インデックス「とうまのちんちん舐めてお菓子もらえるんだよ」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/13(火)
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:17:13.77 ID:0R+PcQiQO
インデックス「お菓子?」

上条「あ、あぁあげますよ」

インデックス「本当!?とうまは優しいんだよ!」

上条「そ、そのかわりに、さ」

インデックス「?」

上条「…舐めてくだせう」

インデックス「何を?」

上条「…」カチャカチャ




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:21:15.70 ID:0R+PcQiQO
インデックス「とーま?」

上条「これを…」ボロンッ

インデックス「おちんちんを舐めればいいの?」

上条「あ…あぁ頼む」

インデックス「それだけ?」

上条「えっ?」ドキッ

インデックス「それだけでいいの?」

上条「…」ムクムク




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:24:41.39 ID:0R+PcQiQO
インデックス「こんな簡単なことでお菓子くれるなんて変なんだよ」

上条「か、簡単なこと…」

インデックス「だってとーまのおちんちん舐めるだけでしょ?」

上条「そうだ…」ハァハァ

インデックス「あれ?なんか膨らんできたかも」ギュッ

上条「ぅあっ」ビクンッ

インデックス「わー!凄い熱いんだよ!」ゴシゴシ

上条「あっあっ」ビクンッビクンッ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:28:31.32 ID:0R+PcQiQO
インデックス「おもしろいんだよ!」シコシコ

上条「イ!インデックスさんっ!」

インデックス「なあにとーま」シコシコ

上条「口…な、舐めてくれよ」ハァハァ

インデックス「お菓子くれる?」

上条「あぁ!やるから!5個好きなの買ってやるから早く!」ハァハァ

インデックス「わーい!どーま太っ腹なんだよ」パクッ

上条「ああっ…」ビクッ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:34:15.88 ID:0R+PcQiQO
インデックス「はむ」

上条「やべえ…うぁっ…」

インデックス「んっ…ちゅる」

上条「く…ふっ」

インデックス「じゅぷ…んっ…」

上条「…くっ」ビュルル

インデックス「んー!ふっ…んっ」

上条「インデックス…そのまま」ガシッ

インデックス「んー!んぐっ…んっ…ぷふぁ」

上条「はぁはぁ…」ドサッ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:36:35.10 ID:0R+PcQiQO
インデックス「うー変な味がするんだよ」ベー

上条「…」ムクムク

インデックス「あれ?また大きくなってきたかも」

上条「あっいやもう大丈夫です」ササッ

インデックス「口ゆすいでくるんだよ」パタパタ

上条「おー」

上条「…はぁ」

上条「………最低だ、俺って」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:39:55.77 ID:0R+PcQiQO
インデックス「とーま!お菓子!お菓子!」

上条「はいはい…今日は補習あっからその帰りに買ってくるよ」

インデックス「やったー!とーま大好きー!」ギュウ

上条「だぁぁ!つかまんなっての」

インデックス「えへへ」ギュッ

上条「…」チラッ

インデックス「とーま何時くらいに帰ってくる?」

上条「(もう、もう一回だけ…)」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:42:22.31 ID:0R+PcQiQO
インデックス「とーま?」

上条「インデックス…もう一回は駄目か?」

インデックス「えーもう疲れたんだよ」

上条「だ、だよな」ハハハ

インデックス「…でも」ギュッ

上条「!?」

インデックス「…帰って来てからならいいかも」ボソッ

上条「お、おぅ」ムクムク

インデックス「ふふっ♪とーまったらまた膨らんでるんだよ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:45:58.23 ID:0R+PcQiQO
インデックス「とーまいってらっしゃい」

上条「おー」

インデックス「お菓子よろしくねー」フリフリ

上条「わかってるって」バタン

インデックス「いってらっしゃいなんだよー」フリフリ



上条「はぁ…とは言えやり過ぎたか」

上条「上条さんも変態の仲間入りか…」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:49:03.47 ID:0R+PcQiQO
上条「いや、一緒に住んでるんだったら…だけど」ブツブツ

美琴「ちょろっとー何ブツブツ言ってんのよー」

上条「どわぁっ!?」ビクッ
美琴「きゃっ!?な、何よ」

上条「な、なんだビリビリか」ホッ

美琴「ビリビリ言うなーっ!」ビリッ

上条「あーはいはい」キュイン




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:51:59.46 ID:0R+PcQiQO
美琴「さー勝負よ勝負!」

上条「勝負って…またやんのかよ」

美琴「当たり前でしょー!」ビリビリ

上条「ったく……ん?…」チラッ

美琴「何よ」

上条「(やべえ…中途半端にインデックスに勃たされたから異常にムラムラする…)」ムラムラ

美琴「…こいつ聞いてんのかしら?」

上条「(御坂…いい体つきしてるよな)」ゴクリ




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:54:24.50 ID:0R+PcQiQO
美琴「やるの?やらないの?どっちよ!」

上条「ヤ、ヤる!?」

美琴「はぁ?勝負よ勝負!」

上条「あ…あぁそうだったな…あー御坂さん。提案なんだが」

美琴「…言ってみなさいよ」

上条「負けた方の言うことを何でも聞くっていうのはどうだ?」

美琴「!?」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:54:24.87 ID:lOXSpBSd0
ここの上条さんは下条さんだな




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:56:54.78 ID:0R+PcQiQO
美琴「ば、バカじゃないの!そんなの無理に決まってるじゃない!」カァァッ

