まどか「上條君からラブレターもらっちゃった」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/11(水)
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:21:15.54 ID:wP4DRqyJ0
まどか「ん、なんだろうこれ」カサ

まどか「手紙……だよね。なんで下駄箱何かにいれたんだろ?」ペラ

『鹿目まどかさんへ
とても大事な話があります。今日の放課後、屋上で待っています。
                                 上条恭介」

まどか「………上条、くん?」

まどか「屋上で待ってる……って……?」

さやか「まどかー?早くかえろーよ」

まどか「ごめん、さやかちゃん!わたし、ちょっと用事思い出しちゃった!」

さやか「え、用事?」

まどか「う、うん。悪いんだけど、先に帰ってくれるかな?」

さやか「………ほほう、まさかラブレターですかな?」ニヤニヤ」

まどか「えっ!?え、えとそれは……」オロオロ

さやか「あっはは!なんてね!わかったよ。それじゃまどか、また明日ね!」タッ

まどか「………まさか、ラブレターなわけないよね……」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:28:49.24 ID:wP4DRqyJ0
屋上―――

恭介「………鹿目さん、まだかな……」

ギィィ

恭介「!」

まどか「……」ソーッ

恭介「鹿目さん!」

まどか「え、あ、こ、こんにちはっ!」

恭介「来てくれたんだね」

まどか「う、うん……お手紙、読んだよ」

恭介「ありがとう……」ギュッ

まどか(て、手を握ってきた……っ!?)




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:29:21.97 ID:8KC+exLe0
さやかは相手がまどかでもヤンデレになるのかな?




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:32:24.86 ID:wP4DRqyJ0
まどか「そ、それで大事なお話ってなにかなっ?」バッ

恭介「あ……」(手を振り払われた……)

まどか「……」

恭介「う、うん。実は……」

まどか(どうしよう……なんだか、すごく居心地が悪いよ……)

恭介「僕……前からずっと鹿目さんの事が……」

まどか(え、嘘、まさか本当に……っ?)

恭介「……好き、だったんだ」

まどか「っ!!」

恭介「ごめん、いきなりで。でも、僕が退院して復学したら、告白しようって決めていたんだ」

まどか「え、あ、えと、その……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:33:01.26 ID:vmTMf2viP
むしろわかめ相手よりもやばいかも




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:36:14.88 ID:wP4DRqyJ0
恭介「返事は、すぐじゃなくっていい。ただ……僕が鹿目さんのことをそう想っているってことだけ、覚えていてほしい」

恭介「僕は、鹿目さんの返事をずっと待っているから」

まどか「あ、あの……」

恭介「……それじゃ、また明日ね、鹿目さん」スタスタ

ギィィ……バタン

まどか「…………………い、今の……告白……、だよね?」

まどか「ど……どうしよう……」オロオロ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:39:59.85 ID:wP4DRqyJ0
帰り道―――

まどか「………」トボトボ

まどか(まさか、上条くんがわたしのことを……なんて)トボトボ

まどか(いつから……?いや、それ以前になんでわたしなんかを……)トボトボ

まどか(どうしよう……なんて断れば……)トボトボ……ピタッ

まどか(断る?なんで断るの、わたし?)

まどか(断る理由なんてないよね……あれ?)

まどか(か、考えがまとまらなくなってきたよっ!)

まどか(いや、でも断る理由がなくっても、受け入れる理由もないよね……)

まどか(ううっ……頭がこんがらがってきたよ……)トボトボ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:43:09.10 ID:wP4DRqyJ0
上条宅―――

恭介「………」~~♪

恭介「……うん、いい曲が出来そうだ」

恭介「やっぱり……自分の気持ちを素直に吐きだしたから、かな?」

恭介「……鹿目さん、どう思ってるかな」

恭介「やっぱり、驚いているよね。さやかを介してしか、僕たちは話をしたこともなかったし」

恭介「でも、僕は………」

恭介「……いや、考えるのはよそう。僕の気持ちは伝えたし、後は鹿目さんの返事を待つだけだ」

恭介「練習、再開しよう」~~♪




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:44:23.37 ID:nfvbrSmk0
さやかは契約済なのかこれ




