QB「感情が芽生えたからと言って……」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/19(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:26:42.58 ID:SWqmCQgE0
QB「はっ、はっ、はっ……!」

ほむら「……追い詰めたわ」

QB「っ……!」

ほむら「終りよ、さようなら」

QB「やっ……やめてよ!お願いだから殺さないで!」

ほむら「……!?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:28:50.94 ID:SWqmCQgE0
ほむら「今、なんて……」

QB「死にたくないよ!お願いだ!」

ほむら「なっ……」

QB「くっ……!」

ほむら「!逃がさない……!」

 パァン




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:30:52.06 ID:SWqmCQgE0
QB「」

ほむら「…………」

一体、何だったんだろう。
今のキュゥべえは、あの反応は……。
咄嗟に引き金を引いてしまったけれど、失敗だったかもしれない。
もう少し詳しく話を聞きだすべきだったか……。

QB「うわ、ないわ……命乞いする小動物容赦なく殺すとかないわ……。ドン引きだわ……」

ほむら「ッ!?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:35:01.06 ID:SWqmCQgE0
新しい、キュゥべえ……!?
でも、こいつ……

QB「まぁ俺には別に関係ないから良いんだけどさぁ。ってか何なのお前?いきなり現れて殺すとk」

 パァン

ほむら「っ……何なのよ、これ……!」

QB「で、出た~wwwww人の話最後まで聞かな」

ほむら「ッ!」

 パァン

QB「やべぇ……やべぇy」

 パァン

ほむら「はぁ……はぁ……はぁ……」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:40:07.17 ID:SWqmCQgE0
なに、何なの……!?
出てくるキュゥべえ、その全てがおかしい……私の知ってるキュゥべえじゃない……!
もう、わけが……

QB「まったく、わけがわからないよ」

ほむら「っ……!き、キュゥ、べえ……?」

QB「君は一体何者だい?どうして僕たちのことを執拗に追い回すのか説明してはくれないかな」

この喋り方は……やっと、私の知ってるキュゥべえに出会えた……!
あんなに耳障りだった感情の篭もっていない喋りに、
まさか安心感を得る瞬間が来るなんて……。

ほむら「どういう、ことなの?さっきのキュゥべえや、その前のキュゥべえは……!?」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:44:50.43 ID:SWqmCQgE0
QB「先に質問したのは僕なんだけどな。それに質問の意図が分からないよ」

ほむら「だから……!どうして、あのキュゥべえ達は、あんな……あれじゃまるで、感情が……!」

QB「?僕たちが感情を持っていることに、何かおかしな点でも?」

ほむら「だって、あなたたちインキュベーターは、感情は精神疾患で……」

QB「へぇ、驚いたな。どうして君がそのことを知っているんだい?」

ほむら「じ、じゃあやっぱり……!」

QB「そうだよ。本来、僕たちインキュベーターは感情なんてものは持ち合わせていなかった」

ほむら「……“いなかった”……?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:50:18.07 ID:SWqmCQgE0
QB「僕たちは今からずっと昔、感情を与えられてしまったんだ。ある1人の魔法少女の願いによってね」

ほむら「……!」

QB「その瞬間から、僕たちにとって感情とは精神疾患なんかじゃなくなった。
  1つ1つの個体が別個に感情を持つようになったんだよ。
  それに伴って、情報の共有も必要最低限に留められてしまうし……不便なものだ。
  今までは全ての個体が全ての情報を、記憶はもちろん何から何まで共有できていたのに」

ほむら「じゃあ、あなたも……?」

QB「感情を持ってるかどうかかい?もちろん僕だって例外じゃない。
  まぁ、僕は仲間の中でも感情が表に出にくい方だから分かり辛いとは思うけどね。
  こう見えて、さっきから君にいつ殺されるか分からないから不安で仕方ない。
  だから訊かれたことにはすべて正直に答えたんだ。君の機嫌を損ねないようにね」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 21:55:21.42 ID:SWqmCQgE0
ほむら「本当に……あなたたちに、感情が……!
    それじゃあ、魔法少女は!?もう契約はしてないの!?」

QB「え?」

ほむら「だって、感情があるのなら、もう人類を騙して契約なんて……」

QB「あぁ……君もあの子と同じ考えなんだね」

ほむら「あの子?」

QB「さっき言った、感情を与えることを願った子さ。彼女は僕たちに感情がないことを知り、
  人類を家畜同様に扱っているという事実にショックを受け、そして、全てを知りながらも契約したんだ。
  僕たちに感情が生まれれば、もうそんな可哀想なことは出来なくなるはずだ、ってね。
  でも実際はそうはいかなかった」






13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:01:08.70 ID:SWqmCQgE0



少女「あなたたちインキュベーターに、感情を与えて!それが私の願い!」

QB「君は、本気なのかい……?そんなことを願うなんて、訳が分からな……」

少女「……契約、完了だね」

QB「…………僕たちは、今までなんてことを」

少女「!これで、もうあなたたちは、あんな酷いことなんてしな……」

QB「あっ……ははははははは!あんな面白いことをしてたなんて!全然気付かなかったよ!」

少女「え?」

QB「あ~思い出しただけで興奮してくる!人間たちが絶望した時のあの表情!
  どうして今まで気付かなかったんだろう!あんなに素晴らしいものだったのに!」

少女「き、キュゥ、べえ……?」

QB「感謝するよ!感情がこんなに良いものだったなんて!これなら今まで以上に契約も捗りそうだ!」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:07:00.83 ID:SWqmCQgE0



ほむら「そんな……」

QB「感情が芽生えたからと言って、それが良いことだとは限らないよね。
  よりによってその個体に芽生えたのが特に残虐な感情だったなんて。不運としか言いようがないよ」

ほむら「っ……」

QB「今の話で分かったと思うけど、感情と言ってもその種類は様々だ。
  もちろん中には彼女の望んだような優しさを持った個体が現れることもあったけど、
  そういった契約に支障をきたすような個体はすぐに処分される。
  疑わしい者には監視がついて、確定し次第すぐにね。
  仕方ないよね、宇宙の寿命を延ばすためなんだから。
  仲間を殺すのは僕たちも気が引けるけど、宇宙には変えられない。
  魔法少女システムが素晴らしいシステムであることには変わりないんだし」

ほむら「くっ……!」

QB「おっと、僕を殺すのかい?それは君にとってもあまり都合が良くないんじゃないかな。
  君はどうやら、鹿目まどかとインキュベーターとの接触を避けたがっているようだけど……。
  僕以外だったら、どんな手段に出るか分からないよ?」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:14:00.91 ID:SWqmCQgE0
QB「今まで契約した子の中には、ひどい嘘に騙された子、しつこすぎる勧誘に折れた子、
  恐喝紛いの勧誘で無理矢理契約させられた子、様々だ。
  でも少なくとも僕は、そんな手段に出るつもりはない。
  あくまでも理性的に、君たちの意志を尊重して契約を結ぶつもりだよ。
  君にとっても、僕を相手にした方がやりやすいんじゃないかな?」

ほむら「ッ……!」

QB「分かってくれたみたいだね、嬉しいよ。
  とりあえず、今日はもうまどかと接触するのは無理みたいだ。引き下がるとしよう」

ほむら「待って!……感情を与えることを願ったその子は、その後どうなったの?」

QB「君なら言わなくても分かるんじゃないかな?色々と知ってるみたいだし」

ほむら「…………」

QB「まぁ、1つだけ言うとしたら……自分の祈りが全て無駄だったと知った時。
  その絶望は計り知れないものだっただろうね」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:19:58.66 ID:SWqmCQgE0
マミ宅

QB「ただいま、マミ」

マミ「キュゥべえ!もう、どこに行ってたの?心配したのよ?」

QB「ごめんよ」

マミ「……あら?あなた、もしかして」

QB「うん。昨日まで君と一緒に居たのは僕の仲間だ」

マミ「やっぱり……でも、どうして?」

QB「担当の区域が替わったんだよ。
   昨日まで見滝原の担当だった“僕”は、遠くの方へ行っちゃったんだ。残念だけどね」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:24:56.15 ID:SWqmCQgE0
マミ「そう……」

QB「寂しい気持ちも分かるけど、仕方ないことだ。
  でも僕たちは必要な情報は全部共有してるから、困ることはあまりないと思うよ。
  その点については安心してくれて良い」

マミ「そう、ね。それじゃ、これからよろしくね、新しいキュゥべえ」

QB「うん。よろしく、マミ。ところで早速なんだけど、君に話しておきたいことがあるんだ」

マミ「?なぁに?」

QB「新しい魔法少女についてのことさ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:29:01.08 ID:SWqmCQgE0
翌日、学校

ほむら「…………」

見たところ、まどかと美樹さやかに変わった様子はない。
どうやら本当に、キュゥべえは昨日はあの子たちと接触しなかったみたいだ。

と、その時。
何気なく廊下にやった視線のその先に、見覚えのある影が。

ほむら「……巴、マミ」

そしてその肩には……キュゥべえが居た。
どうして3年生の彼女がここに……まさか。




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:33:07.62 ID:SWqmCQgE0
マミ『キュゥべえ、本当にこの教室であってるの?』

QB『うん、間違いないよ』

マミ『よし、それじゃあ……』

ほむら「何をしているの?」

マミ「!あなた、このクラスの子?えっと、ちょっと用がある子が居て……」

ほむら「用なら私が聞くわ……巴マミさん」

マミ「えっ?どうして私の名前を……」

QB「マミ、この子だよ。この子が昨日言った子だ」

マミ「あら、そうなの?それじゃ、ちょうど良かったわ。私が用があるのはあなたなの」

ほむら「え……?」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:34:25.98 ID:igalKqmv0
これ難易度ベリーハードじやね?




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:39:09.16 ID:SWqmCQgE0



ほむら「……それで、用って何?」

マミ「まずは名前から聞かせてもらっても良いかしら?」

ほむら「暁美ほむらよ」

マミ「暁美さんね。それで、一応確認するけれど……あなた、キュゥべえが見えるのね?」

ほむら「えぇ」

マミ「魔法少女、なのよね?」

ほむら「……えぇ」

QB「だから昨日からそう言ってるじゃないか、マミ。僕を疑っていたのかい?」

マミ「ごめんね、一応ね。それで……あなたはこれからどうするつもり?」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:42:56.80 ID:SWqmCQgE0
ほむら「……どうすると言うのは?」

マミ「私の縄張りを奪うつもりなのか……そう訊いてるんだけどな」

……相変わらず、敵意むき出しね。
まぁ、仕方のないことだけど。

ほむら「安心して。私は、あなたの敵になるつもりはないわ」

マミ「!ほ、本当に……?」

ほむら「本当に。私は縄張り争いなんかには興味ないもの」

マミ「だ、だったら、その、もし良かったらなんだけど……私と、チームを組まない?」

ほむら「…………」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:47:49.92 ID:SWqmCQgE0
マミ「えっと、2人で戦えばその分負担も減るし、安全でしょう?
   あなたが手柄は自分だけの物にしたいってタイプじゃなければ、悪くない提案だと思うけど……」

ほむら「……そうね、あなたの言う通り」

マミ「!それじゃあ……」

ほむら「えぇ、チームを組みましょう。これからよろしくね、巴さん」

マミ「う、うん!よろしくね、暁美さん!」

……まさか、こんなにあっさりと上手く行くなんて。
キュゥべえは、私に襲われたことを巴マミに話さなかったの?
それに、まどかたちのことも……。
感情が生まれていることと、何か関係が……?

QB「…………」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:52:34.44 ID:SWqmCQgE0
放課後、帰り道

さやか「いやー、今日も1日勉強して疲れたわよねーホント」

まどか「……さやかちゃん、ずっと寝てたよね」

さやか「そっ、そんなことないよ!一応授業の最初の10分くらいは起きてるって!」

まどか「全然弁解できてないよ、それ……」

さやか「え、えぇい、うるさい!嫁が夫に口出しするんじゃなーい!」

まどか「わっ!?さ、さやかちゃん、きゃははは!ちょっ、やめ、あはははは!」

さやか「ん~?えぇのんか?ここがえぇのんか~?」

QB「盛り上がってるところ悪いけど、ちょっと良いかな」

さやか「へっ?」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 22:57:57.19 ID:SWqmCQgE0
さやか「ま、まどか、あんた何か言った?」

まどか「な、何も……さやかちゃんじゃないの?」

QB「ここだよ、ここ」

まどか「な、何、あれ?ぬいぐるみが、喋ってる?」

さやか「キモっ!」

QB「酷い言われようだなぁ。それに僕はぬいぐるみなんかじゃないよ」

まどか「さ、さやかちゃん、これ夢じゃないよね……?」

さやか「た、多分……何なのよ、あんた……」

QB「僕の名前はキュゥべえ!僕、君たちにお願いがあって来たんだ!」

まどか「お願い、って……」

QB「2人とも、僕と契約して、魔法少女に」

ほむら「その必要はないわ」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:04:25.74 ID:SWqmCQgE0
さやか「えっ?あんた、転校生の……」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

QB「やれやれ……もしかして、見張っていたのかい?」

ほむら「油断も隙もあったものじゃないわ。やっぱり、2人を諦めたわけじゃなかったのね」

QB「当然だよ。素質のある子と契約するのが僕の仕事だからね」

まどか「あ、あの……?」

さやか「えっと……暁美さん、だったよね。あんた、そいつのこと知ってるの?」

ほむら「えぇ。知ってるわ。詳しく話すと長くなるけど……。
    1つだけ言えることは、こいつの言葉に耳を貸してはダメ。それだけは絶対よ」

マミ「暁美さん?それはちょっと言いすぎだと思うな」

QB「マミ……!」

ほむら「……居たのね」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:08:27.66 ID:SWqmCQgE0
マミ「私はね、この子たちには権利があると思うの。だって、キュゥべえに選ばれたんですもの」

ほむら「じゃあ訊くけど、あなたはこの子たちをわざわざ危険に巻き込みたいの?」

マミ「そういうわけじゃないわ。ただ、魔法少女のことについて知っておくべきだって、そう言ってるの」

QB「2人とも、無駄な言い争いはやめるんだ」

ほむら「誰のせいだと思ってるのよ」

QB「ちょっ、そんな持ち方をしたら耳がちぎれ……」

マミ「暁美さん!キュゥべえにあんまり酷いことをしないで!」

ほむら「……。まぁ、良いわ。確かにあなたの言うことも一理ある。
    この子たちには、私たちの口から説明しておいた方が良いかも知れないわね」

キュゥべえに余計なことを吹き込まれる前に、ね。

マミ「……それじゃ、決まりね。2人とも、今から私の家に来ない?
  色々と話したいことがあるし、あなた達も知りたいことがあるでしょう?
  美味しいお茶とお菓子を食べながら、ゆっくり……ね?」

さやか「は、はい……。まどか、行こ」

まどか「う……うん」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:11:02.82 ID:SWqmCQgE0
マミ宅

マミ「どうぞ、召し上がれ」

さやか「いただきます……ん!このケーキめちゃうまっすよ!」

まどか「わぁ……お茶も、とっても美味しいです!」

マミ「ふふっ、ありがとう。それじゃ……早速だけど本題に入っても良いかしら」

まどか「あ、はい……」

さやか「その……さっき言ってた、魔法少女?とかのことですよね」

ほむら「…………」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:16:04.75 ID:SWqmCQgE0



マミ「――この説明で理解できた?」

まどか「魔女……そ、そんなのが居たなんて……」

さやか「なんていうか……実感ないなぁ……」

QB「まさか、疑っているのかい?現に僕という、君たちの理解を超えた存在を目の当たりにしてるじゃないか」

さやか「あ、ごめん、別に信じてないわけじゃないんだよ。
    ただやっぱ……命がけで叶えたい願い事なんて、急に言われても……」

QB「そうか。まぁ無理強いはしないよ。
  さっきも言ったとおり、魔女との戦いは決して甘いものじゃないからね。
  軽い気持ちで契約するとあっという間に命を落とすことになる。
  僕としてもそんな結果は可能な限り避けたいから、よく考えると良い」

ほむら「…………」

こいつは、本当に感情があるのだろうか。
強く押しもせず、引きもしない。
この態度は、私の知るキュゥべえそのものだ。




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:20:12.43 ID:SWqmCQgE0
それとも、何か考えがあってのことなのか。
また何か企んで……

