杏子「さやかがちっこくなっちまった…」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/08(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:40:19.55 ID:4FOtmr4V0
ほむら「対象の時間を戻す力を手に入れたわ」

ほむら「これでまどかを幼女にして…うへへへへ」ジュルリ

ほむら「一応何かで実験してみようかしら」

ほむら「何にしようかしら…」

ほむら「…美樹さやかがいいわね」

ほむら「いつもうるさくて邪魔だし」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:43:27.84 ID:4FOtmr4V0
~美樹ハウス~

ほむら「おはよう、美樹さやか」

さやか「突然なにさ、ほむら」

ほむら「時間あるかしら」

さやか「今日は杏子と遊びにいく予定なんだけど…」

さやか「もしかしてあれか!?ほむらもこのさやかちゃんが好きになっちゃったのか!?
    くう~モテるさやかちゃんはつらいねぇ!」

ほむら(超ウゼえ…やはりこいつを選んで正解だったわ)

ほむら「…冗談は置いといて、そんなに時間はとらせないから大丈夫よ」

ほむら「美樹さやか、ちょっとそこで目を瞑ってじっとしていて」

さやか「…うん?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:46:08.19 ID:4FOtmr4V0
さやか(おいおいおいおいキスかぁ!?これはキスなのかぁ!?)

ほむら(またコイツ変なこと考えてるわね)

ほむら「いいから。頼むわ」

さやか「…わかった///」パチ

ほむら「・・・」パアアア

さやか「わ…ああ…」シュルシュル

さやか(なんだなんだ!?あたしの体に何か起こってる!?)シュルシュル

ほむら「…もういいわ、目を開けて」

幼さやか「う…」パチ




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:49:12.95 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「…ってえ、なんだぁ!?ほむらがでかあ…あれえ?
    あたしのこえってこんなにたかかったっけえ?」

ほむら「…時間を戻すといっても記憶は残るみたいね」

ほむら(これじゃまどかにあんなことやこんなことができないじゃない…)チッ

幼さやか「ほむらあ!あたしになにしたのさ!」

ほむら「見た目からして幼稚園年長から小学校低学年といったところかしら」

幼さやか「ふぇ?なんのこと?」

ほむら「そこの鏡で自分の姿を見てみなさい」

幼さやか「え?う、うん…あ、あれ?あたしのへやってこんなにひろかったっけ?
     かぐとかもおっきいし…」トテトテ




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:51:59.35 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「…」ジィー

幼さやか「え…」

幼さやか「えええええええ!?」

幼さやか(な…何よこれ…この姿…服とか花の髪飾りとか…まるで昔のあたしじゃない!!)

ほむら「ちょっとあなたの時間を戻してみたわ」

幼さやか「なんてことしてくれてんのよお!!」キッ

ほむら「ちょっと新しく手に入った力を試したいと思ってあなたで実験してみたのよ」

幼さやか「いますぐもどせえ!」

ほむら「わかったから落ち着きなさ…あれ?」

ほむら「時間を戻す力しかなかったwwwww」ホムペロ☆

幼さやか「…ふぇ?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:55:06.32 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!??」

ほむら(やっぱり美樹さやかで実験しておいてよかったわ…
    小さいまどかも可愛いけどいつものまどかが一番だもの)

幼さやか「ど…どーにかならないの?」

ほむら「美樹さやかのことは諦めてwww」

幼さやか「ふ…ふざけるあぁぁぁ!!うあああああ!!」ペシ!ペシ!

ほむら「痛くもかゆくもないわw」

幼さやか「うう…ヒック…これじゃきょーこにかおむけできないよぉ…グス…うええぇぇ…」

ほむら(小さくなると結構可愛いわね…)




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 20:57:47.85 ID:4FOtmr4V0
ほむら「…元に戻す方法を探してみるわ。時間を戻せるなら時間を進める力もあるでしょうし」

幼さやか「…ほんと?」ウルウル

ほむら「奇跡も、魔法も、あるんだよ」

幼さやか「・・・」グスン

ほむら(突っ込む気力もないのね…)

ほむら「悪いけど方法が見つかるまでその姿で我慢していてね」ナデナデ

ほむら「じゃあ私はまどかとデートに行くから」スタスタ

幼さやか「ほんとにもどすきあんのかよおおおお」ウアアア

幼さやか「あれ、もういない…」

幼さやか「…にげやがった…」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:01:11.91 ID:4FOtmr4V0
幼さやか(親が旅行でいないのがせめてもの救いだけど…)

幼さやか(あと1時間ぐらいで杏子が家に来る)

幼さやか(見つからないように…家…出ないと…)トテトテ

幼さやか「…ん?」ヒョイヒョイ

幼さやか「…どあのぶのかぎ…てがとどかない…」

幼さやか「あけらんないよおおおおでれないよおおおお」

杏子『さやかー?いるかー?』

幼さやか「!!」ビクッ

幼さやか(なんで!?まだ約束の時間の1時間前なのに!?)

