るか「どうして、ボクは・・・・・・男の子なんだろう・・・・・・」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/28(木)
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:22:18.59 ID:l0dN/ZGI0
ラボ 朝


岡部「全員集まったな、では円卓会議を始める!」

まゆり「おー♪」

萌郁「・・・・・・」ピピピピッ
   『わーい(*´∀`*) どんな話なのかなー?(*゚▽゚*)』

るか「皆さんの飲み物、ここに置いときますね」

ダル「るか氏、僕用にゼロカロリーコーラとかマジさんくす!」

紅莉栖「橋田、ゼロコーラ飲んでも痩せないわよ。無駄な努力乙」

鈴羽「ねーねー。ケーキないのー? イチゴのやつー」

フェイリス「鈴ニャン、アポロで我慢するのニャ」

岡部「・・・・・・貴様ら好き勝手に喋るのではない! まゆりだけではないか!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:25:13.18 ID:l0dN/ZGI0
萌郁「・・・・・・ン」ピピピピッ
   『私は聞いてるよー(ToT) 気づいてほしいなぁ(/ _ ; )』

まゆり「ねぇねぇ、るか君? 新しい衣装作ったから着てほしいなー」

るか「え? まゆりちゃん、ボクは・・・・・・その・・・・・・」

ダル「既にまゆ氏も聞いてないわけだが」

岡部「む・・・・・・」

紅莉栖「どうせくだらない話なんでしょ? ならいいじゃない」

フェイリス「そうだニャ。お菓子でも摘みながらお喋りするのニャ」

ダル「そうだお! フェイリスたんの言うとおりだお!」

岡部「ふん! 貴様らの為を思って開いた円卓会議だというのに」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:28:27.74 ID:l0dN/ZGI0
萌郁「・・・・・・」ピピピッ
   『何かな何かなー(*゚∀゚*) 気になるよー(>_<)』

フェイリス「明日からの連休、皆なにするのかニャ?」

紅莉栖「そうねぇ。特に予定もないのよね」

岡部「・・・・・・」

ダル「この暑い中どっか行くとかリア充だけだお」

鈴羽「私もバイト休みなんだよねー」

萌郁「・・・・・・私も、ない」

岡部「フゥーッハハハハ! そうだろう? そこで俺は考えたのだ!
   ラボメンでこの連休何処かへ行こうと!」

全員「!!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:31:13.41 ID:l0dN/ZGI0
まゆり「まゆしぃは大賛成なのです♪」

紅莉栖「へー。岡部にしてはいい事言うじゃない」

るか「おか、凶真さん! 何処に行くんですか?」

岡部「そこで、だ。お前たちの意見を聞きたい。夏と言えば何処に行きたい?」

紅莉栖「夏と言えば・・・・・・海じゃない?」

フェイリス「そうだニャー海だニャー」

るか「・・・・・・」

萌郁「・・・・・・」ピピピッ
   『海! 絶対海だよ岡部君o(^▽^)o』

鈴羽「海かー。私も海行きたいなー」

ダル「このメンバーで海とか、想像しただけで・・・・・・ヤベッ」

紅莉栖「ちょ、橋田! 変な目でこっち見んな! このHENTAI!」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:34:08.25 ID:l0dN/ZGI0
岡部「ふむ。やはり海か。他に希望が無ければ海に――」

るか「あっ、あの!」

まゆり「ん? るか君どうしたの?」

岡部「なんだるか子? 他に何処か行きたいところでもあるのか?」

るか「えっと、その・・・・・・今の時期はクラゲとか、あの、いっぱいいると、
   えっと、思うんです・・・・・・」

フェイリス「にゃにゃ? るかニャンはクラゲが怖いのかニャ?」

るか「えっ!? あ、そうなんです。あと、ナマコとかも無理です・・・・・・」

紅莉栖「そっか。じゃあ、別の場所にした方がいいかもね。
     せっかく皆で行くんですもの、嫌いな物がいるなら可哀想だわ」

るか「えっと、キャンプとか・・・・・・どうですか? 料理するのは自信があるので」

岡部「おおっ。確かにそれはいいかもしれんな! 花火とかも出来るしな」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:37:15.85 ID:l0dN/ZGI0
まゆり「いいねぇー。まゆしぃキャンプは初めてなのです」

鈴羽「キャンプってことはやっぱ泊まったりするのー?」

岡部「あー、そうだな。泊まりは無理な奴はいるか?」

紅莉栖「私は大丈夫よ、テント二つ用意できるなら」

フェイリス「フェイリスも大丈夫だニャ」

萌郁「・・・・・・私も」

るか「ボクも、大丈夫です!」

鈴羽「久しぶりだなぁテントで寝るのー」

ダル「大きめのテントなら僕の家にあるお。6人くらいなら全然余裕なのが」

岡部「ふむ。俺の家にも3人くらいの小さめのがあるし、大丈夫だろう」

るか「じゃ、じゃあ」

岡部「うむ。キャンプで決定だ! るか子よ、ナイスな意見だったぞ!」

るか「は、はい! ありがとうございます!」
   (よかった・・・・・・水着着なくてすむんだ・・・・・・)




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:40:04.20 ID:l0dN/ZGI0
紅莉栖「そうね、キャンプだったら川で泳いだりも出来るし、
     海に行くよりは人も少なさそうだしね」

フェイリス「そうだニャ! るかニャンよく言ってくれたニャ!」

るか「・・・・・・え?」

まゆり「まゆしぃ、新しい水着買いに行こうかなぁ」

岡部「ふむ。俺とダルはキャンプ道具を家から持ってくるか。
   他の者は自分の必要な物を準備しておくのだぞ」

るか(あぁ・・・・・・どうしよう。キャンプって言ったのはボクだし、
   他の場所の案もないし・・・・・・うぅぅ・・・・・・)

紅莉栖「了解。二人共頼んだわよ」

ダル「んじゃ、僕達は行くかお」

岡部「ああ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:43:11.82 ID:l0dN/ZGI0
ガチャ



るか(うぅぅ・・・・・・岡部さん達も行っちゃった・・・・・・ボクはどうしたら・・・・・・・)

フェイリス「キャンプ楽しみだニャー」

紅莉栖「さて、私達はどうしましょうか?」

萌郁「・・・・・・」

鈴羽「んー。水着持ってないからなぁ。買わないとだね」

フェイリス「フェイリスは着ていく水着もう決めたのニャ」

るか「・・・・・・」

まゆり「ん? るか君どうしたの?」

るか「ぼ、ボクは・・・・・・どっちの水着を・・・・・・着るべきでしょうか・・・・・・」

紅莉栖「え? どっちって、普通の水着でいいんじゃ――」

るか「・・・・・・」ウルウル

紅莉栖(しまったぁぁぁ! 漆原さん男の子だったぁぁぁぁ!)




