まどか「さやかちゃんって絶対ほむらちゃんの事大好きだよね?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/03(木)
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:25:51.33 ID:tx/y78oL0

まどか「素直になれない……どうしよう……とかおもってまよね」

マミ「ええ」

まどか「杏子ちゃんもほむらちゃんのこと好きですよね」

マミ「ええ」

まどか「なんだかんだでほむらちゃんの家に遊びに行ってることが多いし」

マミ「そうね」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:30:25.16 ID:tx/y78oL0

まどか「ほむらちゃんハーレムですか?」

マミ「そうね」

まどか「マミさんもほむらちゃんのこと好きですよね」

マミ「嫌いではないわ」

まどか「うー」ポカポカ

マミ「痛いわ鹿目さん」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:33:34.90 ID:tx/y78oL0

まどか「でもキュゥべえもほむらちゃんのかこと「それはないわ」」

まどか「……」

マミ「……」

まどか「ほむQエンド」ボソッ

マミ「キュゥべえにそんな感情はないわ」

まどか「それじゃあマミさんにもそんな感情を抱いてないわけですね」

マミ「私は特別よ」

まどか「……」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:37:25.73 ID:tx/y78oL0

まどか「ところでマミさん」

マミ「はい」

まどか「じ、実はわたしもほむらちゃんのことが「あっ!」」

まどか「ど、どうかしたんですか?」

マミ「このケーキおいしいわ」モグモグ

まどか「本当ですね」モグモグ




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:43:59.86 ID:tx/y78oL0

まどか「えっと、どこまで話したっけ」

マミ「私は巴マミ、あなたたちと同じ見滝原中学の「戻りすぎですよ」」

まどか「もっと後です」

マミ「僕と契約して魔法少女になってよ!(裏声)」

まどか「違います、誰がモノマネしろって言ったんですか?」

マミ「てへっ☆」

まどか「もー!」プンプン




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:48:09.31 ID:tx/y78oL0

マミ「確か、みんなが暁美さんのことを好きかどうかって話よね」

まどか「そう、それです」

マミ「そうね、みんな好きよ。 おわり」

まどか「終わらないで欲しいなって思ってしまうのでした」

マミ「でも、他に話すことはないわ」

まどか「ほむらちゃんはあのクールな仮面の下に触れればすぐに壊れてしまいそうな繊細な心をしまいこんでたった独りで戦ってたんですよ?」

マミ「ええ」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:51:56.54 ID:tx/y78oL0


まどか「すごいですよね」

マミ「ええ」

まどか「みんなが好きになるのも仕方ないですよね、性別とか関係なく」

マミ「……」

まどか「えっ、なんか喋って」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 12:58:36.02 ID:tx/y78oL0

マミ「……鹿目さん」

まどか「は、はい」

まどか(急に真面目な顔になった……)

マミ「……」

まどか(女同士はうんたらかんたらっていう話だね、わかってるよ!)

マミ「……ティロ」

まどか「えっ」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:03:23.76 ID:tx/y78oL0

マミ「ティロしてきていいかしら?」

まどか「えっ」

マミ「……さっきからずっと我慢してたの」

まどか「……」

マミ「……///」モジモジ

まどか「あ、ああー……トイレですね、どうぞ」

マミ「ごめんなさいね」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:07:20.72 ID:tx/y78oL0

まどか「で」

杏子「おう」モグモグ

まどか「タイミングよく不法侵入してきた杏子ちゃんもほむらちゃんのこと好きだよね」

杏子「それなりにな」モグモグ

まどか「そうだよねーってそれわたしのケーキだよ」

杏子「こいつはアタシに任せろ」モグモグ

まどか「ええーって言ってる間に全部食べられた」

杏子「弱肉強食って知ってる? 学校で習ったよね?」

まどか「え? う、うん……?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:14:28.95 ID:tx/y78oL0

杏子「ところでさ」

まどか「うん」

杏子「昨日ほむらん家行ったらさ」

まどか「うん……うん?」

杏子「アタシ用の布団が買ってあったんだ」

まどか「えっ」

杏子「わざわざいいのに、つったら『二人で一つの布団は狭いのよ』って言われてさ」

まどか「!?」

杏子「まあそれだけなんだけど」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:15:52.65 ID:t+oaASGs0
なんというさりげない嫁アピール・・・!




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:18:04.01 ID:tx/y78oL0

まどか「えっ、何でいきなり惚気られたの?」

杏子「何言ってんだ? 友達なんだからそれくらい当たり前だろ?」

まどか「あっ、そ、そうだよねー、わたしちょっと偏見入っちゃってるタイプだから誤解しちゃったねー」

杏子「まどかだってさやかと寝たことあるだろ?」

まどか「あるよ、確かにあるけどその言い方は誤解を生むと思う」

杏子「なんで?」

まどか「杏子ちゃんはそのままの杏子ちゃんでいてね……」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:25:51.37 ID:tx/y78oL0

まどか「でもわたしほむらちゃんと一緒の布団で寝たことないんだけど……」

杏子「……」

まどか「えっ、何その憐れみがこもった美しい眼差しは」

杏子「……」

まどか「ねえ……ちょっと、やめようよ、まるで自分は聖女ですよみたいなスタンスは」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:29:18.12 ID:tx/y78oL0

杏子「……まどか」

まどか「な、なにかな?」

杏子「煩悩を打ち払うのです」

まどか「まるでわたしの頭の中が煩悩だらけみたいな言い方はやめて欲しいな」

杏子「えっ」

まどか「キョトンとしないで! わたしそこまで煩悩だらけじゃないから!」

杏子「でもピンクだし……」

まどか「髪の毛の色で判断しないで!」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:36:48.88 ID:tx/y78oL0

さやか「誰が不人気かーっ!!」バターン

まどか「あ、さやかちゃん」

杏子「ようさやか」

さやか「なんだあんたたちか……」

まどか「さやかちゃん……十六茶の一件から色々と敏感になりすぎだよ……」

さやか「さやかちゃんには何のことかわからないなあ。 ところで何の話してたの?」

杏子「ピンク髪についてさ」

まどか「うん、違うよね、ほむらちゃんについてだよね」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 13:44:37.78 ID:tx/y78oL0

さやか「転校生がどうかしたの?」

まどか「みんなほむらちゃんのことが大好きだよねーって話してたの」

さやか「へー」

まどか「さやかちゃんもほむらちゃんのこと好きだよね」

さやか「いや、嫌いだけど」

まどか「えっ」

杏子「まー、あんまり仲良くないもんなあ」

まどか「で、でも最近はよく話してるよね」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:15:25.51 ID:tx/y78oL0

さやか「大抵は口喧嘩だけどね……ついこないだも喧嘩になったし」

まどか「そ、そうなの?」

さやか「まー、聞いてくださいよ。 昨日転校生とカービィのSDXやってたらさ」

まどか「ストップ!」

さやか「どうしたの?」

まどか「おかしいよね、何で嫌いなのに二人でゲームしてるのかな?」

さやか「そりゃー今時の子たちはゲームで決着をつけるもんでしょ」

杏子「そういやこの前ほむらにゲーム買ってもらったな」

まどか「えっ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:21:45.21 ID:tx/y78oL0

さやか「まあそういうわけで些細な口喧嘩の決着をつけるためカービィのSDXで勝負することになったのよ」

まどか「パンチ? 居合?」

さやか「そしたら二人でこつこつ進めてたデータが消えててさー」

まどか「うん?」

さやか「仕方ないからまた一からやり直して二周クリアしたんだよね」

まどか「ちょっとまっておかしい」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:35:57.91 ID:tx/y78oL0

