一方通行「寺子屋さンでェす」 その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/01(火)
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/25(金) 23:44:16.86 ID:jW6k4ZVg0

その2です。


217 :悪鬼の印象:2011/02/25(金) 23:44:16.86 ID:jW6k4ZVg0
次の日ーー


美琴「月謝払いに来たわよ」

一方通行「おォ」ゴロンゴロン

美琴「今日は彼女いないの?」

一方通行「仕事が入ってンだよ」

美琴「仕事……ね」

一方通行「あァ、10032号と19090号の分はいらねェよ」

美琴「そういうわけにもいかないわよ」

一方通行「いいンだよ、アイツらのは俺が好きでやってる事だしィ」ダラーン

美琴「……ねぇ、ちょっと聞きたかったんだけどさ」

一方通行「あン?」

美琴「アンタ、変わったわよね」

一方通行「なに言ってンだ?」

美琴「そんなに丸くなったのはいつから?」

一方通行「俺が丸くなった、だと?」

美琴「……うん」




218 :転機:2011/02/25(金) 23:45:22.30 ID:jW6k4ZVg0
美琴「全てを拒否してたアンタが、今はこうして誰かと向き合ってるじゃない」

一方通行「まァ、な」

美琴「戦った私としては信じられないくらい、丸くなったわよね」

美琴「なにかきっかけがあったんじゃないの?」

一方通行「……強いて言えば、あの時か」

美琴「あの時?」

一方通行「俺と結標は今仕事仲間なンだ、寺子屋さンとは別に」

美琴「……仕事?」

一方通行「まァ汚ェ裏の仕事もやってるから詳しくは話さねェけどよ」

美琴「どうしてよ」

一方通行「オマエは表の世界の住人なンだ、無闇に暗部の話なンか聞くもンじゃねェ」

美琴「……とりあえずわかったって言っといてあげる」

一方通行「それでよ、ある日暗部の仕事が終わって家に帰ったンだ」

一方通行「時間は23時過ぎだったかァ……」

美琴「……」




219 :平和な光景:2011/02/25(金) 23:46:17.80 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「その時、テレビでやってたのがよ……」

美琴「……」ドキドキ

一方通行「世界の車窓から」

美琴「……」

一方通行「……」

美琴「えっ」

一方通行「えっ」

美琴「いや、それで?」

一方通行「え、終わりだけど」

美琴「はぁ!?どういう事!?」

一方通行「なにが」

美琴「え、冷酷非道なアンタを変えたのは『世界の車窓から』だっていうの!?」

一方通行「うン、多分」ウン

美琴「なんで!?どうして!?」




220 :悔やまれる過去:2011/02/25(金) 23:47:19.60 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「だってよォ、あれめっちゃ平和だろォが」

美琴「……平和ね」

一方通行「あの音楽とか聞いてるうちに『あ、なンかどォでもいい』ってなったンだよ」

美琴「」

一方通行「いやありゃやべェ、荒んだ心が一気に浄化された気分だったぜェ」フフン

美琴「……世界の車窓からを観て、全部がどうでもよくなって、ダラッダラになったの?」

一方通行「だろォな、あンなまろい番組は初めて見たぜ」

美琴「えー……」

一方通行「あァ?オマエが聞いてきたンだろォが」

美琴「いやそうだけども……なんか納得いかないというか……」

一方通行「はい終わりィ、月謝置いてとっとと帰れェ」ポイ

美琴「」ビタン



バターーーーンッ!



美琴「」

美琴「……」

美琴「……実験の前に戻ってアイツに見せたらどうなってたのかな」トボトボ




221 :一方通行の独り言:2011/02/25(金) 23:48:08.59 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「結標遅ェな……」

一方通行「……」ゴロゴロ

一方通行「コーヒー飲みてェ」




一方通行「淹れるのはめンどくせェし、買いに行くかァ」

一方通行「いや……たまには豆でも買ってみるかな」






一方通行「よし、デパートメントへゴー」スタスタ




222 :ヤダ、大胆……:2011/02/25(金) 23:49:01.63 ID:jW6k4ZVg0
19090「あ、一方通行、こんにちは」ペコ

一方通行「あァ?おォ」

19090「こんな所で偶然ですね、とミサカは至極普通の挨拶をします」

一方通行「……オマエ、19090号かァ?」

19090「え、ど、どうしてわかったのですか?とミサカは驚きを隠せません」

一方通行「ン、ちょっと声が小せェかもって思ったンだよ」

一方通行「それにィ……」ジー

19090「?」


スボッ!


19090「あ、あえっ!?」

一方通行「ウエストに指2本の余裕があるンだっけ?」

19090「あ、あの……いきなり指を滑り込ませるのはどうかと思いますが……と、ミサカ……は」ドキドキ

一方通行「あン?10032号が言ってたじゃねェか」

19090(び、びっくりしました……!)ドキドキ




223 :まだまだ子供:2011/02/25(金) 23:49:53.77 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「ンで、オマエは1人で何をしてンですかァ?」

19090「ぬ、ぬいぐるみを見に来たのです、とミサカは少し照れながら答えます」テレッ

一方通行「ぬいぐるみィ?」

19090「ええ、ぬいぐるみの作り方を教わってから、色々なぬいぐるみを見ることが好きになりました」

一方通行「ほォ」

19090「例えばこのクマさん、どう思われますか?」サッ

一方通行「……鼻のまろみがいい具合だなァ」

19090「ではこちらのウサギさんは?」サッ

一方通行「縫い目がまろンでるな」ウン

19090「このように色々と見て回るのが楽しいのです」ニヘラ

一方通行「へェ、よかったじゃねェか」

19090「はい」

一方通行「せっかくだから好きなの選べ」

19090「え?」

一方通行「好きなの買ってやるっつってンだよ」

19090「い、いいのですか?」




224 :足長おじさン:2011/02/25(金) 23:50:47.24 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「せっかく興味ある事ができたンだ、遠慮すンな」

19090「え、あ……じゃ、じゃあ……っ!」トテテッ

一方通行「落ち着けェ、ゆっくり選んでいいからよォ」

19090「こ、このクマさんがいいですっ!とミサカは指差します」

一方通行「……いや別にいいけどよ、等身大グリズリーのぬいぐるみなンてどこに置くンだよ」

19090「あう……そうでした」ショボン

19090「あ……」

一方通行「あァ?いいの見つけたのか?」

19090「このウサギさんとカエルさん……どっちも捨てがたいですね」ムムム

一方通行「……」

19090「……」ドーシヨッカナー

一方通行「もォ両方買うぞォ」ヒョイ

19090「え、あ……いいのですか?とミサカは確認を取ります」

一方通行「選べねェンなら両方買えばいいだろォがよ」




225 :うさぎ(一方通行)とカエル(妹達):2011/02/25(金) 23:51:37.83 ID:jW6k4ZVg0
19090「あ、ありがとうございますっ!とミサカはぬいぐるみを抱き締めながらお礼を述べます」ギュゥ

一方通行「大事にしろよォ?」

19090「それはもう!」

一方通行「枕にしてヨダレまみれにするンじゃねェぞ?」

19090「うっ……し、しませんよぅ」

一方通行「ン、じゃまた次の授業でなァ」スタスタ

19090「あ……」

一方通行「……」スタスタ

19090「あ、あのっ!一方通行!!」

一方通行「あン?」

19090「あ、ああ、ありがひょ……ありがとうございまんたっ!」ペコリ

一方通行「……クカカッ、盛大に噛ンでるじゃねェか」

19090「ぁぅ……」

一方通行「どういたしましてェ、じゃまた明日の授業でなァ」フリフリ

19090「……はいっ!」

19090「……」ニヘッ




226 :前衛的な裁縫:2011/02/25(金) 23:52:38.27 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「はい、今日は皆さンの作ったぬいぐるみの発表会ですよォ」

一方通行「まず10032号ォ」

御坂妹「ミサカはケロヨンを作ってみました、とミサカは自信満々に出します」スッ

美琴「うわ!可愛いじゃない!」

結標「……すっごいわね」

19090「ミサカのも中々ですよ?とミサカも負けじとぬいぐるみを出します」スッ

御坂妹「あの短時間でよくぞこのクオリティを……」

美琴「ね、私のゲコ太も見てよ!ホラホラ!」サッ

19090「ちょっとほつれていませんか?とミサカは正直に感想を述べます」

美琴「うっ……これは、その……」グサッ

一方通行「オラ、結標ェ……お前も出せ」

結標「……」スッ

美琴「……こ、これは」

御坂妹「ほつれているというか、綿が全面的に飛び出していますね」

19090「もはやホラーの類です」

結標「うわぁぁぁぁんっ!だから出したくなかったのよぉぉぉぉぉぉ!!」




227 :ダイナミックなストラップ:2011/02/25(金) 23:53:31.70 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「わっしわっしィ」ワシワシ

結標「ん……むぅ」

一方通行「いいじゃねェか、最初から上手く出来る奴なンか中々いねェ」

結標「……うん」

一方通行「できた作品はしばらく後ろの棚に飾りまァす」ハイ

19090「お、おぉー」パチパチ

美琴「なんだか照れくさいわね……」

結標「え、私のも!?」

一方通行「当たり前だろォが!甘ったれンじゃねェ!!」プンスカ

結標「公開処刑じゃないのよ!!」プンスカ

御坂妹「その後はどうするのですか?」

一方通行「ン、しばらく展示したら後は持ち帰っていいぞォ」

美琴「部屋にまたぬいぐるみが増えるわね……」

一方通行「なら携帯ストラップとか」ハイ

美琴「でかすぎるわよ!」




228 :一方通行に呼び出し:2011/02/25(金) 23:54:39.45 ID:jW6k4ZVg0
ーー


結標「ね、あなた宛になんか届いてるわよ?」

一方通行「あァ?」

結標「無記名の封筒ね、怪しいわ」

一方通行「ン」ビリビリ

一方通行「……」ジー

結標「……なにか危ない感じ?」

一方通行「……」

結標「ちょ、ちょっと?」

一方通行「……ちょっと出てくるわ」

結標「え、あと1時間で次の講座入ってるわよ?」

一方通行「すぐ戻るゥ」スタスタ

結標「うん、わかった」

結標(なんだろ……)




229 :垣根登場:2011/02/25(金) 23:55:30.50 ID:jW6k4ZVg0
垣根「来たか」

一方通行「おォ、呼び出すのにわざわざ手紙たァ洒落てンじゃねェか」ザッ

垣根「……久しぶりだな、クソ野郎」

一方通行「オマエの事だから人質取って呼び出しすると思ったのによ」

垣根「はっ、今更そんなめんどくせぇ事するかよ」

一方通行「で、なンの用だァ?」

垣根「心理定規から聞いたぜ、寺子屋開いてるらしいじゃねぇか」

一方通行「寺子屋さン」

垣根「あ、寺子屋さン」ゴメン

一方通行「で?」

垣根「……平和ボケしてんな、オイ」

一方通行「……ンだとォ?」

垣根「随分楽しそうにやってんじゃねぇか、あ?」




230 :これは予想外:2011/02/25(金) 23:56:31.67 ID:jW6k4ZVg0
一方通行「悪ィかよ」

垣根「いや?腑抜けきってるなら殺すのに手間かかんなくて助かるぜ」

一方通行「……やンのか?」

垣根「おぉ、リベンジマッチだ」


バサッ!


垣根「俺は!てめぇを殺してメインプランへと成り上がるんだ!」

垣根「構えろ第一位!一方通行よぉ!!」

一方通行「ヤダ」ハイ

垣根「」

垣根「…………え、何で?」

一方通行「だって1時間後に次の講座入ってるし」ウン

垣根「は?」

一方通行「色々教材の準備とかで忙しいンだよ、俺はァ」




231 :まぁどっちかって言われたら……:2011/02/25(金) 23:57:25.83 ID:jW6k4ZVg0
垣根「てめぇ、ふざけてんのか?」

一方通行「あン?」

垣根「俺は地獄の底から復活したんだぜ?」

垣根「それなのにてめぇは、暗部に属しながら表の世界で店を開いてるときた」

一方通行「おォ」

垣根「ざっけてんじゃねぇ!てめぇは俺と同じ、裏の世界の住人だろうが!!」

一方通行「なら、表に生きればいいじゃねェか」

垣根「えっ」

一方通行「オマエも表の世界で生きればいいじゃねェかっつってンだよ」

垣根「はぁ?」

一方通行「つまりオマエは俺が羨ましいンだろォ?」

垣根「いやまぁ羨ましいか羨ましくないかで言ったら……いいなぁって思うけど」

一方通行「だろォ?」

垣根「いやでも表の世界って言われても……」

一方通行「あァ?」




232 :垣根の冷やし力:2011/02/25(金) 23:58:29.22 ID:jW6k4ZVg0
垣根「正直ずっと裏の世界で過ごしてきたもんだからな」

垣根「表の世界で何していいかわからねぇ」

一方通行「オマエもなンか店開けばいいじゃねェか」ダラーン

垣根「……」

垣根「……それだ」ハッ

一方通行「俺だって今はグループでの仕事よりも寺子屋さンの方が楽しいもン」ウン

垣根「お、おぉぉ……開業か、そうだな」ウン

一方通行「オマエの特性を活かした仕事をすればいいだけだろォが」

垣根「俺の、特性?」

一方通行「そォだな……『垣根冷蔵』なンてどォだ?」

垣根「垣根……冷蔵だと?」

一方通行「冷蔵、冷凍倉庫だ、オマエならお手のもンだろォが」

垣根「……いい」ハッ

一方通行「冷蔵庫に関してオマエの右に出るものはいねェはずだ」

一方通行「この俺を含めて……な」キュピーン

垣根「一方通行ン……」




233 :実際あしらわれただけ:2011/02/25(金) 23:59:27.31 ID:jW6k4ZVg0
垣根「そうか!堅気の仕事をすりゃいいじゃねぇか俺!」

一方通行「おォ」

垣根「会社名は『ミスターチルドレン』とかどうだ!?」

一方通行「いやそれは別に面白くないです」ハイ

垣根「あ、そうか」ウン

一方通行「じゃ俺は行くぜェ」ダルーン

垣根「おう、ありがとな第一位」

一方通行「……頑張って冷やせよ」

垣根「ああ、俺の保冷剤に常識は通用しねぇとこを見せてやるよ!」ブンッ

一方通行「そのうち様子見に行ってやるからなァ」

垣根「ちっ、借りができちまったな」

一方通行「そォ思うなら冷蔵界で頂点目指せ、それで許してやるよ」スタスタ

垣根「ああ、やってやるよ」キュピーン

一方通行「じゃあなァ」スタスタ




234 :なんという:2011/02/26(土) 00:00:27.33 ID:X9OIj9Xi0
結標「おかえりなさい、遅かったじゃない」

一方通行「おォ、垣根と話つけてきたァ」ゴロン

結標「えっ」

一方通行「ン?」

結標「垣根って……垣根帝督?」

一方通行「第二位の未元物質」ウン

結標「え!?じゃあ手紙は第二位からだったの!?」

一方通行「おォ」

結標「だ、大丈夫だった!?」

一方通行「なにが」

結標「いやなにがって……因縁の相手じゃない」

一方通行「アイツも開業するらしいから、そこまで警戒しなくて大丈夫だ」

結標「えっ?開業?」

一方通行「おォ、垣根冷蔵だ」

結標「」




235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 00:00:52.39 ID:F5+YZm6AO
ていとくんが相変わらずていとくんで安心しました




236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 00:01:02.09 ID:+U9PnGj/0
垣根がついに冷蔵庫を認めたか




237 :芳川姉さんの社会復帰:2011/02/26(土) 00:01:22.38 ID:X9OIj9Xi0
結標「か、きね冷蔵?」

一方通行「あァ」

結標「そ、それってどういう流れでそうなったのよ……」



<こんにちは



一方通行「お、簿記教室の生徒共が来やがったなァ」

結標「まだ色々聞きたい事あるんだけど……」

一方通行「ン?」

結標「第二位の話をもっと詳しく聞かせてくれる?」

一方通行「あとでなァ」ゴロゴロ

結標(……土御門とか驚くわよね)

芳川「やっぱり就職するにしてもまずは資格からよね」ウン

一方通行「オマエの場合、社会復帰を先延ばしにしてる様にしか見えねェよ」

芳川「あら、甘くないのね」

一方通行「俺は甘いものが苦手なンだよ」




238 :お早いお帰り:2011/02/26(土) 00:02:17.71 ID:X9OIj9Xi0
心理定規「おかえりなさい」

垣根「おう」

心理定規「どうだったの再戦は?」

垣根「え?」

心理定規「無傷の所を見ると圧勝だったのかしら?」

垣根「いや再戦してねぇけど」

心理定規「……は?」

垣根「え?」

心理定規「再戦してないって……何しに行ったの?」

垣根「いや、アイツに教えてもらう日が来るとはな」

心理定規「何が?」

垣根「楽しく生きる方法」

心理定規「」

垣根「俺も開業するぜ!」ハイ

心理定規「」




239 :安心の垣根クオリティ:2011/02/26(土) 00:03:14.09 ID:X9OIj9Xi0
心理定規「……は?」

垣根「だから俺も開業するんだよ」

心理定規「え、どうして?」

垣根「第一位が俺に道を示してくれた」キュピーン

心理定規(この人こんなダメな人だったかしら)

心理定規「それで、なんのお店を?」

垣根「店っつーか……垣根冷蔵」

心理定規「垣根冷蔵?」

垣根「世界中を冷やしてやるぜ!」ブンッ

心理定規(ダメな人っていうか……バカ?)