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:46:20.15 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「んー? どっちってどう言う事?」

フェイリス「そ、そうだったニャ・・・・・・るかニャンは男の子だったのニャ・・・・・・」

鈴羽「え!? 漆原るかって男だったの?」

るか「うぅ・・・・・・は、い・・・・・・」ポロポロ

鈴羽「う、うっそだぁ。もー、私を騙そうとしてるなー」サワサワ

るか「んっ・・・・・・」

萌郁「・・・・・・」カシャ!カシャ!

鈴羽「む、胸が・・・・・・ない・・・・・・」

紅莉栖「ちょ、阿万音さん! 冗談じゃないのよ!? 止めなさい!」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:49:17.01 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「え、じゃあ・・・・・・付いてるの? アレ・・・・・・」

るか「・・・・・・」ポロポロ

フェイリス「鈴ニャン、逆セクハラだニャ」

まゆり「鈴さん、るか君を虐めないでほしいのです」

鈴羽「・・・・・・触ってみてもいい?」

るか「!!」ブンブン!

萌郁「・・・・・・!」ケイタイジュンビ

紅莉栖「阿万音さん! 酔ったオヤジみたいな事しないで!
     桐生さんも、写真撮るのはやめなさい!」

萌郁「・・・・・・ごめん、なさい・・・・・楽しそう、だったから」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:52:13.71 ID:l0dN/ZGI0
フェイリス「水着、どうするかニャ・・・・・・」

鈴羽「漆原るかはパンツじゃ駄目だよ!」

るか「」ビクッ

紅莉栖「そ、そうね。橋田が見たら絶対変な妄想するわ」

フェイリス「水泳の授業はどうしてるんだニャ?」

まゆり「まゆしぃ達の学校は水泳の授業がないのでわからないのです」

るか「・・・・・・あの、小学校の時以来、出てないんです・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・」

フェイリス「・・・・・・」

萌郁「・・・・・・」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:55:10.15 ID:l0dN/ZGI0
まゆり「これから皆で水着を選びに行くのがいいかなーって
    まゆしぃは思うのです」

鈴羽「うん! それがいいよ! 私も買いたいしー」

フェイリス「そうニャ! 皆でるかニャンにも合う水着を選ぶんだニャ!」

るか「あ・・・・・・ありがとう、ございます」

紅莉栖「うん、じゃあ行きましょう!」

萌郁「・・・・・・私も、行って、いいの?」

フェイリス「当たり前だニャ! 萌ニャンも一緒だニャ!」

萌郁「・・・・・ありがとう」

まゆり「皆でお出かけだー♪」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 21:58:05.99 ID:l0dN/ZGI0
水着売り場



鈴羽「おーっ。いっぱいあるなー」

紅莉栖「新しい水着買う人は? その人達はとりあえず自分の分選んできていいわよ」

鈴羽「んじゃ、ちょっくら行ってくるよ」

まゆり「まゆしぃも行くのです」

フェイリス「るかニャンはどんなのがいいのかニャ?」

るか「あの・・・・・・ボク、水着全然わからないので・・・・・・」

紅莉栖「うーん、私もそんなに詳しくないのよねぇ」

フェイリス「萌ニャンはどうかニャ?」

萌郁「・・・・・・ビキニ・・・・・・かな・・・・・・」

るか「ビキニ? ですか?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:01:06.68 ID:l0dN/ZGI0
紅莉栖「えっとね、ああ、これこれ。こんな感じのやつの事よ」

るか「! これを・・・・・・ボクが・・・・・・ですか」

フェイリス「んー、るかニャンにも似合うと思うんだけどニャー」

るか「桐生さんはビキニなんですか・・・・・・・?」

萌郁「うん・・・・・・ホルターネックビキニが、私は好き・・・・・・」

フェイリス「あー、萌ニャン大きいからニャー。大きい人はホルターがいいニャ」

紅莉栖「・・・・・・そう、なんだ・・・・・・」サスサス

るか「ビキニは、その・・・・・・ボクが着ると、平らだから・・・・・・そ、それに」モジモジ

鈴羽「うん、目立つよね。下が」

紅莉栖・フェイリス「・・・・・・」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:04:10.77 ID:l0dN/ZGI0
るか「うぅ・・・・・・」ウルウル

まゆり「ただいまなのです♪」

鈴羽「漆原るかは、ショートデニムでいいんじゃない? 椎名まゆりと同じやつ」

まゆり「うん♪ るか君、これはどうかな?」

紅莉栖「あ、確かにそれなら大丈夫ね」

フェイリス「うんうん、どうかニャ? るかニャン」

るか「あっ! これなら、あんまり抵抗ないです」

紅莉栖「・・・・・・阿万音さんもビキニなんだ・・・・・・」

鈴羽「んー? 水着といったらこれじゃないかな」

紅莉栖「っ――」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:07:17.44 ID:l0dN/ZGI0
フェイリス「あとは上になにを合わせるかだニャ」

萌郁「・・・・・・お店の人に・・・・・・聞いてみたら、いい・・・・・・」

まゆり「おー、そうだねー」

紅莉栖「じゃあ、ちょっと聞いてみましょうか」



店員「いらっしゃいませー。 なにかお探しですか?」

紅莉栖「えっと、胸が目立たない水着ってどんなのがありますか?
     下はデニムなんですけど」

店員「・・・・・・・・」チラッチラッ

紅莉栖(桐生さん、まゆり、フェイリスさん、阿万音さん、私の順番で・・・・・・みられた・・・・・・)




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:10:08.65 ID:l0dN/ZGI0
店員「えーっと、こちらなんかどうでしょうか? チューブトップビキニと言って、
    目立ちませんし、とても可愛く着れますよ」ニコッ

紅莉栖「へ、へー。こんなタイプもあるんだー。か、可愛いなー・・・・・・・」

鈴羽「お、漆原るかにも着れるんじゃない? ていうかこれ絶対似合うよ!」

萌郁「とっても・・・・・・似合う、と・・・・・・思う」

るか「あ、じゃあ・・・・・・これに、します」

紅莉栖「そうね! 『漆原さんに!』 ぴったりだとおもうわ!」

萌郁「・・・・・・」

フェイリス「じゃあ、お会計して、ラボに戻るのニャ」

鈴羽「おっけー、じゃちょっと行ってくるよー」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:13:08.29 ID:l0dN/ZGI0
ラボ