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:47:35.82 ID:wP4DRqyJ0
夜、まどかの部屋―――

まどか「………」モゾモゾ

まどか「……寝付けない」ムクッ

まどか「頭がこんがらがって……それどころじゃないよ……」

まどか「わたし……どうしたらいいのかな……」

まどか「さやかちゃんに相談……っ、ううん、それはダメだよわたし」

まどか「だって、さやかちゃんは上条くんのことが……」

まどか「……?なんで、そう決めつけてるんだろう、わたし」

まどか「さやかちゃんが毎日のように上条くんのお見舞いに行ってるのは知ってるし、普通に考えるならそうなんだろうけど……」

まどか「でも、さやかちゃんに直接確認を取ったわけじゃないから確実ってわけでもないんだよね……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:51:34.57 ID:fbUU/7Hb0
よしっ、仁美に相談だ




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:53:06.62 ID:kK+kwSQXO
いや、ここはほむほむに相談しよう




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:53:38.67 ID:wP4DRqyJ0
まどか「明日、さやかちゃんに聞いてみようかな……上条くんのこと、どう想ってるのか」

まどか「それで、なんでもないって答えだったら……その時、は……」

まどか「その時は……どうするの?」

まどか「わたしが、上条くんと付き合うことになるの?」

まどか「……わたしは、上条くんのこと、どう想ってるのかな……」

まどか「上条くんは、さやかちゃんの幼馴染で、ヴァイオリンの天才で……」

まどか「考えてみたら、わたしと上条くんの接点って、さやかちゃんを通してしかないんだよね」

まどか「それなのに、どうして上条くんはわたしのことを……?」

まどか「……うぅ……考えれば考える程考えが横道に逸れていくよ……」

まどか(もういいや……布団を被って横になって、眼を瞑ってればその内寝つけるよね……)トサッ

まどか「………」ノソノソ




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:57:06.30 ID:wP4DRqyJ0
翌日―――

知久「おはよう、まどか……って」

まどか「お、おはようパパ……」ゲッソリ

知久「どうしたんだ、まどか?眼の下のクマ、すごいことになってるよ?」

まどか「あ、あはは……ちょっと、昨夜は夜更かししちゃって……」

知久「ダメだぞ、夜更かしは」

まどか「う、うん……ごめんなさい」

知久「体調は大丈夫?」

まどか「うん、具合は特に悪くないよ」

知久「それならいいんだけど……無理しないで、具合が悪いなら学校休んでもいいんだからね?」

まどか「ありがとう、パパ。でも、ホントに大丈夫だから」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:00:41.76 ID:wP4DRqyJ0
通学路―――

仁美「まどかさん、おはようござ……」

さやか「まどか、おは……」

まどか「お、おはよう二人とも」

仁美「……あの、まどかさん?」

まどか「な、何かな?」

さやか「何かな、じゃないよ!すごい顔になってるよ、大丈夫!?」

まどか「だ、大丈夫大丈夫っ!なんでもないから、うんっ!」

仁美(さやかさん?まどかさん、何かありましたの?)

さやか(うーん……思い当たることと言ったら、昨日の放課後くらいしか……)

まどか「ほら、二人とも。早く学校行こう?」

さやか「あ、うん……」

仁美「………」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:04:42.77 ID:wP4DRqyJ0
教室―――

ガララ

まどか「……」

恭介「あ……」

まどか「っ!」サッ

恭介「……」

さやか「ま、まどか?どうかしたの?あたしの背中になんて隠れちゃって」

まどか「ご、ごめん、なんでもないよ……」オズオズ

恭介「………」ジッ

まどか(こっちをガン見してるよ、上条くん……)