さやか「あ、二週ってのはどっちがカービィやるかで揉めたからだよ」

まどか「あー、なるほど…じゃなくて」

さやか「まーその後いろいろやったけど決着はつかなくて、仕方なく次の日に持ち越しになったんだよねー」

まどか「ん? あれ?」

杏子「ほんとオマエら仲悪いなー」アハハ




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:42:11.47 ID:tx/y78oL0

さやか「あっちも『次こそ決着をつけてやるわ。 ところでもう遅いけど大丈夫?』つって、どんだけあたしのこと舐めてんだよ! みたいな」

まどか「……?」

さやか「送るとか言い出したけどあいつに借りは作れないからねー。 仕方なく泊まっていったのよ」

まどか「えっ、ちょっと、あれ? うん?」

マミ「駄目よ美樹さん、もう少し仲良くしないと」

さやか「いやー、わかってるんだけどねー……やっぱ難しいよ」

杏子「ま、今すぐってのは難しいよな」

まどか「わたし間違ってる? あれ?」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:48:46.11 ID:tx/y78oL0

さやか「ところでマミさん、お邪魔してます」

マミ「いらっしゃい、美樹さん」

杏子「不法侵入してるぞ」

マミ「わかってるのなら今度からはドアから入りなさい」

杏子「はーい」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:56:19.15 ID:tx/y78oL0

マミ「ところで何の話だったかしら」

まどか「ほむらちゃんがみんなと仲いい話です」

杏子「そんなに仲いいか?」

さやか「ないない」アハハ

マミ「そうねえ……私もそこまで関わりがあるわけでもないし」

まどか「確かにマミさんとほむらちゃんってあんまり一緒にいるイメージないなあ」

マミ「毎週末一緒に料理してるくらいで、あなたたちのように一緒に遊んだりとかはしてないわ」

まどか「はいストップ、料理ってなんですか?」

杏子「食い物に決まってんだろ、学校で「ちょっと黙って」」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:00:27.78 ID:tx/y78oL0

マミ「暁美さん、ずっとインスタント食品で暮らしてきたみたいだから……」

さやか「それでマミさんに教わることになったんですか」

QB「なるほど、彼女が最近僕に食事を勧めるようになったのはそういうわけか」

まどか「どうしてこのタイミングで出てくるのかな」

杏子「味見係ってか? オマエにできるのかよ」

QB「昔からいいものは食べてきたという自負はあるよ」

さやか「リッチだね」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:04:39.70 ID:tx/y78oL0

マミ「ところで今までどこにいたの?」

QB「なに、ほむらと少し話をしていたのさ」

まどか「話って、何を……」

QB「下らない世間話のようなものさ」

さやか「うわぁ、想像できない」

QB(思春期の少女とのコミュニケーションの取り方について話してたことは黙っておこう)




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:06:03.33 ID:RUp264lN0
あれ…?一番仲悪いのまどかさんなんじゃ…




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:08:36.84 ID:tx/y78oL0

まどか「キュゥべえまで……わたしって一体……」ズーン

マミ「でも、なんだかんだで暁美さんと一緒にいることが多いのは鹿目さんよね」

まどか「そ、そうかな……」

さやか「……」

杏子「……」

マミ「まあ冗談は置いといて」

まどか「そこはそうだよね~で済ますところだよね!?」

QB「この一週間のほむらの行動を逐一記録してるけど需要あるかい?」

まどか「うるさい」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:15:50.82 ID:tx/y78oL0

まどか「みんなずるいよ! わたしだってもっとほむらちゃんと遊びたいのに!」

さやか「あんたはあれが遊びに見えるの……?」

まどか「見えるよ! どっからどう見ても仲良くゲームしてるだけだよ!」

杏子「アタシは自分のためにアイツを利用してるだけさ」

まどか「今更悪ぶらなくてもいいよもう!」

マミ「べ、別に暁美さんと料理してても楽しくなんかないんだからっ」

まどか「楽しくないんなら代わってよ!」

QB「……」

まどか「何か言えよ!!」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:25:37.67 ID:tx/y78oL0

まどか「はあ、はあ……とにかく、みんなもほむらちゃんが好きという結論でいいんだね」

さやか「あたしは嫌いだけど」

杏子「じゃあアタシも」

マミ「私も」

まどか「ふざけないで! 怒るよ!」

QB「……」

まどか「喋れよ!」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:25:59.26 ID:/K4jv5ml0
こういう世界線だったらよかったな




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:30:23.08 ID:tx/y78oL0

まどか「それじゃあみんなほむらちゃんが嫌いなの!?」

さやか「そう言われると、答えは“NO”かな」

杏子「まあな、なんだかんだで世話になってるし」

マミ「最近はよく笑うようになったし、いい子だと思うわ」

まどか「うんうん、そうだよね、みんなほむらちゃんのこと好きだよね。 実はわたしも「それはどうかな?」」

QB「僕には好きという感情がわからないからね」

まどか「もう帰ってよ」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:34:47.49 ID:tx/y78oL0

さやか「キュゥべえはともかく、みんな転校生のことが嫌いってわけでもないよ」

杏子「むしろプラスイメージ」

マミ「ベリーライク!」

まどか「よくわからないけどだいたいわかったよ」

QB「そういうまどかはどうなんだい?」

まどか「キュゥべえ! ナイスパスだよ! もちろんわたしもほむらちゃんのことが大好――」

<ガチャ

マミ「あら、暁美さん」

まどか「――き、って、ええっ!?」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:40:24.27 ID:tx/y78oL0


まどか(もしかしてこれは、本人が聞いちゃった展開?)

まどか(実は私もなのよ!ってなるフラグ!?)

まどか(相思相愛っていうのかな……だとしたら……)

まどか(それはとっても嬉しいな、って)

まどか(まどかは思ってしまうのでした……)




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:50:27.32 ID:tx/y78oL0

キリカ「やー、恩人」

マミ「と同じイメージカラーの呉さんじゃない」

まどか「よくも騙したな、よくも騙したなァァァァァァァ!!!!」ガクガクガク

マミ「騙したつもりはないよ、本当の姿について説明は省いたけれど(裏声)」

QB「うまいじゃないか、マミ」

マミ「えへへー」

まどか「あああああああああ!!!」ガクガクガクガク

杏子「首が外れるからそれくらいにしとけー」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:01:19.20 ID:tx/y78oL0

キリカ「これは一体どういうことなんだい?」

さやか「何でか知らないけど転校生の話をしてからまどかの機嫌が悪いんだよね……」

織莉子「あら、あんなに仲良かったのに」

ゆま「喧嘩でもしたの?」

まどか「ちょっと外伝組は黙ってて!」

QB「やれやれ……ストレスを貯めるのは体に毒だよ? もし何かあれば僕たちに相談して欲しいね」

マミ「ふふ、キュゥべえの言う通りね」

まどか(怒りすぎて声が出ない)




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:06:26.31 ID:tx/y78oL0

まどか「ひどいよ……あんまりだよ……」グスッ

織莉子「なるほど……暁美さんのことを好きかどうか、ね」

キリカ「そうかー」

ゆま「そっかー」

マミ「あなたたちはどうなの? 第三者の視点から見て」

織莉子「あまり関わりがないからどうとは言えないわね」

キリカ「なんとなく親近感が湧くね」

ゆま「この前ご飯作ってもらったよ」

杏子「あー、あの時か」

まどか「!?」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:11:53.88 ID:tx/y78oL0

さやか「ところで何しにきたの?」

織莉子「特に何も」

杏子「出オチかよ」

まどか「もう嫌だ……もう……」

<ガチャ

マミ「あら、今度こそ暁美さんね」

まどか「もう騙されない……強いわたしになるんだ……」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:15:40.61 ID:tx/y78oL0

