

番長「……」


りせ『んっしょ…っと』

プルンッ


クマ「リセチャンのおっぱいキタクマー!」

陽介「お、大きさはそこそこだけど、きれいな形してるな…」

番長「……」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:10:51.69 ID:7fUGop920
りせ『うわぁ…すごい…大きい…(ペロペロ)』


陽介「……ッ!!!!(ブシュー)」

くま「陽介の鼻から血が!!!」



りせ『…番長先輩のも…こんなに大きいのかな…(チラ)』




番長・陽介・くま『!!!!!!!』




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:16:43.77 ID:7fUGop920



りせ『♪(せーんぱい♪最初から知ってましたよ)』


りせ『♪(一週間前あたりから私のことつけてましたよね?)』


りせ『♪(そういう経験沢山してるから敏感なんですよねえ)』


りせ『♪(尾行が終わったと思ったら天井に小さな穴があいてるし♪)』


りせ『♪(ペルソナの能力もあってか、機械の動作とかにも敏感なんだよね♪)』


りせ『♪(そしてこのタイミングでバイブ…)』


りせ『♪(先輩、見てるんでしょ♪)』




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:20:16.28 ID:7fUGop920
りせ『あぁ…おっきいよ…先輩…(某番組のプロデューサーのはもっと大きいけどね)』

ヌップヌップ

りせ『先輩…ああっ…(私も先輩のこと好きだからいいけど♪)』



くま「チエチャン…」

陽介「な…なんかすげえことになってんな、あいぼ…どっどうした!?」

番長「チクショウチクショウチクショウチクショウチクショウチクショウ」




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:22:00.35 ID:6YLv0WeZO
こんな屈辱は生まれて初めてだ状態www




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:24:23.35 ID:7fUGop920
番長「(いつから気づいていた!?なぜバレた!?俺のフランス人に見立てた変装は完璧だった!!)」

番長「(部屋にも何も形跡は残していないはず…なぜだ!ちくしょう!)」

番長「(久慈川りせ…元アイドルをあなどっていた!!)」


番長「イザナギィ!!!」

くま「ク、クマァ!?」

陽介「お、落ち着け相棒!!こいつはシャドウじゃない、りせだ!!!」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:28:10.64 ID:7fUGop920
りせ『先輩…せんp(プチッ)


くま「クマ!」

陽介「おっおい!!どうして消しちまうんだよ!!」

番長「そっとしておこう」

陽介「え!?」



りせ『あー 消しちゃった』

りせ『ふふっ…カメラは残しておくよっ』

りせ『いつでも待ってるよ 先輩♪』


久慈川りせ WIN !




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:38:02.31 ID:7fUGop920
番長「…」

陽介「…」

くま「…」

陽介「…や、やっぱさ!りせは元アイドルだけあって抜群に可愛いな!」

くま「そ、そうクマね! くまメロメロ~クマ!」

番長「久慈川りせ...」

陽介「え?」

番長「ローマ字にすると KUJIKAWA RISE」

番長「こいつはアナグラムだ 並び替えると MASYO NO ONNA」

番長「魔性の女ァ...!!」

陽介「いや全っ然文字一致してないから!!」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 10:39:20.36 ID:dAcfPEmqO
>>177
な、なんだってー!!(AA略)




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 15:58:48.90 ID:haBGf98E0
陽介「って、そうこうしてるうちにもう21時40分だぜ」

くま「何があったかようわからんけど、センセイ 気をもちなおすクマー」

番長「ああ」

陽介「次は…あ、天城の部屋か…」

番長「聞いた話だけど 昔雪子に告白して断られたとか」

陽介「だぁー!過去の話はイーンダヨ!! さっさと見ようぜ!!」

くま「なになにー?その話、クマにもきかせてー」

陽介「黙って見てなさい!!!」

くま「陽介のイヂワルークマ」



番長「それでは スイッチ・オン」

ヴォン




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:03:40.23 ID:haBGf98E0
陽介「おっ天城…」

くま「ユキチャンすでに布団に横になってるクマー」

陽介「寝てはいないみたいだな…」

くま「ユキチャンの部屋もまたきれいクマ」

陽介「あぁ 和風チックでいかにも旅館の娘って感じだな」




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:04:28.02 ID:haBGf98E0
雪子『(はぁ…疲れた…)』


