まどか「ほむらちゃんとケンカ中」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/24(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:44:48.56 ID:IxUghYft0
さやか「そんな嘘であたしを騙そうったって、そうはいかないからね」

まどか「違うよ、ホントの話だよ」

さやか「……本当? これで嘘だったらさすがに人間不信になるよ?」

まどか「嘘なんかついてないってば」

さやか「うーん……でも、ついさっきまでいちゃいちゃしてたよね」

まどか「えっ? ケンカしてるのは昨日の夜からだよ?」

さやか「……えっ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:47:31.18 ID:0/7nZB3oO
まどほむの喧嘩は見てみたい




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:47:36.11 ID:IxUghYft0
さやか「聞き間違いかな? 昨日の夜からって聞こえたんだけど」

まどか「そうだよ。昨日の夜からずっと続いてるの」

さやか「いやいやいやいや、それはないって。今日一日気づかなかったし」

まどか「……さやかちゃんって鈍感?」

さやか「思い当たるフシはあるけど、今は関係ないよ。たぶん」

まどか「やっぱり気づいてなかったんだ……あんなにギクシャクしてたのに」

さやか「むしろその真逆に全力疾走してる感じだったよ」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:50:02.06 ID:IxUghYft0
さやか「まさか、まどかの住んでる地方ではいちゃいちゃすることをケンカって……」

まどか「言わないから。方言じゃないから」

さやか「ま、あたしも見滝原に住んでるんだけどね」

まどか「普通の、ごく一般的な意味でケンカしてるんだよ」

さやか「……だって、ねえ。二人ともいつもどおりだったよ」

まどか「さやかちゃんの勘違いじゃないかな? ちゃんと思い出してみて」

さやか「えー? 朝は……確かほむらが最初に来てて……」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:52:31.97 ID:IxUghYft0
――――
――

さやか「おっはよー、ほむらー」

ほむら「おはよう、さやか」

さやか「今日も一段と冷えるねー」

ほむら「そうね、誰かさんの髪は寒色だから余計に寒く感じるわ」

さやか「誰かさんの口調も冷たいから余計に寒くなるわー」

ほむら「……優しく接してあげたら偽者扱いしたのは誰だったかしら」

さやか「あ、あははは……あれは反省したんだから水に流してよー」

ほむら「……ええ、いいわよ。確か近くに川があったわね」

さやか「物理的に!?」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:54:50.78 ID:IxUghYft0
まどか「ほむらちゃんと楽しくおしゃべりしてたのはどうでもいいよ」ムー

さやか「楽しく……? あたし川に投げ込まれそうになったんだけど……」

まどか「ケンカ中だからって……さやかちゃんずるいよ」

さやか「文句ならあたしじゃなくてケンカ相手に言って欲しいなって」

まどか「えー? ほむらちゃんは悪くないよぉ」

さやか「……やっぱりケンカしてるって嘘なんだよね」

まどか「ケンカ中だってば」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 20:57:34.21 ID:IxUghYft0
――――
――

さやか「ま、待って。話せばわかる……あ、ほら、まどかが来たよ」

ほむら「言われなくても気づいてるわ」

まどか「おはよー、さやかちゃん、ほむらちゃん」

さやか「おっはよー」

ほむら「おはよう、まどか」

まどか「寒いからお布団から出るのが大変だよ」

ほむら「ふふ、じゃあ冬の間は私が起こしに行ってあげましょうか?」

まどか「もっとお布団から出られなくなっちゃったりして///」

さやか「あー、もー、朝からこいつらは……」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:00:17.17 ID:IxUghYft0
まどか「ほらね」

さやか「ほらね、って、何が?」

まどか「ケンカしてたのわかったでしょ」

さやか「……は?」

まどか「さやかちゃんがここまで鈍感だったなんて……」

さやか「いやいやいや、ケンカどころかいちゃいちゃしてたじゃん!」

まどか「なんでそうなるの?」

さやか「なんでそうならないと思うの?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:02:44.98 ID:IxUghYft0
さやか「あれのどこがケンカしてたって言うのさ」

まどか「いつもはほむらちゃんの名前を先に呼ぶのに、今日はさやかちゃんが先だったよね」

さやか「……え、それだけ?」

まどか「それだけじゃないよ。ほむらちゃんだって、さやかちゃんより挨拶を返すのが遅かったし」

さやか「たまにはそういうこともあるでしょ」

まどか「無いよ! いつもは0.5秒以内に挨拶返してくれるもん!」

さやか(え? ただの惚気? というかその後の会話は無視?)




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:05:10.27 ID:IxUghYft0
――――
――

さやか「仁美は日直だから先に行ってるんだっけ」

ほむら「そうね。じゃあ行きましょう」ギュ

まどか「うん」ギュ

さやか「……手をつなぐのはともかく、腕まで絡めるのは教育上良くないと思います」

まどか「えへへー、寒いからしょうがないよね」

ほむら「そうよ、それにこれくらい友達なら普通だわ」

さやか「はいはい、もう好きにしてくださいっての」

まどか「ほむらちゃん温かい……///」

ほむら「まどかも温かいわ……///」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:08:04.99 ID:IxUghYft0
さやか「……ケンカ中……?」

まどか「そうだよ。どっからどう見てもケンカ中だったよ」

さやか「どっからどう見てもケンカ中じゃないんだけど……手つないでたし」

まどか「違うよ、手はつないでないもん。お互いに袖を掴んでたんだよ」

さやか「間違い探しかよ! 袖ならセーフって意味がわからないよ!」

まどか「一緒に学校行くのに手をつながないなんて、二人の間に溝ができてる証拠でしょ?」

さやか「じゃあ、手はつないでないとしても、腕を絡めてたのは?」

まどか「寒いからって言ってたよね。お互いを相手を暖房代わりにしか思ってないんだよ」

さやか(……何がなんだかわからない……)