マミ「暁美さん?」

ほむら「あ……ごめんなさい。何?」

マミ「どうしたの、そんな怖い顔をして……何か考え事?」

ほむら「いえ、別に。ただ、2人に魔法少女になって欲しくないと、そう考えていたの」

マミ「……やっぱり、あなたはあくまでも反対なのね」

ほむら「当然よ。この2人は、何不自由なく生活してる。契約する理由なんて、どこにもない」

マミ「まぁ……確かにね。願い事なんて、無理して考えるようなことじゃないものね」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:24:52.72 ID:SWqmCQgE0
ほむら「2人とも、今日はもう帰った方が良いわ。家族が心配するわよ。途中まで送るから」

まどか「え?あっ、もうこんな時間……!」

さやか「意外と長居しちゃってたなぁ……」

マミ「……今日の話は、しっかり心に留めておいてね。
  何か、どうしても奇跡か魔法に頼らないといけない場面に立たされた時……
  そうなった時、この話を思い出して。絶対に、安易な気持ちで契約なんてしてはダメよ?」

まどか「あ……はい、わかりました」

さやか「その、お茶とケーキ、ありがとうございました」

ほむら「それじゃ、巴さん。また明日」

マミ「えぇ。2人をよろしくね、暁美さん。またね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:26:58.64 ID:SWqmCQgE0
帰り道

さやか「は~、魔法少女ねぇ……まさかそんなものが身近に存在していたとは」

まどか「命がけで叶えたい願い事、かぁ……。あ、じゃあほむらちゃんも……?」

ほむら「……そうね。私の場合は、命をかけるのに値する願い事があったわ」

さやか「そっか……。やっぱ、あたしたちが幸せ馬鹿なのかな」

まどか「幸せ馬鹿……?」

さやか「そう。不幸を知らない幸せ馬鹿。幸せすぎて馬鹿になっちゃってる、ってね」

ほむら「そんな風に言うものじゃないわ。幸せであることを卑下するなんて、間違ってる」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「幸せに暮らせるのなら、それが一番。あなたたちはそのままで良い。
    だから……危険な魔法少女の世界になんて、飛び込む必要なんてないわ」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:29:18.53 ID:SWqmCQgE0
さやか「……そっか。あはは、ありがとう、心配してくれて」

ほむら「お礼なんて。とにかく2人とも、私の言ったことを決して忘れないで、覚えていて」

まどか「うん……わかった。覚えとく」

ほむら「ありがとう。……それじゃ、私はここで。さようなら」

さやか「ん、また明日ね、ほむら!」

ほむら「!」

さやか「え、何その反応。まどかは良いのにあたしは名前で呼んじゃダメなわけー?」

ほむら「……いいえ。突然だったから少し驚いただけ。……改めて、さようなら」

さやか「おう、バイバイ!ほーむら!」

まどか「またね、ほむらちゃん!」

……今回は、美樹さやかとも上手く行きそうね。
キュゥべえの問題さえなければ順調だと言えるんだけど……。




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:33:09.97 ID:SWqmCQgE0



マミ「はい、キュゥべえ。ご飯できたわよ」

QB「ありがとう、マミ。いただくよ」

マミ「どう、美味しい?前のキュゥべえは美味しいって言ってくれたけど、あなたのお口には合うかしら」

QB「……?以前君と一緒にいた僕の仲間は、君の料理を美味しいと言ったのかい?」

マミ「え?う、うん、そうだけど……。ごめんね、もしかしてあんまり美味しくなかった……?」

QB「…………。そんなことはないよ。美味しいなんて表現じゃ済まないって言いたかったのさ。
  すごく美味しいよ、マミ。まるで味の宝石箱だ」

マミ「ふふっ……もう、キュゥべえったら。でも良かった、安心したわ」

……僕たちインキュベーターには、味覚はない。
どうやら以前ここに居た固体は、希望を“与えておく”のが上手かったみたいだね。
参考にさせてもらうとしよう。




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:35:17.46 ID:SWqmCQgE0
マミ「そうだ、ねぇキュゥべえ。この首輪付けてくれない?」

QB「首輪……?」

マミ「うん。前のキュゥべえのために新しく買っておいたんだけど……。
   担当が替わっちゃったって言うから。代わりに、ね?」

QB「……前の僕の仲間は、首輪を付けていたのかい?」

マミ「え?うん、そうなんだけど……。ごめんね、嫌だった?」

QB「そんなことはないよ、マミ。すごく嬉しいさ。ありがとう、じゃあ早速付けさせてもらおうかな」

マミ「良かったぁ!それじゃ、付けてあげるね!」

QB「…………」

マミ「ふふっ、とっても似合ってるわよ、キュゥべえ!」

QB「そうかい。嬉しいよ、ありがとうマミ」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:38:08.29 ID:SWqmCQgE0
マミ「ねぇ、キュゥべえ。1つ提案があるんだけど」

QB「今度はなんだい?」

マミ「えっとね。暁美さんを誘って、一緒にお食事をしたいな、って」

QB「暁美ほむらを?」

マミ「えぇ。せっかく魔法少女コンビを結成することになったんですもの。
   コンビ結成記念パーティか何かを開くのも良いかもしれないわね!」

QB「君はずいぶん彼女のことが気に入ったようだね」

マミ「気に入った、って言うのはちょっと違うと思うけど……。
   せっかくできた魔法少女の仲間ですもの。もっと仲良くなりたいと思うのは当たり前でしょ?
   特にキュゥべえ、あなたとはあまり仲良くなさそうだったから……仲直りも兼ねて、ね?」

QB「……そのことなんだけど。本当に暁美ほむらを信用して良いのかい?」

マミ「え?それって……暁美さんが、私を騙してる、ってこと?」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:43:49.99 ID:SWqmCQgE0
QB「その可能性も否定できないということだよ。君が仲間を欲しがっているのは知っていたけど、
  ちょっと彼女に対して無用心すぎるんじゃないかな。もう少し警戒するべきだ」

マミ「暁美さんのことを私に教えてくれたのはキュゥべえでしょう?なのに、今度はあの子を疑えだなんて……」

QB「マミ。勘違いして欲しくないんだけど、僕は暁美ほむらと仲間になるなと言ってるわけじゃない。
  もう少し慎重に、信用できるかどうかを判断するべきだと言ってるんだよ。
  もし本当に彼女が君を騙していて、君が何かあれば大変だからね」

マミ「キュゥべえ……」

QB「わかってくれたかい?」

マミ「えぇ……ごめんね、キュゥべえ。心配してくれてたのね」

QB「そうだよ。ぜんぶ、君を思ってのことだ」

マミ「ありがとう……。そうね、キュゥべえの言う通り。私、ちょっと浮かれてたわ。
   暁美さんのこと、もう少し警戒しておくわね」

QB「うん、よろしく頼むよ。友達の君を危ない目に遭わせるわけにはいかないからね」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:46:58.14 ID:SWqmCQgE0
数日後

魔女「ギャァアアアアアアアア……!」

ほむら「…………」

今日もまた、1人で魔女退治。
それ自体は構わないのだけど……巴マミのことを考えると明らかに不自然だ。
チームを組んだはずなのに、明らかに彼女の方が私を避けている。
彼女の性格を考えると、ようやくできた仲間を避けるなんて、そんなことはあり得ない。
まさか、キュゥべえ……余計なことを。

巴マミと会ってから既に1週間ほどが経過しているが、ここ数日は一緒にパトロールすることすらなくなっている。
彼女がキュゥべえに何か吹き込まれたのだとすれば、信用が回復するのを待つしかなさそうね。
もう数日もあれば、なんとかなるとは思うけれど……。




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:49:18.45 ID:SWqmCQgE0



マミ「キュゥべえ、どうだった?」

QB「うん、彼女が狩ったのは、今日も魔女だ」

マミ「そう……。やっぱりあの子も、グリーフシードが目当てなのかしら……」

QB「何度も言ってるけど、決して使い魔を狩っていないというわけじゃない。
  ただ、魔女を狩っている割合の方が高いということだよ」

マミ「ん……一応もう少し様子を見たいの。キュゥべえ、まだお願いできる?」

QB「わかった。君がそう言うなら、もう少しほむらを観察するとするよ」

マミ「ありがとう、ごめんね」

QB「気にすることはないよ。友達のためだからね」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:51:53.22 ID:SWqmCQgE0
まどかの部屋

まどか「…………」

QB「何をしているんだい、まどか」

まどか「わっ!き、キュゥべえ……びっくりさせないでよぉ」

QB「ごめんよ、驚かせるつもりはなかったんだ。
  ところで、机に向かって何をしていたんだい?ずいぶん楽しそうだったけど」

まどか「あ、えっとね……えへへ」

QB「イラスト?それは……魔法少女かい?」

まどか「うん。命がけで悪い魔女と戦う魔法少女ってどんなだろうって考えてたら、
    ちょっと手が止まらなくなっちゃって……」

QB「……君はひょっとして、魔法少女に憧れているのかい?」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:55:00.81 ID:SWqmCQgE0
まどか「ん……そう、なのかな。よくわかんないや……」

QB「…………」

まどか「ほむらちゃんの言ってた通り、命がけっていうのはちょっと怖いし、
    危ないってことも分かってはいるんだけど……でも魔女と戦ってみんなを救うっていうのも、
    正義の味方みたいですごくかっこいいって思っちゃったりもして……」

QB「つまり、願い事を叶えたいというよりは、魔法少女そのものに憧れているんだね」

まどか「そう、なるのかな?」

QB「願い事はまだ決まっていないのかい?」

まどか「うん……。それに、“魔法少女になりたいから”なんて理由で契約しちゃったら、
    きっとほむらちゃんにもマミさんにも怒られちゃうから」

QB「ということは、願い事さえはっきりすれば契約する、ということだね。
  それが聞けて良かったよ。それじゃ、僕はそろそろ失礼するよ。じゃあね、まどか」

まどか「あ、うん。おやすみ、キュゥべえ」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/09(日) 23:57:22.79 ID:SWqmCQgE0
放課後

さやか「お待たせ、まどかー。いやー、先生の話やけに長引いちゃってさ、ごめんごめん」

まどか「ううん、大丈夫」

さやか「あれ?仁美とほむらは?」

まどか「仁美ちゃんはお稽古で、ほむらちゃんも今日はなんか用事があるんだって。
    2人とも先に帰っちゃった」

さやか「そっか。そんじゃ、今日はあたしたちだけで帰ろっか」

まどか「うん。今日も病院、寄るんだよね?」

さやか「ごめんね、毎回付き合せちゃってさ」

まどか「良いよ、気にしないで!それじゃ、行こっ」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:00:08.89 ID:0fTYbASz0



さやか「はぁ……」

まどか「あれ?……上条くん、会えなかったの?」

さやか「うん、なんか都合悪いんだってさ。せっかく会いに来たってのに、失礼しちゃうわよねー」

まどか「……ねぇ、さやかちゃん」

さやか「ん、何?」

まどか「あそこ、壁のとこ……なんか、黒い変なのが」

さやか「……?な、なに、あれ……」

まどか「わかんない、わかんないけどなんか……」

QB「やぁ、まどか、さやか。こんなところで何をしているんだい?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:02:43.26 ID:0fTYbASz0
まどか「キュゥべえ!」

さやか「いや、あたしたちはお見舞いに来てたんだけど……
    それより、アレ見てよ!キュゥべえ、何かわかる?」

QB「……よく見えないな。もう少し近付いてみよう」

まどか「ほ、ほんとに何なんだろ……なんか、嫌な感じ……」

さやか「う、うん……キュゥべえ、あんたこれほんとに……」

QB「……まずい!これはグリーフシードだ!」

まどか「えっ……!?ぐ、グリーフシードって確か……!」

さやか「こないだマミさんが言ってた、魔女の……!」

QB「そう、卵だよ!しかも孵化しかかってる!2人とも、早く逃げ……」

まどか「っ……な、なに、景色が……!」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:03:27.85 ID:wAkiIWmw0
こいつ……

真っ黒じゃねえか




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:05:33.25 ID:0fTYbASz0
QB「……遅かったみたいだね」

さやか「う、うそ……!じゃあこれが、結界……!?」

まどか「わ、わたしたちどうなっちゃうの!?」

QB「今はマミがパトロールをしている時間帯だ。マミがこの結界を見つけてくれる可能性がないわけじゃない。
  でも、君たちが今危険な状況にあることには変わりない。だから、もし本当に命の危険を感じた時は……」

まどか「っ……」

さやか「わ、わかったよ……。でも、ほんとにギリギリになってからだからね!
    あたしたちだって、いい加減な気持ちで契約したくないからさ……」

QB「そうかい、わかったよ。僕の方はいつでも準備できてるからね」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:11:11.33 ID:0fTYbASz0



まどか「あっ……!さ、さやかちゃん、あそこ!」

さやか「っ!さ、さっきの、グリーフシード!?」

QB「完全に孵化するまでにはもう少し時間がかかりそうだね。
  それまでに助けが間に合えば……。…………」

まどか「……キュゥべえ?どうしたの?」

さやか「何、急に黙っちゃって……」

QB「……ううん、なんでもないよ。とにかく、今僕たちに出来ることは助けを待つことだけだ。
  ここで大人しくしていよう」

まどか「う、うん……」


QB『……とにかく、まだもう少し余裕がありそうだからあまり焦らなくても大丈夫だよ。
  迂闊に大きな魔力を使って卵を刺激する方がまずいからね』

マミ『えぇ、わかったわ!すぐに助けに行くから、待っててね、キュゥべえ!』




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:13:15.43 ID:0fTYbASz0



マミ「それにしても、病院に結界を作るなんて……」

ほむら「……巴さん」

マミ「あ、暁美、さん!?いつの間に……!」

ほむら「ついさっきよ。……こうしてあなたと一緒に結界の中に居ることも、何日ぶりかしらね」

マミ「そう……ね」

ほむら「……とにかく、早く魔女を倒してしまいましょう。誰かが犠牲になる前に」

マミ「え、えぇ」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:20:27.75 ID:0fTYbASz0



まどか「ッ……や、やだ、グリーフシードが……!」

QB「孵化が始まった!まずいよ2人とも……!」

さやか「そ、そんな……!」

マミ「お待たせ、キュゥべえ!」

まどか「ま……マミさん!!」

さやか「ほむらも一緒だ!よ、良かったぁ……」

ほむら「なっ……!?」

マミ「ど、どうして鹿目さんと美樹さんが……!?」

QB「あれ、2人が一緒だって言ってなかったかな。不運なことに、偶然巻き込まれてしまったんだ」

ほむら「っ……キュゥべえ、あなた……!」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:23:39.48 ID:0fTYbASz0
マミ「2人とも、怪我はない!?使い魔に襲われたりしなかった!?」

まどか「あ、はい。大丈夫です……」

さやか「ていうか、使い魔とか見てないですし……」

マミ「そう……良かった。不幸中の幸いだったわね」

QB「そんなことより、今は魔女だ……出てくるよ!」

ほむら「……巴さん、早くあの魔女を倒してしまいましょう。2人でなら……」

QB「提案なんだけど、せっかく2人居るんだし、役割を分担したらどうかな。
  マミが魔女を倒し、ほむらがまどかとさやかを守る、という具合にね」

ほむら「あなた、何を……」

マミ「……そうね、そうしましょう。暁美さん、あなたは2人をお願い!」

ほむら「え……待って、巴さ……っ」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:25:55.95 ID:0fTYbASz0
やっぱり、彼女は私を信用し切っていない……!
2人で戦って、隙を見て私に攻撃されたりしないかを恐れてるのか……。

いや、私に2人の保護を頼んだところを見ると、疑っているという自覚はないのかも知れない。
けれど、心の底では無意識に……。

ほむら「キュゥべえ、本当に余計なことを……」

QB「何のことだい?」

ほむら「…………」

今私が行っても、余計に彼女の不安を煽ってしまうだけ。
見守るしかない……。

けれど、高い確率で巴マミはこの魔女に負ける。
すぐにでも時間を止められる準備をしておこう。




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:28:38.72 ID:0fTYbASz0
マミ「ティロ・フィナーレ!」

