杏子「ココロのスキマ、お埋めします?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/06(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:26:43.58 ID:lz65L/6Q0
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます・・・」

―――
――





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:29:11.92 ID:VNLVz4JRP
喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり]

喪黒「そんな皆さんのココロのスキマをお埋め致します」

喪黒「いいえ、お金は一銭もいただきません」

喪黒「お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます」

喪黒「さて、今日のお客様は・・・」

―――
――





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:30:15.36 ID:VNLVz4JRP
-佐倉杏子(?)魔法少女-

『食べ過ぎた女』

喪黒「オーホッホッホッホ・・・」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:32:47.78 ID:lz65L/6Q0
 -7:50 見滝原市市内-

杏子「よう、さやか」

さやか「おはよう杏子・・・ってあんたまた食べてるの?」

杏子「腹減っちまってな」

さやか「よく食うよね」

杏子「まあな」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:34:03.32 ID:lz65L/6Q0
さやか「それで太らないの?」

杏子「魔女退治で運動してるし、なんかのときはソウルジェムがあるしな」

さやか「そんなくだらないことで・・・」

杏子「さやかも魔力使えばいいじゃん」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:36:01.98 ID:lz65L/6Q0
杏子「ほら、前にも言ったろ?魔法は徹頭徹尾自分だけのため使えって」

さやか「そういうこと言ってるんじゃない!」

杏子「まあまあ怒るなって・・・食うかい?」

さやか「またロッキー。いただきます」

杏子「おうっ!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:38:05.48 ID:lz65L/6Q0
さやか「朝なのにお菓子食べちゃって・・・太るかな?」

杏子「大丈夫だって。それにすぐ走るんだから」

さやか「どういうこと?」

杏子「ほら・・・」

さやか「ん?」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:39:53.21 ID:lz65L/6Q0
杏子「時計見て見ろって」

さやか「えっ?ってえええええええええええええ!!!

さやか「もうこんな時間!?あんたとしゃべってたから遅刻しちゃうじゃん」

杏子「だから今から走れば痩せられるだろ?」

さやか「もうっっっっっっ!!!」ダッ

さやかは猛スピードで学校まで走って行った

杏子「さあて、私はパトロールがてらぶらぶらすっかな」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:41:49.75 ID:lz65L/6Q0
-12:45 見滝原郊外-

杏子「腹減ったな。ロッキーも食い終わっちまったし何か食べ物ねえかな」

杏子「なんて道に落ちてるわけないし」

杏子「マミんとこにいこうにも学校だしな」

杏子「やべえ、ますます腹減ってきちまったじゃねえか、なにかなにか」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:43:34.61 ID:lz65L/6Q0
とその時目に入ったのは果物の無人販売所。
周りには誰もいない、もちろん店の主人も監視カメラも。

杏子「おっ!あれは!でも金ないし」

杏子「勝手にもってちゃうのも(チラっ) ダメだしな(チラっ)」

杏子「あーっ!果物が私を呼んでる~!」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:46:35.18 ID:lz65L/6Q0
リンゴ『杏子ちゃん、私を食べて』

バナナ『杏子の姉貴。俺を食べてください』

パイナップル『ふええ・・・私のこと嫌いになっちゃったの杏子ちゃん?』

杏子「一昔なら躊躇なく持っていったのに」

ワルプルギスの夜を倒した時に杏子は「なるべく」お金を払うと心の中で約束した
さやかとも(口)約束したばかりだ




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:48:40.22 ID:lz65L/6Q0
杏子「で、でもこれは緊急事態だしな」

杏子「しょうがないよな、さやかだってわかってくれるさ」

杏子「果物~!」

杏子は店の果物をいっぱい腕に持った
もちろんお金は払ってない

杏子「まあ今度来たとき払うからな」

杏子「誰かが来る前にずらからないと」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:50:59.00 ID:lz65L/6Q0
-13:00 見滝原公園-

杏子「さあ果物たちよ。あたしが腹いっぱい食ってやるからな」

杏子「さあどれからしようかな」

杏子「まずはリンゴだ!いっただきまーす!」

その時、手に持ったリンゴがひょいっと消えてしまった




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:53:41.19 ID:lz65L/6Q0
杏子「あれっ?」

