杏子「そろそろ本気でさやかを落とそうと思うんだ」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/22(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:20:11.17 ID:WLo8F7TH0
まどか・マミ「………はい?」

杏子「聞き取れなかったのか?」

まどか「え、えっと……聞き取れた、とは思うんだけど」

マミ「聞き取った言葉の意味が理解できなかった、と言えばいいのかしら?」

杏子「だから!そろそろ頃合いだろうからさやかを落とそうと思うんだよ!」バンバン

まどか「お、落とし穴に落とそうってこと?」

ほむら「中々いい案ね。それなら協力するわよ?」

杏子「そう言うことじゃねぇ!ホントにわかんねぇのか!?」

マミ「わからないと言うより、わかりたくないってところかしら……」

杏子「ほむら!お前ならわかってくれるよな?」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:23:50.15 ID:WLo8F7TH0
ほむら「まぁ、わからないことはないわね」

杏子「だろ!?お前ならわかってくれるって信じてたよ!」ガシッ

ほむら「無事美樹さやかを落としたら今度はわたしに協力しなさいよ?」

杏子「ああ、もちろんだっ!」

マミ「え、ええっと……」

まどか「わたしたちは、わk」

杏子「もう、そう言うのはなしだ!わかってるんだろ、二人とも!?」

マミ「……え、ええ……そう、ね」ニガワライ

まどか「あ、あはは……」ニガワライ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:27:59.12 ID:WLo8F7TH0
杏子「あいつが幼馴染に振られて落ち込んでた時とか!」

杏子「無事ワルプルギスの夜を倒した後とか!」

杏子「幼馴染があいつの友達と仲良くしてるところを見て傷心してる時とか!」

杏子「色々あったチャンスを泣く泣く見逃して、あたしは待ち続けたんだ!」

杏子「心が弱ってる時に付け込むなんて卑怯なことはしたくなかったからなっ!」

杏子「だが!だが、だ!それらから無事立ち直った今なら!」

杏子「もう、卑怯な事とかもねえだろって思うんだ!」

杏子「そう思うだろ!?」

マミ「すごい勢いでまくし立てるわね……」

まどか「杏子ちゃんがとりあえず必死だってことだけは伝わったよ、うん」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:33:25.80 ID:WLo8F7TH0
杏子「だから、それについての協力をお前らに要請したかったんだ」

マミ「それで美樹さんだけ誘わなかったのね……」

まどか「ティヒヒ、必死な杏子ちゃん、なんか可愛いね♪」

杏子「あたしは本気なんだ!だから、協力してくれっ!」ガバッ

マミ「ちょっと、佐倉さんっ!?」

杏子「あたし一人だとうまく行く自信がねぇんだ、頼む、この通りっ!!」ズリズリ

まどか「わ、わかったから顔あげて!」

ほむら「本気ね。あなたの気持ち、よくわかるわよ杏子」トンッ

杏子「ほむら……」ウルウル

ほむら「大丈夫よ。わたしたち、みんなあなたの味方だから。ね、まどか、マミ?」

マミ「ええ、それはもちろんよ」ニコッ

まどか「わたしも、協力するよ杏子ちゃん!」

杏子「お前ら……ありがとうっ!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:38:42.61 ID:WLo8F7TH0
杏子「で、だ。さやかを落とすにはどうしたらいいんだ?」モグモグ

マミ「さっきの土下座がウソのように開き直ったわね……」

杏子「いやー、お前らが協力してくれるんなら大丈夫かな、って思ってさ。そう思うと腹減って」モグモグ

ほむら「とりあえず、美樹さやかと仲がいいのはまどかよね」

まどか「うん、そうだね。さやかちゃんとは親友だよ?」

杏子「まどか……例え親友だろうと、さやかは渡さねぇからなっ!」ギロッ

まどか「大丈夫だよ、取ったりしないから♪」

杏子「っ……なんか、そう言われると既にさやかがあたしのモノになったみたいで恥ずかしいな…///」

マミ「ふふ、恋していた女の子を落とすのは大変よ、佐倉さん?」

杏子「わかってるつもりだよ」モグモグ




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:46:10.45 ID:WLo8F7TH0
ほむら「今のあなたと美樹さやかは、どれくらいの新密度なのかしら?」

杏子「んー、とりあえず休日に遊びに行くくらいには仲いいな。とてもデートって呼べるような雰囲気じゃねえけど」

マミ「つまり、美樹さんにとっても今の佐倉さんは仲のいい友達、って感じなわけね」

杏子「そ、そう言われるとちょっとヘコむな……」ショボン

まどか「大丈夫!仲がいいって言うことはマイナスには働かないよ、杏子ちゃん」

杏子「だ、だよな!」

ほむら「問題はそこからどうやってもう一歩踏み出すかってところね」

杏子「やっぱり、仲よすぎる振舞いもダメなのかな……」

ほむら「早まるのはダメよ、杏子?じわじわと毒を染み込ませるように、少しずつ、少しずつ……」

まどか「ほ、ほむらちゃんちょっと怖いよ……」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:51:00.05 ID:WLo8F7TH0
ほむら「とりあえず、今の段階からのステップアップを目指しましょう」