上条「あれー?御坂さん何を想像したんでせう?」

美琴「う…うっさい!」

上条「まさかエロスな事でも…」

美琴「ち!違うわよバカ!」

上条「まぁ俺はそうだけどなー」

美琴「えっ」

上条「ん?」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:59:19.47 ID:0R+PcQiQO
美琴「な、な…」

上条「そりゃーそうだろー御坂くらい可愛い子なんだから」

美琴「可愛…いい」ボンッ

上条「上条さんも健常な男子高校生ですから当たり前ですよ」

美琴「…い、いいから」カァァッ

上条「へっ?」

美琴「だから!ま、…負けたらそういう事してもいいから…勝負しなさい…よ」ボソボソ

上条「なん…だと」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:04:34.65 ID:0R+PcQiQO
美琴「…ぅう」

上条「はい、俺の勝ちな」ポスッ

美琴「卑怯すぎるわよ…あんたの能力は」

上条「にしても今日はやけにあっさり負けたような…」ナデナデ

美琴「うっ、うっさい!調子悪かったのよ!」カァァッ

上条「はいはい、さてと…いいんだよな?」キリッ

美琴「…ぅ」タジタジ




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:08:05.31 ID:0R+PcQiQO
上条「…エロイ事しても、いいんだよな?」キリッ

美琴「うー!はっきり言うなこのバカっ!」

上条「なぁ!そう約束したじゃねえか!」

美琴「…い……い」ボソッ

上条「んん?聞こえませう?」

美琴「いいっ…わよ……」

上条「…そうか」ゴクリ

美琴「……」カァァッ




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:10:41.43 ID:0R+PcQiQO
上条「では、…」スッ

美琴「ッッ!!」ビクンッ

上条「っと…大丈夫か御坂」

美琴「だ…大丈夫」

上条「えーっと…何をするかな」

美琴「私に聞かないでよ…」

美琴「は、恥ずかしいから早くしなさいよ…」カァァッ

上条「んーそうだな」

上条「とりあえず短パン脱いでくれ、御坂」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:14:42.49 ID:0R+PcQiQO
美琴「うっ…」

上条「さぁどうした御坂。まさか短パン穿いてないのか?」

美琴「うっさい!…んっ……」シュルッ

上条「聞き分けがいいな…」

美琴「ぬ、脱いだわよ…」パサッ

上条「んーいい短パンだ。」サッ

美琴「あっ…返しなさいよ!」

上条「すまんこれは預かっておく」スッ




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:16:40.21 ID:Lh/huLqY0
こんなところもアレイスターは盗撮してるんだよな




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:18:25.37 ID:0R+PcQiQO
美琴「はあぁぁ!?あんた…変態じゃないの」

上条「んじゃー次はパンツなー御坂」

美琴「」

上条「?」

美琴「な、なんかアンタ欲望に忠実になりすぎ…」

上条「上条さんは普通ですよーっと」ススッ

美琴「ちょ、ちょっと」バッ

上条「なんだよ…パンツ脱がせてやろうと思ったのに」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:21:48.25 ID:0R+PcQiQO
美琴「パンツは…いや」

上条「そうかまぁ嫌ならいいんだ」

美琴「えっ?」

上条「嫌がる相手からパンツを奪う程上条さんは落ちぶれてませんよっと」

美琴「(充分変態よ…)」

上条「さて、と」カチャカチャ

美琴「ばっ…なに脱いでんのよ!」カァァッ

上条「ん?何が?」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:25:43.89 ID:0R+PcQiQO
美琴「なめるって…」

上条「あぁ頼む」スルッ

美琴「なんか…今日のあんた…変よ」

上条「……おかしくねえよ」

美琴「え?」

上条「おかしくねぇよって言ってんだよッッ!!!」

上条「だいたい今までの俺が可笑しすぎたんだよ!」
上条「あんなに可愛い女の子が沢山いるのに手も出さないなんて!」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:27:44.31 ID:OkXWyQyP0
上条wwww




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:30:12.55 ID:Dk3SMpBd0
逆ギレwwww




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:35:25.60 ID:0R+PcQiQO
上条「毎日毎日来る日も来る日もインデックスに隠れて幻想を自分の右手で受け止めてたら気がついたんだ」

上条「俺は今まで何してたんだってね」

上条「大切な精子に死なれる事の痛みが。目の前で誰かが苦しんで、傷ついて、でも自分には何もできなくて、どうしようもないっていう苦しみを知ってんだろ」

上条「焦ったはずだ。辛かったはずだ。苦しかったはずだ。痛かったはずだ」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:39:00.75 ID:PyEAEzQO0
いやお前が自ら出して殺してんだろうよwwwwwwwwwww




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:40:56.49 ID:0R+PcQiQO
上条「恐かったはずだ。震えたはずだ。叫んだはずだ。涙が出たはずだ。」

上条「……だったら、それはダメだ。そんなに重たい衝撃は、誰かに押し付けちゃいけないものなんだ」

上条「つまり、オナニーじゃない…可愛い女の子とエロイ事するのが重要なんだって…」

御坂「いや、あの意味がわかりません」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:43:47.56 ID:0R+PcQiQO
上条「いいぜ てめえが何でも思い通りに出来るってなら まずはそのふざけた幻想をぶち殺すッッ!」ビンッ

