浜面「一方通行×絹旗とかどうだろう?」その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/20(金)
348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:10:46.22 ID:VhRyWjoI0

その2です。

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:10:46.22 ID:VhRyWjoI0
そして翌日。浴衣を買いに行く日。

絹旗「明日は一方通行と水族館でデート…超楽しみです」

麦野「絹旗ぁ、心の声が外にダダ漏れ」

絹旗「はっ!」

滝壺「もうお店、着いちゃったよ」

なんたる不覚。とりあえず、今は浴衣選びに集中するとしよう。

絹旗「ところで、麦野たちはどういうのを買うのかもう決めてんですか?」

麦野「一応見て決めるけどさー。黒系がいいかな」

滝壺「私はピンク…かな」

絹旗「二人ともらしいと言えばらしいですね」

絹旗(私はどうしましょうか)

??「この黄色い帯なんかどうです御坂さん!」

??「へぇー、こんなのもあるんだ。結構よさそうね」

絹旗「ん?」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:16:00.99 ID:VhRyWjoI0
美琴「あ」

麦野「え」

佐天「い?」

滝壺「う」

絹旗「お、じゃない!!何ゆえア行を超連発してんですか!?」

佐天「いやぁー、つい釣られちゃって♪」

滝壺「私は空気を読んだだけ。そういう絹旗も言ってたじゃない」

絹旗「ノリってのは恐ろしいです…」

麦野「そんなコントはどうでもいいッ!!第3位!!?何で貴様こんなところに―」

美琴「何でって、浴衣を買いにきただけなんだけど…」

麦野「うぐっ」

滝壺「そりゃそうだよね」




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:17:38.68 ID:VmU2XJcD0
フレンダ・・・




352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:19:29.88 ID:krSZlNOZO
フレメアも出ないよな




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:21:13.25 ID:VhRyWjoI0
絹旗「あなたたちも花火大会に行くんですか?」

佐天「あったり前じゃないですかーっ!だって祭りですもん!」

美琴「その様子だと、絹旗さんたちもそうなのね」

ちなみに、黒子と初春がいないのは風紀委員で来れないかららしい。

佐天「ところで御坂さん。この人たちとはお知り合いですか?」

美琴「あ、そうだった。そういや佐天さんは初めてだったよね。紹介するわ」

絹旗(あの黒髪ロングの人、どっかで見たような…)

……

佐天「レベル4が二人に…この麦野さんって方は、レベル5の第4位!??」

絹旗「そんなに気負わなくていいですよ。だって麦野ですし」

麦野「絹旗ァ?それどういう意味―」

滝壺「よろしくね佐天さん」

麦野「滝壺もそこは突っ込まねぇのかよッ!?」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:26:17.79 ID:VhRyWjoI0

……

美琴「そっか。みんな大体何色にしようかとか決めてんだ」

絹旗「御坂さんはどうなんです?」

美琴「んー、実は黄色の浴衣一着もってるんだけど。ちょっと気分変えて、緑にでもしようかなぁと思って」

美琴(決してゲコ太のイメージカラーに影響されたわけじゃないんだからね!?…ちょっとだけだし)

佐天「っていうか、みんな浴衣買うんですね。まぁ当たり前といえば
当たり前なんですけど!帯だけ買いにきた私が浮いてるな~…」

麦野「どういう浴衣もってんの?」

佐天「水色に、黄色の花柄のあるやつです。以前は赤の帯してたんですけど…
御坂さん同様気分変えたくなっちゃって。赤以外に似合いそうな色はないかなぁと」

滝壺「そうなんだ。でも、それなら自由に選んでいいかもね。水色って何にでも合うし」

佐天「だからこそ、何買えばいいか迷うんですよねー」

麦野「いっそラメ感のあるゴールドとかどうよ?柄とも同色系統だし、結構いいんでなーい?」

絹旗「いや、何でも合うといってもさすがにそれは…」

滝壺「麦野くらいしか似合わないよ。良い意味でも悪い意味でも」




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:30:59.16 ID:VhRyWjoI0
麦野「さっきから、あんたらは私をどういう目で見てんのよ…」

絹旗「まぁ実際問題。麦野は黒系を選ぶんですから、ゴールドは似合うと思いますよ」

佐天「なんて大人っぽい色の組み合わせ…麦野さんだからこそできるってやつですね」

麦野「でも…。私もたまにはそういうのじゃなく“可愛い系”も演出してみたいっていうか…」

美琴(…第4位も複雑なお年頃なのね)

佐天「まぁゴールドはともかく、黄色なら選んでも良いかも!」

美琴「佐天さんらしい元気な色ね」

佐天「そういう御坂さんだって元気の塊なんですから、黄色とか考えてもいいんじゃないですか?」

美琴「緑の浴衣に黄色の帯…か」

滝壺「いいんじゃない?」

麦野「緑だったら、白や黒も合うわね。大人っぽさを出せるって点なら。
もっとも、第3位にはそんなの似合わないかぁ!!アハハハハハ!!!」

美琴(あいつだったら…何色が似合うっていうのかな。やっぱ黄色なのかな…)ブツブツ

麦野「こいつも滝壺や絹旗と同類か。あーヤダヤダ。佐天って言ったっけ?なんかあんたには親近感沸いてきた」

佐天「え?」(どゆこと??)




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:36:58.30 ID:VhRyWjoI0
絹旗(私もいい加減、どんな色や柄にするのか目安くらいはつけないと…)

美琴「店員さんに聞いてきた!黄色は緑に合わせる定番且つ明るいイメージを出せるみたいだから…
やっぱ帯は黄色系にする!そうと決まれば、後は緑の浴衣選びね…」

佐天「じゃあ、各々探していくとしますか!」

というわけでみんな点々となった。

……

美琴「あ」

絹旗「…?あぁ、御坂さん」

偶然にも第3位さんと会った。

美琴「絹旗さんも緑の浴衣見にこっちに来たの?」

絹旗「あ、いえ。実はまだ決まってなくて。いろいろ見て彷徨ってるうちに、こっちに来ちゃったんです」

美琴「そっか。…ねえ、絹旗さん」

絹旗「はい?」

美琴「やっぱその…。あいつと一緒にお祭り行くの?」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:40:44.50 ID:VhRyWjoI0
“あいつ”とは、一方通行のことだろう。

絹旗「そうですね。そのつもりですよ」

美琴「やっぱそうなんだ。仲が良きことで」

絹旗「別に、まだそんなんじゃないですよ」

美琴「…あのさ。前から気になってたんだけど」

絹旗「?」

美琴「絹旗さんはさ、一方通行のどこが好きになったのかなぁって」

絹旗「え?そりゃぁもちろん―」

……

そういや何でだ?

絹旗「……」

いざそう聞かれると答えられない。一体、何がきっかけとなって彼を好きになったのだろう。いや、そもそも…

絹旗(私は本当に一方通行のことが“好き”…なんでしょうか…?)




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:45:49.26 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……」

美琴「あ、ゴメン、もしかして変なこと聞いちゃった…?」

絹旗「い、いえ、全然そんなことはないです」

そう。本来なら全然たいしたことのない質問だったはず。それがこうなってるのは…

絹旗(私が、一方通行について真剣に考えたことがなかったから、ですね…)

それに尽きる。

別に彼のことが嫌いというわけではない。むしろ好きな部類には入ってるはずだ。そうでもなければ
明日や祭りのことではしゃいでる自分は、一体何だということになる。ただ…それが男女の“好き”を
意味するのか。単に反応を窺うのが楽しいだけではないか。彼の意外な人間性が斬新なだけではないか。
もしかしたら、浜面という男友達の延長線上として彼を見ているだけではないか?そう思えて―

絹旗(いや…)

訂正。アホ面とは違う。少なくともヤツと一方通行とでは…。
接してるときの私の態度、感じ方は全然違う。それは私自身把握している。

絹旗(じゃあ、この感情の正体は…?)

答えは出なかった。…その代わり。一方通行のことを考えていたせいか。思いもよらない別の答えが出てきた。

絹旗「…白」




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:50:05.64 ID:VhRyWjoI0
美琴「え?」

絹旗「そ、そうそう!白ですよ!白の浴衣なんか超どうかなぁと思いまして!!」

美琴「白…か。良いんじゃない?純白な感じがして。絹旗さんにも似合うと思う!」

絹旗「そうですか?じゃ、じゃぁ…白地のを探してみるとしますっ」

突然出てきた“白”という色。その理由は非常に単純。

絹旗(だって、一方通行といえば白ですもんね…)

彼のことを考えるうちに、つい顔を思い浮かべてしまっていた。白い髪に、薄白い綺麗な肌。
もっとも、それだけで浴衣に白を選んだわけではないが…。自分にも合うかどうか考えて、そして決めた。

美琴「ただ、白だけだとちょっと寂しいかもだから、柄はちょっと派手なくらいでちょうどいいかもね」

絹旗「そうですね。それなりに映えそうなのを選ぼうと思います。あ、そういえば」

美琴「どうしたの?」

絹旗「御坂さんこそ。上条当麻さんは誘わないんですか?」

美琴「!?」

一方通行のことを聞かれたせいか。向こうの“事情”も聞きたくなってしまった。




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:00:13.37 ID:VhRyWjoI0
美琴「な、な…!何でここで、あの『バカ』が出てくんのよ!!?」

…分かりやすい反応だ。まさか、隠してるつもりなのだろうか。

絹旗「だって仲良さそうですし♪で、誘わないんですか?」

美琴「いや、あいつは誘うとか誘わないとかそれ以前に…!私、佐天さんたちと一緒に回る約束してるから!」

絹旗「それ言えば私だって麦野や滝壺たちと回りますよ。そこに上条さんも加えてあげたらどうです?」

美琴「…そうね。か、考えておくわ。機会があったら、ね」

絹旗(相変わらず素直じゃないなぁ)

つくづくそう思った。




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:08:31.57 ID:VhRyWjoI0

……

一通り着付けも終わった頃。

滝壺「あれ。麦野、ゴールドはやめたの?」

麦野「言ったろ?今回の私は“可愛い系”も演出したいって」

絹旗「…確かに、これでキラキラ系だったら、ちょっと大人すぎたかもしれませんね」

黒地に白・紫の蝶柄が入った浴衣。そこに赤色の帯を加えることで、
若干ではあるが大人っぽさを緩和している。

佐天「か、カッコいいです…」

美琴「悔しいけど、よく似合ってると言わざるを得ないわね…」

麦野「テメェに褒められても嬉しくねえよ第3位。そっちこそ、様になってんじゃん」

美琴「そ、そうかしら…?」

緑色に白の花柄を添えた浴衣。黄色の帯も相まって、超電磁砲の美琴らしい元気な姿を醸し出していた。

麦野「それにしても絹旗…」

絹旗「?何ですか麦野?」

麦野「あんたさ、あまりに可愛っぽさ出しすぎじゃない??ちょっと心配なんだけど」




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:13:15.69 ID:VhRyWjoI0
絹旗「さ、さすがにやりすぎですかね…?」

滝壺「そんなことないよ。むしろ、可愛すぎて嫉妬したくなるレベル」

佐天「ですよねー。うっかり抱きしめちゃいそうです!」

美琴「こらこら佐天さん。そういうのは初春さんだけにしときなさい」

麦野「ダメとは言わないけど。あんたって童顔だからさぁ。ちょっと幼く見えるかも。
逆に、滝壺は思ったより大人っぽいの選んだね。ちょっと意外」

滝壺「そうたいして意識したつもりはないけど」

赤紫の花柄を添えたピンクの浴衣に、紫の帯をした滝壺。ピンクというパステル色だけなら、
それはそれで滝壺に合った歳相応の可愛らしさを演出してたとも言えるが。
そこに紫系の柄や帯を混ぜることで、若干の大人っぽさが加わった形となっている。

一方の絹旗はというと。白地に赤の金魚柄が入った浴衣に、黄色の帯をしている。ただしこの帯は
佐天や美琴が選んだ無地の黄色とは異なり、黄とオレンジが交互に入った横シマ模様を成していた。
金魚柄もそうだが、そんな帯の色彩も手伝ってカラフルさを引き立て、無個性になりがちな白の浴衣を見事に
ドレスアップしていたと言えた。反面、可愛さや幼さを前面に出しすぎた組み合わせだったかもしれないが。

佐天「みんな綺麗だなぁ。私もケチらず、新しい浴衣買えばよかったかも」

美琴「ええっと…。足らないようなら、出そっか??」

佐天「いえいえ、お構いなく!その代わり、祭りには水色浴衣に黄色帯で!全力で楽しみますから!」




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:18:02.79 ID:VhRyWjoI0
麦野「絹旗ー」

絹旗「何ですか麦野。まだ難癖つけるつもりですか?」

麦野「そうじゃないけどぉ。白ってさぁ、確かに清純で可憐なイメージも合って良いかもだけど。
反面、汚れやすいってデメリットもあるし、汗で透けちゃったりするかもよ?
それでも良いっていうなら、別にいいんだけどさ」

滝壺「絹旗のこと心配してる麦野、優しい」

麦野「べ、別にそんなんじゃねぇよ」

美琴「第4位…あんた良い人だったのね。…そうだ。今度からは第4位じゃなく、麦野って呼んでいい?」

麦野「ちょ!?お、オイ滝壺!!第3位のヤツなんか勘違いして―」

滝壺「良い機会。あなたもいい加減、御坂さんのこと名前で呼んであげたら?」

麦野「滝壺まで…んなワケわかんねえことを」

美琴「ダメかな?麦野」

麦野「軽々しく人の名前呼ぶんじゃねぇよ!…はっ、好きにしろよ。…御坂」

佐天「…??なんかよく分かんないけど、良い展開っぽい?!」

滝壺(よかったねむぎのん)




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:24:28.48 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……」

先ほど麦野から言われたことを、絹旗は考えていた。

絹旗(確かに…白には汚れやすいという欠点もあります。けれど)

二日前だったか。映画館を出た後…。車に水をひっかけられた時のことを思い出す。

……

絹旗『な、何を…!』

一方通行『お前ずぶ濡れなンだろ!?口調や見てくれを気にする前に、まずテメエの体を心配しろ!!
肌を冷やしたまま、家まで直行するつもりだったのかお前は??正気とは思えねェぞ…』

絹旗『…ッ』

一方通行『服に吸いついた水分、とってやるからじっとしてろ』

そう言うと一方通行は、一瞬にして彼女のまとっていた服を濡れる前の状態に戻す。

一方通行『まったくお前ってやつはァ…』

……

絹旗(だから、仮に服が汚れたとしても。一方通行がいれば大丈夫です。
…人任せというのも情けないですが。それくらい、一方通行という人は優しい。優しいから…
ついつい頼りたくなっちゃうんです。そういえばあのときの一方通行は…超カッコよかったです)




376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:29:10.91 ID:VhRyWjoI0
絹旗「…ぁ」

そこで絹旗は気付いた。

絹旗(あのとき助けてくれたことも。一方通行のことが気になってる“理由の一つ”なのかもしれませんね)

そう。そもそも発想提起の時点でおかしかった。Aというたった一つの理由で彼を好きになったわけではなく。A、B、C、D…といったいくつもの小さな、されど大事な要因が幾多も重なって、それが結果として“好き”
という感情の形成を促したんだと、今ようやく分かった。というか、よく考えれば当たり前だった。
たった一つの理由で誰かを好きになるほど、世の中ってのは単純じゃない。

絹旗(そう考えれば“理由”はいくつもあります。映画について真摯に感想を述べてくれたこともそうですし、
服を綺麗にしてくれたことはもちろん、プリクラでとても良い表情をしてくれたのもそうでした。
あと、狂言とはいえ上条さんや御坂さんに捕らわれた私を超全力で助け出してくれたのもそうですね)

今思えば…。最初の時点では、私は一方通行に対する斬新さ・意外さという、いわゆる好奇心だけで
彼に接していたように思う。というか、それが全てだった。そんなありふれた好奇心で…
面白おかしく彼に接しているうちに、いつのまにか一方通行に対する見方も変わってしまっていた。

絹旗(そういや一方通行に顔を押し付けられ、無理やりキスされそうになったこともありました。
彼が本当にそんなことをやるとは思ってませんでしたから、抵抗はしなかったんですけど。
ただ自分でも疑問なのが、どうして“彼はそんなことをしない”って、あの段階ですでに信じていられたのか。
能力的に近いがゆえの、あるいは暗部の人間としてのシンパシー?分かりません。ただ、そういう事実があった。
そういう意味では、もしかしたら、“気”自体はあのときからあったのかもしれませんね)

と、いろいろと頭の中では考えてみたものの。結局、絹旗の一方通行に対する“好き”は親友に対しての
ものなのか。それとも、恋愛感情から発生する異性に対してのものなのか。前者以上の“好き”であること
には間違いないのだが、かといって後者の方を断言できるほど…。絹旗にはまだその自信はなかった。




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:36:12.28 ID:VhRyWjoI0
絹旗(ま、そういうわけで。汚れたのと同様に、透けたとしても一方通行の能力で…)

……

透ける?

絹旗(さすがに、透けるはないですね…)

汚れならまだともかく。透けた下着を“さっき好きだと自覚した人間”に対して見せられるほど、
絹旗にはそんな度胸はない。もっとも、そんな度胸などいらないのだが。

絹旗(スカートヒラヒラも…。とりあえず、一方通行の前ではしばらくできないですね。
いや、しばらくどころか…予定自体超考えてませんけども。けど、もし彼が『やれ』と言ってきたら。そのとき
私はどうすれば…!?いやいやいや、何をバカなこと言ってんですか私??彼はそんな変態ではないはずです)

…気を取り直して。

絹旗(今度の祭りの日までに、透けても見えないような色のパンツ…。そうですね、
ベージュ色のパンツでも、どこかで買っておくとしましょう。スリップだけでは不安ですからね)

絹旗「麦野。忠告、確かに受け取りました。助言ありがとうございますね」

麦野「別に、礼を言うほどのことじゃねえっつうの」

それでも感謝だ。もし麦野のこの助言がなければ…
自分は超恥ずかしい思いをしてしまっていたかもしれないのだから。




379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:42:05.37 ID:VhRyWjoI0

……

浴衣を買い終え、家に戻ってきた絹旗。

絹旗「さて…いよいよ明日ですか。一方通行とのデート、どんな感じになるんでしょうね」

そういえば水族館というスポット自体、行くのも久しぶりな気がする。

絹旗「そもそも何で水族館?他にもカラオケ、ボーリング、ショッピング、遊園地、プールなど
候補はいくらでもあるはずですよね。まぁ…どれも一方通行には似合わないんですけど」

だからこそ一方通行と行動を共にするのは楽しい。時間を共有するだけ、新しい彼を発見できるのだから。

絹旗「……」

デートに行く前に。恋愛経験が自分より深い(であろう)先輩に、
ちょっと相談してみようかなと思った絹旗だった。

Prrrrrrrrrrrrrrrrrrr、ガチャッ

??『もしもし。どうしたの絹旗?』

絹旗「滝壺滝壺!ちょっと聞いてくださいっ」

滝壺『絹旗の“ちょっと”って、いっつもちょっとじゃないんだよね』

絹旗「まぁまぁ、そう言わずに。一つ頼みますよ先輩」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:44:11.87 ID:oeX+bo64O
正味な話さあ、窒素装甲って服には作用しないの?




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:46:56.66 ID:VhRyWjoI0

……

滝壺『…好きかどうかが分からない?』

絹旗「いえ、好きなのは間違いないんです。ただ、その“好き”っていうのが
果たして恋愛感情の好きなのかどうか…私自身どうしても確証がもてなくて」

滝壺『そうだね…』

絹旗「そういえば滝壺はこういうこと考えたことあるんですか?」

滝壺『ないよ』

絹旗「これはまた、あっさり言い切りましたね」

滝壺『状況が状況だったっていうのあるかも』

絹旗「ま、まぁ確かに」

日常の中で悩む自分と、命を失いかねない状況だった滝壺とを比較して考えること自体無茶だった。

滝壺『…絹旗はさ。ちょっと難しく考えすぎなんじゃないかな』

絹旗「難しく…ですか?」

滝壺『好きと感じたら好き。少なくとも、私はそうだったよ』




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:49:24.18 ID:456jrFTpO
窒素装甲はオート防御だけど、自分から出る汗は防げないんじゃね?
まぁ学園都市に海あんのかとか、窒素装甲で水被るとか、ッとかいろいろアレな部分あるけどVIPのSSでそれつっこむのは野暮だろ




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:50:17.54 ID:VhRyWjoI0
滝壺『そして。私はそのことを全く後悔してない。浜面のこと、好きになって本当に良かったと思ってる』

絹旗「まぁ…それは滝壺と浜面の関係を見てれば分かります」

滝壺『つまり、そういうこと』

絹旗「そういうことと言われても…。私はどうすればいいんです?フィーリングでいけばいいんですか?」

滝壺『そもそも、絹旗は一方通行とどうなりたいの?』

絹旗「え…」

滝壺『私にとって浜面はかけがえのない大切な人。だからいつも一緒にいたかった。だから…恋人になった』

絹旗「……」

滝壺『絹旗にとって、一方通行はどんな人?』

絹旗「どんな人って…」

さすがに、今の段階では滝壺の言った“かけがえのない大切な人”とまでは言いきれない。けれど…。
少なくとも、今彼が蒸発されたら私が悲しむのは確かだろう。それだけ感情を寄せているのも事実だ。

絹旗「分かりません…ただ、一緒にいたい。時間を共有したいとは思ってます」

これは実際に、電話をかける前に考えていたことだった。




387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:56:55.51 ID:VhRyWjoI0
滝壺『なら、そうすればいいんじゃないかな』

絹旗「え?」

滝壺『今絹旗が言ったこと。それはウソじゃないんだよね?』

絹旗「そ、そりゃそうですよ!何でこんなところで滝壺にウソつかなきゃならないんですか??」

滝壺『それなら。その言葉は“絹旗にとっての真実”だよ。その通りに行動すればいいと思う』

絹旗「その通りに…?」

滝壺『そうすることで見えてくるものもあると思う。私はそうやって浜面を好きになった。
好きになろうとして好きになったんじゃなくて。いつのまにか好きになってたんだ』

絹旗「…明日、一方通行と会ってきます」

滝壺『知ってる』

絹旗「彼と、一緒にいたいと思います」

滝壺『うん』

絹旗「…そっか。やることは超単純だったんですね」

滝壺『明日のデート、楽しんできてね』

絹旗「はい!」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 18:59:27.74 ID:VhRyWjoI0
滝壺にお礼を言って、電話を切る。

絹旗(…難しく考えるのはナシです。明日はとにかく超楽しまねば)

ということはつまり

絹旗「いつも通りの私で。いや、むしろ一方通行をからかうくらいの勢いでいいのかもしれませんね!」

そうすればきっと、滝壺の言った通り何かが見えてくる…はず。

絹旗「……」

絹旗「ぁ」

そうだ。ふと思いついた。




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:05:01.82 ID:VhRyWjoI0
絹旗(お弁当なんてつくってみるのはどうだろう…?)