垣根「ん?世界中を冷やす……?」

心理定規「どうかしたの?」

垣根「ちょっとすごい事思いついた」

垣根「パソコンあったよな?」

心理定規「え?ええ」




240 :天才のすくつ:2011/02/26(土) 00:05:22.20 ID:X9OIj9Xi0
【すごい事考えたwwwwww】


1.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TEITOKU
冷蔵庫開けっ放しにしたら冷却されて地球温暖化ストップするんじゃね?

2.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:HAMADURA
ちょwwww天才wwwww

6.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:SOGEBU
あれ?でもそれだと冷蔵庫の熱で地球の温度上がるくね?

16.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ACCELERATE
それならその冷蔵庫を別の冷蔵庫で冷やせばよくね?

38.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TEITOKU
>>16
鬼 才 あ ら わ る

42..以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:SOGEBU
じゃあその冷蔵庫の熱はどうするんだ?

56..以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:HAMADURA
>>42
さらに後ろから別の冷蔵庫で冷やす

62.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ACCELERATE
もう輪になるように冷蔵庫配置すれば完璧じゃね?

63.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:SOGEBU
>>62
天才

64.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TEITOKU
>>62
お前頭よすぎじゃね?

700.以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:AMATAN
なにこの天才のすくつ
ちょっと学会で発表してくる




302 :リベンジマッチ:2011/02/26(土) 21:45:58.68 ID:DCuZUMiV0
初春「白井さん、出所したスキルアウトの再犯だそうです」

黒子「状況は?」

初春「駅前の銀行で強盗みたいですね」

黒子「まったく、世話のかかる……」


ヒュンッ


黒子「ジャッジメントですの!大人しくお縄につきなさい!!」

スキルアウト「げっ、もう来やがった!」

黒子「大人しくしないと……」

スキルアウト「うぎゃあっ!?」

黒子「力づくで拘束しますわよ?」


<キャー


黒子「!」

絶対等速「おーおー、いつかのクソガキじゃねぇか」

黒子「アナタはあの時の……っ!」




303 :不利な状況:2011/02/26(土) 21:47:01.09 ID:DCuZUMiV0
黒子「再びブチ込んで根性を叩きなおして差し上げますわ」

絶対等速「調子乗ってんじゃねぇよ、人質が見えねぇのか?」

黒子「く……っ!」

スキルアウト「動くんじゃねぇ!容赦なくブッ放すぞ!」

絶対等速「空間移動者とは言っても、複数の人質を同時に助けるのは厳しいよなぁ?」

黒子「卑怯者……」ギリッ

絶対等速「くくく、今回は俺の勝ちだな」

スキルアウト「ATM取り外す準備できました」

絶対等速「おお、やれ」

スキルアウト「はい!」

絶対等速「オラ、てめぇは頭に手を置いてうつ伏せになってろ」

黒子「く……っ」

絶対等速「妙な動きしてみろ、人質に穴が空くと思え」




304 :これは予想外:2011/02/26(土) 21:47:51.73 ID:DCuZUMiV0
黒子(マズイですわ……あの男、以前より更に隙がないですの)

黒子(人質を抑えてるのは2人)

絶対等速「……」

スキルアウト「……」

黒子(同時に相手をして人質を解放するのは厳しい、ですの)

黒子(……見たところ抑えられてる人質は三人ですわね)チラッ






女の子「うわぁぁぁぁぁん!怖いよーーー!!」

黒子(小さい女の子と……)


お母さん「大丈夫、大丈夫だからね」ギュゥ

黒子(お母さんと思われる女性と……)


一方通行「泣くンじゃねェ、わっしわっしィ」ワシワシ

黒子「」

黒子(あれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?)




305 :やっちゃった:2011/02/26(土) 21:49:13.13 ID:DCuZUMiV0
黒子「な、なんでいるんですの!?」

スキルアウト「うぉ!?」ビクッ

絶対等速「てめぇ!なに騒いでやがる!!」

黒子「はっ」

絶対等速「動くなと言ったはずだぜ?」

黒子「あ、いや……」

一方通行「……」ニヤニヤ

黒子(なにニヤニヤしてんですのぉぉぉぉぉ!?)イラッ

絶対等速「まさか仲間がいるってわけじゃねぇよな?オイ、周りを調べろ」

スキルアウト「はい!」

一方通行「了解ィ!」ハイ

黒子「ふざけてんのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」シュンッ


ズドッ!!


スキルアウト「へべっ!?」




306 :使いどころは今:2011/02/26(土) 21:50:16.82 ID:DCuZUMiV0
絶対等速「て、てめぇ!人質がどうなってもいいのかコラ!!」

黒子「あ、い、ちっ、違いますの!こ、これは!!」

一方通行「妙な真似すンなって言っただろォがコラ!」」

黒子「だからアナタは何してるんですの!?」

絶対等速「てめぇが何言ってんださっきから!」

黒子「そこにムカつく人がいるんですの!」プンスカ

絶対等速「あん?」クルッ





       トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.   ←一方通行
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~



絶対等速「荒野の大悪党・ハイエナヤムチャがいるだけじゃねぇか」

黒子「」




307 :絶対等速さんと一方通行:2011/02/26(土) 21:51:17.17 ID:DCuZUMiV0
黒子「なんなんですの!もぉぉぉぉぉぉぉ!!!」ダンダンッ

絶対等速「……なんだコイツ」

一方通行「アレじゃねェ?頭ヤバイ人」

絶対等速「ああ、なんだ」

絶対等速「……」




絶対等速「あぁ!?てめぇ誰だコラ!!」

一方通行「寺子屋さンですの!!」ハイ

絶対等速「そこのちんちくりんの仲間か!?」

一方通行「いや、あンなちンちくりンは知らねェ」

絶対等速「そうか」

黒子「ちんちくりん言うなですの!っていうか納得しちゃった!」




308 :強制的にシャットダウン:2011/02/26(土) 21:53:37.87 ID:DCuZUMiV0
絶対等速「寺子屋さんだかなんだか知らねぇが、俺に歯向かうっつーのか?」

一方通行「誰オマエ」

絶対等速「……」ピキピキッ

絶対等速「お前面白ぇよ、最っ高zy」




ズガァァァァァァンッ!!




絶対等速「」チーン

銀行員「あ、ありがとうございます!寺子屋さん!!」

女の子「ありがとうお兄ちゃん!!」

お母さん「アナタのおかげです!なんてお礼を言ったらいいか……」

一方通行「いや気にするンじゃねェよ」フフン

黒子「」

黒子「え、なんですのこれ?なにこの展開?」




309 :風紀委員のメンツ:2011/02/26(土) 21:54:28.21 ID:DCuZUMiV0
一方通行「ったく、使えねェ三色パンダだなァ」グデーン

黒子「アナタは何をしていたんですか?っていかパンダ言うな!」

一方通行「あァ?月謝を振り込む奴がいるから、それの確認ですゥ」

黒子「そ、そうだったのですか……」

一方通行「それより何か言う事あるンじゃねェのか?」

黒子「ぐっ……」

黒子(悔しいですが私は何もできませんでしたの)

黒子(犯人を確保する事ができたのはこのお方のおかげ……)

黒子「あの、あ、ありがとうございましt」

イナイ

黒子「」イネェ

女の子「あのお兄ちゃん正義のヒーローみたいだったね!」

お母さん「ええ、そうね」

黒子「……」プルプル

黒子「ちっくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」




310 :言葉のあや:2011/02/26(土) 21:55:28.37 ID:DCuZUMiV0
ーー


一方通行「オラ二次関数理解できたかボケ共ォ」ダラーン

一方通行「……つゥかよォ、オマエなンでそンなボロボロなンだ?」

浜面「お前が!滝壺に護身術なんか教えてるからだろうが!!」

上条「……護身術?」

結標「あれ、まさか練習台にされてるとか?」

浜面「ああそうだよ!毎週毎週新技に付き合わされる身にもなれ!」

上条「そんなに強いのか……」

結標「乾いたスポンジみたいにぐんぐん吸収する優秀な娘よ」

浜面「悪気がない分余計タチが悪いんだよ」

一方通行「あン?……オマエ今なンつったァ?」

浜面「えっ」

一方通行「タチが悪ィだァ?」

上条「言ったな」

結標「言ったわね」




311 :言ってはいけない一言:2011/02/26(土) 21:56:25.41 ID:DCuZUMiV0
一方通行「歯食いしばれ三下ァ!」


バキィッ!


浜面「ぐっ…………」

一方通行「アイツはなァ、自分の非力さでアイテムの足を引っ張りたくねェンだよ」

浜面「……」

一方通行「ただ守ってもらうのが悔しいンだよ!」

一方通行「だからせめて自分の身は自分で守ろうとしてンだよ!」

浜面「……滝壺、そんな事を考えてたのか」

一方通行「その為に毎週毎週、一生懸命汗流しながら頑張ってンだぞ!」

一方通行「それを『タチが悪い』だァ!?そンな事言うンじゃねェ!!」


バキッ!


一方通行「……せめて、オマエくれェは付き合ってやれよ」

浜面「うぐっ……く、完全に目が覚めたぜ……」

浜面「言葉が悪かったな、俺」




312 :そして浜面通行:2011/02/26(土) 21:57:22.31 ID:DCuZUMiV0
浜面「そうだよな、アイツだって辛かったんだ」

浜面「滝壺の気持ちを考えれば、練習に付き合うくらいd」


バキッ!


浜面「痛っ!?え!?」

一方通行「それくらいわかれよ三下ァ!」

浜面「え、いやだからわかっったtt」


バキッ!!


浜面「ぶへっ!?」

一方通行「オマエが!二次関数を理解できるまで!殴るのをやめない!!」

浜面「ちょ、そ、それ関係なk」


ガッシボッカ!


結標「あれが噂の浜面通行……」ドキドキ

上条「いや違うと思いますよ」




313 :元・神の右席:2011/02/26(土) 21:58:17.32 ID:DCuZUMiV0
一方通行「結標ェ、11次元の方程式頼むわァ」

結標「えーと、まず3次元の座標を11次元に計算しなおして……」

上条「……正直わかりません」

浜面「いや、うん、確かに」

一方通行「理解しよォとする気持ちが大事なンだぞ」

上条「くっ……頑張れ俺!」

浜面「えーと、ここがこうなって……」


ガシャァァァァァァン!!


浜面「!?」

結標「な、なに!?」

ヴェント「……久しぶり」

上条「お前……!」

浜面「知り合いか?」

上条「ああ、ちょっとな」




314 :それどころじゃない:2011/02/26(土) 21:59:26.39 ID:DCuZUMiV0
結標「ちょっと!なんなのよアンタ!!」

ヴェント「黙ってろ」

浜面(な、なんだよコイツの殺気……とんでもねぇぞ)

上条「何か用か?」

ヴェント「リベンジだよリベンジ、アンタを潰しに来たんだ」

浜面「!?」

結標「な、なにを……」

上条「……まだそんな事を」

ヴェント「うるさい!アンタはここで死ぬんだよ!!」ヒュッ

上条「なっ……!」

ヴェント「ちっ、相変わらず反応はいいみたいだな」

上条「本当はやりたくないが……向かってくるってんならしょうがないな!」

ヴェント「上等だ!!」


バァァァァァァァンッ!


一方通行「授業中だろォがクソッタレ共ォ!!!」プンスカ

結標「」




315 :有吉ばりのセンス:2011/02/26(土) 22:00:26.33 ID:DCuZUMiV0
ヴェント「は?誰だアンタ」

一方通行「うるっせェンだよこの黄色舌ピアスロングが!」

ヴェント「黄色……」

浜面「舌ピアス……」

上条「ロング……?」

結標「いや確かに特徴そのままだけど」

一方通行「オマエ今授業中だろォが、何勝手にドンパチやってンですかァ?」

ヴェント「うるせぇ!関係ねぇ奴は引っ込んでろ!」

一方通行「うるせェ全身黄色野郎ォ」

ヴェント「……」カチン

一方通行「なーンなンですかァ?ハッピーターンみてェな色しやがって」

浜面「ぶふぅっ!ハッピーターンって……」

結標「ぷくく……地味に的を得てるわね……」

ヴェント「死ねやコラァァァァァァァァ!!!」

一方通行「教育的指導ォォォォォォ!!!」




316 :話を聞かない第一位:2011/02/26(土) 22:01:29.14 ID:DCuZUMiV0
ヴェント「私の攻撃が……差し込まれた?」

一方通行「甘ェンだよハッピーターンが」

上条「くくっ……やめて、ハッピーターンやめて……」プルプル

ヴェント「何者だよアンタ……」

一方通行「レベル5第一位、一方通行だ」

ヴェント「……そうか、アンタが学園都市の最高峰ってわけだな?」

一方通行「受講希望ならもっと静かに入って来いボケ!」

ヴェント「えっ?いや別にそういう……」

一方通行「貴重な授業時間が潰れたじゃねェか」

ヴェント「いやだから」

一方通行「オラ、席に着け」

ヴェント「聞けよ人の話をよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

一方通行「あン?受講希望じゃねェのか?」

結標「いや絶対違うでしょ」




317 :完全に一方通行:2011/02/26(土) 22:02:30.35 ID:DCuZUMiV0
ヴェント「大体私は科学が嫌いなんだよ!」

上条「……まだそんな事を」

一方通行「何ィ?科学が嫌いだと?」

ヴェント「ああそうさ!だから私は学園都市を潰しに来たんだ!!」

ヴェント「そんな私が教えを請うわけねぇだろうがよ!!」

一方通行「……言いてェ事はそれだけか?」

ヴェント「あ?」

一方通行「苦手科目だからって諦めンじゃねェ!!」プンスカ

ヴェント「」

ヴェント「え、いやだから嫌いってそういう意味じゃなくt」

一方通行「いいかァ、苦手を克服しなきゃ何時まで経っても変わらねェ」ウン

ヴェント「いやあの」

上条「……あれ?」

一方通行「大丈夫だァ、俺が責任を持って科学を得意科目にしてやンよ」

一方通行「オラ、わかったら席着け」

ヴェント「……えー」

結標「……あの、とりあえず座る?」

ヴェント「……ああ、うん」スッ




318 :トラウマ:2011/02/26(土) 22:03:26.38 ID:DCuZUMiV0
浜面「二次関数のあとは何やるんだ?」

一方通行「……熱膨張って知ってるかァ?」ニタリ

上条「うーーーーわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

浜面「ど、どうした!?」

上条「わからん!けどなんか無性に逃げ出したい気持ちになった!」

一方通行「じゃ熱膨張について、しっかりと勉強するぞォ」

上条「はい!」

ヴェント「……いや違うんだよ本当」

結標「うん、わかるわよ」

ヴェント「そういうつもりで学園都市に来たんじゃないんだ」

結標「……なんかゴメンなさいね」

一方通行「うるせェ!くっちゃべってると背骨へし折ってカールにすンぞコラ!!」プンスカ

ヴェント「いやなんか、うん……どうでもよくなった」ウン

ヴェント「……」

ヴェント「帰ろ」

一方通行「てめェ!途中退席は認めねェぞ!あァ!?」

ヴェント「」




319 :家庭的な麦のん:2011/02/26(土) 22:04:22.87 ID:DCuZUMiV0
アイテムの日常風景――


絹旗「あー、疲れましたね」

フレンダ「ちょっと小腹すいたー!」

浜面「どうする?それならファミレスに向かうか?」

麦野「いや、直帰して」

フレンダ「えー、行こうよファミレスー!」

絹旗「シャケ弁ならわざわざ取りに行かなくても、途中で買えばいいじゃないですか」

麦野「違うわよ、私が作ってあげるっつってんの」

絹旗「」

浜面「」

フレンダ「なん……だと……?」

滝壺「え、むぎのの手料理?」

麦野「うん、ありものでいいなら」

滝壺「楽しみだね、みんな」ニヘッ




320 :ついにデレた:2011/02/26(土) 22:05:14.87 ID:DCuZUMiV0
絹旗「え、麦野料理できるんですか?」

麦野「ナメてんの?できるわよ」

フレンダ「……麦野の手料理」ジュルリ

絹旗「フレンダ、超ヨダレ垂れてますよ」

浜面「あーっと、じゃ俺はなんか買ってくかな」

滝壺「どうして?麦野が作ってくれるんだよ?」

フレンダ「まぁ確かに、浜面にはあたらないって事は当然のk」

麦野「な、何言ってんのよ、アンタの分もちゃんと作るわよ……」

絹旗「」

浜面「」

フレンダ「なん……だと……?」






麦野「~~~♪」

フレンダ「結局これってどういう事態なわけ?」ヒソヒソ

絹旗「知りませんよ!超浜面はなにか知らないんですか!?」ヒソヒソ

浜面「知るか!」ヒソヒソ




321 :その理由:2011/02/26(土) 22:06:16.27 ID:DCuZUMiV0
滝壺「みんな知らないの?むぎのはお料理教室に通ってるんだよ?」

フレンダ「お料理教室ぅ!?」

絹旗「えぇぇぇ!?」

浜面「あの麦野が!?」

滝壺「うん、私と同じ寺子屋さンって所でお料理の勉強してるんだよ」

浜面「え、アイツもあそこに来てたのか……ニアミスじゃねーか」

絹旗「寺子屋さン?」

滝壺「あくせられーたが先生をしてるんだよ」

フレンダ「都市伝説は本当だったってわけね……」

滝壺「?」

絹旗「あれ、浜面が最近勉強してるってのは」

浜面「ああ、同じ所」

フレンダ「マジですか……」

絹旗「それなら麦野の奇行も超納得ですね」




322 :ライバルはライバル:2011/02/26(土) 22:07:18.14 ID:DCuZUMiV0
絹旗「滝壺さん、いいんですか?」ヒソヒソ

滝壺「なにが?」

絹旗「見た感じ麦野は浜面の為に料理を習ってるみたいですが……」ヒソヒソ

滝壺「きぬはた、むぎのは一生懸命頑張ってるんだよ?」

滝壺「それがライバルだとしても、邪魔する事はできないよ」

絹旗「滝壺さん……超大人ですね」

滝壺「それに私は、違うところで頑張るからいいの」

絹旗「……違うところ?最近浜面相手にやってる護身術ですか?」

滝壺「うん」

絹旗「でも護身術っていってもやっぱり限界が……」

滝壺「最近新技を教えてもらったんだ」

絹旗「新技、ですか?」

滝壺「はまづら、ふれんだ、そこに立ってみて」

浜面「え?」

フレンダ「うん?」




323 :アイテム:2011/02/26(土) 22:08:08.62 ID:DCuZUMiV0
浜面「なんだ、また練習か?」

滝壺「うん、いい?」

浜面「一方通行から聞いたぜ……お前の頑張る理由」

浜面「みんなの足枷になりたくないから頑張ってるんだよな?」

フレンダ「え、滝壺……そうなの?」

滝壺「うん」

絹旗「滝壺さん……そんな事考えてたんですか」

フレンダ「……バカ」ギュ

絹旗「……ありがとうございます」ギュ

滝壺「私が強くなって、皆を守るから」

浜面「滝壺……」

浜面「それを聞いて断るわけないだろ!いくらでも練習相手になってやるよ!」

フレンダ「わ、私も!バッチ来いなわけよ!」

滝壺「ありがとう、2人とも」




324 :予想以上に強くなってた:2011/02/26(土) 22:09:05.06 ID:DCuZUMiV0
浜面「よし、来い!」

滝壺「最速風神拳!」ダァッ

浜面「げっふぅっ!?」


ゴパッ!


