杏子「だからさ、あんたは、どこまでも真っ直ぐ突っ走れよな……」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/06(日)
1 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:38:59.82 ID:PLiKQEpF0
杏子「………なんつーか、久しぶりだな、この街も」

QB「どうして急に見滝原に帰って来ようと思ったんだい?」

杏子「ん、何、ちょっとした気まぐれさ。あれから、あたしも随分強くなったつもりだし。あの時の決着をさ、付けてやろうかなと思ってよ」

QB「あの時の決着?」

杏子「あんただって知ってるハズだろ?昔、あたしとマミがコンビを組んでた時の事」

QB「キミは未だにあの時の事を根に持っているのかい?」

杏子「当然。あの甘ちゃんを、いつかぶちのめしてやる。あたしはずっとそう思い続けて来たんだ。そして今回、いよいよそれを実行してやろうと思った。ただ、それだけのことさ」

QB「やれやれ、相変わらずキミ達人間の考えることはわけがわからないね」

杏子「元々わかってもらおうとも思っちゃいないさ」




2 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:40:12.27 ID:PLiKQEpF0
QB「そう簡単にはいかないと思うけどね?」

杏子「へぇ?なんか思うところがあるみてーじゃん?」

QB「今、この街にはマミの他に二人の魔法少女がいるからね。さすがに三人がかりでは、キミも勝ち目なんてないんじゃないのかい?」

杏子「………いつの間にお仲間なんて出来たんだよ、あいつ」

QB「ここ最近の事だよ」

杏子「ずいぶん端折った説明だなオイ。ま、あたしの狙いは元々マミ一人だ。その他の魔法少女の事は、まぁ、マミをぶちのめした後にでもどうするか考えるさ」

QB「じゃあ、まずはマミからなんだね」

杏子「まずは、っつーか、それ以外の事は考えてないってのが正直なところだけどね」

杏子「一応聞いとくけど、止めるとか言わないよねぇ?」ニヤァ

QB「キミ達のやることには僕は基本的には口は出さないさ」

杏子「そんだけ聞ければ十分だ。さて、久しぶりに師匠の顔でも拝んでやろうじゃねーの!」




3 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:40:47.56 ID:PLiKQEpF0
―――数日後 見滝原商店街・路地裏

杏子「まずはこの街に出没する魔女を適当に狩ってやるか。マミはこの街を守る魔法少女なんだし、反応が消えりゃ怪しむだろうからな」

アルベルティーネ「キャハハハ」

杏子「耳に残る笑い声をする奴だな!こいつで終いだ!!」バシュン

ズダダダダダ!!

アルベルティーネ「キャ…ハハ…」ボロボロ

ズアアアァァァァァ―――

コンコンコン……

杏子「一丁上がりってね」ヒョイ




4 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:41:18.84 ID:PLiKQEpF0
杏子「さて、ここで待ってりゃマミは姿を現すかなー……っと」

「あれ?魔女の反応消えちゃった……?」

杏子「!」

さやか「おっかしーな……間違いなく反応してたはずなんだけど」ポリポリ

杏子「……なんだ、あんた?」

さやか「へ?って、うお!?ま、魔法少女!?」バッ

杏子「そっか……キュゥべえの言ってた、マミの他にいる二人の魔法少女……あんた、その内の一人だな?」

さやか「ほっ……なんだ、マミさんの知り合いか。身構えて損しちゃった」カシャン




5 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:42:00.10 ID:PLiKQEpF0
杏子「あたしがマミの知り合いってだけで、気を許していいのか?」

さやか「え?」

杏子「そらっ!!」

さやか「っ!!」

ギギィンッ!! ガンッガキャアァァン!!

さやか「っ、と、とと……」ヨロヨロ

杏子「へぇ!中々いい反応すんじゃん?」

さやか「な、何すんのよいきなり!?」




6 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:42:53.04 ID:PLiKQEpF0
杏子「そりゃこっちのセリフだね。人が狩りをしてる場に堂々と姿を現すとか、何考えてんだ?」

さやか「何を、って……あたしはただ、魔女捜索をしてただけで……」

杏子「奇遇だね、あたしも魔女捜索をしてただけだよ。んで、見つけた魔女を狩ったってわけ。ホレ、今さっき手に入れた戦利品」スッ

さやか「!」

杏子「大体あんた、躾もなってねーな?先輩に向かってそのクチの聞き方はなんだよ?」

さやか「せ、先輩……?」

杏子「どうせあんた、契約したばっかりのひよっこだろ?」

さやか「まぁ、そうだけど」

杏子「こっちは長い間魔法少女やってんだから、先輩だろ。ほれ、わかったら口調直せ」

さやか「………と言われても……あたし、あんたの名前知らない、ってうわ!?」ヒュッ

杏子「クチの聞き方がなってねーって言ったばっかだろうが」

さやか「はいはいわかりましたー先輩。で、先輩のお名前はなんと仰るんですかー?これでいい?」

杏子「舐めた奴だな……」




7 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:43:31.49 ID:PLiKQEpF0
さやか「舐めてんのはどっちだって話だよ」

杏子「あ?」

さやか「あんたもマミさんと知り合いなら知ってるでしょ?今、この街はマミさんの縄張りなんだよ?マミさんの知り合いみたいだけど、マミさんは他の魔法少女のことは何にも言ってなかったし」

杏子「……マミさんマミさんと、うるせえ奴だな」

さやか「何よ?」

杏子「はんっ!あの甘ちゃんに入れこんでる奴のことだ!どうせあんただって、この力を正義の為にだとか人助けの為にだとか言い出すんだろ!?」

さやか「え、え?」

杏子「どうなんだよ!?」

さやか「な、何いきなり怒ってるのさ……」

杏子「あーくそ、いらつく!」




8 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:44:31.44 ID:PLiKQEpF0
さやか「あんた、マミさんの何なの?」

杏子「人にモノを訪ねる時は、まず自分から言ってみろよ?」

さやか「え、あたし?」

杏子「ま、あんたの事なんて興味もねえけどな」

さやか「あたしは……マミさんの、何なんだろ。一応、後輩ってことには、なると思うけど」

杏子「やっぱりな。あいつと同じで、使い魔も狩るタイプだろ?」

さやか「当然じゃん。使い魔だって、人間を襲うんだし」

杏子「マミだけでも苛立つってーのに、それと同じような考えの奴が更に増えたのかよ。やってらんねーなオイ?」

さやか「……何を言いたいのかわかんないけど。てか、いい加減名前教えてよ」

杏子「人にモノを訪ねる時は……」

さやか「あーもうめんどくさいな!あたしの名前は美樹さやか!これでいい!?」

杏子「……」




9 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:45:30.92 ID:PLiKQEpF0
さやか「ってか、結局あんただってマミさんの何なのかって質問に答えてないじゃない!」

杏子「あたしの名前は佐倉杏子。昔、巴マミとコンビを組んでた魔法少女だ。……これでいいか?」

さやか「佐倉杏子、ね。で?昔組んでたってことは、今は組んでないんでしょ?」

杏子「ま、そうだな。あいつの甘い考えになんて付き合ってたらグリーフシードがいくつあったって足りやしねえ」

さやか「それを今更ノコノコと帰って来たっての?」

杏子「………言ってくれるじゃねーか、ひよっこが」

さやか「あたしの事は今は関係ないでしょ?何?マミさんと何があったか知らないけどさ。詫びでも入れに来たってんならあたしに構ってないでさっさとマミさんとこに行けばいいじゃない」

杏子「詫びだ?誰があいつに頭なんて下げるかっつの」




10 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:47:03.75 ID:PLiKQEpF0
さやか「……はぁ。さっきっから一向に話が進んでないよ。とにかく、あんたが魔女を倒したってんならもうここには用ないし。
     あたしは行くからね。あんたもマミさんに用があるってんなら、こんなところで道草食ってないでマミさんとこ行きなよ」

杏子「あっ、おい待てよ!」

さやか「さて、他に魔女か使い魔の反応はー……っと」

スタスタスタ……

杏子「行っちまいやがった……なんなんだあいつは」




11 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:47:37.96 ID:PLiKQEpF0
QB「やあ、杏子」

杏子「キュゥべえ?」

QB「どうだい?マミとは接触出来たのかい?」

杏子「いや……なんか青い奴?が現れた」

QB「青い奴?と言うと、美樹さやかの事かな」

杏子「そうそう、そんな名前の奴。なんなんだ、あいつは?」

QB「なんなんだと言われても……最近契約して、魔法少女になったとしか言いようがないね」

杏子「願いは?」

QB「とある少年の腕を治して欲しい、だったね」

杏子「! ………」




12 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:51:48.24 ID:PLiKQEpF0
QB「それがどうかしたかい?」

杏子「………別に」

杏子(たった一回の奇跡を他人の為に……か)

QB「どこに行くんだい、杏子?」

杏子「なんか白けちまった。今日はもういいや、戦利品もひとつ手に入ったことだしね」




13 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:52:17.85 ID:PLiKQEpF0
―――マミの家

