QB「魔法でオリジナル武器を作ってくれないか?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/07(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 17:51:18.21 ID:tTXxJJjS0
まどか「武器を作る?」

QB「ああ。君達の武器も実際魔力によって作り出されたものだろう」

マミ「そうね。私のマスケットも出そうと思えばいくらでも出せるわ」

さやか「私の剣も確かに出せるけど……」

QB「そういうことさ。魔力さえあればいくらでも武器は作り出せるんだよ」

杏子「なるほどねー。あたしはこの槍一本あれば十分だけどな」

ほむら「私は時止めに魔力をほとんど使ってしまったから現実の爆弾の方が強いわね」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 17:57:30.76 ID:tTXxJJjS0
QB「オリジナル武器を考えるってのは色々その人の個性が出るものさ」

QB「感情エネルギーの研究のためには是非君達の考えた武器で魔女と戦って欲しいんだ」

QB「君達にとっても戦いの幅が広がるし、悪い話じゃないだろう?」

まどか「でも……具体的にはどういうことを考えればいいのかな?」

QB「難しく考える必要はないさ。外見は普通の剣とか銃とかでいい」

QB「あとは武器名と、能力だけ考えてくれればいいよ」

さやか「能力かー。例えば『一撃で星をも切る剣』とかも創れちゃうわけ?」

QB「それはさすがに無理だろうけど、作り手の願いの強さにはある程度比例するよ」

QB「『こんな武器がいい!』という願いが強ければ強いほど強力なものにはなるだろうね」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:00:34.98 ID:VwIgUmg90
仁美の為に黄金のグローブを作ってあげてボクサーとして大成させたい




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:04:49.29 ID:tTXxJJjS0
さやか「なるほどねー。何だか面白そうだし、私は構わないけど……」

杏子「あたしもいいぜ」

マミ「ぜひやりましょう!」

まどか「難しそうだけど、みんながそう言うならやってみようかな?」

ほむら「そうね、ワルプルギスの夜との決戦も近いし選択肢は多いにこしたことはないわ」

QB「感謝するよ。じゃあ、一人ひとりが他の4人に合った武器を作ってくれないか?」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:10:53.23 ID:tTXxJJjS0
まどか「えっ? 他のみんなのを作るの?」

杏子「自分の武器をじゃないのか?」

QB「色々とレパートリーがあった方が感情エネルギーの研究がはかどるからね」

QB「それに自分の使う武器は、もう大体今使っているので固まっているだろう」

マミ「ということは……一人あたり4つの武器を考える必要があるってことになるわね」

さやか「何だか大変そうだなぁ……」

ほむら「まどかには立派な武器を作ってあげるわ」

QB「じゃあ武器を考えて、魔法で作り出して、そうだね……一週間後に披露し合おうか」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:17:18.49 ID:tTXxJJjS0
まどか「うーん……さやかちゃんは剣でしょ……」

さやか「あーもー難しいなー!」

ほむら「むむむむ……」

杏子「強そうな名前、強そうな名前……」

マミ「うふふふふふふふ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:24:15.82 ID:tTXxJJjS0
一週間後

QB「それじゃあ、まずはまどかが作り出した武器からで」

まどか「はーい。じゃあまず、さやかちゃんにはこれ」スッ

さやか「やっぱり私は剣か」

QB「名前と能力は何だい?」

まどか「名前はそのままズバリ『さやかの剣』だよ!」

さやか「……へ?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:32:14.54 ID:tTXxJJjS0
まどか「能力はね……実演した方が早いかな。小石を……えいっ」

さやか「ちょっ、危な……って、え!? 剣が勝手に伸びて弾いた!?」

まどか「この『さやかの剣』の能力は、敵の攻撃から自動的に守ってくれるんだよ」

まどか「さやかちゃんは接近戦するし、私の親友だから怪我してほしくなくて」

さやか「ま、まどか……」ウルウル

まどか「これからも一緒に戦おうね……この『さやかの剣』で!」

さやか「……あ、ありがと、まどか……」

QB「適当に考えたものなら、おそらくこのオートガード機能は不十分なものだったはずだ」

QB「本当にさやかのためを思って考えたからこそ、この性能になったんだろうね」

QB「素晴らしい友情だよ、まどか」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:38:33.57 ID:tTXxJJjS0
まどか「次はほむらちゃん」

