まどか「キュウべぇ、マミさんを泣かせたりしちゃ駄目だからね」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/01(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 19:50:21.16 ID:Ma/lAfSK0
マミホーム

マミ「はぁ…はぁ…!」シュッシュッ

マミ「んっ…!…っくぅ…あぁっ…ああ…ぅ…!」シュッシュッ

マミ「ああっ…駄目…!私…イっちゃう!」

QB「…マミ、君は一体何をしてるんだい」

マミ「!?」ビク

QB「…魔法で男性器なんかつけたりして…ボクの知識には無い行為だね」

マミ「い、いきなり入って来ないでよ//」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 19:56:56.76 ID:Ma/lAfSK0
QB「…恥ずかしいのかい?」

マミ「…当たり前でしょう//」

QB「理解できないな…生殖器官を擦るだけの行為に、一体何の意味があると言うんだい…?」

マミ「そ、それは…その…」

マミ「……………気持ち、良いのよ…//」

QB「なんだ、そんな事か」

QB「感情の無いボクには理解出来ないね…そんな下らない事に魔法まで使って…馬鹿馬鹿しいね」

マミ「………」ムカッ




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:00:34.52 ID:Ma/lAfSK0
マミ「馬鹿馬鹿しい?!」

マミ「いくらキュウべぇでもその言い方はあんまりじゃないかしら!」

マミ「私だって人間だもの!…ストレスくらい溜まるわよ…!」

マミ「オナニーでそれが解消出来るなら…それはとても素敵な事じゃないの!」

QB「成る程…それがオナニーというものかい」

マミ「…そ、…そうよ//」

QB「そうなのか…成る程…わかったよ、馬鹿馬鹿しいと言った事については謝るよ」

マミ「わ…わかってくれれば、いいのよ…」

QB「オナニーか…興味が出てきたね…」

QB「マミ…ボクにオナニーとやらを教えてくれないか?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:04:52.08 ID:Ma/lAfSK0
マミ「教えろ…って言われても…」

マミ(キュウべぇって…雄よね…でも)

マミ(オチンチンはついてない…けど…お尻には穴がある…)

マミ(だ、駄目よ…そんな事考えちゃ…獣姦だなんて…そんな…)

QB「どうしたんだい?」

マミ「ま、待って…//」

QB「どうしたんだい…ボクにオナニーは無理なのかい?」

マミ「駄目よ…そんな、可愛い声で、オナニーだなんて…イヤらしい…//」

QB「何が駄目なんだい、ボクは君にオナニーを教えてもらいたいんだ」

マミ「きゅ…キュウべぇぇええ!」はぁはぁ

ずぶ




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:07:22.62 ID:Ma/lAfSK0
QB「っ…!」

マミ「あ、あぁあ…キュウべぇのお尻…凄く…気持ち良い…」

QB「マミは気持ち良いのかい?」

マミ「ええ…凄く…貴方は、なにか感じる?」

QB「よくわからないな…異物感があるだけ…かな?…!」ピク

QB「んっ…ま、マミ!」

マミ「だっ、だってぇ…!」ズズ

QB「待ってくれ…今、感じた事の無いものが…あぁっ!」

マミ「待つなんて…無理に決まってるじゃない…!」ハァハァ

マミ「私、我慢出来ないんだもの!」ズブズブ

QB「ぅあ…あああっ…!」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:08:59.03 ID:Ma/lAfSK0
マミ「はぁ…はぁ…あぁ…キュウべぇのお尻…凄い…凄い♪」

QB「あぁあ…ぼ、ボクも…!」

QB「こんな事…初めてだ!」

QB「マミ…も、もうやめてくれ…それ以上…お尻をずぼずぼされたら…ボクは…ボクは!」

マミ「ふふっ…いいのよ…キュウべぇ…貴方も…んはぁ」

マミ「気持ち…良いんでしょう?」

QB「んぁ…ボクに…そんな、感情なんて…あるはずが…ある、はずが…!あぁう♪」

マミ「ふふ、嘘おっしゃい…キュウべぇの顔…凄くイヤらしいわ…」

マミ「お尻を犯されて悦ぶなんて…キュウべぇは、変態さんだったのね」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:12:52.79 ID:Ma/lAfSK0
QB「変態…ボクは…あぁ…変態…んほぅ♪」

マミ「認めなさい…キュウべぇはイヤらしい男の子…私のチンポでずぼずぼされるの…気持ちいいんでしょう?」

QB「んあぅ…!…はぁ…ボクは…ボクは…あぁう…!」

マミ「ほらほら!どうなの…?」ズンズン

QB「ひゃあぅっ!…も、もぅ…駄目ぇ…許して…マミ…許してよぉ…」

マミ「あら?何を許せと言うのかしら?」ズンズン

QB「あぁっ!チンポでお尻突くの…んあぁ…や、やめてぇ!」

QB「ボク…おかしくなっちゃう…」

QB「このままチンポでずぼずぼされた、らぁ…っ!」

マミ「されちゃったら?」

QB「ボク!おチンポ大好きになっちゃう♪…変態インキュベータに…なっちゃうよぉおお♪」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:17:26.60 ID:Ma/lAfSK0
マミ「ふふ…可愛いわよ、キュウべぇ♪」

QB「ボク…可愛い?マミのおチンポ大好きな…変態なのに…?」

マミ「勿論よ…!キュウべぇ…貴方の顔…とってもエッチ…」

マミ「その、イヤらしい顔で…私の…熱っついチンポミルク…受け止めてっ!」

QB「うん…!頂戴…欲しいよ…ボク、マミのチンポミルクが欲しいのぉ!」

びゅるるっ♪




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:19:00.70 ID:Ma/lAfSK0
マミ「ふぁ…あぁんっ…ぁああああんっ!」

QB「ふぁ…あぅ…あ、熱い…」

QB「それに…凄い匂い…あ、あぅうっ♪」ビクン

マミ「ふふ…精液ぶっかけられてイっちゃうなんて…本当に…イヤらしい子」

QB「やぁ…そんな…ちが」

マミ「違わない…キュウべぇ…貴方は変態よ、お尻を犯されるのが大好きな真性の変態」べたっ

QB「あぅ…そんな、精液だらけのおチンポ…擦り付けないでぇ…」

マミ「ふふ、チンポで頬擦りさせられて…蕩けた顔になってるじゃないの♪」

QB「あぅ…こんな凄い匂い…んあぁう♪…また、イっちゃったぁ♪」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:23:05.23 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

