まどか「え?ほ、ほむらちゃん私が見えるの!?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/31(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:24:30.95 ID:cH3LBWMD0
―公園―

ほむら「いけない……公園でうたた寝してしまったわ……」

ほむら(あれ?なんだか膝が重い……)

まどか「うぇひひ」

ほむら「……」ゴシゴシ

ほむら(幻覚?)

まどか「ほむらちゃんのお膝暖かいな」

ほむら(さ、触れるのかしら……)ソー

ナデナデ

まどか(んー……あれ?なんだかとっても心地良い……)

まどか「ってあれ!?な、なんで私に触れる人がいるの!?」

ほむら「え?あ、触っちゃまずかったかしら?」

まどか「え?ほ、ほむらちゃん私が見えるの!?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:27:32.67 ID:cH3LBWMD0
ほむら「え、えぇ」

まどか「ど、どうして!も、もしかしてソウルジェムが濁って!?」

ほむら「え?あ、大丈夫よ」スッ

まどか「あ、本当だ……」

ほむら「えっと……まどか……なのよね?」

まどか「う、うん」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:31:09.94 ID:cH3LBWMD0
ほむら「夢じゃ……ないのよね?」

まどか「えと、そうだね」

ほむら「まどかのほっぺを触れる……」

まどか「く、くすぐったいよぉ///」

ほむら「まどか……まどかぁ……」ポロポロ

まどか「わわ!な、泣かないでほむらちゃん」

まどか「と、とにかく一度ほむらちゃんのお家にいこ?」

ほむら「そ、そうね……」ゴシゴシ




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:37:32.65 ID:cH3LBWMD0
まどか「うぇひひ」ギュゥ

ほむら「あの……まどか?」

まどか「え?なに?」

ほむら「その……いつもそうやって飛びながら私の首に抱きつくようにいてくれてたの?」

まどか「あ!えと、うん……ご、ごめんねつい癖で」

ほむら「ううん、本当にいつも一緒にいてくれたんだって嬉しい」ニコ

まどか「は、恥ずかしくなってきちゃった///」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:43:56.67 ID:cH3LBWMD0
ほむら「他の人には見えてないみたいね……」

まどか「本来私が見えるなんてありえないもん……」

ほむら「あ、ごめんなさい……」

まどか「でも、ほむらちゃんと触れあえて会話もできるなんてすごく嬉しいよ!」

ほむら「まどか……」

まどか「うぇひひ、あんまり私と喋るとほむらちゃんが変な人に見えちゃいそうだね」

ほむら「ふふっそんなの気にしないわよ」

まどか「駄目だよーちゃんと気にしなきゃ!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:55:31.37 ID:cH3LBWMD0
―ほむホーム―

ほむら「い、いざ何でも話せる状況になると何を話せばいいのかわからないわ……」

まどか「私もほむらちゃんとたくさんお話したいって思ってたんだけど何から話せばいいのか……」

ほむら「じゃ、じゃあまずは……まどかは……げ、元気?」

まどか「?」

ほむら「ってみ、見たらわかるわよね!い、いきなり変なことを聞いちゃったわね!」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃん可愛い!」ギュゥ

ほむら「ぁう///」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:59:25.35 ID:d+6iqUOHO
最近SSでまどかやまど神様が普通に会話してるのがデフォ過ぎて概念という設定を忘れてた




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:02:52.71 ID:cH3LBWMD0
まどか「ほむらちゃん」

ほむら「な、何?」

まどか「リボン、とっても似合ってるね!」

ほむら「そ、そうかしら?」

まどか「うん!それにいつも大切にしてくれてすっごく嬉しいよ!」

ほむら「そ、そう///」

まどか「それに毎日私のことを思い出してくれて……」

まどか「ありがとう、何度言っても足りないけど……ありがとうほむらちゃん」

ほむら「まどか……」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:06:29.56 ID:cH3LBWMD0
ほむら「その……こうしてまどかが見えるのは一時的なもの……なのかしら?」

まどか「ごめんね、私にもわからない……」

ほむら「そう……」

まどか「でもね、もし一時的なものだったとしても私はずっとほむらちゃんのそばにいるよ!」

ほむら「まどか……」

まどか「こんな悲しくなっちゃうもしものお話よりも今はほむらちゃんといっぱいお喋りしたいなって」

ほむら「ふふっそうね」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:18:24.98 ID:cH3LBWMD0
ほむら「ま、まどかは……その……い、いつも私のことを見ていてくれたのよね?」

まどか「うん!」

ほむら「その……えっと……き、気になってたからき、聞かせてもらうね?」

まどか「?」

ほむら「お、お手洗いとかもその……み、みてたり……するの?」

まどか「///」カァ

ほむら「な、なんて冗談///」カァ

まどか「その……み、見てるよ///」

まどか「その……ちょっとソウルジェムが濁ってる子とか」

ほむら「そ、そう!そうよね、み、見ておかないといけないものね!」

ほむら(お手洗いは見られてたらさすがに恥ずかしいし少しほっとしたような///)

まどか「ほむらちゃんとか///」ボソ

ほむら「え?」

まどか「な、なんでもないよーだ!」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:30:14.00 ID:cH3LBWMD0
ほむら(なんでこんな時にエッチな質問ばかり浮かぶのよ///)

ほむら(普通の会話普通の会話……)

ほむら「そ、そういえばさやかは……元気?」

まどか「さやかちゃん?えっとね、しばらくは輪廻にいかずにほむらちゃんや杏子ちゃんを待ちたいって」

ほむら「私や杏子を?」

まどか「うん、今はさやかちゃんもいろんな世界を知ってるから二人に謝りたいって」

ほむら「そんな、さやかは何も悪くないのに……」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:34:41.25 ID:cH3LBWMD0
まどか「それにマミさんにもお礼を言いたいし待ちたいんだってさ」

まどか「それに私が一人じゃちゃんとできるか心配だーなんて言うんだよ!」

まどか「もう子供じゃないって言ってるのに」プクー

ほむら「ふふっ元気にしているのね、安心したわ……」

まどか「うん!待ってる間私の力を一部貸してアルバイトしてもらってるの!」

ほむら「アルバイト?」

まどか「その……今日みたいにほむらちゃんのお膝でのんびりしたい時とか」

まどか「さやかちゃんに変わってもらって……私はお休みって……うぇひひ///」

ほむら「ふふっ知らない間にさやかが神様代行なんてしていたのね」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:40:02.20 ID:Iqa4EtSs0
さやか「まど神様だと思った?」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:42:32.12 ID:cH3LBWMD0
ほむら「でも、そうなるとあなたがお休みじゃないときはそばにいないってこと……よね……」

まどか「お休みじゃなくてもそばにいるよ?」

ほむら「え?」

まどか「えっとね……えい」ポン

まど「ほむらちゃん!」

ほむら「え!?まどかが二人!?」

まどか「こうやって私の分身が世界中にいるからお休みだろうと大丈夫だよ!」

ほむら「じゃあさやかのアルバイトって必要なの?」

まどか「うぇひひ、実はただの意地悪なんだ」

ほむら「え?」

まどか「だって前にまどかにできるならあたしならもっと簡単にできそうだねなんて言うんだもん」プクー

まどか「さやかちゃんはいっつも私を子供扱いして」

ほむら「ふふっさやからしいわね」

ほむら(それにさやかがそう言いたくなる気持ちもすごくわかるわ)クスクス




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:51:41.85 ID:cH3LBWMD0
まどか「とにかくそういう事だからいつだって私はほむらちゃんのそばにいたよ!」

ほむら「ふふっありがとう、嬉しいわ」

まどか「でもこうやって誰かと触れ合うって久しぶりだなぁ」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんのほっぺ柔らかい」

ふにふに

ほむら「ひゃめへまほは」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:57:27.97 ID:cH3LBWMD0
ほむら「もう……」

まどか「うぇひひ、ごめんね」

ほむら「さやかとかは触れ合えないの?」

まどか「うーん、なんていうか触れ合うって感じじゃないんだ」

ほむら「?」

まどか「さやかちゃんは霊体だからなのかな、こうしてほむらちゃんと触れ合ってみるとやっぱり違うなぁって」

ほむら「よくわからないけど肉体の有無ってことかしら?」

まどか「そんな感じかなぁ」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:05:21.02 ID:cH3LBWMD0
まどか「あ!ほむらちゃんのメガネ!」

ほむら「え?あぁ」

まどか「かけてみて!」

ほむら「え?」

まどか「かっこ良くなったほむらちゃんも大好きだけど可愛いほむらちゃんも大好き!」

ほむら「な///」カァ

まどか「あ、三つ編みに私がしてあげる!」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:10:58.16 ID:cH3LBWMD0
まどか「あ……」

ほむら「どうしたの?」

まどか「紫色のリボン……触れない……」

ほむら「……」シュル

ほむら「あなたのくれた赤色のリボンならどうかしら?」

まどか「……」ソー

まどか「あ……触れる……」

ほむら「よかった、じゃあちゃんと三つ編みにしてもらえる?」

まどか「うん!」

ほむら(よかった……でもやっぱり私以外はほとんど触れないと考えたほうがいいのかしら……)




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:23:34.40 ID:cH3LBWMD0
まどか「うぇひひ、できた!」