杏子『さやかの顔が見たくて早く来ちまったよー』

幼さやか「むう…」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:04:56.30 ID:4FOtmr4V0
杏子『さやかー?さやかー?』

杏子『さてはまだ寝てるのかあ?』

杏子『ならアタシが起こしに行ってやるよ!さやか!』

幼さやか「まずい!どおしよお」

幼さやか「こんなときにかぎってまどがあいてるし!!」

杏子「さやかー起きろー朝だぞー!!」シュタッ

モゾモゾ…

幼さやか「み…みないで…」

杏子「なんださやか起きてるじゃねえかー布団に潜ってないででてこいよ」ガバッ

幼さやか「やああ!みないでええ!!」

杏子「」

幼さやか「・・・」プルプル




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:07:22.01 ID:4FOtmr4V0
杏子「さ…さやか…?」

杏子「なんでちっこくなってるんだ…?」

幼さやか「・・・」ウルウル

幼さやか「うああああ!!きょーこー!!」ダキツキ

杏子「さ、さやか!?」

幼さやか「うえええええ」

杏子「どういうことだオイ…」ハナジピュー




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:11:33.64 ID:4FOtmr4V0




杏子「…で今に至るというわけか」

幼さやか「うぅ…エッグ…こんなすがたのわたしなんて…グスッ…きょーこはすきになれないよね…」

杏子「バ、バカ言うな!アタシはちっこいさやかも大好きだぞ!!」

幼さやか「ほ…ほんとお…」グスッ

杏子「ああ、本当だよ。さやかがちっこくなったって、さやかであることに変わりはねえしな!」

幼さやか「うあああああんきょーこおおお」ダキツキ

杏子「わかったからもう泣くなって!」

幼さやか「…うん!」ニパア

杏子(ぶ…このさやかの笑顔の破壊力半端ねえな)

杏子「ところで今日は遊園地に行く予定だろ?早く行こうぜ」

幼さやか「え…でも…こんなすがたで…」

杏子「大丈夫だって!もし何かあってもアタシがついてるからさ!」

幼さやか「…ありがと」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:15:35.89 ID:4FOtmr4V0




係員「見滝原遊園地へようこそ!チケットは何を購入されますか?」

杏子「中学生2人分」

係員「え?えーと…」

幼さやか「・・・」

杏子「あ…すまねえ、中学生1人と幼児1人」

係員「かしこまりました、1000円と500円で1500円になります」

幼さやか「ふん…どーせちっちゃいですよーだ」プイ

杏子「や、安くなって良かったじゃねえか!」

杏子(しばらくはさやかを気遣ってやらないとな…)




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:17:58.19 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「そーいえば、そのおかねはどーしたの?まさか…」

杏子「ばーか、この日のためにアルバイトで稼いだんだよ」

幼さやか「きょーこ…」

杏子「ほら、行くぞ!」

?「…おい、みたかよ」

?「ああ、間違いねえ」

?「まさかあいつにこんな弱みがあるとはね…」

?「くくく、見てろよあの糞ガキ…」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:21:42.51 ID:4FOtmr4V0
~ジェットコースター~

幼さやか「わあ、もーすぐだ…きゃああああ!すごいすごい!ふきとばされちゃう!!」

幼さやか「ちっちゃいとはくりょくますわあー!」

杏子(気遣おうとしたアタシがバカだった)


~お化け屋敷~

幼さやか「こわいよ…」ギュッ

杏子「なんだよ?さやからしくねえな」

幼さやか「なんでだろ…あたし、おばけやしきぜんぜんへーきだったのに…」

杏子(まさかメンタルまで幼児に戻っているのか?)

「うへへぇ…」

幼さやか「きゃあああ!きょおこー!!」ダキツキ

杏子「うわあ!急に抱きつくなよ///」

杏子(小さいさやかも悪くねえな…)




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:22:58.45 ID:tdrdAHuz0
身長制限引っかからなくて良かったね




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:26:10.81 ID:4FOtmr4V0




幼さやか「おなかすいてきちゃった…そーいえばおひるまだたべてなかった…」

杏子「アタシがなんか買ってくるよ、さやかはそこのベンチにでも座って待ってな」

幼さやか「うん、ありがとー」


杏子「あんま並んでないな…良かった」

店員「いらっしゃいませ!ご注文はいかがなさいますか?」

?「まどかジュー…ストロベリージュースを1つ…ストローは2本で」

杏子(この声…後ろ姿…どこかで…)

杏子「あっ」

?「えっ」クルッ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:30:00.06 ID:4FOtmr4V0
杏子「・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「…ちょっとトイレに

杏子「おい待てよ」ガシッ

ほむら「…奇遇ね、佐倉杏子」ファサッ

杏子「…洗いざらい話してもらおうじゃねえか」

ほむら「な、なんのことかしら」ファサッファサッ

杏子「さやかから聞いたぞ…」

ほむら「…まどかを待たせてるの、後にしてもらえないかしら」ファサッ

杏子「…逃がさねえぞ?」

ほむら「はあ…」ホムン




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:33:09.10 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「きょーこおそいなあ…」 ?「ほむらちゃん遅いなあ…」

幼さやか「えっ」

?「えっ」

幼さやか「…まどか?」

まどか(誰だろうこの子…)

