さやか「マジカルバナナ!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/14(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:08:32.59 ID:5ew0j5yQO
ほむホーム

さやか「よしっ、マジカルバナナやろう!」

ほむら「何言ってるの?ワルプルギスの夜は明日なのよ?」

マミ「そうねぇ…かなり手強いらしいし今日は作戦会議をしたいところね」

杏子「そうだぞ。空気読めさやか!」

まどか「ま、まぁみんな落ち着こうよ!」

さやか「そうだそうだー!特にほむら!!」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:10:48.52 ID:5ew0j5yQO
ほむら「何よ?」

さやか「これはワルプルギスの夜を目の前に親睦を深めようというまどかの提案なんだぞ?」

ほむら「マミ、杏子、何してるの?早くやるわよ」

マミ杏「はぁ…」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:14:02.26 ID:5ew0j5yQO
さやか「よーし!じゃあさやかちゃんからいっちゃうよ!」

さやまどほむマミ杏「「「「「マジカルバナナ!」」」」」

さやか「『バナナ』といったら『黄色』!」

まどか「『黄色』といったら『マミさん』!」

ほむら「『マミ』といったら…『一人ぼっち』」

マミ「あ?」イラッ

杏子「あっバカ!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:17:30.73 ID:5ew0j5yQO
マミ「暁美さん…あなた今何て言ったの?」

ほむら「聞こえなかった?『一人ぼっち』と言ったのよ」

マミ「そういうことじゃないわよ!」

杏子「ったく…余計なこと言いやがって…」

まどか「マ、マミさん落ち着いてください!」

さやか「そうですよー。マミさんは一人なんかじゃない、私たちがいるじゃないですか!」

マミさん「あなたたち…」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:20:38.42 ID:5ew0j5yQO
マミ「そっ…そうね!私も大人げなかったわ!ごめんね、暁美さん」

ほむら「いいえ、気にしてないわ」

さやか「とは言え流れを止めちゃった以上失格なんで」ポチッ

パカッ

杏子「え?」
ほむら「あ」

マミ「きゃあああぁぁぁぁぁ……………」

ほむら「…落ちてったわね」

杏子「さやか!どういうことか説明しろ!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:24:10.24 ID:5ew0j5yQO
さやか「え?言ってなかったっけ?」

杏子「言ってねーよ!」

ほむら「そうね。ついでに何でこんな仕掛けが私の家にあるかも教えてもらいたいわね」

さやか「簡単だよ。単にマジカルバナナやるだけじゃつまんないから失格した人には落ちてもらおうと思ってー」

さやか「ほむらが魔女退治してる間に魔法で作っちゃいました!」

ほむら「あなたねぇ…」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:29:01.48 ID:5ew0j5yQO
さやか「細かい事は置いといて第二ラウンドといこうじゃないかー!」

杏子「細かい事って…」

さやか「じゃあ杏子から『一人ぼっち』で!」

さやまどほむ杏「「「「マジカルバナナ」」」」

杏子「『一人ぼっち』といったら『孤独』」

さやか「『孤独』といったら『淋しい』!」

まどか「『淋しい』といったら『杏子ちゃん』!」
杏子「!?」

ほむら「『杏子』といったら『泥棒』」

杏子「あ?」イラッ




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:32:57.48 ID:5ew0j5yQO
杏子「さっきからなんなんだてめぇ!?喧嘩売ってんのか!」

ほむら「ただ杏子から連想できる言葉を言ったまでよ」

杏子「だからってなぁ!」

まどか「落ち着いてよ二人とも!」

さやか「そうだぞーたかがマジカルバナナで」

杏子「うるせぇ!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:36:53.16 ID:5ew0j5yQO
さやか「杏子。あんたがもう盗みなんかやってないってわかってる」

杏子「そんなこと言って心の中ではあたしのこと蔑んでるんだろ!」

さやか「そんなことしてない!だって私たち友達でしょ?」

杏子「さやか…」

さやか「とは言え流れ止めちゃったんで」ポチッ

パカッ

杏子「さやかあぁぁぁぁぁ……………」

ほむら「えげつないわねあなた」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:41:39.14 ID:5ew0j5yQO
ほむら「ねぇ…これ落ちたらどうなるの?」

さやか「落ちてからのお楽しみってことで!」

ほむら「はぁ…」

さやか「じゃあガンガンいこー!」

さやまどほむ「「「マジカルバナナ」」」

さやか「『泥棒』といったら『悪事』!」

まどか「『悪事』といったら『魔女』!」

ほむら「『魔女』といったら『美樹さやか』」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:48:01.70 ID:5ew0j5yQO
さやか「…『さやかちゃん』といったら『クラシック』」

