ほむら「大晦日ね……」杏子「やることも何もないけどな」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/02(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:11:41.07 ID:H58sou+70
ほむら「えぇ、ないわね」

杏子「あぁ、ないな」

ほむら「……」

杏子「……」

ほむら「ところで大晦日って何をするの?」

杏子「そんなこともしらねぇのかよ」

ほむら「今まで病院だったし……」

杏子「まぁ私も人の事は言えねぇな」

ほむら「あ、でも年越し蕎麦を食べる事と掃除をすることは知ってるわ」

杏子「掃除って、この家具のほとんど見当たらない部屋って掃除する必要あるのか?」

ほむら「埃とか?」

杏子「10分かからないな……というかこまめに掃除してるんだろ?」

ほむら「それはまぁ……」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:15:45.13 ID:H58sou+70
杏子「そういや普段みたいにまどかやさやか、マミを呼んでないんだな」

ほむら「まどかとさやかは家族がいるもの……年越しはそっちですごすわよ」

杏子「まぁそれもそうだな」

杏子「じゃあマミは?」

ほむら「マミは受験生だし……」

杏子「あーなるほどね」

ほむら「そこで一人でいるのも寂しいのであなたを呼んだというわけよ」

杏子「素直に一人で寂しいってまどかにでも言えば入れてくれるだろうに……」

ほむら「それでもまどかの家族にまで迷惑はかけれないわ……」

杏子「まぁおかげで私の暇つぶし相手ができたってよろこんどくかな」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:18:05.93 ID:H58sou+70
ほむら「じゃああなたの暇つぶし相手に選んでもらえたところで……」

杏子「ん?」

ほむら「何をするの?」

杏子「……」

ほむら「……」

杏子「いや、呼ばれてきたら何かやるんだと思ってたんだよね」

ほむら「まぁ普通はそうよね」

杏子「うーん……大晦日ってのにとらわれすぎたら駄目なんじゃないか?」

ほむら「つまり?」

杏子「正月にやる遊びを今やっても問題はないだろってことだ」

ほむら「なるほどね……」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:20:12.82 ID:H58sou+70
杏子「まぁ見渡す限りこの家にゲーム類はなさそうだけどな」

ほむら「あるわよ?」

杏子「バーチャル●ーイとか言うんだろ?」

ほむら「そうじゃなくて、ちゃんとした正月遊びの物、あるわよ?」

杏子「どこに?」

ほむら「盾の中に」

杏子「便利だなおい……」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:22:51.49 ID:RRm0pjX10
俺も久々に百人一首とかしたい!




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:24:44.53 ID:H58sou+70
杏子「じゃあ何をする?」

ほむら「ちょっと待ちなさい……」ゴソゴソ

ほむら「これかしら?ってこれは違うわね」

杏子「これかしら?って盾の中のどこに何を突っ込んだとかわからないのかよ」

ほむら「武器はちゃんとしまってるけどこの手の物はとりあえず突っ込んどけって感じでね」ゴソゴソ

杏子「まぁいいけど……」

ほむら「こんどこそ」

杏子「百人一首か……」

ほむら「……」

杏子「じゃああたしが読み上げてやるからとれよ」

ほむら「それのどこに楽しさがあるの?」

杏子「……」

ほむら「……」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:28:14.06 ID:H58sou+70
杏子「他に何かないのか?」

ほむら「待って、あるはずだから」ゴソゴソ

ほむら「これは何かしら?」ズルッ

杏子「盾の中を掃除したほうがいいんじゃねぇの?」

ほむら「遊び道具なんて邪魔だから突っ込んだだけだし武器が整理されてるから面倒よ」

杏子「まぁおまえがいいならいいけどさ」

杏子「それで、出てきた道具は……人生ゲームか……」

ほむら「……」

杏子「んじゃやるか」

ほむら「二人で?」

杏子「さっきみたいにゲームにならないってこともないだろ」

ほむら「それもそうね」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:33:07.02 ID:H58sou+70
カラカラカラ

杏子「お、6だ」

ほむら「杏子の止まったマスは全財産と職を失ってスタートへ……」

杏子「……」

ほむら「……」

杏子「へ、いいさ……まだ追いつける」

ほむら「私の番ね」

カラカラカラ

ほむら「3ね……」

ほむら「えっと、離婚……さらに慰謝料発生……」

杏子「ろくな運がないなあたし達……」

ほむら「えぇ……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:38:09.35 ID:H58sou+70
ほむら「おかしいわね、こういったゲームというのは基本的に明るい気分になれるようになっているはずなのに」

杏子「そりゃあ本来お金が多い方が勝ちのゲームだしな」

杏子「自然とお金がたまるようなマスがおおくなるはずなんだよな」

ほむら「えぇ、でも……私、約束手形がいっぱいよ」

杏子「スタートに戻ったのにあたしももう約束手形があるよ」

ほむら「……」

杏子「……」

杏子「特別ルールだ」

ほむら「何かしら?」

杏子「片方がゴールした時点での約束手形の多い方が勝ちな」

ほむら「望むところよ」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:43:49.46 ID:H58sou+70
―――――
―――

杏子「勝った……けどなんだこの勝った気がしない感じ……」

ほむら「負けたけど悔しくないわね……」

杏子「まぁそういうお前も借金したままゴールだけどな」

ほむら「もう2度とあなたと以外人生ゲームはしないわ……」

杏子「あたしもだ……」

ほむら「皆が幸せな人生を順風満帆に進めて私達が暗い雰囲気になって気をつかわせるのが目に見えてるもの」

杏子「あぁ……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:50:08.93 ID:H58sou+70
ほむら「うーん他に何か……」ゴソゴソ

ほむら「あったわ」ズルッ

杏子「羽子つきセットか」

ほむら「こんなものいつ突っ込んだのかしら?」

杏子「まぁいいじゃねぇか、身体を動かすようのもさ」

ほむら「この寒い中?」

杏子「寒いからこそだよ」

杏子「それに寒いから人もあんまり出歩かないだろうし」

ほむら「私達が本気で遊べるということね」

杏子「魔法少女の力でな」

ほむら「へぇ……おもしろいわね、ルールにのっとって墨も準備しないとね」

杏子「へっいつもすまし顔のお前の顔を馬鹿みたいに黒くしてやるよ」

ほむら「あら、あなたの顔こそ真っ黒に染め上げてあげるわ」

杏子「ストレス発散に魔力を使うのもなんだけど、ストレスためてる方が濁るってもんだよな」

ほむら「えぇ、同感よ」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 17:56:35.48 ID:H58sou+70
―空き地―

ほむら「ここなら元々人通りも少ないわね」

杏子「あぁ、にしても魔法少女服が半そでのあたしがちょっと不利じゃないかい?」

ほむら「動き始めたらそっちの方が有利じゃない?」

杏子「まぁいいか、ルールはどうする?」

ほむら「そもそもはねつきってどういうルールなの?」

杏子「板でうけれなかった方が負けだろ?」

ほむら「でもまっすぐ打ち返されなかったらどうするの?」

杏子「そうか……じゃあ今いる後ろに線をひいてそこより下がるのは禁止で後ろに羽を逃したら負けでどうだ」

ほむら「相手の後ろに届くようにうたなくてはならないってわけね」

杏子「単純明快だろ?」

ほむら「えぇ」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:02:01.27 ID:H58sou+70
杏子「先行はゆずってやr」

ヒュン

ほむら「あら、もう始まってると思っていたわ」クスクス

杏子「へぇ、やってくれるじゃん……」

ほむら「さぁ、墨でほっぺに×を書いてあげるわ」ペタペタ

杏子「いいさ、これぐらいのハンデはやらないとな……」

ほむら「ふふっいい顔になったじゃない」

杏子「あぁ、おかげさまでな、いくよ!」カン

ほむら(力任せに撃ったって羽子板が耐えられる程度の威力!)

バキャ

ほむら「な!羽子板が砕け散って!」

杏子「あぁ、悪い悪い、まさか羽子板を魔力で強化せずに戦おうなんて甘い考えをほむらが持ってるなんて思わなかったよ」

杏子「まぁなんにせよ後ろに飛んだからお前の顔にも落書きしてやらないとな」

ほむら「やってくれるわね杏子……」

杏子「美人なほむらがもっと美人になるように目の周りに○を書いてやるよ」ペタペタ




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:08:50.47 ID:H58sou+70
ほむら「代わりの羽子板を用意しないとね」ニコニコ

杏子「弾のほうもちゃんと強化しておいたから安心しろよ」ニコニコ

ほむら「さてと……準備はいいかしら?」

杏子「きな!」

ほむら「……」カン

杏子(さすがほむら、うちにくい足元を!)

杏子「舐めるなよほむら!」カン

杏子(私はルールで自分の後ろとしかいってない、高さは関係ないんだよ!うちあげてお前の負けだ!)

ほむら「甘いわ、線より下がらなければいいのでしょう?」

ほむら(撃ちあげてくるのは予想の範囲内、だったらあがり切る前に撃ち落とすだけ!)

ほむら「終わりよ!」カン

杏子「負けるかあああああああああああ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:14:22.61 ID:H58sou+70
―――――
―――

さやか「初詣はどうしようかなー」

さやか「仁美は断られたけど、いつも通りまどかは誘って、杏子とほむらとマミさんも聞いてみないと」

さやか「にしてもまさか大晦日を家族の急用で一人で過ごすことになるとはいやはや……」

さやか「ほむらや杏子はどうしてるか聞こうと思ったら連絡付かないし……」

ワイワイガヤガヤ

さやか「あれ?何あのひとだかり……」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:17:35.82 ID:H58sou+70
モブA「あれってさー2年の暁美さんだよね?」

モブB「あの二人すごーい」

モブC「何かの撮影じゃないのか?」

さやか「はいちょっと失礼しますよーっと……やっと一番前まで出れた」

カンカンカンカンカン

ほむら「喰らいなさい!」カン

杏子「右側ががら空きだよ!」カン

ほむら「馬鹿ね、わざと隙を見せたのよ!」カン

杏子「息があがってるんじゃないかい!」カン

さやか「あ、あぁ……あんたら何してんのよおおおおおおおおおおおおお」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:25:37.92 ID:H58sou+70
ほむら「あらさやか、今年会えるなんて思ってなかったわ」カン

杏子「よぉさやか、こんなところに来るなんてどうかしたのか?」カン

さやか(こいつらこっちに目を向けずに話してる……)

ほむら「悪いけど、今4勝4敗で負けられないのよ」カン

杏子「用事があるなら後にしてくれるかい」カン

さやか「ってあほかー!」

さやか(魔法少女服でなんで羽子板?まだ大晦日じゃん!4勝4敗って何?しかも墨で落書きも)

さやか「ああもう突っ込みきれない!」

ほむら「そこぉ!」カン

杏子「なめんな!」カン




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:36:51.53 ID:H58sou+70
ほむら「古今東西私の好きな人!まどか!」カン

杏子「へ?え、あっ!ま、マミ!」カン

さやか(別ゲーまで始まった!?)