まどか「…えーと、どこかで会ったかな?」

幼さやか「ふふう、まどかはしょーらいのおむこさんのこともわすれちゃったのかなー?」

まどか(え…この話し方…あれ?よく見るとさやかちゃんに似てるような…)

まどか「もしかしてさやかちゃんの従妹!?」

幼さやか「ざんねん!さあかちゃんほんにんでした!」

まどか「」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:36:13.00 ID:4FOtmr4V0
まどか「…え?」

まどか「ど、どどどういうこと?さやかちゃんってこ、こんなにちっちゃかったっけ?」

幼さやか「あたし、ちっちゃくなっちゃったの…」

まどか「え?ええええ?さやかちゃんがちっちゃくなったの?」

幼さやか「うん…しんじられないだろけど…」

まどか「・・・」ジイー

幼さやか「な、なにさ、まどか」

まどか「か…かわいい~!!」ギュウウ

幼さやか「ふっ…ふわああ…」

まどか「かわいい!かわいいよさやかちゃん!!」ギュウウウウ

幼さやか「まどか…ぐるじぃ…」

まどか「あっごめん」パッ




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:40:20.34 ID:4FOtmr4V0
まどか「私はね、ほむらちゃん待ちなの」ナデナデ

幼さやか「あたしはきょーこまちなの」

まどか「そうなの」ナデナデ

幼さやか「うん」

まどか「それにしても、どうしてさやかちゃんはちっちゃくなっちゃったの?」ナデナデ

幼さやか「…そろそろなでるのやめてくれる?」

まどか「ウェヒヒ、だってさやかちゃんかわいいんだもん」ナデナデ

幼さやか「…ちっちゃくなったのはね、ほむらのせいなんだ」

まどか「え?ほむらちゃんが?」ナデナデ

幼さやか「うん、とつぜんあたしのいえにきて…え?ひゃあ…」ガシッ

まどか「きゃあ!?」ガシッ

?「ちょっとこっちに来てもらうよ、お嬢ちゃんたち」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:43:39.87 ID:4FOtmr4V0




まどか「…私たちに何か用ですか、こんな人目のつかないところへ連れてきて」

ヤンキー1「いやあ楽しいお話し中ごめんね」

ヤンキー2「俺達が用があるのはその青髪のかわいこちゃんだよ」

幼さやか「ふぇ?な、なんですか…」

ヤンキー1「さっきまで赤髪のお姉ちゃんと一緒にいたよね?」

幼さやか「は、はい…」

ヤンキー3「おい、間違いねえ」

ヤンキー1,2「ああ」

ヤンキー2「俺達、その赤髪のお姉ちゃんに恨みがあってね」

ヤンキー1「お嬢ちゃんには悪いが、人質になってもらうよ」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:47:25.83 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「え…ひとじちって…」

まどか「だ、だめです!さやかちゃんに手を出さないで!」

ヤンキー1「大丈夫だって、暴れなきゃお嬢ちゃんには何もしないよ」ガシッ

幼さやか「や、やああ…」

まどか「さ…さやかちゃんに手を出さないでって言ってるでしょ!」ベシッ

ヤンキー2「嬢ちゃん…俺達、今気が立ってるんだ」

ヤンキー3「抵抗するならお嬢ちゃんたちにも容赦しないよ…」ポキッポキッ

まどか「ひっ…!!」

幼さやか「ま…まどかをいじめるなああ!」パシッ!パシッ!

まどか「さやかちゃん!」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:50:14.23 ID:4FOtmr4V0
ヤンキー3「ちょっと今のは痛かったなあ…」ガシッ

幼さやか「う…うおお!」ガブッ

ヤンキー3「いてえっ!!てめえ、調子に乗りやがって!」バシッバシッ

幼さやか「うぅぅ…」

まどか「さっさやかちゃん!!」

幼さやか「ぅぅ…い…いたみなんて…いたみなんて、けしちゃえるもん!」ウルウル

まどか「いやそのセリフはだめだよ!?」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:52:35.75 ID:AT79VFPU0
幼さやかの魔法少女姿……!




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:54:44.94 ID:4FOtmr4V0
まどか「うぅ…どうしよう…」

ヤンキー1「気絶させちまったほうが楽かもな…」

ヤンキー3「ああ、そうだな…おやすみ、お嬢ちゃん」バッ

まどか「さやかちゃん!!きゃあっ!」

?「レガーレ・ヴァスタアリア!」

ヤンキー3「なんだあ!?」シュルシュルガシッ

ヤンキー1「体がリボンのようなもので…動けねえ…」シュルシュルガシッ

幼さやか「あ…」パッ

まどか「さっ…さやかちゃん!!」ギュウウ

幼さやか「まど…かあ…こわかった…こわかったよお…うえええ…」

まどか「大丈夫、大丈夫だよ…」ヨシヨシ

ヤンキー2「な、何もんだてめえ!!」ギシギシ

?「少し遅れちゃったけど…間に合ってよかったわ…」

まどか「その声はっ!」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:56:42.60 ID:UwU/1reh0
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __          わ た し で す            --
     二          / ̄\           = 二
   ̄            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \  





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:58:04.97 ID:4FOtmr4V0
まど幼さや「マミさん!!」

