ほむら「YATTAッ!!1000周目突入だぜ!!!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/20(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:11:56.19 ID:dNwKo0FkO
ほむらが1000回サイクルを繰り返す内に精神が少し崩壊してしまった設定です




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:12:50.49 ID:dNwKo0FkO
―――――教室

和子「今日はみなさんに転校生を紹介します。暁美さん、いらっしゃい」

ほむら「ちょりーっす」シュッシュッシュッシュッ

さやか「うお、すげー美人!シャドーボクシングしてるけど……」

まどか「ユニークだね…」

和子「はい、それでは自己紹介いってみよう」

ほむら「うぃー、暁美ほむらでーす、ウェーイ!!」

さやか「テンション高いな~」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:14:07.51 ID:dNwKo0FkO
モブ「暁美さんて、前はどこの学校だったの?」

ほむら「ミッション系のスクール…」

モブ「前は部活とかやってた?」

ほむら「…あ、まどか…」

モブ「……暁美さん?大丈夫?」

ほむら「まどかーーーーーー!!」ガタン!

モブ「!?」

ほむら「うおおおおおおおお!!!!」ダッダッダッ

ガシッ!
まどか「え!?」
さやか「ちょっと!?」

ダッダッダッダッダッ…

仁美「まどかさん、連れていかれてしまいましたわ…」

さやか「何なんだあの転校生……ちょっとあたし助けてくる!」ダッ




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:16:35.32 ID:dNwKo0FkO
まどか「あの……何か用なのかな………暁美さん…」

ほむら「ほむらって呼んでくれ、ブラザー」

まどか「えっ…」

ほむら「ほむらちゃん!」

まどか「ほ、ほむらちゃん……」

ほむら「…まどか、魔法少女には絶対なっちゃダメなんだ」

まどか「えぇっと……」

ほむら「あとYOUのマブダチの青い人もさせちゃDAMEだ…魔女化の大のベテランなんだ、950回くらい魔女化してる」

まどか「あの……」

ほむら「君達は白い赤い目のウサギみたいな耳の猫みたいな犬みたいなキツネみたいな生き物と契約しちゃダメだ!分かったね!」

まどか「うーん…?」

ほむら「ん…?動物狩りの時間だ、悪いが失礼する!今日は絶対CD屋行っちゃダメだからね!」ダッダッダッダッ

まどか「行っちゃった…」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:18:03.21 ID:dNwKo0FkO
さやか「まどかっ!大丈夫だった?」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「今シャドーボクシングしながら走ってく転校生とすれ違ったんだけど、何もされなかった?」

まどか「うん……何か…よく分かんないこと言われて…」

さやか「どんなこと?」

まどか「私達は、魔法少女になっちゃいけないみたいな…」

さやか「何それ?電波さんだったってこと?」

まどか「さやかちゃんは……魔女化のベテランだって…」

さやか「………」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:19:51.54 ID:dNwKo0FkO
―――――教室

和子「暁美さん早退だって」

仁美「何があったんでしょう…まどかさん知りませんか?」

まどか「さ、さぁ……私にも何がなんだか」

モブ「私達が質問攻めしてからだよね?おかしくなったの…」

モブ「どうしよう…私達のせいだ……ストレス与えちゃって…」

さやか「いやー、それは関係ないんじゃないかな」


QB「…………ん?」

ダッダッダッダッダッダッ
ほむら「インキュベイタァァァーーー!!!」

QB「な……君は魔法少j」
ドゴォン!!!

ほむら「よっしゃ一体目……1000周目のベテランとなると小指でキュウべぇ一匹潰せるぜ」

ほむら「次はCDショップだ…寂しがり屋の巴っちと友達にならないと…!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:20:41.53 ID:dNwKo0FkO
―――――魔女結界

魔女「キェェェェェェ」

ほむら「ふん!」

ドゴォン!!

ほむら「よっしゃ一撃!」

マミ「あら……魔女が倒されて…?………あなたは…?」

ほむら「ちょりーっす」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:23:34.72 ID:dNwKo0FkO
―――――マミホーム

マミ「えっ!?じゃあ私と一緒に戦ってくれるの?」

ほむら「もちのろんさ」

マミ「嬉しい…これからよろしくね、暁美さん…!」

ほむら「ほむらで良いぜマミール」

マミ「マ…マミール…?」

ガチャ
さやか「お邪魔しまーす」

まどか「お邪魔しまーす」

QB「遠慮しないで入ってよ」

ほむら「エイッ!!!」
ドゴォン!!
QB「!」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:25:14.37 ID:dNwKo0FkO
さやか「て、転校生……?」

まどか「キュウべぇが……ほむらちゃんの正拳突きで弾け飛んじゃった…」

ほむら「帰るんだベイビー達」

まどか「私達…これからキュウべぇとマミさんって人に魔法少女についてお話を聞くとこだったの」

ほむら「だから魔法少女に関わるなとさっき言っただろうハニー」

さやか「何でさ」

ほむら「何でもだ」

さやか「いや、陰で電波とか言ってたことは謝るよ?」

ほむら「そういう問題ではない」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:26:46.06 ID:dNwKo0FkO
マミ「ちょっとほむらさん?キュウべぇは私の大事なお友達なのよ?…同じ魔法少女なら、あなたも知り合いのハズ…」

