さやか「恭介、お弁当作ってきたよ」 恭介「えーと、はい。500円」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/04(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:55:57.49 ID:psVU+bNr0
さやか「あの、これ、おかずが余ったから作ってきた。あげる」

恭介「手作りのお弁当?」

恭介「ありがとう。えーと、はい。500円」

さやか「え?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:59:19.74 ID:psVU+bNr0
まどか「手作り弁当渡したら、500円渡された。上条君の昼食代が500円」

ほむら「その話だけで判断すると、美樹さやかが可哀想に思えるけれど」

まどか「さやかちゃんの自業自得だね」

さやか「うう、味方が誰もいない」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:00:39.97 ID:psVU+bNr0
数週間前




さやか「恭介をカツアゲする。そして、返り討ちにあおう」

ほむら「はぁ?」

まどか「さやかちゃん、頭大丈夫? インフルエンザ?」

さやか「凡人には分かるまい」

さやか「このさやかちゃんの計画が」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:01:33.46 ID:psVU+bNr0
さやか「まずカツアゲする。これは成功してもしなくてもいい」

さやか「成功したら、失敗するまで数日ごとにカツアゲする」

まどか「うん、それで」

さやか「失敗。つまり恭介が怒って、私に襲いかかってくる。私はあっさり負ける」

さやか「このまま襲われればよし。襲われなければ、体で償うと持ちかける」

さやか「既成事実ゲット」

ほむら「お断りされたらどうするの」

さやか「それはない。相手は男子中学生。エロの化身だ」

まどか「ああ、うん、頑張ってね」

さやか「まどかは応援してくれるんだね。ありがとう」

まどか「さやかちゃん・・・」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:03:34.65 ID:psVU+bNr0
恭介「体育館裏になんか呼び出して、どうしたの?」

恭介「もしかして告白とか?」

恭介「そんなわけないよね」

さやか「恭介」

さやか「財布出せ」

恭介「え?」

さやか「今、ちょっとお小遣い足りなくて困ってんだよねー。ちょっと貸してよ。恭介の財布の中身全部」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:04:22.98 ID:psVU+bNr0
恭介「3000円と小銭しかないけど、はいどうぞ」

さやか「え、あれ、なんで」

恭介「なんでって、さやかが欲しいって言ったんじゃない」

さやか「いや、そうだけど、普通嫌がるよね。そんな笑顔であっさり渡すかな」

恭介「いいんだよ」

恭介「さやかは僕が入院しているとき、毎日のようにレアCDを持ってきてくれていたよね」

さやか「あれは、その、ね」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:07:32.51 ID:psVU+bNr0
恭介「さやかが困っている原因は僕にある。少しでも償えるなら、僕も嬉しい」

恭介「だから、受け取って欲しいんだ」

恭介「全然足りないだろうけど、僕にできることならなんでもするから今日はこれで許して欲しい」

さやか「う、うん、ありがとね」

恭介「それじゃこれからバイオリンのレッスンがあるから。また明日」

さやか「あ、バイバイ」



さやか「あれ?」

さやか「なんか予想と違う」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:07:59.64 ID:psVU+bNr0
翌日


まどか「おはよ、さやかちゃん」

さやか「おはよう、まどか仁美ほむら」

ほむら「昨日、上条恭介を体育館裏に呼びつけたようだけど」

さやか「うん、カツアゲ成功したよ」

仁美「本当にカツアゲしたのですのね」

さやか「でも、怖がりも嫌がりもせず笑顔で渡された」

まどか「そうなんだ。今日はどうするの?」

さやか「とりあえず恭介が怒るまでやってみる」

さやか「半月くらいでせいこうすればいいけど。それ以上時間がかかると危ない」

ほむら「そう、適当に頑張ってね」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:08:01.16 ID:DUwPIfFT0
この微妙な雰囲気がいい




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:08:21.62 ID:psVU+bNr0
放課後

恭介「昨日と同じ場所に呼び出されたってことは、要件も一緒なんだよね」

さやか「まぁね。恭介、財布だして」

恭介「空っぽの財布でよければどうぞ」

恭介「ごめんよ、来月のお小遣いまで待ってくれないかな。月の頭に貰うんだ」

恭介「それでも3000円だから、昨日渡した分より少ないんのだけれど」

さやか「あ、そんなの気にしないでよ。なんかごめん」

恭介「そうだ。明日から、お弁当の代わりにパン代貰うことにするよ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:09:49.12 ID:psVU+bNr0
さやか「パン代?」

