まどか「フードファイター?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/01(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:07:59.22 ID:BsvpKhMf0
まどか「さやかちゃん、ここどこだろ……?」

さやか「わかんない……あたしたち、和菓子屋さんにいたはずなのに……」


「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」


まどか「あれって……キッチン?」

さやか「なんだろ、あれ。料理してるのかな?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:11:01.74 ID:BsvpKhMf0
「ウィ、ムシュー!」コトッ

まどか「……何これ? カツサンド?」

さやか「食べろってことかな?」

「ウィ、ムシュー!」サッ

まどか「今度は紙?」

さやか「なになに? 『特製カツサンド、三皿完食せよ』?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:14:33.39 ID:BsvpKhMf0
まどか「えっ……美味しそうだけど、そんなの急に言われても」

さやか「へえ、面白そうじゃん! 三皿くらい、さやかちゃんにかかれば軽い軽い!」

まどか「さやかちゃん、そんな」

さやか「シッ……ここはやっておくべきだよ。囲まれてる。何だかわかんないけど、おもてなししてくれるようには見えないし」ヒソヒソ

「ウィ、ムシュー」「ウィ、ムシュー」「ウィ、ムシュー」

まどか「う、うん……無理はしないでね?」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:17:16.51 ID:BsvpKhMf0
「ウィ、ムシュー!」スタート!

さやか「それじゃ、いただきまー……」サクッ

さやか「!」

まどか「さやかちゃん?」

さやか「何これ、美味しいっ!!」

さやか「お肉も分厚いのに柔らかいし、甘辛のソースでしっとりしてるのに衣はサックサク!」

さやか「パンもしっとりしてて……ん~! これだったらいくらでも食べられちゃいそう!」

まどか「へ、へえ……」ゴクッ

「ウィ、ムシュー!」サッ

まどか「え? 『挑戦は一人ずつお願いします』? あ、はい」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:19:31.24 ID:BsvpKhMf0
さやか「おかわりっ!」カチャン

まどか「早っ! まだ三分くらいだよ?」

さやか「大きめだけど一皿に二つしか乗ってないしね、これなら三皿くらい朝飯前だよ!」ゴクゴク

「ウィ、ムシュー!」コトッ

さやか「お。きたきた。ん~!」カプッ サクサク ゴクゴク




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:23:23.43 ID:BsvpKhMf0
さやか「ん……あれ……?」

まどか「さやかちゃん? どうしたの?」

さやか「おっかしいな……なんか、急にお腹いっぱいに……」

まどか「えっ、一皿目はあんなに早かったのに……」

さやか「う、んっ……」ゴクゴク

さやか「うう、ソースの味がくどく感じる……口の中がからい……」

さやか「パンが喉に引っかかって、飲み込みづらい……」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:26:34.68 ID:BsvpKhMf0

「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」

さやか「う……」

まどか「え……『制限時間はあと10分』?」

さやか「た、食べないと……」モク…

さやか「うう、あんなに美味しかったのに……口の中がパサついてつらいよ……」

「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」「ウィ、ムシュー!」

まどか「や、やだ……近付いてこないで……!」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:30:14.57 ID:BsvpKhMf0
???「そこまでよっ!」

「ウィ、ムシュー!?」「ウィ、ムシュー!?」「ウィ、ムシュー!?」

マミ「その挑戦、この私が引き継ぐわ!」

さやか「え……?」

マミ「交代よ、無理しないで休んでてね」

さやか「あ、はい……」

まどか「あなたは……?」

QB「彼女はマミ。MGFF所属のフードファイターさ」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:33:30.11 ID:BsvpKhMf0
さやか「え、何この犬……猫? うさぎ?」

QB「どれでもないよ、僕の名前はキュゥべえ」

QB「それにしても危ないところだったね、美樹さやかに鹿目まどか」

まどか「私たちのこと、知ってるの?」

さやか「危ないって……?」

QB「ここは奴ら、WFFの結界なのさ。さっきの挑戦に失敗したが最後、君たちはカツの材料にされて食べられてしまうところだったよ」

まどさや「えっ」ゾー…

QB「あ、出されてるカツサンドはちゃんと豚肉だよ?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:36:52.91 ID:BsvpKhMf0
さやか「あのマミさんって人、大丈夫かな……二皿目から凄くしんどくなったし……」

QB「さやか、それは君の食べ方がまずかったせいさ。マミの食べ方を見るといい」


マミ「制限時間は15分ね……いただきます」

マミ「ん……美味しい」ハムッ モクモク

さやか「えっ、あんなに小さくのんびり食べて間に合うの……!?」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:40:15.36 ID:BsvpKhMf0
マミ「次をちょうだい」カタッ

まどか「一皿五分くらい……かな?」

さやか「あれ? 二皿目に入っても全然ペースが落ちない」

QB「マミはベテランのフードファイターだからね。この程度の量なら胃の調整みたいなものさ」

QB「さやか、君の食べ方のまずかった点は二つある」

QB「一つ目は大口でがっつきすぎたこと。パンはたくさん口に含むと口の中の水分を一気に奪うからね」

QB「二つ目は水の飲みすぎ。水は胃の中の食べ物を膨らませるし、それ自体でお腹いっぱいになりやすいんだ」

QB「マミを見てごらん。姿勢よく一定のペースで、水も最小限に抑えているだろう?」

さやか「本当だ……あんなにちまちま食べてるのに早いし」

まどか「それに、なんだか綺麗……」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:43:44.35 ID:BsvpKhMf0
マミ「ごちそうさま。美味しかったわ」

「ウィ、ムシュー……」

まどか「取り囲んでた人たちが消えてく……」

さやか「助かったんだ……」

QB「いいや、ここからが本番さ」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:46:32.27 ID:BsvpKhMf0
マミ「さあ、前座はすんだわ。出てきなさい、WFFのフードファイター!」

ゲルトルート「ふふ、あの程度のメニューでは肩慣らしにもなりませんか。骨のある相手のようですわね」


さやか「あの人……」

QB「あれがこの結界の主、WFFのフードファイターさ」

QB「奴らは結界に人を迷い込ませて、自分の使い魔にしたり料理の材料にしたりしてしまうんだ」

QB「さっきの君たちみたいにね」

まどか「ひっ……」

マミ「キュゥべえ。恐がらせないの」

マミ「大丈夫よ……私が勝つから」

ゲルトルート「舐められたものね……ルールは30分無制限の大食い勝負! メニューはカツ丼よ!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:49:57.12 ID:BsvpKhMf0
「ウィ、ムシュー!」

まどか「うわあ、分厚くって大きなトンカツ……」

さやか「おおっ! 小鍋でタマネギと一緒にツユでさっと煮込んで、溶き卵……!」

ザッ ジュパア…!!

まどか「ふわあ……とろっとろの半熟だよぉ!」

さやか「三つ葉を散らして出来上がり、と。カツサンドで気持ち悪かったのに、なんであんなに美味しそうなんだろ……」ゴクッ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:52:25.29 ID:BsvpKhMf0
「ウィ、ムシュー!」スタート!

マミ「いただきます」

まどか「わ、すごい湯気……!」

QB「熱々のご飯に半熟の卵にとじられた揚げたてのカツ……丼ものの中でも熱さはかなりのものだし、冷めにくい」

QB「フードファイトのメニューとしては難易度が高い方だね」

マミ「……」コク

マミ「ん、美味しい」サクッ モクモク

さやか「ん? 今何したの……?」

QB「舐める程度に氷水を口に含んだね。熱い料理を食べる時に口の中を冷やしておく基本の技さ」

さやか「なるほどー」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/19(日) 23:56:59.58 ID:BsvpKhMf0
マミ「……」サクッ モクモク

ゲルトルート「……」フーッ モグモグ

まどか「二人とも思ったより静かに食べてるね」

QB「30分の勝負は思った以上に長いものさ。最初はとにかく自分の無理のないペースを守って食べていくのが基本だよ」

QB「無制限のこの勝負、いかに30分食べ続けるか。どこでスパートをかけるかが勝負だね」

さやか「マミさんって人の方が少し早いかな? これなら勝てそうだね」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:01:01.26 ID:itOPHLFh0

20分経過

マミ5杯完食 ゲルトルート4杯完食


ゲルトルート「ふふ、なかなかやるじゃないですか」モグ…

マミ「あら、話してる余裕があるの?」モクモク


さやか「なーんだ、楽勝じゃない。これなら安心して見てられそう」

QB「いや、勝負ここからさ。WFFが動く……!」


バシャア!!




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:05:10.42 ID:itOPHLFh0
まどか「えっ……!?」

さやか「カツ丼にコップの水をかけた……!?」


ゲルトルート「勝たせてもらうわ!」ズッ ズズズズズ…!


まどか「お茶漬けみたいにすすり込んでる……すっごい早いよ!」

さやか「うわ、マミさんにもう追いついてる!? でも、あんな食べ方したらカツ丼が……」

QB「そう、あれがWFFの戦い方さ……勝つためなら料理の味を台無しにすることも構わない」


マミ「……」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:09:11.29 ID:itOPHLFh0
残り5分 

マミ6杯完食 ゲルトルート7杯完食


ゲルトルート「ふふふ……あなたたちMGFFはいつもそう。料理の味になんて小さなことにこだわっているから負けるのよ!」ズゾゾゾ…!

マミ「……」

         マスケット
マミ「そう……小口径じゃ追いつけそうにないわね」


まどか「このままじゃ追いつけないよ!」

さやか「マミさん……!」

QB「いや、ここからがマミさ」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:12:08.93 ID:itOPHLFh0
    カノン
マミ「大口径……」スゥ…

マミ「ティロ・フィナーレ!」ガパア!!

ゲルトルート「!?」


まどか「えっ!? あんなにたくさん、一口で……!?」

さやか「すごい大口……それに、箸で持ち上げてるのもすごい量……!」

QB「あれが本来のマミさ。普段はペースを守るために口径を絞ってるんだけどね」

QB「スパートをかける時のマミは大口径! あんな丼、マミにかかれば五口くらいでペロリさ!」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:14:54.94 ID:itOPHLFh0
マミ「……」ザクッ モグモグ ゴクンッ ザクッ モグモグ ゴクンッ

ゲルトルート「……!?」ズズズズズ…!

ゲルトルート(あっちの方が早い!? そんな、明らかにこっちの方が食べやすいのに……!?)

ゲルトルート「う……!?」ガクンッ




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:19:21.43 ID:itOPHLFh0
マミ「……大量の水分が効いてきたみたいね」

マミ「あなたの食べ方は確かに食べやすくなる……でも、一度手を止めれば満腹感で続行は不可能になる諸刃の剣」

ゲルトルート「ま、まだ私は……」グ…

ゲルトルート「う、けほっ……の、飲み込めない……!」

マミ「何より、あなたはカツ丼の味を台無しにした……! 水を吸って冷たく膨らんだカツ、冷えて固まった卵がその状態で入るはずがない!」

ゲルトルート「あ……あ……」

マミ「……ごちそうさま」カタン


決 着

○マミ8杯完食 ゲルトルート7杯完食●




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:24:28.13 ID:itOPHLFh0
ゲルトルート「……」スー…


まどか「あの人、消えていく……!」

さやか「あれ、周りの景色も……ここって、元の和菓子屋さんの前?」

マミ「WFFのフードファイターが負けたから、結界を保てなくなったのよ」

さやか「あ……」

マミ「危ないところだったわね? 無事に間に合ってよかったわ」

さやか「あ、ありがとうございました!」

まどか「あの……凄くかっこよかったです!」

マミ「あら、そんなふうに言われると照れるわね」クスッ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:27:16.15 ID:itOPHLFh0
QB「どうだい、これがフードファイターさ」

QB「美樹さやか、鹿目まどか。君たちにも素質がある」

QB「何よりこうしてWFFの結界に迷い込んだ君たちだ、身を守る手段は持っておいたほうがいい」

QB「二人とも、僕と契約してMGFF所属のフードファイターに……」


???「その必要はないわ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:32:04.03 ID:itOPHLFh0
まどか「ほむらちゃん……?」

さやか「転校生じゃない、どうしてここに」


ほむら「そんなことはどうでもいいの……あなたたち、フードファイターになってはいけないわ」

ほむら「なってしまえば、大きすぎるリスクを背負うことになる……」

マミ「あら、それは二人が自分で決めることじゃない?」

ほむら「……巴マミ」

マミ「あなたもフードファイターならわかるはずだわ。素人のまま結界に迷い込む危険が」

マミ「事情があるのならフードファイターらしく、食事でもしながらゆっくり話したらどうかしら?」

ほむら「……」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:35:49.77 ID:itOPHLFh0
ほむら「……あなたたちは知らなすぎる」

ほむら「二人とも、絶対にフードファイターになってはならない……覚えておいて」ス…


まどか「あ……」

さやか「行っちゃった……何だったんだろ」

QB「暁美ほむら……彼女もMGFF所属のフードファイターの一人だよ」

QB「正式に契約した覚えがないし、彼女がフードバトルをしてるところは見たことがないんだけどね」

さやか「何それ?」

QB「詳しい事情は僕にもわからない。暁美ほむらはイレギュラー中のイレギュラーさ」

マミ「立ち話もなんだし、そろそろ場所を変えましょう? よかったらうちで美味しい紅茶をご馳走するわ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:40:07.97 ID:itOPHLFh0
マミ「これがソウルジェム。MGFFに所属するフードファイターのライセンスよ」

まどか「わ……綺麗ですね」

さやか「ん、でもちょっと濁ってるみたい」

マミ「そう、そこでこれ。さっきのWFFのフードファイターのライセンス、グリーフシード」

マミ「これをソウルジェムに当てれば」

まどか「あ、濁りが消えてく!」

マミ「ええ、ソウルジェムはフードファイターの力の象徴。これで胃もたれすっきり、体調もばっちりね」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:40:49.63 ID:UAMaAB250
普通にキャベジンじゃあかんのか…?




