杏子「さやかがシャウエッセンでオナニーしてる・・・」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/03(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:07:46.53 ID:BulsWk9v0
教会
杏子「今日も魔女狩り疲れたぜ・・・ん?物音・・・?誰か来てるのかな」

さやか「・・・・んっ!ひゃうぅ・・・!」ヌプヌプ

杏子「なんださやかか・・・おーい!さやk」

さやか「はぁはぁ・・・このシャウエッセン最高だよぉ!アルトバイエルンよりもすごぉおおい!!!」ジュブジュブ・・・

杏子「」

さやか「イッちゃう・・・!!!私、伊藤ハムでイッちゃうよおおおぉぉぉ!!!!きゃううぅんん!!!」プシャアア・・・

杏子「た・・・食べ物を・・・」ガタッ!

さやか「誰!?きょ、杏子!?」

杏子「粗末にするんじゃねぇ!!!!!!!!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:12:15.76 ID:BulsWk9v0
さやか「な、なんなのさあんた!私がバイトして買ったシャウエッセンで何しようと私の勝手でしょ!!!」

杏子「そ、そういう問題じゃないぞ!食べ物に謝れ!」

さやか「・・・何がいけないのかわからないなー、デッサンに食パン使うのと同じようなもんじゃない」

杏子「牛とか豚とかを糧にして、お・・・おな・・・・・・するのはよくないだろ!」

さやか「あ゙!?文句垂れるならハッキリ言いなさいよ!!!」

杏子「・・・・オナニーだよ!!!食べ物で遊ぶな!!!」

さやか「とんがりコーンを指にはめて遊ぶやつが何言ってんの」

杏子「ぐぬぬ・・・・」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:17:59.97 ID:BulsWk9v0
杏子「とにかく、食べ物をそんなつまらないことに使うんじゃねー!もったいないじゃねーか!」

さやか「あ、そっか、杏子の言いたいことがやっとわかったよ」

杏子「やっとわかったか・・・さやかのばか」

さやか「これを杏子が食べればいいんだよね」ネトォ・・・

杏子「ど、どうしてそうなるんだよ・・・///」

さやか「これならもったいなくないでしょ?あれだけ熱弁した杏子がこのシャウエッセンを粗末にするなんて、そんなことありえないよね?」

杏子「あ・・・あうぅ・・・」

さやか「んんwwwwwwwwww」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:24:48.90 ID:BulsWk9v0
杏子「わ、わかったよ!こいつを食べればいいんだろ!」パクッ!

さやか「ど・・・どうかな?さやかちゃんのいやらしい粘液に包まれたシャウエッセンは///」

杏子「うまい!!!」テーレッテレー

さやか「」

杏子「シャウエッセンってこんなにうまかったのか・・・!」

さやか「え、え?」

杏子「ちょっとアルトバイエルンと食べ比べてみるな!茹だるまで待ってろ!」ガタガタッ

さやか「ちょ、ちょっと!なんなのよ、もう・・・」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:28:12.64 ID:g5nW6P+D0
なかなか秀逸な発想




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:30:13.89 ID:BulsWk9v0
10分後
杏子「あちちちち!!!こっちもうめーが・・・やっぱりシャウエッセンのほうがうまかったな」

さやか「久しぶりだからおいしかったんじゃないの?もう一回シャウエッセン食べてみれば?」

杏子「こんなこともあろうかとさっきさやかから没収した分も茹でておいたぞ・・・どれどれ」プリッ!

さやか「ど、どう?」

杏子「あ、あれ・・・?やっぱそんなに違わない・・・か・・・」

さやか「ジャンクフードばっかり食べてるから味覚おかしくなったんじゃないの」

杏子「そ、そうなのかな・・・」

QB「なるほど、さやかの女性器は実に興味深いね」

杏さや「は?」

QB「シャウエッセンのほうはさやかの女性器に挿入しただろ?それがよりおいしくなった秘訣さ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:32:58.85 ID:g5nW6P+D0
さすがQBは博識




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:33:26.71 ID:+RN6t77c0
べぇさん分かってはりますなぁ




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:35:20.67 ID:YlaZt5E00
QBもたまには役に立つな




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:36:18.62 ID:BulsWk9v0
さやか「え・・・わたしのおまんまんにそんな力が?」

QB「君の能力は回復だろ?それがウインナーの細胞を新鮮なものに戻したのさ」

杏子「じゃ、じゃあこの前落として蟻に食われてプリッツになっちまったポッキーは・・・!?」ズボッ!