恭介「いつも僕はお弁当だろう」

恭介「お弁当を作ってもらう代わりに、昼食代を貰うんだ」

恭介「中沢なんかは毎日500円貰って、購買でパンを買ってるらしい」

恭介「僕も同じように出来ないか、親に聞いてみるよ」

さやか「いや、そんな」

恭介「たった500円で申し訳ないけど、さやかそれで我慢してくれ」

さやか「あの、恭介」

恭介「それじゃ、また明日。さやかも気をつけて帰るんだよ」

さやか「行っちゃった……」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:14:04.52 ID:psVU+bNr0
翌朝


さやか「はぁ」

まどか「さやかちゃん、なんだか落ち込んでない?」

さやか「なんか、自己嫌悪におちいってる」

仁美「不謹慎ですが、面白くなってきましたわ」

さやか「仁美酷い」

仁美「自業自得ですもの」

ほむら「志筑仁美に同意」

まどか「ごめんねさやかちゃん。わたし」

さやか「大丈夫。3人とも恨んでない。大好きな友達のままだよ」

まどか「なんか私の方が申し訳なくなってきた」

ほむら「まどかが気に止む必要は一切ないわ」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:14:39.64 ID:psVU+bNr0
昼休み



恭介「悪いが中沢、今日から別の場所で昼食とることにするよ」

中沢「ああ」

恭介「今日は天気が良い。屋上にでも行こうかな」



さやか(恭介は屋上に……)




屋上

さやか「あの、恭介」

恭介「おや、さやか。奇遇だね。今日はどうしたんだい?」

恭介「普段は教室で鹿目さん達と一緒に食べてるだろう」

さやか「ああ、その、気分転換、みたいな?」

恭介「そうか。僕と一緒、でいいのかな」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:17:27.67 ID:psVU+bNr0
さやか「えーと、恭介。お昼ご飯は?」

恭介「借りがあるさやかに対して嘘は付かないよ。500円、今渡してもいいのかい?」

さやか「え、あの、うん」

さやか「そうじゃなくて、パン買ってこなくていいの」

恭介「一食くらい抜いたって大丈夫さ」

さやか「あー、その。偶然さ…」

恭介「ねぇ、さやか。そんなところ立っていないで、隣座りなよ」

さやか「え、うん。それじゃ失礼します」

恭介「そんなに離れなくてもいいじゃない」

さやか「ちょっ、恭介なんで寄ってくるの。なんで手を握る」

恭介「さやかの手はあったかいね」

さやか「いきなり何を言い出すかな。恭介さんは」

恭介「ああ、ごめん。親しき仲にも礼儀あり。馴れ馴れしすぎた」

さやか「恭介、なんかおかしいよ」

恭介「春の日差しが気持ちよくて」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:17:49.20 ID:psVU+bNr0
恭介「さやかはお昼ご飯もう食べたのかい?」

さやか「昼休み始まったばかりだよ。食べ終わるわけないじゃん」

恭介「そうだよね。もう邪魔しないから、食べなよ。昼休み終わっちゃうよ」

さやか「その件、なんだけどさ」

恭介「うん」

さやか「あたし、今日さ、お弁当ってピッタリの量のおかず作れないじゃん」

恭介「そうなんだ」

さやか「少し余ったから、もう一つだけお弁当作ってきてあげたんだ」

さやか「恭介が、可哀相だから、一つあげる」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:18:14.97 ID:psVU+bNr0
恭介「それは助かるよ」

さやか「そんな嬉しそうな顔しないでよ」

恭介「ごめんごめん。でも、嬉しかったから」

さやか「昼休み終わるから早く食べろよ。ふんっ」

恭介「いただきます」

さやか「おあがりください(小声)」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:18:31.05 ID:psVU+bNr0
恭介「ふぅ、美味しかったよ」