ほむら「マミール……話せないわけがあるんだ…分かってくれ…君は真実を知ると、500回くらいわけの分からない行動に出るから…」

マミ「……???」

ほむら「頼む…今は、ミーを信じてくれ!」

マミ「………」

ほむら「トラストミー…」ボソッ

マミ「……分かったわ。初めてできた、私の仲間だもの」

ほむら「マミール…!」

さやか「えぇっと…さっぱり分からないんだけど……」

まどか「私達、帰った方がよさそうだね…」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:28:24.84 ID:dNwKo0FkO
さやか「結局マミさんって人に詳しい話は聞けなかったけど……」

まどか「魔法少女になれば、願いが一つだけ叶うんだよね……」

QB「その通り」

まどか「キュウべぇ!?」

さやか「生きてたんだ…」

QB「さっきのは僕の身体の一つが壊れただけだからね」

QB「マミの話は聞けなくなったけど、僕から魔法少女についての話の続きをさせてもらうよ。願いと引き換えに、魔女と戦う運命を課されることについて」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:32:06.79 ID:dNwKo0FkO
―――――翌日、屋上

さやか「ねぇ、まどか…願いとか決めた?」

まどか「ううん……全然決まんないや…」

ほむら「What?!」

まどか「わっ!」
さやか「ビックリした!」

ほむら「何でそんな話をしてるんだ君達は!」

さやか「転校生…あたし達、聞いたから………キュウべぇから。魔法少女のこと」

ほむら「Shit!詰めが甘かったか!奴はいつでもどこでも現れる!!」

ほむら「いいかい!?君らは魔法少女には…」

さやか「それは、あたし達が決めることだから……転校生は、戦いが危険だから止めてくれてるんだよね…ありがとう」

ほむら「いや、それだけじゃなくて」

さやか「でも、それを選択するのも自分自身だから」

ほむら「………!」(このパターンは、SAYAKAが契約する可能性90%だ!!………どうする…!)




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:33:12.56 ID:dNwKo0FkO
―――――病院

ほむら「ちょりーっす」シュッシュッ

恭介「うわっ…!何だ……?君は誰なんだ…」

ほむら「ヘイ!上条恭介くん」

恭介「どうして僕の名前を…?」

ほむら「絶対SAYAKAに八つ当たりしちゃダメだぞ!」

恭介「えっ…」

ほむら「八つ当たりに限らず、SAYAKAを魔法少女的な刺激するのはバッドだ!」

恭介「あの…」

ほむら「俺っちの言いたいことはそれだけだ、アディオス!」シュッシュッ

恭介「な…何だったんだ一体……誰なんだ…」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:35:05.74 ID:aRpopbRL0
ファサ...




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:36:51.85 ID:dNwKo0FkO
―――――何日か過ぎて、魔女結界

ほむら「ドラララララララ!!!」
ドゴォン!!

マミ「すごい……またほむらさん一人で魔女を倒しちゃった…」

ほむら「フゥッ……あっ、マミール。このグリーフシードはYOUが使いな」ヒュッ

パシッ
マミ「ありがとう……ねぇ、この後時間空いてるかしら?」

ほむら「Why?」

マミ「…い、一緒にケーキ食べに行かない?」(もし友達が出来たら一緒にケーキ屋さんに行きたいって、ずっと思ってた……)

ほむら(ウップス!この後はまどかウォッチングとQB潰しをする予定だったんだが…)

マミ「……ダメかしら?」

ほむら「行こうぜ!」

マミ「良かった…」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:38:24.28 ID:dNwKo0FkO
―――――魔女結界

ほむら「使い魔ごとき、ウィンクで倒せるぜっ!」キュン!

マミ「ハッ!」ズドドドドド

使い魔「キャア!」

ほむら「残りッ!!」
マミ「ええ!」

ガキィン!

マミ「あ、あらー(棒)」
ほむら「し、しまったー!!なんてことだー!(棒)」

杏子「おい何やってんだ、そいつは魔女じゃねぇ、使い魔だよ…」

杏子「よく見りゃマミが居るじゃねぇか……グリーフシードも落とさねぇ使い魔を狩るとは、相変わらず甘ちゃんだな」

ほむら「な、なんだってー(棒)」
マミ「あ、あなたは佐倉杏子ー(棒)」

杏子「何だ、こいつら……頭湧いてんのか?わざわざ風見野のアタシの縄張り来て使い魔狩るたぁ、喧嘩売ってるってことで良いんだよな?」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:40:09.34 ID:dNwKo0FkO
ほむら「し、知らなかったんだー(棒)」
マミ「ごめんなさいー、償いとして、ケーキでもなんでもおごるわー(棒)」

杏子「……何だと?意外と話が分かるじゃねぇか…」(他人に奢らせて食う飯ほど美味いもんはねぇからな)

―――――ケーキ屋

杏子「うめー!食べるのリンゴとかお菓子ばっかだったけどケーキもうめー!」モグモグ

ほむら「よく食べるなー、アンコ」

杏子「キョウコだ!アンコじゃねぇ!」

マミ「………こんな感じで良いのよね」ボソッ

ほむら「十分…」ボソッ

ほむら(700回くらいいさかいの元になってるアンコだから、早い段階できっかけ作って打ち解けとく作戦!順調なようだぜ)

マミ「まだ食べる?」

杏子「オウ!あとタピオカミルクティー、ストレートで!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:42:48.62 ID:dNwKo0FkO
杏子「―――協同戦線?」