杏子「………なんであたしは、こんなところに足を運んでんだ……」

杏子「考えてみりゃ、あたしって見滝原はここくらいしか来たことないんだよな……」

杏子「ちっ、らしくねぇ。とっととねぐら決めねえとな」クルッ

ガチャリ

杏子「っ!」

マミ「ふんふーん……?あら?」

杏子「…………」

マミ「さ……佐倉さん……?」

杏子「……よ、よぅ」

マミ「………」

杏子「じ、じゃああたしは行くから!んじゃな、マミ!」タッ

マミ「あっ……。………」




14 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:52:47.55 ID:PLiKQEpF0
~~~

杏子「ふぅ……焦った」

杏子「………ん。この反応は……」

ウーラ「――――」

杏子「ちっ、使い魔かよ。ほれ、見逃してやるからとっとと逃げろ」

ウーラ「―――!」

杏子「ちゃんと人間食って、グリーフシードを孕むんだぞー」

杏子「さて、気を取り直してねぐらでも……!」

杏子「さっきの使い魔の反応が……無くなった?」

杏子「まさか……」タッ




15 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:53:24.24 ID:PLiKQEpF0
さやか「ふぅ!今のは使い魔だったみたいだね?」

ほむら「そう、みたいですね……」

まどか「でもよかった!魔女になっちゃう前に倒すことが出来て」

杏子(………魔法少女が三人だと?)

ほむら「っ……だ、誰ですか?」

杏子(っ!)

さやか「ん?どうかした、転校生?」

まどか「………」

ほむら「そこの、物陰に隠れてる人。出てきてください」




16 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:54:36.72 ID:PLiKQEpF0
スタスタ

杏子「………よくあたしがここに隠れてるのに気付いたな?」

さやか「あっ、あんたさっきの!」

杏子「よう、ひよっこその一」

さやか「ひよっこその一!?」

杏子「で、そこのピンクいのがひよっこその二」

まどか「わ、わたしの事?」

杏子「そこの眼鏡がひよっこその三……って言いたい所だが、どうやらアンタはそこそこ経験を積んでるっぽいな?」

ほむら「………」




17 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:55:52.00 ID:PLiKQEpF0
まどか「えっと……誰?」

杏子「誰、な。こいつを見せればわかるか?」スッ

ほむら「! ま、魔法少女?」

さやか「何しに来たのさ、佐倉杏子?マミさんに用があってこの街に来たんじゃないの?マミさんには会った?」

杏子「何であんたに心配されなくちゃなんねーんだよ。余計なお世話だ」

さやか「あ、そ」

ほむら「あの、お、お名前聞かせてもらってもいいですか?」

杏子「あん?」

ほむら「………」

杏子(なんだこいつ……?)




18 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:56:40.02 ID:PLiKQEpF0
まどか「わたしも、お名前教えてほしいな。あ、わたしは鹿目まどか。こっちのみつあみの子が暁美ほむらちゃん。それで、こっちのショートヘアの子が美樹さやかちゃん」

杏子「仲良しこよしの魔法少女チーム、ってか?」

まどか「え、あの……?」

杏子「ふん、気に入らねーな。あたしとも仲良く出来たらいいな、とかそんな甘い考え持ってんじゃねえだろうな?」

まどか「っ……」

さやか「ちょっと?まどかの事いじめないでよ」

杏子「………あたしの名前は佐倉杏子。この街にはグリーフシードを集めに来てるだけだよ」

ほむら「え、えと……佐倉さん!」

杏子「何だよ?」

ほむら「も、もし、その、よかったら……わたし達と一緒に戦いませんか?一人で戦うよりも、安全に魔女と戦えると思うんです」

杏子「お前、たった今あたしが言った事を忘れたのか?」

ほむら「………」




19 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:57:34.60 ID:PLiKQEpF0
杏子「甘いな。決めた、あんたのあだ名は『甘ちゃん』だ」

ほむら「さ、佐倉さん……」

杏子「それよりもさぁ?聞きたい事があるんだけど」

まどか「な、何、杏子ちゃん?」

杏子「今、こっちの方に魔女の使い魔来たよな?」

さやか「あー、なんか真っ暗な結界を作ってた奴が来たねえ」

杏子「あんたら、その使い魔をどうした?倒したのか?」

まどか「え?うん、もちろんそうだよ?」

杏子「………はぁ~……やっぱ、甘い奴のお仲間は甘い奴しかいないんだな?」




20 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:58:26.89 ID:PLiKQEpF0
ほむら「どういうこと、ですか?」

杏子「いいか?使い魔なんて倒したってグリーフシードは手に入らないだろうが。それがわからないほど馬鹿じゃないよなお前らも?」

さやか「……何が言いたいのさ?」

杏子「わざわざそこまで言わなきゃわかんねーか?ん?」

さやか「っ……!」ダンッ

杏子「おっと!」ギィィン!!

さやか「このっ……あんた!使い魔が魔女になるのを待てとでも言いたいの!?」グググッ…

杏子「よくわかってんじゃねーかひよっこその一。そうだよ、使い魔なんて倒したってただ魔力をいたずらに消費するだけじゃねーか」ギギギッ

さやか(っ……すごい力っ……ビクともしない)ググググッ……

杏子「通りで、魔女も少ないわけだ。こんだけの数の魔法少女がひとつの街に留まって、しかもその全員が使い魔まで律儀に倒すような奴らが集まってりゃ、気配も薄くなるわな」ギギギギッ




21 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:58:59.39 ID:PLiKQEpF0
まどか「さ、さやかちゃん!杏子ちゃんもやめて!」

杏子「ふん、うぜぇ」グンッ

さやか「うわっ!?」グラリ

ドサッ

杏子「ま、あたしが言いたいのはそんだけさ。せいぜい、四人で仲良しこよししてろよ。じゃーな」

スタスタスタ




22 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/09(火) 01:59:46.03 ID:PLiKQEpF0
さやか「っ……あいつっ……!!」

まどか「さ、さやかちゃん、大丈夫……?」

さやか「あつつ……なんとか、ね」ポンポンッ

ほむら「佐倉……杏子さん……」

ほむら(前回、前々回の時間軸では出会った事の無い魔法少女が、この時間軸で……)

ほむら(この時間軸では美樹さんも契約しているし、もし佐倉さんが力を貸してくれるって約束してくれたら……)

ほむら(わたしと、鹿目さんと、巴さんと、美樹さんと、佐倉さんの五人が揃ったら、ワルプルギスの夜に勝つ事が出来るかもしれない)

ほむら(それに、グリーフシードがどうのと拘ってるって言うことは、もしかしたら佐倉さんは魔法少女が魔女になるって事を知ってるのかも)

ほむら(佐倉さんが味方になってくれたら、きっととても心強いよね)

ほむら(ちょっと怖いけど……説得出来ないか、考えてみよう)




27 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:17:26.95 ID:NnmcIUkR0
マミ「みんな、大丈夫だったっ?」タッタッタ

まどか「あ、マミさん!」

マミ「ごめんなさい、遅れちゃって」

さやか「いや、いいんですよ」

マミ「使い魔の反応がしたような気がしたけど、倒した後かしら?」

ほむら「はい、そうです」

マミ「よかった。あなたたちに何かあったらと思うと気が気じゃなくて、走って来たけれど。あなたたちももう一人前ね?」ニコッ

まどか「そんな、わたし達なんてまだまだですよ」




28 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:18:03.52 ID:NnmcIUkR0
ほむら(佐倉さんはいないけど……今のうちに、魔法少女が魔女になるってことを話しておいた方がいいかな)

ほむら「あの、鹿目さん、美樹さん、巴さん。わたしから話したいことがあるんですけど……いいですか?」

さやか「ん?話したい事?」

マミ「何、かしら?」

ほむら「実は……」

―――――
―――





29 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:19:15.84 ID:NnmcIUkR0

―――
―――――

マミ「…………………魔法少女が、魔女に……ねぇ」

ほむら「信じられないかもしれないですけど……事実です」

さやか「………あのさぁ?」

ほむら「な、なんですか、美樹さん?」

さやか「キュゥべえがそんな、あたし達を騙すような真似をして、一体何の得があるってのさ?」

ほむら「そっ、それは、その……」

ほむら(得、って言われても……わたしは実際に、前の時間軸で鹿目さんが魔女になる瞬間を見てきてるのに……)

さやか「あたし達に妙な事吹きこんで、仲間割れでもさせたいの?」

ほむら「そっ、それは違います!確かに、証拠はないですけど……わ、わたしは、前に実際に魔法少女の子が魔女になる瞬間を見た事があるんです!」




30 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:20:12.17 ID:NnmcIUkR0
さやか「………まさかあんた、あの佐倉杏子って奴とグルなんじゃないでしょうね?」

ほむら「どうしてそうなるんですか!?」

まどか「やめなよ、さやかちゃん……それこそ仲間割れだよ」

さやか「いいや。丁度いいし、この際だから言わせてもらうけどさ。あたし、転校生とチーム組むのは反対だわ」

ほむら「っ……」

さやか「マミさんとまどかは飛び道具だからいいかもしれないけどさ、あたしの武器は見ての通り剣なんだよね。それで接近戦してる中で、いきなり爆発とかちょっと勘弁って感じ」

ほむら「うう……」(どうして信じてくれないの……?)

さやか「聞いてんの、転校生?」

ほむら「その、極力美樹さんを巻き込まないように注意してるつもりではいるんですけど……」

さやか「まぁ確かに、実際に巻き込まれたことはないんだけどさ」




31 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:21:14.56 ID:NnmcIUkR0
まどか「こ、この話はここまでにしよう?ね?さやかちゃんも、マミさんも、今日は疲れてるんだよきっと。解散でいい……ですよね、マミさん?」

マミ「えぇ……そうね。今日の所は、魔女の気配もないし、解散でいいわ」

まどか「ほむらちゃん、ちょっと家にお邪魔してもいい?」

ほむら「え?いい、ですけど……」

まどか〈さっきの話、わたしは信じるよ。だから、もうちょっとお話聞かせて欲しいの〉

ほむら「……!」

マミ「鹿目さんは暁美さんの家に行くのね。それじゃあ美樹さん、わたしの家でお茶でも飲んでいかない?」

さやか「いいんですか?それじゃ、ゴチになります!」

マミ「ええ……佐倉さんの事も、話しておきたいし」

さやか「え?あー……そう言えば、あいつもマミさんとは昔コンビを組んでたとか……」

マミ「そう、その辺りの話。しておいた方がいいかな、と思って。鹿目さんと暁美さんにも、後日話をさせてもらうわね」

ほむら「ご、ごめんなさい巴さん」

マミ「ううん、気にしなくっていいのよ。何も話していなかったわたしも悪いのだし、ね」




32 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:22:07.64 ID:NnmcIUkR0
まどか「それじゃ、さやかちゃん、マミさん。また明日」

さやか「ん!じゃね、まどか」

マミ「行きましょう、美樹さん」

さやか「はい、マミさん! ………」チラッ

ほむら「っ! さ、さようなら、美樹さん!また、明日……」

さやか「……ん。また明日ね、転校生」

ほむら「……」

スタスタスタ……




33 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:22:37.40 ID:NnmcIUkR0
まどか「ごめんね、ほむらちゃん。さやかちゃん、悪気があって言ってるわけじゃないと思うんだけど……」

ほむら「ううん、いいんです。何の証拠もなく信じてくれっていうのも、ムシのいい話だって思いますし」

まどか「それで、その、魔法少女が魔女になる、って話なんだけど……」

ほむら「はっ、はい……」

まどか「マミさんとさやかちゃんは信じてなかったみたいだけど、ほむらちゃんは実際に見て来た、んだよね?」

ほむら「そうです」

まどか「どういう状況で、だったのか聞きたいな」

ほむら「………」

ほむら(全部、話しちゃって……いいのかな……?鹿目さんは、信じてくれるかな?)

まどか「………」

ほむら「じ、実は、その……」




34 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:23:18.25 ID:NnmcIUkR0
――――――――――

まどか「一ヶ月前、から……?」

ほむら「そう、です。前の時間軸で、鹿目さんが、魔力を使いはたして魔女になっちゃう所を見たんです」

まどか「わたしが……」

ほむら「……」

まどか「魔力を使い果たしちゃったら、魔女になっちゃう、って事でいいのかな……」

ほむら「多分、そうだと思います。キュゥべえがそう言うことをして、何か得をするのかって言われても、わたし自身鹿目さんが魔女になっちゃった瞬間に時間遡行の魔法を発動させちゃったから……理由とかはわからないんです」

まどか「……じゃあ、グリーフシードは魔法少女にとって命綱とも言えるようなものなんだね」

ほむら「そういうことに、なりますね……そのグリーフシードだって、元は誰かのソウルジェムだったとも……」

まどか「っ……そう言う風には、考えない方がいいんじゃないかな」

ほむら「鹿目さん……」




35 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:24:11.12 ID:NnmcIUkR0
まどか「もしかして、杏子ちゃん、そういうことを知ってるからグリーフシードに拘ってるのかな?」

ほむら「わたしも、そうだと思うんですけど……佐倉さんとは、この時間軸で会うのが初めてなんです」

まどか「え?そうなの?」

ほむら「はい……だから、彼女の事はわたしも何もわかっていないと言うのが正直なところで」

まどか「杏子ちゃんとも、お話してみた方がいいかもしれないね」

ほむら「鹿目さんもそう思いますかっ?」

まどか「うん。元はマミさんと知り合いだって話だったし、きっと杏子ちゃんだって悪い子じゃないよね?」

ほむら「わたし、佐倉さんとお話して、ワルプルギスの夜との戦いに力を貸してくれないかなってお願いしようと思ってたんです」

まどか「そうだったんだ。うん、それじゃ、わたしもほむらちゃんと一緒にお話しに行くよ」

ほむら「ありがとう、鹿目さん」

まどか「気にしなくってもいいよ。わたし達、お友達でしょ?」ニコッ

ほむら「は、はい!」




36 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:24:36.25 ID:NnmcIUkR0
まどか「それじゃ、杏子ちゃん探しに行こっか」

ほむら「どこにいるんでしょうか……」

まどか「杏子ちゃん、魔女を探してるんなら、魔女の反応がする所を探せば会えるんじゃないかな?」

ほむら「でも、ソウルジェム、反応してません……」

まどか「んー……それじゃ、今日はもう無理かなぁ」

ほむら「かも、しれませんね」

まどか「それなら、後日改めてにしよう?」

ほむら「そうですね……手掛かりがないんじゃ、どうしようもないですし」




37 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:25:12.65 ID:NnmcIUkR0
―――マミの家

マミ「………これが、わたしと佐倉さんの昔の話。ちょうど一年くらい前の事ね」

さやか「………そう、だったんですか……」

マミ「あの日から今まで、佐倉さんとは会う事はなかったの。佐倉さん、元々住んでいた場所は風見野だしね」

さやか「自身の祈りに裏切られて、自棄になって……」

マミ「わたしも、佐倉さんは放っておけないと思って何度か風見野の方に足を運んだことはあるのだけれど……佐倉さん、雲隠れしたかのように姿を見せてくれなくって。いつの間にか、わたしも風見野へ足を運ぶのはやめてしまったわ」

さやか「でも、無事でよかった、って思いません?」

マミ「そうね……とりあえずは安心って所かしら。わたしには、しっかりと顔を見せてくれていないけれど」




38 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:25:52.43 ID:NnmcIUkR0
さやか「………」

マミ「佐倉さんの事、気になる?」

さやか「そりゃ、まぁ、身の上を聞いちゃったら気になっちゃいますよ」

マミ「……そうね。佐倉さんも美樹さんも、他人の為の祈りで契約したって点では共通点があるのだし」

さやか「ちょっと、あいつの事誤解してた……のかな」

マミ「それでも、使い魔を放置しているのはあまりいい事ではないわね」

さやか「っ……」

マミ「きちんと話せば、佐倉さんもわかってくれるってわたしは信じているけれど……問題は、佐倉さんの方にその気がないって所なのよね」

さやか「まぁ、またいつか顔を見せることもあるんじゃないです?」

マミ「この街にいる以上、嫌でも顔を合わせる機会はあるでしょうね」

さやか「その時にでも、マミさんの魔法で無理やりふんじばってやって話をするとか?」

マミ「うふふ……無理やりはよくないわよ?」

さやか「あっはは!でも、一度ちゃんと話、してみたいですね」

マミ「ええ……そうする事が出来れば、きっと一番いいのよね」




39 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:26:35.85 ID:NnmcIUkR0
―――ホテルの一室

杏子「ちっ……気に入らねー」ガツガツ

QB「ずいぶんと荒れてるようだね、杏子?」

杏子「アンタはいっつもどこから姿を現すんだ……」

QB「どうかしたのかい?」

杏子「何もしねーさ。つかキュゥべえ、あたしがこの街に来た時に聞いた話と魔法少女の数があわねーぞ?」

QB「え?」

杏子「確か、マミの他にもう二人って話じゃなかったのかよ」

QB「ああ。杏子がこの街に来たその翌日に、新しい魔法少女が姿を現したのさ」




40 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:27:11.73 ID:NnmcIUkR0
杏子「契約した、じゃなく、姿を現した、か」

QB「うん」

杏子「………暁美ほむら、って奴か?」

QB「おや、知っているのかい?」

杏子「今日、ちょっとだけな」

QB「ほむらについては、僕も詳しい事は知らないんだよね。そもそも契約した覚えもないし」

杏子「はぁ?」

QB「他の街で契約した、ってこともないはずなんだ」

杏子「なんだそれ……キュゥべえにもわからない魔法少女なんて、いるんだな」




41 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:27:55.59 ID:NnmcIUkR0
QB「こんなことは滅多に起こることじゃないから、僕もちょっと戸惑っているんだよ」

杏子「ふーん……」

杏子(あいつ……身のこなしを見る限りじゃ、ただの素人にしか思えねえが……あたしが気配を消してても、あの中じゃあいの一番にあたしに気付いてたな)

杏子(ズブの素人、ってわけでもないみたいだが……何なのか、よくわかんねー奴だ)

杏子(一筋縄じゃ、いかねえかもな……ま、いざとなったら風見野に帰るだけだし)

杏子(もう一人……美樹さやかって奴の事も気になるといやあ気になるな。他人の為の祈りでって所で引っかかる)




42 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/10(水) 01:28:41.10 ID:NnmcIUkR0
杏子「……ふん。あたしが誰かの心配するなんて、それこそどうかしてんな」

QB「心配?」

杏子「なんでもねーよ。どっか行きな」

QB「やれやれ。マミ達にちょっかいを出すのは構わないけれど、あまり事を荒立てないでくれよ」

杏子「うるせぇな、お前の指図は受けねーよ」

QB「………」トコトコ

杏子(考えるのはやめだやめ。まぁ、また明日はち合わせたら……そん時は、そん時だな)ゴロン

杏子「ふわぁぁ……」ウトウト




47 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:11:35.54 ID:XKBhOhwk0
杏子「ふわぁぁ……」ウトウト

翌日・校門前―――

杏子「さて、どうするか……」

杏子(マミ一人と接触出来りゃ、それが一番なんだけどな……今じゃ、その他に三人の魔法少女がいやがる)

杏子(なんとかして、マミ一人を誘い出せればいいんだが……)

杏子「! 出てきたな……」コソッ

ほむら「あの、今後の事なんですけど……わたし、爆弾以外の武器の事、考えてみようと思うんです」

さやか「他の武器?」

ほむら「はい。爆弾だけじゃ、どうしても接近戦をする美樹さんの邪魔をしてしまうと思いますから」

さやか「………」




48 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:13:16.78 ID:XKBhOhwk0
ほむら「だから、それについて答えが出るまでは、美樹さんは巴さんと行動してください」

マミ「暁美さんはどうするつもり?」

まどか「ほむらちゃんとは、わたしが一緒に行動しようと思います」

マミ「鹿目さんが?」

まどか「はい!わたしの武器なら、ほむらちゃんの爆弾に巻き込まれる心配もないですし」

さやか「……あたしは、言った事を撤回するつもりはないからね?転校生がそう言ったからには、期待させてもらうよ?」

ほむら「!」

さやか「まぁ、昨日はあたしもちょっと言い過ぎた。……それについては、ごめん」

ほむら「いえ、気にしないでください。わたしも自覚はあるつもりですので」




49 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:14:13.71 ID:XKBhOhwk0
さやか「……また、一緒に戦える日が来るのを待ってるから」

ほむら「美樹さん……!」

さやか「あーもう!こっぱずかしい事言わせないでよ!マミさん、行こう!」スタスタ

マミ「ふふっ……ええ、了解よ」スタスタ

杏子(しめた!今日はマミとあのひよっこその一の二人か!)

杏子(甘ちゃんの方も気になるが、とりあえずはマミの方を追いかけるか)タッタッタ



まどか「それじゃほむらちゃん、杏子ちゃんを探そっか」

ほむら「はい、鹿目さん!」




50 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:15:36.61 ID:XKBhOhwk0
路地裏―――

マミ「こっちの方ね……」スタスタ

さやか「よくわかりますね、マミさん……あたしだったら、この小さな反応だったら気付かないかも」

マミ「その辺りは、経験が物を言う世界ね。美樹さんも、経験を積めば感知できるようになると思うわよ?」

さやか「そうかなぁ……」

杏子「よっ、お二人さん?」

マミ「!」

さやか「……佐倉杏子っ……」

杏子「ひよっこは下がってろ。あたしはマミに用があって来たんだ」

マミ「………何かしら?」




51 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:16:35.67 ID:XKBhOhwk0
杏子「何もへったくれもあるかよ。相変わらず、使い魔も狩ってるんだな?」

マミ「ええ、そうよ。当然でしょう?」

杏子「っ……今追いかけてるのが使い魔だってのも承知済み、ってか?」

マミ「そちらも当然」

さやか「いや、あたしは知らなかったけどさ」

杏子「ま、使い魔との鬼ごっこは一旦終わりだ。ここからはあたしと勝負してもらおうか?」チャキッ

マミ「あなたは……」

杏子「なんだよ?怖気づいたか?」

マミ「………美樹さん、危ないから下がってて」

さやか「えっ、マミさん!?」

杏子「そう来なくっちゃ!」




52 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:17:28.02 ID:XKBhOhwk0
さやか「ちょっ、ストップストップ!」

杏子「引っ込んでろっつったろうがひよっこ」

マミ「美樹さん……?」

さやか「ここはあたしに任せてください、マミさん」

マミ「……」

杏子「お前があたしとやるってのか?随分な……」

さやか「杏子っ!」

杏子「っ!」

さやか「あたし、あんたともっと話がしたいの!」

杏子「あたしと話だと……?」




53 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:19:18.80 ID:XKBhOhwk0
さやか「マミさんから、聞いたよ。杏子の事……」

杏子「っ……」

さやか「実はあたしもさ、自分の為の祈りで契約したんじゃないんだよね」

杏子「……知ってるよ。キュゥべえから聞いた」

さやか「キュゥべえから?全く、あいつは……」

杏子「……それで?」

さやか「うん。……これはあたしの勝手な想像だけどさ。杏子はきっと、昔はあたしと同じだったんじゃないかって思うんだよ」

杏子「っ……」

さやか「愛と正義が勝つ!って言うのかな。照れ臭いけど、どこまでも真っ直ぐ突っ走れるような気がしてさ」

杏子「……黙れ……」

さやか「祈りに裏切られて、自棄を起こすのは仕方ないと思う。でも、あたしとマミさんは、杏子の事、信じてるよ。きっとまた、一緒に戦える日が来るんじゃないか、って」

杏子「……黙れよ……」




54 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:20:13.27 ID:XKBhOhwk0
さやか「……ねぇ、杏子。もう、やめよう?杏子だって、わかってるでしょ?」

杏子「うるっせぇ!!」ダンッ

さやか「っ!!」

ギィィン!!

杏子「黙って聞いてりゃ、正義だとか、一緒に戦えるだとか……!!知った風な口聞いてんじゃねえよ!!」ググググッ…

さやか「くっ……そんなに、怒るのがっ……何よりの証拠じゃん……!」グググッ…

杏子「この野郎っ……!?」

グルグルグル

杏子「んなっ!?」ドサッ

マミ「そこまでよ、佐倉さん」




55 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:21:05.61 ID:XKBhOhwk0
さやか「はぁ、はぁ……マミさん……?」

マミ「美樹さん、佐倉さんの正直な気持ちを聞いてみましょう?」

さやか「……」

杏子「くそっ!何なんだてめぇらは!?あたしの、心に……土足で上がり込んで来るんじゃねえよ!!」

マミ「そういうわけにはいかない。今の佐倉さん、あの時と同じ……いえ、それ以上に酷く見えるわよ」

杏子「うぜぇ!!あたしに構うな!!」

さやか「……杏子……」

杏子「馴れ馴れしく呼ぶんじゃねえよ!!てめぇがあたしと同じだと!?んなわけねえだろうが!!お前はいいよな、祈りに裏切られるような事もねえしよぉ!?」

さやか「っ……」

杏子「他人の為の祈りだぁ!?結局あたしだって、自分に見返りがあるって信じてたんだよ!!お前だってそうだろうが、さやか!?」




56 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:21:48.42 ID:XKBhOhwk0
さやか「………否定はしないよ」

杏子「っ!!?」

さやか「そうだよ。あたしも、杏子と同じ。口では見返りなんていらないって言ってるけど。心のどこかでは、見返りを求めてる」

杏子「………」

さやか「マミさん。杏子、解放してあげて」

マミ「……いいの?」

さやか「うん、いいの」

マミ「……」スッ

パァァァ……




57 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:22:39.85 ID:XKBhOhwk0
杏子「………」スクッ ダッ

さやか「杏子っ!」

杏子「っ…」ピタッ

さやか「もし、あたしに言いたい事があるんなら……明日の夕方、風見野と見滝原の境界の橋で待ってる。そこに、来て欲しい」

杏子「………」

さやか「待ってる、から」

杏子「……………」ダッ

さやか「………」

マミ「美樹さん……?」

さやか「大丈夫です、マミさん。杏子の事……なんとなくだけど、わかったような気がするから」

マミ「………」




58 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/11(木) 05:23:18.56 ID:XKBhOhwk0
町外れの工場地帯―――

杏子(………あたし、なんで見滝原に帰って来たんだっけ……)

杏子(ああ……そうだ。マミと……仲直りしたくって、それで戻って来たんだ)

杏子(マミを挑発してやって、本気にさせて……それで、マミに負けたあたしが謝れば……それだけで全部丸く収まってたはずなんだ)

杏子(それなのに、なんであたしはこんなところを歩いてるんだよ……?)

杏子(………!)

杏子(魔女の、反応……?)

杏子「………丁度いい。大暴れ……してやるよ」




61 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 04:51:45.13 ID:teIP/M0w0
廃工場―――

杏子(……何人か、魔女の口づけに操られてる奴らがいるな……)

杏子(ま、こいつらの事はどうだっていい。魔女をぶっ潰してやりゃこいつらも正気に戻るだろうし)

杏子(………見つけた、結界。憂さ晴らしだ……大暴れしてやるよ)

ズアァァァァァ―――




62 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 04:52:22.18 ID:teIP/M0w0
ハコ魔女結界―――

杏子「………」ブゥンッ!!

ドガガッ!!

使い魔「アハハッ!?」

杏子「雑魚に用はねえよ……出て来い、魔女……」

エリー「キャハハハハ……」ユラユラ

杏子「出てきたな……っ!?」




63 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 04:53:03.12 ID:teIP/M0w0
ザザザ……

      新しい信仰を―――              お腹空いた―――
           何を言い出すんだこの神父は―――
  何故誰も聞いてくれない―――                                                 ―――親父の話をちゃんと聞いて欲しい!!―――
    素晴らしい説法だ―――           そうだ、その通りだ―――
 杏子、その姿は―――                  あたし、実は―――
           なんてことだ―――              違う、あたしは―――
                   ―――人の心を惑わす魔女め!!
あたしはそんなつもりじゃ―――
                            ただいま……父さん?母さん?モモ?―――
       え―――        う……うわああああああああああああああああっっ!!?―――
                   今のあなた、放って置くことなんて、わたしには絶対にできない!―――
―――さよなら、巴マミ―――                                             ―――いつか、あんたにふさわしい仲間が見つかるさ―――

ザザザザ……




64 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:04:53.66 ID:teIP/M0w0
杏子「っ……!!」

エリー「アハハハハハハハハハハ」

杏子「嫌だ……行かないでくれ……!」

―――さよなら、巴マミ―――
        あたしはそんなつもりじゃ―――
                ―――人の心を惑わす魔女め!!

杏子「やめてくれ……なんで……なんでだよ……!!」

杏子「あたしは、魔女なんかじゃ……」

エリー「キャハハハハハハ   アハハハハハハハハ」

杏子「一人は……一人は、もう……!!」




65 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:05:56.67 ID:teIP/M0w0
パシュパシュ ドドォォォォン

杏子「……え……?」

まどか「杏子ちゃん、大丈夫!?」

杏子「お……お前ら……?」

ほむら「魔女の気配がしたから、来たんです!」

エリー「アハハハハ……」ユラユラ

杏子「あ、あたし、は……」

まどか「杏子ちゃんは下がってて!やるよ、ほむらちゃん!」

ほむら「はい、鹿目さん!」

―――――

―――






66 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:07:16.35 ID:teIP/M0w0
杏子「…………」

まどか「大丈夫、杏子ちゃん……?」

杏子「………ああ、悪い……助かったよ」

ほむら「今のは、人のトラウマを刺激してくる魔女です……佐倉さんも、何か幻覚を見せられたんじゃ……?」

杏子「トラウマ……トラウマ、か……」

まどか「きょ、杏子ちゃん……?」

杏子(もう、振り切ったつもりだったんだけどな……まだまだ、あたしは弱いな)




67 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:08:09.93 ID:teIP/M0w0
ほむら「鹿目さん、今の魔女、グリーフシードを落としました。ソウルジェム、浄化しておきましょう?」

まどか「うん。杏子ちゃんは、ソウルジェム大丈夫?」

杏子「……あたしのジェムは……」スッ

ほむら「っ!!ま、真っ黒じゃないですか!?こ、このグリーフシードを……!!」

杏子「いや……そいつは、あんたらが倒した得物だろ。心配しなくっても、あたしも前に手に入れたグリーフシード、あるから大丈夫だ……」ゴソゴソ

パァァァァ―――




68 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:09:14.95 ID:teIP/M0w0
まどか「ほっ……よかった」

杏子「? なんでお前らがあたしのジェムの心配をするんだよ……?」

ほむら「だって、魔力を消費し過ぎたら魔女に……」

杏子「………え………?」

まどか「ほ、ほむらちゃんっ!?」

ほむら「え、え?」

杏子「今……なんて言った……?魔力を消費し過ぎたら……魔女に?」

まどか「なんでもないっ!なんでもないよっ!?」

ほむら「鹿目さん……?」

杏子「………」




69 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:11:21.61 ID:teIP/M0w0
まどか「とっ、とにかくここは一旦出よう?ほら、助かった人たちも気絶してるし、このまま気が付く前に退散しなきゃ……」タッタッタッ

ほむら「え、あ、ハイ……?」タッタッタッ

杏子(何だってんだ……)タッタッタッ

工場地帯の一角―――

まどか「それにしても、びっくりしちゃった。魔女の結界に入ったら杏子ちゃんがいるんだもん」

杏子「……びっくりも何も、あたしが先に魔女と対峙してただけだろ」

ほむら「でも、丁度よかったです、わたし達、佐倉さんを探してたんです」

杏子「あたしを……?」

まどか「うん。杏子ちゃんと話したい事があって……」

杏子「っ……なんだよ?」




70 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:12:10.87 ID:teIP/M0w0
ほむら「その前に、ひとつだけ聞きたい事があるんです。いいですか?」

杏子「………いいよ、話してみてくれ」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「大丈夫です、鹿目さん……きっと佐倉さんは、知ってると思いますから」

まどか「べ、別にそれは今話さなくても……?」

ほむら「なるべく早くに話しておきたいんです」

まどか「それは……確かにそうかもしれないけど……」

杏子「おい、お前らだけで話を進めるなよ……あたし一人置いてけぼりだぞ」




71 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 05:13:03.29 ID:teIP/M0w0
ほむら「あ、ごめんなさい佐倉さん。えっと、佐倉さんは、魔法少女の本当の事、知ってますか?」

杏子「本当の事……?何の話だよ?」

ほむら「その、ソウルジェムが濁りきると、魔女になってしまうってことを……」

杏子「…………何だと?」

ほむら「聞きとれなかった、ですか?」

杏子「ソウルジェムが濁りきったら……魔女に、なる……?」

まどか「し、知ってたんだよね杏子ちゃんは?だから、グリーフシードに拘ってたんでしょ?」

杏子「知らねえ……何も知らねえよ……」

ほむら「え……?嘘、だって、佐倉さん……」

杏子「どういうことだよ……詳しく話せ」




78 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:47:48.06 ID:68Eyslvr0
ほむら「あ、あの……?」

杏子「大丈夫だ……あたしは大丈夫。だから、話してくれ」

ほむら「………実は」

ほむらはその後、二つの説明をした。
自身が何者なのかと言う事と、魔法少女が魔女になった瞬間を見たことがある事。
ほむらが説明をしている間、杏子は終始口を閉じたままだった。




79 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:48:31.86 ID:68Eyslvr0
ほむら「………わたしが時間遡行の魔法を使ったのは、二回ですけど。佐倉さんと会ったのは、この時間軸が初めてなんです」

杏子「……そりゃ、あたしの元々の縄張りは隣町だからな」

ほむら「そ、それにグリーフシードが手に入るとか手に入らないとか、拘っている魔法少女に会うのも初めてでしたから……もしかして、佐倉さんは知ってるんじゃないのかな、と、思ったんです、けど……」

杏子「……………マミや、さやかは?この事、知ってるのか?」

ほむら「前に、話しましたけど……どうも、信じていないみたいです」

杏子「そっか……なら、信じないままでいさせた方がいい」

まどか「ど、どういうこと?」

杏子「マミやさやかに限った話じゃねえ。魔法少女にとって、その事実はちょっと重たすぎる……あたしだって、完全に信じたわけじゃねえけど……」

ほむら「でも、事実……です」

杏子「っ……」




80 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:49:28.92 ID:68Eyslvr0
杏子(魔女に……あたしも、いずれ魔女になるってのか……?)

―――人の心を惑わす魔女め!!

杏子(………父さん……あたしは……)

気が付くと杏子は、フラフラと歩き出していた。

ほむら「さっ、佐倉さん!?」

杏子「………」

まどか「どこに行くの、杏子ちゃんっ?」

杏子「悪い……今は、一人にさせてくれないか……」

まどか「で、でも……っ」

杏子「……頼む」

二人に向き直り、頭を下げる。
こうして、誰かに向かって頭を下げるのは、どれくらいぶりだっただろうか。
そんな事を考えていた。




81 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:50:09.47 ID:68Eyslvr0
ほむら「佐倉さん……」

杏子「…………一人で、考えたいんだ。色々と……」

まどか「………」

杏子「悪い。お前らが本当に話したかった事ってのは、この事じゃないんだろ?でも、この事についてちょっとだけ、考えたい……」

ほむら「……わかり、ました」

今の杏子を目の当たりにして、ほむらとまどかはそう頷く事しか出来なかった。

杏子「整理が出来たら……また、あたしの方から会いに来るよ」

頭を上げ、二人の顔を一瞥すると、杏子は当てもなく歩きだす。
ほむらとまどかは、そんな杏子の後ろ姿を成す術もなく見送るのだった。




82 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:50:53.10 ID:68Eyslvr0
――――――――――

まどか「杏子ちゃん、大丈夫かな……?」

ほむら「わ、わかりません……誰だって、こんな話を聞かされたらショックは受けると思いますから、仕方ないとは思いますけど……」

まどか「そう、だよね……」

二人、意気消沈しながら工場地帯から街の方へと歩いて行く。
その途中、マミとさやかが駆けて来るのが見えた。

マミ「鹿目さん、暁美さん!」

さやか「こっちの方で、魔女の気配がしたけど、大丈夫だったっ?」

まどか「マミさん、さやかちゃん……」

ほむら「魔女なら、倒した後です。これ、さっき手に入れたグリーフシードです」

そう言って、先程倒した魔女が落としたグリーフシードを見せてやる。
ほむらとまどか、二人分のソウルジェムの穢れを吸い取ったグリーフシードがほむらの手の中にあった。




83 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:51:37.93 ID:68Eyslvr0
QB「そろそろ限界だね。処理するよ、ほむら」

そう言って背中を差しだしてくるキュゥべえに向かって、そのグリーフシードを放り投げてやる。

マミ「こっちの方でも使い魔が現れたから、駆けつけるのが遅くなってしまったわ。ごめんなさい」

ほむら「いえ、大丈夫です。元々、二手に分かれて魔女退治しようって言い出したのはわたしなんですから」

さやか「ん……なんか気になる言い方だなぁ……」

まどか「さやかちゃんがほむらちゃんをいじめるからでしょ?」

さやか「なにおう!?あたしがいついじめたのさ!?」

まどか「ほむらちゃん、さやかちゃんの事だって戦闘中も結構気に掛けてるのに、さやかちゃんがあんな事言うから……」

ほむら「かっ、鹿目さんっ!?それは言わないでって……!」




84 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:52:16.53 ID:68Eyslvr0
さやか「………いや、うん。あたしもさ、ちょっと、考えさせられたよ」

ほむら「美樹さん?」

さやか「転校生だって、悪気があるわけじゃないってのは理解してるつもりだよ?」

ほむら「………」

さやか「だから、まぁ、その、なんだ。あたしは正義の魔法少女を志してるんだから!ほむらも、まどかも、あたしにドーンと任せて!ね?」

ほむら「! わたしの事……」

さやか「これが、あたしなりの反省の証。これからは、ほむら、って呼ばせてもらうからね」

ほむら「……!はい、美樹さん!」

さやかからの歩み寄りが嬉しくて、ほむらは思わず笑みを浮かべていた。




85 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:53:00.56 ID:68Eyslvr0
マミ「うふふ、よかった。魔法少女同士、不仲にならなくって」

まどか「うん、よかったです」

さやか「要はあたしが巻き込まれないように気をつければいいってわけでしょ?あたしの思い描く正義の魔法少女は、それくらい難なくやってのけると思うからさ。だから、もう気にしない!」

ほむら「わたしの方も、これからはこれまで以上に美樹さんに気をつけますので!その、だから、えっと……改めて、よろしくお願いします、美樹さん!」

そう言って頭を下げて、ほむらはさやかに向けて右手を差し出した。
その手をさやかは握り返し、握手を交わす。

マミ「うふふ。一時はどうなるかと思ったけれど。これで、元通りね」

まどか「よかった……仲直りしてくれて、本当によかったよ」




86 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:53:56.36 ID:68Eyslvr0
さやか「後は、杏子が加わってくれれば、何も言うことはないんだけどね……」

マミ「そうね……佐倉さん……」

まどか「き、杏子ちゃん?」

さやか「ん、どうかした、まどか?」

ほむら「あの、佐倉さんなら、さっき会いましたよ」

さやか「会った?もしかして、杏子と一緒に魔女と戦ってたの?」

まどか「う、うん……あのね、わたし達も杏子ちゃんが仲間になってくれたらいいな、と思ってたんだけど……」




87 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:54:35.52 ID:68Eyslvr0
マミ「暁美さんと鹿目さんも、やっぱりそう思う?」

ほむら「はい。あの、その話をしようと思ったんですけど、佐倉さん、なんだか考えた事があると言っていて……」

さやか「杏子については、とりあえずあたしに任せてよ。明日、杏子と話をしようと思ってるからさ」

まどか「さやかちゃんが?」

さやか「ん。あたしも、あいつも、他人の為の祈りで契約したって所は同じだからさ。あいつの気持ち、あたしなら理解出来るかな、と思うんだよね」

ほむら「佐倉さんの契約した時の祈り、ですか?」

マミ「ちょうどいいわ。今から、わたしの家に行きましょう?わたしと佐倉さんの話、まだ鹿目さんと暁美さんには出来てなかったものね?」




88 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:55:10.27 ID:68Eyslvr0
さやか「あー……ごめんなさい、マミさん。あたしはちょっと用事があるんで、行けないです」

マミ「あら、そうなの?」

さやか「ちょっと、恭介と約束があるんで……」

まどか「上条君と?」

さやか「う、うん。実は、今日退院したみたいでさ。夜に公園に来て欲しいって言われてるんだよね」

マミ「そう……なら、そっちの約束を優先させないとね?」

さやか「ごめん、マミさん。まどか、ほむら。杏子とマミさんの話、聞いてあげてね。それじゃ、あたし行くから!」

三人に手をあげると、さやかは公園へ向けて走り去っていく。




89 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:55:40.75 ID:68Eyslvr0
マミ「それじゃ鹿目さん、暁美さん。行きましょうか?」

まどか「はい、マミさん」

ほむら〈鹿目さん……魔法少女が魔女になるって話は、しない方がいいよね?〉

まどか〈そう、だね。多分、話しても信じてくれないと思うし。また日を改めて、話しよう?〉

ほむら〈うん……ごめんね、鹿目さん。迷惑、掛けちゃってるよね〉

まどか〈気にしなくっていいってば〉




90 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:56:22.06 ID:68Eyslvr0
――――――――――

行く当てもなくフラフラと歩いていた杏子は、住宅街の少し外れにある廃屋へとやってきていた。

杏子(ここなら、邪魔は入らないだろ……!)

中に入ると、ソウルジェムが微弱な反応を示した。

杏子(使い魔……)

ゴッツ「――――」

杏子(あたしは、どうしたら……)

さやかに言われた事。
ほむらから聞かされた事。
マミとの事。
色々な事が心の中で渦巻いていた杏子は、使い魔を倒すかどうかで迷ってしまっていた。

ゴッツ「―――!」

杏子「あっ……。………」

逃げていく使い魔を追うのに、逡巡してしまった。
その隙に、使い魔はもう反応の届かない所まで逃げてしまっていた。




91 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:57:14.81 ID:68Eyslvr0
杏子「くそっ……どうすりゃいいんだ、あたしは……」

結局逃げた使い魔は追わず、杏子はその場に適当に座り込む。

杏子(魔法少女は……魔女に……)

杏子(さやかは……あたしを、許してくれるのかよ……)

杏子(マミ……あたし、どうしたらいいんだよ……教えてよ、マミさん……)

色々な事があったせいか、不意に眠気が襲って来た。
その眠気に逆らうこともせず、杏子は壁にもたれかかって眠りに落ちた。

―――――

―――






92 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:57:53.25 ID:68Eyslvr0
「早いな、みんな」

「杏子、おそーい!」

「遅いって、約束した時間には間に合ってるだろ?」

「時間には間に合ってても、この中では一番遅かったじゃない!」

「うるせぇ!あたしの好きにさせてくれ!」

「うふふ、喧嘩しないの、二人とも。それじゃ、行きましょう?」

「ちょっ、ちょっと待ってくださいっ……まだ、髪のセットがっ……!」

「たまには、髪を結わなくってもいいんじゃない?ほら、みつあみなんて解いてしまえ!」

「あっ、ちょっとさやかちゃん!せっかく片方終わったのに!」

「ええいまどろっこしい!ついでに眼鏡も外してしまえー!」

「わ、わたしの眼鏡!か、返してください!」




93 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:58:24.58 ID:68Eyslvr0
「可愛い女の子だと思った?残念、眼鏡装備さやかちゃんでした!」

「おっ、意外と似合ってるじゃねーかさやか」

「え、そう?」

「な、何も見えません!」

「さやかちゃん、返してあげてっ!」

「いやー、似合ってると言われてしまったからなぁ」

「もうっ……いいです、コンタクト入れますから」

「何よ、コンタクトがあるんなら眼鏡なんて……」

「わたしの眼鏡を奪った罪は重いわよ、美樹さやか?」

「!?」




94 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 22:58:59.74 ID:68Eyslvr0
「おお……眼鏡外して髪解いたら、そっちのキャラの方が似合ってるように見える不思議だな」

「そう?なら、今後はこの性格で行くのも悪くないわね」

「クールほむらちゃんカッコいい!」

「もはや別人とも言えると思えるけれど……」

「この性格が嫌なら、速やかに眼鏡を返しなさい美樹さやか」

「ごめんなさいあたしが悪かったです。返します」

「そう、それでいいのよ」



―――

―――――




95 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/12(金) 23:00:04.17 ID:68Eyslvr0
杏子(………いつの間にか、寝ちまってたのか)

目を覚ました杏子は、今見ていた夢を思い出していた。
それは、今、杏子が何より求めている幸せな夢だった。
さやか、まどか、ほむら、マミの中に杏子もまざっている、ごくごく平凡な日常。
ささやかだけど、幸せな、日常だった。

杏子(………………いいのかな、あたしは)

相変わらず考えのほとんどはまとまっていなかったが。

杏子(あいつらと、一緒に過ごして……いいのかな)

ただひとつの答えは、出始めていた。

杏子(……ちょっと、出るか)

その答えをまだ受け入れられきれなかった杏子は、散歩をして心を落ち着かせようと決めた。
外はすっかり日が落ちて、夜の闇が広がり始めていた。




99 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:31:04.46 ID:tmX/BEBt0
――――――――――

杏子(………?なんだ、どっからか、音色が……)

夜の住宅街を特に目的もなく歩いていると、ヴァイオリンの音色が聞こえてきた。
特にどこへ行く予定もなかった杏子は、何の気なしにその音色の出所を辿った。




100 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:32:02.41 ID:tmX/BEBt0
~~~