さやか「ひううぅん!?」ビクン!

QB「予測される過去の情報から以前の状態に戻るさ・・・言うなればポッキーになるんじゃないかな」

杏子「やったぜ!!!・・・お!マジでポッキーに戻った!いただきまーす!」ポキッ

さやか「杏子・・・そ、そっちは・・・」

杏子「モグモグ・・・・うッ!?」

さやか「お、お・・・お尻の穴だよぉ・・・///」

杏子「オ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エエエエ!!!!!!!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:43:49.57 ID:BulsWk9v0
さやか「し、失礼な!!!」

QB「杏子の食糞はエントロピーを凌駕した。さあ、願い事を言うといい」

杏子「お、おい・・・こんなことでエントロピーって凌駕できるのか」

QB「みたいだね」

杏子「・・・なあさやか。さやかのウ○コ、他の奴にも食わせてきていいか」

さやか「え!?そ、それはちょっと・・・」

杏子「そうだおまえも食えよ、願い事をまた一つ叶えられるぞ」グイグイ

さやか「うっひょおおおおお!?く、くさい!!!!!!くっさ!!!!!!!!」

QB「・・・・さやかの異臭に対する不快感もエントロピーを凌駕したんだけど・・・」

さやか「」

杏子「どんだけ臭いんだよ・・・」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:45:40.56 ID:YlaZt5E00
杏子wwwwww




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:51:38.78 ID:BulsWk9v0
QB「ちなみに杏子は幻惑の能力を持っていたよね?」

杏子「それがどうかしたのか?」

さやか「・・・まさか!?」

QB「察しがいいね、さやか」

杏子「な、なんだよ!教えろよ!!!」

QB「杏子の女性器に入れたものは、幻惑効果で違ったものに見えるかもしれない」

杏子「な・・・!」

さやか「ここにチロルチョコがあるんだけど」ジリジリ・・・

杏子「や、やめろ・・・!20円サイズは入らな・・・ひぎぃ!?」ズブッ!

さやか「ぐへへ・・・これがゴディバにもロイズにも見えるようになるのね・・・最高よ、杏子」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:59:09.48 ID:BulsWk9v0
杏子「うぐ・・・くひっ・・・・ふうぅ・・・」ハァハァ

さやか「でもこれってさ、味はどうなるのかな」

QB「幻惑ってのは脳に働きかけるからね。本人が想定した味になるんじゃないかな」

さやか「やったー!!!これで杏子も・・・って!杏子!?なんで泣いてるのさ!?痛かったの?」

杏子「うぅ・・・そんな効果があっても・・・あたし・・・高級なお菓子なんて知らないよぉ・・・」ポロポロ

さやか「ご、ごめん・・・私、杏子の気も知らないで・・・」

杏子「うわーん!!!!!ぐすっ、ひぐっ・・・」

さやか「えーと・・・・く、食うかい?」ズボッ!ヌルっ!

杏子「しゃ・・・しゃやかあ!!!」ガバッ!