マミ「お待たせ!もう大丈夫よ」

ヤンキー1「クソ…離せコノオ!」ギシギシ

マミ「大人しくしていてくれないかしら?」カチャッ

ヤンキー2「へっ!コスプレにレプリカ銃とはいい趣味してるねえ!」

マミ「…挑発には乗らないわ。…あら?」

杏子「さやかあー!!」シュダダダダ

ほむら「まどかあーまどかあー!!」ホムムムム

幼さやか「きょーこ!」

まどか「ほむらちゃん!」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:01:34.77 ID:4FOtmr4V0
ほむら「無事でよかった…まどかあ…」

杏子「さやか、無事だったか…まどかにマミもいるし…ん?」

杏子「あー!!」

ヤンキー達「げっ!!」

杏子「この前あたしに突っかかってきてボコした奴らじゃんか!」

マミ「鹿目さんと美樹さんが彼らに襲われていたのよ」

杏子「へぇ…よくもアタシのさやかに…」 ほむら「私のまどかに…」

ヤンキー達「ひっ!?変なの混ざってるし!」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:04:21.67 ID:4FOtmr4V0







マミ「キュゥべえが美樹さんの魔力の反応が消えたって聞いたから佐倉さんの魔力を辿って探してたの。
   そしたらあんな場面に遭遇して…。2人とも無事でよかったわ」

まどか「マミさん、助かりました!本当にありがとうございます」

幼さやか「まみさんいなかったらまずかったよー」

杏子「すまねえな。アタシのせいだ…」

幼さやか「きょ、きょーこはわるくないよ!わるいのはあいつらだよ…」

まどか「そうだよ杏子ちゃん、気にすることないよ!」

杏子「さやか、これからはしっかり守ってやるからな…」ギュウ

幼さやか「きょ、きょーこ///」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:07:34.27 ID:4FOtmr4V0
ほむら「さ、まどかも美樹さやかも無事だったことだし、まどか、デートの続きといきましょ…」ファサッ

まどか「ほむらちゃん…ちゃんと説明してもらうよ?」

ほむら「ほ、ほむっ…!!」

マミ「みんな、私の家に来ないかしら?ケーキやお茶もあるし、そこで美樹さんについてじっくり説明してもらいましょう」

杏子「ケ、ケーキ!?行く行く!」

幼さやか「いくー!!」

まどか「ウェヒヒ、行こうかほむらちゃん」

ほむら「まどかとのデートが…」ホムウ…




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:10:30.90 ID:4FOtmr4V0
~マミハウス~





マミ「なるほどね…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「ち、ちょっと美樹さやかで遊んでみたいな~とかそういう出来心だったのよ!
    まさかこんなことになるなんて思いもしなかったわ」

幼さやか「え?ほむらそのときちか…んー!んー!」

ほむら「それにしても可愛いわねこのさやか」

ほむら『黙ってないとさらに縮めるわよ』

幼さやか「ご…ごめんなさい…」ボソッ

杏子「おいほむら!さやかはアタシのもんだ!」ヒョイッ

ほむら「あら、ごめんなさい」ファサッ

幼さやか「きょーこ///」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:13:27.55 ID:4FOtmr4V0
ほむら「…で、今元に戻す方法を探してるわ」

まどか「遊園地に行ったくせに?」

ほむら「何言ってるの!まどかとデートの方が大切に決まってるじゃない!!」キッパリ

まどか「ほ、ほむらちゃん///」

幼さやか「ええ~…」

マミ「・・・」

マミ(どうせ私は独りぼっち…)シュン

?「そんなことないよ、マミ」シュタッ

マミ「えっ?」

QB「僕がいるじゃないか!」

マミ「キュゥべえ…」ウルウル

杏子「おっキュゥべえじゃねえか」

ほむら「…何か用かしら?」チャキッ

QB「わけがわからないよ」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:16:58.40 ID:4FOtmr4V0
QB「話は聞かせてもらった、なるほど、道理で美樹さやかの魔力の反応がないわけだ」

杏子「さやかを元に戻す方法があるのか、キュゥべえ!?」

幼さやか「さっきからきょーこ、きゅーべーきゅーべーいってるけど
     どこにもいないよ?」キョロキョロ

杏子「さやか…まさか、キュゥべえが見えないのか?」

幼さやか「えっいるの?」

QB「今の美樹さやかからは魔力の一欠けらも感じられない。おそらく肉体時間の
   退行によってソウルジェムも消失してしまったんだろう。そして第二次成長期に達していない
   彼女からは、魔法少女の素質も感じられない。それが僕が見えない原因だろうね。
   だけど逆に肉体時間が進めば、ソウルジェムは元が戻って僕も見えるようになるだろう」

杏子「だからその方法が聞きてえんだよ!」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:20:38.44 ID:4FOtmr4V0
QB「ソウルジェムさえあれば肉体の再構成でどうにかなるんだけれど…ないなら当然それは
   出来ない。あとは…」