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:45:21.20 ID:itOPHLFh0
まどか「何でも願いを?」

QB「そうさ。MGFFにフードファイターとして所属してもらう代わりに、何でも一つだけ願いをかなえてあげられる」

さやか「マミさんは何をお願いしたんですか?」

マミ「……集団食中毒でね。命を助けてもらったわ。もっとも、助かったのは私だけだったけどね」

さやか「あ……ご、ごめんなさい」

マミ「いいのよ」

マミ「それより、暁美さんじゃないけれどよく考えて決めた方がいいわ」

マミ「願いは一つだけ……それに、フードバトルが危険なのも確かだから」

さやか(何でも一つだけ……)




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:49:14.10 ID:itOPHLFh0
マミ「まあ、今決めろって話じゃないわ。フードファイターにはいつでもなれるし」

マミ「まずはフードファイターがどういうものか知ってもらうことが先決ね」

マミ「二人さえよければ、私のフードファイトを見て勉強してほしいんだけど……どうかしら?」

まどか「は、はい! よろしくお願いします!」

さやか「あたしも……! お願いします!」

マミ「うん、決まり。じゃあ明日の放課後からよろしくね」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:53:04.20 ID:itOPHLFh0
マミ「……何回か付き合ってもらったわけだけど、どうかしら?」

さやか「マミさんが凄いってことがわかりました!」

マミ「ふふ……そう言ってもらえるのは嬉しいけどね」

まどか「うん……フードファイトって厳しいんだなってわかったんですけど」

まどか「でも、マミさんはそんな戦いの中でも美味しそうに、綺麗に食べてて!」

まどか「あの……私もあんなふうになれたら嬉しいなって」

マミ「あら、少し持ち上げすぎじゃない? ふふっ」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:56:45.13 ID:itOPHLFh0
QB「マミ、上機嫌なところ悪いけど」

マミ「ええ、気付いてるわ。近くに結界があるわね」

さやか(ん、この辺りって確か病院の……)

マミ「結界が開くわ! 二人とも掴まって!」

まどか「は、はい……わっ」


ゴオッ




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 00:59:11.16 ID:itOPHLFh0
まどか「ん……甘い匂い」

さやか「うわ、何ここ? この壁クッキーでできてるよ」コンコン

マミ「ここのフードファイターの得意分野はお菓子ってことかしらね」

QB「マミの得意分野でもあるね」

マミ「そういうこと。ささっと片付けてあげるわ……あの子がそうかしら?」


シャルロッテ「……」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:04:54.69 ID:itOPHLFh0
まどか「なんだか小さい子ですね……大人しそうで」

さやか「あんまり食べなさそうだし、楽勝ですね!」

マミ「油断は禁物よ、二人とも」

シャルロッテ「……」トテトテ サッ

まどか「え、私が読むの? えっと、『ショートケーキ1ホール早食い勝負』ですって」

マミ「そう……受けて立つわ」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:08:32.46 ID:itOPHLFh0
「ヴォーノ!」「ヴォーノ!」「ヴォーノ!」

さやか「運ばれてきたね……それにしても1ホールって多いけど、それでも今までのフードファイトの中だと少ないような」

QB「いい疑問だね、さやか。フードファイトには大食いと早食いの二種類があるんだ」

さやか「ん……どういうこと?」

QB「極端に制限時間が長かったり、量が多かったりするものが大食い。これはどれだけの量を食べられるか、どれだけ食べ続けていられるかが重要だ」

QB「今回みたいに規定の量を食べる早さを競ったり、短時間での勝負の場合は早食い。食べるスピードがものをいうね」

まどか「ってことは、今回は早食いの勝負なんだね」

QB「そう……そして大口径を持つマミは本来早食いの選手なのさ!」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:11:49.94 ID:itOPHLFh0
「ヴォーノ!」スタート!


マミ「いただきます」カチャ

マミ「ん……生地もクリームも甘すぎず、ふんわりしてる。いいケーキだわ」

シャルロッテ「……」モグモグ…

マミ(相手のスピードもたいしたことない……それに、この量なら十分最後までもつわね)

                             カノン
マミ「悪いけど、一気に決めさせてもらうわ! 大口径……!」ガパア

マミ「ティロ・フィナーレ!」バクッ バクッ




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:15:44.12 ID:itOPHLFh0
まどか「わ! マミさんがもうティロ・フィナーレを!」

QB「先行逃げ切りだね。最後まで突き放してしまった方が早いと考えたんだろう」

さやか「早い! もう半分も残ってないよ!」


マミ(ふふ、二人ともはしゃいじゃって……)

マミ(胃袋が軽い……こんな気持ちで戦うの初めて)

マミ(もう何も恐くない! 一人ぼっちじゃないもの!)

シャルロッテ「……」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:20:54.70 ID:itOPHLFh0
まどか「あれ? 相手の子、イチゴだけ集めて……コップに?」

ギュイイイイ!! ゴクン

さやか「え!? ジュースにして飲んじゃった……!?」

まどか「あんなハンドミキサーみたいなの、どこから出したんだろ……」


マミ(箸休めに最適なイチゴを真っ先に……?)

マミ(何を考えてるか知らないけど、もう勝負はつくわ……!)バクッ バクッ

シャルロッテ「……」スゥ…




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:26:13.77 ID:itOPHLFh0
シャルロッテ「いつから、ウチのこと雑魚や思うとった?」

マミ「え……?」


メキメキメキメキ ゴパア…!


まどか「な、何あれ……あの子、いきなり大きく……!?」

さやか「それにあの口……ほとんど耳まで裂けてる! 大きすぎるよ!?」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:30:47.48 ID:itOPHLFh0
マミ「……!」

マミ(差はまだある! もう三分の一も残ってないんだから、すぐに……!)

シャルロッテ「……」ムンズ


グシャグシャグシャ…!!


まどか「うわ、ケーキが……!」

さやか「ひどい……あんなクシャクシャに丸められて……あれじゃただの小麦ダンゴじゃない!」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:33:59.96 ID:itOPHLFh0
マミ「う、あ……」

マミ「~~~~ッ!」バクッ モググッ

シャルロッテ「あー……」アーン…


パクン ムシャムシャ ゴクン


マミ「あ……」


決 着

●マミ(残り四分の一) シャルロッテ(完食)○


マミ「そんな、私……負け……」


パキイイイインッ…




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:38:05.15 ID:itOPHLFh0
まどか「そんな……マミさんのソウルジェムが……」

さやか「え、何これ……マミさん、どうなっちゃったの?」

QB「まどか! さやか! 僕と契約してフードファイターになるんだ! 生身じゃあいつには太刀打ちできない!」


マミ「……」

シャルロッテ「あらら、これくらいで壊れてしもて……情けない子ォやな」

シャルロッテ「ちょうど口直しが欲しかったトコや。肉ってのもええな……」ガパア


まどか「マミさん!? やめてえーーーーッ!!!」

QB「契約するんだ! 早く!」

???「それには及ばないわ!」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:43:34.82 ID:itOPHLFh0
ガチンッ

シャルロッテ「……」ムグムグ

シャルロッテ「ん? 消え……?」


ほむら「間一髪……だけど」

まどか「ほむらちゃん! マミさん助けてくれたの!?」

さやか「よかった、食べられちゃったかと思った……!」

ほむら「いえ……間に合わなかったわ。巴マミは負けてしまった……」

マミ「……」


シャルロッテ「人のご馳走横取りしよってからに……マナー教えたらなアカンな」

???「席につけよ。あんたの相手はあたしだ」

シャルロッテ「うん……?」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:47:24.40 ID:itOPHLFh0
まどか「あの子は……?」

ほむら「佐倉杏子……巴マミと面識のあるフードファイターよ」

ほむら「本当は、巴マミがファイトを始める前に到着するはずだったのに……!」

まどか「ほむらちゃん……?」


シャルロッテ「ふーん……同じルールでええんやろな?」

杏子「構わねーよ。さっさと始めな」

シャルロッテ「ま、ええわ。さっきの子はデザートにしたるさかい」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:51:47.26 ID:itOPHLFh0

「ヴォーノ!」スタート!


ギュイイイイ!! ゴクゴクン…!


さやか「うわっ、今度は開始と同時に……!」

まどか「無理だよ! あんな早さで食べるのなんてできっこないよ!」

ほむら「いえ、佐倉杏子……彼女なら」


杏子「……」スッ… トントントン…




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 01:55:35.15 ID:itOPHLFh0
まどか「え? 何してるの、あれ……?」

ほむら「ケーキをナイフで切っている……それも、一口サイズに切り揃えているようね」

さやか「そんなことしてる場合じゃないでしょ!? だって相手は!」


ムンズ グシャグシャグシャ…!!


さやか「あああっ、もう小麦ダンゴができちゃった……!」

まどか「杏子ちゃんは……?」

ほむら「……丁寧にクリームを伸ばして、ケーキの断面に塗ってるわね」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:00:07.05 ID:itOPHLFh0
シャルロッテ「ちまちま御苦労さんやなあ……さっきの子ォの方が歯応えあったで」

杏子「……」ニヤ

シャルロッテ「うん?」

杏子「あんたこそ、モタモタしててくれてありがとよ。おかげで準備完了だ」チャッ


さやか「両手にフォーク……!?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:09:30.66 ID:itOPHLFh0
杏子「うおおおっ!!!」ガガガガガガガッ!!!


まどか「早っ……! 全然止まらないよ!?」

QB「そうか……! 一口サイズにカットして周りをクリームでコーディングすれば喉の通りはよくなる!」

QB「パサつくスポンジのために水分を補給する必要がなくなるんだ!」


シャルロッテ「な、何をいまさら……」

シャルロッテ「このダンゴさえ食うてまえば、ウチの勝ちや!」ガポッ


シャルロッテ「……」ムグムグ

シャルロッテ「……! ……!」ムグッ ムグッ




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:12:17.58 ID:itOPHLFh0
QB「対してあのダンゴはいくら圧縮したとはいえ、イチゴすら入ってないスポンジ生地の固まり」

QB「あの量を一気に口に入れて飲み込むにはかなり時間がかかる……!」


シャルロッテ(くっ……水、水を……!)

杏子「へへ、ごちそうさん」カチャ

シャルロッテ「……ッ!!!」


決 着

○杏子(完食) シャルロッテ(飲み込めず)●




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:16:40.75 ID:itOPHLFh0
数日後・病院


まどか「マミさん、入りますね」

マミ「……」ボー…

まどか「マミさん、今日はほら! さやかちゃんのおすすめの和菓子を買ってきたんですよ!」

まどか「マミさんは洋菓子のほうが好きみたいでしたけど、たまには和菓子で緑茶かほうじ茶なんてのもいいかなって!」

まどか「ほら! パパに緑茶淹れてもらって、水筒に入れてきたんです! 熱々ですよ!」

まどか「あむ……」パク ズズ…

まどか「ふああ……日本人でよかったぁ」

マミ「……」

まどか「……ね、マミさんも一緒に……」

マミ「……」

まどか「マミさぁん……っ!」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:19:33.66 ID:Cn+N28KF0
死ぬより酷いじゃない……




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:19:50.64 ID:itOPHLFh0
ほむら「もうやめなさい、まどか」

まどか「ほむらちゃ……っ」

ほむら「巴マミはWFFとのフードファイトに負け、ソウルジェムを砕かれた」

ほむら「巴マミはもう、物を食べることができない……」

ほむら「それどころか、心ももう……」

まどか「こんなのってないよ! あんまりだよ……!」

ほむら「……悲しいかもしれないけれど、これがフードファイター。負けるということは、こういうことなの」

ほむら「まどか、わかったでしょう? あなたはまだ引き返せる」

ほむら「フードファイターのことは忘れて、普通の生活に戻りなさい……」

まどか「……っ」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:23:29.37 ID:itOPHLFh0
同刻・別の病室


さやか「恭介、入るよ?」

恭介「……さやかか」

さやか「うん、元気にしてた? あ……駄目じゃない、またこんなに残しちゃって」

恭介「……」

さやか「ほら、今日もお土産持ってきたよ! 恭介が好きだった和菓子屋さんの!」

さやか「まどかのお父さんにお茶も分けてもらったからさ、これでおやつに」

恭介「……っ」バシッ

さやか「あっ……!」

恭介「さやかは僕を苛めてるのかい?」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:27:35.87 ID:itOPHLFh0
さやか「そんな……あたし、そんなつもりじゃ」

恭介「じゃあどういうつもりなんだよ!?」

恭介「いつもいつも食べ物ばかり持ってきて……! 僕はもう、味もわからないのに!」

恭介「もう食べ物なんて見たくもないんだ! やめてくれよ!」

さやか「恭介、ごめ……」

恭介「こんな、こんな舌なんか……!」

さやか「恭介……駄目ぇ!」

ガチッ!!




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:30:29.95 ID:itOPHLFh0
さやか「痛つ……っ」

恭介「む……ぷはっ」

恭介「あ……さやか、血が……」

さやか「平気、このくらい……駄目だよ、舌噛み切ろうなんてさ……死んじゃうよ?」

恭介「……ごめん」

恭介「でも……僕はもう死んでしまいたいんだ……」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:35:05.91 ID:itOPHLFh0
さやか「恭介、そんな……もう怪我は治りそうなんでしょ? また厨房に立てるって」

恭介「駄目なんだよッ!」ガンッ!!

さやか「ひっ……」ビクッ

恭介「先生に言われたんだ……僕の舌はもう治らないって。もう味覚が戻ることはないって……!」

恭介「こんなんじゃ、もう料理なんて作れない……!」

恭介「こんな僕は! もう!」

さやか「やめてよ恭介! 落ち着いて!」ガバッ




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:38:52.51 ID:itOPHLFh0
恭介「うう……っ」

恭介「ごめん、ごめんよ……さやか……」

恭介「もう……さやかが美味しいって言ってくれた料理も、何も作れない」

恭介「奇跡か、魔法でもない限り……もう……」

さやか「……あるよ」

恭介「……え?」

さやか「奇跡も、魔法も、あるんだよ」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:43:00.49 ID:itOPHLFh0
まどか「あ……さやかちゃん」

さやか「まどか……マミさん、どうだった?」

まどか「……」フルフル

さやか「そっか」

まどか「どうして、こんなことになっちゃったのかな……?」

まどか「私はただ……綺麗に、一生懸命ご飯食べてるマミさんがかっこよくて」

まどか「いつか、私もマミさんの横で食べれたら嬉しいなって……それだけだったのに……」グスッ

さやか「うん……わかる、わかるよ」ギュッ




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:46:57.87 ID:itOPHLFh0
まどか「ほむらちゃんは、もうフードファイターに関っちゃ駄目って。あんなふうになっちゃ駄目って」

まどか「私……私、そう言われた時、凄く悲しかったけど……でもほっとしたの」

まどか「マミさんみたいにならなくていい……そう思っちゃった……!」

まどか「私……わたしっ……!」

さやか「いいんだよ、まどか。それで……」

さやか「マミさんは、まどかがフードファイターにならなくても怒らないから……大丈夫だから……」

まどか「……」グスッ ヒック…

さやか「いいんだよ、まどか。戻ろう。普通の生活に」

まどか「さやかちゃん……」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:49:11.09 ID:itOPHLFh0
まどか「……」

まどか(あれからもう一週間か……)

まどか(本当に元に戻っちゃったな。マミさんにも、恐くて会いにいってないし)

まどか(私、ひどい子だな……)

まどか「……ん? あそこにいるのって」


仁美「……」フラフラ




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:53:22.13 ID:itOPHLFh0
まどか「仁美ちゃん? どうしたの、こんな時間に……いつもだったら習い事のはずじゃ」

仁美「カネシ……カネシが欲しいんですの……」フラフラ

まどか「え、ちょっ……仁美ちゃ……!?」

まどか(仁美ちゃんの首筋の模様……あれって確か、マミさんが教えてくれたWFFの口付け……!)