マミ「えぇ…ほむらさんが言うには、ワルプルギスの夜が近いうちに来るらしいの」

杏子「ワルプルギスの夜が…」

ほむら「もちろんワルプルギス以外の魔女も、なるべく協力して倒すんだ」

杏子「オイオイ、魔法少女どうしが協力だ助け合いだなんて、冗談だろ?全部自分のために行動するのが、魔法少女ってもんだ」

マミ「あなたが協力してくれたら、その代わりにあなたの分の食事も約束するわ」

杏子「…!…飯でアタシを釣ろうってわけだな」

ほむら「もう余所から盗む必要もなくなるんだぜ?1000周もしてりゃ悪ぶってるけどアンコが内心苦しんでることくらい分かる」

杏子「なっ…!知った口聞いてんじゃねぇよ!なんだよ1000周って!あとアンコじゃねぇ!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:44:41.44 ID:dNwKo0FkO
ほむら「だいたいアンコ、食べすぎだ…どう考えても縄張り代以上食べてるぞ」

店員「会計30万になりまーす」

マミ「少なくともオーバー分は、私達に協力してもらうわ」

杏子「……くっ…!」

ほむら「1000周もしてりゃ知ってるぞ、アンコが食べ物を粗末にすることが嫌いなこと、食べ物の恩を仇で返せないこと」

杏子「ちっ……あー分かったよ!協力すりゃ良いんだろ協力すりゃ!」





ほむら(――――計画通り!)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:50:22.39 ID:dNwKo0FkO
―――――学校

ほむら(昨日はほとんどアンコに付きっきりだったからQB潰しや状況把握がイマイチだった……何も起きてなきゃいいが…)

まどか「あのね、ほむらちゃん…」

ほむら「ん?」

まどか「さやかちゃんが、魔法少女になっちゃって……」

ほむら「嫌な予感がヒットしてしまった!!」

まどか「うん…だから、仲良くしてあげて欲しくて……」

ほむら「分かってるさ!今SAYAKAは何処に!?」

まどか「屋上で風にあたってくるって…」

ほむら「魔法少女になった興奮冷めやらずって感じか!」ダッダッダッダッ




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:52:35.88 ID:dNwKo0FkO
―――――屋上

ほむら「ちょりーっす」シュッシュッ

さやか「あ、転校生…」

ほむら「全く…大したヤツだよお前は…本当に大したヤツだ」

さやか「うん…魔法少女になった」

さやか「あたしさ……後悔とかしてないよ…願いが叶ったし、昨日だってまどかや仁美を助けられたんだから」

ほむら「SAWAYAKA…」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:53:04.50 ID:+NRX+sn+0
SAWAYAKAじゃねぇよwwww




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:54:39.89 ID:dNwKo0FkO
―――――病院

ほむら「ヘイ!ボーイ!」シュッシュッ

恭介「うわっ!また来た…」

ほむら「SAWAYAKAを刺激するようなことするなって言ったジャマイカ!!!」ボゲァ!

恭介「えぇっ…!?い、言われた通りしたよ…僕はさやかと、普通だった」

ほむら(…そんな気はしてたぜ。SAYAKAは特にきっかけがなくても恭介のために願いを使っちまう……)

ほむら「…腕、治っただろ」

恭介「えっ…何で知ってるの?医者もビックリでさ、明日退院できるって…」

ほむら「SAYAWAKAに感謝するんだな!」

恭介「え?」

ほむら「SAWAYAKAは入院中、いつもキョロスケを励ましに来てただろ……」スタスタ…

恭介「…」

ほむら「ほむらワゴンはクールに去るぜ…」スタスタ…




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:55:43.71 ID:dNwKo0FkO
―――――マミホーム

さやか「えぇー…ということで、この度新しく魔法少女になりました、美樹さやかです!よろしくお願いしまーす!」

マミ「ふふっ…よろしくね美樹さん」

杏子「………」パリッ

さやか「…ん?」

マミ「何だかほむらさんが来てから魔法少女の仲間が増えて、嬉しいわ…一緒に頑張りましょう」

杏子「…お前、他人のためにアイツと契約したんだってな」

さやか「他人って…」

杏子「分かってねぇよ、お前」

さやか「な…」

マミ「ちょっと…何で喧嘩してるのよ、紅茶でも飲んで落ち着きましょう?」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:56:34.24 ID:dNwKo0FkO
―――――

QB「さやかは契約したよ、まどか」

まどか「うん…」

QB「まどかも叶えたい願いが決まったら、いつでも僕に言っ」パァン!

まどか「!?」(キュウべぇが…弾け飛んだ…)

ほむら「おどりゃクソ猫!去ねやアンポンタンが!」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「大丈夫だったか…?SAYAKAはもう手遅れだけど、まどかだけは……まどかだけは魔法少女にはならないでくれ!」

まどか「う、うん……」

タッタッタッタッ
マミ「大変よほむらさん!美樹さんと佐倉さんが喧嘩を…」

ほむら「な……なぁーにぃー、やっちまったな!」

まどか「さやかちゃんが?」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 01:59:15.65 ID:2Uljb6PV0
1000周もするとまどかの因果がとんでもないことになりそうだな




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:01:32.86 ID:dNwKo0FkO
―――――マミホーム

さやか「何それ?あんたに何が分かるのよ!」

杏子「分かってねぇのはお前だ!たった一度の奇跡のチャンスを、自分のため以外に使うなんてな!」

ほむら「喧嘩両成敗!!」
ドゴォン!!!