岡部「くっ・・・・・・道具一式持ってくるのは・・・・・・・堪えるな・・・・・・・」

ダル「うん・・・・・・荷物が多すぎるお・・・・・・」

岡部「しかし、言いだしたのは俺だしな。我慢するしかないな・・・・・・」

ダル「ムフフッ。僕は我慢するお! ラボメンの水着姿の為に!」

岡部「・・・・・・理由はどうあれ、頼むぞダルよ」

ダル「キャンプするのはいいけど、場所はどうするん?」

岡部「うむ。家で調べて来た・・・・・・カタカタ。ここだ」

ダル「へー。こんなところがあったんだ。温水シャワーがあるってのもいいね」

岡部「一応女がいるからな。男だけなら何も問題ないのだが」

ダル「さすがオカリンだお。気が利くな」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:16:06.48 ID:l0dN/ZGI0
ガチャ


まゆり「トゥットゥルー♪ ただいまー」

ダル「おっ、皆お帰りだお」

紅莉栖「ねぇ、岡部? キャンプする場所は決まってるの?」

岡部「ああ、今丁度ダルと話していた所だ」

ダル「そうそう。オカリンがいい場所見つけて来たんだお」

フェイリス「にゃ? そのパソコンの画面かニャ?」

紅莉栖「どれどれ? あ、シャワーあるんだ」

鈴羽「おー。それはありがたいね」

岡部「うむ。傍に川もあるしな。ピッタリの場所だろう?」

フェイリス「ばっちりニャ! 凶真よく見つけてくれたニャ」

萌郁「・・・・・・」ピピピッ
   『岡部君! ありがとう(((o(*゚▽゚*)o)))』




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:18:54.47 ID:l0dN/ZGI0
紅莉栖「ん? ていうか岡部、あんた道具多すぎじゃない?」

岡部「ああ。バーベキューセットなども用意したからな」

フェイリス「凶真、ここにバーベキュー道具貸出OKって書いてあるのニャ」

岡部「・・・・・・」

ダル「オカリン、無駄に道具持って来ちまったな。乙!」

岡部「いや! でも、お金かかるだろ!? 勿体無いだろ!?」

紅莉栖「何人いると思ってんだ。8人で割ったら大したことないだろ」

萌郁「・・・・・・気づかな、かったんだ・・・・・・」

岡部「くっ・・・・・・」

まゆり「オカリンはドジっ子さんなのです♪」

鈴羽「岡部倫太郎はドジだなー」

紅莉栖「ドジっ子乙」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:22:09.63 ID:l0dN/ZGI0
るか「で、でも・・・・・・行く前に気付けてよかったじゃないですか」

フェイリス「にゃふふ。そうだニャ!」

紅莉栖「どうせ食材もこれから買いに行く気だったんでしょ?」

岡部「くっぬ・・・・・・」

ダル「現地の近くに店くらいあるだろ常考」

フェイリス「凶真はもうちょっと考えた方がいいのニャ」

紅莉栖「張り切り過ぎだろ」ププッ

岡部「うるさああああい! 楽しみだからって張り切った訳じゃないぞ!」

鈴羽「かわいいなー岡部倫太郎は」クスクス

岡部「止めろ! 俺を可哀想な目でみるんじゃない!」

まゆり「明日の為に、要る物と要らない物を別けるといいと思うのです」

ダル「それがいいと思われ」

鈴羽「じゃあ、皆でやるかー」

フェイリス「やるニャー!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:25:11.09 ID:l0dN/ZGI0
ラボ 夕方



紅莉栖「ふぅー。こんなもんでいいんじゃない?」

フェイリス「そうだニャ。紙コップとか紙皿とかは向こうで買えるのニャ」

るか「ボク、一応まな板と包丁とか持って行きますね」

岡部「ああ。るか子頼むぞ」

るか「はい! 凶真さん!」

ダル「いやー、るか氏が居てくれると助かるお! 料理出来る人少ないから」

フェイリス「フェイリスも料理得意なんだニャ!」

紅莉栖「わ、私だって! 料理くらい出来るんだからな!」

岡部「うむ。では、料理担当はるか子とフェイリスに任せるとするか」

鈴羽「頼んだよー二人共」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:28:28.42 ID:l0dN/ZGI0
紅莉栖「な、なんでだ!? 私を無視するな!」

ダル「だって牧瀬氏は・・・・・・なぁオカリン」

岡部「ああ、言うまでもないだろう」

紅莉栖「むぅ・・・・・・」

フェイリス「大丈夫ニャ。フェイリスと、るかニャンがいればクリスティーにゃんに
      手伝ってもらっても美味しく作れるのニャ!」

ダル「フェイリスたん、フォローになってないお」

紅莉栖「・・・・・・わかったわよ! 私は手伝わないからな!」

岡部「ふむ。この際、二人に料理を教えてもらえばいいのではないか?」

るか「牧瀬さん? 一緒に頑張りましょう」

まゆり「まゆしぃもお手伝いしたいのです♪」

ダル「まあ、料理の話はその時でいいんじゃね? 向こうに着いたらやらないといけない事も
   いろいろあるだろうし、臨機応変でって事で」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:31:06.11 ID:l0dN/ZGI0
岡部「うむ、そうだな」

紅莉栖「わかったわ。そろそろ帰って準備しないとね」

フェイリス「そうだニャー。フェイリスも帰るニャ」

ダル「オカリン、僕はもう準備出来てるし帰るの面倒なんでラボに泊まってくお」

岡部「うむ、俺も今日は泊まる事にするか」

まゆり「まゆしぃも帰るのです」

鈴羽「あ、じゃあさ。私も泊まっていっていいー?」

紅莉栖「なっ!?」

るか「え?」

岡部「バイト戦士よ。なにが『じゃあ』なのだ?」

紅莉栖「そ、そうよ! 男二人いる所に泊まるなんて!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:34:14.11 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「だって準備するって言っても一泊だけなら着替えもいらないしさー
   それに、二人きりって訳じゃないんだし、大丈夫かなーって思ってさ」

鈴羽「寝床に戻ってもシャワーないから、ここは丁度いいんだよね。
    明日ここに集合だし帰るのもメンドくさいしさ」

紅莉栖「だ、だったら、私のホテルでいいじゃない? そんなに遠くないんだし」

鈴羽「えー。私一度ラボに泊まってみたかったんだよねー」

フェイリス「いいんじゃニャいかニャ? 凶真もだるニャンも襲う度胸はないはずだニャ」

萌郁「・・・・・・うん」

ダル「何故か馬鹿にされているように聞こえる件」

岡部「確かに、なにか釈然としないが。安心しろ」

鈴羽「わーい。ありがとう二人共!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:37:10.80 ID:l0dN/ZGI0
紅莉栖「まあ、阿万音さんが良いなら・・・・・・」