御坂「ひぃっ!」

上条「御坂……」ジリッ

御坂「ば!ばかぁ!早くしまいなさいよっ!」ジーッ

上条「頼むっ!御坂!お前が必要なんだっ!」

御坂「うぅ…」

上条「美琴…」キリッ

御坂「……ちょっと…だけ…なら」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:46:44.73 ID:0R+PcQiQO
上条「くちをあーって」

御坂「あ、…あー」

上条「よいしょっ…」ググッ

御坂「んふっ!」

上条「あーやべえきもちいい…」

御坂「んっー!ん!んっ!」

上条「…動くぞ」

御坂「んんっ…んー!」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:49:05.33 ID:7bHUiZH80
アレイスター「第三位になんてことを...」シコシコ




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:50:35.05 ID:ME58Cl0S0
一方「あの三下は変態みてェだなァ……」シコシコ




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:51:39.96 ID:PyEAEzQO0
ステイル「ところでこれ屋外だよな…?」シコシコ




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:53:21.42 ID:0R+PcQiQO
上条「うぁっ!」ビクンッ

御坂「ぷはっ…ちょっと!」

上条「すまん(……)」チラッ

御坂「てか私もなんで流されてるんだろ」

上条「美琴ちょっと…そこ立って」

御坂「こ、こう?」スッ

上条「そんな感じ…よし」ギュッ

御坂「ふぇっ!?な…」

上条「パンツ、脱がすな」スルルッ

御坂「ちょっと…あっ」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:56:30.28 ID:0R+PcQiQO
上条「いいか?」

御坂「ね、ねぇやっぱ止めましょ?」

上条「…いいか?美琴」

御坂「う…駄目って言っても無駄なんでしょ…」

上条「あぁ、その通りだ」

御坂「…ち、…」

上条「ん?」

御坂「チューしなさいよっ…その…」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 12:59:09.00 ID:0R+PcQiQO
上条「んっ…」

御坂「…って…ほっぺたかいっ!」

上条「……入れるぞ…」

御坂「あっ…ちょっと…」

上条「くッッ!」ズプ

御坂「痛っあああっ!!」ビクンッ

上条「くあっ…キツっ…」ググッ

御坂「ふああっ!!」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:03:33.69 ID:0R+PcQiQO
上条「…くっ」ズッ

御坂「んっ…んんっ!」

上条「大丈夫か?御坂」ズッズッズッ

御坂「だっ…いじょうぶなわけっ…ないでしょあっ!」

上条「御坂っ!御坂っ!」パンッパンッ

御坂「あっ!あっ!もっとっゆっくりっ!」

上条「御坂っ!イクぞっ!くッ!」ビュルビュルル

御坂「ーッ!!ふあああっっ!」ビクンッビクンッ




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:06:37.71 ID:0R+PcQiQO

……
………

上条「ふっ…ふっ…」ビクッビクッ

御坂「ふあっ…」ドサッ

上条「っと」グイ

御坂「…ぅ…とうま…」ギュッ

上条「ごめんな。乱暴にして」ナデナデ

御坂「ううん。ちょっと…痛かったけど…」

上条「…ありがとうな御坂」チュッ

御坂「んっ…もうほっぺたばっか」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:12:05.92 ID:0R+PcQiQO
上条「立てるか御坂」

御坂「大丈夫…」フラッ

上条「っと」ギュッ

御坂「お腹が熱い…」

上条「そりゃ、な」

御坂「…」カァァッ

上条「今更照れてもな」

御坂「バカバカ!今更でも恥ずかしいわよっ!」

上条「はは……っ…あッ!!補習!やべっじゃな御坂また!」ダダッ

御坂「え、ちょ…ちょっと待ちなさいよーっ!!」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:17:45.52 ID:0R+PcQiQO
上条「遅刻ってレベルじゃねえ…とりあえず土下座から入ろう…」ガラッ

上条「誠に申し訳ありませんでしたーっ!!」ドサァッ
黄泉川「おー来たな悪ガキ」

上条「あれ?小萌先生は?」

黄泉川「体調不良で代理に私が補習やる事になったじゃん」

上条「(ロリフェラが…)」

黄泉川「さっさと席つくじゃんよ」

上条「はい…」トボトボ




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:19:16.58 ID:S15p0sUr0
ロリフェラwww




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:20:26.69 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「あーあ第一なんで私がこんなのやる事になったじゃん」

上条「体調不良じゃ仕方ないですよ」

黄泉川「はーほらさっさとテストするじゃん」

上条「テスト…」ピクッ

黄泉川「そうじゃん。実力テストやってないだろお前は」

上条「黄泉川先生」

黄泉川「なんじゃん?」

上条「賭け、しませんか?」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:21:08.33 ID:PyEAEzQO0
見境なくなっとる




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:24:31.61 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「賭け?ほーアンチスキル相手にいい度胸じゃん」

上条「いやそんな対して事じゃなくてでせう…」

黄泉川「まー暇だから聞こうじゃん」

上条「ありがとうございます…先生はこのテスト知ってますか?」

黄泉川「まぁよくある実力テストじゃん。小萌が作った複雑な応用がちょっとあるくらいの」

上条「そこで、ですね」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:27:58.09 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「テストで満点とれるか?」