杏子「お、おう!さやかを落とせるんならなんだってやるぜあたしは!」

ほむら「今は、さやかと二人で出掛ける約束とかはあるのかしら?」

杏子「こ、今度の日曜……だから、明後日だな」

ほむら「その時に、あなたを意識させるように仕向けてみたらどうかしら?」

杏子「い、意識させる……ゴクリ」

ほむら「普段よりもちょっとだけおめかししてみたりとか、可愛い服を着てみるとか」

杏子「うーん……」

マミ「わたしたち、なんだか蚊帳の外じゃないかしら?」

まどか「ほむらちゃん、すごい真剣に話してるし、邪魔しちゃ悪いですよねマミさん?」

マミ「ええ、そうみたいね……」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:57:32.02 ID:WLo8F7TH0
ほむら「服なら、わたしのを貸してあげてもいいわ」

杏子「ホントかっ!?」

ほむら「ええ。あなたに合う服を選んであげるわ」

杏子「恩に着る、ほむらっ!」

ほむら「代わりと言ってはなんだけれど、無事さやかを落とした暁にはちゃんと報告しなさいよ?」

杏子「ああ、もちろんだっ!」

ほむら「決まりね」

ほむら(これで杏子がさやかを落としてくれたら、まどかを狙うライバルが一人減ることになる……わたしも全力で行かせてもらうわ!)ホムッ




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:05:54.63 ID:WLo8F7TH0
まどか「日曜日、さやかちゃんとは何の約束をしてるの?」

杏子「ん、ああ。普通に遊ぼうぜってだけだ」

ほむら「なら、路線変更かしらね」

杏子「え?」

ほむら「デートっぽい雰囲気に持って行くのよ」

杏子「で、デート……///」

ほむら「ショッピングとかならそれっぽい雰囲気に持って行けるとおもうわ」

杏子「ふむふむ……」

ほむら「その後はもちろん食事。これもファミレスとかに入ればなお良し」

マミ「本格的ね……」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:11:48.26 ID:WLo8F7TH0
杏子「……よ、よしっ!出来たっ!」

ほむら「一日の行動をまとめたメモね。その通りに行動して、その日の最後に告白すれば間違いなく美樹さやかは落ちるわ」

杏子「ありがとうほむらっ!ホントに感謝してもし足りねぇよ!」

ほむら「礼には及ばないわ」ファサッ

ほむら「頑張りなさい、杏子。わたしたち、みんな応援してるから」

杏子「ああ、任せとけっ!絶対にいい報告出来るようにするからなっ!」

マミ「うまく行くといいわね、佐倉さん」ニコッ

杏子「ああ、ありがとうマミ!」

まどか「ファイトだよ、杏子ちゃんっ!」

杏子「まどかもありがとう!みんなにここまで応援されちゃ、失敗出来ねぇってな!」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:17:55.71 ID:WLo8F7TH0
デート当日―――

杏子「………」ソワソワ

杏子「うぅ……緊張してきた……」ソワソワ

杏子「やっぱり、ほむら達に後を付けて貰った方がよかったかな……」ソワソワ

杏子「今からでも、まだ間に合うかな……」ソワソワ

さやか「お待たせ、杏子っ!」トンッ

杏子「っ!!?」ビクッ!

さやか「? どうかした?」

杏子「い、いいいいいやなんでもっ!ちょっと考え事、してただけだからっ!」

さやか「そう?ならいいけど……ってか、なんか今日はずいぶんと可愛らしい格好してるね?」

杏子「そ、そうか?あ、あたしは別にいつも通りなつもりだぜっ?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:22:39.24 ID:WLo8F7TH0
さやか「ふむ……なるほどねぇ」ニヤニヤ

杏子「な、なんだ?」(なんか勘付かれたか……?)

さやか「さては、あたしに惚れたか?杏子さんや♪」ニヤニヤ

杏子「え、えぇっ!?」

さやか「あっはは、冗談だってばっ!でも、可愛いねぇ杏子は!」ギュッ

杏子「あ、ちょっとさやかっ……」

さやか「さっ、いこっか!」グイッ

杏子「ひ、引っ張るなよ!」タッタッタ




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:26:13.11 ID:WLo8F7TH0
さやか「さってと、それじゃどこに行く?」

杏子「あ、あぁ……」(昨日の夜、何度も紙を読み返したんだ……大丈夫、しっかり覚えてるっ!)

杏子「まずはウィンドウショッピングから、だな!」

さやか「えっ?」

杏子「? な、なんかおかしいか?」

さやか「いや、杏子にしちゃ珍しいな、って思って。いつもなら真っ直ぐゲーセンに直行だったりするのに」

杏子「たまにはいいだろ?」ニカッ

さやか「ま、杏子と一緒ならなんでも楽しいだろうけどさっ!」

杏子「う、嬉しいこと言ってくれるじゃねぇかさやか」(ヤバい、顔熱い…///)




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:32:02.83 ID:WLo8F7TH0
さやか「おっ!杏子、ちょっと!」チョイチョイ

杏子「ん?なんだ?」

さやか「ほいっ!」ポスッ

杏子「ぉう!?な、なんだ!?」

さやか「おおー、やっぱり似合う!」

杏子「帽子……か?」

さやか「うん。ちょっと見掛けて、これ杏子に似合うんじゃないかなって思ったんだけど、予想通り!グッドだね!」

杏子「そ、そうか?そう言われるとなんか照れるな……」

さやか「うむ!その帽子は杏子に被ってもらうのを望んでるね!間違いない!」

さやか「もう、しょうがないなー!その帽子は特別にさやかちゃんからプレゼントしちゃおう!」

杏子「え、で、でも悪いだろ?」

さやか「気にしない気にしない!」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:36:40.50 ID:WLo8F7TH0
さやか「はい、杏子っ!店員さんがタグ切ってくれたから、すぐ被れるよ!」

杏子「……あ、ありがと、な、さやか」

杏子(ヤバい、あたしがさやかになんかプレゼントしようと思ってたのに、先手取られちまった!)