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:06:48.96 ID:BulsWk9v0
お楽しみ後
さやか「ふー、シャワー浴びないと・・・」

杏子「うん・・・///」

さやか「でさ杏子、私のウ○コを杏子のまんまんに入れて食べやすいものに見せて食べさせればみんな幸せになるんじゃない?」

杏子「そ・・・それだよさやか!!!あたしの魔法ま○ことさやかの臭いだけでもエントロピーを凌駕するウ○コがあれば怖いモン無しだ!!!」

さやか「じゃあちょっとウンコ出してくるね」

杏子「ま、待て!!!今からあたしの・・・その・・・えっちな汁を飲ませるからさ、出す瞬間から幻惑をかけないか?」

さやか「つまり私のお尻から食べ物が出てくると!?それってすごい!!!」

杏子「だろ?じゃあさっそく・・・///」クチュクチュ

さやか「んぶぅ!?・・・れちゅ・・・くちゅ・・」ハァハァ

杏子「これでよし!さやか!この黒板消し何に見える?」

さやか「でっかいたまごのお寿司!!!」

杏子「よっしゃ、成功だ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:08:01.07 ID:+RN6t77c0
わけがわからないが二人が幸せそうなのは分かる




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:18:32.40 ID:BulsWk9v0
さやか「で、何にするの?あんまり形状が違うものはバレちゃいそうだし」

杏子「カレーだな」

さやか「このさやかちゃんに下痢しろって!?」

杏子「ま、まあ水と混ぜればいいだろ・・・」

さやか「じゃあちょっとカレー出してくるね」

杏子「よろしくたのむぜ!(・・・なんか引っかかるんだよな・・・)」

QB「このまま何事も起こらないとは限らないね。監視させてもらうよ、2人とも」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:26:06.36 ID:BulsWk9v0
翌日
まどか「マミさんの家でカレーパーティーだって!楽しみだねホムラチャン!」

ほむら「料理がド下手そうなさやかと杏子が頑張って作ったらしいわ。おいしくできてるといいわね」

まどか「持ち込みだって聞いてるから、きっとスパイスから作ったんだよ!楽しみだなー」ワクワク

ほむら(まどか嬉しそうね・・・これでマズかったら許さないわ)

まどか「マミさん、もう準備はできましたかー」ピンポーン

マミ「いらっしゃい、これで全員揃ったわよ!」

まどか「ウェヒヒ!おじゃましまーす!!!」ガチャン

杏子(いいか、まずはさやかがシャウエッセンで油断させる・・・そのあとあたしがさりげなくカレーの匂いを漂わせて様子を見る)

さやか(良い匂い~とか言ったら幻惑成功ってワケね!まかせて!!!)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:33:44.08 ID:BulsWk9v0
さやか「ま、まあまずはシャウエッセンでも食べなよ!カレーは今温めてるからさ」

マミ「あら、いいウインナーね。わかってるじゃないの」

ほむら「・・・(なんかぬらぬらしてるわこれ・・・大丈夫かしら)」

まどか「(何かのお野菜と一緒に茹でたのかな?)いただきまーす!」パクッ

さやマミまど「うまい!!!」テーレッテレー

杏子(今だ!!!鍋を開けろさやか!)

さやか(はいよ!)ガポッ!プ~ン・・・

マミ「うーん・・・カレーのいい匂いだわ~♪」

ほむら「あら。やればできるじゃない、これは期待できるわね」

まどか「!?」ガバッ!




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:40:07.82 ID:BulsWk9v0
杏子(おい・・・まどかの様子が変だぞ)

さやか(きっとあまりの出来栄えにびっくりしてるのよ。ホラ、まどかの家の料理ってすごくおいしいからさ)

杏子(そういうことか・・・へへっ、食べたらきっと感動するぞ)

ほむら「・・・早く食べたいわ。まどかも楽しみにしていたようだし」

まどか「え?え!?」

マミ「あらら、沸騰してるわよ?そろそろ取り分けましょう」

さやか「はいはーい!」

まどか「え・・・ちょ・・・!(凄い異臭がするんだけど・・・!?)」

杏子(まどかのやつ、魔法少女にならないでも願い事ができるなんてうらやましいじゃねーか!うまいカレーも食えるしな!)