マミ「再構成…そうよね…私達魔法少女の体は…」ボソボソ

QB「!!マっマミ!落ち着くんだ!僕は今のマミが一番好きだよ!!」

マミ「キュ…キュゥべえ…///」

QB「ほっ…」

杏子「…あとはなんだよキュゥべえ」

QB「君たちには何度も言っているはずなんだが…魔法少女は条理を覆す存…」

杏子「ああわかった、その先は言わなくていい…」

杏子「なるほどな…となるとやっぱりほむらだけが頼りか」ジッ

ほむら「ほむっ…で、できる限りの努力はするわ」ファサッ

幼さやか「みんななにはなしてるの?」

まどか「ウェヒヒ、さやかちゃんには難しいお話だよ」ナデナデ

幼さやか「まどかにばかにされてるきがする…」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:24:58.85 ID:4FOtmr4V0
マミ「ところでみんな、しばらくここに泊まっていかないかしら?」

杏子「マっマジか!?」

マミ「ええ、こんな小さい美樹さんを家のない佐倉さんに任せるわけにはいかないもの」

幼さやか「まみさん…ありがとーございます」

杏子「タダ飯!タダ飯!」

マミ「鹿目さんと暁美さんもどうかしら?みんなでいたほうが楽しいし」

まどか「じゃあお言葉に甘えて…」

ほむら「お言葉に甘えておくわ」ファサッ

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃんがちゃんとさやかちゃんのために頑張ってるか監視してるからね!」

ほむら「嬉しくないけど嬉しいわ、まどか」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:28:11.61 ID:4FOtmr4V0




マミ「さあみんな、晩ごはん出来たわよ!」

まどか「うわあ、美味しそう…」

マミ「今日はいつもより頑張ったわ!」

ほむら(それにしても豪華すぎじゃないかしら…)

杏子「なあ、早く食おうぜ!」ジュルリ

マミ「はいはい、じゃあ、いただきます」

マミ以外「いただきます!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:31:03.07 ID:4FOtmr4V0
まどか「モグモグ…マミさん!すごく美味しいです!!」

ほむら「ホムホム…まあまあってところかしら」

マミ「そう、良かったわ…」

杏子「ガツガツ…ガツガツ…」

マミ「もう、佐倉さんったらいつもこうなんだから…」

杏子「ん?さやか食わねえのか?」

幼さやか「む~…」

杏子「さやか?」

幼さやか「…おはしで…たべづらい…」

杏子「あーちっこくなった手じゃ箸持ちづらいのか?」プ…

幼さやか「わ、わらうな!」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:34:50.63 ID:4FOtmr4V0
杏子「仕方ねえなあ、ほら、食うかい?」

幼さやか「ちょ、ちょっと、それってえ…」

幼さやか「…あー…モグモグ」

杏子「美味いだろ?」ニカッ

幼さやか「うん、おいしー…///」

まどか「さやかちゃん!あーん」

幼さやか「え、まどかまで…」

まどか「いいからあーんして!」

幼さやか「あ、あー…モグモグ…」

まどか「ウェヒヒ!さやたん美味しいでちゅか~?」

幼さやか「う…おいしいでちゅ…」

ほむら「まどか、私にもあーんして欲しいわ」

まどか「ウェヒヒ、また今度ね」

ほむら「ほむう…」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:37:59.09 ID:4FOtmr4V0
マミ「・・・」

マミ「キュゥべえ!」

QB「なんだい?マミ」

マミ「あーん」

QB「あーん、パクッ」キュップイ

マミ「美味しいかしら?」

QB「あいにく、僕には味覚というものがな…」

マミ「・・・」

QB「う、うん!すごく美味しいよ、マミ!」

マミ「本当!?」ニコッ

QB(やれやれ…)




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:41:13.17 ID:4FOtmr4V0
・     
・ 


全員「ごちそうさまでした!」

マミ「お風呂湧いてるんだけど、誰から入るかしら?」

まどか「1番先輩のマミさんが先に入ってください」

マミ「私は最後でいいから。気にしないで」

まどか「じゃあ私はマミさんの前でいいかな」

ほむら「私はまどかと一緒に」

まどか「それはないよほむらちゃん」

ほむら「じゃあまどかの直後に入るわ」

まどか「直後ってどういうことかなほむらちゃん」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:44:26.75 ID:4FOtmr4V0
まどか「杏子ちゃんは?」

杏子「あたしはいつでもいいぜー」

幼さやか「じゃああたしいちばんのりー!」ハイ!ハイ!

マミ「でも、今の美樹さんが1人で入るのは危ないわ」

まどか「そうだよさやかちゃん、誰かと一緒に入ったほうがいいよ」

幼さやか「なんだよ、まどかもまみさんもあたしのことこどもあつかいしてえ!」ムスー

幼さやか「ひとりではいる!」トテトテ

マミ「…行っちゃったわね、大丈夫かしら」

QB「今の美樹さやかの体じゃマミのバスタブは大きすぎるだろうね」

杏子「さやかが心配だから様子見てくる」タタタ

まどか「…ウェヒヒ、杏子ちゃん、さやかちゃんとお風呂入りたいんだね」

ほむら「私はまどかと」

まどか「それはないよほむらちゃん」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:48:05.64 ID:4FOtmr4V0
~風呂場~