ほむら「杏子!」カン

杏子「は、はぁ///ってさ、さやか!」カン

杏子(しまった!思った方向にうててない!)

ほむら「答えなくてもいいのにこたえるなんて律儀ね」

ほむら「そして自分の名前をあげられて動揺するなんてね!」カン

さやか(この大勢の人の中でそれを動揺せずに叫べるあんてがすごいって……)




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:45:06.25 ID:H58sou+70
杏子「まだだ!」カン

ほむら「クッまだ耐えれるというの!」カン

杏子「やられたことはやり返す!」カン

ほむら「やってみなさい!」カン

杏子「古今東西私の好きな人!ほむら!」カン

ほむら「恋人になりたいという意味でさやか!」カン

さやか「な、何言ってるのほむら!?」

杏子「な、何言ってやがる///」スカッ

杏子「あああああああああああああああああああああああ」

ほむら「はぁ……はぁ……私の勝ちよ……」

杏子「くっそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

さやか(この二人……どうやってこの人だかりから連れだせばいいんだろう……)




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:50:57.61 ID:H58sou+70
ほむら「そういえばさやか、何の用」ペタペタ

さやか「周りをちゃんと見て思うことはない?」

ほむら「たくさん人がいるわね、もしかして魔女の口付け?」ペタペタ

杏子「結構疲れてるのに連戦かよ」

さやか「って魔女の口付けじゃないっての!」

ほむら「そうなの?なら安心ね」

杏子「はー負けたけど身体動かしてすっきりしたな」

ほむら「そうね、じゃあ帰ってシャワーでも浴びましょう」

杏子「そうだな、じゃあなさやか」

ほむら「じゃあねさやか、また新年にでも」

さやか「って何を堂々と帰ろうとしてるのさ!」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 18:59:22.98 ID:H58sou+70
ほむら「?」

杏子「?」

さやか「ああもう!二人揃って何そのキョトンとした顔!」

ほむら「私と杏子はちょっとスポーツをしていただけよ?」

さやか(そのスポーツが人間レベルじゃないってのに気がついてよ!)

杏子「というかさやかは家に帰らなくていいのか?もういい時間だろ」

さやか「え?あーそれは家族が急用でさ」

ほむら「暇ならあなたも家に来る?杏子と二人で寂しく過ごしていたから」

杏子「さやかもいれば遊べるものが増えるな」

さやか(え?何?なんでこいつらこんなに普通にいられるの?魔法少女姿を人に見られたのに)

さやか「まぁいいけど……」

ほむら「じゃあきまりね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:05:23.03 ID:H58sou+70
―ほむホーム―

さやか「ってやっぱりおかしいでしょ!!」

ほむら「長いタメ突っ込みね」

杏子「家までは我慢してたってことだろ」

さやか「え?何?私そんなにおかしい?私がおかしいの?ねぇ!」

ほむら「さやか、私と杏子は何か悪い事をしていたの?」

さやか「え?そりゃあしてないけど……」

ほむら「じゃあちょっと運動できる女の子二人がコスプレしてはねつきをしていただけじゃない」

杏子「そうそう、万引きだって堂々としたらばれないもんだよ」

さやか「ああもう、突っ込みどころが多すぎるでしょ!」

ほむら「大丈夫よ、ちょっと空中で羽が5往復ぐらいした程度だし」

杏子「そうそう、それに例でいっただけでもう万引きはしてないからな?」

さやか「そういうもんだいじゃなああああああああああああああああああい」

ほむら「安アパートだから余り叫ばれると近所迷惑になるわ」

さやか「はぁ……もういいや……」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:16:36.41 ID:H58sou+70
ほむら「さて、シャワーを浴びてくるわ」

杏子「そうだな、墨ついたままだし」

さやか「はぁ……いってらっしゃい……」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:20:59.86 ID:H58sou+70
さやか(この分ならあの二人は初詣はいけるかな?)

さやか(そうだ、まどかにも連絡してみないと)

ピッピッピッ

さやか「お、もしもーしまどか?」

まどか「さやかちゃん?どうしたの?」

さやか「0時過ぎたら初詣いかない?」

まどか「ちょっと待ってね、ママとパパに聞いてみる!」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:24:29.85 ID:H58sou+70
サー

ほむら「身体が温まるわね……」

チャプ

杏子「やってる最中は熱かったんだけどな、帰り道は汗のせいで凍えるかと思ったよ」

ほむら「さて、狭い湯船に二人入れるのかしら?」

杏子「さぁ?」

ほむら「まぁあなたならいいわね」

チャプ

杏子「あ、あなたならいいってなんだよ///」

ほむら「あら?もしかしてまだ古今東西ゲームの事気にしてるの」クスクス

杏子「う、うっせー」

ほむら「それともさやかの事をからかうように返した事かしら?」クスクス

杏子「あーもううっせー!」

杏子「お前だってまどかが目の前にいるときに好きって言えないヘタレなくせに!」

ほむら「な!う、うるさいわよ!」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:29:13.43 ID:H58sou+70
まどか「お待たせ―いいってさ!」

さやか「ほうほう、それはよかった」

まどか「仁美ちゃんは?」

さやか「今年も無理っぽいね、でも今回はほむらと杏子が来れると思う、マミさんは受験生だからまだわかんない」

まどか「皆で行けるといいけど、ほむらちゃんや杏子ちゃんも一緒なんて楽しみだね」

まどか「ところで、さやかちゃんの方から騒がしい音がするけど、何かしてるの?」

ギャーギャー

さやか「あーうん、ちょっとね」

ほむら「いい!私のまどかへの愛と言うのは!」

杏子「はっ!結局ヘタレないいわけじゃねぇか!」

さやか「ええいほむら!杏子!うるさい!」

シーン

まどか「ほむらちゃんと杏子ちゃんが一緒にいるの?」

さやか「うん、ちょっとね」

まどか「いいなー楽しそう」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:35:49.74 ID:H58sou+70
ほむら「まさか自分の家で誰かに怒られるなんておもわなかったわ」

杏子「そういやお前の家だったな」

ほむら「紛うこと無き私の名義のアパートよ」

杏子「なんか半分自分の家の気分だったよ」

ほむら「そうよね、確かにあなたはよく私の家に転がり込むわね」

杏子「一人暮らしのやつで見知った相手がいるってのは楽なもんだな」

ほむら「そう……」

杏子「にしてもお前って胸小さいな」

ほむら「そう、そんなに私を怒らせたいのね」

杏子「へ?いやそんなつもりはなかったんだが」

ほむら「……」

杏子「わ、悪かったって!や、やめ!」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:48:40.67 ID:H58sou+70
さやか「まどかもこっちにくる?」

まどか「うーん、この時間におうちをでるのはとめられちゃうかな……」

さやか「そっか、まぁほむらの家だからまどかならいつだってOKだろうけど」

まどか「もう、だめだよちゃんとほむらちゃんに聞かないと」

まどか「あ、そうだ!ママが言ってたんだけど」

さやか「ん?」

まどか「一緒に行く子を」

杏子「あはははははははっはははや、やめ!あははははは」

杏子「ひひひあははははははは、悪かった!悪かったって!」

さやか「あーごめん、もう一度お願い」

まどか「うぇひひ、本当に楽しそうだね、えっとねママが一緒にいくこを一度見てみたいからつれてきてだって」

さやか「あーたぶんあれだね」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんとか杏子ちゃん、マミさんの話はよくしてるからたぶん一緒に行くだろうっておもわれたんだとおもう」

さやか「まぁあいつらとマミさんなら似合うだろうし、わかった、0時過ぎたらまどかの家に迎えにいくね、寝ちゃだめだぞー」

まどか「もう、今日ぐらいは徹夜するもん!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 19:57:02.51 ID:H58sou+70
プツッ

さやか「さてと……」スタスタ


杏子「あははははははははは」

ほむら「もっと笑いこけるがいいわ!」コショコショ

杏子「ひあはははは、悪かった!もう二度と胸のこといわないから!あはははははは」

ほむら「私はあなたのわき腹が弱点ってことぐらい知ってるのよ」

杏子「あーははははははやめてくれーあははははは息がははははゲホッあははははは」

ガラッ

ほむら「え?」

杏子「はぁ……はぁ……さ、さやか?」

さやか「あんたら……うるさい……」ギロ

ほむあん「ご、ごめんなさい……」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:06:19.97 ID:H58sou+70
ほむら「さて、そろそろ夕飯にしましょうか」

杏子「お、待ってました!」

さやか「夕飯っていうと年越しそば?」

ほむら「えぇ、味としてはきつねとてんぷらどっちがいいかしら?」

杏子「きつね!」

ほむら「さやかは?」

さやか「ほむらの料理っておいしいし楽しみかも……てんぷらで」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:12:45.59 ID:H58sou+70
さやか「ってカップめんかい!」

杏子「何を言ってんだよ!紫のどんべぇはこの時期にならないとあまり見かけないレアものだぞ!」

ほむら「それに私は手打ちそばができるような機材も腕もないわ」

さやか「いや、手打ちまでやるとは思ってないけど」

ほむら「といわれても……」

さやか「しょうがない、さやかちゃんが作ってあげましょう」

ほむら「材料はないわよ?」

さやか「元々外を出歩いてた理由が年越しそば作るための材料だし、ほら」

ほむら「あぁ、持ってたのね」

さやか「暇してたところであんたらと会えたわけだしせっかくだしね、キッチン借りるね」

ほむら「えぇ」

杏子「さやかが料理ねぇ……できるのか?」

さやか「失礼な!」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:21:38.78 ID:H58sou+70
さやか「って何これ火力弱!」

さやか「てかコンロ1個とか同時に何かができないじゃん!」

さやか「ネギ切る場所も狭!何これ!」

ほむら「安アパートを舐めていたわね」

杏子「いざとなったらどんべぇがあるからいいか……」

ほむら「そうね」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:33:49.85 ID:H58sou+70
さやか「完成!」