さやか「がっ…!」
杏子「ぐはっ…!!」

ほむら「フゥッ…良かったぜ。口喧嘩の内に止めることが出来てな」

マミ「あなたが実害加えてるじゃない!」

まどか「さやかちゃんっ!」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:03:53.98 ID:dNwKo0FkO
杏子「ん…?」

マミ「あ、起きたのね」

杏子「気を失ってたのか、アタシは」

さやか「うーん…」

まどか「さやかちゃん…良かった……」

さやか「…何であたし、気絶してたんだっけ?」

マミ「ほむらさんが竜巻を起こして、あなた達の喧嘩を止めたのよ」

ほむら「全く世話がかかるぜ」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:08:21.23 ID:dNwKo0FkO
さやか「…そうだ!嫌だからね、この杏子ってコと手を組むの!」

マミ「ちょっと美樹さん…」

杏子「そりゃアタシの台詞だ!こんな勘違いヤローと協同戦線なんて、アタシはごめんだよ!」

まどか「二人とも…ダメだよ喧嘩しちゃ……」

ほむら「ええ加減にせぇよ!!」

四人「!?」

ほむら「お前ら本当は仲良いくせに何回喧嘩すりゃ気が済むんだチェゲラッ!!」

さやか「はぁ?仲良いって…こいつと?」

ほむら「似た者どうしなんだから最初っから腹割って話し合って仲良くせんかい!」

まどか「似た者どうしって…」

杏子「…!」

ほむら「アンコは本当はSAYAKAが大好きなハズなんだ!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:10:30.68 ID:dNwKo0FkO
さやか「ちょ…それってどういう…」

杏子「…何言って……」

ほむら「アンコ、魔法少女になった時、どんな願いをしたんだ」

杏子「………アンコじゃねぇ…」

マミ「佐倉さん…」

ほむら「杏子…さやかに話してやってくれないか」

杏子「…はぁ、分かったよ」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:13:44.57 ID:dNwKo0FkO
杏子「アタシはさ、さやか…アンタと同じ、『人のために』…親父のために契約をしたんだ」

さやか「……そうだったんだ」

杏子「…でもそのせいで、結果的に家族みんなが不幸になった…親父はアタシを残して、一家心中さ」

まどか「そんな…」

ほむら「Fuck…」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:14:04.24 ID:xDw7dI/x0
Fuck…




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:17:49.83 ID:dNwKo0FkO
杏子「だからアンタも、『他人のために』ってのはやめとけ…自分のためだけに生きてりゃ、絶望も何もないのさ」

さやか「…ありがとね。『自分のために』とか言いながら、私のこと心配してくれて」

ほむら「だから言っただろ、本当はアンコは過去の自分と生き方が似てるSAYAKAが大好きなんだって」

さやか「あっ…(察し)」

杏子「ちげーよ!このままだと後悔するのが見えてるさやかが見てらんねーんだよ!」

さやか「でも私は、私のやり方で行きたいから」

杏子「この分からず屋のアホタレ!」

さやか「何だと!」

ワーワーギャーギャー

まどか「同じ口喧嘩でも、さっきのとちょっと雰囲気違う…」

ほむら「腹割って話すだけで色々変わるもんじゃ……あの二人、本当は仲良いし」

マミ「平和が一番ね」ズズ…




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:18:52.24 ID:dNwKo0FkO
―――――数日後

魔女「ギャー!」

さやか・杏子「やったーッ!コンビネーションで魔女を倒したぞーッ!」

まどか「凄い……息ピッタリだった…」

ほむら「遅れたっ!すまなインターネット!」

マミ「遅れちゃってごめんなさい………って、もう魔女は倒したみたいね」

まどか「はい…チームワークプレイであっという間でした……」

さやか「いやーッ!杏子あんた凄いわーッ!」

杏子「さやかもセンスあったぜーッ!」

マミ「仲良いわね、二人とも」(テンションもすごくハイね)

ほむら「よし…!このまま順調に行けば、今度こそワルプルギスをぶっ倒せるぜ!!」

ほむら(後は…"魔女化の達人SAYAKA"を発動させなければ…!しかし、厄介なイベントが一つ…)




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:23:52.43 ID:dNwKo0FkO
―――――病院前

医師・看護師「退院おめでとうーーーッ!!!」

恭介「お世話になりました…」

さやか「退院おめでとう、恭介」

恭介「ありがとう、さやか」

―――SAWAYAKAは入院中、いつもキョロスケを励ましに来てただろ

恭介「………」

さやか「どうしたの?恭介」

恭介「…さやか、本当にありがとう」

さやか「な…何さ急に……」


杏子「あーもう!見てらんねー!痒ぃー!身体がかいぃー!」

ほむら「だったら見なきゃ良いだろアンコール」バッ!バッ!

杏子「アンコールじゃねぇアンコだ!アイツのこと見てねーと今に自分の願いのせいで絶望することになるだろうが。だから見張ってんだよ」ムシャムシャ

ほむら「やっぱSAYAKAが心配なんだな!」バッ!バッ!

杏子「ちげーよ馬鹿。あとスクワットやめろ落ち着かねぇから」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:25:48.94 ID:dNwKo0FkO
―――――教室

仁美「あら…上条君、退院なさったんですの?」

モブ「上条、もう怪我はいいのかよ?」

恭介「ああ。家にこもってたんじゃ、リハビリにならないしね…来週までに松葉杖なしで歩くのが目標なんだ」

まどか「よかったね。上条君」

さやか「うん」

まどか「さやかちゃんも行ってきなよ」

さやか「いや…私は恭介の退院の時居たしさ…いいよ」

ほむら「甘いっ!!」

さやか「うわビックリした!」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:28:34.27 ID:dNwKo0FkO
まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「そうやって何回後悔してんだYOUは!アタックチャンスは今だろ!」