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:10:58.95 ID:IxUghYft0
さやか「まどかの言ってるケンカは、あたしの知ってるケンカと違う気がする」

まどか「それは……確かに男の子みたいに殴りあったりしてないけど……」

さやか「あたしが言いたいのはそういうことじゃないからね」

まどか「でも、学校でもほむらちゃんと距離を置いてたよ」

さやか「普通にまどかの席でおしゃべりしてたはずだけど」

まどか「お互いに半径30cm以内には近づいてなかったもん」

さやか「単位がおかしいよ! せめてメートルで表せる距離にしようよ!」

まどか「30cmも空けてたら抱きしめられないんだよ? ほお擦りもできないんだよ?」

さやか「むしろそれをいつも教室でやってるのがおかしいんだよね」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:13:42.17 ID:IxUghYft0
まどか「決定的なのはほむらちゃんと一緒のお昼ご飯の時だよね」

さやか「一緒に食べてる時点でケンカしてるって言い張るのはどうなの?」

まどか「ケンカ中だってご飯くらい一緒に食べるよー」

さやか「無言で食べてたならともかく、普通に会話してたみたいだけど」

まどか「でも、おかずの交換もしてないし、食べさせてあげたりもしなかったよね」

さやか「毎日いちゃいちゃしすぎだから、それくらいがちょうどいいよ」

まどか「さやかちゃんは仲良くしてるよりケンカしてる方がいいって言うの?」

さやか「ケンカしてないじゃん」

まどか「してるってば」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:16:24.81 ID:IxUghYft0
まどか「ケンカしてるってわかってくれた?」

さやか「しょうがないから百歩譲って……も、ケンカしてるとは思えないんだよなあ」

まどか「むー」

さやか「まあそれは置いといて。なんで急にその話を?」

まどか「マミさんの家に遊びに行く前に言っておこうかなって」

さやか「もっと早く言ってくれても良かったのに」

まどか「気づいてると思ったんだもん」

さやか「こんなんじゃあたしじゃなくても気づけないよ……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:19:22.77 ID:IxUghYft0
さやか「それで、ほむらと仲直りさせて欲しい、ってこと?」

まどか「ううん。さやかちゃんには余計なことしないで欲しいんだ」

さやか「……あたしそんなに信用ないかな?」

まどか「あ、そうじゃなくて……ケンカしてるのにも意味があるから、止めないで欲しいなって」

さやか「?」

まどか「だから、ケンカは続けたままだけど、気にしないでね」

さやか「って言われても、ケンカしてるってまだ信じられないんだけど」

さやか(ケンカしてるって言い張ってるのにも何か意味が……?)




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:22:15.03 ID:IxUghYft0
まどか「さやかちゃんにはケンカしてるように見えなかったんだよね」

さやか「うん。言われてみたら、ちょっといちゃいちゃが控えめかな、くらい」

まどか「……やっぱり私、甘かったのかな」

さやか「うん、確かに甘かったよ。違う意味で」

まどか「よし、もっとほむらちゃんの嫌がることをしてケンカっぽくしよう」

さやか(ケンカっぽく、って言ってる時点でケンカじゃないんじゃ……)

まどか「どうすればいいかな?」

さやか「ここまでの様子だと無理だと思うよ」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:24:55.97 ID:IxUghYft0
まどか「例えば……ほむらちゃんとペアルックで学校来るのやめる!」

さやか「制服だからね。それだとあたしも仁美も他の女子もペアルックだからね」

まどか「授業中にあんまりほむらちゃんの方を見ない!」

さやか「授業には集中しようよ。あたしも人のこと言えないけどさ」

まどか「ほむらちゃんと話す時だけ半音下げる!」

さやか「それは……嫌がらせなの……?」

まどか「体育の時ほむらちゃんとペアを組まない!」

さやか「代わりにあたしがほむらと組もうかな」

まどか「……この案は廃止」

さやか「早っ!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:28:08.02 ID:IxUghYft0
まどか「他に何かないかな?」

さやか「ほむらの嫌がること……キュゥべえと契約するとか?」

まどか「だ、ダメだよそんなの!」

さやか「いや、そりゃもちろん冗談だけ……」

まどか「ほむらちゃんの嫌がることなんてできないよ!」

さやか「あれあれ? あたし何か趣旨を勘違いしてたかな?」

まどか「さやかちゃんひどい! 意地悪! 青魚!」

さやか「もしまどかが親友じゃなかったら今ビンタしてたよ。マジで」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:30:54.39 ID:IxUghYft0
さやか「そんなに無理にケンカしなくても……」

まどか「ケンカはしてるんだよ。そう見えないかもしれないけど」

さやか「だってさぁ……あ、お互いに無視してるとケンカっぽいよね」

まどか「そ、そんな……ほむらちゃんを無視するなんて……」

さやか「もう、諦めたら?」

まどか「で、でもほむらちゃんとはケンカ中だし……私、やるよ!」

さやか「……できるの?」

まどか「ほむらちゃんを20……ううん、15分無視する!」

さやか(……もうつっこむのめんどくさいなー……)




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:32:04.28 ID:rdpEJver0
15分も無視するなんて、まどっち鬼畜だな




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:33:32.03 ID:IxUghYft0
さやか「15分ってさぁ……せめて半日くらいは」

まどか「そんなに!? そんなの無理だよ!」

さやか「ねえ、本当にほむらとケンカするつもりあるの?」

まどか「じゃあ……がんばって10分間ほむらちゃんを無視する」

さやか「早速5分減ってるのはなんでだろうね」

まどか「ロスタイムかな」

さやか「ロスタイムは増えるもんだけどね」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:36:40.97 ID:IxUghYft0
まどか「あ、そういえばどうしてケンカしてるのか話したっけ?」