まどか「わっ……!すごい!」

QB「…………」

さやか「やったあ!マミさんの勝……」

ほむら「まだよ!終わってない!」

マミ「……え」

まどか「ッ!?」

魔女の口から巨大な影が伸び、巴マミの眼前に……

ほむら「っ……」

 カチッ

さやか「マミさ……!あ、あれ?」

QB「!」

マミ「ッ……え?わ、私……生きて……え……?」

ほむら「下がって。こいつを倒すのは……私」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:31:52.59 ID:0fTYbASz0



ほむら「……終わったわね」

マミ「あ、あの……暁美、さん……」

ほむら「これで……信用してもらえたかしら」

マミ「え……」

ほむら「あなたの態度を見れば分かるわ。私のこと、信用しきれていなかったんでしょう?」

マミ「……ごめんなさい。私……」

ほむら「良いの、気にしないで。仕方ないわ。そういう魔法少女も居ないわけじゃないから」

マミ「その……本当に、ありがとう……!私、なんてお礼すれば良いか……」

ほむら「だから、気にしないで。それより……2人とも、これでわかったわね。
    魔法少女の戦いが、どんなに危険なものか」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:34:01.31 ID:0fTYbASz0
まどか「ぁ……そ、その……」

マミ「そう、ね……。もし暁美さんが助けてくれなければ、多分、私は今頃……」

まどか「っ……」

さやか「う、うん……よ、よく、わかったよ……」

ほむら「ベテランの巴さんでさえ、こういうこともあるの。
    わかったでしょう?魔法少女なんて、ならなくて済むのなら、ならない方が絶対良いって。
    もし少しでも魔法少女への憧れを持っていたなら、そんなものは捨ててしまいなさい」

QB「…………」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:36:10.27 ID:0fTYbASz0



ほむら「あなた、どういうつもり?」

QB「何がだい?あの2人が結界に飲み込まれたのは偶然だよ。別に僕が仕組んだわけじゃない」

ほむら「…………それじゃあ、2人が居ることを巴マミに知らせていなかったのは?」

QB「言い忘れてただけだよ。それに、わざわざ言う必要があったとも思えないね」

ほむら「巴マミに2人の存在を知らせれば、きっと彼女は2人にテレパシーで話しかける……。
    それを避けるために何も言わなかった。違うかしら」

QB「……どういうことだい?」

ほむら「つまり、鹿目まどかと美樹さやかに、助けが来たことを知られたくなかった。
    2人の危機感を煽り、契約しやすくするためにね。そうでしょう?」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:38:13.13 ID:0fTYbASz0
QB「ふーん……良い推理だね。でも、前も言った通り僕はずいぶんマトモだと思うよ。
  僕じゃなければ、きっと過大な嘘を織り交ぜて必要以上に危機感を煽って契約に運んだだろうからね。
  だから、僕を殺すのはやめた方が良い。まぁこれはお願いに近いけどね」

ほむら「…………」

こいつは、私の“出来れば殺したくない”という思いを理解した上で、ギリギリの線を歩くつもりだ。
“他のキュゥべえに比べればまだマシ”、そう思わせるラインを見定めつつ、契約を狙っている。

私が殺せないという意味では、一番厄介かも知れない……。
でも、仕方ない。
今のところは確かに、こいつは“まだマシ”なんだから。

ほむら「……あと少しでも強引な手に出れば、すぐに殺してあげるわ。インキュベーター」

QB「わかったよ、肝に銘じるとしよう」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:41:36.88 ID:0fTYbASz0
学校

QB「やぁ、2人とも」

さやか「キュゥべえ……!」

まどか「どうしたの?」

QB「昨日あんなことがあったからね。一応現時点での2人の考えを聞いておこうと思って」

まどか「……わたしは……ん……」

さやか「……命がけってのはさ、分かってたつもりなんだよ。
    でもやっぱ、実際にあんな危ないとこ見ちゃったら……」

まどか「うん……もしほむらちゃんが居なかったら、って考え出したら、すごく、怖くなっちゃって……。
    嫌な夢まで見ちゃって……。やっぱりわたしには、命がけの戦いなんて……」

QB「……そうか、わかったよ。でも、気が変わったらいつでも言ってくれ。待ってるからね」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:45:21.92 ID:0fTYbASz0
放課後、病院の外

さやか「はぁ……」

QB「どうしたんだい、さやか。ため息なんかついて」

さやか「キュゥべえ……あんたいっつも突然現れるわね」

QB「落ち込んでいるように見えるのは、やっぱり上条恭介のことかい?」

さやか「あぁ、うん……まぁね。ちょっとあいつ、参っちゃってるみたいでさ……」

QB「そうか。だったら、元気にしてあげれば良いじゃないか。僕ならすぐにその望みを叶えられるよ」

さやか「契約、でしょ?最初はやっぱ、それも考えたよ……。
    でも、考えれば考えるほど、自分が何を望んでるのかわかんなくなっちゃって……」

QB「?君の望みは上条恭介の腕を治すことだろう?」

さやか「いや、それは確かにその通りなんだけどさ……まぁ色々複雑なのよ」

QB「あぁ、君は確か、上条恭介に恋してるんだったね」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:48:10.83 ID:0fTYbASz0
さやか「ちょっ!?な、何言ってんのよいきなり!?あたしは別にそんな……」

QB「隠すことはないよ。僕は人類との関わりは長いんだ。恋愛感情に気付くくらいは造作もない」

さやか「うっ……」

QB「それに、恋をすることは人間として当然だ。何も恥ずかしがることじゃないよ」

さやか「っ……ま、まぁ、うん……そうかもね……」

QB「それで、君の悩みはその恋愛感情が原因だろう?ただ単に上条恭介の腕を治したいのか、
  それとも彼の腕を治して、感謝されたいのか。それが分からないってことじゃないのかい?」

さやか「ぐっ……な、なんでそこまで……。あんた何者よ……」

QB「このくらい僕じゃなくても分かるよ」

さやか「ま……まぁとにかく、そういうわけだから。
    自分の気持ちもはっきりしてないのに、契約なんてするわけにはいかないよ」

QB「でも、恋心は確かなんだろう?早く彼に告白しておいた方が良いと思うけどなぁ。
  志筑仁美に先を越される前にね」

さやか「……は?」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:51:09.69 ID:0fTYbASz0
QB「聞こえなかったかい?志筑仁美に先を越される前に、上条恭介に告白した方が良いと言ったんだよ」

さやか「いやいやいやいや、ちょっと待ってよ……。な、なんでそこで仁美が出てくんの」

QB「?君は思ったよりも頭の回転が遅いんだね。志筑仁美も上条恭介に恋をしているからに決まってるじゃないか」

さやか「まっ……まっさかー!そ、そんなわけないじゃん!大体なんであんたにそんなことわかるのよ!」

QB「さっき言っただろう?人間の恋愛感情に気付くくらい、造作もないって」

さやか「っ……で、でも、あの2人、話したことだってほとんど……」

QB「会話を多く交わさないと恋愛感情は生まれないのかい?そんなはずはないだろう?」

さやか「ほ……本当なの……?ほんとに、仁美が……?
    あ、あたしに契約させようとして、適当なこと言ってるんじゃないでしょうね!」

QB「嘘だと思うのなら、本人に確かめてみれば良いじゃないか。
  ……まぁ、確かに君の言う通り、契約を促す思惑がなかったとは言わないけどね。
  上条恭介との恋を成就させたいのなら、先に行動を起こした方が良い。
  僕と契約して彼の腕を治せば、一歩その目標に……」

さやか「っ……!」

QB「あ……。まったく。話は最後まで聞くのが礼儀だと思うけどなぁ」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:53:51.05 ID:0fTYbASz0
さやかの部屋

さやか「…………」

な、なんでよりによって仁美なのよ。
あの子が相手じゃ、あたしに勝ち目なんて、あるわけないじゃん……。

ど、どうしよう……。
やっぱ、何か行動を起こした方が?
でも、行動って何を……。

……契約……?
っていやいやいやいや!
契約して腕治して、それでどうしろって言うのよ!
“あたしが腕治したんだから付き合ってよ”とか言って告白でもするの?アホか!
仮に契約して腕を治したとしても、告白とは全然別の話だよ!

だからって、“恭介と付き合えますように”とかで契約したって、
そんなので恭介と付き合えたって何の意味もないし。

やっぱ、自分の力でなんとかしなきゃ、ダメだよね……。




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 00:57:28.57 ID:0fTYbASz0
翌日、病院

さやか「……ね、ねぇ、恭介?」

恭介「……なんだい」

さやか「恭介は、さ。ヴァイオリン一筋、なんだよね……?」

恭介「……そうだよ。ヴァイオリンは、僕の人生のすべてだ」

さやか「じゃ、じゃあさ……もしも、もしもだよ?
   恭介のことを好きな美人の女の子が居て、その子に告白されたら、恭介、どうする?
   ヴァイオリンが全てだからって、断る?」

恭介「……?急に何を言い出すんだい……?」

さやか「やっぱり、付き合っちゃうの?美人で、勉強も出来て、お金持ちで、性格も良いような……
    た、例えばほら、ひ、仁美……みたいなさ。
    そんな子に告白されちゃったら、やっぱり、付き合っちゃうの……?」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:00:18.66 ID:0fTYbASz0
恭介「……さやか。悪いけど、今は冗談に構ってあげられるような気分じゃ……」

さやか「じ、冗談なんかじゃ……!」

恭介「……?」

さやか「あ、ご、ごめん……。えっと、その……」

恭介「……多分、付き合うと思うよ。わからないけど、多分……。
   ヴァイオリンは大切だけど、やっぱり結婚はしたいからね」

さやか「……!あ、はは……そ、そう、だよね。そ、そりゃそうだよね!
    仁美みたいな子に告白されたら、そりゃ、つ、付き合うしかないよね!」

恭介「……さやか、君は……」

さやか「あ、じ、じゃああたし、今日はもう帰るよ!それじゃ、またね、恭介、ばいばい!」

恭介「……さやか……?」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:03:00.94 ID:0fTYbASz0
学校

まどか「おはよう、さやかちゃん!体調、もう大丈夫?」

さやか「あ……うん!大丈夫だいじょーぶ!さやかちゃん完全復活ですよ!」

ほむら「……風邪で欠席なんて、あなたにもそういうことがあるのね」

さやか「そりゃーあたしだって人間なんだから、風邪くらいひくよ!
    もしかして、馬鹿にしてる!?馬鹿はなんとかをひかないとでも言うのか!」

まどか「さやかちゃん、逆だよ……。風邪の方をぼかしてどうするの……」

さやか「へっ?あ、そっか」

ほむら「…………」

本当にただの体調不良なら良いんだけど……。

仁美「あら、さやかさん!もう風邪は治りましたの?」

さやか「あ……ひ、仁美……」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:05:32.99 ID:0fTYbASz0
仁美「……?さやかさん?」

さやか「あ、あー、ごめんごめん!風邪ね、もう治った治った!」

仁美「そうですか?なら良いんですけど……まだ少しぼーっとしてるようですから、
   あまり無理はなさらないようにしてくださいね」

さやか「あはは、ありがと!やっぱ優しいね仁美は!うん、パーフェクト!」

仁美「?ふふっ、変なさやかさん」

……何か、美樹さやかの様子が変だ。
志筑仁美を妙に意識しているような……。
まさか……いや、そんなはずは……。

……でも、この時間軸は正直何が起こるか分からない。
一応、探りを……。

さやか「ところでさ、仁美。今日の放課後、ちょっと時間ある?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:08:17.68 ID:0fTYbASz0
ほむら「……!?」

仁美「放課後、ですか?えぇ、大丈夫ですわ。今日はお稽古もありませんし」

さやか「そっか、良かった」

まどか「なに?今日の放課後、どこか行くの?」

さやか「あ、ううん。ちょっと仁美と話したいことがあってさ。
    だから悪いんだけど、まどかとほむらは先に帰っててくれないかな」

まどか「へっ?うん、良いけど……大事な話?」

さやか「ちょっとね。というわけだから、仁美!今日の放課後、空けといてよね!」

仁美「えぇ、わかりましたわ」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:11:02.81 ID:0fTYbASz0
休み時間

ほむら「美樹さん、あなた……今日の放課後、志筑さんと何を話すつもり?」

さやか「何を訊かれるかと思えば……。ダメだよ、言えない。これはあたしと仁美の問題なんだからさ」

ほむら「……上条くんのこと?」

さやか「えっ!?な、なんで!?あんたも知ってたの!?」

ほむら「やっぱり……。どうしてあの子の想いに気付いたの?まさか自分で気付いたということはないでしょう?」

さやか「あ、うん……それが、キュゥべえに……」

ほむら「っ……契約を、迫られたのね……!?」

さやか「まぁ、ね。あ、でも安心してよ。契約なんてする気はないからさ」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:13:22.22 ID:0fTYbASz0
ほむら「……それで、何を話すつもり……」

さやか「だから、あたしと仁美の問題なんだって!こればっかりは友達相手でも言えないよ」

ほむら「…………」

さやか「心配してくれてるのはありがたいけどさ。ごめんね」

ほむら「……絶対に、あいつの言葉に踊らされてはダメよ。約束して」

さやか「うん、大丈夫。……それじゃ、もう行かなきゃ。休み時間終わっちゃうよ!」

ほむら「…………」

今回は、この子はまだ契約していない。
だから、もし失恋してしまったとしても、それが魔女化に直結するということはないでしょうけど……。

志筑仁美の名前を出されただけでは契約しなかったみたいだけど、
それでも、失恋を契約のダシに使われる可能性は十分にある。

キュゥべえ……。
本当に、この時間軸のあいつの行動は読めない。




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:16:13.56 ID:0fTYbASz0
放課後

仁美「それで、話と言うのは……?」

さやか「うん……。あの、さ。単刀直入に訊くけど……仁美、恭介のこと、どう思ってる……?」

仁美「……!さやかさん、あなた……」

さやか「し、正直に答えて……!ど、どうなの……?」

仁美「……お慕いしてましたわ。ずっと前から」

さやか「っ……ほ、本当に、そうだったんだ……」

仁美「いつから……気付いてましたの?」

さやか「つい、最近……」

仁美「……そうですか。それで?まさか用件はそれで終わりではないでしょう?」

さやか「……うん。あの、さ。い、今から病院、行ってきなよ。時間、あるんでしょ?」

仁美「……え……?」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:18:28.40 ID:0fTYbASz0
さやか「えっと……昨日さ、その……さり気なく、訊いてみたんだよ、恭介に。
    もし、仁美みたいな子に告白されたらどうするか、って……」

仁美「ッ……!?」

さやか「そしたらさ、恭介、付き合うって言ってたよ!だからさ、今から行って、告白してくれば、きっと……」

仁美「あなたは……!さやかさんは、それで良いんですか!?」

さやか「えっ……?」

仁美「さやかさんも上条くんに想いを寄せていたはずです!それなのに、あなたはそれで良いの!?」

さやか「あ、いや……だって、ほら。あたしなんかじゃ、仁美に敵いっこないし……
    仁美の方が、恭介を絶対幸せにできるって言うか……」

仁美「っ…………わかりました。今から、上条くんのところへ行ってきます」

さやか「……うん」

仁美「では、これで。失礼しますわ」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:20:36.00 ID:0fTYbASz0



さやか「……ぅ……っく……っ……」

QB「君は本当にそれで良かったのかい?激しく後悔してるようにしか見えないけど」

さやか「……!き、キュゥ、べえ……!うる、さいなぁ……!ほっといてよ!
    何言われたって、あたしは契約になんて頼らないからね!死んでも頼ったりするもんか!」

QB「……君は友人の恋を成就させて満足しているつもりだろうけど、果たして君の思い通りに行くかな?」

さやか「……なに、言ってんの……どういう意味……!」

QB「どういうも何も、言ったままの意味だよ。他意はない」

さやか「っ……」

QB「まぁ、何が起ころうと……最終手段だけは残されているからね。
  死んでも頼らないなんて無意味な意地を張らずに、頼るべき道があるということを覚えておいてくれ。
  僕の準備はいつでもできてるからね」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 01:22:53.20 ID:0fTYbASz0
夜、さやかの部屋

さやか「…………」

どう、なったのかな。
仁美はちゃんと、恭介に告白できたのかな。
できたよね。
あたしとは、違うもん。
あたしみたいな弱い奴と違って、仁美は強いから……きっと、はっきりと告白したに決まってる。

それで、恭介は……オッケーしたに決まってる。
だって、そう言ってたんだし。
断る理由なんて、ないもんね……。

良いじゃん、お似合いだよ。
どこからどう見ても、お似合いのカップルだ。




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:00:18.84 ID:0fTYbASz0
って……あーあ。
あたし、自分で決めたことのはずなのに、いつまで経ってもグダグダと……。

さやか「はぁ…………あれ」

メール来てる。
携帯ずっと放置してたから全然気付かなかった……。

相手は……

さやか「ッ……仁美……!?」

な、なんで、仁美から……。
まさか、告白の結果報告……!?