幼さやか「ふんだ、こんなからだでもはいれるし!」

杏子「さやかー」ガラッ

幼さやか「うぇええ!?きょーこ!!」

杏子「一緒に入ろうぜ」

幼さやか「…きょーこもあたしのことこどもあつかいして…」

杏子「ち、違うぞ!ただアタシはさやかと一緒に入りたくて…あっ///」

幼さやか「きょーこ…///」

幼さやか「べ、べつにいいけどさあ…」ツルッ

幼さやか「あっ!」ザバーン

杏子「さやか!」ヒョイッ

杏子「大丈夫か!?」

幼さやか「うん…だいじょおぶ…」

杏子「ったく…心配させんなよな…」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:51:25.81 ID:4FOtmr4V0
幼さやか「ねえきょーこ」

杏子「ん?」

幼さやか「あらって」

杏子「!!ななな、なんだよ急に…」

幼さやか「ちっちゃくなったさあかちゃんのとっけんだよね!」フッフーン

杏子「しょ、しょうがねえな…」ゴシゴシ

幼さやか「えへへ…いいきもち」

杏子(いつものさやかじゃこんなことさせてもらえないからな…
   そういう意味ではほむらには少し感謝だな…)

幼さやか「きょーこ!もっとうえ!」

杏子「はいはい…」ゴシゴシ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:55:11.76 ID:4FOtmr4V0
杏子「ふう…洗い終わったな…」ザバン

杏子「はあ~あったまるわ~なあさやか?」

幼さやか「ねえ、きょーこ…」

杏子「なんだい?」

幼さやか「な、なんでだっこされてんの、あたし…」

杏子「さやかだけじゃまた転んで溺れるだろ?」

幼さやか「そ、そーだけどさ…///」

杏子「なんで顔赤いんだ、さやか?」

幼さやか「お、おふろでほてってるの!」

杏子「そうか?」

幼さやか「そ、そうだよ!」

幼さやか(うう…恥ずかしいよ…)




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:58:31.95 ID:4FOtmr4V0
幼さやか(…お風呂あったかいな…あれ…頭がボーっとしてきた…)

杏子「なあさやか…」

幼さやか「・・・」

杏子「お、おいさやか?」

幼さやか「……すー…すー…」

杏子「おいおい、風呂で寝るなよな…」

幼さやか「すー…すー…」

杏子(小さいさやかの寝顔かわいすぎだろ…)

杏子「…まったく、世話焼かすなよな」ザバア

杏子「よっと」ヒョイッ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:01:33.12 ID:4FOtmr4V0
杏子「おーいマミー、さやかの着替えないかー?」

マミ「あら、そういえばそうよね…」

マミ「私のお古があるから今持って行くわね」


マミ「お待たせ……キャッ!!」

マミ「な、なんで堂々とタオル巻いてないのよ!!」

杏子「さやかが寝ちまってさ、降ろす場所もねーし」

杏子「こいつの体拭いて服着させてやってくれ」

幼さやか「すー…すー…」

マミ「起こしてあげたほうがいいんじゃないかしら…まあいいわ」ヒョイッ

マミ「・・・」フキフキ

杏子「どうした、マミ?」フキフキ




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:04:27.84 ID:4FOtmr4V0
マミ「…私ね、元々1人っ子だったから…」

マミ「妹や弟がいたらいいなー、って…小さい子を見るといつも思うのよね…」フキフキ

杏子「そうか…」

マミ「でも昔はあなたが私と一緒にいてくれて…あの頃の佐倉さんは本当の
   妹みたいに可愛かったわ…」

杏子「なんだよ…恥ずかしいじゃねーか…」





杏子「待たせたな、まどか」

まどか「ウェヒヒ、さやかちゃん寝ちゃったんだね」

ほむら「待ちに待ったまどか風呂…」ボソッ

まどか「何か言ったかなほむらちゃん」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:07:10.53 ID:4FOtmr4V0
・ 



幼さやか「むにゃむにゃ…はっ」

幼さやか(あれ…あたし確かお風呂で寝ちゃって…あれ?布団で寝てる…)

幼さやか(服もちゃんと着てるし…マミさんのお古かな…)

幼さやか(…!!まさか、寝ちゃってから着替えとか誰かにしてもらったの!?)

幼さやか(うわああ恥ずかしいいいい)

マミ「…それでね」

幼さやか(ん?みんな何か話してるな…)





72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:10:27.93 ID:4FOtmr4V0
マミ「布団は3つしかないの。1つは今美樹さんが寝てて…」

幼さやか(なんか悪いなー…)

マミ「キュゥべえは布団なくても大丈夫よね?」

QB「僕はマミパ…いやなくても平気だよ」

ほむら「私とまどかは1つで十分だわ」

まどか「ほむらちゃん…///仕方ないなあ」

ほむら「ほむーっ!!まどかああ」

まどか「でも隣で寝るだけだからねほむらちゃん」

杏子「アタシはさやかと寝るから残り1つはマミが使えよ」

幼さやか(!!)