QB「ふむ…オナニー、中々に興味深い事だね」

マミ「………………」ドヨーン

マミ(私…何をしてたんだろ…)

マミ(死にたい…)

QB「マミ」

マミ「…何」

QB「少し、研究してみたいな…また、してもらえるかい?」

マミ「…絶対しない」

QB「…駄目なのかい?マミのおチンポで…ボクを滅茶苦茶にして欲しいんだけどな」クイ

マミ「…そんな可愛い仕草しても駄目…あんな事二度とするもんですか!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:26:26.60 ID:5E0NAF37P
実際オナニーは魔法少女にはよさそう
ストレス解消として




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:27:12.47 ID:Ma/lAfSK0
数日後

マミ「さぁ!教えた通りに言いなさいキュウべぇ!」パンパン

QB「はひぃ!ご主人様のぉ…極太チンポで淫乱キュウべぇのエッチなお尻を…お仕置きしてくださいませぇ!」

マミ「良くそんな台詞を恥ずかしげもなく言えるわね…最低!…貴方は最低だわ!」ズンズン

QB「だってぇ…おチンポ…凄すぎるよぉ…!こんなの…絶対逆らえないぃいいい!」

マミ「相手が誰でもいいのかしら?…獣ね!快楽の為なら喜んで腰を振っちゃう最低のけだものね!」

QB「あはぁあ♪…いいもん…ボク、獣でいいんだもん」

QB「だからぁ…もっともっと!気持ち良くしてよぉお♪」

マミ「ええ!お望みどうり…キュウべぇの中に…ぶちまけてあげるっ…!」びゅるるっ

QB「あぁん♪きたぁ!…マミの特製チンポミルク…あふぅ…ボクのお尻でぇ…ドクドクしてるぅ…♪」ビクンビクン




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:31:10.58 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

QB「成る程…ふむ…成る程…いや…しかし…」

マミ「ぅう…私って…本当…最低…」

QB「うん、なかなか面白かったよ…けど、やっぱり無理かな…」

QB(このオナニー、何か、エネルギーになるかと期待していたけど…無理だね、無駄が多すぎる)

QB「…仕方無いかな…まぁ、いいか」

マミ「………仕方無いって、何?」

QB「君とのオナニーは無意味だったと言うことさ」

マミ「……」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:33:20.02 ID:Ma/lAfSK0
マミ「…キュウべぇ…」

QB「なんだい?もうオナニーはいいよ…君としたって新しいデータは取れそうに無いからね」

マミ「…他の娘とするの?」

QB「…他の娘のデータを取るのも…いいかもしれないね」

マミ「…そ、そんなの…嫌よ…」

QB「どうしてだい?」

マミ「だって…キュウべぇが…他の娘と…その、エッチな事をするなんて…」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:37:39.47 ID:Ma/lAfSK0
QB「訳がわからないな…快楽を得られるなら…別に相手が誰だって構いはしないだろう?」

マミ「そんなの駄目よ!…そんな、好きでもない相手とするなんて…」

QB「マミ…君はボクの事が好きなのかい?」

マミ「…………//」

マミ「…あんな事しておいて、こんな事言うのはあれだけど…」

マミ「私、キュウべぇには本当に感謝してるのよ、貴方がいなかったら私は、生きていなかった」

マミ「キュウべぇが私を支えてくれていたから、私は独りじゃなかった…寂しくなかったもの」


QB「感謝…ね」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:38:48.26 ID:Ma/lAfSK0
マミ「私はキュウべぇが大好きよ」

マミ「もう、私達家族みたいなものじゃない…これからも、ずっとキュウべぇと仲良く暮らせていけたら…それはとても嬉しいなって…」

QB「ボクと…ずっと仲良くだって?」

マミ「…だ、だからその…キュウべぇとするのは…嫌じゃないの//」

マミ「ただ…始めると自分を抑えられなくて…酷い事ばっかり言っちゃうじゃない私」

マミ「それが、嫌なの…もっとキュウべぇに優しく出来たら…私は…私は…」

QB「………………」

QB「やれやれ…マミ、君は何を下らない事を言ってるんだい」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:41:39.94 ID:Ma/lAfSK0
QB「優しく出来たら…だって?」

QB「オナニーなんて、お尻にチンポを突っ込む…ただそれだけの行為じゃないか…」

マミ「キュウべぇ!それは違うの…本当のオナニーって言うのは…」

QB「違わないさ、そんなものに、優しさなんて必要ないね」

QB「ボクが君とオナニーしていたのは只のデータ収集、知的好奇心、只それだけさ」

QB「相手が誰だろうと関係無いよ」

マミ「ぅ…キュウべぇ…」

QB「だから、ボクは他の娘とだってオナニーする…それについてマミにあれこれ言われる筋合いはないね」

マミ「ぅう…ぅうううっ!」

QB「全く、どうして泣くんだい、訳がわからないよ」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:43:54.77 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

QB「ずっと仲良く暮らせたら…か」

QB「………………っ」

QB「何だろう…この感覚は…」

QB「マミとオナニーしてから…何かがおかしい…」

QB「ボクに優しく出来たら…ね、理解出来ないよ」

QB「ボクなんかに…」

QB「…こんな感覚…オナニーなんかするんじゃなかったな」

QB「訳が…わからないよ…」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:45:42.94 ID:Ma/lAfSK0
学校

さやか「いやー!昨日は朝から晩まで一日中オナニーしまくっちゃったよ!」

仁美「まぁ、さやかさんたら朝からはしたないですわ…ふふ」

さやか「なにおー!お嬢様ぶっちゃってぇ仁美だってするくせにぃ」

仁美「さあ?どうでしょうね」

まどか「あの…」

さやか「ん?どしたのまどか」

まどか「オナニーって…何?」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:48:39.42 ID:Ma/lAfSK0
さやか「まどか…あんたまさかその年になって…そんな事も知らないの?」

仁美「流石に、驚いてしまいますわね…」

まどか「だ、だから…オナニーって何なの?」

さやか「いや…あんたには早いよ」

仁美「まどかさんは、純真な方が可愛いですもの」

まどか「むー!」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:49:24.02 ID:Ma/lAfSK0
鹿目家

まどか「もう!二人とも酷いよ!」

まどか「私の事子供扱いして…!」

まどか「でも…オナニーってなんなんだろう…」

まどか「うん、パパに聞いてみよう」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:52:22.86 ID:Ma/lAfSK0
知久「そうか、まどかもそんな年になったのか」

