さやか「えっ!?杏子って実は年下だったの!?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/04(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:18:33.02 ID:5hBtPIYc0
さやか「そういえば気になったんだけどさあ、杏子の年齢ってあたし知らないや。あんた学校に通ってないから学年とかもわからないしね」

杏子「別にあたしが何歳かなんてどうでもいいだろ」

さやか「まあ、確かにそうなんだけどさ。やっぱ友達としては知りたいわけなのよ。別に秘密にしてるわけじゃないでしょ?」

杏子「うーん…、というよりあたし自分が何歳か覚えてないんだよなあ…」

さやか「マジ!?それはヤバいよ。もしかして、もうボケが始まってる年齢なの?」

杏子「なわけねえだろ!!」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:19:46.01 ID:znwcLJX50
結局何歳なんだよ!




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:20:08.77 ID:JYELOWxG0
俺としてはむしろ年上の方がいい




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:20:39.22 ID:daPvPFBb0
脱皮の回数でわかるだろ




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:21:30.50 ID:5hBtPIYc0
さやか「それとも杏子ちゃんは自分が何才か覚えられないほど子供でちゅか?」

杏子「ふざけんな!!ちゃんと小学校は卒業してる!!」

さやか「ほほうー、という事はちゃんと学校に通ってたら中学生なわけね」

杏子「まあ、そうなるな」

さやか「そこまで来たらわかるんじゃない?小学校卒業してから何年経ってるの?」

杏子「うーん…、半年ぐらいかな…」

さやか「え!?という事はピカピカの中学1年生!?」

さやか「杏子ってあたしより年下だったの!?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:22:21.69 ID:5hBtPIYc0
杏子「え!?さやかってあたしより年上なの!?」

さやか「まあ、中学2年生だからね」

杏子「マジかよ…なんか実感わかねぇ…」

さやか「あたしもだよ…。あたしより魔法少女としてはベテランだから、同い年か年上だと思ってたよ…」

さやか「しかし、これは良い事を知ったぞ…」

さやか「杏子、最初に会った時、『口の利き方がなってないよね、先輩に向かってさぁ』って言ったよね…」

杏子「なんだよ、魔法少女としてはあたしの方が先輩なのは事実だろ…」

さやか「確かにそうだが、人生の先輩としてはあたしの方が上だ!」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:24:04.97 ID:5hBtPIYc0
杏子「はあ!?半年や1年じゃ大して変わんないだろ」

さやか「確かに生物学上はそう見える…。だが、学校という社会の中では学年の差というのは実に大きなものなのだ!!」

杏子「いや、そもそもあたし学校行ってないし」

さやか「口答え無用!!というわけで杏子は今日からあたしに対しては『さん』か『先輩』を付ける事!!」

杏子「ふざけんじゃねぇ!!」

さやか「口の利き方がなってないよね、先輩に向かってさぁ」ニヤニヤ

杏子「ぐっ…!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:26:47.53 ID:5hBtPIYc0
さやか「それじゃあ、まずは肩で揉んでもらおうか、いやパンでも買ってもらおうかなー?」

杏子「付き合ってられるか!!」

さやか「あ、逃げんな!!」

杏子「万引きで鍛えた逃げ足の速さを舐めるなよ!!あっ、もちろん今は改心してそんな事やってないからな!!」

さやか「くそー…、本当に逃げるのが速い…」

さやか「でも、まあいいや。それよりもみんなに言いふらしに行こっと♪」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:27:24.71 ID:5hBtPIYc0
杏子「くそ、さやかの奴、今まで普通に接してたのに先輩面しやがって…」

杏子「ああもう!むしゃくしゃする!!ゲーセンでも行こ!」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:30:58.93 ID:5hBtPIYc0
杏子「ほっ!やっ!とっ!」←ダンスゲーム中

