ほむら「まどかが欲しいと願って寝たら……」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/28(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 01:57:12.21 ID:GZt0qGX20
ほむら「目が覚めると隣にまどかがいた……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「落ち着きましょう、これはきっと夢」グイ

ほむら「痛い……」

まどか「すぅ……すぅ……」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:00:35.04 ID:GZt0qGX20
ほむら「私がまどかを望み過ぎたあまりに幻覚が見えているのね」

ほむら「だからこうしてまどかを触ろうとすると……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ふにふに

ほむら「触れる……」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:02:46.50 ID:GZt0qGX20
ほむら「実は普段使っているまどか抱き枕を私が寝ぼけてまどかに見えているだけよね」

ほむら「触れるのも納得だし、夢じゃないのも納得ね」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「って寝息をしてる時点でそれはないわね……」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:04:48.02 ID:GZt0qGX20
まどか「すぅ……すぅ……んん……」フルフル

ほむら「いけない、私が起き上がったせいでまどかが寒そうに……」

ぎゅぅ

ほむら「これで暖かいはず」

ほむら「って思わず抱きしめてしまった……どうしよう」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:07:17.79 ID:GZt0qGX20
まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「顔が近い……私にも理性の限界というものが」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」

ほむら「ってダメダメ、油断するとまずいわね……」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:10:34.10 ID:GZt0qGX20
ほむら「まずは昨日の事を思い出してみましょう」

ほむら「皆とクリスマスパーティに参加」

ほむら「帰宅後まどかが欲しいなと冗談半分に願いながら睡眠」

ほむら「現在に至る」

ほむら「……やっぱりまどかがここにいるわけがないわね」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:15:15.40 ID:GZt0qGX20
ほむら「まずは冷静になりましょう」

ほむら「実は私がまどかの家にいるという可能性は……」

ほむら「ないわね」

まどか「すぅ……すぅ……」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:18:00.79 ID:GZt0qGX20
ほむら「時間は深夜……」

ほむら「さやかやマミなんかに連絡するわけにもいかない……」

ほむら「杏子は起きてそうだけど携帯がない……」

ほむら「ってこんな天国をぶち壊す勇気が私にあると思えないわね……」

ほむら「言い訳ができてほっとしている自分に嫌気がさすわ」

まどか「すぅ……すぅ……」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:21:09.38 ID:GZt0qGX20
ほむら「もっとも手っ取り早いのはまどかを起こすこと……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……起こしたとして私は何をまどかに説明するの?」

ほむら「あなたが欲しいと願って寝たらなんて言えないし」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:25:17.89 ID:GZt0qGX20
ほむら「さすがにそろそろ気が付かないふりも厳しいわね」

ほむら「まどかが裸ということ……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「たしかに私はまどかを欲しいと望んだからまどかの服は含まないのかもしれないけど」

ほむら「綺麗な肌///」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:31:13.63 ID:GZt0qGX20
ほむら「って欲情してる場合じゃないわ」

ほむら「でも私はどうしたら……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」ゴクリ

ほむら「って何か考えてないとまどかを襲ってしまいそうね」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:37:38.28 ID:GZt0qGX20
まどか「んー……」コロン

ほむら「ま、まどかの全身が見える!!」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「って違うことを考えないと……」

ほむら「違うこと違うこと違うこと違うこと」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:42:42.74 ID:GZt0qGX20
ほむら「そう、例えばさやかの事……」

ほむら「えーとさやかといえば音楽が好きで」

ほむら「そう、この前にCDショップに行った時なんかもレアな演歌CDを見つけてて」

ほむら「まどかがってまどかのことを考えてはいけないのに……ほむむむ……」

まどか「すぅ……すぅ……」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:49:05.21 ID:GZt0qGX20
ほむら「そうだ、杏子……杏子のことを考えれば……」

ほむら「杏子といえばロッキーをよく食べていて……」

ほむら「結構食いしん坊なのよね」

ほむら「食いしん坊といえばまどかも一日一善を一日一膳と」

ほむら「ってまたまどかのことに……」

まどか「すぅ……すぅ……」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 02:59:02.86 ID:GZt0qGX20
ほむら「ここはマミのことを……」

ほむら「マミといえばああ見えて結構寂しがり屋で……」

ほむら「まぁ私も人のこと言えないけど……」

ほむら「お節介なところがあってさやかと一緒に私のことを気遣ってくれたり」

ほむら「たまに私とまどかを意図的に二人にしてニヤニヤってあああああああ」

まどか「すぅ……すぅ……」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:02:26.05 ID:kwySKiNbP
きっとまどかさんは内心イライラしている




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:02:45.21 ID:GZt0qGX20
ほむら「駄目だわ、まどかに関係する人を思い浮かべるとまどかにつながってします」

ほむら「ここはまどかが関係しない知り合いを……」

ほむら「私と仲の良い魔法少女は皆まどかと知り合い」

ほむら「クラスメイトなんかはまどかのほうが知り合いも多い……」

ほむら「病院暮らしの私に昔の友人はいない……八方塞がりね」

まどか「すぅ……すぅ……」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:07:19.81 ID:GZt0qGX20
ほむら「そうだわ、私の家族!」

ほむら「お父さんとお母さんを考えよう……」

ほむら「私の家族といえば……久しくあってないわ……」

ほむら「ちゃんと友達が出来るか心配されてたっけ……」

ほむら「皆を連れていって安心させてあげたいわね……」

ほむら(そこでまどかに娘さんを私にくださいって)

ほむら「私はどうしてこう妄想でまどかにつなげてしまうのよ……」

まどか「すぅ……すぅ……」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:08:31.45 ID:wYn9yTXs0
まどか「(寝たふりも辛くなってきたよほむらちゃん)」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:11:22.12 ID:GZt0qGX20
ほむら「そうよ、何かを考えるからまどかのことを考えてしまうのよ」

ほむら「今までずっとまどかのことばかり考えていたから」

ほむら「きっとその後遺症みたいなものよ」

ほむら「そう、無心になるのよ私」

まどか「すぅ……すぅ……」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:12:28.50 ID:GZt0qGX20
ほむら「……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら(まどかの寝顔かわいい、略してまどかわいい)

ほむら「ってあああああああああ」

まどか「すぅ……すぅ……」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:14:42.22 ID:GZt0qGX20
ほむら「よく考えてみたけど」

ほむら「このまま時間が立ってまどかが起きたら」

ほむら「私が誘拐したみたいにみられてまどかに嫌われるんじゃ……」

ほむら「で、でも裸のまどかに服を着せたりお姫様抱っこでまどかの家まで運んだら」

ほむら「多分理性がもたない……」

まどか「すぅ……すぅ……」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:20:30.61 ID:GZt0qGX20
ほむら「今まで数多くのループだって耐えてきたのに……」

ほむら「何度も耐えて耐えて耐えて」

ほむら「ここでまどかの中での私のイメージを崩すわけには……」

ほむら「……」チラッ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「ほむむむむむ……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:31:48.54 ID:GZt0qGX20
ほむら「眠っていると人間は体温が下がるんだったかしら……」

ほむら「だから移動させるなら服を着せないと……」

ほむら「でもシーツを丸めたとしてもまどかは家で違和感を覚えるだろうし」

ほむら「私の服を着せるには私がまどかの裸を見ないと……」

ほむら「どうしたら……まどかに欲情せずに服を着せれるのか……」

まどか「すぅ……すぅ……」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:41:13.90 ID:GZt0qGX20
ほむら「考えろ……考えるのよ私……」

ほむら「今はまどかにいかに服を着せるのか……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「まず私がアイマスク等で視界を塞ぎ服を着せる」

ほむら「まどかに触れてる時点でアウトね、理性が持たないわ」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:48:35.60 ID:GZt0qGX20
ほむら「よく考えるのよ私……まどかが裸だからなんなのよ」

ほむら「そうよ、はだけた服、脱がせるときの羞恥」

ほむら「これらがない裸……ただの裸」

ほむら「ふんっ欲情に値しないわね」

まどか「えへへぇ……ほむらちゃ……むにゃ……」

ほむら(耐えろ……今は自己暗示の途中よ私……)




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:50:48.12 ID:GZt0qGX20
ほむら「って寝言で私のことを呼んだ?」

ほむら「ということは私のことを夢に見ている?」

ほむら「……嬉しいな///」

ほむら「って自己暗示の途中だったのにいいいいいいいいいい」

まどか「すぅ……すぅ……」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 03:56:37.83 ID:GZt0qGX20
ほむら「一からやりなおしましょう……」

まどか「……むにゃ……」ギュゥ

ほむら「ほみゃ!」

まどか「暖かい……むにゃ……」ギュゥ

ほむら「ま、まど……まどかに抱きしめられ……あ、あぁ///」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 04:03:28.29 ID:GZt0qGX20
ほむら「そうか、これは実は魔女の口づけやらなんやらとか」

ほむら「QBによる私を陥れる罠だとか」

ほむら「そう、きっとそういう何か……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「って今それは関係ないわね……」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 04:13:18.42 ID:GZt0qGX20
ほむら「どうしようどうしようどうしようどうしよう」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「どうしたらいいの」

ほむら「私は一体どうしたら……」

ほむら「まどかを悲しませずに済んでなおかつ私が理性を失わない方法……」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:32:00.92 ID:GZt0qGX20
ほむら「そう、私が理性を失っても実はまどかが受け入れてくれるという可能性もないわけじゃない」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「希望的観測はやめましょう……」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:35:14.72 ID:GZt0qGX20
ほむら「待って……もしかすると」

ほむら「まどかが自分から私のベッドにきたという可能性はないの?」

ほむら「本来サンタなんてものがいない以上それが自然!」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「やっぱり希望的観測はダメね……」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:38:21.68 ID:GZt0qGX20
ほむら「そう、よく考えるのよ私……」

ほむら「まずサンタはいない……」

ほむら「地球外生命体は存在するけどサンタは存在しない」

ほむら「じゃあなぜまどかがここにいるのか……」

ほむら「まず私は鍵をかけたかしら?」

まどか「すぅ……すぅ……」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:41:44.18 ID:GZt0qGX20
ほむら「……多分鍵はかけてないわね、帰ってすぐに眠った気がするわ」

ほむら「つまりまどかが侵入することはたやすい……」

ほむら「仮に、希望的観測な気がするけれども仮にまどかが私のベッドに入ってきたとしよう」

ほむら「その場合、まどかの服がどこかに落ちているはず」キョロキョロ

ほむら「……ないわね」

まどか「すぅ……すぅ……」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:43:27.96 ID:GZt0qGX20
ほむら「第二の可能性……」

ほむら「まどかが裸で来た……」

ほむら「論じるまでもないわね……ありえないわ」

まどか「すぅ……すぅ……」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:48:01.08 ID:GZt0qGX20
ほむら「つまりまどかが私の家に自分から入ってきたということはおそらくないわね」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「では次の可能性……さやかやマミのイタズラの可能性……」

ほむら「あの二人もこんなことはしないわよね……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「考えれば考えるほどわからない……」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:53:19.40 ID:GZt0qGX20
ほむら「インキュベーターの仕業というのもありといえば有りだけれども」

ほむら「あいつにこんなことをする力はない……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「いったい何が……」

まどか「すぅ……すぅ……」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:54:59.44 ID:GZt0qGX20
ほむら「はっ!知らない間に私は魔女の結界に取り込まれていただけなんじゃ!」

ほむら「そうよ、精神攻撃的なものを魔女が……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」ジィー

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「ってこれは精神攻撃にはなってない気がする……」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 05:59:04.25 ID:GZt0qGX20
ほむら「そもそもこんな遠回りなことをせずに魔女なら私を殺せばいい」

ほむら「眠っていた私を狙うのは簡単なはず……」

ほむら「それに魔女の気配もないし……魔女はやっぱりないわね」

ほむら「パッと見た感じ口づけもなさそうだし……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「や、やっぱりじっくりと全身を見ないと口づけがないとは言えないかしら?」