さやか「聞いてないけど多分しょうもない理由だから言わなくていいよ」

まどか「理由も言わないでゴメンね」

さやか「謝るなら別のことで謝って欲しいけど気にしなくていいよ」

まどか「ケンカの原因はね」

さやか「言わなくていいから」

まどか「……でもちょっと気になるでしょ?」

さやか「……確かに聞かないとすっきりしないけどさ」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:39:38.86 ID:IxUghYft0
さやか「じゃあ聞いて欲しそうだから聞くけど、ケンカの原因は?」

まどか「価値観の違い、って言うのかな?」

さやか「破局した芸能人カップルじゃないんだから……」

まどか「ほむらちゃんとカップルだなんて、そんなぁ///」

さやか「……帰ってもいいかな」

まどか「まだ理由も聞いてないのに?」

さやか「いや、なんかもうどうでもいい気がしてきた」

まどか「実はね、昨日の夜……」

さやか「ねえ、あたしは無視しなくていいんだよ?」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:42:23.19 ID:IxUghYft0
――――
――

まどか「ほむらちゃん、なんでわかってくれないの?」

ほむら「まどかこそ、どうして理解してくれないの?」

まどか「ほむらちゃんは間違ってるよ!」

ほむら「間違ってるのはまどかよ!」

まどか「ほむらちゃんの方が可愛いに決まってるよ!」

ほむら「まどかの方が可愛いわ!」

まどか「違うよ! ほむらちゃんだよ!」

ほむら「いいえ、まどかよ!」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:45:23.89 ID:IxUghYft0
まどか「ってことがあってね」

さやか「もしもし、杏子? どうせ暇だよね。これから遊びに……」

まどか「さやかちゃん、話はまだ終わってないよ」

さやか「話は終わってなくてもあたしの出る幕は終わってるよ」

まどか「さやかちゃんは続きが気にならないの?」

さやか「どうせこの後もいちゃいちゃしてただけでしょ」

まどか「それでね、口論になって怒って帰ったんだけど……」

さやか「あれ? またあたし無視されてる?」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:48:13.18 ID:IxUghYft0
――――
――

まどか「ほむらちゃんのわからずや!」

ほむら「まどかの意地っ張り!」

まどか「ほむらちゃんの方が可愛いのに!」

ほむら「まどかの方が可愛いのに!」

まどか「もう……私帰る」

ほむら「お別れね……でも夜は危ないから送っていくわ」

まどか「うん、ありがとう」

ほむら「これくらいのことでお礼なんて言わなくていいのに」

まどか「でも嬉しいんだもん///」

ほむら「私も一緒にいられて嬉しいからおあいこね///」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:51:10.90 ID:IxUghYft0
まどか「それで家に帰って昨日はお別れしたんだけど」

さやか「ケンカはどこいった!?」

まどか「どこにもいってないよ。ずっとケンカ中だよ」

さやか「これのどこがケンカ……?」

まどか「全部」

さやか「……いや、そんな胸張って言い切られても」

まどか「だからお家まで送ってもらったけど、お別れのちゅーはしてないんだよ」

さやか「さらっとカミングアウトしたけど、普段してることに驚きだよ」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:54:17.23 ID:IxUghYft0
さやか「そっか、二人はケンカしてるんだ」

まどか「やっとわかってくれたんだね」

さやか「なんて言うわけあるかー! 結局いちゃいちゃしてるだけじゃん!」

まどか「違うよー。なんでわかってくれないの?」

さやか「逆になんでわかってもらえると思えるのか不思議だよ……」

まどか「あ、そうだ!」

さやか「え? 何?」

まどか「ほむらちゃんを10分も待たせちゃったよ! 早く行かないと心配してる!」タッタッタ



さやか「……ケンカって、なんだっけ……」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 21:57:16.74 ID:IxUghYft0
ほむら「まどか、遅いわね……」

マミ「美樹さんと話があるって言ってから、まだ10分くらいじゃない」

ほむら「危なくなったらさやかが身代わりになってくれるといいんだけど……」

マミ「学校の中だし、そんな危険なことも無いでしょ。魔女の気配もないし」

ほむら「そうね、心配なんていらないわね。何事もないに決まってるわ」ソワソワ

マミ「セリフと行動が合ってないわよ」クス

ほむら「心配だわ……大丈夫かしら……」ソワソワ

マミ「……そっちに合わせるのね」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:00:29.19 ID:IxUghYft0
マミ「暁美さんは本当に鹿目さんが大切なのね」

ほむら「当たり前じゃない。私の一番大切な人だもの」

マミ「……そうはっきり言ってもらえる鹿目さんが、時々とても羨ましく感じるわ」

ほむら「私はまどかを守ると願って、ここにいるの。私の人生はまどかに捧げたのよ」

マミ(たまに行き過ぎることもあるけど、それだけ想いが強いのよね)

ほむら「あ、そういえばマミ、一つ言い忘れてたわ」

マミ「なにかしら?」

ほむら「私、今まどかとケンカ中だから」

マミ「この話の流れで!?」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:01:31.23 ID:reguXeiS0
喧嘩してもしっかり送っていくほむらちゃほむほむ




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:03:35.11 ID:IxUghYft0
マミ「鹿目さんに人生を捧げたんじゃなかったの!?」

ほむら「もちろん捧げたわ。でもそれとこれとは話が別よ」

マミ「何が別なのよ」

ほむら「まどかを大切にしながらケンカしてるのよ」

マミ「わけがわからないわよ……一体何があったの?」

ほむら「お互いの主義主張がぶつかった、ってところかしら」

マミ「えっと、具体的に話してくれないとさっぱりわからないのだけど」

ほむら「いいわ、説明してあげる。まず、昨日の夜に……」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:07:17.03 ID:IxUghYft0
まどか「お待たせー、マミさん、ほむらちゃん」

さやか(確かにほむらの名前が後だ……って、これ言わなきゃ気づかないだろ)

ほむら「まどか、大丈夫? 何もなかった?」

さやか「その言い方だと、まるであたしが悪者みたいだよ……」

まどか「もう、ほむらちゃんは心配しすぎだよー」

ほむら「大切なまどかのことだもの。心配くらいさせて、ね?」

まどか「……うん、ありがとう///」

さやか(そういえばほむらを無視するんじゃ……まあいいか)

マミ(ケンカ……中……?)