これこそまさにデートの定番ではないか。それに、万が一にも彼に喜んでもらえたら。
私自身も嬉しいし、ますます楽しい日になるはずだ。

絹旗(とはいえ、人のために弁当をつくるなんて初めての試みですね…)

若干の不安がよぎる。

絹旗「いやいや、考える前からあきらめてしまっては超ダメですね。
とりあえず軽くメニューは考えて、明日早起きしてつくるとしましょう」

寝過ごさないよう、目覚まし時計には厳重にタイマーをかける。

絹旗(…明日が良い日になりますように)

そして―

……

絹旗(楽しかった…はずなんです)

時間は戻る。絹旗が一方通行と一緒に水族館を出て、海岸線を歩き、そしてファミレスへと入ったあの時間帯に。




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:09:20.77 ID:VhRyWjoI0
絹旗(楽しかったです。一方通行と一緒にいた時間は…超楽しかったです。
魚を見ながらバカ話をしたり、一緒にお弁当を食べたり―)

だが

後になって付いてくると思ってた“感情”が。付いてこなかった。

絹旗「……」

確かに、一方通行とは会ってまだ日も浅い。変化を求めることに、自分が焦りすぎてるという自覚はある。
けれどその一方で…。得体の知れない不安を抱えている自分にも気付く。

『自分は一方通行のことが好きではないのではないか』

……

一方通行(どうすりゃいいンだろうなァ俺は)

思えば、彼の周りにはいつも打ち止めや番外個体といった、良い意味でも悪い意味でも騒がしい
人間たちがいた。絹旗最愛もその例外ではない。だからこそ彼女とも難なく付き合ってこれた。
では、そんなカテゴリーからはずれてしまった今の絹旗に対しては?どうすればいい?

一方通行(困ったな)

現実を逃避する形で、外の景色へと目を向ける一方通行。そこには海があった。

一方通行「…ン?」




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:16:45.58 ID:VhRyWjoI0
一方通行(コレが、俺がさっき見ていた…海?)

いつもなら海程度に驚く一方通行ではなかったろうが。比較してしまったなら話は別だ。

一方通行(夕方ンときはあんなに赤く照らされて綺麗な感じだった海がよ、
夜になった今は海そのものが闇と同化して、何か引きずり込まれるようなオゾマシサを覚えるゼ)

夜の海は怖いと聞いたことがあるが、なんとなくその感じが分かった。

一方通行(見様によっちゃ、一つのもンでも全然違って見えてくるもんだなァ)

つい感心する。本当は感心している場合ではないというのに。

一方通行「……」

今の絹旗がまさにそうか。しかし時間帯によって見た目が変わる海とは違って、
絹旗は別に夜になったからといって口数が変化したわけではない。当たり前だが。
では、何が原因で彼女はこうなってしまったのか。

一方通行(!!ま、まさか…ッ!!)

嫌な予感がした。結標との、ある会話を思い出してしまった。




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:21:31.66 ID:VhRyWjoI0
結標『例えばね一方通行。絹旗さんが“疲れてそうに見えなかったら”。どうする?』

一方通行『どうするって、それなら問題はねぇンじゃねェか』

結標『そう考えがちよね。でもいつもそうであるとは限らない。
もし絹旗さんが実際には疲れてても、“疲れていないようなフリ”をしてるだけだったら』

一方通行『は?』

結標『あんたに心配をかけたくない。だから、“疲れていないようなフリ”をする』

……

まさか、そういうことなのか??本当は体調が優れなくて、だが傍に俺がいるせいで
無理して平静を装ってるだけ。疲れていないようなフリをしてる…だけ!!?

一方通行(ッ!やべェぞ!?もしそれが事実なら、どうして俺はそれに早く気付いてやれなかった!!?)

彼は立ち上がる。そして―

一方通行「絹旗ァ!!帰るぞッ!!」

絹旗「!?」

一方通行「食事は粗方済んだろッ!?だから帰るぞォ!!」

絹旗「え、ちょ―!?」

会計を済ませ、絹旗を連れて無理やり店を後にする一方通行だった。




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:28:50.32 ID:VhRyWjoI0
絹旗「あ、あの!?一体どうしたんですか一方通行!?」

一方通行「いいからテメェは早く家帰って休め!!!」

絹旗「??」

一方通行「まったく無理しやがって…体調が悪化したらどうするつもりだったンだァ??」

ご覧の通り、実は一方通行もこのとき暴走していた。あくまで可能性の一つでしかないのに、彼は結標の
言っていた“疲れていないようなフリ”を、いつのまにか確定要因として思いこんでしまっていたのである。
なぜ彼は冷静さを失ってしまっているのか?

一方通行(人が苦しむ様ってのはなァ、見たくねェんだよ…)

エイワスに『ロシアに行け』と言われて以来、打ち止めが助かるその瞬間まで、
彼女の看護や警護に勤しんできた一方通行。そういった過去が、この突発的とも言える
行動の根底にあるのは間違いなかった。そんな一方通行に彼女は―

絹旗「ま、待ってください一方通行!!手を離してくださいっ!!」

直感で思った。このままでは、彼の能力をもって比喩抜きで“高速”で家まで召還されるであろうことを。
何で一方通行がこんなことになってるのかは分からないが、こんな意味不明な状況で家まで直行はまずいと
本能が告げている。間違いなく、次一方通行と会うとき顔を合わせられなくなる。それだけは嫌だった。

一方通行「手を離せだァ!?早く帰るって言ってンだろォが!!?」

絹旗「!そ、そうだッ!トイレです!トイレに…超行きたいんですっ!だから、手を…離してください!」

一方通行「なんだとォ!?ト、トイレなら仕方ねェな…」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:33:22.70 ID:VhRyWjoI0
絹旗(ごめんなさい一方通行…ウソなんです)

先ほどまでいたファミレスの中へと走っていく絹旗。

ではなかった。ファミレスの中へと走っていくフリをして、外のすぐそばにある横道へと入っていく絹旗。

絹旗「……」

絹旗「と、とりあえずここなら落ち着けますね。トイレだと言って
逃げてきちゃいましたから…あまり待たせてもまずいとは思いますが」

言葉通り自分を落ち着かせ、思考を取り戻す。

絹旗「それにしても、何だって一方通行はいきなりあんな…。体調がどうたら言ってましたね」

……

絹旗「…もしかしてアレですか。黙っちゃった私のことを、気分が悪いと思った…?
だとしたら辻褄が合います。ちょっと行動が強引すぎましたけど…」

しかし…そう思われるような原因をつくったのは自分なんだから、
彼の行動にいちゃもんをつけられる資格、私にはない。

絹旗(むしろ感謝しなくちゃいけない場面ですよねこれって…)

今みたいにすぐ暴走して勘違いしたり、不器用だったり、口が悪かったり、顔文字の使い方も知らなかったり。
でも、そんな一方通行だからこそ私は…

優しい人―




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:37:48.25 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……」

絹旗は携帯を取り出す。そして電話をかけた。そして、なぜかこのとき…とてもイライラしていた。

Prrrrrrrrrrrrrrrr

絹旗(出てくれればいいんですが…っ)

…ガチャッ

??『…絹旗?』

絹旗「滝壺!」

またしても私は…彼女へと電話をかけていた。

滝壺『…?もうデートは終わったの?』

絹旗「滝壺…っ!」

そして私は、思ったことをそのまま吐露した。いや…吐露していた。

絹旗「私…っ、もう自分のことが分かりません…っ!!」

本当に分からなかった。




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:43:11.46 ID:VhRyWjoI0
滝壺『どうしたの絹旗?…大丈夫?』

心配してくれる彼女の優しい声が…電話の向こう側から聞こえる。

絹旗「私、今とてもイライラしてんです…っ!!」

滝壺『……』

何を言ってるんだ私は。こんなことを滝壺に言ってどうするつもりだ…?というより、
何で私はこんなに苛立ってるんだ?その原因が分からないことが、さらにその感情の波を悪化させた。

絹旗「私は…っ!一方通行と今日一緒にいて楽しかった!なのに…なのに…っ。それでもどうしても
得られないんです…。私が一方通行のことを“好き”だという確証が…!!何でですか…!?
私はこんなにも一方通行のことが好きなのに!!どうしてそれさえ分からないんですか…!?
どうしてこんなに一緒にいて、分からないんですか…ッ!!?」

もはや支離滅裂だった。自分で自分が何を言ってるのか分からない。

滝壺『……』

こんな私であっても彼女は静かに話を聞いてくれていた。そして―

滝壺『…呆れた』

当然ともいえる反応が―返ってきた。

絹旗(ははっ…そりゃこうなりますよね)




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:46:56.51 ID:VhRyWjoI0
滝壺『…あのさ絹旗』

しかし次の瞬間、その“呆れた”は自分の思ってた意味とは異なることを知る。

滝壺『もう答え、出てるよ』

絹旗「…え?」

今滝壺は何と言ったのか。答えが…出てる?答えって何の??っていうか主語は??誰が出した答えなの??

絹旗「…??」

混乱している私に、滝壺は語りかけるようにして教えてくれる。

滝壺『絹旗が。自分で出してたじゃない』

絹旗「……」

何を言っているのだろうか。一体いつ、私が“答え”なんてものを出した。

滝壺『私の耳が悪くなければ。確かに絹旗は、さっき一方通行のことを“好き”だって言ってたよ』




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:52:00.66 ID:VhRyWjoI0
絹旗「…ぁ」

『私はこんなにも一方通行のことが好きなのに!!』

絹旗「ま、待ってください滝壺!あれはほぼ勢いみたいなもんで…
私自身言ったことすらよく覚えてないくらいで…!」

滝壺『ってことは、無意識のうちにそう思ってるってことだよね』

絹旗「……」

滝壺『…絹旗。怖い?』

絹旗「え?」

滝壺『“好き”って認めることが、怖い?』




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:00:58.26 ID:VhRyWjoI0
絹旗「こ、怖いって…??な、何を言ってるんですか滝壺は」

滝壺『だって、後は絹旗がそれを認めるかどうかだから』

絹旗「…??」

滝壺『“好き”っていう確証が得られないって言ってたけど、そんな分かりやすいものがあると思ってる?
絹旗がたまに見るようなサスペンス映画に出てくる、“物的証拠”とはワケが違うんだよ?』

絹旗「ば、バカにしてんですか!?さすがにそれくらい分かってます…っ!!」

滝壺『だったら、後はその感情を。勇気をもって認めるだけ』

…勇気?

滝壺『本気で人を好きになること自体、絹旗にとって初めてだもんね。…大丈夫。初めてだけど、怖くないよ』




413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:06:38.22 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……」

怖い。その表現はある意味当たっていたのかもしれない。

絹旗「向こう側にある感情が…私には分からなかったんです」

滝壺『うん』

絹旗「分からないものだから…。どこかで構えていたのかもしれません」

滝壺『…うん』

絹旗「心の中で…ブレーキをかけてたのかもしれません」

“その感情”に近づけない。分からないから近づけない。いや、分からないからこそ近づきたくなかった。
それは結局、滝壺の言ってた“怖い”という感情の裏返しなんだろう。

滝壺『…大丈夫。絹旗なら大丈夫って、私は信じてるよ』

絹旗(私は…っ)

そのとき―

何かが吹っ切れたような気がした。

絹旗「……」

以前、浜面に『絹旗は知り合いに依存するタイプだ』と言われたことがある。あぁ、確かにそうだなと思った。
自分の感情の整理すら満足にできず、挙句の果てに今この瞬間、こうやって滝壺に頼ってしまったのだから。




415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:11:14.78 ID:VhRyWjoI0
絹旗「…滝壺。一方通行を待たせてるんで、もう切りますね」

滝壺『そっか。やっぱりまだデートの途中だったんだね。…もう私にかけてきちゃダメだよ?』

絹旗「あはは、滝壺も厳しいですね」

滝壺『厳しくもします』

絹旗「大丈夫ですよ滝壺。私は、もう超大丈夫ですから!」

滝壺『超が付くくらい大丈夫なら、もう心配はいらないね』

絹旗「じゃ、切りますね。…ありがとう滝壺」

滝壺『うん。どういたしまして』

…電話を終える。

絹旗「……」

絹旗「…よしっ!!」

……




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:17:01.75 ID:VhRyWjoI0
一方通行「絹旗のヤツ…大丈夫なンだろうな??」

トイレに行ったということは、やっぱり絹旗は調子が悪かったというわけで―

一方通行(チッ!どうして早く、ヤツの身体の不調に気付いてやれなかった!?)

なぜ気付けなかった…。もしかしたら、自分自身絹旗とのデートに浮かれすぎていたのではないか。
だから気付けなかった…?だとしたら、なんとお粗末な展開だろうか。

…まぁ、実際には絹旗は体調が悪いわけではなかったから。一方通行が知覚できなかったのも
当然といえば当然なのであるが…。というか、ないものに一体どうやって反応しろという話だ。

絹旗「一方通行!」

そして自分を責めてる間に、彼女は戻ってきた。意外に早かった。

一方通行「おォ!ン?お前…もう大丈夫なのか?」

というのも。絹旗の顔が、先ほどファミレスで沈んでたような表情とは打って変わって明るくなっていたから。

絹旗「少し休めば超元気になっちゃいました!」

語尾にも力が入ってる。どうやら本当に復活したらしい。

一方通行「そォか。本当に良かった…。ゴメンな早く気付いてやれなくて」

絹旗「ッ!いやいやいや!むしろ心配してくれて超ありがとうなんですよ…っ」

まさか、本当は何でもなく“友達と電話してただけ”なんて、申し訳なさすぎて言えない絹旗だった。




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:21:45.91 ID:VhRyWjoI0
絹旗「また散歩しませんか?」

一方通行「って、またかよ…お前ホント歩くの好きだなァ」

絹旗「歩くのが好きなんじゃなくて… 一方通行と一緒にいるのが好きなんですっ!」

そう言って彼女は一方通行の腕を取る。

一方通行「オ、オイ!?」

絹旗「ダメ…ですか?//」

一方通行「く…ッ!!!」

なんだこの上目づかいは。反則じゃねェかこン畜生ッ!

絹旗「今度はただ海岸線歩くだけじゃなくて下に降りてみましょうよ。砂浜の上を歩いてみたいんです」

一方通行「い、いいけどよォ…」

どうも左腕の行方が気になる。

一方通行(なんか“当たってる”ような気がすンだが…?気のせいだと思うことにするぞ俺はァ!!!)

心の中でシャウトする一方通行だった。




420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:24:35.43 ID:oeX+bo64O
当ててンのよキタアアアアアア




421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:25:49.91 ID:lLBrOMwT0
ふぅ……




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:26:33.79 ID:VhRyWjoI0

……

絹旗「うわー。海って夜になるとこんなにも真っ暗なんですね!」

一方通行「あんまり海に近づくンじゃねェぞ。足元だって暗ェんだからな」

絹旗「でも、万一何かあっても一方通行が助けてくれますよね?」

一方通行「人任せかよ。タチ悪ィなオイ」

だが自分を慕ってくれる絹旗に、同時に嬉しくも思う。

絹旗「あ、波がきてますね」

一方通行「そォだな」

絹旗「引いていきますね」

一方通行「そォだな」

絹旗「えへへ。一方通行♪///」ピトッ

体を密着させる絹旗。

一方通行(女ってのは意味分かンねェ!?)




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:32:12.95 ID:VhRyWjoI0
絹旗「一方通行!」

一方通行「な、なんだァ」

絹旗「私の周りには“窒素の壁”が展開されてます!」

一方通行「みてェだな」

絹旗「窒素は水に溶けません!」

一方通行「正しくは“溶けにくい”な…で、何が言いてェんだお前は」

絹旗「っつーわけで、満を持して飛び込みます!!」

一方通行「は?」

絹旗「とぅおおおおおおおッ!!!」

一方通行「バッカ!?ちょ―」

バッシャーン

海へとダイブする絹旗。

一方通行「荒ぶってるってレベルじゃねェぞ!!?」




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:38:23.85 ID:VhRyWjoI0
一方通行「オ、オイ!?大丈夫かよ??」

彼女が飛び込んだほうへと急いで向かう一方通行。

絹旗「……」ビショビショ

一方通行「き、絹旗…?」

ずぶ濡れの絹旗がそこにいた。

絹旗「…なんで。私濡れてんですか?」

一方通行「いや、当たり前ェだろ」

絹旗「窒素があるのに…」

一方通行「それでもあのダイブはない」

やれやれといった感じで絹旗に近づく一方通行。能力を使って、以前と同じく乾かしてやろうとしたところ―

一方通行「って、」

一方通行「何で逃げンだコラァァァァァァァァァッ!!?」

絹旗「怖い人が追っかけてきます♪」

ずぶ濡れのまま逃走を開始する絹旗。とても 楽 し そ う だった。




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:41:26.08 ID:VhRyWjoI0
一方通行「何考えてンだあいつは…」

呆れながらも、急いでその後を追おうとする一方通行。能力を発動して一気に間合いを詰めようとするが―

絹旗「こっちですよー!一方通行!」

一方通行「……」

なんか、能力使ったら負けのような気がしたんで、自力で絹旗に追いつくことにした。

絹旗「わー!わー!」

一方通行「ガキかテメェは!?こんなことしてて恥ずかしくないンかァァァァァァァァ!!?」

悲痛な叫びをとばす一方通行。

絹旗「だってガキですから♪」

一方通行「クソがァァァァ!!!」

幸いにも、一方通行はすぐに彼女を捕まえることができた。
服の濡れた重さで、絹旗の足が鈍っていたというのもある。

絹旗「変な人に捕まっちゃいました!」

一方通行「…はァ」

ため息をつきながらも…彼女を波の来ない安全な場所へと移し、服を乾かす一方通行だった。




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:47:40.91 ID:VhRyWjoI0
一方通行「……」

ところが。そうは問屋が卸さなかった。

一方通行(下着ってどうすンだ…??)

以前、車に水をひっかけられたときは表面上の服だけで済んだ。
だが、今回は言葉通りのずぶ濡れである。ということは下着から水分を取るためには―

一方通行(その下着に触れなきゃいけねェってことだよな…)

……

一方通行(できるかあああああああああああああああああああああッ!!!!!!!!)

彼は心の中で思う。さすがにそれは許されない、と。

そして同じ頃―

絹旗(滝壺…っ!私、自分の欲求に従って素直に行動してただけなんです!!
濡れても、別に一方通行に乾かしてもらえばいいや、みたいな軽い気持ちで後先考えず突っ走ってたら…
下着のことを超すっかり忘れてました!?これって一方通行にその… されるってことですよね?!///)

二人とも絶賛大混乱だった。




434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:51:19.02 ID:VhRyWjoI0
しかし。肝心の肌に触れる下着がこれでは、絹旗は風邪をひいてしまうかもしれない。

一方通行(だからといってこれは…ッ)

途方もない葛藤と闘っていた一方通行だった。

絹旗「あ、あの、一方通行…」

一方通行「な、何だァ!?」

絹旗「その…。下着も、乾かしてください///」

一方通行「」

一方通行「すまん。思考がとンでた。で、何だって?」

絹旗「だ、だから下着も…お願いしたいんです///」

一方通行「」

一方通行(うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!!!)




435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:54:47.56 ID:VhRyWjoI0
と、叫んで現実逃避してる場合じゃない。

絹旗「そ、その、ちょっと触れるだけで直せるんですよね?!だったらそれで…//」

一方通行「!」

我に返る一方通行。

一方通行(そうだった。一瞬でいいンだ!一瞬だけでも触れれば、それだけで直せる…ッ!!)

そうだ。たかが一瞬じゃないか。そう思うことにした。というか、そうでも思わないとやってられない。

絹旗「じゃあ、あ、あの…ブラからでいいですか?//」

一方通行「お、おう…」

絹旗(は、恥ずかしいです…っ)

静かに…ゆっくりと上着をめくり、下着姿の上半身をさらけだす絹旗。その顔は真っ赤だった。

絹旗(あっ!!?//)

そこで“失態”に気付く。

絹旗(一瞬だけなら、後ろだけをチラッと見せればよかったのでは!!?私ってば何をやって…!?)

一方通行(俺は乾燥機、俺は乾燥機、俺は乾燥機、俺は乾燥機、俺は乾燥機…!!)




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:58:49.19 ID:tlqUuXsF0
なんという第一位の無駄使い




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:59:16.81 ID:VhRyWjoI0
もっとも、仕切り直せばよかっただけの話なのだが…。パニクってたのか、絹旗にその選択肢はなかった。

一方通行「じゃァ、触るからな…ッ」

絹旗「は、はい…//」

…さすがに一方通行もブラのことは分かっていた様子。後ろの布面積の小さな箇所を、指でちょこんとつつく。

一方通行「…完了ォ」

絹旗(一方通行が賢くて助かりました…っ)

一方通行「じゃ、次は下のほうだなァ…」

絹旗「え!?も、もうですか!?//」

一方通行「早ければ早いだけいいだろうがよォ…!」

絹旗「そ、そうですよね…っ!」

絹旗(こんな状況でも一方通行は淡々としてるんですか…?さすが学園都市最強のレベル5です…。
精神力も並大抵ではないということですね。でも、ちょっとは私の体にあたふたしてほしかった…
って何を言ってんですか私は!?//いけない!こういうとき、無駄なことは考えちゃダメですね…///)

一方通行(俺は乾燥機、俺は乾燥機―)




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:00:07.79 ID:oeX+bo64O
第一位が乾燥機
第二位が冷蔵庫




439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:01:11.33 ID:8i8KSIiZ0
第三位は充電器?




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:02:39.89 ID:GB2U+CjiP
第四位は発振器




441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:03:35.42 ID:VhRyWjoI0
絹旗「じゃ、じゃぁ一方通行…//」

一方通行「あァ」

さすがにさっきのようなミスはしない。スカートを若干ずらし、パンツをチラ見せする絹旗。

絹旗(―っ!パンツを意識して見せるのって凄く恥ずかしいです…っ///)

緊張で頭がおかしくなりそうな絹旗をヨソに、一方通行は淡々とその手を腰の横あたりへと伸ばす。
前は局部、後ろはお尻。だとしたら、触れるべきは側面しかない。そこは一方通行も冷静だった。

一方通行「…終わったぜ」

絹旗「あ、ありがとうございました…」

…気まずい空気が流れる。

絹旗「あ、あの、一方通行」

一方通行「何だァ…?」

絹旗「もしかして、嬉しいハプニングとか超期待しちゃったりしましたか…?//」

一方通行「……」

一方通行(ンな余裕すらなかったっての…乾燥機と冷蔵庫が闘う幻覚が見えたくらいだ)




444 :レベル5を例えたレスに笑ってしまいました:2011/09/16(金) 21:08:53.64 ID:VhRyWjoI0
絹旗「あの…本当にありがとうございました一方通行。
やっぱ普通の状態ってのはいいですね。濡れてる服は動いてて気持ち悪かったですから…」

一方通行「自分から濡らしておいて、さらに逃げておいて何言ってんだテメェ」

絹旗「…もしかして怒ってます?」

一方通行「当たり前ェだろッ!?ったく…。時間が時間だ。今日はもう帰るぞ」

絹旗「っ!!ま、待ってください!怒ってるのなら謝ります!謝りますから…っ!!」

一方通行「別に怒ってねェよ。これ以上遅くなったら、そっちも困るだろうが」

絹旗「私は…そんなことないです」

一方通行「―は?」

絹旗「……」

一方通行「…バカなこと言ってねェで帰るぞ」

後ろを振り向き、歩きだそうとしたその瞬間―

絹旗「一方通行…っ!」

その叫び声とともに、背後から抱きしめられる。




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:14:20.63 ID:tlqUuXsF0
第五位はリモコン




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:14:22.78 ID:VhRyWjoI0
一方通行「…ァ?」

絹旗「……」

一方通行「何やってンだお前」

絹旗「ごめんなさい…っ」

一方通行「お前…」

絹旗「私、調子にのっちゃって…っ!!一方通行のいろんな反応を見るのが超楽しくて…
でも、やりすぎちゃって…!だから、ごめんなさい…っ」

一方通行「…バカが」

そう言って絹旗の方を振り返る一方通行。そして―

絹旗「っ!?」

一方通行「だから、怒ってねェって言ってンだろが…バカが」

そっと、絹旗を抱きしめ返す一方通行。その腕に力を込める。

一方通行(むしろ、ずっとお前とこんなふうになりたかったとか…
恥ずかしくて言えるワケがねェだろうが…!!)