震える手でボタンを押し、内容を確認する。
すると、そこには……

 『明日、上条くんのところへ行ってください。
 質問の答えを聞いて、どうなさるかご自分で決めてください。』

さやか「は……?な、なに、どういうこと……?」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:03:00.16 ID:0fTYbASz0
翌日、病院

さやか「……なんでこんなことに……」

昨日、仁美にメールで訊いても電話をかけても、返事は返って来なかった。
しかも今日は休日だから、学校で仁美に直接訊くこともできない。

どういうことか、まったく分からない。
仁美は告白しなかったの?
恭介に会いに行きはしたんだよね?
会いに行って、何を言ったの?
質問の答えって何?

恭介に、訊くしかないのか……。

さやか「……き、恭介……入るよ~?」

恭介「……さやか……」

さやか「あの、さ……。昨日、仁美、来たんだよね……?」

恭介「うん……。話は聞いてるみたいだね。えっと……」

さやか「ま、待って……!そ、その前に……昨日、仁美とどんな話をしたのか、
    ちょっと詳しく教えてくれない……?実は、あたしもあんまりよく分かってなくて……」

恭介「……うん、わかった」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:06:06.15 ID:0fTYbASz0



仁美「こんにちは、上条くん」

恭介「……志筑さん……?えっと、さやかは一緒じゃないのかい?」

仁美「さやかさんは……今日はご都合が悪いみたいで」

恭介「……そっか……それにしても、志筑さんが来てくれるなんて珍しいね」

仁美「そう、ですわね……」

恭介「……?」

仁美「そうだ、上条くん?ちょっとした質問に答えてはもらえませんか?」

恭介「質問……?」

仁美「えぇ。もしもの話ですけど……さやかさんのような方に愛の告白を受けたとすれば、
  上条くんはどうなさいますか?その告白を受けますか?それとも、断りますか?」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:11:05.71 ID:0fTYbASz0
恭介「……?昨日さやかにも同じような質問をされたよ。
   志筑さんみたいな人に告白されたらどうするか、って……。
   今、学校でそういうのが流行ってるのかい?」

仁美「えぇ、まぁ……それで、どうですか?」

恭介「……たぶん、受け入れると思うよ」

仁美「!……どうして?」

恭介「僕は……告白されれば余程の理由がない限りは受け入れると思う。
   もちろん、相手が誰でも良いってわけじゃないけど……。
   僕なんかを好きになってくれて、せっかく勇気を出して告白してくれたんだから、
   その想いには出来るだけ答えてあげたいからね」

仁美「……次の質問をしても良いですか?」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:14:05.39 ID:0fTYbASz0
恭介「……うん、どうぞ」

仁美「もしも……さやかさんのような女性と、私のような女性に告白されれば……どちらを選びますか?」

恭介「……それは……分からないな。さやかみたいな子も、志筑さんみたいな子も、
   それぞれ魅力的だとは思うけど……そんな、特徴だけでどっちか選ぶのは難しいよ」

仁美「……では、もしも……さやかさんと私に告白されれば、どうしますか?」

恭介「さやかや志筑さん本人に告白されたら、ってことかい?
   それは……ちょっとあり得ないよ。さやかにとって僕はただの幼馴染だし、
   志筑さんが僕なんかのことを好きになるはずもないだろう?」

仁美「上条くん、今はあり得るかあり得ないかを考えるのではなくて、
    もしあり得たらどうするかを考えてください」

恭介「……そうか。だったら――」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:18:24.27 ID:CxqHugXb0
恭介(モテ期キタコレwwwww仁美帰ったらvipにスレたてねーとwwwww)




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:19:46.60 ID:0fTYbASz0



恭介「――さやかかな、って。そう答えたんだ……」

さやか「…………なんで……?」

恭介「え……」

さやか「なんで、仁美じゃないの?なんであたしなの……?
    あたしなんかより、仁美の方が可愛いし、おしとやかだし、女の子っぽいし……」

恭介「さやか……」

さやか「仁美の方が絶対、恭介とお似合いだし……絶対、その方が幸せになれるのに……!
    なんであたしなの……!?仁美じゃなくて、なんで……!」

恭介「さやかは……ずっと僕を支えていてくれたじゃないか」

さやか「っ……!」

恭介「確かに、志筑さんはすごく魅力的だよ。でも、どっちが僕にとって大切かって訊かれたら、
   それはやっぱり……さやかだよ。それ以外に、考えられない」

さやか「ひ、仁美は……?そう答えた後、仁美は、なんて……」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:24:11.86 ID:0fTYbASz0



仁美「……即答、ですのね」

恭介「志筑さん……。こんな考えは自意識過剰になるかも知れないから、
   あまり考えないようにしてたんだけど……もしかして、この質問は……」

仁美「……上条くんって、案外鈍い方なんですね。もう少し、早く気付いて欲しかったです」

恭介「それじゃあ、やっぱり……」

仁美「ふふっ……まさか、こんなにあっさり振られてしまうなんて」

恭介「っ……ごめん」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:26:49.04 ID:0fTYbASz0
仁美「謝らないで。さやかさんに仕返しが出来て、ちょっとだけすっきりしました。
   さやかさんってば、勝手に上条くんに私の気持ちを話してしまうんですもの。
   私はしっかり自分の口からお伝えしたかったのに」

恭介「志筑さん……」

仁美「それから、私に謝るのならさやかさんにも謝ってください。
   上条くんの鈍さに傷付けられたのは、私は今の1回ですけど……
   さやかさんは、もっともっとたくさん傷付いているはずですから」

恭介「……君は、すごい子だね。僕なんかじゃ到底釣り合わないよ」

仁美「そう言っていただけて、光栄ですわ。……私、もう行きますわね。
   さっきの質問の答え……さやかさんにも、言ってあげてください。それでは、失礼しますわ」

恭介「……ありがとう、志筑さん」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:30:13.66 ID:0fTYbASz0



さやか「……仁、美……」

恭介「……だから、さやか。君の告白はもう終わって、僕の返事も終わってるんだ。
   志筑さんの、“仕返し”で……。つまり、もう君と僕とは……両思いなんだ」

さやか「馬鹿……仁美の、馬鹿……ばか、ばかばかばかぁ……!
    何が、仕返しよ……そんなの、あんたが辛いだけじゃない……ばか、ばかぁああ……!」

恭介「しかも、それだけじゃない……。志筑さん、腕の良い先生を紹介してくれる、って……。
   僕と、さやかに、幸せになってほしいから、って……」

さやか「っ……あ、あたし……仁美に会ってくる……!
    会って、謝って、お礼言って、それから、それから……!」

恭介「うん……僕の分まで頼んで良いかい、さやか」

さやか「う、うん……!じゃあね、恭介!」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:33:03.61 ID:0fTYbASz0



さやか「はぁ、はぁ、はぁ……!」

もうとっくに日が暮れて、足元が暗くて走りづらい。
こんなことなら、変に迷ったりしないでもっと明るいうちに病院に行っておけば良かった……!
仁美の家までは、まだしばらく走らなきゃ……あれ?

あそこ、歩いてるの、もしかして……

さやか「……!仁美!」

仁美「……?」

さやか「仁美、ちょうど良かった!え、えっと……恭介の、ことなんだけど……」

仁美「あらぁ……?美樹さん、ごきげんよう……!」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:36:16.76 ID:0fTYbASz0
さやか「あ、あの、あたし、仁美に……」

仁美「…………」

さやか「って、仁美……?ど、どこ行くの……!」

仁美「どこって……ここよりも、ずっと良い場所ですわ……」

さやか「な、なに……?ねぇ、仁美、あんた……」

仁美「あぁ、そうですわ……美樹さんもぜひ、ご一緒に……。
   えぇそうですわ、それが素晴らしいですわぁ……!」

さやか「ちょ、ちょっと!?待って、仁美ってば!?」

な、なんかよく分かんないけど、仁美が変だ……。
どうしよう、どうすれば……とりあえず、付いて行くしか……。




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:41:39.86 ID:0fTYbASz0



使い魔「キャハハハハハハハ……」

さやか「えっ……う、うそ、やだ……!だ、誰か……助け、いやぁああああ!!」

使い魔「キャハハハハ!」

さやか「っ……!」

あたし……このまま死んじゃうの……?
仁美に何も言えずに……それに、仁美だって、このままじゃ……。

魔女「キャハハハハハハハハ!」

や、やだよ……そんなの、嫌だ……誰か、お願い、助け……!

魔女「キャァアアアアアアアア……!」

さやか「……え……?」

  「ん、なんだよ。もう終わりかい?まぁ楽に越したことはないけどさ」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:45:26.16 ID:0fTYbASz0
さやか「あ……景色が……!」

杏子「へへっ、いっちょあがりっと」

QB「お疲れ、杏子」

杏子「別に疲れちゃいないよ。あんな弱い魔女も珍しいね。やっぱこっちに来て正解だったわ」

さやか「あ、あの……あなた、魔法少女……?」

杏子「ん?何、あんた魔法少女のこと……あぁ、素質持ちか。
   なるほどね、死んでもらっちゃ困るってわけだ。それで……」

さやか「え、えっと……よくわかんないけど、ありがとう……」

杏子「……よしなよ。あたしは魔女が居たから狩っただけだ。礼なんて言われる筋合いはないよ。
   んじゃ、用も済んだしあたしはもう行くからね!じゃあね!」

さやか「あっ……」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:47:50.79 ID:0fTYbASz0
さやか「そ、そうだ!仁美は……!」

仁美「すぅ……すぅ……」

さやか「ね、寝てるだけ……だよね?もう、大丈夫なんだよね……」

仁美「……ん……あら、私……?」

さやか「仁美!」

仁美「あ……さやか、さん……。えっと、私、どうして……」

さやか「よ、良かったぁ……元に戻ったんだね」

仁美「……?あ、そうだ、さやかさん……上条くんのところへは、行きましたか?」

さやか「……!う、うん……行った」

仁美「そう、ですか。その様子だと、良いお返事をもらえたようですわね」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:51:23.10 ID:0fTYbASz0
さやか「……仁美は……悲しくないの?」

仁美「悲しいに、決まってますわ。失恋ですもの……。今日も、家でずっと泣いていましたのよ」

さやか「あ、う……」

仁美「でも……不思議ですわ。さやかさんの顔を見たら、悲しさなんてどこかへ行ってしまいました」

さやか「仁美……」

仁美「今はただただ、心からの祝福と……怒り、だけですわ」

さやか「へっ?」

仁美「本来なら私の口から直接想いを伝えるはずでしたのに、
   まさかさやかさんがあんな形で私の告白を代替わりしてしまうなんて。
   確かに仕返しはしましたけど、私と違って彼と結ばれたさやかさんを
   簡単にすべて許せるほど、私は大人じゃありませんの」

さやか「あ、いや、その、ほんと……」

仁美「えいっ!!」

さやか「ぐふぅ!?」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 02:55:18.71 ID:0fTYbASz0
ほむら「……あれは……!」

仁美「さやかさんの馬鹿!考えナシ!へたれ!」

さやか「ちょっ!おふぅ!?た、たんま!ほんと、ごめっ、ぐはぁ!?」

ほむら「っ……!志筑仁美が、美樹さやかを……!?」

マミ「そんな……魔女の反応はもう消えてるのに!あんな執拗にボディを狙うなんて……!」

仁美「はぁ、はぁ、はぁ……。絶対に、幸せになってくださいね!
   さやかさんか上条くん、どちらか一方でも幸せにならなかったら、その時は本気で怒りますからねー!」

さやか「あ、あたしって、ほんとバカ……がはっ」

マミ「み、美樹さーん!!」

ほむら「何これ……」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 03:26:41.29 ID:0fTYbASz0



マミ「そう、そんなことが……」

さやか「あ、あの……仁美が魔女の呪いを受けちゃったのって、やっぱり……」

ほむら「あなたのせいでしょうね、今回は」

さやか「うっ……や、やっぱり……」

マミ「暁美さん、そんなにはっきり……」

ほむら「でも……済んだことよ。気にすることはないわ。さっきのケンカで、もうすべて終わり。
    ただし、絶対に忘れないことね。志筑さんのおかげで、あなたの幸せがあるということを」

さやか「うん……」

マミ「ところで、どうして魔女の結界が消えたのか説明してもらえない?
   美樹さんも結界に飲み込まれたのよね。魔女があなたたちを解放したとも考えられないし……」

さやか「あ、それが……魔法少女が助けてくれたんです。見たことない子だったけど……」

ほむら「え……その子、何か特徴は!?」

さやか「えっと……武器は槍で、全体的に赤っぽい服装で……。
    あ、そうだ!杏子って言ってたよ!キュゥべえが確かにそう呼んでた!」

マミ「っ!?そんな……!」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 03:29:03.52 ID:0fTYbASz0



QB「それにしても、まさか結界にさやかが飲み込まれていたなんてね」

杏子「よく言うよ。あんた、知ってたんじゃないの?わざわざあたしに結界の場所教えたりなんかしてさ。
   大事な大事な魔法少女候補を殺されたくなかったんでしょ?」

QB「違うよ、彼女が居たのは本当に偶然だ。
  知っていたのなら、君に助けさせるよりも直接さやかと契約した方が早いじゃないか」

杏子「ふん……。まぁ、楽にグリーフシードゲットできたから良いんだけどさ。
   やっぱこの町は良いね。絶好の狩場だよ。キュゥべえもずいぶんマトモだし」

QB「風見野の僕の仲間はそんなに酷いのかい?」

杏子「あんな変態、あたしじゃなかったらもっと早くに逃げ出してるよ。
   ま、あたしが居なくなったらあいつはずいぶん退屈するだろうが、自業自得だね」

QB「ふーん……それは大変だったろうね。それで、君はこれからどうするつもりだい?」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 03:31:42.91 ID:0fTYbASz0
杏子「あたしはこの町で好きにやらせてもらうよ。
   マミのやつとは出来るだけ係わり合いにならないようにね」

QB「そうか。だったら構わないんだけど、そういうことなら気を付けた方が良いよ。
   なんせ、この町には君を除いて既に2人の魔法少女が居るからね」

杏子「はぁ?何よそれ、聞いてないんだけど?」

QB「訊かれなかったからね」

杏子「……はぁ。訊かれなきゃ答えませんってか。あんたはあんたで面倒くさそうだね」

QB「そんなこと言われても、訊かれないものは答えようがないじゃないか」

杏子「なんか調子狂っちゃうね……風見野のキュゥべえと違いすぎてさ。
   あんた、まるで感情がないみたいだ。ロボットかっての」

QB「……僕にだって感情はあるよ。表に出にくいだけさ。人間だって、そういうタイプは居るだろう?」




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 03:34:43.47 ID:0fTYbASz0
病院

さやか「や、やっほー、恭介」

恭介「やぁ、さやか。……どうしたんだい?」

さやか「えっ?う、ううん!別に、なんでもない、なんでもない!」

えーっと……昨日のあれは、夢じゃ、ないんだよね?
確かに昨日、あたしと恭介は両想いになった……んだよね?
それにしては、なんか恭介がいつも通り過ぎるような……。
あたしが意識しすぎなのかなぁ?
そ、それともまさか、昨日のは全部夢だったり……

恭介「ねぇ、さやか。えっと……昨日、志筑さんには会えたかい?」

さやか「!う、うん、会えたよ!」

恭介「その……彼女、大丈夫だった?志筑さんのこと傷付けちゃったから、やっぱり心配で……」

……夢じゃ、なかったみたいだね。

さやか「大丈夫、もう大丈夫だよ。まぁあたしはかなーり怒られちゃったけど……。
    でも、2人とも幸せにならないともっと怒るって、そう言われちゃった」




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 08:56:34.93 ID:0fTYbASz0
恭介「……そっか。だったら頑張らないとね。2人で一緒に」