フェイリス「じゃ、皆帰るのニャー」


ガチャ
アシタタノシミニャ ソウネ ・・・・・・ウン ハイ! ウン♪



岡部「バイト戦士よ。飯はどうするつもりだ」

鈴羽「んー? 牛丼がいいなー 岡部倫太郎の奢りで」

ダル「異議なし!」

岡部「な!? 何故俺が奢らねばならん!」

ダル「いつかの牛丼、僕が立て替えたの忘れたのかオカリン」

岡部「くっ・・・・・・ならばダルには奢ってやろう! ただし! バイト戦士よ、
    貴様は自分で払え!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:40:07.17 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「えー? 岡部倫太郎のケチー」

ダル「じゃあ、阿万音氏の分は僕が払うお!」

鈴羽「やったー! 橋田至ありがとー!」

岡部「それでは結果的にダルに借りを返したことにならんではないか!
    ふん、わかった・・・・・・俺がだそう・・・・・・」

ダル「オカリン、なんだかんだ言って優しいよな」

岡部「うるさい! さっさと行くぞ!」

鈴羽「おー!」

・・・・
・・・
・・


岡部「満足したか・・・・・・バイト戦士よ・・・・・・」

ダル「まさか、牛並3杯も食べるなんてな・・・・・・」

鈴羽「だってお昼食べてなかったからねー」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:43:15.54 ID:l0dN/ZGI0
岡部「普通奢られる側は遠慮するものだぞ、バイト戦士よ」

ダル「阿万音氏なら許せる! そうだろ! オカリン!」

岡部「ま、まあ。他の人には今日の様な事はするなよ」

鈴羽「うん! 覚えておくよ」

ダル「それにしても、るか氏は良い事言ってくれたよね。
   キャンプとか、まじ考えつかんかった」

岡部「ああ、そうだな」

鈴羽「そーだ! 漆原るかが男だってなんで黙ってたのー?」

ダル「あれ? 阿万音氏知らんかったん?」

鈴羽「知らないよー。今日初めてしったよ」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:46:18.92 ID:l0dN/ZGI0
岡部「ふむ。まあ、男だ女だの関係ないだろう。るか子はるか子なのだからな」

鈴羽「確かにそうだねー。女だと思ってたからちょっとビックリしたけど」

ダル「あんなに可愛い子が女の子なわけがない!」

岡部「自重しろ、ダル」

鈴羽「でもさ、漆原るかって岡部倫太郎の事好きだよね」

岡部「な、何を言っているのだ!」

ダル「オカリン! 爆発しろ!」

鈴羽「えー? だって見てたら分かるじゃん」

ダル「まあ、皆気付いてると思うお」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:49:10.12 ID:l0dN/ZGI0
岡部「馬鹿な! あいつは男だぞ!?」

鈴羽「あるぇー? 岡部倫太郎さっきは男とか女とか関係ないって言ってたじゃん」

ダル「両刀乙」

岡部「いや! そういう意味ではない!」

鈴羽「あははは。まあいいじゃん。好かれてるのは悪いことじゃないし」

ダル「どっちが受けなんだお」

岡部「ダル! 黙ってろ!」

鈴羽「んー。シャワー借りていい?」

岡部「ああ、たまにお湯から水に変わる時があるから気を付けてな」

鈴羽「りょうかーい。じゃあちょっと借りるねー」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:52:10.37 ID:l0dN/ZGI0
ガララ
シャー 
オー オユニナッター


ダル「・・・・・・あのカーテンの向こう側で阿万音氏がシャワーを・・・・・・ハァハァ」

岡部「妄想するな! それにバイト戦士に変な事を吹き込むのではない!」

ダル「まあ、阿万音氏のあの感じじゃ、意味は理解してないと思われ」

岡部「少しは自重しろよ、ダル」

ダル「ふあぁぁっ。 オカリン・・・・・・僕はもう寝るお・・・・・・研究室の椅子借りるよ」

岡部「ああ、おやすみ」


シャッ ガタ


岡部「ふむ・・・・・・ソファに座ってると眠気が襲ってくるな・・・・・・」ウトウト




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:55:16.03 ID:l0dN/ZGI0
・・・・
・・・
・・



鈴羽「ふーっ。さっぱりしたー」

岡部「・・・・・・ん。上がったか、バイト戦士よ」

鈴羽「うん、あれ? 寝てた?」ポフッ

岡部「ああ、いや。ちょっとウトウトしていただけだ」

鈴羽「あー。このソファ座り心地いいねー」

岡部「ああ」

鈴羽「あれ? 橋田至は?」

岡部「研究室の椅子で寝ている」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 22:58:32.92 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「そっかー。岡部倫太郎はどこで寝るの?」

岡部「そうだな、バイト戦士はソファで寝てもらう事だし、俺もそこの椅子で寝るかな」

鈴羽「んー。なんか悪いなー・・・・・・そうだ! 私が右の手すりに頭向けるから
   岡部倫太郎は左に頭向けたらいいよ」

岡部「む・・・・・・こうか?」

鈴羽「そうそう! これなら身体も当たらないしさ」

岡部「お前は寝にくくないのか? 俺の事なら気にしなくてもいいのだぞ」

鈴羽「私は基本何処でも寝れるからね。大丈夫」

岡部「そうか・・・・・・じゃあ、俺はこのまま寝るぞ」

鈴羽「うん、おやすみ。岡部倫太郎」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:01:16.74 ID:l0dN/ZGI0



岡部「・・・・・・んん・・・・・朝か」

鈴羽「おっはー。お目覚めかなー?」

岡部「おはよう、バイト戦士よ・・・・・・朝から元気がいいな・・・・・・」

鈴羽「うん、早起きして散歩してきたからね!」

ダル「うーん・・・・・・おはよう・・・・・・」

鈴羽「おっはー」

岡部「準備するか・・・・・・皆集まってくるまえに」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:04:22.45 ID:l0dN/ZGI0
30分後


紅莉栖「阿万音さん、大丈夫だった?」

鈴羽「ん? なにがー?」

紅莉栖「その・・・・・・HENTAI行為はされなかった?」

鈴羽「うん、そんなことされるわけないじゃーん」

まゆり「そうだよ紅莉栖ちゃん。オカリンとダル君はそんなことしないのです♪」

フェイリス「クリスティーにゃんは心配しすぎだニャ」

萌郁「・・・・・・」ピピピッ
   『私は信じてたよ! 岡部君(。・ ω<)ゞ』

岡部「ふん。そんなことより忘れ物はないだろうな?」

フェイリス「ないニャ!」

岡部「よし、では行くか!」

『おー!』




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:07:33.59 ID:l0dN/ZGI0
・・・・
・・・
・・


岡部「るか子よ、その荷物は調理道具か?」

るか「あ、はい・・・・・・ちょっと多く用意しすぎちゃいました」

岡部「まあ、なくて困ることはあっても、あって困ることはないからな。
   ほら、俺が持つぞ。荷物持ちは俺とダルの役目だからな」

るか「えっ? いえ! 大丈夫ですから」

岡部「気にするな、俺の荷物も多くはないしな、それくらいどうってことない」

るか「その・・・・・・ありがとうございます! 凶真さん」

『キョウマー! ルカニャーン! オイテクニャーヨー!』

岡部「ああ、すぐ行く! るか子急ぐぞ」

るか「はい!」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:10:29.89 ID:l0dN/ZGI0
キャンプ場



紅莉栖「へー。いい所じゃない」

フェイリス「自然の香りがするのニャー」

萌郁「・・・・・・イイ」カシャ!カシャ!