さやか「……?」

仁美「………」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:08:39.40 ID:wP4DRqyJ0
授業中―――

まどか「……」ウトウト

まどか(うぅっ……案の定と言うかなんと言うか、睡魔が……)ウトウト

教師「えーそれじゃ、この問いを……鹿目さん」

まどか「……」ウトウト

教師「……鹿目さん?」

まどか「っ!は、はいっ!?」ガタッ

教師「どうかしましたか?」

まどか「えと、その……」

恭介「すみません、先生。鹿目さん、体調が優れないようなので、保健室へ連れて行ってもいいですか?」

まどか「っ!?」

教師「鹿目さん、体調が悪いの?ええと、それじゃこのクラスの保健委員は……」

恭介「僕が連れて行きます。ほら、鹿目さん、行こう?」ガシッ

まどか「あっ……」スタスタスタ ガララ

さやか(まどか……?)




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:09:45.34 ID:fbUU/7Hb0
なんでお前が連れてくんだよwww




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:12:44.06 ID:r8GhpzzP0
>>38
>恭介「僕が連れて行きます。ほら、鹿目さん、行こう?」ガシッ


そこおかしくない?




41 :>>39.40 こまけぇこたぁ(ry:2012/03/24(土) 23:16:08.17 ID:wP4DRqyJ0
保健室―――

コンコン

恭介「………」ガララ

まどか「先生……いないみたいだね」

恭介「まぁ、いいか。ほら、鹿目さん。ベッドあるよ」

まどか「う、うん……」

恭介「大丈夫?具合悪いの?」

まどか「具合は悪くないんだけど……ちょっと、寝不足で……」

恭介「……もしかして、僕の気持ち…迷惑だったかな?」

まどか「えっ!?そ、そんなことは……」

恭介「迷惑だったら……ごめん。僕も、この気持ち、忘れられるよう努力する」

まどか「……ぅぅ……」(上条くんがそんな態度を取るから、わたしが困るんだよ……)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:22:27.64 ID:wP4DRqyJ0
恭介「……」

まどか「……」(き、気まずいよ……)

まどか「あの……上条くん?」

恭介「ん?なに、鹿目さん?」

まどか「上条くんは……いつから、わたしのことを?」

恭介「……」

まどか「あ、言いたくないんならいいんだよっ?」

恭介「いや、大丈夫だよ」

恭介「そうだな……。鹿目さん、ひと目惚れって信じる?」

まどか「ひ、ひと目惚れっ?」

恭介「うん。僕が鹿目さんを好きになったのは、ひと目惚れでだよ」

まどか「っ……」カァァァ




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:28:02.11 ID:wP4DRqyJ0
恭介「だから、僕は鹿目さんのことは実際はよくわかっていないんだ」

恭介「それは、鹿目さんも同じだよね?」

まどか「う、うん……」

恭介「だからこそ、こうして告白するのも今まで躊躇われてて……」

恭介「でもね、入院中、ずっと考えてた」

まどか「何、を?」

恭介「鹿目さんのことを。どうして僕は、鹿目さんに告白しなかったんだろう、って」

まどか「……」

恭介「もちろん、そればかりを考えていたわけじゃないけれどね。他にも、ヴァイオリンのこととか、早く学校に復帰したいな、とか」

恭介「でも、一番考えてたのは……やっぱり、鹿目さんのことかな」

まどか「うぅ……」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:37:59.56 ID:wP4DRqyJ0
まどか「ひと目惚れ……」

まどか「なんで……わたしにひと目惚れを……」

恭介「なにかおかしいかな?」

まどか「だって、わたしなんてドジだし、背だって低いし……いいところなんて何もないし……」

恭介「そんなことない。鹿目さんは、とっても優しい子だよ」

まどか「っ……」

恭介「さやかから聞いた話だけど……野良ネコの死体を埋めて、供養してあげたんだよね?」

まどか「……う、うん」

恭介「そんなこと、普通なら出来ることじゃない。僕はきっと、鹿目さんのそんなところに惹かれたんだと思う」

まどか「……」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:43:33.08 ID:EoR0qkfKO
エイミー死亡ってことは魔法少女すら存在しないのか