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:10:34.14 ID:IxUghYft0
マミ「じゃあ行きましょうか」

さやか「そうですね」

まどか「じゃ、行こうほむらちゃん」ギュ

ほむら「ええ」ギュ

マミ「……」

さやか「マミさん、どうしたんですか?」

マミ「……ケンカって、なんだったかしら……」

さやか「あ、それさっきあたしも言いました」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:14:00.64 ID:IxUghYft0
マミ「……ねえ、美樹さん」

さやか「はい、なんですか……って、マミさんなんか疲れてません?」

マミ「惚気なんだかよくわからない話をされて、ちょっとソウルジェムが濁っただけよ」

さやか「えっと……グリーフシード使います?」

マミ「まだ大丈夫よ。それより鹿目さんと暁美さんがケンカしてるって本当なの?」

さやか「嘘みたいな話ですけど、本人いわくそうみたいですね」

マミ「とてもそうは見えないんだけど……」

さやか「同感です」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:17:04.71 ID:IxUghYft0
まどか「マミさん、ちょっといいですか?」コソッ

マミ「え?」

まどか「ほむらちゃん、何か言ってました?」

マミ「えーと、二人はケンカしてるって。でも……」

まどか「あ、やっぱりその話したんですね」

マミ「本当なの? 何か信じられないのだけど……」

まどか「本当です。今だって、15分ぶりに会ったのに抱きあってないですし」

マミ「……そう。それはご愁傷様」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:20:07.67 ID:IxUghYft0
ほむら「ねえさやか、ちょっといいかしら」コソッ

さやか「ん?」

ほむら「まどかは何か言ってた?」

さやか「うん、あんたらケンカしてるって」

ほむら「やっぱりその話をしに行ったのね」

さやか「でも話は聞いたけど、まだ信じられないんだよね」

ほむら「まどかは嘘をついてないわよ。だって、私よりマミの名前を先に呼んだし……」ギリ…

さやか「……それ、気づくもんなんだ。すごいね」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:23:29.92 ID:IxUghYft0
マミ「二人は本当にケンカしてるの?」

まどか「はい、見ての通りです」

マミ「見たままだとケンカしてるように思えないんだけど」

まどか「今だって私とじゃなく、さやかちゃんとあんなに楽しそうに……」

マミ「……私には美樹さんがあきれてるようにしか見えないわ」



さやか「本当にまどかとケンカしてるの?」

ほむら「そんなの見てわかるでしょう」

さやか「見てわかんないから聞いてるんだよ」

ほむら「今だって私とじゃなく、マミとあんなに楽しそうに……」

さやか「……あたしにはマミさんが苦笑いしてるようにしか見えないよ」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:25:13.09 ID:sw6HhaJE0
ケンカ……中……?




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:26:44.78 ID:IxUghYft0
まどか「ほむらちゃん、さやかちゃんと何を話してたの?」

ほむら「まどかこそ、マミと何を話してたのかしら」



さやか(問い詰めてるように見えて、身体をぴったり寄せ合ってるし……)

マミ「美樹さん、今回のはなんだと思う?」

さやか「まあ、本当にケンカしてる線はないですよね。あたしはケンカプレイじゃないかなって」

マミ「ケンカプレイ?」

さやか「いつもとちょっと違う雰囲気を楽しんでるというか、そんなイメージで」

マミ「そうね。確かにいつもよりほんのちょっとだけいちゃいちゃを控えてるわ」

さやか「ほんのちょっとだけですけどね」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:30:08.28 ID:IxUghYft0
さやか「でも実はそう見えないけど、本当にケンカしてるとか……」

マミ「……あれで?」



まどか「さやかちゃんとはね、ほむらちゃんの話してたんだよ」

ほむら「私も、マミとまどかの話をしてたのよ。まどかは可愛いって」

まどか「もー、そんな嘘ついて/// 私もほむらちゃんが可愛いって話してたんだよ」

ほむら「私の真似したら嘘ってバレバレよ///」



さやか「無いですね」

マミ「無いわね」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:33:29.21 ID:IxUghYft0
まどか「どうしたの、さやかちゃん?」

さやか「ケンカしてるように見えないってマミさんと話してたんだよ」

まどか「まだそんなこと言ってるの?」

さやか「まだケンカしてるって言い張るの?」

まどか「……そんなにケンカしてるように見えない?」

さやか「全然」

まどか「……わかった。こうなったらケンカらしく、ほむらちゃんに手をあげるよ。見ててね」

さやか「え? ちょっと、まどか……」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:36:39.19 ID:IxUghYft0
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんの首筋にタッチ!」ピトッ

ほむら「きゃっ、冷たっ!」

まどか「えへへー、ケンカ中だもんね」

ほむら「もう、まどかったら///」



まどか「どうかな?」

さやか「ぶゎーっかじゃないの」

まどか「ひどいよさやかちゃん!」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:40:08.68 ID:IxUghYft0
マミ「ねえ、暁美さん」