フレンダ「はれーーーーー!?浜面が超回転しながら吹っ飛んで行ったーーーー!?」

絹旗「」

滝壺「……次はふれんだ」クルッ

フレンダ「」ガクガクブルブル

フレンダ「え、あの……いや、やっぱりちょっとやm」

滝壺「最速雷神拳!」ドリャアッ

フレンダ「あぼっ!?」


メタッ!


絹旗「フレンダが……天井に超張り付いてしまいました」ガクガクブルブル

滝壺「……よく考えたら、窒素装甲あるきぬはたが一番練習できるかも」グリン

絹旗「ぴぃっ!?」プルプル




325 :手料理独占:2011/02/26(土) 22:10:02.23 ID:DCuZUMiV0
<ちょ、滝壺さんちょっと待ってください!

<大丈夫、きぬはたの窒素装甲なら問題ないよ

<いやいや、超怖いですよ!

<えたーなるふぉーすぶりざーど!

<う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!





トントントン……


麦野「……」

麦野「火加減よし、具の大きさよし、塩加減よし」

麦野「演算よし、射撃精度よし、服装よし、化粧よし」

麦野「おーい、できたにゃーん」

滝壺「待ってたよ、むぎの」ワクワク

麦野「あれ、他のは?」

滝壺「むぎの、これ美味しい」モキュモキュ

麦野「?」




326 :吹寄の向上心:2011/02/26(土) 22:11:08.69 ID:DCuZUMiV0
とある一日――――――。


佐天「今日もありがとうございました」

吹寄「先生」

一方通行「あァ?」

吹寄「他にも気になるカリキュラムがあるのですが、掛け持ちってできますか?」

結標「掛け持ち?別に問題ないわよね?」

一方通行「あァ、なにを習いてェンだ?」

吹寄「私健康に関することに目がなくて……」テレッ

一方通行「健康、ねェ」

結標「ボクササイズ、ヨガ、護身術とか色々あるけれど……」

吹寄「護身術、ですか……」

一方通行「いいじゃねェの護身術、割りとハードだし」グデー

結標「そうね、スキルアウトに絡まれる事を考えたら習っておいて損はないかも」

吹寄「あ、ならそれでお願いします」

結標(やった!これで滝壺さんの相手しなくて済むわ!)

一方通行「ン、なら明後日なァ」ゴロゴロ




327 :キャッキャウフフなイベント:2011/02/26(土) 22:12:14.61 ID:DCuZUMiV0
結標「うわ、もうこんな時間?お腹すいた……」グゥ

一方通行「さて、帰りますかァ」ダラー

結標「ね、あなたっていっつもご飯どうしてるの?」

一方通行「コンビニとかファミレスだな」

結標「え?料理教える立場なのに自炊しないの?」

一方通行「めンどくせェし」

結標「先生としてそれはどうなの?」

一方通行「今日はファミレスな気分だな」ウン

結標「……」

一方通行「あン?どうした?」

結標「ね、ねぇ……よければ、その……私が作りに行ってあげよう、か?」

一方通行「……」エー

結標「な、なによその目!」

一方通行「なンでアフターファイブまでオマエの面倒見なきゃならねェンだよ」ゴロゴロ

結標「別に私の練習の為じゃないわよ!あなたの為よ!」

一方通行「……」

結標「……」ハッ




328 :スーパーでの遭遇:2011/02/26(土) 22:13:07.85 ID:DCuZUMiV0
結標「あ……」

一方通行「ふゥン」

結標「いや別に?私の練習にもなるしね」

一方通行「言ってる事矛盾してるじゃねェか」

結標「あーもう!いいの!行くわよ!」グイ

一方通行「えー……」ズルズル





スーパー


結標「何食べたい?」

一方通行「肉ゥ」

結標「アバウトね……もっと具体的にお願いするわ」

一方通行「牛肉ゥ」

結標「肉の種類違う!料理!」


<あーーーーーー!


一方通行「あン?」

結標「え?」




329 :小さい姉と大きい妹:2011/02/26(土) 22:14:05.92 ID:DCuZUMiV0
打ち止め「久しぶりー!ってミサカはミサカは飛び込んでみたり!」

一方通行「痛ェ……なにしやがるンですかクソガキィ」

打ち止め「だってだって、最近あなた全然顔出してくれないじゃない!」

一方通行「忙しいンだよ俺は」

番外個体「たまには顔出せって黄泉川も言ってたよ?ミサカは見たくないけどね、うひゃひゃ」

一方通行「オマエもいたのか」

番外個体「なに、ミサカがいちゃ悪い?」

一方通行「いや、二人で何してンだァ?」

打ち止め「うんとね、黄泉川に頼まれてお使い!ってミサカはミサカはできる女をアピールしてみる」

番外個体「まぁチビッコだけじゃ不安だからね、ミサカが保護者ってわけだよ」

一方通行「ふゥン」

打ち止め「あなたこそ一人なの?」

一方通行「あァ?いや、連れが……ってどこ行ったアイツ」


結標「……」コソコソ


番外個体「え、あの隠れ切れてない人?」




330 :三馬身のリード:2011/02/26(土) 22:15:00.06 ID:DCuZUMiV0
打ち止め「この人が寺子屋さンでお世話になってる人だね」

一方通行「俺が世話してやってンだよ」

結標「あっはは……こんにちは」

番外個体「……ふーん」

結標「な、なにかしら」

番外個体「べっつにー?ロリコン疑惑が晴れてよかったね、なんて」

一方通行「はァ?」

打ち止め「むっ!ってミサカはミサカは新たなライバルの登場に気を張ってみたり」

結標「べ、別にコイツとはそんなんじゃないわよ」

一方通行「これから家に料理作りにくるだけだしなァ」

打ち止め「」

番外個体「」

結標「ちょ、ちょっと……」

番外個体「通い妻……だと?」

打ち止め「むむむ、予想以上に事を進めてるようだねってミサカはミサカはこれからの展開を危惧してみる」




331 :ダメなツンデレ:2011/02/26(土) 22:15:54.78 ID:DCuZUMiV0
番外個体「なにさ!ミサカ達が寂しく過ごしてる時に女はべらすなんて最低だね!」

打ち止め「そうだそうだー!」

結標「……寂しかったみたいよ?」

一方通行「あァ?悪かったなァ」

番外個体「あ、いや、ち、違うし!別に寂しくなんかなかったし!」

番外個体「ただちょっとからかう相手がいなくて寂しかっただけだし……ってあれ?」

打ち止め「……番外個体はもう口を開かない方がいいかも」

番外個体「う……くそう、ちくしょう……」

打ち止め「それより!お姉様や10032号、19090号ばっかりズルいよ!ってミサカはミサカは不平等を訴えてみる!」

一方通行「なにが」

結標「あ、ぬいぐるみ教室のことかしら」

打ち止め「そう!ミサカ達にも何か教えてー!」

一方通行「ン、じゃ今度来い」

打ち止め「いいの!?ってミサカはミサカは輝いた瞳でみつめてみたり」




332 :捨て台詞に動揺:2011/02/26(土) 22:16:44.07 ID:DCuZUMiV0
一方通行「やりてェ事とか考えて来いよ」

打ち止め「わかった!ってミサカはミサカは元気良くお返事してみたり!」

番外個体「……ふん」

一方通行「番外個体もなァ」

番外個体「……えっ!?」

一方通行「オマエも来たかったら来いっつってンだよ」

番外個体「ふ、ふんだ!じゃあミサカも行ってあなたに嫌がらせしてあげる!」ニヘッ

結標(あ、嬉しいのね)






打ち止め「じゃあまたねー!ってミサカはミサカは手を振ってみたり!」

番外個体「その人に飽きたらミサカがいつでも相手するからね、ぎゃはは!」

結標「」

一方通行「ちっ、やっとうるせェのがいなくなったな」グデー




333 :本番に弱いあわきん:2011/02/26(土) 22:17:29.30 ID:DCuZUMiV0
結標「……」トントントン



グツグツ……



結標(さっきの二人、そして19090号は要注意ね……)

結標(付け入る隙を与えない為にも、ここで一発美味しい料理を……)

結標(って違う!なに考えてるのよ私は!)ブンブン



一方通行「結標ェ」

結標「ひょわい!?な、なに!?」ドキドキ

一方通行「……」

結標「……」ドキドキ

一方通行「鍋、噴いてますけどォ?」

結標「え!?あっわわわわわ……」

一方通行「はァ、期待できそォにねェなこりゃ」スタスタ




334 :進研ゼミのようにはいかない:2011/02/26(土) 22:18:20.99 ID:DCuZUMiV0
先生「上条君、ここの角度は?」

上条(あ!ここ寺子屋さンでやったところだ!)

上条「えーっと……62度です」

先生「……正解」

青ピ「あの上やんが……」

土御門「正解……だと……」

上条「ふっふっふ……」フフン

先生「上条君、ちなみに求めた式は?」

上条「えーと、そこの辺がグァーっと来てて、隣の角度のまろみ具合からです!」キリッ

青ピ「」

土御門「」

上条「え、あれ?」

先生「……いや答えは正解なんだけどね?」

先生「……あとで職員室」

上条「どうしてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」




335 :肩凝りの第一人者:2011/02/26(土) 22:19:16.83 ID:DCuZUMiV0
青ピ「上やん最近絶好調やな」

上条「ああ、寺子屋さンで勉強はバッチリだ」

青ピ「寺子屋さン?ああ、学校に殴りこんできた人達やな」

上条「良く覚えてるな」

青ピ「女の子可愛かったからやね!」

土御門「……正直でよろしいにゃー」



上条「それより、勉強してると肩が凝ってなー」コキコキ

青ピ「肩凝り、かー」

土御門「あ、それなら詳しい人間がいるぜい」

上条「え?」

青ピ「ああ、なるほど」

土御門「というわけで、早速突撃だにゃー!」ダッ

青ピ「よっしゃ!」ダッ

上条「あ、おい!待ってくれ!!」




336 :姫神ダイアリー:2011/02/26(土) 22:20:19.72 ID:DCuZUMiV0
上条「吹寄!」

上ピ門「揉ませろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ガバッ

吹寄「……」イラッ

吹寄「せいっ!」ガッ

土御門「げぼぁっ!」

吹寄「とうっ!」ゴガンッ

青ピ「ぐはっ!」

吹寄「破ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」ズドッ

上条「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


吹寄「ったく……」パンパン

上ピ門「」チーン



以下、姫神の日記より一部抜粋――――――。

あの時三人がいつものようにバカな事をしようとしていた。
するとSさんが立ち上がり。二人をあっという間に床に沈めた。
彼女は残った一人に向かって「破ぁ!!」と叫んだ。すると上条君は断末魔の叫びをあげながら消滅した。

「ったく……護身術がこんな形で役に立つとはね」

爆乳ってすごい。改めてそう思った。




337 :一番ハードな講座:2011/02/26(土) 22:21:32.20 ID:DCuZUMiV0
その日の夕方ーー


一方通行「オラ右、右、左ィ」

黒子「はっ、はっ、はっ……」シュッシュッシュ

一方通行「よし次は縄跳び3分始めェ」

結標「ぜぇ、ぜぇ……」タンタンタン

一方通行「メデシングボール行くぞォ」ポイ

黒子「ぐっはぁっ!!」






黒子「というか!なんで本格的にボクシングなんですの!?」ゼーゼー

一方通行「あン?」

黒子「ボクササイズではなかったのですか?」

一方通行「よりボクシングに近いエクササイズだろォが」

黒子「別に私達はボクサー目指してませんの!」

一方通行「だよなァ、どっちかっつーと犬のボクサーだもンなァ」

黒子「誰があんなブチャイク面なんですか!」

一方通行「悪ィ、オマエ犬じゃなくてパンダだもンな」

黒子「人間ですの!ヒューマンですの!!」ダンダンッ

結標「ぜぇ、な、なんでそんなに動けるの?う……おぇ……」グデー




338 :授業時間とバッテリー残量:2011/02/26(土) 22:22:38.77 ID:DCuZUMiV0
一方通行「オラオラ、そンな軽いパンチでスキルアウト倒せると思ってンのか?」

黒子「くっ……」シュッシュッ

一方通行「ダメだ、休憩」

黒子「はぁ、はぁ……」

一方通行「オマエのパンチには腰が入ってねェ」

黒子「こ、腰ですの?」

一方通行甘い、遅い、軽い、まろい……ダメダメだ」

黒子「ま、まろい!?」

一方通行「ジャブは内側をえぐるようにして打つべし!」シュッ

黒子(は、早いっ!!)

一方通行「もっと早くでき…………あ」

黒子「?急に止まってどうなさいましたの?」

一方通行「バッテリーねェ、今日は終わりィ」グデーン

黒子「えっ」

結標「うぇ……はぁ、はぁ……おぇぇぇぇぇ」ゲッソリ




339 :あわきんとメリーさん:2011/02/26(土) 22:23:46.56 ID:DCuZUMiV0
黒子「はぁ、疲れましたわ」

結標「本当、足がパンパン」

黒子「そういえば、アナタは『メリーさん』の噂をご存知で?」

結標「メリーさん?」

黒子「ええ、子供だましの都市伝説なのですが……」

黒子「なんでもメリーさんから電話が掛かってきて、『今○○にいるの』と言うらしいのですわ」

結標「それのどこが怖いの?」

黒子「……居場所がだんだん自分に近づいてくるらしいのです」

黒子「そして最終的には……『今アナタの後ろにいるの』と……」

結標「……」ゾクッ

黒子「この話を聞いた人の所に来るらしいですわ……まぁ都市伝説ですけど」

結標「そ、そうよね!ぜぜぜ、全然怖くないですの!」

黒子(……動揺しまくりマクリスティですの)



一方通行「結標ェ、仕事らしいぞ」

結標「ががが、合点!」

一方通行「あァ?」




340 :噂をすればメリーさん:2011/02/26(土) 22:24:41.39 ID:DCuZUMiV0
結標「土御門のやつ……呼び出しておいて遅刻?」

一方通行「時間あるな、コーヒー買ってくる」スタスタ


ガチャ、バタン……


結標「……」ポツン

結標「メリーさん……所詮子供だましの都市伝説よ、うん」ウン

結標「全然怖くないわ!!」


プルルルル!


結標「!?」ビクッ

結標「ひ、非通知?」

結標「……はい」ピッ


『ザー……タシ……リーサン……』


結標「もしもし?どちらさま?」


『ザー……私、メリーさん……今貴女の近くにいるの……』


結標「!?」




341 :迫り来る恐怖:2011/02/26(土) 22:25:45.19 ID:DCuZUMiV0
ツーツー……


結標「え……えっ」


プルルル


結標「!」ビクッ

結標「も、もしもし?イタズラ?」


『私メリーさん、今ドアの前にいるの』


結標「!?」

結標「え、えっ……うぅ……なんなのよぅ……」ジワッ


『今、開けるから……待ってて』


結標(う、嘘!都市伝説じゃないの!?どどど、どうしよう!!)

結標(一方通行でも土御門でも海原でも誰でもいいから……)

結標(だ、誰か来て!!!)




342 :限界点突破:2011/02/26(土) 22:26:44.80 ID:DCuZUMiV0
ガチャッ!