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:44:01.91 ID:wP4DRqyJ0
恭介「………ごめんね、僕の勝手で、鹿目さんを困らせてしまって」

まどか「そんなことは……」

恭介「いや、わかってるよ。きっと、鹿目さんはどう断ろうかって、今でも頭の中で考えてるよね?」

まどか「………」

恭介「……初恋は、実らないって言うからね。でも、鹿目さんの口から直接言われない限りは、僕も諦めないから」

まどか「わ、わたしは……」

恭介「それじゃ、僕は教室に戻るよ」スクッ スタスタ

まどか「あ……」

ガララ

まどか「………余計に断りづらくなっちゃった……」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:49:03.63 ID:wP4DRqyJ0
放課後―――

さやか「そんじゃ、かえろっかまどか?」

まどか「う、うん……」

仁美「さやかさん、まどかさん。これから、お時間、ありますか?」

さやか「ん、仁美?」

まどか「仁美ちゃん、お稽古事は?」

仁美「今日は何もありませんの。それで、お時間ありますか?」

さやか「あたしは大丈夫だけど……」

まどか「わ、わたしも特に用事はない、けど……」

仁美「お二人に大事な話がありますの。……よろしいですか?」

さやか「?」

まどか(……)




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:55:24.79 ID:wP4DRqyJ0
喫茶店―――

さやか「それで、仁美。話って?」

仁美「わたくし、今までずっとお二人に隠していたことがありますの」

まどか「隠していたこと……」

さやか「な、何さ改まって」

仁美「実は、わたくし……。上条さんのことを、ずっとお慕いしておりましたの」

まどか・さやか「!」

仁美「今まで隠していて、すみません。ですが、わたくし、決めましたの。もう、自分の気持ちに嘘はつかないって」

さやか「え、あ、あの……」

まどか「………」

仁美「わたくし、この気持ちを上条さんに打ち明けようと思いますの」

仁美「でも、お二人には、わたくしの先を越す権利がありますわ。だから、一日だけ……お待ちします」

仁美「お二方も……自分の気持ち、よく確認してくださいな。……わたくしが言いたかったのは、それだけですわ」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:59:56.03 ID:wP4DRqyJ0
さやか「…………え、えと……」

まどか「………」

さやか「仁美……帰っちゃった、ね」

まどか「そう……だね」

さやか「い、いやー!それにしても、意外だったねっ!まさか、仁美が恭介のことを、なんて……」

まどか「………」

さやか「あいつも、幸せ者だよね、うんっ!あ、あはははは!」

まどか「………」

さやか「でも、さ!仁美と恭介なら、お似合いだよね、まどか?」

まどか「………………さやかちゃん」

さやか「な、何っ?」

まどか「さやかちゃんは……上条くんのこと、どう思ってるの?」

さやか「えっ!?あ、あたしは……ほ、ほら!あたし、あいつの幼馴染だしっ!多分、仁美もその辺をちょっと勘違いしちゃっただけだと思うよ、うんっ!」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:06:11.48 ID:wP4DRqyJ0
まどか「本当に……?さやかちゃんは、上条くんのこと……なんとも思ってないの?」

さやか「い、いやだなまどかまでっ!あたしと恭介は、別にそんなんじゃないってば!」

まどか「……それじゃ……いい、のかな?」

さやか「………え?」

まどか「わたしが、上条くんと付き合うことになっても……さやかちゃんは、今まで通り、わたしと仲良くしてくれるのかな?」

さやか「……まさか、まどかも恭介のこと……?」

まどか「ううん、そうじゃないの。………驚かないで、聞いてくれる?」

さやか「………」

まどか「わたし……その、上条くんに告白……されたの」

さやか「っ!?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:13:16.41 ID:1vWIZ7VU0
まどか「わたしはまだ返事はしてないんだけど……」

