上条「とあるお盆の学園都市」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/17(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:11:42.34 ID:4d2xpLps0
ざわざわ… がやがや…

インデックス「わー! 見て、見て、とうま。人がいっぱい!」

スフィンクス「にゃー」

上条「そりゃお祭りだからな」

インデックス「そういえば、これって何のお祭りなの?」

上条「盆祭り。……オカルトを否定してる学園都市でも、こういう行事はやるんだな」

インデックス「へえ。盆ってこうやって祭るんだ」

上条「お盆のことは知ってるのか?」

インデックス「盆も魔術的な儀式の一種だからね。でも、お祭りを見るのは初めてなんだよ」

上条「お前がこっちに来てすぐにやってたはずだけど……あの時はどたばたしてたからな。……あ。ってことは……」

インデックス「?」

上条「お前と会って、もう一年経ったんだ」

インデックス「ほんとだ。……あっという間だったねー……」

上条「色々あったからなぁ……」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:14:03.30 ID:4d2xpLps0
インデックス「! とうま、とうま! 人が踊り始めたよ!」

上条「盆踊りか。ガキの頃はよくやったっけ」

インデックス「私たちも踊ろうよ」

上条「え。い、いやー、この歳で参加するのはちょっと恥ずかしいと言いますか……。ほら、

 小さな子共と大人しか踊ってないだろ?」

インデックス「お、ど、る、の!」

上条「はい……」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:17:20.94 ID:4d2xpLps0
……

初春「佐天さーん! 春上さーん!」

佐天「初春! 白井さん!」

春上「こんばんはなの」

白井「お待たせしてしまってすみません」

佐天「ううん。あたしらも今来たところだよ」

春上「風紀委員<ジャッジメント>の仕事が忙しいのに、今日はありがとうなの」

初春「いえいえ。息抜きになってちょうどいいですよ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:20:10.48 ID:4d2xpLps0
佐天「おおっ。初春、今年は浴衣ちゃんと着られてるね」

春上「初春さんも白井さんもかわいいの」

初春「去年までの私じゃありません。日々成長してるんです!」 えっへん

白井「よく言いますわね。誰が着崩れを直してあげたと思ってるんですの?」

初春「し、白井さん。話を合わせてくださいよぉ」

佐天「なーんだ。白井さんに着付けてもらったんだ。一年経っても初春は初春だね」

初春「ら、来年は! 来年こそは……」 くすん

佐天「そうだ、御坂さんは?」

白井「さっきメールが着ましたわ。今こちらに向かってるそうですの」

春上「絆理ちゃんたちも、そろそろ着くってメールが着たの。木山さんもいっしょなの」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:23:03.38 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「楽しかったー!」

上条「周りの微笑ましい視線で少し居心地が悪かったですけどね……」

インデックス「ね、次はお店行こう?」

上条「露店か。すごい数だな」

インデックス「すごい、すごい! 食べ物がいっぱいなんだよ!」

上条「やっぱりまず食い物か。言っておくが財布に余裕はねえからな? 全部食べるってのは無理だぞ」

インデックス「むー。そんなこと一言も言ってないのに失礼しちゃうかも。かき氷ください!

 苺味とレモン味とメロン味とー……」

上条「言ったそばからかよ! どれか一つにしなさい!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:26:07.65 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「かき氷、美味しいね」 もぐもぐ

インデックス「! あっちで何かやってる!」 たっ

上条「人混みなんだから走るなよ。危ないぞ」

青髪ピアス「カミやーん!」

上条「青髪。土御門も」

土御門「おっす。一人で祭り見物とは寂しい青春送ってるにゃー?」

上条「一人じゃねえ。上条さんは絶賛子守中だ」

青髪ピアス「子守? つまりロリ!? カミやん、遂に幼女にまで手を……!? あかんで、カミやん。犯罪やでー」

上条「テメェといっしょにすんな!」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:29:08.84 ID:4d2xpLps0
「お神輿わっしょい! お神輿わっしょい!」

インデックス(うわー。あんなに重そうなの担いでてすごいんだよ。みんなどこへ向かってるんだろう) てくてく

「わっしょい! わっしょい!」

土御門「この後どうする? いっしょに回るかにゃー?」

上条「そうだな。じゃあインデックスも……あれ? インデックス?」 きょろきょろ

スフィンクス「にゃー」

……

インデックス「すごいねー、とうま。……。とうま?」 きょろきょろ

インデックス「とうま? とうまー! ……はぐれちゃった?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:32:00.86 ID:4d2xpLps0
……

打ち止め〈ラストオーダー〉「ね、ね。次はあれ食べたい、ってミサカはミサカはおねだりしてみたり!」

番外個体〈ミサカワースト〉「ぎゃは☆ そんなに食べると豚になっちゃうよ? 今までのだけでかなり太ったんじゃない?」

打ち止め「そんなことないもん、ってミサカはミサカは頬を膨らませてみる!」 ぷくー

番外個体「ぎゃはっ! その顔すごく豚さんっぽい! ぎゃはは!」

一方通行〈アクセラレータ〉「……だりィ……」

打ち止め「ね、ねってば、ってミサカはミサカはあなたの裾を引っ張ってみたり」 ぐいぐい

番外個体「お? あの店何だろ。ねぇ、ねぇ、あっち行こうぜー」 ぐいぐい

一方通行「うぜェ……。オマエら、金渡すから二人で勝手に遊ンでろ」

打ち止め「えー? そんなのつまんない、ってミサカはミサカは不平を言ってみたり」

番外個体「もうばてちゃったの? さすが貧弱もやし☆」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:35:02.94 ID:4d2xpLps0
一方通行「ねみィンだよ、ボケ。黄泉川に放り出されなきゃ今頃安眠真っ最中だってのに。