上条「この上条おつむは良くない方でして…」

黄泉川「つまり満点取れたらなんかよこせという馬に人参方式じゃん?」

上条「よこせっていうか…」

黄泉川「???」

上条「お願いしますっ!おっぱい揉ませて下さいッッ!!」ドゲザッ

黄泉川「はぁ!?」

上条「お願いしますッッ!!」ザザッ




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:30:14.64 ID:BsJUkg8A0
いっそ清々しいクズ




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:31:41.12 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「あのなー上条。本来テストっていいものは…」

上条「いや分かってます!分かってますけども!」

黄泉川「そーゆー約束があれば頑張れる、じゃん?」

上条「そうっす!」

黄泉川「はぁ…」

上条「…」ゴクリ

黄泉川「別にいいじゃん。このテスト毎回授業に出ても真面目に勉強してもキツイ内容じゃん」

上条「っしッッ!」グッ




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:38:27.75 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「んじゃー100点じゃなかったら3ヶ月私の雑用な!」

上条「ええっ!?」

黄泉川「それくらいあってもいいじゃん?ほれ」ユサッ

上条「…」ゴクリ

黄泉川「あははっやる気出たじゃん?」

上条「よしっ!100点とるぞッッ!」

黄泉川「(ふひひ…長点上機の問題とすり替えておくじゃん)」

上条「…」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:46:36.10 ID:0R+PcQiQO

……
………

黄泉川「ひ…百点…じゃん」プルプル

上条「よっしゃあああああああ」グッ

黄泉川「か、カンニングしたじゃん!この勝負は無効じゃん!」ビシッ

上条「カンニング?そもそも教室に俺しかいませんが…」

黄泉川「答えの紙が机に!」ガバッ

上条「そんなんあるわけないでせう…」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:50:39.06 ID:0R+PcQiQO
上条「成る程…俺が実力でとったと先生は信じてくれないと…」

黄泉川「だ、だって長点上機の…」

上条「長点上機?」ピクッ

黄泉川「はっ!」

上条「そー言えばやけに問題が難しいと思ったら…まさか」

黄泉川「長点上機を参考にした問題じゃん!いやー凄いじゃん上条!」アセッ

上条「…このテスト、他の先生に見したらどうすかね」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:54:19.84 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「(しまった…長点上機のそのまんまの問題だったじゃん)」

上条「………もし教師がわざと生徒に対し、単位をとらせまいと難しい問題を他の学校から持ってきたら…」

黄泉川「単位!?」

上条「そうですよ。俺を進級させない気だったんでしょ?」

黄泉川「そ、そんなつもりは…」

上条「マズイですよね。しかもアンチスキルだという…」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 13:56:58.19 ID:0R+PcQiQO
上条「ま、上条さんとしてもそんな大事にするつもりはないですけどねー」

黄泉川「な、…なんだビックリするじゃんよー」ホッ

上条「いやー黄泉川先生がテストすり替えたりするから意地悪したくなっちゃて」アハハ

黄泉川「あはは悪かったじゃん」

上条「いえいえただ胸さえ揉ませてもらえば」

黄泉川「へっ?」

上条「え?」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:01:22.98 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「そんな約束したっけじゃん?」ハテ

上条「えぇー?!」

黄泉川「まぁ単位をとれたからこれでよしじゃん」

上条「…長点上機」ボソッ

黄泉川「」ピクッ

上条「このプリントまだ俺が持ってるんで」

黄泉川「う…」タジッ

上条「さて、小萌先生のお見舞いに…」

黄泉川「ち、ちょっと…待つじゃん」ガシッ

上条「ん?」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:04:28.12 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「プリントは回収するじゃん?」グッ

上条「もう丸つけしたしハンコも貰いましたけど…」

黄泉川「それでもじゃん」ググッ

上条「そうだ写メっとこ」ピローン

黄泉川「あっ…」

上条「はいどうぞプリント」

黄泉川「…ぐっ…」

上条「いらないんですか?じゃお見舞い行くんで」

黄泉川「ちょっと……待つじゃんよ」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:08:30.91 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「上条はズルいじゃん」

上条「いや先生が悪いんでしょう」

黄泉川「上条が100点とりゃなきゃ…」

上条「…そんなに胸揉まれたくないんですか」

黄泉川「そりゃそうじゃん!」

上条「もしかして…」

黄泉川「…へ、変な想像すんなじゃん!」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:11:56.21 ID:0R+PcQiQO
上条「わかりました。じゃー触るくらいなら駄目っすか?」

黄泉川「あんま変わってないじゃん」

上条「いや大分違いますよー」

黄泉川「…」

上条「3分間だけ!」

黄泉川「う…」

上条「それ以上ことをさすがに教師にしようとしませんよ!」

黄泉川「当たり前じゃん!やらせないじゃんよ」

上条「…で、どうするんでせう?」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:15:54.60 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「…」

上条「…おっとお見舞いの時間が」

黄泉川「さ、三分間だけ!…なら」

上条「いいんですか?」

黄泉川「…苦渋の選択じゃん」

上条「まーそんな乱暴にするわけないじゃないですか」

黄泉川「上条は羊の皮被った狼じゃん」

上条「酷い言われようっ!?」

上条「ま、いっか。じゃー」ススッ

黄泉川「くっ…」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:19:43.54 ID:0R+PcQiQO
上条「っとその前に…」ゴソゴソ