ほむら「待ってたわ。これは……ライフル?」

まどか「うん。その名も『ほむライフル』!」

ほむら「素敵な名前ね」

QB「まどかの武器とはいえ、さすがにほむらも苦笑いだね」

まどか「ほむらちゃんは遠くから砲撃するタイプだけど、遠いと射撃が外れやすいでしょ」

まどか「でも、これは10m以内の誤差なら自動的に相手の方に向かって飛んでいくんだ!」

ほむら「ありがとうまどか……とても嬉しいわ」

まどか「えへへ、私の考えた『ほむライフル』気に入ってくれて嬉しいな!」

QB「時を止めて近づいて撃てばいいんじゃないかな」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:47:19.70 ID:tTXxJJjS0
まどか「杏子ちゃんにはこの赤い槍だよ」

杏子「今の槍と見た目はあまり変わらないな……やっぱり名前は『杏子の槍』か?」

まどか「それも考えたけど、今回はちょっと捻ってみたよ」

まどか「その名も何と『レッドスピア』!」

QB「捻ってそれかい、まどか」

まどか「能力だけど、これは持ち主の意思で伸びるんだ」

杏子「どれどれ……おっ、本当だ」

杏子「射殺せ! へへっ、なかなかカッコいいじゃねえか」

QB「いかにもまどからしい平凡な武器だね。どっかで聞いたような気もするけど」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 18:55:30.10 ID:tTXxJJjS0
まどか「最後に、マミさんはやっぱり銃にしました」

マミ「イメージカラー通りの黄色いマスケットね」

まどか「名前は『スーパーマスケット』です!」

QB「小学生レベルのネーミングセンスだね」

まどか「これは敵に向かって投げると刃物に変形して敵を切ります」

まどか「そしてブーメランのように手元に戻ってくるんです!」

マミ「ありがとう鹿目さん」

QB「そのブーメラン機能っていつ使うんだろう」



QB「それじゃあ、次はさやかの番だ」

さやか「私って頭使うのが苦手でさ、結局漫画やゲームのをパクったんだけどいいのかな?」

QB「問題ないよ。大切なのは創り手の『こんな武器がいい!』って気持ちだからね」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:01:49.14 ID:tTXxJJjS0
さやか「まず、まどかにはこの弓。名前は『レインボウ』!

さやか「ふっふっふ、これは使い手の魔力で七色の矢を生み出し放つ!」

さやか「その七色の矢には、例えば橙は最速、という風に特性がある」

さやか「それに弓(bow)をかけて『レインボウ』ってわけ!」

まどか「何だかカッコいい! ありがとうさやかちゃん!」

QB「その武器からはなかなか強そうな気配を感じるね」

QB「武器の強さは創り手の思いに左右される。出典となった作品が相当好きみたいだね」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:06:05.35 ID:7QyTEoD00
かけたというか元々語源ですけどね




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:09:06.94 ID:tTXxJJjS0
さやか「転校生にはこの杖!」

ほむら「杖……? 私の力は時を止めるだけよ」

さやか「考えてみたんだけど……時を止めるって力も、結局は魔法によるものでしょ」

さやか「その魔法の力を直接、攻撃に変換できれば重火器以外でも戦えるんじゃないかな?」

ほむら「……どういうこと?」

さやか「その杖は『ブラックロッド』。持ち主の魔力を打撃力に変換、自在に変形もするのだ!」

ほむら「ちょっと試してみるわ。こうかしら?」ビュン

QB「」グチャァ

ほむら「凄い威力ね。美樹さやか、ちょっと見直したわ」

さやか「えへへー」

QB「むやみに殺さないでほしいな……」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:16:29.70 ID:tTXxJJjS0
さやか「杏子にはこの『ゲイボルグ』!」

杏子「あぁ、名前は聞いたことあるな」

さやか「この槍の能力は、心臓を刺したという結果を作ってから槍を放つ」

さやか「ゆえに、回避不能の一撃必殺ってわけ!」

杏子「すげぇ! 最強じゃねえか!」

QB「さやか、それの出典作品はどこで?」

さやか「恭介がゲームをやってて、そこでちらっと見たんだけど」

QB「つまりその作品自体をあまりよくは知らないってことだね」

QB「それだけに思い入れが浅く、『レインボウ』や『ブラックロッド』ほどの力は感じない」

QB「残念ながら、先ほどの一撃必殺能力は使用できなさそうだよ」

QB「仮に思い入れがあっても、そこまでのチート能力は発揮できないだろうけど」

さやか「そうなのか……ごめん、杏子」

杏子「いいってことよ。これはこれで強そうだしな」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:24:48.76 ID:tTXxJJjS0
さやか「マミさんにはこの銃です」