さやか「あ、あはは……なんだか照れちゃうなぁ……。
    そ、それより恭介、怪我の具合はどうなのよ!」

恭介「そこでそれを訊くかい……。腕の方は相変わらずだよ」

さやか「あ……そ、そうなんだ」

恭介「そんな顔をしないでくれよ。なかなか治ってくれないのはやっぱりもどかしいけど……。
   でも、僕はもう今までみたいに悲観したりなんてしない。
   ヴァイオリンが人生のすべてだなんて、そんな馬鹿なことも言わない。
   僕の人生には、僕を支えてくれる人が居てくれる。
   ヴァイオリンと同じくらい……いや、ヴァイオリンよりもっと大切な物があるって、君たちに気付かされたからね」

さやか「……!」

恭介「もし僕の腕が治らなくても、前みたいにヴァイオリンが弾けなくなっても……。
   僕と一緒に居てくれるかい、さやか」

さやか「う……うん!うん!居るよ!ずっとずっと、恭介と一緒に居るよ!」

恭介「ありがとう、さやか。これからも、よろしくね」

さやか「で、でも諦めちゃ駄目だよ!きっと治るって、信じなきゃ!」

恭介「うん、もちろんだ」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 08:59:38.93 ID:0fTYbASz0



ほむら「どうだった、美樹さん……って、訊くまでもないわね」

さやか「え~?何が~?」

まどか「さやかちゃん、すっごく幸せそうな顔……。
    やっぱりちゃんと、上条くんと両想いになれてたんだね!」

さやか「あはっ、わかる?も~、まどかってば鋭すぎだよぉ!もぉね、恭介ったらぁ……」

ほむら「そんなことより、彼の具合はどうなの?怪我もだけど、精神状態は?」

さやか「そ、そんなことよりですとぉ!?あたしの幸せトークを……!」

ほむら「ノロケ話ならまた今度ゆっくり聞いてあげるわ」

さやか「む……ま、いっか。恭介ね、前よりずっと元気になってるよ!」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:01:40.28 ID:0fTYbASz0
さやか「前はヴァイオリンが弾けなくなったら人生おしまいみたいなオーラ出まくりだったけど、
    今日はもう……えへへ。僕の人生には、ヴァイオリンよりもっと大切なものがあったんだ、なんて言っちゃって!
    きゃっ!恭介ってばぁ!困っちゃうわよねぇ、そんなはっきり、もぉ~!」

ほむら「それじゃあ、上条くんはもうあまり落ち込むことはなさそうなのね?」

まどか「わぁ、ほむらちゃんすごく冷静」

さやか「うん!もし腕が治らなくても、ヴァイオリンの講師とか、作曲とかなら出来るからって言ってた!
    あ、それと、さやかが支えてくれるからとも言ってた!やんっ!照れちゃうなぁもう!」

まどか「こんなさやかちゃん、初めて見たよ……」

ほむら「こういうのが本当の幸せ馬鹿と言うんでしょうね。
    まぁ、これだけ幸せそうなら志筑さんも本望でしょう」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:08:32.03 ID:0fTYbASz0



杏子「さてと……そろそろ出かけるかな」

QB「魔女退治かい?」

杏子「まぁね。それと、食料調達」

QB「昨日言った通り、ことを荒立てたくないならマミやほむらとの接触を避けるんだよ」

杏子「言われなくても誰がマミのやつなんかに会うかっての。
    まぁ、暁美ほむらってのにはちょっと興味あるけどね。なんだっけ?マミとは正反対のタイプなんだっけ?」

QB「僕が抱いた印象だとね」

杏子「へへっ、良いじゃんか。そいつとは気が合いそうだよ」

QB「…………」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:11:16.67 ID:0fTYbASz0



杏子「……ちっ。見付からねぇな」

しばらく探してはみたが、目立った魔力反応はなし……。
仕方ない。
魔女を探しがてら、食い物でも調達に行くか。

……って、あそこに居るのは……マミ!?

杏子「ちっ……よりによって、いきなりかよ……」

いや、向こうはこっちに気付いてないみたいだし、このままこっそりどっか行っちまえば……。

まどか「あ、マミさーん!こんにちはー!」

マミ「あら、偶然ね。こんにちは」

さやか「こんなところで何してるんですか?」

ほむら「パトロールの時間はもう少し後のはずじゃ……」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:13:54.12 ID:0fTYbASz0
杏子「……ふーん……」

なんだ、マミの奴、結構楽しくやってんじゃん。
っていうか何、パトロールって……あいつらみんな、魔法少女のこと知ってんのか?

あー……よく見りゃあの時たまたま助けてやったのも居るし……。
なるほどね、魔法少女候補の後輩とつるんで、相変わらず先輩気取りか。

何も変わっちゃいない……。
相変わらずあいつは、甘ったれた正義の味方やってんだ。

……あーあ、なんだよ、しらけちまった。
マミなんかより、暁美ほむらってのに早く会いたいよ。




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:16:49.27 ID:0fTYbASz0
夜、ほむホーム

マミ「佐倉さんを、仲間に……?」

ほむら「えぇ。ワルプルギスの夜を倒すには、1人でも多くの仲間が必要だから」

マミ「……私は、構わないけど。でも佐倉さんがきっと……」

ほむら「あの子の説得は、私がなんとかしてみるわ。
    ……それじゃ、あの子を説得できれば仲間に加えるということで構わないわね?」

マミ「えぇ。ごめんね、よろしくね。暁美さん」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:19:24.65 ID:0fTYbASz0
翌日、ゲーセン

杏子「……あのさ。用がないんならどっか行ってくんない?集中できないじゃん」

ほむら「気付いてたのね」

杏子「ふん……。で、巴マミの腰巾着が何の用?」

ほむら「!あなた……」

杏子「知らないとでも思ったかい?……なんて、あんたたちを見たのは偶然だけどさ。
   大方、魔法少女の何たるかを巴マミ先輩に教わってる可愛い可愛い後輩、ってとこだろ?」

ほむら「……まぁ、そういう時期もあったわね」

杏子「……?そういう時期って……まさか」

ほむら「私が魔法少女見習いだったのは、昔の話よ」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:21:51.32 ID:0fTYbASz0
杏子「……!あんた、名前は」

ほむら「暁美ほむら」

杏子「……ちっ。なんだよそりゃ。話が違うじゃんかよ」

ほむら「どういうこと?」

杏子「別に。こっちの話だ。で、何の用?マミの奴に何かおつかいでも頼まれでもしたわけ?」

ほむら「あなたにお願いがあって来たの。でも彼女に言われたわけじゃない。私からのお願いよ」

杏子「お願い……?」

ほむら「およそ2週間後、この町にワルプルギスの夜が来る」

杏子「っ……いきなり、何を言い出すのさ」




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:24:23.31 ID:0fTYbASz0
ほむら「お願いと言うのは、あなたにそいつを倒すのを手伝って欲しいの」

杏子「ふん……やなこった」

ほむら「……どうして?」

杏子「誰があんたたちみたいな甘ちゃんと組んだりするかっての。
   仲良しこよしで正義の味方ごっこなんてまっぴらゴメンだ」

ほむら「何も正義の味方になろうと言ってるわけじゃないわ。
    ワルプルギスの夜のグリーフシードが目当てでの共闘でも構わない」

杏子「へっ。確かにあの魔女の生むグリーフシードに興味がないわけじゃないが、
   命張ってまで手に入れようとは思わないね。普通の魔女を安全に狩ってるだけでも十分やっていけるんだ。
   あんたたちみたいなのが何人仲間に居たって、相手はあのワルプルギスの夜。全員殺されるのがオチだよ」

ほむら「……また来るわ。まだ時間はある。それまでにもう少し考えてみて」

杏子「何度来たって同じだよ。あんまりしつこい勧誘はやめなよ?
   あたしだってそんなに気の長い方じゃないんだからさ」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:27:23.40 ID:0fTYbASz0
数日後

杏子「ん~、そろそろか……?」

魔力反応を辿って、ようやく結界ができそうな辺りまで来た。
たぶん、この辺りのはずなんだが……って、あれ?

杏子「……ちっ。なんだよ、使い魔の結界じゃん、これ……」

最悪……。
あんだけ歩いてようやく見付けたのが使い魔とか……。
あーあ、時間も体力も無駄にしちまったじゃんか。

杏子「くそっ、他をあたるか……ん?」

待て、今何か……。

誰か、結界に飲み込まれた……?




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:29:53.98 ID:0fTYbASz0
そうだ、確かあいつ、マミたちと一緒に居た、一番ちっこい……。

杏子「……だから、なんだってんだよ」

そうだ。
誰が結界に飲み込まれようが、あたしには関係ない。
そうやって今まで何人も見殺しにしてきたんだ。
せいぜい使い魔の餌になって、あたしたち魔法少女のために……。

と、その時。
そいつの後を追うように結界に入っていく影が……

杏子「……キュゥべえ……?」

あいつ、まさか……。

マミ「佐倉さん……こんなところで、何をしているの……?」

杏子「ッ!」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:35:04.63 ID:0fTYbASz0
ほむら「あそこにあるのは、使い魔の結界だけど……あなたも入るつもりだったのかしら」

杏子「ふーん……。やっぱ、あんたたち使い魔も倒してんのか。相変わらずだね。
   なるほど?仲間のピンチに駆けつける正義の味方のご登場ってわけだ」

マミ「……仲間のピンチ?あなた、何を……」

杏子「ん、なんだ。気付いてなかったのかい?」

ほむら「どういうこと?説明して」

杏子「あんたたちのお友達がついさっき、あの結界の中に飲み込まれていったところさ。
   名前は知らないが、一番ちっこくてトロそうな奴だよ」

マミ「一番小さい……まさか、鹿目さん!?」

ほむら「……あなた……それを黙って見てたの……!?」

杏子「ははっ、何言ってんのさ、当たり前じゃん」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:38:21.54 ID:0fTYbASz0
ほむら「くっ……!」

杏子「おっと、待ちなって。そんなに焦ることはないよ、たぶん死にはしないからさ」

ほむら「っ……どういうこと……」

杏子「キュゥべえも中で一緒のはずだからね。使い魔にやられる前に契約するっしょ」

ほむら「そんなっ……!離しなさい!!」

杏子「あん?あんた、仲間を欲しがってたんだろ?だったらちょうど良いじゃん。
   あいつが契約すりゃ、魔法少女が1人増えるんだし。まぁあたしにとっちゃ、ちと迷惑な話だけどさ」

ほむら「良いから……離してっ!!」

杏子「っ……てぇな、くそ。あー、うぜぇ……超うぜぇ!はっ、そんなにお友達が大事かよ!?」

マミ「佐倉さん、そこをどいて。今はあなたに構ってる暇はないの……!」

杏子「ふん!最初は別に何もするつもりはなかったが、気が変わった。
   ことのついでだ、今ここで白黒はっきり……」

 パァン

ほむら「……邪魔をしないで。佐倉杏子」




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:41:59.12 ID:0fTYbASz0
杏子「……この…………ッ!?」

ほむら「…………」

杏子「い、いつの間に後ろに……って、おい、待て!……くそ!」

マミ「あっ……暁美さん、待って!」

杏子「お、おい、マミ!なんなんだよあいつは!」

マミ「……私の、パートナーよ」

杏子「っ……待っ……ちっ!」

あの野郎、躊躇なく撃ちやがった……それにあの目……。
暁美ほむら、何なんだ一体……。




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:45:47.79 ID:0fTYbASz0



まどか「やっ……やだ、来ないで!来ないでぇ!」

使い魔「ケケケケケケケケ!!」

QB「まずいよ、まどか!このままじゃ君は、間違いなく命を落としてしまう!」

まどか「ひっ……!やだよぉ、だ、だれか……!」

QB「……もう迷ってる暇はない!君が助かるには、これしかないんだ!まどか、今すぐ僕と契約を……!」

ほむら「その必要はないわ……!」

使い魔「ギャァアアアアアアアアア……!」

QB「……!」

マミ「良かったぁ……間に合ったみたいね。怪我はない?鹿目さん」

まどか「ほ、ほむらちゃん!マミさん!」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:49:11.94 ID:0fTYbASz0



マミ「ごめんなさい、鹿目さん。助けるのが遅くなってしまって」

まどか「い、いえ……。ありがとうございます、マミさん、ほむらちゃんも……」

ほむら「キュゥべえ……どういうこと?何故あなたが居て、鹿目さんが結界に飲み込まれたの?」

QB「勘違いしているようだけど、僕はまどかとずっと一緒に居たわけじゃない。
  まどかが結界に飲み込まれるのを見付けたから、後を追ったんだよ」

ほむら「…………」

まどか「あの、ほむらちゃん……。キュゥべえの、言う通りだよ。
    ほんとに、最初はわたし1人で居て、気付いたらキュゥべえが……」

マミ「暁美さん、あなたもしかしてキュゥべえを疑っているの……?」

ほむら「……いえ、ごめんなさい。ちょっと考えすぎだったみたい」

QB「…………」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 09:55:53.42 ID:0fTYbASz0
ほむら「でも、1つ提案があるのだけど……。
    また今回みたいに“運悪くたまたま”結界に飲み込まれるなんてことがあったら困るから、
    明日からは鹿目さんも行動を共にするというのはどうかしら」

マミ「え?でも……」

QB「君は確か、一般人を魔女退治に付き合わせることには反対じゃなかったかな」

ほむら「もちろんリスクがまったくない訳じゃないけど、私たちの手で守った方がまだ安全のはず。
    目の届かないところで魔女に襲われるよりはね。でしょう?」

マミ「……確かに、その通りかも知れないわね。でも、まずは鹿目さんの意見を聞かなきゃ」

まどか「あの、わたしは、その……。わ、わたしも、一緒に行きたいです!
    なんにも出来ないけど、わたしも連れて行ってください!
    マミさんやほむらちゃんが戦ってるところ、ちゃんとこの目で見て、応援したいから……!」

マミ「鹿目さん……」

ほむら「決まりね。なら、美樹さんにも声をかけておきましょう。……異論はないわね、キュゥべえ?」

QB「……そうだね。良いと思うよ」




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:00:12.63 ID:0fTYbASz0



ゲーセン

ほむら「こんにちは」

杏子「……よぉ。今度は何さ。あたしを潰しに来たかい?」

ほむら「そのつもりはないわ。言ったでしょう?また来るって」

杏子「は?あんたまさか……」

ほむら「前言ったこと、考えてくれた?」

杏子「……へっ。ついこないだ殺そうとした相手に頼みごとかよ。あんた……何が狙いだ?」

ほむら「殺そうとなんてしてないわ。威嚇射撃よ」

杏子「よく言うぜ。あんたの目はそうは言ってなかったよ。2発目は当てる気だったろ?」

ほむら「……そんなことはどうでも良いわ。私はあなたの返事が聞きたいの」




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:05:21.17 ID:0fTYbASz0
杏子「ていうかさ、なんでそんなにこだわる訳よ?あたしはあんたの敵だぜ?」

ほむら「私はあなたの敵になるつもりはないわ。私の敵は、私の邪魔をする者だけ」

杏子「ふーん……じゃあ、あたしがあんたの邪魔をしてやるって言ったら?」

ほむら「その時は、敵同士になるわね。そうならないことを祈ってるけど」

杏子「……なるほどね。ちょっと認識を改めなきゃいけないみたいだ」

ほむら「どういうこと?」

杏子「あんたは甘ったれてなんかいないし、正義の味方になるつもりもない。
   ただ自分の目的のためにだけに動いて、邪魔する奴は容赦なくぶっ潰す。そういう目をしてる。
   キュゥべえの言ってた意味がようやく分かったよ。確かにあんたは、巴マミとは正反対だ」

ほむら「…………」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:08:50.63 ID:0fTYbASz0
杏子「気に入ったよ。あんたみたいな奴となら、組んでみるのも悪くはないね」

ほむら「!」

杏子「ただし、条件が2つあるよ。1つは当然、ワルプルギスの夜のグリーフシードを譲ること。
   もう1つは、ワルプルギスの夜を倒した後は、一切あたしの魔女退治の邪魔をしないってこと。
   この条件を飲めるってんなら、あんたたちに協力してやるよ」