ほむら「どうかしら?」クル

まどか「むー……」

ほむら「?」

まどか「……」ムニー

ほむら「まどか?目元を引っ張られると痛いのだけど……」

まどか「なんだかほむらちゃんの目付きがもっとこうだったような……」

まどか「うーん……」

ほむら「ふふっ」ニコ

まどか「あ!今の感じ!」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃん笑って!」

ほむら「え、え?」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:31:04.25 ID:cH3LBWMD0
ほむら「こ、こう?」ニコォ

まどか「うーん……ちょっと違うような」

ほむら「そ、そう……ごめんなさい」

まどか「でもメガネをつけたほむらちゃんが凛々しいっていうのは初めてかも!」

ほむら「?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:47:58.38 ID:cH3LBWMD0
クゥー

ほむら「///」カァ

まどか「うぇひひ、お腹空いちゃったのかな?」

ほむら「そういえば朝から何も食べてなかったわ」

まどか「お昼は抜いてたもんね」

ほむら「み、見てたの?」

まどか「うん、ダイエットでお昼抜いてるのみてたよ!」

ほむら「うぅ///」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:53:52.71 ID:cH3LBWMD0
まどか「ずっと見てたって言ってるのに」

ほむら「そ、そう言われてもやっぱり恥ずかしいところは見ていないって思いたかったのよ///」

ほむら「と、とにかくご飯を作ってくるわね」

まどか「私もご飯楽しみたいなぁ……」

ほむら「あ……ご、ごめんねまどか……」

まどか「え?あ、ううん、そんなつもりで言ったんじゃないのこっちこそごめんねほむらちゃん」

ほむら「その、すぐに作って食べるから」

まどか「あ、うん……」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:59:09.52 ID:cH3LBWMD0
まどか「……」キョロキョロ

まどか(確かあそこにほむらちゃんの抱きまくらがあるんだよね)

まどか(な、何度もえっちなことしてるところも見ちゃったし……)

まどか「///」カァ

ほむら「まどか、退屈かもしれないからテレビでも見るってどうして顔が赤くなってるの?」

まどか「き、気のせいだよ!」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:06:15.47 ID:152HGggr0
まどか「テレビよりほむらちゃんといっしょにいたいから料理眺めてようかな」

ほむら「そ、そう///」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「え、何かしら?」

まどか「もっとちゃんと食べたほうがよくないかな?」

ほむら「そう?」

まどか「うん、ダイエットもそうだけどほむらちゃんに必要ないよ」

ほむら「でも女の子としては体重が増えると……」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:09:42.56 ID:152HGggr0
まどか「えっとねほむらちゃんの体重が増えた理由はね」

ほむら「え?」

まどか「身長と胸が少し大きくなったからだよ!」

ほむら「ほ、本当!」

まどか「うん!だからダイエットなんて必要はないよ!まど神様が言うんだから間違いないよ!」

ほむら「そ、そう///胸が大きく……えへへ///」

まどか(身長は本当だけど胸は嘘なんて言えないけど……)




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:10:22.29 ID:oqc2PRgq0
おい、その嘘はあんまりだろ・・・




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:13:19.45 ID:5PvyGCIu0
あんまりだよこんなのってないよ…!




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:17:15.43 ID:152HGggr0
ほむら「それにしても自分でまど神様だなんてふふっ」

まどか「あ、えと///」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:21:20.88 ID:152HGggr0
ほむら「いただきます」

まどか「うぇひひ」ジィー

ほむら「……」ホムホム

まどか「……」ジィー

ほむら「まどか?」

まどか「どうしたの?」

ほむら「み、見つめられるとは、恥ずかしいわ///」

まどか「あ、いつもほむらちゃんが食べてる姿眺めてたからごめんね」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:29:51.26 ID:152HGggr0
ほむら「ごちそうさま」

まどか「あ、ほっぺにご飯粒」

ほむら「え?」

ペロ

ほむら「!!??///」

まどか「あ、ご、ごめんね///」

ほむら「い、いえ///」

まどか「あれ?なんでご飯粒を食べれたんだろう……」

ほむら「え?あ、そういえばそうね……」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:40:02.59 ID:152HGggr0
まどか「うーん……もしかして!」

ほむら「?」

まどか「ほむらちゃん!さっき私が触れなかったリボンを私に渡してみて!」

ほむら「え?えぇ……これでいいのかしら?」

まどか「触れる!」

ほむら「え?」

まどか「そっか、ほむらちゃんが触れているものなら触れるんだ!」

まどか「ほむらちゃん!手を離してみて」

ほむら「え、えぇ……」パッ

まどか「やったぁ!触っていられる!」

まどか「ここで手を離してひろおうとしたら……」ポト

スカッ

まどか「うーん、ほむらちゃんを経由したらいいってことかな?」

ほむら「?」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:47:51.43 ID:152HGggr0
ほむら「じゃ、じゃあその……」

まどか「?」

ほむら「わ、私があーんすればま、まどかもご、ご飯を食べられるわよね」

まどか「あ///」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:55:20.87 ID:152HGggr0
ほむら「その……や、やっぱり神様だとお腹もすかない……とか?」

まどか「ううん、食べたい!なにか食べるのって久しぶり!」

ほむら「そ、そう!なにか食べたいものはない?」

まどか「えっとね、ほむらちゃんの作ったものならなんでも!」

まどか(ほむらちゃんの作ったものなら難でもいいっていうのは本当だけど、クリームシチュー食べたいなぁ)

ほむら「うーん……じゃあクリームシチューを作るわね」

まどか「え?」

ほむら「クリームシチューはあなたの好物よね?」

まどか「ほむらちゃん……」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:03:45.70 ID:152HGggr0
まどか「材料はあるの?」

ほむら「えぇ、任せて」

まどか「何かお手伝いできないかな……」

ほむら「いえ、あなたは何もしなくていいわ」

まどか「えー」

ほむら「その……まどかの食べ物を私が作ってあげたいの///」

まどか「そ、そっか///」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:13:34.29 ID:152HGggr0
まどか(楽しみだなぁ)

まどか「……」ジィー

ほむら「♪~♪~」

まどか「……」ソワソワ

ほむら「♪~♪~」

まどか「……」ワクワク

ほむら「♪~♪~」

まどか「♪~♪~」

ほむら「!」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんってその歌すきだよね」

ほむら「あ、その///」

まどか「いつも鼻歌で歌ってるもんね」

ほむら(まどかがいるのに鼻歌を歌ってたなんて……恥ずかしい///)




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:21:15.05 ID:152HGggr0
ほむら「ふふっできたわ」

まどか「うぇひひ、私のためにありがとうほむらちゃん」

ほむら「運ぶからあっちで食べましょう?」

まどか「うん!」

コト

ほむら「口に合うといいのだけど」

まどか「……」ワクワク

ほむら「じゃ、じゃあ……あ、あーん///」

まどか「あ、あーん///」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:27:33.90 ID:152HGggr0
まどか「あむ!」

まどか「……」ホムホム

ほむら「ど、どうかしら?」

まどか「とっても美味しいよ!」

ほむら「よ、よかったぁ……」

ほむら「じゃ、じゃあその……あ、あーん///」

まどか「あーん」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:33:56.11 ID:152HGggr0
ほむら「食べさせるのだと思ったより時間がかかってしまうのね」

まどか「そうだね」

ほむら「おかわりは必要かしら?」

まどか「ううん、大丈夫だよ」

ほむら「あら、まどかは意外と食いしん坊さんだったと思っていたけど」

まどか「もう!ひどいよほむらちゃん」

ほむら「ふふっ」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:50:14.41 ID:152HGggr0
ほむら「ふわぁ……」

まどか「眠そうだね」

ほむら「いえ、そんなことないわ」

まどか「公園で眠っちゃうぐらい疲れてるんだもん、ちゃんと眠らないと駄目だよ」

ほむら「で、でも……」

まどか「もしかして、私がいなくなったりすると思ってる?」

ほむら「……」

まどか「じゃあ起きるまでほむらちゃんの頭を撫でていてあげる!」

ほむら「え?」

まどか「私を抱きまくらにしてほむらちゃんはゆっくり眠るの、これなら安心でしょ?」

まどか「うぇひひ、今の私に触れられるのはほむらちゃんとほむらちゃんに触れているものだけだから」

まどか「毛布の中でほむらちゃんが抱きしめたら私は絶対に逃げられないよ!逃げる気もないけど///」

ほむら「まどか……」

まどか「だから……ね?」

ほむら「うん……」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:55:58.99 ID:152HGggr0
ほむら「すぅ……すぅ……」ギュゥ

まどか「うぇひひ」ナデナデ

まどか「頑張り屋さんだから倒れそうになるまで頑張っちゃうんだよね」

まどか「マミさんも昨日心配してたんだよ?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「……」

チュッ

まどか「うぇひひ、おでこにちゅーしちゃった///」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:08:02.60 ID:152HGggr0
ほむら「ん……まどか……」

まどか「おはようほむらちゃん」ニコ

ほむら「あ、お、おはようまどか///」

ほむら「起きてもまどかがいる……」ギュゥ

まどか「ほむらちゃんが甘えん坊さんになっちゃったね」

ほむら「かっこ良くなろうとしてる私が甘えるのは駄目……かしら?」

まどか「そんなことないよ、もっと甘えて欲しいなって」ギュゥ

ほむら「えへへ、まどかの優しい匂いがする」

まどか「それにしてもいつも起きるの早いねほむらちゃん」

ほむら「え?あ、深夜帯は魔獣がよくでるからいつでもでられるようにって」

まどか「頑張りすぎて倒れちゃ駄目だよ?」

ほむら「ふふっ昔みたいにやわじゃないわ、それにあなたが守ろうとした世界だもの……」

まどか「ほむらちゃんだって私が守りたいって思う人なんだよ?」

ほむら「ふふっじゃあ少しは自分を大切にするように心がけるわね」

まどか「うん!」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:15:56.71 ID:152HGggr0
ほむら(まどかって人間と同じ姿をしているけど……)