ほむら「お邪魔します」

マミ「いらっしゃい、暁美さん」

まどか「あ、本物だった」

ほむら「こんなに大勢で……一体何をしているの?」

QB「君について話をしていたんだよ」

まどか「ちょ、ちょっとキュゥべえ!?」

ほむら「私について……私、何かしたかしら……?」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:20:05.41 ID:tx/y78oL0

マミ「ふふ、みんなあなたのことを気に入ってるという話をしていたのよ」

杏子「ま、お前には世話になってるしな」

さやか「あたしは全然そんなこと思ってないんだけどね」

ほむら「そ、それは……嬉しいけど……///」

マミ「ええ……それで……」チラッ

まどか(……なるほど、さすがはマミさん。 鹿目さんが一番あなたのことを思ってたのよっていう感じで後は流れでお願い)




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:26:55.63 ID:tx/y78oL0

さやか「ま、みんなあんたのことが大好きだってこと。 あたしは違うけど」

マミ「ふふ、そういう美樹さんも最近暁美さんのことばかり話すじゃない」

まどか(あ、違いますかそうですかじゃあなんでこっち見たんですか)

さやか「そ、そんなことないっすよ嫌だなーあはは……」

ほむら「そう……私はやっぱり嫌われてたのね……」シュン

さやか「い、いやそういうわけじゃなくてさー、ほら、その……」

ほむら「冗談よ」クスッ

さやか「なっ、こいつ……」ムスッ

マミ「はいはい、喧嘩しないの」

まどか(あ、これわたし空気になるパターンだ)




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:31:52.62 ID:tx/y78oL0


まどか「と、ところでほむらちゃん! 最近どうかな!」

ほむら「どうと言われても、特には……あ、そういえば」

まどか「うんうん!」

ほむら「呉さん、借りていた漫画をお返します」

まどか「……」

キリカ「おっと、すっかり忘れていたよ」

ほむら「『時を操るキャラが出てくる』シリーズ、中々ためになりました」

キリカ「そうかい? それは良かった」

まどか「何それ」

ほむら「ほら、私と呉さんは固有魔法が似てるから……」

まどか(それ関係あるの?)




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:37:09.21 ID:tx/y78oL0

まどか「ほ、ほむらちゃんも漫画とか読むんだねー」アハハ

ほむら「やっぱり似合わないかしら…….」

まどか「い、いやそんなことないよ! うん!」

さやか「そういや転校生の家ってあんまり漫画はないよね。 ゲームはわりと揃ってるのに」

ほむら「……ハイテクなのよ」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:40:33.93 ID:tx/y78oL0


杏子「畳部屋のくせに」

ほむら「そ、それは言わない約束でしょう!」

まどか(え? 前行った時はなんかすっごいカッチコッチなってる変な部屋だったけど?)

ほむら「もう……そんなことより美樹さやか、マイコントローラーを忘れてるわよ」

さやか「忘れたんじゃなくて置いていったんだよ」

ほむら「何を言ってるの、今度はあなたの家で勝負すると言い出したのはそっちでしょう?」ハァ

さやか「あ、そうだったっけー、忘れてたよ」アハハ

まどか「……」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:45:07.42 ID:tx/y78oL0

ほむら「それと杏子、枕は持ち歩きなさいといつも言ってるでしょう?」

杏子「あー、ないないと思ったら置きっぱなしだったか。 悪ぃ悪ぃ」

QB「これで杏子の枕代わりにならなくて済むんだね」

マミ「夜いないと思ったら……」

QB「まあマミの抱き枕にされるから結果はあまり変わらないんだけどね」

マミ「ちょ、ちょっと!///」

まどか「向こうでやってください」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:53:20.08 ID:tx/y78oL0

ほむら「それと巴さん、今週も空いてますか?」

マミ「ええ、もちろんよ」

ほむら「いつもありがとうございます」

マミ「大切な後輩のためだもの、それに私も一人でやるより何倍も楽しいわ」ニコッ

まどか「料理か~わたしも練習しようかな~」チラッチラッ

さやか「そういえばまどかのお父さん、すごい料理うまかったよね」

杏子「ってことは、父親に習ってるってわけか」

まどか(知久ァァァァァァァ!!!)




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:01:56.29 ID:tx/y78oL0

織莉子「……」

キリカ「心配するな織莉子」

織莉子「キリカ……」

キリカ「未来予知で何時間にもわたるシミュレーションをしてもお菓子作りがうまくいかない織莉子を私は応援している」

織莉子「……」

ゆま「じゃあゆまは台所から食卓までの間にずっこけて料理をブチ撒けるキリカおねえちゃんを応援するね」

キリカ「……」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:02:02.65 ID:eXZMvtDz0
家事以外で知久さんの存在意義なくね…?




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:06:06.97 ID:tx/y78oL0

ほむら「まあ、こんなものね……後は」チラッ

QB「ん?」

ほむら「……まあ、あんたは後でいいわ」

ほむら(『家畜でもよくわかる女子中学生の誑かし方』なんて本を渡してくれたお礼をたっぷりしてあげるわ)

QB(今度は何食わぬ顔してエロ本渡してみようかな)

マミ「ティロッ☆」バキッ

QB「がふぅっ!?」

マミ「何でだかやらなきゃいけない気がしたわ」

QB「わ、わけがわからないよ」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:11:00.04 ID:tx/y78oL0

マミ「さて、もう時間も遅いしこれでお開きにしましょうか」

まどか「えっ」

杏子「さて、今日はどっちに泊まるかな」

さやか「たまにはあたしん家とかどうよ」

杏子「いいのか?」

ゆま「ゆまも行ってみたーい!」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:14:38.46 ID:tx/y78oL0

ほむら「……」

杏子「ん、どうしたほむら?」

さやか「もしかして、転校生は一人で寝るのが怖いとか?」

ほむら「馬鹿言わないで……杏子の世話がどれだけ大変か思い知るといいわ」

杏子「アタシはペットかなんかか」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:19:53.22 ID:+AUY0clW0
攻めるのは今だぞ、まどか




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:20:15.97 ID:tx/y78oL0

さやか「転校生もたまにはうちに泊まってもいいんだぞー」

QB「もしくはまどかの家とかね」

まどか(ナイスパスだよインキュベータァァァァァァ!!)

ほむら「でも……迷惑じゃないかしら」

QB「あー、確かに迷惑だね。 うん、やめよう、今のなしで」

まどか「ふざけんな」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:23:15.64 ID:8jqZG4VI0
まどかさん落ち着いて下さい




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:25:34.34 ID:tx/y78oL0

ほむら「ほら……いきなり行っても、ね?」

まどか「そ、そんなことないよ!」

QB「あー、ダメダメ、娘がいきなり連れてきた子がまともに目を見て話せないコミュ障だなんて親御さんも悲しむよ。 ましてやそれを親友とか言い出した日には家庭崩壊。 旬子ブチ切れ知久発狂タツヤ暴走だよ」

ほむら「そ、そうよね……」シュン

まどか「キュゥべえ、契約しよう。 願いはお前を殺す、叶えろよ早くしろ」

QB「ダメダメ、契約とかそんな旧態依然なシステムとっくの昔に破棄したから」

まどか「じゃあ直接この手で殺るね」

ほむら「いいのよまどか……本当のことだから……」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:31:36.85 ID:tx/y78oL0

まどか「そんなことないよ! ほむらちゃんはいつだってかっk「きゅっぷし」て」

QB「失礼、くしゃみました」

まどか「わざとだよね?」

QB「そんなことはないよかななめさん」

まどか「口を縫い合わされるか限界を越えてこじ開けられるかどっちがいい?」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:36:09.13 ID:tx/y78oL0