杏子(い、いやでもこれはチャンスか?この帽子のお礼ってことであたしもなんか買えば、口実になるだろ!)

さやか「あー、でもその服にはちょっと合わないかな?」

杏子「な、何言ってんだよ!せっかくさやかが買ってくれたもんなんだから、被るっ!」

さやか「お、気に入ってくれたの?」

杏子「そりゃ、さやかが買ってくれたもんだからなっ!」ニカッ

さやか「それだけ喜んでくれると、プレゼントした方も嬉しいってもんだね!」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:43:29.65 ID:WLo8F7TH0
杏子「買ってもらうだけじゃ悪いから、あたしからもなんかプレゼントする!」

さやか「いいのいいの気にしなくって!杏子に似合うだろうなって思ってあたしが勝手にしたことなんだし、ね!」

杏子「そうはいかねぇ!」

さやか「で、でもお金とかは?」

杏子「大丈夫、ちゃんとバイトして稼いだ金だからな!」ニカッ

さやか「え、杏子バイトしてたの!?」

杏子「さやかはあたしをなんだと思ってたんだよ?」

さやか「うーん……泥棒女?」

杏子「っ!?」グサッ

さやか「い、いやちょっと杏子!そんなに落ち込まないでよっ!?」

杏子「はは……そうさ、どうせあたしなんて……」ズーン

さやか「ごめんって!あたしが悪かったからさ!」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:52:34.08 ID:WLo8F7TH0
杏子「さやかに言われてからは、あたしも結構反省したんだぜ……?」

さやか「そ、そうだよね、うん、うん!」

杏子「わかってくれるか、さやかっ!」ガシッ

さやか「わ、わかった、わかったよ!(ちょっと、顔近い顔近いっ!)

杏子「よし、そうと決まったらあたしがさやかに似合うモノを何か選んでやる!」

杏子「何があるかなー……っと。お、これは……」

さやか「ん?なんかあったの?」

杏子「髪のピン止めだな。さやか、いつも同じの付けてるだろ?たまには違うのを付けてみるのもいいんじゃねぇか?」

さやか「んー……これはあたしのお気に入りなんだけどなー……」

杏子「よし、決めた!これをさやかにプレゼントだ!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:57:50.61 ID:WLo8F7TH0
杏子「さやかーっ!」タッタッタ

杏子「買って来たっ!早速付けてみてくれ!」

さやか「う、うん…ありがと、杏子」パチンッ パチンッ

さやか「ど、どう……かな?」

杏子「か……」

さやか「え?なんて?」

杏子「可愛いじゃねぇか!これはもう反則だろっ!?」ブンブン

さやか「ちょっと、杏子っ!?」

杏子「あたしの予想以上だああああっ!」クワッ!

さやか「あ、ありがとう、杏子……」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:02:04.30 ID:4CiGHGe30
さやか「……ふふっ!」

杏子「ん、どしたさやか?」←ちょっと落ち着いた

さやか「なんかさ、こうやってお互いにプレゼントし合うのって、恋人同士みたいじゃない?」

杏子「!?」

さやか「いいなぁ、こういうの」

杏子「そ、そそそそそそうだなっ!い、いいいいいいいいと思うぜあたしもっ!?」

さやか「ちょっと杏子、焦りすぎだよ?」

杏子「ああああああ焦ってなんかねぇよっ!?」ドキドキ

さやか「あーあ、杏子があたしの恋人だったらよかったのになぁ」

杏子「え?」

さやか「なんてね!冗談だよ、冗談!」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:06:46.95 ID:4CiGHGe30
杏子(こ、これはもう行けるんじゃねぇのかっ?)ドキドキ

杏子「いや、待て待て焦るなあたしっ!ほむらにも言われてるじゃねえかっ!)ドキドキ

杏子(『毒を染み込ませるように、少しずつ、少しずつ』、だ!)

杏子(ここで焦ってチャンスを逃したら、協力してくれた皆に顔向け出来ねぇ!)

杏子(落ち着け、冷静に、冷静にだ……)

さやか「そろそろお昼だね?」

杏子「ん、ああそうだな」

さやか「どっかで弁当でも買おっか?」

杏子「いや、たまにはファミレスに入るのもアリじゃねえか?」

さやか「そう?それじゃそうする?」

杏子「ああ」(よ、よし、シナリオ通りだっ!)