ほむら「……」ゴクリ




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:05:40.06 ID:GZt0qGX20
ほむら「……」チラッ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」チラッチラッ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「チラ見でも限界に近いのにちゃんと見れるわけがないわね……」

ほむら「自分のヘタレさに涙が出そうだわ……」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:12:47.63 ID:GZt0qGX20
ほむら「全ては私の明晰夢的な何かという可能性……」

ほむら「現状の一番有力候補はこれかしら?」

ほむら「だとしたらこのまどかに何をしても……」ゴクリ

まどか「すぅ……すぅ……」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:14:47.16 ID:GZt0qGX20
ほむら「そもそも私の明晰夢だったらここまで考察できないっていうか」

ほむら「夢の感覚じゃないし……」

ほむら「だいたい明晰夢だったらまどかが寝てるんじゃなくて私とイチャイチャしようとするはず……」

ほむら「後考えられる可能性って一体何があるのかしら……」

まどか「すぅ……すぅ……」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:20:06.15 ID:GZt0qGX20
ほむら「ほむむむむむ……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「ほむむむむむ……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「そうだわ、逆転の発想が必要よね、私も全裸になって寝よう!」

ほむら「そうすることでまどかが起きた後の反応で全てがわかるわ!」

ほむら「ついでに私が襲われれば///」

ほむら「って希望的観測は置いておくとして……」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:21:17.90 ID:GZt0qGX20
ほむら「ってずっと抱きしめられてるのよね……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「身動きできないから寝るのは可能だけど……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「目が覚めてそこには服を来ていない自分と来ている友人……」

ほむら「言い訳できるきがしないわね……」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:27:28.49 ID:GZt0qGX20
まどか「ん……ふわぁ……おはようほむらちゃん」

ほむら「えぇ、おはようまどか」

まどか「うぇひひ、目が覚めて最初に見るのが大好きな人の顔って嬉しいね」

ほむら「ふふっうれしいわ、まどか」チュッ

まどか「わわ///ほむらちゃんったら///」

ほむら「ふふっまどかが可愛すぎるのがいけないのよ」

まどかう「うぇひひ、ほむらちゃん大好き」

ほむら「……///」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんって肌白いから赤くなるとすぐに分かるね」

ほむら「もう、からかわないの///」

まどか「からかってないもん」ギュゥ




ほむら「いけない、抱きしめられているまどかから妄想を始めたら止まらなくなるところだったわ」

まどか「すぅ……すぅ……」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:32:52.63 ID:GZt0qGX20
ほむら「あぁ、外が明るくなってきた……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「一体私はどうしたらいいの……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「というか何故まどかがここにいるの……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「いけない、思考がなんどもぐるぐると一周しているきがするわ」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:41:13.25 ID:GZt0qGX20
ほむら「心を落ち着かせ」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「悟りを開く……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「私の心は無……」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「やっぱり無理」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:43:33.92 ID:GZt0qGX20
ほむら「まどかの手をゆっくりと離させて……」ソー

まどか「んー……」ギュゥ

ほむら「更に強く抱きしめられて幸せだけど……」

ほむら「余計に逃げられなくなった……」

まどか「すぅ……すぅ……」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:49:12.26 ID:GZt0qGX20
ふよふよ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……寝ているまどかに胸を揉まれている……」

まどか「ん……ほむらちゃ……すぅ……すぅ……」

ほむら「そのあとで自分の名前を呼ばれると嬉しいはずなのに涙が出そう……」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 06:57:28.67 ID:GZt0qGX20
まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「……」ピク

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「ん……」ピクピク

ほむら(脇腹の弱点を触らないでまどか!大きな声出ちゃう!)




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:00:36.38 ID:GZt0qGX20
ほむら「はぁ……耐え切った……」

まどか「すぅ……すぅ……」コロン

ほむら(か、軽く私に覆いかぶさるように!!?)

ほむら「ま、まだ心の準備が///」

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「ってそうじゃないわよね……」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:06:55.72 ID:5PMM34M70
もう起きてるだろこれww




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:12:04.03 ID:GZt0qGX20
ほむら「そうよ、私がどう思われるかなんて関係ないわ」

ほむら「そんなことよりまどかが風邪を引かないようにすること、それが第一よ」

ほむら「だからまずは服を着せてあげないと……」

ほむら「……」チラッ

ほむら「それができたら苦労してないわよね……」

まどか「すぅ……すぅ……」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:14:32.36 ID:sSFLmH2I0
どうせ
さやか「愛しのまどかだと思った!?残念、さやかちゃんでした!!」バリバリ

ほむら「ほむむ……!」

って、オチだろ?




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:18:17.39 ID:5PMM34M70
どこのルパンだよw




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:18:54.20 ID:GZt0qGX20
ほむら「裸のまどかが寒くないようになっている要因は」

ほむら「まずは私の毛布……」

ほむら「そして私自身……」

ほむら「あれ?もしかするとうまく抜け出してもまどかが風邪を引いてしまうんじゃ……」

まどか「すぅ……すぅ……」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:37:57.50 ID:GZt0qGX20
まどか「うぇひひ、実はずっと起きてたんだ」

ほむら「まどか!?」

まどか「ほむらちゃんの可愛い反応をいっぱい見たくて///」

ほむら「も、もう///」

まどか「ここまで私がしたってことからほむらちゃんなら私の気持ち……わかってくれるよね?」

ほむら「///」

まどか「ね?ほむらちゃんの言葉で聞かせて?」

まどか「私のことを大好きって言葉」

ほむら「ま、まどかのことが私は///」

ほむら「だ、大好きよ」

まどか「私も大好きだよほむらちゃん」チュッ




ほむら「いけない、また妄想してしまった」

まどか「すぅ……すぅ……」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:45:00.29 ID:Qqnoy+7n0
ほむほむの妄想に騙された




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:46:22.40 ID:GZt0qGX20
ほむら「外は……雪ね……」

ほむら「寒いと思ったら……」

ほむら「……」

ほむら「こんな日に裸で寝るなんてまどかは何を考えているのかしら」

ほむら「っておそらくまどかはここで寝ているつもりはないわよね」

ほむら「だいたいまどかはパジャマ派だし……」

まどか「すぅ……すぅ……」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 07:53:56.17 ID:GZt0qGX20
ほむら「雪……」

ほむら「寒いわね……」

まどか「でも、ほむらちゃんがそばに居てくれれば体も心もあたたかいよ」

まどか「それに、ほむらちゃんは名前の通り、私を燃え上がらせてくれるもん」

ほむら「え?」

まどか「私の恋の心を燃え上がらせたのは……ほむらちゃんなんだよ?」

まどか「ほむらちゃんが大好きって女の子同士なんて関係ないって」

ほむら「///」

まどか「うぇひひ、ほ、ほむらちゃんは……さ……私の気持ちに応えてくれる?」

ほむら「も、もちろんよ!私もまどかが大好きだもの!」

まどか「じゃ、じゃあ……その……ちゅ、ちゅうして?」

ほむら「え、えぇ///」

チュッ



ほむら「待って、ここはもっと雪という場面を活かして二人で長マフラーをってまた妄想してしまったわ……」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:10:47.86 ID:GZt0qGX20
ほむら「どうも妄想のまどかは強気ね……」

ほむら「まぁ、最初の世界のまどかみたいに引っ張られたいってきもちもあるのかしら……」

ほむら「まどか……」チラッ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「と、ちょっとシリアスな空気にしてみるものの恥ずかしくてまどかを見つめられない私」

ほむら「ヘタレな自分に涙がでそう……」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:24:02.36 ID:GZt0qGX20
まどか「んん……」

ほむら(お、起きた?)

ほむら「すぅ……すぅ……」

ほむら(思わず寝たふりをしてしまったけど……)

まどか「んー……すぅ……すぅ……」コロン

ほむら(あ、まどかが離れた……いまのうちに……)




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:30:49.46 ID:GZt0qGX20
ほむら「何故私は全裸になっているのかとか考えたらだめよね……」

ほむら「寒い……」

ほむら「これでベッドに戻ることで一方的に私が襲ったようには見えなくなるという秘技」

ほむら「ただしまどかがもしかするとなにかしてしまったのかと考えてしまう諸刃の剣」

ほむら「って寒い……」ゴソゴソ

まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら「なんだか眠くなってきた……」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:35:56.21 ID:GZt0qGX20
―――――
―――

まどか「んー……ふわぁ……あれ?ここ……ほむらちゃんの家?」

まどか「うーん……思い出せない……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「え?なんで裸なのほむらちゃん……」

まどか「あれ?私も裸!?」

まどか「な、なんで!どうして?」

ほむら「すぅ……すぅ……」 フルフル

まどか「あ、ほむらちゃんが寒そう、って私も寒いよ……私の服はどこにあるんだろう……」キョロキョロ

まどか「見当たらない……」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:39:10.99 ID:GZt0qGX20
まどか「そっか、これは夢なんだね!」

まどか「ほむらちゃんがワルプルギスの夜と戦う夜を見た時も夢オチだったもんね!」

まどか「正確には夢オチじゃなかったけど……」

まどか「でもこうやってほっぺをつねってみると……」

まどか「痛い……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:47:35.83 ID:GZt0qGX20
まどか「そっか、これはきっと幻覚なんだね」

まどか「それでこのほむらちゃんのお部屋に見えるのもきっと幻覚」

まどか「こうやってほむらちゃんを触ろうとすると」

ふにふに

まどか「あ、ぷにぷにしてて柔らかい……」

まどか「ってそうじゃないよ!」

ほむら「すぅ……すぅ……」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:56:42.24 ID:GZt0qGX20
まどか「えーっと確か私は昨日クリスマスパーティに参加して……」

まどか「みんなでわいわいした後帰って……」

まどか「あれ?私って自分の家に帰ったと思うんだけどなぁ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「それにしてもどうしよう……」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:57:54.82 ID:PVB+6M7L0
ほむほむと同じこと考えてるwww




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 08:59:21.62 ID:GZt0qGX20
ほむら「ん……まどかぁ……」ギュゥ

まどか「わひゃ!ほ、ほむらちゃん?お、起きてるの?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ね、寝てる……」

まどか「抱きしめられちゃったからベッドから出られないよ……」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:01:56.21 ID:GZt0qGX20
まどか「あ、でも……暖かい……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「うぅ……ほむらちゃんも裸だからなんだか見るのが恥ずかしいよ……」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:05:28.62 ID:GZt0qGX20
まどか「……」フルッ

まどか「毛布は暖かいけど、ほむらちゃんと触れ合ってない場所がちょっと寒いような……」

まどか「……」クルッ

まどか「は、恥ずかしいけど……抱きしめちゃってもいい……かな?」ギュゥ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ほむらちゃん暖かい……・」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:07:17.10 ID:GZt0qGX20
まどか「あれ?もしかして今のほむらちゃんと私って……裸で抱きしめ合ってる?」

まどか「そ、そういうのはお、大人になってからだよ///」パックルッ

まどか「ってそういうことじゃなくて、その前にほむらちゃんと私は女の子で」ブンブン

まどか「うぅ……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「なんだかとってもほむらちゃんが幸せそう……」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:11:15.78 ID:GZt0qGX20
まどか「ここはほむらちゃんのお家」

まどか「私は裸、ほむらちゃんも裸」

まどか「……こういう場合って私が誘拐されたとかそういう風に考えるのが普通なのかな?」

まどか「でも……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ほむらちゃんがそんな事考えるわけないし……ほむらちゃんにとって私は友達でしかないんだし……」

まどか「うーん……」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:16:52.51 ID:GZt0qGX20
まどか「まず私は自分の家にちゃんと帰れたのかな……」