杏子「イイじゃん、別にさ。 友達なんだろ?」

マミ「そうそう、深く考える必要はないと思うわ」

さやか「おじさんもおばさんも、すごいいい人だから、心配しないで行ってきなよ」

ほむら「みんな……」

まどか(うん、まあ、結果オーライ)

QB「その優しさにすがって君はまた迷惑をかける?だね、実のご両親のように」

ほむら「……」ズーン

まどか「……」ググッ

QB「やだなあ、ちょっとした冗だ……ちょっと、首、首とれるって! お茶目なマスコットジョークじゃないか!!」メキメキ




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:40:27.83 ID:p3Bw1ie10
きゅっぷい……




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:41:30.88 ID:tx/y78oL0

まどか「本当にあなたは他人の痛いところを突くのがうまいね」

QB「はしゃいじゃってw」

まどか「……」イラッ

QB「まあ、ほむらを苛めるのはこれくらいにしといて」

まどか「おい」

QB「ずっと同じ環境で過ごしていた彼女が今の新しい環境に慣れているとは思えない」

QB「それにほむらは一ヶ月の繰り返しの間まともに大人と接してきたとは思えないからね。 突然他人の両親に会うというのは、やはり厳しいんじゃないかな」

まどか「うん、長い、長いよ」

QB「ほむらが君とあまり遊ばなかったのも、『両親がいる』という事実に引け目を感じていたからじゃないかな」

QB「杏子やマミはともかく、さやかの両親だって放任主義のようだし」

QB「それに対して、君はとても両親と仲がいい。 そうなると『自分よりも家族の都合を優先させてあげたほうがいいんじゃないか?』という疑念が浮かぶ」

まどか(長くてわからん)




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:49:52.94 ID:tx/y78oL0

杏子「確かに、そうそう誘っていいもんか迷うよなあ」

さやか「あたしは気にしたことないけど……そんなもんなの?」

マミ「難しいところね……」

QB「ほむらにだって両親はいるだろうけど、だからこそということもある」

ほむら「……」

まどか「そっか……でも、そんなの全然気にしないよ」

ほむら「まどか……」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:55:59.04 ID:tx/y78oL0

まどか「だから、ね……もしよかったら、ほむらちゃんとお泊りしたいなって」

ほむら「……そうね」

まどか「それじゃあ……!」

QB「まあでも、それがまどかを放置してた言い訳にはならないけどね」

ほむら「……」

まどか「……」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:58:45.84 ID:tx/y78oL0

QB「最高の親友だって言ってたけど、ぶっちゃけ杏子の方が話しやすかったりするんじゃないかな」

まどか「……」チラッ

ほむら「……」

QB「言うほど君ら仲良くないよね」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「……こ、これから仲良くなっていけばいいよね」

ほむら「……え、ええ」



ゆま「え、これでおわり?」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:59:25.89 ID:tx/y78oL0
長くなりましたが頭がティロティロです

ではさやほむをどうぞ




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:59:37.46 ID:+AUY0clW0
これから濃厚まどほむちゅっちゅターンなんだろ?




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:02:40.70 ID:9loAH48d0
まどか「じゃあ、早速今日ほむらちゃんの家にお泊りに……」

杏子「あ、じゃあみんなでほむらん家にいけばいいんじゃね?」

さやか「お、それいいね。よーしほむら、今度こそ決着だ!」

マミ「今日のお夕食は暁美さんの手料理ね」

ほむら「え、み、みんなで来るの? 私は嬉しいけど……」

まどか「じゃ私m「まどかは帰った方がいいんじゃないかな」」

QB「両親も心配するだろうし」

まどか「首と胴切り離すぞ」



的な感じで全員お泊り編を……




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:03:31.44 ID:nRBO2V1t0
>>211
続けて




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:27:35.96 ID:9loAH48d0
さやか「ここがほむらの家だよ」

まどか「なんでさやかちゃんが案内してるのかな?」

さやか「嫌いだからね」グッ

まどか「意味がわからないよ」

杏子「帰ってきたぞ我が家ー」

まどか「杏子ちゃん家じゃないよね? 杏子ちゃんの家は河川敷のダンボールだよね」

QB「まだいたのかい? さっさと帰りなよ」

まどか「私もお泊りするんだよ」ギュウウウ

QB「ボクは雑巾じゃな……あー、毛皮が痛む毛皮が痛む!」




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:36:15.79 ID:9loAH48d0
まどか「わー、ほむらちゃんの家、ほんとに畳部屋になってる……」

ほむら「ええ、少し前に模様替えをしたんだけど」

杏子「昨日来た時と変わってないけどな」

さやか「昨日とおんなじだけどね」

マミ「先週末と同じよ?」

まどか「」イラッ

QB「一人だけ違う時間軸を生きてるみたいだね」キュップイ

まどか「煮込まれるか丸焼きか迅速に選べ」




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:37:36.13 ID:R2IdniVR0
べぇさんいいキャラしてんなwww




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:48:36.47 ID:9loAH48d0
さやか「早速勝負だー! なにやる? ほむらの好きなの選んでいいよ」

まどか「もう喧嘩の決着とかじゃなくて楽しんでるよね!?」

ほむら「いつもどおり、協力プレイのならなんでもいいわ」

さやか「んー、ここにあるのはあらかたクリアしちゃってるしなー」

杏子「私もここにあるのはほどんどやったなー」

マミ「私が暁美さんとクリアしたのはこの二本くらいかしら」

まどか「さっき遊んだことは無いって言ってませんでした?」

QB「ちなみにキミは」

まどか「うるさい黙れ」




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:00:25.58 ID:3Dn7APAO0
あれ…涙が…なんでだろ…




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:01:20.80 ID:9loAH48d0
杏子「ゲームは後にして先に飯にしようぜー」ハラヘッタ

ほむら「そうね。じゃあ私とマミで夕食作るから……お願いできる?」

マミ「ええ、もちろん。私のエプロンはあるかしら?」

ほむら「いつも置きっぱなしじゃないですか」

マミ「そうだったわね。いつもここで料理してるんですものね」

まどか「なにそのあざといアピール」

ほむら「じゃあ少しだけ待っててね」

まどか「ほむらちゃんの手料理楽しみー。私おなかペコペコだよ」

QB「そんなにお腹が空いてるならそこのどん兵衛でも作ったらどうかな。ほむらもいいよね?」

ほむら「ええ、別に買い置きはたくさんあるけど……」

QB「許可が得られたよ。良かったね、まどか」

まどか「え? なに? 怒りで聞こえない」




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:12:03.63 ID:9loAH48d0
さやか「じゃあほむらが料理してる間はいたストで勝負だー!」

杏子「メモリーカードどれだっけ?」

さやか「一枚ずつチェックしてこうか」

杏子「あ、このセーブデータ全部私だ。いたスト無いけど」

さやか「これは全部私のだ――これもか。一緒にやったの多いからなー」

まどか「……」

QB「ねぇねぇ、今どんな気持ち? ねぇ、今どんな気持ち? 感情の研究のために教えてよ♪」

まどか「包丁借りてくるからそこ動くなよ」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:18:01.67 ID:L//jCfwI0
これはうざいww




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:21:12.51 ID:R2IdniVR0
まどかさんおちつけwwwwwww




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:21:31.06 ID:9loAH48d0

まどか「ほむらちゃーん、包丁貸し――」

ほむら「まどか、どうしたの?」

まどか(ほむらちゃんのエプロン姿! 眩し過ぎる! 眩し過ぎるよ!)