 クソガキ二人のお守なンてやってられっか」

打ち止め「じゃあ何か元気が出そうな食べ物探してくるね、ってミサカはミサカは労ってみたり」 たっ

番外個体「じゃあミサカは眠気が吹っ飛ぶようなゲテモノ探してくるね☆ 楽しみに待ってろよ」 たっ

一方通行(祭りだからって馬鹿騒ぎしやがって……これだからガキは。ベンチで一眠りすっか)

一方通行「……ぐー……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:38:03.80 ID:4d2xpLps0
……

浜面「……」

麦野「はーまづらぁ。こんな所に居たの。勝手に休憩してんじゃないよ。ほら、追加の荷物」

浜面「……」

麦野「あれ? スルー? ブチコロシ確定?」

浜面「ぐー……」

麦野(何だ、寝てたのか。……ちょーっと扱き使い過ぎたかな)

浜面「ぐー……」

麦野「いつも以上に間抜けな顔しちゃって。ふあ……。こっちまで眠くなっちゃったじゃない」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:40:08.02 ID:4d2xpLps0
……

フレメア「浜面、見っけ。麦野も。にゃあ」

浜面「ぐー……」

麦野「すー……」

フレメア(……二人とも、大体、気持ちよさそうに寝てる。……) ちょこん

フレメア(私もお昼寝。大体、お昼じゃないけど。にゃあ)

フレメア「……くー……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:42:02.63 ID:4d2xpLps0
……

青髪ピアス「カミやん、シスターちゃん見つけられたやろか」

土御門「……」

青髪ピアス「つっちー? えらいシリアスな顔してどないしてん。らしくないでー」

土御門「いや、何でもないぜよ。さ、オレたちはオレたちで楽しもうにゃー」

土御門(偶然だろうが、櫓やその他諸々の配置がこれ以上ないほど完璧だ。色々な要素も揃っちまってるし、

 このままだと……まあ、いいか。害は無い……はずだしな)




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:45:09.31 ID:4d2xpLps0
……

美琴「……」 たったったっ…

美琴(急がないと待ち合わせの時間に遅れちゃう。ああ、あの露店が悪いのよ!

 ゲコ太グッズをあんなに揃えてるなんて。私を足止めするための罠だわ、絶対)

ミサカ「お姉様」

美琴「! っとと……」

ミサカ「とミサカはお姉様を呼び止めます」

美琴(……ネックレスをつけてないってことは、よく会うあの子とは別の子か)




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:48:30.91 ID:4d2xpLps0
美琴「アンタも来てたんだ。他の子たちも?」

ミサカ「いえ、ここに来たのはこのミサカ一人だけです、とミサカは返答します。

 あまり大勢で押しかけてはお姉様を困らせてしまうのではと思い、

 他のミサカたちを代表してこのミサカがお姉様に会いに来たのです、とミサカは説明します」

美琴「私に会いに? 代表してって……何かあったの?」

ミサカ「いえ、特に用件がある訳ではないのですが……ただ、お姉様に会いたくて来てしまったのです、

 とミサカは告白します」

美琴「え……」

ミサカ「……用も無いのに会いに来るのは迷惑でしょうか、とミサカは確認を取ります……」

美琴「そ、そんなことない! ……そんなことないわよ。いつでも会いに来ていいんだから」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:51:16.48 ID:4d2xpLps0
ミサカ「……よかった、とミサカは胸をなでおろします。

 ミサカと会うことがお姉様を傷つけてしまうのではないかと不安だったのです、とミサカは心中を吐露します」

美琴「っ……」

ミサカ「お姉様?」

美琴「……ずっと、そう思ってたの……? ずっと、アンタたちにそう思わせちゃってたの? 私……」

ミサカ「……」

美琴「……そうよね。だって、私があの子に言ったんだものね。『私の前に現れないで』って……。

 それを今さら手の平を返して、なかったことにしようなんて……虫がよすぎるわよね。ごめん……」

ミサカ「お姉様が謝罪するようなことはありません、とミサカは正直な気持ちを話します」

美琴「あるわよ……! だって、アンタたちは何も悪くないのに! あんなに酷いこと言って、

 傷つけたのは私の方なのに……」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:54:17.74 ID:4d2xpLps0
ミサカ「……お姉様、ミサカたちはお姉様を恨んでなどいません、とミサカは伝えます」

美琴「……アンタたちはそうかもしれない。でも、あの子は……もう居ない、あの子たちは……」

ミサカ「居なくなってしまったミサカたちも同様です、とミサカは断言します」

美琴「……どうして……」

ミサカ「何故なら、このミサカがそう思っているのですから」

美琴「え……?」

ミサカ「ミサカはお姉様の謝罪を受け入れます。ですから、どうか、もう、それ以上自分を責めないでください、

 とミサカはお願いします。……お願いです」

美琴「……」

ミサカ「ミサカはそろそろ帰ります。お忙しい所ありがとうございました、とミサカは頭を下げます」 ぺこり

美琴「……うん……」

ミサカ「最後に、9982号からの伝言です。『バッチ、本当は嬉しかった。ありがとう、お姉様』」

美琴「え……!?」

ミサカ「もう一度会えてよかった。さようなら、お姉様」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 20:57:24.43 ID:4d2xpLps0
美琴「ま、待って! アンタ……!」 たっ

ミサカ「……」 くるっ

美琴(路地に入った! 浴衣で走りにくいけど、ここで追いつく!) ダッ!