着いた先は、夜の公園。
その中心、噴水が設けられた所の近くに、二つの影があった。

一人は、杏子の知らない男。ヴァイオリンの音色は、その男の手から奏でられているモノだった。

そして、もうひとつの影。

そちらは、見滝原に来てから何度か見掛けた人物だった。

杏子「………さやか……」

噴水を挟んだ所にあるベンチに座り、男の奏でるヴァイオリンの音色に耳を傾ける。




101 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:32:48.05 ID:tmX/BEBt0
杏子(………)

やがて、ヴァイオリンの演奏が終わった。
それと同時、さやか一人の拍手が夜の公園に響き渡る。

さやか「ん……。久しぶりに、恭介の演奏、聴いたよ」

恭介「ダメだなぁ……腕、すごい鈍っちゃってるよ」

さやか「そんな事ないない!事故に遭う前の演奏と、なーんにも変わってないよ。やっぱり、天才だね」

恭介「あはは……そう言ってくれると、僕も嬉しいな」

杏子(なるほど、な……この男が、さやかが契約した理由ってわけか)




102 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:33:23.63 ID:tmX/BEBt0
恭介「明日からは、僕も学校に通えるから。約束通り、一緒に行こう、さやか」

さやか「ん、もちろん。退院して最初の演奏、あたしに聴かせてくれてありがと」

恭介「いいんだよ。入院中も、さやかには本当にお世話になったから」

さやか「そろそろ、帰った方がいいんじゃない?退院したばっかりで出歩いて、体調崩しちゃったら大変だよ?」

恭介「それもそうだね。それじゃ、僕、帰るよ」

さやか「うん。明日、楽しみにしてるから!」

そこまで言葉を交わすと、恭介は一人歩いて行く。
さやかはその後ろ姿をひとしきり見送った後、自身も家路に着くのだった。




103 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:34:14.10 ID:tmX/BEBt0
杏子(幸せそうで……よかったな、さやか)

なんとなくさやかに話しかけるのも気恥ずかしかった杏子は、そのまま二人の事を見送る。

杏子(さやかの契約した祈りなら……裏切られる事もないだろ)

杏子は、夕方頃にさやかと話した時の事を思い出していた。

杏子(あたしは……昔のあたしは、さやかと同じだったのかな……)

目を閉じて、契約した時の事を思い出す。
父親の話を真面目に聞いてほしいという祈りで契約して。
父親はいつもと同じように説法を繰り返して。
自身は魔女と戦う日々で。

杏子(怖くないって言うと、嘘になるけど……それでも、あの頃は毎日が楽しかったな)

それは、さやかもやはり同じだったのだろうか。
もしそうなら。
さやかが言っていたことは、当てはまっていたのかもしれなかった。




104 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:34:56.33 ID:tmX/BEBt0
杏子(………ふん、考えるまでもなかったな)

杏子(愛と正義が勝つ物語。そんなのに、憧れてたよな、あたし)

杏子(どこまでも真っ直ぐに、真っ直ぐに、真っ直ぐ……)

杏子(あたしの道は……どうして、曲がっちまったのかな……)

杏子(あいつ……さやかと一緒にいられたら、あたしは、また真っ直ぐ突っ走る事が出来るのかな……)

もし、そうすることが出来るんなら。
それは、きっとすごく嬉しい事に違いなかった。

杏子(さやか……)

居ても立ってもいられず、杏子はベンチから腰を上げた。

杏子(明日までなんて、待ってられない)

出来るのなら、今すぐにでも。
さやかの隣に立って、昔のように笑いたかった。




105 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:35:47.66 ID:tmX/BEBt0
その為の一歩を踏み出した所で。

杏子(っ!)