ほむら「へぇ……おいしそうね」

杏子「見た目と匂いは問題ないな」

さやか「何よその言い方……」

ほむら「大丈夫よさやか、安心して!いざとなればここに誰でも作れる魔法のそばが」

さやか「うん、赤いどんべぇだね」

杏子「へ、知ってるぜこういう展開……」

杏子「意外なやつが料理ができておいしいって驚かされる」

さやか「お、意外ってのは余計だけどわかってんじゃん」

杏子「とおもいきややっぱりとんでもない味がするって言うギャグマンがの展開だろ」

ほむら「気を引き締めないといけないわね」

さやか「杏子は私に何の恨みがあるのよ!」

ほむら「私は恨みがあってもおかしくないと?」

さやか「うん、あんたよりまどかの中では私のほうが付き合い長いってところとか」

ほむら「なるほど……聞かされて気がついたわ、これが殺意だったのね」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:38:04.46 ID:H58sou+70
ほむら「さーやーかー」

さやか「大丈夫だよほむらちゃん!」

ほむら「今ので、さらなる殺意を得たわ」

杏子「あー今のは殴ってもおかしくねぇな」

さやか「ひど!」

ほむら「まぁそれはともかくとしていただきます」

杏子「いただきます」

さやか「あんたらってこんなについていきにくい性格してたっけ……いただきます……」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:47:47.41 ID:H58sou+70
ズルズル

ほむら「驚いたわね、美味しいわ」

杏子「あぁ……」

さやか「あんたら人を何だと……」

ほむら「元まどかを救う上での障害」

杏子「元なまいきなひよっこルーキー」

さやか「なんていうか……あんたら知らない間にずいぶん仲良くなってるね」

ほむら「一人暮らしであるマミと私、片方が受験生……という理由で私の家によく来るもの」ズルズル

杏子「ホテル代って結構馬鹿にならないからな」ズルズル

さやか「ふーん」ズルズル

さやか「今度からあたしも一人になる日とかほむらの家いこっかな」ズルズル

ほむら「事前に連絡をくれると助かるわ、杏子は思いつきなせいで食材をどれだけ買っていいかわからないし」

さやか「あ、来てもいいんだ」

ほむら「いつでもどうぞ、食材を持ってきて料理をしてくれると楽で助かるわ」ズルズル

さやか「自分でできる癖に楽はしたいんだね……」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 20:54:03.29 ID:H58sou+70
ほむら「ご馳走さま」

杏子「ごっそーさん」

さやか「お粗末さまっと」カチャ

ほむら「あら、食器まで運んでくれるの?」

さやか「え?普通じゃない?」

ほむら「だそうよ杏子」

杏子「いやー食ったなー」

ほむら「まぁいいわ、だったらシンクに水をつけておいといて、後はするから」

さやか「だめだめ、新年を迎えようって言うのに洗いものを残すなんて」

ほむら「そう?じゃあ手伝うわ」

さやか「じゃあお願い」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:35:20.01 ID:H58sou+70
ほむら「さて、夕飯も食べたし何かしましょうか」

さやか「そういえばここって何もないよね」

さやか「だから羽根つきしてたの?」

杏子「羽根つきの前に人生ゲームを二人でな……」

ほむら「えぇ……」

さやか「へぇ、いいじゃん人生ゲーム、3人だとちょっと人が少ない感じだけどやろうよ」

ほむら「本当にしたいの?」

杏子「後悔するなよ?」

さやか「よくわかんないけどいいじゃんやろうよ」

ほむら「じゃあ準備するわ」ゴソゴソ




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:37:52.45 ID:H58sou+70
ほむら「これで準備完了ね」

さやか「よーしじゃあまずはあたしから!」

カラカラ

さやか「よっし高給の政治家をGET!」

ほむら「日本は崩壊ね」

杏子「あぁ……」

さやか「何を言うか!」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:43:22.08 ID:H58sou+70
カラカラ

ほむら「私は1ね……職につけるマスではないわね……」

さやか「これは次でほむらが6をだして無職になるパターンだよね」

杏子「無職はなりにくいはずだけど人生ゲームでなることがあるもんな」

杏子「ほかの高給職は医者か……」

カラカラ

杏子「あ、さやかとダブった……」

ほむら「同じ職はなしだから無職ね」

さやか(二人とも運が悪いなぁ、これはあたしのダントツ勝利の予感!)




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:50:16.74 ID:H58sou+70
さやか「よーし」

カラカラ

さやか「6!一気に進んじゃうよ」

さやか「お宝発見10万ドルGET!」

ほむら「すごいわね……」

カラカラ

ほむら「6……またも無職なのね……」

杏子「まぁ元気出せよ」

さやか(ってことは二人でやったときは杏子が勝ったのかな?)

杏子「私はっと……4」

ほむら「あなたも無職ね」

杏子「あぁ……」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:53:18.95 ID:7aSQgDpX0
さやかちゃんこんな所で運使ってるから………




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 21:55:10.49 ID:H58sou+70
さやか「なんていうか……1回目はどんな感じだったの?」

ほむら「約束手形が多いほうが勝ちという特別ルールを作ってプレイしてたわ」

杏子「まぁそんな感じだ」

さやか「それって狙ってできることじゃないんじゃ……」

ほむら「……」

杏子「……」

さやか「よ、よーしさやかちゃんどんどん進んじゃいますよー」

カラカラ

さやか「落ちていた財布を拾い、指定した相手の所持金を1割もらう」

ほむら「なけなしの1000ドルだけど……」

杏子「私も1割なら1000ドルだな」

さやか「あーじゃあほむらで……」

ほむら「えぇ、どうぞ」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:01:38.09 ID:H58sou+70
―――――
―――

カラカラ

ほむら「絶対ストップする結婚マスね……」

ほむら「……」ブス

さやか「あれ?挿すなら青い人の棒じゃ……ってあぁ、ほむらだしいっか」

ほむら「そ、それはどういう意味よ!た、たまたま取れた棒がピンクだっただけよ!」

さやか「はいはいっと」

カラカラ

杏子「お、私も結婚マスか」

さやか「じゃあこの青い人の棒は杏子にあげよう」

杏子「お、サンキュ」

杏子(青い人……って言われるとさやかが浮かぶなんてな……我ながら何考えてるんだか)




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:06:20.66 ID:H58sou+70
―――――
―――

さやか「お、子供が生まれた、祝い金で全員から2000ドル……」

ほむら「おめでとう」スッ

杏子「……」スッ

さやか(あぁ、二人の約束手形がまた増えて……)




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:13:29.53 ID:H58sou+70
ほむら「あの数字だけは……あの数字だけは……」

カラカラ

ほむら「4……」

―――――――――――――――――――――――――
まどか「ごめんねほむらちゃん、でももうついていけない……」

ほむら「まどか!お願い!いかないでまどか!」

まどか「一緒に旅をして思ったの、やっぱり定職についた人じゃないと駄目だって」

まどか「好きって気持ちだけじゃこの世の中を生きていくことはできないんだって」

まどか「わかっちゃったの……それに、私たちは同性……世間の風当たりだって強い……」

ほむら「そ、それでも私はまどかとなら!」

まどか「ねぇ、さやかちゃんを見てみなよ、立派に政治家として働いてるんだよ?」

まどか「さようならほむらちゃん、大好きだったよ」
―――――――――――――――――――――――――

杏子「あーまたかぁ」

さやか(離婚マス……またなんだ……)

ほむら「うぅ……まどかぁ……」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:18:56.85 ID:H58sou+70
杏子「私は……」

カラカラ

杏子「3……えっと、大怪我をする、-10000ドル」

杏子「また約束手形が増えちまった……」

ほむら「うぅ……」

さやか(最初にこいつらが後悔しないようにっていったのがわかった気がする)

さやか(やるんじゃなかった……)




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:22:49.36 ID:H58sou+70
ほむら「大丈夫よ杏子」

杏子「ん?」

ほむら「今は円高よ?つまり、10000ドルも1000000円にはならないわ」

杏子「そうか……そうだよな……」

ほむら「えぇ、それに、お金は取り戻せるかもしれないじゃない……」

杏子「そうか、お前は……悪いな……」

さやか(順風満帆な私が会話に入れない!)




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:29:28.33 ID:H58sou+70
―――――
―――

さやか「さやかちゃんゴール!」

ほむら「1位はさやかね」

杏子「さやかには負けたが今度は負けねぇぞほむら」

ほむら「のぞむところよ、悲しみを乗り越えた私を倒せると思わないことね」

さやか(うーん、運要素がほとんどのものだとこの二人は駄目なのかぁ)

さやか(何か遊ぶもの……これなら私の家に招待しちゃえばよかったかも)




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:36:13.64 ID:H58sou+70
―――――
―――

杏子「これでゴールだ!」

ほむら「クッ」

杏子「これでほむらに勝ったんじゃ!」

ほむら「私の約束手形は22枚よ」

杏子「賞金を入れて23枚……」

ほむら「残念だったわね」

杏子「くっそー」

さやか(おかしいなぁ、普通人生ゲームってプラスでおわるものだよね)




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:38:25.11 ID:H58sou+70
さやか「よ、よーし次のゲームをするぞー」

ほむら「……」

さやか「元気がないよほむらー今年がもうすぐおわるんだから」

ほむら「えぇ……」

さやか「ほらほら、杏子も」

杏子「あぁ……」

ほむら「それで、何をするの?」

さやか「え?あーうーん……」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:46:22.64 ID:H58sou+70
ほむら「リクエストをいってくれれば私の盾にあれば出すわよ?」

さやか「うーん……じゃ、じゃあツイスター!」

さやか「な、なーんちゃって」

ほむら「ツイスターを所望するとはおもわなかったわ」ズルッ

さやか「ってあるんかい!」

杏子「あーなんか一時期騒がれてたなそれ」

さやか「というかなんで持ってるのさ」

ほむら(まどかとしたかったなんて言えない)

さやか「まぁ理由なんてまどかとしたいとかだろうけど」

ほむら「な、何を言っているの!」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:53:48.92 ID:H58sou+70
―マミホーム―

マミ「んー」ノビー

マミ「今日は年越し前だしきりもいいこの辺にしておこうかしら」

マミ「一人で年越しなんてなれたけど、毎年ちょっと寂しいわね……」

マミ「あら?メールがきてる……美樹さんからね」

さやか【マミさーん!よかったら一緒に初詣いきましょうよー!】

マミ「ふふっストレス発散のためにもお誘いを受けちゃおうかしら」

マミ【今日の分の勉強は終わったから是非行かせてもらいたいわ】

マミ「ふふっ楽しみね」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 22:59:37.10 ID:H58sou+70
ほむら「さて、順番は……」