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:10:32.64 ID:4CiGHGe30
ファミレス―――

さやか「ここに入るの、初めてだな」

杏子「あたしは何回かお世話になってるな。バイト終わった後とか、ここで飯食うのが日課になってる」

さやか「へぇー、それじゃオススメとかある?」

杏子「ここのカレーはなかなかうまいんだよ!あたしの大好物だな!」ニカッ

さやか「それじゃ、あたしもそれにしよっかな?」

杏子「お、お揃いかっ!?」

さやか「え?別にいいじゃん?」

杏子「い、いやまぁいいんだけど……」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:13:31.37 ID:4CiGHGe30
さやか「それとも、違うメニュー頼んでお互いに食べさせあったりしちゃう?」

杏子「そ、それはさすがに、その……」

さやか「?」

杏子「は、恥ずかしいと言うかなんと言うか……」ゴニョゴニョ

さやか「うーん、悩むねぇ……」

さやか「どうせなら違うメニューの方がお得感はあるよねぇー……」

杏子(き、聞いてねぇ……)

さやか「よし、決めた!あたしはナポリタンにしよう!」

杏子(た、食べさせあったりとか……すんのかな、やっぱり)




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:16:47.67 ID:4CiGHGe30
さやか「おっ、来た来た!」

杏子「そ、そうだな」

さやか「さて、それじゃ……」ニヤニヤ

杏子「うっ……!」

さやか「ほれ杏子、口を開けんさい♪」ニヤニヤ

杏子「は、恥ずかしいだろっ!?」

さやか「女同士で恥ずかしるがることなんぞないっ!いいから、ほら!あーん♪」

杏子「っ……あ、あーんっ……///」

さやか「素直でよろしい♪」ヒョイ

杏子「……パク、ムグムグ……」

さやか「おいしいかね、杏子ちゃんや?」

杏子「……んまい」

さやか「そかそか、んじゃあたしも食べよっかな!」モグモグ




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:19:50.44 ID:4CiGHGe30
杏子「お、お返しはいいのか?」

さやか「ん~?」モグモグ

杏子「あたしだけ食べさせてもらっちゃ、悪いだろ?」

さやか「あ、そうだね。食べさせてもらおっかな!」

杏子「お、おう……ほ、ほれ……」ヒョイ

さやか「あーんって言ってくれないの?」

杏子「だ、だから恥ずかしいだろっ!?」

さやか「言ってくれないと食べないぞ~♪」

杏子「ぐっ……あ、あーん……」

さやか「あ~ん♪」パクッ モグモグ

さやか「あ、おいひぃ!」モグモグ

杏子「だろっ!」パァァ




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:24:23.36 ID:4CiGHGe30
さやか「もう一口ちょうだい!」

杏子「しょ、しょうがねぇな!気に入ってくれたんなら、あたしも嬉しいしな!ほれ、あーんだ!」

さやか「あーん……ン、ムグムグ……」

杏子「このスパイシーな感じがたまんねぇんだよな!」

さやか「ん~、これはいいね~♪この店の常連になるかも!」

杏子「んじゃ、今後はあたしと一緒に来ようぜ!」

さやか「おっ、いいね~!」

杏子「さて、と!んじゃあたしも……っ!」

杏子(そ、そいやこのスプーン、さやかが口つけたんだよな……)ゴクリ

さやか「?」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:30:21.56 ID:4CiGHGe30
杏子(そ、それにさやかのフォークだって、最初にあたしが……)

さやか「どうかした、杏子?」

杏子(さやかは意識してなかったみてぇだけど……か、間接キスに……///)

さやか「もしかして、間接キスとか考えてるんじゃないでしょうなぁ?」ニヤニヤ

杏子「そ、そんなことねぇよっ!?」

さやか「だよね~、あたしだって杏子とこうして間接キス、してるし♪」パクッ

杏子(う、うおおおおおおっ!!?見せつけるように加えるなぁぁぁぁぁっ!!)

さやか「ん、ナポリタンもなかなか♪」

杏子(くそぅ……あたしだけ意識してるのはなんだか悔しいっ……)

杏子(えぇい、考えたら負けだぞあたしっ!)パクッ

さやか「あっ……」

杏子「ん、やっぱりここのカレーはうまいな!」

さやか(……いや、何考えてんのさあたしは…)




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:34:52.49 ID:4CiGHGe30
さやか「はぁ、食べた食べたっ!」

杏子(えーと、昼からは確か……)

杏子(え、映画館、だったな……)

さやか「それじゃ、そろそろいつもの場所に行きますかっ!」

杏子「え?」

さやか「ゲーセン!行かないの?」

杏子「あ……」

杏子(どうする……?ここでゲーセンに行っちまったら今日一日のプランが崩れちまうぞ?)

さやか「ほら、行くよ杏子!」グイッ

杏子「あ、ちょっ……」タッタッタ




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:38:55.71 ID:4CiGHGe30
ゲームセンター―――

さやか「よっしゃー!まずは格ゲーからだぞー!」

杏子(予定、崩れちまった……)

さやか「ほらほら杏子、早く向かいの台に座る!」

杏子「あ、ああ……」(くそっ、こうなりゃヤケだ!)

~~~

さやか「くっそ、これでどうだっ!」ガチャガチャッ!

杏子「あま~いっ!そらっ!」ガチャガチャッ!

さやか「あ、あ、あ~!負けたぁ~っ!?」

杏子「うっはは、だいぶ腕を上げたみてぇだけど、まだまだあたしには勝てねぇなさやか!」

さやか「くそ~、連コインだっ!」チャリン




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:43:02.02 ID:4CiGHGe30
~~~

さやか「ふっ、はっ、そりゃっ!」カコンカコン

杏子「たっ、とぅっ、てりゃっ!」カコンカコン

さやか「隙ありぃっ!さやかちゃんスマァァッシュ!」カコォォォン!