結標「!」


<ズルルッ、ヒタ、ヒタ、ヒタ…………


結標「う、うぁ……」

結標「みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!」


一方通行「メリーさンですの!」ハイ


結標「」

一方通行「……あン?」

結標「」ブクブク

一方通行「……気絶してンのか?」ペシペシ





土御門「悪い悪い、遅れたにゃー」

海原「おや、結標さんはどうしたのですか?」

結標「」チーン

一方通行「……知らねェ」フィ




343 :あわきんの動揺:2011/02/26(土) 22:27:42.60 ID:DCuZUMiV0
次の日――


一方通行「ったく、悪かったって言ってンだろ?」

結標「……」ツーン

御坂妹「どうかしたのですか?」

19090「……」チクチク

一方通行「いや、コイツがメリーs」

結標「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

御坂妹「?」

美琴「メリーさん?」

一方通行「おォ、ちょっと驚かしただけなのに」グデー

結標「ちょっとじゃないわよ!死ぬかと思ったんだから!!」

一方通行「実際死ンでたじゃねェか」

結標「むっきぃぃぃぃぃぃぃ!!」バタバタ




344 :19090号の動揺:2011/02/26(土) 22:28:32.72 ID:DCuZUMiV0
御坂妹「メリーさん?」

一方通行「都市伝説だよ」

19090「都市伝説、ですか」チクチク

一方通行「だっせェよな」ウン

結標「……」イラッ

美琴「しっかし……あの結標淡希がこうも振り回されるなんてね」

19090「……」チクチク

結標「うぅ……」

美琴「一方通行、アンタもしかしてこの人の事気になるの?」ニヤニヤ

結標「!?」

19090「!?……あ痛っ!」ブシュッ




345 :ニュアンスの違い:2011/02/26(土) 22:29:23.86 ID:DCuZUMiV0
結標「なな、何を言ってるのよ!」

美琴「ほら、好きな子ほどイジメたくなるって言うじゃない」

御坂妹「確かに、とミサカはお姉様に同意します」

19090「……」イタイ

一方通行「気になる、ねェ……確かに気になるけどなァ」ゴロンゴロン

結標「えっ!?」

一方通行「なンかこう、結標の顔見るとドキドキするンだよなァ」

美琴「ほうほう」ニヨニヨ

19090「……」ボタボタ

結標「あ、あの……そそ、それって……もしかして……」

一方通行「なンつーか、非常ベルの前に立った時の感じィ?」ウン

美琴「いやそれただのイタズラ的好奇心だから!」

御坂妹「確かにドキドキ感はありますよね、とミサカは指から血を流し続ける19090号に同意を求めます」

19090「え?あ、ああそうですね、とミサカは……い、痛い……」ジワッ

一方通行「はいマキロンと絆創膏ォ!」サッ

19090「しゅみません……」マキマキ




346 :現金なあわきん:2011/02/26(土) 22:30:25.03 ID:DCuZUMiV0
結標「なによ!バカ!」

一方通行「そンなに怒ンなよ」

結標「おもちゃにされて怒らない人がいるわけないでしょ!?」プンスカ

一方通行「ほら、これやるからァ」ポイ

結標「え……何コレ?パンダのぬいぐるみ?」

御坂妹「先程から縫っていたのはこれだったのですか、とミサカはパンダを見て言い放ちます」

結標「手作りなの?」

一方通行「暇つぶしになァ……それやるから機嫌直せ」

結標「時計もついてる……目覚まし?」

結標「……別にこんなのじゃ騙されないんだから」

一方通行「さいでっかァ」

結標「ふん……」ニヘッ

御坂妹「あれがツンデレですかね?」ヒソヒソ

美琴「そうじゃない?素直じゃないわね」ヒソヒソ

御坂妹「いやいやアナタも大概ですよ、とミサカは辛口にツッコみます」ヒソヒソ

19090「……」チクチクチクチクチクチク




347 :モチーフは何?:2011/02/26(土) 22:31:20.41 ID:DCuZUMiV0
小萌「おや結標ちゃん、それはなんですか?」

結標「え?パンダのぬいぐるみ時計、もらったのよ」

小萌「へー、プレゼントですか?」

結標「な、そ、そんなんじゃないし!」

小萌「そんなに照れなくてもいいのですよー」

結標「だから違うってばーーーー!!」バタバタ




パンダ<コチ、コチ、コチ……



結標「……なんでジャッジメントの腕章つけてるのかしら?」

結標「まぁでも……せっかくもらったものだしね」

結標「朝6時にセットして……と」




348 :茶目っ気は忘れずに:2011/02/26(土) 22:32:22.80 ID:DCuZUMiV0
次の日――――――。


結標「……」zzz

小萌「……」zzz



パンダ<コチ、コチ、コチ………………カチッ

パンダ<『みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!』


結標「ひょわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」ガバッ

小萌「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」ガバッ

結標「何事!?何事!?」

小萌「い、一体なんですか!?」



パンダ<『みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!』



小萌「め、目覚ましですか?……っていうかこの声、結標ちゃんzy」

結標「そぉぉぉぉぉいっ!」バキンッ

小萌「」

結標「はぁ、はぁ……」

結標(あの野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!)




349 :広がるイタズラ:2011/02/26(土) 22:33:33.27 ID:DCuZUMiV0
グループの隠れ家――


結標「一方通行いる!?」

一方通行「あン?」

結標「なにあの目覚まし!悪意ありまくりじゃないの!」

結標「なんで私の声が録音されてんのよ!」

一方通行「ちょっとしたジョークじゃねェかよ」

結標「手が込みすぎなのよ!!」

土御門「まぁまぁ、落ち着けあわきん」

海原「そうですよ、落ち着いてください」

結標「あわきん言うな!っていうかなんでコイツの味方するのよ!!」

土御門「みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!」

海原「みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!」

結標「」

一方通行「なンかそいつらが欲しいっていうからあげたァ」ゴロゴロ

土御門「……」ニヤニヤ

海原「……」ニヤニヤ

結標「……」プルプル




350 :からかうのも程ほどに:2011/02/26(土) 22:34:27.52 ID:DCuZUMiV0
土御門「あの……結標さん……?」

結標「……ふん」

海原「その……そろそろ服を返して欲しいと言いますか」

結標「何言ってるの?これから大通りに座標移動しなきゃならないんだから」

土御門「すまんかった!この通りだぜい!」

海原「謝罪しますから許してください!!」

一方通行(全裸土下座とか、キッツゥ)

結標「私をバカにした罰よ」

土御門「別に俺達はあわきんをバカにしt」

結標「あわきん言うなって言ってんでしょ!?」

海原「そうですよ!自分らはただ、結標さんが怖がりで叫ぶっていうブッフゥ!」プススー

土御門「や、やめろ海原!せっかく我慢してブッフゥ!」プススー

結標「……」


ヒュンッ!


一方通行「どこに転移したンだ?」

結標「……女性服専門店の試着室」タブン

一方通行「……詰ンだな」ウン




351 :心の広い女:2011/02/26(土) 22:35:37.06 ID:DCuZUMiV0
土御門「すいませんでした」ドゲザ

海原「申し訳ありませんでした」ドゲザ

結標「ふん!」プイ

一方通行「許してやれよ」

結標「あのね、元はと言えばあなたのせいなのよ?」

一方通行「悪かった」

結標「……もういいわよ」

土御門「さっすがあわきんだぜい!」

海原「ええ、貴女の優しさは東洋一の神秘ですね!」

結標「調子いいんだから本当……」

一方通行「ところで仕事はどうなったンだよ?」

土御門「ああ、電話で詳細が来る事になってる」

結標「それまで待機、かぁ」




352 :反省しない二人:2011/02/26(土) 22:36:28.43 ID:DCuZUMiV0
携帯<『みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!』

土御門「お、来た来たー……もしもし?」ピッ

結標「」

携帯<『みぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ゴメンなさぁぁぁぁぁぁぁい!』

海原「おや、ショチトルからですか、ちょっと失礼……」ピッ

結標「」



結標「ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

海原「どうしたのですか?」

結標「……あんた達」

土御門「やだなーあわきん、ちょっとしたジョークだぜい、zy」


ヒュンッ


一方通行「今度はどこに転移したンだ?」

結標「全裸でアンチスキルの詰め所よ!ズレてなきゃね!」プンスカ

一方通行「……直送だな」ウン




353 :絹旗の驚愕:2011/02/26(土) 22:37:26.01 ID:DCuZUMiV0
絹旗「今日は久しぶりに完全オフですね」テクテク

絹旗「映画って気分でもないですし……」



【寺子屋さン】



絹旗「うん?あれは……」

絹旗「麦野、滝壺さん、超浜面が通っているという寺子屋さンですか」

絹旗「一方通行が講師をやってるんでしたっけ?」

絹旗「……」

絹旗「暇つぶしにちょっと覗いてみましょうか」

絹旗「……」ソー




一方通行「なのでェ、関サバは有名ブランドの中でも特に脂の乗ったサバであり……」

フレンダ「ふむふむ」カキカキ




絹旗「」




354 :バンダイから:2011/02/26(土) 22:38:25.94 ID:DCuZUMiV0
絹旗「フレンダ!?何してるんですか?」

フレンダ「あ、絹旗」

一方通行「あァ?知り合いかァ?」

フレンダ「まぁね」

一方通行「よし、なら体験入学しろ」

絹旗「へ?」

フレンダ「ちょうど良かった、絹旗もサバ学を学ぶべきってわけよ」

絹旗「サバ学ってなんですか!?」

一方通行「結標、教材渡してやれ」

結標「はい、サバ学の教材」ハイ

絹旗「え、これ……何ですか?」

一方通行「あァ?PGのサバじゃねェか」

絹旗「なんでサバのプラモがあるんですか!超リアルだし!」

フレンダ「ちなみに個人的にはHGサバの方が好きなんだけどね」

絹旗「いりませんよその超超豆知識!!」




355 :絹旗とサバ学:2011/02/26(土) 22:39:24.78 ID:DCuZUMiV0
フレンダ「いやー、あの三人が通ってるって事でちょっと興味沸いてさ」

絹旗「ほう」

フレンダ「それで覗きにきたら、なんと「サバ学」なるものがあるじゃない」

絹旗「はぁ」

フレンダ「で、結局現在に至るって訳よ」

一方通行「はいはい、オマエも参加決定な」

絹旗「え?私サバとか超興味ないんですが」

フレンダ「絹旗……アイテムであんた一人だけ仲間はずれでもいいの?」

絹旗「う」

結標「まぁ、一日体験からでも……ね?」

絹旗「は、はい……」

絹旗(まぁ確かに、みんな何かを習ってるなら私も……)



一方通行「じゃ今日は『ききサバ缶』でもやるかァ」ダラーン

フレンダ「待ってました!」

絹旗(でもやっぱ超興味わきません!)




356 :臨時講師:2011/02/26(土) 22:40:24.46 ID:DCuZUMiV0
一方通行「みなさン揃ってますかァ?」グデー

婚后「はい」

麦野「大丈夫」


ピピピピピピ……


一方通行「あァ?……ちっ、ちょっと待ってろ」





一方通行「悪ィ、ちょっと用があるから俺は抜けるぜェ」

結標「仕事?」

一方通行「おォ、行くのは俺だけだそォだ」

結標「?そう?」

麦野「ちょっと待って、料理教室は?」

一方通行「抜かりねェ、特別講師を呼んでる」

婚后「特別講師?」


ガララッ


黄泉川「はーい、特別講師の黄泉川じゃんよ」

一方通行「今日はコイツの炊飯器料理教室だァ」

結標「」




357 :炊飯器に常識は通用しない:2011/02/26(土) 22:41:19.07 ID:DCuZUMiV0
黄泉川「今日は炊飯器を使って天ぷらと煮込みハンバーグを作る」

麦野「て、天ぷら!?」

婚后「あの、お言葉ですが……」

黄泉川「ん?」

婚后「炊飯器で天ぷらを作るというのはいささか無理があるのでは?」

黄泉川「あちゃー、これだから常盤台のお嬢は」

婚后「?」

黄泉川「いいか?炊飯器に不可能はない、覚えておくじゃん」

黄泉川「お嬢様育ちの常識は捨てるじゃんよ!」

婚后「は、はい!」

麦野(そ、そうだったんだ……)

結標「……」

結標「いや一般庶民育ちでも納得できないわ」




358 :暗部の心構え:2011/02/26(土) 22:42:15.94 ID:DCuZUMiV0
土御門「結標はどうしたんだにゃー?」

一方通行「置いてきた」

海原「置いてきた?」

土御門「……おい、一方通行」

一方通行「あァ?」

土御門「公私混同するな、遊びじゃないんだぞ?」

一方通行「……」

土御門「仕事があるから、俺や海原も私事を過ごせるんだ」

土御門「メインの生活は暗部だとわかってるのか?」

一方通行「メインの生活が暗部、ねェ」

海原「……」

一方通行「くっだらねェな」

土御門「なに?」

一方通行「グループってのは、たかが女一人抜けた所で機能しなくなるような無能の集まりなのかァ?」

土御門「そういう事じゃない、暗部としての自覚を……」

一方通行「うるせェよ」




359 :懲りない二人:2011/02/26(土) 22:43:34.60 ID:DCuZUMiV0
一方通行「結標の能力が便利なのはわかる」

一方通行「だが……俺からしたらアイツも雑魚なンだよ」

土御門「……どういう意味だ?」

一方通行「俺がアイツの代わりに飛び回ってやるっつってンだ」スタスタ

土御門「」

海原「」

土御門「……一方通行が、結標の為に飛び回るだと?」

海原「自己犠牲……ですか」

土御門「いや確かに仕事自体は一方通行がいればすべて片がつくけど」

海原「天上天下唯我独尊の彼に何があったというのですか……」

一方通行「おォ、言い忘れてたけどよォ」クルッ

土御門「お、おう!?」

一方通行「俺がフォローすンのはいねェ結標の分だけだ、オマエらは勝手にやれ」

土御門「」

海原(これは……デレたのですかね)プススー

土御門(あわきん!デレは料理教室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだぜい!)プススー




360 :ご飯の匂いに誘われて:2011/02/26(土) 22:44:43.53 ID:DCuZUMiV0
数時間後ーー


一方通行「あァだりィ」ダレーン


ガチャ


結標「あ、おかえりなさい」

インデックス「おかえり!」

一方通行「あン?シスターじゃねェか、どォした?」

インデックス「ここからいい匂いがしたから来たんだ」

一方通行「あー、成る程……料理教室はァ?」

結標「……ぶっちゃけあんまり参考にならなかったわ」

一方通行「まァ、炊飯器を使いこなせるのはアイツくれェだしなァ」

インデックス「でも、とっても美味しかったんだよ!」

一方通行「そりゃよござンしたねェ」ゴロン

結標「それでね、ちょっと相談があるんだけど……」

一方通行「あァ?」

インデックス「私にちゃんとした家事を教えて欲しいんだよ」

一方通行「家事ィ?」




361 :シビアな現実:2011/02/26(土) 22:45:50.14 ID:DCuZUMiV0
インデックス「うん……いつもとうまにばっかりやってもらってるし……」

インデックス「私も何かお手伝いしたいかも」

一方通行「すればいいじゃねェか」

インデックス「でもでも、私が手伝ったら余計時間かかりそうで……」ショボン

結標「居候が家主に恩返ししたいって気持ちは私もわかるのよ」

一方通行「ふゥン」ゴロゴロ

インデックス「最近とうまはここ通ってから勉強できるようになったって言うし……」

一方通行「オマエ金はあンのかよ?」

インデックス「えっ」

結標「ちょ、ちょっと」

一方通行「気まぐれで始めたとは言え、こちとら慈善事業じゃねェンだ」

一方通行「月謝払えねェよォなら教える事はできねェ」

結標「そんな……」

インデックス「そう、だよね……」

一方通行(妹達は例外ね、うン)




362 :先生違い:2011/02/26(土) 22:46:45.58 ID:DCuZUMiV0
インデックス「……ぅょ」

結標「うん?」

インデックス「お金なら、身体で払うんだよ!!」

結標「ぶっふぉ!?な、なに言って……」

インデックス「私はお金持ってないから、なんでもお手伝いする!」

インデックス「雑用でもなんでもするから、教えてください!!」

結標「アナタ、そこまで……」

一方通行「本気であの三下の為に家事を覚えてェのか」

インデックス「うん!日頃お世話になってるとうまに少しでも楽をさせてあげたいんだよ!」

インデックス「その為なら私なんでもするよ!!!」

一方通行「……」

結標「……」

インデックス「ダメ、かな……?」

一方通行「…………その言葉が聞きたかった」

インデックス「!」

結標(BJ!?)