ほむら(服の下はどうなっているのかしら……)

ほむら(人間と同じように……)

ほむら(何考えてるのよ私///)

まどか(そういえばほむらちゃんがえっちなことをする時っていつもこの時間だよね///)

まどか(い、いつも私の名前を呼んで///)

まどか(そういう事した経験もないのに皆のことを見れるからどんどん知識だけ増えてっちゃうし///)




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:21:34.80 ID:152HGggr0
ほむら「///」

まどか「///」

ほむら「ま、まどか?顔が赤いわよ?」

まどか「ほ、ほむらちゃんだって顔が赤いよ?」

ほむら「え、あこれはその……な、なんでもないわ///」

まどか「じゃ、じゃあ私もなんでもないもん///」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:28:03.07 ID:152HGggr0
まどか「そ、そうだ!ほむらちゃん!」

ほむら「え?な、何?」

まどか「ベッドに下着姿で横になって」

ほむら「え!?」

ほむら(ど、どういう事!?え、も、もしかしてそういう事を///)

ほむら「あ、その……わ、わかったわ///」




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:33:00.09 ID:152HGggr0
ほむら(な、何されるんだろう)ドキドキ

まどか「うぇひひ、いっつも頑張ってて疲れがたまってるほむらちゃんにマッサージしてあげる!」

ほむら「あ、ありがとうまどか」

ほむら(変な期待をした自分をひっぱたいてやりたい……)

まどか(ほむらちゃんの背中きれいだなぁ///)

まどか「じゃ、じゃあ始めるね?」

ほむら「え、えぇ」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:45:07.16 ID:152HGggr0
まどか「まずは肩からいくねー」

ほむら「えぇ」

まどか(ゆっくりと揉みほぐして……手前にぐってして……)モミモミ

ほむら「ん……」

まどか(寝たのにほむらちゃんの肩……すごくこってる……ほぐしてあげないと……)モミモミ

ほむら「ん……ふわ……」

まどか(多分ここがすごくこってるよね?)モミモミ

まどか「ほむらちゃん、ここ気持ちいい?」モミモミ

ほむら「え、えぇ……とても気持ちいいわ」

まどか「うぇひひ、あってるみたいだね、よかった……じゃあ続けるね!」モミモミ

ほむら「ん……ふぅ……」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:55:59.17 ID:152HGggr0
まどか「肩はこれぐらいかなぁ……」

ほむら「とても楽になったわ」

まどか「うぇひひ、次は腰だね!」

ほむら(それにしても結構恥ずかしいわね///)

まどか(ゆっくりと上から)グッ

ほむら「ん……はぁ……」

まどか(ほむらちゃんの肌……すべすべしてて気持ちいい)グッ

ほむら「ん……」

まどか(あ、今くすぐってみたらほむらちゃんの可愛い反応が見れるかな?)




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 09:50:13.84 ID:152HGggr0
まどか「……」

ふに

ほむら「ひゃん!ま、まどか!?」

まどか「ほむらちゃんとっても可愛い」

ほむら「も、もう///」

まどか「うぇひひ、こうやってほむらちゃんに触れられるのが嬉しくてはしゃいじゃって」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:00:22.58 ID:152HGggr0
まどか「次はやっぱりお尻だよね!」

ほむら「え///」

まどか「あ、ほむらちゃん今顔真っ赤でしょ」

ほむら「べ、別に///」

まどか「肌が白いからとってもわかりやすいよ」

ほむら「うぅ///」

まどか「うぇひひ、じゃあお尻のマッサージの間は下着おろすね!」

ほむら「え!?」

まどか「うぇひひ、良いではないかー」

ほむら「ちょ、ちょっとなんだかさやかに毒されてない!?」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:06:50.75 ID:152HGggr0
さやか「ヘクチュ」

さやか「あれー風邪とかもう関係ないはずなのにどうしたんだろあたし」

さやか「はっ!まさか私の噂を誰かがしている!?」

さやか「噂しそうな人物っていうとマミさん、杏子、ほむらあたりかな……」

さやか「一体どんなあたしのうわさ話を……」

さやか「……」

さやか「もしかして……私に秘められし力が覚醒して!」

まど「さやかちゃん!」

さやか「あーはいはい、仕事しますよー」




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:18:27.78 ID:152HGggr0
ほむら「うぅ///」

まどか「マッサージしてる私が夢中になっちゃった」

ほむら「まどかのばかぁ///」

まどか「うぇひひ、でも気持よくできたよね?」

ほむら「そ、それは……うん///」

まどか「よかったぁ、次は足かな」




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:35:31.21 ID:152HGggr0
―――――
―――

まどか「少しは楽にできたかな?」

ほむら「えぇ、とても楽になったわ」

まどか「よかったぁ」

ほむら(それ以上に恥ずかしかったけど///)

まどか「うぇひひ」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:43:02.99 ID:152HGggr0
ほむら「ねぇまどか、外に出かけない?」

まどか「え?でもいま深夜だよ?」

ほむら「深夜だからまどかと堂々と話しをしても大丈夫だと思って……」

ほむら「それにまどかとお出かけとかあんまりした記憶ないから……その……」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「うん!行こ!ほむらちゃん!」

ほむら「うん!」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 10:56:04.66 ID:152HGggr0
―外―

ほむら「あの……ま、まどか?」

まどか「どうしたの?」

ほむら「て、手を……その……つ、繋いでもいいかしら?」

まどか「うーんそれよりもほむらちゃんの腕に抱きついちゃおうかな」ギュゥ

ほむら「あ///」

まどか「うぇひひ、こうしてくっつくと深夜でも暖かいね」

ほむら「え、えぇ///」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 11:10:14.79 ID:152HGggr0
まどか「よいしょ」

ほむら「あら?浮いていてもいいのよ?」

まどか「うーん、一緒に歩いていたいなって」

ほむら「そ、そう///」

まどか「こうやって深夜に歩くなんて初めてかも」

ほむら「そうなの?」

まどか「私がまだ鹿目まどかの時は0時まで起きてたりなんてしなかったから」

まどか「それにパパやママが許してくれなかったし」

ほむら「そう……」

まどか「うぇひひ、だからほむらちゃんとお散歩とっても楽しみ」




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 11:23:24.29 ID:152HGggr0
まどか「ねぇねぇ!」

ほむら「どうしたの?」

まどか「星がいっぱいだよほむらちゃん!」

ほむら「本当……きれいね」

まどか「実はあの星には生物がいるんだよ!」

ほむら「え!?」

まどか「なんちゃって」

ほむら「冗談なのね、あなたならわかるかもって思ったけど」

まどか「わかるけど本当にあそこに生物はいないよ?」

ほむら「あ、わかるのね……」




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 11:34:00.06 ID:152HGggr0
まどか「QBの星があっちにあって」

ほむら「いつか潰してやりたいわね」

まどか「駄目だよ、今は前とは違うでしょ?」

ほむら「……そうね」




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 11:50:08.17 ID:152HGggr0
ほむら「あ……」

まどか「魔獣かな?」

ほむら「みたいね」

まどか「大丈夫?」

ほむら「えぇ、任せて」

まどか「何かお手伝いできたらいいのに……」

ほむら「あら、こう見えても魔獣退治に関してはマミや杏子より強いのよ?」

まどか「そうだけど……」

ほむら「すぐに終わらせるわね」ニコ




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 11:59:20.82 ID:152HGggr0
―――――
―――

ほむら「おわりね」

まどか「……」

ほむら「まどか?」

まどか「あ、うんお疲れ様」

ほむら「どうかしたの?」

まどか「えと……あ、汗かいちゃったねほむらちゃん!」

ほむら「え?そうね」

まどか「お家に帰ってシャワー浴びようよ!」

ほむら「え?え?」

まどか「ほら、帰ろ!」

ほむら「え、えぇ……」

まどか(ほむらちゃんが戦って、私は何もできない……あの時と同じだよ……)




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:12:37.50 ID:152HGggr0
―ほむホーム―

まどか「うぇひひ、私も久しぶりにシャワー浴びてお風呂に浸かれるんだね」

ほむら「えっと……」

まどか「どうしたの?」

ほむら「い、一緒に入るの?」

まどか「あ///」カァ

ほむら「あ、あと……あなたって、服は脱げるの///」

まどか「ぬ、脱げる……よ///」

ほむら「そ、そう///」

ほむら「私としては……い、一緒に入るのはい、いいのだけど///」

まどか「私はほむらちゃんいないと入れないから……一緒に……い、いいかな///」

ほむら「わ、わかったわ///」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:20:58.33 ID:152HGggr0
ほむら(まどかは私が触れたものじゃないと触れない……)

ほむら(つまりまどかの髪や体を私が洗うってこと!?)