まゆり「ヤッホー☆」

るか「ま、まゆりちゃん・・・・・・それは山でするやつだよ」

岡部「ふーっ。ここを拠点にするか」

ダル「つ、疲れた・・・・・・」

鈴羽「二人共お疲れさまー」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:13:25.33 ID:l0dN/ZGI0
岡部「ふむ。食材を買いに行く者とテントを立てる者に分けるか」

ダル「だったら、フェイリスたんとるか氏は買い出し班だお」

鈴羽「私テント立てるの得意だよー」

紅莉栖「買い出し二人は少ないわよね。荷物持ちも必要だわ」

ダル「じゃあ、阿万音氏にテントは手伝って貰うとして、僕とオカリン以外の人が
    買い出しってことでいいんじゃね?」

フェイリス「了解ニャ! 皆行くニャー」

岡部「よし! ダル、バイト戦士。さっそく取り掛かるぞ」

ダル・鈴羽「おー!」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:16:35.12 ID:l0dN/ZGI0
・・・・
・・・
・・



岡部「バイト戦士のお陰で随分捗ったな」

鈴羽「へへー。サバイバルに関しては任せてよ」

ダル「つか、火の準備とかもしなきゃいけなくね?」

岡部「・・・・・・そうだったな」

鈴羽「任せてよー。あのカマド使っていいんだよね?」

岡部「ああ、あそこで料理するからな」

鈴羽「んじゃ、枯れ草と木を取ってこよう」

ダル「おっけーだお」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:19:53.61 ID:l0dN/ZGI0
・・・・
・・・
・・


紅莉栖「材料買ってきたわよー」

まゆり「おー。テントと、カマドの準備も出来てるー」

ダル「火の方はほとんど阿万音氏がやってくれたお」

フェイリス「鈴ニャンすごいニャー!」

鈴羽「えへへー」

るか「じゃあ、ボクはカレーの準備しますね」

まゆり「クーラーボックスに飲み物と、バーベキュー用のお肉を入れておくのです」

岡部「ダル、米を炊くぞ!」

ダル「オーキードーキー!」

紅莉栖「男共が張り切ってるわね」フフフッ

萌郁「男の人は・・・・・・キャンプとか、好き、だから」カシャ!カシャ!




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:23:09.37 ID:l0dN/ZGI0
13時


岡部「よし! 完成だ!」

フェイリス「カレーもできたニャー!」

鈴羽「お腹すいたぁー」

るか「今皆さんの分をよそってますので」

紅莉栖「飲み物置いとくわよー」

岡部「うむ! 準備出来たみたいだな!」

ダル「フェイリスたんの手作りカレーktkr!」

萌郁「・・・・・・」グー

岡部「では!」

『いただきます!』




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:26:22.73 ID:l0dN/ZGI0
まゆり「んー♪ おいしーねー」

フェイリス「ご飯がいつもと全然違うニャー」

ダル「美味すぎだろ! 毎日食えるお!」

岡部「うむ! しかし、人参の大きさがいびつだな、るか子よ」

るか「えっ・・・・・・あの・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・悪かったわね・・・・・・」

ダル「オカリン・・・・・・空気読めお」

岡部「あ、いや。るか子が切ったのなら、体調でも悪いのではないかと思ってな。
    すまない、悪気があったわけではないのだ助手よ」

るか「あ・・・・・・」

紅莉栖「そ、そう!? 別にいいけどね!」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:29:25.70 ID:l0dN/ZGI0
フェイリス「にゃふふ。美味しければそれでいいのニャー」

萌郁「うん・・・・・・」

鈴羽「おかわりあるの? もっと食べたいよ!」

まゆり「いっぱいあるよー」

るか(岡部・・・・・・さん・・・・・・)




ダル「つ・い・に! 来ました! この時間が!」

岡部「落ち着けダル!」

紅莉栖「橋田! こっちのテントには近づくなよ!」

フェイリス「じゃあ、着替えるのニャー」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:32:36.63 ID:l0dN/ZGI0
岡部「俺たちも着替えるか」

ダル「おっけー」

るか「・・・・・・」

岡部「るか子? どうした」

ダル「るか氏はどっちのテントに入るべきか、悩んでるんじゃね?」

るか「・・・・・・ハイ」

岡部「ふむ・・・・・・ではるか子よ。こっちのテントで着替えるといい。
   俺とダルはトイレで着替える事にするからな」

るか「すみません・・・・・・ご迷惑かけて」

岡部「気にするな、俺も少し配慮が足りなかった」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:35:36.00 ID:l0dN/ZGI0
ダル「るか氏、僕達は着替えたらそのまま川のほう行ってるお」

るか「はい、わかりました」

岡部『まゆり! 俺たちは先に川に行ってるからな! るか子と一緒に来てやってくれ!』

『ワカッタヨー』


テント内 

るか「はぁ・・・・・・水着か・・・・・・」

るか「・・・・・・デニムは、履けたけど・・・・・・」

るか「これ、どうやって着るんだろう・・・・・・」

『るか君? 準備できたー?』

るか「あ、まゆりちゃん・・・・・・水着の着方が、わからなくて・・・・・」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:38:50.84 ID:l0dN/ZGI0
『まゆしぃ入っても大丈夫?』

るか「うん・・・・・・」

まゆり「えっとねーここを首にかけて――うん♪ これで大丈夫だよ」

るか「ありがとう、まゆりちゃん」

まゆり「じゃあ、行こっか♪」



フェイリス「るかニャン・・・・・・似合い過ぎてるのニャ・・・・・・」

萌郁「・・・・・・かわいい・・・・・・」カシャ!カシャ!