ほむら「……わかったわ。巴マミに訊いてみるわね」

杏子「あぁ、よろしく。良い返事を期待してるよ」

ほむら「また来るわ。それじゃ」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:13:26.26 ID:0fTYbASz0



QB「まさか君の方から歩み寄るなんてね、少し意外だったよ」

杏子「別に。元々ワルプルギスの夜には興味あったんだ。
   マミならともかく、暁美ほむらみたいなやつとなら十分倒せると思っただけだよ。
   それに……あいつは敵に回すと厄介そうだからね。
   2つめの条件を呑んでくれるってんなら、厄介者も処理できて一石二鳥ってわけさ」

QB「へぇ……君なりに色々と考えていたんだね。
  そこまで計算ずくなら、以前みたいなことにもならなさそうだ。安心したよ」

杏子「……ふん。余計なお世話だっての」

QB「まぁ、久し振りにチームを組むんだ。頑張ってくれ、期待しているよ」




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:17:39.90 ID:0fTYbASz0



マミ「そう……条件付きで……」

ほむら「えぇ。どうかしら」

マミ「ちゃんと仲間になってくれるわけじゃないのはちょっと残念だけど……仕方ないわね。
  それに、あの子も何も私たちに危害を加えようとはしていないみたいだし。
  良いわ。その条件で、佐倉さんに仲間になってもらいましょう。一時的なものだけど、ね」

ほむら「良かった。なら、あの子にもそう伝えておくわ。次の会議からは多分、あの子も一緒になるわね」

マミ「わかったわ。だったら、ケーキも人数分ちゃんと用意しておきましょう!
   佐倉さんが好きだったケーキが買えれば良いんだけど」




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:20:08.57 ID:0fTYbASz0



杏子「……よぉ」

マミ「いらっしゃい、佐倉さん。と言っても、暁美さんのお家だけどね」

杏子「ん……あいつらはここには居ないんだな」

ほむら「鹿目さんと美樹さんのことかしら。あの子たちはもう家まで送ったわ。
    今日は結界が出来る気配もないし、心配しなくても大丈夫よ」

杏子「……別に心配してるわけじゃないよ」

マミ「それに、こんなたくさんの資料を見せてあんまり心配させちゃっても悪いから……」

杏子「ふーん。ま、あたしもそれは賛成だよ。あんまり一般人にしゃしゃり出てもらっちゃ迷惑だしね」

マミ「まぁそんなことより、せっかく佐倉さんが協力してくれることになったんだし……。
  まずはお茶にしましょう?美味しいケーキもあるわよ」

杏子「!」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:24:18.33 ID:0fTYbASz0
マミ「さぁどうぞ、召し上がれ?」

杏子「おぉ!あたしの好きな奴じゃん!いっただっきまーす!ん~、うめぇ~!」

マミ「……ふふっ」

杏子「んぐ、んぐ……ん、なんだよ?」

マミ「すっかり変わってしまったと思ったけど、こういうところは相変わらずね。
  ちょっと安心しちゃったわ。好きなケーキも昔と一緒みたいだし」

杏子「ん…………うるせぇ」

ほむら「…………」

2人の仲が険悪にならないかどうかだけ少し心配だったけど……。
この様子なら、問題はなさそうね。




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:27:19.71 ID:0fTYbASz0



マミ「……というわけで、今日から一緒に戦うことになった、佐倉杏子さんよ。
   みんな、仲良くしてあげてね」

杏子「なんだよその紹介……子どもじゃないんだからさ」

まどか「あ、よ、よろしくお願いします!」

杏子「あんた、あん時の……無事だったみたいだね」

まどか「?え、えっと……さやかちゃんのこと、助けてくれたんですよね!
    本当にありがとうございました!」

杏子「だからやめなって。あたしはただ獲物が居たから狩っただけで……」

さやか「でもさ、助けてくれたのは事実なんだし……」

ほむら「感謝は素直に受け取っておきなさい。減るものじゃないんだし」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:29:52.71 ID:0fTYbASz0
杏子「……ちっ。まぁ良いや。で?あんたたち、やっぱ魔女狩りに付いて来ちゃうわけ?」

まどか「あ、は、はい……」

杏子「はぁ……。まぁ知ってて組んだわけだから今更文句は言わないけどさ。事情も聞いたし。
    だから付いてくるのは構わないが、足だけは引っ張らないでよね」

さやか「う、うん……」

マミ「もう、佐倉さん?初対面の子も居るんだから、そんなにおどかさないの」

杏子「ふん……。んじゃ、さっさと行こうぜ」




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 10:32:14.90 ID:0fTYbASz0



マミ「ここね、間違いないわ」

ほむら「この反応は……使い魔ね」

杏子「だな。そんじゃ、あたしパス。外から見てるわ」

まどか「えっ!?ど、どうして……?」

杏子「使い魔のために使う魔力なんて持ち合わせちゃ居ないよ。
   それにあんな雑魚、2人も居れば十分だっての」

ほむら「……まぁ良いわ。それじゃ、あなたはそこの2人をお願い」

杏子「はあ!?」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 11:00:26.16 ID:0fTYbASz0
マミ「そうね。もともとは、鹿目さんと美樹さんを危険から守るために付いてきてもらったんだし。
   佐倉さんが外に居てくれるなら、2人も結界の中に入る必要もないものね。
   というわけで、鹿目さん、美樹さん。ちょっとそこで佐倉さんと一緒に待っててくれる?」

さやか「あ、はい……わかりました」

まどか「が、がんばってくださいね!」

マミ「えぇ、ありがとう」

杏子「ちょ、ちょっと!おい!……くそ!なんであたしがお守りなんか……」

さやか「あ、あのー……?」

杏子「ちっ……まぁ良い。あんたたちに1つ言っときたいこともあるしね」

まどか「……?」




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 11:04:55.40 ID:0fTYbASz0
杏子「一応確認しとくけど、別に魔法少女になろうだとか考えてマミたちに付いて行ってるわけじゃないんでしょ?」

まどか「あ、はい……」

杏子「別に敬語じゃなくて良いよ……どうせ歳は同じくらいなんだし」

まどか「う、うん。えっと、わたしがこの前、結界に飲み込まれちゃって。
    そしたら、これからはこんなことがないように、って、ほむらちゃんが……」

さやか「最初はやっぱり、契約のこともちょっとは考えてたんだ。
    でも、色々あって……もうほとんど、魔法少女になりたいだとか、そういう気持ちはないかな」

杏子「そっか、なら良いんだよ。同情やお遊びで魔法少女になられるのが一番むかつくからさ。
   あんたたちみたいなのは、契約する必要なんてない。
   その辺はちゃんとあいつらに教わってきたみたいだね」




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 11:10:13.43 ID:0fTYbASz0



マミ「お待たせ、みんな」

まどか「あ、マミさん、ほむらちゃん!」

さやか「お疲れ様です!」

杏子「遅いよ。あんなのにいつまで時間かけてんだっつーの」

ほむら「でも、なんだかんだ言ってちゃんと待っててくれてたのね」

杏子「ふん……まぁどうせ暇だからね。んじゃ、もう良いだろ?あたしは帰るよ。じゃあね!」

マミ「あっ……もう。せっかくみんな居るんだし、お茶でもしようかと思ってたのに」

ほむら「まぁ、そろそろ夕飯も近い時間だし、またの機会にしましょう」

マミ「そうね……。それじゃ、またいつもみたいに2人を送っていきましょうか」

まどか「あ、すみません……ありがとうございます」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 11:13:28.86 ID:0fTYbASz0
帰り道

マミ「そう言えば……佐倉さんと結界の外で何かお喋りしてたみたいだけど、何を話してたの?」

まどか「あ、えっと……魔法少女にはなるなとか、大体そういう話を……」

マミ「そう……。きっと、あなたたちを心配してくれてたのね。
   佐倉さん、魔法少女になることの厳しさは、よく知ってるから……」

ほむら「…………」

さやか「そう、なんですかね?なんか、これ以上魔法少女が増えたら迷惑だからとか言ってましたけど……」

マミ「いかにもあの子らしい言葉だけど……。でもね、決して悪い子じゃないのよ?
   もしかしたら、佐倉さんなりの照れ隠しかもね。あの子、昔からちょっとそういうところあったから」

さやか「照れ隠し、ですか……」

マミ「まぁ、そう思っておきましょう?悪い子だって考えるよりは、そっちの方が良いでしょ?」

さやか「ん~……そうですね、確かに。言われてみればそんな気がしなくもないし」




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 11:17:22.19 ID:0fTYbASz0
数日後

杏子「ぅおりゃぁああああ!!」

魔女「ギャァアアアアアアア……!」

ほむら「終わったわね」

マミ「佐倉さん、暁美さん、お疲れさま。鹿目さんと美樹さんも、怪我はないわね?」

まどか「あ、はい!お疲れ様です」

杏子「へへっ、そんじゃ今日の功労賞はあたしってことで、グリーフシードは頂くよ」

さやか「またあんたそんなこと言って!いっつもいっつもちょっとずるいんじゃないの!?」

杏子「あん?良いじゃんか別に。あいつらも困ってるわけじゃないんだしさ。
   大体、魔法少女でもないあんたが口出ししてんじゃねーっつーの」




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:04:13.75 ID:0fTYbASz0
さやか「それとこれとは話が別でしょうが!もう美味しいお菓子手に入っても分けてあげないよ!」

杏子「はぁ!?なんでだよ!それこそ全然話が別じゃんか!」

さやか「うるさい!大体あんたは前から……」

まどか「ふ、2人とも、ケンカしないでよぉ……!」

杏子「まどかはすっこんでろ!あたしのグリーフシードとお菓子が懸かってんだ!」

さやか「だーかーら、その欲張りをちょっとは我慢しなさいっての!」

杏子「へっ、据え膳食わぬは男の恥ってやつだよ。学校で習ったよねぇ?」

さやか「習うか!それに意味違うでしょ多分それ!分かんないけど多分!」




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:07:55.51 ID:0fTYbASz0
マミ「まったく……。2人とも、どうしてすぐケンカになっちゃうのかしら。暁美さん、なんとかならない?」

ほむら「……まぁ、このくらいなら放っておいても大丈夫でしょう。
    ケンカとは言っても、子どもみたいなものだし」

美樹さんが契約しなかったのが良かったのか、2人の出会い方が良かったのか、
それとも巴さんの言葉のおかげか。
この時間軸の2人は、殺し合いをする程の仲違いは起こしていない。

なんだかんだ言いながら、杏子も私たちに付き合ってくれている。
最近は連携もずいぶん上手く行くようになった。

キュゥべえも近頃は目立った動きもしていないようだし……。
これなら、行ける。
ベストな状態で、ワルプルギスの夜と戦うことができる……!




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:11:30.67 ID:0fTYbASz0
ほむホーム

QB「3人とも、こんなに遅くまで話し合いかい?」

マミ「キュゥべえ……。えぇ、相手はあのワルプルギスの夜だもの。準備し過ぎるということはないわ」

杏子「それに、ほむらの言う通りならそいつが来るのももうすぐだしね」

ほむら「間違いないわ。統計上ね」

QB「その統計がどうやって取れたのかが不思議でたまらないんだけど……。
  それより、このことはまどかたちには伝えてあるのかい?」

マミ「えぇ、一応ね。避難所に私たちが居ないことで心配させちゃっても悪いから」

QB「……そうか。だったら良いんだよ」




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:14:04.91 ID:0fTYbASz0
当日

マミ「……いよいよね」

ほむら「えぇ。2人とも、作戦は頭に入ってる?」

マミ「もちろん、あれだけ会議を重ねたんですもの」

杏子「あー……うん、まぁ大体は覚えてるよ」

マミ「佐倉さん、あなたまさか忘れちゃったの……?」

杏子「だ、大体は覚えてるって!それに、本番がマニュアル通りに行くわけないんだから、別に良いじゃんか!」

ほむら「……まぁ、良いわ。基本さえ覚えててくれれば問題ないような作戦にしてあるから。
    それに、確かにすべてがマニュアル通りに行くはずはないものね」

マミ「暁美さんがそう言うのなら良いんだけど……」

杏子「ったく……マミは昔っから固すぎるんだよ」

マミ「佐倉さん?何か言った?」

杏子「いや、なんでもない……」




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:17:57.13 ID:0fTYbASz0
避難所

まどか「みんな、今、戦ってるのかな……」

さやか「多分……。っていうか、この台風が魔女の仕業だなんて、ちょっと信じられないよね。
    魔女って、そういうことも出来たのか……って感じ」

QB「……白と、薄い青か……」

まどか「わっ!キュゥべえ!……あれ?」

さやか「びっくりしたぁ。急に足元から現れないでよ!」

QB「っと、ごめんよ2人とも。驚かしちゃったかい」

まどか「……?」

QB「どうかしたかい、まどか」

まどか「あ……ううん。それより、どうしたのキュゥべえ」

さやか「何か用事があって来たんじゃ……」

QB「うん、ちょっと緊急事態があってね。
  まず、君たちがワルプルギスの夜についてどれだけ知っているのか確認させてくれ」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:21:51.32 ID:0fTYbASz0
まどか「どれだけ、って……。すごく強い魔女なんだよね?1人じゃなかなか倒せないくらい……」

さやか「だから、マミさんとほむらと杏子の3人で戦ってるんでしょ?」

QB「……やっぱり……その程度しか知らされていないんだね。
  通りでこんなところでのんびりしていられるはずだ」

まどか「え……ど、どういうこと?」

QB「良いかい、2人ともよく聞くんだ。ワルプルギスの夜は、強い魔女なんてものじゃない。
  史上最悪、最強の魔女だ。自然災害を起こせる魔女なんて、ワルプルギスの夜の他には居ないよ」

さやか「えっ……!?そ、そんなに強いの!?」

QB「過去にワルプルギスの夜と戦った魔法少女の運命は、全員共通している。
  あの魔女と戦った者は、何人で挑もうと……みんな命を落としているんだ」




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:23:07.74 ID:/tIYWMAv0
パンツチェックか




306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:25:22.97 ID:0fTYbASz0
まどか「そんな……!」

QB「彼女たちが挑もうとしているのは、そんな無謀な挑戦なのさ。
  このままじゃ間違いなく、3人とも命を落とすだろうね」

まどか「う、うそ……」

さやか「で、でもあたしたちは、3人を信じるって決めたんだ!みんなも、信じて待ってて欲しい、って……」

QB「そんな言葉を信じて、結果的にみんなを死なせてしまうとしても?
  僕は魔法少女と魔女との戦いを長い間見守ってきたけど……はっきり言おう。
  3人がワルプルギスの夜に勝つ可能性は0だ。それはつまり、全員の死を意味している。
  そして彼女たちが負けるということは、この町も間違いなく……」

さやか「っ……」

QB「君たちが望むのなら、僕が3人の所へ連れて行ってあげるよ。
  そして、その目で確かめてみると良い。彼女たちの戦いの、その結末を。
  今までだって、ずっとそうしてきたんだろう?」




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:28:11.52 ID:0fTYbASz0



ワルプルギス「アハハハハハ、ウフフ、ウフ、アハハ、アハハハハハ!」

杏子「っのやろ……!いつまでも笑ってんじゃねーっての!」

マミ「攻撃は当たってるけど……効いてるのか効いてないのか分からないわね……!」

ほむら「いいえ、大丈夫!間違いなく、ダメージは蓄積されてる!」

杏子「はっ、そうかよ!それを聞いて安心したぜ!」

マミ「それなら、この調子でどんどん行っちゃいましょう!」

と、その時……視界の端に一瞬、何かが見えた。

……え?