まどか「うーん……自分の家に帰るのって当たり前だしあんまり意識してないから覚えてないや」

まどか「携帯電話でもあればパパやママからの連絡があってわかりそうだけど……」

まどか「私の服もカバンもないし……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:18:35.15 ID:GZt0qGX20
まどか「そういえばこういう場面を漫画でみたことがあったような……」

まどか「確かみんなでわいわいした後に二人が裸でベッドに……」

まどか「お酒の勢いがどうって///」

まどか「お、お酒なんて飲んでないから違うと思うけど……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:20:28.43 ID:GZt0qGX20
まどか「ほむらちゃんが起きたらどう思うのかな……」

まどか「ほむらちゃんを裸にして、不法侵入した子?」

まどか「ど、どうしよう……」

まどか「ほむらちゃんが起きちゃう前に考えないと……」

ほむら「すぅ……すぅ……」 ギュゥ

まどか「起こすわけにはいかないから抱きしめられると逃げられないよぉ……」

まどか「服もないけど……」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:27:36.47 ID:GZt0qGX20
まどか「やっぱりほむらちゃんが誘拐をしたっていうのはないよね……」

まどか「もしそうなら誘拐した私をこうして自由にしたまま眠るなんておかしいもん」

まどか「じゃあやっぱりほむらちゃんの目が覚めたら……」

まどか「誤解されちゃう……どうしよう……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:31:52.91 ID:GZt0qGX20
まどか「それにしても、どうして私がここにいるんだろう……」

まどか「そうだよね、まずそこがおかしいよね」

まどか「うーん……」

まどか「おかしいけどこういう事する人もいない……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:38:47.72 ID:GZt0qGX20
まどか「そうだ!昨日私、ちゃんと家に帰ったよ!」

まどか「ママとお話したもん!」

まどか「それでベッドに入って……」

まどか「……」

まどか「あっ!」

ほむら「すぅ……すぅ……」




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:41:10.89 ID:GZt0qGX20
まどか「なんだか時々ほむらちゃんが私に近づかないようにしてる気がして」

まどか「ベッドでほむらちゃんともっと仲良しになりたいなって……」

まどか「サンタさんがいないなんてわかってるけど願って……」

まどか「もしかして……そのせい……とか?」

まどか「そ、そんなわけないよね、だって仲良しになるのにほむらちゃん寝てるもんね」

ほむら「すぅ……すぅ……」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 09:56:20.33 ID:GZt0qGX20
まどか「そ、そうだよね」

まどか「うん、だいたいサンタさんがくるのって本来今日じゃないし」

まどか「1日遅れてるよ」

まどか「あわてんぼうのサンタクロースどころかのんびりやさんのサンタクロースだよ」

ほむら「すぅ……すぅ……」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:01:23.03 ID:GZt0qGX20
まどか「でも思い当たるフシってそれぐらいしか……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ほむらちゃんって美人さんだなぁ……」

ほむら「えへへ……まどかぁ……むにゃ……」

まどか「ふ、普段クールなのに笑顔で名前なんて呼ばれるなんて///」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:04:14.24 ID:GZt0qGX20
まどか「多分今の私は顔が赤いんだろうなぁ///」

まどか「うぅ///」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「そ、そうだ、こういう時は別のことを考えるといいよね」

まどか「ほむらちゃんの事以外を考えればいいよね……えっと……」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:07:04.22 ID:GZt0qGX20
まどか「さやかちゃんといえば……いつも優しくて元気で明るくて……」

まどか「私の大好きな友達で……最近はほむらちゃんともとっても仲良しで」

まどか「軽口を言い合っているのを見ると私よりも仲良くなってるような気がして羨ましいって」

まどか「ほむらちゃんにつながっちゃったよぉ」ブンブン




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:09:58.60 ID:GZt0qGX20
まどか「気をとりなおして、マミさんの事を考えてみよ」

まどか「優しい先輩でいつも皆を気にかけてくれてて、あとお菓子づくりが得意で」

まどか「この前屋上でお昼を皆で一緒に食べた時にはほむらちゃんとお料理について話し合ってて」

まどか「ふたりとも一人暮らしなだけあってとっても盛り上がってて練習してるけど苦手な私には羨ましいって」

まどか「またほむらちゃんにつながっちゃった……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:12:22.68 ID:GZt0qGX20
まどか「じゃ、じゃあ杏子ちゃんといえば」

まどか「お菓子が好きで、よくさやかちゃんと言い合いしてて」

まどか「でもふたりとも仲良しで楽しそうで」

まどか「あんなふうにほむらちゃんと仲良くってうぅ……どうしてつながっちゃうのぉ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:15:00.58 ID:GZt0qGX20
まどか「仁美ちゃんといえばさやかちゃんと私の大切な友達で」

まどか「お家がお金持ちでいつもレッスンが大変そうなのに成績も良くて」

まどか「お家にいったときには驚いちゃったっけ」

まどか「最近はほむらちゃんとも一緒にいるから学年の美女が揃っててとか男子に言われて」

まどか「最近の事を考えるとほむらちゃんが絶対につながっちゃう……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:26:20.89 ID:GZt0qGX20
まどか「……///」

まどか「そ、そうだよ、ほむらちゃんのことを考えて赤くなっても誰も見てないから」

まどか「問題ないよね、そ、そうだようん!」

まどか「……」チラッ

まどか「///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:37:34.72 ID:GZt0qGX20
まどか「それにしても……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「裸で抱きつかれてるとよくわかるけど……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ほむらちゃんって私より胸……ないのかな?」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:39:19.37 ID:wUbdbwpv0
そこに気付くとは…やはり天才か




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:40:42.09 ID:A6PkPfCHO
ほむほむの胸見て勝ち誇るどやっち




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:45:11.27 ID:GZt0qGX20
まどか「うぇひひ、ほむらちゃんに勝てるものってなんにもないからちょっとうれしいような……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 10:50:07.26 ID:GZt0qGX20
ほむら「やっぱりまどかは頼りになるね」

まどか「そうかな?」

ほむら「うん、まどかがいてくれなかったらって思うと……」

まどか「うぇひひ、嬉しいな」

ほむら「その……これからも頼って迷惑をかけちゃうかもしれないけど……」

まどか「ほむらちゃんに頼られることは迷惑なんかじゃないよ!」

ほむら「まどか……」

まどか「ほむらちゃん……」




まどか「ってほむらちゃんに頼られる妄想してる場合じゃないね」

ほむら「すぅ……すぅ……」




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:35:32.62 ID:5ptKDq4j0
まどか「うーん……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「どうしようかな……」

まどか「こんな時魔法少女ならテレパシーで助けを呼べるのかな?」

まどか「それとも距離の関係でできないのかな?」

ほむら「すぅ……すぅ……」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:36:59.09 ID:5ptKDq4j0
まどか「そうだ、QBがいれば私でも誰かに助けを求められるかも!」

まどか「って今は確かに助けがほしいけど……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「こんな状態見られるわけには///」




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:41:12.05 ID:5ptKDq4j0
まどか「勝手にほむらちゃんの服を借りるわけにもいかないし……」

まどか「それこそ本当に泥棒さんになっちゃうよ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「私じゃなくてほむらちゃんが先に起きててくれたらなんとかしてくれてたのかな?」

ほむら「すぅ……すぅ……」




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:44:54.78 ID:5ptKDq4j0
まどか「何だかこういう時にほむらちゃんを頼るのが癖になってるきがする……」

まどか「こんなことじゃほむらちゃんに頼ってもらうなんてできないよ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「でもこんな状況どうしたらいいかわかんないよぉ……」

まどか「はぁ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:47:55.05 ID:5ptKDq4j0
まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「///」

まどか「なんだか勝手に意識して勝手に自爆してる気がする……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:51:51.30 ID:5ptKDq4j0
まどか「もう一度私が寝ちゃったら……」

まどか「そのうちほむらちゃんが起きて私を見て驚くよね……」

まどか「どうしているのかって問い詰めようと起こされるかな?」

まどか「でも、そのあとで私は何も知らないってちゃんと説明したら……」

まどか「ほむらちゃんなら信じてくれる……よね?」

ほむら「すぅ……すぅ……」




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:55:57.95 ID:5ptKDq4j0
まどか「……ほむらちゃんを信じられなかった事が昔はあったんだよね……」

まどか「きっと別の世界でも私がほむらちゃんにひどいことを言った事もあるんだろうなぁ……」

まどか「ほむらちゃんなら信じてくれるっていうのはなんだかほむらちゃんの好意を利用してる気分……」

まどか「はぁ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:59:48.25 ID:5ptKDq4j0
まどか「その前に目が覚めたら裸で自分のベッドに侵入してる子を信じてって言う時点で無理があるよね」

まどか「普通に考えたらすぐに警察をよばれちゃうよ……」

まどか「悪いことをしてないって言ってもほむらちゃんのお家に入り込んでるし……」

まどか「ほむらちゃんから見たら……どうしよう……本当にどうしよう……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:02:47.10 ID:5ptKDq4j0
まどか「ぎゃ、逆に私が襲われた側のふりをしてみちゃうとか……」

まどか「でもそんなことしたらほむらちゃんが困っちゃうよね」

まどか「でも実はほむらちゃんに本当に襲われてたりして」

まどか「……///」

まどか「そ、そんなわけないよね///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:06:41.33 ID:5ptKDq4j0
ほむら「ん……あら、もう目が覚めてたのね、おはようまどか」

まどか「お、おはよう、ほむらちゃん///」

ほむら「えぇ、身体は大丈夫?」

まどか「え!?」

ほむら「激しくしちゃったけど……大丈夫だった?」

まどか「え?えっと……う、うん!」

ほむら「そう……責任はちゃんととるからね」

ほむら「愛してるわ、まどか」

まどか「う、うん///」





まどか「へ、変な妄想しちゃった///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:10:40.06 ID:5ptKDq4j0
ほむら「ん……あら、どうしてまどかが……」

まどか「おはよう、ほむらちゃん///」

ほむら「えぇ、おはようまどか……」

まどか「き、昨日はその……ほむらちゃんが優しくてその……う、うれしかったよ///」

ほむら「え!?わ、私が!?」

まどか「うぇ、うぇひひ///」

ほむら「そ、そう……せ、責任はちゃんととるから///」

まどか「う、うん///」





まどか「な、なんていうのも///しょ、少女漫画の読みすぎだね///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:15:10.84 ID:5ptKDq4j0
まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「……ほむらちゃんが男の子だったら……」

まどか「とってもかっこよくて……優しくて……」

まどか「な、何考えてるんだろう私///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:18:50.90 ID:5ptKDq4j0
まどか「そ、それにほむらちゃんが仮に男の子だったとしても」

まどか「私とこ、恋人になってくれたりするわけじゃないし……」

まどか「はぁ……」

まどか「ってなんでこんなことばっかり考えてるの!」

まどか「今はそんな場合じゃないよ!」

ほむら「すぅ……すぅ……」




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:22:20.36 ID:5ptKDq4j0
まどか「今日が冬休みでよかったよ……」

まどか「お休みだから朝から遊びに行ってたってパパとママに言えば許してもらえる……よね?」

まどか「携帯電話もお財布も忘れてお出かけしたことになるけど……」

まどか「……ほむらちゃんの服を借りたとして、パパとママにばれない……よね?」

まどか「うーん、遊びに行った先でいろいろな服を着せられてそのまま帰ってきちゃったって言えば大丈夫かな……」




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:27:45.73 ID:5ptKDq4j0
まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「そういえばほむらちゃんって寝癖が全然ついてない……」

まどか「綺麗な髪だなぁ……いいなぁ……」

まどか「そ、そういえばこのままほむらちゃんが起きちゃったら寝癖だらけの状態で……」

まどか「か、鏡!鏡がほしいよ!」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「って鏡の前に服と携帯電話がほしいよ!」




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:30:11.74 ID:5ptKDq4j0
まどか「と、とにかく一度ほむらちゃんに離してもらってベッドからでないと……」

