まどか「魔法少女まどか☆マギカ」(日曜朝8時30分) その1

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/15(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 21:33:18.89 ID:InHRuxA/0
ほむら「ま……か!貴女を必ず救い出すからっ!」

ほむら「全て、取り戻すからっ!!」

まどか「うん、ここで待ってる。ずっと……それじゃ、また」

ほむら「……またっ……必ず!」

まどか「行ってらっしゃい、ほむら……」

―――――――――――――――――――――――――

ジリリリリリリリッ

まどか「うぇ?……夢?」

詢子「おーい、まどか?アンタまだ部屋にいるの?遅刻するよっ」

まどか「なんだろ……なにか大事な夢……見てたような……」ポケー

詢子「まどかー!?」

まどか「!……ああああっ!?もうこんな時間!?着替えなきゃっ」トテトテ




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 21:35:48.36 ID:InHRuxA/0
まどか「うぇええええっ遅刻しちゃうよぉっ」トテトテトテ

まどか(わたし、鹿目まどか。見滝原中学校の二年生!)

まどか(自分で言うのもなんだけど、どこにでもいる普通の女の子っ!)

さやか「まどか!あんたも遅刻しそうなの?やっぱあたしたち気が合うねっ」タッタッタッ

まどか「さやかちゃん!そんな事言ってる場合じゃないよっ」

まどか(この子は美樹さやかちゃん。ちょっと男の子みたいな、わたしの親友なんだ!)

さやか「そうそう、このままじゃあ遅刻確実だよ!走る走るっ」タッタッタッ

まどか「うぇええっまってよ、さやかちゃーんっ」トテトテトテ

仁美「お二人とも、お早うございます。宜しければ乗って行きませんか?」ブロロロロ

さやか「仁美!ナイスリムジン!良い所に来てくれたっ」

まどか「ふへーっ助かったぁ……」トテ・・・トテ・・・

まどか(この子は志筑仁美ちゃん。わたしたちの親友で、とってもお金持ちのお嬢様なんだよっ)




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 21:43:00.55 ID:InHRuxA/0
仁美「朝からお疲れ様ですね、お二人とも」

まどか「うぇへへ、寝坊しちゃって……ね、さやかちゃん」

さやか「おおっと、勝手に決め付けられちゃこまりますなぁ……って言ってもあたしも寝坊なんだけど」

仁美「仲よくお寝坊だなんて、羨ましいですわっ」

さやか「あたしはこのリムジンの方が羨ましいっての」

まどか「うぇへへへホントだよー」

仁美「あ、お二人ともご存知ですか?今日うちのクラスに」

さやか「ああ、転校生でしょ?」

まどか「うぇ?なあに、それ?」

さやか「いや、あたしも噂で聞いたんだけどウチに転校生が来るらしいんだ」

まどか「そうなんだ、男の子かな、女の子かな」

仁美「噂によると、女の子ですって。ああ、美しい御人だと良いですわね」

さやか「仁美、あんた……」ジトッ

仁美「さやかさん、私個人的に、愛は国境や性別を超えると思っていますの」

さやか「朝っぱらからなんつー告白だ、全く……」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 21:49:07.09 ID:InHRuxA/0
キーンコーンカーンコーン・・・

和子「……というわけで、文化祭の実行委員長の選出がありますので、有志の方は申し出て下さいねー」

和子「ではHR終わります」

ザワザワザワザワ・・・

和子「ふふ、なんちゃてウソです!皆さん、期待してるんですよねー?分かりますよー?」

和子「はい!それでは皆さんに、重大な発表がありまーす!実は……先生結婚が決まりましたー!!」

・・・・・・・・・・・・

和子「……な、なんですかそのはいはいウソウソっていう視線の嵐は!まだ先生だって適齢期を……」

中沢「せんせー、大変頭がおめでたいのは結構ですが本題に入って貰っていいですか?」

ドッ・・・アハハハハハハハッ

和子「はいはい……では!改めて、入って来て自己紹介をどうぞ!」

ほむら「……」ガラッ・・・スタスタスタ

ほむら「暁美ほむら、です。これから宜しくお願いします」

まどか「……?なんか、どこかで会ったような……?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 21:56:09.68 ID:InHRuxA/0
和子「暁美さんは最近まで入院していて、退院と同時にこの学校に転入してきました」

和子「皆さん仲よくしてあげて下さいねー」

ハーイ・・・ザワザワザワザワ・・・

仁美「御美しい方ですわね、さやかさん」

さやか「ま、あたしほどじゃないけどね」

仁美「そうですわね」ニコッ

さやか「いや、突っ込むところでしょ今の!」

仁美「……?そうですか?」

さやか「まったく……調子狂うよ」

和子「じゃあ、そうですね……鹿目さんの隣の席が空いているので、暁美さんはそこにすわってくださーい」

ほむら「わかりました……っ!」スタスタスタ・・・ジッ

まどか「……?な、なにかな?わたしの顔なにかついてる?」

ほむら「いえ、ちょっと知り合いに似ていたから。ごめんなさい」

まどか「うぇっ、良いよ謝らなくても!」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:05:21.50 ID:InHRuxA/0
まどか「暁美さん、わたし鹿目まどか!よろしくね」スッ

ほむら「……よろしく、ま……鹿目さん」ギュ

まどか「ひゃっ!暁美さんの手冷たいね……」

ほむら「ごめんなさい」

まどか「うぇっ、い、良いよ良いよ。冷え性なんだね、ちょっとビックリしちゃった」

ほむら「そう」

まどか「あ、あとわたしのことはまどかで良いよ!」

ほむら「承知したわ。じゃあ、私もほむらで良いわよ」

まどか「ほむらちゃん、かぁ。かっこいい名前だねっ」

ほむら「……」ギュウッ

まどか「ほむらちゃん?」

さやか「ちょっとあんた達いつまで握手してんのさっ、HR終わるよ?」

仁美「うふふっこれは楽しみですわ」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:12:45.83 ID:InHRuxA/0
昼休み

まどか「やっとお昼だーっ」

さやか「まどか、一緒に食べよ」

仁美「私も御一緒したいですわ」

まどか「うん。あ、ほむらちゃんも一緒に食べない?」

ほむら「申し訳ないのだけど、体調が優れないの」

さやか「大丈夫?やっぱまだ退院したばっかだから……」

ほむら「ええ、保健室で休んで来るわ」スタスタスタ

まどか「あ、じゃあわたしがつれてってあげる!わたしこれでも保健委員なんだっ」

ほむら「結構よ」ガラッ

まどか「うぇっ、まってよ!ほむらちゃん!」トテトテトテ

まどか「あ……あれ?いない……?」ガラッ・・・キョロキョロ




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:18:16.47 ID:InHRuxA/0
放課後

さやか「ふぁー終った終った!さ、帰るぞーっ」

仁美「では皆さん、ご機嫌よう」ブロロロロ

まどか「じゃーね、仁美ちゃんっ」

さやか「あたしも行くところあるからさ、じゃね」タッタッタッ

まどか「そっか、ほむらちゃんは?」

ほむら「私は家が逆方向だから……」スタスタスタ

まどか「そっかあ、なんかさみしいな、みんなバラバラで。じゃあねっ」トテトテトテトテ

まどか「きょーおのごはんなんでしょねー♪」トテトテ

まどか「シチューとハンバーグっ!カレーもいいなー♪……あれ?」

QB「……ぅ……」ヨロヨロ

まどか「これ……猫、かな?凄い弱ってるみたいだけど」

QB「……ぅぁ…」パタン




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:26:17.96 ID:InHRuxA/0
まどか「だ、大丈夫!?猫ちゃん!!」

QB「……」

まどか「声出してよ、返事してよぉ……」

QB「……」

まどか「ど、どうしよう。うぇえと……ママもパパもペット駄目って言ってたけど……」

まどか「しょうがないよね、手当てするだけだもん」ダキッ・・・パァッ

まどか「あれ?今わたしの手、光った……?」

まどか「……ま、いっかっ。待っててね猫ちゃん、すぐお家つれてってあげるからね」タッタッタッ

まどか「それにしても、こんなに体温もさがってて、なにか病気かな……?早く暖めなきゃ」

QB「……ん……」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:36:43.27 ID:InHRuxA/0
まどか「ただいまーっ」

知久「おかえり、まどか。もうすぐ夕飯だよ」

タツヤ「おかえいー、まろかー」

まどか「うん、でもちょっとわたし、部屋でやらなきゃならないことあるからっ」

知久「なるべく早く下りて来てね、今日はパパ特製肉じゃがだから」

まどか「わかった!」トテトテ

まどか「ふへー、ばれてなかったみたい」ガチャ・・・バタン

QB「それは良かった」

まどか「ホントだよぉ……ぇ?」キョトン

QB「僕のような存在がいることが、この世界で知られてしまうと色々まずいからね」

まどか「え……?うぇ……!?」

QB「それにしても、魔力を分けてくれるなんて君は良い魔法界人だ。あ、自己紹介が遅れたね、僕はキュゥべぇ。君は?」

まどか「ね……ねねね…」

QB「ねねねね?随分奇抜な名」

まどか「猫がしゃべったああああああ!?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:48:03.06 ID:InHRuxA/0
知久「どうしたんだ!まどか!?」バタンッ

まどか「うぇ!?パパ!?」グイッ

QB「むきゅ!?」

まどか「あ、あははは何でもないっ」ムギュウウ

知久「何か大声が聞こえたれけど」

まどか「それはっ、その、クラス演劇の練習で……あはは」

知久「なんだ、ビックリさせないでおくれよ。ご近所もあるんだからほどほどにね」バタン

まどか「う、うん、わかった…………あぶなかったぁ」

QB「むぎゅぎゅっ」ジタバタ

まどか「あ!ごめん!」

QB「きゅっぷは!一体何を驚いてるんだ君は、僕は魔法の精だよ?喋るのはとうぜ」

まどか「うぇええ!?やっぱりしゃべモガッ!?」グイッ

QB「やれやれ、学習しないな君は。あ、この耳は噛まないでおくれよ?おとなしくするならすぐ口から離すからさ」

まどか「もがもがっ」コクコクッ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 22:55:11.14 ID:InHRuxA/0
QB「落ち着いたかい」

まどか「うん、なんとか」

QB「ではあらためてお礼を言うよ、君が魔力を分けてくれたおかげで助かった」

まどか「うぇ、えと、どういたしまして……でも、魔力ってなんのこと?」

QB「面白いジョークなのかな、それ」ジトッ

まどか「うぇええ!?あのっ、さっきから訳わかんないよ?魔力とか魔法の精とかっ!なに、マンガのお話なの?」

QB「……もしかして君は普通の人間なのかい?そんなまさか、さっきは掌にちゃんと魔力が宿って」

まどか「わたしは、ほんっとーに平凡な人間だよぉ……ほら見て」ヒラ

QB「ない、普通の手だ。一体どうなってるんだこれは……?まずいぞ人間に僕の存在が……」ブツブツ

まどか「ぶつぶつ言ってないできちんと説明してよぉっ、わけがわかんないよ、もうっ」

QB「いや、部外者と分かった今、君にはこれ以上話せないんだ。ごめんね」

まどか「そんなぁ」

ガシャーーーーーーンッ

まどか「なっ、なに今の音!?一階から?」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:04:25.55 ID:InHRuxA/0
まどか「パパー、大丈夫?凄い音したよっ?」トテトテ

知久「ごはんを出さなきゃ…………掃除しなきゃ……洗濯も…………」ブツブツ

タツヤ「…………」

まどか「たっくん!?パパ!?どうしたの!?……わたしの声聞こえないの……!?」ユサユサ

魔女「……マジョーーーーン!!」ズズズズズズ

まどか「うぇえええええ!?ななななにあれぇ!?」

QB「あいつは……僕を追ってきたのか。君!君だけでも逃げるんだ!あれは人間の手には負えない!」

まどか「うぇ!?で、でも……たっくんもパパもおいていけないよ!」

QB「そんなこと言っても君は、ごく普通の人間なんだろう!?ここにいても彼らの二の舞だ!」

まどか「そう……だけど……だけどっ!やだよぉっ!!」

魔女「マジョーーーーーーン!!!」グアッ

タツヤ「ぅ、ぁ……?」

まどか「タッくん!!っだめーーーーーーーーーー!!!!」

――――パアアアァァァァァッ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:12:13.49 ID:InHRuxA/0
魔女「マジョーーーーーン!?」ズザザザッ

まどか「な……なに、このピンクの光?わたし、光ってる?でもなんだろ、なつかしいような……」

QB「これは……僕の持つソウルジェムと彼女が共鳴しているのか?よし、それなら……君っ、これを受け取って!」ヒュンッ

まどか「?……これ、宝石?これもピンク色に光ってる……」パシッ

QB「それはソウルジェム!それを掲げて、”変身”と叫ぶんだ!!」

まどか「うぇ!?へ、へんしん?」

QB「早く!!」

まどか「う、うん!なんかよくわかんないけど……へんっしん!!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

魔女「マ、マジョ!?」タジッ

QB「これが……ソウルジェムの本来の力……!」

まどか「心を染める愛のピンク!」シュタッ

まどか「魔法少女まどか!!」キュピーンッ




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:20:00.97 ID:InHRuxA/0
まどか「うぇ!?な、なにいってるんだろ、わたしっ?……ってなにこのフリフリ、かわいいっ」キョロキョロ

QB「よそ見をしている場合じゃないよ!」

魔女「マジョーーーーーーン!!!」グワッ

まどか「う、うぇえ!?いっ、いやあああああ来ないでっ」ポカッ

魔女「マジョぐはッ!?」ズザザザザッ

まどか「あ、あれ?軽く当たっただけなのに……?」

QB「今だ!必殺技を!!ソウルジェムに魔力を込めるんだ!」

まどか「うぇ!?ひ、ひっさつ?……ええぇい!」キュピーンッ・・・ポンッ

まどか「わわっ弓矢が出た!」

QB「さあ!それを魔女に向かって撃つんだ!」

まどか「う、うんっ」ギリギリ・・・キュピーンッ

魔女「マジョジョ……!?」

まどか「愛する想い!矢になり届けっ!」キュウゥゥゥ・・・

まどか「フィニトラ・フレティア!!!」シュバアアァァァァァッ

魔女「マ、マジョーーーーーーー……」ドッパアァァァンッ・・・コロン




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:30:59.78 ID:InHRuxA/0
まどか「やったあ!あ、あれ……ふへぇ、力が抜けるぅ……服ももどっちゃった」ヘナヘナ・・・パシュン

QB「どうやら魔力を全部込めてしまったみたいだね、ペース配分を考えないと」

まどか「そんなの初めてでできないよぉ……あれ?何か落ちてる?……黒い宝石?」ヒョイ

QB「それは魔女の元、グリーフシードだよ」

まどか「うぇええ!?早くいってよぉっ」ポイッ

QB「それ自体は害のあるものじゃないから平気だよ、拾っておいておくれ」

まどか「うぇええ……なんか微妙に光ってて怖いよぅ……」ヒョイ

知久「う……うん?まどか?」

タツヤ「まろかー」

まどか「パパ!タッくん!元にもどったんだねっ!?……あ、えと今のはね」

知久「?何のことだい?ちょっとぼーっとしてて、聞いてなかったよ」

まどか「うぇ?あ、何でもないよっ」

知久「そうかい、あ?もうこんな時間じゃないか、ご飯にしよう!」

まどか「覚えてないの……かな?良かった……」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:43:23.08 ID:InHRuxA/0
食後・まどかの部屋

QB「改めて自己紹介からだ、僕は魔法界からやってきた魔法の精、キュゥべぇ。君は?」

まどか「わたし、鹿目まどかって言いますっ」

QB「今さら敬語は良いよ、まどか。君はもう部外者ではなくなった、話さなければいけないことが沢山ある」

まどか「だ、だよね、いきなり変身しちゃってあんな怪物倒しちゃったり……」

QB「君が倒したのは魔女という存在でね、人間の感情エネルギーを食べて自らの魔力にする怪物なんだ」

まどか「じゃあさっき、タッくんとパパはそのせいで……」

QB「うん、でも今回は僅かに食べられるだけで済んだようだ。もし全部食べられたら心が無くなってしまう所だった」

まどか「心が……なくなる?もしそうなったらどうなるの?」

QB「多量の魔力を与えない限り、さっきみたいに心の底にあるうわごとをつぶやくだけの状態から回復できなくなる」

まどか「こ、こわい……よかった、倒せて」

QB「本当にそうだね、それが出来ずに魔法界の感情は食べつくされてしまったんだから」

まどか「うぇ!?そんな、ひどい……」

QB「そして魔女は、次の標的を異世界に見つけた。それがここ、見滝原だ」

まどか「!」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:50:33.08 ID:InHRuxA/0
まどか「うぇ?どうして見滝原だけ……?」

QB「そのことを説明するにはまず、ソウルジェムとグリーフシードの事から話さなければならない」

まどか「この宝石のこと?」コロン・・・コロン

QB「ソウルジェムは魔法界の五つの場所に安置され、王族が管理をしていた魔力の宝石だ」

QB「その魔力は強大かつ不安定で、人の感情に感応して願いを叶える力をもつとも言われている」

まどか「これって、そんな凄いものだったんだ……」シゲシゲ

QB「対してグリーフシードは魔力を持つ者の、強い負の感情が具現化した魔力の宝石だ」

QB「それ自体は無害だけど、何らかの物に宿る事で、魔女が発生する」

まどか「こっちは悪い宝石なんだねっ!?」ムムッ

QB「そしてソウルジェムは、グリーフシードを浄化する事が出来るんだ。具体的にやってみよう、ふたつを近づけて」

まどか「う、うん……うわっ!?グリーフシードから光が空にっ?」バシュウウウウッ

QB「シードに内包された魔力がジェムの力で、扉を通り魔法界へ飛んで行ったようだね」

まどか「びっくりしたぁ……あれ、グリーフシード、もう光ってない?真っ黒」コロン・・・

QB「もう魔女になる魔力すらなくしたからね。今のを繰り返せば魔力が魔法界に満ちて元に戻る筈だ!」

QB「それじゃ、グリーフシード、いただきます」ヒョイ・・・モグモグ




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/31(土) 23:58:38.59 ID:InHRuxA/0
まどか「うぇええええ!?なに食べてるのキュゥべぇ!?おなか壊すよ!?」オロオロ

QB「……きゅっぷい!もうあれはただの抜け殻さ、再び魔力をもつ前に僕が食べて吸収しておこうとね」ゴックン

まどか「そ、そうなんだ、大丈夫なのかな……?」

QB「魔法界でも、ソウルジェムがきちんと機能していた時はこんな感じだったからね」

QB「シードが発生してもジェムで浄化され魔法生物の餌になる。これで魔女の発生が抑えられていたんだけど……」

QB「ジェムが数年前、急に異世界にある見滝原に扉を開き、内三つが飛んで行ってしまった」

QB「結果魔女が現れ、魔法界を滅茶苦茶にして、遂に扉を通りこちら側に来た」

QB「僕は、ソウルジェムを再び集め、魔法界を元に戻す為にこちら側に逃げて来たひとりきりの魔法の精なんだ」

QB「でも、追手の魔女に襲われて魔力が尽きかけていた。そこを君に助けられたと言う訳さ」

まどか「…………」プルプル

QB「あっ……やっぱり、怒っているよね?僕を助けたばっかりに君の家族が危ない目に……」

まどか「うぇええぇぇぇぇんっ!かわいそうだよぉっ!!」ギュウウッ

QB「きゅっ!?」

まどか「ひとりぼっちで、つらかったよね?襲われて、いたかったよね?」ポロポロ




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:04:48.72 ID:vRL2bZ060
QB「君は……なんだか君がソウルジェムに選ばれた理由がわかるよ、まどか」