絹旗「く、苦しいです一方通行…っ!」




451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:19:18.08 ID:VhRyWjoI0
一方通行「わ、悪ィ…ッ」

いけない。力を入れすぎてしまった。

絹旗「一方通行って…。意外に大胆ですよね。さっきだって、無理やり私を連れ帰そうとしましたし…」

一方通行「……」

絹旗「でも。そういうところ、嫌いじゃないです」

チュッ

一方通行「!?」

絹旗「…こんなことをするくらい。私は、あなたのことが嫌いじゃないってことです…っ!///」

大事な人の頬に。私はキスをした。

一方通行「お、お前…!?」

絹旗「私…。今、凄く緊張したんですよ…?胸がバクバク言って…超苦しいです…っ」

一方通行「絹旗…っ」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:26:02.02 ID:VhRyWjoI0
絹旗「何から何まで初めてだらけで…。さっきから私、胸が痛いんです…」

一方通行「……」

絹旗「鼓動も凄い速くて…まるで自分のものじゃないみたいなんです。
そんな自分ですけど…、それでも!私は、一方通行に伝えたいことがあるんです…っ」

一方通行「伝えたい…コト…」

絹旗「一方通行。これから私が言うこと、聞いてくれますか?」

一方通行「……」

一方通行「ダメだ」

絹旗「え…?」

一方通行「これ以上、お前に辛ェ思いはさせられねェ…
そんな泣きそうな顔されたら、それを見てるこっちのほうが辛ェんだよ…っ!」

だから―

一方通行「俺から言わせてくれねェか」




459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:31:22.35 ID:VhRyWjoI0
絹旗最愛。こいつとはいろいろあったな。

『罵倒語を一文に2語も混ぜるなんて、あなた中々できますね!』

『いやぁ、たまに車を投げたくなる時って超ありません?』

『実は、私もあなた同様、相当口が悪い部類に入ります』

『気分が高揚してるとおかしくなっちゃうんですよ!』

『ニューワールドですか?じゃあ私と一緒にそのニューワールドへ突撃しましょう!』

……

見事に変なことだらけだった。




460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:34:51.77 ID:VhRyWjoI0
だが。それがこいつの面白いところでもある。

一方通行「絹旗最愛…か」

絹旗「…?」

一方通行「いや、よく考えたら“最愛”って凄ェ名前だなと思ってよ」

絹旗「…今更その話題ですか?最愛については、とっくに上条さんが突っ込んでましたよ」

一方通行「ンなこともあったっけなァ」

絹旗「…あの、言ってくれるんじゃなかったんですか?私、いい加減胸が苦しくて―」

一方通行「最愛」




464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:41:46.07 ID:VhRyWjoI0
絹旗「!?さ、最愛って…」

一方通行「最も愛する…か。良い名前だよなァ」

絹旗「…っ」

一方通行「お前の名前を…思い浮かべながら言わせてもらうわ」

絹旗「……」

一方通行「最愛」

絹旗「…はい」

一方通行「好きだァァァァァァァァァァァッ!!!!!!!」




465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:42:16.24 ID:R7ODL6S+0
絶叫系告白わろた




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:43:07.44 ID:Azn2RnPL0
何このセロリかっこいい///




471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:45:11.71 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……」

一方通行「……」

絹旗「…すみません。笑ってもいいですか?」

一方通行「ちょ―!?テメェ、どういうことだッ!!?」

絹旗「だ、だって!あまりにも告白がストレートすぎて…っ!」

一方通行「…ッ!悪かったなァ!!不器用なンだ…!察しろ」

絹旗「別に悪いだなんて思ってません。超ストレートなのが、一方通行の良いところですもんね」

一方通行「…っ」

絹旗「私も。一方通行のこと、超好きですよ」




473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:49:04.53 ID:VhRyWjoI0
彼を見上げ、絹旗は目を閉じる

一方通行「……」

つまり、これはそういうことなんだろう

一方通行「最愛…好きだ」

そう言って彼は、最愛と口づけを交わす

絹旗「…//」

一方通行「…っ」

絹旗「1回じゃ…嫌です」

一方通行「…そォかよ」

再びキスをする

絹旗「もっと…もっと一方通行とキスしたいです…っ!」

一方通行「…いいのか?俺は止められねェぞ…っ」




475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:52:25.93 ID:VhRyWjoI0
“最愛を自分のものにしたい”という衝動が、もはや一方通行の中で抑えきれなくなっていた

一方通行(最愛…ッ!!)

そして―

絹旗「んンっ!??」

一方通行「っ!!」

絹旗「ん…っ!?ちょ、待っ…!!」

自分の舌を突き出し、最愛のそれと絡め合わせていた

絹旗(ここでディープですか!?)

突然の“性行為”に頭の中が真っ白になる絹旗だったが…受け入れようと思った
だって、相手は自分の好きな一方通行なのだから

一方通行(最愛ッ!!)

絹旗「はぁ…っ!ん…っ、む…う…っ!!」

舌が舌を舐め回す くちゃくちゃといやらしい音が鳴っていた




477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:56:30.17 ID:VhRyWjoI0
何分続いたのだろうか それさえ分からなくなるくらい、二人はその行為に没頭していた

絹旗(苦しい…ですっ…!!)

心拍数がおかしなことになっていた それは一方通行も同様だったが…彼女はもう限界だった
それに気付いた一方通行は… 心残りはあるものの、一旦唇を絹旗のそれから離した

絹旗「はぁ…はぁ…、はぁ…っ!」

唾液の糸が口からひいていた そんな彼女の頬は紅潮しきっており、とろんとた目で彼を見つめている

一方通行(何でコイツ…こんなにエロいンだよ…!?やべェ…抑えられねェ…っ!!)

そして 気付いたときには、再び絹旗は抱きしめられていた それも物凄い力で

絹旗「っ!!?」

一方通行「最愛…もう俺…ッ!!」

絹旗「い、息が…く、苦し…っ!!や、やめて…!あぁ…っ!ぁ…っ!!」

衝撃に耐えられなくなっていたのか 絹旗は泣き出しそうになっていた




480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:59:13.46 ID:VhRyWjoI0
涙声で訴えられ、ようやく我に返る

一方通行「!!す、すまねェ…っ!!」

絹旗「はぁ、はぁ…っ!」

一方通行「最愛…!」

絹旗「ひ、ひどいです…よ!!いきなりこんな…っ!!」

さらに涙声で言われる

一方通行「最愛…俺っ…」

自分のとっさの行動で彼女を怖がらせてしまった… そう思うと、心が痛んだ

絹旗「もうちょっと…!優しく…してください…っ」

一方通行「分かった…ゴメンな」

今度は傷つけないように 彼は精一杯の優しさで、彼女に軽くキスをした




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:04:35.81 ID:VhRyWjoI0
絹旗「…ゴメンなさい」

一方通行「?何で謝ンだよ…?」

絹旗「だって、もっとキスしたいって言ったのは私なのに…!
それなのにやめてとか言ったりして、本当に自分勝手だなと思ったんです…っ」

一方通行「いや。俺がやりすぎたンだ。お前が気にする必要はねェ」

絹旗「……」

一方通行の左手をとる絹旗

一方通行「…?」

そして― それを自分の胸に押し付ける

一方通行「!?お、お前、何を…ッ!!?」

絹旗「…分かりますか一方通行?私、こんなにもドキドキしてたんですよ…?」

ドクッ、ドクッ、ドクッ、と…  確かにその高鳴りは、一方通行の指先へと伝わっていた




488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:10:04.45 ID:VhRyWjoI0
絹旗「でも、この鼓動…。私、嫌いじゃないんです。そりゃきつかったです…!
きつかったですけど、それはまだ…慣れてないからだと思うから。慣れればきっと、
この高鳴りだって心地良いものになるって…私はそう思ってるんです…っ」

一方通行「最愛…」

一方通行(お前の気持ちは分かったよ。少しずつ慣らしていこうな…)

ここにきて、ようやくお互いの意志疎通ができたような気がした 良い雰囲気だった

…はずだった

ムニュッ

絹旗「っ!!?///」

一方通行(ァァァァ!??)

事故だった 彼が胸から手を離そうとしたところ… 予想以上に、絹旗が力を込めて彼の腕をつかんでいた
ということもあって動きがずれ、どういうわけか彼女の胸を揉む形となってしまっていた

絹旗「一方通行って…。硬派ぶってて、実は超スケベなんですね…っ///」

一方通行「」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:15:30.48 ID:VhRyWjoI0
もはや弁明する気も起こらなかった というか、そんなことを考える余裕すらなかった なぜなら―

一方通行(や、柔らけェ…っ)

彼女のこの小さな膨らみに… 一方通行は“快感”ともいえるものを感じていたから

一方通行(!いやいや!これはマズイッ!!)

すぐさま我に返る。こんなワケの分からない感覚に浸食されたままでは…絶対大変なことになると、
直感でそう思った。どう大変になるのかは分からないが…っ。とにかく、このままではマズイと思った。

絹旗「…っ」

一方通行(嗚呼。これはもう、ドン引き間違いなしの展開だなァ…)

一体どんな暴言罵倒を言われるのか。最悪、窒素装甲も喰らうかもしれない…と思った。が―

絹旗「一方通行の…エッチっ!!///」

一方通行「!」

一方通行(可愛すぎンだろうが…ッ!!畜生!!)

彼女から発せられた言葉はひどく甘く、官能的なものだった




502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:20:16.53 ID:VhRyWjoI0
そして、それだけでは終わらなかった

絹旗「ちょ、ちょっとだけなら…」

一方通行「え?」

絹旗「ちょっとだけなら…いいです…っ」

一方通行「……」

今、この娘は何と言った?

一方通行「お前…なンてこと言ってんだ!?恥ずかしくは…ねェのかよ…っ」

絹旗「恥ずかしいですよ…超恥ずかしいに決まってるじゃないですかっ!!
でも、あなたが…その、触りたそうだったから…っ」

一方通行(なン…だと?)

まさか、さっきの『や、柔らけェ…っ』が顔に出てしまっていたのか。死にたくなった一方通行だった。




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:25:57.22 ID:VhRyWjoI0
一方通行(だ、だが…ッ!ここで『ハイそうですか』と言って揉むわけにも…ッ)

絹旗「…もしかして」

一方通行「な、何だ??」

絹旗「もしかして、魅力ないん…ですかね?私の胸…。そ、そうですよね、だって小さいですし―」

一方通行「ンなことはねェ!!」

絹旗「え」

一方通行「あ」

ここでの否定の真意。彼は“魅力がない”という、まさにその言葉を否定したかった。
“小さいほう”がいいとか、決してそんなことを思っていたわけではない。

一方通行「お、俺は大きさとか、そんなのは気にしねェって言ってんだよッ!!」

絹旗「そ、そうなんですか…っ!」




515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:28:20.34 ID:VhRyWjoI0
一方通行「…オイ」

絹旗「は、はいっ」

一方通行「本当に…触ってもいいンだな?」

確認を取る一方通行。万が一聞き間違いだったとかでは、シャレにならない。

絹旗「だから、ちょっとだけならいいって…言ってるじゃないですか…っ」

一方通行「そォか」

短く言葉を切り、彼は“それ”を実行した。

絹旗「ぁ…っ!//」

一方通行「……」

絹旗「一方通行の手…優しいです//」

揉むのではなく。優しくスライドさせる形で、手を胸に添える一方通行。




521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:32:05.11 ID:VhRyWjoI0
一方通行(…さっきは理性を失っちまいやがった。そのせいで、思わず舌を口に入れたり
強く抱きしめたり…散々だった。今度は絶対、そんなミスは犯さねェ)

言ってることはカッコいいが。実態は胸を触るだけなので、やはりカッコよくはなかった。

絹旗「…どうですか一方通行?」

一方通行「凄ェいい」

絹旗「ホントにストレートなんですから…//」

一方通行「……」

呼吸にあわせて胸が上下してるのが分かる。服の上からだったが、体温のようなものも感じられ
妙に生々しかった。いや、実物を触っているのだから当たり前だが。

一方通行「お前は…」

絹旗「何です?」

一方通行「俺みてェな男に触られて、嫌とは思わねェのか?」

絹旗「…呆れました。今更そんなことを言うんですね。好きな人だからこそ、
私も『触っていい』って言ったんじゃないですか…っ。むしろ一方通行じゃないと嫌です…//」

一方通行(嬉しいこと言ってくれるじゃねェか)




525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:35:03.22 ID:VhRyWjoI0
一方通行「“ちょっと”だからな。もうやめるぞ」

絹旗「は、はい…」

一方通行「?なンか残念そうだな」

絹旗「ッ!?そ、そんなことないです…」

一方通行「そっか」

絹旗(…別に感じてたわけじゃないんですから…///)

仮にそうだったとしても、そんなことは一方通行には絶対知られたくない絹旗だった。

一方通行「っつーかマジで暗い。そろそろ帰るぞ」

絹旗「あ、そ、その前に…!」

一方通行「ン?」

絹旗「私と一方通行は…付き合ってるんですよね?恋人同士…なんですよね?」

一方通行「そォだな。ついさっきそうなった」

絹旗「…ですよね。変なこと聞いてすみません」

絹旗(一応、本人に聞いて確かめたかったんです…。帰って“夢”だったとかじゃ、嫌すぎるから)




528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:37:45.39 ID:VhRyWjoI0
絹旗「ぁ…」フラッ

一方通行「!?お、オイ!!」

転びそうになる絹旗を、とっさに支える一方通行。

一方通行「いきなりどうした??具合でも悪くなったか!?」

絹旗「あ、いえ、そうじゃないんですけど…。安心したせいか、急に疲れが押し寄せてきちゃって…っ」

一方通行「…まァ、そうもなるだろうよ。海にダイブとか、あんなにはしゃいでたんじゃァな」

絹旗「ははっ…そうですね。後、今日は“初めて”のことが多くて、精神的に疲れたというのもあります…」

一方通行「そォか。帰ったらゆっくり休めや」

絹旗「そうします…っ」

夢うつつなのか。今にも眠りそうな絹旗だった。

一方通行(そういえば)

こいつは俺のために弁当をつくってきてくれた。自身の二倍以上の量に加え、あの種類。
相当朝早くから起きて頑張ってたンじゃねェかと…そう思う。だとしたら、眠いのも無理ねェ話…だよな。




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:42:45.58 ID:VhRyWjoI0
一方通行「最愛」

絹旗「う…ま、まだ最愛って呼び名は慣れませんね。慣れるよう超頑張りますけど!で、何ですか?」

一方通行「眠いだろ。俺が数分で家まで届けてやろうか?」

彼の場合、これが嘘ではないから困る。能力的な意味で。

絹旗「そ、そうかもしれないですけど!私はまだ…一方通行と一緒にいたいんです…っ」

少しでも長く一緒にいたい。『普通に駅まで歩いて帰りましょう』ということだろう。

一方通行(かといって、こンな疲れきった最愛を歩かせたくもねェんだよな)

だからこう提案した。

一方通行「俺の背中に乗れ。駅まで背負ってってやるから」

絹旗「え…?!で、でも一方通行…」

一方通行「はっ。杖をついてるから背負えねェって思ってンな?安心しろ。能力は使うから」

絹旗「でも、あなたには能力の制限が…っ。ここから駅まで歩いてたら
少なくとも20分はかかりますし、そんなことしたらあなたの電極のバッテリーが―」

一方通行「でもでもうるせェよ。早歩きで行きゃァいい話だろが…。第一最近は電子部品の改良で
電極の延長時間も伸びてンだ。お前が心配するようなことじゃねェんだよ」

絹旗「…じゃあ、甘えますね一方通行。そんな優しいあなたが…私は超好きですっ//」




536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:45:59.04 ID:VhRyWjoI0
背中にオンブの形となる絹旗。

絹旗「…あの、重くないですか?」

一方通行「ァ?ベクトル使用中になに的外れなこと言ってんですかァ?お前はよォ」

そういえばそうだった。彼のベクトル操作に、人間程度の重さなど誤差の範囲だろう。

絹旗「ふふっ、今の一方通行は敵無しですね」

一方通行「口数の減らねェヤツだな。眠いンじゃなかったのか?」

絹旗「そうですね。実は結構やばいです。…あの、ちょっと寝ちゃってもいいですか?」

一方通行「おう、寝ろ寝ろ。駅に着いたら起こしてやっから」

絹旗「ではお言葉に甘えて。…寝てますから、ちょっと変なところ触っても私、気付かないかもしれませんよ?」

一方通行「ガキが意味分かんねぇ挑発してンじゃねェよ」

絹旗「その“ガキ”に、散々誘惑されたのは誰なんですかね。あのときの一方通行、凄い激しかったです///」

一方通行「本当に口数の減らねェヤツだ…」




539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:48:32.82 ID:VhRyWjoI0
しばらくして。絹旗は息を立てて寝てしまった。

絹旗「……」スースー

一方通行「…ようやくご就寝ってとこか」

ちらっと振り向き、恋人の寝顔を確認する。

一方通行「……」

一方通行「あンま見ないようにすっか…」

ただでさえ絹旗は可愛いのだから。純真無垢な性質をまとった、彼女の寝顔の“破壊力”は言うまでもない。
見るたびに意識してしまうんじゃお話にもならない。

一方通行(しっかし…)

絹旗「……」スースー

一方通行(話し相手がいるのといないンじゃ、随分と空気も変わっちまうもんなンだなァ…)

寂しさを感じつつも、気を取り直して歩みを進める一方通行だった。

…その頃、絹旗は―

絹旗『…あれ?』




540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:52:35.54 ID:VhRyWjoI0
絹旗『ここは…どこ?私、一方通行に背負われてたんじゃ…?』

…何やら変な空間にいた。体も宙に浮いてるから、ここは無重力空間なのか。

絹旗『このフワフワとした感じ…もしかしてこれって―』

??『絹旗の想像通り!ここは“夢の中”って訳よ!』

絹旗『そうか夢の中ですか。それなら納得…って、ちょ―!!?』

フレンダ『なに幽霊でも見たような顔してんのよ』

絹旗『いやいやいや!!あなた超幽霊ですからッ!!』

フレンダ『悲しいなーせっかく会えたのに!夢の中くらい大目に見てよね』

絹旗『…あれ?』バシッ

フレンダ『自分の顔をビンタするなんて…あんたって自虐趣味でもあった訳?』

絹旗『夢かどうか超確かめてたんですッ!!』

痛くなかった。ということは、これはつまり夢の中か。




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:54:10.56 ID:lLBrOMwT0
まさかのフレンダ出演




544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:56:01.75 ID:VhRyWjoI0
絹旗『なんというか、本当なら久々に会えての“感動”とかあると思うんですけど、
あまりに非現実的すぎるんで思考停止することにします』

フレンダ『うんうん、深く考えたら負けだよ』

絹旗(あなたがそれを言いますか)

絹旗『で、夢に現れるくらい…私に何か用ですか?』

フレンダ『私が用なんじゃなくて、あんたが私に用があるんでしょって話』

絹旗『え?』

フレンダ『だってさー、よく考えてみてよ。ここって“絹旗最愛”の夢の中なの。
あんたが深層心理?とかいうとこで私を意識したからこそ、こうやって夢に現れたんじゃないのかなー。
私こと、フレンダ=セイヴェルンが!ね』

絹旗『私が…意識してた?』

フレンダ『うんうん。何か私に話したいことがあったんじゃないの?って訳よ!』

絹旗『話したいこと…』

そういえば―

一方通行の背中で眠る前。薄れゆく意識の中で、私はあることを考えていた。




545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:59:11.27 ID:VhRyWjoI0
『帰ったら、みんなにこのことを報告しなくちゃですね!!』

“このこと”とは、私が一方通行と恋人の関係になったということ。正式にお付き合いをし始めたということ。
“みんな”とは…。もちろん、私の周りにいる大切な友人たちのこと。滝壺、麦野、浜面…そして―

フレンダ

……

…そっか。そういうことだったんですね。もうこの世にはいないとはいえ、
私の深層意識ではずっとずっと…。“アイテム”としてのフレンダは生きていたんですね…っ。

絹旗『…実はですね!フレンダに報告したいことがあったんです!』

フレンダ『おっ、何々?聞かせて聞かせて!』




548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:03:40.25 ID:VhRyWjoI0
絹旗「……がと」

一方通行「…ン?」

絹旗「あり…がとう…フレ…ンダ…っ」

一方通行「……」

一方通行(良い夢でも見てンのかなァ)






私、絹旗最愛にとって。私は…この日を一生忘れません。
見たこと、聞いたこと、触れたこと、感じたこと…絶対忘れない。
友人たちに恵まれ、そしてかけがえのない大切な人に出会えた。
私は…幸せ者です。

「最愛。駅、着いたぜェ」

ありゃりゃ、着いちゃったんですか。もうちょっと夢見心地でいたかったんですけど…
仕方ないですね。あ、そうだ。今週の日曜日!予定があるかどうか聞いておかなくては…!
今日だけじゃなくて。まだまだこれからも、私は一方通行と一緒に超超超楽しみたいんですからっ!!

「というわけで一方通行!花火って好きですか?♪」

Fin




549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:04:30.97 ID:DhIQIFYi0
おつ!