黄泉川「?」

上条「よっと」ギュッ

黄泉川「か、上条!なんで手を縛るじゃんよ!」ビクッ

上条「ビックリしすぎっすよ先生」

黄泉川「怖すぎじゃんよ…」

上条「いやいやいや?!落ち着いて下さいって!アンチスキルの先生ですし暴れたら危ないですし」アセアセッ

黄泉川「あば、暴れないじゃんよ…」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:23:15.87 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「うう…」

上条「んじゃ椅子座って下さい」

黄泉川「私の純潔が…」スッ

上条「だから落ち着いて下さいってば!」

黄泉川「座ったじゃんよ」

上条「っと」グッ

黄泉川「…前から揉むのか」

上条「えぇ先生の表情も見れますしね」ニコッ

黄泉川「うぐっ」カァァッ

上条「スゲー可愛いです黄泉川先生」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:27:31.46 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「…ん」ピクッ

上条「おっ感度いいですね先生」ムニュ

黄泉川「一々言うなじゃん!」

上条「こーんなでかくて」ムギュッ

黄泉川「っあッッ!」

上条「こーんな感度もよくて」クリッ

黄泉川「っひゃうッ!」

上条「っと…可愛い声出しましたね。弱いんですか?胸触れるの」サワサワ

黄泉川「…五月蝿い」

上条「耳真っ赤っす」



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:31:17.50 ID:0R+PcQiQO
上条「…」カチャカチャ

黄泉川「……上条ッ!!触るだけの約束じゃん!」ガタッ

上条「体の『どこで』触るか指定してませんよ」ビンッビンッ

黄泉川「ひっッ…」

上条「あ、すんませんビックリしちゃいましたか?」ビクンッ

黄泉川「う…わわ、」

上条「大丈夫ですって『胸』しか触りませんから」ムニュニュ




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:37:44.08 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「…」

上条「ブラ、脱がせますね」

黄泉川「あっ…」ブルンッ

上条「すげ…」

黄泉川「ぅ…」ユサッ

上条「エロすぎですよこの胸」

黄泉川「そ、そろそろ三分たったじゃん?」

上条「まだ一分たってないですよ」ゴソゴソ

黄泉川「!?…ッ今度はなんじゃん?」

上条「いやーそのままだと胸、擦れて痛いと思うんで」




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:42:14.49 ID:0R+PcQiQO
上条「ちょっとひんやりしますよーっと」トププ

黄泉川「…ッ!なんか垂らしたじゃんよ!」

上条「ローション知らないんすか…こりゃ」

黄泉川「うぐっ…知ってるじゃん!じゃんじゃん使うじゃん!」

上条「じゃお構い無く」ニュル

黄泉川「ひいっ!!」ヌルッ

上条「エッロ!やっぱ爆乳にはこれですよ…っと」ギュッ

黄泉川「あんッ!」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:45:40.96 ID:fLHK30p70
ローション携帯してんのかwww




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:48:09.22 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「ぬるぬるするじゃん…」

上条「…」ハァハァ

黄泉川「上条?」

上条「我慢出来ねー」グィ

黄泉川「ひッ!」

上条「挟んで」

黄泉川「え…えと?」

上条「胸でこーやって」ギュッ

黄泉川「こ、こう?」

上条「そー!うあやべえマジたまんねぇ」ギュウ

上条「動かして上下に」

黄泉川「ん…っしょ」ムニュルムニュル




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:53:52.71 ID:0R+PcQiQO
上条「はっ…はっ…」

黄泉川「…ぅ…んっ」ムニュンムニュン

上条「やべえっ…きもちいっ…」

黄泉川「んっんっ……」ギュッギュッ

上条「うあっッ!愛穂の胸スゲーきもちいいよッ!」

黄泉川「名前で呼ぶなじゃん…」ギュウギュウ

上条「最高だこれ…マジで」

黄泉川「…ちょっと…照れるじゃん」ムニュニュ

上条「っあッ!」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 14:58:25.17 ID:0R+PcQiQO
上条「あーイクっ!」グッ

黄泉川「えっ!?」

上条「かふっ…くッッ!!」ドプッ

黄泉川「きゃあッッ!」パタタ

上条「あっ…あー」ビュル

黄泉川「な、なんか白いの出たじゃんよー」ベタベタ

上条「あーヤバかった…半端なかった愛穂のおっぱい」

黄泉川「…」カァッ




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:03:47.40 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「生臭いじゃん…」

上条「はいティッシュ」

黄泉川「ん…」フキフキ

上条「うぁ疲れたー」ドサッ

黄泉川「私の方が精神的に疲れた」

上条「すみませんってば…今度は」スッ

黄泉川「ん?」

上条「先生も気持ちよくさせますから」ボソッ

黄泉川「調子に乗るなじゃん」ガシッ

上条「イテテ…あ、プリント返しますね」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:06:14.24 ID:0R+PcQiQO
黄泉川「…いいのか」

上条「ええ、もう要らないですし」

黄泉川「…な、なぁ上条」

上条「あ!小萌先生のお見舞い行かないと!じゃ!先生さよなら」ダダッ

黄泉川「あっ、待つじゃん悪ガキ!!」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:06:14.30 ID:SNZKYLxe0
黄泉川かわいいいいい




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:07:23.48 ID:VvvUmrK90
愛穂が一番可愛い




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:08:18.69 ID:qFoeC4UH0
       ボッキ
 とあるちんこの熱膨張




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:15:41.90 ID:0R+PcQiQO
小萌「ううー寒いです…ごほっ」カチッシュボ