不意に、ソウルジェムの反応に気が付いた。

杏子(これは……魔女じゃ、ないな。使い魔か?)

反応がする方向に、視線を向けた。
そっちの方向には、確か……。

杏子(っ……!!)

さやかが立ち去った方向とは真逆の方向へ、杏子は駈け出した。



使い魔の反応がする方向―――恭介が立ち去って行った方向へ向けて。




107 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:38:38.55 ID:tmX/BEBt0
杏子(嘘だろっ……おい、待てよ、使い魔!そいつは襲っちゃダメだ!そいつは、そいつはさやかの……!!)

駈け出してから、数分後。
使い魔の展開する不安定な結界を見つけ出した。
一も二も無く、杏子はその結界の中へ足を踏み入れた。

「な、なんだよ、ここ……!?」

「う、うわ、うわっ……ば、化け物っ……!?」

杏子(!!こ、この声は!?)

間違いない。
先程公園で聞いた、男の声だった。




108 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:40:04.40 ID:tmX/BEBt0
ゴッツ「グケケケケケ!!」

恭介「や、やめろ、来るな、来るなぁ!!」

道の向こうで、使い魔が恭介を襲っていた。

杏子「この野郎っ!!」

このままじゃ間に合わないと思った杏子は、手に持った槍を使い魔目掛けて投擲した。
その槍は、見事に使い魔の胴体を貫いていた。

恭介「え、えっ!?」

杏子「悪い、ちっとばかし手荒な真似をさせてもらうよ!!」

跳躍し、使い魔の体に突き刺さった槍を引き抜くと、それを体を軸に回転させて切っ先を恭介の顔へ向ける。
そして魔力を込め、恭介に幻惑魔法を掛ける。

恭介「う……!?……―――」

唐突に強い眩暈に襲われた恭介はそのまま意識を失い、その場に倒れ伏した。




109 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:41:14.71 ID:tmX/BEBt0
杏子「てめぇ、こいつを狙うのがどういう事なのか……っ!?」

ゴッツ「グ……ケケ……」

その使い魔に、杏子は見覚えがあった。
先程、廃屋で見掛けた使い魔だ。

杏子(こ、こいつは……あ、あの時、あたしが倒していれば……っ!!)

動揺を、隠しきれなかった。

ゴッツ「グガ……ガアアアァァァァ!!」

羽を広げ、杏子に向けて突進を仕掛けて来る。
うろたえながらも、その突進攻撃を槍で器用にいなす。




110 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:42:28.96 ID:tmX/BEBt0
杏子「くそっ……くそっ、くそっ、くそっ!!」

今更後悔しても遅いと結論を出した杏子は、その使い魔の体をめった刺しにする。
途中、抵抗がなくなったこともお構いなしに、何度も何度も。

ゴッツ「――――――………」

杏子「よくも、よくも、よくもおおぉぉぉぉっっ!!」

ボロボロと崩れていく使い魔の体に呼応する形で、不安定な結界も崩壊していく。

杏子「死ね、死ね、死ねぇぇぇぇ!!」

最後にトドメと言わんばかりに使い魔の体を蹴り跳躍すると、右手に握った槍を地に倒れ伏している使い魔目掛けてもう一度放り投げる。

杏子「くたばれっ!!」

ザクリと刺さったのを確認すると、槍先に込めた魔力を解放させた。
小さな赤い爆発が巻き起こる。




111 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:44:59.35 ID:tmX/BEBt0
杏子「これでっ……!?」

放った小さな爆発が使い魔の体に引火し、轟音を響かせて爆風が巻き起こった。

杏子「ぐっ……!?」

その爆発は杏子と、近くに倒れ伏していた恭介をも巻き込んだ。

杏子「あっ……!?」

使い魔の展開していた不安定な結界が完全に崩れ去り、辺りは夜の住宅街へと戻っていた。
その場には似つかわしくない、傷だらけの杏子と恭介だけを残して。




112 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:46:26.16 ID:tmX/BEBt0
杏子「や、やばいっ……あ、えと、えと……か、回復を……!!」

慌てて変身を解除して、ソウルジェムを左手で握りしめる。
そして気絶している恭介の元へ駆け寄り、そのソウルジェムをかざした。

杏子「か、回復、回復を……っ!」

自身の回復は幾度かした事はあったが、他人の回復など経験はなかった。
マミと組んでいた時は、マミが回復魔法を使うのが得意だったし、杏子が一人で戦うようになってからは、気遣う誰かなどいなかったのだから。

杏子「くそっ、治れ、治ってくれっ……!」

不慣れながらも、ソウルジェムを恭介へ向けてかざし続ける。

杏子「はぁ、はぁっ……っ!」

公園の方から、近づいて来る足音を聞きとった。

杏子(だっ、誰だ?さ、さやかかっ?と、とにかく姿を隠さないとっ……!)

幸い、恭介の傷の治療はほとんど終わっていた為、杏子はその場から身を隠した。




113 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:47:11.94 ID:tmX/BEBt0
足音の主は、やはりさやかだった。

さやか「恭介っ!?」

恭介「……ん……さやか……?」

さやか「つ、使い魔に襲われたのかな……こっちの方で反応あったのに、気付くの遅れちゃったけど……恭介、大丈夫!?」

恭介「さ……さやか……?」

さやか「気が付いた!?」

恭介「あれ、僕、どうして……?」

さやか「っ……き、きっと体調崩しただけだよ、うん!家まで、ついて行くよ!」

恭介「ごめん、さやか……」

ヨロヨロと力なく立ち上がる恭介に肩を貸して、二人はその場から歩き去ってっいった。




114 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:47:55.39 ID:tmX/BEBt0
杏子(さやか……ごめん、ごめんっ……!)

その二人の後ろ姿を見送ると、杏子は居ても立ってもいられずその場から走り出した。
行き先など考えずに。
とにかく体を動かさないと、どうにかなってしまいそうだった。

―――――

―――






115 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/13(土) 23:48:34.71 ID:tmX/BEBt0
恭介「体調崩しただけ、なのかな……?」

さやか「そうだよ!それ以外には考えられないってば!」

恭介「なんだか、変な夢を見たような気がするよ……」

さやか「ゆ、夢?」

恭介「うん。化け物に襲われてる僕を、赤い影が助けてくれたんだ」

さやか(赤い……影……)

恭介「なんだかすごく鮮明に覚えてるんだけど……やっぱり、夢だったのかな」

さやか「あはは、そんな、化け物なんているわけないじゃん」

恭介「うーん……まぁ、そうだよなぁ……一体何だったんだろう……?」

さやか(杏子が、恭介を助けてくれたのかな……?明日、お礼言わなくっちゃ……って、来てくれるかどうかもまだわかってないんだけど)




117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/14(日) 00:58:18.33 ID:od0gS5lAO
てっきり恭介さん早々と離脱かとww




118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/14(日) 01:10:54.97 ID:XREKfNldo
また左手が再起不能になるのかと……




126 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:51:23.49 ID:ffRzbEak0
――――――――――

杏子「はぁ、はぁ、はぁ……っ!」

当てもなく走り、行きついた先はマミの家だった。

杏子「マミっ……」

呼び鈴を押し、壁にもたれかかる。

杏子(あたしは……あたし、はっ……!)

一人思い悩んでいると、ドアの向こうから声が聞こえて来る。

マミ「はい、どちら様ですか?」

杏子「マミ……あたしだ……」

マミ「佐倉さんっ?待ってね、今開けるから」

その言葉の後、チェーンの外す音と解錠する音が聞こえて来る。




127 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:52:25.13 ID:ffRzbEak0
ドアが開かれ、マミが顔を出した。

マミ「どうしたの、佐倉さん……!?」

杏子「悪い……中、入れてくれるか……?」

マミ「どっ、どうしたのっ!?体中、傷だらけ……!」

杏子「話すから、中に……頼む……」

マミ「い、いいわ、入って」

促されるまま、弱々しい足取りで中へと入って行く。




128 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:53:36.78 ID:ffRzbEak0
居間に置かれたクッションの上に座ると、マミはソウルジェムを持って杏子に近づいて来る。

マミ「今、傷を治してあげるから……」

杏子に向けてソウルジェムをかざすと、淡い光を放ち始める。

杏子(………やっぱり、すごいな……マミは……)

見る見る内に癒されていく傷を眺めながら、杏子は改めてそう思う。
昔から、そうだった。
マミの魔法は、優しく全てを包み込んでくれる。
魔女退治に不慣れだった頃も、指導してくれる時も。

マミ「………はい、完了」

杏子「ありがとう、マミ……」

マミ「ううん、いいのよ。それで……何があったの?」

杏子「ああ……」

俯きながら、杏子はポツリポツリと話し始める。




129 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:55:11.77 ID:ffRzbEak0
杏子「今日の夕方にさ、さやかと話をしてから、色々と考えたんだ……さやかの事、マミの事、昔の事……」

杏子「あたし……どうしたらいいのか、わかんないんだ」

杏子「町外れの廃屋でさ、ちょっとだけ寝ちまったんだよ、あたし。その時に、夢、見たんだ……」

杏子「お前たちの中に、あたしも混ざってありふれた話をしてる日常の夢だった……」

杏子「ささやかだけどさ、確かにそれは、幸せな夢だったんだ……」

杏子「なんとなく、あたし、気付いたんだ。ああ、あたしはあいつらと一緒にいたいんだな、って……」

杏子「でも、あたしにはそんな資格、ないって思うんだ……」

杏子「だって、今まで好き勝手に、ワガママに生きて来たあたしがさ、そんなこと、許されるわけないって……」

杏子「契約したばかりの時は、あたし、毎日笑ってたんだよな」

杏子「一人で魔女と戦ってて、怖かったけど、あたしはこの街を守ってるんだ!って考えると……本当に嬉しくて……」




130 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:56:33.36 ID:ffRzbEak0
杏子「さやかは、そんな昔のあたしは知らないはずなんだ。でも、さやかは、今のさやかは昔のあたしと同じだって言ってくれた」

杏子「考えてみて、ああ、確かにおんなじかもしれないな、って、あたしも思ったんだ」

杏子「あたしの憧れは、マミみたいな正義の魔法少女で……それは、きっと今も変わってないんだと思う」

杏子「そして、そんなマミの後を真っ直ぐ追ってるさやかが、ものすごく羨ましい……」

杏子「さやかだけじゃない。まどかとほむらだって、マミの影響を受けてるのくらい、見たらすぐにわかるよ」

杏子「あいつらも、すごい、いい奴だったから……」

杏子「あたしの道は曲がっちまったけど……さやかと一緒にいる事が出来たら、あたしはまた真っ直ぐ突っ走る事が出来るのかな、って、そう思えたんだ」




131 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 01:58:52.07 ID:ffRzbEak0
杏子「さやかは、明日話をしよう、って言ってくれたけど……あたし、待ち切れなかったんだ」

杏子「だから、さやかの所に駆けつけようと思って……そこで、使い魔の気配がしたんだ」

杏子「そいつは、前にあたしが見逃しちまった使い魔だった。しかもあろうことか、さやかの大切な人を襲ってたんだ」

杏子「あたしはぶちぎれたよ。よくもさやかの大切な人を襲ったなって」

杏子「それで、その使い魔は倒せたんだけど……その人に、傷をっ……負わせちまってっ……!」

杏子「使い魔を仕留めた後に、自分の傷も省みずにそいつの傷を治したんだ。全部あたしが悪かったから、傷を治して許してもらおうなんて思っちゃいなかった」

杏子「そのすぐあとに、さやかが駆けつけて来たんだ……思わずあたしは隠れちまった」

杏子「きっとさやか、怒ってる。あたしのせいでその人が傷ついたって、あたしが使い魔を見逃したからこんなことになったってっ……!」




132 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:00:08.02 ID:ffRzbEak0
マミ「……それで、居たたまれなくなって走って来た、と言うわけね」

杏子「あたし、もう、さやかに合わせる顔がない……こんな、使い魔を放置しとくような最低なあたしなんか、さやかの隣に立つ資格なんてねぇよ……!」

マミ「佐倉さん……」

杏子「どうしたらいいんだよあたしは……教えてくれよ、マミさん……!」

俯いたまま、目に溜まった滴がポタリと落ちる。
一粒、二粒と。

マミ「………」




133 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:01:20.73 ID:ffRzbEak0
杏子「ひっく……こんなあたしが、さやかと一緒にいたいなんて、口が裂けたって言えるわけない……!だってあたし、もう曲がっちまってるんだ……後戻りなんて、出来ねえよ……!」

マミ「……泣きたいのなら、泣きなさい、佐倉さん」

ふわりと、マミは優しく杏子の肩を抱く。
後頭部に手を当て、やはり優しく撫でてやる。

杏子「マミさんっ……っく、うえぇ……っ」

マミ「よしよし……佐倉さんの気持ちは、よくわかったから……」

杏子「マミさぁんっ……う、あぁぁぁぁぁぁ……」

堰が切れたかのように、大粒の涙をこぼしながら。
マミの胸に顔を埋めて、子供のように杏子は泣きじゃくった。

―――――

―――






134 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:02:17.17 ID:ffRzbEak0
杏子「スゥ……ムニャ……」

マミ「泣き疲れて、寝ちゃった……か」

マミ(佐倉さん……本当に、色々と悩んだのね……)

杏子「クー……スヤ……」

マミ(今のあなたなら……わたしも、また一緒に戦いたいな)

カップに残った紅茶を飲み干し、流しへと持っていく。
慣れた手つきで洗い物を済ませると、マミも床へ着くのだった。




135 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:03:07.40 ID:ffRzbEak0
――――――――――

杏子「…………………ん」

杏子が目を覚ましたのは、そろそろ正午も回るかという時間だった。

杏子(……ああ、そうだった。昨日は、マミの家にお邪魔して……)

寝起きの頭で考えながら、布団から起き上がる。
ふとテーブルに視線を移すと、そこには一人分の食事と置き手紙があった。

杏子「………」

置き手紙を手に取り、それに目を通す。




136 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:03:51.55 ID:ffRzbEak0
【おはよう、佐倉さん。
 朝食はここに用意しておくから。レンジでチンして食べてね。
 わたしは学校へ行って来るけれど、佐倉さんはお留守番よろしく。
 鍵は玄関の下駄箱の上にスペアキーが置いてあるから、どこかへ出かけるのなら施錠はしっかりとする事。
 スペアキーは佐倉さんに預けておきます。
 今日の夕方、美樹さんと約束があるのでしょう?すっぽかさずに行く事。
 学校が終わったら、わたしも一度真っ直ぐに家へ帰るからね。
                 
                          
                  巴マミ】



137 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:04:49.08 ID:ffRzbEak0
杏子「……………」

その手紙を裏返し、側に置いてあったペンを手に取ると、杏子はマミに向けて手紙を書き始める。

杏子(ごめん……マミさん……)

書き終え、それを文面が内側になるように二つに折り畳み、ペンと一緒にテーブルに置く。

杏子(あたしは……)

そして、用意された食事には手をつけずに、杏子はマミの家を後にする。
手紙で言われた通り、施錠はしっかりとして。
しかしスペアキーは持ちださず、ポストの中へしまって。




138 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:05:16.95 ID:ffRzbEak0





杏子「…………じゃあな、マミ……」







139 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:05:42.90 ID:ffRzbEak0





杏子「話、聞いてくれてありがとう……」








140 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 02:06:37.07 ID:ffRzbEak0
杏子のマミへの二人称がぶれまくってるのはミスではなく仕様なので、あしからず




147 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:23:57.91 ID:ffRzbEak0
その日一日、杏子はひたすらに魔女の捜索を続けた。

杏子「こいつで終いだっ!!」

見滝原の町外れ、廃工場、廃ビル、人気のない森林。

杏子「逃がさねえ!!」

見滝原の街をあらかた回り終えると、次は風見野へ。

杏子「くたばれっ!!」

狩りの対象は魔女のみならず、使い魔にまで及んでいた。

杏子「死ねぇ!!」

槍を振り回し、逃げ行く使い魔をも追い落として行く。

杏子「まだだ、こいつも食らえ!!」




148 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:31:29.16 ID:ffRzbEak0
そうして、日が傾いた頃。