御坂妹「え?」

美琴「あ――」

ゴンッ!

美琴・御坂妹「「っ……!」」 ぷるぷる…

美琴「っ……ア、アンタ……。!」

美琴(ネックレスつけてる……ってことは……)

御坂妹「……このような狭い所で走るのは危ないですよ、とミサカは非難の眼差しをお姉様に向けます」 じとー…




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:00:21.45 ID:4d2xpLps0
美琴「ご、ごめん。ねぇ、妹達〈シスターズ〉の一人がこっちに来たでしょう? どこに居るかわかる?」

御坂妹「いいえ、この近辺に居る妹達はこのミサカ一人だけですが、とミサカは回答します」

美琴「そんなはずは……」

御坂妹「ミサカネットワークで確認しましたので確かな情報です、とミサカは補足します」

美琴「……」

御坂妹「お姉様?」

美琴「まさか、ね……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:02:04.11 ID:4d2xpLps0
……

絹旗「! 滝壺さん、見つけましたよ」

滝壺「ほんと? はまづら、探した――」

浜面「ぐー……」

麦野「すー……」

フレメア「くー……」

滝壺「……」

絹旗(三人とも超寝てる。麦野と浜面の間にフレメアが座って、まるで夫婦とその子供みたいですね)

滝壺「……」 ゴゴゴゴゴ…

絹旗(なんて言える訳がない。超寒気が……) ブルッ




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:04:08.56 ID:4d2xpLps0
滝壺「はまづら……。!」

浜面「……」 つぅ…

絹旗「な、涙?」

フレメア「……」 つぅ…

絹旗「フレメアも……。超怖い夢でも見てるんでしょうかね? 起こしてあげますか」

滝壺「待って。そのままにしてあげて」

絹旗「え? でも……」

滝壺「たぶん悪い夢じゃないよ。優しい雰囲気を感じる」

絹旗「そうなんですか? 私には全然わかりませんけど」

浜面「……まば……」

フレメア「……えちゃん……」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:07:18.98 ID:4d2xpLps0
浜面「……ん……。夢か……。そりゃそうだよな」

滝壺「おはよう、はまづら」

麦野「ん……」

フレメア「にゃ……」

絹旗「こっちもお目覚めですね」

浜面「……」

滝壺「……辛い夢だったの?」

浜面「……いいや。いい夢だったぜ。懐かしい顔に会えた」

麦野「……」

フレメア「にゃあ……」

絹旗「麦野の方は機嫌が超悪そうですね」

麦野「まあね。恨み言の一つでも言えばいいのにさ。……許されたいって私の心理が都合のいい夢を見せた訳か。

 嫌になるよ」

絹旗「……?」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:10:05.52 ID:4d2xpLps0
フレメア「違うよ」

麦野「え?」

フレメア「本当にお姉ちゃんだったよ。大体、じゃなくて、絶対」

麦野「……同じ夢、見てたの?」

浜面「みたいだな」

フレメア「にゃあ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:12:36.38 ID:4d2xpLps0
……

打ち止め「……」 はらはら

番外個体「……」 にやにや

一方通行「う、あ……っ……うゥ……」

打ち止め「すごくうなされてる……。怖い夢見てるのかな? 起こしてあげた方がいいよね?

 ってミサカはミサカは同意を求めてみたり」

番外個体「ひひひ。楽しいからしばらくそのままにしておこうよ。ぎゃはっ。すっげー汗だく」 けらけら

打ち止め「番外個体に訊いたのが間違いだった、ってミサカはミサカは反省してみたり」

番外個体「いい機会だし、顔に落書きしちゃおっと☆」

打ち止め「こ、こら! やめなさい! ってミサカはミサカは叱ってみたり!」

番外個体「その命令は却下でーす。っつか、ミサカは最終信号〈ラストオーダー〉のどんな命令も受け付けませーん☆

 ぎゃは――」

一方通行「らァァァァァァァァァァ!?」 ガバッ!

ゴンッ!

番外個体「ぎゃふん!」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:15:14.68 ID:4d2xpLps0
一方通行「はァ……はァ……。ふゥ……」

一方通行(時間は……そンな経ってねェな。何日も過ぎた気がしやがる)

打ち止め「だ、大丈夫? ってミサカはミサカは心配してみる」

一方通行「……何でもねェよ。くそったれ……」

番外個体「つおぉ……っ。よくも顔面に頭突きを……っ」 ぷるぷる…

一方通行「で、この馬鹿は何やってンだ」

打ち止め「自業自得だから気にしないで、ってミサカはミサカは冷たく言ってみたり」

番外個体「こ、こにょやりょう……」 ポタッ

一方通行「鼻血出てンぞ。……俺の寝姿に興奮でもしたのか。ドン引きだぜ」

番外個体「ふにゃっ!?」

打ち止め「はい、紙、ってミサカはミサカは大人な対応をしてみたり」

番外個体「うう……。いつかコロす。絶対コロす」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:17:15.62 ID:4d2xpLps0
……