ほむら「何?」

マミ「ケンカしてるって嘘なのよね?」

ほむら「そんな嘘ついてどうするのよ」

マミ「だって信じられないわよ……さっきからいちゃいちゃしてるだけだし」

ほむら「マミの目にはそう映るのね……ふっ」

マミ「え? なんで私がバカにされてるの?」

ほむら「そんなに信じられないなら、今からまどかに暴力を振るってくるわ」

マミ「え? 暴力って、待って暁美さん……」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:43:43.57 ID:IxUghYft0
ほむら「まどか!」

まどか「え?」

ほむら「まどかのほっぺを……えいっ」ツン

まどか「やんっ。もう、お返しー」ツン

ほむら「ぁんっ。まどかってば///」ツン

まどか「ひゃぅ。ほむらちゃんが始めたんだよ///」ツン



ほむら「どうかしら」

マミ「人前でいちゃいちゃするのはそんなに楽しいかしら?」ズズズ…

ほむら「……理由はわからないけど、グリーフシード使う?」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:44:57.78 ID:rdpEJver0
なんて、ひどいケンカなんだ(外野に




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:47:08.94 ID:IxUghYft0
まどか「こんなにがんばってるのに二人はケンカしてないって言う……」

さやか「もし本当にがんばってるんだとしたら、方向が真逆だから戻ってきなよ」

まどか「こんなのってないよ……こんなの絶対おかしいよ……」

マミ(おかしいのは鹿目さんたちの方じゃないかしら……)

まどか「……それなら、ほむらちゃんと決別宣言する!」

さやか「え?」

マミ「え?」

まどか「今日ほむらちゃんのお家に泊る予定だったけど、断ってくる!」

さやか「ねえ、なんで毎回ツッコミどころがあるのかなー?」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:50:41.68 ID:IxUghYft0
まどか「ほむらちゃん、今日はお泊りの日だけど……私、行かないから!」

ほむら「……そう」

さやか(お?)

マミ(これは……)

まどか「パパがね、ほむらちゃんの家に泊まってばっかりで迷惑かけてないかって……」

ほむら「そんなことないのに……」

まどか「だから、今日は泊まるのやめようかなって」

ほむら「そう……それじゃ今日は私がまどかの家に行ってもいいかしら」

まどか「うん、そうしてくれると嬉しいな」

ほむら「まどかの家だから、いつもみたいなことはできないわね///」

まどか「そ、それはまた今度ね///」



さやまみ(もう好きにすればいい……)




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:54:13.27 ID:IxUghYft0
まどか「びしっと言ったよ」

ほむら「びしっと言われたわ」

マミ「……どうしよう、わけがわからないわ」

さやか「安心してください、マミさん。あたしもわけがわからないです」

まどか「お泊りを断るなんて初めてでドキドキしたよ」

さやか「代わりに泊まりに来る人がいるんだけど、それは?」

マミ「ねえケンカ中って嘘なんでしょ? そろそろネタばらししてもいい頃じゃない?」

ほむら「ケンカ中よ。ねえ、まどか」

まどか「うん。ケンカ中だよ」

さやか「……なんなんでしょうね」

マミ「私が聞きたいわよ……」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:58:17.50 ID:IxUghYft0
マミ「ただいまー」

まどか「あれ? お部屋の中暖かいですね」

杏子「おかえりーっと。遅かったな」

さやか「杏子、来てたんだ」

杏子「マミに呼ばれてさ。この時期はコタツがありがたいねぇ」

ほむら「コタツだけじゃなくて暖房もガンガンに入れてるのね」

マミ(電気代が……って言ったらケチだと思われるかしら……)

さやか「あー、ちょうどいいや。杏子、あたしとツッコミ交代して」

杏子「なんだそりゃ? やけに疲れてるみたいだけど、なんかあったのか?」

さやか「……嫌でもすぐにわかるよ」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:01:48.04 ID:IxUghYft0
マミ「好きなところに座ってて。今お茶の用意をするから」

さやか「はーい。あたしは杏子の隣に座ろうかな」

ほむら「私は杏子の正面に座るわ」

まどか「じゃあ私は……ほむらちゃんの膝の上っ」

ほむら「ふふ、どうぞ」

さやか「……」

マミ「……」

杏子「二人ともどうしたんだ? こんなのいつものことじゃん」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:04:08.36 ID:cC9BHFfk0
いったい何がどうなって・・・




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:06:25.74 ID:IxUghYft0
さやか「……ねえまどか」

まどか「ん?」

さやか「ケンカとか真っ赤な嘘で、いちゃつきたいだけなんでしょ?」

マミ「素直になりましょう、ね?」

まどか「違うよー。これはほむらちゃんの脚に負担をかけてるんだよ」

ほむら「私の膝に乗せることで、まどかは狭くてくつろげないのよ」

さやか「ケンカって、いいわけしながらいちゃいちゃすることじゃないんだよ?」

ほむら「じゃあまどかにどこに座れって言うの? マミの座る場所を奪えと?」

さやか「広いんだから横でいいじゃん。というかケンカしてるならあたしか杏子の横に来れば……」

杏子「……ケンカ?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:10:37.80 ID:IxUghYft0
杏子「ケンカって何の話だ?」

さやか「それは……」

まどか「杏子ちゃんには私が説明するよ」

ほむら「いえ、私が説明するわ」

まどか「私が説明するからいいよ」

ほむら「私が説明するって言ってるでしょう」

まどか「じゃあ交互に説明しよっか」

ほむら「いいわね。そうしましょう」

杏子「……おい、どういうことだよ?」

さやか「すぐにわかるって。いや、わかんないかも」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:14:06.41 ID:IxUghYft0
まどか「昨日の夜に私とほむらちゃんはケンカしたの」