杏子「くあっ!?」カラカラン

さやか「よっしゃー!杏子に一点先取っ!!」

杏子「まだまだっ!勝負はこれからださやか!!」カラン カコンッ

さやか「こっちではあたしの方が有利なのさぁ~っ!」カコンッ!

杏子「負けられねぇんだっ!!」カコンッ!




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:46:52.07 ID:4CiGHGe30
~~~

さやか「お、あのぬいぐるみ可愛いよ杏子!」

杏子「ん?どれ………なんかキュゥべえの野郎に似てるな…」

さやか「キュゥべえだって見た目だけは可愛いじゃん!」

杏子「そうかぁ?」

さやか「あれ取ってよ、杏子!」

杏子「ったくしょうがねぇな!見てろ、あたしのUFOキャッチャーテクを!」ウィィィィン

ポスッ

さやか「おおおおおぉぉぉっ!すごいじゃん杏子!一発で取っちゃったよ!」

杏子「これくらい朝飯前ってな!」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:50:52.94 ID:4CiGHGe30
夕方―――

さやか「いやぁ~、遊んだねぇ!」

杏子「あ、ああ、そうだな……」ショボン

杏子(結局昼からはずっとゲーセンで普通に遊んじまった……こんな雰囲気じゃ、告白なんて出来ない……)

さやか「ところでさ、杏子?」

杏子「ん~、なんだ……?」

さやか「もしかして、昼からどっかに行くつもりだった?」

杏子「あ、あぁ……まぁ、ちょっとな」

さやか「どこに行くつもりだったの?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:54:39.32 ID:4CiGHGe30
杏子「え、映画館……だけど」

さやか「ん~……もしかして、今日は普通にデートプランだったりとか?」

杏子「っ……あ、ああ、そうだよ」

さやか「やっぱりね~。いつもの杏子だったら、ウィンドウショッピングとか言い出さないもんね」

杏子「あ、あたし、いつもと違った……かな?」

さやか「ん、まぁね。第一、その格好からなんかおかしいなって思ったもん」

杏子「もしかして、あたしのこと……嫌いになった、とかか………?」

さやか「そんなわけないじゃん!」

杏子「っ!」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:59:18.89 ID:4CiGHGe30
さやか「でもさ、そんな無理して色々とやろうとしなくってもいいよ?」

杏子「………」

さやか「あたしは、いつもの杏子の方が、好き……かな」

杏子「さやか………」

さやか「あ、でも昼の食べさせ合いは楽しかったかな!ああ言う感じなら、何回でもやりたいかも!」

杏子「………っ、さやか……」

さやか「ん、何?」

杏子(い、言うなら今だあたしっ……!ゆ、勇気を振り絞ってっ……!)

杏子「じ、実はあたし……その、さやかの事が……」

さやか「……?」

杏子「す、好き……なんだ……」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:03:33.88 ID:4CiGHGe30
さやか「っ!」

杏子「今日のプランも、さ。ほむら達に相談して、決めてもらったんだ」

杏子「さやかを落とすには、どうしたらいいのか……って、相談……して……」

杏子「あ、あたしさ。今までずっと友達とかもいなかったから……どうやったらいいのかなんてわかんなくって」

杏子「だっ、だから……そのっ……」

杏子「あっ、あたしとっ……つ、付き合ってっ……く、くださいっ……!」バッ

さやか「杏子……」

杏子「………っ」ギュッ

さやか「ありがと、杏子」スッ

杏子「さ、さやか……?」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:07:14.45 ID:4CiGHGe30
さやか「あたしもさ、色々と考えることはあったよ」

さやか「恭介に振られて、ずっと落ち込んでてさ」

さやか「そん時、あんたが側にいてくれて、すっごい嬉しかった」

さやか「思えば、杏子はその頃からあたしのこと、好いてくれてたのかな。って、これじゃただの自惚れかな!」

杏子「そ、そんなことないっ!あたしは、ずっとさやかのことがっ……!」

さやか「ストップ」

杏子「っ……」

さやか「今は、あたしの話、聞いて?」

杏子「……」コクッ




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:12:16.69 ID:4CiGHGe30
さやか「最初杏子に会った時は、なんだこいつって思ったりもした」

さやか「でもさ、こうやって一緒の時間を過ごすうちに、杏子の内側も知ることが出来て」

さやか「ああ、優しいな、って。落ち込んでる人を放っておけない人なんだなってことがわかった」

杏子「………」

さやか「あんたがいてくれなきゃ……あたしは、ホントにダメになってたかもしれない」

さやか「だから、その……」

杏子「……さやか?」

さやか「……~~~……こ、こう言う時は、なんて言えばいいのかな……?」

さやか「あ、あはは!あたしもさ!バカだから!雰囲気とか気にしないで、色々言っちゃうこともあるかもしれないけどさ!」

さやか「そんなあたしでよければ……杏子の側に、いてもいいかな?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:13:18.53 ID:+S18kssw0
キマシタワーーー!!




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:15:39.88 ID:4CiGHGe30
杏子「そ、それは、その……つまり……」

さやか「~~~……もう、はっきり言わなきゃわかんない?」

杏子「ちゃ、ちゃんとさやかの口から聞きたいっ!」

さやか「あ、あたしだって結構恥ずかしいんだよっ!?」

杏子「あ、あたしは自分の気持ちをしっかりと言葉にして言ったんだぞ!なら、さやかだってちゃんと言葉で現すべきだっ!!」

さやか「~~~……もう、あんたもバカだよ……」

さやか「ん、わかった!」

さやか「杏子と、付き合ったげる!」

杏子「!」

さやか「こ、これでいいんでしょっ?」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:19:54.24 ID:4CiGHGe30
杏子「っ、さやかぁぁっ!!」ダキッ

さやか「ちょっ!杏子っ……!」ギュゥッ

杏子「んじゃ、あたしたちは今から恋人なっ!前言撤回とかは認めねぇからなっ!」

さやか「そっちこそっ!あ~もう、雰囲気も何もあったもんじゃないよ!」

杏子「な、なら、恋人同士なら、するべきことがっ……!」

さやか「……はい?」

杏子「……ン」スッ

さやか「ちょ、待った待った!さすがにそれは早いってっ!」

杏子「もう、今日はこれでお別れだろ……?な、なら、記念すべき一日の最後は、これで締めくくりたいっ……」

さやか「杏子………」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:23:31.57 ID:4CiGHGe30
杏子「っ……」グッ

さやか「ち、力を抜くっ!体、カチコチだよっ!?」

杏子「い、いいから早くしてくれよっ……」

さやか「全くもう……」スッ

チュッ

杏子「っ……!」

さやか「きょ、今日はこれでおしまい!」

杏子「そ、そりゃねぇだろ!ここは唇同士でする流れだったじゃねぇかっ!」

さやか「これでもあたしは勇気を振り絞った方じゃんっ!」

杏子「このまま不完全燃焼であたしに帰れってのーかよっ!」

さやか「つ、続きはまた明日!明日にしてっ!」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:25:01.03 ID:iNSGM1qD0
明後日はどうなるんです?




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:26:46.66 ID:/zncDucA0
>>96
セクロスだろ常考




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:29:09.89 ID:4CiGHGe30
杏子「明日!?明日期待していいんだなっ!?」

さやか「うっ、そ、それはっ……」

杏子「それが約束出来ないんなら、今してくれよ!」

さやか「も、もうダメもうダメっ!か、顔熱くってそれどころじゃないんだってば!」

杏子「大丈夫、それはあたしも一緒だからっ!」

さやか「それ、もう色々とダメじゃんっ!?」

杏子「あ~もうっ!出来ればさやかの方からして欲しかったけど、もう我慢も限界だっ!」ガシッ

さやか「うぇっ!?ちょ、ちょっと杏子っ……!」

杏子「覚悟しろさやかっ……!」ハァハァ

さやか「息!息荒いって杏子っ!身の危険感じるっ!」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:31:48.34 ID:4CiGHGe30
杏子「あたしをここまで焦らしたさやかが悪いんだからなっ……!」グググッ…

さやか「や、ちょっとっ……」

チュッ

さやか「ンムッ!?」

杏子「ンゥッ……ハムッ…」

さやか「~~~~~~~っっ!!??」ジタバタ

―――――

―――



杏子「はぁ、すっきりしたぜ♪」

さやか「うぅっ……汚された……」シクシク




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:39:55.59 ID:4CiGHGe30
~~~