ほむら「待たせてゴメンね? もうちょっとでできるから」

まどか「うん……って、そうじゃなくて……」

ほむら「?」

まどか「え、えっと……そのエプロン似合「ティロッ☆」」

マミ「ごめんなさい、コショウが鼻に……」

まどか(首もげろ)





260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:36:46.71 ID:9loAH48d0
マミ「できたわよー♪」

杏子「お、美味そうじゃん」

さやか「おおー! 修行の成果が出てますなー!」

ほむら「私はマミの手伝いばっかりだったから、そんな……///」

マミ「あら、暁美さんだってがんばって作ったじゃない。胸を張っていいのよ」

まどか「美味しそうだよほむらちゃん」

QB「キミは煩悩のカタマリなのかい? 食事時にそんな下ネ――」ムグッ

まどか「キュゥべえは私の拳でも食べてればいいよ」




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:47:42.92 ID:9loAH48d0
杏子「うめー!」

さやか「あんた何食べても美味しいんでしょ」

杏子「いやいや、本当に美味いものはわかるぞ」

さやか「ほむらはどれ作ったの?」

ほむら「えーっと――」

まどか(ここでほむらちゃんが作った料理を当てる――!)

QB「まどか、キミにオススメの料理はあれとあれとあれだよ」

まどか「(QBが選んだの以外が正解だよね)これすっごく美味しいよ!」モグモグ

ほむら「あ、ありがとう……///」

まどか「えへへ///」

QB「……ボクにも感情が芽生えそうだよ」チッ




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:56:09.80 ID:9loAH48d0

「「「「「「ごちそうさま」」」」」」

ほむマミ「お粗末さまでした」

さやか「ほむらもかなり上達したよねー。食べるたびに美味しくなってるよ」

杏子「そうだよなー。最初の頃から格段に美味くなってるよ」

まどか「え? 二人ともそんなにほむらちゃんの手料理を?」

ほむら「それは、先生が良いから……///」

マミ「あら? 弟子が良いのよ。私も教えがいがあるわ」

まどか「わ、私またほむらちゃんの手料理食べ「キューップ」」

QB「失礼。少し食べ過ぎたよ」

まどか「表出ろや」




271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:58:10.02 ID:3Dn7APAO0
べえさんUZEEEEEEE




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:59:31.46 ID:L//jCfwI0
べえさんはぶち壊す天才やな




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:03:41.67 ID:9loAH48d0

ほむら「洗い物してくるから、くつろいでてね」

まどか「あ、私手伝――」

さやか「あ、じゃあ私が手伝おうか」

まどか「さやかちゃんはほむらちゃんのこと嫌いじゃなかったの?」

さやか「嫌いだから借りは作らないのさ」

杏子「ああ、同感だ」

マミ「その通りね」

まどか「意味がわからないよ」

QB「まあまあ、ここは一つじゃんけんで決めようじゃないか」

誰が手伝う? >>276




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:04:47.00 ID:/IijjDjS0
さやさや




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:09:22.92 ID:9loAH48d0
「「「「「じゃんけん!」」」」」

さやか「やったー、さやかちゃん大勝利ー!」

まどか「ねえ、借りを作らないだけだよね? 喜び方おかしいよね?」

杏子「くっそー……グーは最強じゃなかったのかよ……」

マミ「作ったんだから片付けも、と何で言えなかったの私……」

QB「わけがわからないよ」

まどか「なんでキュゥべえまで参加してるかな」

さやか「はっはっはー、ではさらばだ、負け犬諸君!」

まどか「」イラッ




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:17:25.49 ID:9loAH48d0
~しばしさやほむタイムをお楽しみください~


さやか「手伝うよー、ほむら」

ほむら「あら、ありがとう」

さやか「美味しいもの食べさせてくれたお礼だよ☆」

ほむら「そう言ってもらえると作った甲斐があるわ」フフッ

さやか「お世辞じゃないよー? ホントに美味しかったんだから」

ほむら「練習中なのに……あんまり言うと本気にするわよ」

さやか「しちゃって全然OK! もういつでもお嫁にいけるレベルだよ」

ほむら「そこまで言われると恥ずかしいわね……///」

さやか「ふふふー、真っ赤だぞーほむらー」

ほむら「あ、あんまり見ないでよぉ……///」




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:23:04.89 ID:9loAH48d0
まどか「え? 洗い物だよね? 何この空気」

QB「まるで新婚夫婦のよ」キュップイ

まどか「こんなの絶対おかしいよ」

QB「どう見ても姑の立ち位置です。本当にあり」キュップイ

まどか「まだだ……まだ終わらんよ」



まどか「次の安価は……言わなくてもわかってるよね?」




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:23:49.50 ID:XVm39op90
まどかさんに殺されるぞ俺達




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:24:17.68 ID:p3Bw1ie10
それはそれであり




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:24:35.94 ID:eXZMvtDz0
私にとってはご褒美です




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:25:45.42 ID:L//jCfwI0
ご褒美もらえるように頑張っちゃいますからね




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:27:54.43 ID:9loAH48d0
ほむら「ほら、早く洗い物終わらせないと」

さやか「ほむらは私といるのがそんなに嫌かー?」

ほむら「そういうわけじゃなくて……みんな待たせてるし……」

さやか「いーのいーの、じゃんけんで勝った正当な報酬なんだから」

ほむら「そ、そうなの? 良くわからないけど」

さやか「さやかちゃんの言うことは正しいのだー」

ほむら「もう……調子に乗って食器落とさないでよ」

さやか「大丈夫大丈夫。割ったら弁償するからさ」

ほむら「そんなのは別にいいのよ。怪我したら大変でしょう?」

さやか「私、魔法少女だよ?」

ほむら「それでも、怪我したら心配だから……ね」

さやか「うん……///」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:30:42.59 ID:9loAH48d0
まどか「え? なんで洗い物で2レス目に突入してるの?」

QB「これが今のキミとさやかの戦力差ってやつさ」

まどか「認めない。断じて認めない」




306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:39:27.45 ID:9loAH48d0
さやか「これで最後かな?」

ほむら「お疲れさま」ジャー

さやか「水、冷たくないの?」

ほむら「いつも水だから気にしてないわ」

さやか「ちょっと手貸して――ほらー、冷たくなってんじゃん」ギュッ

ほむら「さ、さやかの手だって冷えてるじゃない……」

さやか「でも私のが体温高いからあったかいでしょ?」

ほむら「……あったかい、けど///」

さやか「……けど?」

ほむら「ちょっと恥ずかしいわ……///」

さやか「言われると私も恥ずかしいから///」

ほむら「///」

さやか「身体中あったかくなってきちゃったね///」




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:40:34.31 ID:9loAH48d0
まどか「は? 意味わかんないんですけど」

QB(感情のないボクが……恐怖を?)ガタガタ




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:22:38.28 ID:RSKL0/a40
まどか「キュゥべえ、お願い! あの洗い物のレスを消して」

QB「契約は成立だ。キミの祈りはエントロピーを(ry」



ほむら「お待たせ」

さやか「洗い物終わったよー♪」

QB「まあ嘘だったんだけどね」

まどか「皮剥いで塩漬けにしてやる」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:29:28.53 ID:RSKL0/a40
杏子「やっと戻ってきたか。ずいぶん時間かかったじゃんかよー」

さやか「へへへー、別に何もなかったよね。ねー、ほむらー」

マミ「あら? 洗い物だけじゃなかったのかしら?」

ほむら「な、なにもなかったわよ。さやかも変な言い方しないで///」

さやか「洗い物だけだもんねー」

ほむら「だから///」

まどか「……」グリグリ

QB「前足の先端だけ器用に踏み潰すのはやめてほしいな。表情変わらないけど泣きたいくらい痛いよ」




352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:39:08.71 ID:O5J7P4PNO
ひどい八つ当たりだなw




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:40:31.87 ID:4QShUslY0
まどっち真顔なんだろうなwwww




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:42:14.64 ID:RSKL0/a40
杏子「それよりカービィやろうぜ。このマミみたいのが食い物拾いまくるやつで勝負だ!」

マミ「……」

さやか(杏子、後ろー!)