まどか「そ、それで……えっと……ふ、服を勝手だけどちょっと借りて……」

まどか「ちゃ、ちゃんとクリーニングして返すから……ゆ、許してねほむらちゃん」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「まだ何もしてないのにものすごく悪い子になっちゃった気分だよ……」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:33:45.77 ID:5ptKDq4j0
まどか「と、とにかくほむらちゃんの手をゆっくりと離させて……」スッ

ほむら「ん……いや……契約しないで……いかないでまどか……」ギュゥ

まどか「わ、わわ!ご、ごめんねほむらちゃん」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「あ、あれ?ね、寝言?」

まどか「でもさっきよりも強く抱きしめられちゃった……」




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:39:18.94 ID:5ptKDq4j0
まどか「あ、あんまり気にしないようにしてたけど……」

まどか「裸でほむらちゃんにだきしめられてるって///」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「そ、それに、ほむらちゃんが抱きしめてる位置……む、胸の辺りだし///」

ほむら「すぅ……すぅ……」




352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:44:34.10 ID:5ptKDq4j0
まどか「それにしても、ほむらちゃん起きないなぁ……」

まどか「起きてほしいような起きてほしくないような……」

まどか「……じ、実は起きてたりして……」」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ね、寝たふりしてるってわかってるんだよほむらちゃん」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「や、やっぱり寝てるんだよね?」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:47:09.72 ID:5ptKDq4j0
まどか「眠り続けるほむらちゃん……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「こういうとき物語だと……だ、誰かのキスで……」

まどか「……」チラッ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「///」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:50:10.46 ID:5ptKDq4j0
まどか「ほむらちゃんを意識しちゃって全然考えがまとまらない……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「誰かのことを考えてもほむらちゃんにつながっちゃう……」

まどか「と、とにかくほむらちゃんのことを考えないように考えないように……」

まどか「……」

まどか「むしろほむらちゃんのことばかりかんがえちゃうよ!」

ほむら「すぅ……すぅ……」




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:52:35.32 ID:5ptKDq4j0
まどか「もう何度もおんなじことを考えてるきがするよ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「これだけ考えても何もうかばないってことは……」

まどか「も、もしかして……私にはどうしようもなかったりして……」

ほむら「すぅ……すぅ……」




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:58:57.27 ID:5ptKDq4j0
まどか「お外は雪かぁ……」

まどか「実はほむらちゃんやさやかちゃん、マミさん、杏子ちゃんにマフラーをプレゼントしようと編んでるんだよね……」

まどか「プレゼントした後でほむらちゃんのマフラーだけ長めにしちゃってるってばれないよね///」

まどか「でも、長すぎて一人で使おうとした時に使いにくいって思われたらどうしよう……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「今は現実逃避してる場合じゃないよね……」




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:06:11.20 ID:5ptKDq4j0
まどか「やっぱりほむらちゃんに抱きしめられた状態をなんとかしないとどうしようもないよね……」

ほむら「まどかぁ……わたし……ついに……むにゃ……」

まどか「ワルプルギスを倒した時の夢かな?」

ほむら「Aカップになったよ……えへへぇ……むにゃ……すぅ……すぅ……」

まどか「ほ、ほむらちゃん可愛い///」

まどか「でも、さっきの言葉は私は聞かなかった事にしておくね?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか(もしかしてAAカップなのかな?)




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:12:16.55 ID:5ptKDq4j0
まどか「き、きっとほむらちゃんの胸はおおきくなるよ……」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「夢にまでみるほど胸を気にしてるのかな……」

ほむら「Cカップにすぐになれる方法……さやか……教えなさい……すぅ……すぅ……」

まどか「普段さやかちゃんに相談でもしてるのかな?」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:16:53.60 ID:5ptKDq4j0
ほむら「まな板……どういうこと……すぅ……すぅ……」

まどか「?」

ほむら「英語……cutting board……」

ほむら「何よそれ……cutting boardカップでCカップですって……ふざけ……すぅ……すぅ……」ウーンウーン

まどか「うなされちゃってる……」




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:25:20.39 ID:5ptKDq4j0
ほむら「うーん……うーん……」パッ

まどか「あ、でもうなされてくれたおかげで離してもらえた」

ほむら「いや……まな板の魔女……いやよ……」ウーンウーン

まどか「かわいそうだけど……いまのうちに服を借りて……」

ほむら「マミが走って……揺れて……」ウーンウーン




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:33:40.62 ID:5ptKDq4j0
ほむら「ああああああああ!!」ガバッ

まどか「わわ!?」

ほむら「はぁ……はぁ……」

ほむら「ま、まどか!?ま、まな板の魔女は!?」

まどか「え、えと……そんな魔女いないよ?」

ほむら「そ、そう……よ、よかった……」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:34:04.65 ID:kwySKiNbP
さあ、どうなる!




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:36:15.67 ID:aFAg0yi90
ここからだ!




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:37:06.68 ID:5ptKDq4j0
ほむら「あ、あれ?まどか?」

まどか「あ、あはは……お、おはようほむらちゃん」

ほむら「お、おはようまどか……」

ほむら(そ、そうだ、裸のまどかが私のベッドに///)

まどか(ど、どうしよう///)




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:41:22.89 ID:5ptKDq4j0
ほむら「え、えっと……」

ほむら(ちょ、ちょっと待って、絶対に私が襲ったって思われてる!)

ほむら(なんか引き気味だし目を合わせてもらえないし……ど、どうしよう……なにもしてないのに……)

ほむら(そ、そりゃあしたいって思ったけど実際には私は何もしてなくて……)

ほむら(でもこんなこと言ったってただのいいわけでまどかからしたら……ど、どうしたら……)




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:43:10.26 ID:5ptKDq4j0
まどか「あの……えっと……」

まどか(ど、どうしよう……絶対ほむらちゃんに勘違いされちゃってるよ……)

まどか(なんだかこっちをじっと見ててどうして私がここにいるのってきっと思ってるよ……)

まどか(私が先に起きてたから何もしてないとか言ってもほむらちゃんからしたら怪しいだけだし)

まどか(あわわわわわわわ)




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:48:08.63 ID:5ptKDq4j0
ほむら(まどかの苦笑い……ベッドの上で襲ったと思われる相手と話してたらそうなるわよね……)

ほむら(襲ってなくてもまどかの中ではきっと私が襲った犯人……)

まどか(ほむらちゃんが冷めた目でこっちを見ているような……そ、そりゃあ裸で自分の家に入り込んだ子がいれば当然だけど……)

まどか(私はなにもしてないのにぃ……どうしてこうなっちゃうのかなぁ……)




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:55:34.81 ID:5ptKDq4j0
ほむら(と、とにかく違うということを一応伝えないと……)

まどか(と、とにかく何もしてないって一応伝えないと……)

ほむら「あの……ま、まどか?」
まどか「あの……ほ、ほむらちゃん」

ほむら(まずいわ、先に話しを聞いたら……そのあとの発言は慌ててする言い訳にしか……)
まどか(どうしよう、先にほむらちゃんが話しを聞いたら……もう聞く耳をもってもらえないかも……)




411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:01:59.74 ID:5ptKDq4j0
ほむら「ま、まどか?悪いけど私からいいかしら?」

まどか(ど、どうしよう……ほむらちゃん、とっても怒ってるよ)

まどか(だって普段のほむらちゃんなら譲ってくれるもん……と、とにかく伝えないと……)

まどか「ご、ごめんねほむらちゃん……できれば先に私が話したいなって……」

ほむら(ま、まどかが譲ってくれない!?や、やっぱり相当怒っているわ……)

ほむら(でもここでまどかにうまく伝える事が出来れば……まだ関係を修復ぐらいはできるはず!)

ほむまど(とにかく私が先に!)




415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:09:38.27 ID:5ptKDq4j0
ほむら「悪いけど、お願いだから私から離させてもらえないかしら?」

まどか「う、ううん……今回は先に私が話したいなって」

ほむら(せめてあの時私がまどかに服を着せる事ができていれば……)

まどか(あの時私が自分からほむらちゃんを起こしたり服を着せれていたら……)

ほむら(まどかに譲ってくれる気配はない……なら強行策をとるしかないわね……)

まどか(ほむらちゃんに譲ってくれる気配がない……こうなったら強行するしかないよ)




474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:28:41.81 ID:5ptKDq4j0
ほむら「まどか!」
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「違うの!目が覚めたら裸のあなたが隣にいたのよ!確かに襲いたくなかったって言えばうそになるけど本当に何もしていないの!」
まどか「違うの!目が覚めたら私もほむらちゃんも裸で寝てて、誤解されちゃうってほむらちゃんを起こす勇気がなくて……本当に何もしてないから!」

ほむら「ん?」
まどか「あれ?」

ほむら(ま、まずい……今の話を聞く限り私は疑われてなかった?じゃあ今の発言でむしろ疑いをもたれるんじゃ……)
まどか(ど、どうしよう……ほむらちゃんは疑ってなかったんだ……じゃ、じゃあさっきの私の言葉でむしろ何かされたって思うんじゃ……)




477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:34:47.52 ID:5ptKDq4j0
ほむら(待って、私は後で起きたのよ?それなのにあんな事を言えたってことはと考えられたら……)

ほむら(まどかが起きる前に私が起きてたってばれちゃう!!それはつまり私がまどかを襲ったという事に!!)

まどか(待って、誤解されちゃうってほむらちゃんを起こす勇気がなかったっておかしいよね?)

まどか(潔白なのに堂々とできてないってことは変な事考えてたって事になるから……どうしよう!!)




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:41:10.04 ID:5ptKDq4j0
ほむら(ま、まどかの反応は……)チラッ

まどか(ほむらちゃんの反応は……)チラッ

まどほむ(目が合っちゃった!)

ほむら(待って、目をそらしたら何かやましい事があるみたいじゃない……)
まどか(目をそらしたらやましい事があるみたいになっちゃうよ……)

ほむまど「……」ジィー

ほむら(やましい事はないけどやましい想像はしていたからまどかに見つめられたら赤面してしまいそう)
まどか(うぅ……やましい事はしてないけど、やましい想像はしちゃったからほむらちゃんに見つめられたら顔が赤くなっちゃうよ)




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:47:31.38 ID:5ptKDq4j0
ほむら(どうしてまどかは視線を外さないの?やっぱりすごく疑われてるのよね?)
まどか(どうしてずっとほむらちゃんはみつめてるんだろう……やっぱり疑われてるのかな?)

ほむら(ど、どうしよう……私、赤面してないかな?赤面したらなにかやましい事を想像したみたいに見られて……)
まどか(うぅ……目を逸らしたいよ……絶対私の顔が赤くなり始めてるよぉ……)

ほむら(こんな時に限ってまどかのやましい妄想が浮かんでしまう///)
まどか(考えちゃだめって思うとそのことばっかり考えちゃうよ///)




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:00:06.52 ID:5ptKDq4j0
まどほむ「……」ジィー

ほむら(心を落ち着かせて、何か話題を……全体的な話題は逸らさずに私への疑いとは関係のない話題を……)
まどか(と、とにかくほむらちゃんとちゃんとお話しないと……えっと……えっと……)

ほむら「あ、あの……まどか?」

まどか「ひゃい!」

ほむら(え?お、驚かせてしまった?それとももうまどかの中で襲ってきた人間ということで怯えているの?)
まどか(と、突然話しかけられておどろいちゃった……へ、変な事考えてたって思われないかな?)




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:01:35.65 ID:5ptKDq4j0
ほむら(と、とにかく話し始めた以上は後には引けない!)

ほむら「えっと……へ……」

まどか「?」

ほむら「ヘクチュッ」

まどか(ほむらちゃんのくしゃみ……可愛い)

ほむら(な、なんでこんな時にくしゃみがでちゃうのよ///)




503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:06:18.98 ID:5ptKDq4j0
まどか「えと……ふ、二人とも裸だからこうやって座ってると寒いね!風邪をひかないように一度ベッドに入ったほうがよさそう!」

まどか(話題を逸らすチャンス!)