鈴羽「いいね! 似合ってるよ漆原るか!」

紅莉栖(不公平だわ・・・・・・)

るか「・・・・・・」モジモジ




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:42:11.68 ID:l0dN/ZGI0
川辺



岡部「皆遅いな・・・・・・」

ダル「なんという焦らしプレイ」

まゆり「オカリーン! ダルくーん! お待たせなのです♪」

岡部「おお、待ちくたびれ・・・・・・・たぞ・・・・・・」

ダル「まゆ氏・・・・・・マジ天使・・・・・・」

まゆり「ん?」

ダル「下はショートデニム、上はバンドゥで胸全体を少し隠しているタイプか!
   しかし! まゆ氏のデカさでは谷間が強調されてエロ過ぎる!」

岡部「だ、ダル?」

萌郁「・・・・・・おまた、せ」

ダル「ぐわあああああ! キョヌーを一層際立たせてくれるというホルタービキニだと!?
   しかも黒白水玉! けしからん! これは破壊力がありすぎる! これが大人の魅力なのか!」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:45:16.99 ID:l0dN/ZGI0
鈴羽「ごめんねーまたせたー」

ダル「引き締まった身体! そこに黄色の三角ビキニ! 美しい・・・・・・
   美しすぎる! 普段のジャージ姿からは想像できない程の 完 成 度 !」

フェイリス「にゃにゃー!」

ダル「・・・・・・す、スク水・・・・・・だと・・・・・・・」

ダル「小柄な身体に秘められしポテンシャル! そしてあの胸! 猫耳カチューシャ装備!
   なんだよこれ! なんなんだよこれ! いいのか!? こんな娘が存在して!
   しかも名前刺繍入りとか! 平仮名で『ふぇいりす』って!
   フェイリスたん! 君は最高だよ! わかってらっしゃる!」

紅莉栖「っ――待たせた・・・・・・わね」

ダル「純 白 ! 清潔感溢れる、 純 白 ! 周りのレベルの高さにも負けじとビキニ!
   控えめなそのボディ! 『ちょっと頑張ってみた・・・///』なんて言われた日には卒倒ものだ!」

紅莉栖「こいつ・・・・・・殴りたい・・・・・・」

るか「そ、その・・・・・・」モジモジ

ダル「はっ! 構成はまゆ氏とほぼ同じ・・・・・・しかしながら、若干黒ベースなのがまた似合っている!
   いつものドクロ髪留めは花柄で、さらに可愛さがアップしてる・・・・・・だと!?
   可愛い顔してるだろ? 男の子なんだぜ、こいつ・・・・・・・ 似合い過ぎだろちくしょう!」

岡部「・・・・・・ああ」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:48:11.53 ID:l0dN/ZGI0
るか「うぅ・・・・・・恥ずか、しいです・・・・・・」ウルウル

岡部「るか子よ・・・・・・似合っているぞ」

るか「あの・・・・・・・ありがとう、ございます・・・・・・」

まゆり「ね? 似合ってるって言ったでしょー?」

鈴羽「うん、完璧だよ漆原るか!」

フェイリス「うんうん!」

萌郁「・・・・・・」カシャ!カシャ!

るか「皆さんの、おかげです・・・・・・」

紅莉栖「ほらほら、入りましょうよ! せっかく水着になったんだから!」

『おー!』




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:51:16.14 ID:l0dN/ZGI0
キャー バシャバシャ! ツメタイー ヤッタナー! エヘヘ♪ オカエシダニャ! バシャバシャ! シアワセダオ・・・ ・・・カシャカシャ!

・・・
・・


るか「はぁ・・・・・・」

ざっざっざっ

岡部「るか子? 休憩か?」

るか「あ、凶真さん・・・・・・はい・・・・・・」

岡部「・・・・・・すまなかったな」

るか「え・・・・・・?」

岡部「最初に海と言った時に、気付くべきだったな・・・・・・
   お前は水着を着るのが嫌だったのだろう?」

るか「・・・・・・いえ、そんな事は・・・・・・」

岡部「先程からずっとTシャツを来ているではないか」

るか「・・・・・・」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:54:17.48 ID:l0dN/ZGI0
岡部「無理を・・・・・・させてしまったな」

るか「そ、そんな! ボクがいけないんです・・・・・・凶真さんは悪くないです」

『オカリーン! ルカクーン! モドッテオイデヨー!』

岡部「・・・・・・俺は行くが、るか子はどうする?」

るか「・・・・・・ボクは・・・・・・もう少し、ここに居ます」

岡部「そうか・・・・・・わかった」

ざっざっざっ

『ルカニャンハドウシタンダニャ?』 『アア、キュウケイシテイルヨウダ』 『ソッカー』

るか「・・・・・・」    
   

結局、ボクは
その後Tシャツを脱ぐことが出来ませんでした
凶真さんに謝られてしまった
ボクのせいで、凶真さんを困らせてしまった
どうして、ボクは・・・・・・
男の子なんだろう・・・・・・ 



  
73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 23:57:28.59 ID:l0dN/ZGI0



ダル「肉ウメー!」ガツガツ

紅莉栖「橋田! カルビばっかり食べるな!」

フェイリス「玉ねぎ甘いニャー」

萌郁「・・・・・・美味しい」

まゆり「はぁー まゆしぃは幸せなのです♪」

岡部「おい! 俺の肉がないではないか! 誰だいっぱい取ってる奴は!」

鈴羽「モグモグ、ワタフィヒャナイォー」モグモグ

るか「まだいっぱいありますから」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:00:31.52 ID:xNfSLqva0
岡部「この肉は俺が予約した! 誰も取るんじゃないぞ!」

紅莉栖「予約って」クスクス

ダル「オカリン、必死だな」

フェイリス「子供みたいだニャ凶真」

萌郁「・・・・・・ふふ」カシャ!カシャ!

鈴羽「お、そろそろ食べごろだ!」ヒョイ パク

岡部「ヴァァイト戦士ィィィ! 貴様ああああああ!」

『あははは』

るか「・・・・・・フゥ」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:03:21.29 ID:xNfSLqva0
・・・
・・


パチパチパチパチ

鈴羽「わー! 花火だー!」

紅莉栖「阿万音さん、はしゃぎすぎよ」フフッ

萌郁「・・・・・・キレイ」カシャカシャ

鈴羽「だって花火したことないんだもん!」

フェイリス「にゃにゃ! ハートだにゃ!」パチパチ

ダル「はい! フェイリスたんのハート頂きました!」

まゆり「まゆしぃは星さんなのです☆」パチパチ

鈴羽「漆原るか! 一緒にやろうよ!」

るか「あ・・・・・・はい」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:06:13.77 ID:xNfSLqva0
パチパチパチ