風見野と見滝原の境界の橋。
そこに、とある人物を待ち続ける人影があった。

さやか「………」

橋の手すりに背を任せ、落ちていく夕陽を眺め続ける。

さやか「……杏子……」

待ち人の名を、ボソリと呟く。




149 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:32:50.78 ID:ffRzbEak0
杏子「……………よ、さやか」

さやか「……遅かったね」

夕陽の逆光を浴びて、影が橋の端っこまで延びていた。
その姿を確認して、さやかがそう呟く。

杏子「悪かったな……遅くなって」

さやか「ううん、いいの」

杏子「………」

さやか「………」

二人の間を、沈黙が流れる。
昔の自分と、今の自分。
杏子は、さやかの今を昔の自分に重ねて見通す。

杏子(そこにいるのは………昔のあたし、だ)

その想いは、今はもう確信へと変わっていた。
愛と正義が勝つストーリーを信じ、真っ直ぐに、ひたむきに走っていた自分。
さやかの姿は、曲がってしまった杏子にはまぶしく、直視する事が出来なかった。




150 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:33:40.12 ID:ffRzbEak0
さやか「……どうしたの、杏子?」

杏子「ん、ああ……」

わずかに視線を逸らしている事に気付いたのか、さやかが穏やかにそう訪ねて来る。
そんなさやかに対し、杏子は居たたまれなさを覚えた。

杏子「場所、変えていいかな……さやかに、来て欲しい所があるんだ」

さやか「ん、いいよ」

杏子の後を、ゆっくりとさやかはついて来る。
本当なら、杏子はさやかの隣を歩きたかった。
でも、それは許されない事だと思っている。
だから、五歩の距離を開けて歩き続けた。
さやかがほんの少し歩くスピードを上げれば、杏子の隣に並ぶ事は出来る。
しかし、さやかはそれをしなかった。
杏子のそんな心境を、さやかも察していたのだろうか。




151 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:34:34.18 ID:ffRzbEak0
そうして五歩分の距離を保ち続けて歩き、着いた先。
そこは、杏子が昔住んでいた教会跡だった。

さやか「………」

杏子「マミから聞いてるかもしれないけど……ここが、昔のあたしの家だ」

ボロボロになったドアを開け、杏子がそう呟く。

さやか「ここが……」

杏子「ああ。あたしが魔法少女になって、滅んじまった教会」

さやか「………っ」




152 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:35:52.56 ID:ffRzbEak0
杏子「マミから、どこまで聞いたんだ?あたしの事」

さやか「ん……昔、マミさんとコンビを組んでたって事。杏子の祈り、マミさんと別れるまでの経緯を」

杏子「そっか……なら、細かい話は無しでいいな」

教壇にもたれかかり、さやかの方に向き直る。
やはり、直視する事はせずに。

杏子「希望と絶望は、差し引きゼロなんだ。それは、今のあたしが一番よくわかってる」

さやか「杏子……」

杏子「もう、あたしはさ。絶望を見てきてるんだ。でもさやか、お前はそんな事ないだろ?」

さやか「………」




153 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:37:26.36 ID:ffRzbEak0
杏子「あんた、あたしに言ってくれたよな。今のさやかは、昔のあたし自身だって」

さやか「うん。それは、今でもそう思ってるよ」

杏子「そうだよ、その通りだ。昔はあたしも、真っ直ぐ突っ走れるつもりだった」

さやか「真っ直ぐに……」

杏子「でも、あたしの道は曲がっちまった。あたし自身の祈りが原因で」

さやか「……っ」

杏子「さやかは、曲がったらダメだぞ。昔のあたしの、あったかもしれない未来に、さやかは向かっていくんだ」




154 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:38:21.23 ID:ffRzbEak0
さやか「杏子は……?」

杏子「………」

さやか「昔の杏子のあったかもしれない未来に、あたしは向かっていく。それはわかった。でも、杏子はどうするの?」

杏子「あたしは……もう、ダメさ。一度曲がっちまったら、それはもう元には戻らない。折り目が消えることは、一生ないんだ」

さやか「元になんて、戻らなくっていいよ」

杏子「!」

さやか「杏子の道は曲がっちゃったって言うけどさ。その曲がっちゃった杏子の道と、真っ直ぐ進んできたあたしの道は、ここで交わってるじゃん!」

杏子「……それは……」

さやか「この交わったポイントから、一緒の道に進んでいく事、出来るんじゃないの?」

杏子「………」




155 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:39:19.20 ID:ffRzbEak0
さやか「昨日の事、だけどさ」

杏子「っ!」

さやか「恭介から、聞いたよ。化け物って、恭介は言ってたけど。使い魔に襲われてた恭介を、杏子は助けてくれたんでしょ?」

杏子「そ、それはっ……」

さやか「明確な根拠があるわけじゃないけどさ。お礼、言わせて欲しい。恭介を助けてくれて、ありがとう」

杏子「……っ、あ、あたし、はっ……!」

さやか「そしてさ、恭介を助けてくれた杏子なら、元には戻れなくっても、これから先一緒の道には進んで行けるよ、きっと」

杏子「さやかっ……」

さやか「あたしと、一緒にいて欲しい。今のあたしが杏子のあったかもしれない未来だって言うんならさ。その逆だって言えるんじゃないの?」

杏子「逆……?」




156 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:40:14.42 ID:ffRzbEak0
さやか「今の杏子は、今後ありえるかもしれない未来のあたしってこと」

杏子「そんな事、ない!さやかは、真っ直ぐに進んでいくんだ!」

さやか「それなら、杏子も側にいて欲しい。側にいて、あたしが進んでいく未来を、見届けてほしい」

杏子「………」

さやか「ね?」

ニコリと笑い、さやかは杏子に手を差し伸べる。

杏子(………あたしは……)

その差し伸べられた手を、杏子はただ見つめる。
その手を取れば、きっと、楽しい毎日が待っているんだろう。




157 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:40:56.45 ID:ffRzbEak0
杏子「……………」

さやか「……………」

さやかの手が差し伸べられたまま、沈痛な雰囲気が辺りに漂う。
甘い、甘い誘惑だ。
杏子には、断る理由が欠片ほども見つけられない程の、誘惑。

杏子「…………………」

それを振り払うように。
杏子は、さやかの方へ歩み寄る。

さやか「……杏子?」

杏子「………持って行け」

そして差し伸べられた手に、いくつかのグリーフシードを渡した。




158 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:41:48.16 ID:ffRzbEak0
さやか「これは……」

杏子「今日一日、あたしが見滝原と風見野で集めたグリーフシードだ。あたしからのプレゼントだと思って、受け取ってくれ」

さやか「………」

杏子「ごめんな、さやか……今のあたしには、その手、取る資格はない」

さやか「杏子っ……」

杏子「あたしだって、さやかと一緒に歩んで行けるなら、そうしたいと思う。でも、それは許されない事なんだ。その手を取るには、あたしの手は、汚れすぎちまってるから……」

さやかの隣を通り過ぎ、教会の出口へと向かっていく。




159 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:42:27.33 ID:ffRzbEak0
杏子「一緒にいて欲しい、って、言ってくれてありがとう。嬉しかったよ、さやか」

さやか「ま、待ってよ杏子!」

手渡されたグリーフシードを放り投げ、さやかは杏子の後を追う。

杏子「じゃあな……元気でな、さやか」

そんなさやかの方は振り返らず。
外に出たところで、杏子は行方をくらました。

さやか「………杏子……」

杏子の後を追って外へ出たさやかは、その名を呟くだけしか出来なかった。
教会の中には、いくつかのグリーフシードが寂しく転がるだけだった。




160 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:43:27.64 ID:ffRzbEak0
――――――――――

杏子から手渡されたいくつかのグリーフシードを手に、さやかはマミの家へ向かった。

マミ「……美樹さん……」

さやか「こんにちは、マミさん……お邪魔してもいいですか?」

マミ「ええ……入って」

マミに促され、居間へと向かう。
そこには、まどかとほむらの姿があった。

まどか「あ、さやかちゃん……」

ほむら「巴さんから、話聞きました。佐倉さんと、話をしに行っているって。どうだった、んですか?」

浮かないさやかの表情を見て、ほむらとまどかも芳しくない結果で終わった事をなんとなく察したのだろう。
沈んだ声で、さやかに問いかける。

さやか「うん……杏子、一緒にいることは出来ない、って」

マミ「………佐倉さん……」




161 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:44:29.04 ID:ffRzbEak0
さやか「あたし、杏子の心の傷を、ちょっと軽く見過ぎてたかもしれない。気安く触れていい領域じゃ、なかったんだね」

ゴソゴソとポケットを漁り、中からいくつかのグリーフシードを取り出す。

まどか「さやかちゃん、それは……?」

さやか「杏子から、渡された。今日一日、見滝原と風見野を回って集めて来たグリーフシードだって」

ほむら「そ、そんな……!それじゃ、佐倉さん、今はグリーフシードを持ってないってことですか!?」

さやか「……多分……」

マミ「……………今まで言っていなかったけれど。昨日の夜、佐倉さん、わたしの家に来たのよね」

さやか「! 杏子が?」

マミ「ええ……それで、泊まってもらったのだけれど……今日帰ってきたら、こんな手紙が……」

懐から一枚の紙を取り出して、それをみんなに見せる。




162 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:45:12.03 ID:ffRzbEak0
【ごめんね、マミさん。
 あたし、やっぱり後戻りは出来ない。
 そんな事、自分が一番許せないんだ。それだけの事を、あたしはやっちまってるから。
 マミは、あたしの事は忘れてさ。あいつらと、楽しく過ごせよ。
 あんたにふさわしい仲間、見つかったんだろ?あたしには、務まらなかった事だから。
 あたしはこれから、今までの自分の罪を清算して行こうと思う。
 こんなあたしになっちまっても、気に掛けてくれてありがとう。嬉しかったよ。
                
                              佐倉杏子】




163 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:46:05.41 ID:ffRzbEak0
ほむら「こ、これ……?」

さやか「自分の罪を清算って……まさか……?」

マミ「多分、魔女や使い魔を倒すのが、清算する事になるって思っているのかも……」

まどか「そ、そんな!それで、グリーフシードを全部さやかちゃんに渡したってことは……杏子ちゃんは、どうなるの!?」

ほむら「さ、佐倉さんを探しましょう!」

マミ「鹿目さん、暁美さん?」

さやか「………」

マミは、慌てたまどかとほむらの様子に違和感を覚えた。
以前にほむらが話した事を、マミは忘れていた。
ソウルジェムが濁りきると、魔女になってしまうということを。




164 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/15(月) 23:46:53.54 ID:ffRzbEak0
まどか「杏子ちゃんが集めて来たグリーフシードなら、杏子ちゃんのソウルジェムも浄化してあげなきゃ!」

さやか「それは、あたしも賛成。杏子、放っておけないよ」

ほむら「わ、わたしもです!佐倉さんは、もう十分すぎるほど悩んだはずです!」

マミ「そうね。佐倉さんを探すということに関しては、わたしも賛成よ」

さやか「はい、みんな、グリーフシード持って行って。杏子を見つけたら、それで浄化してあげて」

まどか「うん!」

ほむら「わかりました!」

マミ「ええ、そうしましょう!それじゃ、行きましょうみんな!」

それぞれがグリーフシードを手に、外へと出る。

さやか(杏子、あたしはまだ諦めてないからね!)




174 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:07:01.96 ID:sOMrSZsg0
――――――――――

日がすっかり落ち、夜闇が覆う街の一角。
改装工事中のビルの中で、赤い影が何者かと戦っていた。

杏子「うああああああぁぁぁぁっ!!」

右手で構えた槍を、体を軸に回転させて使い魔を切り裂いていく。

バルテルス「――――……」

杏子「はぁ、はぁ……」

使い魔が力尽き、不安定な結界が消え失せていく。




175 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:07:48.65 ID:sOMrSZsg0
杏子「次は、どこだ……どこにいる……」

今の戦いで負傷した脇腹を押えながら立ち上がると、ヨロヨロと歩き始める。
今日一日、杏子はずっとこんな調子だった。
魔女或いは使い魔を見つけると、有無を言わさず攻撃を仕掛ける。
ソウルジェムの穢れは気に掛けず、戦い続けていた。

杏子「……っ、はぁ、はぁっ……」

何とも言えないだるさを覚え、壁にもたれかかると力なくその場に座り込んだ。

杏子「まだ、だろ……あたしの、罪は、こんなもんじゃっ……!!」

硬く目を閉じ、自身にそう言い聞かせ、体に鞭打つと再度立ち上がる。




176 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:08:47.96 ID:sOMrSZsg0
まどか「見つけた、杏子ちゃんっ!」

壁に手をつきながら立ち上がった所で、まどかが姿を現す。

杏子「……なんだ、あたしになんか用か……?」

微かに息切れしながら、現れたまどかにそんな質問をぶつける。

まどか「なんか用か、じゃないよ!杏子ちゃん、無理し過ぎだよ!」

杏子「放っておいてくれ……さやかやマミから、話聞いてねえのかよ……?」

まどか「聞いてるよ!聞いた上で、わたしは杏子ちゃんを放っておけないの!」




177 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:09:46.10 ID:sOMrSZsg0
杏子「………」

まどか「ほむらちゃんが言ってた事、忘れたわけじゃないよねっ?」

ほむらから言われた事。
ソウルジェムが濁りきると、魔法少女は魔女になってしまう。
忘れたわけでは、なかった。

杏子「あたしが魔女になるんならさ……それでもいいよ」

まどか「な、何をっ……?」

杏子「だってさ、それはつまり、魔法少女の為にグリーフシードをひとつ用意出来るってことだろ?なら、悪くねえんじゃねえのかな……」

杏子の眼は、どこか虚ろだった。
その眼にただならぬ雰囲気を感じ取ったまどかは、二、三歩後ずさる。




178 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:14:01.99 ID:sOMrSZsg0
まどか「杏子ちゃんっ……?何を、考えてるの……?」

杏子「今までのあたしは、自分勝手に生き過ぎて来たんだ……だから、これからは誰かの為になる事をするんだ。限界まで……な」

まどか「だ、ダメだよっ!マミさんも、さやかちゃんも、ほむらちゃんも!杏子ちゃんの事、心配して探してるんだよっ!?」

杏子「あたしなんか、心配される価値はないんだよ……身勝手な魔法少女を続けてたんだからな」

まどか「どうして……?杏子ちゃん、どうしてそんなに自分を追い詰めるの……?」

杏子「あたしの祈り、行動の全てが、あたしを追い詰めてるだけさ……わかったら、放っておいてくれ……まだ、魔女か使い魔がいるかもしれねえから……」

負傷した脇腹の傷が癒えた事を確認した杏子は、窓を開け放つとそこから外へ飛び出した。

まどか「ま、待って杏子ちゃん!せめて、ソウルジェムを浄化しないとっ……!」

杏子が飛び出していった窓から身を乗り出し、呼びとめようとする。
が、既に杏子の姿は見えなくなっていた。

まどか「杏子ちゃんっ……ダメだよ、そんな……」




179 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:15:02.83 ID:sOMrSZsg0
――――――――――

高所工事用に設置された足場の上に、魔女の結界が展開されていた。
そして、その結界の中で戦う魔法少女。

杏子「うらああぁぁぁぁぁっ!!」

次々に伸びて来る使い魔を槍で切り裂きながら、魔女との距離を少しずつ詰めていく杏子。
一定距離まで迫ったところで、地を蹴り抜き一気に魔女へ近づこうとする。

エルザマリア「………」

魔女の体から、太い樹木が生えて来る。
その樹木によって、杏子が放った槍の攻撃は防がれていた。

杏子「くそ!!この野郎っ!!」

背後から迫ってきていた三体の使い魔を薙ぎ払いながら、槍を持つ手に力を込める。




180 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:16:05.61 ID:sOMrSZsg0
杏子「これならどうだっ!!」

槍の取っ手の一番下の部分を持ち、それを思い切り横一線に振り抜く。
槍の中間辺りに樹木が当たった所で、槍はカクンと折れる。
ジャラララ、と大きな音を立てて、一本の槍は多節棍状に展開された。
その先端、刃が付いている部分が魔女の腕を斬り飛ばした。

杏子「せやっ!!」

グイと握った手を手前に引くと、多節棍状に展開された物が再び一本の槍の形状に戻る。

杏子「くらえっ!!」

次に、樹木に向けて槍を力強く上から一閃に振り下ろす。
今度は多節棍状に展開する事はなく、樹木を真っ二つにしながら槍は振り下ろされていく。
その先端に近い部分が、魔女の頭部を直撃した。

エルザマリア「……!!」

ぐちゃり、と嫌な音が響き、魔女の頭が割れる。

杏子「これでっ……!?」

割れた頭から無数の触手が伸びたかと思うと、そのいくつかが杏子の体を串刺しにしていく。

杏子「ぐうぅっ……!!」

貫かれた杏子は、成す術もなく空中へ持ちあげられる。




181 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:16:57.61 ID:sOMrSZsg0
杏子「こ、んのっ……!?」

突如、複数の魔弾が飛んできて、杏子を貫いていた触手が霧散する。

マミ「佐倉さんっ!!」

杏子「マ、ミ……っ!」

マミ「大丈夫!?すごい傷っ……!!」

繰り出される魔女からの攻撃をリボンで防ぎながら、マミは杏子へ駆け寄る。

杏子「なんで来たんだよ、マミ……もう、会うつもりもなかったのに……!」

マミ「放っておけないからに決まっているでしょう!?そのまま待っていて、魔女を先にどうにかしないとっ……!」

うずくまる杏子を庇う様にして二人の間に割って入ると、マミは複数のマスケット銃を召喚した。




182 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:17:39.15 ID:sOMrSZsg0
マミ「食らいなさい!!」

右手を魔女へ向けてかざすと、召喚されたマスケット銃が一斉射撃を始める。
その攻撃は、或いは樹木を吹き飛ばし、或いは使い魔を蹴散らし、或いは魔女の体を貫いていく。

エルザマリア「……―――!――――――……っ……」

その攻撃で、魔女はとうとう力尽きた。
結界が崩れ去り、辺りの景色が元に戻って行く。

杏子(………やっぱり、マミは強いな……)

かつての、そして今の、あこがれの魔法少女の勇姿だった。
マスケット銃を召喚して、圧倒的な火力をもって魔女を制圧する姿。
久しく見ていなかったが、その姿は今も変わらず存在していた事に安堵を覚える。