363 :太っ腹な第一位:2011/02/26(土) 22:47:49.57 ID:DCuZUMiV0
一方通行「オマエが本気だっつーンなら、教えてやる」グデー

インデックス「ほ、本当!?」

一方通行「おォ、それだけ聞きたかったンだよ」

結標「むしろそれだけ言いたかったんじゃ……」

一方通行「金なンざいらねェ、その代わり本気でやれよ」

インデックス「ありがとう!頑張るんだよ!!」

結標「家事ね……炊事、洗濯、掃除くらい?」

一方通行「料理教室は来週から参加、とりあえず今日は洗濯からだな」ウン

一方通行「幸いここにいつぞやの洗濯機がある」ハイ

インデックス「お、おぉぉぉー」キラキラ

結標(洗人がまさかの伏線だったとは……)

結標「あ、でも家のと型違ったら意味なくない?」

インデックス「あ……とうまの家にあるのはもっと古いかも……」

一方通行「心配すンな、使い方マスターしたらこの洗濯機ごとくれてやるよ」




364 :盛大な矛盾:2011/02/26(土) 22:48:43.74 ID:DCuZUMiV0
インデックス「……何から何まで申し訳ないんだよ」

一方通行「バカ、世の中には金よりも大事なもンがあるンだよ」

インデックス「あくせられーた……」

一方通行「よし、じゃ早速始めるぞォ」

インデックス「うん!お願いします!」

結標(ふふ……中々健気じゃない)



黒子「ごめんくださいな」

結標「あら、どうしたの?」

黒子「いえ、今月分の月謝なのですが……ちょっと待っていただきたくて」

一方通行「あァ?」

黒子「ちょっと大型のお買い物をしてしまいまして、お願いできますか?」

一方通行「ダメに決まってンだろボケ!」

インデックス「」

結標「」




365 :この扱いは仕様です:2011/02/26(土) 22:50:21.37 ID:DCuZUMiV0
一方通行「てめェ、こちとらボランティアやってンじゃねェンだ」

黒子「いや、あの、ですから申し訳ないですがおねg」

一方通行「それに常盤台のお嬢がみっともねェだろォ」

黒子「ですからs」

一方通行「カンパ募ってでも持って来い三色パンダ!」プンスカ

黒子「そんな殺生な!っていうかパンダ言うなですの!!」プンスカ

一方通行「『24時間テレビ応援募金』とか銘打って駅前立ってろ!!」

黒子「詐欺ですの!それ詐欺ですの!!」

一方通行「あァうるせェ、これ以上騒ぐンなら俺にも考えがある」

黒子「な、なんですの?」

一方通行「三色パンダ体重は[ですのぉぉぉ]kg」ハイ

黒子「」

一方通行「別にィ?俺は色ンな人に言いふらしても一向に構いませンけどォ?」

黒子「払いますから!払いますから!!」

一方通行「よし」

結標「……っていうかアナタは他人の体重把握しすぎよ!!!」




366 :ヒリヒリしちゃう:2011/02/26(土) 22:51:27.97 ID:DCuZUMiV0
一方通行「さて、じゃ改めて始めますかァ」

インデックス「了解なんだよ」

一方通行「ちなみに途中で投げ出すの禁止な」

インデックス「む、それは失礼かも!私だってやる時はやるんだから!」

一方通行「『やっぱり無理なンだよ、お腹空いたかも!』って言い出さねェか?」

インデックス「う……い、言わないもん!」

一方通行「もし、途中で投げ出す事があったら…………」

インデックス「ど、どうなるのかな?」

一方通行「ブリーチ原液でオマエごと漂白してやるからなァ」ハイ

インデックス「」

結標(うわぁぁぁぁぁ!想像しただけで痛いぃぃぃぃぃぃ!!)

一方通行「わかりましたかァ?」

インデックス「ぜぜぜ、絶対投げ出さない事をここに誓うんだよ!!!」ガタガタプルプル

一方通行「よし」フフン

結標(ベクトル操作云々よりリアルで怖い……)




367 :禁書目録の禁書目録:2011/02/26(土) 22:52:22.42 ID:DCuZUMiV0
その日の夜――


インデックス「えーと、水量選択、洗剤入れて……」カキカキ

上条「おーい、晩飯できたぞ?」

インデックス「あ、今行くんだよ!」

上条「何を必死に書いてたんだ?」

インデックス「え!?あ、えーと……なんでもないかも!」

上条「はぁ?」

インデックス「とにかくとうまには内緒なの!」

上条「はぁ、そうですか」

インデックス「とうまにだけは内緒なんだから!」

上条(……これはもう隠すのが下手とか言うレベルじゃないな)

上条「まぁいいや、ほらテーブル片付けろ」

インデックス「わかったんだよ!」テテッ

上条「ノートこっち置くぞ?」

インデックス「あ!み、見ちゃダメーーーー!!」ババッ

上条「……なんだ?」




368 :一番真面目な生徒:2011/02/26(土) 22:53:31.50 ID:DCuZUMiV0
次の日――


一方通行「えー、なので、意中の異性に対するキャラクター付けというものは大変重要であり……」

姫神「……」カキカキ

結標「……これって何教室?」

一方通行「はいここまでで質問はァ?」

姫神「具体的にどういったキャラ付けをすればいいの?」ハイ

一方通行「王道はやっぱりツンデレだな」ウン

姫神「……ツンデレ」

一方通行「おォ、例えばそこにいる結標」

結標「へっ?」

一方通行「そいつは割りとツンデレに近いと思うぜェ?」

結標「は、はぁ!?」

一方通行「仕事の時は自分から弁当作ってくるしィ」

結標「そ、それは練習の為に……」

一方通行「コーヒーの淹れ方も自主的に勉強してるみたいだしィ」

結標「ちちち、違うわよ!私もコーヒー好きなの!!」

姫神「なるほど。これがツンデレ」ホウ




369 :ちょっと厳しいジャンル:2011/02/26(土) 22:54:39.80 ID:DCuZUMiV0
結標「……別に、私はツンデレじゃないもん」ブツブツ

一方通行「オマエは三下狙いだったなァ?」

姫神「そう。」

一方通行「奴の側にはすでに超電磁砲というツンデレがいるンだ」

一方通行「だからツンデレを目指すのはやめとけ」

姫神「ツンデレベル5……強敵」

結標「でも、貴女は割とキャラ立ってると思うけど」

姫神「ダメ。弱いもの」

一方通行「確かになァ……鈍感にクーデレは向いてねェかも」

姫神「なら。どうしたらいい?」

一方通行「……」ウーン

結標「……」ウーン

姫神(こんなに真摯に考えてくれてる。いい人達)

結標「なにか思いついた?」

一方通行「……毒舌ンデレ」

姫神「毒舌ンデレ?」




370 :毒舌ンデレ:2011/02/26(土) 22:55:35.24 ID:DCuZUMiV0
一方通行「結標ェ」

結標「なに?」

一方通行「オマエって本当グズだよなァ」

結標「え!?」

一方通行「料理も裁縫もできねェし、生まれたばっかの妹達の方が何倍も優秀じゃねェか」

結標「う」

一方通行「せっかくいい能力に恵まれてンのに、その弱っちい精神力のせいで肝心な時に役に立たねェし」

一方通行「そのせいで仕事何回もヘマしやがるしよォ、使えねェ女だよ本当」

結標「ぐ」

一方通行「つーかよォ、オマエ勘違いしてねェ?自分はグループに必要な存在だって」

一方通行「オマエみてェに精神力ねェ奴は暗部にはいらねェンだよクソアマ」

結標「な、なによ……そこまで言う事、な、ないじゃない……」ジワッ

一方通行「……」

結標「?」

一方通行「ちっ、泣くなうぜェ…………まァ、だから守りたくなるンだけどな」

結標「ぇ……」カァッ




371 :毒舌ンデレ:2011/02/26(土) 22:56:47.30 ID:DCuZUMiV0
一方通行「とまァ、こンな所だなァ」フヒュウ

姫神「これが毒舌ンデレ……」ゴクリ

結標「演技!?演技だったの!?」

一方通行「毒舌はただの悪口じゃねェ、よりエグく、より削る事を念頭に置けェ」

姫神「……」カキカキ

一方通行「よし、今日はこンなとこだな」ウン

姫神「ありがとう。また来週」






結標「ねぇ……本当にさっきのは演技だったの?」

一方通行「あン?当たり前だろォが、オマエはグループに必要な戦力だろ」グデー

結標「もう、本当に落ち込んだじゃないの」

一方通行「わっしわっしィ」ワシワシ

結標「わわ……」

一方通行「いらねェなンて思ってねェよ」

結標「……アナタって何デレなの?」

一方通行「あァ?」

結標(ダラデレ……?)




372 :頑張れ姫神さん:2011/02/26(土) 22:57:57.73 ID:DCuZUMiV0
次の日ーー


上条「おう姫神、おはよう」

姫神「うるさい。近寄らないで」

上条「……へっ?」

土御門「!?」

青ピ「!?」

上条「ど、どうしたんだ姫神?」

姫神「別に。あなたの顔を見たくなかっただけ」

上条「」

姫神「それから気安く話しかけないで。虫唾が走るから」

土御門(……何が起きてるんだにゃー)

青ピ(……こ、これは大事件や!)

姫神「ま、まぁでも。どうしても挨拶したいって言うなr」



上条「なぁ吹寄……おはよう……」

吹寄「ん?元気がないな、どうした?」



姫神「」

姫神(何が。いけなかったの?)




373 :真面目な弁当:2011/02/26(土) 22:58:57.66 ID:DCuZUMiV0
一方通行「出欠取るぞォ」

一方通行「三下ァ」

上条「はい」ハイ

一方通行「浜面ァ」

浜面「はい」ハイ

一方通行「キシロォ」

ヴェント「外見の特徴を略すな!ヴェントでいいっつーの!!」

一方通行「わかったよ弁当ォ」

ヴェント「弁当違う!ヴェ・ン・ト!!!」ダンダンッ

結標(「キ」色「シ」たピアス「ロ」ングさん……律儀にちゃんと来てるのね)




一方通行「今日は環境問題に関する授業を行う」ダレーン

上条「環境問題?」

一方通行「はいヴェント、例を挙げろ」

ヴェント「あ?……温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨とかか?」

一方通行「正解だ」




374 :シャチョさん:2011/02/26(土) 22:59:53.57 ID:DCuZUMiV0
一方通行「今日はその中の『温暖化』について授業を行う」

結標「……それに当たって特別講師をお呼びしてます」

浜面「特別講師?」


ガララッ


垣根「第二位の未元物質、垣根帝督です!」ハイ

浜面「」

上条「え、第二位!?」

ヴェント「?」

一方通行「垣根は今『垣根冷蔵』の社長もやってる」

上条「垣根冷蔵!?最近有名な企業じゃないか!」

垣根「まぁな」フフン

一方通行「垣根冷蔵は温暖化対策に一役買ってるらしい」ゴロゴロ

浜面「へー、すごいじゃないか」




375 :バカと常識人:2011/02/26(土) 23:01:03.17 ID:DCuZUMiV0
結標「どんな事をしてるの?」

垣根「超巨大冷蔵庫を解放し、その冷却力によって地球の熱を冷ましてるんだ」

結標「」

浜面「す、すげぇ……」

上条「でも冷蔵庫だって次第に熱をもってくるんじゃ……」

垣根「そこがポイントだ」ウン

垣根「いくつもの冷蔵庫を輪になるようにセットし、お互いに冷ましあってるんだ」

浜面「な、なんだってー!?」

一方通行「だりィ、ねみィ」ゴローン



ヴェント「……なぁ」

結標「いや言わなくていいわよ、わかるから」

ヴェント「……よかった、私一人なら耐えられないところだった」

結標「それはお互い様よ……」ハァ




376 :ダメなリーダー:2011/02/26(土) 23:02:17.91 ID:DCuZUMiV0
――


一方通行「大富豪ォ」

結標「富豪ね」

海原「貧民です」

土御門「」

結標「じゃあ約束どおり、大貧民の土御門は罰ゲーム!」

海原「罰ゲームは何にしましょうか……」

土御門「……断るぜい」

結標「へ?」

土御門「ふん……馴れ合いはするつもりはないと言ったはずだ」

海原「」



スタスタ……ガチャ、バタン



結標「……一見暗部のリーダーらしい格好いい事言ってるようだけど」

海原「……ただ逃げただけですね」

結標「ものっすごい小物臭がする振る舞いね」ウン

海原「同感です」ウン




377 :暗部の馴れ合い:2011/02/26(土) 23:03:18.12 ID:DCuZUMiV0
海原「さて、と……」スッ

結標「あら、帰るの?」

海原「ええ、誰かさんも帰った事ですし、自分も帰ろうかと」

結標「そっか、さよなら」

海原「はい、ではまた」





一方通行「グループもなンか腑抜けてンなァ」ゴロゴロ

結標「……それアナタが言う?」

一方通行「オマエはどっちがいい?」

結標「なにが?」

一方通行「暗部らしいギスギスした感じと、暗部らしからぬ腑抜けた感じ」

結標「前は……土御門じゃないけど、馴れ合いはゴメンだったわね」

結標「でも今は……馴れ合ってるのも楽しい、かな?」

一方通行「……あ、そォ」

結標「できれば暗部としてじゃなく出会いたかったってのもあるわ」

一方通行「……」




378 :グループの居心地:2011/02/26(土) 23:04:20.65 ID:DCuZUMiV0
結標「そりゃ土御門はシスコンだし」

結標「海原はストーカーだし」

結標「アナタは理不尽だし」

一方通行「オマエもショタコンじゃねェか」

結標「ショタコン違う!」

結標「それに、あの二人は最近鬱陶しいし」

一方通行「なンでかオマエに対してだよなァ」

結標「……ムカつく奴らだけど、一緒にいて楽しいのは事実よ」

一方通行「……」

結標「暗部じゃなかったら、もっと楽しめたのかもしれないけどね」

一方通行「ふゥン」ゴロゴロ

結標「まぁ無いものねだりよ、要は」

一方通行「……」

結標「どうしたの?」




379 :アポなしでゴー:2011/02/26(土) 23:05:10.12 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」ゴロゴロ

結標「ふふ、相変わらずダラしないわねー」

一方通行「……結標」

結標「うん?なに?」

一方通行「俺をアレイスターの所に送れ」

結標「え?」

一方通行「統括理事長の所に案内しろっつってンだよ」

結標「どうしてかしら?」

一方通行「ちょっと野暮用だよ」

結標「野暮用……?」

一方通行「早くしろ、案内人よォ」

結標「……わかったわよ」


ヒュンッ


結標「……」

結標「いいのかしら?」




380 :直接交渉:2011/02/26(土) 23:06:17.53 ID:DCuZUMiV0
一方通行「よォ」

アレイスター「おや?なんの用だ?」

一方通行「ちょっと頼みがあンだけどよォ」

アレイスター「頼み?私に?」

一方通行「グループ解散していい?」

アレイスター「」

アレイスター「……何故だ?」

一方通行「何故って言われてもなァ……解散してェから?」

アレイスター「何を言ってるのかわからないが……無理だ」

一方通行「なンで」

アレイスター「わかっているだろう?グループは暗部の中でも上位組織だ」

アレイスター「重要な役割を担うグループの解散など認めるわけにはいかない」




381 :歪んだ裏社会:2011/02/26(土) 23:07:18.45 ID:DCuZUMiV0
一方通行「はっきり言えよ」

アレイスター「何をだ?」

一方通行「『グループは自分に都合のいい駒だ、手放す気はない』ってよォ」

アレイスター「ふっ……それも事実だがね」

一方通行「……」

アレイスター「……それに」

一方通行「あァ?」

アレイスター「『人質』の存在を忘れていないか?」

一方通行「ちっ、やっぱりオマエはクソッタレだな」

アレイスター「長く生きてるとね、性格も歪んでくるものだよ」

アレイスター「いや、私だけじゃない……裏社会に身を置く者は皆歪んでいるものさ」

一方通行「……ふン」




382 :両天秤:2011/02/26(土) 23:08:26.76 ID:DCuZUMiV0
一方通行「こうしねェか?」

一方通行「人質解放、グループの解散を認めてくれれば……」

一方通行「俺を好きにしてくれて構わねェ」

アレイスター「……なに?」

一方通行「アイツらを解放する代わりに、俺がオマエのオモチャになってやるっつってンだよ」

アレイスター「君が?」

一方通行「おォ、事実俺一人でも十分やっていけるはずだぜェ?」

アレイスター「……好きにしていいと言ったな?何を意味するのかわかっているのか?」

アレイスター「実験等の参加も協力的になるという事だな?」

一方通行「あァ」

アレイスター「それは随分と魅力的だな」

一方通行「だろォ?第一位を手中におさめる事ができンだ、相応の価値だと思うが」

アレイスター「……何が君をそうさせた?」

一方通行「別にィ、クソッタレな仕事すンのはクソッタレで十分だろォが」

アレイスター「ふふ、君が自己犠牲か」

一方通行「ちっ、そンなンじゃねェよ」




383 :ちょっと追加で:2011/02/26(土) 23:09:20.58 ID:DCuZUMiV0
アレイスター「君の借金はどうするつもりだ?」

一方通行「そのままで構わねェよ、払ってやる」

アレイスター「…………いいだろう」

一方通行「本当か?」

アレイスター「ああ、君にはそれ程の価値がある」

一方通行「……」

アレイスター「他の連中はただの駒に過ぎないからな」

一方通行「……あそォ」

アレイスター「そうか、君が……ふふ……」

一方通行「……」

アレイスター「これから忙しくなるな、君も」

一方通行「じゃ、約束通り俺を好きにしてくれて構わねェが……」





一方通行「条件がある」

アレイスター「えっ」




384 :あくまで強気な姿勢:2011/02/26(土) 23:10:27.70 ID:DCuZUMiV0
アレイスター「条件だと?」

一方通行「おォ」

アレイスター「え、あれ?」

一方通行「なに」

アレイスター「いや、グループの解散を認める代わりに、君を自由にしていい……と」

一方通行「あァ」

アレイスター「その条件付きの交渉をして、更に条件を付けるというのか?」

一方通行「うン」ウン

アレイスター(何様?この人何様?)