雪子『(毎日遅くまでお家のお手伝い…)』


雪子『(いくら頑張っても上達しないし…)』


雪子『(お料理も…)』


雪子『(……)』


雪子『(次期女将になるって決意したけど…)』


雪子『(挫けそう…)』


雪子『ハア…』



クマ「なんだかユキチャン疲れてるクマ」

番長「雪子にもいろいろあるんだよ」




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:09:12.62 ID:haBGf98E0
雪子『…』

雪子『(いけない…私 疲れるとすぐあれをしたくなる…)』


スッ


陽介「おっ?」

くま「ユキチャンおっぱい撫で始めたクマ」

陽介「えっ これってまさか、宅急便が届く前に自分で…」

くま「ユキチャン淫乱ー!」

陽介「おまっどこでそんな言葉覚えたんだよ!!」


番長「雪子にもいろいろあるんだよ」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:14:59.13 ID:haBGf98E0
雪子『…』

雪子『ん…(なんでだろう これをするとホッとする…)』



くま「ふーく脱げ!ちっち見っせろ!!」

陽介「うっせえ!! …けどまあ 服は脱いでほしいよな」

番長「お前達 着衣のエロスがわからんのか」




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:17:19.68 ID:4LncTBzT0
> 番長「お前達 着衣のエロスがわからんのか」

この番長はわかってる




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:17:26.39 ID:haBGf98E0


雪子『ん…』

雪子『(下も…)』

雪子『(だめ やめないと こんなの不潔…)』

雪子『(けど…しちゃダメって思えば思うほど したくなる…)』

雪子『(私ってとんだ変態…)』


スッ


雪子『んっ…』


雪子『(わっ すごい濡れてる…)』


くま「うおおおユキチャンパンツに手つっこんだー!」

陽介「あ、天城のこんな姿見れて…俺、今人生で一番興奮してる…!」

番長「それが若ささ」




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:19:04.31 ID:haBGf98E0
クチュクチュ

雪子『ん…んぁ…あ…』

クチュクチュ

雪子『んっ…んん…』

雪子『(すごいいやらしい音…)』

クチュクチュクチュ

雪子『んん…』




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:20:53.55 ID:haBGf98E0
雪子母『雪子ー』

雪子『(ビクッ) な、なあにお母さん?』

雪子母『何か雪子に宅配便届いてるわよ 開けるわよ?』

雪子『だっ駄目! ちょっと待って!』




陽介「相棒、今何時だ」

番長「言わずもがな」

陽介「生田目さん…尊敬するぜ」




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:25:15.12 ID:haBGf98E0
雪子母『あら どうかした?』

雪子『い、今、お風呂に入ろうと思って着替えてるところだから…!』

雪子母『何よ今さら恥ずかしがっちゃって』

雪子『板前さんとか仲居さんとかいるかもしれないから…!』

雪子母『もうみんな部屋で休んでるわよ まあいいわ、ここ置いておくからねえ』

雪子『う、うんありがとう…』




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:26:20.76 ID:haBGf98E0
雪子『(邪魔されちゃった…)』

雪子『(なんだろ…宛名しか書いてないし)』

ゴソゴソ


バラバラ

雪子『!?』

雪子『(な、何よこれ…)』




陽介「お、おい、なんか多くないか?ローターに、ローションに…」

くま「あの棒、ビー玉がいっぱいついてるクマー」


番長「アナルビーズ」




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:30:46.90 ID:w4n8C1sD0
たしかに雪子はアナル好きそうな感じがするなwwww




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:32:21.92 ID:haBGf98E0
雪子『お、お母さん!!』

ダッ


雪子『あ、あの荷物誰から?』

雪子母『さあ…差出人書いてなかったから、雪子がわかるのかと思って…』

雪子『…』

雪子母『どうかしたの?何か変なものでも入ってた?』

雪子『な、なんでもないっ!』

ダッ

ピシャッ

雪子母『変な子ねえ』




301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:38:43.04 ID:haBGf98E0
雪子『…(だ、誰がこんなもの…)』

雪子『…(も…もしかして旅館の誰か…?)』

雪子『…(いつも…してる時…)』

雪子『…(声とか漏れてて…)』


カァッ


雪子『(どうしよう…!恥ずかしい…!!)』




番長「さあどうする雪子」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:44:10.76 ID:haBGf98E0
雪子『…』


ジワァ...