マミ「見た目は普通な感じね」

さやか「なんと10億ボルトもの雷撃の槍を放出可能!」

さやか「そしてコインを弾として込めれば音速の3倍以上で弾き出され、弾道上にある物を全て薙ぎ払う!」

マミ「なるほど、名前は『超電磁砲(レールガン)』ね!」

さやか「え、知ってるんですか!?」

マミ「当然。あんなに心をくすぐられるラノベはなかなか無いわ」

QB「厨二心だよね、マミの場合」



QB「じゃあ次は暁美ほむら、よろしく頼む」

ほむら「わかったわ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:31:52.91 ID:tTXxJJjS0
ほむら「まどかには……これ」

まどか「ボタン……かな? これを押すと敵が倒れるとか?」

ほむら「それを押すと、私が空間を転移してまどかの元に現れるわ」

まどか「うん?」

ほむら「名づけて『ほむほむスイッチ』」

ほむら「ピンチになったらいかなる時でも駆けつけられるようにしたの」

ほむら「それは……私自身こそが、まどかの剣であり、盾だから」ファサッ

ほむら「もちろん、ピンチじゃない時に押してもらっても大歓迎よ」

まどか「あ……ありがとう、ほむらちゃん……」

QB「暁美ほむら、まどかがドン引きしてるよ」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:38:35.66 ID:tTXxJJjS0
さやか「で、私にはどんな武器を?」

ほむら「無いわよ」

さやか「は?」

ほむら「知っての通り、私の魔力はほとんど時を止める能力に使われているわ」

ほむら「だからもともと全員に武器を作る余裕なんてあるわけないじゃない」

ほむら「限界まで魔力を搾り出して、ようやく作れたのが『ほむほむスイッチ』よ」

さやか「えぇー……」

QB「まぁ暁美ほむらの場合はしょうがないね」

QB「仮に魔力があっても、暁美ほむらの性格上まどか以外の武器は適当すぎて使い物にならないだろうし」



QB「次は杏子の作った武器だ」

杏子「おう!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:44:53.76 ID:tTXxJJjS0
杏子「まどかはこの『グレートボウ』だ!」

QB「小学生レベルがここにもいたね」

まどか「うわっ、大きい」

杏子「あぁ、グレートだからな!」

QB「どんな能力なんだい?」

杏子「能力は無いぜ」

まどか「え?」

杏子「このデカさゆえに、破壊力も抜群! 能力なんか必要ないのさ!」

杏子「ま、強いて言えば抜群の破壊力を誇ることこそが能力ってとこか」

まどか「……あ、ありがとう、杏子ちゃん……」

QB「杏子、何だか君が愛らしく思えてきたよ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:52:02.11 ID:tTXxJJjS0
杏子「さやかにはこの『超光速破壊剣』!」

さやか(だ、ださい名前……)

杏子「これを装備すると、抜群の素早さを得ることができるんだ!」

さやか「どれどれ、ちょっと試してみようか」

QB「……どうしたんだいさやか。動いてもらわないと」

さやか「私はここにいるけど」

QB「うわっ、いつの間に僕の隣りに!? 確かにそこにいたのに!」

杏子「残像だな」

QB「なん……だと……?」

さやか「正直、普通に強い武器で驚いた……」

QB「ところで『超光速破壊剣』の『破壊』って何を破壊するんだい?」

杏子「特に何も。でも何か強そうだろ?」

QB「……そうかもね」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:56:16.51 ID:tTXxJJjS0
杏子「ほむらにはこの特製爆弾『デラックスボム』だ!」

ほむら「そんな感じの名前だろうとは思ったわ」

QB「デザインもいかにも爆弾って感じだね。ボンバーマンが置くような」

杏子「ほむらが使ってる爆弾って、投げてから何秒後に爆発とかそんなんだろ?」

杏子「この『デラックスボム』は、いつでも好きな時に爆発させられるんだ!」

杏子「そして威力は抜群! どうだ、すげーだろ!」

ほむら「……これ、一個だけなのかしら?」

杏子「…………」

ほむら「…………」

杏子「ま、まぁ、使ったらまた創ってやるよ!」

QB「でも見た感じ、確かに威力はなかなかありそうだ」

QB「その分、杏子なりに必死に頑張って考えたってことなんだろうね」

ほむら「佐倉杏子……あなた、いい人ね」

杏子「な、何だいきなり!?」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 19:56:19.40 ID:vCuqc4Jp0
QBの辛口批評がなんだか好きだ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:01:03.20 ID:tTXxJJjS0
杏子「マミにはこの『スーパーガン』!」

杏子「これで撃った弾は、ターゲット目指して自在に動き、必ず命中する!」

QB「ほむらの爆弾といい、いかにも小学生が考えたって感じの名前と能力だね」

杏子「そして威力は抜群だ!」

QB「さっきからそればかりだね。君は国語の教科書を開いたことがあるのかい?」

マミ「でもまぁ……見た感じ、実際それなりに威力はありそうね」

QB「もしかしたら今までの中では杏子が一番真面目に考えてきたのかもしれないね」



QB「さて、何だか嫌な予感がするけど最後はマミだ」

マミ「ついに私の番ね!」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:04:36.60 ID:2Wn8cHJQ0
マミさんキターーーーー!!!