まどか「ば、バスタオル借りてもいいかな?」

ほむら「え、えぇ」

まどか「ありがとう///」

まどか(体は成長はしてるけどやっぱり恥ずかしいよ///)




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:30:41.32 ID:152HGggr0
ほむら「じゃ、じゃあここに座って?」

まどか「う、うん……」

ほむら「洗うからその……痛いとか何かあれば言ってね?」

まどか「うん」

ワシャワシャ

ほむら(まどかの髪……前も綺麗だったけど、今は長くてとても綺麗……)

まどか(恥ずかしいけど……髪を洗ってもらえるって嬉しいな///)




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:38:43.25 ID:152HGggr0
まどか「気持ちいい~」

ほむら「ふふっよかったわ」

まどか「♪~」パタパタ

ほむら「まどか?」

まどか「え?何?」パタパタ

ほむら「その……・羽が……」

まどか「あ、ご、ごめんね!」




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:39:31.15 ID:/2gpQEFO0
そういや羽はえてたんだよな




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:42:17.14 ID:cjcmVzvEO
羽パタパタまどか可愛すぎやばい




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:43:31.03 ID:152HGggr0
ほむら「じゃあ流すわね」

まどか「うん!」

ザバァ

まどか「……」プルプル

ほむら(水を飛ばそうと首を振るまどか……可愛いわ)




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 12:53:00.85 ID:152HGggr0
ほむら「じゃ、じゃあか、体をあ、洗うわね?」

まどか「や、優しくしてね?」

ほむら(勘違いしそうなセリフをサラっと///)

ほむら「え、えぇ」




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:06:03.30 ID:152HGggr0
ゴシゴシ

まどか「なんだか体を洗ってもらうのってくすぐったいね」

ほむら「もう少し強めに洗ったほうがいいかしら?」

まどか「ううん、これぐらいでお願いしたいな」

ほむら「そう?」

まどか「うぇひひ」

ほむら(そういえばまどかに渡したバスタオルもからだを洗うために今はつけてない……)

ほむら(って何考えてるのよ私は///)




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:11:11.35 ID:152HGggr0
ほむら「腕を上げて」

まどか「うん」

ゴシゴシ

まどか「うぇひひ、腋はくすぐったいよぉ」

ほむら「ふふっ逃げないの、ちゃんと洗わないと」

まどか「ほむらちゃんのえっちー」

ほむら「も、もう///」




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:18:31.88 ID:152HGggr0
ほむら「……」

まどか「どうしたのほむらちゃん?」

ほむら「まどかの羽ってボディソープでいいのかしら?」

ほむら「そもそもどう洗えばいいのかしら?」

まどか「え?あ、うーん……どうだろう……」

むぎゅ

まどか「ひゃふ!」

ナデナデ

まどか「ふわぁ///」

ほむら(もしかしてまどかの羽って敏感なのかしら……ちょっとぐらいイタズラしちゃおうかしら……)

ほむら「優しく洗えばいいのかしら……」

まどか「い、いいよぉ羽は」

ほむら「ダメよ、ちゃんと洗わないと」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:24:22.58 ID:152HGggr0
ほむら「でも石鹸とかつけてもいいのかわからないわね」

まどか「う、うん、だから」

ほむら「水洗いなら大丈夫よね、もう濡れているし」

まどか「え、そ、そうじゃなくて」

ほむら「ふふっ」




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:36:43.85 ID:152HGggr0
まどか「ん……」

ほむら「ふふっそれにしても綺麗な羽ね」

まどか「ほむらちゃんくすぐったいよぉ///」パタパタ

ほむら「ほら、パタパタ動かそうとしないの」

まどか「うー……」

ほむら「付け根もちゃんと洗わないとね」

まどか「も、もう羽はいいよぉ」




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:37:13.63 ID:siVyXTnz0
付け根キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:47:12.92 ID:152HGggr0
ピトッ

まどか「ひゃん!」パタパタ

ほむら「あ、こら、触れただけで暴れないの」

まどか「な、なんだかすごくくすぐったくて///」

ほむら「それにしても不思議な羽ね」

まどか「アルティメットまどかモードだからね!」

ほむら「あら、まど神モードじゃなかったの?」

まどか「あ、えと……アルティメットまど神モード!」

ほむら「ふふっ」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 13:56:16.62 ID:152HGggr0
まどか「もう無理!無理だよぉ!」パタパタ

ほむら「洗うって決めたからには絶対洗うんだから!」

まどか「やーほむらちゃんの変態ー」パタパタ

ほむら「なんとでもいいなさい」

まどか「ん……やぁ///」パタパタ

ほむら「もうちょっとだから我慢しなさい」

まどか「無理だよぉ///」パタパタ




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:06:46.07 ID:152HGggr0
まどか「うぅ///」

ほむら「こんなものね」

まどか「私神様だから本当は洗ったりする必要なんてないのに……」

ほむら「もう、いじけないの、ほら、まだ体全部洗い終わったわけじゃないんだから」

まどか「むー……」

ほむら「次は……」

まどか「?どうしたの?」

ほむら「い、いえ、その……後は前だけなんだけど……わ、私があ、あら///」カァ

まどか「///」カァ




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:15:22.30 ID:152HGggr0
まどか「た、タオルだけ貸してもらえたらじ、自分でするよ!」

ほむら「そ、そうよね!しゃ、シャワーを使うときだけ言ってもらえればよ、よかったわね!」

まどか「う、うん!」

ほむら「じゃじゃあ私は湯船に浸かってるから!」

まどか「う、うん!」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:21:29.61 ID:152HGggr0
チャプン

ほむら(今私の後ろでまどかがむ、胸とかあそことかをあ、洗って///)プクプク

ほむら(い、いつも私が身体を洗っているタオルで///)プクプク

ほむら(あ、あれ?この後ってやっぱりまどかも湯船に浸かるわよね?)プクプク

ほむら(は、裸で二人一緒に!!)プクプク

ほむら(向い合ってお風呂気持いいねとか///)プクプク




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:28:28.95 ID:152HGggr0
まどか「うぇひひ、こうやって自分で身体洗うのって久しぶりー」ゴシゴシ

ほむら(今振り向いたらまどかが体を洗う順番とかわかったりするのかしら……)プクプク

ほむら(腕とかは洗ってしまったけど……)プクプク

ほむら(って変態じゃないんだから何を考えてるのよ私)プクプク




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:40:32.14 ID:152HGggr0
まどか「ほむらちゃん、シャワーお願いしてもいいかな?」

ほむら「え?あ、えぇ!」

ザパァ

まどか「あ///」

ほむら「あ///」

ザプン

まどか(ほむらちゃんの裸、見たことないって言ったら嘘になるけど///)

ほむら(み、みられた、裸で全身をまどかに見られてしまった///)

ほむら(バスタオルを湯船に入るからって取ったの忘れてた///)

ほむら「は、はいノズルを渡せば使えるわよね……」

まどか「た、多分……あ、あの、えと……と、とっても綺麗な身体だね!じゃなくてえと……」

ほむら「っ///」カァァ




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 14:54:07.02 ID:152HGggr0
ほむら(どうして慌てると私はいつもこうなのよ……)タイイクズワリ

ほむら(大体まどかも綺麗な身体とか言ったりして///)プクプク

ほむら(心臓がすごくドキドキしてるのが自分でもわかっちゃうよ)

まどか「えと、私も入っていいかな?」

ほむら「そ、そうね」

まどか「えと、ほむらちゃんはお風呂に入る時はバスタオルは絶対に取っちゃうの?」

ほむら「そうね、湯船にタオルをつけるのはよくないって聞いたから……」

まどか「そ、そっか、じゃあ私も……恥ずかしいけど……」シュル

ほむら「え?」

チャプン

まどか「うぇひひ、温かくて気持いいね」ギュゥ

ほむら(背中にまどかの肌が直接!!)

まどか「羽が邪魔だなぁ、ちいさく折りたたんで……」




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 15:05:14.91 ID:152HGggr0
ほむら(まどかが抱きついて///)

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんの肌やっぱりすべすべだね」

ほむら「///」

まどか「あ、逃げちゃ駄目だよほむらちゃん」ギュゥ

まどか「ほむらちゃんがいないと私がお風呂に浸かれないからもう少しここにいてほしいなって」

ほむら「もう、そんな事言われたら恥ずかしくても逃げれないじゃない///」

まどか「うぇひひ、こうやってお風呂で温まりながらおしゃべりする、たったそれだけのことがすっごく幸せ」




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 15:16:56.22 ID:152HGggr0
ほむら(まどかに抱きしめられてて逃げられない……)プクプク

ほむら(でもすごく恥ずかしい///)プクプク

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら(うぅ///)プクプク

まどか「ほむらちゃーん」

ほむら(でもまどかに抱きしめられてるのはやっぱり嬉しい///)プクプク

まどか「うーん……」




377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 15:22:09.05 ID:152HGggr0
まどか(確か手をこういうふうにして……水を飛び出させるように……)

まどか「まど水鉄砲!」プシュ

ほむら「きゃっ!」

まどか「うぇひひ、びっくりした?」

ほむら「や、やったわね!」クル

ほむら「ほむ水鉄砲よ!」プシュ

まどか「わひゃ!うぇひひ、まど水鉄砲3連射!」

ほむら「わぷっ!」




379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 15:33:41.24 ID:152HGggr0
―――――
―――

まどか「楽しかったね」

ほむら「もう、最後は水鉄砲でもなんでもなかったじゃない」

まどか「うぇひひ、ごめんねほむらちゃん」

ほむら「ほら、体を拭いて着替えましょう……」

まどか「うん」

ほむら「そういえばまどかって替えの服はあるの?」

まどか「えっとね、こう……えい」ポン

まどか「魔法のように着替えられるの」

ほむら「便利なような別になくてもいいような……」

まどか「えー」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 15:51:04.09 ID:152HGggr0
ほむら「そろそろ明るくなってきたわね