まどか「ひ、仁美ちゃん駄目だよ! おうちに帰ろう!」ギュッ

仁美「あら……まどかさん、ご一緒しましょう……この世の楽園にお連れしますわぁ」グイグイ

まどか「あう、う……凄い力……!」ズルズル…




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 02:58:27.94 ID:itOPHLFh0
仁美「さ、着きましたわよぉ」

まどか「う……ここ、結界……?」

まどか(何ここ……すっごい獣臭いし、暑い……!)


「マシマシ!」「マシマシ!」「マシマシ!」

エリー「引きこもって二郎が楽しめる幸せ……あれ、ご新規様?」ゴロゴロ…

まどか「……!?」

まどか(何あれ、ラーメン……?)




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:04:11.13 ID:itOPHLFh0
エリー「あっちゃー、口付けもついてないの運んできちゃったんだ……めんどくさいなあ」

エリー「そこの子、挑戦したいなら受けるけどどーする?」

エリー「無理そうならスープのダシになってもらうけどね」

まどか「やっ、やります! やります!」

エリー「ふーん……そう。やめといた方がいいと思うけどね」ムクッ

エリー「ヤサイマシマシニンニクアブラカラメ、先に完食した方が勝ちね」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:06:19.41 ID:RbRKWlJz0
カネシってなんだ




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:07:52.98 ID:itOPHLFh0
「マシマシ!」「マシマシ!」「マシマシ!」

まどか「何……これ……」

まどか(脂と醤油の匂いが凄い……ドンブリの上に脂まみれの野菜が山になってる……麺が見えない)

仁美「はあぁ……カネシのかぐわしい香り、たまりませんわぁ……!」

エリー「準備いい? じゃあよーい、スタート」ズズーズルズル モグモグ

まどか「む……」

まどか「無理! 無理だよこんなの! 食べられっこないよ! こんなの絶対おかしいよ!」

エリー「無理……?」ピクッ




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:08:37.29 ID:RbRKWlJz0
ああ…




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:09:37.80 ID:N5zeMDpm0
当然の二郎www




99 :>>94カネシ醤油。ラーメン二郎のベースとなる調味料:2012/02/20(月) 03:11:07.89 ID:itOPHLFh0
エリー「それっておかしいよね? 私、やめた方がいいって忠告したし」

エリー「自分で挑戦するって言っておいて、せっかく出てきた二郎に箸もつけないなんて……」

エリー「そ れ っ て ど う な の ?」

まどか「え……?」

仁美「……ギルティですわ」

「ギルティ!」「ギルティ!」「ギルティ!」

まどか「う、あ……」

まどか(ああ、私……ばちが当たったんだ。マミさんがあんなふうになったのに、見て見ぬふりして自分だけ普通の生活に戻ろうなんてするから……)


???「ノットギルティー!!!」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:14:25.90 ID:itOPHLFh0
エリー「……今度は何?」

さやか「その二郎はあたしが食べる! 挑戦を引き継ぐよ!」

まどか「さやかちゃん……?」

さやか「まどか、間に合ってよかった……本当に」

エリー「へー、少しはわかってる子なのかな? 熱いロットバトルにしてよね」

エリー「じゃないと……ブタにしちゃうから」

さやか「望むところ……フードファイターさやかちゃんが受けて立つ!」

まどか「さやかちゃん!? それ、ソウルジェム……!」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:19:52.56 ID:itOPHLFh0
エリー「じゃ、新しいの用意するから……それは食べていいよ」

仁美「よろしいんですの!? いただきますわ!」ハムッ ハフハフッ ハフッ


まどか「さやかちゃん……どうして……」

さやか「ごめんね、まどか。どうしても叶えたい願いがあったんだよ」

さやか「大丈夫、うまくやるから。心配しないで!」

まどか「う、うん……」


仁美「んんっ今日のブタは固め……でもブレの範囲内! ブレの範囲内ですわぁん!」モグモグ




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:23:35.40 ID:itOPHLFh0

「マシマシ!」スタート!


エリー「いただきまーす」ズルズル シャクシャク

さやか「……」

さやか「……そぉい!」グルンッ

エリー「ん……へえ、天地返し知ってるんだ? 少しは楽しめそう」

さやか「それだけでもないけどね」チャッ

エリー「……両手に箸?」


まどか「あ、あれって……」

???「そう、あたしが教えたのさ」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:26:04.10 ID:itOPHLFh0
まどか「杏子ちゃん、知ってたの……?」

杏子「一週間くらい前、さやかが急に訪ねてきてな」

まどか(あの後すぐに……?)

杏子「止められはしなかった……だから、基礎は一通り叩き込んでやったよ」

杏子「上手く決まればいいけどな、二丁食い」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:30:13.42 ID:itOPHLFh0
さやか(片方で麺をすすって、もう片方は持ち上げて冷ましておく……)ズズーッ

さやか(こうすれば吹いて冷ます手間はないし、スープを吸って麺が伸びることもない……!)ズズーッ

エリー「やるじゃん……でもロッターとして、ジロリアンとして……」

エリー「たたで負けてあげるわけにはいかないんだよ!」ズズーッ ズルズルズーッ


「ごちそうさまっ」ガタンッ




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:35:40.32 ID:itOPHLFh0
さやか「……」ハアッ ハアッ

エリー「……」

さやか「……っ」

エリー「ちぇっ、ブタ一枚差かあ……」


決 着

○さやか(完食) エリー(残りブタ一枚)●


エリー「ま、なかなか熱いロットバトルだったよ……じゃね」スー…




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:31:13.26 ID:nSYnwVCL0
まだ読み始めたばっかりだけど、どうやらてんむすスレではないようだ・・・




108 :>>106参考文献の一つではある:2012/02/20(月) 03:40:19.13 ID:itOPHLFh0
杏子「WFFにしちゃ変わった奴だったな……邪道喰いもしなかったし」

まどか「さやかちゃん……!」

さやか「まどか……へへ、初めてにしちゃ上手くやったでしょ? あたし」

まどか「よかった……本当によかったぁ……!」ギュッ

さやか「うぶっ……まどか、今は駄目! 今はお腹押しちゃ駄目!」

杏子「オイ、食い物粗末にすんなよ? 戻したら殺すぞ?」


仁美「うーん……ここは? なぜでしょう、胸焼けが、ひど……」

ゲボオッ オロロロロロ…


まどさや杏「……」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:44:09.18 ID:itOPHLFh0
病院


さやか「恭介、入るよ!」

恭介「さやかか……」

さやか「またご飯食べてないの? 仕方ないなー」

恭介「ほっといてくれよ……もう食べ物なんて見たくも」

さやか「えいっ」グボッ

恭介「むごっ!? むぐぐ……」モゴモゴ ゴクン

恭介「ぶはっ……いきなり何するんだ!? うう、口の中が甘ったる……」

恭介「……え? 甘い……?」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:48:54.32 ID:itOPHLFh0
さやか「どう? 恭介……」

恭介「さやか……僕、味が……はは、何で?」

さやか「言ったでしょ? 奇跡も、魔法もあるって」

恭介「さ、さやか……っ!」ガバッ

さやか「ああ、もう……そんな子供みたいに泣かないの。さやかちゃんの胸は高いんだからね?」

さやか(後悔なんて、あるわけない……!)




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:46:49.72 ID:nv/dRCmS0
どこからが邪道喰いなんだろうね
丼もう一つ用意してそっちに麺を移して冷ますのはアリだろうか




113 :>>111原作『食いしん坊』ではアリ。味を損なったり、下品にならなければ基本はOKな印象:2012/02/20(月) 03:51:36.65 ID:itOPHLFh0
パトリシア「そんな……私のミキサー喰いが敗れるなんて……」スー…


さやか「はあっ……何とか勝てた……!」

まどか「さやかちゃん、大丈夫!?」

さやか「大丈夫、大丈夫だよ……ちゃんと勝ったじゃん」

まどか「でもさやかちゃん、顔が真っ青だよ……! 食べてる時も辛そうで、背中も丸まってたし……」

さやか「何ともないって……」


ほむら「美樹さやか、あなた……グリーフシードを使っていないわね」

さやか「転校生……」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:54:42.93 ID:itOPHLFh0
まどか「本当なの……? さやかちゃん」

さやか「……」

まどか「さやかちゃん、見せて。ソウルジェム」

さやか「……」スッ

まどか(う……半分くらい濁っちゃってる……!)

まどか「どうしてこんなこと……ソウルジェムは力の象徴だってマミさんも言ってたじゃない!」

さやか「……それは」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 03:58:43.19 ID:itOPHLFh0
ほむら「巴マミはもう駄目よ。元には戻らない」

さやか「……っ!」


まどか「え……さやかちゃん、どういうこと……?」

さやか「……」

さやか「マミさん、言ってたじゃない。グリーフシードでソウルジェムを綺麗にするって」

さやか「だったら……たくさんグリーフシードを集めれば、もしかしたらマミさんも……」

ほむら「無理よ。そのグリーフシードを使うソウルジェムがもう」

さやか「転校生は黙ってて!」

ほむら「……」





117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:02:52.21 ID:itOPHLFh0
さやか「だいたい、あんたは何なのさ……」

さやか「マミさんが戦えなくなっちゃったから、あたしはこうして頑張ってるのに……あんたは何してんの?」

さやか「キュゥべえもあんたがフードファイトしてるところは見たことないっていうじゃない」

ほむら「それは……」

さやか「関係ない、見てるだけの人間が口を挟まないで!」

まどか「でも、さやかちゃん……このままじゃ、さやかちゃんも……」

さやか「……大丈夫だよ、まどか。本当に駄目そうなら使うからさ」

ほむら「認識が甘いわよ、美樹さやか。それじゃ本当に……」

さやか「だからあんたは……!」


まどか「……っ!」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:05:17.23 ID:itOPHLFh0
まどか「さやかちゃん、ごめん!」バッ タタタタッ…!

さやか「わっ……!?」

ほむら「まどか!?」

さやか「あたしのソウルジェム……!」

ほむら「くっ……」ダッ

さやか「待ってよ、まどか……!」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 04:09:14.72 ID:itOPHLFh0
さやか「まどか……どこ行っちゃったんだろ」キョロキョロ

杏子「ん、さやかじゃねーか」

さやか「あ、杏子……まどか見なかった?」

杏子「いや、見てねーけど……何かあったのか?」

さやか「実は……」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:19:26.10 ID:itOPHLFh0
杏子「はあ……あんたも本当にバカだねえ」

さやか「そんな言い方ってないでしょ!?」

杏子「いいや、バカだ。まどかだって一緒に目の前でマミがああなったのを見てたんだろ?」

杏子「だったら、あんたが同じようになりそうなのを黙って見てられると思うのかい?」

さやか「あ……」

杏子「まったく、無茶ばっかりしやがって……師匠としては頭が痛いよ。ほれ」ヒュッ

さやか「……!」パシッ

杏子「食うかい?」

さやか「……まどかが見つかったら、ちゃんと謝るよ」シャクッ




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:22:10.94 ID:itOPHLFh0
さやか「……?」モグ…

さやか「う、うげっ……!?」ゲポッ

杏子「お、おい! 何やってんだよ、食い物を粗末にするんじゃねえ!」

さやか「あ、ああ……っ!」ゼエ…ゼエ…

杏子「おい、どうなっちまったんだよ!?」

杏子「さやか、おい! しっかりしろ!」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:25:45.25 ID:itOPHLFh0
ほむら「やっと見つけたわ……」

まどか「……」

ほむら「まどか、すぐに美樹さやかにソウルジェムを返しなさい……!」

まどか「だって、これがあるとさやかちゃん、また……」

ほむら「なければもっと困るのよ! それは……」

ほむら「……っ」

ほむら「いい? まどか……ソウルジェムっていうのはね……」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:30:18.00 ID:itOPHLFh0
杏子「探したぜ、キュゥべえ……」

QB「おや、杏子じゃないか。何か用かい?」

杏子「用かい? じゃねーよ。聞きたいことが山ほどある」

杏子「あたしたちの体はどうなってるんだ!? ソウルジェムってのはただのライセンスじゃねーのかよ!?」

QB「……そこに疑問を持ったなら、もう答えは出てるんじゃないのかい?」

杏子「……!」

QB「そうだね。人間はきっちり言葉にしてあげないと理解できないらしいから、答えてあげるよ」

QB「ソウルジェムは君たちの胃袋さ」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:35:21.59 ID:itOPHLFh0
杏子「ぐ……!」

QB「正確には消化器系と言うべきかな?」

QB「だからグリーフシードに直接作用させることで瞬時にコンディションが整えられる……合理的なシステムだろう?」

杏子「てめえ! それじゃ、あたしたちの体は抜け殻みたいなもんじゃねーか!」

QB「その通りだよ、杏子。何を怒っているんだい?」

QB「だいたい人間の体は不便なんだ。体調にすぐ左右されるし、消化にも時間がかかる。肥満体になれば内臓も圧迫されて大食いには向かない」

QB「その調整の手間が省けるんだ。フードファイターとしては最高のシステムだと思うんだけどね」

杏子「じゃあ……あたしが今まで食ってきたものは」

QB「特に意味はないんじゃないかい? ソウルジェムとグリーフシードさえあれば、君たちは生きていける体になってるからね」

杏子「……」

QB「君たち人間はいつもそうだね。事実を告げているだけなのに怒ったり、沈み込んだりする」

QB「わけがわからないよ」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:39:51.90 ID:itOPHLFh0
さやか「……」