鈴羽「あははは! 綺麗だねー」パチパチ

るか「はい・・・・・・」パチパチ

岡部「・・・・・・ふむ」




岡部「そろそろ寝るぞ、お前たち」

紅莉栖「そうね・・・・・・流石に疲れちゃったわね」

鈴羽「えぇー。まだ寝れないよー」

フェイリス「にゃふふ。これからテントでガールズトークなのニャ! 
      寝かさないニャーよ! 鈴ニャン!」

萌郁「・・・・・・うん」

鈴羽「おー。楽しみだなー」

るか「・・・・・・」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:09:27.69 ID:xNfSLqva0
まゆり「ん? るかくーん おいでよー」

紅莉栖「そうよ。漆原さん」

るか「でも、ボクは・・・・・・」

岡部「助手よ、るか子は疲れているのだ。お前達のガールズトーク(笑)に付き合わせると
   るか子は疲れがとれないだろう。俺達はすぐ寝るからな。るか子はこっちだ」

フェイリス「にゃー。それは残念ニャ」

るか「すみません、皆さん・・・・・・ボクはこっちのテントで寝ますね・・・・・・」

紅莉栖「そっか。おやすみなさい、漆原さん」

るか「おやすみなさい」ペコッ

『ニャフフ、ヨルハナガイノニャ ドンナハナシスルノ? モチロンコイバナダニャ エ!?』

ダル「あー・・・・・・もう眠くてたまらん・・・・・」

岡部「確かに。ちょっとはしゃぎ過ぎたな」

るか「凶真さん、ありがとうございます。気を使って頂いて」

岡部「気にするでない。ゆっくり休むのだ、るか子よ」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:11:48.72 ID:xNfSLqva0
2時間後 テント


るか(はぁ・・・・・・眠れない・・・・・・)ゴソゴソ

岡部「・・・・・・るか子よ、眠れないのか?」

るか「はい・・・・・・すみません、起こしちゃいましたね・・・・・・・」

岡部「いや。ちょっと外に出るか・・・・・・付き合え、るか子」

るか「え? あ、はい」



岡部「まあ、座れ」トントン

るか「失礼します・・・・・・」

岡部「今日は、楽しかったか?」

るか「・・・・・・はい」

岡部「俺の見た感じだと、カレーを食べて以降はお前が笑ったところをみていないのだがな」

るか「・・・・・・」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:14:16.51 ID:xNfSLqva0
岡部「俺が余計な事を言ったからじゃないかと思ってな。
   なにか考え込んでいるように見えたのでな」

るか「凶真さんの・・・・・・・せいじゃ、ないです・・・・・・」

岡部「俺はな、るか子。お前にはもっと自分に自信を持って欲しいと思っている」

るか「凶真・・・・・・さん?」

岡部「最初に言ったことを覚えているか、るか子よ」

るか「はい・・・・・・」

岡部「あの言葉は今も変わらないぞ。男でも女でも関係ない」

るか「・・・・・・」

岡部「るか子は、るか子だろう?」

るか「岡部・・・・・さん・・・・・・」

岡部「お前は無理に変わろうとしなくていいんだぞ、るか子よ」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:17:26.79 ID:xNfSLqva0
るか「そんなに・・・・・・優しくされると・・・・・・ボク・・・・・・」

岡部「今は泣いてもいいのだぞ、るか子。俺の胸でよければ、貸してやろう」
   
るか「岡部さん!」ポロポロ

岡部「辛かったのだろう・・・・・・今は泣いていい」ナデナデ

るか「うぅ・・・・・・うぅぅ」ポロポロ




岡部「落ち着いたか? るか子よ」

るか「はい・・・・・・」

岡部「ふむ。そういえば」

ざっざっざっ

『あった、あった。ルカ子よ、こっちに来い』

るか「? はい」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:20:19.93 ID:xNfSLqva0
岡部「まずは顔を拭くのだ。お絞りだ。」

るか「ありがとうございます」ゴシゴシ

岡部「次は、これを持て」

るか「線香・・・・・・花火ですか?」

岡部「ああ。俺一人だけしかいないが、夏と言えば楽しく花火をしないとな。
   バイト戦士としている時は楽しそうではなかったからな」カチッ

るか「あ・・・・・・」パチパチパチ

岡部「な、何故涙目なのだ!? 泣きながらでは楽しい思い出にならないではないか」パチパチパチ

るか「いえ・・・・・・嬉しくて・・・・・・」パチパチパチ




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:23:09.96 ID:xNfSLqva0
岡部「では笑え。お前の泣き顔は見たくないぞ」

るか「ありがとうございます。岡部さん」ニコ パチパチパチ

岡部「うむ」ニコ パチパチパチ

カシャ! 

岡部・るか「え・・・・・・?」 ポトッ

萌郁「・・・・・・」

岡部「なっ!? 指圧師!? なにをしている!」

萌郁「・・・・・・漆原さん・・・・・・今日、元気なかったから・・・・・・
   でも、今は・・・・・・・すごく、いい表情、してた・・・・・・・」

るか「あっ」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:26:11.51 ID:xNfSLqva0
岡部「・・・・・・指圧師よ・・・・・・見ていた、のか・・・・・・・」

萌郁「トイレに、行こうと、したら・・・・・・二人が、花火してた・・・・・・から」

岡部「そ、そうか。そこだけか」

萌郁「・・・・・・?」

岡部「まだガールズトークは続いてるのか?」

萌郁「ううん・・・・・・皆、すぐ寝ちゃった・・・・・・」

岡部「そうか」

萌郁「・・・・・・」ピピピッ

ピロリン   ピロリン

岡部・るか「・・・・・・」ピッ




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:29:13.80 ID:xNfSLqva0
萌郁「・・・・・・二人共・・・・・・いい笑顔・・・・・・」

るか「・・・・・・ほんとですね」

岡部「ああ、ちょっと恥ずかしいな・・・・・・」

萌郁「じゃあ・・・・・・私は、行くね・・・・・・」

岡部「うむ、気を付けて行けよ」

るか「桐生さん、ありがとうございます」

萌郁「・・・・・・」コク

岡部「・・・・・・俺たちも寝るか」

るか「はい」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:32:14.50 ID:xNfSLqva0
テント


岡部「おやすみ、るか子」

るか「おやすみなさい、岡部さん」

ダル「スゥースゥー」

岡部「・・・・・・・・・・・・・・・・・・スゥースゥ」

るか「ありがとうございます、岡部さん」ピッ


桐生さんに送ってもらった写真には
ボクと岡部さんが笑顔の横顔
二人で向き合って線香花火をしてる
そして、岡部さんと初めてのツーショット写真でした

るか「キャンプに来て・・・・・・よかったなぁ」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:35:23.82 ID:xNfSLqva0