まどか「『クラシック』いったら『上條君』!」

ほむら「『上條恭介』といったら『志筑仁美』」

さやか「あ?」イラッ

さやか「なんでそこで仁美がでてくんだよ?」

ほむら「だって志筑仁美は上條恭介のことを慕ってるんでしょう?」

ほむら「連想されたって何もおかしくないはずよ」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:51:22.28 ID:5ew0j5yQO
さやか「それをあたしの前で言うか…!」

ほむら「文句あるの?」

まどか「やめてよ二人とも!」
まどか「魔法少女同士で争うなんてこんなの絶対おかしいよ!!」

ほむら「まどか…」

さやか「……」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:54:59.44 ID:5ew0j5yQO
さやか「まどか……」

まどか「……」

さやか「…もう大丈夫みたいだね」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「じゃあしっかりやんなよ!」ポチッ

パカッ

まどか「さやかちゃん…ありがとう……」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:57:37.34 ID:5ew0j5yQO
ほむら「何の話をしてたの?」

まどか「ううん、なんでもないよ」

ほむら「まどか……」

ほむら(目が潤んでる…一体何があったの…?)

まどか「じゃ…じゃあ二人になっちゃったけど続けよっか?」

ほむら「…えぇ」


まどほむ「「マジカルバナナ」」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 23:59:55.62 ID:5ew0j5yQO
まどか「『仁美ちゃん』といったら『お嬢様』!」

ほむら「『お嬢様』といったら…か…『可愛い』」

まどか「『可愛い』といったら『ほむらちゃん』!」

ほむら「えっ!?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:03:25.50 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「そっ…そんな…私は別に可愛くなんか…///」

まどか「えー?ほむらちゃんは可愛いよー!」

ほむら「私なんかよりまどかの方が!!」

まどか「ほむらちゃんの方が!!」

ほむら「いやまどかの方が!」まどか「ほむらちゃんの方が!」


――――――――
――――――
――――




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:05:40.69 ID:FwkE+Lh3O
まどか「ふぅ。疲れちゃったよ」

ほむら「まどかが認めないからよ」

まどか「だって本当のことだもん」

ほむら「いいえ、まどかの方が」
まどか「ほむらちゃんの方が!」

ほむら「…疲れるからやめましょう」

まどか「そうだね…」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:08:38.39 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「でもマジカルバナナには負けちゃったわね」

まどか「ほむらちゃんが止めちゃうからだよ」

ほむら「しょうがないでしょ……ってことは私も……落ちるの?」

まどか「えー?まっさかー?」

ほむら「まどかに限ってそれはないわよね」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:10:58.26 ID:FwkE+Lh3O
まどか「…あのねほむらちゃん」

ほむら「何?」

まどか「私、ほむらちゃんのこと大好きだよ」

ほむら「!!!??!」

ほむら(ここここれはまさか!?)

ほむら(愛の告白!!!)




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:14:16.39 ID:FwkE+Lh3O
まどか「だからね、もっとこっちにきて?」

ほむら「えっ!?えぇ…」

まどか「目…瞑って?」

ほむら「わわわわかったわわ!」

ほむら(まどか!?私たちまだ中学生なのよ!?こんなこと…いや嬉しいけど)

ほむら(まだ心の準備が!!)




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:18:43.64 ID:FwkE+Lh3O
まどか「ほむらちゃん…」

まどか「今まで大変だったね…」

ほむら(…?)

まどか「私なんかのためにたくさん悩んで戦ってくれて」

ほむら「まどか…?」

まどか「本当に、本当にありがとう」

まどか「でも…もう安心して?」

ほむら「あなたまさか…!」

まどか「私が全部…終わらせるから!」ポチッ

パカッ

ほむら「まどかあぁぁぁぁぁぁ………………」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:19:24.50 ID:r1/UmOFk0
落とすのかwwwwww




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:24:14.41 ID:FwkE+Lh3O


ワルプルギス「キャハハハハハハ」

まどか「あれがワルプルギスの夜…」

QB「ようやく決心したかい?」

まどか「キュゥべえ…」

QB「さぁ、言ってごらん?君はどんな願いでソウルジェムを輝かせるのかい?」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:27:52.08 ID:FwkE+Lh3O
まどか「私は…すべての魔女を生まれる前に消し去りたい」