目の前を見ると黒ずくめの男がリンゴを片手に走り去っていた

杏子「あっ、待て!リンゴ泥棒め」ダッ

杏子「どこに行ったリンゴ泥棒」

杏子「とっつかまえてやる」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:56:11.27 ID:lz65L/6Q0
だが黒づくめの男は捕まえられず、仕方なく元の場所に戻ることにした

杏子「畜生。私のリンゴを」

杏子「まあまだバナナやパイナップルもあるしって・・・ア――――――――ッ!」

???「もぐもぐもぐ、このリンゴはおいしいですねぇ」

杏子「てめえ、なに私のリンゴを」バンッ




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:58:28.84 ID:lz65L/6Q0
???「おーっとっとっと」グシャ

押されて地面に倒れた黒づくめの男の顔は赤い液体で真っ赤に染まっていた

杏子「うわっ!血か!?」

???「死ぬゥうううううう・・・なんちゃって」

杏子「えっ?」

???「さっき買ったトマトが潰れただけですよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:00:40.91 ID:lz65L/6Q0
杏子「なんだ脅かすなよ。それよりよくも私の」

???「私のって言ってもあれは盗んだ奴なんではありませんか?」

杏子「ゲッ!何でそのこと知っているんだ?」

???「オーホッホッホッホ、私は何でも知っていますよ」

杏子「おっさん一体誰なんだ?」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:02:55.10 ID:lz65L/6Q0
喪黒「申し遅れました。わたくしセールスマンなんです。喪黒福造と申します」

杏子「ココロのスキマ、お埋めします?なんじゃこりゃ?」

杏子「それに私お金ないぞ」

喪黒「オーホッホッホッホ、お金は一歳いただきません」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:05:13.52 ID:lz65L/6Q0
喪黒「私はあなたのような心にスキマがある人のお役にたつ仕事をしているのです」

杏子「はっ?私のココロにスキマなんかねえよ」

喪黒「ではなぜ先ほどはあんなことをしたのですか?」

杏子「うっ」

喪黒「どうやらあなたは食べ物に対する欲求が人一倍強いみたいですね」

杏子「あんたに関係ないだろ」

喪黒「でしたら、もしまた何もないときに空腹に襲われましたら、名刺の裏の番号に電話してください。ではまた」

杏子「変なオッサン・・・」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:07:31.19 ID:lz65L/6Q0
 -17:00 魔女結界-

杏子「大丈夫かさやか?」

さやか「心配ご無用よ!ていやっ!」

魔女「ウィンガーディアム・レビオーサ!」

さやか「危ない」

杏子「てめえよくもさやかに!おらぁ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:08:14.69 ID:jY5IVap70
キュウべえ「お金は一切いただきません!」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:09:23.90 ID:lz65L/6Q0
魔女「グギャアアアアアアアア」

杏子「魔女は倒したぜ」

さやか「あれは危なかった、油断しちゃダメだね」

杏子「さやかはまだ甘ちゃんなんだから」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:11:33.35 ID:lz65L/6Q0
さやか「うっさいわね。これでも頑張ってるんだから」

杏子「あたしからしたらまだまだだよ」

さやか「よーし、もっと魔女を探して・・・ってもうこんな時間か」

杏子「腹減ったな。なんか食べに行こうぜ」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:13:21.95 ID:lz65L/6Q0
さやか「ゴメン、恭介がご馳走してくれるっていうんだ」

杏子「チェエ」

さやか「ていうかあんたお金あるの?」

杏子「あっ」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:14:27.10 ID:lz65L/6Q0
さやか「やっぱり、あんた今日どうするのよ」

杏子「心配ねえって」

さやか「心配ないって言っても・・・あんたまさか!」

杏子「違う違う、やらねえよ」

さやか「本当?」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:16:49.10 ID:lz65L/6Q0
杏子「本当本当、この目を見てくれ」

さやか「分かったわよ。じゃあまた今度ね」

杏子「じゃあな」

杏子「とはいっても腹減った・・・今日一日しのげるかな」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:19:22.40 ID:lz65L/6Q0
杏子「さすがにもうやるわけにはいかねえし」

その時、お昼の喪黒という男の存在を思い出した

杏子「そうだ、この名刺の裏。ここに行けば何か食わしてもらえるかも」

杏子「そうときまれば善は急げだ」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:21:30.34 ID:lz65L/6Q0
 -18:30 BAR魔の巣-