杏子「……きょ、今日はホント、その、悪かったな……///」

さやか「ううん、なんだかんだで、その、あたしも杏子がしてくれて、嬉しかった、し……///」

杏子「~~~…んじゃ、あたしは帰るからなっ!」タッ

さやか「あ、杏子っ!」

杏子「明日は、さやかからしてくれることを期待してるからな~っ!」タッタッタ

さやか「えぇぇっ!ちょっと杏子ー!……行っちゃった…」

さやか「あれ、携帯鳴ってる……?」

―――――――――――――――――
From:ほむら

『眼福だったわ、ありがとう』
―――――――――――――――――

さやか「!?」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:46:12.28 ID:4CiGHGe30
翌日―――

杏子「遅いぞ、さやか!」

さやか「杏子!?どうしたのさ、朝から会うなんて珍しいじゃん?」

杏子「何言ってんだよ、その、恋人なんだし、朝の迎えくらいは…必要、だろ?」

さやか「っ!」

杏子「ま、まどか達を合流するまでは、これをあたしの日課にするからなっ!」

さやか「……ん、ありがと」スッ

杏子「!」

さやか「手、繋がないの?」

杏子「お、おう……」ギュッ




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:49:25.83 ID:4CiGHGe30
トコトコトコ

まどか「あ、さやかちゃん!」

さやか「おっはよう、まどか!」パッ

杏子「!」

さやか「まどかは相変わらず可愛いな~♪」ギュッ

まどか「さ、さやかちゃん!そ、それはちょっと……」

さやか「え?」

杏子「むぅぅぅっ……!」ゴゴゴゴ

さやか「あ、あはは、そ、そうだったね!ごめんごめん、いつものクセでさっ!」パッ

杏子「いつものクセだとっ!?」

さやか「あっ……」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:53:40.19 ID:4CiGHGe30
仁美「おはようございます、まどかさん、さや……か……さん……?」