さやか「あはは…じゃあ、15番で…」

ほむら「そのアタックチャンスじゃない!ごまかすな!」

さやか「わ…分かったよ」ガラッ

まどか「さやかちゃん…」

ほむら「さて…イグアナでも食べに行くか……」シュッシュッ

まどか「ほむらちゃん…まだ学校終わってないよ……」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:29:47.67 ID:dNwKo0FkO
―――――放課後

ほむら「ねぇねぇヒトデちゃん!」

仁美「仁美ですわ。何ですの?暁美さんが私に話しかけてくるなんて」

ほむら「ヒトデちゃんと仲良くなりたいなー!友達になりたいなー!」

仁美「まぁ…!ありがとうございます」

ほむら「ヨッシ!仲良くしようぞ!そんじゃ早速この後ラーメン屋にでも…」

仁美「申し訳ありません。私この後さやかさんと大事なお話がありますの」

ほむら「えぇー、イケず~!」

仁美「ごめんなさいね。失礼します」

ほむら「………」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:32:14.81 ID:slSYlYao0
こーい、ワルプルギスこーい




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:35:06.19 ID:dNwKo0FkO
―――――マミホーム

ほむら「―――で、毎度のようにヒトデちゃんと修羅場と」

さやか「毎度って何さ!アンタ時々意味わかんないんだけど!」

杏子「あーもう背景がピンクだわ黄色だわ、かいぃー!」

マミ「その上条さんのことが好きなら、素直に打ち明けるべきだと思うわ」

まどか「仁美ちゃんは、さやかちゃんのことも大切だから、明日まで待ってくれるんだと思う」

杏子「期間明日までってあんまり容赦ねぇけどな」

QB「まどかの願いを使えば上手く運ぶことだってできるけどね」

ほむら「テメーどっから入った!散れ!」バゴン!




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:37:57.10 ID:dNwKo0FkO
―――――公園

恭介「ごめん、待たせて」

さやか「あ、あはは…こっちこそごめんね。もう夜なのに呼び出して」

恭介「いや、公園まで歩くのがリハビリになって良かったよ…それで、話って」

さやか「あのさ…………あのさ、あたしさ…きょ、恭介のことが…」ゴニョゴニョ

恭介「…?」

さやか「いや、その、なんつーか…」

((頑張れSAWAKA!!!))

さやか「うわっ!」(今脳内に声が…)

恭介「え?」

さやか「す……す…」

恭介「さや…」

さやか「好き…恭介のことが、一人の男の子として、好き!」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:38:55.14 ID:dNwKo0FkO
杏子「うあぁ~!恥ずかし~~!バーカバーカ!」

ほむら「じゃあ見んなや!てか女の子の告白盗み見とか人としてどうよ!」

杏子「お前だって見てんじゃねーか!」


さやか「……っ!」(言ってしまいましたよ、さやかちゃん…)

恭介「…ありがとう」

さやか「……恭介…」

恭介「今さやかに告白されて、とても嬉しく思ってる…今まで気づかなかったけど、きっと僕もさやかのことが…」


ほむら「自分と同じような願いで契約したアイツがハッピーエンドに終わって、お前も満足なんじゃないか?」

杏子「…知るかよ。とりあえず明日さやかにねるねるねるねで作った赤飯食わすわ」

ほむら(今回はSAYAKAが魔女化しないで済みそうだな)




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:40:11.10 ID:dNwKo0FkO
―――――

さやか「仁美、あのさ…」

仁美「はい」

さやか「あたし、恭介と付き合うことになったから…」

仁美「おめでとうございます」

さやか「ごめんね…」

仁美「何を謝ることがありますの?私の好きな人と、私の大切なお友達が幸せになって…祝いこそすれ、怒ることなどありませんわ」(本当はちょっと悲しいですけど…)

さやか「仁美、ありがとう…」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:44:20.61 ID:dNwKo0FkO
―――――数日後

杏子「おら!」ザン!

使い魔s「キャア!」

マミ(あの佐倉さんが…進んで使い魔を倒してる…)

ザシュ!
魔女「ぐわあああああ!!!」

さやか「やったよさやかちゃん!ぶい!」

杏子「ナイスださやかーーッ!!やっぱ才能あるぜェーーッ!」

さやか「いやー杏子が使い魔倒して道を作るアシストがあったからこそーーーーッ!!!」

マミ(また始まった…)




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:46:33.73 ID:dNwKo0FkO
さやか「そういやほむらは?」

マミ「別の地域のパトロールと、鹿目さんを警備してるわ」

杏子「何でアイツはそんなにキュウべぇをまどかから遠ざけようとすんだ?」

マミ「私達と協力してるし、魔法少女が増えるからってワケじゃなさそうだけど…」

さやか「……ねぇ」

杏子「あぁ…何かおかしい」

マミ「魔女の結界が…消えない……」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:48:32.33 ID:dNwKo0FkO
魔女「ボンバヘーーー!!!」

さやか「新しい魔女!?」

杏子「別の場所に居たのが、移動してきてたのか!」

マミ「さっさと片付けちゃいましょう!」

魔女「ボンバヘーーー!!!!」ブゴォ!