雪子『…!(いけない…!誰かに聞かれてると思うと…)』


雪子『(私…興奮して…)』



番長「ここでアタックチャンス」

ピッ



ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......



雪子『!!』



陽介「出た、遠隔操作スイッチ…」

くま「センセーステキー!」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:46:33.60 ID:1OXNzdObO
番長、あんたプロだよ。




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 16:56:41.85 ID:haBGf98E0
雪子『(な、なんで動き出すの!?)』

雪子『(この音も…聞いてるの…?)』


ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......


雪子『ハァ…ハァ…(ごくり)』


雪子『(もう我慢できない!)』

スッ


くま「おっとユキチャン ローターを手に取り横になったー!」

番長「にやり」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:01:59.02 ID:haBGf98E0
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......

雪子『んっ!(刺激すごい…)』

雪子『んっ…あっ!』

雪子『(すごく気持ちいい…!)』



ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......

雪子『んんー…あー…あっ…!』



雪子『(こ、声が出ちゃう…)』




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:03:12.71 ID:haBGf98E0
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......


雪子『(やっぱり恥ずかしい…!)』


ゴロンッ


雪子『んっうう…あっ…』



くま「ユキチャンうつぶせになってやりはじめたクマ!」


番長「これは趣がある」




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:07:57.90 ID:haBGf98E0
陽介「天城…天城…!はあ…はあ…」

くま「陽介 鼻息荒いクマー」

陽介「くっ…わりい!俺我慢できねえ!!トイレ!!」

ダッ

番長「早漏め」

くま「陽介はトイレに何をしに行ってるクマか?」

番長「便器と子づくり」

くま「便器と!?陽介そんなことできるクマか!?すごいクマ!!」




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:13:19.40 ID:haBGf98E0
ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......

雪子『うんっ…んっ…んっ…』

雪子『あっ…あっ…』


ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......

雪子『んっ…!(こんなエッチなことで、現実逃避しようとしてる…)』


雪子『(番長君が知ったら、どう思うんだろう…?)』


番長「快楽に身を任せればいい」


くま「クマ?」




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:14:54.89 ID:haBGf98E0

ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......

雪子『やっあっあっ…!』


くま「おしりがヒクヒクしてきたクマ」



雪子『あっあっ!』


雪子『(い…いきそう…!)』


雪子『あっ…!イクッ……!!』



くま「どこにクマ?」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:17:02.17 ID:haBGf98E0
雪子『ッ…!!ああっ…!(ビクッビク)』


雪子『ああ…あ…』


雪子『……』




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:18:29.91 ID:haBGf98E0
陽介「ふぅ~♪デカジャ完了だぜ!」

くま「陽介…これ…少ないけどジュネスのバイトで貯めたクマ…」

陽介「は?突然どうした??」

くま「元気な子供産むクマよ…!」

陽介「いや意味わかんねーから!てか、もしかして終わっちゃった!?」

番長「これからが本番」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:20:17.29 ID:haBGf98E0
雪子『…はぁ(また しちゃった…)』


雪子『…』


雪子『(声…聞こえちゃったかな…)』


雪子『…』


雪子『(あれって…確か…)』


雪子『(おしりに…)』


雪子『(無理無理無理無理!絶対無理!)』




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:23:17.67 ID:haBGf98E0

雪子『…』


雪子『(ちょっとだけ使ってみようかな…)』


雪子『(どっちにしろ一個使っちゃったんだし)』


雪子『(痛かったらすぐやめればいいよね)』



くま「ユキチャン ビー玉とにらめっこしてるクマ」

陽介「考えてみれば…天城っていい尻してるもんな…」

番長「ふふ」




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:24:56.90 ID:haBGf98E0

雪子『…』

スッ

雪子『!痛っ…』

雪子『(や、やっぱりこんなの入らないって!)』


陽介「そのまま入るわけねーだろ!ローションつけろローション!」

番長「初々しくていい」




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:27:58.95 ID:haBGf98E0


雪子『(あ…そういえばもう一つ液体みたいなの入ってたっけ…)』

雪子『(これをつけるのかな…)』

雪子『わっ(すごいとろとろ…)』

雪子『(これでもう一回…)』


ニュルルルルルルルルルル


雪子『ああっ!』


雪子『(嘘…簡単に入っちゃった…)』


雪子『(大きな声出しちゃったし…)』




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:29:30.62 ID:haBGf98E0
シュッ


キュポポポポポポポン


雪子『~~~っ…!!!!』


雪子『(何これ…!!信じられないほど気持ちいい…!!)』




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:32:41.27 ID:haBGf98E0
ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン


雪子『ああっ…!!あっ!!!』


陽介「天城…すげえ気持よさそう…」


くま「おっとユキチャンがおもむろに立ち上がったー!」

陽介「壁に手をつき…」

くま「おしりを突き出し…」

陽介「これってまるで…」

番長「立ちバック」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:35:23.04 ID:haBGf98E0

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン


雪子『ああ!ああっ!あっ!あっ!』

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン


雪子『くう…!!』

雪子『(もう立ってらんない…!)』


くま「腰がくだけたクマー!」

陽介「そ、そんなに気持ちいいのか…」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:38:04.13 ID:haBGf98E0
ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン

雪子「ああっ!あっ!!」



陽介「うつ伏せになって尻だけ突き上げ…最っ高にエロい体制だな…」

クマ「まるで動物クマー」




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:39:16.86 ID:haBGf98E0

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン

雪子「あ…また…!いく…!!!」

ニュルルルルルルルルルル

キュポポポポポポポン


雪子「ああっ!!!!!!」




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:40:31.95 ID:haBGf98E0
雪子「ハアハアハアハア…」


雪子「ハァ…ハァ…」


雪子「ハァ…(二回も…しちゃった…)」



~上の部屋~

板前1「雪子お嬢さん今日は二回もしちゃったなあ!」

板前2「若いねぃ!てやんでい!青春でい!」




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:42:56.09 ID:haBGf98E0


陽介「終わった…」

陽介「…」

くま「…」

番長「…」

陽介「最高…でした…」

くま「クマ…」

番長「それはよかった」

陽介「お…俺またトイレ!!」

くま「三人目クマか!!?」

番長「ごゆっくり」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:45:53.64 ID:Rg3X0EU80
陽介元気すぎるだろwww




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:46:35.80 ID:haBGf98E0

トントン

番長「どうぞ」

菜々子「お兄ちゃん、今日はみんなお泊り?」

番長「ああ」

菜々子「わかったあ 菜々子そろそろ寝るね」

番長「ああ おやすみ」

菜々子「おやすみなさい」

ガチャ



クマ「センセイ 菜々子ちゃんにはローターあげないクマ?」

番長「それも考えた」

陽介「このド鬼畜があ!!!!!」

番長「おかえり」




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 17:49:35.58 ID:haBGf98E0
陽介「はあ…もうへろへろ…」

番長「そりゃ三回もすればな」

くま「センセイあと5分で11時クマー」

番長「おっと」

陽介「最後は直斗か…もうここまで見ちまったら後戻りはできねーな」

くま「ユキチャン 服きないまま寝ちゃったクマー」

陽介「天城…激しかったから疲れたんかな…風呂も入ってねえし…風邪ひくぞ…」

番長「(明日雪子を起こしに来たおばさんの反応が楽しみだ)」




439 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 22:40:52.40 ID:Xlv+uo9M0
   番長「それでは直斗の部屋にスイッチ・オン」

ヴォン


直斗『…』

カリカリカリ


くま「ナオチャン机に向かってるクマー」

陽介「うわっほんとに勉強してるし さすが探偵王子は真面目だな」

陽介「なーんか難しそうな本がいっぱいだな」

くま「意外と物も多いクマね」


直斗『…』

カリカリカリ




445 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 22:48:44.85 ID:Xlv+uo9M0
陽介「しっかしよ、直斗が一番強敵そうじゃね?」

陽介「そういうの興味なさそうっつーか…何も言わずに捨てそうな気がするな…」

番長「直斗の郵便物には細工を施してある」

陽介「細工?」

くま「センセイは器用だなー」




446 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 22:49:29.88 ID:Xlv+uo9M0
トントン

秘書『直斗様 私です』

直斗『どうした?』

秘書『直斗様宛の郵便物を預かっております』

直斗『わかった』



陽介「あいb」

番長「11時ジャストだ」

くま「わーお…」




450 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 22:54:58.73 ID:Xlv+uo9M0
秘書『それでは 私はこれで』