ほむら「どっちが可愛いかお互いに口論になってね」

まどか「私はほむらちゃんの方が可愛いと思うの」

ほむら「私はまどかの方が可愛いと思うわ」

まどか「っていう風にお互いに譲らなくて」

ほむら「仲違いをしてしまったのよ」



杏子「なんだこれ」

さやか「そう言いたい気持ちはすっごくわかる」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:18:04.09 ID:IxUghYft0
杏子「ケンカ? 嘘だろ?」

まどか「なんでみんなそう言うの? ねえ、さやかちゃん」

さやか「言われたくなかったらケンカ相手の膝から降りようよ」

ほむら「こんなにもわかりやすくケンカしてるのに。ねえ、マミ」

マミ「わかって欲しかったらケンカ相手を膝に乗せるのやめなさいよ」

まどか「今日はまだ一回も抱き合ってないのに……」

ほむら「ほお擦りだってしてないのよ……」

杏子「わかった。こいつら実はバカなんだろ」

マミ「そんなストレートに言っちゃダメよ」

さやか(マミさんが否定しない!?)




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:22:25.24 ID:IxUghYft0
杏子「……よし、帰ろう」

マミ「佐倉さん、待って」

杏子「いや、だってこれ確実に面倒事だし」

マミ「喜びも悲しみも面倒なのも分かち合うべきじゃないかしら」

杏子「マミとさやかで分け合ってなよ。アタシは帰る」

マミ「ふふ、いいのかしら? この寒い中コタツ無しの生活に戻れると思ってるの?」

杏子「じゃあコタツは持って帰る」

マミ「泥棒!?」

杏子「ついでにエアコンも徴収するか」

マミ「暴君!?」




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:23:03.54 ID:v4E93jQv0
その二つを持っていってもどうしようもないよ杏子ちゃん・・・




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:25:27.65 ID:wlAvTUu/0
魔法少女の脚力なら自転車発電機で2000Wぐらいなんとかなるかもしれない




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:25:54.99 ID:IxUghYft0
マミ「……ま、まあまあ。ひとまずお茶でも飲んで落ち着きましょう。用意してくるわね」

杏子「しょうがねーなー」

さやか「とか何とか言って、コタツから出ようともしてなかったくせに」

杏子「外は寒いしね。……他意はないからな」

さやか「……自称ケンカ中の二人は温かそうだけどね」



まどか「もう、あんまり膝を動かさないでってば///」

ほむら「まどかこそ、あんまりお尻を動かさないでよ///」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:30:06.20 ID:IxUghYft0
杏子「見てるさやかは心が寒いってか?」

さやか「……じゃあ、杏子が温めてくれる?」

杏子「はい、使い捨てカイロ」

さやか「違うよ、そういうことじゃないんだよ……」

杏子「これがアタシにできる精一杯だ」

さやか「くっくっく、杏子はあたしの心を温めるのだー!」ガバッ

杏子「ばっ! な、何するつもりだ、おい///」



まどか「ほむらちゃん、ダメだよぉ///」

ほむら「まどかぁ///」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:34:16.22 ID:rcZ0ER6TO
今だかつてここまで壮大で壮絶で凄絶なる喧嘩があっただろうか




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:34:21.24 ID:IxUghYft0
マミ「……人がお茶の準備してる間に何やってるのかしら……」

まどか「ほむらちゃんが落ち着けないように身体を揺すってました」

ほむら「まどかが落ち着けないように身体を揺すってたわ」

さやか「杏子に暖房の風が当たらないように覆いかぶさってました」

杏子「くつろぎすぎて仰向けに寝てた」

マミ「……ふーん」ズズズ…

ほむら「……」つグリーフシード

さやか「……」つグリーフシード

杏子「……」つグリーフシード




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:35:18.27 ID:Uf+OquJ20
用意いいな三バカトリオw




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:38:05.14 ID:IxUghYft0
杏子「なんだ、今日はケーキじゃないんだな」

マミ「ええ、コタツといえばこれでしょ」

まどか「あ、みかんだ」

ほむら「違うわ、ミカンよ」

まどか「みかんだもん」

ほむら「ミカンよ」

杏子「……なあ、あれもケンカなのか?」

さやか「今日一番ケンカらしいケンカかな」

杏子「……あれで?」

さやか「あれで」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:40:38.57 ID:v4E93jQv0
あれだろ?俺らの見えない部分では物凄くドロドロとした戦いが展開してるんだろ?




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:41:59.29 ID:IxUghYft0
さやか「あ、お茶も紅茶じゃなくて緑茶なんですね」

マミ「ええ、こっちの方が合うと思って」

杏子「アタシはケーキに紅茶の方が甘くて好きだな」

マミ「冬は脂肪を溜め込みやすいのよ。。佐倉さん、意外とお腹周り危ないんじゃない?」

杏子「おいおい、マミと一緒にするなよ」

マミ「私はちゃんとカロリー計算してるもん」

ほむら「含蓄のある言葉ね、マミ」

マミ「棘のある言葉ね、暁美さん」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:45:47.07 ID:IxUghYft0
ほむら「そういえばまどかもちょっと重……」

まどか「やっぱり膝の上じゃなくて隣に座ろうかな」

ほむら「ほ、本気にしないで。冗談よ」

まどか「……」プイ

ほむら「まどかぁ」

まどか「ふーんだ」



さやか「ちょっとケンカっぽくなったね」

杏子「どうせすぐ元通りだろ」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:49:59.83 ID:IxUghYft0
杏子「みかんは美味いんだけど、皮剥いてすじ取るのが面倒だよなー」

さやか「じゃあ特別にあたしが剥いたのをあげよう。あーん」

杏子「はぁ? な、なんだよ急に……///」

さやか「食べないの? 食べないなら捨てちゃうぞー」

杏子「食いモンを粗末にするなよ」

さやか「じゃあ、はい。あーん」

杏子「自分で食えばいいだろ……まったく。あーん///」

マミ(照れてる佐倉さん可愛い……)

ほむら「人前でいちゃいちゃするのは感心しないわ」

まどか「そういうのは誰も見てないところでやろうよ」

さやか「!?」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:51:09.69 ID:iJNU06Zq0
こいつら…自覚していないだと……?