550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:05:25.76 ID:Vk0vXPw00
モアイかわいいよモアイ




551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:05:31.43 ID:VhRyWjoI0
フレンダ『絹旗…よかったね』

……

というわけで

フレンダ『結局、後日談に続くって訳よ!』




553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:06:41.45 ID:lLBrOMwT0
結局、窒素通行は最高って訳よ
後日談期待




557 :みなさん、ありがとうございます:2011/09/16(金) 23:11:50.82 ID:VhRyWjoI0
後日談

一方通行「……」

浜面「一方通行!楽しみだなぁ!!」

一方通行「……」

浜面「早く滝壺の浴衣姿が見たいっ!!」

一歩通行「…あの、ちょっと黙ってくンね?」

浜面「俺は思うんだ一方通行。俺は、この日のために生きてきたんじゃないかと」

一方通行(付き合ってらンねェ)

浜面を見るのが嫌になって時計を見る。

一方通行(5時か。5時半の電車には…かつがつ間に合いそうだな)

浜面「思えば!!俺と滝壺が出会った日っていうのは―ッ!!」

一方通行「マジで黙ってくンね?」




558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:15:09.95 ID:VhRyWjoI0
ここは絹旗の家の前。中で彼女たちが着替え終わるのを一方通行たちは待っている。

一方通行(にしても長ェな。まァ、浴衣ってのは着るのに手間取るもんなンだとは思うが…)

麦野「ハァイ!おまたせ♪」

と思っていたら麦野が外に出てきた。

浜面「おお、麦野―」

浜面「!?///」

一方通行「…ほォ」

麦野「あっれー?顔赤くしてどうしたのかにゃ~ん?♪特には・ま・づ・らっ」

浜面「う、うるせえ!赤くなんかしてないやい!!///」

一方通行(…こりゃァ驚いた。第4位も、飾れば様になるじゃねェか)

白・紫の蝶柄が入った黒浴衣を羽織り、それを赤色帯でコーディネートした第4位こと、麦野沈利。
彼女の思惑通り、黒地+赤で可愛さを演出した作戦は…。見事、浜面仕上には効果抜群だった。

麦野「どう?浜面。なんなら、今からでも私に乗り換えてみるー?♪」

滝壺「は、浜面っ!」




559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:20:12.91 ID:VhRyWjoI0
麦野の後ろから飛び出す滝壺。

浜面「ち、違うんだ滝壺ッ!!決して俺は麦野に見とれてなど…って―」

浜面「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!?///」

それはそれは元気な叫び声だった。

一方通行(心の中でならともかく、実際に絶叫するヤツは初めて見た)

浜面「す、凄ぇ良い…ッ!!凄ぇ良いよ滝壺!!めちゃくちゃ可愛いし、その…美人だ///」

赤紫の花柄を添えたピンクの浴衣に、紫色の帯を纏った滝壺。紫を基調とした柄と帯の組み合わせは
ピンクというパステル色特有の可愛さにとどまらず、大人っぽさをも引き出していたと言えた。

一方通行(こいつが“美人”って表現を使ったのも分かるような気がすンな)

滝壺「も、もう!浜面は大げさなんだから…//」

麦野「まぁ分かりきってた結果だけど。いざ目の当たりにすると、結構へこむものね…」ガックシ

滝壺「私は麦野の格好、カッコ可愛くて好きだよ。そういう服が似合うっていうのは…純粋に羨ましいな」ヨシヨシ

麦野「滝壺に頭をなでられたって嬉しくないんだから。グスン」

一方通行(第4位って面白いキャラしてるよなァ)




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:26:07.93 ID:VhRyWjoI0
一方通行「…ところでよォ。肝心の家主さんがまだみてェなんだが」

麦野「んー?“彼女”のことが気になる?」

一方通行「べ、別にそんなンじゃねェよ…」

滝壺「絹旗なら、もうちょっと時間がかかるって言ってた。
あなたに見てほしいと思ってるから…準備に気合いが入ってるんだと思う」

浜面「ってことは!!滝壺も俺のためを思ってその浴衣を―」

滝壺「そうかもね」

浜面「いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうッ!!!!!!」

一方通行「なァ。さっきからこいつうるさくね?」

麦野「あまりの喜びで自己をコントロールできなくなってるのよ。可哀相だから、大目に見てあげましょ」

絹旗「み、みなさん!!お待たせしてすみません…っ!」

最後の一人。家主こと、絹旗最愛がこちらへと走ってくる。

一方通行「おォ。遅かっ―」

一方通行「!?」




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:32:09.29 ID:VhRyWjoI0
浜面「おおお!!?絹旗もこりゃ…すっげぇ可愛いな///」

滝壺「もう。浜面はすぐこれなんだから…。でも、凄く似合ってるよ。絹旗」

赤の金魚柄を乗せた白浴衣に、黄とオレンジが交互に入った横シマ模様の帯。そんな彼女の色彩構成は、
純白・可愛さ・元気といったそれぞれの色がもつ特色を全面に押し出し、見事なまでの調和を描いている。
ただ…“可愛さ”に特化した配色だったのは否めない。そして事件は起こった―

一方通行「……」

彼は頭の中が真っ白になっていた。

絹旗「こ、こんな浴衣ですけど…っ!ど、どうですかね一方通行?///」

一方通行「……」

絹旗「あ、あの…?一方通行?」

一方通行「……」

滝壺「おーい」

一方通行「……」

麦野「第1位?」

一方通行「……」

浜面「ダメだ。目の前で手をふっても気付かねえ」




569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:38:21.96 ID:VhRyWjoI0
一方通行「…っ!」

一方通行(何やってンだ俺は…)

絹旗「一方通行!だ、大丈夫ですか…?!」

一方通行「あ、あァ。ちょっと魔が差しちまってよ」

浜面(魔が差して…気絶…!?)

一方通行「…ンなことよりな、お前のその…そのっ、浴衣が…ッ」

滝壺(頑張れ一方通行!)

麦野(頑張れ第1位!)

一方通行「や、やべェくらいにその…似合ってンだよ…ッ!」

絹旗「ほ…本当ですか!?そう言ってくれて、私超嬉しいです!!///」

ただでさえ可愛い絹旗が…白浴衣効果でますます可愛くなってる。動揺するには十分すぎる理由だった。

絹旗「あ…。もしかして、一方通行の顔が赤いのって私のことを意識してくれてるからですか?///」

一方通行(そして上目づかい!!?うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!?!?)

滝壺「やめてあげてよう絹旗。これ以上の刺激は本当にヤバイかも」




570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:39:45.14 ID:JoeT1kwT0
俺もヤバイかも




571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:39:45.27 ID:94yf74hG0
俺もヤバイかも




575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:43:02.37 ID:VhRyWjoI0
浜面「よし!じゃあみんなも揃ったということで、駅まで行くとしようぜ」

こうして、『アイテム』+一方通行のメンバーは駅へと向かい始めた。

絹旗「一方通行!お祭り楽しみですね♪」

一方通行「あ…あァ」

一方通行(やべェ…まともに顔も見れねェぞ)

滝壺「なんか、さっきからずっと浜面の視線を感じるのは気のせいかなぁ」

浜面「へへへ…むしろずっと見ていたいくらいだぜ!!」

麦野「浜面あんた正直すぎ」

一方通行「……」

一方通行(ヤツの性格が羨ましくなってきた)

浜面「へっへっへ!//」

一方通行(いや、やっぱ羨ましくねェ)




578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:45:15.37 ID:VhRyWjoI0
一方通行(まァ、いつまでも意識しちゃいられねェからな。徐々に慣らしていくとすっか)

しかし…。本当に可愛いなと、絹旗を見るたびに思う一方通行だった。

一方通行(それにしても…人多いな)

駅に近づくたび、歩く通行人の数はどんどん増えていってる気がする。

浜面「こんだけ人が多いと、さすが祭りって感じがするよなぁ!」

滝壺「浴衣の人もあちこちに見かけるね」

一方通行「……」

今まで“日常”というものに対し、ほとんど触れることがなかった一方通行だが…
なるほど。これが黄泉川の言っていた“日常”か。もっとも、年に1、2回あるかどうかの祭りを
それに当てはめるのもどうかと思ったが…。自分にとって馴染みのない世界であることは間違いない。

絹旗「電車も凄い混みそうですね…はぐれないようにしましょう!」

そんな彼女を横目で見ながら、これからの“日常”に思いを張り巡らす一方通行だった。




579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:49:43.53 ID:VhRyWjoI0
麦野「着いたわね」

電車で駅をまたぐこと数十分。ついに一方通行たちは祭り会場へと着いた。

一方通行(すげェ屋台の数だなァ…)

滝壺「花火が上がるのって、確か8時だよね?」

浜面「あぁ。今は6時だから…それまでの2時間屋台でも回ろうぜ」

絹旗「待ってましたー!」

麦野「そうと決まれば早速行きましょ!」

みんなノリノリだった。

一方通行「……」

絹旗「何ボーッとしてんですか一方通行!行きますよっ!♪」ガシッ

一方通行「お、おう」

彼女に左手をつかまれる一方通行。

一方通行(…そうだな。俺も早くこういう空気に慣れて、こいつと楽しまねェとな)




580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:53:25.39 ID:VhRyWjoI0
浜面「じゃあまず最初は―」

麦野「かき氷!」

浜面「えぇ!?いきなり飲み物から入るのか??」

麦野「だって喉渇いたでしょー?家からここまで来るのに、結構私ら歩いたし」

滝壺「確かにそうかも」

絹旗「どうします一方通行?」

一方通行「まぁ、いいンじゃね」

浜面「よし!じゃあ俺がみんなの分買ってきてやるから、ほしい種類言ってくれ!」

浜面(優しい気配りができる俺!ってことで滝壺に高感度アップ大作戦だZE)

絹旗「マジですか?私たちの分まで全部お金支払ってくれるんですか!?浜面って…良い人だったんですねっ」

浜面「いや、持ってくるだけだからッ!!金は自分で払えよッ!!?」(ただし滝壺は除く)




581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:54:57.19 ID:vvfzNbWH0
浜面爆発しろ




582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:56:59.38 ID:VhRyWjoI0
みんなはかき氷屋さんの前に行く。

麦野「へー。やっぱ祭りってこともあって種類は豊富にあるのね~」

滝壺「じゃぁ…私はこれにしようかな。絹旗は決めた?」

絹旗「はい!」

一方通行「俺も大体は決めたぜ」

麦野「同じく♪」

浜面「みんなOKだな?じゃあ言ってくれ!!」

滝壺「イチゴ」

麦野「マンゴー」

絹旗「ブルーハワイ!」

一方通行「メロンー」

浜面「よりにもよって全員違うのかよ…覚えにくいだろうが…っ!」(ただし滝壺のイチゴは覚えた)




584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:58:30.84 ID:VhRyWjoI0
なんだかんだでかき氷を買ってくる浜面。

麦野「サンキュー浜面。はい、お金」

一方通行「俺も払っとくぜ」

絹旗「200円、200円と…」

滝壺「ええっと、私も―」

浜面「滝壺は支払わなくていいから!!」

麦野「え~何よそれー。恋人特権ってやつぅ?ブーブー!」

浜面「ブーブー言ってもダメだ!」

絹旗「ガーガー!」

浜面「いや、意味分かんねえから」

滝壺「ベーベー!」

浜面「滝壺なら許す//」

麦野&絹旗「えー」

一方通行(なァにこれ)




587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:03:37.45 ID:MQk6mSLi0
麦野「うっめー!喉渇いてたから尚更。祭り効果ってのもあるかも♪」シャリシャリ

浜面「だな。こういうときの飲食ってのは大体そうだ」

一方通行「……」シャリシャリ

表立って顔には出さなかったものの…。一方通行も同様には感じていた。
ただ、それはお祭り特有のにぎやかさっていうよりは―

絹旗「やっぱ祭りといえばかき氷ですよねっ!」

“彼女”の存在が大きかったのかもしれない。

絹旗「あ、そうだ。超いいこと思いついちゃいました~!」

一方通行「?」

絹旗「一方通行!問題です。ブルーハワイとはズバリ、何味でしょうか?♪」

一方通行「あの、何でいきなりクイズが始まってンだ?」

絹旗「いいからいいから!で、分かりますか?」

一方通行「……」

一方通行(分かんねェ…っ)涙目




588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:07:44.73 ID:MQk6mSLi0
絹旗「正解は“ソーダに近い味”ですっ!」

一方通行「近い…?」

絹旗「厳密に言えば、“ソーダ味”ではないということですよ。
香料はレモンやオレンジが使われてたりするみたいですしね」

一方通行「そうだったのか。ブルーハワイについて勉強になったぜ」

絹旗「ハワイアンブルーとも言うらしいですよ」

一方通行「また一つ勉強になったぜェ…」

絹旗「意外とこれ、知らない人多いんですよ?『分かんない』って顔してた一方通行は超可愛かったですっ♪」

一方通行「なるほどォ。つまり俺はからかわれたってワケか」ガックシ

絹旗「がっかりしてる一方通行も面白いです♪」

一方通行(…俺はどう反応すりゃいいんだァ?)

困惑する一方通行だったが、こういう絹旗との会話を『嫌』とは思わなかった。
楽しそうにはしゃいでる彼女を見るだけで、そんな感情は吹き飛んでいた。




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:12:40.59 ID:MQk6mSLi0
麦野「さぁて!かき氷の次といえばー?」

滝壺「そろそろ食べ物も欲しくなってきたよね」

絹旗「どれにしましょうか?」

浜面「屋台なんて腐るほどあるからなぁ…。悩んでたら、それだけで日が暮れちまいそうだ」

滝壺「もう日は暮れてるよ?浜面」

浜面「しまった!」

麦野「バカね」

絹旗「バカ面ですね」

一方通行「…はァ」

とりあえず、このままコントをしてても埒が明かない。

一方通行「あのよォ。こういう祭りに定番っていうか、オーソドックスなヤツ頼めばいいンじゃね」

麦野「定番?定番といえば…たこ焼きねッ!!」

浜面「えっ、定番といえば焼きそ―」

絹旗「ですよねー!あっ、たこ焼き屋ならあっちにありますよ!」

滝壺「私もお腹すいてきちゃった。久しぶりのたこ焼き…楽しみだなっ」




593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:17:49.36 ID:MQk6mSLi0
浜面「……」

一方通行「その、何だ。元気出せや」

浜面「いいさ。滝壺も欲しいって言ってんだ。俺が反対する理由なんか…どこにもねえよ。ふっ」

そう言って、麦野たちの後を追いかける浜面。その背中は…ひどく寂しく見えた。

……

たこ焼きを買い終えた一行。

絹旗「…ぁ」

一方通行「?どうした?」

絹旗「なんたる失態…っ!」

一方通行「??」

絹旗「先ほどのかき氷、すっかり一方通行に『あ~ん♪』するの忘れてました…」

一方通行「ま、まさか―」(いや、さすがに衆人環視の中それはねェだろう)

絹旗「はい一方通行!アツアツのたこ焼きですよっ!あ~ん♪//」

一方通行「」

麦野「あちゃー。仲までアツアツときちゃったか~」




596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:23:05.94 ID:MQk6mSLi0
浜面「くぅ~!俺も滝壺に『あ~ん♪』されたい!ってことで滝壺!ここは一つよろしく頼―」

麦野「滝壺ならいないわよ」

浜面「え?何で?どこ行ったの??」

麦野「慌てなさんなー。すぐ戻ってくるから」

滝壺「浜面っ!」

麦野「ね?」

浜面「ホントだ!?滝壺、お前どこ行って―」

滝壺「…これ。焼きそば」

浜面「え…?ど、どうして??」

滝壺「さっき浜面、定番は焼きそばだー!って言いたかったんでしょ?だから…買ってきたの」

浜面「た、滝壺…お前…っ」

滝壺「浜面にも。好きなもの食べてほしいから///」

浜面「やべ、今までが結構ひどい展開だっただけに涙でそう」




601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:29:05.04 ID:MQk6mSLi0
絹旗(滝壺…凄まじいほどの超“気配り上手”ですね。私も見習いたいもんです)

絹旗「というわけで一方通行!あ~ん♪///」

一方通行(こ…これで4個目か…ッ)

うろたえながらも、恋人のそんな愛情表現に…内心は嬉しい一方通行なのであった。

……

一通り食べ終えた後、麦野・絹旗・滝壺の3人はくじ引き屋へと足を運んでいた。
何やら女性陣だけで運試しをしたいらしい。

一方通行(なンというか、解放された感じだな…)

もちろん絹旗と一緒にいることは楽しいし、かけがえのない大切な時間だと思ってる。
ただ、たまには別の空気を入れるのも悪くはないだろう。

浜面「一方通行ー!」

同じく残された悪友、浜面が一方通行へと呼びかける。

浜面「焼きトウモロコシとフランクフルト、どっちがいい?」

一方通行「は?」




606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:35:01.84 ID:MQk6mSLi0
浜面「いや、腹が減ってんじゃねえかと思ってさ」

一方通行「……」

一方通行「何で分かった?」

浜面「そりゃお前、男と女じゃ食べる量が違うからなぁ」

一方通行「…まァ、そうだな」

浜面「女の子の食事ペースだと腹は膨れん。かといって、俺らだけ目の前で追加して食うってのも
なんか感じ悪いしな。だから…こういう合間を縫って食べとくって話さ!で、どっちがいい?」

一方通行「焼き鳥で」

浜面「焼き鳥屋はこの辺ねえから!!っつうか、さっきの二択から選べよッ!!?」

一方通行「冗談だバカタレ」

浜面「俺さ、今日バカバカ言われまくってる気がする」

一方通行「フランクフルトで」

浜面「スルーかよ!!」




609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:40:34.35 ID:MQk6mSLi0
浜面「っつーわけで、買ってきたぜッ」

一方通行「おォ、サンキューな。500円も渡しとく」

浜面「……」

一方通行「ン?どうした。食べねェのか?」

浜面「いや…お前がまさか“礼”を言えるなんて、いつそんな人徳が具わったんだと」

一方通行「ガキですかァ?俺は?」

一方通行(これ、以前も誰かに言われた気がすンぞ…)

浜面「しかも、さっきは俺に“冗談”も言いやがったし。お前…なんか変わったなっ!」

一方通行「それは褒めてンのか?バカにしてンのか?」

浜面「もちろん良い意味に決まってんだろーがよ!アレか?絹旗の影響か?」

一方通行「それに関しちゃ打ち止めの影響のがでけェよ。ただ…」

浜面「…ただ?」

一方通行「俺が“冗談”なんつうもンを言い出したのは、間違いなくテメェら『アイテム』のせいだ」

浜面「?冗談やボケ、ツッコミが飛び交う愉快なアイテム…?」

一方通行「そうだよこの常時ボケ野郎」




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:45:50.60 ID:MQk6mSLi0
浜面「ま、待ってくれ!別に俺一人がボケってわけじゃない!!麦野だってたまにボケ側にくるッ!!」

一方通行「ンな裏事情どうでもいいわ」モグモグ

浜面「畜生…!お前がそんな態度なら、こっちだってトウモロコシがつがつ食ってやる!!」ガッガッ

そういうわけで、おいしく平らげることができた。

……

そして待つこと数分。

一方通行「…お」

絹旗「一方通行!お待たせしましたーっ!」

麦野「あああぁー!!もうやってらんねぇッ!!」

くじ引きを終えた麦野たちが戻ってくる。

浜面「…?何で麦野は機嫌悪いんだ?」

滝壺「5回やって全部はずれだったから」

浜面「そりゃまた…」

麦野「しかもはずれ賞はポケットティッシュって、なめてんのか?ここはデパートかっつうのッ!!!?」




615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:48:17.36 ID:MQk6mSLi0
浜面「本当にお疲れだったな麦野…。滝壺はどうだったんだ?」

滝壺「2等当たっちゃった」

浜面「え、マジで!?」

滝壺「でも側にいた子供にあげちゃった」

浜面「何で!?」

絹旗「なんか子供たちの間で流行ってるカードゲームだったみたいで。
しかも、超レアなカードが入ってたとか入ってないとか!」

滝壺「私はカードゲームしないから…。子供たちに使われた方が、そのカードだって幸せだもんね」

浜面「滝壺さん天使すぎや」

絹旗「私は3等だったんですけど…の割には、ただのこんなお菓子袋です。というわけで一方通行!」

彼にそのお菓子袋を手渡す絹旗。

一方通行「え…?」

絹旗「打ち止めちゃん…お菓子大好きでしたよね?今日のお土産だと思って、超持って帰っちゃってください!」

一方通行「最愛…。分かった。ありがとな」

確かに打ち止めは喜ぶだろう。番外個体とオヤツを賭け、真剣勝負をしてたくらいだ。

一方通行(…ン?ということは、番外個体もお菓子が好き…てことだよな?ヤツにも分けてやるとすっか)




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:50:10.70 ID:MQk6mSLi0
せっかくの祭りだ。他にも打ち止めに買って帰れるものはないか…と辺りを見渡していたところ―

一方通行(おォ、あのお面とかいいかもしれねェ)

売り場に近づき、電気ネズミのお面を手に取る一方通行。

一方通行(別にあいつが電気を発するから、これを買う…ってワケではねェが。
子供たちに人気のキャラクターみてェだし、たぶん気に入るンじゃねェかな)

一方通行「これ、何円だァ?」

店主「1000円だよ」

一方通行(え?高くね??)

だが…打ち止めのためにも背に腹はかえられない。これも祭り価格だと思ってあきらめることにした。

一方通行(さァて、みんなは…ぁン?)

先ほどのお菓子袋にお面を入れ、店を出た一方通行だが…4人の姿がない。いや、“彼女”はすぐ見つかった。

絹旗「あ、一方通行!もう…どこ行ってたんですか?みんなあっちに行っちゃってますよ?」

一方通行(しまった。そういやお面を買いに行くって告げてなかったンだっけか…)

己のミスを反省し。絹旗と一緒に、浜面たちが向かった方へと歩き出そうとした―その瞬間―

絹旗「!一方通行ッ!!」




620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:52:43.63 ID:MQk6mSLi0
一方通行「!」

とっさに絹旗の手をつかむ一方通行。

絹旗「あ、危なかったです…っ!思わずはぐれるところでしたっ」

一方通行「何だァ…?この人の多さはよォ??」

人波が凄いことになっていた。祭りだということもあって、元々人が多かったのには違いないが…
一方通行たちが会場に着いた6時代と比較し、人の数はさらにその倍になってるように感じられた。

絹旗「気付かないうちにこんなに人が増えてたんですね…。見てください一方通行」

携帯を突き出す絹旗。その待ち受けには『19:14』と書いてある。

絹旗「花火が上がるのが8時ですから、そう考えたらこの状況も不思議ではないですね」

一方通行「あァ…なるほどな」

祭り最大のイベントとも言える花火を、みんな見に集まってるということだろう。

絹旗「しかし…どうしましょう。麦野たちとはぐれちゃいました」

一方通行「そうだな…」




621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:55:09.31 ID:MQk6mSLi0
この人波だ。見つけ出そうと思って見つけ出せるものではない。ましてや、偶然出会う可能性など
ゼロに等しいだろう。では、メールで何か目印となるような場所に集合するよう促すのはどうか?
しかし…それでもどうしてもこの“人波”がネックとなってくる。もうすぐ花火が上がる時間ということも
あって人は増えていく一方。そんな状況で、“その場所”に到達するまで果たして何分かかるのか。
到達したとしても、その人混みで彼女らを見つけ出せるという保障もあるのか。

一方通行(一番手っ取り早ェのは…)

そもそも目印となるような場所といっても、一方通行も浜面もみんなここの周辺地理に詳しいわけではない。
携帯で周辺情報を探って目星をつける方法もあるが、何より花火が上がるまでに時間がない。メールで
やり取りをしてる間に、あるいは探してる最中に『花火が上がってました』という事態だけは避けたい。
となると―

一方通行(電極のスイッチをONにするしかねェ…よな?)

もちろん、ベクトル操作でもって人波を操作するのはご法度だ。以前、第2位の垣根帝督と戦った際、
同じくこのような街中心部で…誰一人としてケガ人が出ないよう、事態を誘導したという前例はある。
これだけの人数でも、一方通行のそんな高等技術をもってすればできないことはない。ただ…個人的に、
“友人と会うため”という、そんなプライベートな理由で大衆を巻き込みたくはなかった一方通行だった。

一方通行(空中移動でもすっか…)

となれば、もはやこれしかない。高速で宙を移動し、上空から連中を見つけるという…
まさに二重の意味で“ぶっとんでる”としか言いようのない、そんなやり方で。ただ、これにも問題はある。
衆人環視の中、空を飛び回るというのは人としてどうなのだろうか。見てる彼らからすれば、せっかくの
お祭り気分が台無しだろう。ある意味物珍しいかもしれないが…。というか、単純に恥ずかしくてできない。

一方通行(いや、ここは恥を捨ててでもやるしかねェのか…?!)