直斗『ああ ありがとう』


直斗『(差出人不明…)』

直斗『(B4サイズの封筒…)』

直斗『(中身は手紙の他に何か入ってる…)』

直斗『(うかつに開けるのは危険かな)』



くま「ナオチャン なかなか開けないクマね」

陽介「やっぱ怪しんでんのか?てかふつー怪しむよな」




454 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 22:59:44.17 ID:Xlv+uo9M0
直斗『(そうだ 昔作ったあれで)』

ゴソゴソ


くま「ジュネスのレジにあるやつとそっくりなやつ取り出したクマ!ピッってやるやつ!!」

陽介「バーコードスキャナーな…しっかし何に使うんだあれ」




455 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:01:09.24 ID:Xlv+uo9M0
ピッ ピッ

直斗『…』

直斗『(金属反応 火薬反応共になし…か)』

直斗『…』

直斗『(危険はなさそうだし、開けてみようかな)』


陽介「あ、あれで中身を調べたのか…?てかなんでそんなもん持ってんだ!」

くま「ワーオ ハイテククマね~」

番長「(機械っ子萌え)」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:01:54.41 ID:5klWcbBC0
番長wwwwww




458 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:04:49.88 ID:Xlv+uo9M0
ガサガサ


直斗『(一枚の封筒と…)』

直斗『(これって…)』

直斗『…』

直斗『(くだらないいたずらだ…)』


陽介「えーっと…?ローターと、手紙…?」

陽介「細工ってどこにしてあんのよ?」

番長「見てればわかる」




463 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:10:38.48 ID:Xlv+uo9M0

直斗『(こっちの手紙は…)』

直斗『…』

直斗『(14752543122122ハン…?)』

ツーン

直斗『(そして何か甘い臭い…)』


直斗『…!』


直斗『ふふっ…』




464 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:11:27.28 ID:Xlv+uo9M0
直斗『(お祖父さま…また怪盗Xですか?)』

直斗『(僕はもう元気ですよ)』

直斗『(やみくもに探偵に憧れるのはやめたし、大切な仲間も出来ました)』

直斗『(それに…)』

直斗『…』


お祖父さま『Zzz.........』




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:14:10.09 ID:7E37cwKU0
この暗号は・・・!?




467 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:15:27.37 ID:Xlv+uo9M0

直斗『(それにしても、ろ、ロー…こんなものも一緒に入れて…)』

直斗『(何をお考えですか…?)』

直斗『…』

直斗『(これが最後ですよ お祖父さま)』

直斗『(この匂い…これはまた、炙り出しですね)』


カチャカチャ


くま「ライター取り出したクマよ」

陽介「あの引き出しは四次元ポケットかよ!て、てか、なにするつもりだ?」


番長「にやり」




ジュワワワアア.....




469 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:19:12.12 ID:Xlv+uo9M0
直斗『…』

直斗『(あれ…?何も浮かびあがってこない…)』


ツーン

直斗『(それにしてもすごい匂い…)』


グラッ


直斗『…!!?』


直斗『(な、なんだこれ…頭がぐらぐらする…!!)』

ツーン


陽介「あれ?直斗のやつどうしたんだ?急に頭おさえて」


直斗『(ど、毒…!?窓を…!)』

ガララッ




473 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:22:23.68 ID:Xlv+uo9M0
くま「センセイ、手紙を火で温めた途端匂った今のは何クマ?」

陽介「いや、なんでお前が匂いわかるんだよ!!」

くま「くまの嗅覚なめるなよお~」

陽介「画面越しだろーが!!!」


番長「媚薬」

陽介・くま「!!!」




477 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:25:45.99 ID:Xlv+uo9M0
直斗『スーハー…スーハー…』


直斗『(迂闊…だった…)』


直斗『(まだ頭がぐらぐらしてる…)』


直斗『(お祖父さま…!なぜこんなこ…)』


タラー...


直斗『え、えっ??』


番長「にやり」




488 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:33:28.86 ID:Xlv+uo9M0
直斗『な、なんで…!』


直斗『(もしや利尿作用のある薬品!?)』


直斗『(ち、違…これは…)』


直斗『(膣分泌液…!)』



クマ「ナオチャンあたふたしてるけど、どうしたクマ?」

番長「もう濡れ濡れ」

陽介「おまっ…!!」


直斗『く…くそ…!』

直斗『(とまらない…!)』

直斗『(こんな…!)』




489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:35:26.50 ID:HMpZAUBEO
膣分泌液ww




492 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:37:50.52 ID:Xlv+uo9M0
バッ

カリカリカリカリカリ.....