岡部「・・・・・・朝、か」

ダル「グゥーグゥー」

岡部「るか子はもう起きてるのか」

シャッ

るか「あ、岡部さん! おはようございます」ペコ

岡部「おはよう、るか子。朝食を作ってくれていたのか・・・・・・」

るか「はい、昨日は皆さんに、ご迷惑をかけてしまいましたから」

岡部「サンドウィッチか。朝にピッタリだな」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:38:24.57 ID:xNfSLqva0
るか「たまごサンドとツナサンドしか作れなかったんですけど・・・・・・」

岡部「いや、十分だ。朝は皆そんなに食べれないだろうしな」

『オハヨ オッハー オハヨウナノデス♪ オハ、ヨウ オハヨウニャ! オハヨーダオ』

るか「皆さん、おはようございます!」

岡部「るか子に感謝するのだな! 朝食が既に出来上がっている!」

『るかニャン元気になったのニャ! 漆原さん、ありがと。 朝ごはんだー! 
 ・・・おいし、そう。 るか君、ありがとうなのです♪ るか氏、まじ感謝!』

岡部「よし、では」

『いただきます!』




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:39:18.29 ID:l01YbxWI0
こんな夏を過ごしたい…切実に…




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:41:32.73 ID:xNfSLqva0
数日後 ラボ


ガチャ

るか「おはようございます、岡部さん」ガサガサ

岡部「おお、るか子か。待っていたぞ」

るか「はい、すぐ準備しますね」

岡部「すまんな、お前のサンドウィッチが食べたくなってな」

るか「いいえ、気になさらないで下さい」トントントン

岡部「ふむ。やはり手際がいいな、るか子よ」

るか「あ、ありがとうございます」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:44:15.23 ID:xNfSLqva0
岡部「なにか手伝えることはあるか? るか子よ」

るか「いえ、家で挟む材料は準備してきましたので、すぐ出来ますから座って待ってて下さい」

岡部「そうか、では待っていよう」 

・・・
・・


るか「お待たせしました、岡部さん」コト

岡部「美味そうだな。いただきます」パクッ

るか「・・・・・・・・・・・・どう、ですか?」

岡部「モグモグ・・・・・・うむ、やはり美味い!」

るか「良かったです///」

岡部「わざわざすまんな」

るか「・・・・・・・いえ・・・・・・・好きな人に食べてもらえるのは・・・・・・・嬉しいですから」

岡部「・・・・・・・るか子?」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:47:09.05 ID:xNfSLqva0
るか「ボク・・・・・・岡部さんが・・・・・・好きです・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

るか「・・・・・・ご迷惑だって事は・・・・・・・分かってます。でも、どうしても・・・・・・伝えたかったんです」

岡部「・・・・・・そうか」

るか「・・・・・・ごめんなさい・・・・・・困らせるような事を、言ってしまって」

岡部「るか子よ。俺の気持ちを勝手に決めるのではない」

るか「・・・・・・え?」

岡部「俺は言ったな? 無理に変わろうとしなくてもよいと」

るか「はい・・・・・・」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:50:07.20 ID:xNfSLqva0
岡部「るか子はるか子だ。俺は、お前といると安心するし笑顔になれる」

るか「・・・・・・はい」

岡部「俺は傍に居てもらいたいぞ。『漆原るか』にだ」

るか「はい・・・・・」

岡部「るか、俺も好きだぞ」

るか「・・・・・・うれしい、です」

チュッ


岡部さんはボクにキスしてくれました
幸せです
ボクはこんなに幸せでいいのでしょうか
岡部さん、大好きです




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:53:13.20 ID:xNfSLqva0
るか宅


るか「おはようございます、岡部さん」


ボクは毎朝
キャンプした夜に撮ってもらった
写真に挨拶をします

神様
女の子にして下さい
ボクは毎日そう願っていました
どうしてボクは、男の子なんだろう、と
でも、ボクはもうそんなお願いはしません

神様
岡部さんと恋人にして下さって
ありがとうございます。
ボクは
岡部さんの傍にずっと居たいです
こんな幸せな日々が
ずっと続きますように

                          『では、行くか。るか』
                          『はい! 岡部さん!』          


                                             るかend




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:53:57.81 ID:l01YbxWI0
乙!




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:54:03.79 ID:OMKUn/PX0
やり直しを求める!って助手が




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:55:39.03 ID:xNfSLqva0
長い時間お付き合いありがとうございました。
昼間から女性用水着のサイト見てて何してるんだろって思いました。
お疲れ様でした。




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 00:56:20.04 ID:IwXU/89Z0
ルカ子が幸せになってよかった
おつおつ






---------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



STEINS;GATE Blu-ray BOX
STEINS;GATE Blu-ray BOX
メディアファクトリー 2013-03-27
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (数量限定版)(携帯電話レプリカ岡部倫太郎モデル SG001 同梱) STEINS;GATE ドラマCD β「無限遠点のアークライト」ダイバージェンス1.130205% STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046% TVシリーズ「花咲くいろは」 Blu-ray '喜翆荘の想い出'BOX (2013年5月31日までの期間限定生産) BLACK LAGOON Blu-ray BOX (初回限定版)



読み物:その他
お絵かき掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 01:57: :edit
    漆原るかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 02:09: :edit
    オカリンかわいそう

    健常者なのに性同一性障害の異常者の餌食に…
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 02:26: :edit
    更新乙です!面白かったお♪

  4. 名前: あ #-: 2013/03/28(木) 03:07: :edit
    ルカ子かわいい(●´∀`●)

    だが男だ…‥
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 05:15: :edit
    もしかして?
    『俺がこんなに可愛いわけがない?』
  6. 名前: 名無し #-: 2013/03/28(木) 06:53: :edit
    途中途中に入る顔文字が残念すぎる
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 10:50: :edit
    るかエンドとかすばら

    関係ないけどシュタゲ扱って久しいと思ってたがカテゴリその他なのな
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 11:57: :edit
    途中ダルがただの解説役にww
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 12:20: :edit
    なんかいいね
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/28(木) 16:50: :edit
    もえいくさんが使う顔文字のテンプレってあるんだっけ?
  11. 名前: 檸檬 #-: 2013/03/28(木) 21:03: :edit
    此処でもシュタゲSS取り扱う様になったんスね!?
    嬉しいッス!!
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/29(金) 02:05: :edit
    ※11
    その他カテゴリを見ると幸せになれるぞ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/29(金) 02:51: :edit
    まあ、るかエンドもありっちゃありか。
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/31(日) 21:49: :edit
    だが男だ…


    そこがいい
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/14(日) 14:47: :edit
    るか子が男のまま岡部と結ばれると『あぁ、るか子は報われたんだなぁ』ってなってなんか心がぽかぽかするな
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。