ほむら「やっぱりここにいたのね杏子」

杏子「ほむらじゃん、どういう風の吹きまわし?」

ほむら「ちょっとあなたに忠告をしようと思って。いや忠告なんてもんじゃないわね、注意程度のものかしら」

杏子「何だよ?」

ほむら「無駄使いは、ほどほどにしなさいよ」

杏子「!!」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:34:05.44 ID:5hBtPIYc0
ほむら「そうでなくても、あなたはお金が無いんだから」

杏子「何でお前にそんな事言われないくちゃいけないんだよ!!あたしのお金なんだから、どう使おうが勝手だろ!!」

ほむら「だってあなたの先輩ですもの。注意ぐらいするのが先輩の義務よ」

杏子「!!」

杏子「ま、まさか…さやかが何か言ってたのか?」

ほむら「ええ、あなたがまさかピカピカの一年生だったなんて(学校に通ってたら)」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:39:26.13 ID:5hBtPIYc0
ほむら「それと、遅くまでゲームセンターにいない事。女の子が夜遅くまでゲームセンターにいるなんて感心できないわ」

杏子「うるせー!!」

杏子「気分悪い!もー帰る!!」

ほむら「ちゃんと先輩の言う事を聞くなんて…、偉いわ」

杏子「違うわ!!お前がうぜぇからだ!!」

ほむら「それともう一つ、ちゃんと夜更かしせずに寝るのよ」

杏子「あたしは子供かー!!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:43:43.45 ID:5hBtPIYc0
杏子「あいつ、本当はからかいに来ただろ…」

まどか「あっ!杏子ちゃんだ!!」

杏子「ゲッ、まどか!」

杏子「えーと、さやかの奴がなんか言ってなかったか?」

まどか「うん。杏子ちゃん、私達より年下だったんだね、ちょっと驚いちゃったよ」

杏子「やっぱりまどかも、あたしを年下扱いすんのか…?」

まどか「杏子ちゃんはそれが嫌なのかな?」

杏子「うん、まあね…」

まどか「じゃあ今までどおりに接するよ。私も、急に立場が変わるのってなんか慣れないし…」

杏子「おお、流石まどか!!あいつらとはやっぱ器が違うな!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:45:32.62 ID:5hBtPIYc0
まどか「でも、一回でいいからお願いがあるんだけど…」

杏子「なんだよ?」

まどか「私の事を一度でいいから、『先輩』って呼んで!」

杏子「え!?」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:49:42.34 ID:5hBtPIYc0
まどか「お願い杏子ちゃん!!後輩に『まどか先輩』って呼ばれるのが夢なの!!」

杏子「いやいや、お前学校はどうしたんだ!学校じゃ後輩いないのかよ?」

まどか「何だか私ってば、後輩からはあんまり年上に見えないらしくて先輩扱いしてもらえないの。だから、お願い!」

杏子「ええー、嫌だよ。あたしもやっぱ、まどかが年上には見えないし…」

まどか「お願い、こんなチャンス滅多に無いの。一生のお願い!!」

杏子「こんなんで一生のお願い使うなよ!長い人生の中で一度だけなんだぞ!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:50:17.52 ID:SHdrKJQA0
QB「それが君の願いかい?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:50:59.33 ID:znwcLJX50
>>21
やばいやつがきた




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:52:48.81 ID:5hBtPIYc0
杏子「はあ…、わかったよ。一回だけだからな」

まどか「やったー!!杏子ちゃん、今度ロッキーおごるよ!!」

杏子「それじゃあ、言うぞ…」

まどか「うん…」ゴクリ

杏子「ま…まどか先輩…」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 02:56:34.88 ID:5hBtPIYc0
まどか「うわあああああああああ!!!!」

杏子「ビクッ!!」

まどか「良いよ!!良いよ!!杏子ちゃん!!もう最高!!!!」

杏子「そ、そうかそりゃあ良かった…(叫ぶほど良かったのか…)」

まどか「それじゃあ次は『お姉ちゃん』って呼んで!!」

杏子「なっ!?」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:01:25.07 ID:5hBtPIYc0
まどか「私、一度でいいから年下の女の子に『まどかお姉ちゃん』って呼んでもらうのが夢だったんだ!!」