まどか「……選ばれた?私が?」

QB「ソウルジェムは遥か昔、魔女を倒し魔法界を救った者の力が宿っているという伝承もある」

QB「魔女に対抗できる伝説の存在、それが」

まどか「魔法、少女?」

QB「そうさ!魔力は感情から生まれる。君の家族を守ろうとする気持ちがソウルジェムの力を呼び覚ましたんだ」

QB「まどか、君は伝説の再来として選ばれた魔法少女だと、僕は信じている」

まどか「そ……そんな、持ちあげすぎだよぉっ」テレッ

QB「これから、僕と一緒にソウルジェムを探し、魔女から見滝原を、魔法界を救ってくれないか?君が必要だ!」

まどか「そ、それって…………っ」ポロポロ

QB「な、泣くほど嫌なのかい?ご、ごめん嫌なら」

まどか「ち、ちがうの……わたし、自分は平凡で、何にも出来ないと思ってたの……だから、嬉しくて……!」ポロポロ

QB「そうか……じゃあ改めて、鹿目まどか。僕と協力して、魔法少女になってよ!」

まどか「うんっ!もちろんだよっ!これからよろしくねっ、キュゥべぇっ」ニコッ




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:12:04.65 ID:vRL2bZ060
魔法界

―――――ピッシャーーーンッ・・・ゴロゴロ

ワルプルギス「キャハハハッどうやら追手の下っ端がひとり倒されたようねぇ!」

シャルロッテ「みたいねー、こわーいなー」

オクタヴィア「………………」

ワルプルギス「キャハッ何かセリフは無いのかい?冷たいねぇ」

シャルロッテ「ちがうよーワルぴー?オクちゃんしゃべれないだけだもんねー」

オクタヴィア[筆談というのは、素敵だと思わないか?]カキカキ

ワルプルギス「面倒くさいヤツだこと」

オクタヴィア[うるさい。しかしこれからどうする?新たに魔法少女が向こう側にも現れるとは]カキカキ

ワルプルギス「そうねぇ、アタシ達も少しばかり舞台に立とうじゃないか!キャハハハハ!」

シャルロッテ「われらー」

オクタヴィア[トゥレ・ディアボレ]カキカキ

ワルプルギス「全てはクリームヒルト様、復活の為に!!」ビッ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:18:43.36 ID:NptzudCMO
おかしいな、まどマギなのになんか安心感が……




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:20:00.45 ID:vRL2bZ060
深夜

QB「……それにしても何故まどかは僕に魔力を分けられたんだろう」

まどか「わたしが、選ばれし魔法少女だからっ……なんちゃて」

QB「うーん……たとえば、何か強い魔力を持ったものに触れなかったかい?」

まどか「そんなのわかんないよぉ」

QB「だよね、これは考えても解らないか」

まどか「あ、もう寝ないと明日も寝坊しちゃうや。キュゥべぇ、一緒に寝よ?」ポスッ

QB「ん、良いけどどうして?」

まどか「抱いたらふかふか暖かくて気持ちよさそうっ」

QB「良いよ、気に入るかどうかわからないけど」ポスッ

まどか「ひゃっ冷たい!ふかふかしてるけど冷たいね……」ギュ

QB「魔法界の生物は君たちと違って魔力で生きているからね、体温が低いんだよ」

まどか「そうなんだあ、ちょっと残念。それじゃ、おやすみキュゥべぇ…………」ZZZ

QB「おやすみ、まどか…………」ZZZZ

――――――――――――――――――――――――――――――




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:30:28.67 ID:vRL2bZ060
翌日

まどか「うぇええええええ!また寝坊しちゃったよぉっ!キュゥべぇなんで起こしてくれなかったのっ?」トテトテ

QB「まず寝相で僕を押しつぶしていたことを謝ってほしいな」

まどか「うぇえええごめんなさーーいっ」トテトテ

QB「まどか、前みて!角から人が!」

まどか「うぇ?」ドシーンッ

マミ「きゃっ!?」ヨロヨロ

まどか「いたたた……」

マミ「ごめんなさい!貴女、大丈夫?立てる?」スッ

まどか「だ、だいじょうぶ、ありがとうございまひゅ……」ギュッ

マミ「ごめんなさいね、遅刻しそうで急いでいたの」

まどか「あ、いいんですっ。わたしもよそ見してて」

マミ「そう。あ、貴女も同じ学校なのね、急がないと遅刻するわよ?」タッタッタッ

まどか「はひー……」トテトテノロノロ

マミ「……ふぅ、ほら大丈夫?手、引いてあげるから頑張って」ギュ・・・トテトテ




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:36:03.94 ID:vRL2bZ060
キーンコーンカーンコーン・・・

まどか「まに……あったぁ……」ゼーゼー

マミ「良かったわ、じゃあ私教室に行くから。じゃあね」タッタッタッ

まどか「あ、まってくださいっ」

まどか「いっちゃった……」

まどか「お礼、言いそびれちゃったなぁ。名前も聞けなかったし……」

まどか「よしっ、昼休みに探しにいこうっ」

QB「その調子でソウルジェムも探してくれるかな」

まどか「キュゥべぇ!いたの!?」

QB「酷いなあ、人前でしゃべるわけにはいかないだろう?僕はあくまでぬいぐるってことで」

まどか「うぇへへへ、そうだったね」

QB「それより、行かなくていいのかい?教室につくまでが登校なんだろう?」

まどか「……うぇえええええ!そうだよ早くいってよぉ!!」トテトテ




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:43:27.18 ID:vRL2bZ060
昼休み

さやか「まーどか!ご飯食べよっ」

まどか「ごめん、さやかちゃん。わたしちょっと用があるから……」

仁美「残念ですわ」

さやか「ちぇっ、付き合いわるいぞぉ、まどか!いーもんね、転校生に浮気してやるもんね」チラッ

仁美「いらっしゃいませんわよ」

まどか「今日はほむらちゃんお休みだったよね、やっぱり体まだ良くないのかな……」

さやか「もーなによ、みんなしてぇ……」

仁美「皆ではありませんわ、さやかさん。私と、二人っきりですわね」ギュッ

さやか「二人っきり、ねぇ」

仁美「うふふっ」

さやか「はいはい、うふふ」

まどか「ご、ごめんね。また誘ってねっ」トテトテトテトテ




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:48:21.01 ID:vRL2bZ060
三年生教室

まどか「えと……三年生のところってあんまり来ないからわからないなぁ……」キョロキョロ

マミ「あの、貴女下級生みたいだけれど、何か御用?」

まどか「あ!あなたは……!」

マミ「あら、今朝の。どうしたの、こんなところで?」ニコッ

まどか「あ、あのっ、今朝のことお礼言いたくて!おかげで遅刻しなくてすみましたっ」ペコッ

マミ「まぁ、それでわざわざ来てくれたのね?嬉しいわ」

女生徒1「巴さん、もしかして今日遅かったのってその子の面倒見てたから?」

女生徒2「えらーいっ」

女生徒3「ほら言ったじゃん、あの巴さんが寝坊なわけないって。私には解ってたっ」

まどか「そ、そうなんです。わたしお世話になっちゃって……」

マミ「……ちょっと、貴女一緒にお昼食べない?」

まどか「うぇ?あ、あの?」

マミ「貴女とお話がしたいの」ニコッ

まどか「は、はい。私でよければっ」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 00:53:42.05 ID:vRL2bZ060
屋上

まどか「あの……巴、先輩」

マミ「マミ、でいいわよ。貴女は?」ニコッ

まどか「じゃ、じゃあマミさん!わたし、鹿目まどかっていいますっ」

マミ「うん、鹿目さんね」

まどか「それで……お話って、なんですか?」

マミ「え?そんなの何でもいいわよ、学校のことでも、テレビのことでも」キョトン

まどか「うぇ?あ、何かだいじなお話があるわけじゃ……」

マミ「ああ、違うのよ。これも何かの縁だから貴女とお友達になりたくって」

まどか「友達、ですか?」

マミ「やっぱり、迷惑かしら?歳も一つ違うし……」シュンッ

まどか「い、いえそうじゃなくって……私なんかでいいのかなって」

マミ「どういうこと?」

まどか「さっきも、教室に友達いっぱいいるみたいだったし……なんでわざわざ、わたしなんかと」

マミ「そう……思う?」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:00:23.51 ID:vRL2bZ060
まどか「友達じゃないんですか?」

マミ「いえっ!みんな大切なお友達よ!でも……」

まどか「でも?」

マミ「皆私を、なんていうか、過大評価しすぎっていうか……もっと本当の自分で接したいって思ったり……」

まどか「本当の自分、ですか」

マミ「ホントはね、今日の朝、寝坊したの。両親が仕事で早いから誰も起こしてくれなくて、つい」

まどか「でも、さっきは」

マミ「そう、貴女を世話して遅くなったことになってたわね。その、いつもそう思われちゃうの」

マミ「そうなっちゃうと、なんか否定できなくて……仮にしても謙遜だと思われて……」

まどか「でも、マミさんが助けてくれたのは事実ですよっ」

マミ「そう、なんだけどね……あっ、ごめんなさい!こんなこと話してっ」

まどか「い、いえっ」

マミ「まだ知り合ったばっかりなのに、悩み相談なんて変よね。しかも私のほうがお姉さんなのに、ごめんね」アセアセ

マミ「さ、お昼食べましょ!ねっ」

まどか「は、はいっ」





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:06:12.04 ID:vRL2bZ060
教室

まどか「ただいまー、さやかちゃん」

さやか「おっ、お帰り。どこ行ってたの?」

まどか「あのね、今朝お世話になった巴マミさんっていう先輩のところに行ってたんだ」

仁美「あら、巴マミさんといえば、有名な方ではありませんか?」

まどか「うぇ?そうなの?」

さやか「あーたまに噂聞くよね。品行方正、文武両道、その上物腰柔らかで人望も厚いときた」

仁美「三年生の中では、高嶺の花のような存在らしいですわよ。憧れますわ……!」

さやか「なに、それイヤミぃ?」

仁美「……?さやかさんは憧れませんの?」

さやか「はぁ、イヤミなくらい天然だよね、あんた」ヤレヤレ

まどか「そんな、有名な人なんだ……」

さやか「ま、表立ってはそこまで噂されてないけどね、どしたの、まどか?」

まどか「うぇっ?えと、実際あってみるとそんなに遠い人じゃない感じがしたから」

さやか「そう思わせる気さくさも、凄いとこなんじゃないの?」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:09:12.08 ID:QeX+I2oOO
家族がいきてる!
やったねマミさん!




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:12:21.45 ID:OZ89loY/0
両親死亡はマズいか




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:12:45.28 ID:vRL2bZ060
まどか「そうなのかな……?」

仁美「きっとそうで………………」カクッ・・・ブツブツ

まどか「うぇ?仁美ちゃん?」

さやか「…………」ブツブツ

まどか「こっこれってまさか!?」

QB「まどか!魔女が現れた!!この学校全体の感情を食べようとしているらしい!」シュタッ

まどか「そんな!学校ぜんぶ!?」

QB「さあ!早く変身だ!」

まどか「うんっ!へんっしん!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

まどか「心を染める愛のピンク!」シュタッ

まどか「魔法少女、まどか!!」キュピーンッ

――――――ブゥンッ―――――――

QB「……?なんだろう、今の感じは……?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:20:25.05 ID:vRL2bZ060
シャルロッテ「このバラにー、グリーフシードをー、えいーっ」ズゾゾゾゾゾゾゾ

ゲルトルート「ゲルーーーーーーーーーーーーッ!」バアアァァン

シャルロッテ「さーゲルたん、ぜーんぶ食べちゃおうねー。いっぱいふまんがたまってるコがとくにおいしーよー」

マミ「…………」ブツブツ

ゲルトルート「ゲルゲルル!」

シャルロッテ「あー、あのこがいーかもねー。それじゃーあとはまかせるから、がんばってねー」シュンッ

ゲルトルート「ゲルーーーーーーーッ!!」グワッ

まどか「そこの魔女まったあああああっ」トテトテトテ・・・ポカッ

ゲルトルート「ゲルーーーーーーン!?」ドシャアッ

まどか「危なかったぁ、マミさんもう大丈夫ですよっ……って聞こえないんだった」

マミ「……いけないの……いけないの……」ブツブツ

まどか「安全なところに運びますからね、よいしょっと。うわ、やっぱり変身すると軽々だ」ヒョイ

マミ「パパもママも殆ど家にいないんだから……私がしっかりしなきゃいけないの……」ブツブツ

まどか「……マミ、さん?」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:25:21.54 ID:vRL2bZ060
マミ「皆が良くしてくれているんだから……私も良くあらなきゃいけないの……」

マミ「もう後輩がいる立場なんだから……お姉さんらしく頼られなきゃいけないの……」

マミ「……もっと、甘えたいよぉ……」

マミ「……私ほんとは立派なんかじゃないよ……」

マミ「……まだまだお子様なの……」

マミ「……許して……」ブツブツブツ

まどか「これが……マミさんの、心?かわいそう……」

まどか「こんなマミさんを襲うなんてっ許せない!」

ゲルトルート「ゲゲゲ……」ズズズズッ

QB「まどか!早く必殺技を!」

まどか「うん!……ええぇい!」キュピーンッ・・・ポスッ

まどか「あ、あれ?弓しかでないよぉ!?」

QB「まさか、昨日魔力を全て使いきったせいで、完全に回復できていないのか!」

まどか「そ、そんなぁ……!」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:31:11.31 ID:vRL2bZ060
ゲルトルート「ゲルルルルル!!」シュルルルルルッ・・・ガシッ

まどか「うぇ!?いっ痛い!これ、荊のつる!?」ギシギシ

ゲルトルート「ゲルルルルル……」ギュウウウウウ

まどか「ああぁぁっ!!いたいいたいいたいっ」

QB「まどか!君の腕力なら蔓を千切れる!それで一端逃げるんだ!」

まどか「や、やだぁっ!!わたし、マミさんを守るんだもん!!」

まどか「マミさんが、頼っても良い後輩になってあげたいんだもん!!」

QB「そんな事言ったって、魔力の足りない今の君じゃあ……!」

まどか「い、いたくない!こんなトゲなんていっ……ああぁぁっ!」ギシギシ

マミ「…………この、声……鹿目、さん……?」ブツ・・・

まどか「うあああぁあああ!!」ギシシッ

マミ「……やめて……私の大切な……後輩に……お友達に…………酷い事っ」

マミ「やめてえええぇぇーーーーーー!!!」

――――パアアアァァァァァッ




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:37:03.72 ID:vRL2bZ060
マミ「な、何?この黄色い光は……?私が光ってるの?」

ゲルトルート「ゲルゥーーーーーーッ!?」ズザザザッ

まどか「ほどけた!……キュゥべぇっ、これって……!」

QB「盲点だった、ソウルジェムがそのままに在るんじゃなくて、建物自体に宿っていただなんて!」

QB「何処にも見つからなかった訳だよ……今それが具現化しようとしている!」

マミ「私の手の中に……宝石?これは……」

まどか「マミさん!それをかかげて変身って叫んで!」

マミ「鹿目さん?えっと……これでいいのかしら?へ、変身っ!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

QB「二人目の魔法少女の、誕生だ……!」

マミ「心を繋ぐ絆の黄色!」シュタッ

マミ「魔法少女マミ!」ティローンッ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:38:54.65 ID:VX0cJeVr0
ティローン




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:43:32.61 ID:vRL2bZ060
マミ「な、何なのこれ……!?」ワナワナ

まどか「ま、マミさん?あの、急なことでわけわかんないかもですが落ちつい」アセッ

マミ「物凄くカッコいいわ!!何これ何これ!?うわ、帽子可愛い!もうっ、カッコかわいいっ!!」キャーッ

マミ「あと魔法少女!?やはりこの巴マミは選ばれし運命を背負った戦士だったとでもいうの!?」フリフリ

まどか「あのー……マミさん?」

マミ「はっ……ご、ごめんなさい。私ったら興奮しちゃって、つい」カアアァァッ

マミ「もう、頼れる先輩じゃなきゃダメなのにね」シュンッ

まどか「マミさん、そんなこと、もう考えなくて良いんで」

ゲルトルート「ゲルルルルッ!!」シュルルルルッ

まどか「マミさん危ない!!」

マミ「鹿目さん……大丈夫よ」シュルルルルッ・・・ガシッ

まどか「つるに、黄色いリボンが絡まってる……!?」

ゲルトルート「ゲル!?」

マミ「そうね、もうそんな考えは止めるわ」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:49:19.45 ID:vRL2bZ060
マミ「さっきの貴女の頑張りを見て思ったもの。もっと私、頼ってもいい、素直になってもいいって」

まどか「マミさん……」

マミ「でも、貴女の力は残ってないんでしょう?だったら私に任せて!」バッ

マミ「後輩だからとか、仲良くしてくれるから助けなきゃ、じゃなくて」

マミ「大切な貴女が困っているのを、自分の出来る限り私は助けたい!」

ゲルトルート「ゲ、ゲルルル!?」シュルルルルッ・・・ガシッガシッ

マミ「ね、魔法少女なんだから必殺技、あるんでしょう?教えてっ」ニコッ

まどか「は、はい!ソウルジェムに魔力を込めるんですっ!そうすればあとは勝手に口が動いてくれますからっ」ニコッ

マミ「うふふ、もう、なあにそれ?……ありがとね、はああぁぁっ」キュピーンッ・・・ドゥンッ

まどか「うぇええ!?でっかい鉄砲!!」

マミ「紡ぐ絆よ!魔弾を導け!」キュウゥゥゥ・・・

マミ「ティロ・フィナーレ!!!」ドウウゥゥゥンッ

ゲルトルート「ゲルーーーーーーーー……」ドパアアァァァンッ・・・コロン

QB「グリーフシード、回収っ」ヒョイッ




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 01:56:28.30 ID:vRL2bZ060
マミ「これが、魔法少女の力……!」パシュウッ

まどか「やったぁ!マミさんっ」ギュウッ

QB「巴マミ、君のまどかを思う気持ちがソウルジェムを覚醒させ、変身を可能にした!すばらしいよ!」

まどか「キュゥべぇ!急に話しかけちゃっ」

マミ「貴方、キュゥべぇっていうのね?うふふ、お褒めに与り光栄だわ」ニコッ

まどか「うぇええ!?驚かないんですか!?そのっ、ぬいぐるみが喋ったんですよ!?」

マミ「へ?だって魔法少女に、相棒の魔法の精はつきものでしょうっ?」ウキウキッ

まどか「うぇええ、そうなのかな……?」

マミ「あ、鹿目さん、早く変身を解いたほうが良いわよ。もう他の生徒が元に戻り始めているわ」

まどか「あっ…そうだった!」パシュウッ

マミ「魔法少女は決して正体を知られてはいけないのよねっ?」ニコッ

まどか「マミさんって……こういう人だったんだぁ。うぇへへ、なんだか可愛いっ」

マミ「鹿目さん、よかったら午後の授業の後は私の家に来ない?もっとお話ししたいのっ」

まどか「はいっ、よろこんで!」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:02:48.24 ID:vRL2bZ060
マミの部屋