さやか「あッ…!」

杏子「さやか!」

マミ「美樹さん!?」

さやか「」

杏子「こいつ…死んでる!!!」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:50:11.95 ID:8mXGtO8O0
さやか弱えwwwww




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:54:20.84 ID:dNwKo0FkO
―――――

マミ「ティロ・フィナーレ!!!」ズドォォォン

魔女「イヤァァァ!!」

マミ「はぁ……はぁ…」

杏子「畜生っ…!さやかが!さやかがっ…!!」

さやか「」

マミ「美樹……さん…」

QB「大丈夫だ。さやかは死んでいないよ」

杏子「キュウべぇ…」

QB「魔女の攻撃で本体が遠くに飛ばされてしまっただけなんだ」

杏子「何……言ってんだよ…」

QB「あそこのさやかのソウルジェムを取って来れば良い。そうすればまたさやかは自分の身体のコントロールが出来るようになる」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:57:40.32 ID:dNwKo0FkO
―――――

魔女「ギャアッ!」

ほむら「出直してこい!」

まどか「ほむらちゃんすごい…銃を投げて魔女を倒すなんて…」

ほむら「銃弾より銃を投げた方が威力出るからな……ん?あれは」

マミ「………」フラフラ

まどか「マミさん…どうしてここに」

マミ「私達…抜け殻なんですって…ゾンビだって……」カタカタ

ほむら「なっ!何でそれを!ウワオ!ソウルジェム真っ黒!!!」

まどか「マミさん…!?何を言って…」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 02:59:11.10 ID:NXs9j6810
>ウワオ!ソウルジェム真っ黒!!!

くっそwwwwww




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:01:06.03 ID:dNwKo0FkO
マミ「ねぇ…私達……死んでるも同然なのよ…私達……」カタカタ

ほむら「マミール頭冷やせ!!」ブオオオ…

マミ「!?」

まどか「ほむらちゃん…吹雪も出せるんだ……」

ほむら「この豆腐メンタルが!抜け殻だからなんだ!まどか達っていう友達だっているのに!」

マミ「………私は、一人ぼっちじゃない……?」

ほむら「そうだ!抜け殻だろうが幸せになれる!大好きなケーキと砂糖たくさん入れた紅茶思い出せ!おいしいって感情は嘘じゃないだろ!」

まどか「せ…説教中学生…」

ほむら「出来る!絶対出来る!出来るって!諦めんなよお前!お米食べろ!」

マミ「ほむら……さん…」ジワ…

ほむら「まどか!マミールを頼む!グリーフシードも三つくらい置いてくから!」ダッ!

ほむら(WAYAKAがヤバいな……神は是が非でもWAYAKAが魔女になる運命を導きたいらしい!ゴッド・デスティニー!!!)




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:02:07.38 ID:2Uljb6PV0
WAYAKAwwww




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:02:49.95 ID:dNwKo0FkO
―――――

ほむら「おい!」

恭介「わっ!また…」

ほむら「KAYAWAが大変なんだよ…!ちょっと来い!」

恭介「さやかが…!?」

ほむら「もうお前には全部話すよ!いいから背中乗れ!飛ぶから!」

恭介「分かった…!」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:05:18.99 ID:dNwKo0FkO
―――――

さやか「幸せになれたって思ったの、勘違いだったね…」

杏子「…んなことねぇだろ」

さやか「こんな抜け殻の身体で抱きしめてなんて言えないよ…こんな気持ち悪い身体の彼女なんて、要らないもん」

杏子「んなの分かんねぇだろ」

さやか「杏子の言った通りだったよ…希望と絶望は差し引きゼロだった…誰かの幸せを祈った分、自分には悲しみが返って来るんだ」

杏子「……お前、ソウルジェムが…!」

さやか「あたしって、ホント」
恭介「バカだよさやかは!」

さやか「…!」

ほむら「間に合ったか…」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:08:15.04 ID:slSYlYao0
こーい、ワルプルギスこーい




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:09:02.38 ID:dNwKo0FkO
さやか「きょ、恭介…?なんで…」

恭介「彼女が困ってる時に彼氏がいるのは当たり前だよ」

ほむら(ちょっと待て知らせたのミーだろーが!)

杏子「身体が痒くなってきた」

恭介「抜け殻だから愛してもらえないなんて…早合点するなんて、ホント馬鹿だよ…」ガシッ

さやか「きょ、恭介…何で……?」ジワ

恭介「みんな聞いたよ……僕の腕を治すために、さやかが魔法少女になったことも、みんな。ありがとう、さやか…僕なんかのために」ギュウ…

杏子「うわ!強く抱きしめた!うわ!」

ほむら「ウブかお前は」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:10:10.46 ID:2Uljb6PV0
ここまでするのに1000周もかかったって逆にどんなミスし続けてたんだろうか




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:10:19.10 ID:dNwKo0FkO
さやか「こ…怖くないの…?あたし…人間じゃなくなっちゃったんだよ?」

恭介「怖いわけないだろ……僕のためにさやかがそんな目に遭ったなら、それは僕も背負うべきだ…」

さやか「いいの…?恭介……」

恭介「一緒に背負って行こう?僕達は、恋人なんだから」

さやか「恭介ぇ…うあぁぁん…」ギュウ

杏子「あぁぁぁぁぁ!!!」

ほむら「シャラップ!帰るぞ、邪魔しちゃ悪い」

杏子「チッ…」

ほむら「ほむらワゴンはクールに去るぜ…」
杏子「杏子ワゴンもクールに去るぜ…」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:12:06.64 ID:wOi5DyAA0
ワゴンやめろwww




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:12:09.90 ID:dNwKo0FkO
ほむら「さて、ワルプルギスも明日となりました」