杏子「夢多いな!!っていうか、何であたしがそこまでしなくちゃいけないんだよ!!」

まどか「ね!お願い杏子ちゃん!一生のお願い!」

杏子「一生のお願いはさっき使っただろ!!」

まどか「次の時間軸の分の一生のお願い!」

杏子「わけわかんない事言うな!!」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:05:45.91 ID:5hBtPIYc0
杏子「さすがに調子に乗りすぎだろまどか!そろそろ怒るぞ!」

まどか「ううっ…」ウルウル

杏子「え!?」

まどか「ごめんね、杏子ちゃん。そうだよね、わがままだよね…ぐすっ」

杏子「泣くなよ…、ちょっときつく言ったのは謝るから」

まどか「やっぱり私って、幼児体型で顔も幼いから、年上なんかに見えないよね。なのに、何馬鹿な事言ってんだろ…」

杏子「あああもう!!わかった!これっきりだからな!!」

まどか「わあ!ありがとう杏子ちゃん!!ロッキーにうんまい棒追加するよ!!」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:10:22.86 ID:5hBtPIYc0
杏子「それじゃあ言うぞ…」

まどか「うん…」ゴクリ

杏子「ま…まどかお姉ちゃん///」

まどか「ぐはっ!!」

杏子「大丈夫かまどか!!鼻血が凄いことになってんぞ!」

まどか「はあ…はあ…、本当にありがとう杏子ちゃん…。これが藍と悠木が勝つストーリーなんだね…」

杏子「字が違うぞ、字が」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:14:17.66 ID:FVxV3Y8Y0
たつや「(´・ω・`)」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:15:17.63 ID:5hBtPIYc0
杏子「鼻血は止まったか?」

まどか「ありがとう杏子ちゃん。鼻血は止まったよ…」

まどか「それよりも素晴らしい『お姉ちゃん』だったよ。やっぱり魔法少女の中で先輩にするならマミさん、恋人にするならほむらちゃん、結婚するならさやかちゃん、妹にするなら杏子ちゃんだね」

杏子「そ、そうなのか…」

まどか「それじゃあ次は『お姉さま』で」

杏子「はぁ!?」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:18:18.65 ID:5hBtPIYc0
まどか「お願い!ロッキーとうんまい棒に、たい焼きも付けるから!」

杏子「もうつきあい切れるか!」

まどか「ああん!逃げないで杏子ちゃん!」

杏子「置引きで鍛えた逃げ足の速さを舐めるなよ!!あっ、もちろん今は改心してそんな事やってないからな!!」

まどか「逃げるの速っ!!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:25:20.77 ID:5hBtPIYc0
杏子「まったく、どいつもこいつもあたしが年下だって知ったら、後輩扱いしやがって…」

マミ「みんな後輩ができたのが嬉しいのよ」

杏子「マミ!」

マミ「私も、佐倉さんと初めて会って、いっしょに魔法少女をやる事になった時は嬉しかったな」

マミ「魔法少女の友達ができたという事もそうだけど、後輩ができたというのも嬉しかったわ。先輩として頑張らなきゃって張り切ってたのよ」

杏子「あん時とはだいぶ違うだろ。あいつらとは、前まではずっと同じ立場だったのに…」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:30:39.28 ID:5hBtPIYc0
マミ「佐倉さんは不安なのね、もしかしたら今までと関係が変わってしまうんじゃないかって…」

杏子「はは、やっぱりマミさんは凄いな。あたしが何言いたいかわかるなんて…」

マミ「え?今、『マミさん』って!」

杏子「はっ!」

マミ「…」

杏子「やっぱり、マミはあたしにとって、『師匠』であり『先輩』なんだよ!だから、たまにそれらしい事言ったりしたりすると『マミさん』って言いたくなるんだよ!悪いか!」