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:05:37.97 ID:vCuqc4Jp0
ああとうとう・・・




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:07:12.60 ID:tTXxJJjS0
マミ「鹿目さんは流星のように矢の散弾を放つ……という特性から、星をイメージした武器にしてみたわ」

まどか「なんだか素敵な響きですね」

マミ「もともと星のエナジーは凄まじいものがあるわ」

QB「エナジーって何のことだい?」

マミ「例えば太陽だって、その内包するエナジーは地球のそれとは比較にならない……」

QB「聞いちゃいないね」

マミ「そのような星々がこの銀河には何億も存在して、夜空に輝いているのよ」

マミ「そして太古の時代……数多の著名な魔術師が、星々のエナジーを地上に魔力として取り込み、具現化するための魔術道具を作り出した」

マミ「彼らはその強大すぎるエナジーを扱いきれず、魔力の暴走により体を焼かれていった……」

マミ「そして多くの犠牲の末に生み出された伝説の武器がその弓『星の煌き(ティンクル・スター)』よ!」

まどか「そ、そんな凄い歴史があったんですか!」

QB「マミの脳内にね」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:08:02.83 ID:oG/vpEd30
おおぅ…




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:10:29.57 ID:7+/Qg39e0
お、おう・・・




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:11:43.29 ID:Be2TZTEoO
レベルが違うな




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:12:21.69 ID:GRTyTmOp0
英語なだけマシ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:13:48.75 ID:tTXxJJjS0
マミ「その弓は星のエナジーを魔力の矢として具現化し、それを打ち出し攻撃する」

マミ「エナジーを抽出するための儀式の場の魔法陣として利用するのは、その星が構成する星座……」

マミ「すなわち矢を作るには、矢の媒体となる星が作り出す星座をイメージし、エナジーを得るための詠唱を唱えることが必要!」

まどか「え、詠唱……?」

マミ「そう、詠唱」

マミ「例えばわし座の一等星、アルタイル」

マミ「アルタイルの矢を作るために必要な詠唱は『空の王者よ、我が番となりて天駆けよ!』よ」

マミ「能力は自分の半径10m以内の上空に矢を接地し、敵意を持って接近したものに降り注ぐ」

マミ「そう……上空から獲物を狙う大鷲の如く!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:15:00.40 ID:W2kwZuaL0
説明なげえなwwww




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:18:49.49 ID:tTXxJJjS0
マミ「他にはさそり座の一等星、アンタレスの矢……それは掠っただけで命を奪う猛毒の刃」

マミ「詠唱は『冥府の使者よ、其の刃を持ちて黄泉へといざなえ』!」ドヤァ

まどか「…………」

さやか(転校生……マミさん、何言ってるの?)

ほむら(私が聞きたいくらいだわ……)

杏子「よくわかんないけど何だかすげぇな!」

まどか「マミさん……その詠唱って、必要なんですか?」

マミ「当たり前じゃない!」

マミ「それぞれの星の名前と星座、詠唱を覚えることは必要不可欠よ」

マミ「沢山あるからまとめた紙も一緒に渡すわ。頑張って覚えてね」ドサドサ

まどか「…………」

QB「まどかが涙目だね」



マミ「次は美樹さんの武器よ!」

さやか(ひいっ!)




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:24:29.56 ID:tTXxJJjS0
マミ「私達の住む世界とは別に、平行世界として様々な世界がちりばめられていることは知ってるわよね?」

さやか「い、いえ……存じませんでした……」

マミ「その無数の世界の中で、その存在そのものを『なかったこと』にされた世界があったわ……」

マミ「そこは命の欠片も宿らぬ極寒の世界……誰もその世界には何も求めず、何も望まなかった……いえ、望めなかった」

マミ「長きに渡る年月を重ね、やがてその世界そのものが意思を持ち……必要とされぬ故、自ら消滅することを願った」

マミ「その瞬間、その世界は消え去り……意思のみが形となりて、一本の剣が生まれた」

マミ「それがあなたの剣『悲嘆氷剣(コキュートス)』!」

さやか「へ、へぇ~……」

まどか(こんなの絶対おかしいよ……)