ほむら「え、えぇ……まどかの言うとおりね」ゴソゴソ

ほむら(あぁ……まどかの中では変態犯罪者なのにどうしてこんなに優しいんだろう……)

まどか「私も寒いからお邪魔します」ゴソゴソ




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:10:50.48 ID:5ptKDq4j0
まどか(どうしよう、よく考えたらベッドに入るように誘導してから自分も入ったら……)

まどか(ほむらちゃんを狙ってますよって言ってるみたいなものだよね……どうしよう……)

ほむら(くしゃみで話題をわざと逸らしたと思われたら……余計にまどかに疑われるんじゃ……)

ほむら(寒いですよってアピールしてベッドに入るのを催促したみたいに……どうしよう……)

まどか(は、裸のほむらちゃんがとっても近いよ///)
ほむら(は、裸のまどかがとても近い///)




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:14:16.45 ID:Vu1PAgkF0
これは高度な心理戦ですね




519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:17:13.43 ID:5ptKDq4j0
まどか「お、お外は雪だし室内でも裸はとっても寒いね」

ほむら「え、えぇ……そうね……」

ヒヤッ

ほむら「ひゃん!?」

まどか「ご、ごめんねほむらちゃん、私の手があたっちゃったね」




522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:22:38.38 ID:5ptKDq4j0
まどか(私の手って冷えやすいからあたためようとうごかしたらあたっちゃったよ……)

まどか(ど、どうしよう……身体に触れようとしたなんていわれたら言い逃れできないよ……)

ほむら(まどかの手……とても冷えてた……)

ギュ

まどか「え?」

ほむら「やっぱりとても冷たい……ごめんなさいね、こうすればあたたかいわよね……」ギュゥ

まどか(ほ、ほむらちゃんに私の両手が優しく抱きしめられて!!)




527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:27:16.23 ID:5ptKDq4j0
まどか「あ、ありがとう」

まどか(両手を抱きしめられてるから裸で向かい合ってほぼ密着してるようになってるし……は、恥ずかしいよ///)

ほむら(考えなしにやってしまったあああああああああああああ)

ほむら(絶対に私が何かしたって思われたわ……自分から裸のまどかの手を抱きしめるなんて……)

ほむら(うぅ……でもまどかが寒そうだったし……)




531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:33:56.80 ID:5ptKDq4j0
ほむら「……」チラッ

まどか「……」プイッ

ほむら(この無言……そして視線逸らし……あぁ……まどかの中で私が犯罪者になったのね……)

ほむら(もう何を言っても無駄なのかしら……)

まどか(こ、こんな状態でほむらちゃんとみつめあったら絶対に顔が真っ赤になって変な事考えてるって思われちゃう!)




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:41:39.53 ID:5ptKDq4j0
ほむら(淡い期待を持って生きているよりはある意味ましなのかしら……)

まどか「……」チラッ

ほむら(まどかが自分の手を見てる?)

まどか(私の手に触れてるほむらちゃんの手とお腹のぬくもりが気になっちゃうよ///)

ほむら(あぁ、そうか……もう十分あたたまったし離してほしいけど言いだせないのね……)

ほむら「これぐらいでいいわよね」パッ

まどか「あ、うん……」

まどか(あ……残念だな……って私何考えてるの///)




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:51:38.15 ID:5ptKDq4j0
ほむら「その……今さら信じてもらえないかもしれないけど……」

ほむら「お、起きたらまどかが隣でさらに裸の状態で寝てて……」

ほむら「服を着せようとか家に連れて行ってあげようとか……」

ほむら「いろいろ考えたのだけど……その……できなくて……」

まどか「え?」




549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:59:29.61 ID:5ptKDq4j0
ほむら(なんでできないのって言われる事を考えると正直に言うべきよね……)

ほむら(どうせもう犯罪者と思われているのだからこれ以上嫌われようもないし……)

ほむら(はぁ……私がヘタレじゃなければなんとかなったのかな……)




556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:05:53.93 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「私は……私は……まどかが……その……す、好きで……」

ほむら「裸のまどかに何もしないようにするのが精いっぱいってぐらい本当に大好きで……」

ほむら「その……と、とにかく何もしてないから……み、見苦しいわね、ごめんなさいね」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「今、服を出すわね……私の服なんて着たくないかもしれないけど……」

ほむら「あなたの服は見当たらないし……そんな恰好で外に出るわけもいかないだろうし……」

ほむら「あ、そ、そうだわ、今から私があなたの服を買ってくるわ!それなら新品だし……」

まどか「ほむらちゃん!」ギュゥ

ほむら「え!?」




562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:10:56.02 ID:oiQ1dr0B0
まどか「わ、私も!」

ほむら「??」

まどか「私もほむらちゃんが!」

ほむら「ま、まどか?」

まどか「す……」




568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:20:06.34 ID:oiQ1dr0B0
まどか「あ、えっと……私はさっきも言ったけど……」

ほむら(言いなおした?)

まどか「起きた時、裸のほむらちゃんと私がいて……ほむらちゃんは眠ってて」

まどか「起きた時に誤解されて嫌われちゃうんじゃないかって怖くて……」

まどか「ほむらちゃんを起こしたり、できる事はあったはずなのにできなくて……」

まどか「私も似たような事になってたから……ほむらちゃんの話……信じるよ」

まどか「できたはずなのに勇気がなくてできないなんてしょうがないよ!」

ほむら「まどか……」

ほむら(私の場合はやましい事をかんがえてのせいだからまどかが眩しいわ……)

まどか(やましい事をちょっと考えてたのは内緒でもいいよね……あ、あとす、好きってこととか……)




577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:29:22.12 ID:oiQ1dr0B0
まどか「そ、それにね?多分原因は私にあると思うの……」

ほむら「まどかに?」

まどか「うん……クリスマスパーティをして、お家に帰った後……」

まどか「クリスマスプレゼントよりもほむらちゃんともっと仲良くなりたいって思いながら眠ったの」

まどか「だからほむらちゃんのお家に私がきちゃったんだと思う……」

まどか「QBみたいな子がいるんだもん、サンタさんだってきっといるのかなって思ったら……」

ほむら「まどか……」

まどか「だから、迷惑をかけちゃってごめんねほむらちゃん」

ほむら「だったら私も原因よ、私もまどかと仲良くなりたいって願って眠ったもの……」

まどか「そうだったんだ、うぇひひ、うれしいな」

ほむら(内容があれなので正直には言えないわ……)




582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:38:43.44 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「でもよかったわ……大切な友達に嫌われるなんてこわかったから……」

まどか「うん、私もだよほむらちゃん」

ほむら(どうせ嫌われるならと告白しちゃったのってばれてないわよね?)チラッ

まどか「?」ニコニコ

ほむら(うん、多分大丈夫……多分……)




585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:45:14.86 ID:oiQ1dr0B0
まどか(ほむらちゃんのあの好きって言葉……そ、そういう意味の好き……だよね?)

まどか(うぇひひ、嬉しいな)

まどか(でも、今はまだ……私が勇気を出せないから……)

まどか(ちゃんと胸を張って好きって言えるまで待っててねほむらちゃん)




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:49:16.23 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「じゃ、じゃあ私の服をだすわね」

まどか「あ、うん」ギュゥ

ほむら「えっと……離してもらえないと服が出せないのだけど……」

まどか「その……ほむらちゃんの願いって私と仲良くなる事だったんだよね?」

ほむら「え、えぇ……」

ほむら(正確には違うけど……)

まどか「じゃ、じゃあ帰る準備の前にもっと仲良くなるためにおしゃべりとかしよ?」

ほむら「え、えぇ……」




592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:52:41.32 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(おしゃべりは服を着てからでもいいとおもうのだけど……)

まどか(慌てちゃったせいで裸のままおしゃべりするみたいになっちゃったよ///)

ほむら(その前に私に裸のまどかに抱きしめられておしゃべりなんてまともにできるの!?)

ほむら(服を着せるどころか裸を見るだけで理性が吹っ飛びそうになった私よ!?)

まどか「えと、ほ、ほむらちゃん……こ、こっちを向いてほしいなって」

ほむら(た、耐えれるの私!?)




603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:02:11.90 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(覚悟を決めるのよ私……)

ほむら(まどかを襲わないように理性を飼いならすのよ)クルッ

まどか「うぇひひ、やっとこっちを向いてくれたねほむらちゃん」ギュゥ

ほむら(耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ)

まどか「ほむらちゃんのベッドもほむらちゃんもあたたかい」

ほむら「まどかも……とてもあたたかいわよ」

まどか「ほむらちゃんが手を温めてくれたおかげだね」ギュゥ




607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:10:20.47 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(ひらめいた!)

ほむら「まどか……」ギュゥ

まどか「うぇひひ」ギュゥ

ほむら(ここで)コロン

まどか「わわ、ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「こうした方がひっつきやすいわ」ギュゥ

まどか「で、でも恥ずかしいよ///」

ほむら(私が下でまどかが上……その状態で頭を優しく抱きよせる……まどかは私の左肩のあたりに頭がいく)

ほむら(これによってまどかの顔をみないでまどかを抱きしめる事が可能、これならたぶん耐えられる!)




608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:13:04.44 ID:oiQ1dr0B0
まどか(よ、よく考えると裸で抱きしめあうって好きっていうより恥ずかしいよ///)

まどか(ほむらちゃんが抱きしめてて動けない……)

まどか「あ、あの……お、重くない?」

ほむら「えぇ、重くなんてないわ」

ほむら(まどかの胸が押し当てられ、足が絡まりお腹も密着……まどかの吐息が首筋に……)

ほむら(予想以上に理性がまずい……でもいまこの体勢を変えたら重かったとまどかに思わせかねない……)

ほむら(耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ)




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:26:30.28 ID:oiQ1dr0B0
まどか(ちょっと体勢を身体をずらして変えたいな……)

まどか「ん……」モゾモゾ

ほむら(ま、まどかがモゾモゾ動くと密着してる私の体が!!?)

まどほむ(な、何か会話しないと……)

まどか(どうして勢いで裸の時にお話ししようって言っちゃったんだろう……)

ほむら(どうしてこんな幸せすぎて理性が崩壊しかねない体勢にしてしまったんだろう……)




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:38:36.23 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(よく考えるのよ暁美ほむら)

ほむら(私はまどかに好きと言った、その後スルーされてはいるが確かに聞かれたはず……)

ほむら(ということは、まどかは私がまどかを好きという事を知っている)

ほむら(それなのに裸同士でこんな体勢をとってもなすがまま……)

ほむら(もしかして……誘っているんじゃ……)

ほむら(そうよ、友達同士でもこんな体勢で抱きしめあうなんてあるわけないわ!)

ほむら(つまりこれはまどかが勇気を出したら私を食べてもいいよというサイン!)




627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:40:45.19 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(いけないいけない……理性が崩壊して欲望にとらわれるところだったわ)

ほむら(希望的観測でまどかを悲しませるなんて私が許さない!)

まどか「ほむらちゃんの髪の匂い……」

まどか「甘くて、優しい包み込んでくれるようないい匂い……」

ほむら(ちょ、ちょっと待って、まどかに匂いを嗅がれてる?)

ほむら(き、昨日は疲れて家に帰ってすぐに寝ちゃったから……昨日の朝以降お風呂に入ってない!!?)

ほむら(く、くさくないかな?大丈夫かな?)




632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:50:51.29 ID:oiQ1dr0B0
まどか(って私、何してるんだろう……)

まどか(だ、大体人の匂いを嗅いで口にするって変態さんみたいだよ///)

まどか(ど、どうしよう……ほ、ほむらちゃんは……)

ほむら「///」

まどか(わわ、真っ赤になってる///)




635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:56:51.35 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「そ、そういうまどかもとてもいい匂いがして……」

ほむら(気の利いた言葉気の利いた言葉何か・・・・・・)

ほむら(匂いは柑橘系かしら?)