マミ「ふふっ、どこも悪いとこなんて無いわよ」

さやか「ほほー、マミさんには『さん』付けできても、あたしにはできないんだー?」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:36:21.77 ID:5hBtPIYc0
杏子「ゲッ!さやか!」

さやか「人によって態度を変えちゃいけないって先生から教わらなかったのかなあ杏子ちゃ~ん?」

杏子「うるせー…」

さやか「え!?(何、このマジギレっぽい雰囲気!?)」

杏子「お前なんか『さん』付けできるほど尊敬できる人間じゃない!!」

さやか「なっ、そこまで言う!?」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:38:22.74 ID:5hBtPIYc0
杏子「尊敬できる人間っていうのはマミみたいなやつの事を言うんだ!」

杏子「マミはなあ、マミさんはなあ…、少し話すだけであたしの気持ちをすぐにわかってくれた!なのにお前は…」

さやか「杏子…」

マミ「佐倉さん…(そんなに面と向かって尊敬できるとか言われたら恥ずかしいわ///)」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:41:43.35 ID:5hBtPIYc0
杏子「さやかのバカー!!アホ―!!ボケー!!」

さやか「待ってー杏子!って、やっぱり逃げるの速っ!」

マミ「佐倉さん、前より速くなってるわ。流石、私の特訓から逃げて鍛えた逃げ足の速さね…」

さやか(マミさん、昔そんな事してたんだ…)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:45:53.27 ID:5hBtPIYc0
さやか「どうしようマミさん…。杏子泣いてた…」

マミ「ちょっとからかいすぎたわね、美樹さん」

さやか「あたし、そんなに杏子を怒らすような事言ったかな?」

マミ「そうじゃないのよ。佐倉さんはこれまでの美樹さん達との関係が変わってしまうんじゃないかって、怖がっているのよ」

さやか「え!あたしが年上だってわかったぐらいでそう思うんですか?」

マミ「佐倉さんはね、ずっと同い年の友達がいなかったわ。だから、あなた達と友達になれて嬉しかったの。だけど、今回で美樹さん達と年齢が1つ違う事がわかったわ」

マミ「それだけなら問題なかったんだけど、美樹さん達がいたずらのつもりでも佐倉さんが年下である事を強調したから、それを本気にしてしまったんでしょうね」

さやか「そっかー…、杏子はあたし達との関係が変わってしまう事が嫌だったんだ…」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:51:39.15 ID:5hBtPIYc0
マミ「美樹さんは佐倉さんが年下だとわかってどう思ってる?」

さやか「何も変わりませんよ!年齢が違うくても、あたしとあいつは友達です!」

マミ「そう…。それじゃあその事を佐倉さんに伝えてあげて。安心すると思うわ」

さやか「はい!」

さやか「あ、それとマミさん」

マミ「え?」

さやか「やっぱりマミさんは杏子が言ってたとおり尊敬できる先輩です!」

マミ「ふふっ、ありがとう」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 03:59:18.84 ID:5hBtPIYc0
教会

さやか「やっぱりここにいた」

杏子「なんだよ…」ぷいっ

さやか「ごめんね杏子…、あたし杏子の気持ちもわからず先輩扱いしろだの、さん付けしろだの言って」

杏子「ふん!口では何とでも言えるさ!」

さやか「杏子はさあ、年齢が違う事がわかったからってあたしが今までと関係を変えると思う?」

杏子「え?」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:03:04.61 ID:5hBtPIYc0
さやか「ねえ、どう思う?」

杏子「…」

さやか「…」

杏子「ずるいぞ、さやか!こうなったら変えるわけないって言うしかねぇじゃねぇか!」

さやか「ふふっ…、信じてくれてありがとう。でも、そういう答えが出るならどうして怖がったりしたの?」

杏子「だって、あたしってば人づきあいとか下手だし経験少ないから…」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:11:22.18 ID:5hBtPIYc0
さやか「じゃあ、これからあたし達とずっと人づきあいすればいいよ!だってあたし達は友達なんだから」