一方通行「俺がオマエに協力するンだぞ?」

アレイスター「いやまぁそうだが……」

一方通行「どうなンだよ」

アレイスター「まぁ君が私に協力的になるというのなら……一応聞いておこうか」イチオウネ




385 :一ア不平等条約:2011/02/26(土) 23:11:33.53 ID:DCuZUMiV0
一方通行「条件その1、寺子屋さンはやめねェ」ハイ

アレイスター「まぁ、普段の生活があった方が励みになるだろうしな」ウン

一方通行「条件その2、仕事は寺子屋さン優先」ハイ

アレイスター「……うん?」

一方通行「条件その3、実験とかには参加しねェ」ハイ

アレイスター「えっ」

一方通行「条件その4、時給6500万円から」ハイ

アレイスター「えっ」

一方通行「条件その5、世界中の妹達をテレビとうさンみてェな使い方すンのやめろ」ハイ

アレイスター「えっ、バレてる」

一方通行「条件その5、『世界の車窓から』を月9で放送しろ」ハイ

アレイスター「」




386 :敏腕ネゴシエーター:2011/02/26(土) 23:12:40.33 ID:DCuZUMiV0
アレイスター「馬鹿な!そんな無茶苦茶な条件飲めるわけないだろう!」

一方通行「それなら交渉決裂だなァ」

アレイスター「当たり前だ」

一方通行「哀れだなァ、オマエ……本気で言ってンだとしたら抱き締めたくなる程哀れだぜェ」

アレイスター「……なにかするつもりか?」

一方通行「これが何かわかるか?」サッ

アレイスター「みすぼらしい日本人形がどうしたというのだ」

一方通行「これは髪が伸びると噂の曰くつきの日本人形だ」

アレイスター「」

一方通行「蓋開けて、とォ……」カパッ


カパッ、ポイッ


アレイスター「やめて!やめて!!」

アレイスター「あ!今目合った!目合ったよ!!」

アレイスター「ひぃぃぃぃぃ!」

アレイスター「か、髪が!髪で視界がぁぁぁぁぁぁ!




387 :新たな同居人:2011/02/26(土) 23:13:40.36 ID:DCuZUMiV0
一方通行「それだけじゃねェ」

アレイスター「ま、まだなにか?」

一方通行「人形はそれ一体だけじゃねェっつってンだよ!」ズラッ


人形達<ヤッホウ


アレイスター「」

アレイスター(ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!)

一方通行「どォだ?」

アレイスター「……」

アレイスター「やれやれ、しょうがないな……子供に振り回されるのは大人の役目だ」キラン

一方通行「おォ、わかってるじゃねェか」

アレイスター「だからこれちょっと取ってくれない?」

一方通行「ったく……あン?」

アレイスター「どうした?」

一方通行「オマエの髪と絡まって取れねェ、諦めろ」スタスタ

アレイスター「」




388 :交渉っていうか脅迫:2011/02/26(土) 23:14:33.76 ID:DCuZUMiV0
土御門「お前が呼び出すなんて珍しいな」

海原「何の用ですか?」

結標「?」

一方通行「えー、本日をもってグループは解散しまァす」

土御門「えっ」

一方通行「お疲れっしたァ」ペコリ

海原「ちょ、ちょっと待って下さい!どういう事ですか!?」

一方通行「だからァ、人質を解放するからグループは解散、オーケー?」

土御門「オーケーじゃないぜよ!いきなり何を……」

結標「もしかしなくても……アレイスターに何かしてきたの?」

一方通行「ちょっと脅したら認めてくれた」

土御門「」

海原「」

結標「」

一方通行「うン」ウン

土御門「な、何ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」




389 :そっちじゃねぇよ:2011/02/26(土) 23:15:58.61 ID:DCuZUMiV0
――


一方通行「とまァ、こンな所か」

土御門「ふざけるな!お前一人で暗部としての役を担うって言うのか!?」

一方通行「おォ、一人グループだ」ゴロンゴロン

土御門「……全て一人で背負うのが格好いいつもりか?」

海原「どうして……」

結標「そうよ!アナタにそこまでする義理があるの!?」

土御門「お前が犠牲になって、一人グループだと?そんなの納得できるわけ……」

一方通行「うるせェ!!」

海原「!」

一方通行「俺だって納得してるわけじゃねェ」

結標「……どういう事?」

一方通行「一人グループって別に劇団ひとり的な意味で言っt」

結標「そっちかよ!どうでもいいわよそっちは!!」

海原「」

土御門「」

一方通行「あン?」




390 :情けは人の為ならず:2011/02/26(土) 23:16:49.42 ID:DCuZUMiV0
一方通行「別に俺はオマエらの為に自分を売ったわけじゃねェ」

海原「しかし……!」

一方通行「オマエらにわかンのか?俺の気持ちがよォ」

結標「一方通行……」

土御門「……わかんないぜい」

一方通行「……そうだろォな」

海原「……」

一方通行「オマエらには『世界の車窓から』が月9で一枠放送される事の価値がわかンねェよな」

土御門「いやそれは本当にわからん」

一方通行「別にいいじゃねェか、学園都市の犬から解放されるってンだから」グデー

結標「でも……」

一方通行「それに俺は寺子屋さンをメインでやってくンだ、何も問題ねェ」

土御門「……馴れ合いはお前の最も嫌うものじゃないのか?」

一方通行「馴れ合いのつもりなンざねェよ」

一方通行「条件聞けばわかンだろ?全部俺の為だよボケ」

海原「……」




391 :これが一方通行:2011/02/26(土) 23:17:50.14 ID:DCuZUMiV0
一方通行「土御門は学校でバカやりながら義妹と暮らせばいいだろォが」

土御門「……」

一方通行「海原もショチトルだかと一緒にいてやれ、超電磁砲はほどほどにして」

海原「……」

一方通行「結標も兄弟たち迎えに行ってやれよ」

結標「……」

土御門「だが……俺は、俺たちは……」

一方通行「うるせェな、俺は別に偽善でやってるわけじゃねェンだよ」

一方通行「前にも言ったけどな、仕事なンざ俺一人で十分なンだよ」

結標「でも!」

海原「納得できるわけ、ありませんよ」

一方通行「納得なンざしなくていいンだよ」

一方通行「これは決定事項、オマエらは黙って従えばいい」

一方通行「オマエらの得意分野だろォが」

土御門「……一方通行」




392 :あわきん続投:2011/02/26(土) 23:18:43.44 ID:DCuZUMiV0
一方通行「だからオマエらは好きに暮らせってンだよ」

土御門「……本当にいいんだな?」

一方通行「おォ」

海原「……ありがとうございます」

土御門「……礼を言うぜい」

一方通行「やめろ、うぜェ」

一方通行「礼なンかより、寺子屋さンに来いってンだ」

結標「……」

一方通行「あ、結標は勝手にどっか行くなよ?」

結標「え?」

一方通行「オマエは寺子屋さンのアシスタントだ、それは変わらねェ」

結標「……うん」

一方通行「それにまだぶきっちょあわきン脱却してねェし」プスス

結標「何よ!バカにして!っていうかあわきん言うな!!!」




393 :ただし海原、てめーはダメだ:2011/02/26(土) 23:19:33.21 ID:DCuZUMiV0
結標「グループが解散、か……」

土御門「……」

一方通行「なンだよ」

土御門「俺も勉強見てもらいたいんだが、いいかにゃー?」

一方通行「……けっ」

一方通行「できの悪ィ三下共と一緒に教えてやるよ」




海原「ショチトルにもぬいぐるみ作りを教えてあげて欲しいのですが」

一方通行「おォ」

海原「よかった、喜びますよ」ニコニコ

一方通行「でもオマエは来ちゃダメです」ハイ

海原「な、なぜですか?」

一方通行「下心が前に出すぎなンだよ、下心のオフサイドだ」

結標(あ……ぬいぐるみ教室は御坂美琴系が3人いるからね)




394 :その後の様子:2011/02/26(土) 23:20:31.11 ID:DCuZUMiV0
それから数ヵ月後――


一方通行「だからァ、もっとまともな仕事回せっつってンだよ!」

アレイスター『しょうがないだろう、暗部とはそういうものだ』

一方通行「次くっだらねェ仕事回しやがったら人形全部ブチ込むからな!」

アレイスター『え、ちょ、それは勘弁して欲しいのd』


ピッ、ツーツーツー……


一方通行「……ったくよォ」

結標「やっほ、仕事だったの?」

一方通行「あン?まァな」

結標「ほら、お弁当持ってきたわよ」

一方通行「料理教室は明後日じゃねェか」

結標「プライベートよプライベート」

一方通行「……」

結標「な、なによ!いいから食べなさい!」




395 :一方通行とあわきん:2011/02/26(土) 23:21:28.71 ID:DCuZUMiV0
結標「どう?」

一方通行「……なンかオマエの料理食ってると不思議な気分になってくる」モグモグ

結標「え?そ、それってどういう……」

一方通行「人間の進化の軌跡というかなンというか……」モグモグ

結標「……ずいぶん言ってくれるじゃない」

一方通行「まァでも……」

結標「なによ」フィ

一方通行「悪くはねェな」ウン

結標「そ、そう?」

一方通行「おォ」

結標「じゃ、じゃあさ……」

結標「これから、まま、毎日でも作ってきてあげよう……か?」

一方通行「……」

結標「……」ドキドキ

一方通行「……」zzz

結標「」

結標「お、起きろバカーーーーーー!!!」グイグイ




396 :なかなか取れない髪:2011/02/26(土) 23:22:22.50 ID:DCuZUMiV0
一方通行「うるせェな……」

結標「食べてる最中に寝るからじゃない」

一方通行「おォ……」ネムイ

結標「ほら、しっかりして」

一方通行「ふァ……」

結標「なに、寝てないの?」

一方通行「こちとら夜通し仕事だったンだよ」

結標「……アレイスター絡み?」

一方通行「アレイスター絡みっつーか、アレイスターが絡まってるっつーか」

結標「?」

一方通行「パンピーは気にしなくていいンですゥ」

結標「古っ!ふっる!!」


ガララッ


一方通行「オラ、生徒共が来やがったぞ」

結標「はいはい」




397 :できるチーズ星人:2011/02/26(土) 23:23:23.38 ID:DCuZUMiV0
一方通行「じゃこの問題を……キシロ弁当ォ」

ヴェント「ヴェントだっつってんだろ!混ぜるな!!」

一方通行「早く答えろ」

ヴェント「ちっ……5ぉ」

一方通行「はい正解ィ」




一方通行「はい、問題追加な」

上条「そんな!」

浜面「11次元の座標に関する問題なんて解けるわけねーよ……」

土御門「これは空間移動系の能力者限定の問題だぜい……」

ヴェント「なんだよ、意外と簡単じゃんか」スラスラ

上条「お前、すごいな……」

一方通行「オラ、チーズ星人に負けてンじゃねェよ」

ヴェント「誰がチーズ星人だってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」




398 :掛け声と共に:2011/02/26(土) 23:24:30.66 ID:DCuZUMiV0
ーー


御坂妹「あ、ここはこうして……」

ショチトル「こ、こうか?……難しいな、裁縫というのも……」ムムム



美琴「どう?」

一方通行「ダメだ、縫い目にまろみが足りねェ」

美琴「ま、まろみ!?」

一方通行「ここはまつり縫いだろォが!」

美琴「まつり縫いってどうやるのよ?」

一方通行「縫う時にこう……『わっしょい』って感じで」ウン

美琴「いや違うでしょ!絶対違うわよ!!」

19090「一方通行、できました」ハイ

一方通行「どれどれェ?」

19090「……」

一方通行「おォ、上手くできてるじゃねェか」ヨシヨシ

19090「ほ、本当ですか?」ニヘッ




399 :暗部で培った連携:2011/02/26(土) 23:25:34.11 ID:DCuZUMiV0
19090「……」ニヘラ

結標「!」ピコーン

結標「一方通行!二時の方向にコードネーム『雄山』!!」

一方通行「おらァァァァァァ!」



ブンッ!ガシャァァァァァァァン!!



美琴「ちょ、どうしたのいきなり机投げて!?」

ショチトル「窓が割れてしまったぞ?」

一方通行「ン?ゴキブリがいた」

御坂妹「……グッジョブです、とミサカは一方通行に惜しみない賞賛を送ります」グッ

一方通行「結標、いい反応だぜ……わっしわっしィ」ワシワシ

結標「そ、それほどでも……えへへ」





窓の外――


海原「な、なぜバレ……ぐはっ」

海原「」チーン




401 :グループの脅威:2011/02/26(土) 23:26:42.68 ID:DCuZUMiV0
ーー


麦野「へー、グループが解散、ね」

結標「ええ、だからもうアナタ達とぶつかる事もないわ」

麦野「そりゃ安心だわ、あんた達が一番厄介だったもの」

結標「あら、そう?」

麦野「つーか第一位を抱えてるってだけでかなりのアドバンテージよ」

結標「まぁね」

麦野「でもよかったじゃない、一体どういう手段を使ったの?」

結標「え?えっと……あっはは……」

結標(言えない……日本人形を放り投げただけなんて……)





一方通行「口じゃなくて手を動かせ料理オンチども」ダラーン

麦野「……」イラッ

結標「……」ムカッ




402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:27:31.49 ID:dlvOriSio
雄山クソワロタ




403 :大事なのは発破をかけること:2011/02/26(土) 23:27:45.34 ID:DCuZUMiV0
麦野「どう?第一位」

一方通行「ダメだな」

麦野「どこがダメだって言うの?」

一方通行「メイクと服装が大味すぎるから不合格ゥ」ハイ

麦野「」

麦野「関係ねぇんだよ!関ッ係ねぇんだよォォォォォォォ!!」

婚后「私のはいかがでしょう?相当の自信作ですが」フフン

一方通行「相変わらず普通ゥ」

婚后「」

一方通行「あの三色パンダの方がまだインパクトあるぜ」

婚后「白井さんの事ですか?……それならば負けるわけにはいきません!」ゴゴゴ





一方通行「やり直しィ」ゴロゴロ

麦野「オラァァァァァァァ!」チャチャチャ

婚后「そぉぉぉぉぉぉい!」ザバババ




404 :ナムさんよりも:2011/02/26(土) 23:28:59.68 ID:DCuZUMiV0
ーー


吹寄「せいっ!」

滝壺「えいっ」ヤー

吹寄「はっ!」

滝壺「そいっ」トー



ズガガガガガ!



結標「……あの子達、もはや一般の女の子の動きじゃないわよ」

一方通行「ちょっとやりすぎた」

結標「まぁ、吹寄さんは持ち前の運動神経」

結標「滝壺さんは努力型の天才」

一方通行「……アイツらセンスあンなァ」ゴロゴロ

結標「スキルアウトどころか、能力者とも渡り合えそうだけど」

一方通行「まァ……チャパ王より強ェ事は確かだな」ウン




405 :愛されパンダ:2011/02/26(土) 23:30:06.86 ID:DCuZUMiV0
ーー


スキルアウトA「へへ、中々金持ってんじゃねーか」

黒子「ジャッジメントですの!恐喝の現行犯で拘束しますわ!」

スキルアウトB「なんだこのガキ?」

黒子「ジャブはえぐる様にして打つべし!ですの!」シュッ

スキルアウトC「うぐっ!?」

黒子「ボディがお留守ですのよ!」シュッ

スキルアウトB「ぐはっ!」

スキルアウトA「く、くそう!」

黒子「さて……残りはアナタ一人でs」


一方通行「リバァー!」ボスッ


黒子「げっふぅっ!?」


ズシャァァァァァァ!


スキルアウトA「」




406 :パンダム級タイトルマッチ:2011/02/26(土) 23:31:16.77 ID:DCuZUMiV0
黒子「お、おう……おう……」イタイ

一方通行「ボディがお留守なのはてめェだよ」フフン

黒子「ゲホ……な、なんで邪魔するのですか!」

一方通行「生徒のピンチに駆けつけるのが先生ってもンだろォが……」

黒子「…………先生」キュン

黒子「……」アレ?

黒子「……」ウーン

黒子「いや別にピンチじゃないですの」

一方通行「あァ?」

黒子「むしろ優勢でしたわ」

一方通行「うるせェパンダム級パンダ」

黒子「それを言うなら『バンタム級』ですの!!」

一方通行「白黒コーナー……三色パンダァー!ふろむチャイナ!」ハイ

黒子「ふろむジャパン!ですの!!」プンスカ



スキルアウトA(……今のうちに逃げよ)コソコソ




407 :オワタ:2011/02/26(土) 23:32:18.13 ID:DCuZUMiV0
ーー


垣根「……」セッセッセッセ

心理定規「さっきから何を作ってるの?」

垣根「新商品、未元保冷剤だ」

心理定規「……」

垣根「これは従来の保冷剤よりも持続時間が大幅にアップ!」

垣根「しっとり滑らかな素材だから、場所を取らない優れもの!」

心理定規「……」

垣根「先月売り出した『未元チルドレン』に合わせて、売り上げが期待できるぜ」

心理定規「……ねぇ」

垣根「なんだ?」

心理定規「政府の人が来てるけど」

垣根「えっ」

心理定規「なんでも、あなたの『巨大冷蔵庫サークル』が地球に悪影響だとか」

垣根「」




408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:33:00.02 ID:lc2Qaw9lo
ですよね




409 :神の啓示:2011/02/26(土) 23:33:32.71 ID:DCuZUMiV0
垣根「第一位ぃぃぃぃぃぃ!」

一方通行「あン?」

結標「どうしたの?」

垣根「垣根冷蔵が潰れたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

一方通行「あァ?」

垣根「政府の裏手回しによって……ちくしょう、汚ぇぜアイツら……」

結標(裏手回し?)