622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:57:10.59 ID:MQk6mSLi0
そんな葛藤をしている彼に、絹旗がささやいた。

絹旗「…いいですよ一方通行」

一方通行「ァ…?」

“いい”って何がいいのだろうか。そもそも、その“いい”は肯定の意味なのか否定の意味なのか。

絹旗「今、能力を使ってでも麦野たちと会おうって…そう考えてくれてたんですよね?でも、それはダメです」

一方通行「…??」

言ってることがよく分からない。

絹旗「この花火大会って、毎年数十万規模の人が集まるんです。学園都市の総人口的に考えれば…
その凄さが分かりますよね?となれば、当然悪い奴やら暗部の人間もウヨウヨその中に混ざってるわけです。
ある意味で厳戒態勢とも言える状況なんですよ。その証拠に、あちこちに防護服の人が出張ってると
思いません?何か騒ぎが起こったとき、いつでもそれを迅速に解決できるような態勢になってんです」

一方通行(そういや…所々にアンチスキルがいるのな)

絹旗「つまり何が起こるか分からない。そんな状況で、私はあなたに電極のバッテリーを
消耗してほしくはないんです。もちろん…あなたは超強いし大丈夫だとは思ってます。
それでも…っ!私は、あなたの“彼女”として心配なんです!そこは分かってください…っ」

一方通行「最愛…お前…」




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:59:12.62 ID:MQk6mSLi0
絹旗「だから、麦野たちとは花火が終わった後にでもゆっくり合流するとしましょう!
それまでは…二人でお祭りを楽しみませんか?//」

一方通行「…そこまで心配されちゃ何も言えねェだろが。分かった。しばらくは…二人でいような」

絹旗「はいっ!//」

……

絹旗「あ、向こうにイカ焼き屋があります」

一方通行「イカ焼き好きなのか?」

絹旗「好きではあるんですけど…。さっきたこ焼きを食べたせいですかね?なんか反応しちゃいました」

一方通行「たこ焼きからイカ焼き…?」

絹旗「だって、イカもタコも超似てるじゃないですかっ」

一方通行「確かにそうだな」

絹旗「…!」

一方通行「ン?どォした?」

絹旗「イカとタコって似てるのに、どうしてイカ焼きはたこ焼きほどメジャーになれなかったのかなと…」

一方通行「…そういや何でだァ?」




624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:01:10.47 ID:MQk6mSLi0
絹旗「うーん…」

一方通行「うーむ…」

結局、いくら考えても答えは出なかった。

絹旗「…やめましょう。時間の無駄です」

一方通行「だな」

絹旗「他の店も見てみましょうか!」

一方通行「あれ?イカ焼きは買わねェの?」

絹旗「あ、いえ。話題に出しただけで最初から食べようとは思ってませんでしたから」

一方通行「イカ涙目じゃねェか」

絹旗「私…今は甘いものを食べたい気分なんです」

一方通行「屋台で甘いもンって何があったっけか」

絹旗「っと、ちょうどいいところに!リンゴ飴がありました!!」

一方通行「リンゴ飴…?」

絹旗「あ、あの…?まさかリンゴ飴を知らないんですか?」




628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:07:10.69 ID:MQk6mSLi0
一方通行「知ってる。リンゴ味の飴なンだろ」

絹旗「いや、それは確かにそうなんですが…。じゃあリンゴ味のペロペロキャンディーもリンゴ飴ですか?」

一方通行「そうなンじゃねェのか」

絹旗「全然違いますよ一方通行…。ほら、ちゃんと実物を見てください!」

そう言って店へと近づく二人。

絹旗「生のリンゴに箸が刺してあって、その周りを飴でコーティングしてあるんです」

一方通行「そうだったのか…」

絹旗「本当に知らなかったんですか!?」

一方通行「どうも、俺はこういう“常識”には弱くてよォ。良い社会見学になッたぜ」

絹旗「もう。しっかりしてくださいね!」

一方通行「おう!」

店員「あの…後ろの人が混んでるんで、早くお金のほうをお願いしたいんですが…」

絹旗「すみません」一方通行「すンません」




629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:12:40.75 ID:MQk6mSLi0
そういうわけで、リンゴ飴を買った絹旗。

絹旗「あっまーい♪やっぱお祭りのリンゴ飴は最高ですっ!」ペロペロ

一方通行「良かったなァ」

絹旗「一方通行も買えばよかったのに」

一方通行「あんま、甘いもンは好きじゃなくてな」

絹旗「好き嫌いは超ダメですよ。一方通行も、ほらっ!」

一方通行「お、オイ!?」

口にリンゴ飴を突っ込まれる。

絹旗「どうですか?///」

一方通行「…甘かった。っつうか、これ…っ!」

絹旗「間接キス…ですね//」

一方通行「確信犯かァ!!?」




633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:17:15.01 ID:MQk6mSLi0
絹旗「あらあら、一方通行」

一方通行「何いきなり口調変えてンだテメェは」

絹旗「お口の周りが真っ赤♪」

一方通行「え…?」

絹旗「手鏡もってるんで、これで見てみてください!」

言われた通り見てみる。

一方通行「なンじゃこりゃァ!!?」

お口の周りが真っ赤だった。

一方通行「どういうことなンだこれはよ…」

なんだこの鏡に映ってる自分は。ピエロか?

絹旗「リンゴ飴って色付けのために食紅が混ぜてあるんで…。
むしゃぶりついたりすると、こんな感じに超赤くなっちゃうんです」

一方通行「マジか…。今度から注意するぜ―とでも言うと思ったか?突っ込ませたのはお前だよな?」

絹旗「だから、責任もってハンカチでふいてあげますっ!顔をこっちに向けてください///」

一方通行(何このプレイ)




636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:20:15.60 ID:MQk6mSLi0
一方通行(でも…悪くなかった)

正直な感想だった。実際、優しく丁寧にふいてくれる絹旗のその仕草は…とても愛くるしいものだった。
彼女にリードを取られてばかりの一方通行だが…。そんな彼女も、同時に魅力的だと感じている自分に気付く。

一方通行(まったく、懐柔されてやがンな俺…)

これからも、このおてんばなお姫様に振り回されンだろうな。つくづくそう思う一方通行だった。

??「なぁ御坂!行きたいところとかあるか?」

??「と…特にない」

??「どこにも行きたくないのか??」

??「そ、そうじゃない…けど!ってか、あああああー!!ちょっと落ち着いて考えさせて!!//」

一方通行(こ、こいつらは…)

どうやらそんな感慨深い時間も終わりそうだった。
目の前にどこぞやで見たツンツン頭と、同じくどこぞやで見た茶髪の少女がいたから。

上条「お!一方通行と絹旗じゃねえか!お前らも祭りに来てたんだなっ!」

そして気付かれた。

絹旗「あっ!御坂さんに上条さんじゃないですか!!」

美琴「き、絹旗さん…!?それと、一方通行!!?」




640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:24:27.51 ID:MQk6mSLi0
上条「一方通行は…その様子だとデートみたいだな。絹旗とは上手くやってるか?」

一方通行「テメェに心配される言われはねェ」

上条「相変わらずの一方通行さんですね…」

一方通行「そういうそっちこそ、デートの最中だったンだろうがよ」

絹旗「ですよねー。御坂さん、結局上条さんをデートに誘うの…成功してんじゃないですかっ♪」

美琴「ちょ、今ここでそれは―!?」

上条「え…!?御坂、お前…俺をデートに誘うつもりだったのか…?」

美琴「そ、それは、だ、だからその…っ!!?//」

一方通行「…超電磁砲がテンパってやがンぞ」

絹旗「?どういうことです?デートじゃないんですか?」

美琴「こ、こいつとは!!本当に偶然!偶然出会ったのよッ!!始めは初春さんたちと来てたの!!」

絹旗「でも、現に今は二人っきりじゃないですか」

上条「そ、それはだな、いろいろ複雑な理由があって…っ!」

時間は今から30分前に遡る。




641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:28:41.90 ID:MQk6mSLi0

……

7時。とある集団が会場へと着いていた。

青ピ「いや~!やっぱ女の子の浴衣姿ってのは最高やな!!//」

土御門「それだけでも来る価値があるってもんだにゃ~!//」

上条「……」

青ピ「どうしたんカミやん?そんな沈んだ顔して」

土御門「この光景を前に何もリアクション無しとは、ちょっと男としてやばいと思うぜい」

上条「…いや、何で上条さんはこんなところにいるんだろうと自問自答してたところなのですよ…」

土御門「オイオイ、カミやんは何にでも理由を求めるタイプかぁ?それは、祭 り だ か ら だッ!」

青ピ「そうそう!理由なんかそれで十分やでー」

上条「いやいやいやいやッ!!お前らが俺連れてきたのは、どう考えても理不尽な理由だろ!??」

青ピ「カミやんがいたら ナ ン パ の成功率が上がる。これがどないしたん?」

上条「だから…その詐欺まがいなキャッチッフレーズは一体どっからやってきたのかと上条さんはですね…」

土御門「上条建設の誇る名声は、今や天界にまで届いてるんだぜい?自信を持てよ!一級フラグ建築士っ!」

上条「それが意味分かんねえって、もうさっきから何回言ったんだろう…」(というか、上条建設って何…?)




642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:33:21.66 ID:hlJ+Ea9p0
やっぱkjの最大の不幸はモテてることに気づかないこと




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:33:21.96 ID:MQk6mSLi0
青ピ「というわけでー、おおっ!!早速いい女の子発見したで!!」

土御門「でかした!カミやん、臨戦準備は整ったか?」

上条「って、おい!?もうナンパ始めんのかよ!?目が血走りすぎってレベルじゃねえぞッ!??」

土御門「あのなぁカミやん…。俺は昨日、妹に一緒に祭りに行こうと誘い、そして断られた」

上条「…え?いきなり何を語り出して―」

土御門「舞夏はな、言ったんだ。『友達と行くから』って。この…兄の気持ちが分かるかカミやんッ!!?」

上条「いや、分からねえし!!分かろうとも思わねえからっ!!」

土御門「だから…俺は決めた。この持て余したリビドーをッ!今日のナンパで放出してやろう!ってな!!」

上条「なんかそれ、理由としては最低な気がするのは気のせいでせうか?」

青ピ「カミやん」

上条「な、何だ改まって?」

青ピ「ナンパにな、合理性ってもんを求め出したらオシマイやで?」キリッ

上条「犯罪にだけには走らないようにな…」




644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:34:02.75 ID:vyncD0J/0
爆発しろとまでは言わないから上条死んでくれ




646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:36:45.11 ID:MQk6mSLi0
青ピ「あぁ!!気付けばさっきの女の子たちが…もうあんな遠くに!!」

土御門「残念だが、これ以上カミやんを説得してられる時間はないぜよ!!」

青ピ「どうやらこれは…ワイが切り込み隊長で行くしかないって流れやな…?」

土御門「あ、青髪ピアス…お前…っ!」

青ピ「なぁに、安心し。死にはせんよ。ただ、己の全てをぶつけるだけ…ただそれだけの話や」

土御門「…ふっ」

青ピ「土御門…?」

土御門「お前にだけ良い格好させると思ったか?俺も助太刀するぜ」

青ピ「…いいんか?タダでは戻ってこれんかもしれんのやで?」

土御門「そんなこと、百も承知…っ」

青ピ「!ワイは…良い戦友をもったんかもしれんな…っ」

土御門「さぁ行こうぜ青髪!チャンスの女神は、いつまでも俺たちを待ってはくれないぜい!!」

青ピ「せやな!!ワイらはその瞬間を…ただ光のように全力で生きればいいんや!!」

上条(よくここまで熱くなれるなこの人たち…)




648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:39:53.00 ID:MQk6mSLi0
土御門「ところで、青髪はあの4人の中で誰狙いなんだ?」

青ピ「ワイはあの水色浴衣着てる…黒髪ロングのコやな!」

土御門「俺は…頭に花がついてる女の子かにゃー♪」

青ピ「え?花ってお前何言うて…ってホントについとるし!?何やアレ…?」

土御門「青髪。今は“花”なんてどうでもいいんだ。まぁ、興味がないと言えばウソになるがな…。
今俺たちが知らなきゃいけないのは“花”じゃなく、女の子たちのほうだッ!!違うか!!?」

青ピ「…あぁ。まったくもって正論やな土御門!!」

土御門「じゃあ目標が定まったところで…。準備はいいか青髪…?」

青ピ「ワイなら…いつでもOKやで」

土御門「行くか!!」

青ピ「行きましょか!!」

上条(あれ?あそこにいる4人って…)

もはや嫌な予感しかしなかった。




652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:44:58.13 ID:MQk6mSLi0
土御門「ちょっと、そこの可愛いお嬢さん方!」

美琴「…え?私たちのこと??」

土御門「こんな祭りだ!もしよければ…俺たちに何かおごらせてくれないか?特に、そこの花の女の子!!」

初春「は、花って私のことですかぁ??」

佐天「こ、これは―!!初春、これはナンパだよ!私たち、ナンパされてんだよ!!//」

青ピ「そうやで!黒髪ロングの美人で可愛いお姉さん!!」

佐天「わっ//美人で可愛いだなんて…//」

黒子「佐天さん!おだてに乗せられてはなりませんわよっ!」

青ピ「何でも俺らに頼んでもらってええんやでぇ!例えば向こうにあるチョコバナナとかどうやろ?」

佐天「ちょ、チョコバナナ…」ゴクッ

黒子「佐天さんッ!」

美琴(…なんかこの二人、どっかで見たことあるんだけど…)




655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:46:51.24 ID:MQk6mSLi0
美琴(あ―)

思い出した

美琴(こいつら…!私が海原に絡まれてたとき、上条当麻と一緒に歩いてた…っ!!)

青ピ「チョコバナナがダメなら、あっちのフランクフルトでも―」

美琴「あんたたち…上条当麻の知り合いね?」

土御門「?そうだが、それがどうかしたかにゃぁ?」

青ピ「!もしかしてカミやんのこと知ってんの!?それは話が早い!!カミや~ん!出てくるんや!!」

上条(ば、バカ!!こっちを向くなっ―、って、気付かれたー!!?)

土御門はいざ知らず。青ピは美琴が浴衣姿のため、あのときの常盤台のお嬢様だということに気付いていない。

美琴「やっぱりあんたもいたのね…ッ!」ビリビリビリ

上条「ま、待て!これは誤解だ!俺はこのナンパ劇とは無関係なんだッ!!」

美琴「へー。友達と一緒に祭りにきてて、そのお友達がナンパしてるのに
自分は無関係??随分とまぁ、都合のいいこと言うのね?」ビリリリリリリ

上条「話せばわかるっ!!というわけで土御門に青髪!!こいつらにちゃんと説明を…って、いない…だと?」

蒸発した土御門&青髪ピアス。脈ナシと判断した彼らは、再び新たな出会いに向け旅立っていたのだった。




658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:49:23.75 ID:MQk6mSLi0
上条(結局、いつも不幸なのは上条さんってオチなんですね…)

美琴「さぁ!!話してもらうわよっ!!」

……

上条「―ということです。信じてもらえたでせうか?」

美琴「上条建設とか言われても…あんた会社でも経営してたわけ?」

上条(う…話す箇所を間違えたのかもしれない)

佐天「それにしても御坂さん!この人と仲良いんですねっ!」

御坂「は、はぁ!?別に仲良くなんか…ないわよ!」

初春「でも、御坂さんがこんなに男の人と話してるの、私初めて見ましたよ?」

美琴「そ、そんなんじゃ…ない…んだからっ//」

黒子(これしきのことで赤面とは。お姉さまも、かなりこの殿方に入り浸ってるんですわね…はぁ…)

子供「お母さーん!あの緑のお面買ってー!」

母「もう…しょうがないわね」

美琴(えっ…?!緑のお面ってまさか―)




659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:52:34.18 ID:MQk6mSLi0
美琴(や、やっぱりそうだ!あのお面はまぎれもなくGE☆KO☆TAだわっ!!)

初春「?どうしたんですか御坂さん?」

美琴「うっ…な、何でもないのよ初春さん」

美琴(まずい…このメンツじゃゲコ太のお面なんて買えないわ!?でも買いたい…一体どうすれば―)

上条「ええっと…。俺はもう帰ってもよろしいでせうか?」

美琴(そうだ!こいつをダシにすれば…っ!!)

美琴「さ、佐天さん。ちょっといいかしら…?」小声で

佐天「?」

美琴「ちょっと私、あいつといろいろとトラブっててね…その辺の話をいい加減キッチリしときたいの。
だから佐天さんたちは向こうのほうへ行って…先に遊んでてくれないかな?私は、後で追い付くからさ!」

佐天「っ!了解です!」

佐天(そっかー!やっぱり御坂さんって上条さんって人のことが好きなんだなぁ。二人っきりになりたいなら、
最初からそう言えばいいのにね。じゃあ…邪魔者は退散するとしますか!ファイトですよ御坂さん!)

“結果的に”空気を読んだ佐天さんであった。




661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:55:50.95 ID:MQk6mSLi0
佐天「初春!白井さん!あっちに面白いものがありますよ!行きまshow!!」

ガッ

二人の手を引っ張る佐天さん。

初春「ちょ、ちょっと佐天さん!?急にどうしたんです??」

黒子「面白いものってなんですのー!?」

佐天「よく分かんないけど、とにかく面白いものがあるんですっ!!」

初春「意味分かんないですよ!?」

黒子「ま、待ってくださいですの佐天さん!!お姉さまが置いてけぼりに―!」

佐天「御坂さんもすぐ来るそうですから、私たちは先に行きましょう!」

佐天(ホントは空気読んでもう会わないかもだけどねっ)

黒子「そ、それでも!!私はお姉さまと離れ離れになりたくは…ッ!て、手を離してくださいましー!!」泣

佐天「レッツゴー♪」

彼女に引きずられていく初春と黒子。意外にも佐天さんの腕力は強かった。




664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:57:46.58 ID:MQk6mSLi0
美琴「……」

美琴(佐天さんって、なにげに凄いコなのかもしれないわね…。と、とにかく!後でちゃんと感謝しないと!!)

上条「あ、あの…俺はどうすれば―」

美琴「しばらくあっちを向いてなさいッ!!」

上条「なぜ!?」

美琴「いいから!!」

上条「ってか“あっち”ってどっちだよ!?」

美琴「つ…つまり私のほうを見るなってことよっ!!」

訳が分からない上条だったが…。とりあえず美琴の言うことに従うことにした。

美琴(…よし!今がチャンスね!!)

これでやっと念願のゲコ太が…我が手中に…っ!嬉しさを噛みしめながらお面屋へと突撃する美琴。

そして―!

店主「残念だがお嬢ちゃん。さっきの客でゲコ太仮面は売り切れちゃったんだ」




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:00:03.54 ID:MQk6mSLi0
美琴「……」

美琴「は?」

店主「他のお面なら余ってるんだけどね…。良いのあるよ?買ってくかい?」

美琴「い、いえ、いいです…お気づかいありがとうございます…」

店を出る美琴

美琴「……」

美琴(ど う し て こ う な っ た)

頭の中が真っ白になる

美琴「く…っ!」

一瞬泣きそうになるが、その涙はこらえる。無いものは無いのだ…どうしようもない。それより―

美琴(佐天さんたちを探さないと…っ!)

頭を切り替え、彼女らの向かったほうへと駆け出した美琴。しかし…いくら探しても3人は見つからなかった。
周辺部も隈なく探した。なぜだ?この短時間でそんな遠くまで行けるわけないのに…と途方に暮れる美琴だった。

上条(あの、いつまで向こうをむいてればいいんでせうか…?)

そして放置された上条だった。




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:05:30.12 ID:MQk6mSLi0
美琴「……」

美琴「どうして…こんなことになっちゃったのかな…」

ゲコ太も失い、仲間をも失った

美琴(私…全てを失っちゃった)

人の行き交う波の中を ただ茫然と立ちつくす御坂美琴だった

美琴「…っ!」

美琴(そうだ…!あいつなら…まだあの場所に…っ!?)

……

上条「で。やっと戻ってきてくれたんですね御坂さんは」

美琴「…律義にも、あんたはずっとここで待っててくれたのね…っ!」

上条「いや、お前がそう言ったんだろ」

美琴「…え?私は『あっちを向いてて』って言っただけなんだけど…」

上条(!ということは移動は自由だったのか!?しまった!!)

美琴「まだいてくれて…良かった。私、一人になるところだった…//」

上条「御坂…?」




672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:09:40.43 ID:MQk6mSLi0
普段勝気な美琴のその涙目に…思わずドキっとする上条。

…そういえば今日の彼女は綺麗だった。白の花柄を添えた緑の浴衣に、それを結んだ黄色の帯。
緑白に共通する“爽やかさ”と緑黄に共通する“健康さ”…そんなイメージをまとった彼女の服装は、
まさに“超電磁砲の御坂美琴”を元気いっぱいに体現していたと言えた。

上条(そういや今日の御坂は浴衣だったんだよな。よく見てみると…凄い可愛い)

美琴「…?どうしたの?」

上条「っ!!な、何でもねぇ…よ」

可愛いと思ってただなんて言えない。

上条(って、なに動揺しちまってんだ俺は…。ここは、明るく言葉をかけて調子を取り戻すとしようっ!)