小萌「…ごほっ!うーまだマズイですね」

小萌「お粥って作るのめんどくさいですよねー」

ピンポーン

小萌「はいー」ガチャ

上条「ども」

小萌「上条ちゃん!?」

上条「黄泉川先生から風邪引いてるって聞いて」

小萌「えへーありがとうございます」

上条「お粥、作りますよ」




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:21:16.10 ID:0R+PcQiQO
小萌「本当ですかー!上条ちゃん優しいのです」

上条「あれ?同居人がいるとか言ってませんでしたか?」

小萌「今旅行中なのです…ずるいです体調が悪い先生をほっといて」グスッ

上条「よかったー」

小萌「え?」

上条「いやいや、それより寝てて下さいタバコ置いて」

小萌「あ、あわわ…これは」

上条「今更すぎるから大丈夫だと…」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:25:27.22 ID:0R+PcQiQO
上条「出来ましたよっと、はいあーん」

小萌「ふぇぇ!?上条ちゃん!子供扱いしすぎなのです!」プンスカ

上条「何言ってるんですか。はいあー」

小萌「…あーん。むぐむぐ……美味しい!」

上条「おっよかったー自信あんま無かったんで」ニコッ
上条「いえいえ。あ、そういえば黄泉川先生からお薬預かったんですけど…」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:29:09.70 ID:0R+PcQiQO
小萌「けぷっ。ごちそーさまなのです」

上条「お粗末様でした」

小萌「それでお薬の話なのですが…」

上条「あ、はいこれ効くらしいんで」スッ

小萌「いらないのです!」

上条「ええっ!!」

小萌「小萌先生はいつも栄養あるものを食べ、休養を取れば治るのです!」

上条「…カプセルタイプ飲めないだけでは」

小萌「…」ギクッ




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:30:56.57 ID:oCxX6SN10
飲めないなら後ろから入れるしか無いな!




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:32:19.45 ID:XAjx93zG0
>>193は賢いな




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:33:31.45 ID:0R+PcQiQO
小萌「別にーせんせーは大人だからそんなの余裕綽々なのです」

上条「…」チラッ

小萌「…」

上条「…」ジーッ

小萌「う…上条ちゃーん!」ガシッ

上条「はいはい…大丈夫ですよカプセルタイプじゃないのもありますから」

小萌「本当ですかー!わーいなのです!」


上条「ただ…あれ?小萌先生汗かいてません?」




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:37:14.08 ID:0R+PcQiQO
小萌「あ、あれ……本当なのですご飯食べるまで汗なんか…」

上条「栄養たっぷり入ってたんで身体に効いたんですかね」スッ

小萌「んあっ!!」ピクッ

上条「こ、小萌先生?」

小萌「あっ……な、なんでもないのですよー」

上条「はぁ…とりあえず汗、拭きますよ」

小萌「じ、自分でそれくらいできます!」スッ

上条「大丈夫ですか?」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:41:05.29 ID:0R+PcQiQO
小萌「か…上条ちゃんはデリカシーが無さすぎです!」

上条「ひどっ!!」

小萌「…ちょっと着替えて来ますから覗いちゃブチ殺しなのです」スッ

上条「はいはいっとー」



小萌「お、おかしいです…なんか身体が…」

小萌「熱い…インフルエンザかも…」

小萌「っ…それに、…」シュルパサ

小萌「うー…な、なんで」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:46:20.05 ID:0R+PcQiQO
小萌「ふぅ…お待たせしたのです」

上条「随分長かったですね」

小萌「着替えるのに手こずっちゃっただけなのですぅ!!」

上条「わ、分かってますって……あれ?」

フッ

小萌「あー電球が切れちゃったですか」

上条「暗いっすね」

小萌「うー!不幸なのですー…」

上条「先生それ俺のセリフ」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:52:41.72 ID:0R+PcQiQO
上条「電球買ってきましょうか?」

小萌「上条ちゃんにそこまでしてもらうのは悪いのです…もう寝るくらいなので大丈…夫大丈夫な…のです」

上条「そーすか…で、薬なんですけど」

小萌「(あ、あれ)」フラッ

上条「先生っ!?」カバッ

小萌「また、あ、あれ…体が…熱い…」

上条「大丈夫ですか?」ギュッ

小萌「んんっ、」ピクンッ




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:53:23.34 ID:MEXiYqIq0
合法だから問題無しか…




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:57:21.00 ID:0R+PcQiQO
小萌「か、上条ちゃん…お薬…」ハァハァ

上条「先生、それが…薬、座薬なんですよね」

小萌「座薬!?」ビクッ

上条「いや、そのすみません黄泉川先生から聞いてなくて」

小萌「い、いいのです」ハァハァ

上条「…でも」

小萌「?」

上条「こんな暗い中、先生一人でできますか?座薬」




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 15:58:09.20 ID:OkXWyQyP0
下条が策士すぐる…




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:02:34.54 ID:0R+PcQiQO
小萌「せ、先生を甘く見ないで下さい!全く…」

上条「でも…」ギュッ

小萌「んっ…」ピクッ

上条「先生、辛そうですよ?良かったら俺、力に成ります」

小萌「…」

小萌「(なんか頭がぼーっとして)」フラ

上条「っと」ガシッ

小萌「あ…ごめんなさいなのです」

上条「大丈夫です、じゃお尻出して四つん這いになってください」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:17:40.54 ID:0R+PcQiQO
小萌「(…体が…勝手に…)」