183 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:18:17.32 ID:sOMrSZsg0
マミ「今、傷を……!」

杏子「……どうしてお前らは、そんなにあたしの事を気に掛けるんだよ?」

俯き、大人しくマミの治癒魔法を受けていた杏子が、不意にそんな言葉を口にした。

マミ「どうしてって……」

杏子「あたしには、気に掛けてもらう価値なんてないってのにさ……どうしてなんだよ……?」

マミ「大事な後輩を気に掛けるのに、理由なんているかしら?」

杏子「……っ……」

マミの笑顔を直視出来なかった杏子が、息を詰まらせる。




184 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:18:50.24 ID:sOMrSZsg0
―――やめろ

マミやまどかの優しさに触れる度、杏子の心は抉られていた。

―――やめてくれ

マミ「はい、治癒完了」

杏子の治癒が完了したマミは、今倒した魔女が落としたグリーフシードを拾い上げた。

マミ「佐倉さん。ソウルジェムを出しなさい」

―――これ以上、あたしに優しくしないでくれ




185 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:20:06.41 ID:sOMrSZsg0
杏子「………」

マミに言われても、杏子は動きを見せなかった。
仕方ない、とでも言うかのように、マミは握りしめられた杏子の左手を取る。
そして優しく手を開かせると、今手に入れたグリーフシードを杏子のソウルジェムへと近づけていく。

杏子「っ……やめてくれっ!!」

マミの手を振り払い、近づけられたグリーフシードを払いのけると、杏子は勢いよく立ちあがった。

杏子「わかんねえのかよ!?今のあたしには、その優しさはただ痛いだけなんだよっ!!」

マミ「……っ……佐倉、さん……」

杏子「あんたらの優しさを受ける価値も、あんたらと一緒に戦う資格も!!あたしにはないんだ!!放っておいてくれって、何度言ったらわかるんだよっ!!!」

マミ「放っておけないと、こちらも何度も言っているわ!」




186 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:21:05.31 ID:sOMrSZsg0
杏子「うぜぇ!!うぜえ、うぜえ、うぜえええええええっっっ!!!」

マミの言い分など全く耳も貸さずに、杏子はマミから逃げ出す。

マミ「佐倉さんっ!?」

杏子「ついてくんな!!あたしは、お前らとつるむのはごめんなんだよ!!!」

杏子の気迫に圧されたマミは、追いかけるのに幾許かの躊躇いを見せてしまった。
その隙に、杏子はマミから再び逃げ出したのだった。





―――その後、誰も杏子の姿を見つけることが出来ないまま、三日の時が流れた。




187 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:21:46.92 ID:sOMrSZsg0
マミの家に集まった四人は、表情を曇らせていた。
長い間、杏子の姿を見つけることが出来ていないのだ。

マミ「……今日も、佐倉さん、見つからなかったわね」

まどか「………っ……あの時、わたしが杏子ちゃんを追い掛けてれば……」

ほむら「………佐倉、さん……」

まどかとほむらに至っては、既に手遅れなのではないか、とすら思い始めていた。




188 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:23:46.66 ID:sOMrSZsg0
さやか「まだ、諦めるのは早いよ。この三日間、魔女どころか使い魔も見掛けてないんだからさ。それってつまり、誰かが倒して回ってるってことでしょ?」

マミ「ええ、それはそうだと思うけれど……長い間この街で魔女や使い魔と戦っていたけれど、これだけの期間魔女も使い魔も見掛けなかった事はなかったのだし」

まどか「……どうしたらいいのかな……。わたしたちは、ただ、杏子ちゃんが心配なだけなのに……」

ほむら「……鹿目さん、巴さん、美樹さんの話を聞いていると、佐倉さんはそっとしておいてあげた方がいいんじゃないか、とすら思えてきました……。
     でも、放っておけないって気持ちも確かにあって……。わたしもどうしたらいいのかわからなくなってきました……」

さやか「放っておいていいわけ、ないよ」

ほむら「み、美樹さんっ……」

さやか「もう少しだけ、あたし、杏子を探してみる。みんなは、もう休んでてよ。三日も探し通しで、疲れてるでしょ?」

マミ「いえ、わたしも探すわ。大事な後輩が頑張っているのに、先輩のわたしが呑気に寝ている場合じゃないもの」




189 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:24:45.65 ID:sOMrSZsg0
まどか「わ、わたしも……」

さやか「まどかはダメ。お父さんとお母さん、それに弟もいるんだから。まどかはもう家に帰った方がいいよ」

まどか「っ……」

ほむら「わたしもっ……」

マミ「暁美さんも、無理は禁物よ。いくら魔法少女と言っても、暁美さんは退院して日も浅いのでしょう?美樹さんも、家に帰った方がいいわ。わたし一人に……」

さやか「いえ、あたしは探します。言いだしっぺはあたしだし、杏子の事、心配だし」

マミ「……わかったわ。それじゃ、わたしと美樹さんの二人で探しましょう。鹿目さんと暁美さんは、今日はもうお家に帰りなさい。わたしと美樹さんも、もう少しだけ探したら今日は休むから」

まどか「……わかりました。杏子ちゃん、見つけたら、すぐに教えてくださいね」

マミ「ええ、もちろん」

ほむら「美樹さん。佐倉さんの事、お願いします。絶対に、助けてあげてください」

さやか「ん、わかってる。それじゃ、行こう、マミさん」

マミ「ええ」

まどかとほむらを家へ返すと、マミは町外れの廃工場が立ち並ぶ方へ。
さやかは見滝原と風見野の境界の橋の方へ、向かっていく。




190 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:25:33.68 ID:sOMrSZsg0
――――――――――

さやか「杏子……どこに行ったのさ……」

ソウルジェムを手のひらに乗っけて歩きながら、さやかはそんな事を呟く。

さやか「こんなに人に心配を掛けて……会ったら、説教しないと……」

住宅街を抜けて、境界の橋に到着する。

さやか「………」

数日前、この橋の上で杏子と会った時の事を思い出す。
あの時には、すでに杏子の意思は固まっていたのだろうか。
そんな想いが頭をよぎった。




191 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:26:13.52 ID:sOMrSZsg0
さやか「……!小さい魔力反応……」

マミに教えてもらった、魔法少女同士の魔力を探知する方法。
それで、ほんの小さな魔力の反応を見つけたのだった。

さやか「杏子……!」

魔力反応のする方へ、顔を向ける。

さやか(確か、こっちの方向は……!)

杏子に連れられて行った、教会跡の方向だったハズ。
それに気付いたさやかの足は、自然と駆け足になっていた。

さやか(やっと見つけたっ……!)




192 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:27:24.49 ID:sOMrSZsg0
~~~

辿りついた先は、やはり教会跡だった。

さやか「………」

扉に手を掛け、ゆっくりと開け放つ。
ギィィィ、と重苦しい音を立てて、扉は開いた。
その中へ、さやかは足を踏み入れた。

杏子「………………………」

礼拝堂の椅子に腰かけた杏子の後ろ姿が、さやかの視界に移った。




193 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:28:12.01 ID:sOMrSZsg0
さやか「……やっと見つけた、杏子」

杏子「………」

ゆっくりと杏子の隣へ歩み寄る。

さやか「しっかりしてよ、杏子……あんた、恭介を救ってくれたじゃない」

杏子「……さやかか……」

小さな、かすれた声で、杏子は来訪者の名前を呟いた。

さやか「言いたいことは、たくさんあるけどさ。今はとりあえずさ、帰ろう?マミさんも、まどか、ほむらも、心配してるよ」

あの日と同じように、さやかは杏子に手を差し伸べた。
杏子は、やはりその手は取らずに、ただ眺め続けた。




194 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:29:27.06 ID:sOMrSZsg0
杏子「もう……帰れねーよ、あたしは……」

さやか「何を……!?」

問い掛けの途中で、さやかは言葉を飲み込んだ。

杏子の手の中にあった、杏子のソウルジェム。

それが、酷くどす黒い事に気付いたのだった。

さやか(杏子のソウルジェムが……どす黒く………っ!)

杏子「いつだったかあたし、あんたに言ったよな……希望と絶望は差し引きゼロだってさ。それ、今になってあたしに酷く圧し掛かってきやがる……」

さやか「杏子、あんた!?」

杏子「でもさ、もうどうでもいいんだあたしは。後戻りだって……今更出来ねえし」




195 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:30:14.66 ID:sOMrSZsg0

ピシッ……      パキパキッ……




196 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:30:42.27 ID:sOMrSZsg0
さやか「………っ!」

杏子「さやか、あんたはあたしの希望だ……それは今でも変わらずそう思ってる」




197 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:31:10.10 ID:sOMrSZsg0

ピキッ……      パキパキッ……




198 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:31:50.14 ID:sOMrSZsg0
杏子「だからさ、あんたは、どこまでも真っ直ぐ突っ走れよな……」

さやか(っ……!!き、杏子のソウルジェムにヒビが……!?)

杏子「もしさ、あたしに何かあったら、その時はさやかが、あたしを殺してくれよな……あんたの振りまく希望で、あたしがばら撒く呪いを消し去ってくれよな……」

さやか「何言ってるのさ、杏子!杏子はこれから、あたしと一緒にマミさん所に帰るんだよっ!?」




199 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:32:29.78 ID:sOMrSZsg0
パキッ……      パキャッ……

杏子「それは、出来ねえや……ごめん、さやか……あたし、もう……無理なんだ」






杏子「何もかも……呪ってやるよ……」




200 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/18(木) 01:33:33.50 ID:sOMrSZsg0
パキッ       パキパキッ        ピシピシッ


              パリィィィンッ―――











さやか「杏子おおおおおおおおおおおおっっっ!!!」




202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/18(木) 01:43:14.52 ID:Y+IDLbvzo
本編とは逆の立場か……
自分で自分を追い込んじゃうのは切なすぎる




224 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:49:51.57 ID:hXOD4CvR0






               ~Ophelia~








225 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:51:32.62 ID:hXOD4CvR0
さやか「っ……ここは……!?」

突如展開された魔女結界に取り込まれたさやかは、何が起きたのかわからずに周囲を見渡す。

さやか「!!」

黒く、巨大な影がうごめいているその手前。
空中に投げだされた杏子が、さやかの視界に飛び込んできた。

さやか「杏子っ!!」

跳躍しながら魔法少女姿に変身し、杏子の事をしっかりと抱きとめた。

さやか「杏子、杏子っ!!しっかりしてよっ!!」

杏子に呼びかけながら、黒い影の正面に躍り出る。




226 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:53:10.50 ID:hXOD4CvR0
オフィーリア「グオオオオオオオオオオオオオ!!!!!」

黒い影の正体は、魔女だった。
さやかよりも三回りほど大きい、人型の魔女。
赤黒い衣装を身にまとい、頭には禍々しい炎がゆらゆらとゆらめいていた。

さやか「何なのよ……お前、杏子に何をしたのよっ!?」

魔女に向けて、そんな言葉をぶつける。
魔女はと言うとそんな事お構いなしに、手に持った槍をさやかに向けて振りかざしてくる。

さやか「くっ!?」

杏子を庇う形で左脇に抱えると、右手で魔女の攻撃を受け止める。
空中で受け止める形となった為、そのまま力任せに吹き飛ばされる。

さやか「このっ……!?」

何とか倒れ込まずに着地すると、魔女を睨みつける。




227 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:54:06.83 ID:hXOD4CvR0
オフィーリア「グオオオオオ……ガアアアアアアア……」

さやか「杏子のソウルジェム……っ!?」

ジェムを握りしめていたハズの手に視線を移す。
しかし、そこには杏子のソウルジェムはなかった。
力なく開かれ、だらんとぶら下がっている。

さやか「とっ、とにかくこの魔女をなんとかしないと……!」

再度視線を魔女の方に移す。

使い魔「………」

魔女の傍らに、どこから現れたのか馬型の使い魔がいた。
魔女はその使い魔に跨ると、ギロリとさやかを睨みつけた。




228 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:54:48.50 ID:hXOD4CvR0
さやか「くっ……!?」

不意に、いくつかの爆発が巻き起こった。
そして、さやかの前に新しい影が姿を現す。

ほむら「っ………」

さやか「ほ、ほむらっ……!?」

その影は、暁美ほむらだった。
苦々しい表情をしながら、魔女の事を睨みつけている。

ほむら「……手を握ってください」

杏子を抱えてしゃがみ込んでいたさやかに向けて、右手を差し出してくる。

さやか「何をっ……!?」

ほむら「お願いします、早くっ……!」

さやか「っ……!!」

ほむらに促されるまま、さやかは差し出された右手を握る。




229 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:55:21.33 ID:hXOD4CvR0
ほむら「っ!」

カシャン、とほむらの左手に装備された盾が音を立てる。
それと同時、周囲の光景が、まるで時が止まったかのように一切が停止した。

ほむら「逃げましょうっ!」

さやか「ちょっ、ちょっと待ってよ!あの魔女はなんなのよ!?」

ほむら「話は後です!今はとにかく逃げましょうっ……!!」

さやか「っ………」

ほむらに手を引かれるまま、二人は魔女から逃げ出す。

さやか「杏子っ……!!」




230 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:56:11.14 ID:hXOD4CvR0
~~~

結界の外に出た所で、さやかはその場にくずおれた。
教会跡の入り口付近、そこから先がどうやら魔女の結界に侵蝕されているようだ。
ほむらはくずおれる事はなかったが、二人の事を見ることが出来ず、視線を逸らしながら悔しそうに喉を唸らせた。

ほむら「………あの魔女は、多分、佐倉さんのソウルジェムがグリーフシードに変化して生まれた魔女、です」

さやか「はぁ!?な、何言って……っ!」

ほむらの言葉を聞き、さやかは以前にほむらが言っていた事を思い出した。
魔法少女は、魔女になる。




231 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:56:56.05 ID:hXOD4CvR0
さやか「で、でも、それっておかしくない!?杏子のソウルジェムが無くなっちゃった理由はそれで説明がつくけど、じゃあなんで杏子は意識をなくしてるのさ!?」

杏子「――――」

さやか「どうして、息をしてないのさ!?」

ほむら「………っ」

さやか「どうして、心臓が動いてないのさっ!!!」

さやかの叫びが、風見野の町外れにこだまする。
それに答えられなかったほむらは、閉口するしかなかった。




232 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:57:48.00 ID:hXOD4CvR0
マミ「美樹さん、暁美さん!!」

見滝原の方角から、マミが駆け寄って来る。
マミの肩には、キュゥべえの姿もあった。

QB「どうやら、”孵化”したようだね」

さやか「キュゥべえ……?」

マミ「どういうこと、キュゥべえ……?」

QB「言ったままの意味だよ。杏子の魂が絶望に染まり、魔女を産み落としたのさ」

ほむら「……魂……?」

キュゥべえはその後、魔法少女の真実を次々と語り始める。
ソウルジェム、魔法少女の魔力の源とは、その魔法少女の魂そのものであるということ。
魔法少女が絶望に身を落とした時、ソウルジェムはグリーフシードへと変化して魔女を産み落とすと言う事。




233 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 19:59:45.42 ID:hXOD4CvR0
マミ「そ、そんな……?」

さやか「っ……それじゃ、あたし達みんなゾンビにされたようなもんじゃないっ!!!」

QB「キミ達人間はいつもそうだね。事実をありのままに教えてあげると決まって同じ反応をする。わけがわからないよ」

ほむら「………」

QB「キミは、驚かないんだね?暁美ほむら」

ほむら「……あなたから聞くべき事は聞きました。もう、ここからいなくなってください」

この場にいる者の中で、ほむらだけはその事実を知っていた。
もっとも、知っていたのはソウルジェムがグリーフシードに変化し、魔女を産み落とすという事実だけではあるのだが。

QB「やれやれ、相変わらずキミはイレギュラーな存在だね」

ほむら「………」

QB「それじゃ、僕は行くよ。キミ達は魔法少女なのだし、今ここで産まれた魔女を倒してよね」

その場の三人にいつもの抑揚のない声でそう告げると、キュゥべえは歩き去っていく。




234 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:00:37.66 ID:hXOD4CvR0
マミ「魔法少女は……魔女に……佐倉さんが……魔女になったなんて……っ」

さやか「………マミ、さん……」

マミ「そんなの、おかしいじゃない……佐倉さん、あんなに悩んで、苦しんでいたのに……!!」

マミはその場に座り込み、涙を流す。
あの日、杏子を家に置いて学校になど行かなければよかった、と。
そんな後悔がマミの心を責め立てた。

ほむら「巴さん……っ」

さやか「………」

さやかは杏子を抱き上げると、マミの側まで連れていく。
そして、座り込んでいるマミの側に、その体を優しく置いてあげた。




235 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:02:13.77 ID:hXOD4CvR0
さやか「……っ!」

ふと、杏子のポケットの中に何かがあることに気が付いた。
ポケットの中に手を入れ、その何かを取り出した。

ほむら「……美樹さん、それは……」

さやか「グリーフシード……っ?」

中から出て来たのは、複数のグリーフシードだった。

マミ「佐倉さんっ……佐倉さんっ……!う、うぅぅあああぁぁぁ……!!」

不意に、マミの手からソウルジェムが転がり落ちる。
杏子が魔女になってしまった事、魔法少女はいずれ魔女になってしまう事、ほむらの話を信じれなかった事。
いくつもの要因が、マミの心を責め立てていた。
その責め苦に敏感に反応するように、ソウルジェムは穢れを溜め込んでいく。

さやか「………マミさん……」

杏子の懐から出て来たいくつかのグリーフシードのウチのひとつを、転がり落ちたマミのソウルジェムに当てた。
マミのソウルジェムから穢れが取り除かれる。




236 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:03:17.05 ID:hXOD4CvR0
マミ「……美樹さんっ……?」

さやか「ダメだよ、マミさん……マミさんまで魔女になっちゃったら、杏子、悲しむよ……」

マミ「でも、わたしはダメな先輩で……佐倉さんの事も止められない、暁美さんの話も信じられない、どうしようもない先輩なのよ……?
   それに、魔法少女はいずれ魔女になるのなら、もう生きている意味なんて……」

さやか「それでも、です。いずれ魔女になるのだとしても、今はまだ魔法少女でいられてるじゃないですか」

マミ「……っ……」

さやか「なら、まだ、やれることは残ってるはずだよ。あたしは、まだ諦めない……!!」




237 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:04:03.38 ID:hXOD4CvR0
ほむら「………魔女を、倒しましょう。もう、それしかないと思います」