QB「……というわけで、巴マミ、これから君には魔法少女となって魔女を倒し、ソウルジェムを探してほしいんだ!」

マミ「もちろんよ、私、実はこういうのに憧れていたのっ!」ウットリ

まどか「マミさん、やっぱり魔法とか好きなんですねっ」

マミ「ええ、とっても。特にかっこいい呪文とか口上とか、大好きなのよね」テレッ

まどか「あと、お菓子もっ!このケーキすっごく美味しいです」パクパク

マミ「それは良かったわ。お菓子って、食べるだけで幸せになれるから大好きっ」

QB「もぐもぐ、きゅっぷい!いやあ、このケーキっていうのは美味しい!こっちの食べ物がこんなに美味しいなんて感動だ」

マミ「あら、キュゥべぇはこっちの食べ物、食べたことなかったの?」

QB「異世界のものだから気が進まなかったんだけど、僕がバカだった!浄化したシードに良く合うし」ゴックン

まどか「キュゥべぇ!そんな食べ方したのっ?」

マミ「あら、グリーフシードって美味しいの?私も食べてみたいわ」ウキウキ

QB「残念、魔法生物じゃないと多分消化できないよ。味もわからないし」

マミ「ホントに残念」シュン

まどか「ま、マミさん……」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:08:17.27 ID:vRL2bZ060
まどか「そういえば、マミさんのソウルジェムは学校にくっついてたんだよね?」

QB「うん、グリーフシードのように取り憑いていたようだね。魔力は、ふさわしい人間が現れるまで無くしてたけど」

まどか「これから見つけるのも、そうだと見つけられなくないかな」

マミ「確かに。選ばれる人間が現れない限り、姿も魔力もないんでしょう?」

QB「その点は問題ない。今回分かったんだけど、魔法少女がジェムのある場所に近づくと魔力にゆらぎが生じる」

QB「つまり君達が変身して探し、僕が感知すれば場所は特定できるのさ!」

まどか「そんなことできるんだっ!すごいねキュゥべぇ!」

QB「ふっ、魔法の精を甘く見ないでおくれよ」エッヘン

マミ「でも……どうやって取りだすの?場所が分かっても具現化しないんじゃ……」

QB「そっ、それは……!」タジッ

まどか「あ、そーですよねっ。どうやるのキュゥべぇっ?」

QB「…………僕にも、分からないことくらい……ある」ガックリ

マミ「あらあら、魔法の精もあんがい抜けているのね。ふふふっ」ニコニコ

QB「と、とりあえず!それは場所を特定してから考えよう!」アセアセ

――――――――――――――――――――――――――――




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:14:15.43 ID:vRL2bZ060
翌日・放課後

まどか「さやかちゃーん、一緒にかえろーよっ」

ほむら「…………」

さやか「ごーめん、まどかっ。今日も行く所あるんだ」

まどか「うぇ?そうなんだ、ざんねん」

さやか「この埋め合わせは必ずするからさっ、じゃね」タッタッタッ・・・

まどか「うん、じゃーね!……さやかちゃんよくああ言うけど、どこに行くんだろ?どう思う、ほむらちゃん?」

ほむら「……気になるなら、本人に聞いてみれば良いんじゃないかしら?」

まどか「でも、どこ行くか言ってくれないってことは、言いづらい事なんじゃないかな」

ほむら「そうかもね、誰にも秘密はあるもの」ブワサッ

まどか「あぁでも、なにか言えない事で悩んでたらやだなぁ……悪い人に呼び出されてるとか……」

ほむら「それは考え過ぎじゃないかしら」

まどか「うーん……あ、そうだっ」

ほむら「?……どうしたの、まどか」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:20:03.80 ID:vRL2bZ060
ほむら「まどか、これは少しばかり、趣味が悪いと思うわよ?」コソコソ

まどか「だってぇ……心配なんだもん。それに、ほむらちゃんに街案内してあげられるし」コソコソ

ほむら「尾行で街案内なんて聞いた事がないのだけれど、まあ良いわ」コソコソ

さやか「ふんふふん、ふふーん♪」ガラーッ

ほむら「CDショップに入って行ったわね」

まどか「あ、あのお店、よくさやかちゃんと来るんだよっ。珍しいCDも置いてあるんだ」

ほむら「そう……あ、出て来るわ」コソッ

まどか「うぇ?いつもはじっくり見てるのに……」コソコソ

さやか「ふふん♪ふーん……」ガラーッ

ほむら「いつもと様子が違うのは、気になる所ではあるようね」コソコソ

まどか「うん、こんどはどこにいくんだろう……?」コソコソ

ほむら「さ、行くわよ」コソコソ

まどか「……ほむらちゃん、なんだか慣れてる?」ボソッ




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:27:12.97 ID:vRL2bZ060
さやか「ふんふん♪ふふん……」ウィーンッ

まどか「ここ……病院?」

ほむら「そうね、私が入院していた場所よ」

まどか「そうなんだ、ほむらちゃんここに……って見失っちゃった」ウィーンッ

ほむら「問題ないわ。あの、すみませんっ」

看護婦「あら、どうしたのかしら?あ、貴女この前退院した……」

ほむら「ええ。さっき私の友達が退院を知らずにお見舞いに来たみたいなんです」

ほむら「同じ制服を着た子を知りませんか?探してるんですが」

看護婦「ちょっとまってね、ポケベルで確認してみるわ」ピピピ

ほむら「お願いします」

まどか「あ、そっか携帯電話切らなきゃっ」

看護婦「あ、きた。外科医の先生が三号棟の病室で見たそうよ」ピピピ

ほむら「有難うございます。さ、行きましょう、まどか」

まどか「すごい……ほむらちゃん探偵さんみたいっ」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:33:59.24 ID:vRL2bZ060
まどか「この部屋の中からさやかちゃんの声が……」コソコソ

ほむら「……私、少し外の空気を吸ってきて良いかしら?病院の空気はもう……」

まどか「あっ、そうだよねっ。ごめんねほむらちゃん、こんなところまで」

ほむら「別に良いのよ。けれど後でちゃんと、街を案内してくれると嬉しいわ」スタスタスタ

まどか「うん、約束ねっ」

まどか「それにしてもさやかちゃん、誰とお話ししてるんだろ……」コソコソ

さやか「恭介、どう?このCD」

恭介「うん、凄くいいと思うよ」

さやか「でっしょー?見たか、このさやかちゃんの審美眼をっ」

恭介「はは、音楽は聞くものだよ」

さやか「あ、そっか。あっははは」

まどか「あれって……さやかちゃんの幼馴染の、上条くん?」コソコソ

まどか「手の怪我で入院してるってきいてたけど……お見まいにきてたんだ、さやかちゃん」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:44:00.22 ID:vRL2bZ060
さやか「で、恭介。リハビリ頑張ってる?」

恭介「う……うん、まぁ」

さやか「早く良くなってよねー?さやかちゃんも暇じゃないんだぞっ」

恭介「そう……なんだけど、全然指が上手く動かないんだ。もう、駄目かもね……はは」

さやか「なーにいってんの!先生はちゃんと手術成功したって言ってたじゃん」

恭介「でも、何回やっても前出来た動きが出来ない……多分このまま一生……」

さやか「んなわけないって!まだリハビリ始まったばっかりなんだからさっ」

恭介「さやかには!……分からないんだよ。人一倍頑張ってるんだ……何回も何回も痛いのに耐えて!」

恭介「それでも動かないのがどういうことか……僕の指の事なんだ、僕が一番分かってる……!」

さやか「ご、ごめん……」

恭介「あ……僕もごめん、ちょっとイライラしてて……」

さやか「いや、あたしも急かす様な事言っちゃったからさ」

まどか「うわわ、なんかちょっと深刻なムード……」コソコソ

QB「まどか!大変だ!!」タッタッタッ

まどか「キュゥべぇ!?どうしてここに……!?」コソコソ




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:50:16.63 ID:vRL2bZ060
病院屋上

オクタヴィア[病院、教会、そしてゴミ収拾場か。この辺りは負の感情が溜まりやすい物が集まっている]ズズズズッカキカキ

オクタヴィア[グリーフシードよ。まずは、月に照らされた十字架の影に]ズゾゾゾゾ

オクタヴィア[もう一つ、人の欲望の果てに壊された箱に]ズゾゾゾゾ

オクタヴィア[魔法少女が増えたのなら、こちらも駒を増やすまでだ]カキカキ

エルザ「エルルルルルルルル!!」バアアァァンッ

エリー「ハタラキタクナイデゴザル……」ポンッ

オクタヴィア[ひとり頼りなさそうなのが生まれたが、まあ良い。後は任せたぞ]カキカキ・・・シュンッ

エルザ「エルゥーーーー!」バッ

エリー「オシツケトカマジブラックワロタ……」

マミ「待ちなさい!貴女達は、この私達がお相手するわっ」バタムッ

まどか「ふへー……階段疲れたぁ」

QB「マミとジェム探しに通りかかったら魔女と遭遇とは、運がいいのか悪いのか……」

まどか・マミ「変身!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:51:38.08 ID:VX0cJeVr0
エリーなのはシャルが幹部になってるからか




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 02:56:03.26 ID:vRL2bZ060
まどか「心を染める愛のピンク!魔法少女まどか!」キュピーンッ

マミ「心を繋ぐ絆の黄色!魔法少女マミ!」ティローンッ

マミ「月に代わって……お仕置きよ!!」バッ

まどか「……マミさん、なんですかソレ?」

マミ「へ?あ、口上が物足りない気がしたから足してみたのよ。ほら、今宵は月が美しいでしょう?」

まどか「は、はぁ……」ポカーン

――――――ブゥンッ―――――――

エリー「チャバンワロス……」ピョーンッ

まどか「あ!とびおりて逃げたっ!」

マミ「鹿目さん、今の貴女の身体能力なら追えるわ!私はこっちの相手をするから!」

まどか「はいっ……うう怖いけど、じゃーんぷっ!!」トテトテトテ・・・ピョーンッ

マミ「ふぅ……さて、貴女の方が強そうね、とても怖いわ……」ブルルッ

マミ「けど、それより鹿目さんに傷付いてほしくないのよね、私」キッ

エルザ「エルルルルルルルル……」ズズズズッ

マミ「階下に逃げたわね?待ちなさい!」シュタッ…タタタタ




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:04:14.06 ID:vRL2bZ060
まどか「まってええぇぇぇっ」トテトテ

エリー「カエッテネタイ……」ピョコピョコ

まどか「にがさないよーっ!えぇいっ」トテトテトテ・・・ポカッ

エリー「ワレワレノギョウカイデハゴホウビデスッ」ピカーンッ

まどか「うぇ!?とんでいかないっ?それに、なにこの光!?」

ピカアアアァァ・・・・・・

まどか「って、うぇえええええ!?なにこれ、わたしハコになっちゃった!?……う、動けない……」シカクーン

エリー「イッショニユックリシテイッテネ……」グダグダ

まどか「んーっ!んーっ!だ、だめだぁ。どうしよう……助けも呼べないし、この能力ってすごく強いんじゃ……」

???「フィニトラ・フレティア」バシュウウウッ

エリー「アリガトウゴザイマスッ……」ドパアァンッ・・・コロン

まどか「やった、もどったぁ!……それより今の矢、空から!?」ポンッ

???「……」バサッバサッ・・・シュタッ

まどか「翼のはえた……仮面の、魔法少女……!?」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:05:53.63 ID:8NkqcmhG0
仮面の魔法少女だれだ




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:07:40.26 ID:dfcAkDsB0
いやー正体がさっぱり分からない




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:11:04.56 ID:vRL2bZ060
まどか「あ、あなたは誰!?」オドッ

マギカ「……私は、マギカ」

まどか「マギ……カ?」

マギカ「そう、マギカ……」ヒョイ・・・バシュウウウウッ

まどか「すごい…グリーフシードが触っただけで浄化されてる」

マギカ「……」ザッ

まどか「ま、まって!あなた、助けてくれたんだよねっ?ありがとうっ」

マギカ「貴女、油断し過ぎ……」バサッ・・・ヒュンッ

まどか「いっちゃった……悪い人じゃ、ないよね?」

まどか「それにさっきの矢、紫色だったけど、私と同じ……?」

――――――ドッパアアアアアンッ

QB「まどかー!マミが大変なんだ!早く来ておくれっ」スタタタ

まどか「マミさんが!?戻らなきゃっ」トテトテ




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:16:22.21 ID:vRL2bZ060
数分前

マミ「くっ……この魔女!手数が多い……!リボンで拘束するしかっ」シュルルルルッ

エルザ「エルルルルル」ズブブブブ

マミ「なにこれ!?リボンが吸い込まれてる!?」

QB「マミ!大丈夫かい!?」

マミ「逆に……動きを封じられてしまったようね。でもまだよ!はあぁぁっ」キュピーンッ・・・ドゥンッ

マミ「紡ぐ絆よ、魔弾を導け!ティロ・フィナーレ!!」キュウゥゥゥ・・・ドウウゥゥゥンッ

エルザ「エルルッ」ドポンッ・・・ズブブブブボゥンッ

QB「なんだ!?あの液体の様な黒い体がリボンも銃弾も吸収してしまうのか!」

マミ「もっと、鋭い攻撃でないといけない訳ね……!キュゥべぇ、鹿目さんを!彼女の矢なら通用するかもっ」

QB「わ、わかった!」スタタタ

マミ「とは言ってはみたものの……あの子がくるまで持つかしら?さっきので結構もってかれちゃったわ」ギシギシ

エルザ「エルルルルルルッ!!」ニュルニュルニュルッ

マミ「!っ……この状況から更に!?もう防ぎきれない……!」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:24:04.14 ID:vRL2bZ060
病室

マミ「う……く…………っ」ズルッ・・・ズルッ・・・

エルザ「エルルルルルルルル……」ズズズズ

さやか「……恭……介ぇ……」ブツブツ

恭介「……もう……だめなんだ……」ブツブツ

エルザ「エル、エルルッ」グワパッ

恭介「あ……ぁぁ……」ズブブブブブ

さやか「……恭介……っ」ガシッ

エルザ「エルッ?」

さやか「……どこ……行くの……?」ググッ

エルザ「エルルルルッ」グググッ

恭介「何度やっても……だめだったんだ……いっそ……このまま楽に」ズブズブ

さやか「そっちは……だめだよ……行かないで……!」グッグッ

さやか「行かないでっ!!恭介ぇっ!!!」

――――パアアアァァァァァッ




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:30:15.47 ID:vRL2bZ060
さやか「……っ?あ、あれっ?なんであたし青く光ってんの!?」

エルザ「エルルルッ!?」オドッ

マミ「魔女の力が弱まった……この光はまさか……!」

さやか「うわっ?なにこの化け物!?きょ、恭介返せぇっ!」ズポッ

恭介「……」ブツブツ

さやか「恭介っ恭介っ!しっかりしてよっ」ユサユサ

マミ「そこの貴女、彼氏は大丈夫だから!今は手の中にある宝石を掲げて変身と叫ぶの!!」

さやか「えっ?だ、誰!?ってかいやいや、そんな彼氏じゃないですって!」カアアァァッ

エルザ「エルルルル!!」グワッ

マミ「良いから早くっ!!」

さやか「は、はい!えと……ホントだ宝石ある!!へ、変身!!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

エルザ「エルッ!?」ズザザザザザッ

さやか「心を包む癒しの青!」シュタッ

さやか「魔法少女さやか!!」シャキーンッ




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:36:13.95 ID:vRL2bZ060
さやか「え?うっわ、なんか恥ずかしっ!何言ってんだあたし」

マミ「そんなことないわ、素敵よ?」シュタッ

さやか「あ、あなた誰……どっかで見たことある様な」

マミ「私は巴マミっ、今は魔女と戦う魔法少女マミだけど」ティロッ

さやか「と、巴マミって……三年生の、ですか!?」

マミ「そうよ。ちょっと印象違うかもだけど、それは魔法少女のお約束っ」

さやか「は、はぁ……で、あたしも今は魔女と戦う魔法少女さやかって訳ですか。自分で言ってたし」

マミ「そうよ、彼を守ろうとする心にその宝石、ソウルジェムが応えたの」

さやか「だーかーらっ彼氏じゃないですっての!」カアァッ

マミ「カレとしか言ってないのだけれど……」

さやか「へっ……!?」カアアァァァッ

エルザ「エ、エルルルルル……!」ズズズズズ

マミ「どうやら彼が目をつけられた様ね?」

さやか「……よっし!恭介を狙うなんて、このさやかちゃんがギッタギタにしてやる!」ザッ

マミ「任せていいかしら、申し訳ないけれど私はもう魔力が残っていないの…………」ペタンッ




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:44:03.28 ID:vRL2bZ060
さやか「任せてちょーだいよ、マミさん!」

エルザ「エルルル!!」ズアッ

マミ「ソウルジェムに魔力を込めて、必殺技を!!」

さやか「はい!はあぁぁぁ……」キュピーンッ・・・ポンッ

さやか「あ、あれ?なにこれ?剣の……柄だけ?」

マミ「そんな!?彼女の魔力は満タンの筈なのに……!?」

さやか「仕方ないっ!柄だけでも殴ってやっつける!」ドカッ・・・ズブブ

マミ「だめっ!それに普通に触れたら吸い込まれるわっ」

エルザ「エルルル……!!」シュバババッ

さやか「うわああああぁぁ!?い、いたい!!」スパスパスパッ

マミ「あの魔女触手を刃のように薄くして……!」

さやか「いったぁ……一瞬で全身傷だらけ……っでも負けない!!」タッタッタッ

マミ「駄目よ!今の貴女じゃ!」

さやか「恭介は、絶対に渡さないからっ!!」

エルザ「エルルッ」シュバババッ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:50:45.74 ID:vRL2bZ060
さやか「うあああぁぁぁ!!」スパパッ・・・ドシャ

マミ「もうやめて!見てられないわ!何度も何度も斬りつけられて……!」ググ・・・グ・・・

さやか「……何度、やっても駄目だ……い……痛いよ……」クスン

恭介「……諦めよう……もう駄目なんだ……もう痛いのは嫌だ……」ブツブツ

さやか「こんな気持ちだったなんて……ごめんね、恭介……っ」ギュ

さやか「だけど……諦めたくないよ……!恭介を守るんだ!痛くたって無駄だって!!何度でも!!!」ポウッ

恭介「…………」ポウッ

さやか「!?……恭介の手から光が伝って、剣になっていく……?そっか、あたしの力、こう言う事だったんだ」

さやか「癒した傷よ!刃に変われ!」キュウウゥゥ・・・

さやか「スクワルタトーレ!!!」ズバアアァァァァッ

エルザ「エ、エルルッ!!?」ズッパリ・・・ズズズズ

マミ「もの凄い剣撃……!けど一閃じゃ足りない!回復されちゃうわ!」

さやか「安心してマミさん、これで終わらないですからっ」キュウゥゥゥ・・・

マミ「彼女の傷が光って……たくさんの剣に……!」

エルザ「エルッ!?エルーーーーーーーッ……」ザンッザンッザンッザンッ・・・ドッパアアアアアンッ・・・コロン




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 03:56:55.41 ID:vRL2bZ060
さやか「よっしゃ!!さやかちゃん大・勝・利!!」ピースッ