ピリリ

さやか「あ、マミさんからメールきた」

ほむら「マミから?」

さやか「今日の勉強は終わったって」

杏子「ふーん」

さやか「終わってるみたいだしマミさんも呼んでもいい?」

ほむら「どうぞ、私たちも勉強が忙しいと思ってマミを呼んでないだけだったし」

さやか「おっけーじゃあ呼ぶね」

杏子「年越しまであと少しだな」

ほむら「まぁテレビとかつけてないからカウントダウンもなにもしらないけどね」

さやか「あぁ!だから年越しって感じがあんまりしなかったんだ」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:05:26.36 ID:H58sou+70
―マミホーム―

ピリリ

さやか【今ほむらの家で遊んでるんでよかったらぜひきてくださーい】

マミ「あら、暁美さんの家で遊んでいたのね」

マミ「じゃあ遊びに行かせてもらおうかしら」クスクス

マミ「それにしても、暁美さんの家で何をしてるのかしら?」

マミ「まぁいいわ、いってみましょう」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:08:22.77 ID:H58sou+70
ほむら「さやか、右手赤」

さやか「楽勝楽勝」

ほむら「杏子、左手黄色」

杏子「その色に指定されたのを置くだけだよな?」

ほむら「そうよ、そして相手の邪魔になりそうな位置の色をあえてとったり、楽な体勢をとったりするのよ」

杏子「ほいっと」

ほむら「さやか、左足赤」

さやか「また赤!?」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:14:06.45 ID:H58sou+70
―ほむホーム前―

マミ「インターホンを」

ピンポーン

ほむら「開いてるから入ってきてー」

マミ「お邪魔します、あら?靴がそろってないじゃない、もう……佐倉さんね、きれいに並べるようにしなさいよね」


ほむら「さやか 左手緑」

さやか「やば、これきつい……」

杏子「お、おいさやか!か、体が密着して///」

さやか「ええい、恥ずかしいのはこっちもだっての!」


マミ「何をしているのかしら」

ガチャ

マミ「こんばん……は?」

ほむら「杏子、左手赤」

杏子「さやかが邪魔だーくっそー」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:17:49.20 ID:H58sou+70
ほむら「マミとも今年会えると思ってなかったわ、こんばんは」

マミ「あ、あな///あなたたち何をして///」

ほむら「見てのとおりさやかがどうしてもツイスターがしたいと言うから」

さやか「言い出したのあたしだけどどうしてもとか言ってないって!」

杏子「と、とどいたぁ!」

さやか「ちょ、ちょっと杏子どこ触って///」

杏子「な、しょ、しょうがないだろ///」

ほむら「ただのゲームだからやましいことはないわ、気にしないで」

マミ「///」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:24:18.01 ID:H58sou+70
ほむら「さやか、右手を青」

さやか「む、無理無理無理」ベシャ

杏子「勝ったぁ……」ピクピク

ほむら「見ている側も楽しいわねこれ」

さやか「たた、負けちゃった……さて、次はほむらとマミさんだよね」

マミ「な、何を言ってるの美樹さん!?」

さやか「いやー私と杏子はやったので」

杏子「やってみると意外ときつくてな、二連戦はちょっとな」

ほむら(できればまどかとやりたかった……)

さやか「ほらほら、いつかまどかとできた時に少しでも長く楽しめるようにやっときなよ」

ほむら「そういう考え方もありなのかしら……まぁいいわ、勝負よマミ」

マミ「わ、私はまだやるなんて///」

杏子「ごちゃごちゃ言わずにさっさとマットにいけって」ドン

マミ「キャッ」




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:28:07.22 ID:H58sou+70
さやか「じゃあマミさんはあたしがやるから杏子がほむらのルーレットね」

杏子「つまりほむらの勝ちはあたしの勝ちってわけだ」

さやか「マミさん、まかせてください!必ず勝利に導いて見せます!」

マミ(ちょ、ちょっとぉ///)

杏子「ほむら、右手を緑だ」

ほむら「楽勝ね」

さやか「マミさん、右足を黄色へ」

マミ「もうわかったわよ!やってやろうじゃない!黄色ね!」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:34:11.45 ID:H58sou+70
―――――
―――

杏子「がんばれほむら!左手青だ!」

ほむら「クッマミの胸が私の邪魔をする!」

マミ(恥ずかしい///)

さやか「そういえば、ほむらと杏子って胸ないよね」

さやか「私は同年代にしては胸はあるほうだし」

さやか「こっちは巨乳連合だね」

ほむら「……」イラッ

杏子「馬鹿お前それ禁句!」

さやか「くっくっく……我々巨乳連合のマミさんの実力の前にひれ伏すがいいほむら!」

ほむら「胸がなんだっていうのよ!」グイッ

マミ「ちょ、ちょっと暁美さん///」

マミ(暁美さんの腕が私の胸の間に///)

ほむら「これで左手青!」

杏子(絶対無理だと思ってたけど、やるなぁほむら)




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:42:14.62 ID:H58sou+70
さやか「やるじゃんほむら……マミさん、右手黄色お願いします!」

マミ「み、右手を黄色に……」

マミ「これでいいかしら?」

杏子「ほむら、左足赤だ」

ほむら「これで終わらせる!」

ほむら「これで左足赤!」

マミ「うぐ……」

さやか「マミさんの上にのしかかるように!おのれほむら、潰しにきたね」

さやか「ならば……くっまたしても右手……赤色へお願いします」

マミ「あ、赤色?」

マミ「とどかな……キャァ」ベシャ

ほむら「ふっ完全勝利ね」ファサ

さやか「胸の大きさなら完全勝利なんだけどなぁ」

ほむら「……」イラッ




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:50:09.16 ID:H58sou+70
ほむら「さやか……いえ、美樹さやか……」

さやか「え?なんで言い直したの?」

ほむら「勝負よ」

さやか「え?なんで?」

杏子「ほむらは胸が小さいことを気にしてるんだよ」ボソ

さやか「え?ふーん、そうなんだ」

さやか「まぁまぁ、ほむらは美人だし問題ないって」

マミ「胸なんてなくてもあなたにはいっぱい魅力があるから大丈夫よ」

さやか「マミさんの言うとおりだよ、それに、まどかに揉んでもらえばすぐにこう大きく」

ほむら「そ、そんなことた、頼めるわけないじゃない!」

マミ「み、みみ、美樹さん何を言ってるの///そ、そういうことをするならお、大人になってから///」

杏子「さすがにそれはどうかと思うね」

さやか「え?突如孤立無援!?」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 23:56:58.54 ID:H58sou+70
ほむら「それにしても結構遊んだわね」

杏子「だな」

さやか「あんたらは最初から一緒にいたんだもんね」

マミ「あら、美樹さんは途中からなの?」

さやか「こいつらが相手を殺すつもりでやってるんじゃっていいたくなる羽根つきを目撃して」

ほむら「寝ましょうか」

杏子「んじゃ布団もってくるよ」

ほむら「えぇ、おねが」

さやか「ってちょっとまったー!初詣は!?」

ほむら「え?あぁ、行くの?」

杏子「別にいいけど」

マミ「あら?私は美樹さんに初詣に行くって誘われてきたんだけど……」

ほむら「そうなの?ツイスターをしたくてきたわけではなかったのね」

マミ「私のことをあなたはいったいどう思ってるのよ……」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:03:18.63 ID:2/gA2xyT0
さやか「あぁ!そうか、この二人の様子を見てて絶対暇だろうって聞いてなかった!」

ほむら「えぇ、聞かれてないわ」

杏子「聞かれてないな」

さやか「まぁいいや、んじゃ初詣いくからいこうよ」

ほむら「ちょっと疲れてて面倒って思ってしまうのは口に出すべきじゃないわよね」

杏子「あぁ、だすべきじゃないな」

ほむら「この一年を超えられるなんてと感慨深くはあるのだけどね」

さやか「まどかの振袖」

ほむら「行くわ、この命に代えても」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:13:29.87 ID:2/gA2xyT0
杏子「まぁ私もいくかな」

さやか「ところで、あんたら突然ジャンプしたり逆立ちしてたり何してるの?」

ほむら「日本では年越しの瞬間にジャンプをすると地球上にいなかったといえるのでしょう?」

さやか「いや確かにいえるけどさ……」

杏子「逆立ちしてると地球をもちあげていたと言えるという話を聞いていて」

マミ「二人とも、それ……小学生がやったりすることよ?」

ほむら「そ、そうなの!?」

杏子「う、うそだろ!?」

さやか「まぁなんていうかまともにカウントダウンしてないのによく時間わかったね」

ほむら「えぇ、時計を見ていたから」

杏子「ほむらの家の時計は正確だからな」

マミ「そうなの?」

ほむら「えぇ、秒単位で何をしたらいいか研究していた時期があったもの」

さやか「あーなるほどね」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:18:45.77 ID:2/gA2xyT0
さやか「はぁ、まぁいいやあけおめ」

マミ「ふふっあけましておめでとうございます」

ほむら「あけましておめでとうございます」

杏子「あけましておめでとうございます」

さやか「え?マミさんはわかるけどなんであんたらまで丁寧なの!?」

ほむら「いやねぇ、新年の初めはしっかりしなくてどうするのよ」

杏子「まったくだな、あけおめなんていう略したのじゃ相手におめでとうって気持ちを伝えられないってもんだ」

さやか「あんたら息ぴったりで私をいじろうとしてるよね?」

ほむら「きのせいよ」

杏子「そうそう」

マミ「ふふっ仲がいいのはいいことよ?」

さやか「ぬぬぬ」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:24:21.79 ID:2/gA2xyT0
ピリリ

ほむら「あら?まどかのメール着信音!」

さやか「私にもきた」

マミ「私もね」

杏子「携帯電話なんてもってないから関係ないな」

ほむら「……」パカピッピッ

まどか【ほむらちゃんあけおめー!今年も仲良しでいようね!初詣待ってるね!】

ほむら「訂正するわ、あけおめはすばらしい言葉よ」

さやか(あ、まどかからのメールがあけおめだったんだね)




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:28:44.64 ID:2/gA2xyT0
ほむら「ええいまどかに早く返事を返さなくてはいけないのに!」

ほむら「混み合ってるですって!ふざけないで!」

ほむら「とどくまで何度も送信し続けてやるわ!」

さやか(まどかの携帯がほむらのあけおめメールで埋まるフラグだね)




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:34:14.72 ID:2/gA2xyT0
さやか「まぁいいや、何はともあれ年は越したってことでまどかの家に行こうよ」

マミ「鹿目さんが待ってるのね」

杏子「待ち合わせじゃないのか?」

ほむら「まどか一人じゃ危ないからってことね」

さやか「まぁそんなところ、というわけでいきますよー」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:42:33.71 ID:2/gA2xyT0
―まどホーム―