杏子「お前はあたしと言うものがありながら、毎日のようにまどか相手に……」ギャーギャー

さやか「ごめん、ごめんってっ!」ペコペコ

まどか「あ、仁美ちゃん……お、おはよう!」

仁美「え、ええと……何かありましたの?」

まどか「う、うん、ちょっと色々と……」

杏子「うわーん!さやかに浮気されたー!」

さやか「浮気じゃないってばっ!あーもう!もう二度としませんっ!しませんから機嫌直してよ杏子ー!」

仁美「まぁ……なんだか禁断の愛の香りですわ♪」

まどか「あ、あははは……」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:58:25.72 ID:4CiGHGe30
放課後―――

杏子「待ってたぞ、さやかっ!」ガシッ

さやか「きょ、杏子っ……」

マミ「ふふ、うまく行ったみたいね、二人とも」

杏子「マミっ!」

ほむら「当然、この後はマミの家に集まって報告すべきことがあるのよね?」

杏子「ああ、もちろんだ!」

ほむら「わたしたちは先にマミの家に行っているから、あなたたちはゆっくりと二人の時間を楽しむといいわ」

マミ「それじゃ、行きましょうか?暁美さん、鹿目さん」

ほむら「ええ」

まどか「ティヒヒ、ケンカしちゃダメだよ、二人とも?」

さやか「あ、ちょっとほむらっ!……行っちゃった……」

杏子「ほう……次はほむらか?さやか……」ゴゴゴゴ

さやか(ヤバッ……)




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:03:15.70 ID:4CiGHGe30
杏子「お前、ホントにあたしのこと好きなんだろうな!?」

さやか「と、当然じゃんっ!じゃなきゃ付き合ったりなんかしないって!」

杏子「その割には、まどかやほむらともずいぶんと親密じゃねえかっ!」

さやか「ま、まどかはあたしの親友だし、ほむらにはちょっと聞きたいことがあっただけでっ……」

杏子「もうダメだっ!さやかも、あたしへの気持ちを言ってくれなきゃ気がすまねぇ!」

さやか「ええっ!?」

杏子「オラ、言えっ!さやかはあたしのこと、どう思ってんだ!?」

さやか「だ、だからそれはその……」

さやか「す、好き、だよ……あたしも、杏子のことが」

杏子「っ、よ、よし、合格にしといてやるっ!」

さやか(助かった……)

杏子「んじゃ、次だ!」

さやか「えっ?」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:06:33.63 ID:4CiGHGe30
杏子「き、昨日の約束……忘れたわけじゃ、ねえだろ?」

さやか「昨日……?」

杏子「続きは明日って言ってくれただろ?」

さやか「ぅえっ!?」

杏子「さ、さぁ来いっ……!」

さやか「ぐっ……」

杏子「……ンーッ……」ズイッ

さやか(くっ、待て待てあたし、落ち着け落ち着け……平常心、平常心だぞぉっ……!)

チュッ

杏子「っ!」

さやか「ンム……」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:10:40.59 ID:4CiGHGe30
杏子「ン……ふぁあかぁっ……ハムッ」

さやか「…クチュッ……ペロッ……」

杏子「っ!?」(し、舌をっ!?)

さやか「ピチュッ……」

杏子「~~~~~~!?」バンバンッ

さやか「ップハッ……こ、これでいいんでしょっ?」

杏子「あ、あぁ……」ボーッ

さやか「? 杏子?」

杏子「あたし、もう胸いっぱいだわ……」ボーッ

さやか「い、いきなり舌はまずかった?」

杏子「んなことねぇっ!もう満足も満足だっ!」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:14:33.87 ID:4CiGHGe30
さやか「そ、それじゃ、そろそろ行こうか?マミさん達も、待ってるだろうし」

杏子「あ、あぁ……」

さやか「ほ、ほら、手」スッ

杏子「……ん」ギュッ

さやか「なんか、素に戻ると恥ずかしいね……////」

杏子「ま、まぁそういうことをしてる時は……勢いが、ある、しな?」

さやか「………うん、そだね」

杏子「うしっ!行こうぜ、さやかっ!」タッ

さやか「オッケーオッケー!これからは、杏子とずっと一緒だからねっ!」タッ

杏子「ったりめーだろがっ!浮気は許さねーからなっ!」


終わり




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:15:34.70 ID:fuaNRgEQ0
ふぇ?明後日は?




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:15:53.21 ID:NOz/K1Wq0
乙乙乙




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:19:50.73 ID:4CiGHGe30
おまけ

ピンポーン

マミ「あら、思ったより早かったのね」

杏子「もう、することは済ましちまったからなっ!」

さやか「ちょっ、そう言うことは公言するようなことじゃないでしょ杏子っ!?」

杏子「幸せはみんなに分け与えるもんだろ?」ニカッ

マミ「さ、上がって」


パァーン パァーン

まどか「おめでとう、二人とも!」

ほむら「祝福するわ、杏子、さやか」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:23:19.38 ID:4CiGHGe30
杏子「お前ら……」

マミ「ふふ、鹿目さんも暁美さんも少なからず二人のことを心配していたってことよ?」

ほむら「わ、わたしは別に……」

まどか「そんなこと言って、ほむらちゃん昨日は二人の様子を見守りに行ってたじゃん?」

ほむら「それは、ここのメンバーを代表してわたしが二人の仲を見届けようと……」

さやか「そっか、ほむら、後を付けてたんだ……」

ほむら「ええ、まぁね」

さやか「だから、あんなメールを……」

ほむら「ふふ、だって茶化さずにはいられなかったんだもの」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:28:32.49 ID:4CiGHGe30
マミ「さ、今日は二人の祝福パーティよ。ケーキも用意したんだから」