上条「はい、良くできました」

上条「でもその前に汗ひどいんで拭きますね」スッ

小萌「んんっ!」ビクッ

上条「あれ…?」フキフキ

小萌「んああっ!!」ビクンッ

上条「すげー汗かいてますね、ここ」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:21:29.84 ID:0R+PcQiQO
小萌「んっ…んんっ」ピクッピクッ

上条「拭いても拭いても汗が止まらないですね先生」ギュウッ

小萌「ふあ…」ビクッ

上条「お薬、入れましょうか?」

小萌「お願いしましゅ…」

上条「お願いされましたよっ…と」ヌギヌギ

小萌「あっ…」ポーッ

上条「お薬、入れますね」ビンビン

小萌「ふぁ…」




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:22:09.43 ID:puSqaFgT0
こいつw




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:27:28.47 ID:0R+PcQiQO
小萌「ん゛んっ!ぅっ!」

上条「きっ…つ…!くっ、はッッ!」ズヌッ

小萌「い゛っあっあっああっあーーッ!!」

上条「全部っっ!」ググッ

小萌「あ゛んっあんっん゛っん~ん~!!」

上条「入りっ…ましたよっと」グッ

小萌「んひゃゎあ…ふぁ…」チョロ

上条「ん?」

小萌「ふあっ…あっ」チョロロロロロ

上条「…不幸だ」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:33:39.36 ID:0R+PcQiQO
小萌「あっあっあっあっ」

上条「あーきっついのも慣れてきましたね先生」パンパンパンパン

小萌「あっんあっあっんっんっんっ!!」

上条「先生ヨダレ垂れてますよ」チュルッ

小萌「んあっ…」

上条「交換です、先生」タラッ

小萌「あーっ……んっ!!んっんあんっ!!」

上条「ほら、先生お薬効いてきましたね」グッグッ




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:40:46.52 ID:0R+PcQiQO
小萌「あーっ!イクッイッちゃうッ!!」

上条「くっ…イクッッ!!」ズルッ

小萌「んんっ!?」

上条「くふっ…先生の口ッッ!」ドピュピュ

小萌「んーっ!んふっ…んふっ…んっ」

上条「…くぁっ」ビュルッ

小萌「んっんっ…」コクッコクッ

上条「お薬飲めましたね」ナデナデ

小萌「ん…っ」

上条「そのまま舐めて下さい」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:43:13.96 ID:0R+PcQiQO
小萌「ふぁ…」

上条「それじゃ安静にして寝て下さいね」

小萌「ふぁい…」

上条「起きたらお薬切れてると思うんで…じゃ」ガチャ

小萌「かみ、じょうちゃん…」


上条「ふーっ小萌先生もこれで大丈夫だろ」

上条「さて、と帰るか」

上条「ん…?なんか忘れてるような」




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:45:53.16 ID:0R+PcQiQO
上条「ただいまー」ガチャ

インデックス「おかえりなんだよ!」トテトデ

上条「おーどうしたわざわざ」

インデックス「どうしたって……お菓子なんだよお菓子!!!」

上条「お菓子………あ゛っ」

インデックス「とうま?」

上条「あ、いやハハお菓子なーそうだったそうだった………」

インデックス「とうま、お菓子は?」




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 16:52:02.17 ID:0R+PcQiQO
上条「イ、インデックスさん?」

インデックス「無いの?とうま」ゴゴゴ

上条「…あっ!インデックスお菓子あるぞ!」

インデックス「本当!?」

上条「ほらっうまい棒!」ヌギヌギ

インデックス「」

上条「いっぱい食べろよインデックス!」

インデックス「…とぉーまあぁッ!」ガブッ

上条「ぎゃあああああああ」


Fin




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 17:03:32.94 ID:S15p0sUr0





262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 17:55:15.27 ID:/HDQZSn60
打ち止め編はやくせーや!!!!




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:02:27.12 ID:XZhkuXJf0
一方「おいクソガキ!菓子欲しくねえかァ?」
一方「ただし、ただでやるなんざァしねぇぞ!これしゃぶったら好きなだけ買ってやる」ポロン
打ち止め「うわーちいさーい!ってミサカはミサカは喜んで舐めてみる」
一方「あァ?小せェだとォ?ンなもん能力で」カチッ ムクムク
打ち止め「うわぁー大きくなってもこんなもんなの?ってミサカはミサカは失望してみる」
一方「」
打ち止め「まあお菓子くれるんだししゃぶるねーってミサカはミサカはしゃぶってみる」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:07:20.86 ID:BA+roiJl0
打ち止めァァ!!一方さんの心折れちゃうからああ!ww




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:13:59.41 ID:XZhkuXJf0
打ち止め「うわーんごめんなさーい!ってミサカはミサカは謝ってみる」

一方「これで小せェッてンなら、この学園都市製の強力バイアグラ使ってやンから待っとけクソガキ」ゴクン

打ち止め「そんなもの飲んでも小さいものは小さいんだよ!ってミサカはミサカは断じてみる」

一方「オラオラァ!!どうだァ?これで文句ねェだろォ!」ムクムクボッキーン

打ち止め「おー!大きくなったー!ってミサカはミサカは学園都市の科学力に感嘆してみる」

一方「イイからさっさとしゃぶりやがれクソガキがァ」

打ち止め「わーいお菓子ー!ってミサカはミサカは喜んでしゃぶりついてみる」




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:14:54.83 ID:1Ntb2i5O0
学園都市なにしてんすかwwwwwwwwwwwww