まどか「ねぇ、パパなら知ってるよね…オナニーってなんなの?」

知久「オナニーとはね」かちゃかちゃ

まどか「や、やだ!何考えてるのパパ!」

知久「まどか、君はオナニーを知りたいんだろう」ぐいっ

まどか「お、お尻の穴なんか広げてみせないでよぉ//」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:52:58.71 ID:Ma/lAfSK0
知久「ふぅふぅ…はあはあ//」

まどか「ぱ…パパのお尻の穴がヒクヒクしてる…//」

知久「ぅっ…ああっ…ぉおっ…!」

まどか「お尻の穴に指をいれて…駄目だよ…そんなの汚いよ!」

知久「はぁ!はぁ!…杏子ちゃん…杏子ちゃん…!」ぐちゃぐちゃ

まどか「ぅあ…何で…?パパの顔…凄くエッチ…んっ」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:53:24.90 ID:psfKv6wH0
まさかのアナニスト




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 20:56:11.65 ID:Ma/lAfSK0
まどか「はぁ…はぁ…」ドキドキ

知久「んっ…あぁぅ…ま、まどか…」

まどか「な…なにぃ、パパぁ//」

知久「よかったらで…おぉぅ…いいんだが…パパのオナニーを…あぉっ…手伝ってくれないか?」

まどか「て、手伝うって?」

知久「これを…はぁ、杏子ちゃん!…つけて欲しいんだ…ああぅ」

まどか「これは…何なの?」

知久「ペニバンと言うんだ…はぁっ…は、早くそれを着けて…!」

知久「パパのイヤらしいケツ穴をお仕置きしてくれっ…!」

まどか「う、うん…わかったよパパ!」ドキドキ




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:00:44.40 ID:Ma/lAfSK0
ズブズブ

知久「あああっ!杏子ちゃんの極太チンポが…ぼくの、お尻にぃ…!」

まどか「パパ…凄く、気持ち良さそう…」

知久「た、頼む…早く動いてくれ杏子ちゃん!」

まどか「う、うん…動くね…パパ」

知久「あ、あおぉおっ…♪」

知久「あ、杏子ちゃんが…ぼくのケツマンコを…くひぃっ!」

まどか「パパ、凄い!凄く可愛いよパパ!」ドキドキ

知久「もっと、もっといってくれぇ!」

知久「杏子ちゃんが…パパだなんて…ダメぇ…気持ちいい♪」

知久「このままじゃ…杏子ちゃんの前で…駄目なパパになっちゃうよぉ♪」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:03:52.20 ID:Ma/lAfSK0
まどか「ぱ…パパは…駄目な人なの?」

知久「ああ、そうさ…パパは駄目な大人さ…最低の屑なんだ…んひぃ♪」

まどか「私は…パパの事大好きだよ?」ドキドキ

知久「ほ、本当かい杏子ちゃん?」

知久「こんな…アナルを犯されて悦ぶ…変態パパでも…杏子ちゃんはパパを好きでいてくれるのかい?」

まどか「うん…変態でも、私は…パパの事が大好きだよ!」

知久「ぬほぉおおっ…♪感動、パパ感動…っ…!」

知久「孝行娘にケツ穴ピストンされて駄目パパイッちゃいますううぅううう♪」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:07:53.15 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

知久「…とまぁ、オナニーとはこういうものなんだ」

まどか「…うん、凄く、エッチな事なんだね…//」

知久「そうだ、だから簡単に言葉にしてはいけないよ」

知久「まどかは女の子なんだ」

知久「もっと、常識と恥じらいを持たないとね」

まどか「はーい」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:11:02.00 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「はぁ…」

まどか「オナニー、凄くドキドキしたなぁ…//」

まどか「また、したいなぁ…」

まどか「………………」

まどか「マミさんも…オナニーなんて…するのかなぁ…」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:13:21.85 ID:Ma/lAfSK0
マミホーム

ピンポーン

ガチャ

QB「まどかかい?残念だけど…マミは出掛けてるよ、用があるなら言付かるけど?」

まどか「うーん、言付けはちょっとね…」

QB「そうかい、まぁ立ち話もなんだし上がって待てばいいよ」

まどか「そうだね、お邪魔しまーす」

ガチャ




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:13:57.48 ID:Ma/lAfSK0
マミルーム

QB「ただ、待っていても暇だしね…」

QB「良かったらボクと契約を…」

まどか「しない」

QB「…そうかい」

まどか「………………」

まどか「ねぇ…キュウべぇは、オナニーするの?」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:14:41.34 ID:Ma/lAfSK0
QB「オナニーかい?するよ」

まどか「本当に?」

QB「本来なら必用ないんだけどね…地球に来てから覚えたんだ」

まどか「じゃ、じゃあ…私とオナニーしてくれる?//」

QB「……………………」

QB「構わないよ…まぁ君にボクを満足させられるかは疑問だけどね」

まどか「むっ!やってみなくちゃわからないよぉ」カチャ

QB「ペニバンかい?そんな道具に頼るようじゃ、たかがしれると言うものさ…仕方ない」ぽっ

まどか「ひゃう!何…?あ、私に…男の人のあれが//」

QB「ふふっ…さぁ、ボクを満足させてもらおうか」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:17:55.93 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「い、いれるからね?」ずぶ

QB「あ…んんっ…ふふ…中々いいサイズじゃないか…んっ」

まどか「ぅあ…キュウべぇのお尻の中…凄く気持ちいい」

QB「いれただけで惚けた顔をしてどうするんだい?」

QB「そんなんじゃ…ボクを気持ち良くなんて出来ないね」クイクイ

まどか「ふぁぅあああん♪」

QB「やれやれ…だらしない」

QB「やっぱり、童貞チンポじゃボクの相手は早すぎたかな?」ぎゅう

まどか「し、締め付けちゃ…あ、あひゃぅ♪」びゅるるる

QB「ああぅ!…んぅ…ふふっ…この程度で射精しちゃうとはね…だらしないチンポだよ」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:18:50.98 ID:tVnpxJkJ0
体はQBだけど声は…ゴクリ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:18:57.62 ID:Ma/lAfSK0
まどか「あ、あふぅ…キュウべぇ…凄い…」ぐてっ