杏子「おおー、ありがとうなマミ!」

マミ「可愛い後輩の記念すべき日ですもの、これくらいはしてあげないとね?」

ほむら「でも、祝福パーティとは別に報告はきっちりとしてもらうわ」

さやか「うう、恥ずかしいなぁ……」

まどか「大丈夫だよ、さやかちゃん。誰も茶化したりしないから!」

ほむら「ええ、もちろん」ニコッ

さやか「ほむらの笑顔には邪気しか感じないよ……」

杏子「さやか!ケーキ、うめぇぞ!」モグモグ

さやか「あ、ちょっとあたしにも食べさせてよっ!」

杏子「ほれ、あーん!」

さやか「あー…むっ」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:33:14.15 ID:4CiGHGe30
ほむら「ほむぅ……見せつけてくれるわね、二人とも」

さやか「っ!」(つい自然に食べちゃった……)

まどか「ウェヒヒ、もうそれくらいは普通にしあう仲になったんだね!」

杏子「ああ、まあな!これも、ほむらやまどか、マミが協力してくれたおかげだ!」

マミ「わたしと鹿目さんはあまり役に立たなかったような気もするけれどね……」

杏子「そんなことねぇって!相談に乗ってくれた時点でめっちゃ助かったんだぜ!?」

ほむら「杏子。約束、忘れていないわよね?」ヒソヒソ

杏子「ああ、そりゃもちろん。相手は、やっぱりまどかなんだろ?」ヒソヒソ

ほむら「まどかは鉄壁よ。さやかのように簡単には落とせないと思うの」ヒソヒソ

杏子「簡単って言うな!これでもあたしは結構四苦八苦したんだぞ!?」ヒソヒソ

さやか「むっ……杏子、ずいぶんとほむらと親しげじゃない?」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:38:15.37 ID:4CiGHGe30
杏子「えっ?」

さやか「あたしには散々浮気するなって言っておきながら、それはどうなのさっ!?」

杏子「い、いやいや違う!違うぞ、さやかっ!ほむらとは、ちょっと約束してたことがあってだな……」

さやか「罰が必要だね!」

杏子「ば、罰ってっ……」

さやか「杏子も、今ここでもう一度あたしへの気持ちを吐露するのだっ!」

杏子「ああ、そりゃお安い御用だ。むしろ何度でも言ってやるぜ?」

さやか「え」

杏子「あたしは、さやかのことが大好きだあああああ!!」

さやか「うわああああああっ!?声、声大きい!!

ほむら「はいはい、御馳走様御馳走様」

まどか「なんだか羨ましいな♪」

マミ「何はともあれ、よかったわ!」


ホントに終わり




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:40:39.50 ID:7PZxNrpeO
乙ごちそうさま

王道あんさやいいなあ




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:43:31.77 ID:4CiGHGe30
バレンタインネタでも使おうかと思ったけど、王道の王道で通すことにした
あんさやはやはりいいものだ・・・




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:48:57.45 ID:iNSGM1qD0
乙乙あんあん!






-----------
当ブログについて
※欄86さんありがとうです。



少女ホリック (IDコミックス 百合姫コミックス)
少女ホリック (IDコミックス 百合姫コミックス)青井 はな

一迅社 2010-05-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ナイフエッジガール (IDコミックス 百合姫コミックス) ツインケイク (IDコミックス 百合姫コミックス) くろよめ (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ) スリーピングビューティーの見た夢 (IDコミックス 百合姫コミックス) キラキラ (IDコミックス 百合姫コミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 01:17: :edit
    あんこマジあんあん
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 01:30: :edit
    王道キマシタワー!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 01:36: :edit
    アマゾンがさや杏にみえる不思議
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 02:00: :edit
    やはりこの組合せはよいものだ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 02:31: :edit
    ありきたりで中身が全く無い

    これほど低レベルのSSを見てしまったのは久々だ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 04:18: :edit
    以下、おにんにん禁止!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 05:11: :edit
    杏子ちゃんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  8. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/02/22(水) 10:25: :edit
    分かっていた、分かっていたんだ・・・
    でも、さやかなら何かものすごい空気読めないことをしてくれると思ってたんだ・・・
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 10:55: :edit
    杏子がなんどか魔理沙に見えちまったぜ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 11:35: :edit

    マジ乙

    それとまどかの笑い方wwwwww
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 14:29: :edit
    シンプルな杏さや久しぶりに見た気がする、いやいいもんだな
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 14:46: :edit
    この二人はやっぱいいな
    非常に俺得である
  13. 名前: 名無しさん #-: 2012/02/22(水) 21:16: :edit
    杏さやの間にはライバルや友情や敵対など色々な属性があるからな

    『元々は本気で争ってた』これが良いスパイスになってるんだろうな
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 23:47: :edit
    杏さやの関係はやはりいいよな
    さすがほむまどと対になるカップル
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/22(水) 23:59: :edit
    良いね
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/23(木) 04:31: :edit
    時代はまどマミだろJK
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/23(木) 11:01: :edit
    これは素晴らしいバカップルになりそうですね
    非常に美味しいです
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/28(火) 01:58: :edit
    杏子のストレートさが実にいい。
    素晴らしい。
    というわけでさあ、早く
    二人の明後日編を書くんだおねがいします
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。