さやか「ほとんど冷凍食品だよ」

恭介「卵焼きは手作りだと思ったんだけど、違った?」

さやか「それは私が作ったけど」

恭介「美味しかったよ」

さやか「ただの余り物だから」

恭介「それでありがたかった。またおかずが余ったら作ってきてほしいな」

さやか「もしも余ったら作ってあげてもいいけど、期待しないでよね」

恭介「楽しみにしてるよ」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:23:30.97 ID:psVU+bNr0
恭介「あ、さやか」

恭介「お弁当ありがとう。はい、500円」

さやか「え、あ、うん」

恭介「今、確かに渡したからね」

さやか「・・・・・・・・・・・・・・うん、そうだね」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:24:33.41 ID:fQwUg57W0
こんな青春送りたかったわ……




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:25:02.83 ID:psVU+bNr0
昼休み終了間際


ほむら「いい雰囲気に聞こえるけれど」

さやか「でね、お弁当食べ終わったあと、『これ今日の分』って500円渡された」

まどか「ぶふおぁ」

さやか「手作りお弁当食べてもらったのに、なんか悲しい。なにか違う」

まどか「さやかちゃんの愛情弁当500円也ってか。ってかwwwwww」

仁美「なんだかもう私がさやかさんに惚れそうですわ」

まどか「返り討ちにあって、少女卒業するのいつになるのかな。かな」

さやか「焦っちゃダメ。じっくり落とす。いつか必ず我慢の限界が来るから」

仁美「上条君、好きです。付き合って。返事は放課後でよろしいですわ」

さやか「ひとみぃ!?」

恭介「突然の告白ありがとう。放課後までに誠意を込めた回答を用意するよ」

さやか「恭介!?」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:27:08.47 ID:psVU+bNr0
放課後


仁美「上条君、屋上で待ってますわ」

恭介「分かった。少し時間をずらして、5分後くらいに行くよ」

さやか「うぐぐ・・・」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:27:26.79 ID:psVU+bNr0
さやか「仁美が相手じゃ敵わないよ。仁美も恭介のこと好きだったなんて」

さやか「親友のことなのに、全然気がつかなかったよ」

さやか「あたしって、ホントバカ」

まどか「さやかちゃんのバカ!」

まどか「大バカ!」

まどか「救いようのないバカ!」

まどか「そんなだから戦う前から負け犬になるんだよ。負け犬バカ!」

まどか「どうして最初から諦めるの。バカだよね。死ぬの?」

まどか「馬鹿なら馬鹿らしく、当たって砕けてそれから自分のバカさ加減に絶望しなよ」

ほむら「いや、まどか。いくらなんでも」

さやか「まどか・・・励ましてくれるんだ。マシンガントークの応援、まどかの心は伝わったよ」

ほむら「ここ、怒るところよね?」

さやか「あたしなりにやるだけやってみるよ」

まどか「うん、その方がさやかちゃんらしいよ」

まどか「大丈夫、きっと上手くいく」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:30:02.44 ID:psVU+bNr0



さやか(私は恭介が好き)

さやか(馬鹿だし、美人でもない。元気だけが取り柄のダメな子だ)

さやか(そんな私が出来ること。仁美というライバルに万が一にでも勝てるかもしれない唯一の方法)

さやか(もう私は、手段を選ばない)



私は、屋上の扉を、全力で駆け上がる勢いのまま、開いた

さやか「上条恭介っ」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:30:17.32 ID:psVU+bNr0
バタッ



さやか「上条恭介っ」

恭介「さやかっ」

仁美「さやかさんっ」

さやか「恭介、わたしは」

さやか「あなたを」

さやか「あなたを殺す」


恭介「」

仁美「なぜ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:30:37.91 ID:psVU+bNr0
さやか「悔しいけど、私じゃ仁美に勝てないよ」

さやか「仁美は優しいし、可愛いし、お嬢さまだし、肌はスベスベで、髪の毛フワフワ」

さやか「女の子女の子してる。それに比べてわたしなんて」

恭介「そんなに自分を卑下するな」

さやか「私なんてガサツだし、馬鹿だし、良いところなんて全然ないよ」

恭介「うん、まぁ、バカだよね」

仁美「ガサツなところ、多々ありますわね」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:31:49.52 ID:psVU+bNr0
さやか「恭介、腕治ってよかったね」