さやか「きょ、恭介が、まどかのこと、を……?」

まどか「……」コク

さやか「…………そ……っか。恭介は……まどかのことが、好きだったんだ」

まどか「わたし、どうしたらいいのかわかんなくなっちゃって……」

さやか「まどかは……恭介のこと、どう思ってるのさ?」

まどか「わ、わたし、は……」

さやか「………」

まどか「正直、わかんないの……男の人に告白されるのって、初めてだし……」

さやか「初めてとか、そんなの関係ないよ?」

まどか「でも……さやかちゃんは上条くんのことが……」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:18:54.24 ID:1vWIZ7VU0
さやか「はぁ……どうして、あたしの周りにはこう、バカな奴しかいないのかねぇ」

まどか「……」

さやか「仮にさ、あたしが恭介の事が好きだったとして。そしたら、まどかはどうするつもりなの?」

まどか「そ、それは……」

さやか「あたしに遠慮して、恭介と付き合うのは避けるの?」

まどか「っ……」

さやか「そっちの方が、あたしには失礼じゃない?」

まどか「……ぅ」ジワァ

さやか「ちょっ、まどかっ!?」

まどか「でもっ……だって、わたし……グス、ヒック」ポロポロ




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:22:30.34 ID:b6povmgmO
>さやか「あたしの回りにはバカな奴しかいない」

大丈夫、さやかちゃんもバカだよ




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:23:38.63 ID:1vWIZ7VU0
さやか「あーもうっ!泣くな、まどかっ!」

まどか「っ……」グッ

さやか「もうっ……わかったよ、正直に言う」

さやか「あたしは……恭介のこと、好きだよ」

まどか「………」

さやか「だからこそ、毎日のようにお見舞いに行ってたわけだし……その辺は、幼馴染っていう言い訳に逃げたけど」

さやか「恭介が鈍感で助かったって言うわけじゃないけど……ホント、幼馴染ながらあの鈍感さは罪だと思うよ」

さやか「まどかは……あたしや仁美のことは考えないで、自分の気持ちと、素直に向き合ってみなよ」

まどか「………」

さやか「こういうことは、人に相談してどうなるものでもないからね」

まどか「………うん」

さやか「それで、あたしや仁美との友情が壊れるようなことはないからさ。あたしたちの友情は、そんな脆いものじゃないでしょ?」

まどか「……ありがとう、さやかちゃん」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:27:50.21 ID:MgrEZRvF0
「一日だけ時間をやろうではないか。あ、でも二人で一日な!」キリッ

とまで言った仁美ちゃんの立場が




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:29:45.52 ID:1vWIZ7VU0
さやか「でも……恭介の気持ちがまどかに向かってるって言うんなら、今更あたしや仁美が告白しても無駄、かな」

まどか「………」

さやか「ちょっとずるいかもしれないけど……無駄かもしれないけど……」

さやか「あたしも、恭介に告白、してみよっかな」

まどか「ごめん……ごめんね、さやかちゃん……」

さやか「まどかは何も悪くないでしょ?」

まどか「でも、でもっ……」

さやか「だったらさ。あたし、今から恭介を呼び出して告白する」

さやか「当然恭介には断られるだろうから……そしたらまどか、その後のあたしの気晴らしに付き合ってよ」

まどか「……」

さやか「それで、まどかの罪悪感も晴れるでしょ?」

まどか「……うん」

さやか「よし、決定っ!」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:38:42.29 ID:1vWIZ7VU0
公園―――

さやか「………」ソワソワ

恭介「さやかっ!」

さやか「!」

恭介「ゴメン、遅くなって」

さやか「ううん、大丈夫だよ」

恭介「それで?直接会って話したいことって何?」

さやか「う、うん。実は……あたし……ずっと、恭介の事が―――」


まどか(ゴメンね、さやかちゃん……)