まどか「……さやかちゃん」

さやか「……」

まどか「あの、ごめんなさい……これ……」スッ

さやか「……」パシッ

まどか「その……」

さやか「まどかも、もう知ってるんだね」

まどか「……」

さやか「笑っちゃうでしょ……あたしの胃袋、こんなのになっちゃったんだって……」

さやか「あたしの体、抜け殻なんだって……」

さやか「あたし、どうなっちゃってるんだろ……あたし今まで物を食べてたの? 捨ててたの? ねえ、教えてよ……」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:40:09.37 ID:RbRKWlJz0
胃袋www




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:43:07.43 ID:itOPHLFh0
まどか「……」

さやか「ごめん、こんなこと言われても困っちゃうよね」

まどか「さやかちゃ……」

さやか「来ないで!」

まどか「……!」ビクッ

さやか「……ごめんね。今は一人にしといて」

まどか「……」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:45:05.88 ID:Sv0iGZQ40
食べると濁るのか




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:49:06.83 ID:itOPHLFh0
ほむら「佐倉杏子」

杏子「……ほむらか」

ほむら「知ってしまったのね」

杏子「ああ……あんたは知ってたんだな」

ほむら「……ええ」

杏子「ひでえ話だよな……食い物を粗末にすんなって日ごろ言ってたあたしが、食べたもの全部無駄にしちまってたなんてさ」

ほむら「……それは」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:55:42.13 ID:itOPHLFh0
杏子「ま、今さらさ。フードファイターになった時点で、まともな人生なんざ歩めないのは知ってた」

杏子「でもさ……今回のは本当に堪えたよ」

杏子「……食い物がさ、食えなくなっちまった」

ほむら「……!」

杏子「大好きだったリンゴも一口食ったら吐き出しちまった……このあたしがだよ? 笑っちまうよな」

杏子「……悪い。しばらく戦力になれそうもねーわ」

ほむら「……わかったわ」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 05:59:10.02 ID:itOPHLFh0
さやか「……」

恭介「さやかっ」

さやか「あ……恭介? え、もう退院したの?」

恭介「ああ、まだ松葉杖だけどね。今日からまた厨房に入れてもらえるんだ……早く勘を取り戻さないと」

さやか「そっか……うん、よかったね」

恭介「さやかのおかげだよ……料理を諦めずにすんだ」

恭介「近いうちに、できたらうちでご馳走したいんだけど……どうかな?」

さやか「……!」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:01:16.55 ID:itOPHLFh0
さやか「ご、ごめん恭介……最近忙しくってさ……」

恭介「え……?」

さやか「えっと、その……あ! 今日日直だから! 先に行くね!」タタタッ

恭介「さやか……?」


仁美「……」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:06:11.00 ID:itOPHLFh0
さやか「はあ……」

さやか「食べたいなあ、恭介の料理……」

さやか「でも、あたしが食べたものって無駄になっちゃうんだもんね」

さやか「……」


仁美「さやかさん」

さやか「……ん?」

仁美「お話したいことがありますの……放課後、付き合っていただいてもよろしいですか?」

さやか「仁美が? 珍しいね……うん、いいよ」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:10:42.99 ID:itOPHLFh0
仁美「まず、先日はお見苦しいところを……ありがとうございました」

さやか「あー……うん、あれは仕方ないよ。気にしないで」

仁美「はい……それで、本題なんですけれど」

仁美「私、上条恭介君をお慕いしておりますの」

さやか「ふーん、恭介をねえ……えっ」

仁美「私、本気ですのよ……さやかさんはどうなんですか」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:26:08.49 ID:itOPHLFh0
さやか「い、いきなり何を言ってるんだか……あたしと恭介はただの幼なじみで」

仁美「……そうですか。では、私が告白しても構いませんね?」

さやか「えっ……」

仁美「包丁を振るう上条君の隣でお野菜を洗う……そんな生活ができることを私、本気で夢見てますの」

仁美「明日一日待ちます。幼なじみのさやかさんには、私の先を越す権利がありますから」

仁美「明後日、私は告白します……話はそれだけです。では」

さやか「……」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:49:16.06 ID:itOPHLFh0
さやか「……」トボトボ


ポツポツ… ザー…


さやか「……」

まどか「……濡れるよ」スッ

さやか「まどか……」

さやか「仁美に、恭介が取られちゃうよ……!」

さやか「でもあたし、もう恭介の料理食べる資格なんてない……抜け殻だもん……」

さやか「こんな体で、隣に置いてなんて言えないよぉ……!」

まどか「さやかちゃん……」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 07:57:02.03 ID:itOPHLFh0
QB「さやか、ここにいたのか。WFFの結界が出たよ。早く!」

まどか「キュゥべえ! 今はさやかちゃん、フードファイトなんてできる状態じゃあ……!」

さやか「……ううん、行く。案内して、キュゥべえ」

まどか「だ、駄目だよさやかちゃん……無理したら」

さやか「じゃあ誰が行くの!? あんたが代わりに食べてくれるの!?」

まどか「……っ」

さやか「……ごめん」ダッ

さやか(マミさんは戦えない。転校生は役に立たないし、杏子はあれ以来食べれなくなっちゃってる……)

さやか「あたしがやらないと……!」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 08:05:03.08 ID:itOPHLFh0
エルザマリア「勝負食はシチュー。30分で何杯食べられるかの勝負です……よろしいですか?」

さやか「いいよ。早く始めよう」


「ハレルヤ!」「ハレルヤ!」「ハレルヤ!」


杏子「よお……あんたも来たのかい」

まどか「杏子ちゃん」

杏子「みっともない話だけどね……戦えないといえ、さやかだけに任せておくのも不安でさ」

まどか「うん……」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 08:12:13.56 ID:itOPHLFh0
「ハレルヤ!」スタート!


さやか(熱いものの基本……直前に口の中を濡らす程度に氷水で冷やす)

さやか(煮込み料理の場合、大きな具は割っておく……ジャガイモは特に危ない……!)カッ カッ

さやか「ん……?」

エルザマリア「あら……どうかしました?」ジャブ…




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 08:19:48.64 ID:itOPHLFh0
杏子「あ、あいつ……氷水を張った洗面器で皿ごと冷やしてやがる!」

まどか「あれじゃすぐに冷たくなっちゃうよ……その方が食べやすいんだろうけど……」


エルザマリア「卑怯とは言いませんよね? 私、これでもWFFですから」

エルザマリア「いいんですよ? 同じ手を使っても。部下に用意させておきますから」

「ハレルヤ!」ドンッ

さやか(こいつ……!)




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 08:29:11.56 ID:itOPHLFh0
10分経過

さやか3杯完食 エルザマリア4杯完食


まどか「もう一杯差がついてる……」

杏子「さやかもよく食らいついてるが……やっぱり食べやすさが段違いだ……くそっ」


エルザマリア「どうしました? そんなに必死になって……わざわざ熱々を食べる必要なんてありませんのに」

さやか(こいつ、いちいち……!)




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:00:32.24 ID:itOPHLFh0
20分経過

さやか6杯完食 エルザマリア8杯完食


まどか「駄目……差が広まる一方だよ」

杏子「よくペースをキープしてるけど、これじゃあ……!」


さやか「くっ……熱ッ!」カチャン

杏子「さやか!? 具が大きすぎるぞ、先に割っとかねーと!」

さやか「うるさい! わかってるよ!」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:08:12.00 ID:itOPHLFh0
さやか(杏子のやつ、いつまでも半人前扱いして……今はあんたが戦えないくせに……!)

エルザマリア「外野がうるさいですよねえ……人の苦労も知らないで」

エルザマリア「こんなにあなたが苦労してるのに、MGFFは誰も助けてくれない……あなた、こんなやり方で満足なんですか?」

さやか「うるさいって言ってるの……!」

さやか(みんな、みんなうるさい!)

さやか(偉そうなことばっかり言って助けてくれない杏子も! 自分じゃ何もしないくせに口出ししてくる転校生も!)

さやか(目の前で楽してみせるこいつも! うじうじして頼りにならないまどかも!)

さやか(あたしのことわかってくれない恭介も! 恭介のこと取っちゃう仁美も!)

さやか(みんな、みんなみんな……!)

さやか(……あたし、どうしてこんなに苦労して戦ってるの?)

さやか(もうどうせ抜け殻の体なのに、味わって食べる必要なんて……)




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:15:07.18 ID:itOPHLFh0
残り5分

さやか7杯完食 エルザマリア9杯完食


エルザマリア「決まりかしら……退屈な勝負でしたね。お疲れ様」

さやか(負ける……)

さやか(負けたらどうなるんだっけ?)

さやか(マミさん……)

さやか(そうだよ、あたしはマミさんの代わりにここにいるんだ)

さやか(マミさんは負けちゃ駄目なんだ……あたしが負けたら、誰もマミさんを助けようとしない)

さやか(負ける、くらいなら……!)ガシッ


まどか「さやかちゃん!?」

杏子「さやか! 邪道喰いはよせーッ!」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:24:29.77 ID:itOPHLFh0
ジャバアッ!!


さやか「……!」ズズッ ジュルル!!

さやか(冷たい……これなら、いくらでも入る!)

ジャバアッ ズズ ゴクゴクッ


杏子「やりやがった……氷水を、シチューに直接ぶちまけやがった……!」

まどか「さやかちゃん、早い……」

杏子「もともと素質は凄い奴なんだ。ほとんど液体の食べやすいシチューで、熱さのハンデがないならこのくらいの差……」


エルザマリア「ふふ、そうです……それでいいのよ」


決 着

○さやか(10杯半完食) エルザマリア(10杯完食)●




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:29:57.56 ID:nTQwbO2S0
魔女化か




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:34:56.12 ID:itOPHLFh0
さやか「……」カチャ

エルザマリア「ふふふ、負けはしましたが……あなたはこれで……」スー…


杏子「さやか!」タタタッ

さやか「……」

杏子「勝ちはしたけど……何だよあれは! あんな食い方は」

さやか「あ は」

杏子「……!?」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:39:28.54 ID:itOPHLFh0
さやか「あはっ……あははははっ! あーっはっはっはっはっはっは!!!」

さやか「本当だ……味も、熱さも、満腹感も!」

さやか「こんなに簡単に消しちゃえるんだ……」

杏子「……!」

まどか「杏子ちゃん……」

杏子「まどか、来るな! こいつは……!」

まどか「変だよ! WFFの人がいなくなったのに、結界が元に戻らない!」

杏子「ここは……ここはもう!」


さやか「こんな簡単なことに気付かなかったなんてねえ……」

さやか「あたしって、ほんとバカ」

ゴオッ…!!!




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:45:25.42 ID:itOPHLFh0
QB「この国では成長期の女性のことを『少女』って呼ぶんだろう?」

         ウィッチ フードファイターズ
QB「だったら、やがてWFFに所属することになる君たちは」

マジカルガール フードファイターズ
QB「MGFFと呼ばれるべきだよね……!」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:46:50.98 ID:yYBxtj9F0
な、なんだってー!?




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:51:03.35 ID:itOPHLFh0
まどか「さやかちゃんのソウルジェムが……あれって」

杏子「グリーフシード……!」

さやか「あは……なんて顔してんのさ、あんたたち」

さやか「フードファイター美樹さやかちゃんですよ? まあ、所属は今日からWFFだけどね!」

さやか「そうだ、せっかく結界が手に入ったんだからあたしらしくコーディネートしないと!」ゴオッ

杏子「結界が……!」

まどか「板張りの壁、カウンター……オレンジ色の明かり……」

まどか「上条君のお店だ……!」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 09:58:02.91 ID:itOPHLFh0
さやか「さて、次は勝負食を決めないとね……迷っちゃうなあ」

さやか「どんな食べ方してやろうか? MGFFの連中はどんな顔するかなあ?」

杏子「さやか……あんた、本当に……」

さやか「ん、ああ……あんたたち、まだいたんだ」

さやか「どうせろくに食べられないんでしょ? ファイトしてもつまんないだろうなあ」

さやか「じゃあ……あんたたちを材料にして、新メニューの練習でもしようか?」

まど杏「……!」ゾクッ




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 10:06:47.34 ID:itOPHLFh0
カキンッ


ほむら「相変わらず間一髪……もう少しで間に合わないのね……」

まどか「ほむらちゃん……!」

杏子「え? どうなってんだ……さやかが動かなくなっちまったぞ?」

ほむら「説明は後でしてあげるわ……私から絶対に離れないで」

ほむら「結界を抜けるわよ……こっちへ」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 10:13:18.03 ID:itOPHLFh0
ほむら「ここまで来れば安全だわ」カキンッ

杏子「何だよ、今の……それにほむら、あんた今のことも知ってたみたいな……」

ほむら「……っ」ゼエゼエ…

まどか「待って、杏子ちゃん! ほむらちゃん、すっごく辛そうだよ!?」

ほむら「大丈夫……少し休めば、なんとかなるわ……悪いけど、肩を貸してもらえるかしら?」

杏子「あ、ああ……ほら」グイ

ほむら「ありがとう……」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 10:21:22.00 ID:itOPHLFh0
杏子「落ち着いてきたか?」

ほむら「ええ、もう大丈夫……」

まどか「ほむらちゃん、何を知ってるの? さやかちゃん、どうなっちゃったの……?」

ほむら「そうね……順を追って話しましょうか」

ほむら「まず、MGFFとWFFは繋がっていると考える必要があるわ。WFFのフードファイター……あの怪物たちは、元はあなたと同じMGFFだったのよ」

杏子「何……!?」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 10:26:15.69 ID:itOPHLFh0
ほむら「もし、私の知っているシステムと大差ないのなら」

ほむら「MGFFとWFF……二つの団体は争うように仕組まれている。フードファイトをさせるために」

ほむら「おそらくフードファイターが食事によって得るエネルギーと、それからWFFに堕ちる時に発生するエネルギーの回収がその目的だわ」

ほむら「このシステムを管理し、扇動しているのが……」

QB「よくそこまで辿り着いたものだね、暁美ほむら。いや……知っていたと言った方が正しいのかな?」

ほむら「インキュベーター……」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 14:05:04.61 ID:OmivZ7zc0
>フードファイターが食事によって得られるエネルギー