恭介「ああ、まるで奇跡や魔法だ」

さやか「それ、私が治したんだよ」

さやか「その奇跡も魔法も、私が起こしたんだよ」

恭介「・・・・・・・・・・・何を言っているんだ」

さやか「見て、恭介。変身」

パァ

さやか「私の姿、変わったでしょ。これが奇跡の代償」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:32:44.25 ID:psVU+bNr0
恭介「その格好は」

さやか「これは魔法少女の衣装。わたしは恭介のために」

恭介「さやかって意外とスタイルいいんだな」

仁美「スクール水着じゃ分からない魅力ですわね」

恭介「写メ写メ。くそっ、起動が遅い」

仁美「さやかさん、お似合いですわよ」

さやか「え、ありがと」

恭介「今度、撮影させてくれよ。それ、よく似合ってるぜ」

さやか「そ、そうなの、かな」

さやか「じゃなくて。危うくごまかされるところだった」

さやか「恭介、お前を殺す」

恭介「理由は?」

さやか「恭介と仁美を殺せば、奪われることもない」

さやか「ずっと私の胸の中で生き続ける」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:33:34.56 ID:psVU+bNr0
仁美「上条君が死んだら、私も死にます。上条君、天国で、また、会いましょう」

恭介「志筑さん、君はそんなに僕を」

恭介「もしも僕らが死んだら、永遠に一緒だね」

さやか「仁美ぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:34:25.66 ID:B8MICEki0
さァァァァァァやかさァァァァァン




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:35:41.18 ID:psVU+bNr0
仁美「さやかさんも告白されれば良いのでは?」

さやか「どうせ仁美には敵わない。それならいっそ…」

さやか「いっそ……恭介好きだ。付き合って。応えてくれなければ恭介殺して、私も死ぬ!」

恭介「なんで一々脅しかけるのかなっ。普通にしろよ」

仁美「上条君、好きです。付き合ってください」

恭介「志筑さんに言ったわけじゃない!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:37:13.60 ID:psVU+bNr0
さやか「恭介、くん。好きです。付き合ってください」

仁美「ごめんなさい。お断わります」

恭介「おい」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:37:46.89 ID:psVU+bNr0

さやか「恭介、好きです。付き合ってください」

恭介「いいよ」

仁美「即答!?」

恭介「近々告白されると思っていたからね。もう答えは決めてあったんだ」

さやか「え、それ、どういうこと」

さやか「恭介、あたしの気持ちに気づいていたの?」

恭介「分かるさ。何年付き合ってきたと思っているんだ」

恭介「さやかの頭のバカさ加減と超展開思考くらい読めるようになるさ」

さやか「恭介はそんなに私のことを・・・」

仁美「バカにされていることにすら気付かないなんて。さやかさんかわいそう」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:40:40.35 ID:psVU+bNr0
パチパチ

さやか「仁美」

仁美「結局、上条君をさやかさんにとられてしまいましたわ」

恭介「ごめんなさい、志筑さん」

仁美「お気になさらず。人の心は自分だけのもの、誰も貴方を責められませんわ」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:46:15.79 ID:psVU+bNr0
仁美「このままさやかさんと、上条君はお幸せになるのですね」

仁美「そんなの私が許さない」

仁美「だから、さやかさんと恋人になる前に上条君を殺して永遠に私のものにする」ブンッ


恭介「ひぃっ」

さやか「危ないっ、きゃあ」

恭介「志筑さん、その馬鹿でかいナタどこから出したの」

仁美「乙女の秘密ですわ。死ねぇええええええええええええええ」ブンッ

さやか「させるっかぁっああああああああああああああ」キィンッ




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:46:46.23 ID:B8MICEki0
ナイスボート




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:48:59.63 ID:psVU+bNr0
まどか「それで、二人揃って停学処分を受けたと」

ほむら「馬鹿ね」

恭介「さやかはともかく、志筑さんがあんな子だったなんて」

まどか「上条君は誤解してるようだけど、まぁいいや」

まどか「あ、そうだ。上条君」

恭介「なに?」

まどか「好きです。付き合ってください」

ほむら「まどか!?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:50:09.03 ID:psVU+bNr0
恭介「ごめんなさい。他に好きな人がいます」