ほむら「あ、私お風呂入れてくるわね」パタパタ

まどさやあんマミQB「!!」

まどか(ここで、ここで逆転するしかない! QBを●してでも!)

さやか(ふっふっふ、今はもうさやかちゃんの時代! 負ける気がしない!)

杏子(ここまでなんか影薄かったしな……ここを譲るわけにはいかねぇ!)

マミ(お風呂イベントで私が負ける要素がないわ。暁美さん、待っててね!)

QB(ほむほむとお風呂でキュップキュップでボクのエントロピーが凌駕しそうです! 感情はないんだけども!)



マミ「その前に佐倉さんにはちょっとお話があります」ゴゴゴゴ

杏子「」ガタガタ




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:49:20.51 ID:RSKL0/a40
ほむら「お湯を張るだけだからすぐに入れると思うけど」

さやか「さて、どういう順番で入りますかねー」

まどか「ほむらちゃん、一緒に「キュップシ ティロ☆ ハラヘッター サヤカチャンイエー」」

QB「失礼。クシャミががまんできなかったよ」

マミ「ごめんなさいね」

杏子「悪い悪い」

さやか「誰かがうわさしてるのかなー?」

まどか「おい。特に後ろ二人」




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:57:40.37 ID:RSKL0/a40
まどか「お風呂ってどれくらいの広さなの?」

ほむら「普通……って言えばいいのかしら」

さやか「二人同時で限界だよね、ってことでさやかちゃんと入ろうよ!」

杏子「おいおい、お前は昨日一緒に入ったんだろ。今日は私の番だろ」

まどか「え? なにそのスルーできないイベント」

マミ「それじゃ普段一緒に入ってない――」チラッ

まどか(! 黄色GJ!)

マミ「キュゥべえとでいいんじゃないかしら(私も一緒に)」

まどか(ドリルもげろ)




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:59:19.82 ID:BXZvAL/i0
ドリルもげたマミさんペロペロ




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:05:18.94 ID:RSKL0/a40
ほむら「私は誰とでもいいんだけど……」チラッ

まどか(え? 今目が合った?)ドキドキ

まどか「ほ「公平に決めるべきだと思うよ」」

QB「厳正かつ平等な方法が好ましいね」

まどか「……」イラッ

さやか「そうなるとまたじゃんけん?」

杏子「いや、待て。公平ってことならさやかは抜けるべきじゃないか?」

さやか「な!?」

マミ「! そうね、美樹さんはさっき一緒に洗い物をしたんだし」

まどか「そうだよ、キュゥべえもきっとそういうつもりで――」

QB「いや、違うけど?」

まどか「……」イライラ

QB「そんなに耳を引っ張らないでほしいな。取れたら良くわからない生き物になっちゃうじゃないか」




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:12:46.28 ID:RSKL0/a40
まどか「じゃあ今から100レス以内に出てくる『ど』のつく人でいいんじゃないかな」

QB「wwwww」

まどか「……」

QB「いじめイクナイ」




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:13:28.05 ID:ZRxM+J0Q0
まどか


375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:13:50.61 ID:tFgMD1nU0
ドドリア


378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:14:26.81 ID:UC2orgkl0
かまどか


379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:15:05.53 ID:xJ4+ASzh0
ドン小西
まどか


380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:16:18.36 ID:sSICsc7o0
ド!ド!ドリランド!
まどか




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:17:49.59 ID:RSKL0/a40
まどか「やった! 私だー!」

さやか「いやいやいやいや、おかしいでしょ! どこも公平じゃないじゃん!」

QB「そうだよ、ドドリアさんだってドン小西さんだっているじゃないか」

杏子(仮にそいつらが選ばれたらどうすんだよ……)

マミ「こんな不正認められないわ」

まどか「」チッ



以下10レス内で一番名前が多かった人がほむほむと入浴ターイム




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:17:58.03 ID:tFgMD1nU0
残念! さやかちゃんでした!

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:11.82 ID:8V06KNiG0
まどか

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:26.54 ID:Ub2X3WXd0


387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:40.15 ID:+5/mibrB0
QB

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:40.57 ID:O5J7P4PNO
流石にかわいそうだからまどか

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:46.56 ID:xJ4+ASzh0
さやか

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:52.98 ID:HAX2/CIb0
さやか

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:53.72 ID:z3fLy+Ul0
さやかちゃん

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:55.56 ID:mwnA0fcl0
あえてのマミさん

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:56.45 ID:+5/mibrB0
QB

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:18:59.86 ID:wroax/kW0
まどか

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:19:09.21 ID:HbcNPrpz0
まどか

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:19:22.76 ID:50fVHt58O
さやか

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:19:33.70 ID:mwnA0fcl0
まどか涙目wwwww

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:19:34.74 ID:VlYrv0FF0
まどか

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:19:52.81 ID:OWnqqUdw0
まどか




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:21:07.07 ID:RSKL0/a40
QB「20レスだったらまどかの勝ちだったのにね。残念ながらさやかの勝ちだ」

QB「ちなみにボクはスポンジ代わりに使うといいよ! ほむほむのほむほむをほむほむしてあげるよ!」

まどか「ぶちころすぞ孵卵器」




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:24:42.36 ID:RSKL0/a40
さやか「いえーい! さやかちゃん大勝利ー!」

さやか「これは来ちゃったかな、あたしの時代が」

まどか「……」

QB「ボクは何も悪くないよ? だからその鈍器は素直に床に置くべ」キュップイ

杏子「あーあ、またさやかかよー。今日のさやかに勝てる気がしないぜ」

マミ(一票分……首だけでも一緒に入れないかしら)




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:26:47.81 ID:RSKL0/a40
さやか「念願のほむほむとのお風呂タイムを手に入れた!」

まどか「ニア ○してでも奪い取る」




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:31:57.44 ID:RSKL0/a40
~しばしさやほむタイムをお楽しみください~

さやか「ほむらー、脱がせてやるー。うへへへへー」

ほむら「その笑い方と手つきはやめて。変態っぽいわよ」

さやか「ちぇー」

ほむら「ほら、貴女も早く脱ぎなさいよ。先に入るわよ」

さやか「えぇ!? 待って! 詳細な脱衣の記述が足りてないから!」

ほむら「『さやかは真っ裸になった』」

さやか「ちょ」




413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:36:29.47 ID:RSKL0/a40
さやか「お風呂といえばもちろん洗いっこだよね?」

ほむら「……髪と背中だけだけどね」

さやか「じゃあ髪の毛からだ。ほむらの髪は長いから洗い甲斐があるね」

ほむら「洗うのが結構めんどくさいのよね。いっそ切っちゃおうかしら」

さやか「いや、せっかくのきれいな髪を……いやでもお揃いのショートも捨てがたい」

ほむら「お揃いの髪型……私、ショートが致命的に似合わない気がするわ」

さやか「そうかなあ?」




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:41:11.35 ID:RSKL0/a40
さやか「はい終わり」

ほむら「早いわね」

さやか「誰も髪いじりなんて望んでないからね!」

ほむら「え?」

さやか「ここからさやかちゃんのスキンシップタイムの始まりだー」フォオオオオ

ほむら「え? え?」

さやか「もちろんスポンジなんて無粋なものは使いませんぜ。うっへっへ」テノヒラヌルヌル

ほむら「ま、待って――こら、背中だけって///」

さやか「残念ながら背中から脇から胸からすべての道はつながっているのだよ!」コウソクイドウ!