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:40:38.27 ID:hQeLlu0o0
           ⌒  ヾ
        r/ ̄ ̄ヽ、 ヽ
        /  ◯/  ̄ ̄~ヽ ヾ
       /     ト、.,..    \丶。
     =彳       ∴\    ヽ
     ,        ゚。 \\  |∴ 
              /⌒ヽ ヽ  | 。o
             /    | |  /
           ./     ヽ|/゙U
           l     u


         / ̄ ̄ヽ、
        /  ー/  ̄ ̄~ヽ
       /     ト、.,..    \ ゴックン
     =彳       \\    ヽ
     ,          \\  |
              /⌒ヽ ヽ  |
             /    | |  /
           ./     ヽ|/
           l





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:46:20.57 ID:BulsWk9v0
さやか「・・・はい、まどかの分」コトン

まどか「」

杏子「お、おい・・・どうしたまどか?気分でも悪いのか?」

まどか「えーと・・・これは・・・」

QB「まどかの抱えている膨大な因果の量に対してさー、杏子の忘れかけていた幻術なんて効くわけないじゃないか」ボソッ

さやか「!?」

マミ「あらQBいたの。なにか言った?」

QB「い、いや別に」

ほむら「なんだQBか・・・じゃあいただきま・・・」

まどか「ほむらちゃん駄目ええええええぇぇぇ!!!!!!!」ガチャーン!!!

ほむら「ほむぅ!?」ゴロゴロ・・・

杏子(え、な、なにこの状況・・・)




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 01:52:51.56 ID:BulsWk9v0
マミ「か、鹿目さん!!!あなた一体なにしてるの!?」

まどか「だってマミさん・・・!こ、こんなもの食べれるわけないじゃないですか!?タチの悪いドッキリですか!?」

マミ「え・・・あなた何言ってるの・・・?」

ほむら「まどか・・・どういう思考でこんなことをしたのか言って御覧なさい、怒らないから」ダバァー

まどか「だってほむらちゃんが・・・!!!う・・・ウンコ食べようとしてたんだもん!!!!!!!!」

杏さやマミほむ「」

QB「さすが最強の魔法少女の素質を持つ少女だね。さてどう出るかな」

ほむら「あ・・・まさか!?まどか!あなた魔女に操られているのね!!!」

まどか「それはこっちのセリフだよ!!!神聖な儀式のときと同じ雰囲気だよ!!みんなおかしいよ!!!」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:00:56.38 ID:BulsWk9v0
マミ「ひょっとして舌が肥えてるとかで・・・お口に合わないのかしら?こんなにおいしいのに」パクパク

まどか「ウワアアアアアアアァァ!!!!!」ガチャーン!

ほむら「まどか!落ち着いて!!!」

さやか「まどかだけウンコとして認識していたの・・・!?」

杏子「それはまずいな・・・自分だけ変化に気付くなんて、自分が狂ったか周りが狂ってるか分からないぞ」

まどか「オ゙ア゙ア゙ア゙ア゙アア!!!!!!!」ズュギューン!!!

マミ「な・・・!?魔女に!?」

ほむら「そんな!?まどかは契約してないはずよ!!?」

QB「絶望なんてレベルじゃなかったんだよ。潜在している魔力が一気にまどかを取り込んだのさ」

さやか「そんな・・・まどかが私のウンコで魔女に・・・」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:02:57.93 ID:hQeLlu0o0
超☆展☆開




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:06:27.36 ID:BulsWk9v0
ほむら「せっかく勝ち取った時間軸・・・まどかとキャッキャウフフな世界をよくもぶち壊してくれたわね」チャキッ

さやか「げ、ほむら!?こ、これは想定外なのよ!!!ホント、予想できなかっt・・・」

ほむら「黙りなさい」パァン!

さやか「ひいっ!?」

マミ「契約してないはずって・・・どういうこと!?」

ほむら「ああそれね。ソウルジェムが濁りきったとき、魔法少女は魔女化して死ぬわ」

マミ「ソウルジェムが魔女を産むなら、みんな死ぬしかないじゃない!!!あなたも・・・私も!」チャキッ

杏子「うるせー!!!そんなことどうでもいいんだよ!いまはまどかを止めないと!!!」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:13:26.75 ID:BulsWk9v0
ほむら「私はいざとなったらこの時間軸を捨て去るわ。まあ、その前に愚か者2人には死んでもらうけど」