ほむら(ど……どうかしている……)

杏子「その世界も、本当は自分を見てほしかったから剣として残って……うぅ、泣けるぜ……」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:31:20.60 ID:tTXxJJjS0
マミ「『悲嘆氷剣(コキュートス)』の能力……それは悲嘆氷剣自身の召喚」

マミ「すなわち、その剣で4つの印を結ぶことで、印に結ばれた三角錐の空間を『消え去った世界』へと変貌させる……」

マミ「その世界はマイナス273.15度。全てが凍てつく、絶対零度の空間」

マミ「それぞれの印を作り出すには、印を作りたい場所……空中でもいいわ。そこに剣を付きたて、詠唱を行う」

マミ「一つ目は『絶望の果てに消え去りし世界よ』」

マミ「二つ目は『対なる希望を呼び起こす為』」

マミ「三つ目は『零なる場より顕現せよ』」

マミ「四つ目は『度重なりし永久凍土!』」

マミ「この技こそが必殺『凍結空間(アイス・エイジ)』よ!」

さやか「」

QB「今さやかのソウルジェムが黒ずんだような……」



マミ「次は暁美さんね」

ほむら「…………」ガタガタガタガタ




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:36:37.71 ID:tTXxJJjS0
マミ「暁美さんには、この杖よ」

マミ「かつて世界に、その名を知らぬ者はいないとまで言われた天才魔術師がいたわ」

マミ「しかし彼は魔術世界の頂点に立ってもさらなる力を求め続け、ついには禁忌とされた呪術にまでも手を出した」

マミ「魔術教会は手のひらを返したように彼を叩き、魔術世界から追放した……」

マミ「全ての人々から否定された天才魔術師は、全てを恨み……凄惨な復讐が幕を開けたわ」

ほむら(な、長い……そして痛い……)

QB「耐えるんだ、暁美ほむら」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:42:23.68 ID:tTXxJJjS0
マミ「あらゆる人々を彼の魔術空間……そこは何もない、ただ闇だけが広がる空間に閉じ込めた」

マミ「人々はその空間で飢え、錯乱し、発狂し……恨みだけを残して死んでいった」

マミ「そして彼は何百何千という恨みの魂をもとに、最強の負の魔力を湛える杖を生み出した」

マミ「しかしその杖の持つ破滅の力は彼自身をも飲み込んでしまい……呪われし杖として歴史から葬られた」

マミ「それがこの『黒杖・闇時雨』……」

ほむら(そんな物騒なものを私に使えと!?)

まどか(ほ、ほむらちゃん……)

さやか(マ……マミさんは、カッコよくて、正義の味方で……)

杏子「強くなりたいという気持ちも、時には身を滅ぼすってわけか……」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:43:46.56 ID:uDrHLSH20
何故あんこは理解できるんだ




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:48:26.63 ID:tTXxJJjS0
マミ「『星の煌き(ティンクル・スター)』は星のエナジーから魔力を精製し矢を作る……」

マミ「また『悲嘆氷剣(コキュートス)』により使用可能となる必殺技『凍結空間(アイス・エイジ)』は空間そのものを変貌させる大規模術式」

マミ「それに比べ、その『黒杖・闇時雨』は既に魔法そのものが杖に内包されている」

マミ「それを呼び出すだけだから、詠唱は非常に簡単なものになるのがメリットね」

ほむら「理由はサッパリ理解できなかったけど、あの恥ずかしい詠唱が短いのは助かるわ」

マミ「例えば『死の色』と呟き杖を向ければ、対象は疫病に侵され、腐り落ちる」

マミ「『黒の衝撃』でありとあらゆる周囲のものを吸い込む……すなわち、ブラックホールを創出できるわ」

ほむら「…………」

QB「い、痛い! シンプルなぶん痛い!」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:54:01.10 ID:tTXxJJjS0
マミ「他にも色々あるけど、それはまた今度教えるわね」

マミ「でも、気をつけて。『黒杖・闇時雨』の負の力に負けると……」

マミ「あなたも、この杖の一部となって呪いを振りまく存在になってしまうから」

ほむら(今まさにあなたが呪いを振りまいているわよ、巴マミ……)



マミ「次は佐倉さんね」

杏子「なんだかドキドキするな」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 20:59:39.17 ID:tTXxJJjS0
マミ「佐倉さん……突然だけど、地獄ってどんな所だと思う?」