QB「やれやれ…ボクは満足してないんだよ、もう少し付き合って貰わないとね…よっと」ぐ

まどか「ふぇ…?私に股がって何を…あひゃう♪」

QB「あふぅ…ナニって…オナニーの続きに決まってるじゃないか」ぐっぐっ

まどか「ダメぇ…!射精したばっかりで…私…!」

QB「んっ…ああんっ…ふふっ、一度射精した直後のチンポが…固くてボクのお気に入りなのさ♪」

まどか「ああぅ…許して…キュウべぇ…ああぅう」

QB「ふふっ…そういいいながらボクのお尻を掴んで離さないのは誰なんだい…」

まどか「ああん…ふぁあああぅ♪」

QB「あんっ…まどか…君はオナニー狂いの変態なのさ…ああぅ♪」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:22:58.52 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「ふぁあ…キュウべぇって凄いね…私、凄く気持ち良かったよ」

QB「そうかい、それはよかったね」

QB(…何でだ…やってる事は大して違いない筈なのに…)

QB(虚しい…と、いうのかな…この感覚は)

まどか「ねぇねぇ…マミさんも、オナニーするのかな//」

QB「するさ…ボクにオナニーを教えたのは彼女だからね」

まどか「じゃあ!キュウべぇよりも、もっともっと気持ち良いんだよね!」

まどか「私ともしてくれるかなぁ…えへへぇ…凄く楽しみ♪」

QB「………………」

QB「マミとオナニー?君がかい?」

QB「冗談はよしてくれないかな、まどか」

まどか「キュウ…べぇ?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:25:50.23 ID:Ma/lAfSK0
QB「君なんかがマミとオナニーだなんて、十年早いよ」

まどか「ど、どうして…」

QB「テクニックも何もない…ただがむしゃらに腰を降りたくるしかできない君が…マミを満足させられると思っているのかい?」

QB「さっきだって、ボクにされるがままだったじゃないか」

まどか「だ、だって気持ち良いんだもん!仕方無いじゃない!」

QB「それが君のオナニーかい?笑わせてくれるね…獣と一緒じゃないか」

まどか「じゃ、じゃあ本当のオナニーって…一体何なの!」

QB「さぁね…とにかく、今の君にマミとオナニーする資格なんてないよ…今日はもう、帰ってくれないか」

まどか「むー!キュウべぇのばかぁ!」バタン

QB(本当のオナニーだって?…そんなのこっちが聞きたいよ…)

マミ(キュウべぇ!それは違うの…本当のオナニーって言うのは…)

QB(…マミはあの時何を言おうとしたんだろう…今更、聞ける筈もない、か)




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:27:24.91 ID:3zCs/IBd0
オナニーって奥が深いんですね




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:31:11.49 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「むー、キュウべぇったら酷いよ!」プンプン

まどか「キュウべぇだって気持ち良かったくせに!」

まどか「パパだって、私のオナニー凄いって褒めてくれたのに!」

まどか「マミさんだって…私とオナニーすれば…きっと…//」

まどか「とにかく、私はもうさやかちゃん達に馬鹿にされる事はないって事だよね♪」

まどか「さやかちゃん…どこにいるんだろ…電話持ってきてないし…」

まどか「家にいるとは…思うんだけど…」

まどか「…そういえば恭介君の病院…この近くだっけ…」

まどか「…いって見ようかな?」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:33:15.01 ID:Ma/lAfSK0
恭介の病室

恭介「はあ…はあ…」シュッシュッ

恭介「杏子ちゃん!…杏子ちゃん!」シュッシュッ

恭介「だ、だめだっ…杏子ちゃん…イクっ!」

トントン

恭介「…?!」ササッ

恭介「ど、どうぞ!」

まどか「…お邪魔しまーす」

恭介「?…君は…鹿目さん?」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:36:22.60 ID:Ma/lAfSK0
恭介「や、やぁ…君が来てくれるなんて珍しいね…」

恭介「さやかは…一緒じゃないのかい?」

まどか「う、うん…近くまで来たから…お見舞いに…」

恭介「そ、そうなんだ…ありがとう…」

まどか「……………」

恭介「………………」

まど恭『き、気まずい…』




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:37:04.36 ID:Ma/lAfSK0
まどか(そうだよね…都合良くさやかちゃんが来てる筈ないもんね…)

まどか「きょ、今日は寒いね…あはは」

恭介「そ、そうなんだ…僕はずっと病院だから…」

まどか「ご、ごめんね…!」

恭介「い、いや…僕こそ、そのごめん…」

恭まど『……………』

まどか(ぅう…やっぱり、私だけじゃ…でも来てすぐ帰るのも失礼だし…)

まどか(なにか…いい話題…そうだ!)

まどか「ねぇ!恭介君!」

恭介「な、なにかな鹿目さん?」

まどか「恭介君は、オナニーしてる?」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:40:16.88 ID:Ma/lAfSK0
恭介「お、オナニーって…その//」

まどか「恭介君もするんだよね?」

恭介「…そりゃ、まぁ…その…」

恭介「…僕だって…男だからね…しなくは…ないさ//」

まどか「ふふ、気持ち良いもんね」

まどか「ねぇ…恭介君、良かったら…私とオナニーしない?」

恭介「な、な…」

まどか「私とじゃ…駄目かな?」ションボリ

恭介「落ち込むなよ…良いに決まってるだろ」

まどか「ふふっ…楽しもうね」

恭介「勿論さ!」

恭介(けど…私とオナニーって何だろう?)

恭介(お互い見せ合うのか?)




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:45:49.79 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「じゃ、じゃあ…入れるね…」ドキドキ

恭介「ち…ちょっと待つんだ!」

まどか「なぁに?」キョトン

恭介「君についてるそれは何だ?!」

まどか「おちんちんだよ?」

恭介「っ!…それにどうして…僕の股を拡げているんだ?!」

まどか「オナニーするっていったじゃない」

恭介「あ、あれ?」

まどか「やっぱり…嫌?…私とオナニーなんかしたくない?」ションボリ

恭介「泣くなよ…誰もそんな事言ってないだろ」

まどか「うん、…じゃあイクね」ずぶ

恭介「あ!あぁあああああっ!」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:46:13.75 ID:Ma/lAfSK0
まどか「あは…恭介君のお尻、キツくて…気持ち良い♪」