美琴「アンタ、今暇?」

御坂妹「特に予定はありませんが、とミサカは返答します」

美琴「それじゃ、いっしょに来る? これから友達とお祭り回るんだけど」

御坂妹「え……。ミサカは構いませんが、それではお姉様が困るのでは……とミサカは疑問を浮かべます」

美琴「困ることなんて一つもないわよ」

御坂妹「……お姉様とミサカの関係をご友人にどう説明されるのですか、とミサカは問います」

美琴「決まってるじゃない。『自慢の妹よ』。それ以外に何かあるの?」

御坂妹「……」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:20:04.63 ID:4d2xpLps0
美琴「それにしても、アンタ、いつもの格好よね……よし! お姉様が浴衣買ってあげる! えっと、

 メール……」 カチカチ…

御坂妹「浴衣……はっ、そういえば『殿方は普段と違う服装にときめく』と他の個体から情報が……」

美琴「遅れるって連絡したけど、急ぐわよ。早く会わせたいからね」

御坂妹「はい。ミサカも一刻も早く浴衣姿を彼に見せて反応を見たいです、とミサカは気力を奮わせます」 ふんすっ

御坂妹「ただ……」

美琴「何?」

御坂妹「ご厚意には甘えますが、浴衣は自分で選ばせていただきます、とミサカは宣言します。

 ミサカはお姉様のセンスを疑問視していますので、とミサカはぶっちゃけます」

美琴「んなっ!?」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:22:09.76 ID:4d2xpLps0
……

麦野「それじゃ、お祭り再開しようか。浜面、休んだ分ちゃんと働きなさいよ」

浜面「うへぇ……」

フレメア「麦野」 ぎゅっ

麦野「何? 手、繋いだりして……」

フレメア「大体、『仲良くしなさい』って言われたから」

麦野「……いいよ。私も『責任取って面倒見なさいよ』って言われたからね」

フレメア「えへへ。浜面も。にゃあ」 ぎゅっ

浜面「おう。『舶来を頼む』って言われちゃ、仕方ねえな」

絹旗(ますます家族みたいですね)

滝壺「……」 ゴゴゴゴゴゴゴ…

絹旗(って超言える訳ねー! 寒い! 夏なのに超寒い!) ブルブル…




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:25:10.76 ID:4d2xpLps0
滝壺「はまづら、空いてる手は私と繋いで」 ゴゴゴゴゴゴゴ…

浜面「え。でもこっちの手は荷物を……」

滝壺「繋いで」 ゴゴゴゴゴゴゴ…

浜面「は、はい……」 ぎゅっ

滝壺「……」 むふー

滝壺「絹旗も」 すっ

絹旗「わ、私はいいですよ。超恥ずかしいじゃないですか」

滝壺「いいから」 ぎゅっ

絹旗「あう……」

浜面(……しかしアレだな。すげー歩きづれえな、これ)

青髪ピアス「おおっ!? 何やあれ!」

土御門「両手に花、しかも四輪とは羨まけしからんにゃー!」

青髪ピアス「綺麗なお姉さんからロリまで! くそっ! 壁は! 殴るための壁はどこやー!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:27:15.13 ID:4d2xpLps0
……

番外個体「それで、それで? どんな夢見てたの? ねぇ、ねぇ」 にやにや

打ち止め「そういうことは訊かないの! ってミサカはミサカは窘めてみたり!」

一方通行「……」

……

一方通行「……」

ミサカ1号「ミサカはあなたを恨んでませんよ、とミサカ1号は無表情で話します」

ミサカ2号「ミサカはあなたを恨んでませんよ、とミサカ2号は以下同文」

ミサカ3号「ミサカはあなたを恨んでませんよ、とミサカ3号はゲシュタルト崩壊を感じつつ以下同文」

一方通行「……嘘つけ。オマエら絶対精神攻撃のつもりでやってンだろ」

ミサカ4号「何を言ってるのかわかりません、とミサカ4号は目を逸らして口笛を吹きます」 ぷぴー

ミサカ5号「やべぇ。ばれてる、とミサカ5号は作戦の終了を予感します」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:30:16.66 ID:4d2xpLps0
一方通行「……いや、いい。どンなつもりだろォと関係ねェ。何人だろォが会ってやるよ。言いたいことは全部言え。

 殴りたいなら好きにしろ。能力は使えねェみてェだから殴りたい放題だぜ」

ミサカ6号「一方通行、君ってやつは……とミサカ6号は一方通行の覚悟に感服します」

ミサカ7号「では、後10024人、がんばってくださいね、とミサカ7号は健闘を祈ります」 グッ

一方通行「おォ……」

……

ミサカ10030号「10031号は所用で来れませんので、このミサカで最後です。お疲れ様でした、

 とミサカ10030号は本当に全員と会った一方通行に労いの言葉をかけます」

一方通行「はァ……はァ……」

一方通行(10030人、一人除いて全員終了だ、くそったれ……) ガクッ




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:32:31.45 ID:4d2xpLps0
一方通行(一人残らず居なくなったが……まだ目ェ覚めねェのか。いいかげン限界だぞ) げっそり

カツン…

一方通行(足音……?)

カツン… カツン…

一方通行「ったく。今度はどこのどいつ様だァ?」

カツン!

木原数多「会いたかったぜ、一方通行ァァァァァ!」 ドドドドドドド!