ほむらは指輪状のソウルジェムを元の形に戻すと、魔法少女姿に変身する。

さやか「待ってよ、ほむら……あの魔女は、杏子なんだよ……?」

ほむら「それなら、尚の事です。このまま放っておいたら、一般人に被害が出てしまいます……例え魔女になったのだとしても、佐倉さんはそんな事、したいはずがありません」

さやか「大丈夫だよ、ほむら……」

ほむら「美樹さん……?」

さやか「多分、杏子はここから動かないよ。杏子は、ここを自身の最期の場所にするって決めてたと思うから。だから、一日だけ、あたしと杏子に時間くれないかな……?」

ほむら「………」

さやか「マミさんも。マミさんは魔女を放置するの、反対かもしれないけど……一日だけ、時間、ください。お願いします」

マミ「………美樹、さん……?」




238 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:05:08.41 ID:hXOD4CvR0
さやか「杏子の持ってたグリーフシード、ほむらとマミさんが持って行って。あたしは、大丈夫だから……」

ほむら「……わかりました。美樹さんに考えがあるなら、佐倉さんの事は美樹さんに任せます」

マミ「………鹿目さんに、なんて言えば……」

さやか「まどかには、あたしの口から話そうと思う。だから、二人は何も言わないでおいて」

マミ「そこまで美樹さんに頼るわけには……!」

さやか「お願いします、マミさん。この件は、全部あたしに任せてください。……お願いします」

揺るぎない意志を持って。
さやかは真っ直ぐに、マミの瞳をその視線で貫いた。

マミ「美樹、さん……。………わかった。あなたの意思の強さ、信じさせてもらう……」

さやか「……ありがとう、マミさん」

さやかは再度、杏子を抱き上げた。

さやか「…………杏子。とりあえず今日は、あたし達、帰るから。待っててね、杏子」

杏子を抱き上げたさやかを先頭にして。
三人は、教会跡に背を向ける。




239 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:06:17.18 ID:hXOD4CvR0
――――――――――

マミ「じゃあ、わたしはこっちだから。また、明日ね……」

トボトボと力なく、マミは家へ向けて歩いて行く。

さやか「……ねえ、ほむら」

ほむら「なんですか、美樹さん……?」

さやか「お願いがあるんだけど、いいかな」

ほむら「お願い……?」

さやか「今日一日、ほむらの家を貸してほしいの。確かほむら、一人暮らしだったよね?」

ほむら「え?あ、はい、そうですけど……」




240 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:07:45.46 ID:hXOD4CvR0
さやか「杏子と、二人きりになりたいの。……ついでって言うわけじゃないけどさ。ほむらは、今夜はマミさんと一緒にいてあげてくれないかな」

ほむら「巴さん、に?」

さやか「うん。なんかマミさん、すごい危なっかしく見える。このまま放っておいたら、自殺しちゃうんじゃないか、って……」

ほむら「っ……」

さやか「あたしは杏子の事も放っておくわけにはいかないから、それをほむらにお願いしたいの。……ダメかな?」

ほむら「……いえ、わかりました。美樹さん、わたしの家の場所は知ってましたっけ?」

さやか「ん、知ってるよ」

ほむら「それじゃ、これ、鍵です。どうぞ」

さやか「ワガママ聞いてくれて、ありがと」

ほむら「いえ、美樹さんには色々迷惑を掛けちゃってますから……。それじゃわたし、巴さんの後を追いますね」

無理して笑顔を浮かべると、ほむらはマミの後を追っていく。
その後ろ姿を見送った後、さやかはほむらの家へと向かっていく。




241 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:08:34.58 ID:hXOD4CvR0
――――――――――

さやか「…………」

さやかの手の上のソウルジェムが淡い光を放ち、杏子の体を優しく包み込む。

QB「ほむらから話を聞いて、何をしてるのかなと思ってきてみれば。そうまでして死体の鮮度を保って、どうするつもりだい?」

不意に窓際から中へ入って来たキュゥべえが、さやかにそんな疑問の声をぶつける。

さやか「キュゥべえ……。別に、元の体に戻った時、腐ってましたなんて話になったら困るだろうからね」

QB「元の体に?どういうことだい?」

さやか「……聞きたい事がある。杏子のソウルジェム、取り戻す方法を教えて」

QB「ソウルジェムを取り戻す方法?」

さやか「そう。あんたなら、何か知ってるでしょ?」




242 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/19(金) 20:09:14.41 ID:hXOD4CvR0
QB「残念だけれど、僕の知る限りではないよ」

さやか「………」

キュゥべえの言い方に、若干の疑問を抱く。

さやか「それはつまり、キュゥべえにも知らない事があるって考えていいのね?」

QB「僕が知らないということは、過去に事例がないと言うことだ。可能性は限りなく低いだろうし、止めておいた方がいいんじゃないかな?」

さやか「あんたの忠告なんて、聞きいれるわけないじゃん。可能性があるんなら、あたしは諦めない。絶対に、杏子のソウルジェムを取り返してやる……!!」

それが、さやかの決意だった。
もし、杏子のソウルジェムを取り戻すことが出来たら。

さやか(その時は、今度こそ、杏子の隣に立つ事、出来るよね?杏子……)




244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/19(金) 20:50:14.31 ID:z9CFknHDO
とりあえずはマミさんが暴走しなくて良かった。




245 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:44:47.94 ID:iPLyoM030
~~~

杏子の体の鮮度を保ちつつ、適度に睡眠を取って。
そして、長い夜が明けた。

まどか達がいつも落ちあっている、待ち合わせ場所。
そこに、沈んだ表情のまどかとほむら、何も知らない仁美の姿があった。

まどか〈ほむらちゃん……昨日、さやかちゃんとマミさんは杏子ちゃんを探してたみたいだけど……どうだったのかな?〉

ほむら〈そっ、それは……美樹さんが、話をするって、言っていました〉

まどか〈え?さやかちゃんが?って、昨日はほむらちゃんもあの後、家に帰ったんじゃ……?〉

ほむら〈すみません、その辺の話は、美樹さんと巴さんも交えて話をしましょう〉

まどか〈う、うん……?〉




246 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:45:25.03 ID:iPLyoM030
仁美「あっ、来ましたわね、さやかさん」

さやか「んっ!おはよう、みんな!」

寝不足にも関わらず、さやかはそんな素振りを見せずに屈託ない笑顔を浮かべた。

仁美「それでは、行きましょうか」

自然と仁美が先頭になり、四人は学校へ向かっていく。

まどか〈ねぇ、さやかちゃん……?昨日、あの後はどうだったの……?〉

さやか〈ごめん、まどか。その話は、お昼にしよう?今は、仁美もいるからさ〉

まどか〈……うん、わかったよ〉




247 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:46:23.92 ID:iPLyoM030
~~~

昼休み。
見滝原中学の屋上に、四人が顔を合わせていた。

さやか「………まずは、昨夜の話からだね」

格子にもたれかかり、さやかは話し始める。

さやか「昨夜、まどかとほむらと別れた後に、杏子を見つけることは出来たよ」

まどか「本当っ!?」

さやか「……うん。でも、杏子は、あたしが見てる前で……」

そこまで言うと、さやかはひと息区切る。

さやか「……魔女に、なっちゃった」

まどか「……―――え?」

ほむら「っ………」

マミ「佐倉さんっ……」

さやかの言葉を聞いたまどかが、みんなの顔を眺める。
みんながみんな、やるせない表情をしていた。
それを見て、嘘を言っているわけではないのだと理解したのだった。




248 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:47:25.94 ID:iPLyoM030
まどか「……杏子ちゃん……。それじゃ……杏子ちゃんは、もう……?」

さやか「いや、杏子はまだ生きてる。昨日、杏子をその場に置いて、あたしたち……逃げちゃったから」

まどか「でっ、でも!魔女になっちゃったんなら、放っておいたら……!」

さやか「うん……。あたしに、ちょっと考えがあるんだ。それを聞いて欲しい」

三人の顔を眺めながら、さやかは自身の決意を話し始める。

さやか「杏子を、助けたいの。あたしは」

ほむら「え……?」

マミ「た、助けられるのっ!?」

その言葉に、なによりも過敏に反応を示したのはマミだった。
この中では、一番杏子との距離が近かったから。
助けられるのなら、助け出したい。
その想いが一番強いのも、マミだった。




249 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:49:35.05 ID:iPLyoM030
さやか「それは、あたしにもわからない。でもね、キュゥべえも言ってた。ソウルジェムを取り戻す方法は、僕の知る限りではない、って。それってつまり、もしかしたら取り戻す方法があるかもしれないってことでしょ?」

まどか「……さやかちゃん……」

さやか「杏子と話した時間はそれほど長くなかったけどさ。それでも、きっと、杏子なら諦めないと思う。だから、あたしも諦めない。でも多分、あたしの声じゃ、魔女になっちゃった杏子には届かないと思うの」

さやか「だから、マミさんに協力をお願いしたい」

マミ「……え?」

ここで指名されると思っていなかったのだろう、マミは気の抜けた声を上げる。

さやか「杏子がマミさんと一緒に過ごした時間は、杏子の中にも大切に残ってるはずだよ。だから、あたし達の中で杏子に声を届けられるのは、マミさんが一番可能性が高いって思う」

マミ「……わたしの声が……」




250 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:50:46.26 ID:iPLyoM030
さやか「まどかとほむらは、悪いんだけど、待ってて欲しい。大勢で行ったら、杏子も話は聞いてくれないと思うから」

ほむら「……本当に、うまく行きますかね……?」

さやか「わかんない。でも、試す価値はあるって、あたしは思う。何より、杏子はもう十分苦しんだはずだよ。これ以上、杏子が苦しむ所は、あたしは見たくない」

さやか(……いざとなったら、あたしの手で杏子を……)

最期の瞬間、杏子が言っていた事を、さやかは思い出していた。

杏子『もしさ、あたしに何かあったら、その時はさやかが、あたしを殺してくれよな……あんたの振りまく希望で、あたしがばら撒く呪いを消し去ってくれよな……』

消え入りそうなのに、酷く耳に残っている、その言葉。
絶対に、その約束は守って見せる。
そう、改めて心に誓う。




251 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:51:35.52 ID:iPLyoM030
さやか「お願い、出来ますか?マミさん」

マミ「……わかったわ。わたしの声が、佐倉さんに届くのなら……手伝う」

さやか「ありがとう、マミさん……」

さやかとマミは、硬く手を取り合う。

さやか「まどかとほむらは、待っててね。ほむらの話を信じられなかったあたしとマミさんなりの、贖罪だから……きっと、杏子を取り戻してくるから……」

まどか「……わかった。さやかちゃんがそう言うなら、わたし、待ってる」

ほむら「わたしは……っ」

マミ「暁美さん、お願い……わたしに任せてちょうだい。このまま、なし崩しにあなた達の力まで借りちゃうと……わたしも、自分が許せなくなりそうだから」

ほむら「……わかり、ました」

まどかは納得したようだが、ほむらは納得出来ていないとでも言いたげな表情だった。
しかし、二人の決意の顔を見て、止めても無駄だということも理解していたのだった。




252 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/20(土) 00:52:27.12 ID:iPLyoM030
――――――――――

放課後。
さやかがひと足先に教室から出ようとしたところで、仁美に呼び止められる。

仁美「さやかさん。今日、これから用事はありますか?」

さやか「仁美っ?どうかした?あたし、放課後はどうしても外せない用事が……」

仁美「そんなに時間は取らせませんわ。今から屋上で、でもいいのですが」

さやか「っ……すぐ終わるんなら、まぁ……」

仁美「よかった。それじゃ、屋上へ行きましょう。二人で、御相談したいことがありまして……」

まどか「さやかちゃん、仁美ちゃん?」

さやか「ごめん、まどか、ほむら。ちょっと、行って来る。マミさんに会ったら、すぐに来るから校門前で待ってて欲しいって言っておいて」

ほむら「わかり、ました……?」

屋上へ行く二人を、顔に疑問符を浮かべながらほむらとまどかは見送るのだった。




259 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:04:36.84 ID:vyraeiVL0
――――――――――

さやか「……それで、相談ってなに?」

仁美「……恋の、御相談ですわ」

さやか「恋の?」

何も、こんな時にそんな相談をしなくてもいいだろう、とさやかは心の中で思う。

仁美「わたくし、ずっとさやかさんに隠していた事がありますの」

さやか「へぇ……仁美、好きな人なんていたんだ。初耳だよ」

仁美「ずっと前から、わたくし……上条恭介君の事、お慕いしてましたの」

さやか「………恭介、を?」

思いもよらない人物の名を上げられて、さやかは少しだけ自身の耳を疑った。




260 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:05:42.08 ID:vyraeiVL0
仁美「さやかさんは、上条君とは幼馴染でしたわね」

さやか「まぁ、ね」

仁美「わたくし、決めたんですの。もう、自分に嘘はつかないって」

さやか「………」

さまざまな思考を巡らせながら、さやかは仁美の言葉に耳を傾ける。

仁美「あなたはどうですか?さやかさん自身の、本当の気持ちと向き合えますか?」

さやか(……あたしの、本当の気持ち……)

眼を閉じて、さやかは自身の気持ちと向き合う。
確かに、さやかは恭介の事を好いている。
それはずっと昔からだったし、恐らくは仁美よりも恭介の事を想い続けて来た期間は長いはずだった。




261 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:06:19.11 ID:vyraeiVL0
さやか「…………」

仁美「急にこんな事を言われても、さやかさんはきっと困ると思います。ですから、一日だけ、お待ちします。それまでの間に、さやかさんは……」

さやか「いや、待つ必要なんてないよ、仁美」

仁美「………え?」

さやかから予想していなかった言葉が出て来た事で、仁美はカウンターを食らったように驚いた顔をさやかに向ける。
さやかの表情は、どこか安心したとでも言いたげな物だった。




262 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:07:05.93 ID:vyraeiVL0
さやか「あのさ、仁美。あたしの話、聞いてくれる?」

仁美「さやかさん……?」

さやか「さっき、どうしても外せない用事がある、って、あたし、言ったよね」

仁美「え、えぇ……?」

さやか「それはさ、あたしにとって本当に大事な用事なの。それこそ、今後のあたしの道を左右するような用事」

仁美「………」

さやか「正直、無事に帰ってこれるかどうかだって、わかってなかったんだよね。だから、心残りがあったの」

仁美「心残り、ですか?」

さやか「ん。恭介の事。それが、心残りだった」

仁美「……っ……」

さやか「仁美になら、恭介を任せられるよ。あたしも、二人の事、祝福したいと思う」




263 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:08:33.03 ID:vyraeiVL0
仁美「さやかさん、でもっ……!」

さやか「フェアじゃない、って、そう言いたい?」

仁美「っ……」

さやか「そう思うんなら、仁美の気の済むようにやったらいいよ。ただ、これだけは言っておく。あたしは、この気持ち、吐露するつもりは……少なくとも、今日明日の間にはない」

それが、さやかの決意だった。
今は、自分の事よりも……いや、恭介への想いよりも、優先すべき事柄がある。
そちらの方が、さやかにとって優先順位は高かった。

さやか「こう言っちゃあたしの自惚れでしかないけどさ。もしあたしが帰って来なかったら、一番心配するのは恭介じゃないか、って思う。
     だから、恭介が落ち込んでたらさ。仁美が、励ましてあげてよね。それなら、あたしも安心出来る」




264 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:09:28.69 ID:vyraeiVL0
仁美「………どこへ赴くのかはわかりませんが、さやかさんの意思は固いんですのね」

さやか「そう言う事。だから、仁美は仁美の納得するやり方でやればいいよ。あたしは止めない」

穏やかな笑顔を浮かべ、さやかは仁美にそう語りかけた。

仁美「………。わかりましたわ。さやかさんのお気持ち、確かに聞き届けました」

さやか「ん、それならよし。それじゃ、あたし、行って来るから。じゃあね、仁美。また……会えたら、いいね」

屋上に佇む仁美を一瞥し、さやかは校舎内へ戻って行く。

仁美「………待っています、さやかさん。あなたの用事が終わって、気持ちの整理が出来るまで、わたくしはいつまでも……」




265 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:10:09.78 ID:vyraeiVL0
――――――――――

さやか「マミさん、お待たせ」

マミ「美樹さん……いえ、いいのよ。それじゃあ、佐倉さんの所に行きましょうか……」

意気消沈しながら歩き始めるマミに向けて、さやかは声を掛ける。

さやか「あ、ちょっと待ってください、マミさん」

マミ「? どうか、したの?」

さやか「杏子の体も、連れて行こうと思うんです」

マミ「佐倉さんの体を……?」

さやか「はい。ソウルジェムを取り返せた時、側に杏子の体があった方が都合がいいじゃないですか」

マミ「………それも、そうね」




266 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:10:53.17 ID:vyraeiVL0
さやか「杏子の体は、ほむらの家にあるから、まずはそっちに行こう?」

マミ「えぇ、わかったわ……」

さやか「まどかとほむらは、どこにいるって言ってました?」

マミ「鹿目さんの家で待っている、と言っていたわ。二人にも、吉報を持って帰れるといいわね?」

さやか「それは、もちろんです」

ほむらの家で杏子の体を抱き上げると、さやかとマミは風見野へと向かう。
目的地へ向かう間、二人は終始無言だった。




267 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:11:39.00 ID:vyraeiVL0
そうして、教会跡へと辿りつく。

さやか「………やっぱり、ここにいるよね、杏子」

指輪にしたソウルジェムの反応を見ながら、さやかがそう呟く。

マミ「……佐倉さんっ……」

杏子を背負ったまま魔法少女姿に変身すると、二本の剣を壁に突き立てる。

さやか「覚悟は……いい、マミさん?」

マミ「ええ……行きましょう、美樹さん」

さやか「ん……そんじゃ、行こう」

片手に持った剣で二本の剣を弾き飛ばすと、魔女結界がその入り口を開く。
さやかとマミは、その中へと足を踏み入れた。




268 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:12:41.86 ID:vyraeiVL0
最初にさやかが巻き込まれた、教会を模した結界からは様変わりしていた。
霧がかかったような景色で、地面は赤い石畳。
所々にカンテラのようなものがぶら下がっており、中のあちこちに歩き続ける使い魔がいる。
使い魔に見つからないように慎重に、結界の中枢を目指して歩いて行く。

マミ「ねぇ、美樹さん」

さやか「……ん、何、マミさん?」

マミ「美樹さんは、どうしてそこまで佐倉さんの事を気に掛けるの……?出会って、まだ一週間も経っていないと言うのに」

マミには、それがどうしても不思議で仕方なかった。

さやか「ん……どうして、だろうね」

その問いに対して、さやかは笑ってごまかすしかなかった。
もちろん、答えはひとつだった。
『二人は、似た者同士だったから』
たったそれだけの理由で、これだけ気に掛けるのだから。
説得力は、さやかが自覚できる程に、皆無だった。