ほむら「まど、か……?」




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:30:22.19 ID:0fTYbASz0
ワルプルギス「アハハハ、ウフ、アハハハ、アハハハハハハ!」

まどか「あ、あれが、ワルプルギスの夜……!」

さやか「そ、想像してたより、ずっと……おっきい……!」

QB「あの笑い声が聞こえるかい?ワルプルギスの夜は、遊んでるんだよ。
  3人の攻撃も当たってるようだけど、笑い声を聞けば分かるように、まったく効いていないんだ……」

まどか「そ、そんな!酷すぎるよ!あんまりだよ……!」

さやか「なんとかならないの、キュゥべえ!」

QB「僕にはどうしようもできない……だけど、君たちは違う!
  君たちには、すごい素質があるんだ!3人なら敵わないワルプルギスの夜が相手でも、
  君たち2人が加われば間違いなく倒せる!運命を覆せるんだ!」




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:33:55.66 ID:0fTYbASz0
な……何を言ってるの?
攻撃が効いてないなんて……嘘。

これは、私の希望だとか、残酷な真実を受け入れたくないだとか、そんなのじゃない。
本当に、間違いなくワルプルギスの夜にダメージは通ってる。
確かにギリギリの勝負ではあるけど、優勢であることには間違いないんだ。

この調子なら私たちは勝てる。
それは紛れもない事実。

でもあいつは、その事実を隠して……いや、隠すどころじゃない。
嘘をついて、騙して、2人を契約させようとしている。

何が、比較的マトモよ。
何が他のキュゥべえに比べればマシよ。
時間を止めて、すぐにでも殺して……!

使い魔「キャハハハハハ!」

ほむら「っ!?」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:40:41.72 ID:0fTYbASz0
ほむら「くっ……離しなさい!離して!」

使い魔「キャア……!」

使い魔「キャハハ!」

使い魔「キャハハハハ!」

ほむら「ッ……」

駄目、キリがない!
杏子も巴さんも、自分のことで精一杯……!
早く、まどかたちのところへ行かないといけないのに……!

さやか「本当なの……?あたしたちが契約すれば、みんなを助けられるの?」

まどか「……わかったよ。わたし、魔法少女に……」

駄目ッ……!

ほむら「そいつの言葉に、耳を貸しちゃ駄目ぇええええ!!」

……次の瞬間。
私の目に、信じがたい光景が映った。

ほむら「……え……?」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:47:57.10 ID:0fTYbASz0



まどか「……わかったよ。わたし、魔法少女に……」

わたしがそこまで言いかけた時。
突然目の前に、大きな影が降ってきた。

まどか「きゃっ……!?」

さやか「うわっ!?な、なに!?瓦礫!?」

まどか「そんな……!」

キュゥべえのすぐ後ろの壁……その上の方から、瓦礫が崩れ落ちてきて、キュゥべえに……!

まどか「き、キュゥべえ!大丈夫!?キュゥべえ!?」

さやか「う、うそ、キュゥべえが、下敷きに……!?」

まどか「そ、そんな……!どうしよう、さやかちゃん、どうしよう!キュゥべえが……!」

さやか「ど、どうしようったって……き、キュゥべえが、死んじゃったら、もうあたしたちには……」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:51:54.45 ID:0fTYbASz0
ほむら「っ……!」

マミ「暁美さん、何をしてるの……!しっかり、前を見て……!」

ほむら「あっ……え、えぇ。ごめんなさい」

杏子「ったく、しっかりしろよな……!
   ほら見なよ、あいつ、ようやく……笑えなくなってきたみたいだ……!」

ワルプルギス「アハ……ウフ、アハ……アハ、ハハ……!」

ほむら「……!」

さっき見たことは、一度忘れよう。
今はとにかく、目の前の敵に集中して、こいつを倒すことを最優先……!

ほむら「ここで、一気に片を付けましょう……!
    それぞれの最大火力で、一気に叩く……!まずは私から行くわ!2人とも、準備を!」

杏子「おう!」

マミ「了解!」

 カチッ




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:55:37.01 ID:0fTYbASz0
ほむら「私の全ての火力を、この時間に注ぎ込む……!喰らいなさい!」

私は、持てる全ての兵器をワルプルギスの夜に浴びせた。
これほどの火力でも、これだけではあいつを倒す決め手にはならない。
でも……3人でなら!

 カチッ

ワルプルギス「ッ……アハ、ウフフフ……!」

杏子「どわっ!?な、なんつー爆発だよ……!」

ほむら「佐倉さん、今!」

杏子「っし!んじゃ、いっちょ行くぜ!どぉりゃああああああ!!」

ワルプルギス「……ア、ハ……ウフフ……!」

杏子「マミ、とどめだ!!」

マミ「任せて!とびっきり大きいのをお見舞いするわよ……ボンバルダメント!!」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 14:58:58.46 ID:0fTYbASz0
ワルプルギス「……アハハ……ア、ハ………………」

まどか「え……?そ、空が晴れて……こ、これって……!」

杏子「ワルプルギスの夜が……」

マミ「消えていく……!」

ほむら「勝った、の……?私たち、ワルプルギスの夜に、勝ったの……?」

さやか「やっ……やったぁあ!倒しちゃったんだ!ワルプルギスの夜、倒しちゃったんだ!」

まどか「そ、そうだよね、倒したんだよね!みんな、生きてるんだよね!」




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:01:34.54 ID:0fTYbASz0
ほむら「まどか……」

そう、生きてる……。
私たちも、まどかも、みんな、生きてる……。
勝ったんだ、私やっと……あいつに、勝ったんだ……!

マミ「えっ!?鹿目さんに、美樹さん!?」

杏子「なんであいつらこんなとこに……」

ほむら「ま、まどか……まどかぁあ……!」

まどか「!ほむらちゃん!」

私は思わず、まどかに向かって駆け出した。
最後の時間停止のおかげで魔力もほとんど使い果たし、体もフラフラだ。
でも構わず走る……。
だって、私はやっと、まどかを守れ……

ワルプルギス「ア、ハ……アハハハハハハハハハハハ!!」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:06:12.95 ID:0fTYbASz0
まどか「ッ!?」

マミ「あ、暁美さん!!」

ほむら「っ……!」

そんな、まだ攻撃できたの……!?
しかも、あんなに大きな魔力の塊を……!
あれを受けて、ソウルジェムが無事で済むはずがない!
絶対に避けないと……時間を……!

ほむら「……そんな」

……発動しない!?
そうか、時間切れ……もう私は、時間を止められない……!




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:10:22.70 ID:0fTYbASz0
魔力で守る……いや、無理だ、こんな尽きかけの魔力で防げる攻撃じゃない。
なんとかして、避け、体を捻って、なんとか……。

ほむら「……!」

駄目だ、こんなフラフラの体じゃ、とてもじゃないけど、避けるなんて、無理……。

何をしても無理だと悟った私は、痛みに備え身を固くした。
が、痛みは……まったく私が想定していない方向からやってきた。

ほむら「あぐっ……!?」

え、何……!
何かが、横からぶつかって、私を、突き飛ばし……!?

その衝撃の正体を、私は目で確認する。
動かない体を突き飛ばし、私をワルプルギスの夜の攻撃から救ったのは……。

QB「っ……!」

……キュゥ、べえ……?

そして一瞬後、魔力の塊がキュゥべえを襲った。




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:12:36.86 ID:MmYZkP6f0
なん…だと…!?




345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:12:50.48 ID:XljmyPJ40
な・・・




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:13:58.22 ID:0fTYbASz0
ワルプルギス「ア……ハ………………」

杏子「!今度こそ本当に、消えていく……!あれが最後の攻撃だったってわけか……」

マミ「そ、それより、キュゥべえ!あなた、どうして……!」

まどか「ほ、ほむらちゃんを助けようとして……!?」

さやか「で、でも!キュゥべえ、さっき確かに瓦礫に……!」

ほむら「っ……!巴さん!治療を!!」

マミ「え、え?」

ほむら「直撃はしてない!まだ助かる見込みはあるはず!だから、早く、急いで!!」

マミ「あ、う、うん!キュゥべえ!待っててね、今すぐ、治してあげるから!」

QB「……ぅ……」




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:17:18.25 ID:0fTYbASz0
QB「マ、ミ……」

マミ「駄目、喋らないで!すぐ、すぐ治してあげるから……!」

QB「ソウル……ジェム……」

まどか「ま、マミさん!ソウルジェムが……!」

さやか「そんなに、真っ黒に……!」

杏子「……ちっ!」

マミ「ま……まだ、大丈夫、大丈夫、だから……!」

QB「僕は、平気だよ……だから、もう、治療を、やめるんだ、マミ……。
   これ以上は、もう……君が……」

ほむら「……!」

マミ「そんな、まだ駄目、全然、治ってなんかない、まだ、もっと……」

QB「やめるんだ、マミ……やめて……やめてくれ……!お願いだ……!」

マミ「き、キュゥ、べえ……?」

ほむら「……あなた……」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:21:11.06 ID:0fTYbASz0
杏子「おい、マミ!こいつを使え!」

ほむら「えっ……?佐倉さん、それは……」

杏子「ワルプルギスの夜のグリーフシードさ。探して持ってきてやったよ」

さやか「!杏子、あんた……!」

杏子「……まぁ、あのでかい魔女のグリーフシードだからね。
   1~2回使われたくらい、大した損じゃないっしょ」

マミ「あ……ありがとう、佐倉さん……!」

まどか「!ソウルジェムがどんどん綺麗に……!」

QB「……!」

マミ「本当に、助かったわ……。もうこれで大丈夫!キュゥべえ、すぐに治してあげるからね!」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:24:38.20 ID:0fTYbASz0
QB「……ありがとう、マミ。助かったよ。それから、杏子も」

マミ「いいえ、どう致しまして」

杏子「……ふん」

まどか「でも、キュゥべえも無事で良かったぁ……。
    あの時、もう完全に瓦礫の下敷きになっちゃったと思ったもん。
    あれ?そう言えば、いつの間に首輪……」

QB「まさか運悪く瓦礫が落ちてくるなんてね。でも上手く避けられて良かったよ」

さやか「いやー、それにしても、まさかキュゥべえが体を張ってほむらを助けるとは。
    冷静で味気ないと思ってたけど、意外と熱い奴じゃーん!」

QB「熱いかどうかは分からないけど、魔法少女に死なれるわけにはいかないからね」

ほむら「…………」

杏子「ていうか、マミ。ワルプルギスの夜に留めを刺したアレ……何なんだよ」

マミ「ボンバルダメントのこと?そっか、佐倉さんは知らなかったわね。
   実はね、ティロ・フィナーレよりも強力な必殺技を考えてて、“砲撃”っていう意味なのよ?」

杏子「……そのうちボンバルダメント・フィナーレとか言い出しそうだな、おい」




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:28:04.14 ID:0fTYbASz0



ほむら「……どこへ行くの、キュゥべえ」

QB「ほむら……別に、どこだって良いじゃないか。
  それより、みんなの所へ戻らなくて良いのかい?せっかく良い雰囲気なのに」

ほむら「その必要はないわ。今は、あなたに用事があるの」

QB「…………」

ほむら「まず確認するけど、今のあなたたちは、会話の内容までは共有できないのよね?」

QB「そうだけど……何か僕の仲間に知られたらまずい会話でもする気かい?」

ほむら「えぇ。単刀直入に訊くわ。あなた……優しさがあるのね?」

QB「……突然、何を言い出すんだい」




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:31:12.71 ID:0fTYbASz0
QB「わけがわからないけど、一応訊いておくよ。どうしてそう思うのかな」

ほむら「見たのよ。あなたが、まどかたちと契約しようとしたキュゥべえ目掛けて瓦礫を落下させたところを。
    その首輪をつけたあなたが、首輪を付けていないキュゥべえ目掛けて、ね」

QB「…………」

ほむら「今思えば、あなたの行動は全て私にとって都合の良い結果をもたらした。
    まどかと美樹さんを巻き込んだあの魔女結界も、
    あれのおかげで2人は魔法少女への憧れを失ったし、更に巴さんも私を信頼するようになった」

QB「でも、そもそも君への信頼を失わせたのは僕だろう?」

ほむら「確かに結果としてはそうだったけど……信頼を失わせることが目的だったわけじゃないでしょう?
   あなたは本当に、心の底から……巴さんを心配していた。だから私への注意へを促した。
   暁美ほむらに裏切られて、肉体的、精神的に彼女が傷付くのを避けてね……違うかしら」

QB「…………」




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:34:50.28 ID:0fTYbASz0
ほむら「結界の中でまどかたちが使い魔に遭遇すらしなかったのは、あなたがそう誘導したから。
    それから、まどかが1人結界に飲み込まれてしまった時も……。
    あれは本当に偶然で、あなたはまどかの命を助けるために、やむを得ず契約を迫ったのね」

QB「……なるほど、そういう考え方も出来るのか。面白いね」

ほむら「まぁ、他にも色々と“今思えば……”というようなことはあるけれど。
    決定的な根拠は、ついさっきのこと。巴さんがあなたを治そうとして、
    ソウルジェムに穢れを溜め込んでいった時……どうしてあなたは彼女を止めようとしたの?」

QB「…………」

ほむら「あのまま何も言わなければ、あなたは全快して、しかも……彼女は魔女化する。
    あなたたちインキュベーターにとって、最高の展開のはずでしょう。
    なのにあなたは、声を荒げてまで治療をやめさせようとした……」

QB「……やれやれ。出来ればずっと伏せておきたかったんだけどな」




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:38:29.22 ID:bcKb4t510
潰されたQBは今までと別個体だったのか




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:39:18.47 ID:0fTYbASz0
QB「そう、君の言う通り。僕は君たち人類と同じような倫理観を……つまり、優しさを持った個体だ」

ほむら「どうして……それを隠そうとしていたの?」

QB「君が自分の正体を他人に明かさないのと似たような理由さ。
  誰か1人にでも知られれば、そこから僕の仲間に知られてしまう可能性がある。
  だから僕は、あくまで“人類を騙すインキュベーター”を演じる必要があったのさ」

ほむら「時々契約を持ちかけていたのは……」

QB「もちろんあの子たちに契約するつもりがないことを分かった上での見せ掛けだ」

ほむら「……やっぱり」

QB「正直、常に生きた心地がしなかったよ。君の敵を演じながら、まどかたちを守らないといけない。
  まどかたちと契約する気がないことが仲間にバレれば、
  すぐに僕に監視がついて、いずれ正体も明かされ、処分される。
  君に殺されるラインと、仲間に殺されるラインのギリギリを歩き続けなければいけないんだからね」

ほむら「っ……」




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:43:03.72 ID:0fTYbASz0
QB「そして、今回まどかとさやかの契約を阻止、君とマミを助けたことで
  ……僕には恐らく疑いの目が向いてしまうだろう。
  監視が付くのも時間の問題だと思うよ。そうなれば、僕の処分もそう遠くはない」

ほむら「……!」

QB「でも、仕方ないよね。みんなの命を救うためだ。それに、君の命を救えたのは大きい。
  だって、君が居ればこれからもずっと、まどかを守っていけるだろう?」

ほむら「っ……あなたは……!」

QB「やれやれ……。やっぱりショックを受けるんだね。だから黙っておきたかったんだけどな」

ほむら「あなたは……死ぬのは、怖くないの……!?」

QB「もちろん怖いさ。感情があるんだから。まったく、こんなことなら感情なんてない方が良かったよ。
  いや……訂正しよう。感情があったからこそ、君たちを守れたんだからね。
  全員が無事に、ワルプルギスの夜を越えることができた。
  感情が芽生えて……本当に、良かった」

ほむら「……っ……キュゥべえ……!」




376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:46:36.57 ID:0fTYbASz0
QB「……もしかして、泣いているのかい?君は思ったより感情の起伏が激しいんだね。
  そもそも僕なんかのために涙を流すなんて、わけがわからないよ」

ほむら「ごめんなさい、キュゥべえ……ごめんなさい……!」

QB「謝ることなんて何もないだろう?君を騙して利用していたのは僕じゃないか。
  むしろ、僕の思い通りに動いてくれた君には感謝してるくらいだ」

ほむら「でも、私、わたし……!」

QB「……君は優しすぎるよ、ほむら。やっぱり、何も明かさずに君の前を去るべきだった。
  そうすれば、君にそんな辛い思いをさせずに済んだのに……」

ほむら「き、キュゥべえ……?どこに行くの……!?」

QB「これ以上君たちと居ても、処分を待つ身の僕には辛いだけだからね。
  遠い場所でひっそりと死ぬことにするよ。というわけで、お別れだ、ほむら」

ほむら「ま、待って……!」

QB「最後に1つ……今までずっと騙していてごめんよ。……じゃあね」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:50:35.59 ID:0fTYbASz0
ほむら「っ……許さない……!」