まどか「すべての過去、未来、平行世界からも」

まどか「魔法少女の祈りを、希望を…絶望なんかで終わらせたくない」

QB「…!その願いが叶うとしたらそれは宇宙の法則を変えてしまうことに等しい」

QB「君は神にでもなるつもりかい!?」

まどか「神様だってなんだっていい」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:30:40.68 ID:xyEwbr3p0
そのルートは修整がきかなくなるぞ




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:32:40.57 ID:FwkE+Lh3O
まどか「…一つワガママ言っていいかな?」

QB「君程の才能を持つ子はいないからね。特別にいいよ」

まどか「ほむらちゃんにこれを渡してほしいの」

QB「まどかのリボンを?」

まどか「うん…それとほむらちゃんは時間を遡行できるでしょ?」

まどか「だから宇宙が生まれ変わっても今までのことを覚えてるかもしれない」

まどか「もうこれ以上ほむらちゃんを苦しめたくないの…だから!」

QB「あぁ…そういうことならおやすいご用さ」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:36:19.77 ID:FwkE+Lh3O
まどか「それでも、もしもの時はこれを渡してほしいの」

QB「やれやれ、今度は手紙かい?注文が多いね」

まどか「てぃひひ…ごめんね?」

まどか「じゃあ…そろそろ…」

QB「あぁ、任せてよ」

――――私の願いを叶えて、インキュベーター!!




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:35:08.37 ID:Y1DIi5J60
というか4人ともどこに落とされたんだよw




43 :>>39ほむら家地下の"さや監獄"へ落とされました:2012/10/25(木) 00:42:37.50 ID:FwkE+Lh3O
――――――――
――――――
――――

キーンコーンカーンコーン


さやか「ほむらー、一緒に帰ろうぜー」

ほむら「えぇ」

仁美「お二人とも最近一緒に帰ることが多いですわね」

さやか「まぁ、なぁ?」

ほむら「そうね」

さやほむ(最近魔獣多いし)




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:46:44.11 ID:FwkE+Lh3O
仁美「いつの間にアイコンタクトだけで分かりあえるように!?」

仁美「もう二人の間に入る余地はないのですねーー!!」ダダダダダダ

さやか「あっ仁美…って行っちゃった」

さやか「いい加減ああいうの治らないかな…」

ほむら「まったくね」

さやか「なにぃ?さやかの嫁がそんなに嫌か!?」

ほむら「あなたも同類よ」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:50:11.74 ID:FwkE+Lh3O
さやか「!」

ほむら「無駄話してる暇はなさそうね…近いわよ」

さやか「わかってますって」

ほむら「手強そうね…マミも呼んでおきましょう」

マミ(体育館の倉庫よ!協力お願い!)

さやか「はやっ!」

ほむら「…クラスに友達いないのかしら……」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:54:08.68 ID:FwkE+Lh3O
魔獣「グギャァァァァァ」

マミ「ふぅ…ようやく片づいたわね」

さやか「最近のは本当強敵ばっかですねー」

マミ「暁美さんの弓の援護がなかったら危なかったわね。助かったわ、ありがとう」

ほむら「気にすることはないわ」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 00:57:18.32 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「悪いけど疲れたから先に帰るわね」

マミ「あら。せっかくお茶会でもしようと思ったのに」

さやか「もともと体弱かったし無理させる訳にはいかないし…」

ほむら「また今度でいいわよ。代わりに杏子でも呼んであげたら喜ぶわよ」

マミ「わかったわ。それじゃあね暁美さん」

さやか「じゃーねー」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:00:56.48 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「妙に体が重いわね…」

ほむら「少し休憩しようかしら」

タツヤ「まろかぁ!まろかぁ!」ガリガリ

ほむら「ふふっ、楽しそうね」

タツヤ「まろかだよ!」

ほむら「まどか…ね」

ほむら「……」

タツヤ「……」スッ




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:03:27.71 ID:FwkE+Lh3O
知久「こら!タツヤ。女の人の髪の毛を勝手に触っちゃ駄目だろ」

詢子「ごめんね?大丈夫だった?」

タツヤ「まろかぁ!まろかぁ!」

ほむら「…いえ大丈夫です」

ズキンッ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:06:16.39 ID:FwkE+Lh3O
詢子「あの子が一人で遊ぶ時は必ずまどかがでてくるんだよ」

詢子「何かのアニメのキャラかね?」

ほむら「さぁ…?」

ズキンッ

詢子「私もなんだか懐かしい様な気はするんだけど」

ほむら「まどか…」

ズキンッ

ほむら「くっ…」

ズキンッズキンッ

詢子「お…おい、大丈夫か?」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:09:20.63 ID:FwkE+Lh3O
まどか『私、ほむらちゃんのこと大好きだよ』

まどか『私なんかのためにたくさん悩んで戦ってくれて』

まどか『本当に、本当にありがとう』

まどか『私が全部…終わらせるから!』ポチッ




ほむら「まどか…!!」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:11:51.73 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「こんなところにいる場合じゃ…!」ダッ

詢子「あっおい!」




ほむら(キュゥべえ!あなた何か知ってるでしょ、どこにいるの?)