ほむら「意味がわからな――あ///」




425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:48:17.17 ID:RSKL0/a40
さやか「ほむらは敏感だねえ」ツー

ほむら「んゃっ!」

さやか「うなじも脇も背中も◎、と」

ほむら「なんのデータよぉ……///」

さやか「もちろん例のアレもやっちゃいますぜ」ワキワキ

ほむら「そ、それ以上やったら///」

さやか「どれどれ、成長の証は見られるかなー」

ほむら「だ、だめッ――だってばぁ……///」



さやか「……」

ほむら「……何でそこで黙るのよ」




434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:53:14.13 ID:RSKL0/a40
さやか「ふぅ。余は満足じゃ」テカテカ

ほむら「もう……触り甲斐のない身体触って何が楽しいのよ///」

さやか「そんなことないよー。ほむらの肌は綺麗だし、反応かわいいし」

ほむら「良くそういう台詞がスラスラ出てくるわね///」

さやか「素直な感想さー。考えるの苦手だしねー」

ほむら「……ありがとう」

さやか「反撃はどうする?」

ほむら「……今日はやめとく」

さやか「ん」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:54:52.54 ID:mwnA0fcl0
今日は、とな




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:56:26.14 ID:RSKL0/a40
さやか「今ここにいるのは私たち二人だけだよね」アタマゴシゴシ

ほむら「? そうね」ユブネデユラユラ

さやか「みんなに聞かれたくない相談事なら乗るぞー」

ほむら「……」

さやか「あるんでしょー? 今日のさやかちゃんはまさに女神だからね」ザバー

ほむら「ぷっ……自分でそこまで言うの?」

さやか「なんか今日はひときわ輝いてる気がするからね!」




439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:00:03.26 ID:RSKL0/a40
さやか「当ててあげよっか」ユブネランニュウ

ほむら「……いいわ。自分で言うから」チョットセマイワ

さやか「では、さやかちゃんに何でも言ってみるが良い!」

ほむら「……仲良く、したかった……んだけど……」

さやか「誰と?」

ほむら「……わかってるくせに」

さやか「自分で言うって言ったじゃん?」




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:02:32.14 ID:RSKL0/a40
QB「ここはボクの出番だって気配を感じたんだけどね」

QB「出て行ったら本気でシャレにならないような気がしなくもないんだ」

QB「自重すべきかどうか、>>442 はどう思う?」




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:03:16.33 ID:HAX2/CIb0
しなくていいよ




446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:07:57.14 ID:RSKL0/a40
ほむら「その……まど「お邪魔するよ」」

QB「待ちきれなくて乱入しちゃったよ」

ほむら「は?」

さやか「お前何しに来たー!」

QB「さあ、ほむら! ボクをスポンジ代わりにキュップイ!?」ターン

ほむら「死になさい、淫獣」

さやか「え? 何で湯船の中に水中銃が……?」

ほむら「乙女の護身用よ」

さやか「護身用でなんか磔ができてるんだけど……」




448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:10:47.31 ID:RSKL0/a40
ほむら(結局相談できなかったわ……)キガエキガエ

さやか「ほむら着替え遅いよー」パジャマソウチャク!

ほむら「……なんか貴女の着替え方かっこいいわね」

さやか「私はかっこいい女を目指してるからね!」

ほむら(方向性は違うと思うけど)




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:14:54.93 ID:RSKL0/a40

さやか「あがったよー……うわっ」

杏子「おう、遅かったな」

マミ「お、遅かったわね」

まどか「」ドヨーン

さやか(一人だけ半端じゃない負のオーラが滲み出てる……)

ほむら「お待たせ。次は?」

杏子「私とマミだな。じゃ、行って来る」

マミ『あとよろしくね』テレパシー

さやか(任されてしまった)




467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:26:18.19 ID:RSKL0/a40
まどほむさや「……」

さやか(まあこうなるよね……)

ほむら『さやか』テレパシー

さやか『ん? なに? ほむら』テレパシー

ほむら『その……お願いがあるんだけど……』テレパシー

さやか『言ってみ。今日のさやかちゃんはさや神様レベルだからね』

ほむら『……まどかと二人っきりにしてもらえる、かな?』

さやか『それはいいけどさ。……大丈夫なの?』

ほむら『なんとか、する』

さやか『私がフォローしなくても平気?』

ほむら『……私だって、かっこいい女を目指してるもの』

さやか『OK! がんばれよほむら!』

さやか「あ、私飲み物取りにちょっと……いや、かなり行って来る」

ほむら(なんでそこでボケるのよ)




468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:30:52.77 ID:RSKL0/a40
まどか「……」

ほむら「……ま、まどか……」

まどか「え!? な、なにかな!?」

ほむら「え、えっと……その……」

まどか「あ、あのね、今日のことなら気にしてないから。大丈夫……だよ?」

ほむら「……」

まどか「ちょっとキュゥべえに八つ当たりとかしてたけど、そんなに気にしてなくて……」

ほむら「……」

まどか「だから……ほむらちゃん?」

ほむら「……」




469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:35:40.08 ID:RSKL0/a40
ほむら「……」ギュッ

まどか「え!? え!? え!?」

ほむら「今日、来てくれて嬉しかった」

ほむら「料理を美味しいって言ってくれて嬉しかった」

ほむら「手伝ってくれようとして、嬉しかった」

ほむら「とにかく嬉しかった」

ほむら「……ごめんね、口下手だからうまく言葉にできなくて……」

まどか「ほむらちゃん……」ジワ…




470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:38:07.27 ID:bvg6Ml/20
まじでこんな顔になった
          ____   
       /_ノ  ヽ、_\ 
.     / (● ) (● )\ 
    ///////(__人__)///\ 
    |              | 
     \           /
    ノ            \




474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:41:43.90 ID:RSKL0/a40
ほむら「仲良くなりたかったのに……全然言葉にできなくって……」ウルウル

まどか「うぅ……ひっく……」

ほむら「ちゃんと言えればよかったのに……勇気がなくてゴメンね」

まどか「私、ほむらちゃんに嫌われてるのかと思ってた……」グスグス

ほむら「そんなことないよぉ……」

まどか「だって、さやかちゃんたちとは遊んでて、私だけ呼ばれてなくて……」

ほむら「ごめんね……まどか。どうしても言い出せなくて」

ほむら「家に来て、って言葉が恥ずかしくて」

ほむら「何度も誘おうとしたのに、できなくて」




477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:46:05.52 ID:RSKL0/a40
まどか「私だって……言えばよかったの」

まどか「でも自分から言いに行く勇気がなくて」

まどか「ほむらちゃんに誘われるのをずっと待ってた」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「だから……私も……ゴメンね」

ほむら「ありがとう……まどか……」

まどか「うぅ……ほむらちゃん……」





ほむら「泣いて、すっきりしたわ」

まどか「えへへ、私もだよ」




479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:48:41.10 ID:RSKL0/a40
QB「どう考えてもボクの出番なんだけd」ザシュ

さやか「6匹目ー」

QB「いやいや、キミ今までの流れ覚えt」ザシュ

さやか「7匹目ー」

QB「わかがわかr」ザシュ

さやか「8匹目ー」



さやか「他人の恋路はこのさやかちゃんが守る!」

さやか「だから誰か私の恋路を守ってください! マジでお願いします!」




482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:54:42.76 ID:RSKL0/a40
杏子「あがった……ぞ……」ゲッソリ

マミ「遅くなってごめんなさいね」ツヤツヤ

ほむら「いえ、かまわないわ」

まどか(何があったのかすっごく気になる……)