恭介「あ…あぐぅ…!」

まどか「ねぇ、恭介君はどうかな?気持ち良い?」

恭介「…い、痛い…抜いて…抜いてくれっ…!」

まどか「…え?」

恭介「こんな…事…気持ちいい…筈ないじゃないかっ!…ぅう」

まどか「そ、そんな筈ないよ!きっと直ぐに良くなるよ!」ズボズボ

恭介「ひぎっ…ぃ痛…痛い…痛い…ぅう…」

まどか「…なんで?…どうして?」

恭介「痛いんだ…ぅ…早く…早く抜いてよぉ…!」

まどか「こんなの絶対おかしいよ!」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:51:14.53 ID:Ma/lAfSK0
まどか「恭介君…私のオナニー、気持ち良くないの?」ヌキッ

恭介「ぅあ…はぁ、はぁ…」

恭介「っ…良い訳がないじゃないか!」

恭介「大体っ…君のやってる事はオナニーなんかじゃないじゃないか!」

恭介「鹿目さん…君は本当のオナニーを知っているのかい?」

まどか「わ、私は…私は…恭介君と気持ち良くなれたらいいなって…」

恭介「なる訳ないだろ!いきなりお尻に…そんなものを突っ込まれて…気持ち良さそうにしてたのは君だけじゃないか!」

まどか「………あ…あぁ…」

恭介「それで何がオナニーだ!」

恭介「ぅ…痛い…」

まどか「…そっか…私、間違えてたんだね…恭介君…ごめんなさい…ごめんなさい…」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 21:57:33.07 ID:Ma/lAfSK0
恭介「…わかってくれれば…ひゃぅ!」ピクン

まどか「…んっ…恭介君のお尻…血が出ちゃってるね…ん」ぺちゃ

恭介「か、鹿目さん…!」

まどか「ごめんね恭介君…私、自分が気持ち良くなる事しか…ぺろっ…考えてなかったね…」ぺちゃぺちゃ

恭介「だ、駄目だよ鹿目さん…あぅ…そんな…そんな所を舐めるなんて…あぅ」

まどか「だって…私のせいで…ぴちゃ…痛く…ない?」

恭介「痛くは…ないけど…あぁう…!」

まどか「ふふ、恭介君のお尻の穴…可愛いね…ぺろっ」

恭介「あぅ…やだ…変な声がでちゃうよ…」

まどか「お尻の穴がヒクヒクしてる…指くらいは…大丈夫だよね」ツプッ

恭介「あぅうっ♪」ビクン




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:00:38.51 ID:Ma/lAfSK0
まどか「どうかな?」クニクニ

恭介「や、やめて!…あぅ…あぁあっ…」

まどか「…………」ツププッ

恭介「あぁん!…指、二本も…入れちゃだめ!…動かしちゃらめぇ!」

恭介「鹿目さん…んっ…こんなの…はぁうっ…指を…ぬ、抜いてよぉ」

まどか「駄目だよ♪」グイグイ

恭介「んひゃぅ♪ど、どうしてぇ…あぁっ…」

まどか「だって…恭介君の顔、さっきと全然違うよ…凄くエッチ…気持ち良さそうなんだもん♪…」

恭介「そ、そんな…僕が…エッチだなんて…んあぅ!…だ、駄目っ!それ以上されたら…僕っ…!」びゅるるっ

まどか「…?!きゃあっ…あぅ…恭介君の…凄い量だね…それに…んっ……熱い…ふふっ♪」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:03:38.72 ID:Ma/lAfSK0
恭介「ぅぅ…女の子に…お尻を弄られて…イクなんて…」

まどか「…ぅあ…恭介君の…精液がべったりだよ…これじゃあ、帰れないね…」

恭介「あぁ…!ごめん…!」

まどか「だーめ、許してあげない♪」まんぐり返し

恭介「や、やだよっ…こんな格好…恥ずかし過ぎるよ//」

まどか「ふふ…恭介君のお尻の穴がよーく見えるね」ぺろっ

恭介「ああぁうっ♪…また、お尻を…?!」

まどか「んっ…それだけじゃ、ないよ」シコシコ

恭介「んあぁあっ♪駄目…!…お尻を舐めながら…僕のチンポしごかないでぇえっ♪」びゅるるっ

恭介「あぁっ…ぅう…僕…んっ…」

まどか「ふふっ…精液だらけの恭介君…凄くエッチだね…これで、おあいこだよ」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:10:43.22 ID:Ma/lAfSK0
恭介「ぅう…自分の…精液なんかで…」

まどか「でも、気持ち良かったんだよね」

恭介「…そんな…そんな事…あぁう!」

まどか「恭介君のお尻…すっかり柔らかくなったね…もう…指一本じゃもの足りないんじゃないかな」

恭介「っ…僕は…ぅ…僕は…」

まどか「良いんだよ…我慢なんて、しなくていいの」

まどか「私と、もっと…二人で、気持ち良くなろ?」

恭介「ぅ…か、鹿目さんの…」

まどか「…うん」

恭介「鹿目さんの…!おチンポで…僕のお尻を…犯してください!お願いします!」

まどか「うん、良く出来ました」ニコ




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:15:56.47 ID:Ma/lAfSK0


恭介「こ、これで…いいのかな…//」

まどか「うん…ごめんね…普通だと、私力ないから…ちょっと辛いんだ…ごめんね」

恭介「別に…構わないけど…は、恥ずかしいな//」

まどか「ふふ、四這いでお尻をつきだしてる恭介君…凄くエッチで可愛いよ」

恭介「………//」

まどか「それじゃあ…イクね」グイ

恭介「はああぅ♪…杏子ちゃん…♪」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:18:19.33 ID:Ma/lAfSK0
恭介「ああん……僕、感じてる…んあぅ…男の子…なのに…!」

恭介「杏子ちゃんに…お尻をズボズボされるの…気持ちいいよぉ♪駄目なのに…駄目なのにぃ♪」

まどか「いいんだよ…誰も、貴方を責めたりなんかしない…我慢なんて、しなくていいんだよ」ズンズン

恭介「ああんっ…!もう、どうなっても…イイ♪」

恭介「好き好き…大好き♪…おチンポで犯されるのがだーいす
きぃ♪」

恭介「杏子ちゃん…!杏子ちゃあああああん!」どぴゅどぴゅ

まどか「ふぅ…恭介君、満足してくれたかな」

恭介「ふぁい…ありがとう…杏子ちゃん…」

まどか「ふふっ…おやすみなさい」ニコ

まどか「それじゃあ…またね」

ガチャ




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:25:24.84 ID:Ma/lAfSK0
病院内通路

まどか(キュウべぇの言ってた事が…少しわかったような気がする…)

まどか(そうだよね、オナニーは独りじゃ出来ない…)

まどか(相手がいるからオナニー出来る…気持ち良くなれる)

まどか(…なのに…私は自分が気持ち良くなる事しか考えてなかった)

まどか(だから、恭介君に痛い思いをさせちゃった…)

まどか(それじゃ只の自己満足なんだよね…それはオナニーなんかじゃないんだ…)

まどか(…本当のオナニー…オナニーをする意味…それは…)

がちゃ




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:35:28.07 ID:Ma/lAfSK0
病院前

びゅううううううっ!