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:28:06.25 ID:XZhkuXJf0

木原「おいアクセラレーター、今もしかして自分で自分をすげー格好良いとか思ってんのか?」

一方「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!もしかして木原くンもしゃぶりたいんですかァ?」

木原「何言ってんだテメェ壊れちまったのか?」

打ち止め「この人邪魔だよってミサカはミサカは殺してみる」

木原「」

一方「早くしゃぶれ!精子飲んだら菓子もっと買ってやるぜェ」

打ち止め「うわーい!ってミサカはミサカはあなたのちんちんをなめまわしてみる」

一方「そォだァ!いいぞォ!あっ」ビュルビュル




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:44:09.95 ID:XZhkuXJf0
打ち止め「うわーもう出たーってミサカはミサカはあなたの早漏に落胆してみる」

一方「ンだとォ?いっ今のはカウパー液ってンだァ!そんなこともしらねェのかァ?」

打ち止め「そおなの?なら早く精子出しちゃおうねってミサカはミサカは再びしゃぶりついてみる」

一方「あァ!いいねいいね最っ高だねェ!うっ」ドクドク

打ち止め「また出てきたー!でもまたカウパー液だねってミサカはミサカはしゃぶりついてみる」

一方(どォすりゃいィンだァ?)

打ち止め「ふぁれ?なかなか出ないなってミサカはミサカはもっと激しく舐めまわしてみる」

一方「うっ」ドロォ




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:52:50.82 ID:XZhkuXJf0
打ち止め「またカウパー液だ!精子はまだかなってミサカはミサカは疑問に思ってみる」

一方「あァァ」ビクンビクン

打ち止め「まだかなまだかなってミサカはミサカは全力で舐めてみる」

一方「」トロトロビクン

打ち止め「あれ?アクセラレーターの元気がなくなってきたってミサカはミサカはあなたの健康を心配してみる」

一方「」ピクピクッ

打ち止め「おーい!ってミサカはミサカはしゃぶるのをやめて返事をうかがってみる」

一方「」

打ち止め「おーい!ってミサカはミサカは本気であなたのことを心配してみる」

黄泉川「どうしたじゃん?」

打ち止め「この人が動かなくなちゃったってミサカはミサカは状況を説明する」




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:58:07.58 ID:BA+roiJl0
一方さんが早漏なのか打ち止めちゃんがテクニシャンなのか




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:59:32.34 ID:oo6iWQv60
99%一方さんが早漏




301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 19:59:41.81 ID:AsRyXw0Y0
ナルトみてたらアクセロリータがテクノブレイクしてたwwwwwwwwwwww




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 20:00:11.81 ID:1Ntb2i5O0
テクノブレイク糞ワロタwwwwwwwww




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 20:00:41.73 ID:XZhkuXJf0
黄泉川「おいアクセラレーター!って息してないじゃん!早く救急車呼ぶじゃん」

ピーポーピーポー
ー病院ー

黄泉川「容体はどうじゃん?」

冥土返し「できる限りの手は尽くしたよ。でもおそらく彼はもう助からないだろうね」

打ち止め「なんで?何が原因なのってミサカはミサカは尋ねてみる」

冥土返し「ちょっとショックかもしれないけどいいかな?」

黄泉川「いいじゃん!早く言うじゃん!」

冥土返し「彼の死因はテクノブレイクだよ」

おわれ




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 20:01:34.07 ID:1Ntb2i5O0
おいwwwwwwwwwwwwwww




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 20:13:12.72 ID:omQ6OJvG0
一方通行(享年 15)






-----------
当ブログについて
※欄140さんありがとうです。



ちんちんof theイヤー Men棒
ちんちんof theイヤー Men棒
ジャパンネットラン 2010-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 14:03: :edit
    1げと
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 15:13: :edit
    インデックスのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 15:22: :edit
    003getだぜ!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 16:23: :edit
    昼間からまったく…
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 16:34: :edit
    知的障害者の少女に猥褻行為を働く男子高校生の図
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 17:18: :edit
    一通編テキトーすぎるwww
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 18:09: :edit
    どうなってるんですの…
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 18:24: :edit
    上条がDQN
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 19:49: :edit
    毎回思うんだが上条は美琴に手を出した瞬間に美鈴さんによってしいなさんに伝わり人生が詰んでしまうと
  10. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/03/13(火) 20:18: :edit
    ぷん太!アフィ踏むからちんち●ん舐めてくれ!!!
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/13(火) 20:54: :edit
    ↑おまわりさんこいつです
  12. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/03/13(火) 23:38: :edit
    半蔵「上条~! うらやましか~!!」
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/14(水) 01:47: :edit
    俺も小遣い欲しさに親父のチ○コ舐めてたわ
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/14(水) 06:09: :edit
    ※5
    確かにインデックスって知的障害がある様に感じるよな

    一芸に秀でてるとこなんてまさにそれだし
  15. 名前: 通常のナナシ #brXp5Gdo: 2012/03/21(水) 02:37: :edit
    インなんとかさんはアホの子なだけで池沼じゃねーよw

    あと、特定の技能に優れてるのはサバン症候群な。
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。