さやか「ホントに来るんだ…その最強最悪の魔女が…」

杏子「何で明日って知ってんだ?」

ほむら「間違いないのだ」

マミ「ほむらさんでも敵わないの?そのワルプルギスには」

ほむら「どんなに強くなっても勝てなかった…今んとこ999敗だ」

マミ・杏子・さやか「…………」ゴクリ

ほむら「だからこそ、ワルプルギスは今度こそ潰す!!この、1000回記念で!!!」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:14:32.51 ID:dNwKo0FkO
―――――ワルプルギス当日

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

さやか「気合い入れるために、必殺技名考えちゃいますか。マミさんに倣って」

杏子「んなダセェことできっかよ」

マミ「…………」

ほむら「へー、三人は叫ぶのに一人だけ叫ばないんだ」

さやか「ノリ悪ーい」

杏子「チッ…!分かったよ…」

ほむら「出現したらソッコー必殺技を叩き込むぞ。暴れ出さない内に」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:18:08.26 ID:dNwKo0FkO
―――――

マミ(もう私は一人じゃない…戦える……!そして、幸せになる…!)

さやか(恭介……あたし、頑張るから…)

杏子(…技名叫んでみるのも、良いかもな……なんかノってきたぞ)

ほむら(絶対に倒す…!ワルプルギス!!!)

パリィィィィン!

ワルプルギス「キャハハハハハハハ!!!」

ほむら「いくぞっ!!!」

マミ「ティロ・フィナーレ!!!」

さやか「さやかちゃーんスラーッシュ!!!」

杏子「エターナルカオススピアーハリケーン!!!」

ほむら「台風投げ!!!」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:20:41.19 ID:dNwKo0FkO
―――――

ワルプルギス「アーッハハハハハハハハハハハハ!!!!」

杏子「つよすぎる……」

ほむら「何故だ…!何故勝てん…」

マミ「……」

さやか「ピンチ…かも……」

ほむら(1000回挑んで……何で一回も勝てない……!何で……ワルプルギスを倒すために、自分を磨いて…仲間を増やして……)

タッタッタッタッ

まどか「―――みんな!」

恭介「さやか!」

ほむら「君達…!避難所で待ってろって言ったろ!」

さやか「恭介…何で来ちゃったんだよ……」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:22:29.25 ID:dNwKo0FkO
QB「まどか、決心がついたかい?」

まどか「うん、私魔法少女に―――」

恭介「僕も魔法少女に―――」

QB「お前は何を言っているんだ」

ほむら「待てっ!まど―――」

ほむら(…何で止めるんだ?まどかが魔法少女になれば…ワルプルギスを倒せる………念願が叶うんだ……何で…)

ほむら(………違うだろ…)




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:25:13.46 ID:dNwKo0FkO
~~~~~~~~~

――――1周目

ほむら「私は、彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい…」


――――5周目

ほむら「誰も、未来を信じない。誰も、未来を受け止められない。だったら、私は…」

――――10周目

ほむら「もう、まどかには戦わせない。全ての魔女は、私一人で片付ける。そして今度こそ、ワルプルギスの夜を、この手で!」

――――100周目

ほむら「まどかを…守る…!ワルプルギスを…倒す…!」

――――200周目

ほむら「他の全てが上手くいっても、プルプルギスを倒すことが出来ない…何故……」

――――300周目

ほむら「鍛えるしかない」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:27:15.96 ID:dNwKo0FkO
――――400周目

ほむら「太鼓の達人をやるとゲーセンが崩れるレベルの腕力を手に入れた。これなら…!」

――――500周目

ほむら「ウハハ!勝てないや!ヌルヌルギスに勝てないよーう!イィッヒッハッハー!!!」

――――600周目

ほむら「ギギギ……ギ…ギギギギギ………」

――――800周目

ほむら「ぐへへへへ!ヒ、ヒィーッ!!!」

――――990周目

ほむら「理性に返ったぞっ!!何か知らないけどまどかを魔法少女にしちゃいけなくて、あとジョルジョルジョスを潰さなきゃいけないんだ!」

~~~~~~~~~




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:31:10.79 ID:dNwKo0FkO
ほむら(そうよ…何を間違えていたんだろう…)

ほむら(私の一番の願いは、ワルプルギスを倒すことじゃない…!まどかを守ること…!)

QB「さぁまどか、君はどんな願いを…」

ほむら「その必要はないわ!」

まどか「…ほむらちゃん?」

恭介「身体が金色に光ってる…」

ほむら「私は今気づいた!どんなに強い力を手に入れても、正しい心で使わなきゃそれは本当の力にはならない!」

QB「なんだ……あの気は…」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:34:40.45 ID:dNwKo0FkO
マミ「凄い…」

さやか「神々しい…」

杏子「セイント・ほむら…」

ワルプルギス「キャハハハハハハハハハハハ!!!」

ほむら「いくわよ…!」

ほむら「1000回記念クラッシャーーーー!!!」

ズオオオオオオオオオオオアッ!!!!!!

ワルプルギス「ギャアアアアアアアア!!!」

パリィィィィィィン!!!!




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:39:36.47 ID:dNwKo0FkO
杏子「すげぇ……本当に倒したんだ…」

マミ「今分かったわ。宇宙の心は彼女だったのよ」

恭介「さやかっ!」ダッ!