まどか「ちぇっ、振られちゃった。それで、上条君の好きな人って?」

恭介「暁美さん」

ほむら「え、あたし?」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:55:04.25 ID:psVU+bNr0
恭介「鹿目さん、ごめんなさい。調子こきました。だから、頚動脈にコンパスの針突きつけるの止めてください。怖いです」

まどか「二度目は無いよ」

恭介「やっぱり、僕はさやかと付き合おうと思う」

ほむら「そう」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:57:46.30 ID:psVU+bNr0
恭介「さやかはヤンデレで、恋人にしたら僕のバイオリニスト人生の邪魔になること間違いない」

まどか「うん、そうだね。練習時間をデートに費やせとか言っちゃうタイプ」

恭介「それでも、僕はさやかに借りがあるし、付き合いも長い。なんとかやっていけるさ」

ほむら「好きにしなさいな」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:58:05.90 ID:psVU+bNr0
一週間後


恭介「おかえり、さやか」

さやか「ただいま、恭介。と言っても、毎日顔は合わせてたけど」

恭介「そうだね。それじゃあ続きをしようか」

さやか「なんの?」

恭介「屋上で待ってるよ。次こそ、最後まで」




おわる




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:58:47.45 ID:B8MICEki0
>最後まで

殺し愛か




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:59:35.63 ID:IqaKF3IN0





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:01:03.88 ID:cIwgdYvr0
乙乙乙




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:13:05.20 ID:psVU+bNr0
別視点から



恭介「体育館裏になんか呼び出して、どうしたの?」

恭介「もしかして告白とか?」

恭介「そんなわけないよね」

さやか「恭介」

さやか「財布出せ」

恭介「え?」

さやか「今、ちょっとお小遣い足りなくて困ってんだよねー。ちょっと貸してよ。恭介の財布の中身全部」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:16:17.22 ID:psVU+bNr0
恭介(不良者のマンガでも見たのか?)

恭介(しかし、その程度でこんなことするかというと、疑問が残る)

恭介(さやかはバカだけど、そこまでイカれてはいない)

恭介(目的は分からないが、おそらく僕を怒らせるつもりなんだろう)

恭介(それなら僕はこうするしかないじゃない)

恭介「3000円と小銭しかないけど、はいどうぞ」

さやか「え、あれ、なんで」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:17:59.06 ID:psVU+bNr0
恭介(動揺してる)

恭介「なんでって、さやかが欲しいって言ったんじゃない」

さやか「いや、そうだけど、普通嫌がるよね。そんな笑顔であっさり渡すかな」

恭介「いいんだよ」

恭介「さやかは僕が入院しているとき、毎日のようにレアCDを持ってきてくれていたよね」

さやか「あれは、その、ね」

恭介「さやかが困っている原因は僕にある。少しでも償えるなら、僕も嬉しい」

恭介「だから、受け取って欲しいんだ」 ニコ

恭介(よし、最高の笑顔だ。どうよ、さやか)




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:18:58.11 ID:psVU+bNr0
恭介「全然足りないだろうけど、僕にできることならなんでもするから今日はこれで許して欲しい」

さやか「う、うん、ありがとね」

恭介「それじゃこれからバイオリンのレッスンがあるから。また明日」

さやか「あ、バイバイ」



恭介(よし、勝った)




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:20:09.87 ID:+zRQZuDy0
つええ




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:22:51.75 ID:B8MICEki0
ちゃんと幼馴染やってると安心できる




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:29:32.21 ID:psVU+bNr0
こんな感じで書くつもりだったけど、眠いんで今日はもう終わる
寝るの早くてゴメンね






---------------
当ブログについて
※欄390さんありがとうです、



ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 (ベン・トーシリーズ)(集英社スーパーダッシュ文庫)
ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 (ベン・トーシリーズ)(集英社スーパーダッシュ文庫)アサウラ 柴乃 櫂人

集英社 2011-12-22
売り上げランキング : 6926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 4 花火ちらし寿司305円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー zero Road to witch (ベン・トー) ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 20:34: :edit
    発言の捏造、転載元が明記されていない著作物の利用に関しても、なんらかの措置をとる可能性があります。