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:54:14.19 ID:IxUghYft0
マミ「佐倉さん、あーん」

杏子「マミまでどうしたんだよ?」

マミ「あら、美樹さんのは食べられて、私のは食べられないのかしら」

杏子「そんなんじゃないっての……あーん///」

まどか「杏子ちゃんモテモテだね」

杏子「からかうなよ///」

さやか「杏子ー、あーん」

マミ「佐倉さん、あーん」

杏子「な、なんなんだよ/// もしかしてあの二人が感染ったのか?」

ほむら「……病気みたいに言わないで欲しいわ」

さやか(若干病的だと思うんけどねー)




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:55:11.46 ID:iJNU06Zq0
自覚症状がないまま進行していく恐るべき病




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 23:58:57.86 ID:IxUghYft0
杏子「二人とも落ち着けよ/// どうしたんだよ///」

さやか「違うって。これはまどかとほむらを煽るためにやってるんだよ」ボソッ

マミ「そうそう、そろそろケンカしてないことを認めさせたいし」ボソッ

杏子「……どういうことだ?」

さやか「これを見てたら絶対にあの二人も食べさせ合いをしたくなるはずだからね」

マミ「でもケンカ中は食べさせ合いはNGみたいなのよ」

杏子「基準がわからないんだよなぁ……」

さやか「あとモグモグしてる杏子可愛いし」

マミ「ええ、まったくだわ」

杏子「だーかーらー、そういうこと言うなっての///」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:03:17.44 ID:2MgBzniB0
杏子(でもそんなんで効果あるのかね……)



まどか「……」チラッ

ほむら「……」チラッ

まどか「……」モジモジ

ほむら「……」モジモジ



杏子(効果ありすぎだろ……)

さやか(さあ、どうする? まどか、ほむら!)

マミ「佐倉さん、あーん」

杏子「おい、マミの目的は実はこっちだろ。……あーん///」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:07:16.21 ID:2MgBzniB0
さやか「あれー? まどかどうしたのー?」

まどか「え? な、なんでもないよ?」

さやか「もしかしてケンカしてるのに食べさせ合いがしたいとか?」

まどか「……」

さやか「ほむらと仲直りしたくなっちゃった、とか?」

まどか「うん」

さやか「えっ」

マミ「えっ」

杏子「えっ」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:12:06.06 ID:2MgBzniB0
さやか「……あれ? なんか予定と違う」

まどか「予定?」

さやか「そこは、そんなことないよ、って否定するところじゃないのかな?」

まどか「だって……やっぱりケンカは良くないよ。仲直りしたいよ」

ほむら「私も……もうケンカは十分だと思うわ」

マミ「そもそもケンカしてな……」

まどか「ほむらちゃん」ギュ

ほむら「まどか」ギュ

杏子「なんで仲直りする前に抱き合ってるんだ……?」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:14:24.81 ID:SL9heHIf0
うん、ケンカは良くないね




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:16:54.57 ID:2MgBzniB0
まどか「私はまだほむらちゃんの方が可愛いと思ってるけど、仲直りしたいなって」

ほむら「私もまだまどかの方が可愛いと思ってるけど、仲直りしたいわ」

まどか「ほむらちゃん、仲直りしてくれるかな?」

ほむら「まどかが良ければ……むしろ私からお願いするわ」

さやか(抱き合っておいて断られる可能性を考えるなよ……)

まどか「じゃあ……これで仲直りだね……」チュ

ほむら「まどか……」チュ

杏子「……なんという茶番。これがバカップルか」

マミ「いい話ね」ホロリ

さやか「マミさん!?」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:21:15.67 ID:2MgBzniB0
ほむら「というわけで仲直りしたわ」

まどか「心配かけてごめんね」

さやか「大丈夫だよ。一切心配してなかったから」

ほむら「気を遣わせちゃったわね」

マミ「本当に心配してなかったわ。ソウルジェムに誓って」

杏子「結局ケンカは本当だったんだな」

まどか「最初からそう言ってたのに……」

ほむら「誰も信じてくれないんだもの……」

さやか「そりゃ、無理にもほどがある」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:26:40.33 ID:2MgBzniB0
ほむら「今まで我慢してた事も、これで心置きなくできるわ」

さやか「あー、そういえばいろいろと我慢してたんだっけ。我慢……我慢?」

ほむら「じゃあ早速……まどか、あーん」

まどか「あーん///」

QB「あーん」

ほむら「……手が滑ったわ」グシャ

QB「目が! 滲みるぅ! 目がぁぁぁぁぁっ!」ゴロゴロ

マミ「キュゥべえ!? 大丈夫!?」

まどか「邪魔するから悪いんだよ」

さやか「キュゥべえいたんだ」

杏子「今のはしょうがない。誰だってそーする。アタシだってそーする」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:32:33.46 ID:2MgBzniB0
ほむら「今回の件でしみじみと思ったわ。まどか、あーん」

まどか「あーん」

マミ「何を?」

まどか「ほむらちゃん、あーん」

ほむら「あーん。……ケンカなんかするものじゃないって」

さやか「まあ、そりゃ、ねえ」

ほむら「ソウルジェムが濁って……まどか、あーん」

まどか「あーん」

杏子「……そのみかん無くなってからしゃべれ」

QB「どうしてキミたちは催涙成分を持つ武器を食すんだい?」




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:38:23.92 ID:2MgBzniB0
さやか「そもそもケンカの発端がひどいよねぇ」