マミ「傷を力に変える魔法少女……心強いわっ」

まどか「マミさーんっ、大丈夫ですか!?って、あなたもしかして、さやかちゃん!?」トテトテ

さやか「えぇ!?あんたまさか、まどか!?」

QB「新たな魔法少女が誕生したのか……、まどかの知り合いとは驚いた」スタタタ

さやか「うわっ、ぬいぐるみが喋った!?」

まどか「そ、そうだよね、驚くのが普通だよね……」

QB「僕はキュゥべぇ、魔法の精さ。新たに魔法少女になった君に説明……」ヒョイッ

マミ「キュゥべぇ、もう病院が元に戻り始めているわ。そういう話はあとで」パシュン

まどか「そうだ、変身解かなきゃ」パシュン

さやか「そ、そうなんだ……うわ、なんか一気に疲れが」パシュン

恭介「う、うん……?」

マミ「さ、お邪魔虫は退散しましょう。たいさーんっ」スタスタスタ

まどか「は、はいっ」トテトテ

さやか「え?ちょ……ちょっとっ」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 04:06:44.17 ID:vRL2bZ060
恭介「さやか……?」

さやか「えあ?あ、あのぉ恭介……?大丈夫?」

恭介「あぁ、ごめん。ちょっと寝ちゃってたみたいだ、はは」

さやか「そ、そっか!疲れが溜まってるんだよ、どーせっ」

恭介「さやか、さっきは本当にごめん。リハビリ、これからも頑張ってみるよ」

さやか「どしたのさ急に……」

恭介「さっき夢を見たんだ。夢の中で僕は、変な話だけど、怪物に食べられかけていてね」

さやか「!……そう、なんだ。変な夢っ」

恭介「はは、そうなんだよ。だけどね、そこで誰かが助けてくれたんだ」

恭介「怪物は物凄く強くて、その人は何度もやられかけるんだけど、決して諦めない」

恭介「何度傷付いても怪物に向かっていって、最後には怪物を倒す」

恭介「その姿がなんだか凄くかっこよくて、僕もそういう風になりたいって思ったんだ」

さやか「……」カアァァ

恭介「ご、ごめん。ホントに変な話だよねっ、たかが夢で……」

さやか「それでいいんだよ、恭介!明日からもリハビリ頑張れっ!」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 04:25:51.61 ID:vRL2bZ060
恭介「ありがとう、さやか。なんだか手も軽くなった様な気がするよ」

さやか「リハビリで頑張りすぎたんだよ、寝て疲れがとれたんじゃない?」

恭介「そうかもね。よしっ、早く治して学校に戻ろう」

さやか「そーだそーだ、いつまでさやかちゃんを病院通いさせるつもりだ、恭介?じゃ、今日は行くね」ガチャ

恭介「ああ、じゃあね、さやか」

さやか「ふぅ……で、なーんでまどかが病院にいるワケ?」バタンッ

まどか「うぇ?あ、あはは……それはマミさんと」

マミ「そうね?なんで病院にいたの?鹿目さん」

まどか「そ、それは……」タラタラ

さやか「まさか、あたしの後つけて来たとか?」ニヤニヤ

まどか「うぇ……うぇええええっ、ご、ごめんなさーいっ」トテトテトテトテ

さやか「あ、逃げた!」

マミ「まあ、私の家でお話ししましょうか。話すことがたくさんあるのよ」スタスタスタ

さやか「そうですねっ、まてー、まどかーっ」タッタッタッ




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 04:39:28.99 ID:vRL2bZ060
マミの部屋

QB「という訳で、君は魔法少女に選ばれたんだ、美樹さやか。これから一緒に頑張ってくれないだろうか?」

さやか「そんな大変なことになってんの?こりゃ見過ごせないねっ」

マミ「よろしくね、美樹さん」ニコッ

まどか「ごめんね……さやかちゃん」シュン

さやか「べつに良いって、心配して病院まで来てくれたんでしょ?」

まどか「うん……。でも、お見まいならいってくれれば良かったのに」

さやか「そ、それは……」

マミ「鹿目さん、ケーキもう一個食べる?」

まどか「はい!いただきますっ」モグモグ

マミ「うふふ美樹さん。鹿目さんはどうも、うとい子なのね?」ボソッ

さやか「……そ、それにしても!ドンくさいまどかが、あたしを尾行だなんてビックリだっ」カアアァァ

まどか「うんっ、だってほむらちゃんが……あ」

さやか「ん、転校生がどうかした?」

まどか「うぇええええっ!忘れてたあああああああっ!!」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 04:48:59.91 ID:vRL2bZ060
まどか「ほむらちゃんも病院に来てたのに、おいて来ちゃった……」

さやか「転校生も来てたの?でも小さい子どもじゃないんだから、勝手に帰ったんじゃない?」

まどか「そうかな?……明日あやまろう」シュン

QB「皆!これで、ソウルジェムが三つそろった訳だ。残りは二つ、頑張っていこう!」

まどか「あっ、そういえばキュゥべぇ、わたしソウルジェムのありか分かるかもっ」

QB「本当かい!?どうして?」

まどか「わたしね、今日、魔法少女みたいな人に助けてもらったの。マギカちゃんっていう子に」

マミ「マギカ?その人が四つ目のソウルジェムを持っているのね?」

まどか「だとおもいます!」

QB「マギカ……それは、何かの間違いじゃないかな?」

さやか「キュゥべぇ、何か知ってんの?」

QB「マギカというのは、ソウルジェムを管理していた王族の姫様の名前だ」

まどか「あの人が、おひめさま?」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 04:56:36.34 ID:vRL2bZ060
QB「そんな筈はない。魔法界が魔女に襲われた時、彼女は最後まで戦って敗れたと聞いている」

マミ「敗れたって事は、今は魔法界で心を失って動けないのね?」

QB「そうだよ、彼女が敗れたからこそ魔法界は一気に侵略されてしまったんだから」

さやか「ピンチになってギリギリでこっちに逃げて来たんじゃない?偉い人ってだいたいそうじゃん」

QB「僕は会った事はないけれど、姫様はそんなことをする人じゃないよ」ムッ

さやか「会った事もないなら、わかんないじゃんっ」ムッ

QB「王族っていうのは、かつて魔女と戦って勝った一族の末裔だよ?そんな無責任なわけがない!」ガオッ

まどか「ふたりとも落ちついてっ」

マミ「そうよ、そのマギカという人が偽物だとしても、敵じゃないのでしょう?」

まどか「はい、助けてくれましたから」

マミ「私達に誰かが味方してくれている。これだけで今は十分じゃないかしら?」キッ

QB「う、うん。そうだねマミ」アセッ

さやか「あたしもなんか、意地になっちゃって……」アセアセ

マミ「はい、じゃこの話はお終い、皆で楽しくケーキを頂きましょう」ニコッ




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 05:04:56.82 ID:vRL2bZ060
魔法界

シャルロッテ「オクちゃん、しっぱいしちゃったねー、ざーんねーん」

オクタヴィア[貴様の方が先に失敗した癖に何を言うか]カキカキ

シャルロッテ「だってー、シャルはきちょーなグリーフシードひとつしかムダにしてないもーん」

ワルプルギス「キャハハッどっちにしろアンタ達はヌルいんだよねぇ!」

オクタヴィア[温い?じゃあどうするというんだ?]

ワルプルギス「ただ魔女を作って人を襲わせるだけなら、猿でもできる」

シャルロッテ「シャルでもできるー」

ワルプルギス「この世は喜劇!もっと愉しく攻めようじゃないか、ねぇ?」

オクタヴィア[そこまで言うなら見せて貰おうか]カキカキ

ワルプルギス「まぁ、お試しってことで魔法界で見つけたこの役者、使ってみようか」

オクタヴィア[貴様がとらえていた人間の男?そんなものが何の役に立つ?]カキカキ

ワルプルギス「とくとご覧あれ!上手く踊るよ?キャハハハハッ」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 05:21:28.27 ID:vRL2bZ060
翌日・昼休み

まどか「ホントにごめんね、ほむらちゃん……」トテトテ

ほむら「良いのよ、まどか。私も気分がすぐれなくて勝手に帰ったの。私が悪いわ」スタスタ

まどか「でも、わたしが連れまわしちゃったから……」

ほむら「いつもの事よ、気にしなくて良いわ」ブワサッ

さやか「まどかっ、マミさんとお昼食べるんでしょ?三年生の教室いってみよ」タッタッタッ

まどか「うん。あ、ほむらちゃんも一緒にこない?」トテトテ

ほむら「……ごめんなさい、用があるからこれで」スタスタ

ザワザワザワザワ・・・

さやか「なんかマミさんの教室騒がしいね、どうしたんだろ?」

杏子「おい、もう一回言ってみな?」

女生徒4「だ、だから、この子のコンパクトがないのよ!アンタが盗ったんじゃないの?」

女生徒5「…………」オドオド

杏子「は?何であたしが、てめーらのモンぱくらなきゃいけねーんだよ?もっかい探せ、バァカ」ギロッ

まどか「うわわ、なんだか怖そうな人がいる……この前はいなかったのに」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 05:35:12.28 ID:vRL2bZ060
マミ「あ、皆。ごめんなさいね、今たてこんでて」

さやか「マミさん、なんなんですか、あいつ?」ジトッ

マミ「佐倉杏子さんって言ってね、たまにしか学校に来ない子なんだけど……」

さやか「やっぱり不良なんだ、なんであーいうの学校来るかな」

マミ「美樹さん!言動が荒っぽいだけで、人を判断するのは良くないわ」

さやか「だって、学校にもたまにしかこないなんて……」

マミ「何か理由があるんでしょう。さ、行きましょうか」スタスタ

さやか「もう、マミさんも人が良いんだから……」スタスタ

まどか「ま、まってぇ」トテトテ

女生徒5「あ…………あった……」

女生徒4「えぇ!?アンタ良く探したって……あ、いや、これは……」

杏子「ったく、自分の物も管理できねーで、無くしたのをぱくられたとか、てめーらはガキか?」

杏子「特にてめーは、自分一人であたしに疑いかける事も出来ねーのかよ?ふざけるのもいい加減にしろよな」ギロッ

女生徒5「ご……ごめんなひゃい……っ」ポロポロ

杏子「チッ、泣いてんじゃねーよ……」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 05:58:58.34 ID:vRL2bZ060
放課後

さやか「そんじゃあたし、今日も行ってくるわ」タッタッタッ

まどか「うん、いってらっしゃい」

さやか「えっと……昨日はCD持ってったから、今日は直接行けばいいか」タッタッタッ

杏子「…………」スタスタスタ

さやか「!……あれは。なんだろ、同じ方向むかってるみたいだけど……」

さやか「何か悪いことしようとしてるんじゃ……見過ごせないね、これは」コソコソ

杏子「……」スタスタスタ・・・キィッ

さやか「ここ、教会じゃん。何でこんなとこに?」コソコソ

杏子「おーい、帰ったよ」

子ども1「あーっ、きょーこだ!おかえりーっ!おなかすいたー!」

子ども2「きょーこ!あそんでっあそんでーっ」バッ

子ども3「きょーこっ!さっき、ころんですりむいたけど、なかなかったよ?しょーどくもできたよ?ほめてー」ワッ

杏子「おいおい、あたしは疲れてんだ、もーちょい待ってね」ニッ

さやか「ここって……たしか孤児院もやってるんだったよね。まさかあいつ」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 06:11:18.56 ID:vRL2bZ060
杏子「……!誰だ、てめーは?」ハッ

さやか「やばっ……見つかった」ビクッ

杏子「おい!何見てんだよ!?見世物じゃ」

子ども4「あのおねーちゃん、きょーこと同じふくきてるっ」

子ども5「きょーこのお友だちだ!ね、きょーこっ?」

杏子「あ……あ、そうね、あたしの友達だよ。おい、そんなとこいねーでこっちおいでよ」チョイチョイ

さやか「え……いや……」

杏子「は・や・く・こ・い・ボ・ケ」パクパク

さやか「あ、あははは。待たせちゃってごめんね、きょ、きょーこっ」スゴスゴ・・・キィッ

杏子「さ、茶でも飲んでってな。お前たち、あたしらで話してくるから、大人しくしてろよ?」グイグイ

子ども達「はーいっ」

さやか「ちょ……引っ張んないで」アセアセ

杏子「良いから部屋来なって」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 06:21:29.20 ID:vRL2bZ060
杏子「で?ここに何の用だ?」キッ

さやか「いや……その……」

杏子「……どうせ、あたしが何か悪事でも働くだろう、と思って見てたんじゃないのか?」ハァ・・・

さやか「!」

杏子「図星だな。まあ良いさ、怒りゃしない。いつもの事だから」

さやか「だ……だってあんた、今日学校でコンパクトを」

杏子「なんだ、見てたのか?ありゃ相手側の不注意だ、ちゃんと見つかったよ」

杏子「今日は気分の悪い日だったから、余計に腹が立っちまって……ちょっと言い過ぎた」

さやか「そう……なんですか、ごめんなさい」

杏子「いいって。それと敬語もいらない。そしてあんたじゃない、杏子」

さやか「う、うん。あたし美樹さやか」

杏子「さやか、ね。見ての通り、ここは孤児院でさ。親がいないヤツばっかだ。加えて貧乏だから、余計な疑いかかるのさ」

杏子「茶、飲むかい?食い物は殆どないけど」

さやか「い、ただきます……うわっ薄っ」ズズッ

杏子「うっせ、文句ゆーな」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 06:29:43.81 ID:vRL2bZ060
さやか「ごめん、あたしてっきり杏子のこと不良だと……学校も来ないっていうし……」

杏子「ああ、それな。ここの子どもら世話してると中々どうして。子どもってのは順番に体調壊すんでね」

さやか「あんたが、ここの世話係やってるの?」

杏子「そういうわけじゃねーが、あたしが最年長だしな。雇われ神父も最近は週一くらいでしかこないし」

さやか「……杏子も、親が」

杏子「捨てられたんだ」

さやか「え!?……ごめんっ」

杏子「いいんだよ。母さんは小さい頃病気で死んで、親父は行方不明。実質捨てられた」

さやか「でも、行方不明なら戻ってくるかも」

杏子「んなわけあるか、もう何年も前から帰ってないんだ」

さやか「ひっどい……」

杏子「酷いのは親父じゃねぇ!……あの人は、凄く優しい人だ。酷いのは……あたしだ」

さやか「それって……?」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 06:37:52.27 ID:vRL2bZ060
杏子「あたしの親父は神父だった。もともとこの孤児院の主催者だったのさ。物凄く優しい人でね」

杏子「孤児院は雇われ神父に任せて、世界中の貧困地を飛び回ってた。ま、マザーテレサの男版てとこか」

杏子「だけど、あたしの誕生日には必ず帰ってきて、プレゼントをくれるんだ」

杏子「事前にエアメールで欲しい物を書いてさ、そうすると、必ずそれを用意してくる」

さやか「そんな優しい人が……杏子を?」

杏子「何年か前にな、誕生日にあたし、真っ赤な宝石が欲しいって書いたんだ」

杏子「で、親父がその年持ってきたのは、紅色の宝石だった」

杏子「そんな微妙な色の違いがどうして気に入らなかったのか……あたしは癇癪おこしてね」

杏子「ケーキはぶちまけるわ、プレゼントは投げ捨てるわ、親父を罵るわ、散々だった」

杏子「親父はさ、食べ物も満足に食えなくて死んでいく人達をたくさん見て来たんだ」

杏子「床で潰れたケーキと、転がってる宝石見て何ともいえない顔してたよ。その顔、今でも覚えてる」

杏子「翌日、不貞寝してるあたしに一言謝って、また出かけて行った。で、一年後はもう、帰って来なかった」

さやか「そんな……そんなことくらいで、お父さんが杏子を捨てるわけないじゃん!何かもっと別に理由が」

杏子「んなこたわかってんだよ!……あたしが許せないのは、そんなことで親父が捨てる訳が無いって」

杏子「あたしに責任はないって、そう思い込もうとしてる、あたし自身なんだよ……!」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 06:56:24.28 ID:vRL2bZ060
さやか「杏子……」

杏子「あ……なんだかつまんねー話だったね、悪かった。久々に同じくらいのヤツとまともに話したからさ」

子ども2「きょーこ!しらないおじさんがはいってきたー!」ワーッ

杏子「!?……なんだ?」

さやか「まさか、不審者じゃない!?」

杏子「マジかよ……おい、お前たち大丈夫か!?」バタムッ

男「…………」トボッ・・・トボッ・・・

さやか「うわ、見るからに浮浪者って感じ……」

杏子「え……お……親、父……?」

杏父「杏子、ただいま……」ニヤッ

さやか「え!?あれが杏子のお父さん!?なんだか話と違って……嫌な感じが」

杏子「お、親父ぃ!!本物だぁ!!今までどこ行ってたんだよ!?バカっ」ギュゥゥッ

杏父「杏子、私はね、話があってきたんだ……」

杏子「……ま、まさかっ話ってさ!あたしの」パァッ

杏父「そう、杏子のその、悪魔の様な浅ましさついてだよ……」ニヤッ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:09:54.41 ID:vRL2bZ060
杏子「え……!?な、なに言ってるんだよ、親父?」

杏父「数年前、杏子は、酷い事をしたね?」

杏子「あ……」

杏父「世の中には、ケーキも食べられない、プレゼントも貰えないまま死んで行く人が何と多い事か」

杏父「私は、そういう人たちを救う人間だったよね?なのにその子どもである杏子はどうだろう?」

杏子「う……ぅぅ……」

杏父「あの日私は酷く傷付いたなあ。私は救う人間なのに、その子どもは真逆だ」

杏父「どういうことなのか、どうすれば良いのか、この数年悩んだよ……でも答えが見つかった」

杏父「杏子は、私の子どもではないんだね。杏子は、悪魔の子なんだよ。ね?」

杏子「あ……うあぁ」ポロポロ

杏父「今日はそんな君と、正式にお別れに来たんだ。もう親子じゃない。いや、最初から……」

さやか「ちょっと!!そんな言い方ってないと思います!!!」バッ

杏父「部外者は黙っていてくれないか?」キッ

さやか「!?……体が動かない!?これって……」ビシビシッ




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:19:20.67 ID:vRL2bZ060
子ども達「…………」ブツブツ