まどか「ほむらちゃんが起きるのは深夜だもんね」

ほむら「今日は休みだけどマミの家に呼ばれてたっけ」

まどか「そうなの?」

ほむら「えぇ、またケーキ作りにチャレンジするから食べに来て欲しいって」

まどか「お菓子作り得意だもんねマミさん」

ほむら「そうね」

まどか「ケーキかぁ」

ほむら「ふふっ心配しなくてもバレないようにあなたにも分けてあげるから」

まどか「本当!?」

ほむら「えぇ、嘘なんてつかないわよ」

まどか「楽しみだなー」




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 16:01:12.59 ID:152HGggr0
まど「さやかちゃん!」

さやか「ぬうう……えーいこんな仕事まどかはやってなかったじゃん!」

まど「まど?」

さやか「脱走してやるー!ブラック企業反対!」ダッ

まど「さやかちゃん!」

さやか「さやかちゃんは自由だー!」

まど「さやかちゃん!」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 16:05:34.56 ID:152HGggr0
ポン

ほむら「あ、またまどかが増えた……」

まど「まど!」

まどか「え?本当!?」

まど「さやかちゃん!」

まどか「うーん、じゃあいつも通りにすれば問題ないからいつも通りでお願い」

まど「まど!」シュン

ほむら「どうかしたの?」

まどか「さやかちゃんが脱走したみたいで」

ほむら「え?」

まどか「本当はしてないような導く魔法少女の書類審査とかいろんなイタズラしてきちゃったのがばれちゃったみたいで」

ほむら(結構ひどいイタズラをしていたのねまどか……)

ほむら「探したほうがいいのかしら?」

まどか「うーん、場所はわかってるからいいよ、さやかちゃんも休憩は必要だと思うし」

ほむら「?」




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 16:16:26.09 ID:152HGggr0
まどか「まだ明るくなったばっかりでマミさんの家に行くには早すぎるね」

ほむら「そうね」

まどか「そうだ!ほむらちゃん耳かきしてあげる!」

ほむら「え?」

まどか「だから耳かき貸して!」

ほむら「え、えぇ……えっと……この辺に……」ガサガサ

ほむら「あったわ、はいまどか」

まどか「うぇひひ、ありがとう!」




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 16:23:47.90 ID:152HGggr0
まどか「おいで、ほむらちゃん」ポンポン

ほむら(ひ、膝枕ってことよね///)

まどか「どうかしたの?」

ほむら「な、なんでもないわ!」

まどか「あ、もしかして私がうまくできるって思えないとか……」

ほむら「あ、いえそんなことはないわ」

まどか「えと、大丈夫だよ!パパやママの耳かきとかしたことあるから安心して?」

ほむら「お、お願いします///」コロン

まどか「うぇひひ」ナデナデ

ほむら(膝枕されて撫でられて///)




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 16:37:15.33 ID:152HGggr0
まどか「うぇひひ」コリコリ

ほむら(気持ちいい……)

まどか「ほむらちゃん、普段からきれいにしてるよね」コリコリ

ほむら「え、えぇ……」

まどか「見てみたけどこれなら耳かきしなくても良かったかなぁ……」コソコソ

ほむら「そ、そんなことはないわ!」

まどか「わわ、耳かき中に大声出したら危ないよ!」

ほむら「ご、ごめんなさい……」

ほむら「でもこうやってまどかに耳かきしてもらえるのはすごく嬉しいから……」

まどか「うぇひひ、ありがとうとっても嬉しいな」コリコリ




501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:04:19.34 ID:152HGggr0
まどか「反対向いて、ほむらちゃん」

ほむら「えぇ」コロン

まどか「こっちもあんまりないね」コリコリ

ほむら(まどかのお腹///)

まどか「うぇひひ」コソコソ

ほむら(変なこと想像しちゃ駄目なのに///)カァ

まどか(あ、ほむらちゃん赤くなってる……可愛い///)

まどか(ちょっと長引かせちゃおっと)コリコリ

ほむら(顔赤くなってるのばれてないわよね?)




511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:12:39.46 ID:152HGggr0
まどか「終わったよ」

ほむら「そ、そう///」

まどか(ほむらちゃん、まだ顔が赤くなってる……そうだ!)

ほむら「あ、あの……まどか?」

まどか「どうしたの?」

ほむら「頭を押さえつけられると起き上がれないのだけど……」

まどか「もう少しほむらちゃんを膝枕していたいなって」

ほむら「そ、そう///」

まどか(ほむらちゃんが漫画みたいに真っ赤になっちゃった///)




516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:19:42.50 ID:152HGggr0
まどか(やっぱりほむらちゃんの髪さらさらだなぁ触ってると気持ちいい)ナデナデ

まどか「うぇひひ」

ほむら(良い匂いがする///)

まどか(そうだ!)

まどか(ほ……む……ら……ち……ゃ……ん)ツー

ほむら「ま、まどか?私の額に指で何を書いているの?」

まどか「内緒だよ」

ほむら「?」

まどか(大……好……き)ツー

まどか「うぇひひ」

ほむら「何を書いたのかっていうクイズとか?」

まどか「じゃあ当ててみてほむらちゃん」




520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:24:52.40 ID:152HGggr0
ほむら「もう一度書いてもらわないとわからないわ」

まどか「うーん、じゃあ特別大サービスだよ」

ほむら「えぇ、今度はちゃんと読み取ってみせるわ」

まどか(ほ……む……ら……ち……ゃ……ん……い……つ……も)ツー

ほむら(……私がいつも?)

まどか(え……っ……ち……な……こ……と……考……え……ち……ゃ……だ……め……だ……よ……!)

ほむら「か、考えてないわよ///」

まどか「あ、わかったんだ、うぇひひ」




523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:29:56.47 ID:152HGggr0
ほむら「それに最初より明らかに文字数が多くない?」

まどか「あ、ばれちゃった?」

ほむら「もう、まどかの馬鹿///」プイ

まどか「あ、横むかれちゃった……じゃあ次はほっぺにかいちゃおっと」

ほむら「何書いても知らないんだから」

まどか(ほ……む……ら……ち……ゃ……ん)ツー

ほむら(また私?)

まどか(か……わ……い……い)ツー

ほむら「っ///」カァァ

まどか「うぇひひ、ほむらちゃん顔が赤くなったね」

ほむら「うぅ///」




530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:40:56.16 ID:152HGggr0
ほむら「仕返しにまどかの太ももに私だって……」

まどか「うぇひひ、どうぞほむらちゃん!」

ほむら(ま……ど……か)ツー

まどか(私が何かな)ワクワク

ほむら(ず……っ……と……大……好……き)ツー

まどか「お、思ったより恥ずかしいこと書くねほむらちゃん///」カァ

ほむら「ほ、本心だからいいの///」

まどか(ほむらちゃん、自分で照れちゃってる///)




535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:50:07.56 ID:152HGggr0
ほむら(恥ずかしい、何か別のことを///)

ほむら「そ、そういえば魔法少女のまどかを何度か召喚していたわよね?」

まどか「え?あ、この子?」ポン

まど「ほむらちゃん!」

ほむら「その子って私は触れないのかしら?」

まどか「どうだろう、触ってみる?」

ほむら「じゃ、じゃあ触ってみようかしら……」

まど「ほむらちゃん?」




538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 21:54:49.59 ID:152HGggr0
ムギュ

まど「ほむらちゃん!」

ほむら「あ、触れる……ふふっ私の身長の半分位でかわいいわね」

まどか「私の欠片だから私が触れるならやっぱり触れるってことなのかな?」

ほむら「……」

コショコショ

まど「うぇひ、うぇひひひ!」

まどか「あ!駄目だよ!くすぐったりしたら」

ほむら「ふふっあんまり可愛いから」

まど「うぇひー」




543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:02:02.58 ID:152HGggr0
まどか「むー!えい!」

まど「まど?」シュン

ほむら「あ、消えちゃった……」

まどか「あの子はお仕事があるから帰したの」プクー

ほむら「まどか?なんでいじけてるの?」

まどか「どうせ小さな私のほうが可愛いもんね……」

ほむら「あ、えと……ま、まどかはもっと可愛いわよ」

まどか「本当?」

ほむら「えぇ」

まどか「え、えへへ///」

ほむら「///」




551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:19:33.61 ID:152HGggr0
―――――
―――

ほむら「そろそろいい時間ね、マミの家にいきましょうか」

まどか「そうだね」

ほむら「お土産にコーヒー豆でももっていってあげましょう」

まどか「マミさんは紅茶派だよね?あれ?でも最近コーヒーをたまに飲んでるかも」

ほむら「マミって人からもらったものはちゃんと食べたり飲んだりするみたいだから」

まどか「?」

ほむら「苦いのは苦手なのにコーヒーを一生懸命飲んでるのよ」クスクス

まどか(あ、たまに飲んでたコーヒーってほむらちゃんのイタズラだったんだ)




553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:26:15.09 ID:152HGggr0
―外―

ほむら「首に抱きつくのが一番安心するの?」

まどか「うーん癖みたいになってて、たしかに一番落ち着くかも」

まどか「ほむらちゃんの顔も近くで見えるし」

ほむら「も、もう///」






タツヤ「まろかーまろかー」グイグイ

詢子「え?あ、タツヤ、あれはほむらちゃんだろ?」

タツヤ「んーほむあとまろかー」

詢子「?」

詢子(にしても今、ほむらちゃんの隣に懐かしい気がする子がいたような……一人だし気のせいか……)