まどか「きゃっ…いつのまにか…酷い天気…さっきまで晴れてたのに…」

「キャハハハハハハハハッ」

まどか「な、何?…何なのあれ…!」

QB「知りたいかい、まどか」

まどか「キュウべぇ…!」

QB「あれこそが…最強にして、最悪の魔女」

QB「ワルプルギスの夜だ」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:36:54.97 ID:tVnpxJkJ0
オナニーがなにかわからなくなってきた




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:40:25.67 ID:Ma/lAfSK0
まどか「そ、そんな事突然言われたって…!」

まどか「…!」

まどか「そうだよ…マミさん…マミさんなら!」

QB「マミは…駄目だよ」

まどか「ど、どういう事?!」

QB「さっきまで戦ってたんだ…そして、負けた」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:47:12.52 ID:Ma/lAfSK0
まどか「負けたって…まさか!」

QB「別に、死んだ訳じゃないさ…気絶してるだけだよ」

QB「ダメージが酷かったから当分は動けないだろうけど」

まどか「あんなに強いマミさんが…そんな…」

QB「…ボクを庇ったんだよ、マミは」

QB「避けれた筈の攻撃を、無理矢理彼女は受けきった…」

QB「そして倒れた…不思議だね、ボクはマミに酷い事を言った…泣かせた筈なのに…何でだろうね」

まどか「…それはきっと、マミさんにとってキュウべぇが大切な存在だから、なんじゃないかな…」

QB「………………」

QB「…無駄な会話をしてしまったね…本題に移ろうか」

QB「まどか、君はどうするんだい…契約するのか、しないのか…」

QB「この街を破滅から救えるのは…魔法少女になった君だけだ」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:52:27.26 ID:Ma/lAfSK0
まどか「私が…魔法少女に…」

QB「そうだ、君ならワルプルギスの夜であっても…簡単に滅ぼす事が出来るよ」

まどか「ううん…契約はしない…私は、戦わない」

QB「逃げるのかい?…まぁ賢い選択だよ」

まどか「……………」フルフル

まどか「……キュウべぇ、私…」

まどか「私…ワルプルギスの夜と…オナニーがしたい」

QB「正気かい…君は、一体何を言ってるんだ…」

まどか「…本当のオナニー…私が出した答えを…確かめたいの!」

QB「本当のオナニー…か」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:54:25.99 ID:KIlBqO4P0
まどかの性欲はとどまるところをしらない




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 22:55:03.89 ID:3zCs/IBd0
感動した!俺もオナニーするぞ




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:00:57.34 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

ワルプルギス「キャーッハハハハッ!」ドカン ドカン

ワルプルギス「キャハハハ…ハ?!」

ビーン

QB「…流石のワルプルギスも、ここまで巨大なチンポの前では驚くようだね」

まどか「ぅ…凄いけど…恥ずかしいね//」

QB「君にボクが与えたチンポは魔法だからね…君の出鱈目な才能なら契約しなくても、それを媒介にすれば…と、思ったんだが」

QB「どうやら、上手くいったみたいだね…立派なチンポだ、お尻が疼くよ」

まどか「なんだか…私自身がおチンポになったみたい…でも、これなら!」

QB「…通訳はボクがするよ、見せてくれ…君のオナニーを」

まどか「うん!…すぅー…はぁー…」

まどか「…聞こえますか、ワルプルギスさん…」

まどか「私は、まどか…鹿目まどか…あなたとオナニーがしたくて、ここに来ました!」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:07:29.79 ID:Ma/lAfSK0
ワルプルギス「ーーーーー」

QB「…困惑してるよ、まぁ当然と言えば当然だけどね」

まどか「いきなり、不躾でごめんなさい…けど、私あなたとオナニーがしたいんです」

ワルプルギス「ーーーー!」

QB「馬鹿な事を…私は魔女…」

まどか「そんなの関係ありません!…ワルプルギスさんはとっても素敵な女性です!」

ワルプルギス「ーーーー//」

QB「…照れているね…」

ワルプルギス「ーーーー!ー」

QB「…誰も…私を女性としては見てくれなかった…私だって…本当は…」

まどか「…本当は誰かと繋がりたいんですよね…」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:08:24.98 ID:Ma/lAfSK0
まどか「独りぼっちは寂しいって…いつか、誰かが言っていた気がします…」

ワルプルギス「ーーーーー」

まどか「ワルプルギスさんは…人より、ちょっとだけ大きいから…誰かと一つになることが…絆を作る事が…少しだけ難しかったんですよね」

まどか「でも、私なら…私のおチンポなら…ワルプルギスさんと一つになれる…もう、寂しい事なんてないんだよ…」

ワルプルギス「ーーーーー」

まどか「だから、私とオナニーしよう?…私、あなたと友達になりたいの」

ワルプルギス「ーーーーー」

ワルプルギス「ーーーー//」コクン




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:16:18.46 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

まどか「それじゃ…いくね」ズブ

ワルプルギス「ーー!」

QB「んほぅ」

まどか「っ…凄い…ワルちゃんの歯車…素敵…んぅ…!」

ワルプルギス「ーーーー!」

QB「動いて、動いて、…私の処女ギア早く掻き回して」

まどか「ぅ…うん…動く…ね」ぐちゅぐちゅ

ワルプルギス「ーーーー!」

QB「んおぉっ…凄い…これが、オチンチン…初めてなのに…腰が勝手に動いちゃう」

まどか「ぅう…凄い…ワルちゃんの中…ぅあ…気持ち良すぎるよぉ…」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:21:49.19 ID:Ma/lAfSK0
ワルプルギス「ーーー!ーー」