さやか「この状態……間違いない!あの人が原因だ……!」

杏子「あたし……悪魔の……そんなっ……」ポロポロ

杏父「素晴らしい感情エネルギーだ。さすが、悪魔の子だね、杏子」ズズズズッ

さやか「こうなったら……変身っ!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

さやか「心を包む癒しの青!魔法少女さやか!!」シャキーンッ

――――――ブゥンッ―――――――

杏父「なに!?……驚いた、こんなところに魔法少女がいたとは」

子ども3「……」ブツブツ

さやか「ちょっと傷治すね。癒した傷よ!刃に変われ!」キュウウゥゥ・・・

さやか「スクワルタトー……」

杏子「やめろ!!やめてくれよ!!」バッ

さやか「杏子、あんた意識があるの!?」

杏父「良い子だ、杏子。もし悪魔の子でないなら、あの物騒な悪魔から私を守ってくれるよね?」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:24:58.73 ID:vRL2bZ060
杏子「さやか……なのか?やめてくれ、この人はあたしの……!」

さやか「違うよ!それは多分魔女が見せてる幻覚!本当のお父さんじゃない!」

杏子「そんな訳ない!親父の幻覚なんて何回も見たんだ!でもこんなに手が温かくなかった!」

杏子「触れても消えないし、あたしを許してもくれない!だからこれは本物だ!!」

杏父「そうだよ、私は確かにここにいる。その剣で斬られた無事では済まないな」ニヤッ

さやか「くっ……これじゃ攻撃できないよっ」

杏子「あたしは、悪魔の子なんかじゃないっ……親父を守るんだ……」ボロボロ

杏父「少し心を揺さぶっただけでとんでもない感情を出すものだ……このまま食い尽して、っ!?」ズキンッ

杏父「頭が!?な……なぜ、口が……体がっ……」ガクガク

杏子「親父?大丈夫かっ?」バッ

杏父「……う……杏子、なのか?……ああ!杏子!こんなに大きくなって……!」ギュウウッ

杏子「な、何を言ってんだよ、親父。さっき……」

杏父「杏子、良くお聞き。私はね、今悪魔に心を乗っ取られている……さっきまでの私がそれだ」

杏子「ど……どっちが本当なんだよ……?もう、訳が……別れる為に帰ってきたって……」

杏父「何を言うんだ、杏子。今日は、杏子の……誕生日じゃないかっ!」ギュゥゥッ




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:33:01.75 ID:vRL2bZ060
杏子「親父、覚えてて……くれたの?」

杏父「忘れるも何もあるもんか!杏子、遅くなって悪かったね……プレゼントだよ」ズズ・・・

さやか「手のひらから……赤いソウルジェム!?でも光ってない……」

杏子「これって……そんな……そんなっ」ポロポロ

さやか「体は、本物のお父さんのものだったんだ……それもジェムが宿っていた……」

杏父「もう……意識が遠くなる……すまない、杏子。悪魔が出てきたら、私に構わず……っ」ガクッ

杏父「杏子、さっきの私が本物だと思うかね?あれも、取り憑いた悪魔が演じていただけかもしれないな」フッ

杏子「……うるせぇ」

杏父「悪魔の言うとおり、今の私を攻撃するかい?やはり悪魔の子らしく」

杏子「……黙れ」

杏父「この私の言葉が」

杏子「黙れっつってんだよ!!!この悪魔野郎が!!!」クワッ

杏子「親父はな……本当の親父はな、あたしの誕生日にプレゼントを忘れた事はないんだ!欲しい物を持ってきてくれるんだ!」

杏子「親父を……返せッ!!」

――――パアアアァァァァァッ




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:40:36.90 ID:vRL2bZ060
杏父「な!?……この強力な光は!?体から追い出されっ……」バシュ-ンッ

杏父「うぅ…………」ガクンッ

杏子「親父!しっかりしろっ……って何であたし赤く光ってんだ、これ?」

さやか「グリーフシードが飛んで行った!?あっちはゴミ収集の……」

ギーゼラ「ギ……ギギギギギギギ」ズズズズズズズッ

さやか「あれは!バイクにグリーフシードが取り憑いたの!?」

QB「さやかー!大丈夫かい!?マミとまどかを連れて来たよ!」

さやか「ナイスタイミング!キュゥべぇ!」

杏子「親父っ……親父!目ぇさませよ、おい!」

さやか「!まかせて杏子……大丈夫、衰弱してるだけ」ポゥッ・・・

マミ「おまたせ、美樹さん!」タッタッタッ

まどか「ふへー……もう走れないぃ……けどっ」ヘトヘト

まどか・マミ「変身!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

杏子「あいつらは……!?」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:47:10.24 ID:vRL2bZ060
まどか「心を染める愛のピンク!魔法少女まどか!」キュピーンッ

マミ「心を繋ぐ絆の黄色!魔法少女マミ!」ティローンッ

マミ「貴女の人生、変わるわよ?」バッ

まどか「……マミさん、前とちがいますよね?」

マミ「なかなかしっくりくるのが無くてね、模索中なの」テレッ

まどか「は、はぁ……」ポカーン

さやか「あの子たちはあたしと同じ魔法少女、あんたのお父さんを操ってた魔女を倒す、ヒーローってとこかな」

杏子「ヒーロー……か。ありがとな、助けてくれて」

さやか「お父さんを助けたのは、杏子、あんただよ。その赤い光、誰かを助けたいって思った時に出るんだ」

杏子「じゃあもしかして、あたしも……」

まどか「うぇええええ!!追い付けないよっ」トテトテ

マミ「くっ……リボンでも追い切れない!?」シュルルルルッ

ギーゼラ「ギギギギギギギッ!!」ブロロロロロッ

さやか「あの魔女、速い!……あたしも加勢しなきゃ!」

杏子「待て、さやか」




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 07:54:19.63 ID:vRL2bZ060
杏子「あんたは親父を頼む。あれは、あたしが仕留める!」ザッ

さやか「そんな、あんたまだ戦った事なんて……」

杏子「家族をやられたんだよ?この落とし前、絶対にあたしが着けるんだ!」メラッ

さやか「……あっついヤツ。うん、行きなよ」ニッ

杏子「よっしゃ、どうすれば変身できる?」

さやか「お父さんが持ってきた宝石、掲げて変身って叫ぶの。必殺技はそれに魔力を!」

杏子「それだけ聞けば十分だ!……変身ッ!!」バッ

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

マミ「!?この赤い光……まさかっ」

まどか「あ……あつい!?すごい魔力っ……」ジリリッ

ギーゼラ「ギギッ!?」タジッ

杏子「心を燃やす情熱の赤!」シュタ

杏子「魔法少女杏子!!!」シュピーンッ




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:02:17.95 ID:vRL2bZ060
ギーゼラ「ギギギギギッ」ギューンッ

まどか「逃げた!」

杏子「おっせーんだよぉ!!」シュタンッ・・・バギンッ

ギーゼラ「ギィッ!?」ドウンッ

マミ「今、残像が……!?なんて速さ、カッコいいわ!」

杏子「一発蹴り飛ばされたくれぇで終わると思うなよ!?てめーは許さねぇ!!」

杏子「うおおおおぉぉぉっ!!熱き情熱!陽炎を呼べ!!」キュウゥゥゥ・・・シュババババッ

マミ「いくつもの残像が、全て実体化しているの!?これが彼女の力……!」

杏子「ロッソ・ファンタズマ!!!」ジャキーンッ

ギーゼラ「ギギッ!?ギギギィーーーーーーー……」ザザザザザンッ・・・ドッパアアァァァン

さやか「全員で槍召喚して、一斉攻撃……!」

まどか「つ……つよい……!すごいよっ」

QB「その速さと幻影で魔女を翻弄する、新たな魔法少女の誕生だ!」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:10:30.70 ID:vRL2bZ060
杏子「……っと!こりゃかなり重労働だ……」パシュン

マミ「すごいわ!貴女、佐倉さんよねっ?」パシュン・・・タッタッタッ

杏子「あ?……あんたもしかして巴マミか?」

マミ「感激よ!クラスメイトに仲間が出来るなんてっ」ピョンコピョンコ

杏子「なんか、印象ちげーなおい」

まどか「え、えと……マミさんって、ほんとはああいう人なんですよ」パシュン

杏子「へぇ、で、あんたは?」

まどか「うぇ、わわ、わたし、まどかっていいます!」ビクッ

杏子「まどか、ね。敬語はいいよ。ってかなにビビってんだ、おい」

さやか「まどか、怖がんなくて大丈夫、見かけによらず良い人だからさ。杏子、応急処置終わったよ」パシュン

杏子「見かけによらずは余計だっての……ありがとな、さやか」ニッ

QB「皆、グリーフシードを知らない?見あたらないんだけど……」

まどか「うぇ?……あああ!ハンドルが逃げようとしてるっ!!」

ギーゼラ「ギ!?ギギギギッ」ズリ・・・ズリ・・・

マミ「あっちが本体……本当は鈍かったのね、彼女。もう一度変身を」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:16:15.71 ID:vRL2bZ060
マギカ「……フィニトラ・フレティア」バシュウウウッ

ギーゼラ「ギ……」ドパンッ・・・コロン

杏子「な……何だ?」

まどか「今の矢は!」

さやか「あの仮面。もしかして、あれが……」

マミ「マギカ……!?」

マギカ「……貴女達は、油断しすぎ」シュタッ・・・ヒョイ

QB「あ……姫様!?貴女は、本当に姫様なんですか!?」

マギカ「そうよ。私が、魔法界の姫、マギカ」バシュウウウッ

QB「でも何故っ?貴女は魔女との戦いで……」

マギカ「私は、魔法界を取り戻すために戻ってきた。ソウルジェムを再び集めることで……」

マミ「じゃ、じゃあ今ここに現れたのは、四つが揃ったから……」

マギカ「貴女達は、弱い」ブワサッ

マギカ「ソウルジェムを渡しなさい、全て」スッ




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:24:22.80 ID:vRL2bZ060
杏子「この宝石の事か?あたしは……嫌だ。せっかくの……」

マミ「そんな、せっかく魔法少女になれたのに……」シュン

さやか「あんたは何か信用できない。さっきみたいに魔女の手先かも」キッ

まどか「きゅ、キュゥべぇ……どうしよう?」

QB「姫様の命令だ……大人しく渡そう。皆」

まどか「じゃあ、えと、どうぞ……」スッ

マギカ「賢明な判断ね、貴女」スッ・・・

――――――バチンッ

マギカ「!?」ポロッ

QB「まどかのソウルジェムに……拒絶された!?」

マギカ「これは……何故……!?」

QB「王族はジェムを管理できる筈だ。それが拒絶されるなんて、君は……姫様じゃないね?」

さやか「ほら!やっぱり偽物だ!!」

マギカ「っ……」バサッ・・・ヒュンッ

まどか「あっ……いっちゃった……」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:30:42.53 ID:vRL2bZ060
さやか「追い掛けようよ!まだ近くにいるかも!」バッ

マミ「美樹さん、彼女は少なくとも敵ではないわ。追う必要はないでしょ?」

さやか「そ、そうですね。今回も魔女倒してたし……敵では、ないのかな」ピタッ

QB「でも、やっぱり偽物だったんだ……本当の姫様はまだ」ガックリ

マミ「キュゥべぇも、ほら、元気出して」

まどか「でも、おひめさまの名前をしってるって……なんでだろう?」

杏子「おいおい、ちょっと話が見えねぇ。詳しく説明頼むよ」

QB「ああ、それはね!」

マミ「キュゥべぇ、子ども達が元に戻るわよっ」

QB「きゅっ……」カチンッ

杏子「へぇ、慣れたもんだな。人形のフリ」

まどか「うぇ?杏子ちゃん驚かないの?しゃべってたんだよ?」

杏子「は?これだけの事があった後で驚くか、ふつー?」

まどか「そ、そういうものかな……?」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:35:50.48 ID:vRL2bZ060
杏父「う……うぅ……」ググッ

杏子「親父っ、気がついたのかっ?」バッ

杏父「……杏子?今まで、私は一体……確か悪魔に」

杏子「正気に戻ったんだね!?」

杏父「杏子が、悪魔を祓ってくれたのか……っ流石私の娘だ!」ギュウウッ

杏子「おっ親父……!そ、その一々抱きつかないでくれよ、えっと、恥ずかしいじゃんか」アセッ

杏父「おっと、すまない!友達の前なのか」キョロキョロ

杏子「いや、こいつらは……」

マミ「はい、私達、佐倉さんの友達です。ね?佐倉さん?」ギュッ

杏子「お、おう。そうだよ、あはは」

杏父「そうか、ちゃんと友人まで出来たのか。よかったねぇ、杏子」

杏子「……」モジモジ

マミ「さ、あとは親子水入らずで。私達は帰りましょうか」ザッ

まどか・さやか「はーいっ」

杏子「……ありがとね、皆」ボソッ




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:39:37.45 ID:a7IwaFIB0
うむ、愛と勇気と絆が人を救うストーリーはいいものだ




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:45:13.18 ID:vRL2bZ060
休日・マミの部屋

QB「と、言う訳で佐倉杏子、君が実質、最後の魔法少女に選ばれたんだ!よろしくね!」

杏子「うんめー!このケーキうますぎ!なあっ、うちの子どもらにもコレ持って帰って良いかっ?」モグモグ

マミ「ええ、どうぞ」ニコッ

QB「……あの、聞いてる?」

杏子「ああ、魔女に魔法界が滅茶苦茶にされたからジェムの力で魔女全部倒して魔力を魔法界に満たせば万々歳って話な」

QB「う、うん、すごーく要約するとそうなんだけど……」

さやか「魔女をまた発生させない様にするにはジェムが五つ必要なんでしょ?」

まどか「たぶん、あとひとつはあのマギカちゃんが持ってるんだよね」

QB「うん、でも彼女が簡単にジェムを僕たちに託してくれるとは思えない」

QB「それに、それを魔法界に戻す方法も探さないと……その為に杏子、君のお父さんの話が必要だ。聞いて来てくれたかい?」

杏子「ああ、聞いてきた。確かに親父はその魔法界ってとこに迷い込んでたらしい」

まどか「そんなことがあるの?キュゥべぇ」

QB「極めて稀にだけどね。神隠しっていうものがあるだろう?あれの一部は今回みたいなケースさ」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:51:30.22 ID:vRL2bZ060
杏子「なんでも、数か月どこぞを彷徨って死にかけた挙句、最後に赤い宝石が置いてある場所に着いたんだと」

杏子「そこで……恥ずかしい話なんだけどさ、それをあたしに手渡したいって思ったのが最後の記憶らしい」

杏子「ったく、自分が死にかけてんのに何言ってんだかな、あの親父……」カァッ

QB「やはりそうか、ソウルジェムが見滝原に扉を作ったのはそれが原因だ」

マミ「ソウルジェムは人の願いを叶える……つまり佐倉さんのお父さんの願いを叶えたのね」

QB「そうだね、赤いソウルジェムは手に宿り、五つのジェム達は見滝原に飛ぼうとした」

QB「王族は内二つをなんとか捕まえたけど、他は見滝原に飛んでしまった」

さやか「で、その後お父さんはグリーフシードに取り憑かれて、帰って来たってわけね」

杏子「じゃあ……今回の件は全部あたしのせいじゃねーか……!」オドッ

QB「それは違うよ杏子、これは不幸な事故だ。そもそも人間が魔法界に迷い込む確率なんてほぼゼロだし」

まどか「そうだよっ、杏子ちゃんも、杏子ちゃんのパパもぜんぜんわるくないよっ」

杏子「だけど……っ」

マミ「佐倉さん、起こった事は仕方がないわ。今の貴女にはそれを元に戻す力がある。それで良いじゃない」ギュッ

杏子「マミ……そうだね、全力で魔法界を元に戻してやる!」

マミ「ふふ、その意気よ」ニコッ




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 08:58:17.35 ID:vRL2bZ060
さやか「でもさ、今の話だとジェム一つで魔法界に戻れるんじゃないの?」

マミ「そうね、シードを浄化する時だって扉を介してエネルギーを魔法界に還している訳だし」

杏子「てか、どこにあと何体くらい魔女がいるんだ?本拠地叩いたら早いだろ」

まどか「魔女が通ってくる扉の場所ってわからないのかな?キュゥべぇ」

QB「そ、それはっ…………」

まどか・マミ・杏子・さやか「じーっ……」

QB「…………僕にも、分からないことくらい……ある」ガックリ

杏子「なんじゃそりゃ」

QB「と、とりあえずグリーフシードは有限のはずだ!魔女を倒し続けていればいつかはいなくなるっ」アセアセ

さやか「なーんでそんなことわかるのさ」

マミ「魔法界には感情がない、つまりもうグリーフシードは新たに生まれないのよ、美樹さん」ティロンッ

さやか「なるほど、じゃあ今できる事は魔女を迎え撃つことだけかぁ」

QB「そうなってしまうね……」ガクッ

マミ「まあまあ、魔女は減る一方なのに、私達魔法少女はこんなに増えたじゃない」

マミ「魔法界に行く方法もきっと見つかるわ」ニコッ




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:06:18.65 ID:vRL2bZ060
まどか「あ、マミさんそろそろ時間じゃないですか?」

マミ「あら、もうこんな時間?」

杏子「なんだ、今日どっか行くのか?」

さやか「うちのクラスの転校生に、街案内だってさ」

まどか「マミさんも、おいしいお菓子のお店とかいっぱい知ってるから、ついて来てもらおうって」

杏子「ふーん、さやか、あんたは行かないの?」

さやか「あたしは行くとこあるから」

杏子「デート?」

さやか「っ!」ポカッ

杏子「いてっ!なにすんだコラ!?」

マミ「佐倉さん、今のは貴女が悪いわよ?美樹さんは病院にお見舞いに行くのよね?」

さやか「そうだよ!勘違いしないでよねっ」カアァァッ

杏子「ったく、じゃ一緒に帰ろう。あたしん家、隣じゃん」

マミ「じゃあ、片付けたら皆、出ましょうか」




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:21:07.25 ID:vRL2bZ060
まどか「ほむらちゃーんっ、おまたせーっ!」トテトテトテ

ほむら「いえ、私も今来た所よ。……貴女は」ブワサッ

マミ「私は巴マミ、今日は鹿目さんの街案内の協力に来たの。宜しくね」ギュッ

ほむら「はい、宜しくおねがいします。マミさん」

マミ「あら貴女、随分冷え症なのね」

ほむら「ええ、良く言われます」

まどか「マミさんはケーキのおいしいお店いっぱい知ってるんだよっ」

ほむら「そう……」

マミ「それじゃ、行きましょうか。見滝原体験コースへ」ティロンッ

まどか「はーいっ、たのしみだなあ、ね?ほむらちゃん」

ほむら「ええ、そうね……」

マミ「出発、しんこーっ」タッタッタッ




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:30:09.68 ID:vRL2bZ060
杏子「なあ、病院て誰が入院してんの?」スタスタスタ

さやか「病気とか怪我した人でしょ、何言ってんのあんたは」スタスタスタ

杏子「そーじゃなくって!これからお見舞い行くんでしょ?」

さやか「……そんなの言う必要ある?」ジトッ

杏子「つれねー事言うなって、減るもんじゃなし」

さやか「はぁ……あたしの幼馴染み、手の怪我で入院してんの!」

杏子「とっとと治してあげれば?お得意のスクワルなんとかで」

さやか「もうやったよ、と言っても疲れとったくらいだけど」

杏子「怪我してるんじゃなかったのかよ」

さやか「ヴァイオリンやってんの。怪我は完治してたけど無理にリハビリ頑張ったから、疲労で筋痛めてた」

杏子「あ!最近病院からよく聞こえるよ、ヴァイオリン!」

さやか「だろうね。屋上でずっと練習してるみたいでさ、何であんなに頑張っちゃうかな」

杏子「音楽の事は良く知らないけどさ、安心する音だね、あれ」

さやか「でしょ?良い音鳴らすんだ、恭介……」




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:36:53.25 ID:vRL2bZ060
杏子「随分しんみり話すもんだな」