杏子「地獄? そうだなぁ……やっぱり、炎で焼かれたり、釜茹でにされたり……」

マミ「そう、多くの人は地獄といえな炎や熱といった言葉をイメージする」

マミ「それほどまでに地獄……すなわち『死』と『炎』という言葉はつながりが深い」

マミ「言うまでもなく『死』は生きとし生ける者、誰もが想像し、最も恐れるもの……」

マミ「そしてその万人の想像……死ぬこと、地獄で焼かれること、その痛み……」

マミ「恐れが積み重なり、ついには形をなし……炎から不死鳥が生まれるように、この世に現れた」

マミ「それがこの槍『鳳凰炎舞(フェニックス・ロンド)』!」

杏子「つ……つまりこの槍って地獄そのものってことじゃねえか! すげぇ!」

QB「マミの話についていける君の方が凄いよ、杏子」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:02:48.97 ID:vCuqc4Jp0
あんこちゃんマジすげえ




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:05:16.03 ID:tTXxJJjS0
マミ「この槍は地獄……すなわち、地獄の炎を呼び出すことができる」

マミ「それにはもはや詠唱すら必要ないわ。佐倉さん、あなたの意思で自在に操れるはずよ」

杏子「へへ、でも詠唱した方がカッコいいと思ったらやってもいいんだよな」

マミ「勿論よ。そっちの方がいいと使い手のあなたが思ったなら、詠唱はより効果を高めてくれるわ」

杏子「こんなすげぇ武器をありがとな、マミ!」

まどか(ふ、普通に大喜びしてる……)

さやか(杏子! そっち側に行っちゃダメ!)

ほむら(次の時間軸に行こうかしら……)




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:10:34.16 ID:tTXxJJjS0
QB「これで全員終わったかな」

まどか「そ、そうだね」

さやか「い、いや~、みんな凄かったよ、うん、色々な意味で」

ほむら「そ、そうね、あまりの凄さに冷や汗かいたりしたわ」

杏子「楽しかったぜ!」

マミ「みんなのおかげで傑作が出来たわ」

QB「さて……じゃあ本題に入ろう、誰の作った武器で戦うかい?」

ま・さ・ほ「!!!!!!!!!!」

QB「なに驚いているんだい、元々そういう話だったじゃないか」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:15:34.03 ID:tTXxJJjS0
QB「各人バラバラだと面倒だから、全員が誰かの武器で統一してね」

まどか「わ、私は……え~と、だ、誰がいいかな……」

さやか「だ、誰のにしようか……あはは……」

ほむら「で、出来れば……まどかの武器が……」

杏子「うーん、どんな詠唱がカッコいいかな……」

マミ「どうしてもって言うなら、私の武器でもいいわよ」

QB「みんな意見が違うだろうし、後腐れないようにくじ引きでいいね」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:20:24.60 ID:tTXxJJjS0
QB「それじゃあ僕が引くよ。あ、暁美ほむらはまどかの武器しかないから除外したよ、仕方ないね」

QB「さーて、誰のになるかな」ゴソゴソ

まどか(マミさん以外マミさん以外……)

さやか(マミさんのだけは勘弁して……)

ほむら(出来ればまどかがいいけど、この際巴マミ以外なら誰でもいいわ!)

杏子(まどかやさやかの武器もいいけど、やっぱりマミのがいいな)

マミ(私私私私私!)



QB「えーっと、なになに……『巴マミ』って書いてあるね」

杏・マ(よっしゃ!)

ま・さ・ほ「」

QB「それじゃあしばらくマミの武器で頑張ってね、きゅっぷい」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:27:06.70 ID:tTXxJJjS0
そして――――――



まどか「ついにこの日がやってきたね……」

さやか「なんとか全員、無事に決戦に臨めて何よりってとこかな」

ほむら「今度こそ……勝ってみせる」

杏子「……ッ! 来た!」

マミ「相手が最強の魔女だろうと変わりないわ! みんな、いつもの行くわよ!」

QB「やっぱりアレ、やるんだね」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:33:12.61 ID:tTXxJJjS0
ワルプル「アハハハハハハハハハハ!」



まどか「銀河の妖精、鹿目まどか!」

さやか「氷結の剣士、美樹さやか!」

ほむら「黒の魔術師、暁美ほむら!」

杏子「炎獄の使者、佐倉杏子!」

マミ「魔弾の銃士、巴マミ!」

「「「「「マジカル・ワーカーズ、ここに推参!」」」」」

マミ「さぁて、ちょっくら世界でも救いますか!」

QB「わけがわからないよ……」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:36:03.03 ID:hrbqJS/30
若干一名、どっかの歌姫さんが混ざってますが…




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:36:25.35 ID:5cyrNJGA0
中学生っぽさが出てて悪くないけどwwww




