インデックス「とうまがお風呂場で寝るのはおかしいかも」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/14(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 19:37:30.73 ID:Px4pkNN30
上条「んな事言われてもな…」

禁書「だってここはとうまのおうちなんだよ?」

上条「そうだな、うん」

禁書「じゃあなんでベッドで寝ないのかな?」

上条「いや…お前が寝てるからだろ」

禁書「じゃあわたしがベッドからどけばとうまはベッドで寝るの?」

上条「それ…お前は何処で寝るんだよ」

禁書「毛布が一枚あれば床でも大丈夫なんだよ」

上条「ダメ、ベッドはこのままお前が使ってろ」

禁書「……じゃあ一緒に寝れば良いと思うんだよ」

上条「…………インデックス、女の子はそういう事言っちゃ行けません、はしたないから」

禁書「…………むぅ」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 19:45:21.77 ID:Px4pkNN30
………

禁書「という訳でとうまがちゃんとベッドで寝てくれるようにしたいかも」

舞夏「ふむふむ成る程なー、だが上条の性格からして難しいと思うぞー?」

禁書「だから相談しているのかも!」

舞夏「んー、だったらあれだなー、上条がお風呂で寝てる意味そのものをぶち壊せば良いと思うぞー?」

禁書「とうまがお風呂で寝てる意味?」キョトン




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 19:53:04.58 ID:Px4pkNN30
禁書「………わたしがベッドを使っているからかな?」

舞夏「…あーまあそうなんだがなー?もうちょい深く考えよーか」

禁書「………えーと、とうまはわたしが床で寝るって言ったらダメ、後は一緒に寝るのもダメって言ってたかも」

舞夏「うん、だからその理由を聞いてるんだぞー?」

禁書「………よくわからないかも?」

舞夏「………えぇ?そこでそう答えるかフツー?」

禁書「いまいちピンとこないかも」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:02:36.87 ID:Px4pkNN30
舞夏「フツーは分かるぞー?」

禁書「そんな事言われてもわからないものはわからないんだよ」

舞夏「…めんどくせーからぶっちゃけるかー、上条はそういう所がガチガチに頑固なんだぞー?わかるかー?」

禁書「そういう所ってなに?」

舞夏「………あーめんどくせーホントにめんどくせー、もう良いや助言は簡単に済ませる事にするかー」

禁書「…?」

舞夏「……無理矢理にでも一緒に寝れば良いなー、わかったかー?」

禁書「むりやり?」

舞夏「そうだー、なにがなんでも絶対にだー」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:03:49.48 ID:t4SNyb2yO
舞夏先輩のセリフは重みが違うな




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:06:29.52 ID:Px4pkNN30
禁書「でもとうまはお風呂場の鍵を掛けてから寝ているから無理なんだよ」

舞夏「そこはあれだなー、兄貴ー」

土御門「よんだかにゃ~?」

舞夏「上条ん家の風呂場の鍵を掛けられなくする方法あるかー?」

土御門「……あるけど、ナンデ?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:13:05.15 ID:Px4pkNN30
………

土御門「………舞夏の頼みだから細工はしたが…ホントに良かったのかにゃー?」

舞夏「細かい事は気にするなー、一応上条の為になる筈だからなー」

禁書「鍵を使えなくしたのかな?」

土御門「うんにゃ違うぜよ、鍵は一応掛かる」

禁書「一応?」

土御門「目に付かない所に解錠ボタンを付けたんですたい、これならカミやんは鍵を掛けたつもりで安心しちまう寸法ですたい」ニヤリ

舞夏「…流石兄貴だー、良い仕事するなー?」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:17:22.66 ID:Px4pkNN30
禁書「……えーと、つまりとうまが寝たらわたしがこっそりお風呂場に行けばいいのかな?」

舞夏「イエース」

土御門「その通りだぜよ」

禁書「……うん、それでとうまがベッドを使ってくれるならやってみるかも」

舞夏「がんばれよー」

土御門(カミやんグッドラック!!)




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:23:07.95 ID:Px4pkNN30
-翌日-

上条「…………どういうことだ」

禁書「………んん……」zzZ

上条「……なんでインデックスが俺の上で寝てんだ」

禁書「…とうま……」zzZ

上条「………」ゴクリ

禁書「………んん……」スリスリ

上条「……ぐ…ちょ……なんで?鍵どうやって開けたんだコイツ!?」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:26:37.92 ID:Px4pkNN30
上条「……っ…い、インデックス起きろ!!」グイッ


禁書「…ふぇ?」パチ

上条「……………起きたか、んじゃ離れてくれ…」

禁書「……んん……」ノソノソ

上条「二度寝しようとすんな早く離れろっつの!?」グググッ!!