詢子「おーし次はボールで遊ぶか」




554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:30:43.11 ID:QjrpmVXqP
うわいきなり切ねぇ




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:31:08.63 ID:uI51rkaoO
ほむぅ…




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:34:18.29 ID:152HGggr0
―マミホーム―

マミ「あら、早かったわね暁美さん」

ほむら「杏子は?」

マミ「突然これなくなったって連絡があったわ」

ほむら「あら、そうなの?」

まどか「うぇひひ、杏子ちゃんも今大変みたいだね」

ほむら「わかるの?」

まどか「うん!」

マミ「……暁美さん、突然独り言を言ってるように見えるけど大丈夫?」

ほむら「え?あ、だ、大丈夫よ!」

マミ「そう?ならいいけど……」




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:42:17.75 ID:152HGggr0
まどか『念話でお話したほうがいいよほむらちゃん』

ほむら『わかったわ』

ほむら(マミは見えないか……まどかを独占できて嬉しいような……やっぱり悲しいような……)

ほむら「あ、これお土産にコーヒー豆、結構いいものよ」

マミ「あ、ありがとう暁美さん」

マミ(コーヒー苦手なんだけど……はぁ……)

マミ(まぁいいわ、暁美さんがコーヒー豆を持ってくる時って何かいいことがあった時だし)

マミ(前よりも少し明るくなっているし)




571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:48:38.00 ID:152HGggr0
マミ「じゃあしばらくくつろいでいてもらえる?」

ほむら「えぇ、わかったわ」

まどか「お手伝いしないの?」

ほむら『マミのお菓子作りを手伝えるようなスキルは持ち合わせていないわ』

ほむら『家庭料理ならまだしもね』

まどか「そっかぁ」




575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 22:57:52.55 ID:152HGggr0
マミ「♪~♪~」

ほむら「良い匂いね」

まどか「そうだね」

マミ「ふふふっ後はオーブンの時間を待って……」

まどか「うぇひひ、マミさん楽しそう」

ほむら『ねぇまどか』

まどか「どうしたの?」

ほむら『前から思っていたのだけどマミのを見ていると』

まどか「見ていると?」

ほむら『クロワッサンが食べたくならない?』

まどか「……」ジィー

マミ「ホイップを」

まどか「……わからなくもないかも」




579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:08:16.13 ID:152HGggr0
マミ「おまたせ、完成よ」

ほむら「今回も凝ってるわね……」

マミ「いいじゃない、たまにはこうやって甘いモノを食べても」

ほむら(ほぼ週1で作ってるのに何を言ってるのよ……)

ほむら(そのせいで私は体重が増えてダイエットを……)

ほむら(ってそうだった、今回増えた体重は身長と胸が原因ってまどかが……えへへ///)

ほむら(それにしても何故いまだマミは胸が成長しているのよ、不公平よ……)

マミ「それにしても佐倉さんがケーキを食べにこないなんて珍しい気がするわね」

ほむら「言われてみるとそうね」

ほむら(そういえば杏子は何が大変なんだろう)

まどか「楽しみだなーケーキ」ワクワク




583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:16:27.00 ID:152HGggr0
―数時間前―

さやか「脱出成功!」

ゴチン

杏子「いってー!」

さやか「いったーあれ?私誰かとぶつかるなんておかしくな……」

杏子「え?さやか?」

さやか「ん?」

杏子「さやか!さやかじゃねぇか!」

さやか「へ?杏子?なんで見えて……」

杏子「お前死んだんじゃないのかよ!なんで飛んでるんだよ!なんで~」

さやか「あーもう質問は1つずつしてよ!」

―現在―

杏子「まぁなんでもいいや、また会えただけで儲けもんだよな」

さやか(何時間にも渡って質問に答えたあたしの苦労は!?)




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:22:09.43 ID:152HGggr0
ほむら「毎回毎回人を肥えさせようとでも思っているのといいたくなる味ね」

マミ「ふふっつまりやめられないぐらい美味しいってことよね」ニコニコ

ほむら「まぁ否定はしないわ」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんってマミさんにあんまり素直じゃないよね」

まどか「前はあんなに素直に巴さんって」

ほむら『ど、どうでもいいでしょ///』

ほむら『それよりまどか、食べにくいかもしれないけどあーん』

まどか「あ、じゃあもらうね!あーん」

まどか「美味しい!」

ほむら「ふふっ」




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:22:24.68 ID:n4T/NNfII
なんでいつもマミさんだけ一人なんだよ




591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:24:35.21 ID:qZ94blvs0
マミさんにはシャルロッテちゃんが見えます




599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:32:53.48 ID:152HGggr0
さやか「そういえばあんた、マミさんの誘い断ってたけどどうして?」

杏子「え?あーいや、お前と話をしないとって思って」

さやか「別にマミさんに私の事話せばいいのに馬鹿だね杏子」ケタケタ

杏子「はぁ!?そもそもお前が他の人にも見えるかもわからねぇじゃねぇか!」

杏子「もしもそうだったらマミからみたらあたしがおかしな人になるだろうが!」

杏子「た、ただでさえお前が消えてから……元気が無いってマミに心配されて……」

さやか「あーごめん……」

杏子(本当はそんな理由はどうでもいいけど……)

杏子(ちょっとぐらい独占欲だしたって罰はあたんねぇよな……)




607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:40:50.89 ID:152HGggr0
マミ「そういえば暁美さんも来年受験よね」

ほむら「そうね」

マミ「どこか目指そうと思っている学校はあるの?」

ほむら「そうね、近場で可もなく不可もないあなたと同じ高校に行こうかしら」

マミ「あら、じゃあまた後輩になるわけね」

ほむら「そうね」

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃん!」

ほむら「?」

まどか「マミさんが腕4本!」

ほむら「ゴホッゲホッ」

マミ「え、ど、どうしたの?大丈夫?」

ほむら「え、えぇ……」

ほむら『マミと重なって何をしているのよまどか!』

まどか「うぇひひ」




608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:43:48.13 ID:+bzIm7EaO
いたずらまど神様きゃわわわわわわ




609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:44:02.19 ID:8zzlulql0
お茶目まど神様可愛すぎwwww




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:49:43.82 ID:152HGggr0
まどか「うーん……」

マミ「大丈夫ならいいけど……」

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃん!」

ほむら『今度は何?』

まどか「マミさんの髪から手!」

ほむら「……」ググッ

まどか「うーん二度目は通じないかぁ」

ほむら『何がしたいのよ!』

まどか「だってー」




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 23:58:24.28 ID:152HGggr0
マミ「?」

ほむら(マミがいたって普通の顔をしているせいで余計に面白く見えて……)

まどか「うーん……えい」ポン

マミ「あ、紅茶のおかわり入れるわね」スッ

ほむら「あ、ありがとうマミ」

ほむら(え?マミの後ろに10人の小さなまどか?)

まどか「うぇひひ、10人の小さな私が集まって……」

まど「「「「「「「「「「まど!」」」」」」」」」」

ほむら(え?え?いきなりピラミッド?ま、まさかあの有名なRPGのように……)

ほむら(?!! まどかたちが………)




626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:03:22.36 ID:VxUGZYHw0
まど「ま、まど……」プルプル

まど「「「「「「「「「「まどー!」」」」」」」」」」ボトボト

まどか「あ、ピラミッド崩れちゃった」

ほむら(合体じゃないの!って言いそうになってしまったわ……)

まどか「うんおつかれ、じゃあまた頑張ってね」

まど「まど!」シュン

ほむら『まどか、いったい何がしたいのよ……』

マミ「はい、紅茶はいったわよ」

ほむら「あ、ありがとう」




628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:12:01.93 ID:VxUGZYHw0
―――――
―――

マミ「そろそろ帰る?」

ほむら「えぇ、結構長く邪魔してしまったわね」

マミ「ふふっ気にしないで」

ほむら「それじゃあまたね」

マミ「えぇ、またね暁美さん」

まどか「バイバイ!マミさん!」

マミ「えぇ、またね鹿目さん」

パタン

まどか「今マミさん……気のせい……だよね……」

ほむら「まどか?」

まどか「あ、待ってよほむらちゃん!」




632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:17:10.89 ID:VxUGZYHw0
マミ「さっき私、誰にまたねって言ったのかしら?」

マミ「疲れてるのかしら……」

マミ「鹿目さん……懐かしいような……うーん……わからないわね」

マミ「それにしても暁美さんは元気になっていたわね」

マミ「佐倉さんも電話で断るときなんだか元気だったし」

マミ「美樹さん導かれてから佐倉さんも暁美さんも元気が無いように見えたけどふたりとも元気になってよかったわ」

マミ「流れ星に二人が元気になるようにって祈ったおかげかしら?」

マミ「なんて、そんなわけないわよね」

マミ「……」コポコポ

マミ「……」コクッ

マミ「苦い……コーヒーは私には合わないわね……」




636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:30:11.74 ID:VxUGZYHw0
―外―

まどか「あ……」

ほむら「……」

詢子「お、ほむらちゃんも今帰りかい」

ほむら「はい」

詢子「せっかく会ったんだ、ちょいとばかし聞きたいことがあるんだけどいいかい?」

ほむら「構いませんが、タツヤ君が……」

詢子「ん?あぁ遊び疲れて寝ちまったみたいで」

ほむら「そうですか、それでなんでしょうか?」

詢子「今日、誰かと出かけていたかい?」

ほむら「……はい、二人で」

まどか「ほむらちゃん……」




647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:44:34.34 ID:VxUGZYHw0
詢子「そうかい、いや、なんていうか今日ほむらちゃんを見かけた時すごく懐かしい感じがしてね」