マミ「カレーうめぇ!めぇ!!!」バクバク

さやか「ああ、マミさんがついに現実逃避を・・・おいたわしや」

ほむら「戻す方法がなければあなたたち皆死ぬわ。よくわからないけどまどかを絶望に叩き込んだ罰よ」ググ・・・

杏子「待て!!!この絶望を乗り越える・・・たった一つの方法があるぞ!これだけは聞いてくれ・・・!」

杏子「・・・ほむら、マミ。あのカレー、うまかったか?」

ほむら「・・・ええ、とてもおいしかったわ。まどかの口に合わなくて魔女化させた責任はとってもらうけど」

マミ「うんめええぇぇ!!!」ガツガツ

杏子「・・・・希望と絶望の送転移だっけか?効率よくエネルギーが得られるのはさ・・・」

さやか「杏子!!!あんたまさか!?」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:20:00.29 ID:BulsWk9v0
ほむら「美樹さやかは黙ってなさい・・・で?少しでも可能性があるなら聞くわ」

杏子「実はな・・・あれはさやかのウンコだ」

ほむら「え?」

杏子「しっかり見とけ・・・今から幻術を解く・・・!そらよ!」

マミ「うんめええええ・・・・・え・・・・・オゴオオオオオオオオォォ!!!!!!!」

ほむら「うわ臭っ!?くさっ!!!!!!!!!!!くっさああああああぁぁ!?」

さやか「ご、ごめんね、騙してて・・・」

QB「確かにこれは・・・宇宙がもう一個作れるくらいのエネルギーだ。ありがたくいただくよ」

杏子「だろ?じゃああたしの願いなんてちっぽけだ。そうだろ?」

QB「もちろんさ。これで僕は一生働かなくて済むしね!!!好きな願い叶えていいよ!!!」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:26:19.14 ID:BulsWk9v0
後日
まどか「あのさほむらちゃん、カレーパーティーの記憶がないんだけど、私どうしちゃったのかな?」

ほむら「ままままどかはカレー用のブランデーを間違って飲んでしまってずっと寝ていたわ・・・じじじ事実よ」

まどか「そうなんだ、だから私食卓をめちゃくちゃにした夢なんて見たんだ・・・酷い夢だったよ」

ほむら「まどかはそれ以上何も思い出さなくていいわ。特に暴れた理由は・・・ね」

マミ「美樹さんが茹でたシャウエッセンおいしいわあ~、何かコツとかあるのかしらね?」モグモグ

さやか「い、いやぁ・・・こればっかりは言えませんね!!!マミさんにも!!!」

杏子「知らぬが仏という言葉があってだな・・・(食品偽装はよくないからやめよう・・・こりごりだよ)」


ウンコネタなだけに締まらないがおわり




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 02:28:12.53 ID:hQeLlu0o0
おっつ!
>>1乙するしかないじゃない!




------------
当ブログについて
※欄222さんありがとうです。



シャウエッセンロング 40g×10本
シャウエッセンロング 40g×10本
日本ハム東販売株式会社
売り上げランキング : 136953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #h0D/NfaY: 2012/04/03(火) 00:40: :edit
    シャウエッセンが食えなくなった
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 00:47: :edit
    ヽ( ・∀・)ノ ●ウンコー♪
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 01:07: :edit
    これは良いマジキチ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 01:40: :edit
    さやかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 01:49: :edit
    つまりさやかの愛液で巨万の富を築けるわけか
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 02:23: :edit
    臭うぞこのSS
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 10:01: :edit
    なぜこんなのを取り上げたし・・・
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/03(火) 10:41: :edit
    マジキチというよりか
    ただただ汚かった
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/04(水) 15:01: :edit
    ねるねるねるねワロタw
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/04(水) 20:20: :edit
    巧妙なシャウエッセンのステマだったが俺は騙されないぞ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/07(土) 07:23: :edit
    まぁ、その、なんだ
    深夜だもんな
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/07(土) 23:25: :edit
    シャウエッセンでしてるのに伊藤ハムでイッちゃう??????
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。