マミ「あれ? 美樹さんは?」

まどか「そういえば飲み物取りに行ったまま……」

ほむら「あ」

ほむら『さやか、聞こえる?』テレパシー

さやか『お、プロポーズは終わったかい?』テレパシー

ほむら『そ、そんなんじゃないわよ。わかって言ってるでしょ///』

さやか『テレパシーで赤面するほむほむかわいい』

ほむら『何言ってるの/// もう戻ってきて大丈夫だから。ありがとう』

さやか『12匹目、と』ザシュ

ほむら『え?』

さやか『ああ、気にしない気にしない』




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:59:24.62 ID:RSKL0/a40
さやか「さーて、お泊りイベントのメインディッシュですよー!」

杏子「布団は二組、ほむらは一人」

マミ「二、三で分かれるのね」

さやか「さやかちゃんがんばっちゃいますよー」

杏子「お前、そろそろ遠慮したらどうだ?」

さやか「調子のいい時に調子に乗っておくのがさやかちゃんの主義。さやかイズムだ!」

マミ「そろそろ運気が落ちてもおかしくない頃よね」

まどか「……」ドキドキ

さやか「公平にじゃんけんでいいかな? ねえ、ほむら?」

ほむら「!」




489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:06:36.04 ID:RSKL0/a40
ほむら(……さやか、ありがとう)

ほむら「ごめんなさい」

ほむら「私は、今日はまどかと寝たい」

まどか「!」

杏子「えー、ご指名かよー」

マミ「でも、それは……」チラッ

さやか「しょうがないなあ、ほむらがそう言うんだし!」

さやか「さやかちゃんはマミさんと杏子を抱き枕にして我慢しますかねー」

杏子「おい、我慢って何だ。大体、ほむらの方を三にしても……」

マミ「そうよ、美樹さん! って何で問答無用なの!?」

さやか「じゃあほむらー、まどかー、おやすみー」




491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:11:51.00 ID:RSKL0/a40
ほむら「……えっと、じゃあ寝ましょうか」

まどか「……う、うん、そう「ほむほむー!」」

QB「ボクを抱き枕にして一緒にエントロピーを凌駕しようよ!」

まどか「」ガシッ

QB「キミの握力じゃボクの頭蓋骨を握り潰すのは無理だよ。だからその手を離し」キュップイ

まどか「……寝よっか」ポイッ

ほむら「……ええ」ワタシハナニモミテナイ




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:20:47.57 ID:RSKL0/a40
ほむら「……まどか、まだ起きてる?」

まどか「……うん」

ほむら「今日ね、じゃんけんの時にまどかに勝って欲しいなって思ってたの」

まどか「……負けちゃったけどね」エヘヘ

ほむら「うん。待ってるんじゃダメだった」

ほむら「でも、勇気を出したらこんなに簡単にまどかと一緒にいられた」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「私、がんばるね。もっと、もっと、強くなるから」

まどか「うん、私も。もっと、もっと、強くなるから」

ほむら「まどかを守れる私になるから」

まどか「ほむらちゃんを守れる私になるから」




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:21:42.12 ID:RSKL0/a40
ほむら「一緒ね」フフ

まどか「一緒だね」アハハ



ほむら「……手をつないでもいいかな?」

まどか「うん」

ほむら「おやすみ、まどか」

まどか「おやすみ、ほむらちゃん」



チュッ



おしまい




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:22:16.39 ID:bvg6Ml/20
ふむ、満足




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:23:18.55 ID:HbcNPrpz0
とてもよかった。乙!




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:24:12.40 ID:RSKL0/a40
時間なくて最後駆け足だった。
ホントはもうちょっとべぇさんにがんばって欲しかったなあ。

途中からの乗っ取りだったのに支援ありがとうございます。




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:24:14.06 ID:VlYrv0FF0
乙!
まどっち本当に良かったね……




502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 03:27:00.71 ID:RSKL0/a40
乗っ取りどころかVIPで初SSだったので緊張しました。
また機会があったらどこかでお目にかかりましょう。

では、おやすみなさーい。






--------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



キューティーフィギュアマスコット 魔法少女まどか☆マギカ BOX
キューティーフィギュアマスコット 魔法少女まどか☆マギカ BOX
メガハウス 2012-06-30
売り上げランキング : 820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア) 魔法少女まどか☆マギカウエハース vol.II Box (食玩) Half Age Characters 魔法少女まどか☆マギカ (BOX) 魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア) 魔法少女まどか☆マギカ ふきだし占いますこっと Box (食玩)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 13:31: :edit
    きゅうべえくっそうざすw
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 13:59: :edit
    エントロピーを凌駕したぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 14:18: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│  ま  │\         がしゃーん
    <  \____/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    終わり良ければ全てが良いような気がしてくる安易なやつだよ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 14:26: :edit
    ロボが3getしちゃったよ
  5. 名前: 名無し #-: 2012/05/03(木) 15:06: :edit
    いいたいことはただ一つ
    尻軽女ほむら市ね
  6. 名前: 通常のナナシ #LkZag.iM: 2012/05/03(木) 16:15: :edit
    >5

    いやぁ、ほむらが軽いのは尻じゃなくてむn(ターン
  7. 名前: 名無し #-: 2012/05/03(木) 16:29: :edit
    おいロボ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 16:58: :edit
    そりゃーまどかも黒くなるわw
    外伝組なんて相性最悪だろうに
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 17:01: :edit
    素晴らしいィッ!!
  10. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/05/03(木) 17:48: :edit
    最初から最後まで良かった
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 17:55: :edit
    不快と愉快の境界線上を走ってたSSだった
  12. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/05/03(木) 18:07: :edit
    さやかちゃんが良い子過ぎて見ていて辛い
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 19:13: :edit
    QBおもしれwww
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 19:58: :edit
    さやかちゃんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 19:59: :edit
    胃がキリキリしてそうなまどっちも可愛いです

    3ゲット成功しちゃうロボは一度オーバーホールされるべき
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 20:46: :edit
    なかなかに回りくどくていいまどほむだった
    すげえ面白かったw
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 22:23: :edit
    さやか△
    まどかさん怖いです・・・
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 23:41: :edit
    やっぱりまどほむもいいがほむさやがいい!
    さやかちゃんかわいい!
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/04(金) 01:40: :edit
    まどかいじめられすぎてさすがに可哀想になってきた
    ほむらも誰とでも寝てるくせにこのビッチが
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/04(金) 13:04: :edit
    QBの「ハシャイジャッテ」でワロタwww
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/04(金) 15:19: :edit

    ほむらがまどか以外のキャラといかに親密であるか、についての描写が妙に念入りだったおかげで最後まで読んでもモヤモヤが取れなかったな…

    (最後のシーンのようなまどかの心情を半ば知りつつまどかを阻害するような行動を取る周りに対しても結構イラッとしたし)

    せめて作中にもう少しほむら視点があればよかったなと思う
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/05(土) 16:08: :edit
    やっぱまどかとほむら以外は有り得ないわ
    この二人がこの二人で幸せになってくれないと俺は駄目だ
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/06(日) 19:00: :edit
    面白かった
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/07(月) 02:00: :edit
    飯食ってー 飯食ってえー
    言、葉に できなあい

    キャラ崩壊気味の容赦ない突っ込みまどっちは大好物です
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/08(火) 05:05: :edit
    まどっちの握力ならQBを握りつぶせそうな気がする
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/10(木) 11:15: :edit
    言いたい事は二つだけだわ

    このSSは最高に好みだった

    ゲスな※5は親と一緒に苦しんで市ね
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/22(火) 21:28: :edit
    キュウべぇには相談してたんだな
    2回目読んで初めて救われた気がしたよ
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/29(火) 03:58: :edit

    ※27

    確かにそうだな。

    ほむらはほむらなりのペースでまどかに近づこうとしていたのが垣間見えてちょっと
    幸せになれた。

    それと同時に他のキャラ達の振る舞いがより気持ち悪くなったが…

    まどかを泣くほど追いつめておいて何事も無かったかのように友達面するなよ意味がわからん
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。