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:13:54.65 ID:4FOtmr4V0
マミ「ふふ、本当に美樹さんのことが好きなのね…」

杏子「当たり前だろ!!」

幼さやか(杏子…///)

杏子「じゃあおやすみー」

杏子「さやかー」ガバッゴロン

杏子「ふー」ギュッ

幼さやか(うわ///)

杏子「さやか…あったかいな…」ギュウ

幼さやか(杏子も…あったかいよ…)

杏子「さやか…寝てるよな?」

幼さやか「!すー…すー…」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:17:41.46 ID:4FOtmr4V0
杏子「…アタシはね」

杏子「アタシはさやかが傍にいてくれて本当に良かったと思ってる」

杏子「生きる意味が分からなくなっていたアタシに、さやかは希望を与えてくれた」

杏子「同じ、人のための願いを持った者として、さやかを守っていきたいって、そう思えたんだ」

幼さやか(!!)

杏子「だからさ、さやか」

杏子「さやかが小さくなろうが、化け物になろうが」

杏子「アタシは全部受け入れるからさ」

杏子「もっと、アタシを頼ってくれよ」

杏子「それが…アタシの…幸せだから…」

幼さやか(杏子…)




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:21:28.69 ID:4FOtmr4V0
杏子「って、なに言ってるんだか…」

幼さやか(ううん、そんなことない…)

幼さやか(あたしの幸せも、一緒だよ、杏子…)

幼さやか(あたしも、杏子を守っていきたい)

幼さやか(こんな体じゃ無理だけど…)

杏子「昔は今のさやかと同じくらいの歳の妹がいたな…」

杏子「モモ…お姉ちゃんお姉ちゃんって、甘えてきたっけ…」

幼さやか(・・・)

幼さやか(…ん?)ムズムズ




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:22:48.62 ID:4HqGn85T0
おーもらし!おーもらし!




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:25:05.30 ID:4FOtmr4V0
幼さやか(やばい…トイレ行きたくなってきた…)ムズムズ

杏子「さやかももっと甘えていいんだぞー」ギュウ

幼さやか(う…まずい…今動くとさっきまで起きてたのがばれる…)

幼さやか(…てそんな場合じゃなくなってきたあ!)

幼さやか(漏れる漏れる!!)

幼さやか「きょー…こ…」モゾモゾ

杏子「!さやか、起こしちまったか?」

幼さやか「と…いれ…」モゾモゾ

杏子「トイレ?」パッ

幼さやか「まずい!」ガバッ

幼さやか「…あ……」チョロ

幼さやか「うあああ…」チョロチョロ




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:28:59.82 ID:4FOtmr4V0
幼さやか(終わった…杏子にも見られた…)

杏子「さ…さやか…」

幼さやか「…う…うええ…」グスッ

杏子「な、泣くなよさやか!それぐらいの歳じゃ仕方ねえよ、な?」ヨシヨシ

幼さやか「うう…」グスッ

杏子「まどかとほむらにはバレない様にしとくから!」

幼さやか「…ごめん、きょーこ…めいわくかけてばっかり…」

杏子「ばーか!さやかは分かってねえなあ」

幼さやか「え…」

杏子「さやかがアタシに迷惑を掛けただなんて一度も思ったことはねーよ!それに…」

杏子「お互いに助け合おうってあの日決めただろ?」ギュッ

幼さやか「きょおこお…」ギュウ

まどか「ウェヒヒ…いいもの見れたねほむらちゃん」ボソッ

ほむら「あれがまどかのおしっこだったら…」ボソッ

まどか「だったらどうするつもりなのかなほむらちゃん」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:31:08.61 ID:4FOtmr4V0




~朝~

マミ「お待たせ!朝ごはんできたわよー!」ドーン

まど幼さや「す、すごい…」

ほむら「朝食とは思えないほどのボリュームね」

マミ「みんながいるから張り切っちゃったのよ」

杏子「マミ!早く!!」

マミ「はいはい、いただきます」

マミ以外「いただきます!」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:33:51.15 ID:4FOtmr4V0
杏子「うめー」ガツガツ

まどか「さやかちゃん、あーん」

幼さやか「す、すぷーんとふぉーくあるからだいじょおぶ!」

杏子「あ、まどか!ずるいぞ!!ほれさやか、食うかい?」

幼さやか「だいじょおぶだってえ!」

杏子「いいから食えって!」

幼さやか「もがっ…もご…」

まどか「ちょっと杏子ちゃん!いくらなんでも多すぎだよ!」

ほむら「まどか…私にも…」アーン

まどか「はいはい後でねほむらちゃん」

マミ「もう…賑やかなのは良いことだけど…」

QB「やあ、おはよう」ヒョコッ




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:37:33.07 ID:4FOtmr4V0
マミ「!キュゥべえ…いないと思ってたら…どこに行ってたの?」

QB「ちょっと調べものさ。そして、美樹さやかの肉体の退行についてわかったことがある」

幼さや以外「!!」

幼さやか「みんなどおしたの?おどろいたかおして…」

杏子「どういうことなんだ!?説明しろ!!」ガタッ

幼さやか「きょーこ?」

QB「まあ杏子、落ち着いて聞いてほしい」

杏子「・・・」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:40:08.37 ID:4FOtmr4V0
QB「暁美ほむら、君の魔法少女としての能力は時間遡行だよね?」