QB「まどか…彼女はもっと動いて欲しいと言っている…応えてやらないのかい?」

まどか「動きたい…けど!ワルちゃんが…あぅ…よすぎて…んぅうっ…このままじゃ…私が先に射精しちゃいそうなのっ…!」

ワルプルギス「ーーーーーー」

QB「…もし、ここで終わったら、彼女は今度こそ街を破壊しつくすだろうね」

まどか「そんなの…あぅう…!」

QB「やれやれ…ボクは何を期待してたんだろうね」

QB「無理だと思ったなら、いつでも言いなよ…契約すれば、話は終わるんだからね」

まどか「…そんな終わり方…いや…でも…ひゃぅっ…私じゃ…駄目…なの…ぅあ…!」

知久「駄目じゃない!」

まどか「あぅう…ぱ、パパ?」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:27:20.04 ID:Ma/lAfSK0
まどか「パパ!…どうしてこんな所に…危ないよ!早く逃げて!」

知久「一体何がどうなっているのかはサッパリだが…けど、娘の一大事を見守ることもせず逃げ出すなんて父親失格だ!」

知久「頑張るんだまどか!…そして、そのチンポで僕のお尻もお仕置きしてくれ!」

まどか「…パパ!」

恭介「僕も…!訳がわからないから応援する事しか出来ないけど!」

まどか「恭介君まで…どうして…」

恭介「一緒にオナニーした仲じゃないか!…僕はまた君とオナニーがしたいんだ!」

恭介「だから…頑張れ鹿目さん!」

まどか「ぅ…ありがとう…パパ、恭介君…」

まどか「…そうだよね、私達は繋がる事で、人の暖かさを感じる事が出来る…思いやる事ができる…」

まどか「絆を繋ぐ…それが本当のオナニーなんだ!」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:35:27.14 ID:Ma/lAfSK0
まどか「だから…ぅあ…あなたとだって…ふぁぅ!…ぅう」ずぼずぼ

ワルプルギス「ーーー!ー!」

QB「まどか…君って奴は…」

QB「………………」

QB「…まどか、お尻の穴に力を込めろ…気休めよりは効果があるはずさ」

まどか「…キュウべぇ?」

QB「勘違いはしないでくれ…ボクは、今の君とオナニーがしてみたい…只、それだけさ」

まどか「…キュウべぇ…ありがとう!」

QB「…訳がわからないよ」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:36:29.67 ID:mRTLBdOvO
ほむほむが一度も出ないまどかSSがあるなんて




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:37:48.70 ID:psfKv6wH0
ほむらもこんな世界線早々に放棄するわwww




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:40:25.04 ID:DzTd/3A/O
只のアナルセックスじゃねぇかwwと思ってたけど、オナニーって深いんだな……




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:40:28.85 ID:Ma/lAfSK0
ーーー

QB「絆…か、それが君の出した答かい」

まどか「うん…キュウべぇ…ありがとう、あなたのお陰で新しい友達が…」

ワルプルギス「ーーーー」ボロボロ

まどか「わ、ワルちゃん!どうしちゃったの!」

QB「成仏…と言えば一番わかりやすいかな…彼女は満足したんだよ、君のお陰で」

まどか「そんな…折角、友達になれたのに…」

ワルプルギス「…………………」ボロボロ

ワルプルギス「……ありがとう…まどかちゃん……ありがとう、杏子ちゃん…」スゥ




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:41:22.21 ID:3zCs/IBd0
みんな杏子ちゃん好きすぎるだろ




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:41:31.82 ID:SwF0Rp190
だからなんでいちいちあんあん出てくんだよww




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:41:59.75 ID:190MrLgU0
もしかしてイイ話だったのか?




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:46:07.05 ID:mRTLBdOvO
杏子自身は一度も出てないぞ




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:46:33.90 ID:Ma/lAfSK0
まどか「ぅ…ぅう…」

知久「まどか…泣いているのかい…」

まどか「…ううん!」グイ

まどか「泣いてなんかないよ!私、ワルちゃんとオナニーして…凄く気持ち良かったんだから!」

知久「そっか…偉いぞ、まどか」ナデナデ

まどか「ぁあん♪…そんな所…ナデナデしないでよぉ//」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:53:35.09 ID:Ma/lAfSK0
恭介「鹿目さん!…また、僕とオナニーしてくれるかい?…我慢出来ないんだ!」

まどか「……………」フルフル

恭介「そ、そんな…」

まどか「恭介君には、さやかちゃんがいるじゃない」

恭介「さやかは…あいつが、そんなオナニーなんて…」

まどか「駄目だよ、そんな事言っちゃ…さやかちゃんだってオナニーが大好きなんだから…」

恭介「さやかが…うん、そうだね…頼んでみるよ」

まどか「ふふ、頑張ってね」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/10(土) 23:58:39.74 ID:Ma/lAfSK0
QB「…まどか」

まどか「…御免ねキュウべぇ…さっき私とオナニーしたいって言ってくれたけど…」

まどか「流石に、今日はもう…」フラフラ

QB「いや…もう、いいんだ」

QB「ボクはもう…君とはオナニーしない…」

QB「そして…出来れば、マミともオナニーしないで欲しい」

まどか「キュウべぇ…」

QB「…………」

まどか「そっか…うん、わかったよ」

まどか「キュウべぇ…もう、マミさんを泣かせたりしちゃ駄目だからね」

QB「…ああ」





165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:04:58.01 ID:2YHkG2Mk0
鹿目家

まどか「ぅー…」コックリコックリ

知久「おいおい、まどか…大丈夫かい…」

詢子「茶碗持ちながら寝るんじゃないよ…」

まどか「ぅー、ごめんなさい…眠い…ぅー」

詢子「そんな精根枯れ果てたような顔しちゃって…なんだい悪い事でもしてたのかい」

まどか「ぅー!まどか悪い子じゃないもん!オナニーしてただけだもん!」

詢子「ぶっ!…食事中に何を言ってんだい!」

まどか「ぅーだって、パパが教えてくれたんだもん…凄く素敵な事だもん…ぅー」コックリ

詢子「ほぅ…パパがねぇ」

知久「」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:10:40.40 ID:2YHkG2Mk0
ーーー

詢子「全く、自分の娘に一体何を教えてるんだい!」バシッ!

知久「ほひぃいいっ♪」ビクン

詢子「そんなに、あたしの電動ペニバンと鞭が物足りないってのかい?」


カチッ ヴイィイイイイイン

知久「はひいぃいいいいいっ」

詢子「ほらほら!どうだい?どうなんだい!」ズンズン

知久「イクぅいきましゅう♪知久お尻ズンズンされて気持ち良くなっちゃいましゅうう♪」

詢子「さっさとイきな!この雄豚がぁああああっ!」べしぃいっ!