上条「なぁ御坂!行きたいところとかあるか?」

美琴「と…特にない」

上条「どこにも行きたくないのか??」

美琴「そ、そうじゃない…けど!ってか、あああああー!!ちょっと落ち着いて考えさせて!!//」

上条(…?もしかして御坂も俺のことを意識して…って、何思い上がってんだ俺!?そんなわけないだろう…)
と、そのとき。前方に見慣れた白髪の男と、同じく見慣れた浴衣の少女を見かける。ある意味ギクシャクと
した場を脱すには…二人の存在は助け舟だったのかもしれない。そう考えた上条は、軽く彼らに話しかけた。

上条「お!一方通行と絹旗じゃねえか!お前らも祭りに来てたんだなっ!」




676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:13:08.95 ID:MQk6mSLi0
そして話は戻る。

美琴「…ということがあったのよ」

上条「あったんです」

絹旗「それはまた壮絶でしたね」

一方通行「面白い人生歩んでンなお前ら」

美琴「あぁ…ゲコ太…」

上条「っていうか、それ言ったら一方通行だって随分面白い人生を―」

一方通行「ァ?」

上条「なんでもないっす!」

絹旗「それにしても、『デートしよう!』って言って示し合わせたわけでもないのに
こうやって二人っきりになれてるって、凄い奇跡ですよね。人もこんな多い祭りだから尚更そう感じます!」

一方通行「ナンパ相手が知り合いだったっつうのもすげェ奇跡だな」

上条「あっ…!そういえば御坂!さっき言ってた『デート』ってどういうことなんだ??お前本当に…?!」

美琴「そ…そんなわけないでしょ!?だ、誰があんたなんかをデートに…デートに…///」

絹旗「ホント、素直じゃないですねえ」

一方通行「見てるこっちが恥ずかしくなるな」




680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:17:03.02 ID:MQk6mSLi0
絹旗「二人は、これから何か予定とかあるんですか?」

上条「さっきもそれ話してたけど全く決まってないんだよなぁ」

絹旗「じゃあ、花火が上がるまで金魚すくいでもどうです?向こうでやってるみたいですよ」

美琴「あ、いいわね!金魚すくいって言えばお祭りの定番だし!」

一方通行(柄に合わねェが…付き合うとすっか)

そういうわけで店の前までやってきた4人。

店主「ん?おお、金魚柄の浴衣着た女の子が来るとは、これも何かの縁かもなぁ」

絹旗「♪」

一方通行「あァ…そういやお前の浴衣って金魚だったか」

絹旗「そうですよ。特に意味はないんですが…この赤模様が超気に入っちゃってっ」

一方通行「そっか。生きた金魚に反応して、その模様が動かねェようにな。仲間だと勘違いするかもしれねェ」

絹旗「この“金魚”って生きてたんですか!?まったく、一方通行も面白いこと言いますね♪//」

美琴「ま、まさか一方通行がこんな冗談を言うなんて…っ!」

上条「今の一方通行なら俺…分かり合える気がする!!というわけで一方通行!今度飲みに行こうぜッ!!」




682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:21:27.07 ID:MQk6mSLi0
一方通行「調子乗ってンじゃねェよ三下」

上条「結局こうなるのね…。せっかく人が勇気を出して提案し―」

一方通行「…機会があったら考えといてやる」

上条「上条さんは今猛烈に感動しています」

美琴「あの…なんか店主さんが困ってるっぽいんだけど…」

絹旗「ですね。そろそろ始めるとしましょう」

順番はジャンケンで決めることになり、1位から上条、美琴、一方通行、絹旗の順となった。

上条「あれ?もしかしてこれ勝った人からすんの?」

美琴「私はそのつもりだったけど」

絹旗「上条さん!頑張ってください!」

上条「よ~し!ここは一つ、本気ってやつを見せてやるぜ!」

……

上条「……」




683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:26:04.74 ID:MQk6mSLi0
上条「金魚たちは…なぜ追っては逃げ、追っては逃げるのか」

一方通行「いや、当たり前ェだろ」

結局、上条は金魚を一匹も捕まえることができなかった。

上条「!そうか…この幻想殺しの右手があるから金魚たちは…っ!」

一方通行「“金魚すくい”って“異能の力”が関係してたンか。初めて知ったぞオイ」

絹旗「というか、誰が発動してる能力なんですかそれ?店主さんですか?」

店主「え?」

一方通行「いや…案外金魚のほうかもしれねェ」

店主「??」

美琴「こーら!あんたたち店主さんを困らせないの。というわけで、私の出番ね!!」

上条「御坂…俺の分まで頑張ってこいよっ!!」

美琴「ええ!任せといて!!」

……

美琴「……」




688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:31:45.31 ID:MQk6mSLi0
美琴「ポイは…なぜすくっては破れ、すくっては破れるのか」

一方通行「単純に要領が悪ィンだろ」

絹旗「すくうのが速すぎな気もするんですけどね…」

美琴「だ、だって!速くすくわないとポイが水に濡れて破けちゃうじゃない!!」

一方通行「だからって、破れる超スピードでポイを魚にぶつけても意味ねェだろが。バカなのかテメェは?」

美琴「ば、バカですって!?そこまで言うからには…っ!もちろん、アンタは上手くできるのよね?」

一方通行「さァて。どうだろォな」

上条「そういや一方通行は金魚すくいやったことあんのか?」

一方通行「ない。これが初めてだァ」

絹旗「だ、大丈夫なんですか一方通行??」

一方通行「俺の推測が正しければ。そうそうミスするこたァねェはずだ」

絹旗「…?」

一方通行「じゃ、始めるとしますかねェ」

……




690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:35:56.79 ID:MQk6mSLi0
上条「なん…だと…」

美琴「なん…ですって…」

一方通行「よォし。13匹目ェ」

店主「お、お客さん!これ以上は勘弁だよッ!!」

店側からストップが入る。

一方通行「ン?この店は捕りすぎ禁止みたいな上限でもあンのか?」

店主「じゅ…10匹までがそうでして…」

一方通行「そォか。じゃ、これで終わりにしといてやる」

店主「あ、ありがとうございます…!」

美琴「店側が客にお礼を言う事態って一体…」

絹旗「す、凄いです一方通行!超凄いですよ!!まさかこんなに捕れるだなんて…っ!!」

一方通行「正直、自分でも驚いてる」

美琴「ア、アンタ!ベクトル操作でも使ってズルしたんじゃないの!?」

一方通行「本当にバカなんですかァ?テメェは。電極のスイッチはずっとOFFだったろうがよ」

上条「じゃ、じゃあ、一体どうやってこんな…」




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:40:33.02 ID:MQk6mSLi0
一方通行「俺はただ、“理論的にやった”だけだ」

絹旗「理論的…ですか?」

一方通行「あァ。っても、内容はごく単純だがなァ。まず小さめの魚に目をつけた」

美琴「え?…ぁ」

一方通行「小さいほどポイは破れにくいだろうがよ。ガキでも分かる理屈だ」

美琴「そういえば私、大きい魚ばっか目つけてたかも…変にプライドがあったのね」

一方通行「二つ目ェ。水中じゃなく、水面近くを漂ってる魚。なるべくならポイを水に浸したくはねェからなァ。
三つ目ェ、壁際の魚。壁際なら中心より金魚の動きは予測しやすい、且つ逃げ場も減るってワケだァ。
四つ目ェ、尾からじゃなく頭からすくった。ポイへの衝撃が緩和だ。五つ目ェ、なるべく魚が密集してるとこ
を狙った。こりゃ単に確率論的な問題だな。後は…遅すぎず速すぎずでポイを振ってりゃァどうにでもなる」

絹旗「一方通行…カッコいいですっ!///」

上条「こいつ…本物だッ!!?」

美琴「本物のハンターを見た気がするわ…っ」

一方通行「アホどもが。さっきも言ったが、こりゃガキでも分かる理屈だ。
よォく考えてみろ…。俺、当たり前のことしか言ってねェだろ?何か難しいこと言ってっか?」

上条「た、確かに…そうか」

美琴「…けど、これ初めてなのよね?初めてでここまで頭が回るアンタって一体…あっ!そういやこの人!!
学園都市最強のレベル5だったんだわ!!?慣れ親しんでたせいか…すっかり頭から欠落してたわ…」




698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:45:00.71 ID:MQk6mSLi0
絹旗「そういやたまに忘れますけど、あなたって第1位なんですよね」

一方通行「…今のはアレか?俺はバカにされたのか?」

絹旗「ち、違いますよっ!!むしろ逆の意味で言ったんです!!最近のあなたは…とても人間味があったから。
だから、凄く身近に感じてたんです。それくらい…あなたとの距離が超近かったってことなんです」

一方通行「そ、そォか…。そう言ってくれると嬉しいぜ。ありがとな最愛」

上条「なるほど!身近に感じたから、さっき俺は『飲みに行こう!』って衝動に駆られたんだな!!」

一方通行「そりゃァお前が単純なだけだ」

上条「何この扱いの差。どんだけー」

店主「ところであの。金魚のお持ち帰りは―」

一方通行「あン?持ち帰りはしねェ。その代わり、そこの水風船を1個くれねェか」

絹旗「え?金魚はいいんですか?」

一方通行「こンな大量の金魚持って帰ってもな。金魚をすくったってだけで、俺にとっちゃ面白い経験だァ」

絹旗「そうですかっ」

ちなみに。金魚をすくえなかった客には金魚の代わりとして、水風船が1個贈呈される。
上条と美琴がペアルックことペア水風船になっていたのは言うまでもない。

美琴(まぁ…これはこれで良かったかもね//)




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:47:57.40 ID:MQk6mSLi0
上条「じゃあ次は絹旗だな」

絹旗「はい!と言いたいところですが…もう花火が上がる時間なんですよね」

美琴「あ、本当だわ」

絹旗「それに、私は一方通行の“スーパー金魚すくいタイム”を見られただけで…もう十分満足ですっ!」

一方通行「そのネーミングには同調しかねるがァ…。そういうことなら、コレくれてやる」

そう言って、一方通行はさっき手に入れた青色の水風船を絹旗に差し出す。

絹旗「い、いいんですか?」

一方通行「俺が持っててもな。テメェが持ってた方が様になる」

絹旗「じゃあ…もらいますね!ありがとうございます!」

一方通行「おう」

絹旗「これ超楽しいんですよねーっ!♪」

バインバインバインバインバインバインバインバインバインバインバイン
ゴムを手に引っ掛け、掌でバウンドさせまくる絹旗。

一方通行「ガキかよ」

絹旗「そういう様相も含めて、一方通行は『様になる』って言ってくれたんですよね?」

一方通行「…違いねェ」




702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:51:20.90 ID:MQk6mSLi0
美琴「さぁて。じゃあ、どこ行って花火を見ようかしら?」

一方通行「そうだなァ…」

絹旗(上条さん上条さん…っ)小声で

上条「?どうしたんだ?」

何やら、絹旗が上条に向かって手招きをしている。

上条(何でせうか?)

絹旗(あの…御坂さんの気持ちには気付いてますか?)

上条(…?何のことだ??)

絹旗(ですよね…気付いてないと思ってましたよ)

一息ついて、絹旗はささやく。

絹旗(上条さん!祭りの定番といえば何だと思いますか?)

上条(…定番?)

絹旗(たこ焼き、クレープ、焼きそば、かき氷…何でもいいんです。
どうか、そこに御坂さんも誘ってあげてください。彼女…きっと喜ぶと思いますからっ)

上条(そっか…。分かった!アドバイスありがとな絹旗!)




707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:55:23.23 ID:MQk6mSLi0
美琴「なぁにコソコソ話してんのよアンタらは」

絹旗「あれー。もしかして嫉妬ですか?」

美琴「バッ…!?ちょ、何言ってんのよ!?そんなわけないでしょ!!?///」

絹旗「そんな御坂さんのためにも、今日はここでさよならです!」

美琴「え?」

絹旗「上条さんと二人、仲良くやっちゃってくださいね!♪」

美琴「ええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?」

一方通行「二手に別れンだな」

上条「…?あぁ、そっか!そういやお前らデートしてたんだっけ。すっかりお邪魔しちゃったなー」

絹旗「そんなことなかったですよ。ただ、御坂さんが上条さんと一緒のが良いって顔をしてたんで…」

美琴「は、はぁ!?どういう顔よそれ!?//」

上条「よく分かんないけど、とにかくここでお前らとはお別れみたいだな。お疲れ!また会おうぜ!!」

一方通行「ン。またな」

絹旗「また今度遊びましょうね」

美琴「ッ!わ、分かったわよ!!こいつと一緒にいればいいんでしょ!?じゃ、じゃあ…二人ともバイバイっ!」




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:57:58.34 ID:MQk6mSLi0
上条「行っちゃったな」

美琴「…そうね」

上条「花火もだけどさ、それが終わったら… 一緒にたこ焼きでも食いに行こう」

美琴(ぁ…)

上条「せっかくの祭りだし、楽しまなきゃ損だもんな。お前も!一緒に楽しもうぜ!!」

美琴(…ホント、このバカときたら…)

上条「どうだ?」

美琴「い、行くに決まってるでしょ!!今日は…いろいろ付き合ってもらうんだから…っ//」

……

絹旗(御坂さん…頑張ってくださいね)

絹旗「さて!どうしましょうか?」

一方通行「どうするも何も、花火のよく見える場所に行きゃァいいンだろ?」

絹旗「ですね。どこか良い場所はないでしょうか?」

一方通行「そうだなァ…この辺なら―」




718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:34:14.87 ID:MQk6mSLi0
絹旗「あ!あそことか良いんじゃないですか!?」

一方通行「……」

一方通行「まァ、花火はよく見えそうだな」

絹旗「超穴場っぽいですよね!」

一方通行「いや、そりゃァそうだろ」

絹旗「人も誰もいません!」

一方通行「そりゃそうだろうなァ…」

あそことは。ふと近くにあったデパートに備え付けられた、一般人立ち入り禁止の非常階段だった。

一方通行「…いいのか?入って?」

絹旗「元暗部の人間が何言ってんですか?」

一方通行「そこで暗部を出すかお前は」

そのとき。一方通行にある考えが浮かんだ。

一方通行「お前…。どうせなら、もっとイイとこで見てェだろ?」

絹旗「え?」




719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:37:49.42 ID:MQk6mSLi0
カチッ

電極のスイッチをONにする一方通行。

絹旗「一方通行…何を??」

一方通行「お前、しっかり俺につかまっとけよ」

絹旗「キャ!?//」

絹旗をお姫様抱っこしたかと思うと、ベクトルの方向を上にかけ…そのまま急上昇する一方通行。

絹旗「あ、あの、どこへ行くんです!?//」

一方通行「非常階段より、もっと高ェとこだ…っと、着いたぜ」

絹旗「な…なるほど」

そこは。デパートの屋上だった。

絹旗「確かに…ここなら思う存分花火を見れそうですっ」

加えて、もうすぐ閉店時間ということで屋上には誰もいなかった。

絹旗「ところで一方通行…っ。あの、いつまでこうやってるんですか…?///」

一方通行「…っ!」

お姫様抱っこの解除を忘れていた一方通行だった。




722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:43:51.27 ID:MQk6mSLi0
慌てて彼女を降ろす一方通行。

絹旗「私としては、別にこのままでもよかったんですけど//」

一方通行「ンな状態で花火を見るつもりかテメェは」

絹旗「はいっ」

一方通行「勘弁してくれよ…」

そして―

ドオオオオオオオオオオン

そんな話をしてる間に、一発目の花火が上がった。

絹旗「あっ!もう8時になったんですね!!」

一方通行「みてェだな」

絹旗「うわぁ…綺麗です…っ」

続いて二発目、三発目の花火も上がっていく。

絹旗「光景はもちろんなんですけど、ドンッ!って音もなんか良いですよね。花火だー!って感じがして!」

一方通行「…そォだな。分かる気がする」

普段は意識することすらなかった花火だが。そばにいる“彼女”の存在が…それについて考えさせてくれた。




723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:46:32.94 ID:MQk6mSLi0
続いて四発目、五発目…と、ここまでくるともう何発目か分からなくなる。
それくらいに大量の花火が打ち上げられ、漆黒の夜空を彩っていた。

絹旗「たーまやー!♪」

一方通行「……」

絹旗「たーまーやー!!♪」

一方通行(相変わらず元気だなァこいつは)

嬉しいのか何なのか、定番ともいえる掛け声を連発する絹旗。

絹旗「たーま…」

絹旗「……」

一方通行「ン?どうした?」

絹旗「一方通行は言わないのかなぁと思いまして」

一方通行「……」

一方通行「ま、待て。俺も叫ばなきゃダメ…って流れかァ?」

絹旗「はい!ぜひ叫んじゃってください!!」

一方通行「…ターマヤー!」




724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:49:00.12 ID:MQk6mSLi0
絹旗「…棒読みだった気がするのは気のせいですか?」

一方通行「きっと気のせいだ」

絹旗「まぁ…いいですけど。でも、いつかは本物の叫びも聞かせてくださいねっ」

一方通行「お、おう」

もっとも。別の叫び声なら、今までだって幾度もしたことあるのだが。

『三下ァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!』
『木ィィィ原クゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!』

一方通行(…せっかくの興が台無しだァっ)

くだらないことを思い出すのはヤメにした。

絹旗「…あ、そうだ!」ゴソゴソ

一方通行「どうしたァ?」

絹旗「いえ、記念ってことで花火を携帯に収めておこうと!」

一方通行「あァ…それもそうだな」

同じく携帯を取り出し、夜空で炸裂する花火群を撮影する一方通行。花火が綺麗だから…というよりも、
“絹旗と一緒に花火を見た”という思い出を、こうやって写真という形で残しておきたかった。




725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:53:02.86 ID:MQk6mSLi0
絹旗「ついでにあなたも♪」パシャッ

一方通行「って、オイ!?」

絹旗「あなたも…記念に撮っておきたかったのでっ」

一方通行「はァ…」

まさに不意討ちとはこのこと。

絹旗「というか、花火を背に一緒に映りましょうよ!!ちょうど今が花火の数的にもピークみたいですし!」

そう言って、彼女は一方通行の手を引っ張り…ちょうど花火が自分たちの背となる場所を選ぶ。

一方通行(マジかよ…)

いや、別に彼女と一緒に映るのが嫌なわけではない。ただ…いまだにこういうのは慣れないというか、
突然『写真を撮るぞ!』と言われても、どうも上手く心の切り替えができない。
そんな困惑した、引きつった顔をした一方通行に…絹旗最愛が一言。

絹旗「…プリクラ」

一方通行「ン??」

絹旗「あのとき撮った、4枚目の写真のこと思い出してください」

一方通行「…ぁ」

絹旗「あのときの一方通行…凄く良い顔してましたよね。今から撮る写真だって、それと同じです♪」




726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:54:06.94 ID:iCuiNIHj0
青春だなぁ




727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:56:55.88 ID:MQk6mSLi0
一方通行(あのとき…)

絹旗「ええっと、準備はいいですか?」

一方通行(…あァ。難しく考える必要はねェんだよな。あのときもただ、こいつのことを―)

絹旗「あぁぁぁぁ、花火は待ってくれませんから、いきますよ一方通行っ!」

一方通行(考えてただけだ)

大切な存在―ってな

……

絹旗「…というわけで撮ってみたわけですが」

一方通行「おう」

絹旗「ホント、本番には強いんですね一方通行。撮る直前はあんなにマヌケな顔してたのに…」

一方通行「ほォ。動揺した俺はマヌケ面だったか?そりゃァ、悪かったなァ??!」

絹旗「冗談ですよっ!そんな顔してませんでしたってば。あたふたしてる一方通行可愛い♪と思っただけです」

一方通行「…そっちのが、よっぽどタチ悪い気がするぜェ…」




728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:59:31.18 ID:MQk6mSLi0
絹旗「とにかく…。私、この写真は大切にします。後であなたにも送りますねっ」

一方通行「ン。後は、花火終わるまでゆっくり眺めとくとすっか」

絹旗「ですね♪」

こうして。二人は夜空に舞い散る夏の風物詩を…心行くまで堪能したのだった。

……

絹旗「いやー!絶景でしたね!!」

一方通行「あァ。最後の大型花火の連発は、まさにそれだったな」

絹旗「でかい花火ももちろん見応えはあったんですけど、個人的にはハートや星の花火が超印象的でした!」

一方通行「あれには驚いたなァ…花火ってのはあんな形にも映せンだな」

絹旗「UFOの形なんかはちょっと感動しちゃいました。空にUFOってまんまですもんねっ」

一方通行「ン?ありゃァUFOだったのか。てっきり土星だと思ってたぜ」

絹旗「…そう言われれば土星の気もしてきました。どっちなんでしょうね?」

一方通行「好きなほうでいいンじゃねェの」

絹旗「じゃあUFOで!!」

一方通行「俺は土星派だァ」




730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:04:36.96 ID:MQk6mSLi0
絹旗「あ、そうだ。忘れないうちに、さっきの写真送っときますね」ティロリン

一方通行「おォ、来た来た。サンキューな」

絹旗「さて…。では、これからどうしましょうか?」

一方通行「そうだなァ。祭り自体はまだ続いてンだし、適当にぶらつくとすっか」

絹旗「そうですね。ちょうど行ってみたい屋台もありましたし」

一方通行「…の前に。まずはこっから降りねェとな」

絹旗「屋上には屋台ありませんからねえ。仕方ないです、下の世界に行くとしましょう!」

一方通行「行くっつうか戻るンだけどな。じゃァ…前みたく、またしっかりつかまれよ」

絹旗「あっ!ちょ、ちょっと!いきなりお姫様抱っこするのはやめてください///」

一方通行「ァ…悪ィ、驚かせちまッたな」

絹旗「べ、別に私はいいんですけど…。なんか、このままじゃ癖になっちゃいそうで//」

一方通行「癖って…この体勢が、か?」

絹旗「は、はい//その…一方通行とも超近いですし…//」

そういえば。持ち上げてるから当たり前なのだが、顔が近い。そしてこれも当たり前なのだが、体に触れている。

一方通行(…思考停止するかァ)




731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:09:09.91 ID:MQk6mSLi0
というわけで、何も考えないままに地上へと降りた。いちいち意識してたら…。こんなお姫様抱っこなど
やってられない。特に今日、その彼女は浴衣等で普段の倍可愛く見せてるのだから…尚更だった。

絹旗「また、やってくださいね♪//」

一方通行「…機会があればな」

そう答えるしかなかった。

絹旗「それにしても…?」

一方通行「?どうしたァ?」

絹旗「いえ、なんか周りの人がこっちを見てるような気がして…」

一方通行「いや…そりゃァそうだろ。空からいきなり人が降ってきたンだ。注目もするわ」

絹旗「あぁーなるほど。確かにそうですね」

一方通行「じゃ、歩くとすっか」

絹旗「あ…。ちょ、ちょっと待ってください」

一方通行「まだ何か用か?」

絹旗「その、なにか重要なことを忘れてる気がして…」

一方通行「…あァ、そういや花火終わったらアイツらと合流するンだっけか」

絹旗「そうでした―!!?急いで麦野たちと連絡取らないと…っ!!」




732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:16:22.64 ID:MQk6mSLi0
慌てふためき、絹旗は携帯を開く。

絹旗「あ…あれ」

一方通行「今度はどうしたァ?」

絹旗「麦野たちから…メールが来てるみたいなんです。いや、“来てた”みたいなんです!!」

一方通行「…それはつまり、結構前に来てたのに気付かなかったと…そういうことか?」

絹旗「そういうことです…」ガックシ

一方通行「?でもお前…花火見るとき写真撮ってたよなァ。そンときに分からなかったのか」

絹旗「そういえば何かメールがあった気も―」

一方通行「マジか」

絹旗「花火に浮かれてて、全然メールはそっちのけでした…」

一方通行「…まァ、今からでも遅くねェじゃねェか。花火も終わったばっかだしよ。ひとまず内容見てみようぜ」

絹旗「そ、そうですね。特に麦野…怒ってなければいいんですが」

若干の不安を抱きながらも、彼女はメールを開いた。そこにあった三つのメール…それは―




733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:22:00.12 ID:MQk6mSLi0
麦野沈利『私たちのことは気にしなくていいからさ。せいぜい楽しめψ(*`ー´)ψケケケ』

滝壺理后『くれぐれも、ハメをはずしちゃダメだよ(´・ω・`)』

浜面仕上『二人とも爆発しやがれ!!そして爆発しやがれ!!ヽ(`Д´)ノ』

……

絹旗「……」

一方通行「……」

絹旗「とりあえず、合流する必要はないそうです」

一方通行「…みたいだなァ」

絹旗「麦野も滝壺も私たちに気を使ってくれて…。私は、本当に嬉しいです…!ありがとう二人とも…っ」

一方通行「…良い仲間に恵まれたな」

絹旗「はいっ!」

一方通行「ところで浜面の野郎―」

絹旗「日本語でおkな人なんか知りません」

一方通行「何が言いたかったンだろうなアイツ…」




737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:27:55.41 ID:MQk6mSLi0
絹旗「しかも二回同じこと言ってました」

一方通行「大事なことだから二回言ったのかもな」

絹旗「…ですね。きっとあのメールの真意も、私たちを応援したものだったんですよ」

一方通行「根は良いヤツだからなァ浜面」

絹旗「…はい。あんな超浜面ですが、それでも。私たちの仲間には変わりないですからねっ」

一方通行「良い仲間を持ったな」

絹旗「はい!」

一方通行「よし、じゃァ円満にまとまったところで。さっき行きたい場所があるとか言ってたよな。どこだ?」

絹旗「綿飴屋さんですっ!」

一方通行「あァ…あのフワフワ菓子のことか」

絹旗「また甘いものが食べたくなっちゃって…。というわけで行きましょう!」

一方通行「ン?場所知ってンのか?」

絹旗「はい。屋上からさっき、さりげに調べてたんです。こっちですよ!」

一方通行「まったく…貪欲な奴だなテメェは」

そんな彼女が愛しい一方通行だった。




740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:34:06.54 ID:MQk6mSLi0
店に着き、綿飴を購入する絹旗。

絹旗「あ、そういえば一方通行はいらないんですか?」

一方通行「だからリンゴ飴のときも言ったろうがよォ。俺は甘いもンが苦手だってな」

絹旗「そのリンゴ飴のときも思いましたけど…甘いものが苦手って、絶対人生損してると思いますよ?
好き嫌い言ってないで試しに食べてみるべきだって、私は超そう思いますね。
いや~、それにしてもこの綿飴とってもおいしいです。っていうか超甘いです♪」ハグハグ

一方通行「食うなァ…そンなにその綿菓子はうめェか」

絹旗「だから美味いって言ってるじゃないですかぁ。とはいえ、いくら私が力説したって実際これは食べて
みないと分からないと思いますけど。っていうか、一方通行はこの食べ物…“綿菓子”って言うんですね」

一方通行「?綿菓子だろ?」

絹旗「私はさっき“綿飴”って言ってましたよ」

一方通行「……」

一方通行「え?同じもンなんじゃねェの??」

絹旗「さぁて。どうでしょう?♪」

一方通行(…待て、マジで違うもンなのか?綿菓子の中に綿飴って種類があるとか、そんな話じゃねェのか!?)