クマ「ナオチャン、また勉強始めたクマ」

番長「何分持つかな」




495 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:40:31.58 ID:Xlv+uo9M0
カリカリカリカリ....


直斗『…っ』

タラー...

直斗『(とまらない…)』


直斗『…』

スッ...


直斗『ひゃあっ!!』




499 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:43:38.04 ID:Xlv+uo9M0
直斗『(な、なんで…)』

直斗『(少し触っただけなのに…)』

直斗『…』

クチュ..クチュ..


直斗『んっああっ…!!』

ビクビクッ



番長「果てた」

陽介「は!?」




501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:45:38.87 ID:ltZHuUNG0
番長冷静すぎw




503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:45:49.14 ID:7E37cwKU0
何で番長冷静なんだよwww




506 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:47:43.06 ID:Xlv+uo9M0
ビクッビクッ


直斗『…』


直斗『(くそっ…こんな…!)』


直斗『(こんな…)』


直斗『(こんな時に一番、自分が女なんだってこと実感させられる…)』


直斗『…』


くま「机につっぷちゃったクマー」

陽介「ハハ…みんな声隠そうとするのな」

番長「これは非常に趣がある」




510 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:51:41.86 ID:Xlv+uo9M0
直斗『…』

チュクチュク

直斗『…あっ…』

チュクチュクチュク

直斗『ああっ…あ…!』

ビクビクン




515 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:53:50.14 ID:Xlv+uo9M0
直斗『…(ボーッ)』


テクテク


直斗『…』


ゴロン


くま「ベッド・イン!クマー」

陽介「ついに脱ぐか…?」




518 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/16(水) 23:56:28.67 ID:Xlv+uo9M0
カチッ

陽介「あっ!電気消しやがった!!」

くま「何も見えないクマー!!」

陽介「おい相棒!!ナイトモードとかないのかよ!?」

番長「無いと思うど」

陽介「こんなときにつッッッまんねえ逆言ってねえで!!!!!」

番長「しばらくは音声のみでお楽しみください」

陽介「なんだってえー…ハァ…」

くま「クマの生殺しクマ~…」

陽介「ヘビの生殺しな…」




522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 23:57:46.55 ID:SdnQ5Rti0
>番長「無いと思うど」

これは無いと思うどwwwwwww




526 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:01:15.73 ID:jjGBWxhq0
あっ…あ…

くぅ…ぅん…!

ああっ…!!



陽介「……」

くま「……」

番長「なかなかのエロス」




529 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:02:07.70 ID:jjGBWxhq0
ギッシギッシ…
ギッシギッシ…


番長「さて」

番長「行動に出ますか」

陽介「え?」



番長「じゃん」

陽介「なんだ?そのバッチ…」

くま「かっこいいクマー」

番長「このバッチの裏のボタンを押すと」


チカッチカッ


くま「ナオチャンの部屋で何か光ったクマ!!」

陽介「な、なんだよそのバッチ!!」

番長「もらった」




536 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:08:30.80 ID:jjGBWxhq0
チカッチカッ


直斗『ぅん…ん……え…?』

直斗『(あれは番長先輩にあげたバッチ…)』

直斗『(どうして…)』


カチッ


クマ「電気ついたクマよ!!」

陽介「…!!な、直斗…!!き、着やせするタイプなんだ…な…!!」




542 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:12:37.65 ID:jjGBWxhq0
番長「そして電話」

番長「静かにね」

陽介「お、おう…」



♪デデンデンデデン デデンデンデデン


直斗『(電話…番長先輩から…!)』



直斗『も、もしもし…』

番長「もしもし 夜分遅くにごめんね」

直斗『いえ、大丈夫です…どうしたんですか?』

番長「急に直斗の声が聞きたくなって」

直斗『えっ…え?』




545 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:14:44.10 ID:jjGBWxhq0
クマ「ぶほぉっ!」

陽介「(騒ぐな!!!)」

番長「いまね ちょっとした用事で直斗の家の近くにいるんだ」

直斗『えっ…そ、そうなんですか…?』

直斗『(前にあげた手作りの腕時計…)』

直斗『(…!ほ、ほんとだ…10m以内になってる…)』


番長「今から会えない?」




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:16:31.14 ID:5hBnbq3WO
携帯の着信音がターミネーターかよ





550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:19:15.66 ID:XmfjPUwr0
クリスマス直斗にしたのかよwwwわかってらっしゃるwwww




551 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:19:27.09 ID:jjGBWxhq0
直斗『えっ…!』

直斗『…ご、ごめんなさい…そろそろ寝ようと思ってて…』

直斗『(こ、こんな状態で会えない…)』

直斗『(会ったこと考えるだけで…僕は…)』

トロー...