    発言の捏造、転載元が明記されていない著作物の利用に関しても、なんらかの措置をとる可能性があります。
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 20:44: :edit
    アマゾン楽天その他広告サイトと縁を切ってアフィではなく趣味に徹すれば、え?やってけねぇ?
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 20:49: :edit
    1はなんだ

    上条がこうだとたしかに安心できるな、さやかとくっついてるからだけど
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 20:49: :edit
         △  ¥ ▲
        ( ㊤ ∀ ㊤)  すみません
        (        )
       /│  肉  │\         手持ちこれだけなんで、ホント
      <  \____/  ⑩
          ┃   ┃
          =   =

      3ゲットロボだよ
      カツアゲされても動じない不動の心を持つすごいやつだよ
  5. 名前: nasi #-: 2012/06/04(月) 20:50: :edit
    vipの流れの早いSSはまとめてくれてありがたいです
    まどかSS楽しみなので

    メジャーなところからドヤ顔で転載すると嫌いになっちゃいますけど
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 21:36: :edit
    ※1
    可能性がある、と言うにとどめているなら
    今々はとりあえず問題なしというふうに見てもいいのかね
    SS系は特に問題無いと思うけど正直面倒だな
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 21:41: :edit
    こんな妄想小説書いて心慰めてるなんて
    さやか厨って本当可哀相
    現実みなよ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 21:51: :edit
    米1
    つっこまずにいられねぇ・・・

    ならここ関係ないじゃん!?と
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 22:14: :edit
    ギャグ入れるならもう少しギャグ寄りでも良かったんじゃないかと思う
  10. 名前: 名無しのフィール #-: 2012/06/04(月) 22:50: :edit
    ※7
    妄想小説あいてに書き込みしてるお前も相当だがな

    面白かったよ!
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/04(月) 22:54: :edit
    ブッピッガン
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 00:08: :edit
    さやかさんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 00:14: :edit
    えェー?
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 00:53: :edit
    こういう"いいアホの子"なさやかは見てて楽しい。テンポも良い感じ。


    以下駄文

    米1
    「vipのSSまとめ」は、限りなく灰色な灰色だと思うな。
    例えば自分は書いた事ないのだけど、書いてそれがSSまとめに載ったら嬉しい。私見だが。
    余所のまとめの丸コピは論外だが、SS特化の大手(?)はそれぞれジャンルで特色あるし、まとめ方の癖もあって同じSSでも場所ごとで二度三度楽しめる。これも私見だが。
    まあ勿論書き手の希望が第一だけど。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 01:13: :edit
    やっぱりさやかは可愛いな


    ここが無くなるのは寂しいなあ…
    だから出来るだけ続けていってほしいな俺は

  16. 名前: 通常のナナシ #TNMtb/9k: 2012/06/05(火) 01:52: :edit
    こういうの好きだなぁ
    このあほの子さやかちゃんと前にあった腹パン&カンチョーさやかちゃんは妙にカワイく感じるわ。

    ところで※1にある「発言の捏造」って何だろう?
    2~3日前にあった某ネズミの国のニュースの事か?
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 03:42: :edit
    もうちょっと頑張ってくれよおもしろかったのにww
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 05:37: :edit
    俺みたいな情弱はSSまとめの大手と言われても分からない
    ここはまとめ方が分かりやすくて見やすいし、量もあるし、まとめも早い
    俺の使ってるポータルからも来やすい
    なので、ここでずっと読みたい
    管理人さんには感謝してる

    そしてその上で今回も良
    面白かった
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/05(火) 05:47: :edit
    結局恭介は誰が本命なんだwwww所々細かいネタ入れやがってwwww仁美はきっと身体が鉈の形にへっこんでてそこに鉈を入れていたに違いないwwww
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/06(水) 00:10: :edit
    さやか可愛いよなぁ

    愛らしいってこういう感じなんだよな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/06(水) 00:18: :edit
    面白かったよ
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/06(水) 07:55: :edit
    恭介はさやかちゃんの嫁
  23. 名前: 名無しさん #-: 2012/06/07(木) 02:51: :edit
    >>80以降は転載しなくてもいいじゃないですかー
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。