まさかの綿菓子(綿飴?)に大苦戦する学園都市最強のレベル5だった。
こ、こんなフワフワしたふざけた形のお菓子が分からない。とても悔しい一方通行だった。




741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:40:33.51 ID:MQk6mSLi0
絹旗「答えを言ってしまうとですね。基本的には両方同じものを指すんですが、状況や場合によって
呼び名が変わるんだそうです。こういうお祭りのときは“綿飴”。そうじゃないときは、例えば普通に
駄菓子屋なんかで買うときは“綿菓子”になるそうです」

一方通行「あの、一つ聞いていいか。何でそんなどうでもいいこと知ってンだ??」

絹旗「うーん…いわゆる雑学ってやつですよ。たまに『アイテム』で集まったとき、こういうバカ話してんです。そのためのネタ集めってとこですね。もっとも、綿飴ネタを使ったのは…あなたが初めてですけどねっ!♪」

一方通行「“初めて”なのに嬉しくないこの不思議…ッ」

絹旗「あー。一方通行がすねちゃいました」

一方通行「そりゃァすねるわ」

絹旗「しょうがない人ですね…。そんなに綿飴が欲しいんですか?」

一方通行「待て。いつから俺が綿飴が欲しいと錯覚していた?」

絹旗「糖分は頭をリフレッシュしてくれます」

一方通行「科学的説明なンぞ求めてねェ!!」

絹旗「じゃあ、純粋に欲しいんですね♪」

一方通行「もうそれでいいわ」




742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:46:07.81 ID:MQk6mSLi0
絹旗「でも…残念。もう遅かったんです」モグモグモグモグ

一方通行「……」

絹旗「超食べちゃいました」

全部なくなってしまった。残ったものは木の箸一本である。

一方通行「お前は一体何がしたかったンだ」

絹旗「やっぱり欲しいですか?」

一方通行「欲しいも何も、その綿飴はもうねェけどな」

絹旗「何でですか?」

一方通行「お前ってヤツは…。そこまでして俺に突っ込みを入れさせてェか…?」

絹旗「ワクワク♪」

一方通行「本性を表しやがったか。じゃァ、ご褒美に突っ込ンでやる。お前が食っちまったンだろうが…ッ!」

絹旗「正解です♪」

一方通行「正解も何も自明だろが」

絹旗「でも…半分不正解です」




743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:51:03.22 ID:MQk6mSLi0
一方通行「…は?それどういう―」

絹旗「ちょっと、こっち来てくださいっ」

一方通行「??ど、どうしたンだァ急に?」

引っ張られるがままに、絹旗に付いていく一方通行。

一方通行(…?屋台のほうから遠ざかっていく…?)

しばらく歩き到達したその先は…人通りの少ない路地裏だった。そこまで中心街から離れているわけではない。
祭りの会場から横道にそれた、通路の狭い小道。誰かが近道で利用する以外は…とても人が歩こうと思うような
道ではない。ゆえに人目にも触れにくい、いわゆる死角ポイントとなっているような場所だった。

一方通行(…何でこンな場所に、最愛は俺を連れ込んだンだ…?)

思考がハテナ状態の一方通行に、絹旗がようやく口を開く。

絹旗「そ、その…口の周りがベトベトで―」

一方通行「ン??」

絹旗「綿飴にかぶりついちゃって…口の周りがベトベトしちゃってるんです。だからその…」

あぁ、なるほどと一方通行は思った。つまり絹旗は“それ”を取りたいから、こうやって死角となる
路地裏に入り…人目のないところでハンカチで拭こうと、そういう算段なのか。って、ちょっと待て―

一方通行「お前…人前でハンカチ使うことすら躊躇ったってか??」




745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 04:55:31.81 ID:MQk6mSLi0
いくらなんでも、それは“シャイ”という言葉で片付けられるレベルではない。
しかも絹旗最愛という女の子が、基本的にはそのカテゴリーには属さない人間なのだから、尚更だった。

一方通行(ぁ…)

自分で言ってて気付いた。そういえば、絹旗のハンカチは俺の口元を拭くために使ったではないか。
リンゴ飴により付着した食紅を取ったのだから、当然そのハンカチは赤くなっているはず。

一方通行「…すまねェ。ハンカチは使えなかったンだよな。となると―」

ここで、少しだが謎が解けた気がした。ハンカチは使えなくとも、毎度お馴染み“一方通行の能力”を
もってすれば…そのベトベトは取れるはず。絹旗の服を乾かすため、中に入った水分や塩分を外へと抽出した
あの方法と原理は全く同じだ。それが“ベトベト”だから、今回はその対象が砂糖になったというだけ。

もしかしたら彼女は、人前で彼が能力を行使することを躊躇ったのかもしれない。だからこんな場所へと
彼を誘い入れた…?もっとも、それだけでは人目に付かない場所に彼女が入り込んだ理由としては弱いが。
先ほどの“ハンカチ”よりは強い理由だろうが、それでも彼女がそんなことを気にする性格には見えない。




747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:00:25.12 ID:MQk6mSLi0
それでも、一応そのことについては聞いてみる。いや、いちいち聞くより実際にやったほうが早いか。

一方通行「顔、近付けろ。俺が能力でなんとかしてやっから」

これで解決…と思っていた一方通行だったが。それに対する彼女の返答は意外なものだった。

絹旗「だ、大丈夫です。あなたの能力を使わなくても…なんとかなりますからっ」

一方通行「??」

ますますもって訳が分からなかった。まさか、浴衣の袖を口に擦りつけ…って、そんなバカな話はない。
仮にも女性がそんな真似、それも彼氏の目の前でやることとは思えない。じゃあ…一体どうするというのか。




748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:09:55.01 ID:MQk6mSLi0
絹旗「…舌を使えば、なんとかなります」

一方通行「そうきたか」

それならできないことはない…?かもしれない。ただ…ちょっと取るのに大変かもしれないが。
とにかく、そういうことならさっき考えてた理由もクリアできる。というか、そりゃそうだろう。
人前でやるにはあまりにハードルが高すぎる。

一方通行「じゃァ、さっさとやれ。俺は後ろ向いとくからよォ」

人前が嫌なら、俺の前でもそれは同様のはず。そう思って背を向けようとする一方通行だったが―

絹旗「あ、ち、違うんです!」

一方通行「あン?」

絹旗「その…“あなたの舌”で取ってもらえればなって…っ//」

一方通行「……」

一方通行「今、なんつった?」

とりあえず、『何が起こった』と思った




751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:15:00.06 ID:MQk6mSLi0
聞き間違いだったのかもしれない。それか、自身の潜在意識下にある願望が引き起こした、
まさかの幻聴か。後者なら自分は病気だろう。

絹旗「あの…してくれないんですか?//」

どうやら聞き間違いでも幻聴でもなかったらしい。

一方通行「お前…何考えてンだ?」

本当に何を考えてるのかと思った。いくら恋人同士とはいえ、さすがにこのシチュエーションはカオスすぎる。
だが…これなら人通りの少ない路地へと招き入れた理由も分かる。最初からこれが狙いだったのか??
そう考えていた一方通行だったが…。次の彼女の言葉で、彼は更なる混乱に陥った。

絹旗「ほ、本気にしないでくださいよっ!冗談ですってば!」

冗…談…??




752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:18:20.54 ID:MQk6mSLi0
絹旗「証拠に、ここにもう一枚ハンカチもあるんですからっ。もう一方通行ったら…。
いくらなんでも、そんなふざけた展開はないですよ。すっかり当惑してましたよね」

一方通行(は…?)

じゃあ、さっきの思わせぶりな態度は何だったのか。
騙してからかうためだけに、こんな人通りの少ない場所へと招待したのか。
こんな手を込んだ工作をしてまで…屋台を楽しむ時間を削ってまでも、俺を勘違いさせようとしたのか??

一方通行(こいつ…ッ)

さすがに、これには怒らずにはいられなかった。イタズラにしても悪質すぎる。
そう思った瞬間か― 気付けば、彼は彼女に手を出していた。

絹旗最愛に 手を出していた




754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:24:34.98 ID:MQk6mSLi0
絹旗「っ!?」

一方通行「テメェ…ちょっと度が過ぎたなァ…?」

右手で絹旗の顔をつかみ、そして傍にあった壁へと叩きつける。
電極のスイッチがONになっていたのは言うまでもない。

絹旗「!!ま、待っ―!!!」

彼もそこは加減していた。元々絹旗は窒素装甲の自動展開により窒素の壁が形成されてるため、
よほど大きな力で壁に叩きつけない限りは、彼女には傷一つ付かない。不意討ちの銃弾ですら
弾くのが彼女の持つ窒素の壁なのだから。その代わり…“一方通行が攻撃した”という
その揺るぎようのない事実は、彼女の精神に与えるダメージとしては十分すぎたかもしれない。。
そして更に追い討ちをかける一方通行。

一方通行「テメェがさっき言ってた…舌でやるってヤツか?なンなら、今ここでやってもいいンだぜ…
身動きのできねェお前を、口から口へと舐めつくしてやろうか?あァ!?」

もはや完全に悪役だった。いや、客観的に見れば悪人そのものだった。

一方通行(ちったァこれに懲りて反省しろ…)

実は。彼にとって、先ほどからの一連の行動はただの狂言にすぎなかった。
絹旗の口を舐め回す気も更々ない。正確に言えば、これは“攻撃”ではなく“叱り”のつもりだった。
辞書通り、言動のよくない点などを指摘して強くとがめる。そんな一方通行のやり方に彼女は―

絹旗「…っ」

悲しんでるわけでもなく泣いてるわけでもなく。ただ…じっと一方通行の目を捕らえているだけだった。




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:29:13.47 ID:MQk6mSLi0
絹旗「…以前もこんなことありましたよね」

一方通行「…?」

絹旗「ワンピースの裾をヒラヒラさせて、あなたを逆上させたことがあったなって…」

一方通行「あァ…」

浜面に公園に呼び出されて。でもそこにヤツはいなくて…代わりにいたのがこの絹旗で。
気になるとかいう理由で俺の後を付け回し―そして誘惑された。そのときも俺はこいつに迫り…
っつっても“フリ”だったが、途中で風紀委員の奴に見つかってレイプだと勘違いされそうに
なったンだっけか。確かに状況的には似てるかもな、と思った一方通行だった。

一方通行(そういや―)

あのときも絹旗は、そんな状況であっても抵抗らしい抵抗をしなかった。今の絹旗も…こちらを
見つめるだけで抗議の声も唱えないし、ましてや攻撃したり逃げようといった空気も甚だ感じられない。

絹旗「私、あなたが無理やり人をどうこうする人間じゃないって知ってます。あのときはまだ出会って
日も浅かったですから…ほとんど直感だったわけですけど。今は自信をもってそう言えます。
私の口元を舐めつくすっていうのも、ウソなんですよね?私を…ただ叱ってるだけなんですよね」

一方通行(全て見抜いてンのかよ)

だが、ここまで洞察力があるなら俺が激昂するのも予想できたろうに。
なぜヤツはこんな真似を…?と考えていた一方通行に―

絹旗「…すみません。これやったらあなたが怒るだろうなとは思ってたんです。“分かってて”やったんです」




757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:38:07.56 ID:MQk6mSLi0
一方通行「分かってて…やった?」

絹旗「怒ったところを、むしろ私のほうからキスしようと思ってたんです…」

一方通行「…は?」

絹旗「確信犯だったんですよ。落としてから、そして持ち上げる…そんな状況でキスしたら
あなたは驚くだろうし、もしかしたら嬉しいかなって…一種のサプライズのつもりだったんです」

一方通行「お前―」

一方通行(“嘘って言ったこと”が嘘だったのかよ)

それはつまり真だ。

絹旗「お祭りって…考えようによっては非日常じゃないですか。だから、こういうことも許されるかな…
って思ってつい調子に乗っちゃったんです…。お祭りだからこそできる、って考えちゃったんですね…」

一方通行「……」

正直呆れた。だが、その言動の根底に“恋人を楽しませる”という意思があったのなら、
一方通行としては彼女を責めることなどできない。

絹旗「ただ、私は浅はかでした。怒るってことは分かってても、“傷つく”ことまで考えてなかったんですよ…
一方通行だから大丈夫っていう、ある種の開き直りといいますか…。でも、一方通行も人間なんです。
学園都市最強のレベル5とはいえ、中身は他の人と同じ…純粋な人間なはずなんです。そんな当たり前の
ことすら忘れ、祭り気分に浮かれ…弄ぶような真似をしてしまって…!本当に超すみませんでした…っ!」

…電極のスイッチをOFFにする一方通行。




758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:44:51.32 ID:MQk6mSLi0
一方通行「…まだ遅くねェ」

絹旗「え?」

一方通行「こっちこそ、ついカッとなっちまって…悪かった。だから―」

絹旗の顔を引き寄せる。

絹旗「一方通行…?」

一方通行「最愛…っ」

そのまま、一方通行は彼女に唇を重ねる

絹旗「ん…っ!///」

一方通行「……」

軽く触れ…そして一旦離す

一方通行「…甘かった」

絹旗「…だから言ったじゃないですか。“綿飴”は、まだ残ってるって」

一方通行「お前の唇って綿飴の味がすンだな」

絹旗「今日、限定ですから…っ」




759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:50:51.75 ID:MQk6mSLi0
一方通行「…もっと味わってもいいか?」

絹旗「…はいっ」

一方通行「遠慮はしねェからな…」

そう言って、再び口づけを交わす

絹旗「一方通行…///」

一方通行「…次は舐めてやる」

ペロ

絹旗「ひゃ…っ///」

口元に 舌で触れる一方通行

一方通行「…っ」

しだいに、その動きをエスカレートしていく

絹旗「ぁ…っ//」

ペロ、、ペロ、、

絹旗「し、舌の動きが…っ!///や、やらしいですよ一方通行///」




760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 05:56:08.43 ID:MQk6mSLi0
一方通行「舐めとってほしいンだろ?…我慢しろよ」

絹旗「…前から思ってましたけど、絶対一方通行ってSですよね…?」

一方通行「誘惑するテメェが悪い」

ペロッ

絹旗「ひゃぁ…っ//」

一方通行「…気持ちよさそうな声出してンじゃねェよ」

絹旗「だ、だって…!あなたが超変な舐め方するから…っ///」

一方通行「テメェがそンな声出すから、こっちだって止められねェンだろうが…ッ」

ペロ…ペロ…ッ

絹旗「うぅ…っ//一方通行の、エッチ…///」

一方通行「…お前ほどじゃねェけどな。っと、ベタベタしてたのは大体取れたぞ」

絹旗「ホントに取っちゃうなんて…。一方通行は本当にエッチです…//」

一方通行「取れたし、やめるか?」

絹旗「や…やめないでくださいっ」

一方通行「感じてンのかよテメェ…どうしようもねェな」




762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:06:26.25 ID:MQk6mSLi0
一方通行「まだお前の口の中…ちゃンとやってなかったよなァ」

そう言って自分の舌を…絹旗の口の中へと入れる

絹旗「ぁ…っ!//」

一方通行(…最後の綿飴まで、綺麗にしてやらねェとな)

絹旗「ん…っ!む…ぅ…っ!ぁ…ん///」

ピシャ…ピシャッ…ッ

唾液と舌が絡み合ういやらしい音が響く

絹旗「はっ…ん…っ!う、うぅ…ぁぁ…っ///」

同時に、彼女の官能的な声も響く

一方通行(やべェ、たまンねェ…っ)

意識すればするほど、舌の動きはめちゃくちゃになった

絹旗「っ!?」

絹旗(は、激しすぎますよ…!一方通行…っ!!///)

めちゃくちゃになればなるほど それだけ彼女の性感帯を刺激した




763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:10:34.16 ID:MQk6mSLi0
一方通行(…やべェぞ)

ここで彼に 一つの懸念が生まれた

一方通行(歯止めがきかねェ…っ)

“どこまでならやってもいいのか?”そのボーダーラインがよく分からなくなっていた。
普段の冷静な彼なら有り得ない。それくらいに、頭の中が沸騰していた。

ピチャッ…ピチャッ…

絹旗「ぁ…っん!あ…ぁ…うぅ…ぁっ…///」

それでも舌は止まらない

一方通行(ここは人通りが少ねェ…)

人の目がない。ゆえに、この場所は“背徳的行為を気兼ねなくできる環境”と化してしまってる。
だからこそ…問題があった。そういう行為に適している一方で、その“行為”が激化したとき、
一体誰がそれを止められるのかという深刻な問題が。もちろん当人らの自己判断には期待できない。
こんな密室ともいえる環境下で、理性が感情…性欲に勝てるとはとても思えなかったから。

一方通行(誰もいねェ…のか)

このまま誰も来なければ。自分が絹旗に“それ以上”のことをしてしまいそうで怖い…。
かといって、そんな自分にブレーキをかけることすら今の一方通行には叶わなかった。

一方通行(…ヒーロー…ッ)

叶わなかったせいか。彼は無意識のうちにその単語を呟いていた。




765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:15:25.93 ID:GkQMKXOQ0
この状況で上条さんを呼ぶとは…




766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:17:32.79 ID:MQk6mSLi0
もっとも…ここでの“ヒーロー”という言葉に意味はない。そもそも何を指してるのかも分からない。
よく人は、窮地に陥ったとき神頼みをすることが多々あるが…。彼の場合は、それが“神”ではなく
“ヒーロー”だったというだけ。自分がダメだからという理由で、居るのかどうかも分からない他者…
そんな超自然的存在に向け、一方通行は心のどこかで期待していたのかもしれない。
…まったくもって無責任な期待には違いなかったが。

一方通行(当の最愛は、この状況をどう考えてンだろうなァ…?)

少なくとも嫌がってはいないみたいだが。だが、この先もキスだけで済ませられるという保障は無い。
さらに先の行為へ進んでしまった場合、彼女はどうするのか。拒むのか、あるいは受け入れてくれるのか…?

絹旗「…?一方通行…?」

いや、そもそも“それ以上”の展開を全く想定してない可能性だってある。彼女はさっき言っていた…
『私、あなたが無理やり人をどうこうする人間じゃないって知ってます』と。彼を…信用してくれている。

一方通行(信用してンのに…変なことしちゃァダメだよな)

……

何か分かったような気がする。相手のこともちゃんと考えてあげれば…。
絹旗最愛という存在に真摯になれば、きっと間違いは起こらない。ここに来て、
ようやく彼はそのことに気付いた。よく考えれば簡単であり…そして当たり前なことでもあった。




767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:23:02.34 ID:MQk6mSLi0
一方通行(どうやら…今回ばかりはヒーローに助けてもらう必要もなかったみてェだ)

自分で気付けたのだから。

一方通行(ただ、最後に…もう一度こいつとキスしてェ)

改めて絹旗の方へと向き直り、そして―自分が彼女に対し思ってることを…素直なままに伝えた。
少々恥ずかしかったが…。自分にとって“最愛”の人である彼女に告げることを、彼は嫌とは思わなかった。

一方通行「最愛…好きだ」

絹旗「ど、どうしたんですか突然?もちろん…超好きに決まってるじゃないですかっ//」

一方通行(最愛…っ)

これからも互いのことを思い合って…そして生きていこう。そう考えながら
今日最後になるであろう口づけを…絹旗と交わそうとした。

“交わそうとした”

??「ッ!?一方通行…!?こ、ここで何を…!!?」

一方通行「……」

一方通行(…何ですかァ?このどっかで聞いたことのあるバカみてェな声はァ…)

この世界の“ヒーロー”とは、どうやら遅れてやってくるものだったらしい。
それも、“かなり空気の読めてない”ヒーローだと言えた。




770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:37:56.37 ID:MQk6mSLi0
上条「って、あぁ…そうか!キスしようとしてたのか!!こ、恋人同士なら当たり前…だよな//」

美琴「そ…そうよ!!恋人同士なら普通にすること…よ//」

一方通行「……」

ヒーロー上条当麻&ヒロイン御坂美琴 IN

絹旗「あっ二人とも!また会いましたね」

美琴「そ、そうね…っ//」

…さっきの二人のやり取りが気になって仕方がない美琴。

一方通行「テメェらよォ…こんなトコで何してる?ってか、何でいンだ??」

絹旗「あぁー、そういえば」

彼の疑問ももっともだった。本来なら上条も美琴もまだ祭りを楽しんでる時間のはず。
それが、どうしてこんな祭りの中心から離れた…屋台もない人気のない場所へと来てしまっているのか。

美琴「そ、そっちこそ何でいんのよ!?」

逆に質問で返された。

一方通行「ァ?そりゃァ…」

絹旗「二人でイチャイチャできるからですよ。人もいないからキスだってし放題ですし…//」

一方通行「正直に言いすぎだテメェ」




771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:43:32.87 ID:MQk6mSLi0
絹旗「だって、そうでもないと…こんな何もないところ来ませんよ。ましてや今日は祭りなんだから尚更です」

一方通行「まァ、そうか」

美琴「そ…そうなんだ」

一方通行「で。そっちの来た理由は?」

美琴「そ、それは…っ!」

上条「な、なぁ絹旗。さっき言ってたことは本当なのか??」

絹旗「さっき?」

上条「こんな人通りのない場所なら…ってやつだよ。キスするとか何とか…//」

絹旗「あぁ、そのことですか。そりゃー、そういう理由でもないと来ませんよね!」

上条「そ、そう…だよな!ってことは御坂…お前まさか…っ」




772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:46:31.64 ID:MQk6mSLi0
美琴「ちょ―!?バカッ!!勘違いしないでよね!!// な、何で私があんたなんかとその…っ!!//」

一方通行(ン?話の流れ見る限り、この場所へと誘ったのは超電磁砲のほうかァ?)