269 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:13:38.24 ID:vyraeiVL0
さやか「やっぱり、あたしがマミさんの弟子だから、かな」

マミ「…………わたし、あなたが思う程いい師匠なんかじゃないわ」

さやか「え、なんでです?」

マミ「一度ならず二度でもなく、三度も佐倉さんを救えなかったのだから……。佐倉さんの気持ちなんて、きっとわたしはこれっぽっちも理解出来てなかったのよ」

さやかの三歩後ろを歩きながら、マミは俯く。
理解する事が出来ていたのなら、杏子は魔女になることなんてなかったに違いない。
昨夜から、そんな事を何度思っただろうか。

さやか「人間の気持ちなんて、簡単には理解、出来ないよ」

マミ「………」

さやか「あたしだって、杏子の気持ち、全部理解出来てなんかいないし。ただひとつ分かる事って言えば、魔女になって人を殺すような事はしたくないだろうな、ってだけで」




270 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:14:19.84 ID:vyraeiVL0
マミ「……っ、美樹さん……でも、それじゃっ……」

さやか「っ!マミさん、話はとりあえずお終い」

マミ「えっ……?」

俯いていた顔をさやかの方へ向ける。
と、さやかの更に向こう。魔女が住まう結界の中枢からだろう、そこから禍々しいまでの魔力反応を感知した。

さやか「気付かれた……!!」

結界内がうごめき、さやかとマミを結界の中枢へと誘う。




271 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:14:57.81 ID:vyraeiVL0
炎の煌きに包まれたかと思うと、辺りは開けた景色へと変化していた。

さやか「………戻って来たよ、杏子」

さやかが、杏子の魂だった者……魔女へ向けて、そう告げる。

マミ「佐倉さんっ……!」

さやか「……マミさん、杏子の体、よろしく」

マミ「え、えぇっ……!」

マミの側に杏子の体を優しく置くと、両手に剣を一本ずつ出現させて、魔女へと向き直る。

オフィーリア「………グアアアアアア……―――」




272 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:15:56.40 ID:vyraeiVL0
さやか「いい、マミさん!?杏子の相手はあたしがするから、マミさんは杏子に呼び掛けて!諦めないで、何度でも、何度でも!!」

マミの前にサイズを大きくした剣を数本出現させ、それを地に突き立てる。

マミ「え、えぇ……わかったわっ……!」

震える声で、マミは杏子に語りかける。

マミ「佐倉さん……佐倉さん、聞こえる……?わたしよ……巴マミよ、佐倉さん……!」

オフィーリア「グアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

マミの語りかけを皮切りにして、魔女はけたたましい咆哮を上げる。
そして、手に持った槍を思い切りマミに向けて放り投げて来る。

マミ「っ……!」

さやか「マミさん、心配かもしれないけど、あたしが守るから!!マミさんはひたすら声を掛け続けて!!」




273 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:17:02.21 ID:vyraeiVL0
マミ「やめて、佐倉さん!!あなた、言ってたじゃない!!正義の魔法少女に憧れてるって、言ってたじゃない、佐倉さんっ!!」

オフィーリア「グオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

槍をひとつ投擲してはその手に新しい槍を出現させ、それを幾度となくさやかとマミの方へ向けて投げ続ける。
サイズが大きいこともあり、さやかはそれを弾き飛ばすだけでひと苦労だった。

マミ「もういいのよ、佐倉さん……!そんなに自分を責めないで……!あなたがしてきた事なら、誰も責めたりしないから!帰ってきて、佐倉さんっ!!」

オフィーリア「ガアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

魔女は、ひたすらにマミに攻撃を仕掛けようとしていた。
まるで、さやかの事など眼中にないかのようだった。

さやか「っ……話くらい、黙って聞きなさいよ、杏子!!」




274 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:17:48.42 ID:vyraeiVL0
オフィーリア「―――――!!!」

不意に、魔女が跨っている馬が前足をばたつかせる。
すると、魔女の姿が深い霧に覆われ始める。

さやか「!? な、何を……!?」

魔女を覆った霧が晴れて行く。
そこに現れたのは、三体に増えた魔女の姿だった。

マミ「さ、佐倉さんの魔法……ロッソ・ファンタズマ……!?」

オフィーリア×3「「「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」」」

マミがそう呟くと同時、三体の魔女は同時に大きな咆哮を上げた。
一体はその姿を巨大な槍へと変形させ、マミの方へ高速で迫って行く。
一体は手に持った槍をクルクルと回転させ始める。
一体は槍を構え、マミへ向けて突進を仕掛ける。




275 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:18:40.58 ID:vyraeiVL0
さやか「このっ……!!」

クルクルと槍を回転させている魔女はひとまず放置し、突進を仕掛けて来た魔女と切り結ぶ。
残る一体……巨大な槍へと変形した魔女は、そのままマミの方へと飛んでいく。

マミ「くっ……!?」

思わず、両手をクロスさせて防御の姿勢を取るマミ。
巨大な槍の姿となった魔女は、マミの前方に差しこまれたさやかの剣に突撃した。
その瞬間、さやかの剣は魔女へ向けて四散する。

オフィーリア「グアア!?」

四散した破片は槍の体に突き刺さり、至るところを傷だらけにしていく。
全ての破片を受けたところで、槍の形状から魔女の姿へと戻る。
それと同時、その魔女は大きく倒れ込んだ。体がボロボロと崩れて行く。




276 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:19:36.21 ID:vyraeiVL0
さやか「そっちは分身……!それじゃ、こっちは!?」

今切り結んでいる魔女を、注意深く観察する。

オフィーリア「ガアアアア……」

さやか「っ……あっちの奥の方にいる魔女……!」

槍を回転させている魔女の槍をよく見ると、今さやかが切り結んでいる魔女が持っている槍とは微妙に色合いが異なっていた。
あちらの魔女の槍はカラフルなのに対し、こちらの魔女の槍は苔むすんだ色一色だった。

さやか「こっちは偽物!!」

力任せに槍をはじき返し、魔女の姿勢を崩す。
その隙に二本の剣を出現させ、その体と跨っている馬を貫いた。

さやか「杏子!!分身なんかで、あたしを止められると思ったら大間違いだよっ!!」




277 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:20:27.95 ID:vyraeiVL0
オフィーリア「ガアアアア!!」

チャージ完了、とでも言うかのように、魔女は短い咆哮を放つ。
ひと際大きな槍へと変形し、またもマミの方へ向けて飛んでいく。

さやか「話を聞きなさいよ、杏子!!」

横ばいから攻撃を仕掛け、攻撃の軸を僅かにずらす。

マミ「佐倉さん、佐倉さんっ!!」

オフィーリア「ギャアアアアアアアアアアアアオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

マミの言葉に呼応して、魔女は再び大きな咆哮を上げる。
巨大な槍の形状から魔女の姿へ戻る。
その頭に灯る火が更に火力を増し、それは槍の先端にも飛び火する。

オフィーリア「ギイイイイイイイイイイアアアアアアアアアアアアア!!!!」

馬が地を蹴り、再度マミへ向けて突進を仕掛ける。
今度の突進は先程よりもスピードが増しており、さやかが横から付け入る暇がなかった。




278 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:21:14.50 ID:vyraeiVL0
さやか「でも、まだ剣がっ……!!」

マミと魔女の間には、二本の大剣が残っていた。
練り上げる時に特殊な細工を施し、衝撃を感知すると炸裂するようにしていた。
魔女はと言うとそんな事はお構いなしと言った様子で、先端に炎の灯った槍を横一線に振り抜いた。
その槍は二本の細工済みの剣を瞬時に破壊し、その奥にいたマミの体をも吹き飛ばしていた。

マミ「うぐぅっ!?」

石畳の壁に叩きつけられたマミは、そのまま意識を失った。

さやか「ま、マミさんっ!!……っ、杏子おおおおおぉぉぉぉぉっっ!!」

守ると言った約束を守れず、さやかは頭に血がのぼるのがわかった。




279 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:21:53.57 ID:vyraeiVL0
右手に力を込めると、地を蹴り魔女に向けて思い切りその剣を振り下ろす。
それに対し魔女は、尚も炎が灯った槍で以て応戦する。
ギィィン、と鈍い音が周囲に響き渡った。

さやか「あんた、マミさんに憧れてるんじゃなかったの!?あたしにだって言ってたじゃない、一緒にいて欲しいって言ってくれて嬉しかった、って!!思い出しなさいよ、杏子おおぉぉぉっ……!!」

オフィーリア「………!!!」

さやかの剣を腕ごと弾き飛ばし、返す槍でさやかの体を力強く地に叩き伏せる。

さやか「ぐぅっ!!!?」

叩きつけられたさやかは、短い悲鳴を上げる。
恐らく、素で戦ってもさやかでは杏子に勝つことは出来ない。
そう、思わせる一撃だった。




280 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:23:48.47 ID:vyraeiVL0
さやか「……っ、っ……佐倉、杏子っ……!!」

オフィーリア「―――――……!」

さやかを叩き伏せ、戦闘不能にしたと思いこんでいたのか。
その後すぐに立ちあがったさやかを前にして、魔女が若干怯む。
もっとも、さやかの方はヨロヨロとしていて足元はおぼつかなかったが。

さやか「……利己的で、自己中心で、使い魔を放置する、魔法少女っ……!!」

剣を支えにして立ち上がると、マミの代わりに魔女に向けて声を駆け始める。

さやか「でも、昔は正義に憧れてた、真っ直ぐな、真っ直ぐな魔法少女だった……!それが、あんたっていう魔法少女だったんでしょう、佐倉杏子!!」

オフィーリア「……グ……ガアアアア……」

一歩ずつ歩み寄って来るさやかから距離を置くように、魔女は後退して行く。




281 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:24:48.24 ID:vyraeiVL0
さやか「いい加減……!!正気に戻れよ、杏子!!!」

オフィーリア「!!!」

さやかのその言葉で、魔女はその槍を地面に落とす。

さやか「……杏……子……?」

オフィーリア「………」

再度、魔女の体が深い霧に覆われて行く。
その様子を、さやかは黙って眺める。

さやか(正気に……戻ってくれた……?)




282 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:25:31.76 ID:vyraeiVL0
そう思ったのも束の間、魔女は再度分身を二体出現させていた。

さやか「っ!!!」

オフィーリア×2「「ヴォォォォオオオオオオオオオオオォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォ!!!!!!」」

分身二体が、さやかに向けて十字で槍を突き出してくる。
それを剣で防ぐ。が、体重の軽さは如何ともしがたく。
そのまま、さやかは大きく中枢の入り口の方へ吹き飛ばされる。

さやか「ぐっ……あああぁぁぁっ!!」




283 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:26:23.00 ID:vyraeiVL0
ドサリ、と。
何かに当たる感触がした。

さやか「……っ、ほむら……!?」

ほむら「もう、これ以上見ていられません……!」

さやかの体を降ろすと、ほむらは気絶しているマミの方へ向かう。

ほむら「巴さん……!」




284 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:27:14.33 ID:vyraeiVL0
さやか「っ……あっはは……ごめん、ほむら。迷惑、掛けたね」

何故、ここに来たのか。
まどかはどうしているのか。
聞きたいことはたくさんあったはずなのに、さやかはその全てを聞こうとはしなかった。

ほむら「美樹さんっ……?」

さやか「マミさんの事、お願いしてもいいかな……あたしの無茶に付き合わせちゃった」

負傷したお腹を抱えながら、さやかはどこか諦めたようにそう呟く。

ほむら「みっ、美樹さんはどうするつもりなんですか!?」

倒れているマミを介抱しながら、ほむらは三体の魔女とさやかを交互に見つめる。




285 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:27:54.62 ID:vyraeiVL0
さやか「あたしは、まだここでやらなきゃいけない事があるから……先に行って」

ほむら「わ、わたしも一緒に戦います!」

このままここにさやかを置いて逃げるのは、ほむらは嫌だった。
何より、それだけの負傷でまともに戦えるわけなどない。

さやか「ダメだよ、ほむら。ほむらはさ、どうしてもやらなきゃいけないことがあるんでしょ?」

ほむら「っ……そ、それは……!」

図星、だった。
ほむらがやらなきゃいけない事。
でもそれは、それだけを成せればいいというわけでもなかった。
みんなで過ごせるのなら、それが一番いいに決まっている。
しかし、その言葉は何故か喉を通ってはくれなかった。




286 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:28:43.80 ID:vyraeiVL0
さやか「あたしなんかの事は気にしなくっていいから。ただ、ひとつだけお願いしたいかな」

ほむら「な、なんですか……?」

さやかの並々ならぬ決意をなんとなく察したのか。
ほむらは恐る恐る、さやかの言葉の先を促す。

さやか「あの子……まどかの事、よろしく。あの子、魔法少女やってて、自信つけてはいるけどさ。まだまだ、危なっかしい所とかあるから。それはあたしが言えた事じゃないんだろうけどね」

ほむら「………」




287 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:29:27.06 ID:vyraeiVL0
さやか「話はこれでおしまい。杏子、あの状態のままだったらあんたの事まで襲って来るよ」

気付くと、二体の分身は消え失せていた。ただ一人残った魔女が、再び槍を回転させ始めている。
その動作は、先程も見た。自身の体を巨大な槍に変形させ、突撃してくる攻撃だ。

さやか「杏子はあたしが引き受けるから。まどかと……あと、マミさんの事、ほむらに任せるから」

ほむら「ご、ごめんなさいっ……!」

ほむらの力ではどうにも出来ない、と思ったほむらは、せめてマミだけでも結界の外に逃がそうと決めた。
気絶しているマミがいなければ、ほむらも微力ながら助太刀は出来るだろう、と思っての行動だった。




288 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:30:17.56 ID:vyraeiVL0
さやか「ごめんは、あたしのセリフだよ……ほむら」


オフィーリア「グオオオオオアアアアアアア……」


さやか「心配しなくていいよ、杏子……」


魔法少女の変身を解き、ソウルジェムを手のひらに乗せる。


さやか「独りきりは、寂しいもんね。あたしもよくわかってる」


さやかのソウルジェムも、限界を迎えつつあった。


さやか「だからさ、杏子。あたしは一緒にいるから」


杏子の体の方へと歩み寄り、そこにしゃがみ込んだ。


さやか「それで、悪いけど我慢してよ、杏子………」




289 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:30:53.81 ID:vyraeiVL0





     パキパキッ








290 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:31:25.58 ID:vyraeiVL0
―――今日までにあった、杏子との出来事。

―――恭介の、退院して初めての演奏。

―――仁美の気持ち、自身の気持ち。

―――心残りは、まだまだあったけれど。

―――とりあえず、一番の心配は今ここであたしが。

―――もう一つの心配は、きっと仁美が。

―――解消してくれるって、そう信じて。




291 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:32:27.04 ID:vyraeiVL0
オクタヴィア「ヴォオオオオオオオオオオオォォォ!!!」

オフィーリア「グァアアアアアアアアアアアアァァァ!!!」

二体の巨大な魔女が、槍と剣によって貫かれる。

お互いが、最初からそうするのがわかりきっていたかのように、同時に。

力尽きた二体の魔女が倒れ込むと、魔女結界も同時に崩壊して行く。

その崩壊に、さやかと杏子の体も巻き込まれて行く。




292 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:33:09.32 ID:vyraeiVL0



消えゆく最期の瞬間、二人は意識はないはずなのに。

力は弱かったかもしれないけれど、それでも、確かに。

二人の手は、繋がれていた。




293 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:33:36.98 ID:vyraeiVL0
―――杏子

―――あなたの罪をあなたが許せなくても、あたしはあなたの罪を許します

―――だから、安心していいんだよ、杏子……




294 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:34:08.58 ID:vyraeiVL0
―――馬鹿野郎

―――こんな最低なあたしに付き合うなんて、ホントに大馬鹿野郎だよ、さやかは

―――でも、ありがとう

―――許してくれて……一緒にいてくれて……

―――ありがとう―――




295 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:35:19.06 ID:vyraeiVL0
その後、残された三人がどのような道を辿ったのか。

それについては、さやかと杏子は知る由もなかった。

ただひとつ、お互いに分かることは。

報われない終わりだろうと、最期の二人は、きっと笑顔だったということだけだった。



終わり




296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/21(日) 23:35:49.97 ID:OYYvbWgKo


人間のままならね理論か




297 : ◆/ZP6hGuc9o:2012/10/21(日) 23:37:09.56 ID:vyraeiVL0
以上、これで本編は終了となります
こんな暗い話に付き合ってくださった方、ありがとうございました




299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/22(月) 02:18:15.59 ID:S8GzSls5o
乙だ




300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/22(月) 14:35:52.91 ID:E7drlGpH0

暗くはないけど、悲しくなった




301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/10/22(月) 20:55:20.11 ID:WZgWyPpv0
乙乙
何気にこの話で一番トラウマ背負うのは仁美な気もする






-----------------
当ブログについて
※欄678さんありがとうです。



魔法少女まどか☆マギカ the illustrated book (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女まどか☆マギカ the illustrated book (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)原作:Magica Quartet 編:まんがタイムきらら

芳文社 2013-01-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) まんがタイムきらら☆マギカ vol.4 2013年 01月号 [雑誌] RAH MGM 暁美ほむら 魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか 制服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2013/01/06(日) 17:50: :edit
    と げ 1
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/06(日) 18:16: :edit
    2か
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/06(日) 20:22: :edit
    003getだぜ!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/06(日) 20:41: :edit
    おのれQB・・・ッ!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/06(日) 23:58: :edit
    さやかちゃん…
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/07(月) 02:06: :edit
    さやかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  7. 名前: ななし #-: 2013/01/07(月) 08:50: :edit
    どうせならQBの知らない方法で杏子が魔女化から助かる展開も見たかった・・・
  8. 名前: 名無し #-: 2013/01/07(月) 21:18: :edit
    魔法少女→魔女知ってるほむらがまどかの契約を許容してたのが少し違和感。でも楽しめた
  9. 名前: 名無しさん #-: 2013/01/07(月) 23:06: :edit
    杏子とさやかは似たもの同士なんだよな
    逆パターンいいな
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/08(火) 00:15: :edit
    逆ヴァージョン素晴らしい
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/08(火) 07:31: :edit
    さやかがメンタルさやかじゃないだと…!?
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/09(水) 01:05: :edit
    2人は似たもの同士ってことらしいからこんな逆パターンもあってもいいかもしれない
  13. 名前: 洲道 #-: 2013/02/21(木) 10:17: :edit
    逆パターンかィ
    こーゆーのも悪くないねィ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。