杏子「さやか…」

杏子「今、思うとあたし馬鹿みたいだな…、こんな事でうじうじしていたなんて」

さやか「まあ誰だってそういう時はあるよ」

杏子「なんかさ、初めてさやかが尊敬できる人間に思えてきた」

さやか「なら、さやかさんって言ってごらん」

杏子「それは絶対嫌だね」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:20:57.56 ID:5hBtPIYc0
マミ「良かったあ、仲直りできたみたいで」

QB「年上がどうとか、年下がどうとか、そういう事で格差をつけるかと思えば、対等に見てほしいと要求したり、関係が変化する事を怖がったりと、人間は不思議だね」

QB「ますます人間の感情ってものを理解できなくなってきたよ」

マミ「私たち人間でさえ、全部理解できているわけじゃないし、時には感情をコントロールできない事もあるのよ。そうたやすく理解してもらっちゃ困るわ」

QB「まったくだね。まあ、こんな困難なものだから大量のエネルギーを秘めているのかもしれないね」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:23:36.68 ID:5hBtPIYc0
数日後

杏子「お願ぁいさやか!お金が今無くて困ってるんだ。このままじゃ食事もままならない。お金を借して!なっ!後輩を助けてくれるのが先輩だろ!さやかさん!さやか先輩!」ズルズル

さやか「あたし先輩でも何でもない対等な友達だから、お金は借せないなー。ちょっと服引っ張らないでくれる?」

まどか「杏子ちゃん!お金なら私が借すから『お姉さま』って呼んで!」

ほむら「その必要はないわ、まどか。そんな事をしては杏子のためにならないわ」

マミ「あらあら」

QB「本当に人間ってのは、わけがわからないよ」

終わり




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:26:16.70 ID:V5vlhlIQ0
俺も後輩になりたい




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:26:41.63 ID:5hBtPIYc0
無駄に時間かかってすんませんでした

もちろん杏子がさやか達より年下なのはフィクションです
結局のところ杏子って何歳なんすかね




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:30:52.83 ID:8qFdzemY0





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/15(土) 04:31:10.66 ID:znwcLJX50
まどかさん黒いわ






----------------
当ブログについて
※欄571さんありがとうです。



魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)原案:Magica Quartet 漫画:ハノカゲ

芳文社 2012-10-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (下) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) ひかりふる(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) ルミナス(期間生産限定アニメ盤) 魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック (2) (まんがタイムKRコミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: ななし #-: 2012/10/04(木) 14:37: :edit
    1げと 杏子て実際年下ぽいよね。今から読む。
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/04(木) 14:52: :edit
    なんかちがう話(中の人的な)
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/04(木) 16:44: :edit
    あんこのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/04(木) 17:12: :edit
    >>QB「それが君の願いかい?」
    これで願いがかなったらどんな魔法が手に入るのか気になる
    それにまどかの素質なら魔女どころかQBさえパシリにできそうだ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/04(木) 17:28: :edit
    なんという愛され杏子…
    ほんわかしたわ

    何気に最短時間でちょっかい出してくるほむらは絶対杏子の事大好きだろw
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/04(木) 19:48: :edit
    >まどかさん黒いわ

    どっちかっつーと桃色って気がする
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/05(金) 01:03: :edit
    このまどか完全に中の人滲み出てきちゃってるだろ
  8. 名前: あ #-: 2012/10/05(金) 08:59: :edit
    ぶっちっぱ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/05(金) 12:44: :edit
    009getだぜ!
  10. 名前: 名無しさん #-: 2012/10/05(金) 13:31: :edit
    まどかだけ壊れてるパターンは珍しい気がするわw

  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/06(土) 09:30: :edit
     リアルなら、あんこはとっくに民生委員、児童養護施設に保護されて、意外と楽しくやってるぼい。

     
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/07(日) 14:26: :edit
    いいね…杏子ちゃんに先輩と呼ばれたい…
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/17(水) 12:51: :edit
    杏子ちゃんは義理の妹にしたいです、はい
    呼び方は「にいちゃん」で
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。