垣根「地球の環境保護よりも目先の利益を取りやがったんだ……」

結標(……いや正しい判断よ)




一方通行「ふゥン」

垣根「どうしたらいいんだ、俺には冷蔵界しかねぇっつーのに……」

一方通行「……本当にそォなのかよ」

垣根「え?」

一方通行「オマエにはまだやれる事があるはずだ」




410 :まぁ垣根だし:2011/02/26(土) 23:34:30.97 ID:DCuZUMiV0
垣根「そうは言っても……俺はもう一文なしだぜ」

垣根「新しく事業を始めるなんて到底……」

一方通行「オマエの羽はなンの為にあるンだ?」

垣根「俺の、羽?」

一方通行「それで羽ペンでも作ればいいじゃねェか」

垣根「!?」

一方通行「元手はタダ、しかもいくらでも作れるときたもンだ」

垣根「そ、そうか!羽ペンだ!」

一方通行「諦めンな!次は羽ペン屋さンを開け!」

垣根「お、おぉぉぉぉ……」

一方通行「行け!メルヘン社長ォ!」ブンッ

垣根「おう!ありがとな!!!」ブンッ


バサッ!


一方通行「……まァ多分売れねェけどな」

結標(えー…………)




411 :お掃除教室:2011/02/26(土) 23:36:03.81 ID:DCuZUMiV0
ブィーン……


神裂「わ、わわわ!」

一方通行「焦るンじゃねェ!そういう時はすぐにスイッチを切れ!」

インデックス「あくせられーた、この細いのはいつ使うの?」

一方通行「それはアタッチメントだ、狭い所とか掃除する時に取り付ける」




一方通行「いいかァ?ダイソソは『吸引力の変わらない、唯ひとつの掃除機』と謳ってるが」

一方通行「俺はあンまりおススメできねェ」

インデックス「どうして?」

一方通行「それより優れてる最新掃除機が学園都市にあるからだよ」

神裂「さ、さすが学園都市……」ゴクリ

一方通行「あと埃を取る時、このマツイ……一方通行棒が役に立つ」

神裂「それは?」

一方通行「割り箸に布を巻きつけたもンだ、これで細かいところの埃も取れる」

インデックス「すごいんだよ!あくせられーた!!」キラキラ

結標(マツイ棒って言おうとした絶対!パクリだアレ!!)




413 :上条夫婦の家事分担:2011/02/26(土) 23:37:01.11 ID:DCuZUMiV0
上条「ふぅ、今日も何とかタイムセールに間に合ったぜ」

上条「ただいまー」

インデックス「おかえりなさい!」

上条「」

インデックス「とうま、どうしたの?」

上条「いや……気のせいか部屋が綺麗になってるような……」

インデックス「気のせいじゃないよ、私がやったの」

上条「洗濯物も……洗い場も……」

インデックス「うん!教えてもらったから完璧なんだよ!」

上条「……どうしたんだ?」

インデックス「普段お世話になってるからね、これからは私も家事を手伝うんだよ」

上条「そうか……ありがとうな、インデックス」ヨシヨシ

インデックス「えっへへ」ニコニコ

上条「よし、じゃ晩飯にするか!」

インデックス「あ、私もお手伝いするんだよ!」テテッ




414 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:38:02.21 ID:lc2Qaw9lo
もうインなんとかなんて言わせない




415 :サバ界期待のルーキー:2011/02/26(土) 23:38:27.58 ID:DCuZUMiV0
ーー


一方通行「えー、腹は無地の銀白色」

フレンダ「マサb」

絹旗「マサバ!」ハイ

一方通行「腹に黒い斑点が多数ある」

フレンダ「ゴマs」

絹旗「ゴマサバ!」ハイ

一方通行「南西諸島のみで漁獲される、特徴は背中に斑点列」

絹旗「グルクマ!」ハイ

フレンダ「」




一方通行「よし、じゃ今日はここまで」ゲデー

絹旗「超楽しいですね、サバ学」ルンルン

フレンダ「……まさか私より詳しくなるなんて」

絹旗「はい?」

フレンダ「結局このままじゃ終われないって訳よ!」メラメラ

絹旗「?」




416 :編み物教室:2011/02/26(土) 23:39:31.29 ID:DCuZUMiV0
一方通行「今日のラストは?」

結標「編み物教室よ」

一方通行「あァ、打ち止めに番外個体の日か」

結標「……それに『あの人の日』よ」

一方通行「……」フイ

結標「現実逃避するな!ちゃんと向き合いなさい!」






番外個体「1,2,3,4,5,6……」アミアミ

一方通行「今日何日だっけェ?」

結標「え?3日だけど」

番外個体「3,4,5,6,7……はっ」アミアミ

一方通行「ほらちゃんと確認しねェと幅増えるぞ?」

番外個体「あ・な・た!あなたのせいだよ!どうしてくれるのさ!!」




417 :刺青と幼女:2011/02/26(土) 23:40:28.80 ID:DCuZUMiV0
木原「ちっ……うまく毛糸に編み棒が通らねぇ」

打ち止め「こうやるんだよ?」アミアミ

木原「……こうか?」

打ち止め「うん!上手!ってミサカはミサカは惜しみない賞賛をおくってみたり!」

木原「おう、サンキュー」ワシワシ

打ち止め「あわわ、キハラ、撫でてくれるのは嬉しいけど、ちょっと乱暴かも!」

木原「あ?悪い悪い」

打ち止め「それじゃレッツ編み物!」

木原「……」アミアミアミアミアミアミアミアミ

打ち止め「……」アミアミアミアミアミアミアミアミ




一方通行「……」

結標「……」

一方通行「何回見ても慣れねェ」

結標「シュールってレベルじゃないわよ」




419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:41:25.04 ID:eAjevPYO0
木原くンwwwwww




420 :趣味探しの結果:2011/02/26(土) 23:41:29.90 ID:DCuZUMiV0
数日後――


結標「おはよ」

一方通行「ふァ……」ゴロゴロ

結標「コーヒー飲む?」

一方通行「おォ」




一方通行「オマエも大分コーヒー淹れンの上手くなったな」

結標「本当?」

一方通行「おォ、まろみがあるわ」

結標「いやそれはわからないけど」

一方通行「どォよ、最近」

結標「え?」

一方通行「楽しいのかって聞いてンだよ」

結標「……」

結標「……そうね、楽しいわ」

一方通行「ほォ」ズズー




421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:41:48.77 ID:wwlJhU5DO
木原くゥウウウン!




423 :あわきんと兄妹たち:2011/02/26(土) 23:42:38.14 ID:DCuZUMiV0
結標「最初アナタに言われたとおりだったわ」

一方通行「あン?」

結標「余裕のない表情って言うの?」

結標「兄妹達を迎えに行ったらね、言われたのよ」

一方通行「なンて」

結標「『いい顔してる』って」

一方通行「へェ」

結標「最初はね、自分たちを解放する為に無理したんじゃないかって心配されたの」

一方通行「まァな」

結標「でも、私の顔を見たらそんな事はなかったって」

結標「失礼しちゃうわ、これでも結構苦労したのにね」

一方通行「土御門も海原も……全員ボロボロなって頑張ってたな、それは認めてやるよ」

結標「うん……でもその代わり、みんな笑顔で迎えてくれたの」

一方通行「よかったじゃねェか」




424 :月曜日はワクテカ:2011/02/26(土) 23:44:19.04 ID:DCuZUMiV0
結標「まぁ結局はあなたのおかげなんだけどね」

一方通行「ンな事ねェよ」

結標「頭が上がらないわ……」

一方通行「あン?」

結標「実際人質解放できたのもあなた一人の犠牲と交換だし……」

一方通行「犠牲じゃねェよ」

結標「え?」

一方通行「前にも言ったが、交渉は俺の為だしなァ」

一方通行「さっさと借金返す為にはそっちの方が都合いいし」

結標「……」

一方通行「妹達の安全と、『世界の車窓から』の安全があればそれでいいンだよ」ゴロン

結標「まったく、あなたって本当……」

一方通行「なンだよ」

結標「ううん、なんでもないわ」

一方通行「ちっ……」




425 :まだまだ生徒:2011/02/26(土) 23:45:18.83 ID:DCuZUMiV0
結標「でも本当に感謝するわ」

一方通行「いらねェ」

結標「料理も裁縫もできるようになったしね」

一方通行「まだ下手っぴなンですけどね」プススー

結標「うっさい!」

一方通行「礼の言葉なンかいらねェから、もっと態度で示せ」

結標「え?」

一方通行「あー、腹減ったなァー、朝飯食ってねェしなァー」

結標「……作れって事?」

一方通行「マズい料理でもいいから食いてェなー」

結標「一言余計なのよ!!」





結標「……どう?」

一方通行「ン、悪くねェ」モグモグ

結標「……ふふ」

一方通行「なに笑ってやがりますかァ?」

結標「ううん、アナタの『悪くない』は高評価って受け止めとくわ」

一方通行「……けっ」モグモグ




426 :教え中:2011/02/26(土) 23:46:24.77 ID:DCuZUMiV0
一方通行「ン、今何時だァ?」

結標「あ……もう9時よ」

一方通行「おォ、そンな時間か」



【教え中】パタン…



美琴「やっほ」

御坂妹「おはようございます、とミサカは礼儀正しく挨拶します」ペコリ

19090「お、おはようございます」ペコリ

ショチトル「今日も世話になる」

一方通行「よし、全員いるな」





一方通行「寺子屋さン、開店でェす」

結標「おー」オー



おわり




428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:47:20.07 ID:1daaV5QRo
超乙ですの




429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:47:26.67 ID:lc2Qaw9lo
おつッしたァー ペコリ




437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/26(土) 23:49:04.46 ID:DCuZUMiV0
寺子屋さン、閉店です
次に、短編を書いてみたのでこれから投下したいと思います

・お風呂屋さン
・床屋さンでアシスタント会議(超パラレル)

数レスなのでサクサクっと読んでください
ではおまけ投下します




442 :お風呂屋さンと黄泉川家:2011/02/26(土) 23:50:37.04 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」ゴロゴロ


ガララッ


打ち止め「おっふろ!おっふろ!ってミサカはミサカはテンションMAX!」

黄泉川「よう一方通行、また世話んなるじゃん」

芳川「あら、今日は一番乗りかしら」

一方通行「オマエらかァ……今日は一番風呂ですよォ」

打ち止め「本当!?泳ごう!ってミサカはミサカは急いで着替えに取り掛かってみたり!」

一方通行「他の客来たら迷惑だから止めるンだぞォ?」

打ち止め「うん、わかった!!」

黄泉川「今日の湯加減はどうじゃんよ?」

一方通行「ン、最高だァ……ただ一番風呂だから熱ィかもしれねェぞ」

芳川「まぁそれはしょうがないわね、はい料金」

一方通行「ごゆっくりィ」ダラーン




444 :お風呂屋さンとド根性:2011/02/26(土) 23:51:42.07 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」ゴロゴロ


ガララッ


削板「よう!!」

一方通行「らっしゃまっせェ」ヘイ

削板「よぉっし!今日も一発限界まで入るぞ!」

一方通行「世話めンどくせェから、のぼせンなよォ」

削板「はっはっは!根性があればのぼせるわけがないだろう?」

一方通行「さいでっかァ」ダラーン

削板「それよりも湯上りのアレは……」

一方通行「用意してあンよ、プロテイン」

削板「おお!ありがとう!!」

一方通行「ったく、風呂上りにプロテインとかどンだけだよ」

削板「料金はここに置いておくからな!」チャリン

一方通行「まいどォ」




445 :お風呂屋さンと超電磁砲とパンダ:2011/02/26(土) 23:53:02.20 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」グデー


ガララッ


美琴「久しぶり」

一方通行「あン?超電磁砲かァ」

黒子「私もいますの!」ハイ

一方通行「なンども言いますけどォ、ウチはパンダの入浴禁止なンですよね」

黒子「パンダじゃありませんの!人間ですの!!」プンスカ

美琴「はいはい、じゃ2人分ね」

一方通行「まいどォ」

黒子「お姉様と入浴がどれだけ楽しみだったか……フヒッ」

一方通行「あ、パンダ」

黒子「白井黒子ですの!」

一方通行「超電磁砲の悲鳴が聞こえたら、オマエ入浴剤の素になってもらうからな」

黒子「」

一方通行「文字通り血の池地獄」ハイ

黒子「こここ、心得ままました、の……」ガタガタブルブル




447 :お風呂屋さンとアステカ:2011/02/26(土) 23:54:07.24 ID:DCuZUMiV0
美琴「あはは、ありがと」

一方通行「おォ、ごゆっくりィ」

黒子「……」ショボン

一方通行「あ、あと海原は男湯な」

美琴「えっ」

黒子「えっ」

海原「おや、バレてしまいましたか」

美琴「」

一方通行「海原、海原」チョイチョイ

海原「?なんですか?」

ベリベリベリッ!

一方通行「てめェは!何度言ったらわかりやがるンですかァ!?」

海原「ああ!やめてください!剥がさないで下さい!!」

一方通行「このまま全身剥いでボイラーにブチ込んでやろォか?」ベリベリ

海原「らめぇぇぇぇぇぇ!見ちゃらめぇぇぇぇぇぇぇ!!」




美琴「……お風呂、入ろうか」

黒子「……そうですわね」




448 :お風呂屋さンとていとくん:2011/02/26(土) 23:55:18.94 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」ゴローン


ガラララッ!!


一方通行「いらっしゃっせェ」

垣根「オイ!てめぇどういう事だコラ!俺の下駄箱ナンバー1がねぇじゃねぇか!!」

一方通行「あァ、先客がいたンだなァ」

垣根「フザけんな!1は俺の番号だろうがよ!!」

一方通行「せめて下駄箱くらいは1番って……どンだけ悲しいンだてめェ」

垣根「な、い、いいじゃねぇか!」

一方通行「よく考えろ、ローマ数字で1はⅠ、じゃあ2は?」

垣根「Ⅱ」

一方通行「……どォだ、1より本数が多いじゃねェか」

垣根「……」

垣根「……本当だ」ハッ

一方通行「本数多いほうが強そうだろォ?」

垣根「俺!今日から3番な!はい料金!!」チャリン

一方通行「今日もバカでありがとなァ」

垣根「~~~♪」ペタペタ




449 :お風呂屋さンとシスターズ:2011/02/26(土) 23:56:26.67 ID:DCuZUMiV0
一方通行「……」ゴロゴロ


ガララッ


神裂「こんにちは、今日もお世話になります」

五和「こんにちは」

アンジェレネ「こ、こんにちは」ペコッ

一方通行「あァ、シスター共じゃねェか」

アニェーゼ「また入りに来てやりましたよ」

一方通行「いや別にいいです」

アニェーゼ「なんですかその態度!お客に取る態度じゃありませんよ!!」

オルソラ「まぁまぁアニェーゼさん」

ルチア「そうですよ、騒がないで早く着替えましょう」

シェリー「今日も五月蝿いな……」

一方通行「まァ慣れてンよいい加減」




450 :お風呂屋さンと整備不良:2011/02/26(土) 23:57:12.04 ID:DCuZUMiV0
神裂「あ、あのー」

五和「すいません」

一方通行「あン?入ったンじゃねェのか?」

神裂「お湯を足したいのですが、お湯が出ないです」

一方通行「ちっ、今ボイラー見てくるから待ってろォ」スタスタ








一方通行「あァ、ちょっとイカれてやがるな」キュッキュ

一方通行「……」キュッキュ

一方通行「よし、こンなもンだろォ」




452 :お風呂屋さンと発育不良:2011/02/26(土) 23:58:23.54 ID:DCuZUMiV0
ガララッ!


一方通行「おォ、直ったかちょっと確認するぜェ」ペタペタ

神裂「」

五和「」

オルソラ「あらあら……」

一方通行「ン、ちゃンと直ってンな……じゃごゆっくりィ」ペタペタ

アニェーゼ「何普通に入って来てんですかこの変態!!!」

ルチア「そ、そうですよ!!何を考えてるのですか!!!」

アンジェレネ「は、恥ずかしいですよぅ!!」

一方通行「あン?うるせェよ貧乳シスターズ」

アニェーゼ「」ヒン

ルチア「」ニュウ

アンジェレネ「」シスターズ

一方通行「もっと立派な身体になってから文句言えガキども」ペタペタ

一方通行「そこの黒髪みてェによ」ペタペタ

五和「あ……う……///」




453 :お風呂屋さンとナイチチ:2011/02/26(土) 23:59:15.48 ID:DCuZUMiV0
ルチア「わ、私は貧乳じゃありません!この2人と一緒にしないでください!!」

アニェーゼ「何言ってんですか!そんなに大きいわけじゃないくせに!」

アンジェレネ「そ、そうですよう!」

ルチア「なんですって!?」

一方通行「まァオマエはガキだからいいとして」ヨシヨシ

アンジェレネ「……ぁぅ///」

アニェーゼ「またシスター・アンジェレネだけ贔屓ですか!このロリコン!」

一方通行「うるせェナイチチ1号」

アニェーゼ「」

ルチア「だ、大体アナタがここに入ってくるから……」

一方通行「うるせェナイチチ2号」

ルチア「」

シェリー「うるっせーな……」ヤレヤレ

神裂「あの……いきなり入ってくるのは……その///」

オルソラ「でも一方通行さんなら問題ないのでございますよ?」ニコニコ

一方通行「オマエはもちっと気にしよォな?」ウン




454 :お風呂屋さンと覗き:2011/02/27(日) 00:00:33.96 ID:vmzUTfmV0
一方通行「ねみィ」ダラーン


<キャー!!