喪黒「いらっしゃい。どうぞこちらへ」

杏子「なんか怪しいところだな」

喪黒「いえいえ、そんなことはありませんよ。マスターこの子にオレンジジュースを」

杏子「そんな子供っぽいもの頼むなよ、まあもったいねえから飲むけどさ」

喪黒「それで今日はどうしました?」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:23:34.93 ID:lz65L/6Q0
杏子「いや、腹減っちまって。ここに来れば何か食べれるんじゃないかって」

喪黒「オーホッホッホッホ、やはりそうだと思いましたよ」

杏子「じゃあ」

喪黒「残念ながらここにはおなかいっぱい食べれるものはありませんね」

杏子「なんだよ・・・」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:26:04.37 ID:lz65L/6Q0
喪黒「でも今から行くところではおいしい料理が勢ぞろいですよ」

杏子「本当か!?」

喪黒「ええ、必ずあなたを満足させますよ。さっそう行きましょう」

杏子「お、おう」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:27:43.65 ID:lz65L/6Q0
-19:00 ???-

杏子は喪黒に連れられてきたのは大きな豪邸であった

小さいころ住んでいた教会なんかより全然大きかった

杏子「ここは一体」

喪黒「まあとりあえず入ってみてください」

杏子「大丈夫なのか?」

喪黒「心配いりません、さあ、この扉を開けてください




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:29:40.19 ID:lz65L/6Q0
杏子「変なのだったらただじゃおかないからな」

大きな扉を勢い良く開けるとそこにあったのはなんともおいしそうな料理
和風、洋風、中華からフランス料理やインド料理まで取り揃えてあるではないか
量も多すぎず少なすぎず、人一人がおなかいっぱい食べられるぐらい

杏子「す、すげえええ!なんだこれ」

喪黒「これは佐倉さんのために用意した特別料理ですよ」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:31:30.99 ID:lz65L/6Q0
杏子「これ、全部食べていいのか?」

喪黒「もちろんです。さあ食べましょう」

杏子はすでに椅子に座っていた

杏子「喪黒のオッサンも早く座って。食べるときはいただきますだからな」

喪黒「オーホッホッホッホ、では」

杏子・喪黒「いただきます」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:33:37.90 ID:lz65L/6Q0
杏子「うめえ!すっげえうめえ!」

杏子「こんなおいしい料理生まれて初めて食ったぜ」

喪黒「オーホッホッホッホ、焦らないでもおかわりならいくらでもありますよ」

杏子「本当にすげえな。でもこんな料理どうやって?」

喪黒「私の知り合いに一流料理の料理長を務めた人間がいまして、その人が引退したのですが、腕を鈍らせたくないと言う事でここでこうやって料理をふるまっているのですよ」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:35:20.50 ID:lz65L/6Q0
杏子「道理でうめえわけだよ」

杏子「でもこんなに食ってお金ねえんだけど」

喪黒「先ほども申しあげたとおり、お金は一歳いただきません」

喪黒「お客様が満足していただければそれが何よりの報酬なのですよ」

杏子「へぇ~。こんなうまい料理、いつでも来ていいのか?」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:37:01.58 ID:lz65L/6Q0
喪黒「ええ、いいですよ。食べきれなかったら持ち帰っても構いませんが」

杏子「やったあ、喪黒のオッサン・・・いや喪黒さん。ありがとな」

杏子「今度はさやかたちにも食わしてやろう」

喪黒「佐倉さん。ここにはいつでも来てかまいませんが、一つだけ約束してほしいのです」

杏子「約束?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:38:45.34 ID:lz65L/6Q0
喪黒「ここで食べている以上は、万引きや盗みなどの犯罪はやってはいけませんよ」

杏子「なんだそんなことか」

杏子「心配すんなって、こんなうまい料理タダで食えるんだから万引きなんて絶対しないし」

杏子「それにさやかとも約束したしな」

喪黒「オーホッホッホッホ、それなら安心しました。ではもっと食べましょう」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:40:14.74 ID:lz65L/6Q0
-翌日 12:30-

マミ「これは」

ほむら「一体」

まどか「どうしたの?」

さやか「この料理?」

杏子「へへんどうだ」

さやか「いや、だって、えええ!!」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:42:24.79 ID:lz65L/6Q0
ほむら「佐倉杏子。説明しなさい」