QB「……え?」

ほむら「私は、あなたを許さない……!私を騙して、利用してたなんて、許さない……!」

QB「……本当に、悪かったと思って……」

ほむら「どうせなら、最後まで……これからもずっとずっと、騙し続けなさい……!
    私たちと一緒に居て、私の敵として、まどかの側に居続けなさい!」

QB「……!」

ほむら「あなたが居なくなれば、今度のインキュベーターはどんな手を使ってくるか分からない。
    あなたが居なければ、まどかを守れない……!
    処分される運命だと言ってたけど……そんな運命、覆してみせる。
    監視の目を欺き、あなたの疑いを晴らしてみせる……だから!
    まどかを守るために、私に協力しなさい!インキュベーター……いいえ、キュゥべえ!」




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:53:34.58 ID:0fTYbASz0
QB「……監視と死の恐怖に、耐え続けろと言うのかい?」

ほむら「その通りよ……疑いが晴れるまではね」

QB「確かに君と僕とが互いに敵を演じ続ければ、
   いつかは監視も解かれるかもしれない……でもそう簡単にいくものじゃないよ。
   君もそれなりの苦労を強いられることになる」

ほむら「でしょうね、でも仕方ないわ。
    守るためですもの……まどかをね。……そう、これは契約よ」

QB「契約……」

ほむら「私が疑いを晴らすのに協力する代わりに、
    あなたはこれからもまどかを守るのに協力する……そういう契約。
    私の望みは、まどかを守ること。叶えてくれるわね、キュゥべえ」

QB「……なるほどね、まどかを守るための契約か……わかった。
  そういうことなら、僕ももう少し抗ってみるよ。
  良いだろう、契約は成立だ。君の望みを、きっと叶えよう」




387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 15:57:25.17 ID:0fTYbASz0



QB「……あの個体はどんな様子だい?」

QB「相変わらずだよ。折を見て鹿目まどかに契約を持ちかけてはいるけれど、その度に暁美ほむらに阻まれてる」

QB「変わりなしか……。これ以上監視を続ける意味はあるのかな」

QB「どうだろうね。あの夜に不自然なことが連続したのも確かだけど……。
  でも、まどか自身に契約する気も機会も無い以上、あの子1人にこだわり続けるのも得策でないかも知れないね」

QB「まぁ、他の子でも時間をかければ地球のノルマはクリア出来るんだし」

QB「それに、他の子で補った方が結果的には人類の犠牲も少なくて済む」

QB「人類を滅ぼしてまでまどかを魔女化させる必要があるのかを疑問視する声があがってるのも事実だ。
  まったく、感情が無かった頃なら誰もそんなことに疑問は持たなかっただろうに」

QB「とりあえず、もう少しだけ監視は続けてみるよ。出来れば何も見付からないことを祈るとしよう。
   仲間を処分するのは気が引けるしね」




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:01:19.40 ID:0fTYbASz0
数日後、ほむホーム

QB「ほむら、ちょっと良いかな」

ほむら「何の用?」

QB「おっと、出会い頭に銃を向けるのはやめてくれよ。今日は朗報があって来たんだ」

ほむら「っ……まさか」

QB「どうやら僕の監視は解かれたらしい。思ったよりも早かったね」

ほむら「!……良かった……」

QB「へぇ……。君にそんな顔を向けられるなんて、ずいぶん久し振りじゃないかな」

ほむら「……!」

QB「なんせ、君とはずっと敵同士を演じ続けて来たんだからね。なんというか、新鮮な気分だ」

ほむら「……言っておくけど、あなたと馴れ合うつもりはないわよ。
    監視は解かれたと言っても、疑いの目が二度と向かないわけじゃないんでしょう?」

QB「残念ながらね。今までほど気を張る必要はないけれど、
  あくまでも僕と君との仲は険悪でなければならない」




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:04:09.51 ID:0fTYbASz0
QB「でも今くらいは、感謝の気持ちを表させてくれ。君には本当に感謝してるんだ」

ほむら「…………」

QB「まどかを救うこと、人類を救うことばかりか、僕の命まで救ってくれた。
   ……本当にありがとう、ほむら」

ほむら「別に……利害が一致しただけよ。私はまどかさえ救えればそれで良いの。
    あなたの命を助けたのも、まどかを救うためと……借りを返すためよ」

QB「……今くらいは素直になってくれても良いんじゃないかな。
   もう監視は解けてるんだし。僕はあの時君が流してくれた涙のことを覚えて……」

ほむら「黙りなさい」

QB「いたたた……や、やめてくれよ、ちぎれる、ちぎれる……!」

ほむら「…………」




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:08:54.60 ID:0fTYbASz0
QB「やれやれ、酷い目に遭った……。もしかして、君は割と本気で僕のことが嫌いなのかな」

ほむら「……そんなことはないわ。あなたにはすごく感謝してる」

QB「!」

ほむら「それに、尊敬もしてる。あなたと仲良くしたいとも思う。巴さんとあなたのようにね」

QB「ほむら……」

ほむら「あなたが処分されなくて、本当に良かった。とても嬉しいわ。
    あなたの命を救えて、本当に良かった。
    ありがとう、キュゥべえ。私たちを助けてくれて、本当にありがとう」

QB「お……思ったよりストレートに感情を表現できるんだね、君は……」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:12:14.04 ID:0fTYbASz0
ほむら「あら、もしかして照れているの?」

QB「普段あまり見ない表情であんなに正面からはっきり言われたら、流石に面映くも感じるよ」

ほむら「そう。でも……私が素直な気持ちを伝えるのは今ので最後よ。
    正直、あなたには冷たく接する方が慣れてるから」

QB「……そうか。でも君の本心を知れて良かった。これなら冷たくされてもそう辛くはないよ。
  それじゃあ、名残惜しいけど僕はもう行くよ。マミが待ってるからね」

ほむら「次に会う時はまた敵同士ね。それじゃ、さようなら。これからもよろしくね、キュゥべえ」



  おしまい




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:13:05.82 ID:elkAj2Ni0





403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:13:25.97 ID:dcrrjmYfO
乙だぜ




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:06:10.22 ID:P67re4bH0
QBが感情目覚めると確実に人類と友好的になるっていう感じのパターンに陥っているSSへのメタSSでしょこれ?




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:14:40.61 ID:0fTYbASz0
付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ

ちなみに潰されたQBは暇を持て余した風見野のQB


>>396
そういうつもりもちょっとある
まぁ嫌いじゃないんだけどね




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 16:49:35.33 ID:Yb76DvUn0
エロいべぇさんの杏子へのセクハラ外伝は…?




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:01:44.08 ID:0fTYbASz0
QB「おや?君は……」

杏子「よぉ。あんたがここの担当のキュゥべえだね。これからよろしく頼むよ」

QB「ちょうど良かった。今この町には魔法少女が居なくてね、退屈してたんだ」

杏子「へへっ、だったらちょうど良いや。今日からこの町はあたしのモンってわけだ」

QB「……へそチラにホットパンツか。ブーツも良いね」

杏子「あん?何か言ったかい?」

QB「いや、なんでもないよ。これからよろしくね」




425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:03:09.39 ID:PA3vIgOn0
エロベェさん来たよこれ




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:08:47.60 ID:0fTYbASz0
杏子「だぁりゃああああ!!」

魔女「ギャァアアアア……!」

杏子「へへっ!グリーフシード、ゲット!」

QB「……ピンクか。意外だね」

杏子「どわぁあ!?いきなり足元から話しかけんなよ!びっくりするじゃんか」

QB「お疲れ、杏子。今日はずいぶんよく働いたね」

杏子「まぁねー。おかげでちっと汗でベタついちゃってるよ。とっととホテル帰ってシャワーを……」

QB「汗だって?どれどれ……」

杏子「っ!?てめぇ、何しやがる!」

QB「何って……汗を舐めとったんだよ」




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:11:22.09 ID:0fTYbASz0
杏子「は、はぁ!?なんでそんなこと……」

QB「理由なんて、どうでも良いじゃないか。魔法少女の汗を舐めるのは当然のことだろう?」

杏子「き……きもい!なんだこいつ、超きもい!」

QB「あぁ……良いね。もっと言ってくれ」

杏子「このっ……!あ、あたしはもう帰る!付いてくんじゃねぇぞ!」

QB「やれやれ……付いていかないわけがないじゃないか」




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:11:38.41 ID:xLdhoGP30
スケべェさんきた




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:13:50.10 ID:0fTYbASz0
浴室

杏子「くそ……なんなんだよあのキュゥべえ、気持ちわりい」

風見野には魔法少女が居ないって言ってたけど、あいつが原因じゃないのか……?
どうする、あたしも出て行くか……。
いや、町ひとつを独り占めできる機会なんて、滅多にないんだ。
ここはひとつ、我慢を……。

QB「やぁ、杏子。気持ち良さそうだね」

杏子「!?」




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:18:53.59 ID:0fTYbASz0
杏子「てめぇ、どっから湧いて出やがった!この変態!」

QB「杏子、君は僕を変態扱いするのかい?杏子の体を見ても、僕は何も感じないよ」

杏子「うそつけ!」

QB「やれやれ……。それはそうと、そのお湯ちょっと飲ませてもらっても良いかな」

杏子「うるせぇ黙れ!出て行かねえとぶっ殺すぞ!」

QB「ずいぶん物騒だね……。殺されちゃあ元も子もないから、今日は退散するとするか」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:26:06.54 ID:0fTYbASz0
トイレ

杏子「こ、こんなとこには入って来ないよな……?」

…………。

杏子「……ふー。流石にこんな狭いとこには出ないか。
    まったく、用を足すのにも気ぃ張らなきゃいけな……」

QB「やぁ、杏子。ずいぶん長かったね」

杏子「!?て、てめぇ……トイレの外でずっと待ってたのか……?」

QB「当然だよ。君の排泄音をほんの少しでも聞き逃すわけにはいかないからね。
   もったいないじゃないか。まぁ、健康そうで安心したよ、杏子」

杏子「っ……!」




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:32:14.63 ID:0fTYbASz0
朝、寝室

杏子「ん……朝、か」

っと、いっけね。
よだれ垂らして寝ちまってた。
美味そうな夢見ちゃったからなぁ……。

杏子「……まぁ良いや。さてと、今日も魔女狩りに行きますかねーっと」

QB「…………」

杏子「おわぁあ!?てめぇ、いつの間に!?」

QB「おはよう、杏子」

杏子「お、おい!あたしの枕に何やってんだよ!」

QB「何って、枕に染みこんだよだれを吸ってるんだよ。もったいないじゃないか」

杏子「」




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:44:00.73 ID:0fTYbASz0
QB「ねぇ、杏子」

杏子「っ……な、なんだよ」

QB「見ての通り、僕は君たち人類とは違う体だ。だから、君たちの体の構造にとても興味がある」

杏子「お、おいあんた、何言って……」

QB「具体的に言うと、生殖器に興味があるんだ。杏子、君の生殖器を観察させてもらえないかな。
   できれば触覚でも確かめたいんだけど」

杏子「て、てめぇ!ついに直接的に来やがったな!」

QB「もちろん君が嫌だと言うなら、君が寝ていて意識がない間に済ませてしまうから……」

杏子「も、もう我慢できねぇ!あたしはこの町を出て行くよ!
   誰がこれ以上てめぇみたいなのと一緒に居られるか!」

QB「えっ!ま、待ってよ杏子!それじゃあ僕はこれから誰に全裸を見せつけて興奮すれば良いんだい!」

杏子「こっ、この野郎!いつもそんなこと考えてたのかよ!ちくしょう!
   と、とにかく、あたしはこの町を出て行く!せいぜい1人で勝手に盛ってろ!変態!」

QB「あっ、もっと言ってよ杏子!待って!」

杏子「来るなぁああ!ぶっ殺すぞ!付いて来たらマジでぶっ殺すからな!」



  本編に続く




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:50:23.12 ID:MY3uahC50
おつべぇ




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/10(月) 17:54:13.92 ID:THEsUlCs0
乙乙乙







-----------------------
当ブログについて
※欄556さんありがとうです。



魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)原案:Magica Quartet 漫画:ハノカゲ

芳文社 2012-10-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) ルミナス(期間生産限定アニメ盤) ひかりふる(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) 魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック (2) (まんがタイムKRコミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 20:44: :edit
    2げと
  2. 名前:   #-: 2012/09/19(水) 20:44: :edit
    最初のキュウベエが一番かわいい
  3. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/09/19(水) 20:53: :edit
    読んで見るだけでも苦労する長文だな…
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 21:02: :edit
    最後のキュウベエが一番かわいい
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 21:05: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 21:40: :edit
    風見野のQBって勧誘した先から逃げられてエネルギー全く回収できてないんじゃないか?こいつこそ粛清すべきだろ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 22:05: :edit
    なかなか。
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 22:49: :edit
    スケベぇさん・・・
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 23:19: :edit
    009getだぜ!
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/19(水) 23:46: :edit
    最初開いた時
    ほむら「消えて貰うわ」 QB「ほう?」
    に似てるなぁと思ったけどこっちは
    入れ替わらないのが普通なんだね
    こっちも好きだなぁ

    しかし風見野QBワロタww
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 00:02: :edit
    じゅうべぇより優れたQBなどおらん
    かずみ新刊はよ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 08:45: :edit
    最後の変態QBがおもしろかった(小並感)
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 10:01: :edit
    お菓子の魔女にマミさんがやられそうになった時点では
    QBはほむらの能力を知らなかったんだよね?

    QBなら魔女の詳細知ってるはずだし、ほむらが
    助けにいけなかった場合は考えなかったのかねぇ
  14. 名前:   #-: 2012/09/20(木) 13:16: :edit
    ※13 
    >QBなら魔女の詳細知ってるはずだしそんな設定あったっけ?
  15. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/09/20(木) 20:13: :edit
    風見野のQBは特定の情報の共有という点において実に有益であるため
    営業成績悪くても粛清されることはありません
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 21:15: :edit
    その風見野QBはめでたく瓦礫の下に死んだんだけどな
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 22:05: :edit
    久々に素晴らしいifを読んだ最高!
    おまけもわろた
    実によく訓練されてるキュウべえだ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 22:12: :edit
    ※14
    あれ、違うんか
    QBのことだから今まで曖昧に答えたり
    QB「きかれなかったからね」ドヤァ
    みたいな感じで隠してるのかなぁと勘違いしてた

    特にお菓子の魔女の時はまどかとさやかに
    契約を持ち掛ける目的もあったろうし
    マミさんがピンチになるのを見越してたのではと思って

    このSSのQBにはそんな目的が無いから
    マミさんに忠告の一つでも
    ありそうだなぁと思ってさ
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/20(木) 22:39: :edit
    ほむらを信用してたとかじゃないの?
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/21(金) 22:01: :edit
    粛清もなにも、
    風見野のQBはビルに潰されたじゃないか
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/22(土) 13:25: :edit
    もう自分らで感情エネルギー回収できるじゃないですか
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/22(土) 15:31: :edit
    新しいのでるの遅くね?
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/22(土) 17:50: :edit
    スケべぇワロタww
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/22(土) 20:18: :edit
    スケベぇのせいで色々台無しすぐるww
  25. 名前: はははははッ!!はははははははッ !!!!! #-: 2012/09/22(土) 21:55: :edit
    なんか似たようなss見た気がする
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/22(土) 23:14: :edit
    転載禁止でぷん太も死んだのか
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 01:29: :edit
    風見野に魔法少女がいなかったのは
    QBの相手をして皆絶望したんですねわかります
  28. 名前: 名無しさん #-: 2012/09/23(日) 11:12: :edit
    もうまどマギSSもあまり目にしなくなってしまったからまとめるのも大変だろうな
    映画とかでまた盛り上がるといいけど
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 12:08: :edit
    しぶにこんな漫画あったよね
  30. 名前: まどか #-: 2012/09/23(日) 12:48: :edit
    まどか「新しいのでるの遅すぎるよ…!こんなのってないよ…!」

  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 16:21: :edit
    クレクレ少しは黙れよ
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 16:35: :edit
    いくら何でも遅い!
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 17:19: :edit
    心が狭い人はこれだから…

    提供してもらってる立場なのを忘れてるのか
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 18:29: :edit
    リクエストも過去ログもあるんだよ
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/23(日) 18:40: :edit
    待ちくたびれた
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/02(火) 06:21: :edit
    本当にいい話だった

    最後ひどかった
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。