絹旗「あれー。御坂さん、顔が超赤いですよ。本当は…“私たちと同じ理由”だったんじゃないですか?♪」

美琴「ち、違う!!そんなこと…私考えてないッ!!!///」

美琴(い、言えない…っ!あいつに 告 白 し よ う と し て た とか、絶対に言えない…っ!!!)




774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:50:43.89 ID:MQk6mSLi0
上条「御坂!じゃあ、何で俺をこんなところに!?」

美琴「そ、それは―!!」

一方通行「…何なんだァ?」

絹旗「…何なんですか?♪」

美琴「あ…あぁ…ぁぁっ!!」

告白しようと決意しただけでも、すでに美琴の精神状態はあっぷあっぷだった。そんな状態で、
その“告白”についてあれこれ詮索されたら…彼女のような人間は一体どうなるか?言うまでもなく、
彼女の精神は不安や動揺、焦燥感を堰きとめられず崩壊する。結果として、告白相手である上条本人にも
不信感を抱かれてしまったのだから…どうしようもない。というか、もはや告白どころではない。
そんな自己を喪失した彼女がやることはもう決まってる。美琴は“自爆タイマー”のスイッチをONにした。

上条「み、御坂??」

そして爆発した

美琴「うわああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!」ダダダダダダダ

上条「御坂―ッ!!?」

御坂美琴は逃走を開始した。




775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:55:42.26 ID:MQk6mSLi0
上条「ちょ!?な、何がどうなってんだッ!??」

絹旗「上条さん!今は彼女を追いかけてあげてください!!」

一方通行「早くしねェと、あいつホントにどっか行っちまうぞ」

上条「そ…そうだな!分かった!!二人とも、またなっ!」

そう言って、上条は急いで美琴の後を追いかけた。

一方通行「…なァ、絹旗」

絹旗「何です?」

一方通行「超電磁砲が取り乱してたのって、ありゃァ間違いなく俺らが原因だよなァ…?」

絹旗「で…ですね…っ」

一方通行「お前が言ってたキスはともかく…。
何か重要なこと言おうとしてアイツをここに誘い込ンだのは違いねェ」

絹旗「告白…といったところでしょうか?」

一方通行「かもなァ」

分かりやすい性格をした美琴なだけに、そんな彼女の心理は二人にはお見通しだった。




776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 06:59:25.07 ID:MQk6mSLi0
絹旗「でも、それってお互い様ですよね」

一方通行「あン?」

絹旗「私たちだって、上条さんと御坂さんが来たせいでその…中断しちゃったんですから」

一方通行「確かに…そうだったなァ」

絹旗「続き。しますか?//」

一方通行「いや…いい。なンか冷めちまったわ」

絹旗「そーですかぁ」

一方通行「しょんぼりすンな。俺らだったら…いつでもキスできるだろ」

絹旗「え!?いつでもキスしてくれるんですか!?一方通行ったら…いつからそんな超大胆に//」

一方通行「“時と場合による”。ここ、めっちゃ重要だぜェ?衆人環視の中でしろとかゴメンだからなァ?!」

絹旗「分かってますよ。というか、そんなことまでしちゃったら…もはやバカップルじゃないですかっ!」

一方通行「すでにバカップルっぽい気がすンのは気のせいか…?自分で言うのもなンだけどよォ…」

絹旗「あー、バレましたか。そうですね、それは知ってました♪」

一方通行「知ってたンかい」




777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:04:33.23 ID:MQk6mSLi0
絹旗「あ」

一方通行「ン?どうした?」

絹旗「携帯が落ちてます」

一方通行「……」

一方通行「さっきまではこんなもン…落ちてなかったよなァ?」

絹旗「そう…ですね。ということは―」

一方通行「あのバカ二人のどっちかが落としたもンってワケかよ」

絹旗「どちらのか調べてみます?」

一方通行「まァ、誰のか調べるくれェならプライバシーにも触れねェし、大丈夫だろ」

絹旗「じゃあ、ええっと…。あ、上条さんのみたいですね」

一方通行「あのバカのか」

絹旗「…御坂さんだったら何て言ってたんです?」

一方通行「あのバカのか」

絹旗「どっちもバカなんですね」




779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:09:30.32 ID:MQk6mSLi0
一方通行「一応携帯拾っててやるか」

絹旗「というか、まだこの近くにいるかもしれません」

一方通行「今から手渡しで届けろってかァ?」

絹旗「まだ…さっきからそんなに時間も経ってませんし、遠くへは行ってないはずです」

一方通行「そりゃァそうだろうが。ってか、お前そんなに届けてェのか」

絹旗「だって!相手を追いかけるって、鬼ごっこみたいで超楽しくないですか?♪」

一方通行「ガキかテメェは」

絹旗「ガキです!」

一方通行「しまった…テメェにそういう突っ込みがきかねェの、すっかり忘れてた」

絹旗「で、どうするんですか?」

一方通行「どうするも何もお前自身行きたいンだろうがよ」

絹旗「はいっ♪」

一方通行「じゃァ、行くしかねェよな」




782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:14:13.70 ID:MQk6mSLi0
一方通行「そうと決まれば速攻で見つけるかァ」

電極のスイッチをONにする。

絹旗「能力使うんですね」

一方通行「当たり前ェだろ。自力で探してたら、最悪日付け変わっちまうぞ」

絹旗「道がいろいろ入り乱れてるのが、この学園都市ですからねぇ」

一方通行「そういやお前はどうすンだ」

絹旗「うーむ。私じゃ、あなたの高速スピードにはついていけませんしね。私を置いて行きますか?」

一方通行「オイオイ…いくらなんでもお前を置いてあのバカを追いかけるほど、奴に義理はねェよ」

絹旗「じゃあ、どうします?♪」

気のせいか。何かを期待しているような目で…彼を見つめる絹旗。

一方通行(置いていけねェとなると一緒に行くしか。となると…)

一方通行「…おんぶするしかねェのか」

絹旗「私は、おんぶよりお姫様抱っこのほうが超いいです♪」

一方通行「最初からそれが狙いかァ!!?」




783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:18:13.26 ID:MQk6mSLi0
絹旗「ワクワク♪」

一方通行「却下」

絹旗「えー!?どうしてですか!?!」

一方通行「あのな、お姫様抱っこした人間が高速移動してみろ。おかしいってレベルじゃねェから」

絹旗「レベル6ですか?」

一方通行「あァ。レベル5第1位の俺ですら、この羞恥心には勝てそうにねェ」

絹旗「そんなにおかしいですかねえ」

一方通行「少なくとも、通行人が見てたら腹抱えて笑いだすレベルだァ」

絹旗「そうですか…。そこまで力説されると、私からはもう何も言えません」

一方通行「だから、おんぶで我慢してくれな。まァ、正直おんぶで高速移動も
かなりシュールなンだが…こればっかはしょうがねェ。テメェとは離れたくねェしな」

絹旗「っ!わ、分かりました…おんぶで我慢します//」

一方通行「…?」

絹旗(いきなり『離れたくねェ』とか、反則ですよ一方通行…///)




784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:24:29.28 ID:MQk6mSLi0
絹旗「そういえばこの前…。海から帰るときも背負ってくれたんですよね」

一方通行「そうだなァ。ただ、あのときと違って今回は高速で動くワケだから、
振り落とされねェよう…しっかりつかまっとけよ」

絹旗「了解ですっ」

一方通行「あァ、風圧で痛まねェようテメェにも若干ベクトル操作施すからよォ。
移動中…くれぐれも上で変な動きすンじゃねェぞ」

絹旗「なんでです?」

一方通行「単純に気が散る。っつか、そう聞いてきたってことは何かするつもりだったンか」

絹旗「そうですね。顔を擦りつけてみたり、耳に息をふきかけてみたり。あと―」

一方通行「もうええわ…やる気満々じゃねェかお前。いいか?絶対すンなよ?」

絹旗「えー」

一方通行「あのな、お子様にも分かりやすく教えてやる。時速100kや200kのスピードで
壁に衝突でもしたらシャレになんねェから。俺は大丈夫でも、お前の命までは保障できねェから」

絹旗「壁に激突するほど集中力切らすってよっぽどですよ?そんなに…意識しちゃうってことなんですか?//」

一方通行「…悪ィかよ」

絹旗「そんな照れてる一方通行も超可愛いです//」

一方通行「なんかもう、ため息しか出ねェわ」




785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:28:13.81 ID:MQk6mSLi0
一方通行「じゃァ、行くぞ。しっかりつかまっとけよ」

絹旗「ええっと、エンジンキーは…」

一方通行「俺は車か」

絹旗「小回りが利く分、車より性能いいですけどね」

一方通行「車から離れろ」

絹旗「じゃあタクシーで!」

一方通行「余計にタチが悪いわッ!!?」

絹旗「私は褒めてたつもりなんですけど…」

一方通行「お前とコントしてたらマジで日付け変わりそうだから、もう行くわ」

絹旗「出発進行ですねっ!」

一方通行「ホント楽しそうだなお前」

そういうわけで、出発進行した。




786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:33:24.07 ID:MQk6mSLi0
その頃。上条は、いまだに美琴を追いかけていた。

上条「だから!!何で逃げんだよ御坂!!?」

美琴「一人に…、一人にさせてって!!さっきから言ってるでしょう!??」

上条「ダメだ!!ほっとけねえよッ!!!」

美琴「そ、そんなこと言われたって…!!私は今、あんたの顔を見たくない、っていうか見れない!!!」

上条「御坂…!!お前、俺に何か言おうとしてたんじゃねえのかよ!?」

美琴「え…っ」

上条「もし何か悩みがあるんなら言ってくれよ!?俺は…いつだってお前の味方なんだからなっ!!」

美琴「ちょ…っ///な、なにカッコつけたこと言ってんのよ!!///」

上条「いいから止まれってーッ!!いい加減、俺も足が痛ぇんだってっ!!」

上条(ってかアイツ、何で浴衣姿なのにあんな速く走れんだ??)

浴衣なんて障害にもならない。それくらいに全力疾走してたのが御坂美琴だった。
先ほど爆発してしまったため、頭でまともな思考ができないのは言うまでもない。
ほとぼりが冷めるには…もう少し時間がかかりそうだった。

上条(くっ…!一体どうすれば…っ)

そんな上条少年に近づいてくる影が一つ…いや、二つ。




787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:38:25.13 ID:MQk6mSLi0
一方通行「意外に早く見つかったな」

絹旗「…あの、出発してまだ3分も経ってませんよね…?」

一方通行「だな」

絹旗「一方通行のスピードが速いってのもあるんですけど、それ以前の問題なような気がします…。
だって、今走ってる場所って…携帯が落ちてたトコとほとんど離れてないですよね…?」

一方通行「これは俺の推測だが。たぶんアイツら、同じトコをグルグル回ってたンじゃねェのか」

絹旗「えぇ…っ」

一方通行「分かったろ?だからアイツらはバカなンだ」

絹旗「なんというか、面白い人たちですね」

一方通行「愉快な奴らだァ」

絹旗「っと、話してる間にもう上条さんの背中が目の前ですよ。声かけてみたらどうです?」

一方通行「あァ…そうだな」

息を吸い込み、そして叫んだ。

一方通行「三下ァ!!!」

上条「えっ…!?」

一方通行「落とし物だァァァァァァァァァァァァァァッ!!!!!!!」




788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:44:29.58 ID:MQk6mSLi0
上条「!?What??な、何で一方通行がここに!?というか落とし物って何!!?」

一方通行「落とし物は落とし物だ三下ァァァァァァァァァァァァァッ!!!!!!」

上条「意味分かんないですからッ!!?というか、なんか凄い怖い形相してるのは気のせいでせうか!!?」

一方通行「俺に落とし物なンか届けさせやがって、覚悟はできてンだろうな三下ァァァァァァァァァ!!??」

一方通行(お前のせいで俺は絹旗に車扱いされるわ可愛い言われるわ…散々だったンだぞ!?あァ!!?)

上条「よく分かんないけど!!なんか上条さん…とても理不尽な理由でキレられてる気がするんですよ…!?」

絹旗(ぎゃ、逆切れならぬギャクギレータってやつですか…!でも、これもまた一興です♪)

観客気分の絹旗だった。ちなみに…上条さんはあまりの恐怖ゆえ自分の後ろを
振り返れなくなっている。ゆえに、背負われてる絹旗の存在にも気付いていない。

美琴(…??な、何かあったの…?)

そして、さすがの美琴も後ろの喧騒に気付いたらしく…思わず後ろを振り向いた。すると―

上条「俺はまだ死にたくないぞおおおおおおおおおおおおおおおっ!!?!」

美琴「きゃああああああああああああああああああっ!!??!」

鬼の形相をした上条が眼前に迫っていた(ただしくは必死な顔だが、美琴にはそう見えた)。




790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 07:49:45.67 ID:MQk6mSLi0
一方通行「だから、落とし物って言ってンだろうがあああッ!!!!」

上条「落とし物…!?落とし物…ッ!?」

上条(う、上から何かを落として攻撃してくんのか!?)

もはや上条当麻は、“落とし物”を辞書通りの意味で受け取るには不可能な状態となっていた。

上条(だ、だが!俺のこの右手があれば…多少なら上からの落下物も防ぎきれるはず…ッ!!)

そう考え、彼は何かあったときのことを想定し…右手を軽く挙げた状態で走り続けた。

美琴(手…??手なんて挙げて何!?あれは、何かの合図…?!)

そこで、美琴もあらぬことを考え始めた。

美琴(いつもいつも、アイツには私の電撃は通用しなかった。でも…よく考えればそれは全く
効かなかったわけじゃなく、アイツは“手”で打ち消してたような気もする。え?じゃあ何?今アイツが
手を挙げてる意味って…私に電撃を撃ってこいと、そういうことなの??挑発してるってこと!?あれ?
でも今逃げてるのは私のほうよね…?追う側の人間が追われる側の人間に攻撃しろってどういうこと!??
そ、そうか!もしかしてアレはアイツなりの“御坂美琴と勝負しようぜ”の合図なのか!なら納得かも。
私だって、アイツにしょっちゅう勝負をふっかけてるもんね。あ、いや、やっぱりおかしいッ!!
だって、今日はお祭りなのよ!?特別な日なのよ?!アイツとはさっき屋台も回ったし、花火だって見た!!
なんでそんな状況で私に勝負なんて挑んでくんのよ…??こっちは…アンタに一体どうやって告白しようか
って凄く悩んでたっていうのに…っ!!な、何よ!?悩んでた私がバカみたいじゃないの!!?
ええ…分かったわ。アンタがその気なら、私は絶対にアンタには追い付かれないわ!!逃げ切るわ!!
超電磁砲のプライドにかけても、私は…絶対にアンタから逃げ切ってみせる…ッ!!!)

爆発の影響は甚だ残ったままだった。どうやら、ほとぼりが冷めるには今日一日はかかるかもしれない。




793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:00:14.61 ID:MQk6mSLi0
絹旗「……」

絹旗「一方通行…?」

一方通行「な、何だァ!?今追いかけるのに忙しいンだ!!」

絹旗「いやぁ…なんか楽しそうだなって思って♪」

一方通行「……」

一方通行「どうしてそう思った?」

絹旗「だって、さっきと比べると明らかにスピード落ちてるじゃないですか」

一方通行「まァな」

絹旗「というか、普通なら上条さんの背中が見えた時点で…すでに追いついてないとおかしいんですよ。
向こうは生身で走ってるのに対し、こっちは体にベクトル操作超かけてんですからね」

一方通行「あァ」

絹旗「二つ目。何でさっきから落とし物落とし物言ってんです?
『携帯を落とした!』って言えばそれで済む話、にもかかわらずですよ」

一方通行「そうだなァ」

絹旗「結論。上条さんと適度な距離を保つことで、一方通行はこの状況を楽しんでるんですよね?♪」

一方通行「かもしれねェ」




794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:02:27.14 ID:MQk6mSLi0
絹旗「一体どうしちゃったんですか?」

一方通行「テメェの影響かもな」

絹旗「??これは予想外の返答が来ましたね。私の…影響?」

一方通行「あァ。こういうバカ騒ぎが楽しいと思うようになっちまった」

絹旗「その言い方だと、私がバカっぽいんですけど…」

一方通行「綿飴を口から取ってくれだの。俺を挑発してきたヤツが何言ってやがる」

絹旗「そ、それは…!その、なんというか、祭り特有のそういう雰囲気で…気分が高揚しちゃったんです」

一方通行「だから。俺も同じなンだよ」

絹旗「え…」

一方通行「その祭りってやつで、俺も気分がハイになってンだよ」

絹旗「っ!だからこんな…“鬼ごっこ”をやってんですか?」

一方通行「やってることは凄ェくだらねェけどな…なンか楽しいンだよこういうのがよォ」

絹旗「あらら。すっかり自分に素直になっちゃったんですね」

一方通行「もっと早く気付けばよかったって、今じゃそォ思ってる」

絹旗「…これからつくっていきましょうよ。そういう思い出を!」




796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:08:10.01 ID:MQk6mSLi0
一方通行「そうだな。ただ…アイツらにとっちゃ、今この瞬間は忘れてェ思い出かもなァ」

アイツらとはもちろん、目の前を涙目で全力疾走する上条当麻と、頭が絶賛沸騰中の御坂美琴のことである。

絹旗「そんなこともないんじゃないですか?なんだかんだで、二人とも楽しんでると思いますよっ」

上条「だからッ!!何でついてくんだよ一方通行――――――!!!?」

美琴「絶対逃げてやるんだからねっ!!!!!」

一方通行「まァ、充実はしてるっぽいな」

絹旗「全力で青春を謳歌してますよね」

一方通行「っつうか、単に必死なだけだろ」

絹旗「必死にさせてるのはどこの誰ですか?♪」

一方通行「俺だァ」

絹旗「ですよねー。いつまで楽しむつもりなんですか?」

一方通行「あのバカが俺の不自然さに気付きゃァ終わりだよ」

絹旗「不自然さ?」

一方通行「能力使ってるくせにスピードがめっちゃ遅ェってのもあるが…。そもそも絹旗背負って
追いかけてる時点で 異 常 事 態 だろうがよ。普通のヤツなら立ち止まって状況把握に努める」

絹旗「一向に気付く気配がないのが目の前の上条さんなんですけど」




797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:12:40.22 ID:MQk6mSLi0
一方通行「それならそれで、いつまでも追い回すだけだァ!!」

絹旗「あちゃー。日付け変わっちゃうかもしれませんね」

一方通行「ま、冗談だがなァ。俺の電池のことだってあるしよォ」

絹旗「……」

一方通行「?何だァ?」

絹旗「いや、まさか花火大会が“こんな展開”になるなんて…予想もしてなかったので!」

一方通行「誰にも予想できねェよこんなワケ分かんねェ展開」

絹旗「第1位ですら演算できなかったんですか?」

一方通行「演算とかそういう問題じゃねェだろ」

絹旗「ですね。今の一方通行は鬼ごっこを楽しむ…ただの一般人です♪」

一方通行「もっとも、鬼の交代はなさそうだぜェ。とんだ“一方通行”な鬼ごっこもあったもンだ」

絹旗「一方通行なだけに…ですか?」

一方通行「『こっから先は一方通行だァ!!』ってやつだな」

絹旗「あぁー!!その名言、私… 一回聞いてみたかったんですよっ!!
うわっ、本当に聞いちゃった。超嬉しいです//」

一方通行「そんな立派な言葉だったンかこれ」




799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:17:23.12 ID:MQk6mSLi0
上条「って、あれ…?一方通行の奴、絹旗を背負って何やってんだ…??」

上条が足を止める。

美琴「あ、あれ…?何であいつ、追っかけてこなくなったのよ…っ!」

美琴が足を止める。

一方通行「どうやらゲーム終了のようだぜェ」

絹旗「あれ。終わっちゃったんですか。もう少し長引くと思ってたんですが…」

一方通行「…また、アイツらと遊びてェか?」

絹旗「はいっ!そういう一方通行もですよね?♪」

一方通行「そうかもなァ」

絹旗「そうだ!この際だから、二人と遊ぶ約束取り付けちゃいましょう!!」

一方通行「慌てンな。まずは…あのバカに携帯渡すとこからだァ」

絹旗「ぁ…そういえば、元々はそのために追いかけてたんでしたっけ?!すっかり携帯のこと忘れてました…」

一方通行「心配すンな。俺もさっきまで忘れてた」




800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:22:38.09 ID:MQk6mSLi0
絹旗「…一方通行」

一方通行「ン?」

絹旗「今日は。楽しかったですか?」

一方通行「見て分からねェか?楽しかったに決まってンだろ」

絹旗「それを聞くと…。あなたを花火大会に誘って良かったって、そう思いますっ!」

一方通行「来年も来てェよな」

絹旗「はい。一緒に来ましょうね」

とある学園都市の一方通行
とある学園都市の絹旗最愛

一方通行「…俺からも。今度誘っていいか?」

絹旗「あなたからの誘いを断るわけないじゃないですか。だって―」


そんな― とある二人の物語


「私は、一方通行のことが超好きなんですからっ!///」

Fin




801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:24:13.63 ID:MQk6mSLi0
終わりです!支援、保守、見てくれた人、ありがとうございました!




802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:24:40.65 ID:Rm5ESd8j0
面白かった!乙




809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:40:52.17 ID:eZyirVrYi
一乙 マジお疲れさん
乾燥機は爆発しろ




811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 08:45:59.32 ID:46OXA7xsO
乙カレーター






-----------
当ブログについて
※欄4さんありがとうです。



とある魔術の禁書目録II 打ち止め[ラストオーダー] (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
とある魔術の禁書目録II 打ち止め[ラストオーダー] (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
キューズQ 2012-01-28
売り上げランキング : 1058

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
高坂桐乃 水着Ver (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) 藤和エリオ (1/7スケール PVC製塗装済み完成品) ぺたん娘 とある魔術の禁書目録II 御坂美琴 (ノンスケール PVC塗装済み完成品) ぺたん娘 とある魔術の禁書目録II 白井黒子 (ノンスケール PVC塗装済み完成品) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 新垣あやせ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/20(金) 16:07: :edit
    どや
  2. 名前: 偽者 #-: 2012/01/20(金) 16:25: :edit
    むぎのんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 漆黒のゴリ #-: 2012/01/20(金) 17:49: :edit
    久しぶりの禁書(*´∇`*)
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/20(金) 17:54: :edit
    ※2
    偽者めっ!

    きぬはたのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/20(金) 22:06: :edit
    005getだぜ!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/20(金) 23:31: :edit
    かき氷の原材料はほぼ同じらしい
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 02:05: :edit
    かき氷が飲み物…?
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 03:42: :edit
    いいなこういうの
    彼女欲しいなあ...
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 07:07: :edit
    アイテムの面子が幸せそうなのはいつ見てもよい・・・
    フレ/ンダも一応出番合ったしw
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 15:12: :edit
    絹旗が楽しそうで何より。というか禁書久々だな
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 17:51: :edit
    禁書いいおー♪( ´▽`)

    まどかssばっかでしょうもなかったからちょうどよかった@ 'ェ' @
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/21(土) 21:24: :edit
    久々の禁書で満足 楽しかった
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/22(日) 00:34: :edit
    辞書好きだな>>1
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/22(日) 02:51: :edit
    上条は爆発っていうか切腹しろよもう
  15. 名前: チハリス #-: 2012/01/24(火) 15:05: :edit
    ほっこりした(´▽`)
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/16(金) 12:19: :edit
    絹旗かわいい
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。