番長「そっか、わかった じゃあまた明日ね」

直斗『あ、はい…おやすみなさい…』


ピッ


陽介「…お前に聞きたいことが何個もあるが、また今度にする…」

番長「ふふふ」




558 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:23:42.08 ID:jjGBWxhq0
直斗『…』


直斗『(せっかくの…番長先輩のお誘い…断っちゃった…)』


チラッ


直斗『(まだ先輩…10m以内にいる…)』


番長「ちなみにカメラを設置する時腕時計も置いてきた」

くま「クマ?」




564 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:26:43.06 ID:jjGBWxhq0
直斗『(先輩が近くにいると思うと…僕…)』

クチュクチュ

直斗『んんっ…!』

直斗『(僕は…最低だ…)』

直斗『(先輩のことを…そういう対象で…)』

直斗『(でも先輩…僕の声聞きたいって…)』

直斗『(会いたいって…!)』

トロー..

直斗『ううんっ…』




566 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:29:52.98 ID:jjGBWxhq0
番長「とどめにこれ」

クマ「出たクマー遠隔操作スイッチ!!」

陽介「大活躍だな…それ…」

ピッ

ヴゥゥゥゥゥゥゥン......


直斗『!!』


直斗『(これあること忘れてた…)』

ヴゥゥゥゥゥゥゥン......


直斗『…』

直斗『(このローターの色…先輩の髪の色と似てるな…)』


直斗『…』

スッ




581 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:34:43.90 ID:jjGBWxhq0
くま「と、とったどー!」

陽介「…(ドキドキ)」


ヴゥゥゥゥゥゥゥン......

ピト


直斗『あっああっ…!!』


ヴゥゥゥゥゥゥゥン......


直斗『先輩…!!』



陽介「…ん?」


直斗『番長先輩…!!!』


陽介・くま「!!!!」

番長「直斗は俺にフォーリンラブ」




587 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:37:26.65 ID:jjGBWxhq0
くま「センセイ!呼ばれてるクマ!!どして!?」

陽介「いや…俺はもうなんとなく理解してきた…」

番長「魅力を最初にMAXにしたからな」



直斗『先輩…!先輩…!』


ヴゥゥゥゥゥゥゥン......

直斗『番長先輩…!先輩…!!』

直斗『あっ…イクっ…!!!』




593 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:39:10.60 ID:jjGBWxhq0
ビクン!ビクン!



直斗『ふあ…ぁ…ぁぁ…』

グデン

陽介「イったか」

番長「イったな」

くま「イったくま」

ヴゥゥゥゥゥゥゥン......




598 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:40:28.58 ID:jjGBWxhq0
ヴゥゥゥゥゥゥゥン......

直斗『…これ、どうやって消すんだろう…』

ヴゥゥゥゥゥゥゥン......



陽介「なあ、もういいんじゃね?止めてやれよ」

番長「いや、一晩つけておく」

陽介「なっ!?」

くま「ドSセンセイクマー!」

番長「今夜の直斗はそっとしておこう」




603 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:43:17.17 ID:jjGBWxhq0
陽介「ふぅ~!!」

くま「今日はすごい経験したクマ! 逆ナンよりすごかったクマ!」

番長「そうだね」

陽介「このことは絶ッ対三人だけの秘密だかんな!!」

くま「了解クマ!漢の約束クマ!」

陽介「なあ相棒 一つ聞きたいんだがなんでりせの時途中で消」

番長「黙れ」




606 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:44:42.20 ID:jjGBWxhq0
陽介「あ、ああわりい…てか明日学校だし、制服持ってきてねーから今日は帰るな!!」

くま「えー陽介ぇー センセイの家に泊まっていこうよー」

陽介「お前今俺の話聞いてたか!?」


番長「実は」

番長「もう一人に、配達してある」

陽介・くま「!?」




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:47:00.48 ID:noFsjI7KO
出てきてないと思ったらwwwwwwwwwやはりかwwwwwwwwwwwwwww




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:47:07.29 ID:qSzNQCUVO
まさか……まさか……!