ピンポーン

まどか「はーい!あ、やっぱり皆だ!あけましておめでとうございます」ペコリ

さやか「あけおめ!」

マミ「あけましておめでとうございます」ペコリ

杏子「あけおめー」

ほむら「……」ポロ

さやか「ん?どうしたのほむら、まどかの振袖に見とれた?」

マミ「あ、暁美さん?どうして泣いてるの?」

まどか「え?え?ど、どうしたのほむらちゃん」

杏子「まどか、ちょっとほむらのそばまで来てやってくれ」

まどか「う、うん……」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:50:03.32 ID:2/gA2xyT0
まどか「えと……ど、どうしたらいいのかな?」

ほむら「まどか!」ギュゥ

まどか「わ、わわ!ほ、ほむらちゃん!?」

ほむら「あけまして……グス……おめでとう……」

まどか「……うん、あけましておめでとう、ほむらちゃん」


さやか「杏子、ほむらはどうしたの?」

杏子「ん?あいつはやっと年を越したことを実感できたんだろ」

さやか「まどかの振袖で?」

杏子「そうじゃなくて……多分だけどまどかが生きてることを見てな」

杏子「あいつの中ではずっと一緒にいた相手と生きて去年を越えられた、そのことをやっと実感したんだろうさ」

マミ「佐倉さんって暁美さんのことがよくわかってるみたいね」

杏子「伊達に居候まがいのことしてねぇしな」

さやか「うっわ……感動が最後で台無しだよ……」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 00:53:32.07 ID:2/gA2xyT0
さやか「泣き止んだ?」

ほむら「な、泣いてなんかいないわ!」グシグシ

杏子「素直じゃないねぇ」

ほむら「う、うるさいわよ!」

マミ「ふふっ前の暁美さんより今の暁美さんのほうがずっといいわよ?」

ほむら「み、皆してからかわないで!」

まどか「うぇひひ、そうだ、皆お雑煮食べない?パパが作ってくれてるんだけど」

杏子「食う!」

さやか「ごちになりまーす」

マミ「いいのかしら?」

ほむら「ここで断るほうが失礼なきがするわ」

マミ「それもそうね」

まどか「じゃあ皆あがってー」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:02:53.12 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――

知久「たくさん食べてもおかわりがあるからね、どうぞ」

全員「いただきます」

ほむら「……おもち……これが多くの人がのどを詰まらせるという伝説の……」

マミ「怖いこといわないの」

さやか「病院食っておもちはでるの?」

ほむら「出るところもあるんじゃないかしらわからないわね……私のところはでなかったけど……」

杏子「じゃあ食べたことはないのか?」

ほむら「そうね、で、でもどういうものかぐらいはしっているわ」

ほむら「あむ……」

ほむら(お、思った以上に伸びる!あと熱い!!)もちーん

まどか「うぇひひ、お箸で切るようにすると食べやすいよほむらちゃん」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:11:12.90 ID:2/gA2xyT0
ほむら「美味しい……」

まどか「よかったぁ」

ほむら「なるほど、この伸び、この粘り、この美味しさ……老人方が死ぬ覚悟をして食べる気持ちもわかるわ」

まどか(それは違うような……)

さやか(それはちがうんじゃないかな)

マミ(なにかがおかしいような……)

杏子(それはおかしいだろ……)




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:17:40.97 ID:2/gA2xyT0
杏子「いやーそれにしても美味しいなぁこの雑煮」

杏子「ほむらの料理もかなりのものだと思ってたけど」ホムホム

ほむら「同じ設備があってもかなうきがしないわ」ホムホム

さやか「まどかのお父さんの料理はいつも絶品だからねぇ」ホムホム

マミ「ふふっ鹿目さんがうらやましいわね」

まどか「うぇひひ、自慢のパパですから」




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:27:40.62 ID:2/gA2xyT0
詢子「うちの旦那に目をつけるなんてなかなかの目をしてるじゃないかい」

まどか「あ、ママ」

さやか「お邪魔してます」

マミ「お邪魔しております、巴マミと申します」

詢子「あんたがまどかのいってた先輩かい、なるほど、確かに……」

マミ「あの……何か?」

詢子「いや、気にしないでくれ、んでそっちの子は」

杏子「あーえっと、お邪魔してます、佐倉杏子です」

詢子「ん?杏子って子はもっと粗暴な感じって聞いてたんだけど」

杏子「ま、まどかー!」

まどか「うぇひひ、だっていつもはもっと」

さやか「確かにねー」

ほむら(まどかが大きくなったらこんな人になるのかな、かっこいいなぁ///)




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:36:16.91 ID:2/gA2xyT0
詢子「で、こっちの子がほむらちゃんってわけだ」

ほむら「あ、はい、暁美ほむらと申します、夜分遅くに」

詢子「あんたの話はいろいろ聞いたよ」

ほむら「え?」

詢子「和子からも聞いてるよ、すごい子だって」

ほむら「早乙女先生ですか」

詢子「文武両道才色兼備ってね」

ほむら「……そんなこと……」

詢子「これはやりがいがありそうだね」

ほむら「?」

さやか「火でもつきましたか?」

詢子「ここまで私の心を燃え上がらせてくれる逸材とはおもわなかったね」

まどか「うぇひひ、ほどほどにね?」

詢子「ほかの子たちも、おもしろくなってきたよ」

ほむあんマミ「??」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 01:50:41.60 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――
詢子「食べ終わったみたいだね」

詢子「さてと……まずはマミちゃんから来てくれるかい?」

マミ「?わかりました」

マミ(ちゃん付けってすごく久しぶりな気がする)

詢子「じゃあしばらくは4人で話をしててくれるかい?」

さやか「了解でーす」

知久「あ、でもタツヤを起こさない程度にしてもらえるかい?大丈夫だとは思うけどね」

ほむら「弟さんだったかしら?」

まどか「うん、もう寝ちゃってるけどね」

さやか「まどかも11時にはおねむだしね」ケタケタ

杏子「でもこんなうまい飯くって風呂に入ればもう寝るのが一番幸せだろ」

知久「杏子ちゃんだったかな?いつでも食べにおいで」

杏子「じゃあ今度ほむらと一緒に乗り込みますよ」

ほむら「ちょ、ちょっと杏子」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:01:51.81 ID:2/gA2xyT0
杏子「それにしてもマミ遅いな」

まどか「それは、うん!大丈夫だよ!」

さやか「そうそう、別に食べられてるわけじゃないし」

ほむら「というかまどかのお母様はいったい何を?」

まどか「うぇひひ、悪い癖……かな?」

ほむあん「?」

ガチャ

詢子「よーし次は杏子ちゃん、おいで」

杏子「え?あたし?」

詢子「そう、あんただよ」

杏子「よくわかんねぇけど……わかりました……」

詢子「じゃあもうしばらく3人で話しててくれ」

パタン

ほむら「マミが戻ってこないわよ?」

さやか「気にしない気にしない」




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:03:18.89 ID:AueTnCDI0
マミさんは既に・・・




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:05:27.53 ID:G3GXEwxf0
逝ってしまったわ・・・




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:06:16.79 ID:39AlHmTf0
円環の……




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:06:51.18 ID:Sf7Hug6L0
理に……




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:07:32.01 ID:/6hata3q0
導かれて・・・




271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:09:42.49 ID:K/AXx+Sb0
>>263-267
お前らwwww




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:10:16.64 ID:j+0E2e8o0
新年から調子いいな




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:12:13.32 ID:2/gA2xyT0
ほむら「それにしてもまどかの振袖、とっても似合ってるわね」

まどか「そうかな?」

さやか「よくみるとお雑煮の汁が飛んだあとが」

まどか「え、えぇ!?ど、どうしよう!」

さやか「なんちゃって」

まどか「も、もう!さやかちゃん!」

ほむら「ふふっ可愛いわね」

まどか「ほむらちゃんまでからかって///」

ほむら「あら、からかってなんてないわ、本当に可愛いもの」

まどか「あ、ありがとう///」

さやか「あっれー?もしかしてお邪魔だったりする」ニヤニヤ

ほむら「そ、そそ、そんなことないわ!」

まどか「そ、そうだよ!」




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:19:51.30 ID:2/gA2xyT0
ほむら「も、もう///」

まどか「うぅ///」

さやか(意識しあっちゃってまぁ)

杏子「か、勘弁してください!」

詢子「私に抵抗しようってのかい、いい度胸だねぇ」

マミ「ふふふ、私も手伝います」

杏子「や、やめ!」

ほむら「さやか」

さやか「何?」

ほむら「今なにか杏子がマミとまどかのお母様に襲われる声が」

さやか「気のせいだよ」

ほむら「ま、まどか?」

まどか「気のせいじゃないかな?」

ほむら「そ、そう……」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:28:45.14 ID:2/gA2xyT0
杏子「私には無理ですって、いやもう本当に無理ですって」

詢子「こんな夜中に騒いじゃあいけないんじゃないかい杏子ちゃん」

まどか「うぇ、うぇひひ」

ほむら「あの……二人とも目が泳いでいるのはどうしてかしら?」

さやか「気のせい気のせい」

まどか「そ、そうだよ」

ほむら(いったい何が……)




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:34:10.15 ID:2/gA2xyT0
ガチャ

詢子「さぁて次はっと……ほむらちゃん、おいで?」

ほむら「あ、あの……いったい何を?」

詢子「いいからいいから」

まどか「いってらっしゃいほむらちゃん」

さやか「まぁ抵抗しなけりゃ特に何もないって」

ほむら「え、えぇ……」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:41:23.81 ID:2/gA2xyT0
詢子「さぁ入った入った」

ほむら「あ、はい……ってマミと杏子?」

マミ「えぇ、似合うかしら?」

杏子「恥ずかしい……」

詢子「可愛い子は着飾らないとねぇ」

詢子「ほむらちゃんには期待してたんだよね、まどかも和子もとても美人って言ってたし」

ほむら「えーっとつまり……」

詢子「どの振袖が似合うか楽しみだよ」

ほむら(なんで何着も振袖があるの!!?)