まどか「……」

ほむら「……その、懐かしい感じがした時何か思いだしたりしませんでしたか?」

詢子「ん?いや、特にないね」

ほむら「そうですか……」

詢子「ただ……」

まどか「?」

詢子「言ってやりたいことが一言だけ浮かんだんだよね」

ほむら「……聞かせてもらってもいいでしょうか?」

詢子「頑張ったな、自分の正しいと思うことをしたんだから胸をはれ」

詢子「そんな感じかな」

まどか「ママ……」

詢子「あーいやほむらちゃんに言いたいってわけじゃないんだよね、おばさん変なこと言ってて悪いね」

ほむら「いえ、それじゃあこれで」ペコリ

詢子「あぁ、また遊びに来な、タツヤも喜ぶよ」




653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 00:54:43.36 ID:VxUGZYHw0
―ほむホーム―

ほむら「まどか」

まどか「え、あ、何?」

ほむら「暗い顔してちゃ駄目よ、私たち魔法少女の希望がそんな事でどうするのよ」ムニー

まどか「いひゃいいひゃいよほむりゃひゃん」

ほむら「ふふ柔らかいほっぺね」

まどか「むーほみゅりゃひゃんだっひぇ」ムニー

ほむら「いひゃひゃひゃ」




658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:03:28.59 ID:VxUGZYHw0
ほむら「まひょきゃいひゃいわ」ムニー

まどか「わひゃひもいひゃいひょほみゅりゃひゃん」ムニー

ほむら「ひゃあおひゃがいにどうひにはなひまひょう?」

まどか「わかっひゃよ」

ほむまど「ひぇーの!」

ムニー

ほむら「にゃんではにゃひゃないにょ」

まどか「ほみゅりゃひゃんひょそ」

パッ

ほむら「ふふっほっぺたが赤くなってるわよまどか」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんだって」




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:16:58.51 ID:VxUGZYHw0
ほむら「もう大丈夫?」

まどか「うん、ありがとうほむらちゃん」

ほむら「そう、よかった」

まどか「後悔はしてないもん、胸をはらないと駄目だよね!」

ほむら「えぇ」

まどか「ん……」

チュゥ

ほむら「んむ!?」

まどか「ん……はぁ、うぇひひ、ほむらちゃんの唇奪っちゃった///」

ほむら「な、ななななにをと、とととつぜん///」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃん可愛い」ギュゥ




670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:23:45.50 ID:VxUGZYHw0
ほむら「人のファーストキスを奪うなんてもう///」

まどか「嫌だった?」

ほむら「……わかってて聞いてるでしょ?」

まどか「でも聞いてみたいなって」

ほむら「もう……嫌なわけないじゃない」ギュゥ

まどか「うぇひひ、とっても嬉しいな」




677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:37:37.16 ID:VxUGZYHw0
ほむら「甘えん坊になった神様ね」ナデナデ

まどか「ほむらちゃんだって私に昨日甘えてたからいいかなって」

ほむら「ふふっ神様の頭を撫でるなんてある意味凄いことをしているわね」ナデナデ

まどか「それなら神様と恋人になってるのも凄いんじゃないかな?」

ほむら「あら、私たち恋人なの?私はキスが嫌じゃないって言っただけなのに」

まどか「え!そ、そうなの!?」

ほむら「えぇ、そうよ」

まどか「残念……振られちゃった……」

ほむまど「冗談よ(でしょ?)」

ほむら「ふふっ」

まどか「うぇひひ」




689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:52:21.32 ID:VxUGZYHw0
ほむら「そういえばまどかは眠ったりはできないの?」

まどか「うーん、睡眠って今の私には必要ないもんで」

ほむら「そう、寝顔をみることはできそうにないわね……」

まどか「うぇひひ、残念でした」

ほむら「本気で残念だわ……」

まどか「夢のなかに入ったりはできるんだけどねー」




691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 01:57:58.99 ID:VxUGZYHw0
ほむら「今夢のなかに入ったりできるって言わなかった?」

まどか「え?うん」

ほむら「……実はあなたが概念になってからまどかの夢をよく見ていたのだけど」

まどか「ち、違うよ!2/3は私じゃないよ!私が入る前から私の夢を見ていてくれたもん!」

ほむら「あら、それって2/3の時も入って覗いていたってことよね?」

まどか「うぇ、うぇひひ」




698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:10:40.44 ID:VxUGZYHw0
ほむら「私の夢で何をしていたのかしら?」

まどか「そ、それは……えと///」

まどか「で、デートしたり///」

まどか「が、学校でキスしちゃったり///」

まどか「ほむらちゃんがピンチの所でかっこ良く助けたり///」

ほむら(可愛い///)




704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:19:44.71 ID:VxUGZYHw0
まどか「ほむらちゃんとしてみたいいろんなことを///」

ほむら(こっちが恥ずかしくなってきたわ///)

ほむら「えっと、私がピンチのところを助けるっていうのはどんな感じだったの?」

ほむら(これが一番私には恥ずかしくなさそうだし)

まどか「え?えと……魔獣に囲まれているほむらちゃんをお姫様抱っこして魔獣を空から倒したりとか」

ほむら(ふふっ可愛らしいわね)

まどか「ワルプルギスの夜を私が倒してみたりとか」

ほむら(それは基本的に私にとって嬉しくない夢になるような……)




707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:29:05.86 ID:jNtjCMXk0
さっきから甘すぎて鼻血が止まらないんだが…




708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:30:00.62 ID:zkraU3R5O
ワルプルをまどかが颯爽と倒す夢とか、ほむらにとって悪夢だろw




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:33:43.46 ID:VxUGZYHw0
まどか「あ、ほむらちゃんが契約してない夢の時だからね!」

ほむら(あれ?心読まれたちゃった?)

まどか「転校から始まった夢ではすぐにほむらちゃんと仲良くなって全てを話してもらってワルプルギスを倒したりとか」

ほむら(あ、たまに都合よくいく夢をみたのはそのせいだったのね)

ほむら「って人の夢でRPGみたいに遊ばないの」

まどか「えー」




713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:42:28.88 ID:VxUGZYHw0
まどか「だって夢の中でもほむらちゃんが苦しんでるなんていやだったんだもん……」ボソ

ほむら「え?」

まどか「夢の中でぐらい少しでもほむらちゃんを私の手で幸せにしたかったの!」

まどか「今はこうやって触れ合って話せても、少し前までそばにいても見えてなくて……」

ほむら「まどか……」




714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:49:49.07 ID:vEBNIeJ40
もうお前ら結婚しろ




715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:50:07.78 ID:VxUGZYHw0
ほむら「ありがとうまどか」ナデナデ

まどか「ふーんだ」プクー

ほむら「えい」プニ

まどか「プゥ……むー!」プクー

ほむら「ふふっ、こんどは空気が出ないように我慢してるのね」

ほむら「頬をふくらませて怒るのは可愛いだけよまどか」

まどか「むー!」




719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:00:06.80 ID:VxUGZYHw0
まどか「……」プクー

ほむら「ふふっそんなにすねなくてもいいのに」

まどか「す、拗ねてないもん」

ほむら「ねぇまどか、許してほしいのだけどどうしたらいいかしら?」

まどか「べ、別に怒ってないもん」




721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:10:37.62 ID:VxUGZYHw0
ほむら「ん……」

チュゥ

まどか「んんっはぁ……あ、うぇひひ///」

ほむら「自分からするとキスってすごく恥ずかしいのね///」




724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:24:01.80 ID:VxUGZYHw0
まどか「私もさっきすっごく恥ずかしかったんだ」

ほむら「ふふっでもそれ以上にまどかとキスしたいって気持ちのほうがつよいわね」

まどか「///」

ほむら「あ、あと拗ねちゃったふりをして恋人を困らせるのはよくないわよ?」

まどか「やっぱりほむらちゃんは騙せないみたいだね」

ほむら「ふふっ私がどれだけまどかを見てきたと思っているのよ」ナデナデ

まどか「うぇひひ」




816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:35:55.80 ID:VxUGZYHw0
まどか「なんだかさっきの言葉ってストーカーさんみたいだね」

ほむら「そういう事は本人の前で言わないの」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんはストーカーさんだね」

ほむら「今は世界中で覗き魔のあなたがそんなことを言えるの?」

まどか「確かにそうかも……」

ほむら「しかも覗く対象をずっとチェックしている方がストーカーっぽくないかしら?」

まどか「自分が知らない間に変態さんになってたなんてショックかも……」

ほむら「ふふっまどかは変態さんね」




819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:44:48.86 ID:VxUGZYHw0
まどか「うーん……そうだ!」

まどか「私に人の法律なんて関係ないもん!」

ほむら「あら、法律になくてもやってはいけないことはたくさんあるわよ?」

まどか「わ、私は皆を救うためにだからいいの!だから変態さんはほむらちゃんだよ!」

ほむら「ふふっでも私はあなたを救うためってつもりで後をつけたりしていたのだけど?」

まどか「そ、そっか……うーん……」

ほむら(可愛いわ)




821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:53:45.62 ID:VxUGZYHw0
まどか「そ、そうだ!」