杏子「だからさっき言っただろ。喪黒さんっていう気前のいい人がご馳走してくれたんだって」

杏子「そしてそれを持ってきたんだ」

マミ(あの佐倉さんが“さん”づけしてる・・・)

さやか「そんな見ず知らずの人がご馳走してくれるなんて」

杏子「まあいいから食ってみろって」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:44:12.69 ID:lz65L/6Q0
まどか「じゃ、じゃあ一口だけ」パクっ

さやか「どう?」

ほむら「まどか、体に異常はない?」

まどか「お、おいしいいいいいいいい!!!」

さやか・ほむら・マミ「えっ?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:45:34.46 ID:lz65L/6Q0
まどか「すごくおいしいよ杏子ちゃん。もしかしたらパパの料理よりおいしいかも」

さやか「う、うそ。私も一口・・・・っておいしい!なにこれ!」

マミ「本当においしいわ」

ほむら「確かにこんなにおいしい料理は生まれて初めて」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:46:51.78 ID:lz65L/6Q0
杏子「だろ?」

さやか「悪かったわよ。本当においしいわ」

ほむら「でもこんなにおいしい料理をタダで食べさせてくれるなんて」

マミ「何か裏があるんじゃないかしら」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:48:02.03 ID:lz65L/6Q0
杏子「そんなことねえよ!食べ物くれる!いい人!」

さやか「あんたって人は・・・」

まどか「でもいいんじゃないかな。杏子ちゃん嬉しそうだし」

さやか「まあ嬉しそうなら何よりだし、いっか」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:49:13.53 ID:lz65L/6Q0
-数日後 BAR魔の巣-

杏子「いやあ、あれから毎日通っていても全然飽きねえよ」

喪黒「それはよかった」

杏子「毎回バリエーションも違うし、持ち帰り可能だからさやかたちにもご馳走できるんだよ」

喪黒「それではお友達もさぞお喜びでしょう」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:50:03.31 ID:lz65L/6Q0
杏子「おお!」

喪黒「私もあなたに紹介した甲斐があるというものです」

喪黒「では再度ご忠告いたしますが、決して万引きや盗みなどはしないようにしてくださいね」

杏子「喪黒さんも心配性だな。大丈夫だって」

喪黒「それなら良いのですが・・・」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:51:16.38 ID:lz65L/6Q0
 -それからまた数日後-

杏子(さあて、あとでまたあそこに行こう。今日は何が出るんかな)

さやか「杏子、杏子!」

杏子「うわっ!なんだよ」

さやか「もうっまた食べ物のこと考えてたんでしょ」

杏子「ま、まあな」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:52:48.93 ID:lz65L/6Q0
さやか「まったくもう。あれこの気配」

杏子「ああ。近くに魔女がいる」

さやか「よおし、この前のリベンジだ」

杏子「気をつけろよ。今度はどんな魔女かわからないからな」

さやか「ここが魔女の結界。なんか食べ物がいっぱいで杏子みたい」

杏子「どういうことだよ」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 02:53:21.42 ID:lz65L/6Q0
さやか「てへっ」

魔女「ハラアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

杏子「現れたな!一発で倒してやる」

さやか「一発はやめてよ。私の出番なくなっちゃうじゃん」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:13:05.89 ID:lz65L/6Q0
杏子「じゃあさやかに任せるよ」

さやか「このさやかちゃんにお任せあれ!」

さっそうと魔女に切り込みを入れるさやか。
次第に苦しそうにする魔女、もう少しで倒しそうになったその時。

さやか「あっと一発!」

魔女「アバダ・ケダブラ!」

さやか「えっ」

魔女の間近にいたさやかはその攻撃をもろに受けてしまった。




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:16:22.86 ID:lz65L/6Q0
杏子「さやかあああああああああ」

杏子はすぐにさやかを抱きかかえて結界を脱出した。
しかし!

杏子「さやか大丈夫か!?」

さやか「きょ、きょうこお・・・おなかがすいたよおおおお」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:19:23.38 ID:lz65L/6Q0
その時分かった。
あの魔女は空腹の魔女、攻撃を食らったものはこの世のものとは思えない空腹を味わうことになる。

さやか「く、くるしいよおおお、なにか、なにか食べ物をおおおおおお」

杏子「しっかりしろ!」

さやか「お願い杏子・・・食べ物を持ってきて」

杏子「分かった!すぐにもってきてやるからそこで待ってろ!