ほむら「た、食べちゃいたいぐらいよ」

まどか「え///」

ほむら(何言ってるの私いいいいいいいいいいいいいいい)




637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:57:34.03 ID:8SaUmcRV0
本音バロスwwwwwwwwwwwwwwwww




641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:04:29.35 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「あ、その……」

ほむら「か、柑橘系の匂いがするから……」

ほむら「柑橘系の果物っておいしいじゃない?」

ほむら「だ、だから……その……えっと///」

まどか「あ、あはは///」




647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:10:52.31 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(恥ずかしい///)

ほむら(いっそ消え去りたい……)

まどか(ほ、ほむらちゃんに食べられる///)

まどか(ま、まだ付き合ってないのにだ、駄目だよほむらちゃん///)

まどか(ってほむらちゃんはそんなつもりでいったわけじゃないのに……)

まどか(意識しちゃうよぉ///)




656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:23:22.96 ID:oiQ1dr0B0
ふよ

ほむら「ん……」ピクピク

まどか「あ、ごめんねほむらちゃん、脇腹にあたっちゃった」

ほむら「き、気にしないで……」ピク

まどか(なんだかほむらちゃんがとってもはんのうしてるような……)




661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:33:07.59 ID:oiQ1dr0B0
ふよふよ

ほむら「んん……ま、まどか?」

まどか「ほむらちゃんってさ、もしかして……脇腹が弱いの?」

ほむら「そうね、確かに弱いわ、だからあまり揉んだりしないでくれると助かるわね」

まどか「……うぇひひ」

ほむら「え?ちょっとまどか!?」




667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:42:52.14 ID:oiQ1dr0B0
ふよふよ

ほむら「ん……ふふっく、くすぐったいわまどか」

ふよふよ

ほむら「や、やめ……ふふふっ……おねが……」

ふよふよ

ほむら「んぁ……ふぁ……や……まどかぁ……」




671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:47:37.59 ID:oiQ1dr0B0
まどか「むー……ほむらちゃんってくすぐってもあんまり表情崩さないね」

ほむら「もう、それでも結構苦しかったのよ?」

まどか「ほむらちゃんがくすぐられて笑う顔見てみたかったのになぁ……」

ほむら「ふふっ残念でした、またの機会にチャレンジしなさい」

まどか(またの機会ってまたしてもいいってことかな///)

ほむら(ってまたの機会って変な事をしましょうってまどかを誘ってるみたいじゃない!!)




676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:57:40.38 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「……」ギュゥ

まどか「ほむらちゃん?どうしたの?」

ほむら「まどかはさっき私にくすぐりをしたわよね?」

まどか「う、うん……」

ほむら「私が仕返ししてもいいってことよね?」

まどか「そ、それは駄目じゃないかな?」




682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:07:56.70 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「仕返しといってもくすぐるつもりはないわ」

まどか「え、えと……」

ほむら「ねぇまどか……もやもやするのはいやだから……はっきりと聞かせて」

まどか「な、何を?」

ほむら「こんな事……まどかにされてたら私は期待しちゃうもの……」

ほむら「だから……はっきりと教えて」

ほむら「まどかは……私と……その……こ、恋人になってくれますか?」

まどか「あ、えと……その///」




688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:18:21.81 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「答えて……あなたの気持ちを……教えて」

まどか「え、えっと……その……」

ほむら「……断りづらいかもしれないけど……」

ほむら(やっぱり駄目かな……)

まどか「私は……の……よ」ボソ

ほむら「え?」

まどか「私は……ほむらちゃんの……恋人になるよ」

まどか「ううん、私はほむらちゃんの恋人になりたい」

まどか「ほ、ほむらちゃんが……その……だ、大……す、しゅきだから///」

まどか(う、うまく好きっていえなかったよぉ///)

まどか(どうしてこんな時に失敗するの……)




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:28:20.47 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「ふふっ」

まどか「うぅ///」

ほむら「ありがとうまどか、こんなにうれしい日……はじめてよ」

まどか「うぇひひ///」

ほむら「私も……あなたがだいしゅきよ」

まどか「ほむらちゃーん!」

ほむら「ふふふっとっても可愛かったわ」

まどか「もう///」




697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:38:03.18 ID:oiQ1dr0B0
まどか「と、とにかくこれでくすぐった仕返しは終わり!」

ほむら「え?」

まどか「え?」

ほむら「私はまだくすぐられた仕返しをしていないわよ?」

まどか「え?だ、だってからかったり告白させたり///」

ほむら「告白は私の告白に返事をしてほしいということであって」

ほむら「からかったのはしゅきって言うのがかわいかったからよ」

まどか「ず、ずるいよほむらちゃん!」

ほむら「ふふっずるくてもいいわ、まどかに悪戯できるんだから」

ほむら「あんなことやこんなことまで……ふふふ」

ほむら「……///」

まどか「うぇひひ、自分で言った言葉で恥ずかしがってるほむらちゃん可愛い///」

ほむら「そ、そういうことに気がつかないで///」




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:48:19.47 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「まどか、どこを悪戯されたい?」

まどか「え?」

ほむら「私に触って悪戯されたいのはどこ?」

ほむら「教えて?」

まどか「わわわ///」

ほむら「優しくするから……ね?」

まどか「え、えっと///」




706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:04:40.26 ID:oiQ1dr0B0
まどか「む、胸……とか……その……えっと///」

まどか「えっと……そ、その……あむぅ!?」

ほむら「ん……んちゅ……んむ……ぷは……」

まどか「え?き、キス?」

ほむら「えぇ、他の事を意識させてまどかの唇を奪おうと思って///」

ほむら「ま、まどかはその……ファーストキス?」

まどか「え?う、うん///」

ほむら「わ、私もファーストキスよ///」

まどか「そ、そうなんだ///」

ほむら「こ、これであなたのファーストキスは一生突然悪戯で奪われたキスね!」

まどか「うん!大好きな人とのキスだね!」

ほむら「っ///」

まどか「ほむらちゃん、余裕があるふりしてたんだね」

ほむら「べ、別にそ、そんなことないわ」




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:17:02.05 ID:oiQ1dr0B0
まどか「あ、あのね!」

ほむら「え?な、何?」

まどか「その……わ、私……ほむらちゃんになら……な、何されてもその……」

まどか「ううん、ほむらちゃんにならどんな事もされたい!」

ほむら「な、なななな!何を言っているのまどんむ!?」

まどか「んむ……ちゅぅ……あむ……ん……んちゅ……はぁ……」

まどか「うぇひひ、驚いたほむらちゃんにキスでさらに仕返しだよ!」

まどか「ほむらちゃんのセカンドキスは私に突然奪われちゃったね」

ほむら「も、もう///」




713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:27:29.22 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「ねぇ、まどか……」

ほむら「さっき、私になら何をされてもいいって言ってたけど」

ほむら「本当にしてもいいのよね?」

まどか「……うん///」

ほむら「そう、じゃあ///」

ほむら「その……初めてだけど……頑張るわね///」

まどか「うぇひひ、私も初めてだよ///」

まどか「二人とも初めてなんだから、これからお互いの体の事も心の事も深いところまで知っていけるよね」

ほむら「えぇ、まどかの事なら何だって知りたいわ」

まどか「私も、ほむらちゃんの事なら何でも知りたいよ」

チュッ




717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:44:06.34 ID:oiQ1dr0B0
―――――
―――

まどか「も、もう夜だね///」

ほむら「そ、そうね///」

まどか「そろそろ帰らないとママとパパが心配しちゃうし……」

ほむら「うん」シュン

まどか「ね、ねぇほむらちゃん」

ほむら「え?な、何かしら?」

まどか「その……今日私の家でお泊りしない?」

ほむら「突然お邪魔してもいいのかしら?」

まどか「ほむらちゃんならパパもママも歓迎だよ!」

まどか「前に遊びに来てくれた時、二人ともとってもほむらちゃんを気にいってたんだよ?」

ほむら「そ、そう///」




718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:44:20.09 ID:oiQ1dr0B0
まどか「だから……ね?」

ほむら「じゃ、じゃあその……お言葉に甘えて///」

まどか「じゃあ二人でシャワーを浴びて、服着ていこ!」

ほむら「えぇ」

まどか「お外は手をつないで二人並んで歩いて」

まどか「一緒に夕飯を食べて、私の部屋でいっぱいおしゃべりとキスをして」

まどか「ぎゅって抱きしめあって」

ほむら「ふふっ聞いているだけで楽しみな話ね」

まどか「うぇひひ」

ほむら「サンタさんに感謝しないとね……最初は困ったけど、最後にはこんなことになるなんて」

まどか「そのサンタさんはのんびりやさんみたいだけどね」

ほむら「ふふっそうね」




719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:44:40.29 ID:oiQ1dr0B0
―数時間前―

さやか「何これ……」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「なんで全裸のマミさんと杏子が私の腕まくらで寝てるんだろう……」

さやか「周りを見るとマミさんの家だけど……」

さやか「いや確かに私は寒いから人肌とかあたたかいしいいなぁとか思ったけど……」

さやか「この状況……私はどうしたらいいの?」

マミ「ん……たまには誰かと一緒にねたいぃ……むにゃ……」

杏子「すぅ……すぅ……さやかぁ……素直に仲良くなれねぇ……うーん……すぅ……すぅ……」

さやか「あーそういう事を考えて布団にはいったんだ二人は……」

さやか「うんうん、私でいいならいつでも一緒に寝ますよマミさん、杏子もちゃんと友達だからわかってるって」

さやか「ってそんなこと言ってる場合じゃないよね……」



眠いのでここで終わり
起きて残ってたらまどほむ頑張ってみる




823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:56:15.45 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「……」ジィー

まどか「///」

ほむら(一線を越えられる空気になったというのに……ここからどういう順番にどうしていけばいいのかわからない……)

まどか(ほ、ほむらちゃんにすごく見つめられてる///)

ほむら(まずは気分を高めるために何か……ああもう!いざというときになると結局何もできないの私は!)

まどか(もしかして、私の事を気づかってどうしたらいいのかとか考えてくれてるのかな?)

まどか(わ、私なんかで理性がって言ってたし///)

ほむら(そうだわ!さっきまどかは胸をいじってほしいと言っていた……胸を揉んだりすればいいのよね!)




826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:05:33.13 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(落ち着くのよ私……ここは冷静かつまどかが気持ちがいいように……)

ほむら(普段の私のイメージを崩さないように理性を保ちつづけるのよ……)

ほむら(まどかは初めてと言っていたしここで理性を崩壊させて本能のままに動くわけにはいかないわ!)

ほむら「胸……触るわね?」

まどか「う、うん///」




831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:26:30.52 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「……」スッ

まどか「ん……」ピク

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら(んって言ってぴくってなっちゃうまどか可愛いまどかわいいってこれはまずいわ……)

ほむら(理性再起動理性再起動理性再起動理性再起動)

まどか(どうしたんだろう……私の胸が小さいから……とか?そんなぁ……)




835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:35:33.53 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(ふっまどかの裸を見ながらまどかの胸を触っても理性を抑えている私……)

ほむら(この一日でかなりレベルが上がった気がするわ!もう何も怖くない!)

まどか「……」グイッ

ほむら「え?」

まどか「じ、焦らしちゃやだよ///」

ほむら(ま、まま、まどかが私の手を胸に押し付け!?!!?)