一方通行「木ィ原ァァァァァァァァァァ!?」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:34:11.32 ID:IySNH4270
わろた




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:34:34.91 ID:zCsjQskF0
木原くンwwwwwwwwwwww




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:35:26.61 ID:4d2xpLps0
……

一方通行(あそこで目が覚めてよかった。正直ビビった。……地獄であれが待ってンのか。気が滅入るぜ)

打ち止め「今は嫌なことは忘れてお祭り楽しもうよ、ってミサカはミサカは提案してみたり」

一方通行「……かき氷屋、どこだ」

打ち止め「こっちだよ、ってミサカはミサカは案内してみたり!」

番外個体「ぎゃはは! あなたがかき氷って。似合わねー!」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:37:37.50 ID:4d2xpLps0
……

「いらっしゃい! 何味だい?」

一方通行「削る前の氷くれ。ビニール袋に入れてくれ。金は払う」

「そりゃ構わねえけど……。はいよ!」

打ち止め「そんなの何に使うの? ってミサカはミサカは訊いてみたり」

一方通行「そら」 ぽいっ

番外個体「わっ」 ぱしっ

番外個体「何? 嫌がらせ?」

一方通行「それで鼻冷やしてろ。ちっと腫れてンぞ」

番外個体「なっ……」 カァ…

番外個体「……何のつもりだよ。気遣い? そんな柄じゃないでしょ。気持ち悪っ」

一方通行「別にィ。真っ赤なお鼻の愉快な面見て笑い死にしたくねェだけだ」

番外個体「ふ、ふんっ」 ピトッ

番外個体「冷たっ」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:40:18.76 ID:4d2xpLps0
打ち止め「むー」 ぷくー

一方通行「ンだァ? 今度はオマエの頬がカエルみてェに腫れてンじゃねェか」

打ち止め「べっつにー、ってミサカはミサカはちょっぴりジェラシーを感じてみる」

一方通行「はァ……何買ってやればその腫れは治まるンですかねェ?」

打ち止め「! えっと、えっと……あのわたあめ食べたいって、ミサカはミサカは素直に言ってみたり!」

番外個体「じゃあミサカはリンゴ飴!」

一方通行「あァ。わかったからはしゃぐな。みっともねェ」

土御門「あいつも祭りを満喫してるにゃー」

青髪ピアス「ま、また綺麗な女の子とロリやとぉ!? 壁! おっちゃん、壁売ってくれへん!?」

「そんなもの、ウチにはないよ」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:42:27.00 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「とうまー。とうまー」 きょろきょろ

上条「インデックス!」

インデックス「とうま! もう、勝手にどっか行っちゃうなんて酷いんだよ!」

上条「はは……そうだな。悪い」

インデックス「……随分と物分かりがいいんだよ。『勝手にどこかへ行ったのはテメェの方だろ!

 自分に都合が悪いことだけ忘れるなんて便利な脳みそだな、こいつ!』くらい言われるかと思ってた」

上条「自白してんじゃねえか! っつか、自分が悪いって自覚はあったのかよ!」

インデックス「し、しまった! 罠に嵌められたんだよ! ……あれ? スフィンクスは?」

上条「スフィンクス? あー……旅人に謎かけでもやってんじゃないか?」

インデックス「本当のスフィンクスじゃあるまいし、ただの猫がそんなことする訳ないんだよ」

上条「……友達に会ってさ。預かってもらった」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:45:11.10 ID:4d2xpLps0
インデックス「そう。……?」

上条「どうした?」

インデックス「……」 じー…

上条「何だよ?」

インデックス「……とうま、少し縮んだ?」

上条「何だと、この! テメェの方がちびっこいくせに失礼なことを言うじゃありませんか!」

インデックス「わ、私の身長は関係ないんだよ! とうま、絶対縮んだもん!

 完全記憶能力を持ってる私が言うんだから間違いないんだよ!」

上条「むっ。……あー、そうか。成長期だからか」

インデックス「? 成長期なのに身長、低くなるの? 変なの」

上条「相対的にな」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:48:11.92 ID:4d2xpLps0
インデックス「……? 私が大きくなったからって意味?」

上条「お前は今も昔もチビのまんまでしょうが」

インデックス「むー! いつもいつもそうやって馬鹿にして! これから大きくなるんだもん! 色々と!」

上条「はいはい。……実際、少しは背、伸びたかもな」

インデックス「ほんと? えへへ」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:50:14.86 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「みんな同じ方へ向かってる。何だろー」

上条「夢中になるのはいいけどはぐれるなよ? また迷子になったら面倒見切れねえぞ」

インデックス「また子供扱いして……。……えっと……手、繋ぐ……?」 すっ

上条「……」

インデックス「ほ、ほら、手を繋いでれば絶対はぐれないし!」

上条「……インデックス」 きりっ

インデックス「な、何?」 どきっ

上条「さっきトイレ行った後洗ってない手だけど、それでもいいか?」 きりりっ

インデックス「よ、よくないんだよ! もうっ。たまにいい雰囲気になったと思ったらこんな風にぶち壊して、

 さすが幻想殺し〈イマジンブレイカー〉と言う他ないかも」

上条「照れるぜ」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:52:13.94 ID:4d2xpLps0
インデックス「褒めてないっ! ……どうせ冗談なんでしょ? 繋ごうよ」 ぱしっ

上条「あ――」

インデックス「!?」 ぞくっ

上条「……」 ぱっ

インデックス「……? 今、何か……」

上条「お。何か始まったみたいだな。行こうぜ」

インデックス「う、うん」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:55:17.16 ID:4d2xpLps0
……