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:44:31.20 ID:1vWIZ7VU0
さやか「ってことで!あたしは見事に振られましたとさ!」

まどか「………」

さやか「……もうっ!そんな暗い顔しないでよ、まどかっ!」

まどか「でも……」

さやか「最初に言ったでしょ?あたしや仁美のことは深く考えすぎるな、って」

まどか「……」

さやか「ほら!あたしの気晴らしに付き合ってくれる約束でしょっ!」

まどか「………うん」

さやか「よし、そんじゃ手始めにヤケ食いでも……」ポロ

まどか「さ、さやかちゃん!?」

さやか「あ、あれ……あはは…おかしいな、なんで涙なんか……」ポロポロ

さやか「……っ、うぅっ…」ポロポロ ガシッ

まどか「っ……」

さやか「ゴメンね、まどかっ……ちょっとだけ、このままでっ……」ポロポロ




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:51:06.78 ID:1vWIZ7VU0
まどか「……落ち着いた、さやかちゃん?」

さやか「……ん。結局、こうして泣くのが一番すっきりするんだね」

まどか「うん……」

さやか「これで、あたしの初恋はおしまい。終わってみると、結構呆気ないもんだね」

まどか「あの、なんて言ったらいいのか……」

さやか「あー、慰めなんていらないって。こんな時に優しい言葉掛けられたら、また泣いちゃいそうだし」

まどか「……」

さやか「まどかの心残り……これでひとつ、解消出来たかな?」

まどか「……そう、だね」

さやか「なら、よかった。何があっても、あたしはまどかの親友だからね?」ギュッ

まどか「……ありがとう、さやかちゃん」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:55:11.88 ID:1vWIZ7VU0
翌日、放課後―――

仁美「あの、上条くん」

恭介「ん、何、志筑さん?」

仁美「お話が……ありますの。お時間、よろしいですか?」

恭介「……ええと……」

仁美「……」

恭介「……うん、いいよ」

さやか「………」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「あーもう!だからいちいち気にしないの!んじゃ、あたしは先に帰ってるからね!タッ

まどか「あっ……。………」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:59:56.63 ID:1vWIZ7VU0
河原のベンチ―――

恭介「―――」

仁美「―――」

恭介「―――――」

仁美「――――――」


まどか(………)


仁美「――――」タッ

恭介「……」


まどか「……上条くん」

恭介「! 鹿目…さん?」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:05:32.57 ID:1vWIZ7VU0
まどか「……」

恭介「あ、あはは……参ったな。今の、見てたの?」

まどか「………ごめん」

恭介「いや、鹿目さんが謝ることじゃないよ」

まどか「でも……」

恭介「僕は……どうしようもない奴なのかもしれないね」

まどか「え?」

恭介「望みなんて薄いとわかっていながら、それでも一途に想い続ける人がいるからって理由で……勇気を出した告白を断るなんて……」

恭介「でも、僕の気持ちは揺るがないよ」

恭介「もう一度、言うよ、鹿目さん」

恭介「僕は、鹿目さんの事が……いや」

恭介「まどか……キミの事が好きだ」

まどか「っ……」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:13:37.90 ID:1vWIZ7VU0
恭介「今日は……返事、聞けるかな?」

まどか「わ、わたしは……」

恭介「……」

まどか「……いい、のかな?わたしなんかで」

恭介「なんか、なんて言わないでくれ。僕は、キミが好きなんだ」

恭介「そのキミのことを悪く言うのは、やめてほしい」

まどか「……」

恭介「まどかはもっと、自分に自信を持っていいんだよ?」

まどか「……」

恭介「まどか……僕と、付き合ってください」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:20:13.14 ID:1vWIZ7VU0
まどか「……」