ただのカロリーじゃねぇかwwww
宇宙のエネルギーを賄う足しにもならんだろwwww




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:43:32.21 ID:itOPHLFh0
杏子「じゃあ何か? あたしたちもあいつらも、全部こいつに利用されてるってのか……?」

ほむら「概ねその通りよ」

QB「人聞きが悪いなあ。僕たちはもっと大きな目的のために動いてるんだよ?」

QB「この宇宙を存続させるための膨大なエネルギー……君たちはその一角を担っているんだ。光栄に思ってほしいね」

杏子「てめえ……!」

ほむら「無駄よ……こいつが死んでも代わりが無数にいる。こちらの行動は全て筒抜けよ」

杏子「ぐ……っ」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:49:20.25 ID:itOPHLFh0
まどか「ねえ、ほむらちゃん……どうしてそんなこと知ってるの?」

杏子「そう、それだ! それに、さっきのはいったい……」

ほむら「……それは」

QB「僕の見たところ、暁美ほむら。君はフードファイターですらないんじゃないのかい?」

ほむら「……」

杏子「はあ? ほむらはソウルジェム持ってるじゃねーか。何言って……」

ほむら「……その通りよ」

まどか「え……」




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 15:55:02.45 ID:itOPHLFh0
ほむら「インキュベーターが願いを叶えるところは同じなようだから言うけれど……私はこことは別の世界からきたの」

杏子「……は?」

まどか「ほむらちゃん、何言って……」

QB「なるほどね……信じがたいことだけど、そこではフードファイターとしてじゃなく別の力が与えられてるらしい」

ほむら「正確には別の時間軸なのだろうけれど……」

ほむら「私はフードファイターではなく魔法少女。さっき見せたように、時間を止めることができるわ」

杏子「待て……理解が追いつかねえ」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:00:05.01 ID:itOPHLFh0
ほむら「仕方なかったのよ……私はもともと食も細かったから、フードファイトなんてできるはずがない……」

ほむら「最低限の動きで、こうして騙し騙し、サポートに回るしか……」

杏子「あーもう! もうしゃべるな!」カチッ

ほむら「あ……」シュウウ…

杏子「とっておきのグリーフシードだ……ったく、こんなになるまで我慢しやがって」

杏子「最初にあたしに助けを頼みに来た時、グリーフシードが手に入れられねーなら素直に言えばよかったんだ! バカほむら!」

ほむら「……ごめんなさい」




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:04:32.62 ID:itOPHLFh0
まどか「ほむらちゃんが色々知ってるのは私にもわかったよ」

まどか「あの、それで……さやかちゃんを元に戻すにはどうしたらいいの?」

ほむら「……」

杏子「……ほむら?」

ほむら「……私の知っているシステムと同じなら」

ほむら「元には戻らない。美樹さやかはもう、あのままWFFとして倒されるしか……」

まどか「そんな……」

杏子「嘘だろ、おい……」




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:10:35.69 ID:itOPHLFh0
QB「残念ながら本当だね。WFFからMGFFへ戻ったなんて、僕も一度も見たことがない」

杏子「あ……あたしのせいだ……」フラ…

ほむら「佐倉杏子!」

杏子「あたしが戦えないから、さやかにま任せっきりにしちまったから……だから……!」


まどか「……めない」

ほむら「まどか……?」

まどか「こんなの絶対おかしいよ……私、諦めない!」

まどか「さやかちゃんなら……あの人なら、きっと……!」




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:14:03.66 ID:itOPHLFh0
恭介「父さん、片付けは僕がやっておくよ」

恭介「大丈夫大丈夫、松葉杖は念のためだし。リハビリにもちょうどいいから」

恭介「うん、本日もお疲れ様でした!」

恭介「……さて、ゴミ出しが終わったら久々にかつら剥きの練習でもしようかな」ギイ


???「上条君……」

恭介「え?」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:19:14.79 ID:itOPHLFh0
恭介「志筑さん? どうしたの、こんな時間に……もう店じまいだけど」

仁美「夜分遅くにすみません……あの、こちらにさやかさんはいらっしゃってないでしょうか……?」

恭介「さやか? いや、来てないよ……なんだか忙しいって言ってたし」

仁美「そうですか……」

恭介「さやかに何か用だったのかい? それに、どうしてここに……」

仁美「さやかさん、家に戻ってないんです……」

恭介「え?」

仁美「ちょっと気になってお電話したんですけど……携帯も繋がらないし、ご両親も心配してらして……」

仁美「私のせいなんです! 私があんなこと急に言ったから!」

恭介「ちょっと、志筑さん落ち着いて!」




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:26:29.46 ID:itOPHLFh0
まどか「上条君……と仁美ちゃん?」

仁美「え?」

恭介「今度は鹿目さんまで……今日は千客万来だな。そっちの二人は?」

杏子「このボウヤがそうなのか……本当に大丈夫だろうな」

仁美「あ、暁美さんに……どなたか存じ上げませんが、何ですか? いきなり……」

ほむら「……移動しながら説明させてもらうわ」

まどか「二人とも一緒に来てくれないかな……さやかちゃんを助けてほしいの」




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:30:40.38 ID:itOPHLFh0
恭介「……」

まどか「信じてもらえないと思うけど、全部本当の話」

仁美「うっ……!」

ほむら「志筑仁美、どうしたの……?」

仁美「か、カネシ……!」

ほむら「……かねし?」

仁美「い、いえ……そういえばあの夜、さやかさんに助けられたような……」




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:35:53.73 ID:itOPHLFh0
まどか「さやかちゃんは今、食べ物の味なんかどうでもいいフードファイターになっちゃったの」

まどか「でも、上条君なら」

まどか「上条君の料理なら、さやかちゃんに届く……そう思うから」

恭介「……」

杏子「おいまどか、本当にこのボウヤで大丈夫か? 頼りなさげなんだけど……」

恭介「……正直、話の半分以上は信じられない。でも」

恭介「僕の味覚が戻って、こうしてまた料理ができるのはさやかのおかげだっていうのはわかる」

恭介「そして、さやかが本当に危ないのも……鹿目さんから伝わる」

恭介「だったら、料理人にできることは一つだけだ……!」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:37:42.87 ID:ymWEa2O50
恭介かっこよす




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:38:20.68 ID:vN8x1vav0
>>245
目を覚ませ




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:39:38.04 ID:itOPHLFh0
ズオッ…

仁美「ここがその、結界ですの?」

恭介「うちの店だ……広いけど、内装は木目の感じまでそっくりだ」

ほむら「……結界は、その人の一番思い出深い場所に似せられるらしいわ」

恭介「……」


「……カ!」「……!」「サ……!」

杏子「あれは……使い魔か?」




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:47:35.74 ID:itOPHLFh0
「サヤカ!」「サヤカ!」「サヤカ!」

仁美「ひっ」

まどか「上条君がいっぱい……」

恭介「……」

杏子「まあ、なんだ……紛れ込んでやりやすくなったな」

ほむら「美樹さやかは使い魔の来た方にいるわ」

まどか「上条君、準備はいい?」

恭介「……うん」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 16:54:36.25 ID:itOPHLFh0
さやか「あーれえ? どこに行ったのかなーと思ってたんだけど、戻ってきたんだ?」

仁美「あれが本当に……さやかさんですの……?」

さやか「あー! あんた!」

仁美「!?」ビクッ

さやか「……誰だっけ? まあ誰でもいいや、でもむかつく顔!」

さやか「決めた、あんたから料理の材料にしてやるんだから……!」

杏子「もう記憶が曖昧になってやがる……」

仁美「……っ」ブルブル

「サヤカ!」「サヤカ!」「さやか!」「サヤカ!」

ほむら「上条恭介はうまく潜り込んだようね」




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:03:31.47 ID:itOPHLFh0
さやか「それじゃあ、誰かあたしに挑戦するの? それとも大人しく料理になる?」

杏子「そうだ……ボウヤの料理を食わすにしても、誰かが挑まなきゃなんねーのか……!」

ほむら「でも、こっちには戦えるフードファイターがいないわ」

杏子「く、あたしが何とか……」

まどか「私が相手だよ、さやかちゃん!」

杏ほむ「まどか!?」




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:12:16.46 ID:PMXUnDiG0
さやか「……んん? あんたもどっかで見たような」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「あー……思い出した! まどかだ、まどか」

さやか「へえ? フードファイターでもないのにさやかちゃんに勝てるつもりでいるんだ?」

さやか「よっぽどあたしに食べてほしいんだね……さすがあたしの嫁だ。あはっ」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:20:11.28 ID:PMXUnDiG0
ほむら「駄目よ、まどか! 考え直して!」

杏子「そうだぞ、まどか! ここはフードファイターのあたしが」

まどか「杏子ちゃん、まだ食べられないんでしょ?」

杏子「う……」

まどか「だったら、今ここで一番食べられるのは私」

まどか「今度は私がさやかちゃんを助ける番なの……だから、お願い」

ほむら「まどか……」




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:25:34.53 ID:PMXUnDiG0
さやか「お別れはすんだ?」

まどか「お別れなんてしてないよ……絶対に、さやかちゃんを連れて帰るから!」

さやか「あっは……いいねえ、その意気だよ!」

さやか「勝負食はまだ決めてないからね、シェフの気まぐれメニュー……30分で多く食べた方の勝ちね」

まどか「受けて立つよ!」

「サヤカ!」「サヤカ!」「……さやか!」


恭介(さあ……この中で手早く、さやかを正気に戻させるような料理をし続けなきゃならない)

恭介(これは骨が折れそうだ……!)




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:29:47.09 ID:PMXUnDiG0
恭介「まずはこれ、持っていって!」

「サヤカ!」コトッ

まどか「ほうれん草の胡麻和え……」パクッ

まどか「っ!?」

まどか(すごっ……茎はシャクシャク、葉は柔らかくって! 甘辛の胡麻ダレが合う……全然しつこくない!)

まどか(これだけでも、さやかちゃんだって)チラッ

まどか「!?」

さやか「あー……」ゴクッ ゴクゴク


杏子「あんな食いやすそうな料理なのに、水と一緒に流し込んでやがる……」

ほむら「勝つためにやっているというより、邪道喰いをすること自体が目的になってるわね」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:34:23.97 ID:PMXUnDiG0
恭介「……!?」

恭介(あんな食べ方をするのが、僕の知ってるさやかなのか……!?)

恭介(……いや、動揺してる場合か恭介! すぐに次を用意しないと……!)サッサッ


「サヤカ!」

まどか「コロッケ……!」

ほむら「あの短時間で揚げ物を……!?」

杏子「衣とコロッケ自体を薄くして揚げ時間を短縮してるな……やるじゃねーか、あのボウヤ」

まどか「んっ……熱……っ!」サクッ

まどか(中身はほとんどジャガイモだけなのに、ホクホクして……)

ジュパア!!

さやか「あー、揚げ物は熱い熱い! こうやって食べやすくしないとねえ!」

杏子「あいつ、また……!」




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:38:48.67 ID:PMXUnDiG0
恭介(……駄目だ。うちのメニューで僕の作れる料理じゃ、あんな食べ方されると別物になってしまう)

恭介(もっと食べやすく……水をかけられたり、冷まされたりしても平気な料理を……!)

恭介(くっ……手も時間も足りない!)

恭介「お前ら! 僕の指示通りに動け!」ガバッ!!

「サヤカ!?」「サヤカ!?」「サヤカ!?」

恭介「厨房では料理人の言うことが絶対だ! 早く!」クワッ

「サ、サヤカ!」「サ、サヤカ!」「サ、サヤカ!」




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:43:18.52 ID:PMXUnDiG0
恭介「よし、三つのグループに分ける! 君の班は向こうで餡の仕込み! そっちの班は魚の焼き物!」

恭介「君たちは僕のサポート! ご飯を蒸して!」

「サヤカ!」「サヤカ!」「サヤカ!」

恭介(自分一人で何でもできると思うな、店を回すなら人を信用して任せろ……だったね、父さん)

恭介(さあ、考えろ恭介! どうやったら、さやかに『僕の料理』を食べてもらえる!?)

恭介(『上条』のダシをベースにした薄い味付けじゃ水に負ける……いや、何だってあんなふうに水をぶっかけられたら……)

恭介「水を……かける……?」

恭介「そうか……!」




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:49:25.40 ID:PMXUnDiG0
20分経過

まどか6品完食 さやか11品完食


まどか「はあっ……んぐ……!」

さやか「あは……まどかぁ、勝負にならないよ? 倍近く差がついちゃって、本当にあたしに勝つつもり?」

まどか「ま……まだまだこれからだよ、さやかちゃん……!」


ほむら「無理よ……まどかはよく頑張ったけど、もうついていけてない!」

杏子「あと10分……あの汗のかき方、まどかのやつ保たねえ……!」

ほむら「止めなきゃ……まどかが壊れちゃう!」ダッ




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 17:54:44.01 ID:PMXUnDiG0
仁美「……!」ガバッ

ほむら「志筑仁美! 離して! まどかが!」

仁美「だ、駄目です……!」

仁美「私、さやかさんの気持ちも考えられなかった……駄目な友達ですけど」

仁美「でも……それでも! 二人の友達ですもの!」

仁美「まどかさんが、止めないでって言ってるのがわかります……! さやかさんが本当はあんな食べ方したくないのも、表情でわかる……!」

ほむら「あなた、こんなに震えて……」

仁美「こ、恐いですけど……私には、信じて逃げずにいることしかっ……!」

ほむら「……」

ほむら「……わかった、わかったわ」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:01:06.16 ID:PMXUnDiG0
さやか「さーて、次の料理はっと!」

「サヤカ!」コトッ

さやか「ふーん、混ぜご飯かあ。湯気がたってていかにも熱そう」

さやか「でもジャーッ!」ジャバアッ

さやか「こうすれば熱くないもんね! あー、食べやすいって素敵!」ズズ

さやか「……んっ!?」


杏子「さやかの動きが、止まった……?」




271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:06:14.98 ID:PMXUnDiG0
さやか「……」ズズ ジュルッ モグ…

さやか(何、これ?)

さやか(あたしはWFF……勝つために、料理を台無しにしてるはずだよ?)