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:30:28.97 ID:Px4pkNN30
………

上条「…………はぁ」

禁書「おはようかも、とうま」

上条「……おはよう」

禁書「どうしたのかな?」

上条「………俺、風呂場の鍵掛けたよな?」

禁書「えーと、しらないかも」プイッ

上条「………なんでだ?必ず掛けてからいつも寝てんだけどな…」

禁書「…………」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:35:08.07 ID:Px4pkNN30
-更に翌日-

上条「…………………何故だ」

禁書「………んー…」zzZ


上条「……昨日は間違いなく掛けた、インデックスが入って来ないように何度も確認したから間違い無い…」

禁書「……んん…」スリスリ

上条「ぐっぬぅ…!?ぉ…起きろインデックス!!早く離れてくれマジで!?」

禁書「………う?」パチ




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:40:14.43 ID:Px4pkNN30
-その日の夜-

禁書「…………」カチャッ

カラカラカラ…

禁書「………おじゃましますかも、とうま」ソロソロ

上条「………」

禁書「………」ノソノソ

上条「はいストーップインデックス、どういう事か説明しろ」

禁書「ふぇ!?とうま起きてたの!?」

上条「当たり前だ、連続で侵入されたら誰でも警戒すんだろーが」

禁書「…むぅ」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:45:31.08 ID:Px4pkNN30
………

上条「土御門…あの野郎…」

禁書「……ごめんなさい」

上条「……インデックス、お前の意見は正しいかもしれないけどこういうやり方は間違ってるだろ、しかもなんで風呂場に突入って考えになるのか理解出来ねーし」

禁書「まいかはこうすればとうまはベッドで寝るようになるって言ってたんだよ…」

上条「………はぁ、無茶苦茶だなホントに」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:51:01.68 ID:Px4pkNN30
上条「…つーか、風呂場もう使えねーなこれ」

禁書「なんで?」

上条「……鍵が掛かるからここで寝てたんだよ、もう無意味じゃんこれ」

禁書「じゃあベッドで寝ればいいかも」

上条「ダメ、絶対ダメ」

禁書「…だから、なんでダメなのか教えて欲しいんだよとうま」

上条「………仕方ない、ちょっと寒いがベランダで寝るか」スタスタ

禁書「とうま!? 説明もしないで拒否はあんまりなんだよ!!」

上条「…………良いからベッドで大人しく寝なさい、わかったかインデックス」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 20:57:47.20 ID:Px4pkNN30
………

禁書「…という結果に終わったかも」

舞夏「……筋金入りの頑固者だなー、素直に下半身の言いなりになればいいものをなー」

禁書「へ?」キョトン

舞夏「あーうんこっちの話だから気にするなー」

禁書「えと、わかったかも………それでどうすれば良いのかな、まさかベランダに寝るようになるとは予想外なんだよ…」

舞夏「簡単だぞー?兄貴ー」

土御門「はいはーい、ベランダに細工してくるぜい♪」

舞夏「頼んだぞー」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:02:22.44 ID:Px4pkNN30
-翌日-

上条「………ん」パチ

上条「………昨日は寒くてやばかったが今日は平気だったな…はぁ」

上条「…しかしどうするか…このままベランダに寝てたらその内風邪引きそうだ…あー不幸だ」

ヒックチ

上条「…ん?」

禁書「……うぅ……」カタカタ

上条「…………」ブチッ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:09:44.63 ID:Px4pkNN30
上条「……インデックス、起きろ」ユサユサ

禁書「……う?」パチ

上条「……寒くねーのお前、風邪引くだろーが」

禁書「……ちょっと、でもとうまがあったかいから平気かも」

上条「ん、大丈夫みたいだな…とりあえず部屋入って暖まってろ」

禁書「うん、とうまは入らないの?」

上条「あーちょっとな、隣に用が出来た」

禁書「となり?」

バリバリバリッッ!!

上条「つぅぅぅちぃぃぃぃぃぃみぃぃぃぃぃぃかぁぁぁぁぁぁどぉぉぉぉぉぉ!!!!」

禁書「…仕切りを壊して殴り込みに行っちゃったかも」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:14:56.82 ID:Px4pkNN30
………

禁書「と言う結果なんだよ」

舞夏「兄貴から聞いてるぞー? 荒ぶる上条を宥めるのに相当苦労したらしいなー?」

禁書「とうま、なんであんなに怒ったのかな?」

舞夏「上条はなー、大事にしてるんだろーなー?」

禁書「なにをかな?」キョトン

舞夏「そこは自分で気づくのが優しさだぞー?」

禁書「…?」キョトン




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:17:37.64 ID:N4w42yoZO
禁書にエロ本ってなかったの?