さやか「昔っからあの音聞いてるからね、やっぱり凄いんだよ、恭介は」

杏子「ふーん……」

さやか「なによ?」

杏子「いや、さやかもそんな顔するんだなって思ってさ」

さやか「そ、そんな顔ってどんな顔さ?」

杏子「恋する乙女の顔」

さやか「っ!?バッカじゃないの!?何似合わない事言ってんのさ!!」ポカンッ

杏子「いてっ!似合わないとはなんだ、似合わないとは!!」

さやか「あんたが乙女だなんてちゃんちゃらおかしいっての!」

杏子「あたしの事じゃねっての!!」

さやか「うっさい、帰れ!もう病院だからついてくるなバカ!!」タッタッタッ

杏子「言われなくても帰るよ!!もうあたしん家だバァカ!!」タッタッタッ

QB「……全く、大人しく聞かせて貰えば……君たちの会話のどこが乙女なんだい?」ヤレヤレ

杏子「うっせ。今日は子どもらと遊んでもらうからね、ぬいぐるみとしてさ」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:46:13.16 ID:vRL2bZ060
マミ「ここはね、シュークリームがとっても美味しいお店なのっ」

まどか「わーっ、ほんとだおいしそうっ」

ほむら「……」マジマジ

まどか「ほむらちゃん……?」

ほむら「……」パカッ・・・マジマジ

まどか「シュークリームが珍しいのかな……?ほむらちゃん上の部分外したらかっこわるいよ」

マミ「鹿目さん、シュークリームはそれで良いのよ?まあ手で外すのはちょっと、だけど」

まどか「うぇ?そうなんですか、すごいねほむらちゃん、良くしってるっ」

ほむら「え、ええ……」マジマジ

マミ「フタになっていたシューでクリームをすくって食べるの。んーっおいしっ」パクッ

まどか「ほんとだ!すっごくおいしいっ。ほむらちゃんも早く食べてみてっ」パクッ

ほむら「っ…………えっ?……おい、しい……!?」パクッ

マミ「あら、可愛い笑顔」

まどか「ほんとだっ。そういえばほむらちゃんの笑った顔、初めて見たかも」

ほむら「…………」モクモク




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 09:58:34.32 ID:vRL2bZ060
まどか「ここは……美術館ですか」

マミ「確かに美術も素敵だけれど、併設してるカフェに注目よっ」

ほむら「おすすめ……フォンダン、ショコラ?」

まどか「うぇへへ、花より団子ですね、マミさん」

マミ「あら、失礼しちゃうわっ。ちゃーんと食べてから美術も見ますっ」

まどか「うぇへへへ、ごめんなさいっ」

マミ「さ、美術館に入りましょうか」

まどか「へー、廊下に幼稚園の子たちの絵がかざってあるんだ。タッくんのあるかな?」

マミ「あら、これじゃない?かなめタツヤって書いてあるわ」

まどか「あ、これみたいです!女の子の絵かな、ピンクの服着てるし」

マミ「そのようね、とっても上手。さ、行きましょ」ニコッ

ほむら「……フォンダンショコラ……」ウキウキ・・・




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:04:15.46 ID:vRL2bZ060
ほむら「……」チョンチョン

まどか「ほむらちゃん、フォークでつつくのはお行儀わるいよ」

ほむら「……っ……何か出て来たわ」ビク

マミ「暁美さんはフォンダンショコラ初めて?」

ほむら「はい」

マミ「これってね、中にとけたチョコが入ってるのよ」

まどか「そとはサクサク、なかはトロトロなんだよっ」

ほむら「…………おいしいっ」パクッ

マミ「よかったわ、私も来たかいがあるもの。ね、暁美さん。今度は何が食べたい?」ニコッ

ほむら「そう……ですね」

マミ「何でも言ってね。私が作っても良いのよ?体、温まるものが良いかしら」ギュッ

ほむら「…………」プルプル・・・

まどか「……ほむらちゃん?」

ほむら「そ、そう。温まるものが良いです」

マミ「わかったわ、腕によりを掛けて作るから、ね」ニコッ




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:08:48.49 ID:vRL2bZ060
シャルロッテ「あまーいにおいがするねー。でもー、おしごとしなきゃー」ズズズッ

シャルロッテ「グリーフシードよー、絵にやーどれーっ」ズゾゾゾゾゾゾッ

イザベル「イーーーーーーッ」ズズズズッ

アルベルティーネ「マロカー……」ズズズズッ

シャルロッテ「さー、そーぞーの心、ぜーんぶ食べちゃおうねー。それじゃーねー」シュンッ

―――――――――――――――――――――――――

まどか「マミさん、この感じって……」ボソッ

マミ「ええ、間違いないわ。まだここまで影響は出てないから、貴女は暁美さんと待ってて」ボソッ

まどか「うぇええ?大丈夫ですかっ」ボソッ

マミ「大丈夫。それに二人同時にテーブルを立つなんて、感じ悪いじゃない?」ボソッ

マミ「もしもし、私よ。え?例の組織が?……二人とも、電話来たからちょっと外すわね」タッタッタッ

まどか「そっか!電話がきちゃったらしょうがないですよね!ね?ほむらちゃん!」アセアセ

ほむら「ええ。そう……ね」

まどか「……組織?」ボソッ




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:18:34.81 ID:vRL2bZ060
アルベルティーネ「マロカー……」ズズズッ

マミ「そこの魔女、待ちなさい!変身っ!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

マミ「心を繋ぐ絆の黄色!魔法少女マミ!」ティローンッ

マミ「ハッピー!ラッキー!皆に届けっ!」バッ

アルベルティーネ「アー……マロカー……?」

マミ「なあに、あの魔女。ちょっと歪んでるけど、魔法少女の鹿目さんソックリ?」

アルベルティーネ「ヒニトア・フエイアー……」バシュウゥゥ

マミ「あれは鹿目さんの矢!?防御を……あ、あら?」ペチンッ

マミ「見た目は似てるけど全然違うじゃない……悪いけど、一気に決めさせて貰うわよ?はあぁぁっ」キュピーンッ・・・ドゥンッ

マミ「紡ぐ絆よ、魔弾を導け!ティロ・フィナーレ!!」キュウゥゥゥ・・・ドウウゥゥゥンッ

アルベルティーネ「アー…………」ドパアァン・・・コロン

マミ「さ、グリーフシード回収っと」ヒョイ

イザベル「イイイイイイイィィィィッ!!」グアッ

マミ「な!?まさか二体……きゃああっ」ドゥンッ




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:25:15.79 ID:vRL2bZ060
まどか「マミさん、遅いなあ……」

ほむら「……まどか、私ちょっとトイレに行ってくるわ」スタッ

まどか「うぇ?えと、今は外に出ない方が……」

ほむら「何故?」

まどか「えと、そ、それは、その……」

ほむら「ごめんなさい、我慢できそうにないの。話なら後で聞くわ」スタスタスタ

まどか「あっ……たぶん大丈夫だよね、おトイレくらいなら」

―――――――――――――――――――――――――――――――

マミ「いたた……油断しちゃったわね」ザリッ

イザベル「イイイイイイィィィィッ!!」グワアッ

マミ「くっ……さっきの必殺技、もう少し抑えておくべきだった……!」アセッ

マギカ「……待ちなさい!」バキンッ

イザベル「イィッ!?」ズザザザッ

マミ「貴女は……マギカ!」

マギカ「油断、しないで。巴マミ」ザッ




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:38:00.98 ID:vRL2bZ060
マミ「なぜ、私の名前……」

マギカ「……フィニトラ・フレティア」バシュウウウッ

イザベル「イイイィィィ…………」ドッパアァァァンッ・・・コロン

マミ「その技、鹿目さんの……しかもさっきみたいな偽物じゃない!」

マギカ「……シードは、貰うわ」ヒョイ・・・バシュウウウッ

マミ「貴女は一体、何者なの?」

マギカ「…………」スッ

マミ「その手、ソウルジェムをまだ諦めてないのね?」

マギカ「いえ。立てる?巴マミ」

マミ「あ……ありがとうっ」ギュッ

マギカ「……」グイッ

マミ「やっぱり貴女は私達の味方なのねっ」ニコッ

マギカ「目的を、同じくしているだけ」ヒュンッ




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 10:45:08.82 ID:vRL2bZ060
マミ「おまたせっ、二人とも!って、あら?暁美さんは?」タッタッタッ

まどか「その、おトイレにいっちゃって、帰ってこないんです」

ほむら「どうも。スッキリしたわよ?」ニュッ

マミ「なんだ、すぐ後ろにいるんじゃない」

まどか「ほむらちゃん、おかえりっ」

マミ「さ、フォンダンショコラも食べ終わってるみたいだし、次は団子より花ね」スタスタ

まどか「そうですねっ」トテトテ

ほむら「……」スタスタ

まどか「あっ、あれ?タッくんの絵、なくなってる?」

マミ「あら、ほんと。剥がれたのかしら」

ほむら「まどか、これ」ヒラッ

まどか「ほむらちゃん!タッくんの絵だ。拾ってくれたの?ありがとうっ」ニコッ

ほむら「……どう致しまして」フッ




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:08:43.41 ID:vRL2bZ060
マミの部屋

マミ「はぁ……はぁ……」ハアハァ

ほむら「……これは?……マミさん?」

マミ「はぁ……どう、暁美さん?とっても温かいでしょう?……はぁ」ハァハァ

ほむら「ええ……とても熱いです……」

マミ「服も……はぁ……脱ぎましょうか……」ヌギッ

ほむら「いえ……私は……大丈夫ですから……」

マミ「私……もうこんなに……はぁ……ぐっしょりよ」ハアハア

ほむら「ほんと……ですね……」

マミ「じゃあ……はぁ、この辺り、どうかしら?」ハァハァ

ほむら「凄く……真っ赤で……柔らかそう……」

マミ「ああっ!そっちはまだダメェ!!」ハァハァ

ほむら「ああ……でも美味しい……です」




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:15:01.24 ID:vRL2bZ060
まどか「かっらーいっ!!マミさんキムチの元入れすぎですよぉっ!」

マミ「チゲ鍋はこれくらいが体が温まって良いじゃない、ね?暁美さん」グツグツ

ほむら「はい、でもまどかが可哀想です……」

まどか「はへー……こんなの食べられないぃ」

マミ「はいはい、普通の味のも作ってあるから、はいどうぞ」グツグツ

ほむら「まどか、これなら一緒に食べられるわ」

まどか「う、うん、たすかったぁ……ほむらちゃんすごいね、汗ひとつかいてない」

マミ「あら、本当ね。私なんか汗かき過ぎちゃって、上着脱いだのに」

ほむら「ええ、そういう体質なので」

まどか「いいなあ、汗くさくなったりしないんだ」

マミ「羨ましいわっ」

ほむら「そう、ですかね」モジッ




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:20:20.25 ID:vRL2bZ060
ほむら「今日は楽しかったです。有難う御座いました。まどかも、ありがとね」

マミ「また是非、遊びに来てね。待ってるわ」ニコッ

まどか「うぇへへ、ほむらちゃん、今日はなんだか柔らかい感じがするねっ」

ほむら「……そうかしら?それじゃあ」ブワサッ・・・スタスタ

ほむら「…………甘い夢を見たものね」キッ

マミ「暁美さんて、とっても良い子ね」

まどか「はい、そうなんですっ」

QB「う……うぅ……帰ってこれた」バタンッ

まどか「キュゥべぇ!?ど、どうしたの!?まさか魔女に……」

QB「杏子の所で……散々子ども達に玩ばれた……もう泣きたい気分だよ……」ボロボロ

マミ「その割には平気そうな顔よね」

QB「そう言う顔なんだよぉ……それに僕ら魔法生物は涙とかも出ないし……」

まどか「もじどおり、血も涙もないってことなのかな?」

QB「ひどいな!感情はちゃんとあるんだからね!?」クワッ




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:26:34.36 ID:vRL2bZ060
魔法界

オクタヴィア[失敗したな、シャルロッテ]カキカキカキ

シャルロッテ「うるさいなーもー、はんせーのチーズパーティーちゅー」モグモグ

ワルプルギス「まぁ、気にする事は無いよ。十分面白かったじゃないか!」パチパチ

オクタヴィア[失敗した挙句、魔法少女を増やしただけに、強くは言えないようだな]カキカキ

ワルプルギス「キャハハハッ、そりゃ三人仲良く一緒じゃないの!役者は多い方が舞台映えするよ?」

シャルロッテ「でもー、シャルたちはへってるのでーす」

ワルプルギス「脇役が最後まで舞台に立てる訳ないだろう、ねぇ?」

オクタヴィア[貴様、仮にも志を共にした仲間だぞ……それを脇役と?]カキ・・・カキ・・・

シャルロッテ「オクちゃん、字、ふるえてるよー。ワルぴーっ!」

ワルプルギス「……分かったよ。もう少し、これ以上奴ら魔法少女が板付きを気取るなら、出陣しようかねぇ」

オクタヴィア[少々、遅すぎる判断だと思うがな。もう残りの時間は僅かしかない]カキカキ

ワルプルギス「役者は全員出して、見せ場作るのがアタシの趣味でねぇ。キャハハハッ」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:37:43.74 ID:vRL2bZ060
翌日・教室

和子「今朝の会議で、今度の文化祭の実行委員長は、志筑仁美さんに決まりましたーっ。皆、拍手ーっ」

パチパチパチパチ・・・

仁美「ありがとうございます、皆さん。力いっぱい頑張ります」ペコ

さやか「へー、仁美って立候補してたんだね」パチパチ

まどか「仁美ちゃん、習い事で忙しいのにすごいよね、実行委員長とか」パチパチ

さやか「ほんとほんと、尊敬するよ。まったく」パチパチ

ほむら「……」パチパチ

仁美「それでは、本日の昼休みから、実行委員の会議を行います」

仁美「このクラスの実行委員、中沢君は会議室に来て下さいね」

中沢「はーい、りょーかいです。委員長サマ」

さやか「もう会議始めるんだって、真面目だねぇ」

まどか「そうだね、もうちょっとゆっくりでもいいのに……」

和子「それでは、HRを終わりますねー」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:43:10.13 ID:vRL2bZ060
放課後

仁美「それでは……皆さんごきげんよう……」ブロロロッ

まどか「うん、じゃーねっ。……仁美ちゃん、つかれてたね」

さやか「昼休みもぶっ通しで会議に使ったみたいよ、それも意見がまとまらなくて大荒れ」

まどか「うぇ、そうなの?……大丈夫かな」

さやか「この後も、お茶と舞踊だってさ。心配になってくるね」

ほむら「それが彼女の選んだ道ならば、仕方のない事ね」ブワサッ

まどか「ほむらちゃん!」

さやか「暁美さん……それ、冷た過ぎじゃない?」

ほむら「厳しい事を言うようだけれど、自分で選んだ事を通す為に苦心するのは当然よ。それじゃ」スタスタスタ

さやか「……なーんかいつもトゲトゲしてるよね、あの子。それに信用ならないカンジ」

まどか「ほむらちゃん、どうしちゃったんだろ……なんか変」

さやか「そう?いつも通りじゃない?そんじゃあたし、行ってくるから」タッタッタッ

まどか「そう、かな……?あ、ちょっとまって、ほむらちゃん!」トテトテ




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 11:49:55.57 ID:vRL2bZ060
ほむら「どうしたの、まどか?何か用かしら」

まどか「あ、あのね、これからペットショップに行こうと思うんだけど、いっしょにきてほしいなって」

ほむら「……そう」

まどか「うんっ、ほむらちゃんの家の方向だから、いっしょに行こっ」

ほむら「構わないけれど、何か買うの?」

まどか「あのね、キャットフードがほしいんだ」

ほむら「キャットフード?」

まどか「うん、キュ……っ!!」

ほむら「キュ?」

まどか「きゅ、急にお隣から猫ちゃんあずかることになっちゃって、エイミーっていうんだけど」アセアセッ

ほむら「そう」

まどか「あぶなかったぁ……キュゥべぇからのおつかいだって言っちゃうとこだったよ」ボソッ




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:02:54.35 ID:vRL2bZ060
まどか「わーっ、このワンちゃんかわいいっ、ね?ほむらちゃん」

ほむら「そうね」

まどか「こっちの猫ちゃんなんか寝ちゃってる、寝顔かわいーっ」

ほむら「本当ね」

まどか「……ほむらちゃん、えと、その、どうかした?」

ほむら「?……どうかって?」

まどか「なんだかほむらちゃん、昨日と違う感じがするから……」

ほむら「そうかしら?何も変わっていないわ」

まどか「そう、かな……もっ、もしかして、わたしなにか気にさわる様なことしちゃったかな?」

ほむら「まさか」

まどか「それじゃあ」

ほむら「まどか。私はいつも通りよ?貴女こそ、私に気を掛け過ぎじゃないかしら」

まどか「だって、ほむらちゃんはお友だちだから……」

ほむら「嬉しいけれど、心配無用よ。私はいつもの私だし、これからも変わらない」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:11:11.80 ID:vRL2bZ060
店内倉庫

ワルプルギス「さぁて、グリーフシードよ。出番だよ?」ズズズズッ

ワルプルギス「何も感情は人間だけの物じゃない、より簡単に奪えるものは奪ってしまおうじゃないか」スゾゾゾッ

ロベルタ「ロベッ!!ロベッ!!」ズズズズズッ

ウーアマン「ウウウゥゥゥ……」ズズズズッ

ワルプルギス「さぁ、店内にいる人間も、協力して根こそぎ奪いな!」シュンッ

――――――――――――――――――――――――――――

まどか「そんなの、さみしいよ……」

ほむら「寂しい?」

まどか「だってわたし、ほむらちゃんともっと仲良くなりたいのに……このまま変わらないなんて」ギュ

ほむら「っ……」

ロベルタ「ロッベェェッ!!」ガシャンッ

まどか「!?……なにこれ!?オリのなかに閉じ込められちゃった!?」

ほむら「この檻自体が魔女……私とした事が、油断したわね」ボソッ




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:17:16.49 ID:vRL2bZ060
まどか「ほむらちゃん何か言った?大丈夫なの!?」

ほむら「…………」ガクッ

まどか「そんなわけないよね……このオリの中、すごい勢いでエネルギーが吸われてる……!」ヨロッ

ウーアマン「ウウウゥゥゥ!!」

まどか「中にもう一体魔女!?……こうなったら、へんっしん!!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

ほむら「…………」

まどか「心を染める愛のピンク!魔法少女まどか!」キュピーンッ

ウーアマン「ウウウウウウ!!」

まどか「ほむらちゃん、すぐ出してあげるからねっ……えぇい!!」キュピーンッ・・・ポンッ

まどか「愛する想い!矢になり届け!フィニトラ・フレティア!!」キュウウゥゥ・・・シュバアァァッ

ウーアマン「ウアッ!!」シュタンッ

まどか「うぇええ!?動きはやいっ、はずれちゃった!?で、でも、オリはこわせるはず……」

ロベルタ「ロベ?ロベベベベッ」バキンッ

まどか「うぇええええ!?オリもこわせないっ!?」




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:26:19.96 ID:vRL2bZ060
まどか「杏子ちゃんだったらなんとかなるのに……でも、よぉし!もういっかい!」

ほむら「…………」

まどか「早くしないと……ほむらちゃんが……!」キュウウゥゥ・・・

まどか「まだ……魔力が足りない……!もっと……私の、全部の魔力を……!」

ほむら「っ……」ガバッ

まどか「ほっ、ほむらちゃん!?急に抱きついて!?う、動けたの!?」

ほむら「…………」ギュウウ

まどか「あ、あれ?矢が大きくなって……!?なんでっ?」ズズズズズッ

ウーアマン「ウウゥゥゥ!!」ガバッ

まどか「ほむらちゃん、抱きついてたら撃てないよっ」グイグイ

ウーアマン「ウアアァァッ!!」グアッ

ほむら「今」ボソッ・・・パッ

まどか「!……フィニトラ・フレティア!!!」

シュバアアアァァァァッ・・・ドッパアアアアアァァァン・・・コロンッコロンッ

まどか「す、すごい……ふたつ同時に魔女が……!」




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:29:02.36 ID:dfcAkDsB0
一体どうしてほむらちゃんが…!?