さやか(これだって、せっかくのホカホカご飯に氷水ぶっかけてさ)

さやか(なのに……なんで、こんなに美味しいの?)

さやか(香ばしい味噌と、柔らかい魚の身の味がする……胡麻が香ばしくって、キュウリの歯応えが楽しくて)

さやか(飲み込みたくない……もっと、ちゃんと味わいたい……)

さやか「……!」ハッ

さやか「あ……あたし、何やってんだろ……!? 早く食べないと……!」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:10:48.22 ID:PMXUnDiG0
恭介(手応え、あったみたいだ……!)

恭介(夏バテに効く冷たいぶっかけご飯、冷や汁をヒントにした料理)

恭介(こんなに簡単なことだったんだ……僕は今まで、自分の料理を食べさせることを考えてた)

恭介(違うんだ。料理は食べてもらうもの)

恭介(さやかが水をかけて食べるっていうんなら、それに合わせた料理を作ればよかったんだ!)




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:16:09.84 ID:PMXUnDiG0
さやか「……」ゼエゼエ

さやか(おかしいよ……料理の味なんて、簡単に消せるはずだったじゃない)

さやか(熱さなんて、簡単に消せるはずだったじゃない……!)

さやか(何で、胸の辺りが熱いの……?)


「サヤカ!」

さやか「……!」ハッ

さやか「何これ、デザート? 喉の渇きそうな和菓子!」

さやか「わ、がし……」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:21:30.42 ID:PMXUnDiG0
――ザザッ――

さやか『甘いものだったら、もしかしたら恭介も味がわかるんじゃないかな……』

さやか『和菓子作りもやってみてるって前に言ってたし』

さやか『うん……これに決めた!』

さやか『恭介、喜んでくれたらいいな……』




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:27:31.88 ID:PMXUnDiG0
さやか「……」

さやか「うあ……し、知らない! そんなのあたしは知らない!」

さやか「何さ! ちょっとピンク色の花びらみたいな細工が可愛いからって、たかがお菓子で!」

さやか「こんな喉に張り付きそうな和菓子、こうして水かけて崩しちゃえば」バシャアッ カッカッカッ

さやか「え……」

さやか(何なのこれ、中から出てきた餡がサッて広がって……これじゃ、冷製のお汁粉じゃない)

さやか「……」ズ… ズズ…

さやか「……」

ピシッ




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:31:43.28 ID:PMXUnDiG0
さやか『きょーすけっ! 約束通り来たよ!』

恭介『いらっしゃい……って、そっちの二人は?』

さやか『あは……入学式で仲良くなっちゃって! こっちがまどかで、こっちは仁美!』

まどか『えっと、は、初めまして!』

仁美『志筑仁美と申します。よろしくお願いいたします』

さやか『恭介のこと話したら、二人もお店に行ってみたいっていうからさー』

恭介『はは……まだ修行中だし、お客さんに出せるようなものは作れないんだけどね』

さやか『またまたー、あたしは恭介の料理が一番好きだよ!』

まどか『さやかちゃんったら……』

仁美『あらあら、ご馳走様です』




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:36:23.67 ID:PMXUnDiG0
さやか『ほら恭介! ご馳走してくれるんでしょ?』

恭介『ああ、うん……あんまり上手くできてないかもしれないけど、いいかな?』

仁美『ええ、構いませんわ』

まどか『さやかちゃんがあんまり褒めるから……期待しちゃってるかな!』

恭介『あはは……父さんから習いたてだから、上手くいったかわからないけど……はい』コトッ

まどか『わあ……!』

仁美『これは……』

さやか『お汁粉だ! あたし大好き!』




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:40:18.00 ID:PMXUnDiG0
恭介『入学したてだからね……甘めのお汁粉に桜の花びらの塩漬けを添えてみたんだ。どうかな?』

まどか『んんー! すっごく美味しい!』

仁美『これは……いい小豆をお使いですね』

さやか『おいし……熱っ!』

恭介『さやか!?』

さやか『うええ……舌が……』

恭介『あーあ……ただでさえお汁粉は冷めにくいのに、がっついて食べるから』




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 18:46:31.41 ID:PMXUnDiG0
仁美『焼けどしてしまいましたか?』

まどか『さやかちゃん、はいお水』

さやか『うう……』ゴク グスッ

恭介『泣くほど痛かったのかい? 薬持ってこなきゃ……』

さやか『うう、お汁粉が冷める……でも熱々が食べたいのにぃ』

恭介『そっちか』




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:11:23.87 ID:RZwDzW5xO
恭介『うーん……じゃあ、ちょっと待ってて』スッ

さやか『ああっ! あたしのお汁粉! まださやかちゃんが食べてる途中でしょうが!』ガタッ

まどか『さやかちゃん落ち着いて……』

ザーッ シャカシャカ サッ サッ

恭介『はい、お待たせ』

さやか『え……これ、何?』

恭介『去年の夏のメニューに冷製のお汁粉があってね。見よう見真似のアレンジだけど、どうかな?』

さやか『ど、どれどれ』ズズ

さやか『おおっ! 後味がさっぱりして美味しい!』

恭介『ふう……上手くいってよかった』

まどか『さやかちゃんいいなー』

仁美『ふふ、妬けちゃいますわね』




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:18:18.46 ID:RZwDzW5xO
ビシッ

さやか「あ……」

まどか「んぷ……さやかちゃん?」

仁美「……さやかさん?」

恭介「……?」


さやか「あ、頭、痛……胸が、熱っ……!」

さやか「ま、どか……ひ……とみ?」

さやか「きょうすけ……!」

ビシッ パキイイインッ




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:24:44.00 ID:RZwDzW5xO
ほむら「グリーフシードが、割れた……?」

杏子「いや、あれは……!」

まどか「中から、ソウルジェムが……!」


ゴオッ


仁美「結界が、崩れていきますわ……」


「……ヤカ」「サヤ……」「……ヤ……」スー…

恭介「……お疲れ様。今日の料理は、君たちのおかげだよ」




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:29:29.30 ID:RZwDzW5xO
まどか「さやかちゃ……うっ」

ほむら「まどか! 無理して動かないで、顔色がひどいわ……!」


杏子「本当に、元のさやかなのか?」

仁美「さやかさん……?」


さやか「……」

さやか(あれ? ここ、どこだろ……あたし、お気に入りのお店でお腹いっぱい食べてたような)

さやか(でも……なんだか、ひどいことをしてたような気がする……)




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:35:14.31 ID:RZwDzW5xO
「さやか……」


さやか(あ……)

さやか(そっか……あたしWFFに入ってたんだっけ)

さやか(使い魔がまだいる……じゃあ、やっぱりここは結界の)


恭介「さやか!」ガシッ


さやか「痛っ……え? 使い魔じゃなくて、本当の恭介……?」




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:40:32.09 ID:RZwDzW5xO
仁美「さやかさん……よかった……!」

杏子「さやか! ごめんっ、任せっきりにして本当にごめん……!」

さやか「仁美に、杏子? どういう組み合わせなの、これ?」


まどか「なんとかなってよかったよ……てぃひ、うっぷ……」

ほむら「まどか、ほらゆっくり歩いて!」

さやか「まどかに転校生まで……」


恭介「さやか、みんながわかるかい?」

さやか「恭介……そっか、あたし助けてもらったんだね……」


さやか「……みんな、ありがと」

さやか「ただいま……!」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:45:59.16 ID:RZwDzW5xO
QB「……」

QB「まったく、歴史上類を見ないことをやってくれたね……君たちは」

QB「しかし、WFFからMGFFへの移籍は好ましくないね。エネルギーの回収の効率が悪いし、システムの情報も広まってしまう」

QB「予定通り、ワルプルギスの夜を投入すべきか」

QB「君たちは優秀なフードファイターだったんだけどね、残念だよ」スッ




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:50:37.88 ID:RZwDzW5xO
数日後


さやか「仁美……どうしたの? また改まっちゃって」

仁美「……この間の、告白の話ですけれど」

さやか「あっ……そっか。仁美告白したんだね……どうだった?」

仁美「してませんわ。さやかさんは寝込んでましたし……抜け駆けはできませんもの」

さやか「そっか……じゃあ、仕切り直し?」

仁美「いえ、その……やっぱりこの話はなかったことにしようかと」

さやか「え?」




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 19:55:50.62 ID:RZwDzW5xO
仁美「この前のことで、私気付きましたの」

仁美「確かに私は上条君をお慕いしてますけれど……さやかさんがいなくなった時、上条君が他の女性とお付き合いするのと同じくらい……いえ、それ以上に胸が張り裂けそうで」

仁美「私は、きっとお二人が羨ましかったんですの」

仁美「さやかさんと上条君の、距離の近い関係が……そこに私も入っていきたかったのでしょう」

仁美「さやかさんと上条君……どちらが欠けても、私は駄目みたいです」

仁美「それならやっぱり、さやかさんと上条君にお付き合いしていただくべきかと……」

さやか「ちょっとストップ! 何を言いたいこと一方的に言ってくれちゃってんの!?」

仁美「えっ」




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:01:11.04 ID:RZwDzW5xO
さやか「仁美言ってたよね? 幼なじみのあたしには、先を越す権利があるって」

さやか「だったら、命がけであたしを助けてくれたんだから……その権利は取り消し」

さやか「あたしたちは対等……友達で、ライバルだよ」

仁美「さやかさん……」

さやか「それに……もしあたしが告白してOKもらってもさ、仁美がそんなんじゃすっきりしないじゃない」

さやか「あたしはどっちかっていうと恭介より、恭介の料理が好きだしね!」ジュルリ

仁美「まあ……! ふふっ」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:30:41.14 ID:RZwDzW5xO
ほむら「……今日集まってもらったのは他でもないわ。ワルプルギスの夜についてよ」

杏子「まさかほむらに召集かけられる日が来るとはな……」

さやか「何? そのワルプルギスの夜って」

恭介「あの……僕はここにいていいのかい?」

ほむら「上条恭介、料理人のあなたは対フードファイターの切り札と言えるわ。いてもらわないと困る」

ほむら「むしろ、なぜ志筑仁美がいるのかしら?」

仁美「あの、私にもさっぱり……」

さやか「仁美を仲間はずれにする気!? 転校生の薄情者!」

ほむら「美樹さやか……部外者を巻き込むのは感心しないわね」

さやか「まどかだっているじゃん!」

ほむら「まどかはいいのよ!」




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:31:14.27 ID:aafACm7j0
食いしん坊、フードバトルクラブ、てんむす、フードファイト
どれ見てSS書いてんの?




317 :>>314食いしん坊ベース、てんむす参考 他色々:2012/02/20(月) 20:36:24.60 ID:RZwDzW5xO
ほむら「ワルプルギスの夜……この世界に当てはめて考えるなら、超大型のフードファイター」

ほむら「おそらく、WFFの切り札でしょうね」

杏子「超大型って……噂だけなら聞いたことあるけどな」

ほむら「そうね。私もフードファイターとしてのワルプルギスの夜のことは詳しく知らない」

ほむら「だから、情報提供者を呼んであるわ」

QB「きゅっぷい」

まどか「えっ……キュゥべえ!?」

杏子「どういうことだよ、オイ……こいつ、黒幕じゃねーか!」




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:43:58.89 ID:RZwDzW5xO
QB「勘違いしないでほしいな。僕は君たちと敵対する気はないし、しているつもりもないからね」

杏子「てめー、どの口で言ってやがる!」

QB「厚意で情報提供しようっていうんだ。歓迎されこそすれ、怒鳴られることはないんじゃないかなあ」

ほむら「佐倉杏子、気持ちはわかるわ…でも今は、こいつの情報提供が必要なのよ」

杏子「……っ」チッ

QB「わかってもらえたようで嬉しいよ。まあ僕には嬉しいなんて感情はないけどね」




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:53:28.65 ID:RZwDzW5xO
QB「ほむらの言う通り、ワルプルギスの夜はWFF最強のフードファイターさ」

QB「いや……フードファイターと呼ぶのすらおかしいかもしれない」

QB「彼女は結界を持たず、胃袋にも限りがない」

QB「地上の全てを食べ尽くしてエネルギーに変換し、舞台をリセットする……それがワルプルギスの夜さ」

さやか「何それ……どうやってフードファイトするのさ?」

QB「ワルプルギスの夜にはフードファイトなんて概念はないよ。ただ底無しに食べるだけさ」

QB「勝手に挑むのは構わないけど、相手にもされずに一飲みにされるだろうね」

まどか「そんな……」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 20:59:37.49 ID:RZwDzW5xO
ほむら「……」

杏子「どうだよ、ほむら……何か打つ手はありそうか?」

ほむら「……正直、そこまでの怪物とは思ってなかったわ」

杏子「オイ!」

ほむら「仕方ないじゃない! いくらなんでもフードファイターの枠にはおさまっててくれると思うでしょ!?」


まどか「勝つのは無理ってことだよね……」

QB「無理だね。像に蟻が大食い勝負を挑むようなものさ」

まどか「だったら、できるのは勝つことじゃなくて……」




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:06:36.92 ID:RZwDzW5xO
さやか「……え? あたし?」

まどか「うん。さやかちゃんみたいに、正気に戻せるんなら……もしかしたら」

仁美「あの……そのわるぷすぎすというのは、本当に元は人間なんですの?」

QB「……一応はね」

まどか「だったら……上条君」

恭介「……」

恭介「えっ」




330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:13:51.59 ID:RZwDzW5xO
まどか「さやかちゃんを元に戻せた上条君の料理なら……!」

恭介「いやいやいや! ちょっと待ってよ……そりゃあ、さやかが相手ならよく知ってたからなんとかなったけど」

恭介「好みも知らないし、人間サイズですらないのを相手には……」

まどか「上条君!」

まどか「何もしなかったら……全部食べられてなくなっちゃうんだよ?」

まどか「上条君のお店も、さやかちゃんも仁美ちゃんも……みんな食べられちゃうんだよ?」

恭介「……!」




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:21:56.19 ID:sl2FDC7m0
恭介「わかった。できるだけのことはやってみるよ」

まどか「ありがとう、上条君……!」

さやか「恭介の料理だけに任せてらんないよね……あたしたちも何かできることをやらなきゃ」

杏子「忙しくなりそうだな……」

QB「無駄なあがきだと思うけどね。まあ頑張ってみるといいんじゃないか」ターン

ほむら「情報提供ご苦労さま。もう用はないわ」フッ

仁美(実弾……!?)