一方通行「……あン?」




一方通行「オマエらも懲りねェなオイ」

上条「あの、全裸で正座はちょっと辛いものがあるのですが……」

土御門「これは膝にくるぜい」

一方通行「なァ、覗きなンて恥ずかしい事してンじゃねェよ」

上条「すいません」

一方通行「反省してるっつゥなら、浴槽掃除で手打ってやるよ」

土御門「え、それだけでいいのか?」

一方通行「おォ、そのタワシとかモップみてェな髪でやれ」

上条「」

青ピ「禿げてまう!禿げてまう!!」

一方通行「うるせェ、去勢されるか頭髪DEクリーニングするか選べ」

上条(……金輪際覗きなんてしねぇ)




455 :お風呂屋さンと元ヤンデレ:2011/02/27(日) 00:01:47.60 ID:vmzUTfmV0
一方通行「……」ゴロゴロ


ガララッ


一方通行「らっしゃいまっせェ」

番外個体「やっほう第一位、浸かりに来たよ!」

一方通行「またオマエかァ、よく毎日毎日来るなァ」グデー

番外個体「べ、別にアナタに会いたくて来てるわけじゃないけどさ……」モジッ

一方通行「あン?」

番外個体「そう、研究所だと狭いお風呂しかないから、大きいお風呂入りたいなって思うだけであって……」

一方通行「ン?」

番外個体「と、とにかく!ここに来ればアナタに会えるとかじゃないんだからっ!」

一方通行「うン、わかった」

番外個体「」

一方通行「ちゃンと肩まで浸かれよォ」ダラダラ

番外個体「くそう、ちくしょう……」ペタペタ



一方通行「なンでアイツ落ち込ンでンだ?」




457 :お風呂屋さンと常連:2011/02/27(日) 00:03:11.57 ID:vmzUTfmV0
一方通行「……」ダラーン


ガララッ


アレイスター「やっほう第一位、浸かりに来たよ」

一方通行「さっさと[ピーーー]、でなければ帰れ」

アレイスター「すまん、詫びるから湯を分けて貰えないか?」

一方通行「ちっ……わざわざビーカーにキャスター付けてまで来るたァ、とンだバカだな」

一方通行「一番まろい湯でいいンだなァ?」

アレイスター「あ、今日はまろみ度3で頼む」

一方通行「3だと?そンな温いのでいいのかよ?」

アレイスター「ああ、今日はこれから理事会があるからな、余所行きだ」


カパッ、ザバババババ……


アレイスター「ああ、いい湯だ」

一方通行「そりゃよござンしたァ」ドボボボ

アレイスター「余所行きとはいえ、やはり君の所の湯のまろみは最高だな」

一方通行「当たり前だろォがボケ」


お風呂屋さン

おわり




459 :御坂妹はお年頃:2011/02/27(日) 00:05:20.23 ID:vmzUTfmV0
床屋さンーー


一方通行「らっしゃっせェ」ダラーン

御坂妹「トリートメントというものをお願いしたいのですが」

一方通行「トリートメントォ?色気づきやがって」

御坂妹「む、いいではないですか、とミサカは表現の自由を訴えます」

一方通行「いや別にそれは表現の自由とは違うけどなァ」

一方通行「まァいいや、とりあえずシャンプー台へどうぞォ」スタスタ




一方通行「痒いところはございませんかァ?」ワシワシ

御坂妹「強いて言えば背中が痒いです、とミサカは本音を吐露します」

一方通行「それには答える事はできなさそォですね」ワシワシ




一方通行「熱かったら言ってくださいねェ」ゴー

御坂妹「……は……ぃ」zz

一方通行「……」ゴー

御坂妹「……」zzz




460 :天然由来成分:2011/02/27(日) 00:06:12.58 ID:vmzUTfmV0
一方通行「どォだ?」

御坂妹「……」サラサラ

御坂妹「すごいです、サラサラになりました」

一方通行「だろォ?天然由来のマロミンが髪をコーティングする事によってサラサラになンだよ」

御坂妹「マロミン……あなどりがたし」ゴクリ

一方通行「また来いよォ」

御坂妹「え、料金はおいくらでしょう?」

一方通行「いいや、無料ォ」

御坂妹「それは悪いです、とミサカは財布に手をかけます」

一方通行「別にオマエらから金取る気なンて最初からねェンだよ」

御坂妹「……ですが」

一方通行「いいからァ、ほれ、また来いよォ」

御坂妹「……はい、ありがとうございました」ペコリ

一方通行「ン」




463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/27(日) 00:07:28.51 ID:u87rN2LIo
マロミンとな…これは調べる必要があるな




464 :男カット:2011/02/27(日) 00:07:31.10 ID:vmzUTfmV0
アックア「カットをお願いしたいのであるが」

一方通行「おォ、了解ィ」

アックア「男らしさを全面的に出せるカットでお願いする」

一方通行「はいなァ、じゃシャンプーしまァす」スタスタ


ワシワシワシ……


一方通行「わっしわっしィ」ワシワシ

アックア「おおぅ……気持ち良いのである」

一方通行「湯加減とか俺の顔とかどォだ?」ワシワシ

アックア「顔はどうでもいいが泡がちょっと多いのである」

一方通行「泡が多いか、ン?俺の顔とかどォだ?」ワシワシ





一方通行「はい男らしいカット終わりィ」

アックア「……これは」

一方通行「名づけて直角刈りだァ、男の中の男だろォ?」

アックア「……」ズーン

一方通行「……あン?」




465 :お洒落な木原くん:2011/02/27(日) 00:08:57.25 ID:vmzUTfmV0
木原「おう、オサレにパーマでも頼むわ」

一方通行「ちっ、はいはい」



木原「……」zzz

一方通行「……」マキマキ



木原「……」鏡「……」木原

一方通行「……」

木原「……」

一方通行「……」

木原「なぁぁぁぁんでパンチパーマになってやがんだぁぁぁぁぁぁ!?」

一方通行「その長さでパーマかけよォとする時点で決まってた事だろォが」

木原「なめてんのか!?こんなおばちゃんパーマなんざ頼んでねぇんだよぉぉぉぉぉぉ!!!」

一方通行「うるっせェ!てめェがオサレなパーマっつったンだろォがよ!」

木原「殺すぞ!これのどこがオサレなんだよクソッタレェェェェェェェ!!」

一方通行「うるせェこのクソ野郎ォォォォォォ!!!」




466 :全員集合:2011/02/27(日) 00:09:52.06 ID:vmzUTfmV0
絹旗「は?」

麦野「ひ?」

番外個体「ふ?」

オルソラ「へ?」

結標「ほ?」

絹旗「あれ麦野、超偶然ですね」

麦野「絹旗、アンタもここに?」

絹旗「ええ」

結標「ここでも御坂遺伝子に遭遇するとはね」

番外個体「え、ここにいる人みんなカットしに来たの?」

オルソラ「ええ、私はそうでございますよ」

麦野「うん、まぁ」

番外個体「……」

結標「……」

絹旗「……」

麦野「……」

オルソラ「はい?」




467 :これがオルソラクオリティ:2011/02/27(日) 00:11:18.34 ID:vmzUTfmV0
麦野「まぁいいや、入ろっと」

絹旗「いや超待ってくださいよ麦野、最初ドアに手をかけたのは私ですよ」

麦野「え?」

番外個体「いや違うし、ミサカの方が早く来たもん」

結標「え、私の方が早かったわよ」

絹旗「ここは最初にドアを開けようとした私が一番手という事になりますね」

麦野「いやいや、その理屈はおかしいわよ」

結標「ええ、一番手は私だもの」

番外個体「何言ってるの?ミサカに決まってるじゃん」

麦野「いやいやいや、私でしょ」

絹旗「私ですよ」





オルソラ「……」ジー

オルソラ「……ふぁ、目が回ってきたのでございますよー……」グルグル




468 :歪まないオルソラ:2011/02/27(日) 00:12:23.54 ID:vmzUTfmV0
絹旗「大体ここは誰が経営してるか知ってるんですか?」

麦野「え?知ってるわよ?」

結標「あら、ならみんな一方通行にカットしてもらいたくてここにいるのかしら?」

絹旗「え!?」

麦野「ち、違うわよ!そんなわけないじゃない!」

番外個体「そ、そうだよ!別にミサカはあの人だから来たわけじゃないし!」

結標「まぁ私だって?暗部仲間だから仕方なく来てるわけだしね」

絹旗「本当ですか?」

番外個体「な、なんだよう」

麦野「そういう絹旗だって第一位目当てで来たんじゃないのかにゃーん?」

絹旗「ち、違いますよ!超違いますよ!!」





オルソラ「今日は天気がよろしいですね……」ウツラ

オルソラ「……」zzz




469 :素直が一番:2011/02/27(日) 00:13:12.54 ID:vmzUTfmV0
結標「まぁなら間をとって私が一番手ね」

絹旗「いやいやおかしいおかしいです」

結標「ぐっ……」

麦野「なんの間をとったのかわからないし」

絹旗「私ですよ一番手は」

番外個体「いやミサカだし」

結標「っていうかさっきからそこで静観してるそこのシスター」

オルソラ「私でございましょうか?」

絹旗「アナタも一方通行にカットしてもらいに来たのですか?」

オルソラ「ええ、是非一方通行さんにお願いしたくて遠路はるばるやってきました」ニコニコ

麦野「っ!」

番外個体「えっ……」

結標「くっ……事も無げに……」

絹旗「これは一番の強敵かもしれませんね」




471 :モード移行:2011/02/27(日) 00:14:00.46 ID:vmzUTfmV0
オルソラ「皆さんも一方通行さんがいいからここへ来たのでは?」

絹旗「え!?い、いや別に……」

麦野「そ、そうよ、別に第一位だからどうってわけじゃ……」

結標「べ、別に自然な流れで髪を触ってもらえるとかそんなの考えてないし……」

番外個体「……」

オルソラ「?」

番外個体「み、ミサカはあの人に髪をやってもらいたい……かな?」

絹旗「!」

麦野「!」

結標「!」

オルソラ「まぁ」ニコニコ

番外個体「いや別にそんなんじゃないし!ただ他の人にやってもらうよりは安心するというか……」

絹旗(ここに来て超デレモード突入しますか!)

麦野(見た目超電磁砲のクローンのくせにやるわね)




472 :パラレル自慢大会:2011/02/27(日) 00:14:59.97 ID:vmzUTfmV0
番外個体「ってなわけで!一番はミサカね!」

結標「いや待って待って、まだ話は終わってないわよ」

番外個体「はーーーなーーーせーーー!」

絹旗「ま、まぁ私も第一位ならいいですけどね」

麦野「わ、私の髪は相応の高ランクの人間じゃないと触らせられないわよ!」

番外個体「ミサカが一番なの!あの人の一番はミサカなの!」

結標「え、それはちょっと聞き捨てならないわね」

絹旗「そうです!彼にとっての一番は私ですし!」

麦野「なーに言ってんだお子様」

オルソラ(一方通行さんの周りは一番さんばかりでございますね)ホワホワ

番外個体「な、なにさ!じゃあ何か一番手になりうるエピソードでもあるっていうの!?」

結標「もちろんあるわよ!」

麦野「私だって」

絹旗「私もです!」




473 :圧倒的な差で優勝:2011/02/27(日) 00:16:04.54 ID:vmzUTfmV0
麦野「じゃあ絹旗は?」

絹旗「えーと……お姫様抱っこされました」

結標「むっ、殴られた事はあれどお姫様抱っこは……」

絹旗「あとは……ホラ!ネックレスもらいました!!」フフン

番外個体「なにさ!ミサカだって貰ったもん!」フフン

結標「アナタは?」

麦野「私は……アイツの家で手料理を振舞って、かつお風呂を借りた事かしら」

絹旗「げふぅ」バタッ

番外個体「ふ、ふんだ!ミサカなんて一緒の布団で寝たもんね!」

結標「私はお弁当を食べて貰ってたわ!」

絹旗「……そこのシスターさんは?」

オルソラ「私は……アーンというものをしてもらいました」ニコニコ

絹旗「」

オルソラ「あと、は、服を脱がされては、裸を見られたのでございますよ……///」テレテレ

麦野「」

番外個体「」

結標「」




474 :とりあえず一時休戦:2011/02/27(日) 00:17:06.74 ID:vmzUTfmV0
番外個体「う、うにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ジタジタ

絹旗「お、落ち着いてください!」

麦野「そうよ!とりあえず落ち着きましょう」

結標「ね、とりあえず中の様子見てみない?」

番外個体「え?」

結標「中の様子を見て、席が開いてるようなら全員で入りましょう」

絹旗「開いてなかったら勝負、という事ですね」

麦野「……いいわよ、やってやろうじゃない」←レベル5

結標「ふふふ……」←レベル4

絹旗「ふ、ふふふ……」←レベル4

番外個体「ぎゃははっ」←レベル4

オルソラ「???」←ホイミン



絹旗「じゃ、ちょっと覗きますよ……」ソー

番外個体「……」ドキドキ




475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/27(日) 00:18:03.96 ID:75Ft3qJ90
リンクしてンのかァ




476 :最強の伏兵:2011/02/27(日) 00:18:25.64 ID:vmzUTfmV0
黒子「な、なんですのこれ!?ちょっとウトウトしてる間に何が!?」

一方通行「カリスマカットだろォが」

黒子「お団子はいいですわ!なんで白と黒のツートンになってるんですの!?」

一方通行「パンダカット~オセロ風~だろォが」

黒子「そんなの頼んでないですわ!!」

一方通行「客に似合う髪形を用意するのがカリスマ美容師だろォがよ」

黒子「どこが似合ってるんですか!!」

一方通行「似合ってるじゃねェか、俺は可愛いと思うぜェ?」

黒子「えっ」キュン

一方通行「パンダみてェで」プススー

黒子「ほらみろ!やっぱりパンダじゃないですか!」

黒子「だいたい白と黒に染めるなんてフザけてるんですの!?」

一方通行「じゃオマエの名前もフザけてるなァ」

黒子「ふざけてませんわ!」

一方通行「白黒オセロパンダですの!」ハイ

黒子「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!お金返せぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」ジタジタ




478 :あれは別:2011/02/27(日) 00:19:19.62 ID:vmzUTfmV0
オルソラ「あらあら、とても仲がよろしいですわね」ニコニコ

番外個体「うん、いや……」

結標「……あれは違うと思うの」

絹旗「ええ、あれはノーカウントで」

麦野「そうね、あれはちょっと違うかも」

番外個体「どっちかっていうとペットだよね」

結標「コンパニオン・アニマルみたいな」

麦野「……」

結標「……」

番外個体「違う、うん、違うよ」ウン

麦野「そうよ、きっと違うわ」

オルソラ「?」




480 :アシスタント会議決定:2011/02/27(日) 00:20:45.16 ID:vmzUTfmV0
番外個体「……ねね、みんなでお茶しに行こうよ」

絹旗「……それいいですね、超賛成します」

麦野「うん……いいわよ」

結標「アナタも、来る?」

オルソラ「え?はい、お供させていただきますわ」ニコニコ

番外個体「ダメだ、この人も要注意だね」

麦野「そうね、ダークホースと言っていい存在だわ」

オルソラ「ダースベイダーよりもダースモールの方が好きでございますよー」

結標「えっ」

番外個体「えっ」

絹旗「えっ」

麦野「えっ」

オルソラ「はい?」


床屋さンでアシスタント会議

おわり


なんだこれ、やっぱもげろ




481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/27(日) 00:21:30.59 ID:TgSyFDEbo
乙乙




482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/27(日) 00:22:57.58 ID:75Ft3qJ90
一方さんもげ・・・なくていいな、うん




483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/27(日) 00:22:58.25 ID:vmzUTfmV0
全文投下終わりです
今回も完走までお付き合いいただきありがとうございました

次のお店屋さンの予定は今のところ目処が立ってません
というのも、今違うのを書いている最中なので次はそれを投下しようかと

また懲りずにお店屋さンを開く機会があったらこちらに投下するので、その時は宜しくお願いします
ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました


お疲れ様でした





--------------
当ブログについて
※欄308さんありがとうです。



『とある魔術の禁書目録』と学ぶ数学1・A
『とある魔術の禁書目録』と学ぶ数学1・A斎藤 裕介

中経出版 2012-04-10
売り上げランキング : 5121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本[上巻] 『生徒会の一存』で古文単語が面白いほど身につく本 『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本 新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 (電撃文庫) 『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本[下巻]



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/01(火) 14:16: :edit
    御坂妹のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/01(火) 17:38: :edit
    002getだぜ!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/01(火) 22:10: :edit
    いやぁこのシリーズはなごみますなぁ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/01(火) 23:03: :edit
    久しぶりに読んだけどやっぱり面白かった

    平和なのが一番だよな
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/02(水) 00:55: :edit
    面白かったw
    作者さん&ぷんたさん乙
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/02(水) 04:03: :edit
    このシリーズは素晴らしいな。
    何というか・・・こう、独特のまろみが?
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/02(水) 04:25: :edit
    最高w
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/06(日) 23:00: :edit
    随分長い間ストック温めてたな
    やはり面白い

    しかしAmazonなんだこの教科書www
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/07(土) 10:15: :edit
    とあるシリーズのSSは原作アニメ知らなくても面白いから読んでる
    ただ登場人物の名前の読み方が未だによくわからん
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。