詢子「これは迷いそうだねぇ」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:49:14.02 ID:2/gA2xyT0
詢子「うーん、こっちもいいけど、落ち着いた感じのほうが映えるね……」

ほむら「え?あ、そうですか」

詢子「いや、でもここで可愛い感じにするのもいいねぇ」

ほむら「そ、そうですか」

詢子「ああもうどんなものでも着こなせる若さがにくい!」

ほむら「す、すみません」


マミ「いつまでうなだれてるの?」

杏子「うっせー似合わないやつにとってこれは拷問だろ」

マミ「似合ってるわよ佐倉さん」

杏子「はいはい……」




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 02:57:12.84 ID:2/gA2xyT0
詢子「よし!これね、着てみてくれるかい」

ほむら「あ、はい」

ほむら(やっと選ぶのが終わった)

ほむら「……あ、あの……」

詢子「なんだい?」

ほむら「で、できれば着替え中はこ、こっちを見ないで欲しいのですが……」

詢子「ん?女同士じゃないかい」

ほむら(まどかに見られてる気がして気になってしまうとはいえない///)

ほむら「そ、そうですね……」

詢子「いやー恥らうなんてかわいいねぇ、クールな子だとおもってたけど」

ほむら「///」




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:05:59.68 ID:2/gA2xyT0
ほむら「これで……いいでしょうか」

詢子「うんうん、あとは帯をっと」キュッ

詢子「これで……」ジィー

ほむら「ど、どうでしょうか」

詢子「駄目だね、悪くないけどこれじゃあ納得できないね」

ほむら「で、でも……」

詢子「悪いねほむらちゃん、ちょっと選びなおさせてもらうよ」

ほむら「は、はぁ……」

マミ「長くなりそうねぇ」

杏子「はぁ……」




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:15:09.93 ID:2/gA2xyT0
まどか「あ、マミさん、杏子ちゃん、戻ってきたんだ」

杏子「おまえの母親はどうなってるんだよ……」

マミ「素敵なかたじゃない」

さやか「おぉ、二人とも似合ってる」

まどか「マミさんも杏子ちゃんもとってもきれい」

マミ「ふふっありがとう」

杏子「なんであんなに振袖が……」

まどか「ママの趣味みたいなものだから……」

杏子「……」ジィー

さやか「ん?何?」

杏子「まどか、さやかが振袖じゃないけどそれはいいのか?」

さやか「だって私は一度されてるし」

まどか「でもさやかちゃんが着た振袖も、少し大きめサイズもあるんじゃないかな?」

杏子「なぁさやか、全員が振袖なのに一人だけ違うんじゃ駄目だよな?一人ぼっちは寂しいもんな?」

さやか「いやな予感が……」




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:16:30.55 ID:Sf7Hug6L0
さやかwww




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:25:35.12 ID:2/gA2xyT0
さやか「ま、まぁまどかのお母さんが着せようとしたら考えるよ、あはははは」

まどか「大丈夫だよ、さやかちゃんだけ振袖じゃないって言えば絶対着せようとするよ」

さやか「ま、まどか!何を言ってるの!」

マミ「美樹さんの振袖姿もみれそうね」クスクス

杏子「そりゃあ楽しみだな」ケタケタ

さやか「うぐ……」


―別室―

ほむら「えーと……」

詢子「あーこれも違う、次は……こっちをいいかい」

ほむら「あ、は、はい」

詢子「きせるからには最高に引き立てられる振袖じゃないとねぇ」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:36:34.50 ID:2/gA2xyT0
ガチャ

詢子「いやー時間かかっちゃったねー」

まどか「ほむらちゃんも決まったの?」

詢子「あぁ、この家にある振袖の中でなら間違いなく一番似合うやつを選べたと思うよ」

詢子「ほら、恥ずかしがってないで、私を信じなさいって」

ほむら「に、似合ってる……かしら?」

まどか「……」

さやか「……」

杏子「……」

マミ「……」

ほむら「だ、駄目だったんでしょうか?」

詢子「いやいや、これは全員見とれてるだけだよ」




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:39:47.96 ID:2/gA2xyT0
まどか「すごいよほむらちゃん!」

ほむら「え?あ、ありがとう」

マミ「本当に見とれてしまうぐらい似合ってるわ」

杏子「あぁ」

さやか「うん」

ほむら「よ、よかった……」

詢子「私のコーディネートに間違いはなかったみたいだね」

詢子「さてと、さやかちゃん?」

さやか「あ、あはははは……わ、私も……ですか?」

詢子「おいで?」ニコニコ

さやか「はい……」




332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 03:50:08.01 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――

さやか「じゃじゃーん振袖さやかちゃん参上」

杏子「行くときはあんなに嫌がってたくせに調子がいいな」

さやか「うっさいなーどうせ似合ってませんよーだ」

杏子「ん?すげぇ似合ってるぞ?」

さやか「そ、そう///あ、ありがと///」

杏子「あ、いや、ま、馬子にも衣装ってな!」

マミ「ふふっ素直じゃないわね、佐倉さん」

杏子「う、うっせー!」

まどか「さやかちゃんにあってるよ」

ほむら「えぇ、とても似合ってるわ」

マミ「ふふっそうね」

さやか「こう皆に似合ってるとか言われたら逆に恥ずかしくなってきた……」




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:00:20.34 ID:2/gA2xyT0
詢子「さて、初詣にいくんだったね」

詢子「車を出してあげるからのりな」

さやか「あーいや、近くの神社にいくつもりですよ?」

詢子「こんなに可愛い子が5人並んでたらあぶないじゃないかい」

ほむら(この5人のうちまどか以外は襲い掛かったら逆に……)

杏子(確かに襲い掛かった一般人が危ないか……)

詢子「子供は気を使わずに大人を頼りなさい」

まどか「そうだよ、ママがいたほうがきっと安心だよ」

さやか「うーん、じゃあお願いします」

マミ「なんだかいろいろとありがとうございます、お願いします」

ほむら「ご迷惑をおかけします、よろしくお願いします」

杏子「お願いします」

詢子「子供にしてはあんたたちって礼儀正しいねぇ……」




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:11:12.30 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――

―神社―

詢子「さて、まずはおみくじを引かないとね」

詢子「時間がかかったおかげかあんまり人もいないみたいだ」

ほむら「そういえばもう結構な時間ですね」

詢子「まぁ今日はうちに泊まっていきな、さやかちゃん以外は一人暮らしなんだろ?」

ほむら「あ、でもそこまでお世話になるわけには……」

詢子「いやいや、遅くした私の責任ってことで泊まってもらえないとこっちが困るんだよねぇ」

ほむら「はぁ」

詢子「気にすんなってこった、おみくじ代もおばさんが出してやるから行った行った」

まどか「みんな、行こ!」




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:17:48.18 ID:2/gA2xyT0
さやか(私はもう人生ゲームで学んだ、運まかせで勝負とか言わない!)

まどか「そういえば、去年はさやかちゃんが運勢で勝負しようって言ってたっけ」

マミ「あら、かっても負けても何もないけど面白そうね」クスクス

さやか(ってまどかあああああああああああ)

ほむら「い、いいんじゃないかしら」

杏子「あ、あぁ!わ、悪くないんじゃないか」

さやか「よ、よーしじゃあさやかちゃんが1番目にひいちゃうよー」

まどか「今の並んでる順番だと2番目が私かな?」

ほむら「3番目は私ね……」

杏子「4番目があたしか」

マミ「残り物には福がっていうわよね」

さやか「さーてどれにしようかなー」ゴソゴソ

さやか(一番悪いくじ!一番悪いくじを引かせて!)




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:19:03.53 ID:Z2LrWZe10
諦めの境地wwww




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:22:48.24 ID:2/gA2xyT0
さやか「これだー」

まどか「うぇひひ、じゃあ私は」ゴソゴソ

まどか「これ!」

ほむら「あまり選ばないのね」

まどか「運だからね、直感なんだ」

ほむら「なるほどね……」

ほむら「すーはぁ……よし!」ゴソゴソ

ほむら「これよ!」

杏子「よーし、じゃあ私は……」ガサゴソ

杏子「これだ!」

マミ「ふふっ私は」ゴソゴソ

マミ「これにするわ」





350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:30:35.58 ID:2/gA2xyT0
さやか「じゃ、じゃあせーのであけるよ」

まどか「うぇひひ、わくわくするね」

ほむら「こ、こういう縁起のいい日のおみくじというものは悪いものが抜かれていて」

杏子「あ、あぁ、だ、だからそんなに悪い結果なんてでないはずなんだよな」

マミ「凶すらないって場所もおおいらしいわね」

まどか「へぇー」

さやか「まぁなんにせよ大吉が最高ってことで」

さやか「せーの!」




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:27:06.34 ID:Z2LrWZe10
末吉のポジションがわからぬ
良いのか悪いのか




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:28:46.56 ID:2/gA2xyT0
>>346
かなり凶に近いはず




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:29:24.39 ID:Z2LrWZe10
>>347
泣いた




353 :>>349 大まかなものなら凶の次に悪い、それが末吉:2012/01/01(日) 04:38:49.55 ID:2/gA2xyT0
さやか「大吉……」

まどか「あ、私も大吉!」

マミ「残念だけど小吉ね……」

ほむら「末吉……」

杏子「私も末吉だ……」

さやか「あ、あはは」

ほむら「杏子、吉って言葉がついてたわ……」

杏子「あぁ、あたしも……吉って言葉がついてた……」

ほむら「凶じゃ……なかった……」ギュゥ

杏子「あぁ、私たちは凶じゃないんだ……」ギュゥ

まどか「わ、わわ///ふ、ふたりとも抱き合ってど、どうしちゃったの///」

マミ「仲良しねぇ」

さやか(末吉、凶が抜かれていて末小吉が存在しないくじなら一番悪いくじの可能性が……)

さやか(何も言うまい……)




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:47:14.34 ID:2/gA2xyT0
まどか「くじをくくる必要はないかな?」

さやか「そだね」

マミ「私はくくったほうがいいかしら……迷うわね」

ほむら「くじはくくったほうがいいものなの?」

まどか「よくないくじだったらくくりつけたほうがいいんだって」

杏子「じゃあ私はいいや」

ほむら「私も……」

マミ(末吉の二人がくくらないなら私も運命を受け入れるべきね)




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 04:54:17.88 ID:2/gA2xyT0
ほむら「あ……」

まどか「どうしたの?」

ほむら「ううん、なんでもないわ」ニコ

まどか「う、うん///」

まどか(え、笑顔は反則だよ///)

杏子「お……」

さやか「どしたの?」

杏子「な、なんでもねぇよ///」

さやか「ふーん、まぁいいや」

マミ(二人とも恋愛運でもよかったのかしら)

マミ(わかりやすいわね)クスクス




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:07:27.75 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――

カランカラン

さやか(鈴を鳴らしたら)パンパン

ほむら「?」

マミ「?」

杏子「?」

さやか(や、やば、ま、間違えたとか?)

さやか(とにかく願い事願い事……えーと……こんな楽しい日々が続きますように)

ほむら(まどかが幸せでありますように)

マミ(受験合格しますように)

杏子(さやかと……じゃなくてあーもう何もなしで!)