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:30:30.27 ID:eHNHNd0TO
何が起こったんだ……!




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:34:48.50 ID:vRL2bZ060
ほむら「……」ガク

まどか「ほむらちゃん!だいじょうぶ!?」パシュンッ

ほむら「…………なんの、ことかしら?」ヨロッ

まどか「うぇ?覚えて……ないの?」

ほむら「ごめんなさい、今少し気分が悪くて、ぼうっとしていたの。何かあった?」

まどか「そう……だよね。あはは、何でもないっ」

ほむら「そう」

まどか「ほむらちゃん」ギュウ

ほむら「何?」

まどか「さっきも言ったけど、もっとわたしほむらちゃんのことしりたい。仲良くなりたいよ」

ほむら「……」プルプル・・・

まどか「だめ、かな?」

ほむら「手を離して、まどか……気分が悪いの、先に帰るわ」バッ・・・ヨロヨロ

まどか「ほむらちゃん……」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:41:44.54 ID:vRL2bZ060
マミの部屋

QB「いやー、やっぱり僕の目に狂いはなかった!このキャットフードってのは美味しいよ!!」ガツガツ

マミ「鹿目さん、ありがとね。キュゥべぇったら食べたいって聞かなくて」

まどか「はい……いいんです」

マミ「……どうしたの?鹿目さん元気ないわよ?」

まどか「あ、えと今日、ほむらちゃんと買いにいったんですけど……」

マミ「あら、暁美さんと?そこでケンカでもしちゃった?」

まどか「いえ、なんていうか……もっと親しくなりたいっていったら、その、帰られちゃって……」

マミ「まあ、そんなことする子には思えなかったけど……」

まどか「なんだか、様子がおかしくて」

マミ「暁美さんて、体弱いんでしょう?気にすることないわ、体調が悪かったのよ」

まどか「そうもいってたんですが……」

マミ「だったら気にしない。はい、ケーキ食べて元気出して」ニコッ

まどか「ありがとう、マミさん」




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:50:41.20 ID:vRL2bZ060
路地裏

魔女「マ!マジョジョっ!!」ヒョコヒョコ

マギカ「待ちなさい」シュタッ

魔女「マジョ!?」ビクッ

マギカ「フィニトラ・フレティア……!」バシュウッ

魔女「マジョ……」ドッパアァンッ・・・コロン

マギカ「あれだけいた雑魚も、これで最後」ヒョイ・・・バシュウウゥゥッ

マギカ「……っ」フラッ・・・

マギカ「少し……休まないと……」ガクッ

マギカ「もう魔力が殆ど残ってない……」

マギカ「回復……なんて考えちゃ駄目ね…………」

マギカ「……グリーフシード……美味しくない」カリッ

マギカ「ケーキの味なんて……知らなければ良かった……」

マギカ「……」プルプル・・・




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:54:35.75 ID:UxqqwFqm0
もしかしてマギカちゃんってほむらちゃんなんじゃね…!?




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:55:42.52 ID:dfcAkDsB0
さすがにそれは無い




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 12:57:19.58 ID:vRL2bZ060
数日後・昼休み

さやか「仁美、一緒にご飯食ーべよっ」

仁美「……」

まどか「……仁美ちゃん?」

仁美「……あ、お二人とも。何か?」

さやか「あんた大丈夫?顔色悪いし……疲れ過ぎじゃない?」

仁美「そんなこと、ありませんわ……あ、私もう会議の時間ですので……」フラフラ

まどか「仁美ちゃん!ちゃんとお昼食べなきゃだめだよっ」

仁美「ご心配なく……時間がありませんので」トボトボ

まどか「いっちゃった……」

さやか「全く、心配するなってほうが無理だっての。ここ何日かほとんど話できてないし」

まどか「心配って言えば、ほむらちゃんも……」

さやか「ああ、休み明けに一日来ただけだったね。だいじょーぶかな、あの子も」

まどか「うん……」




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:03:12.64 ID:vRL2bZ060
ワイワイガヤガヤ

仁美「それでは……これで今回の会議を終わりにします。各自教室に戻って下さい」ペコ

ゾロゾロ・・・

仁美「……はぁ。思った以上に疲れますわね。私、もう少し出来る筈と思っていたのですが……」

仁美「皆さん、それぞれ意見を言うだけでまとまりません……もっと委員長の私の意見を聞いて欲しいですわ」

仁美「帰ったらまた何か折衷案を考えないと……あ、今日はピアノが……」

仁美「ああ、もっと普通の女の子らしく、さやかさん達と遊んだり……恋をしたり……」モヤモヤ

オクタヴィア[その願い、私が叶えてやろう]ズズズズッ

仁美「……!?あ、貴女は!?」

オクタヴィア[グリーフシードよ、この娘から魔女を生め]ズゾッゾゾゾゾゾッ

仁美「あ……ああぁぁぁ……」ズブブブブッ

オクタヴィア[これらが、最後になる。期待しているぞ]シュンッ

仁美「ふふ……うふふふ……」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:13:56.75 ID:vRL2bZ060
ザワザワザワザワ・・・ピタ・・・

まどか「!……さやかちゃんっ」

さやか「分かってる。もう周りのクラスも影響受けてるね、これは」

QB「きゅっぷは……もう喋っても良いね?魔法少女、出動だ!」

まどか「えっと……魔女の反応は……」ムムッ

QB「こっちだ!」バッ

さやか「そっちだ!」バッ

まどか「あっちだ!」バッ

QB・まどか・さやか「え?……どっちだ?」

さやか「ちょっと!そっちでしょ?魔女の反応!」

まどか「うぇ?あっちだよ、魔女の反応っ」

QB「これは……違う、魔女の反応が沢山ある!」

さやか「ど、どういうこと!?」

QB「わからない!ただ僕が感じてるのはそこの彼からだっ」

中沢「…………」




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:18:29.56 ID:vRL2bZ060
まどか「うぇええ!?中沢君が魔女!?全然気付かなかった!」

さやか「魔女ってか、男じゃん。弁当食べかけで停止してるし」

中沢「……」ズズズッ

QB「なんだろう、今までの魔女に比べたら弱い反応だけど……」

まどか「でも、感情をすいとってるのはホントみたい」

さやか「杏子のお父さんみたいなもんかな、これ」

中沢「……」

まどか「中沢君!正気に戻って!」

中沢「……」

さやか「杏子の時みたいに襲ってこないし、喋らないなぁ。何とか言ったら?この魔女!!」

中沢「……」

QB「返事がない、ただの屍のようだ」

さやか「何とかっ言いなさいよっ!」ポカンッ

まどか「さやかちゃん!変身もしてないのに!」

中沢「……」バタンッ・・・ピクピク




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:24:34.74 ID:vRL2bZ060
さやか「あ、あれ?倒した?」ポカーン

まどか「うぇえええ!?変身しなくても魔女倒しちゃった!さやかちゃんすごいっ」

QB「いや……彼は普通の人間だ」ムムムッ

まどか「うぇ?どういうこと?」

QB「わからない、さやかに殴られた瞬間に魔女の反応が消えたんだ」

さやか「グリーフシードが追い出された訳じゃないのに?」

QB「そこなんだよ、彼にグリーフシードは宿ってない」

まどか「わけがわからないよっ」

マミ「二人ともっ!その人は魔女じゃないわ!」バタムッ

杏子「殴ったりするんじゃねーぞ!」ダダッ

中沢「……」ピクピク

マミ・杏子「遅かった」

まどか「マミさん!?杏子ちゃん!?」

さやか「い、言うの遅いって!」アセアセ




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:33:55.70 ID:vRL2bZ060
杏子「どうやら各クラスに一人二人、感情エネルギーを吸い取る役目の生徒が紛れ込んでるみたいでさ」タッタッタッ

マミ「殴らなくても、私たちが触るだけで元に戻るみたい」タッタッタッ

さやか「よく気づきましたね、マミさん」タッタッタッ

マミ「佐倉さんがね、異変にすぐ気付いて……」

杏子「おもっくそぶん殴った」グッ

さやか「ちょっ……あんたも殴ってんじゃん!」

杏子「だから!そのあとで、マミにおもっくそ怒られて……」

マミ「力を軽くするように言って、何人も元に戻したの。そしたら触るだけで良いってことが分かったわ」

杏子「だから三年はもう問題ないよ。残るは下級生ってわけ」

さやか「なるほど!じゃこのままクラスをそれぞれ回って」

マミ「ターゲットを見つけてタッチ!これで解決よっ」

杏子「じゃ、ここらで解散!」

さやか「了解!」

まどか「はへー……みんなまってぇ……」トテトテ




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:40:03.93 ID:vRL2bZ060
男生徒「……」ズズズッ

さやか「はい、お食事中失礼。タッチと」ポンッ

男生徒「……」カクン……ポロ

さやか「おっとと、サンドイッチ落とさない。それじゃ大人しくしててね」タッタッタッ

女生徒「……」ズズズッ

さやか「タッチ!」ポンッ

女生徒「……」ガクン

さやか「ちょっと座っててねー。あ、このお弁当美味しそうじゃん……て、それどころじゃないね」タッタッタッ

男生徒「……」ズズズッ

さやか「うわー、カップめんすすりながら止まってるよ。伸びちゃいますよー」ポンッ

男生徒「……」バシャン

さやか「うわわ、汁の中に顔が……しょうがないな、もう」フキフキ

さやか「てか何でこいつら皆食事中なのさ!食べるの遅すぎだっての!!」タッタッタッ




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:47:50.28 ID:vRL2bZ060
杏子「どうだった!?」タタッ

マミ「一年生は全員OKよ!」タタッ

さやか「二年生も全クラス直しました!」タタッ

まどか「ふひー……三年生おっけーです……」トテ・・・トテ・・・

マミ「鹿目さん?三年生は私と佐倉さんがもうやったはずよ?」

まどか「……うぇ?い、いえ、ちゃんといましたよ……エネルギー集めてる生徒……」

杏子「は?そんなわけあるか!あんだけぶん殴ったんだよ?」アセッ

さやか「どんだけぶん殴ったんだ、あんた」

QB「皆、大変だ!魔女の反応が各クラスで復活してる!」スタタタタ

マミ「なんですって!?……これは、本体の魔女がいるんじゃないかしら?」

杏子「たしかに、三年、一年にシード持ちはいなかった!」

さやか「二年も!」

マミ「なにか問題の生徒に共通点があるかしら……?それから魔女の居場所がわかるかも……」

まどか「うぇええ?そんなのわかんないですよぉ。男の子も女の子もバラバラだったし……」

さやか「……あたし、分かるかも。皆!ついてきて」タッタッタッ




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 13:56:45.83 ID:vRL2bZ060
会議室

さやか「出てきなよ!魔女!」ガチャッ

仁美「あら?さやかさん、思ったより早いご到着ですわね。流石ですわ」ズズズッ

さやか「仁……美!?」

マミ「あの子、確かこの前、実行委員長になったっていう……」

杏子「あいつが本体だ!この魔力、間違いない!」

仁美「貴女がたが方々走り回ってくれたお蔭で、大変多くのエネルギーが集まりましたわ」

仁美「もちろん、今現在も吸収中ですが」ニコリッ

杏子「さやか、良くわかったな、ここが本体のいる場所だって」

さやか「昼休みも終るってのに全員ランチ中ってことは、昼に何かあったってことだからね」

マミ「共通点は……会議ね」

仁美「御名答。私は委員長、彼らは忠実な駒になって頂きましたの」

さやか「ま、仁美にグリーフシードが憑いてるとは思わなかったけどね……」ジリッ

仁美「私に憑いているというのは少々語弊がありますね……私の委員長としてのプライドに憑いていますわ」ズゾゾッ

パトリシア「パトゥルルルルッ!!!」ズゾゾゾゾゾッ




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:06:49.40 ID:vRL2bZ060
仁美「やっておしまいなさい、パトリシア」ニコリッ

パトリシア「パトゥ!!」

マミ「魔女を召喚した!?一体どういう……」

杏子「おい、迷ってる暇はねぇ!いくよ!?」

さやか・杏子・マミ「変身!!」

キュピーンッ・・・パアアアァァァァァッ

仁美「魔法少女、お手並み拝見させていただきますわ」

さやか「心を包む癒しの青!魔法少女さやか!!」シャキーンッ

杏子「心を燃やす情熱の赤!魔法少女杏子!!」シュピーンッ

マミ「心を繋ぐ絆の黄色!魔法少女マミ!!」ティローンッ

マミ「人の心を蝕むならば!肉体言語にて語るまで!!」バッ

杏子「……おいおい、肉体言語て」

マミ「だって今回、貴女たちこんな感じじゃない」キョトン

杏子・さやか「違うわいっ!」ビシッ

仁美「うふふ、コントは終りましたか?パトリシアはユーモアが好きではありませんのよ?」ニコリッ




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:16:17.33 ID:vRL2bZ060
パトリシア「パトゥルーーー!!」グワッ

杏子「てめーの人に取り憑くってその根性が、あたしは許せねぇ!!」シュタッバキンッ

パトリシア「パ!?」ドグッ

さやか「速!?さっそく肉体言語じゃん!!」

マミ「さっきもあんな感じだったのよね……佐倉さん、まずは大人しくさせてからよっ」シュルルルッ

パトリシア「パ……トゥルルルル!!」ジャキンッジャキンッ

マミ「刃物!?あの魔女、リボンが効かない!」

さやか「大丈夫、マミさん!リボンから傷を集めて……」ポウッ

さやか「癒した傷よ!刃に変われ!スクワルタトーレ!!」キュウウゥゥ・・・ズバァッ

パトリシア「パトゥルルッ!?」グラッ

さやか「浅い!?物の傷からじゃ威力足りないんだ……!」

マミ「でもリボンが直ったわ……紡ぐ絆よ!魔弾を導け!ティロ・フィナーレ!!」キュウウゥゥ・・・ドウウゥゥゥンッ

パトリシア「パトゥーーーー……」ドッパアァァァンッ・・・コロン

杏子「けっ、何がお手並み拝見だよ?楽勝じゃねーか」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:32:51.23 ID:vRL2bZ060
仁美「…………」

さやか「仁美!大丈夫っ?」パシュンッ・・・タッタッタッ

仁美「……ええ、もちろん大丈夫ですわ」ガシッ

さやか「え!?な、なにこれ……力が……」ズズズッ

マミ「そんな、まだ魔女の反応が消えてないわ!」

杏子「さやか!そいつにもう一つシードが取り憑いてる!離れろ!!」

さやか「……」ブツブツ

仁美「ですからね、私に憑いているというのは語弊がありますの……」ズズズズッ

仁美「正確には、普通でありたいという私の妄想、プライドの裏側に取り憑いていますのよ」ニコリッ

さやか「……」ブツブツ

仁美「さやかさんには、その妄想の中に沈んでもらっています。それでは、御機嫌よう……」カクンッ

ズライカ「ズズズズゥ……」ズゾゾゾッ

マミ「あれが本体……!」

ズライカ「ズズ……」トプンッ

杏子「な……!?二人連れて影ん中に逃げやがった!?」




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:39:31.94 ID:vRL2bZ060
マミ「……人質を使って誘ってるのね。この影の奥は、あの魔女のフィールド」

杏子「しゃーない、行く」ザッ

マミ「佐倉さん、ここは作戦を!二人同時に入ったら外との連絡も……」

杏子「もう魔女が出てからだいぶ時間が経ってんだ、時間がない。ここは私だけで行くよ」

マミ「……わかったわ、これ体に結んで。ピンチのときは引っ張ってね」シュルルッ

杏子「命綱ならぬ命リボンってか?……サンキュ。じゃ行ってくる」シュタ・・・ドポンッ

―――――――――――――――――――――――――――――

杏子「……なんだこりゃ?影ん中にまた学校?微妙に違う気もするけど」シュタッ

杏子「窓から見える景色もほとんど一緒だな……」スタスタ

ザワザワザワザワ・・・

杏子「生徒もいるのか……!でも、顔が見えねぇ……。お、おい、あんた」ポンッ

ギョロッ・・・ギョロギョロギョロギョロ・・・

杏子「!?……一斉にこっち向きやがった!?な、何なんだよ、ここはっ」タッタッタッ

杏子「はぁ……校門出たが、なんだ?窓から見えた景色がほとんどハリボテじゃねーか」タッタッタッ

杏子「場所の距離感もバラバラだな、なんでいきなりあたしん家の前の道に出んだよ?」




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:47:34.35 ID:vRL2bZ060
杏子「でも教会はハリボテなんだな。子どもらもいない、か。……?病院はハリボテじゃない?」

さやか「……」スタスタ・・・ウィーンッ

仁美「……」スタスタ・・・ウィーンッ

杏子「あ、あれは……!おい、待て!」タッタッタッ・・・ウィーンッ

杏子「……見失ったか……けど、どうやら中も周りはハリボテ。入れる場所は限られる筈……」タッタッタッ

仁美「うふふふふ……」

さやか「あははははは……」

杏子「!……笑い声、あの部屋か!」

仁美「うふふ、この肉まんっていうのは本当に美味しいですわね」

さやか「でしょ?買い食いってのも乙なもんよっ」

仁美「上条君も、はいどうぞ」ニコッ

恭介「ウン、アリガトウ」

杏子「なんだこの状況は……?と、とにかく!お前ら!何やってんだ!?」バタムッ

仁美「それにしても驚きましたわ、さやかさんと上条君が幼馴染だなんて」

さやか「そうなんだよ、世話の焼ける幼馴染でさ。あはは」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 14:53:10.89 ID:vRL2bZ060
杏子「おい!無視すんな!」