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:40:09.48 ID:tTXxJJjS0
杏子「速攻で終わらせてやるぜ!」

ワルプル「キャハハハハハハハハハハハハハハハハ!」ギュン

マミ「ビルの破片よ! 佐倉さん、逃げて!」

杏子「地獄の業火で消えてなくなれ!」ジュワァ

ほむら「凄い……ビルが陽炎のように溶けて……」

杏子「あたしの焔は地獄の顕現、万物の理となる死そのもの」

杏子「溶かせぬものなど存在しねぇ! 悪いが、早々に退場願うぜ、ワルプルギスの夜!」カッ

…………

ワルプル「アハ……」

杏子「!? ば、馬鹿な! 全てを溶かす地獄の焔が効かねぇだと!」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:44:39.45 ID:tTXxJJjS0
ワルプル「アハハハハハハハハハハハハハハハハ!」ズガッ

杏子「ぐっ!」

さやか「杏子!」

マミ「鹿目さん、乙女座『スピカの矢』を!」

まどか「癒しの女神よ、その口づけを持ちて治癒を為せ!」トスッ

杏子「さ、サンキューまどか……くそっ、あたしの焔が効かないなんて……」

QB「確かにマミの思い込みの強さで、想像以上に強力な武器にはなったよ」

QB「でも、何でも溶かす炎なんて存在し得ない。並みの魔女ならともかく、ワルプルギスには通用しなかったようだね」

QB「それより……どうやら中途半端に攻撃したせいで、ワルプルギスを怒らせてしまったようだね」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:50:01.42 ID:tTXxJJjS0
使い魔「キャハハハハハハハハハハハハハハハハ!」

ほむら「あれは……ワルプルギスの夜の使い魔」

マミ「何て数なの……」

さやか「くっ……やるっきゃない!」

使い魔「キャハハハハハハハハハハハハハハハハ!」

マミ「踊りなさい……」

さやか「凍てつけ!」

まどか「宇宙(そら)を彩る華々よ、その煌きは天の声」

まどか「幾星霜の時を経て、今こそこの世に導かれん」

まどか「銀河に輝け、天之川(ミルキーウェイ)!」

ドガガガガガガッ!

杏子「やったか!?」

ほむら「…………いや!」

使い魔「キャハハハハハハハハハハハハハハハハ!」

マミ「そんな……天之川(ミルキーウェイ)ですら、討滅し切れないというの……」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:55:45.90 ID:DtVOl+Bq0
まどか詠唱長すぎかわいそすwww




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 21:55:58.32 ID:tTXxJJjS0
QB「マミ……君の考えた武器は痛かったけど、素晴らしい威力を誇った」

QB「それは君が、本当に強くその武器を願ったから」

QB「君達の戦闘力は格段に向上した……でも、無制限に強くなれるわけじゃない」

QB「マミ、君の限界は……ワルプルギスの使い魔を抑えるだけでもいっぱいいっぱいだった」

QB「どうやら、世界は救えなかったようだね」



杏子「はぁ、はぁ……」

まどか「そんな……ここまで、強かったなんて……」

さやか「ダメだ、印を結ぶ余裕もない……」

マミ「そんな……」

QB「君達はよく頑張ったよ。でも、どうやらここまでのようだね」

ほむら「…………」

ほむら「みんな…………耳を貸して。考えがあるわ」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:00:44.39 ID:tTXxJJjS0
ほむら「……どうかしら?」

マミ「……確かに私の銃には、他の人の魔力を込めて放つという能力もある」

まどか「でも……かなりの大博打だね」

ほむら「ええ。一人ひとりが、最高のポテンシャルを発揮しなければ不可能」

さやか「……いいね。やってみようじゃん」

杏子「面白ぇ!」

ほむら「まずは、目の前の使い魔の大群から片付けるわよ!」

ほむら「行くわよ、まどか!」

まどか「うん!」

QB「これが最後の賭けってわけだね。見物させてもらうよ」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:05:36.85 ID:tTXxJJjS0
ほむら「『夜の旋律』」

ほむら「闇夜の味はいかがかしら? 使い魔さん」

QB「夜の旋律……確か、目くらましとして一定範囲内を闇で覆う魔法」

QB「でも、そんなものあの強力な使い魔には大した効果は……」

ほむら「そう、これだけでは大した意味はないわ」

ほむら「でも……まどかの力が合わされば、話は別」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:10:26.65 ID:vCuqc4Jp0
あれ?なんだか熱くなってきてね?




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:10:42.66 ID:tTXxJJjS0
ねぇ、知ってる?