上条「櫓の上でライブって……。情緒とか関係無しだな。この街らしいと言えばそうだけど」

インデックス「わー……」

上条「……。……インデックス」

インデックス「何?」

上条「今、幸せか?」

インデックス「え?」

上条「学園都市に来て、俺と出会って……俺といっしょに居て、幸せか?」

インデックス「なっ! い、いきなり何を言ってるのかな!?」

上条「聞いておきたいんだ」

インデックス「え、えっと……」

上条「……」

インデックス「……幸せだよ。ここに来て色々なことがあったけど……とうまに会えて、友達もたくさんできて、楽しいよ。

 とうまといっしょに居られて、幸せだよ」

上条「……そっか。よかった」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:57:41.38 ID:4d2xpLps0
インデックス「は、恥ずかしいなぁ。もう言わないからね」

上条「……」

インデックス「……? とうま、笑ってるのに何だか悲しそう」

上条「……嬉しいけど、少し悔しいって言うか……。魔術師……ステイルや神裂もこんな気持ちだったのかな。

 大切な人の隣に自分以外の誰かが居て……大切な人を幸せにできるのは自分じゃなくて……」

インデックス「……?」

上条「ごめん。忘れてくれ……ってのは無理か。気にしないでくれ」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 21:59:45.30 ID:IySNH4270
記憶を無くす前の上条さんと会ってるのか?




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:00:37.56 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「お祭り、楽しいね、とうま」

上条「……」

インデックス「とうま?」

上条「……もう、か……」

インデックス「何が?」

上条「インデックス」

インデックス「うん」

上条「……」 ぎゅっ

インデックス「え……ええ!? と、とうまっ!? な、何? 抱きついたりして、どうしたの?」

上条「……」

インデックス「わ、私にも心の準備ってものが……。それに、こういうことは人の居ない所で――?」

インデックス(あれ? 何だろう。感触が……)

上条「今から凄くクサいこと言うぞ。二度と言わねえ……言えねえから」

インデックス「とうま……?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:00:58.40 ID:ttdpiscG0
なるほど…




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:03:34.31 ID:4d2xpLps0
上条「きっと、お前に会うために生まれてきたんだと思う」

インデックス「え……」

上条「お前に会うために生まれて……生きてきた」

インデックス「……」

上条「あの日、ベランダに引っかかってたお前と出会って……服を壊しちまって、噛みつかれて……魔術師と戦って、

 ボロボロになって……はは、不幸なことばっかだな」 

インデックス「……どうして、そのことを覚えてるみたいに……」

上条「でも、幸せだった。不幸だけど、幸せだった。上条当麻は、インデックスに会えて幸せだったんだ」

インデックス「……」

上条「元気でな、インデックス。……大好きだ」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:08:23.43 ID:JW2RXESM0
なるほど「死んだ」上条か




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:10:11.73 ID:4d2xpLps0
インデックス「とうま――」

??「インデックス!」

インデックス「?」

上条「ここに居たのか。散々探したんだぞ」

スフィンクス「にゃー」

インデックス「え? とうま? とうまはここに……あれ?」



上条「何だよ?」

インデックス「……とうま、空間移動<テレポート>できるようになったの?」

上条「はぁ? 何言ってんだ。上条さんは万年落ちこぼれの無能力者〈レベル0〉ですよ?」

インデックス「……」

上条「ほら」 すっ

インデックス「え」

上条「手、繋ぐぞ。ま、またはぐれたら困るからなっ」

インデックス「……うん!」 ぎゅっ




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:13:04.29 ID:4d2xpLps0
……

翌日

上条「夏休みだってのに今日も補習……。不幸だ……」 はぁ…

上条「インデックス、飯はいつも通り冷蔵庫に……インデックス?」

……

インデックス「……」

上条「ベランダに出て何やってんだ?」

インデックス「……ううん。何でもないよ」

上条「補習行ってくる。飯は冷蔵庫に入ってるからな」

インデックス「うん。いってらっしゃい」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:15:33.17 ID:4d2xpLps0
……

佐天「さあ、本日語ります都市伝説は新ネタ、集団黄泉がえり現象アンド集団夢枕に立つ、でございます」

初春「な、何か都市伝説と言うか、ただの怪談な気がします」

佐天「結構噂になってるんだよねー。御坂さんにも聞かせてあげたかったなぁ。残念」

白井「仕方ありませんわ。今日は妹様との用があるそうですから」



上条「……」 たったったっ…




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:17:11.51 ID:4d2xpLps0
……

御坂妹「本当に一つ一つ回るつもりですか? とても一日で済む数ではありませんが、

 とミサカは今一度確認を取ります」

美琴「やるわ。何日、何ヶ月かかっても。……自己満足でしかないってことはわかってる」

御坂妹「いいえ。きっとミサカたちも喜びます、とミサカは霊魂の存在を信じるような自分の物言いに、

 少し驚きつつ返答します。……こちらがそうです、とミサカはかつて実験が行われた場所を指し示します」

美琴「そう……あれ? 花、もう置いてある。……これ、アンタが?」

御坂妹「いえ、ミサカもここに来るのは久しぶりなので……とミサカは不思議に思います」

美琴「綺麗な花ね」

御坂妹「ええ、優しい香りがします、とミサカは感じたままを言葉にします」



上条「……」 たったったっ…




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:20:17.78 ID:4d2xpLps0
……

一方通行「らしくねェ……。似合わねェにも程があらァ。花ァ大量に抱えてお花屋さンかよ。

 知り合いに見られたら即爆笑コースだぜ」

一方通行(反吐が出るほど卑怯だわなァ。今さらこンなことしても、許されるわきゃァねェのによ。

 ……何しよォが許されるなンてありえねェ。だが、許されねェから何もしねェなンてことは、もっとありえねェ。

 偽善だろォと、欺瞞だろォと、こォやって生きていく。地獄に落ちる、その日まで)