仁美「あ、上条君。このあんまんというのも食べてみてください。あーん」

恭介「アーン」

さやか「羨ましいねぇ、恭介!こんな美人にそんなことされてさっ」

杏子「聞こえてねーのか……?お、おい、さやか!」ガシッ

さやか「!……」カクン

恭介「……」ギョロッ

仁美「……誰、ですの?」ギョロッ

杏子「……!てめーは何だ、魔女か!?」

仁美「ここは……私の理想の世界のはずですわ……何で知らない人が……何で分からない事を喋るんですか……」

杏子「まさか、魔女が出てきてるわけじゃない!?」

仁美「私の世界から……出てってください!!」

恭介「……デテイケ」

杏子「っ!?あいつが魔女!?」

デテイケ・・・デテイケ・・・




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:01:18.79 ID:vRL2bZ060
杏子「違う……このハリボテ全部が、あいつの妄想食って成長した魔女……!」

仁美「出て行ってください……妄想を……邪魔をしないで……」

さやか「……」グッタリ

杏子「とりあえず、さやかは返してもらうから!」ガシッ

さやか「……う、うん?」

杏子「さやか、気が付いたか!?」

さやか「あ、あれ?あたし、恭介のお見舞いに……あ、あたし何で……仁美……」グラッ

杏子「ちっ、触るだけじゃ治るわけないってか……さやか!あたしの目を見ろ!」ガッ

さやか「え!?……杏子?……何で……!?何が何だかもう……」グワンッ

杏子「良いか!?今はあたしのことだけ考えろ!」ポウッ

さやか「……!杏子!どうしてここに!?」ハッ

杏子「助けに来てやったんだよ!あんたの友達ともども、魔女のはらわたくんだりまで」

デテイケ・・・デテイケ・・・

さやか「ありがと……!でもちょっと……まさか、この周りの景色全部が……」

杏子「そうさ、こいつら全部倒さなきゃいけないらしいな」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:10:02.53 ID:vRL2bZ060
さやか「そんな……しかもどんどん増えてるよ!?」

杏子「あの子の妄想を食ってどんどん成長してやがる。まずは、あっちをどうにかする」

仁美「いや……現実は…………普通がいいの……理想なの……」ブツブツ

さやか「どうにかって?まさか攻撃するわけじゃないでしょうね!?」

杏子「んなわけあるか。魔女と切り離す。さやか、あんたはあの子の正気を呼び寄せてくれ」

さやか「切り離すなんてできるの、あんたっ?」

杏子「今さやかにやった方法でコツはつかんだ。あたしの幻覚で妄想をキャンセルできる」

杏子「おい、あたしの目を見ろ。落ち着いて、深呼吸だ」スッ

仁美「だ……誰なんですか……もう……放っておいてください……」ブツブツ

杏子「あたしはさやかの友達だ。な、さやか?」

さやか「そう、この子はあたしの友達。ね、仁美、正気に戻って」

仁美「さやか……さん?ああ……一緒に……コンビニなんて……私……初めてで……楽しくて……」

さやか「ちがうよ、それは全部妄想!ちゃんと帰ったら、一緒に行こう!」

仁美「でも……帰ったら……この世界じゃないと…………」

さやか「そんなことないって!仁美は真面目すぎっ!もっと余裕もってさ、一緒に遊んだりしよ?ね?」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:16:45.04 ID:vRL2bZ060
仁美「……本当ですか……私……私……」グラッ

杏子「周りよく見なよ、みんなハリボテだ。道も家も人間も簡単になった、ただの偽物だ」

仁美「……ハリボテ……偽物……」グワンッ

杏子「こいつだって、あんたの望み通り動くだけの人形だ。そんなの相手にして満足か?」

恭介「……デテイケ……デテイケ」

仁美「……違う……こんなの……違いますわ!」

杏子「そう、妄想や幻覚になんて縋るんじゃない。それを現実にしてこそ価値があるんだよ」ポウッ

仁美「……!……あら?……私……今まで……」カクンッ

さやか「仁美!戻ったの!?早く魔力あげて心の回復を……!」

杏子「まだだ、魔女とは切り離したからこれ以上は弱らない。さやかは魔力を取っておく」

さやか「なんでさ!?」

杏子「時間がないんだ、追って話す。見てな、幻覚は現実にしてこそなんだ!」

杏子「熱き情熱!陽炎を呼べ!!ロッソ・ファンタズマ!!!」キュウウゥゥ・・・シュババババババ

さやか「な、なんて数に増えるんだよ、あんたは!」

杏子「この世界の魔女は全部ぶったおす!!ここまで人心惑わす輩は絶対に許せねぇ!!!!」




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:22:42.66 ID:vRL2bZ060
さやか「すっご……街がどんどん崩れていく」

杏子「全魔力つぎ込んだからね……数の暴力で押し切るだけ……」ガクッ

杏子「さやか、もう少しで分身が全部魔女を倒す。あたしはもう動けない、その子と一緒に担いでってくれ」

仁美「…………」スー・・・スー・・・

さやか「全く無茶するんだから……そのために温存しろって?」

杏子「いや、担ぐだけが仕事じゃない」ゴゴゴゴゴゴ・・・

さやか「な、なんの音?」

杏子「魔女がやられてるってことは、この世界が崩れてるってことだよ。その音さ」

さやか「じゃ、早く脱出しないとっ」

杏子「リボンをたどれ。ただし学校までの道、崩れたりするだろうから」

さやか「直しながら進めってことね、了解!変身っ」シュバンッ

さやか「よっこいしょ。さ、行こうか……うぅ重い」ヒョイ・・・トテトテ

杏子「物分りは良いが……おっせぇな……」

さやか「うるさい!置いてくぞっ?まどかだったら軽々運べるだろうけど……」トテトテ

杏子「悪かった。信じてるよ、さやか。頼んだ……!」




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:30:13.71 ID:vRL2bZ060
さやか「はぁ……会議室……ついたよ……」トテ・・・トテ・・・

杏子「リボンが繋がってる天井の影、あれだ。リボン引いてマミに引き上げてもらおう」

ズズズズズッ

さやか「ちょ……あの影狭まってるっ!」グイッ

杏子「ちっ、ここにきて崩壊が加速!?」

ズライカ「ズ……ズズ……」ズズズッ

杏子「いや、倒し損ねたやつがまだ……!こいつあたしらと心中する気だ!」

さやか「まさか、この崩れる世界に閉じ込めて!?」

ズズズズッ

杏子「くそっ!もう間に合わない!!」

さやか「そんな!影が閉じてリボンが切れ……!?」スパッ

杏子「……さやか!!まだだ!!ありったけの魔力で……!」

――――――――――――――――――――――




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:37:59.28 ID:vRL2bZ060
マミ「あら、引っ張られたわ。今、引き上げるからね……!?」シュルルッ

ズズズズッ

マミ「か、影が狭まっていく!?あっ!リボンが……切れた!?」スパッ

まどか「マミさーん!大丈夫ですかっ」トテトテ

マミ「あ……か……鹿目、さん……」ポロッ

まどか「どうしたんですか!?マミさん!?それにさやかちゃんたちは……」

マミ「み、美樹さんも……佐倉さんも……お友達も……助け……られな……」ポロポロ

QB「一体何があったんだい!?マミ!」

マミ「魔女が……作った世界に……っみんな……閉じ込められて……っ」ポロポロ

QB「まさか、そのまま入口が!?」

まどか「うぇ……!?そんなのって……ないよ……みんな、かえってこれない……?」ポロ

マミ「私が……もう少し早く……っリボン……引き上げ……」ヒックヒック

QB「なんてことだ……さやか!杏子!」

ピシ・・・ピシ・・・




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 15:49:19.04 ID:vRL2bZ060
QB「何だ?床に……ヒビ?」

―――――――バリーーーーーンッ

さやか「やった!!成功だよ杏子!!戻ってこれた!!」シュバッ

杏子「よっしゃ!あたしの言ったとおりだったろ!?」

マミ「え!?……美樹さん!?佐倉さん!?」パァッ

まどか「仁美ちゃんまで!!」

QB「切れたはずのリボンが繋がっていく!」

マミ「切れたリボンを美樹さんの力で直して……こちらに引き戻させたのねっ?」

杏子「さぁ、さやか!ありったけ直したんだ!ありったけ返してやれ!!」

さやか「おうよ!!……癒した傷よ!刃に変われ!!」キュウウゥゥゥゥ・・・

ズライカ「ズ……ズ!?」

さやか「スクワルタトーーーレ!!!!!」ズバアアアアァァァッ

ズライカ「ズーーーーー……」ドッパアアアァァンッ・・・コロン




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:00:13.12 ID:vRL2bZ060
さやか「ふー……もうダメかと思ったよ、あはは……」パシュン・・・ドサッ

仁美「……」スー・・・

杏子「ホント、あのままハリボテの世界で魔女と一緒に、とか冗談じゃねぇ」パシュン・・・ドサッ

マミ「本当に……佐倉さんたちなのね……!?」パシュン

さやか「こーんな美少女がほかにいますか?マミさん?」

杏子「リボン、まさに命繋いでくれたな。改めてサンキュ?」

マミ「っ……佐倉さん!美樹さん!良かった……良かった無事でっ!!」ギュウウ・・・ポロポロ

まどか「みんな……よかったよぉ!!」ギュウウウ・・・

杏子「おいおい、マミ?そんな強く抱きつくなって」

さやか「そそ、まどかも落ち着いて。くるしって」

QB「本当によかった……今回は僕も耳で抱きつかせておくれよっ」ギュウウウ

さやか「あはは……会議室で抱き合うってなんかシュールだなぁ」

杏子「しかも謎の生物もくっついてるしね」

さやか・杏子「でも、本当に良かった」ギュッ




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:06:48.21 ID:vRL2bZ060
仁美「…………」スー・・・

まどか「……うん、魔力たっぷりわけてあげたよ」ポウッ

QB「これで彼女の心は回復したはず……じき目も覚ますだろう」

杏子「しっかし今回のは強敵だったな」

マミ「もしかしたら、彼女は魔法少女になれるくらいの素質があったのかもね」

杏子「それにジェムじゃなくシードが憑いたから、あそこまで……か」

まどか「じゃあ、魔法少女が魔女になったらたいへんなんだろうなぁ……」

マミ「怖いこと言わないで、鹿目さん」

さやか「しかも、人に憑いたり、閉じ込めたり、単体と見せて複数で来たり……どんどん巧妙になってるよね」

マミ「……裏に何かブレインがいるってこと?」

まどか「ぶれいん……ですか?」

QB「確かに、その可能性は十分にあるね」

マミ「皆、これからは少し気を引き締めたほうが良いのかもしれないわ」

QB・さやか・杏子「そうだね」

まどか「ぶれいん……ぶれいん……って、なんだろ……?」ポカン




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:13:19.57 ID:vRL2bZ060
数日後

仁美「さやかさん!今日はふあみれすに行ってみたいです!」ニコニコ

さやか「あーはいはい、ファミレスね。でも残さないでよ?この前も肉まん残したじゃん」

仁美「あれは……思っていたよりも味が濃くて……今回は頑張りますっ」

さやか「まあ良いんだけどさ、残した分まで食べられるから」

まどか「仁美ちゃん、すっかり明るくなったね」

仁美「ええ、この前過労で倒れたお蔭で、習い事を暫く休んでも良いことになりましたのっ」ニコニコ

さやか「あー……そうだね、会議室で気ぃ失ってたなんてビックリしたよ?」

仁美「さやかさん達が見つけて下さったんですよね、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

まどか「いいんだよ、仁美ちゃん。体だいじにしてね」

仁美「はい、委員長の仕事も、結論を急ぎすぎていました。今はもっとゆっくり決めて行っていますわ」

さやか「あ、ところでさ、仁美。あんた、恭介のお見舞いとか行ってた?」

仁美「恭介?……あ、上条君の事ですか?はい、文化祭に演奏をしてもらおうと思いまして」

仁美「その打ち合わせで少し前から、お会いしていましたわ」

さやか「えっ?そうなの?全然聞いてないけど……」




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:24:17.52 ID:vRL2bZ060
仁美「……あ!いけませんわっ。これはサプライズなんですの!秘密なんです!」

さやか「なるほど、文化祭で復活ライブ決める気だったな恭介のやつ。どーりで最近張り切ってる訳だ」

仁美「あああ、お二人とも!このことは他言無用でっ」アセアセ

まどか「う、うん。わかったよ、仁美ちゃんおちついてっ」

仁美「ご、ごめんなさい。私としたことが……」

さやか「ふーん……あたしのこと、なんか言ってたりした?」

仁美「はい!さやかさんには本当にお世話になっているって。大事な幼馴染みだって」

さやか「そっかそっか、ま、お世話してるのは厳然たる事実ってやつだかんね」フムフム

まどか「よかったねっ、さやかちゃん!」

さやか「そこまで感謝される事じゃないけどね!……」

仁美「文化祭では上条君のヴァイオリンが隠れた目玉になるはずですので、楽しみにしていてください」

まどか「うんっ、楽しみだなぁ」

さやか「恭介のヴァイオリンは凄いよ?このさやかちゃんの審美眼にかなったんだからっ」

仁美「さやかさん、音楽は聞くものですわよ」

さやか「……そ、そっか。あははは」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:30:05.17 ID:vRL2bZ060
マミの部屋

さやか「げふ……食べ過ぎた……」

まどか「わたしも……けぷっ」

マミ「あらあら、じゃあ二人とも、このケーキは無理かしら。お水持ってくるわ」モグモグ

さやか「仁美のやつ、ファミレスでコース料理再現しようとするとはね……」

まどか「ひと品ずつたのんで、すっごい量になって……ひと口くらいずつしか食べないなんて……」

さやか「まあ、普段食べてるのがそういう感じなんでしょ……げふ」

マミ「そんなことになったら私も勿体なくて余りを食べるわね。貧乏性っていうのかしら?……はい」コトッ

さやか「ありがと、マミさん。やっぱりお金持ちの気持ちは分からないなぁ」

まどか「うぇへへ、それにこんなに毎回あまりものたべてたら……太っちゃうねっ!」

さやか「……」ピクッ

マミ「……」ピククッ

さやか「い、いやー、ま、それは否定しない」

マミ「女の子はね!!少しふくよかなくらいが可愛いのよっ!!」バンッ

まどか「う、うぇっ?ま、マミさん……?」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:35:06.66 ID:vRL2bZ060
マミ「そもそもね、やせ過ぎって言うのは生物学的にも問題であって……遭難した時は……」クドクド

さやか「あのー、マミさん?何をつらつら仰ってるんですか?」

マミ「あっ……その!だから……女の子はちょっとくらい太ってても、その、問題は……」モジモジ

さやか「ふーん……」ダキッ

マミ「!?」

さやか「うわ、マミさんの体柔らかーいっ」プニプニ

マミ「やめてっ、美樹さんやめてぇ!言わないでぇっ」ジタバタ

まどか「さやかちゃん!マミさんいやがってるよぉっ」

さやか「でもすっごく抱き心地良いんだって!ふかふかっ」フニフニ

まどか「うぇ?……ほんとに?」ジリッ

マミ「ちょっと、鹿目さんまで!?お、お願い、来ないで……!」カアァァァッ

まどか「てぃひひひ……ごめんなさい、マミさんっ」ギュウウッ

マミ「いーーーーやーーーーーーー!!」ジタバタ

まどか「うぇへへへ、ほんとだふかふかだぁ……きもちいい……」フニフニ




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:41:32.79 ID:vRL2bZ060
マミ「もうっ……きらいっきらい!二人とも大っきらいぃ……」クスンッ

さやか「あちゃー、やりすぎちゃった。あんまり気持ちよくって」

まどか「ご、ごめんねマミさん……あ、わたしのケーキあげますからっ」

マミ「……っ……全く!失礼しちゃうっ」バッ・・・パクパクモグモグ

さやか「あ、あたしのも……どぞ」

マミ「っ……人を……まるでっ……太っちょみたいに……」バッ・・・パクパクモグモグ

さやか「とか言いながら食べるんだ」ボソッ

マミ「はぁ、おいしいぃ……」ニパー

まどか「よかったぁ、機嫌なおったみたい」

さやか「早っ、お菓子で機嫌直るって子供」ムグッ

まどか「さやかちゃん!……ま、マミさん、いつもケーキ用意できるって、マミさんもお金持ちですねっ」アセアセ

マミ「そんなことないわよ、うちは両親が遅くまで家にいないから食費を任されてるの」

マミ「安く料理を作って、余ったお金でやりくりしてるのよ」

さやか「そうなんだ……なんか悪いなぁ、それを毎回あたし達が食べちゃって」

マミ「良いのよ。それに何日か前、良いお店が出来たの。とっても美味しくて安いのよ?」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/01(日) 16:47:07.78 ID:vRL2bZ060
まどか「へええ、どんなケーキが売ってるんですか?」

マミ「今のケーキよ。あれはそこで買ったものなの」

さやか「さっきのババロアみたいなやつですか?」

マミ「あれはシャーロットっていうケーキよ。その店のおすすめで、すぐ完売しちゃうの」

さやか「そんな珍しいものだったら、食べておけばよかったなぁ」

マミ「良かったら、今度皆で行かない?ケーキバイキングもあるみたいだから」

まどか「うぇ?ほんとですか?いきたいですっ」

さやか「さんせーっ」

杏子「そういうことだったら、あたしも行かせてもらうよ」ガチャ

マミ「佐倉さん?こんな時間にどうしたの?」キョトン

杏子「いや、キュゥべぇにさ、うちの子どもらの遊び相手てつだって貰ってたんだけど……」

QB「マミ!!僕は一生君の家で暮らす!!もう他の家には行かない!!!出かけない!!!」ガオッ

杏子「遂にキレた」

マミ「あらあら、情熱的なプロポーズありがとうね。キュゥべぇ」ポッ

さやか「いや、それは違うと思いますけど……」






その2へ





スマイルプリキュア! キュアドール!キュアピース
スマイルプリキュア! キュアドール!キュアピース
バンダイ 2012-02-04
売り上げランキング : 159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スマイルプリキュア! キュアドール!キュアマーチ スマイルプリキュア! キュアドール!キュアビューティ Let’s go!スマイルプリキュア!(DVD付) スマイルプリキュア! キュアドール!キュアハッピー スマイルプリキュア! キュアドール!キュアサニー

コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 03:08: :edit
    イチゲッツ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 03:28: :edit
    じゃあ二ゲッツ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 04:02: :edit
    3ダーゲット
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 04:19: :edit
    4ねよ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 06:31: :edit
    5レッツゴー!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 09:17: :edit
    6なコメがねーな・・・
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 09:17: :edit
    六平直政です
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 12:20: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/04/15(日) 15:13: :edit
    ブリブリブリ!
    うんたんうんたん♪
    けいおんオタクはキモイおっさんのケツから出たモノでイク!ウッ!
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/24(火) 00:40: :edit
    作者じゃないけど
    取り上げてくれてありがとうぷん太。

    笑いあり、涙あり、熱いバトルあり、謎ありの展開に
    まどマギのキャラ設定が上手く溶け込んでいて本当に良く出来てる。
    まさに日曜朝8時30分っていうニュアンスがぴったりな良作だと思う
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/03(木) 20:49: :edit
    本当に朝にやってそうな感じになってるなwwwww
    変にダークにするよりもうめてんてー絵だしこんな感じでも良かったんじゃないかな
    まあ深夜にはやれなさそうだけど
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/06/06(木) 12:57: :edit
    ニチアサ版まどマギ………か!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。