QB(…遂にこの日が来てしまったか)




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:14:35.52 ID:FwkE+Lh3O
ほむホーム

QB「やぁ」

ほむら「…知ってることを話しなさい」

QB「僕が話す必要はないな」

ほむら「いいから話しなさい!!」

QB「これを読めばわかるよ」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:21:48.55 ID:FwkE+Lh3O
ほむらちゃんへ

この手紙を読んでいるということは思い出したんだね

あんな風に騙して、あんな別れ方でごめんね

これはあの日の前日に書いてるけど自分が何いったか大体想像つくよ

謝っても償えないけどごめんね

騙してごめんね

でもほむらちゃんが大好きなのも、ありがとうって気持ちは本当だよ

これ以上はうまく伝えられないや

いつかほむらちゃんにも会いに行くからそれまで待っててね

まどか




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:24:10.83 ID:FwkE+Lh3O
ほむら「……」

QB「と言うわけだ」

ほむら「……」

QB「ほむら?」

ほむら「いえ…なんでもないわ…」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:26:21.67 ID:FwkE+Lh3O
ほむら(…泣くわけにはいかないじゃない)

ほむら(まどかはまた会いにきてくれるって言ってくれたんだもの)

ほむら(まどかが…私の、最高の友達が約束を破るわけない!)

ほむら(だから、涙はまた会えたとき、嬉し涙にとっておく)




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:28:04.92 ID:FwkE+Lh3O
QB「…!魔獣の気配だ」

QB「行くよほむら!」

ほむら「…えぇ!」

私はまどかが守りたいと願ったこの世界を守る

いつかまた会える時まで







65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:28:47.00 ID:J6LTx0Cr0





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:33:24.06 ID:FwkE+Lh3O
読んでくれた人たちありがとう
スレタイ詐欺だねこれ
でもね、>>36の言ったとおり軌道修正きかなかったんだよ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:45:48.37 ID:r1/UmOFk0
乙乙
けど最初のアホなテンションでやってほしかった




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 01:50:17.02 ID:FwkE+Lh3O
>>69
ありがとう
次回は頑張る




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/25(木) 02:08:59.54 ID:DFSzyq7K0
マジカルバナナってそういう遊びだったんだ






----------------
当ブログについて
※欄661さんありがとうです。



Bananaシリーズ 「 Banana is a Snack? 」 通常ver ( ノンスケール PVC製 塗装済 完成品 )
Bananaシリーズ 「 Banana is a Snack? 」 通常ver ( ノンスケール PVC製 塗装済 完成品 )
ソリッドシアター 2006-09-16
売り上げランキング : 45264


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2012/12/14(金) 13:56: :edit
    華麗なる一ゲット
  2. 名前: 鬼女速名無しさん #-: 2012/12/14(金) 14:11: :edit
    マジカルバナナは今の世代は知らんだろ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/14(金) 14:11: :edit
    あれ?改変後ってQBsは改変前の記憶なかtt……

    いいはなしだった!作者乙!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/14(金) 14:45: :edit
    なるほど…
    これがマジカルバナナというものか
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/14(金) 15:01: :edit
    さやかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: 名無しさん #-: 2012/12/14(金) 16:19: :edit
    結局罰ゲームで落とされた先は分からずじまいか…
    個人的には触手地獄だと思う。
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/14(金) 17:55: :edit
    ※2
    俺大島優子世代だけど普通に知ってるぞ

    だから、多分前田敦子世代ぐらいまでなら大丈夫そうだな
  8. 名前: 名無し #oWe3P4HM: 2012/12/15(土) 01:50: :edit
    QBは何で手紙をほむらに渡すことを覚えてたんだろう。手紙から推測したのかな?でも『ついにこの日が来てしまった』って言ってるしな……。
    あとほむらが記憶を思い出す前に『まどか』って名前をまるで前から知ってるみたいな口ぶりで言ったのはなぜだろう?前からぼんやりと覚えてたのかな。
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/15(土) 08:19: :edit
    009getだぜ!
  10. 名前: 名無しさん #-: 2012/12/16(日) 23:38: :edit
    さやかとほむたが仲が良いのは良いものだな
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。