一方通行「殺した張本人にこンなことされても嫌味にしか感じねェだろォけどよォ……わりィな。もォ決めちまった」 すっ

一方通行「……」

一方通行(次、行くか)



上条「……」 たったったっ…




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:23:07.17 ID:4d2xpLps0
……

麦野「お供え、これでいいよね? フレンダ、鯖好きだったし」

絹旗「鯖は超やめておきましょうよ。お供え物って後で食べるんですよ? 夏だからすぐ腐っちゃいます」

滝壺「じゃあ、鯖の缶詰?」

絹旗「だから、まず鯖から離れましょうって」

浜面「鯖はいいとして、駒場の方は……あいつの好きな物って何だったっけか」

フレメア「それなら、大体、私が知ってる。にゃあ」



上条「……」 たったったっ…




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:25:22.53 ID:4d2xpLps0
……

上条(――ここは学園都市。オカルトを否定する科学の街)

上条(超能力ですら科学的に解明されているこの街で、俗信を本気にしている人間はほとんどいない)

上条(でも、俺たちは神ならぬ身の弱い人間だから、心のどこかではそうしたものに縋っているのかもしれない)

上条(この時期は特にそう感じる)

上条(死者を悼むのは死者の為じゃなく、生きている人間――生きていく人間の為だ。心を慰める為、戒めの為、

 前へ進む為――言ってしまえば自分の為なのだろう)

上条(……でも、それだけじゃないと思う。それだけじゃないと、信じたい)

上条(祈りは届く。声は向こうまで届くのだと)

上条(そう思うのは、きっと、悪くないことだ)




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:27:05.94 ID:4d2xpLps0
上条「……」 ふっ

小萌先生「上条ちゃーん。何かかっこつけてるところ悪いですが、テストの解答が一つずつずれてて0点ですよー」

上条「え」

小萌先生「再テストです。居残りですね」 にっこり

上条「……ふ、不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

青髪ピアス「いや、それはただのドジや」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:30:20.54 ID:4d2xpLps0
……

インデックス「……」

スフィンクス「にゃー」

インデックス「このベランダでね、とうまと出会ったの」



インデックス『おなかへった』

上条『ひょっとして、アナタはこの状況で自分は行き倒れですとかおっしゃりやがるつもりでせう?』




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:32:03.64 ID:4d2xpLps0
インデックス「……」



インデックス『私の名前はね、インデックスって言うんだよ?』

上条『誰がどう聞いても偽名じゃねーか!』



インデックス「……」



上条『この右手で触ると……神の奇跡〈システム〉だって打ち消せます、はい』

インデックス『えー?』




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:34:07.68 ID:4d2xpLps0
インデックス「……」



インデックス『私の抱えてる事情〈モノ〉、ホントに知りたい?』

上条『なんていうか、それじゃこっちが神父さんみてーだな』



インデックス「……」



上条『たった、それだけなんだろ?』

上条『ちったぁ俺を信用しやがれ。人を勝手に値踏みしてんじゃねーぞ』




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:36:11.13 ID:4d2xpLps0
インデックス「……」



インデックス『とうま、とうま』

上条『何だよ?』

インデックス『何でもない。用がないのに名前が呼べるって、なんかおもしろいかも』




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:38:16.54 ID:4d2xpLps0
インデックス「……」



上条『俺、強くなるから。もう二度と、負けねえから。お前をこんな風に扱う連中、

 全部残らず一人残らずぶっ飛ばせるぐらい、強くなるから』

上条『待ってろよ。今度は絶対、完璧に助け出してみせるから』

インデックス『分かった。待ってる』




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:40:05.57 ID:4d2xpLps0
インデックス「……」



上条『頭痛が治ったらこんなヤツらやっつけて自由になろう』

上条『そしたら一緒に海にでも行きたいけど、夏休みの補習が終わってからだな』

上条『いっその事、夏休みが終わったら学校〈ウチ〉に転入してくるのはどうだ?』

インデックス『いっぱい思い出を作りたいね』

上条『作りたいじゃない、作るんだよ』




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:42:08.99 ID:4d2xpLps0
インデックス「……一つも、忘れてないんだよ? ずっと、忘れないよ」

スフィンクス「……」

インデックス「届くかな?」

スフィンクス「にゃー」

インデックス「うん。届くよね」



インデックス「ありがとう、とうま」



とあるお盆の学園都市

おわり




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:51:24.35 ID:zfOT5fnK0
乙イイハナシダナ




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/14(土) 22:56:02.70 ID:JW2RXESM0







-------------
当ブログについて
※欄469さんありがとうです。



とある魔術の禁書目録(10) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(10) (ガンガンコミックス)鎌池 和馬 近木野 中哉 はいむら きよたか