知久「ああっ…ああっ!」ビクビク

知久「杏子ちゃああああああん♪」ビクンビクン




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:13:29.03 ID:2YHkG2Mk0
病室

さやか「…………………」

恭介「さぁ、ボクのお尻を虐めてくれ!」グイ

さやか「……………」

恭介「どうしたんだい?さやかはオナニーが大好きなんだろう?」

恭介「遠慮なんかしなくていい…僕のケツマンコに思いきりぶちこんでくれ」ぐい

さやか「…オナニーって、何?」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:18:05.39 ID:2YHkG2Mk0
マミホーム

マミ「さぁ!まだまだ私は満足していないわよ!」ズンズン

QB「んひぃいい♪ずぼずぼいいよぉ!マミのおチンポきんもちいぃいい♪」

マミ「誰と遊んで来たのは知らないけど…私以外のチンポじゃ満足出来ない…そうよねキュウべぇ♪」ずんっ

QB「ほひぃ!そ、そうれしゅう♪ぼ、ぼくのお尻は…マミのおチンポ専用の嵌め穴でしゅう…!」

マミ「そうよ!キュウべぇは私のもの…絶体に離さないんだからぁ!」

QB「わかりまひたぁ!ボクは…ずっと…ずっとマミと一緒でしゅう!」

マミ「ふふっ…おりこうさんね…さぁ射精するわよ…全部受け止めなさいっ!」

QB「きてぇ♪マミの精液便所に…チンポミルクたっぷりぶちまけてぇええっ♪」

マミ「んっ…あはぁん…さ…佐倉さぁあああああん!」びゅるる




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:21:46.19 ID:2YHkG2Mk0
翌朝

知久「………ふぅ」グッタリ

まどか「パパ…元気ないね…どうしたの?」

知久「はは、昨日ママに怒られてね…やっぱり僕は駄目なパパだよ」

まどか「そんな事ないよ」ぎゅ

知久「まどか…」

まどか「パパは私に大切な事を教えてくれたもん」

まどか「パパは…私の最高のパパだよ」ニコ

知久「………っ」

知久「…ありがとう…杏子ちゃん…」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:28:01.82 ID:2YHkG2Mk0
学校

仁美「さやかさん…今日はいつもの快活さが足りませんわね」

さやか「いや…ちょっとね、オナニーって何なのかなって…」

仁美「ふぅ…朝からはしたないですわよ…」

まどか「おはよー二人とも♪」

さやか「お、お子様まどかのお出ましだね…オナニーが何なのかわかったかなぁ?」ニヤニヤ

仁美「もぅ…意地悪ですわよさやかさん」

まどか「ふふ…私知ってるよ…オナニーはね…!」



あなたはオナニーをしてますか

あなたにとってオナニーとは一体何ですか

終わり




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:28:38.03 ID:6PnjE0Et0
乙乙乙




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:29:44.52 ID:HfwAw9990
乙っちまどまど




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:31:34.04 ID:VhJ/7sDE0
乙乙
オナニーってすごい!改めてそう思った




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:39:20.97 ID:UPPUss730
おつ

オナニーって深いんだな…




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:40:03.23 ID:i30EoB3Ri
なんて哲学的なんだ




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/11(日) 00:47:26.38 ID:+LkZb+7fO

俺はオナニーについて重大な勘違いをしていたようだ








-----------------
当ブログについて
※欄932さんありがとうです。


新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。('Д')あけおめー


あの日みたアナルを僕はまた舐めたい
あの日みたアナルを僕はまた舐めたい
Tamatoys 2011-07-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラブクラウド ソフトインハード アナル型 オナホール EXE 大沢佑香の召しませアナル ローション付 EXE アスリー体 ローション付 EXEリアちゅ~ ローション付 EXE こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所 ローション付き



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 01:45: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 01:58: :edit
    新年あけましておめでとうございます
    例年通り一発目はやっぱりぷん太さんでした
  3. 名前:   #-: 2012/01/01(日) 02:12: :edit
    新年一発目からこれかよ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 02:22: :edit
    年明け早々これかよ
    2012年もぷん太はぷん太だった
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 02:31: :edit
    あけましておめでとうございます。これからもSSよろしくぷん太
  6. 名前: 通常のナナシ #IapW6L/A: 2012/01/01(日) 02:32: :edit
    Amazonのタイトルwwwwwww
    作者はどんだけ杏子の事が好きなんだ…
    新年明けましておめでとうございます\(^_^)(^_^)/
  7. 名前: 名無しさん #-: 2012/01/01(日) 02:34: :edit
    なんかいい感じに締めてるけど、とりあえず杏子に謝れよw
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 02:45: :edit
    パパ最後名前間違ってんじゃねえよwwwwww
  9. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/01/01(日) 05:48: :edit
    ほむらは出ないし
    出てないキャラ強力プッシュだし
    なんなんだwwwww
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 06:54: :edit
    新年早々ひどいのを見た…
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 08:23: :edit
    ぷん太…っ!ぷん太!
    うっ… ふぅ……

    あけましておめでとう、ぷん太
  12. 名前: 名無しさん #-: 2012/01/01(日) 08:48: :edit
    度々オカズにされたり感謝される杏子で笑うwww
  13. 名前: 名無し #-: 2012/01/01(日) 08:56: :edit
    斬新で面白かった
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 09:12: :edit
    全て杏子の幻惑魔法だったんだろう?そうなんだろう?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 10:00: :edit
    あんこは見滝原でどういう存在なんだ??wwww
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 10:44: :edit
    すげー…ほむほむが一度も出なかった…
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 10:51: :edit
    新年早々目出度いスレだぜ
    今年もよろしくね
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 10:58: :edit
    去年最後のSSはまともだったのに……
  19. 名前:    #-: 2012/01/01(日) 13:28: :edit
    キュウマミストの俺が新年早々歓喜した
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 13:39: :edit
    ありがとう…杏子ちゃん。
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 15:26: :edit
    まどかのパパさんマジ紳士
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/01(日) 17:18: :edit
    だれもかれもあんこちゃん大好きだしコトの最中にあんこちゃんの名前連呼しても誰も気にしないし本人出てこないし……
    あんこちゃんとは一体……うごごご……


    そして名前すら出てこないほむほむ
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/03(火) 02:22: :edit
    これは、ほむほむが願い、杏子がアルティメット化した世界の物語・・・
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/18(月) 13:23: :edit
    深いSSだな…
    不肖不出来の俺には
    まだ早かったみてーだ…
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。