ほむら「?」

まどか「変態さんじゃないと私の抱きまくらを作って寝る時に裸で抱きしめたりしないよね!」

ほむら「な///」カァァァ

まどか「あそこの押し入れに隠してあるよね!」

ほむら「そ、そそ、それは///」




823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:11:25.54 ID:VxUGZYHw0
ほむら「だ、だってまどかのことを誰も覚えてない世界で……寂しかったから///」

まどか「うぇひひ///」

ほむら「わ、忘れて///」

まどか「うぇひひ、それはできないよ///」




824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:23:00.70 ID:VxUGZYHw0
ほむら「きょ、今日は寝るわね!」

まどか「えーもう寝ちゃうの?」

ほむら「えぇ、もう寝るの!」

まどか「えと……ほむらちゃんが寝てる間……抱きついててもいい?」

ほむら「抱きついてくれてないと怒るわ」

まどか「うぇひひ///」




826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:29:36.55 ID:VxUGZYHw0
まどか「昨日はほむらちゃんとまた話せなくなったりしないか不安で考えてなかったけど」ゴソゴソ

まどか「こうやってほむらちゃんに抱きつきながらベッドに入ると、毛布の暖かさとかすごく気持ちいい」ギュゥ

ほむら「冬場とかは毛布の暖かさが名残惜しくてでられないのよね」

まどか「そうだねー」




828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:39:18.71 ID:VxUGZYHw0
まどか「……ね、ねぇほむらちゃん」

ほむら「何?」

まどか「か、神様だって……その……え、えっちな気分になることがあるんだよ///」ギュゥ

まどか「え、えと……ち、知識とかも……い、いろんな人を見てるから///」

ほむら「///」カァァ

まどか「えと///」

ほむら「に、人間なんてある意味いつも発情期よ///」クル

まどか「うぇ、うぇひひ///」




829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:41:33.66 ID:VxUGZYHw0
ほむら「でも……」

まどか「え?」

コチョコチョコチョ

まどか「うぇひ、うぇひひひひひ、くすぐったいよほむらちゃん」

まどか「うぇひひひひ、やめてよぉ」

ほむら「わ、私は今は眠いの!だ、だからおやすみなさい///」ギュゥ




832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:46:55.61 ID:VxUGZYHw0
ほむら「まどかの耳年増///」

まどか「むー……ほむらちゃんのへたれー///」

ほむら「べ、別にヘタレでいいわよ///」

まどか(顔が見えないように私に押し付けてるけど耳が真っ赤だよ///)

まどか「さ、誘うのすごく勇気出したのに///」




834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:57:53.55 ID:VxUGZYHw0
まどか「……ほむらちゃん、ちょっとだけ顔をみせてほしいな」

ほむら「どうしたの?」

まどか「ん……」

チュッ

ほむら「へ、あ///」

まどか「うぇひひ、お休みのちゅーだよ」

ほむら「あ、あなたは恥ずかしがり屋だったと思っていたけど///」

ほむら「け、結構大胆になったわね///」

まどか「うぇひひ、今すぐ飛び出しちゃいたいぐらい恥ずかしいよ///」




838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:10:26.90 ID:VxUGZYHw0
ほむら「お、おやすみ///」ギュ

まどか「うん、おやすみほむらちゃん」ナデナデ

ほむら「……」

まどか(今日は夢の中に入ってみちゃおうかな?)




843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:25:59.14 ID:VxUGZYHw0
ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「うぇひひ、寝ちゃった……かな?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「いきなりあんな事言って驚かせちゃったよね、ごめんねほむらちゃん」

まどか「えっちなことをしたらほむらちゃんともっと深く繋がり合えるかなっておもったんだ」

まどか「いつかさやかちゃんも杏子ちゃんもマミさんも導いて、全部忘れて生まれ変わって……」

まどか「ほむらちゃんも……いつか私を忘れて……」

まどか「……やっぱり私は弱いね……」




844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:31:25.34 ID:VxUGZYHw0
ほむら「……さやかのように留まれないのかしら?」

まどか「え?ほむらちゃん……起きてたの?」

ほむら「あんな事言われて眠れるような心臓を持ってないわ」

ほむら「未だにドキドキしてるんだから///」

まどか「うぇひひ、そっか///」

ほむら「それで、さやかのようにはできないのかしら?」

まどか「一時的じゃなくてずっとって言うと難しいかなぁ……」

ほむら「そう……」




847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:44:49.92 ID:VxUGZYHw0
ほむら「恋人を幸せにできないようじゃ失格よね」

まどか「ほむらちゃんは私を幸せにしてくれてるよ?」

ほむら「それに魔法少女の神様と魔法少女のカップルっていうのもよくある悲恋の設定みたいだし」

ほむら「ねぇまどか、人って報酬を得るために頑張れるって知ってる?」

まどか「う、うん」

ほむら「最近目標もなくなってだらけてたのよね」

まどか「ほむらちゃんはいつも一生懸命だったと思うよ?」

ほむら「ふふっまどかとえっちな事をするのはまだまだ先になりそうね」

まどか「どうしちゃったのほむらちゃん?」

ほむら「内緒よ、おやすみまどか」

まどか「???」




850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:06:12.58 ID:VxUGZYHw0
―――――
―――

ほむら「んー」

まどか「あ、おはようほむらちゃん」

ほむら「えぇ、おはようまどか」

まどか「まだ日付も変わってないけど」

ほむら「ふふっ早くに寝たものね」

ほむら「まどか、散歩に行きましょう?」

まどか「あ、うん」




855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:17:41.63 ID:VxUGZYHw0
―ホテル―

さやか「あーもうお腹出して寝ちゃって、こっちは布団触れないんだからかけてやれないっての」

杏子「ん……さやかぁ……友達に……」

さやか「あーはいはい、とっくの昔にあんたは私の友達だっての」




―マミホーム―

マミ「今日も星が綺麗ね……」

QB「また星を見ているのかい?」

マミ「えぇ」

QB「そうやってティーカップを片手にかっこつけながら星を眺めることに意味はあるのかい?」

マミ「QB、デリカシーというものを教えてあげたほうがいいかしら?」ニコニコ

QB「やれやれ、退散させてもらうよ」

マミ「まったく……」コクッ

マミ「やっぱりコーヒーは苦いわ……」




857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:21:52.01 ID:VxUGZYHw0
―外―

まどか「今日も星が綺麗だね」

ほむら「ふふっそうね」

ほむら(まどかを寂しがらせないためだったらなんだってしてみせる)

ほむら(例えばそれがまどかと同じような存在になることだろうと、どんなことだろうと)

ほむら(目標を達成したらまどかと初めてえっちして、もうだめぇって言わせてたりして)

ほむら(その後も永遠の時間をまどかといちゃいちゃしてやるわ!)

ほむら「ふふふ」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「絶対にまどかとえっちをする夢を叶えてみせるわよ!」

まどか「わ、わわ///人がいないって言っても大声で何をいってるのほむらちゃん///」パタパタ

ほむら「あ……」

まどか「流れ星……」




終わり




858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:23:15.43 ID:VxUGZYHw0
ごめんマジで終わらせ方浮かばなくて無理やりにした
おれはただまどほむでイチャイチャさせたかっただけなんだ
保守させてこんなのでごめんなさい付き合ってくれてありがとう




859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:23:41.25 ID:6lABSyMU0
乙!
なんかほんわか気分になったわ




860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:24:17.14 ID:DuS6K56q0
乙乙乙




865 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:32:21.57 ID:ZSYKMzRn0
お疲れさま
有意義な平日をありがとう






----------------
当ブログについて
※欄32さんありがとうです。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ねんどろいど めんま (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ねんどろいど めんま (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー 2012-02-28
売り上げランキング : 135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
電波女と青春男 ねんどろいど 藤和エリオ (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 月刊アニメスタイル 第6号 (ねんどろいどぷちめんま付属) 花咲くいろは ねんどろいど 松前緒花 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) とらドラ! ねんどろいど 逢坂大河 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ねんどろいど 新垣あやせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/31(火) 16:31: :edit
    初1
  2. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/01/31(火) 16:55: :edit
    これはイイSS
  3. 名前: 通常のナナシ #TeCK/gGE: 2012/01/31(火) 17:09: :edit
    砂糖はきそうだ・・・
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/31(火) 17:12: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/31(火) 17:53: :edit
    005getだぜ!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/31(火) 18:17: :edit
    常にニヤニヤさせてもらったぞ
  7. 名前: あ #-: 2012/02/01(水) 01:36: :edit
    そろそろまどまぎSSに食傷してきた
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/01(水) 10:30: :edit
    馬鹿の一つ覚えみたいな百合ばかりお腹いっぱい
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/01(水) 13:13: :edit
    にやにやが止まらんw
  10. 名前: 通常のナナシ #2KLS3XHY: 2012/02/01(水) 16:02: :edit
    百合百合しすぎてていい加減咽る
    ごちそうさまでした
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/01(水) 19:51: :edit
    詢子さんのメッセージ伝えた時点で終わらせてた方が作品的にはイイハナシダナーで終わらせられた気がするw
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/01(水) 20:21: :edit
    胸焼けがしてきそうだ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/02(木) 00:08: :edit
    幸せな気持ちが溢れてくる
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/02(木) 00:18: :edit
    砂糖にはちみつと練乳かけて口に突っ込まれたような甘さ
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/01(木) 23:38: :edit
    甘々な百合が嫌だってならともかく
    まどマギSS自体が嫌なら読まなきゃ良いだろJK
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。