336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:27:03.65 ID:sl2FDC7m0
マミ「……」ボー…

コンコン ガチャ

看護師「巴さん、お食事ですよ」

マミ「……」

看護師「早く食べて、元気になってくださいねー」カチャ

看護師「はい、アーン」

マミ「……」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:33:50.77 ID:sl2FDC7m0
看護師2「巴さーん、検温のじか……あなた何やってるの!?」

看護師?「!」

看護師2「巴さんは食事をとれるような状態じゃ」カキンッ

看護師2「……って、あら? 誰もいない?」

看護師2「おかしいわね……私、疲れてるのかしら……」


マミ「……」

マミ「……」モグ…




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:38:24.12 ID:hJp8IXEL0
無意識に食ってやがる・・・!




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:40:24.86 ID:sl2FDC7m0
杏子「いよいよだな……ポイントはここで間違いないのか?」

ほむら「インキュベーターの情報を信用するならね」

まどか「上条君、準備はいい?」

恭介「まあ、一応ね」キュッ

さやか「恭介! コックコート似合ってるよ!」

恭介「はは、ありがとう……本当は父さんにはまだ着ちゃ駄目って言われてるけどね。帰ったら叱られるな、これは」

杏子「食材とグリーフシードもできる限りは溜め込んだけどな……どうなることやら」

ほむら「……来るわ!」

――――――――――――ゴオッ――――――――――――




345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:45:08.14 ID:sl2FDC7m0
ズ ン ッ

ワルプルギスの夜「……」


さやか「こ、これがワルプルギスの夜……!?」

杏子「でけえ……5階建てのビルよりでけえぞ……!」


「イタダキマス!」「デリシャス!」「アイムラヴィィット!」

まどか「使い魔も連れてるんだ……!」

ほむら「今までと違って統一感はないわね」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:52:24.23 ID:sl2FDC7m0
「ウィ、ムシュー!」「ヴォーノ!」「マシマシ!」

まどか「料理を始めたけど……何あれ!?」

杏子「ひでえ……建物も木も車も、何でも材料にしてやがる……!」

さやか「恭介、料理は……!?」

恭介「変な食べ方をするようには見えないし……よし、これで!」カタンッ

杏子「おーし、行くぞほむら!」

ほむら「ええ……!」




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 21:57:01.95 ID:sl2FDC7m0
杏子「……!」ゼエゼエ

ほむら「もう少しよ、頑張って」

杏子「時間が止まってるからって……ほむらを背負ってこの巨人の体をよじ登るはめになるとは……ね!」プルプル

ほむら「いいわ……口が見えてきた」

ほむら「よし……受け取りなさい! ワルプルギスの夜!」ポーイ!!




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:13:37.06 ID:sl2FDC7m0
カキンッ

ワルプルギスの夜「……」スポッ

ワルプルギスの夜「……」モグモグ

ワルプルギスの夜「……っ」ビクンッ


まどか「反応したよ!」

恭介「効果があったかはわからないけどね……和風ドライカレー。味覚は目を覚ましてくれたかな……?」

ほむら「戻ったわ! すぐに次の用意を!」

杏子「さ……さやかぁ……次、頼むわ」ゼエゼエ

さやか「えっ」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:20:34.25 ID:sl2FDC7m0
5往復


ワルプルギスの夜「……」ジロッ

まどか「わっ……こっち見たよ!?」

杏子「何だ……やる気かよ……!?」


「ハレルヤ!」ズイッ

さやか「何これ……料理?」

ほむら「ちゃんと食べられる食材のようね……どうやらフードファイトとして認識されたらしいわ」

杏子「よーし、ならあたしたちの出番だな! ボウヤの料理でリハビリして、あたしもなんとか食えるようになったし!」

恭介「料理として認めてはもらえた……よし、ここからは少し味を深くしないと」




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:26:39.62 ID:sl2FDC7m0
15往復


ほむら「……っ」ゼエゼエ

杏子「ほむら、ほれ!」

ほむら「ありがとう……グリーフシードのストックも残りが怪しくなってきたわね」シュウウ…

まどか「あ、でも……ワルプルギスの夜の様子が」


ワルプルギスの夜「……!」ガパア

ア ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ !!!


さやか「笑ってる……!?」

杏子「なんつー声だよ!」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:31:10.62 ID:sl2FDC7m0
恭介「ぐっ……」フラ

まどか「上条君!? 大丈夫……?」

恭介「あ……あはは、ちょっとあの笑い声でバランス崩しちゃっただけだから……大丈夫!」

ほむら(無理もないわ……病み上がりのうえ、さっきからずっと一人で料理を続けてる)

ほむら(上条恭介だけじゃない……フードファイター班も)


さやか「……杏子、今腹何分目くらい?」

杏子「はは……満腹なんて通りすぎたよ……!」

ほむら(それに、こちらの食材ももう底をつく……これ以上は)


バラバラバラバラバラ…




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:37:09.37 ID:sl2FDC7m0
バラバラバラバラバラ!! ブロロロロロ…!!


ほむら「ヘリ……? それに、トラックも……!?」


ガチャッ バンッ

仁美「お待たせしました! ようやくお父様を丸め込みましたわ……この決戦、バックアップは志筑財閥にお任せを!」

「「「「「オオオーーーーッッッ」」」」」


まどか「仁美ちゃん!」

恭介「凄い……こんなに大量の食材を! 調理台つきのトラックまで……!」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:43:40.41 ID:sl2FDC7m0
仁美「それだけじゃありませんわ……強力な助っ人を連れてきましたのよ」

恭介「助っ人……? あっ!」


上条父「……」

恭介「と、父さん! それにお店のみんなまで! これは、その……!」

上条父「恭介。調理場では店長と呼べと言ったはずだぞ」

恭介「……!」

上条父「言いたいことは山ほどあるが、今はいい。サポートに入れ、ワシがメインを受け持つ」キュッ

恭介「は……はい、店長!」




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:50:01.80 ID:sl2FDC7m0
さやか「うぷ……も、限界」

杏子「くっそ……あたしたちが駄目になったら、あのデカブツがこっちの料理を食ってくれる保障もないってのに!」


???「お困りのようね!」


さやか「え、この声って……まさか」

杏子「……へっ。遅かったじゃねーかよ、マ……」


ティロ「この謎の覆面フードファイター、マスク・オブ・ティロが助太刀するわ!」ドーン!!

さや杏「……」




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:51:45.06 ID:DoByvQeJ0
い、一体何者なんだー




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:52:12.01 ID:L//jCfwI0
      (( {{    ((ノ/_/^   _ _ _ _
       >≧─‐‐'< 《   /:::::::::::::::::::::::::::::|
      /-=ニ二¨`丶 八>':::::::::,> - ─‐ ー'-- 、
   ー=='=今‐=フ⌒ヽ   \((/            Yへ
      /-= く    .r‐、  / /  /       }  \
  __..斗七´ ̄ ̄`  .{{ ∨ /    /  /   /   //   ヽ
   フ...:::/___/     {{  } / ,′  :/     /   /:ハ    :
 /´^フ7....::/   /´ ̄ヽノ} .i   |  __ //  /  __.| |   i
     i.:/} /  {{    〉/i  l   .:|´ ̄/^ l /   '⌒| ノ   :八
     /  l人__j乂___ンl} }i  l  /i`――――ヽヽ―――'フ′ \
           . x<_}レ八 ' .   ィヽ  <二》 _ 《二>//    
           く 丶 \((.ヽ ヽ l/ヽ___/   \__/;' /\
            \ \.\ー\ ゝ 、、、、      、、, j/   ノ  
        / ̄`ヽ `ヽ ヽ. \`へ\       ′  ィ  // ノ:
       く __ `ヽ \ノ ソ   ノ>‐‐> 、  ` ´ ィ   ..イ / }
       .   `ヽ   \彡'/    \ーz ト-、>‐彡: :j/..:: ノ
   >=--───彡ヽ  ソ ´  ̄     }トr<7斗‐┐}=彡   /
.  / /_... ---──r‐<        /  }  }}____j ゝ==イ/  __
  { /´         {{_ ..---─   / ___ レ'ヘヽY`ヽ\  乂こ´ヽ `ヽ
  |{         ∠_  ̄` ___/´ ̄     \\ \\    ̄)
  乂___ノ     _/   `ヽ__/..:          ヽ_\ `¨、_/ _彡'
         .ヘ    /  }               il  ヽ   ̄ ̄
       _/   \ /    |            }}   }
     _/     _/        〉─-.、         ノ    /
   /     /.        }─‐、 >.. ____ /  /
  /     /            ト 、  ヽ:.:.:.]]:.:.:.:.:>r-

謎の覆面フードファイター、マスク・オブ・ティロ・・・いったい何者なんだ・・・?




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:53:43.59 ID:RbRKWlJz0
マスク・オブ・ティロ…まさか詢子さんか




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:55:26.75 ID:EbjGq27j0
料理マイスター知久は出ないのねw




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:56:12.51 ID:sl2FDC7m0
ティロ「さあ、私が来たからには一日中だって戦え……」

杏子「何やってんだマミ」

さやか「縦ロールが通る覆面なんて売ってるんですね……自作?」

ティロ「い、いえ、私の名前はマスク・オブ」

杏子「わかったから早く席に着けよ、助っ人なんだろ?」

さやか「こんな調子でも、マミさんと戦えるなら百人力ですから!」

マミ「だから私はマミじゃなくって……もう、いいわよ! もう!」ヌギッ




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 22:58:13.03 ID:PWVlhJqT0
ま、マミさんだったのか・・・!全然分からなかった!(棒)




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:00:52.83 ID:0yZ2Ts9IP
な、ナンダッテーーー
マスク・オブ・ティロの正体はマミさんだったのかーーー!




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:00:59.33 ID:sl2FDC7m0
ほむら(勢いは巻き返したわ……でも攻略の糸口が掴めない。反応はしてるのに……!)


ワルプルギスの夜「……」

ワルプルギスの夜「あ……」

ほむら「! 反応が……」


ズ シ ン ズ シ ン


まどか「えっ……こっちに近付いてくる……!?」

ほむら「まどか、駄目! 下がって!」




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:05:19.23 ID:sl2FDC7m0
ガ シ

まどか「ひゃああーーっ!?」

ほむら「まどかを離しなさい! この……!」ガシッ

ワルプルギスの夜「……」ガパア


バ ク ン    ゴ ク リ


杏子「なッ……!?」

さやか「まどかと転校生が、食べられちゃった……!?」

マミ「言ってる場合じゃないわ……こっちに来るわよ!」


ワルプルギスの夜「……」ガパア


杏さやマミ「うわあああああああ!?」




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:10:46.21 ID:sl2FDC7m0
仁美「み……みんなが食べられ……」フラッ

「お嬢! 気を確かに!」「救護車を回せ! 早くしろ!」


恭介「さやか……!」

上条父「恭介ッ!」

恭介「!」

上条父「お前の仕事は何だ……調理場に立ったなら、食べる人のことだけを考えろ」

上条父「……信じろ」

恭介「……はい……!」




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:16:35.89 ID:sl2FDC7m0
まどか「……」

まどか「う……ん……」

ほむら「まどか、気が付いた!?」

まどか「ほむらちゃん……ここは?」

杏子「ワルプルギスの腹の中……らしいな、どうも」

マミ「結界に似てるわね、この感じ」

さやか「……何か聞こえない?」




377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:23:21.40 ID:sl2FDC7m0
「食べたい……」「お腹すいた……」「ああ……」


まどか「この声……これって」


ゲルトルート「もう嫌……お父様ったら食事制限ばかりさせて! 私はカツ丼が食べたいのに……!」

シャルロッテ「ケーキ……食いたいわぁ。いつになったら病気、治るんやろ……」

エリー「二郎食べたい……でも、お外こわいもんな……」

パトリシア「給食、お腹いっぱい食べたかったなあ……学校、行きたかったな……」

エルザマリア「もう孤児たちに振るまうシチューの材料すら……ああ、神よ! あなたはどこにおられるのです!?」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:31:09.93 ID:sl2FDC7m0
QB「……」

QB「ワルプルギスの夜は、確かに元は人間だったさ」

QB「ただし、一人の人間だったとは言ってないけどね」

QB「さあ、ワルプルギスの夜に取り込まれるか……それとも」




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:38:39.64 ID:sl2FDC7m0
さやか「これって……」

ほむら「WFFのフードファイター……それも、契約する前の姿で捕らわれているようね」

杏子「なんだよこれ……まるで地獄じゃねーか!」

マミ「これがワルプルギスの夜の正体……」


「誰……?」「新しい仲間?」「いや……食べてる奴だ」


まどか「ひっ」


「食べたい」「羨ましい」「妬ましい」


「「「「「お前たちも仲間になれ」」」」」」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:45:14.46 ID:sl2FDC7m0
まどか「……!」ギュ

まどか「……」

まどか「……?」パチ…


「ああ……」「あれって……」「そうだ……」

「「「「「料理がきた!!!」」」」」



上条父「上御膳が上がるぞ! 盛り付け急げ!」

恭介「はいっ!」


仁美「胴体の固定はできまして!? 足場を組みなさい! それまではヘリからの梯子で口まで運びなさい!」

「了解しました、お嬢!」「まったく人使いの荒いお嬢様だぜ!」


恭仁(みんな、どうか無事で……!)




386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:52:14.81 ID:sl2FDC7m0
まどか「料理が、こんなにいっぱい……」

ほむら「これが突破口だわ……! 今なら、私たちの手で料理が届けられる!」


マミ「あなたの食べたいのは、このカツ丼よね……?」

ゲルトルート「! た、食べていいの? お父様に言いつけたりしない……?」

マミ「大丈夫、ゆっくり味わって食べていいのよ?」

ゲルトルート「……!」ハムッ ガツガツ…!