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:22:23.56 ID:lz65L/6Q0
杏子(あそこなら、何でもあるし腹いっぱい食べられるはずだ)

だが!

杏子「扉があかない!おーい!もしもーし!」

杏子「まさか、休みかよ!嘘だろ!こんな時に!」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:26:39.34 ID:lz65L/6Q0
杏子「どうしたら、どうしたら・・・」

こんなことしている間にもさやかの体は空腹で弱っていく
このままでは危ない

杏子「あ、あれは・・・この前の無人販売所。だけど金がねえ」

杏子「周りには人はいない。今ならばれないはずだ」

杏子「だけどもう盗まないって・・・」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:30:59.96 ID:lz65L/6Q0
だけどさやかの命には代えられなかった

杏子「すまねえ!」

そしてそこにあるありったけの果物を持ってきた杏子

杏子「これを食え」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:35:23.49 ID:lz65L/6Q0
さやか「ありがとう。でもこれ・・・」

杏子「さやかの命のほうが大事だ!」

さやか「ありがとう///」

まどか「さやかちゃーん、杏子ちゃーん、大丈夫?」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:39:13.60 ID:lz65L/6Q0
杏子「ああ、さやかもなんとかなるさ」

マミ「あの魔女は私たちが倒したわ」

ほむら「もう無茶しないことね」

杏子「ま、私がいないと駄目ってことさ」ゾクッ




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:43:16.77 ID:lz65L/6Q0
杏子(なんだ、今の背筋が凍る感じは)

杏子(何かとてつもなく嫌な予感がする)

杏子「じゃ、じゃあ私は先に帰るからさ」

まどか「えっ?さやかちゃん送って行かないの?」

杏子「ちょっと野暮用があってな」

さやか(杏子・・・)




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:47:18.19 ID:lz65L/6Q0
杏子「・・・・・・・」

杏子「・・・・・・・」

杏子「・・・・・・・」

喪黒「佐倉さん」

杏子「うわっ、も、喪黒さん!」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:51:25.77 ID:lz65L/6Q0
喪黒「あなた約束を破ってあのお店の品物を万引きしましたね」

杏子「それはさやかがやばい状態で」

喪黒「そんな言い訳は通用しませんよ佐倉さん」

杏子「だからさやかが!」

喪黒「残念ですが私の忠告を無視した以上、行きつくとこまで行くしかありません」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:53:09.33 ID:lz65L/6Q0
喪黒「ド――――――――――――――――――――――――ン!!!」

杏子「うわあああああああああああああああああああぁぁぁぁぁ!!!」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:58:05.55 ID:lz65L/6Q0
それから数日がたっても杏子とは全く連絡が取れなかった。

さやか「あいつ、どこで何やってるんだろう」

まどか「さやかちゃん・・・きっと見つかるよ」

さやか「もう一度お礼が言いたいのに」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 13:58:51.02 ID:Qmc7cmsA0
行方不明か




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:02:27.67 ID:lz65L/6Q0
まどか「いまほむらちゃんやマミさんが探してくれてるから」

さやか「うん・・・・」

マミ・ほむら「分かったわよ」

さやか「!?」

まどか「見つかったの?」

ほむら「正確にはまだ見つかってないのだけど」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:06:18.85 ID:lz65L/6Q0
マミ「佐倉さんが話してくれた内容からそのお店の場所を特定したの」

さやか「じゃあそこに杏子はいるんですね」

マミ「まだ分からないけど」

さやか「でも行ってみましょう」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:10:28.69 ID:lz65L/6Q0
四人はマミとほむらの話をもとにその店に行ってみることにした
杏子の話では大きな豪邸らしいが

まどか「これは」

ほむら「どうみても」

マミ「そうよね」

さやか「廃墟にしか見えないよ」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:14:17.95 ID:lz65L/6Q0
さやか「本当にここなんですか」

マミ「場所的にはあってるはずなんだけど」

まどか「でもこんな廃墟に杏子ちゃんがいるのかな」

さやか「とりあえず入ってみよう」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:18:30.87 ID:lz65L/6Q0
ギィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ・・・・

まどか「中は真っ暗」

さやか「お~い、杏子ぉ?」

マミ「佐倉さ~ん?」

ほむら「ここにはいないみたい・・・」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:20:45.42 ID:lz65L/6Q0
すると真っ暗な部屋の中で何本かの蝋燭がついた