ほむら「ええ、そうよ」

QB「そして、君は個体の時間を戻す力を手に入れた…と言ったね」

ほむら「ええ、盾をいじっていたら発見したの」

QB「その時間を『戻す』という行為は、ほむら、君の時間遡行能力を応用したものだ」

ほむら「!」

QB「詳しいことは僕にも分からないが、他人にも『肉体時間だけ』を『遡行』、言い換えれば『退行』
   させることができるようになった…美樹さやかの記憶が残っているのはあくまで『時間遡行』だからだね。
   しかも、その『遡行』の範囲はほむらの繰り返した『1か月』を遥かに超えている」

杏子「・・・」

ほむら「なるほどね…で、結局何が言いたいのかしら?」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:43:31.66 ID:4FOtmr4V0
QB「…『時間を遡行する』ほむらの能力では『時間を進める』ことはできない、ということさ」

ほむら「!!」

杏子「!!」

まどか「!!」

マミ「!!」

幼さやか「?」

杏子「じゃ、じゃあ…」

QB「ああ、美樹さやかが元に戻る方法はないに等しい…。元の体に成長するまで待つしかないね」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:47:34.88 ID:4FOtmr4V0
ほむら「美樹さやか…正直、ごめんなさい」

幼さやか「ふぇ?」

幼さやか「なんのはなししてたのさ?」

幼さやか以外(い…言わないほうが…)

まどか「さ、さやかちゃんには難しいお話だよっ」ナデナデ

幼さやか「またこどもあつかいするー…」

マミ「佐倉さん…ずっとここに居てもいいわよ…」

杏子「ああ…しばらく世話になるよ…」

杏子「…いいよ、さやか…元に戻るまでちゃんと面倒見てやるよ…独りぼっちは、寂しいもんな…」ギュウ

幼さやか「え?きょーこ?…」

杏子「どんな時でも…アタシはさやかが大好きだからな…!」ギュウウ

幼さやか「!!えへへ…あたしも、きょおこだあいすき!」ギュウ


【終わり】




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:48:35.99 ID:5Isus6UE0
未解決wwww






105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:51:48.82 ID:oskrdjdB0
乙乙

どういうことだってばよ







-------------
当ブログについて
※欄395さんありがとうです。



ロリ☆魂 (セラフィンコミックス)
ロリ☆魂 (セラフィンコミックス)高永 浩平

ヒット出版社 2011-05-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
JS規格 (セラフィンコミックス) えっちびっこ (ムーグコミックス) ちつじょじかん (セラフィンコミックス) 痴炉利主義 (セラフィンコミックス) リトルろマンス (セラフィンコミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 17:02: :edit
    ほむらさんヒドスギw
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 17:24: :edit
    丸投げじゃねえかww
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 17:37: :edit
    投げっぱなしジャーマンを久し振りに見た気がするww
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 18:00: :edit
    親が旅行中に娘失踪扱いかwww
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 18:09: :edit
    amazonがけしからん
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 18:45: :edit
    ロボがいねえ
    そして面白かった
    未解決ぇ
  7. 名前: 通常のナナシ #wr80fq92: 2012/06/08(金) 18:50: :edit
    投げっぱなしとお嘆きの貴方に朗報です。
    続編がリリースされましたので、時間が経てばこのサイトにもまとめられるかも?
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 19:23: :edit
    杏子のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 19:44: :edit
    根暗ブスのほむらしねよ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 19:59: :edit
    だが待って欲しい、時間を戻してソウルジェムが消失するのなら、全員を小さくすれば解決するのではないだろうか
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 20:59: :edit
    ※10
    >>QB「今の美樹さやかからは魔力の一欠けらも感じられない。おそらく肉体時間の
       退行によってソウルジェムも消失してしまったんだろう。そして第二次成長期に達していない
       彼女からは、魔法少女の素質も感じられない。それが僕が見えない原因だろうね。
       だけど逆に肉体時間が進めば、ソウルジェムは元が戻って僕も見えるようになるだろう」
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 21:05: :edit
    丸投げだー!?
    でも嫌いじゃない、こういうの
  13. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2012/06/08(金) 22:58: :edit
    ※7
    タイトルは?
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 23:43: :edit
    こう言っちゃんだが、ほむらがさやかの時間をいじる前まで巻戻ることはできないのか?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/08(金) 23:55: :edit
    ※14
    それはたぶん屁理屈の領域だと思う
    俺もそう思ったし、そうなると思ってたけどさ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/09(土) 01:23: :edit
    ぷん太やるなぁ

    成程見極めようとしてるわけか
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/09(土) 05:02: :edit
    ※15
    いやこのSSに屁理屈って…
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/09(土) 07:08: :edit
         △  ¥ ▲
        ( ;  皿 ; )  がしゃーん
        (        )
       /│  遅  │\         がしゃーん
      <  \____/  >
          ┃   ┃
          =   =

      3ゲットロボだよ
      自動で3ゲットしてくれるすごいやつだよ
      でも遡行機能はないよ、残念でした!
  19. 名前: 名無しさん #-: 2012/06/09(土) 11:54: :edit
    つまり、見た目は子供!頭脳も子供!
    年齢だけ中学生…つまり子供!
    というわけか
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/09(土) 15:38: :edit
    >>40が黒字になってるけど何か意味あるの?
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。