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:20:40.22 ID:Px4pkNN30
-その日の夜-

上条「……インデックス、今日は小萌先生の家にお泊まりして来なさい」

禁書「え、なんでとうま?」

上条「………寝る場所がねーんだよ」

禁書「ベッドは?」

上条「………ダメ」

禁書「むぅ、なんでそこまでかたくなに拒否するのかな?」

上条「……ちょっとは察してくれよ…はぁ」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:25:37.96 ID:Px4pkNN30
禁書「察しろといわれてもとうまは何も言ってくれないし、無理なんだよ」

上条「……とにかく、今日からしばらく小萌先生の家で寝泊まりしなさい、もう頼んであるから」

禁書「………やだ」プイッ

上条「何故っ!?」

禁書「とうまが理由も言わずに拒否してるのが納得できないからやだ!!」

上条「……ぐぬっ」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:29:06.09 ID:1PXFxYm3P
小萌先生もとうまの部屋に泊まれば解決だよね




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:30:57.30 ID:RpHGv1aK0
上条が小萌先生のとこに泊まりに行けばいいじゃない




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:32:23.49 ID:Px4pkNN30
上条「頼むから聞き分けてくれよ…はぁ」

禁書「じゃあなんでそんなにベッドで寝るのを嫌がるのか話してよ」

上条「……ベッドはお前が居る時はお前が使わないとダメなの!!」

禁書「それはわかったかも、ならなんでわたしがベッドを使わないとダメなのか理由を言って欲しいかも!!」

上条「………それは当たり前だろ、わかんないかインデックス?」

禁書「わからないから聞いてるのだけれど」

上条「……はぁ」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:37:16.83 ID:Px4pkNN30
上条「…お前は女の子だろ、ベッドが一つしかないなら優先するのは当たり前だろーが」

禁書「………ホントにそれだけ?」

上条「他になんかあるのか?」

禁書「じゃあなんでとうまはわたしが入ってこれない場所でしか寝ないの?」

上条「ここ数日の状況で分かるだろ、お前必ずと言って良いほど俺の所に来るだろ」

禁書「うん、ダメなの?」
上条「ダメだから俺は苦労してんだろーが!?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:43:53.53 ID:Px4pkNN30
禁書「なんでダメなのかな?」

上条「………お前の倫理観はどうなってんだ」

禁書「一緒に寝るのがなんでダメなのかわからないかも?」

上条「………インデックス」

禁書「なーに?」

上条「お前は女の子、おけー?」

禁書「うん」

上条「……俺は男、しかも猿と揶揄されるお盛んなお年頃代表の高校生、おけー?」

禁書「えーと、なんとなくだけれど…」コクリ

上条「問題です、そんな二人が一つのベッドで寝たらどうなるでしょーか」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:50:14.19 ID:Px4pkNN30
禁書「えーと…」

上条「簡単ですよねハイ、この後も予測出来ますよ? とうまのえっちー!!(がぶりっ)ぎゃー不幸だー!!って流れですよねー不幸だー」

禁書「わたしととうまが一緒に寝たらだよね?」

上条「うんそうですよインデックスさん、あんまり強く噛まないでね?」

禁書「二人で寝たらさみしくないんだよとうま」

上条「はいはい不幸だ不幸だー……ん?」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 21:55:52 ID:Px4pkNN30
上条「………それだけでせう?」

禁書「うん」

上条「…………ああ、そう」ガクリッ

禁書「なんで肩を落とすのかなとうま?」

上条「…ああうん、気にしないで? インデックスはまさか若干そんなつもりで一緒に寝ようとしてんのかなって幻想がぶち殺されただけだから、うん」
禁書「……?」キョトン




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:01:24 ID:Px4pkNN30
禁書「で、とうまはやっぱり嫌なのかな?」

上条「………」

禁書「………」

上条「………………この状況で拒否したら俺が悪者じゃねーかちくしょう」

禁書「一緒に寝てくれるの?」

上条「……………………………わかったよ、俺の負けだよちくしょう」

禁書「…えへへ」ニコニコ

上条(…………我慢出来るだろうか)




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:09:53 ID:Px4pkNN30
-1ヶ月後-

禁書「…最近とうまがね、おかしいんだよ…」シュン

舞夏「ふーん? どんな風にだー?」

禁書「壁に向かってぶつぶつ独り言いいながら頭ぶつけつづけてたり…」

舞夏「…おかしいってレベルじゃないなそれはー…」
禁書「抱きつくとすごい勢いで引き剥がされて逃げていくんだよ」

舞夏「………」

禁書「夜一緒に寝る時もとうまはあんまり寝つけてないみたいだし…日に日に目の下の隅が酷くなっているし」

舞夏「…あー、もしや毎日一緒に寝るようになったのかー?」

禁書「うん」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:13:39 ID:Px4pkNN30
舞夏「……ちなみにだなー…上条とはずっと一緒なのか最近はー?」