まどか(皆といっしょにいられますように)




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:09:09.39 ID:2/gA2xyT0
さやか「も、もしかしてさっきの間違えてた?」

ほむら「私があっているって自信はないのだけど……」

ほむら「拍手2回は2回おじぎをしてからじゃないかしら?」

杏子「あたしもそうだと思ってたんだよね」

マミ「私もそうね、だから美樹さんをみて間違えたのかと思ってしまったわ」

さやか「そ、そうなんだま、まぁ神様も懐が広いだろうし許してくれるって」



まどか(後ろにいたからばれなかったけど……私もさやかちゃんと一緒に間違えてたよ……)

まどか(神様ごめんなさい)




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:26:20.69 ID:2/gA2xyT0
詢子「お、戻ってきたね、もう少しゆっくりしていってもいいんだぞ?」

まどか「うーんでももう私は眠いかな……」

ほむら「私もそんなところですね」

杏子「私も結構朝から遊んでましたしね」

さやか「いやーこんなにおきてたのは久しぶりですしね」

詢子「そうかい、知久に布団は用意してもらってるから振袖だけ脱いで寝ちまいな」

詢子「まどかの部屋にだけど問題はないよな?」

まどか「うん、でも5人だとちょっと狭いかな?」

詢子「まぁ狭いって言うなら私の隣にきな、そうだねぇ、ほむらちゃんやさやかちゃんあたりが一番いいかな?」

ほむら「え?」

さやか「どうしてですか?」

詢子「娘のことをクラスメイトからみてどう見えるかとか親としてはしりたいからね」

まどか「や、やめてよぉ///」




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:36:33.65 ID:2/gA2xyT0
―まどホーム―

詢子「で、くるかい?」

ほむら「あ、えっと、遠慮しておきます」

さやか「あはは、わ、私も遠慮しておきます」

詢子「おやおや、嫌われるような事をしたつもりはないんだがねぇ」クスクス

ほむら「あ、いえ、そういうわけじゃなくて……」

さやか「せっかくなんで5人で寝ようかと」

詢子「あっはっは、仲がいいのはいいことだね、まどかの友達がいい友達ばっかでほっとしたよ」

詢子「じゃあゆっくり休みな」

全員「おやすみなさい」




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:48:27.13 ID:2/gA2xyT0
杏子「あー疲れた……もう寝る」ボフ

ほむら「あ、こら、杏子、ちゃんと布団の中で寝なさい」

さやか「ほむらはいつの間にお母さんになったのさ」

ほむら「え?どこが?」

さやか「杏子の世話に慣れすぎて気づいてないの!?」

マミ「ふふっ暁美さんって意外と面倒見よさそうよね」

ほむら「そうかしら?」

マミ「えぇ」

まどか「寝る場所ってどうしよう……」

ほむら「私は杏子の隣で寝るわ、よく一緒に寝てるから子のこの寝相の悪さに耐えられるから」

さやか「あー寝相悪いんだ」

ほむら(それに、まどかの隣でなんて言い出すほど勇気はないわ)

さやか「じゃあ私はほむらの隣に行きますか」

まどか「え?でも皆はお客様なのにベッドに私が……」

マミ「鹿目さん、こういうときは素直に甘えましょう?」




416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:57:53.51 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――
まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

マミ『美樹さん?美樹さん?』

さやか『おきてますよー

マミ『じゃあ暁美さんをベッドに移しましょう』クスクス

さやか『いやー一度隣にいないと気を抜かせて目が覚めたらびっくりなんて面白そうですよね』ケタケタ

マミ(あとは佐倉さんの隣にあなたがいけば完成よ)クスクス

マミ(ふふふっ)




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:58:41.59 ID:Z2LrWZe10
このマミさん策士やでぇ・・・




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 05:58:59.18 ID:jzaYcoE0P
そういえばQBはどこいったんだろ




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:01:13.77 ID:Z2LrWZe10
>>419
誰だそれ
聞いたことない




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:10:00.80 ID:2/gA2xyT0
ほむら「ん……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら(あれ?私は確かベッドでは寝てないはず……)

ほむら(夢かな?でも、まどかの優しい匂いがする……)

ほむら(夢なら抱きついてもいいよね……)ギュゥ

ほむら(暖かい……もうちょっと眠ろう……)

ほむら(あれ?でも夢なのに眠いっておかしいような……いいや、眠い……)

ほむら「すぅ……すぅ……」




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:20:16.69 ID:2/gA2xyT0
杏子「ん……」

杏子(なんかいつもよりもやわらかいな……)

さやか「すぅ……すぅ……」

杏子(あれ?ほむらじゃない……)

杏子(あーそうか、ほむらと違って胸とかあるしさやかのほうがやわらかいのか……)

杏子(なんでさやかが隣なんだっけ?あぁ、そうか、あたしは先に寝たからたまたま隣がさやかになったのか……)

杏子(ちょっとくらい抱き寄せてもばちはあたらねぇよな……)ギュゥ

杏子(今日は正月だっけ……はねつきとかほむらにリベンジしないとなぁ……)

杏子(まだ眠い……)ウツラウツラ

杏子「すぅ……すぅ……」

杏子(もうちょっとだけ寝よう……まだ眠い……)




435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:37:39.75 ID:2/gA2xyT0
―――――
―――

―お昼―

まどか「ん、んー」

さやか「おはようまどか」

まどか「あ、さやかちゃんおはよう」

マミ「もうお昼よ鹿目さん」

まどか「あ、マミさん、おはようございます」

マミ「えぇ、おはよう」

まどか「あれ?ほむらちゃんと杏子ちゃんは?」

さやか「ほい、置手紙」

まどか「?」

ほむら[杏子と一緒に先に帰ります、言い忘れていたけれどこれからもよろしくお願いします 暁美ほむら]

まどか「うーん、私がずっと寝てたせいかなぁ?今日もよかったら遊ぼうと思ってたのに」

マミ「あの子たちはちょっと素直になれなかっただけよ」クスクス

さやか(達?)




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:42:23.59 ID:2/gA2xyT0
―空き地―

ほむら「別に一緒に帰らなくてもよかったのよ?さやかと抱き合ってればよかったじゃない」

杏子「うっせーな、お前が一人になるだろ」

ほむら「人をヘタレな言い訳に使わないでもらいたいわね」

杏子「へっ、お前だってまどかと抱き合ってりゃよかったじゃねぇか」

ほむら「う、うるさいわよ!」

ほむら「打ち落としてやるわ!」クイックイ

杏子「あ、てめ!私の凧を攻撃しやがったな!」

ほむら「これでとどめよ、敗者は地面に叩き落されるがいいわ」クイックイッ

杏子「させるかよ」クイックイッ

ほむら「このっこのっ!」クイックイッ

杏子「おら!この!」クイックイッ




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 06:52:50.37 ID:2/gA2xyT0
ほむら「甘いわ!」クイックイッ

杏子「あぁ!」

杏子「くっそー死なばもろともだ!」クイッ

ほむら「あ、糸が!」

杏子「へ、道連れだ!」

ベシャア

ほむら「やっぱりあなたとはちゃんと勝負しないといけないみたいね」

杏子「上等だ、羽子板と羽を出しやがれ」

ほむら「昨日負けたのにまだ懲りないのね」

杏子「は、昨日は寒い夜で羽が見えにくかったからな」

杏子「それにお前は黒っぽい魔法少女服で見えにくいし」

ほむら「あら、暗めの赤のあなたにいわれたくないわね」

ほむら「羽子板をうけとりなさい、そして罰ゲームの墨もだしておくわ」

杏子「おら、いつでもきやがれチキンほむら」

ほむら「真っ黒にしてあげるわチキン杏子」




446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:05:56.77 ID:2/gA2xyT0
詢子「お、起きたんだね」

まどか「あ、なんだかママが先に起きてると違和感が」

詢子「いってくれるね」ウリウリ

まどか「わわわ」




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:12:04.63 ID:2/gA2xyT0
詢子「お、起きたんだね」

まどか「あ、なんだかママが先に起きてると違和感が」

詢子「いってくれるね」ウリウリ

まどか「わわわ、やめてよママ」

詢子「そうそう、ほむらちゃんと杏子ちゃんに会ったらこれを渡しておいてくれるかい?」

詢子「二人が帰るときには間に合わなくてね」

まどか「わぁ、これって」

詢子「そ、まどか達が振袖姿で並んでる写真だ、よくとれてるだろ?」

まどか「あんなに暗かったのによく私達に気がつかれずに撮れたね」

詢子「そこはまぁいろいろとね」クスクス

まどか(いったい何をしたんだろう……)

詢子「さやかちゃんとマミちゃんにはまどかが起きてるかを確認したときに渡しておいたから」

まどか「うん、じゃあこれから3人で2人を探しに行ってくるね」クゥー

詢子「いっといで、といいたいところだけどその前にまどかの腹は飯を所望してるみたいだね」

まどか「うぅ///」




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:25:28.84 ID:2/gA2xyT0
―外―

さやか「ほむらと杏子がいそうな場所ねぇ……」

マミ「暁美さんって携帯電話に連絡しても繋がらないときはだいたい外にいるわよね」

さやか「もはや携帯電話じゃなくて家電ですよね」

まどか「え?ほむらちゃんってそんなに繋がらないかな?」

まどか「結構メールも返してくれてると思うんだけど……」

さやか(それはまどかだからだね……)

まどか「まぁでも今は繋がらないから探すしかないね」

マミ「そうねぇ、お正月の遊びを二人でしていたりして」クスクス

さやか(お正月の遊び……)

さやか「あぁ!!あそこかも!」

まどか「?」

マミ「心当たりでもあるの?」

さやか「あっちのほうの空き地にいってみましょう!」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:33:15.73 ID:2/gA2xyT0
―空き地―

ワイワイガヤガヤ

さやか「あぁ……やっぱり……」

マミ「あの人だかりの中に暁美さんと佐倉さんが?」

さやか「まぁ、多分ですけど……」

まどか「どうして人だかりが?」

さやか「いやまぁちょっと見てくるよ」




457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:34:54.87 ID:Z2LrWZe10
羽子・フィナーレ!