スクウェア・エニックス 2012-08-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈9〉 (電撃文庫) とある魔術の禁書目録(インデックス)〈11〉 (電撃文庫) とある魔術の禁書目録(インデックス)〈12〉 (電撃文庫) とある魔術の禁書目録(インデックス)〈8〉 (電撃文庫) とある魔術の禁書目録(インデックス)〈7〉 (電撃文庫)



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 14:16: :edit
    001getだぜ!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 14:56: :edit
    インデックスのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 14:58: :edit
    盆クラ正月
  4. 名前: あ #-: 2012/07/17(火) 15:26: :edit
    青髪ピアスワロタw

    てか、うまく話し作れてるな~
    すごいや
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 16:10: :edit
    軽い気持ちで開いたらすげぇいい話だった
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 16:16: :edit
    キレイにまとまってるね
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 20:53: :edit
    自業自得な人に限ってギャグに逃げてる点が残念
  8. 名前: 鬼女速名無しさん #-: 2012/07/17(火) 21:03: :edit
    ああ・・・そっか、『死んだ上条』さんか
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/17(火) 23:14: :edit
    今年のお盆はきちんとお参りするわ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 00:07: :edit
    「とある」シリーズの創作ネタはいくつか見たけれど、これはホントに秀逸。
    「お盆」という題目をちゃんと生かしているし、特にシスターズの部分は感動もの。
    公式の本編でも美琴はあれだけ責任を感じていたのに、シスターズの慰霊シーンが全くないのはおかしいし、
    公式本編へ逆輸入してもらいたいほど。
  11. 名前: 通常のナナシ #B2zLP17c: 2012/07/18(水) 00:45: :edit
    最初のほうで上条(おそらく現在の上条)が「ガキの頃は~」とか言ってるのはどういうことだ?ガキの頃の記憶ないだろう。インデックスが迷子になった後に入れ替わったんだよね?
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 01:51: :edit
    不覚にも感動した…てっくり死んだ上条さんはアウレオスだっけ?ステイルの次にインなんとかさんが好きなアイツの化けた姿みたいなもんかと思った
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 02:45: :edit
    ウルって来てしまった
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 08:06: :edit
    米10
    公式だと美琴は完全に科学側の人間だし霊魂の存在は信じてなかったんじゃなかろうか
    オカルトの存在を知った今後、慰霊の気持ちがどう変わるかはかまちー次第だな
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 14:12: :edit
    上条さん…
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/18(水) 22:08: :edit
    こんな綺麗にまとまったSS久しぶりだな
    とても良かった
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/20(金) 09:39: :edit
    今まで見てきたSSの中で1番最高だったわ

    この話だけアニメ化してほしいレベル
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/22(日) 21:22: :edit
    くそっ、俺を泣かす気か
    泣かす気なんだな(´;ω;`)
  19. 名前: 通常のナナシ #cK/MYI1A: 2012/08/01(水) 13:22: :edit
    なにこれすごすぎる
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/03(金) 18:20: :edit
    今だにインなんとかってわざと名前間違える馬鹿がいるんだな。インデックスファンとして凄い不愉快だわ。
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/04(土) 14:57: :edit
    墓がただの骨置場だと科学側が考えてるかどうかで霊魂云々は変わると思うんだがな…しかしいい話だ
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/24(金) 23:42: :edit
    米20
    オワコンヒロインをまだネタにしてもらえるだけ有り難く思えよ
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/26(日) 23:24: :edit
    米22
    インデックスの事オワコンなんていったら、出会いがしらに十億ボルトの電撃姫さん何か、もっとヤバイじゃねぇか。
    つーかてめえただ単にインデックスが嫌いなだけだろ糞アンチ。つーかインデックススレなのに批判してんじゃねぇよカス。
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/27(月) 18:25: :edit
    米23
    まぁ、そんなに、怒んなよ。確かに米22は場違いなクズだけどさ。
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/27(月) 21:25: :edit
    インデックス弁護までなら同意できるけどね。
    そのために美琴sageしてる時点で目クソ鼻クソ。
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/04(火) 04:52: :edit
    米25
    ラッキースケベ数
    第一位14回インデックス 大覇星祭の事故キス、一巻の術式解除の為の裸も含めると16回
    第二位5回 五和
    美琴 抱き寄せる、押し倒すもあるが、任意の行動、またラッキースケベに値しない。するとしてもレッサーに負けちゃう。鎌池曰くヒロインでゎなくヒーロー主人公。
    イン「何でテメェと私が第一位と第二位にに分けられてるか知ってるか?その間に同棲と言う名の絶対的な壁があるからだ」
    五和「ッッッ!!テメェに酔ってんじゃねぇぞ!禁書目録ゥゥゥゥゥ!」
    ゴメン調子に乗ったスマン。囧rz


  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/04(火) 18:24: :edit
    米26
    はいはい長文ご苦労様
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/17(日) 16:25: :edit
    ええですやん!
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/23(土) 06:21: :edit
    インちゃん可愛い!
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/04(月) 22:58: :edit
    上琴ssは米欄あんま荒れる事ないけど、上インはかなり荒れてるよな。二行目には美琴ガー美琴ガー。ある意味尊敬するわ
  31. 名前: 通常のナナシ #zlAQJbYM: 2013/05/22(水) 22:44: :edit
    旧上条さんのネタはたいてい綺麗にまとまるね。いなくなった人たちに対してできるのは忘れないでいることか。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/06/05(水) 09:36: :edit
    良い話じゃあないの!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。