さやか「あはは……ボロボロですわ…。恭介が来てくれて、嬉しかったよ…」

恭介「さやか…」

杏子「痒い」

ほむら「や…やった……いっぱい時間かかったけど、やっと…」クラ…

まどか「ほむらちゃんっ!」

ほむら(一番大切な友達の、笑顔を守れた…)




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:43:36.79 ID:dNwKo0FkO
―――――数日後

まどか「おはようございます、マミさん」

ほむら「おはようございます」

マミ「おはよう、まどかちゃん、ほむらちゃん」

マミさんは、私達の名前を下の名前とちゃん付けで呼んでくれるようになりました。最近はこの三人で登校することが多いです。

さやかちゃんは、上条君や仁美ちゃんと一緒に登校しています。

さやかちゃんと上条君はラブラブすぎて、私達は最近近づけません。

仁美ちゃんと二人は複雑な関係ですが、上手くやっているみたいです。

恭介「朝にさやかを見ると、凄く安心するんだ」

さやか「おやおや恭介さん、さやかちゃんの可愛さにメロメロですな~」

さやか「あたしも…恭介と毎日一緒に登校できて嬉しいよ」ボソッ

仁美「痒いですわ」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:44:44.67 ID:dNwKo0FkO
―――――

杏子「おう、今登校中か」

まどか「杏子ちゃん」

ほむら「おはよう」

マミ「杏子ちゃん、おはよう」

杏子「さやかは居ねぇんだな」

ほむら「…ふふっ」

杏子「何がおかしいんだよ!」

杏子ちゃんはワルプルギスを倒した後も私達と交流を続けています。

マミさんのお家で暮らしていて、最近は見滝原中学に入学する手続きをしているらしいです。

"ワルプルギスの夜"が終わって一番変わったことと言えば――――




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:46:15.81 ID:dNwKo0FkO
まどか「…」ジッ

ほむら「…?」

ほむらちゃんの雰囲気が変わりました。

ほむらちゃんいわく「一周目に近いフォルム」らしいです。何のことだか分かりません。

でもたまに色んな「周回」の人格が飛び出てくるらしいです。




185 :こーい、ワルプルギスこーい:2013/01/17(木) 03:48:03.90 ID:dNwKo0FkO
―――――

ほむらちゃんはあまりその電波な話題の部分を話してくれません。

でも何となく私は分かるのです。

ほむらちゃんは、私の知らないところで頑張り、私を守ってくれたということ。

まどか「―――ほむらちゃん」

ほむら「まどか、どうしたの?」

まどか「ありがとう」

ほむら「こっちこそありがとなチェゲラッ!!!」

まどか「また別の人格出てる…」







186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:48:37.84 ID:ECvjo+O+0

おもしろかったよ!




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:48:53.71 ID:/1no+zZ30





188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:49:12.11 ID:8mXGtO8O0
乙!!




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 03:49:33.69 ID:jcrhNk0O0
YATTAっ!YATTAっ!
おつかれさま





--------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか 劇場版ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか 劇場版ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成)
グッドスマイルカンパニー 2013-02-28
売り上げランキング : 217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか 制服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) RAH MGM 暁美ほむら 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど アルティメットまどか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ KEY ANIMATION NOTE extra 始まりの物語 永遠の物語



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2013/01/20(日) 01:39: :edit
    こーい、ワルプルギスこーい
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 01:47: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 02:06: :edit
    やっぱ世の中必要なのはコミュ力なんですねぇ…
  4. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/20(日) 02:36: :edit
    チェゲラッ!!!
  5. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/20(日) 02:39: :edit
    >950回くらい魔女化してる

    まで読んだ。これは笑った。
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 02:54: :edit
    タイトルからはっぱ隊を想像してしまったのは俺だけでいい筈
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 04:14: :edit
    YOU YATTA NE
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 06:01: :edit
    オッケーブラザー! ノリノリじゃーん!
  9. 名前: 名無しさん #TNMtb/9k: 2013/01/20(日) 08:38: :edit
    関係無いけど“オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて”って文の“('∇')つ当ブログについて”の所が“八つ当ブログ”に見える。
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 09:21: :edit
    これは良SS
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 09:53: :edit
    見た目がメガほむのままだったらもっと面白いかも
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 10:19: :edit
    83年と4ヶ月か…
    そりゃいやになるわww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 12:20: :edit
    IT'S A COOL!
    ほむらちゃんはグラサンかけたナイスガイに違いない
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 14:30: :edit
    俺ヴォイスで再生されるわwww
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 15:30: :edit
    俺は千和ヴォイスで再生できたぞ!
  16. 名前: ななし #-: 2013/01/20(日) 16:39: :edit
    ハッピーエンドで何より(*´д`*)
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/20(日) 18:11: :edit
    オイ、ほむらっち…途中でクールポコになってるぜwwww
  18. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/20(日) 19:54: :edit
    ほむらがアフロヘアで脳内再生されたw
  19. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/20(日) 20:19: :edit
    >恭介「僕も魔法少女に―――」

    不意打ちわろたw
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/21(月) 15:04: :edit
    ワルプルギスの最期が、セイント・ほむらのせいで車田飛びしたイメージしか湧かない。
  21. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/22(火) 17:24: :edit
    淵やんは例えばこんな結末にならないように丹念に丹念に自分を黒く塗り潰していったんやね
    コワイ
  22. 名前: あ #-: 2013/01/24(木) 13:41: :edit
    暁見ほむら:CV宮野真守
  23. 名前: 安心の名無しクオリティー #-: 2013/01/24(木) 15:42: :edit
    ボディーブローとレバー打ちしか無かった……w なかっwwwたwwwwwwんやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/26(土) 22:19: :edit
    なぁ~にぃ~? やっちまったな!

    お米食べろ!


    見滝原でも流行っております。
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/08(金) 15:30: :edit
    ※22
    俺は何故か高木渉さんの声で脳内再生されたZE!!!!!!!!!
  26. 名前: #: 2013/09/22(日) 18:10: :edit
    このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。