まどか(は、恥ずかしい///)




838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:48:31.25 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「……」

ふよふよ

まどか「んん……え、えと……ど、どう……かな?」

ほむら「……」

ふにゅふにゅ

まどか「あ、ほむらちゃ///」

ほむら(もう我慢なんてしなくてもいいのかな……もう理性が……)




841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:58:01.53 ID:oiQ1dr0B0
チュゥ

まどか「ん///強くすわないでほむらちゃ///」

ハムッカリッ

まどか「んぁ///噛まないで///」

ほむら(まどかのいろんな反応が見たい、もっとみたい)




846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 18:20:54.18 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「もっと可愛い反応を見せてまどか」

クニクニ

まどか「や///ん///ほむらちゃ///」

ほむら「誰にも見せたことがない表情を私に見せて」

まどか「やぁ///はげし///ほむらちゃ///」

ほむら「ふふっ胸以外も触ってあげないといけないわよね……次はどこを触ってほしい?」

まどか「ふぇ?」

ほむら「教えて?まどかの声で……聞かせて?」




849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 18:28:51.79 ID:oiQ1dr0B0
まどか「///」

ほむら「どこを触ればいいのかしら?」

ほむら「たとえば……唇とか?」ツー

まどか「///」ゾクゾク

ほむら「耳とか」フゥー

まどか「ふぁ///」ゾクッ

ほむら(我慢……我慢よ私……本能のままにまどかを襲ってはいけないわ)

ほむら(こうしてまどかの気分を高めていってあげないと)

まどか(さっきからほむらちゃんのなすがままだよぉ///)




855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 18:41:42.05 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「ね?まどか……教えて?」

まどか(ほむらちゃんのなすがままなのもいいけど……私だってほむらちゃんを気持ちよくしたり……)

まどか「むー」

ほむら「恥ずかしくて答えられない?この部屋には私とあなただけしかいないのよ?」

ほむら「ほら、答えてまどか」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんがほむらちゃんのあそことか胸を触ってるところが見たい!」

ほむら「な///」




858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 18:50:19.05 ID:oiQ1dr0B0
まどか「うぇひひ、私が言った場所を触ってくれるんだよね?」

ほむら「そ、それは///そ、そう言ったけど///」

まどか「見せてくれるんだよね?」ニコニコ

ほむら(あんな回答予想外よ……)

ほむら「うぅ……」

まどか「ほら、ほむらちゃんの左手は胸だからここ」ヒョイ

まどか「右手はこっち」フゥー

ほむら「ひゃん///」

まどか「うぇひひ、耳フゥーってした仕返しだよ」

ほむら(私の手に被せるようにまどかの手があって///これじゃあまどかにオナニーさせられるような///)




861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:02:12.95 ID:oiQ1dr0B0
まどか「うぇひひ」クイッ

くにゅ

ほむら「ん///」

まどか「もっとよく見えるようにしてほしいなって」ハム

ほむら(ま、まどかに耳をはむって!?)

まどか「ね?」

ほむら(なんだろう……さっきまでよりうれしい気がする……)

ほむら(やっぱりまどかに引っ張ってもらいたいって願望があるのかな私……)

ほむら「う、うん///」

まどか「うぇひひ、とってもえっちなポーズだね、ほむらちゃん」

ほむら「///」




867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:16:14.82 ID:oiQ1dr0B0
まどか「ほむらちゃんはこういうことを一人でもしてた?」

ほむら「え?」

まどか「答えてほしいなって」

ほむら「し、してたわ///」

まどか「家で寝る前に?毎日?」クニクニ

ほむら「ん///えぇ……」

まどか「誰を思ってしてたの?」クニクニ

ほむら「ま、まどかを思って///その///」

まどか「うぇひひ、私のことをおもってこんなことをいつもしてたんだね」クニクニ

ほむら「だ、だってまどかが好きで好きで毎日想いが溢れそうに……」

まどか「うぇひひ、とってもうれしいな」

チュッ

まどか「ほむらちゃんのうなじにいっぱいキスしちゃおっと」

ほむら「ふわぁ///」




872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:30:26.71 ID:oiQ1dr0B0
まどか「ほむらちゃんのうなじってはじめてみたなぁ」チュッ

ほむら「ん///」

まどか「髪が長いからみえないもんね」ペロ

ほむら「ひゃ///」

まどか「誰にも見られたことがない場所を私だけが見て、私だけが触れてる」チュッ

ほむら「まどかぁ///」

まどか「ここならキスマークつけても誰にも見られないからいいよね?」チュム

ほむら(うなじをまどかに吸われてる///)

まどか「ぷはっうぇひひ、もっといっぱいつけちゃおっと」チュッ




874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:36:29.20 ID:+dhY4ZG90
やはりまどかは責めだな




875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:39:39.80 ID:oiQ1dr0B0
まどか「うぇひひ、ほむらちゃん、手が止まってるよ?」

ほむら「え?あ、えぇ……」

まどか「もしかしてほむらちゃん……私にさせてほしい?」

まどか「見られるんじゃなくて実際に私の手でいじってほしい?」

ほむら「///」

まどか「私に教えてほしいなって」

ほむら「あ、あなたの手で///してほしい///」

まどか「うぇひひ、い、いいよ///」

まどか(ここまでがんばったのにいいよってところで照れちゃったよ///)

ほむら(まどかにいろんなこと言わされて///恥ずかしいよ///)




877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 19:51:32.47 ID:oiQ1dr0B0
まどか「じゃ、じゃあまずは胸をさわってあげる」

ほむら「///」

まどか「ほむらちゃんの胸はあんまりないね」サワサワ

ほむら「気を使わなくていいわ……」

まどか(夢でうなされてるぐらいだもんね……)

まどか「ほむらちゃんは胸がまったくないね」

ほむら「……」クスン

まどか「でも……私がほむらちゃんの胸を大きくできるようにがんばるから……ね?」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「えい」キュッ

ほむら「んあぁ///」




880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:01:04.92 ID:oiQ1dr0B0
まどか「こっちも触ってあげないとね、うぇひひ」

ほむら「///」

まどか「もうとろとろだね、ほむらちゃん」フニフニ

ほむら「まどかがあいてだから///」

まどか「うぇひひ」クニクニ

ほむら「んん///ふわ///あぁ///」

まどか「まだちょっとしか触ってないのにもう私の指がこんなことになっちゃったよほむらちゃん」ヌトー

ほむら「///」




882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:14:57.34 ID:oiQ1dr0B0
まどか「ん……」ペロ

ほむら「そ、そんなの舐めたら汚いわ……」

まどか「ほむらちゃんのが汚いわけないよ」

まどか「あ、そっか!そうやって汚くないって言わせて直に舐めてほしかったんだねほむらちゃん」

ほむら「え?ち、ちが///」

まどか「なんだぁ、違うんだ……残念だなぁ」

ほむら(まどかは……私に舐めてほしいといわせたいのかしら?)

ほむら(反抗したい気もするけど……それ以上に舐めてほしいっておもちゃう私って///)

ほむら「ち、違わない……な、舐めてほしいです///」

まどか「うん、舐めてあげるねほむらちゃん」

ほむら「///」

まどか(な、なんだかどんどんえっちな子になってるきがするよ///)

まどか(ほむらちゃんに誤解されてないよね///)




887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:24:05.13 ID:oiQ1dr0B0
まどか「じゃあほむらちゃん、もっと足を広げて」

ほむら(恥ずかしい///この場から消えたいぐらい恥ずかしい///)

ほむら「こ、これ……ぐらい?」

まどか「うーん、もっと私が見やすいように広げてほしいな」

ほむら「うぅ///」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんの大切なところがよく見えるよ」

ほむら(今まどかの目の前で全裸で足を広げて///恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい)

チュッ

ほむら(ま、まどかが私のあそこにキスして///)

まどか「うぇひひ、じゃ、じゃあ舐めるね?」

ほむら「う、うん///」




891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:32:16.85 ID:oiQ1dr0B0
ペロ

ほむら「ん……」

ペロペロ

ほむら「んん……」

チュー

ほむら「まど///吸わないで///」

クニクニ

ほむら「広げないで///」

フゥー

ほむら「ひゃん///」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃん可愛い」




895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:45:14.50 ID:oiQ1dr0B0
まどか「……ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「あのね、私がほむらちゃんのここを舐めてる間……頭をなでてほしいなって///」

ほむら「え?」

まどか「その……だめかな?」

ほむら「そんなことでいいならいつだってまどかを撫でるわ」ナデナデ

まどか「うぇひひ、じゃあまた舐めるね///」

ほむら「えぇ///」




898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:56:51.81 ID:oiQ1dr0B0
まどか「ん……ぴちゃ……」

ほむら「んぁ……はぁ///」ナデナデ

まどか(なんで撫でてほしいって言ったんだろう私……)

まどか「れろ……ちゅぅ……んちゅ……」

まどか(そっか、ほむらちゃんに甘えられたいって気持ちと同じぐらいほむらちゃんに甘えたいんだ)

まどか(だからこうやってほむらちゃんを気持ちよくしながら何かをしてほしかったのかな)

ほむら(な、なんだか撫でて舐められていると……私が舐めさせているみたいで……)

ほむら(まどかをペットにしてしまったかのような///)




902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 21:14:50.94 ID:oiQ1dr0B0
まどか「はぁ……はぁ……」

ほむら「疲れたのかしら?」ナデナデ

まどか「うぇひひ、ごめんね」

ほむら「いいのよ、いっぱいがんばって私を気持ちよくしようとしてくれたじゃない」

ほむら「だから……そろそろ二人一緒に気持ちよくなりましょう?」

ほむら「それとも、疲れているなら私がまどかを気持ちよくしたほうがいいかしら?」

まどか「ううん、私もほむらちゃんと一緒に気持ちよくなりたいよ!」

ほむら「い、いざ言ってみると恥ずかしいわね///」

まどか「うぇひひ、そうだね///」




906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 21:25:58.12 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(た、たしか女の子同士でする場合ってこうやってあそこをこすり合わせるのでよかったわよね?)

まどか(ほ、ほむらちゃんの顔が近いよ///)

ほむら「じゃ、じゃあこの状態からもっとくっついてあ、あそこをくっつけましょう///」

まどか「う、うん///」

ピト

ほむら(あぁ、まどかの大切な場所と私の大切な場所が///)

まどか(ほむらちゃんをいっぱい感じる///)

ほむら「こ、この状態ならき、キスもしやすそうね!」

まどか「う、うん!そ、そうだね!」

まどほむ「///」

ほむら「き、キスしてもいい///」

まどか「う、うん///」

チュッ




908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 21:33:15.95 ID:oiQ1dr0B0
ほむら(ここから、えっと……擦りあって気持ちよくなるように動くのよね)

ほむら(ど、どううごけばいいのかしら……)

ほむら「……」モゾモゾ

まどか「ん///」

ほむら(もっとうまくまどかのあそこを刺激できるように……)

ほむら「……」モゾモゾ

まどか「んぁ///」ピク

ほむら(こんな感じかしら?)