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:48:55.95 ID:oLZTgxyb0
マーガレットか・・・?




620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:49:33.48 ID:0AbTJy6L0
大谷花子・・・だったら寝る




626 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 00:51:00.47 ID:jjGBWxhq0
陽介「だ、誰にだよ…」


番長「そろそろいい時間帯かな」

番長「スイッチ・オン」

ヴォン


完二『はぁー!はぁー!!パネェー!!!!TENGAマジハンパネー!!!!』

完二『うおおおお!!!!直斗!!直斗!!!』

完二『しゅごいいいいい!!!TENGAしゅごいいいいい!!!直斗おおおおおお!!!!!』


番長・陽介・くま「…」




番長「そっとしておこう」


~END~




629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:51:39.70 ID:9Mtx/QDv0
えっ




630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:51:47.66 ID:j8/0PHeX0
どういうことなの・・・




631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:51:51.61 ID:pjATSa100
ぐおおおおおおおおおおおおおおおお




632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:52:08.07 ID:XmfjPUwr0
わかっちゃいたけどwww良いオチだwwww




633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:52:10.67 ID:ITKGjuNPO
TENGAwwwww
声だしすぎで親にバレるぞwwwwww




651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:58:51.12 ID:oPZcphLSO
菜々子だと思ったのに…




652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:58:57.75 ID:2SdhxV4s0
最悪だwwwwwwwwwwwwww




654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/17(木) 00:59:40.01 ID:gKpxnLDMO
千枝が驚いた時の「わっ!」は可愛い




659 : ◆TylvI6wUQw :2009/09/17(木) 01:01:18.86 ID:jjGBWxhq0
こんなその場その場の思いつきで書いた文を読んでくれてありがとうございました
SS書くのは初めてだったので、難しかったけど楽しく書くことができました
読み返すと、ところどころ粗が目立ちます
>>166でくまが「リセチャン…」っていうはずが「チエチャン…」になってたりね
それと、直斗への暗号文の解答も書くつもりだったのですが、すっかり忘れていました
「14752543122122ハン」
これを二文字ずつ区切ると
「14/75/25/43/12/21/22/ハン」
これのひらがな50音で考えると、1行目4文字目…え 7行目5文字目…も
という風にやっていくと 
「えもこついかき」
という言葉があらわれます
これをハン、反、つまり反対にすると
「きかいつこもえ」
機械っ子萌え…
なんと、番長から直斗に対するメッセージでした!
それではほんとにありがとうございました~







-------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



ペルソナ3ポータブル アイギス 制服版 (1/8スケール PVC塗装済完成品)
ペルソナ3ポータブル アイギス 制服版 (1/8スケール PVC塗装済完成品)
キューズQ 2013-10-31
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ16 クー子 (1/8スケール PVC製塗装済完成品) さくら荘のペットな彼女 椎名ましろ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 僕は友達が少ないNEXT 三日月夜空~悪の化身ver.~ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) リボルテックヤマグチNO.136 エヴァンゲリオン第13号機 閃乱カグラ -少女達の真影- 葛城 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)



読み物:その他
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 14:11: :edit
    あれ、おにんにんさんはまだか
    ともあれ、管理人様に感謝を
    面白かった
  2. 名前: 竜也 #-: 2013/04/10(水) 14:49: :edit
    まさか此処でペルソナSSが読めるとはなァ!ヒャハハハハハハハハハハハハハハハ!
    電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波電波ァ!!!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 15:11: :edit
    直斗のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 15:55: :edit
    ナオチャン!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 17:59: :edit
    ああ、これペルソナなのか。全く知らないからわからなかった
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 23:22: :edit
    最後wwwひでぇオチだwww腹痛い
  7. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2013/04/10(水) 23:27: :edit
    何気に一番完二が報われない
    自慰を見られ、意中の娘はNTR済み
    完二ェ・・・
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/11(木) 00:24: :edit
    ペルソナァァー!カッ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/11(木) 11:49: :edit
    ここでペルソナSSが載るとは!
    まあ最近、まどかSSも禁書SSも完全にオワコン化してネタ切れなんだろうね
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/24(水) 07:12: :edit
    安定の完二オチだなw
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。