禁書「とうまが学校の時いがいはずっといっしょなんだよ」

舞夏「四六時中かー?」

禁書「うん」

舞夏「………あー、それは御愁傷様としか言えないなー」

禁書「ふぇ?」キョトン




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:20:34 ID:Px4pkNN30
………

上条「…………」ゴツゴツゴツゴツ…

禁書「とうま、またやってる…」

上条「ふふふ…こうしてないと理性が飛びそうなんですよインデックスさん」

禁書「……なんで?」

上条「ああ、気にしないで良いぞインデックス? お前は気にしなくて良いんだ、うん」ゴツゴツゴツゴツ

禁書「…でも」

上条「ふふふふふふ…ならさ…今日は小萌先生の所へ泊まりに行ってくんないインデックス?」

禁書「……とうまは?」

上条「上条さんはね、そろそろsparking!!したいの…うん」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:23:01 ID:NzRiHpj+0
漲るpassion!




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:23:05 ID:OI62OECo0
世の中の男子高校生ってそんなに性欲が強いもんなの?
それとも漫画的表現?




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01 22:24:26 ID:Px4pkNN30
禁書「……とうまと一緒じゃないと嫌かも」シュン

上条「…………」

禁書「………だめ?」

上条「…………あ゙ー…分かった、分かったよインデックス、好きにして」

禁書「…うんっ!!じゃあとうまと一緒にいるかも!!」

上条「……あははははは…不幸だー」ゴツゴツゴツゴツ


おわれ




106 :しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2:2012/11/01(木) 22:25:49 ID:Px4pkNN30
うむ、オナニーして寝よう

じゃーな




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/01(木) 22:30:45 ID:yn4qSUKe0
おつ







---------------
当ブログについて
※欄623さんありがとうです。



とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
アルター 2012-12-26
売り上げランキング : 1421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
G・E・Mシリーズ 金魂 坂田金時 百花繚乱 柳生義仙 (1/8スケール PVC塗装済完成品) 花咲くいろは 松前緒花 (1/8スケール PVC塗装済完成品) けいおん! 真鍋 和 (1/8スケール PVC塗装済完成品) ブリリアントステージ アイドルマスター 星井美希 インディゴスパングルver.【Amazon.co.jp限定販売】



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2012/11/14(水) 23:40: :edit
    華麗なる1ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/14(水) 23:42: :edit
    まだ、太ももに挟みたいよさんは来てないのか?
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/14(水) 23:46: :edit
    禁書目録のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  4. 名前: あ #-: 2012/11/15(木) 00:16: :edit
    太ももにおにんにんさんチッスチッス
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/15(木) 00:20: :edit
    自分が同じ環境に置かれたら、一ヶ月も我慢できないな。
    せめて賢者モードに入れる機会が欲しい。でないと、確実に襲う。
    壁に頭突きしてでも耐える上条さん、流石やでぇ……
  6. 名前: 名無し++ #-: 2012/11/15(木) 00:43: :edit
    寝床に入り込んでくるとか
    そらインデックス取りあえず噛み付く係りさせとかないと生々しくてきついなw
    主人公として健全さが危ういw
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/15(木) 07:23: :edit
    電磁砲の2期やるんだってね
    また上御ばっかりになるのだろうか?
    俺は上イン派だからこういうSSがあるのが嬉しい反面少し切ない
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/15(木) 10:03: :edit
    008getだぜ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/15(木) 20:24: :edit
    こんなにもっと見たいSSは久しぶりだ
  10. 名前: スカッと名無しさん #-: 2012/11/15(木) 22:02: :edit
    つーか学校とかトイレとかsparkする場所はいくらでもあるけどな
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/17(土) 00:28: :edit
    さすがにもっと一人で落ち着ける場所でsparkingしたいだろ…
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/18(日) 01:58: :edit
    でもインデックスって、抱きつき魔なのかね?
    そりゃ良い匂いはするでしょうけど、
    過去の経緯含めても、一線越えたくなる、辛抱たまらんことは無いと思うんだが。

    でも、一緒に寝ようと迫ってくる外人幼女のインデックスさん。いいSSでした。作者とぷんた乙!
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/18(日) 09:09: :edit
    舞夏先輩が大人になったよつばに思えて。
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/11/18(日) 22:35: :edit
    このラノでインデックスの人気えらい落ちたな
    大衆にはもう飽きられたのか
  15. 名前: 名無しさん@ニュース2ch #-: 2012/11/25(日) 10:22: :edit
    インさんは帽子がなかったら普通にかわいいと思う。
    (シスターキャラ全否定……!?)
  16. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2013/05/04(土) 14:50: :edit
    誰かインデックスルートのSS書いてくれないかな。俺には文才ないから無理だ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。