恭介「……っ」

まどか「…ありがとう、上条くん」

恭介「………」

まどか「わたし、自分に自信を持つなんて考えたことなかったけど……」

まどか「上条くんと一緒に、自分に自信を持てるように頑張っても……いい、かな?」

恭介「!」

まどか「もしかしたら、わたしに愛想を尽かしてしまうかもしれないけど……」

まどか「それでも、わたしは、上条くんの想いに答えたいよ」

恭介「……まどか」

まどか「………えと、こう言う時は、どう言ったらいいのかわかんないけど……」

まどか「よ、よろしくお願いしますっ……で、いいのかな?」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:24:45.85 ID:1vWIZ7VU0
恭介「……それは、オーケー、って考えていいのかな?」

まどか「う、うん……わたし、鹿目まどかは、上条恭介くんの想いに、答えるよ」

恭介「っ……ありがとう、まどか」

まどか「あ、で、でもっ……」

恭介「?」

まどか「い、いきなり呼び捨てはちょっと、その……」

恭介「……いや、かな?」

まどか「いやじゃない、けど……ちょっと、恥ずかしいよ」

恭介「それじゃ、まどかさん……でいい?」

まどか「うん、それで…お、お願いします……」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:26:50.61 ID:wlZi9HGA0
ここでほむ転校してきたら、大波乱…って、時期的にはもう転校してきてるのか?




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:28:59.00 ID:MgrEZRvF0
ほむら転校→ねこ死亡 の順番だから、もう来てるね




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:28:59.65 ID:1vWIZ7VU0
恭介「わかったよ、まどかさん」

まどか「っ……」カァァァ

恭介「じゃあ、まどかさんも、僕の呼び方、変えて欲しいかな」

まどか「え?」

恭介「付き合うことになったんだから、下の名前で呼んで欲しい」

まどか「えと……恭介くん、で、いい?」

恭介「うん、今後はそう呼んでくれると嬉しいかな」

まどか「わ、わかりましたっ……」

恭介「……ぷっ」

まどか「っ?ど、どうして笑うのっ?」

恭介「い、いや、ごめん……どうして、敬語なの?」

まどか「え、あ、いや、それはその……」

恭介「まぁいいや。それじゃ、これからもよろしくね、まどかさん」ギュッ

まどか「こ、こちらこそお願いしますっ……」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:30:09.54 ID:dCwa/Ks+P
初々しくて良いんだけど…良いんだけどっ!!!111!!




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:34:38.30 ID:JBTfBOeN0
なんだろうこの気持ち




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:35:37.41 ID:1vWIZ7VU0
さやか「うん……よかった。恭介とまどか、うまく行ったんだね」

仁美「上条さんの心に決めたお方……やはり、まどかさんだったんですね」

さやか「……ん、そうみたい」

仁美「わたくしたちは、失恋組ですのね……」

さやか「そうなるね」

仁美「ちょっとだけ……悔しいですわ。でも、まどかさんなら……諦めも、つきますわね」

さやか「……まどか、いい子だからね」

仁美「それじゃ、わたくしたち失恋組は静かに去るとしましょうか」

さやか「……仁美、この後時間ある?」

仁美「え?ええ、この後は何も用事はありませんが……」

さやか「なら、どっかに気晴らしにでもいこっか!」

仁美「そう、ですわね。付き合いますわ」


終わり




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:36:50.87 ID:dCwa/Ks+P
乙!




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:37:59.47 ID:MgrEZRvF0
乙! こういうのをアニメで見たかったんだよ!