まどか(焦らされてるのかな///)




910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 21:39:44.96 ID:oiQ1dr0B0
まどか(こういうこと……大人になってからだっておもってたけど///)

まどか(今日することになるなんておもわなかったな///)

ほむら(本当にまどかが欲しいって願いが叶うなんておもわなかったな)

ほむら(すごく幸せ///)

ほむら「ふふっまどかから汗のにおいがするわ」

まどか「か、嗅がないで///」

ほむら「どうして?あなたが一生懸命私を気持ちよくしようとしてかいた汗がいい匂いじゃないわけがないわ」

まどか「ほむらちゃんのばかぁ///」




913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 21:46:39.88 ID:oiQ1dr0B0
まどか「じ、焦らさないでよほむらちゃん///」

まどか「も、もうドキドキしておかしくなっちゃうよ///」

ほむら「ドキドキしておかしくなりそうなのは私だってそうよ///」

ほむら「こうやって冬に二人して裸で汗をかいていたら風邪を引いてしまうわね」

ほむら「からだがポカポカしてるうちにはじめないとね」

チュッ

まどか「ん///」

ほむら「寒さなんて感じないぐらい、二人でおかしくなりましょう?」

まどか「うん、ほむらちゃんと一緒に……一緒なら///」

ほむら「じゃ、じゃあ動くわね、まどか///」




920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 22:06:06.51 ID:oiQ1dr0B0
ヌチュ

ほむら「ん///」

まどか「あっ///」

ほむら「あん……んぁ……んっ……ふぁ///」

まどか「ん……あぁ……んんっ///」

ほむら(ちょっと動いただけなのにまどかと一緒ってだけで幸せすぎていつもより感じちゃう///)

まどか(ほむらちゃんとひとつになるぐらい密着してこんなことしてるって考えただけでおかしくなりそう///)

ほむら「まどかの身体……熱くなってるわね///」

まどか「ん……ほむらちゃんだって///とってもあつくなってるよ///」

グチュグチュ

ほむら「はぁ……んん///まどか、気持ちいい?」

まどか「ほむらちゃん、気持ちいいよ///すごく気持ちいい///」

ほむら「わたしも///すごく……すごく気持ちいいわ///」




925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 22:16:49.83 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「まどか!まどかぁ///」

まどか「ほむらちゃ///はげし///」

グチュグチュグチュグチュ

ほむら「まどか!大好き!大好き!」

まどか「わ、わたひも!ほむらちゃんが好き!だいしゅき!」

ほむら「好きなの!まどかが大好きなの!まどかのことばっかり考えちゃうのぉ///」

ほむら「クールを装いながらいつも頭の中ではあなたとこういうことをしてたの///んぁ///」

ほむら「家でも毎日まどかを考えて////ふわぁ///」

まどか「あ///ほむらちゃ///うれしい///そんなに想ってくれてうれしいよほむらちゃん///」

まどか「でもこれからは一人でしなくてもいいよ///私が///私がいつでもほむらちゃんん///」

まどか「あはぁ///ほむらちゃんと一緒に///」




930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 22:33:59.92 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「まどかぁ///んん///まどかぁい、いい、いいのぉ///まどかぁ///」

まどか「わ、わひゃひもい、いいよぉ///ほむらちゃん///」

まどか「んっ///あっ///あぁん///」

ほむら「あぁ///も、もっと、もっとぉ!!」

グチュグチュグチュグチュグチュグチュ

まどか「ら、らめ///も、もう///わ、わひゃひ////」

まどか「ほむらひゃ////あん///んん////」

ほむら「も、もう///き、きちゃうよ////ま、まどかぁ!」

ほむら「いつもより////大きな波みたいなのがきそうだよぉ////」

まどか「あぁ///わ、わひゃひも///わひゃひもだよほむらちゃん///」

グチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュグチュ

ほむら「い、いっしょ////まどかといっしょにぃ///」

まどか「う、うんっほむらひゃんといっしょにぃ////んあぁ////」

まどか「あ、ああぁぁぁ////」
ほむら「ん、ああぁぁぁぁん////」




933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 22:39:19.65 ID:dxjzStpG0
結局、なんでまどかはほむほむのベッドにいたのよ




934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 22:41:40.32 ID:+dhY4ZG90
>>933
サンタさんの仕業だろ




940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:02:51.20 ID:oiQ1dr0B0
ほむら「はぁ……ん……はぁ……はぁ……」

まどか「はぁ……はぁ……んん……はぁ……」

ほむら「まどか、愛してるわ」

まどか「私も大好きだよ、ほむらちゃん」

チュッ

ほむら「んむ……んちゅ……」

まどか「ぷは……はぁ……」

ほむら「こんなに心が満たされてるの初めて……」

まどか「私も、すっごく幸せ……」

ほむら(私の部屋のベッドでまどかとエッチなことをして……)チラッ

まどか(ほむらちゃんの部屋であんなことしちゃって……)チラッ

まどほむ「///」

>>717

まどか「も、もう夜だね///」

ほむら「そ、そうね///」




945 :そしてお遊び:2011/12/27(火) 23:06:13.08 ID:oiQ1dr0B0
―数時間前―

マミ「お母さん……すぅ……すぅ……」ギュゥ

さやか(やっぱり幼いころに親を亡くして寂しかったんだろうなぁマミさん……)

杏子「さやかぁ……すぅ……すぅ……」ギュゥ

さやか(杏子も一人でいないといけないって頑張ってたから寂しいんだろうなぁ……)

さやか「さやかちゃんってば両手に花だね」

さやか「二人に腕枕+抱きつかれちゃあ身動きも取れないよ……」

さやか「あたしの想像力で今マミさんが起きた場合どうなるのかを考えてみると……」

さやか「下手するとあたしが二人を食べたみたいに見られて説教もしくは撃たれたりして……い、いやいやさすがにそれはないよね……」

さやか「いやーでもある意味私はマミさんの家に不法侵入してるようなものだし……私だけ服きてるし」

さやか「逆に杏子が起きたとしたら……」

さやか「こいつってこういうことに関してはほむらみたいに照れ屋なきがするんだよねぇ……」

さやか「照れて驚きとともに身動きとれないのに攻撃をしかけられたりして……」

さやか「いやー身動きとれないしさやかちゃん大ピーンチ」

さやか「……誰か助けて……」




951 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:13:01.60 ID:oiQ1dr0B0
さやか「名探偵さやかちゃんがこの事件を解決……」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「いやーこの状況何も知らない人からみたら100%加害者だよね」

さやか「ここで華麗に全ての事情を察したほむらやまどかが助けに来てくれる……」

さやか「……そんな都合よくいかないよね……」

さやか「いやーマミさんはご立派なものをお持ちで、対して杏子はまぁほむら以上ってところだね」

さやか「ってこんな分析してる場合じゃないっての!」




952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:16:54.48 ID:oiQ1dr0B0
さやか「ここでさやかちゃんはなんととんでもない奇策を思いつきこの窮地を脱出!」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「うーん……」

さやか「むむむむ……」

さやか「ぬおー……」

さやか「浮かばない……」




953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:22:55.80 ID:oiQ1dr0B0
さやか「二人が同時に起きたらどうなるんだろう……」

さやか「うーん……以外にも冷静なマミさんと杏子、そして話し合いへ」

さやか「これはないね……二人とも初心だし……」

さやか「……」

さやか「あたしだって初心だっての!」

さやか「自分で自分に突っ込んでる場合じゃないってのに何やってるんだろうあたし」




957 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:28:41.33 ID:oiQ1dr0B0
さやか「一切取れない身動き……」

さやか「言い訳不可能のこの状況……」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「あえて全てを忘れて覚悟を決めて眠ってしまうのもありなのかな」

さやか「って何あきらめそうになってるの私、まだ何か手が……」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「どうしてあたしが真ん中なのさ……端っこなら……」




959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:35:41.04 ID:oiQ1dr0B0
さやか「そうだ!QB!あいつがいればほむらに助けを求められるかも!」

さやか「ほむらなら魔法少女だし多分この家に侵入するぐらいできるはずだし!これで助かる!」

さやか『QB……マミさんの家にきて……QB……』

ひょこ

QB「呼んだかい?」

さやか(助かった!!)

さやか「悪いんだけど、ほむらをよんできてくれない?」

QB「どうしてほむらを?」

さやか「この状況に困ってるからに決まってるじゃん!」

QB「さやか、よくかんがえてごらん?」

さやか「へ?」

QB「すでに契約済みで僕の目的を知っている君を助ける意味があるとでも?」

さやか「……ですよねー」




960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:39:40.86 ID:oiQ1dr0B0
QB「そうだね、さやか、君にひとついいことを教えてあげるよ」

さやか「え?何?教えて」

QB「マミと杏子は早寝早起きだよ」

さやか「いいことどころか最悪の情報じゃん!」

QB「そうかい?起こりえる絶望への期間がのこりわずかだと知っていたほうが対処しやすいだろう?」

さやか「対処法がないっての!」




962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:51:24.22 ID:oiQ1dr0B0
QB「あまり大きな声を出すと二人がおきてしまうよ?」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「うぐ……」

さやか「よく考えたらこの状況ってあんたの仕業?」

QB「僕に君たちを移動させるような力はないよ」

さやか「怪しい……」

QB「怪しいとおもっても身動きの取れない君はなにもできないじゃないか」

さやか「おのれー」モゾモゾ

マミ「んん……」

杏子「ん……」

さやか「ヤバッ」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「セーフ……」




966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 23:59:33.26 ID:oiQ1dr0B0
さやか「私たち魔法少女はその気になれば痛みだって消せる!」

QB「君が消したのは長時間の腕枕による腕の痺れだろう?」

さやか「別に突っ込まなくてもいいじゃん」

マミ「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」




970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:10:42.81 ID:z2IhhQ8Y0
さやか「どうしよう……」

QB「どうしようもないんじゃないかい?素直に起こして事情を説明すべきじゃないかい?」

さやか「言われてみるとそうかも!」

さやか「そうだよ、自分から起こしてすぐに不思議なことにここにいたとか言えば……」

さやか「自分から起こしているだけに信用してもらえるかも!」

さやか「普段からの信頼は必要だけマミさんと杏子なら問題はないはず!」

さやか「んじゃあぱぱっとおこし……」

マミ「……美樹さん?」

杏子「ん……よく寝た……」ゴシゴシ

さやか(どうするのあたし!)




スレもないしぐだってるし終わり!ここから先は脳内補完でお願いします!




974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:13:34.69 ID:1NaEfXqs0
乙乙乙




975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:14:10.63 ID:k7jeC+dE0
とりあえず乙!




976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:16:07.27 ID:6iMn470W0






-----------------
当ブログについて
※欄974さんありがとうです。



百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)倉田 嘘

一迅社 2011-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
それでもやっぱり恋をする。 (IDコミックス 百合姫コミックス) ふ~ふ 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス) リンケージ (IDコミックス 百合姫コミックス) ゆるゆりコミックアンソロジー VOL.2 (IDコミックス DNAメディアコミックス) コミック百合姫 2012年 01月号 [雑誌]



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 14:31: :edit
    ほむ
  2. 名前: 偽者 #-: 2011/12/28(水) 14:36: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 14:39: :edit
    1げとおぢさん
  4. 名前: こ #-: 2011/12/28(水) 14:52: :edit
    ふぅ…
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 15:24: :edit
    ぷん太のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 15:59: :edit
    無駄に長くしてるのが残念すぎる
    一度終わった所でやめていれば良作だった
  7. 名前: 名無しさん #-: 2011/12/28(水) 16:23: :edit
    なんてところで終わらせるんだふざけんな…
  8. 名前: 化け物 #-: 2011/12/28(水) 16:39: :edit
    気持ち悪い
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 16:41: :edit
    サタデーナイトパラリシスか…

    寝てる中学生を剥いて人んちのベットに捨て帰るとか
    サンタさんまだ狩られ足りないみたいだね☆
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 17:56: :edit
    だらだらしすぎて読む気失せるなこれは・・・
    作者は楽しんで書いてるんだろうけど
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 18:00: :edit
    サンタさんヤベェよマジヤベェ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 18:22: :edit
    くそおおお
    いいところで……
  13. 名前:   #-: 2011/12/28(水) 18:54: :edit
    需要あるのか?
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 19:41: :edit
    ※2,5
    偽者めっ!

    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 20:21: :edit
    ※13
    需要なかったらこんなに伸びないだろ
  16. 名前:   #-: 2011/12/28(水) 20:47: :edit
    ※15
    お前のチン○の伸びなんて知るかよw

    まさか米数のことか?…え?
  17. 名前: 名無し  #-: 2011/12/28(水) 22:02: :edit
    米16
    レス数の事だろ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/28(水) 23:29: :edit
    うーん・・・
    まさにやおいって内容だな
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/29(木) 01:05: :edit
    …ウェッヒwww
    ウェヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒw
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/29(木) 02:53: :edit
    良かったぜ
    作者さん乙
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/29(木) 05:56: :edit
    一人くらいはサンタの実在を願った魔法少女とか居てもおかしくないよな、実際
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。