459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:41:08.02 ID:2/gA2xyT0
モブD「昨日もやってたよね、あの二人」

モブE「いったい何であそこまで本気で羽根つきしてるんだろうね」

モブF「暁美さんと対等にわたりあってるあの子っていったい誰なんだろう」

さやか「はいちょっと失礼しますよーっと……やっと一番前まで出れた」

カンカンカンカンカン

ほむら「喰らいなさい!」カン

杏子「前のようにはいかないよ!」カン

ほむら「馬鹿ね、これでもうけなさい」カン

杏子「その程度で私がうけられないとでも!」カン

さやか「やっぱりあんたらかあああああああああああああああああ」




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:49:56.62 ID:2/gA2xyT0
まどか「ちょっと通してくださいー……あ、さやかちゃん」

マミ「ふぅ、やっと一番前まで出れたわ」

まどか「あ、本当にほむらちゃんと杏子ちゃんがいる」

マミ「二人はどうして戦ってるのかしら……」

マミ「それも魔力まで使って本気で……」

まどか「でもすごい……」

ほむら「このヘタレ!」カン

杏子「お前に言われたくないね!」カン

ほむら「杏子にはかなわないわよ!」カン

杏子「キングオブヘタレの分際で」カン

さやか「って今度は私達の存在に気がつかないぐらい白熱してる!?」




469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 07:54:43.42 ID:2/gA2xyT0
ほむら「古今東西ヘタレな人!杏子!」カン

杏子「ほむら!」カン

ほむら「杏子!」カン

杏子「ほむら!」カン

ほむら「杏子!」カン

杏子「ほむら!」カン

ほむら「杏子!」カン

杏子「ほむら!」カン

ほむら「杏子!」カン

杏子「ほむら!」カン

カンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカンカン

マミ「子供の口喧嘩ね……」

さやか「あーもう、あいつらは……」

まどか「でも二人ともとっても楽しそう」




475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:02:56.85 ID:2/gA2xyT0
マミ「……なんだか羽を追加しても二人ともがんばれそうね」

さやか「マミさん何気にひどいこと思いつきますね」

マミ「ふふっこんなところに羽が3個もあるわ」

さやか「わぁお……」

まどか「うぇひひ、このままだとお話できないもんね」

さやか「そしてまどかも乗り気ってあっちゃあ私もわくわくしてきちゃったね」




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:08:52.73 ID:2/gA2xyT0
杏子「ほむら!」カン

ほむら「杏子!」カン

マミ「ふふっ」カン

杏子「ほむら!ほむら!」カンカン

ほむら「杏子!杏子!」カンカン

マミ「ふふっちゃんと返してるわね」

さやか「ここでさらにほいっと」カン

杏子「ほむら!ほむら!ほむら!」カンカンカン

ほむら「杏子!杏子!杏子!」カンカンカン

まどか「うぇひひ、じゃあ私もえい」

杏子「ほむら!ほむら!ほむら!ほむら!」カンカンカンカン

ほむら「杏子!杏子!杏子!杏子!」カンカンカンカン

さやか「おぉ……まさかここまでやるとは」

マミ「二人とも相手がスピードアップしてきたって勘違いしてそうね」クスクス

まどか「4つでラリーが続くってすごい……」




481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:21:17.17 ID:2/gA2xyT0
ほむら(くっなんだか弾がひとつ以上ある気がする)

杏子(なんだこれ、ほむらはいったいどんなスピードで打ち返してるんだ)

ほむら(ここは打ち上げて回復の時間を稼ぐ!)

杏子(ここは上に打ち上げて回復の時間を稼ぐしかねぇな!)

ほむら(この行動が読まれていたらそのときは打ち返された弾を思いっきり杏子に向かって打ち返す!)

杏子(この行動が読まれていたらそのときは打ち返された弾を思いっきりほむらに向かって打ち返してやる!)

ほむら(うちにくい弾ではなくダイレクトアタックを狙うとは思わないはず!)

杏子(まさか直接攻撃してくるとは思わないはず!)




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:33:46.41 ID:2/gA2xyT0
ほむら「いっけええええええ」カン

杏子「吹っ飛べええええええ」カン

メキャ

さやか「おぉ、4つのうち2つを空中でぶつけて撃沈させた」

マミ「息ぴったりね」

まどか「本当にすごい……」

ほむら(クッさすが杏子ね、読まれていたみたいね)

杏子(さすがはほむらだ、まさか私の行動を読まれていたなんて)

ほむら「でもまだよ、食らいなさい!!」

杏子「でも甘い、食らえ!!」

メキャ

さやか「あ、残りの二つもぶつかって撃沈した」

マミ(暁美さんは時を止めれないし佐倉さんは幻覚幻影は使わないしある意味対等なのね)

まどか「もう私の目ではほむらちゃんも杏子ちゃんもいっぱいにしかみえないよ……」




489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:41:54.55 ID:2/gA2xyT0
ほむら(さすがね杏子、とっさの判断で打ち上げていたのね、これで決める!)

杏子(さすがはほむら、まさか私の直接攻撃羽を止めていたなんてな、でも、ここでさらに攻めあげて終わりだ!)

ほむあん「いっけええええええええええええええええええええ」

ズドン

ほむあん「え?なんで羽が二つ!?」

マミ「正確には4つよ」

ほむら「え?」

杏子「どういうことだよ」

さやか「途中から羽を追加して4つにしたんだよね」

ほむら「じゃあこの羽はひとつで二つ分……」

杏子「ほむらに罰ゲーム墨落書き2回分ってことだな」

ほむら「杏子に罰ゲーム墨落書き2回分ってことね」

まどか「本当に息ぴったり……」




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 08:53:34.82 ID:2/gA2xyT0
ほむら「ところであなたたちはどうかしたの?お正月でしょ?」ペタペタ

杏子「マミは勉強はいいのかよ」ペタペタ

さやか(といいながらも墨で互いに落書きしてる……)

まどか(二人とも器用だなぁ……)

ほむら「ちょっと杏子、あなた2回分どころか3回分は塗ったでしょ!」

杏子「はぁ!塗ってねぇよ!」

ほむら「いいえ塗ってるわ、だから私はもっと塗るわ」ペタペタ

杏子「あ、てめ!それこそおかしいだろ、だったら私ももっと塗る」ペタペタ

マミ(お互いに顔がどんどん真っ黒に……)




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:08:26.03 ID:2/gA2xyT0
まどか「あ、えっとね、親戚の人と会うの今日じゃないから皆と遊びたいなって」

ほむら「かまわないけど」

杏子「特に用事はないしな」

さやか「まぁその前にあんたらはシャワー浴びて墨おとしなよ……」

マミ「それにしてもあなた達、この見学者の方々からどう逃げるの?」

ほむら「堂々と」

杏子「正面突破で」

マミ「なんだかあなた達似てきたわね……」

まどか「あ、あとね、これ」

ほむら「これは……振袖のときの写真?」

杏子「へぇ、きれいなもんじゃん」

まどか「うぇひひ、ママが撮ってたらしくて渡すようにって」

ほむら「ありがとう、大切にするわ」

杏子「ありがたくもらっとくよ」




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:16:41.42 ID:2/gA2xyT0
まどか「本当に堂々とあの人だかりを抜けちゃうなんて……」

ほむら「どうせただの野次馬だから、何も言ってこないわよ?」

まどか「私ならうごけなくなっちゃいそう……」

ほむら「それで、遊ぶのならどこに行けばいいのかしら?」

まどか「あ、えーと」

マミ「私の家にでも集まる?私も一度帰りたいし」

まどか「じゃあマミさんの家で待ってるね!」

ほむら「わかったわ」

さやか「あんまり待たせないでよねー」

杏子「はいはいっと」

ほむら「じゃあ墨のせいで奇異の目でみられるのもいやだしさっさと帰りましょうか」

杏子「そうだなー」




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:32:35.76 ID:2/gA2xyT0
ほむら「はぁ、なんだかどっと疲れたわ……」

杏子「確かにな……」

ほむら「誰のせいよ……」

杏子「ヘタレな誰かさんのせいじゃねぇの」

ほむら「あぁ、KSさんね」

杏子「いいやHAさんが怪しいとあたしは思うね」

ほむら「……」

杏子「……」

ほむら「はぁ、積極的にいけたら苦労してないわよね」

杏子「だな……」

ほむら「ああそうだわ、杏子」

杏子「何だよ」

ほむら「今年もよろしくね」

杏子「あぁ、こっちこそよろしくな」


終わり




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:33:49.06 ID:8DlH2BUQ0





501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:35:48.87 ID:2/gA2xyT0
ほむらちゃんとあんこちゃんは基本的に仲良しだけどもっと仲良くしてみたかった
正直こんな時間までやるつもりはなかったんだが……
いつぞやのマミさんとほむほむみたいになんかあんこちゃんとほむらちゃんでくっつくイメージもあんまりないんだよね
俺がまどほむが好きすぎるせいかもしれないんだけどそこは許してくれ
なんにせよ長い時間付き合ってくれた人ありがとう、そしてあけましておめでとうございますおやすみなさい




502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:36:46.34 ID:0+ZahidsO

新年早々良いものが見れた




507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 09:42:30.23 ID:WziLeAEN0
面白かった 乙






----------------
当ブログについて
※欄989さんありがとうです。



魔法少女まどか☆マギカ KEY ANIMATION NOTE vol.1
魔法少女まどか☆マギカ KEY ANIMATION NOTE vol.1
メディアパル 2012-02
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア) 魔法少女まどか☆マギカ The Beginning Story Fate/Zero セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 暁美ほむら (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) トップをねらえ2! Blu-ray Box Complete Edition



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 02:34: :edit
    1ゲイ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 03:30: :edit
    これは良いほむ杏
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 03:45: :edit
    読んだ。
    いいなあなごんだよ。新年はじめて読んだ物で
    なごめた。
    いい年になりそうです
    作者乙
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 04:46: :edit
    面白いな
    このあとも互いに想い人とは結ばれず、10年後ぐらいに
    「結局私にはあなたよね」とかいって結婚しそう
    それがほむ杏
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 05:18: :edit
    いいね
    久しぶりにSS読んだわ
    最近まどか見返したばっかだから、余計に読み込んでしまったw
    新年早々乙でしたー楽しかったよ!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 09:55: :edit
    杏子のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  7. 名前: 名無し #-: 2012/01/02(月) 10:09: :edit
    これ読んだサークルさんが
    同人誌化しそうだな
    自分は杏子派だけど
    ほむのTシャツ着てる
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 13:25: :edit
    008getだぜ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/02(月) 16:37: :edit
    ほむあん仲良過ぎ
  10. 名前: 名無し@まとめいと #-: 2012/01/02(月) 17:29: :edit
    平和過ぎて逆に泣けてきた
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/07(土) 19:21: :edit
    いいほむあんだった
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/09(月) 02:54: :edit
    ほむあんいいなあ
    お互い自分を隠さずにズバズバ言い合える感じがとても
  13. 名前:   #-: 2012/01/09(月) 04:02: :edit
    男子中学生のマブダチって感じでかわいいな
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/11(水) 13:43: :edit
    素晴らしい

    最大限の乙
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/01/04(金) 16:50: :edit
    これもう一年経ったか
    正月っぽくて皆仲良くていいSSだ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。