ゲルトルート「お、美味しい……!」




387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/20(月) 23:56:52.01 ID:sl2FDC7m0
さやか「あんたの言う二郎はここにはないけどさ……ほら、中華ならあるよ」

エリー「わわっ……し、知らない人だ……!」

さやか「隠れないでよ……ロットバトルした仲でしょ? ちゃんと食べて体力つけて、今度一緒に食べに行こう?」

エリー「え……友達に、なってくれるの……?」

さやか「もっちろん! このさやかちゃんに任せなさい!」


杏子「分け与えるどころか、自分が食うにも困るんだもんな……本当、神様ってのは理不尽だよな」

エルザマリア「あなたは……?」

杏子「まずは腹いっぱい食ってからだ。飢えて自分のことに必死になった奴が教えを説いたって、伝わるもんも伝わんねーよ」

エルザマリア「……いただきます」




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:06:03.41 ID:9T7zjdAeO
恭介「笑い声が……やんだ?」

上条父「満腹が近いか……そろそろデザートの用意といくか」


「おい、このデカブツ」「ああ、さっきまで笑い声のわりに無表情だったけどな」

仁美「笑ってますわ……安らかに」




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:11:27.63 ID:JiJ3BEISO
なんだこの熱い展開は




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:12:26.26 ID:9T7zjdAeO
シャルロッテ「甘ぁい……ほっぺた落ちるわぁ……」

ほむら「まどか、ここは大丈夫だから……他を探してちょうだい」

まどか「うん……」


まどか「ずいぶん奥まで来たけど……もういないのかな?」

ガツッ バクバクバクッ ガフッ…!

まどか「……? この扉の奥から、音がする……」

まどか「……」ギイ




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:18:41.76 ID:9T7zjdAeO
「ガフッ……ンン、ング……ゴクゴク、ジュルッ」


まどか「うわ、凄い食べっぷり……」

まどか(この子、外のワルプルギスの夜にそっくりだ……)

まどか(それに、この部屋だけ食べ物がたくさんある)

まどか(じゃあ、この子がワルプルギスの夜の本体?)

まどか(……でも)


ワルプルギスの夜「ハップ……ンブブ、ズズッ……ンバッ」

まどか(ひどい……熱いのも冷たいのも、甘いのも辛いのも全部混ぜて、ぐちゃぐちゃにして食べてる)




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:26:19.68 ID:9T7zjdAeO
まどか「……」スゥ…

まどか「そんな食べ方しちゃ駄目だよ!」


ワルプルギスの夜「……」ピタッ

ワルプルギスの夜「……」ジロッ


まどか「……!」

まどか「ほ、ほら……例えば、このラーメンはね! 熱いからこうやって、ふーふーして食べるの!」

まどか「……」フーッ フーッ ズズーッ!!
まどか「んん~~! 美味しいっ!」

ワルプルギスの夜「……」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:31:11.99 ID:9T7zjdAeO
まどか「こっちはお寿司だね! じゃあマグロから……」

まどか「こうやってご飯とお魚を一緒に持って、醤油をちょっとつけて」チョン

まどか「あーん……」パクッ

まどか「ん~~! 最高だよぉ!」


ワルプルギスの夜「……」

ワルプルギスの夜「……」ノソ…

ワルプルギス「……」ヒョイ チョンチョン パク

ワルプルギスの夜「ン……オイシ……」


まどか「……!」




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:36:33.55 ID:9T7zjdAeO
まどか「そう! そうだよ、上手!」

まどか「ほら、今度はさっきのラーメンで一緒にやってみようよ!」

まどか「ほら、ふーっふーっ」

ワルプルギスの夜「……」フーフー

まどか「で、ずるずる~~」

ワルプルギスの夜「……」ズズーッ

まどか「ん~~~~! 美味しいっ!」

ワルプルギスの夜「ン……オイシ……!」


まどか「……あはっ!」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:41:44.47 ID:9T7zjdAeO
まどか(やっぱりそうだ)

まどか(この子、食べ方を知らないだけ……赤ちゃんみたいなものなんだ)

まどか「ね、他のも私が食べ方教えてあげる!」

まどか「一緒に食べて、いっぱい美味しいってしようね!」

ワルプルギスの夜「オイシ……オイシ……!」


まどプルギスの夜「ん~~っ! 美味しいっ!」




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:49:16.78 ID:9T7zjdAeO
仁美「ワルプルギスの夜が……」

恭介「消えていく……」

上条父「さて、恭介……この馬鹿者が」ゴンッ

恭介「あつッ!」

上条父「……」フンッ

上条父「……まあ、いい経験になっただろ。今度は試しに一品担当してみるか」

恭介「え……は、はいっ!」




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 00:56:34.53 ID:9T7zjdAeO
ほむら「ん……あ、外に出られたのね」

さやか「まどか……何してんの?」

まどか「んん~~! おい……あれ?」

杏子「ぷっ……何だそれ?」

まどか「あ……あの、これはその! 昔たっくんにですね……!」カアア

マミ「あらあら、真っ赤になっちゃって……可愛いわねえ」




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:01:37.28 ID:9T7zjdAeO
QB「やれやれ……本当にワルプルギスの夜まで撃退されるとはね。信じがたい事態だよ」

ほむら「インキュベーター……!」

QB「そう身構えないでくれないかい? 僕は祝福の言葉とお別れを言いにきただけさ」

マミ「お別れ?」

QB「ああ……ワルプルギスの夜が解放されたことで、溜め込んだエネルギーがかなり散ってしまった。
それにこうも見事にWFFから移籍されされたんじゃ、このシステム自体が破綻してしまうからね」

杏子「ってことは……もしかして」

QB「フードファイターシステムは廃止さ。君たちは晴れて生身の少女に戻れたというわけだ……おめでとう」




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:11:12.09 ID:9T7zjdAeO
さやか「あっ……そういえば、ソウルジェムがない! グリーフシードも!」

ほむら「わ、私のまで……!?」

QB「本当に運が良かったね、ほむら。どうやら用途が違ってもソウルジェムの構造自体は同じだったらしい。君も普通の少女に戻ったようだよ」

ほむら「あ……」

ほむら「~~~~っ……!」ブワッ




416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:20:27.90 ID:9T7zjdAeO
まどか「キュゥべえは……これからどうするの?」

QB「また新しいシステムを開発しなきゃならないね。幸い、向こう数千年分のエネルギーの貯蓄はある。
君たちが生きているうちには、もう地球に来ることもないだろう」

まどか「……そっか」

QB「……」

QB「残念だよ。僕にも味という概念が理解できたなら、システムを破綻させた原因もわかりそうなんだけどね」

まどか「きっといつか……キュゥべえにもわかるよ」

QB「……ありがとう。それじゃみんな、元気でね」スー…




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:27:48.17 ID:9T7zjdAeO
料亭『上条』


恭介「本日は、ささやかながら膳を用意させていただきました……ごゆっくりお楽しみください」

さやか「よーし、せーのっ!」

「「「「「「かんぱーーーーいっ!!!」」」」」」


杏子「くぅ~~っ、あたしは今数年ぶりに自分の胃に物を入れてんだな……泣けてくる……!」

マミ「佐倉さん、そんなにがっつかないの……胃がびっくりしちゃうわよ?」




421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:33:19.59 ID:9T7zjdAeO
仁美「上条君、こちらの席が空いてますわよ?」

さやか「あ、仁美ずるい! 恭介、こっちこっち!」

恭介「いや……僕はまだ仕事が……え、父さん? お前みたいな半人前はここでお客さんの反応を聞いて勉強しろ? そんなぁ」

さやか「そういうことだから、観念しろ恭介! さやかちゃんにあーんしながら料理解説するのだ!」

仁美「さ、さやかさん不潔ですわ……! 上条君、あの、私にも……!」


ほむら「……」




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:41:00.92 ID:9T7zjdAeO
まどか「ほむらちゃん、どうしたの? ぼーっとしちゃって」

ほむら「まどか……まだ夢を見てるみたいで」

ほむら「ここは私が元いた世界とは違うみたいだったから、きっとまたやり直さなきゃらないと思ってた」

ほむら「こんなふうに全部上手くいって……寝て起きたらまた病院のベッドの上なんじゃないかって」

ほむら「なんだか恐いわ」

まどか「……」




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:47:16.72 ID:9T7zjdAeO
まどか「夢なんかじゃないよ、ほむらちゃん」

まどか「その証拠にほら! みんなで食べるご飯がこんなに美味しい!」パクッ

まどか「ん~~っ! 美味しいっ!」パアア

ほむら「……」

まどか「ほら、ほむらちゃんも!」

ほむら「え、ええ……」パク

ほむら「ん……美味しい」

まどか「ほむらちゃん、恥ずかしがらないで! もっと元気よく!」

ほむら「ん、ん~~、美味しい……!」

まどか「その調子で笑って! 心の底から!」

ほむら「んん~~っ! 美味しいっ!」パアア




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:51:18.53 ID:9T7zjdAeO
ほむら「……!」ハッ


マミ「……」
杏子「……」
さやか「……」
仁美「……」
恭介「……」


ほむら「あの、これは違うの……! 違うのよ……!」カアア

マミ「やだ、暁美さんそんなに可愛い表情できるのね」ニコ

杏子「ぷふっ……チョー似合わねー……あはははっ」ゲラゲラ

さやか「恭介! あたしの方が美味しさを上手く表現できるから!」

仁美「あ……上条君、あの、私も!」

恭介「はは……もう、好きにして……」




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:57:48.47 ID:9T7zjdAeO
ほむら「うう……」

まどか「あはは、ごめんごめん……でもほむらちゃん、すっごく可愛いかったよ!」ティヒヒ!

ほむら「あんまりだわ……」

まどか「ふふっ……でもね、ああやった方が美味しいのは本当だよ?」

まどか「私はほむらちゃんと一緒に、これからもっと美味しいもの食べたいな!」

ほむら「あ……」

ほむら「……」

ほむら「ええ、私も!」ニコッ!


《おしまい》




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 01:59:26.62 ID:jxGu3ARw0
乙!

ギャグかと思ったらいい話だったw




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:00:32.52 ID:XRbLItwqP
乙!!
出オチかと思ったら重厚なSSだったぜ




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:00:48.44 ID:9T7zjdAeO
どうにか完走できた……!

保守、支援、合いの手など本当にありがとうございました。
長丁場、幾多のさる、寝落ちでスレがいつ落ちるかと不安だったので、レスのありがたみを噛み締めました。

ありがとうございましたー!




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 02:01:49.84 ID:Lej5Awwx0
それはとっても乙だなって






------------
当ブログについて
※欄110さんありがとうです。



てんむす 1 (少年チャンピオン・コミックス)
てんむす 1 (少年チャンピオン・コミックス)稲山 覚也

秋田書店 2011-06-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
てんむす 2 (少年チャンピオン・コミックス) てんむす 3 (少年チャンピオン・コミックス) めしばな刑事タチバナ 1 (トクマコミックス) てんむす 4 (少年チャンピオン・コミックス) 行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ(1) (少年チャンピオン・コミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/01(木) 23:39: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/01(木) 23:48: :edit
    漫画ゴラクにこういう漫画あったな
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/01(木) 23:57: :edit
    寿司をマグロからとか…
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 00:06: :edit
    おまっ…深夜になんちゅうもん読ませやがる!
    この時間にまとめるとかぷんた外道すぎだろ…
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 00:36: :edit
    これほむらさん原作以上に無理ゲーだろ…
    ハッピーエンドで良かったぜ

    まぁこの作者ならBAD ENDの心配はなかったんだがw
    くそぅお腹すいたなぁ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 00:55: :edit
    006getだぜ!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 01:15: :edit
    イロモノかと思ったらなかなか熱くていいじゃないか
    綺麗にまとまってて面白かった
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 01:23: :edit
    魔法少女の排泄ってどうなっているのだろう
    下衆ですまない
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 01:31: :edit
    グルメ・デ・フォアグラをマスターすればほむらも・・・ってこれはもう邪道喰いとか言うレベルじゃないか
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 02:09: :edit
    良作だな
    化学調味料をやたら批判するキャラがでなくてよかったよかった
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 03:07: :edit
    俺の胃袋は宇宙だ
  12. 名前: 通常のナナシ #TeCK/gGE: 2012/03/02(金) 03:08: :edit
    まさかぷん太でてんむすの名を目にするとは・・・
  13. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/03/02(金) 03:41: :edit
    米8
    全部エネルギーに返還してるんじゃないの?
    その方が効率的じゃん
  14. 名前:   #-: 2012/03/02(金) 04:01: :edit
    腹が減ってきたではないかw
  15. 名前: 通常のナナシ #/3WEEAIQ: 2012/03/02(金) 04:12: :edit
    魔法少女も排泄くらいするだろう、体は人間だもの
    ただ本気出して食事も取らず水分補給も口を濡らす程度的な状態で魔力だけで生きれば排泄もしないかもしれない
    ※9
    懐かしすぎ吹いたww
    しかしフードファイトじゃそれは反則というか、なんというか
    そもそもアレは大食いじゃなくて早食い勝負だし
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 04:49: :edit
    よく出来てた
  17. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #cRy4jAvc: 2012/03/02(金) 07:57: :edit
    素晴らしい
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 09:14: :edit
    このフードファイトは出来損ないだ食べられないよ
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 11:24: :edit
    もっとイロモノかと思ってたけど普通に面白かった。ただマミさんはソウルジェムないのにどうやって復活したんだ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 12:39: :edit
    マミさんの看病はたぶんほむらだね食べさせてるのは紅茶とケーキ?
    そこの説明欲しかった……
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 15:15: :edit
    ※20
    それは言われるまで気づかなかった
    カキンって時間停止でごまかした時の音か
    あのマミさんを蘇生させるとはやるじゃない
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 17:37: :edit
    喰いしん坊! だったっけ?
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/02(金) 17:55: :edit
    良い話じゃあないか
  24. 名前: k #-: 2012/03/02(金) 20:25: :edit
    熱いしハッピーエンドだしすごくおもしろかった
    恭介と仁美のキャラが特にいいな
  25. 名前: 名無しさん #-: 2012/03/02(金) 21:51: :edit
    すげー面白かった
    読み応え合ったわ
    各キャラ皆良い味出しててよかった

    マスクオブティロ、出だしだけ熱かったw
    でも、もうちょっとかっこつけた展開もあげてほしかったw
  26. 名前: 名無し #-: 2012/03/03(土) 00:04: :edit
    まさかの食いしん坊コラボ

    二丁食いとかやったなぁ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/03(土) 02:12: :edit
    えがったー
    スレタイ三田時は胃袋が宇宙な足長おじさん(全裸)の方のパロかと思ったわ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。