ほむら「あれはきっかけというか……ケンカするためのただの口実よ」

マミ「……え?」

まどか「うん、その言い合いで本当にケンカしてたわけじゃないんだ」

さやか「でもケンカはしてたんでしょ?」

ほむら「ええ。ケンカしてたのは本当よ」

杏子「えーと、アタシにもわかるように説明してくれ」

ほむら「どうしようか、まどか///」スリスリ

まどか「説明してあげようよ、ほむらちゃん///」スリスリ

さやか「ねえ、もう一回ケンカしてくれないかな」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:43:17.73 ID:2MgBzniB0
ほむら「ケンカするほど仲がいいって言葉があるじゃない」

マミ「ええ、あるけど。実際、本当に嫌いな人とはケンカしないわよね」

まどか「でもほむらちゃんと私ってケンカしたことないなって」

さやか「まさか、それでそれでケンカしようと……?」

ほむら「そういうことよ。まどかともっと仲良くなるために、ケンカする必要があったの」

さやか「あたしが言ったとおりケンカプレイだったんだね」

杏子「ほら、アタシが言ったとおりバカだっただろ?」

マミ「二人とも、誇ることじゃないと思うわ」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:49:25.93 ID:2MgBzniB0
まどか「もうケンカはこりごりだよね」

ほむら「ええ、ケンカ中は寂しかったわ」

まどか「でも、ケンカした後はもっと仲良くなるって本当みたいだよ」

ほむら「そうね、結果オーライね」

まどか「ほむらちゃん///」ギュー

ほむら「まどか///」ギュー



マミ「仲良くなるためにケンカする必要あったのかしら……」

杏子「あんまり変わってないよなぁ」

さやか「……本人たちが満足ならそれでいいんじゃないですか?」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:54:08.23 ID:2MgBzniB0
まどか「ほむらちゃん可愛い///」スリスリ

ほむら「まどか可愛い///」スリスリ



マミ「……どうでもいいけど、いつまでやってるのかしら……」

さやか「じゃ、あたし先に帰りますね」

杏子「アタシはさやかの家のコタツに世話になることにしたから」

マミ「え? 待って!? お願いだからこの二人持って帰ってよ!」

さやか「それ、触るな危険なので」

杏子「熱いから暖房費が浮いていいじゃん」

マミ「この空間に私一人にしないでよ! お願いだから!」

QB「……」





おしまい




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:57:07.60 ID:q+Elw/WQ0
乙マミ

終始安定しててスラスラ読めたわ
またまどほむ書いておくれ




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:57:44.60 ID:2MgBzniB0
おつかれさまでした
支援ありがとうございました

まどほむは潤う




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 00:59:28.17 ID:SL9heHIf0
乙でした

まどほむにはバカップルがよく似合う




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/14(金) 01:00:10.43 ID:kOJ4PYXE0
おつかれさん
凄惨なケンカにどうなることかとほっこりしっぱなしだったぜ







-------------
当ブログについて
※欄674さんありがとうです。



白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)(限定版)
白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)(限定版)
サイバーフロント 2012-06-28
売り上げランキング : 8303

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
白衣性恋愛症候群 ホワイト・マテリアル 白衣性恋愛症候群 小説短篇集 Summary (まるち文庫 11) 白衣性恋愛症候群 RE:Therapy 白恋 ラジオナースステーション コミック百合姫 2013年 01月号 [雑誌]



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 15:37: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 究極のゲッターおにんにん #-: 2012/12/24(月) 15:44: :edit
    おにんにんのふとももにほむほむはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 16:07: :edit
    うざすぎながすぎ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 16:54: :edit
    誰だよこんなSSまとめろとか希望してる奴w
    こういうのはいい加減百合専用のSSサイトに掲載依頼しろよw
  5. 名前: ななし #-: 2012/12/24(月) 18:12: :edit
    終わるのがもったいなくて、ゆっくり読んでしまった
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 18:55: :edit
    壮絶な喧嘩だったな・・・
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 19:00: :edit
    007getだぜ!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 19:06: :edit
    ここにもアンチが湧いてきたのか
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/24(月) 20:57: :edit
    富士には
    月見草が
    よく似合う
  10. 名前: 名無し #oWe3P4HM: 2012/12/24(月) 22:55: :edit
    久しぶりに甘いまどほむが見れて満足。ちょっとくどいとこもあったけど、和んだし別にいいかなって。
    いやぁ〜全くもって壮絶なケンカだったなぁ(すっとぼけ)
  11. 名前: 安心の名無しクオリティー #-: 2012/12/24(月) 23:45: :edit
    これはアレか、クリスマスの独り身に対する殲滅攻撃みたいな。
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/25(火) 00:51: :edit
    今度はさや×杏をおねがいします
  13. 名前: 名無しさん #-: 2012/12/25(火) 00:57: :edit
    ※4
    親譲りのブサイクな顔を真っ赤にして草生やして喚き散らすとか流石っすね♪
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/25(火) 01:10: :edit
    実は幽波動と化したクリームさんとホムリリィさんが壮絶な激闘をしていたり。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/25(火) 17:18: :edit
    また「べぇさんいたんすか」オチかwww
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/25(火) 17:23: :edit
    ※8
    ここもハルヒSS全盛だった頃から一定数はそういうの居たよ
    末期はコテつけてSSの品評やってる奴までいたから
  17. 名前: あ #-: 2012/12/26(水) 13:07: :edit
    杏さや、まどほむなど幻想、有りもしないでっち上げ

    本編に存在するのは
    まどさや、まどマミのみ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/26(水) 13:17: :edit
    QB「どうしてキミたちは催涙成分を持つ武器を食すんだい?」

    思いっきり吹いたww
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/13(水) 08:13: :edit
    ※17
    アホかまどマミなんて超少数派じゃねーかw
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。