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:22:18.91 ID:lz65L/6Q0
まどか「あっ」

マミ「あれは・・・」

ほむら「おそらく」

さやか「杏子!」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:26:24.45 ID:lz65L/6Q0
机の上に並べられた腐敗が進み、ハエが舞い、異臭が漂う料理
そしてそこにいたのはフォーク片手に自分の腕をかみ切ろうとする杏子の姿
血だらけの杏子の身体は膿み、さらに腐った料理、そこから放たれる臭いは尋常ではない
四人の鼻腔には腐敗臭が立ち込める
こってりと絡みつき、離れない臭いが




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:28:42.78 ID:lz65L/6Q0
さやか「きょう……って、え!? ひ、ひぃ……」

杏子「うめえ、うめえな・・・本当にうめえよ」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:31:27.13 ID:lz65L/6Q0
ウメエヨ・・・コンナニオイシイリョウリ・・・・ズットタベテタイ

アッ・・・サヤカ・・・

オマエラモ・・・・・・・

クウカイ?




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:33:48.10 ID:lz65L/6Q0
喪黒「昔は、衣食足りて礼節を知るなどといわれてきました」

喪黒「衣食住という人間が生きていく基本的な条件が満たされて初めて礼儀と節度を保つことができるというわけですが」

喪黒「彼女のように満たされても満足できないのでいけませんねぇ」

喪黒「オーホッホッホッホ・・・・」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:35:52.19 ID:lz65L/6Q0
おしまいです
ちょっとラストはグロッキーでしたが楽しんでいただけましたか?




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 14:40:07.90 ID:nOvOiBbI0

喪黒は見たこと無かったんだが
予想通りブラックだな。

あれっ喪黒もQBも中身は大して変んないじゃ無い(笑)






-------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (1) (中公文庫―コミック版)
藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (1) (中公文庫―コミック版)藤子 不二雄A

中央公論社 1995-08
売り上げランキング : 57511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (2) (中公文庫―コミック版) 藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (3) (中公文庫―コミック版) 喪黒福次郎の仕事 (中公文庫―コミック版 (Cふ2-53)) 笑ゥせぇるすまん (5) (中公文庫―コミック版) 笑ゥせぇるすまん (1) (中公文庫―コミック版)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/06(土) 14:58: :edit
    1ゲト
  2. 名前: あ #-: 2013/04/06(土) 15:10: :edit
    一歳→一切
  3. 名前: 安吾 #-: 2013/04/06(土) 15:31: :edit
    因果応報、か………
  4. 名前: FZ #-: 2013/04/06(土) 15:35: :edit
    前に喪黒とキュゥべえが飲み屋で愚痴りあうというSS読んだっけな…。
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/06(土) 16:13: :edit
    さやかちゃんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: あ #-: 2013/04/06(土) 17:16: :edit
    笑うセールスマンまたやらないかなあ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/06(土) 23:32: :edit
    懐かしいな
    それっぽい雰囲気だったわ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/07(日) 10:23: :edit

    怖いな…この後味の悪さと云うか独特の雰囲気が喪黒さんだよな~

    お~い!ぷんちゃん!過去の記事の米欄にまた変なのが沸いてんぞwww
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/07(日) 15:43: :edit
    導入とかそのまんますぎてあの絵柄で頭に浮かんできたわ
  10. 名前: 通常のナナシ # #-: 2013/04/07(日) 22:48: :edit
    喪黒は一回約束を破っただけだと落としはしないイメージ
    一回目忠告、二回目でアウト的な
    話数あるから一概には言えんけど
  11. 名前: 安心の名無しクオリティー #-: 2013/04/09(火) 02:45: :edit
    魔女「ウィンガーディアム・レビオーサ!」
    さやか「危ない」


    さやかの冷静ツッコミにフイタwwwwwwwwwwwwwwww

    【笑う】シリーズ独特のブラック加減は背筋がヤバい。
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 06:41: :edit
    オチがカオヘの「美味い手」っぽいな
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/21(日) 18:14: :edit
    懐かしい。よくできている。
    ラストはこうでないとね。

    しかし『笑ゥせぇるすまん』をリアルタイムで観てたor読んでいた世代って
    ここに何人いるんだろう。
    原作が藤子不二雄Aと知っている人間も・・・。
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。