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:38:25.58 ID:z4MLw87U0

一通り終わった感じだけど
なんか虚しい




------
オススメがあれば教えてください。('∇')つ当ブログについて



あの夏で待ってる 1 (電撃コミックス)
あの夏で待ってる 1 (電撃コミックス)I*Chi*Ka 毒田 ペパ子

アスキー・メディアワークス 2012-03-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とらドラ! 5 (電撃コミックス) ゴールデンタイム 1 (電撃コミックス) あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray] あの夏で待ってる1 (MF文庫J) 電波女と青春男 2 (電撃コミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 01:28: :edit
    1だけどなにか質問ある?
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 01:30: :edit
    青を悪く言うのはやめろ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 01:34: :edit
    普通少女かなめ☆まどか
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 01:37: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 01:58: :edit
    この2時間後、上条恭介は謎の凶弾に倒れる
    超長距離用のスナイパーライフルによるものであった
  6. 名前: 名無しさん #-: 2012/04/11(水) 02:49: :edit
    2時間も猶予を与えるなんて
    ほm・・謎のスナイパーさんは優しいなぁ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 02:50: :edit
    さやかが魔法少女の願いで上条の腕を治しているとしたらほぼ魔女化しそうな気がするんだけど、そこらへんどうなってるんだろう
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 03:34: :edit
    謎の凶弾によりタヒんだ上条恭介はほmゲフンゲフン謎のスナイパーの手により魔女の結界に放り込まれ遺体は見付からずほむほむがまどかを慰め2人は付き合いハッピーエンドに
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 04:18: :edit
    なんでほむらの存在抹殺してんだよ
    上まどとかifにも程があるでしょ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 06:29: :edit
    9
    普通の話に持ってくために強制的に排除したんじゃね?
    実際まどマギでやる必要がある内容でもないし
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 06:36: :edit
    ※5
    いやたぶん>33以降はまどかの夢の続きなんだよ、>22の直後にほm…謎のスナイパーによって上条恭介は始末されてる
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 06:58: :edit
    まどかが恭介に告られるシナリオはちょっと俺も考えたw
    けど、やっぱこれは中途半端感がするw
    その後の事がすげー気になってしょうがないw
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 07:19: :edit
    あああ!何だこの尻切れトンボの二連発はッッ(涙)
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 07:37: :edit
    カオスが足りなかった
    ほむらちゃんがいないとカオスが足りない
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 08:41: :edit
    付き合うことになりました~で終わっちゃ駄目でしょ
    その後を書かなきゃ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 11:14: :edit
    「君たちはいつもそうだ。ありのままの気持ちを伝えるとすぐにOKする。わけがわからないよ。」
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 12:03: :edit
    なんか、受け入れがたいな
    ……あ、そこのスナイパーライフルは好きに持っていっていいよ。
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 12:45: :edit
    最初のスレと最後のスレだけで十分だったwww
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 13:11: :edit
    QB「君の願いは何だい?暁美ほむら」
    ほむら「わたしは…、鹿目さんや巴さんが魔法少女にならなかったことにしたい。
    魔法少女にならなければ鹿目さんはワルプルギスの夜と戦って死ぬことはないから」
    →願いが叶ってマミさんは高速の事故で家族と共に死亡
    ほむらは芸術家の魔女に食われ行方不明ということになった
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 13:16: :edit
    おいおい、付き合った後のことも書いてくれよ
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/11(水) 20:35: :edit
    恋愛少女まどか☆マジか

    お前ら少女漫画読んだ事ないのかよ
    出始めのカップルなんてすぐ別れる

    必ず女の数だけ男が登場する
    そう、中沢にたっくんにまどパパにQBだ
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 01:35: :edit
    ※5、8
    百合厨がどう喚き散らしたところでストーリーは変わらんぜ?
    涙拭けよw

    とは言え、恭介がまどかに告白するシチュエーションとかあんまり想像がつかんな。
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 01:52: :edit
    ?「おかしい。こんな事は許されない」
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 02:25: :edit
    なんでこうSS書く人は上条なのに上條と間違えるかな…確かに最初の頃は上條であってたが今は上条になってるちゅうのに…
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 08:24: :edit
    漠然としたやりきれない読後感だと思ってたら尼のあの夏で声出して笑った
    ('A`)
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 09:23: :edit
    しかしいつ左手は治った設定なんだ?
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/12(木) 22:36: :edit
    奇跡も魔法もないんだよ
  28. 名前: 名無しさん #-: 2012/04/20(金) 17:50: :edit
    ほむほむ出てこなかったか
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。