私達が見ている星の光は、何百万年も前のものだってこと。


まどか「宇宙(そら)を彩る華々よ、その煌きは天の声」

QB「天之川(ミルキーウェイ)!? それはさっき駄目だったじゃないか!?」


遥か昔から、今と同じように光り輝いて。

ずっと、私達を照らし……見守ってくれてた。


まどか「幾星霜の時を経て、今こそこの世に導かれん」


ほんの少しだけ、その力を貸して。

私達の世界を、守るために。


まどか「銀河に輝け、天之川(ミルキーウェイ)!」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:17:34.19 ID:tTXxJJjS0
使い魔「ギャアアアアアアアアアア!」

マミ「やったわ、使い魔を一掃した!」

QB「そんな……さっきは大した効果がなかったのに」

QB「ほむらが闇を呼んだことが、威力を格段に向上させたのかい!?」

QB「でも、一体なぜ……」

まどか「簡単なことだよ、キュゥべえ」

まどか「星は……闇夜の中でこそ、綺麗に瞬くんだよ」



マミ「次は美樹さん、ワルプルギスの動きを止めて!」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:23:03.43 ID:tTXxJJjS0
さやか「度重なりし永久凍土!」

まどか「あれで四つ目の印だね!」

ほむら「いくら最強の魔女だろうと、絶対零度の空間においては少しは凍りつき動きを止めるはず」

QB「本当にそうかな?」

ほむら「……違うと言うの?」

QB「いや、正しいとは思うよ。本当に、絶対零度の空間に取り込めればね」

マミ「……まずい!」

まどか「え!?」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:25:26.60 ID:tTXxJJjS0
マミ「美樹さんの『凍結空間(アイス・エイジ)』は、4つの印を結んだ空間を『悲嘆氷剣(コキュートス)』を生んだ世界……」

マミ「絶対零度の空間へと変貌させる能力」

マミ「でも……あの4箇所では、ワルプルギスの巨体は収まり切らない!」

まどか「そんな!」

マミ「これじゃ、次に飛び込む佐倉さんが反撃を受けてしまうわ!」



さやか「大丈夫だよ、マミさん」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:31:16.00 ID:tTXxJJjS0
誰からも無視され、誰からも忘れられ。

そんな一人ぼっちの世界。


QB「『凍結空間(アイス・エイジ)』を発動させずに、飛んで……」


でも、もう一人じゃないよ。


マミ「美樹さん……まさか!?」


私が一緒にいてあげる。

私が一緒に戦ってあげる。


さやか「改編されし歴史に出でよ!」

QB「い……五つ目の印だとぉ!?」


行くよ、相棒。


さやか「『凍結空間(アイス・エイジ)・改!』




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:38:23.10 ID:tTXxJJjS0
ワルプル「アハ……」

まどか「止まった!」

マミ「今よ、佐倉さん!」



杏子「うおおおおおおおお!」

杏子「!!!」

使い魔「キャハハハハハハ!」

マミ「使い魔! まだ動ける奴がいたというの!?」

まどか「まずいよ、杏子ちゃんの炎は使い魔には通じない!」

杏子「あたしを……舐めるなああああああああああ!」

杏子「紅蓮の焔に抱かれて消えろ!」

QB「杏子の体が……燃えている!」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:42:18.25 ID:tTXxJJjS0
あたしだって、死ぬのは怖い。

地獄なんて行きたくもないさ。


QB「……あの炎の形は、火の鳥」

マミ「まるで……不死鳥(フェニックス)ね」


あたしは死んだら、きっと地獄行き。

天国のみんなとは、お別れだろう。


使い魔「アハ……ハ……」

まどか「使い魔が、溶けていく……」


寂しいっちゃ寂しいよ。

でもさ、一つだけ思うんだ。


杏子「いくぜ、ワルプルギス!」


地獄の焔も、あったけぇって。




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:45:02.11 ID:5cyrNJGA0
いいぞQB、素晴らしいリアクションだ!




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:47:53.04 ID:tTXxJJjS0
ドォォォォン

マミ「す、凄い火力……」

QB「まどかが道を切り開き、さやかが敵の動きを止め、杏子が攻撃する」

QB「理にはかなっているが……それだけではワルプルギスは倒せないよ」

ほむら「そうね、これだけでは倒せない」

ほむら「でも、これはワルプルギスを倒すことが目的ではない……」

ほむら「そう、炎と氷の魔力を放出することが目的」

QB「どういうことだい?」

ほむら「巴マミ、銃の準備は?」

マミ「万全よ。後は、あなた次第」

ほむら「行くわよ……『黒の衝撃』」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:52:11.81 ID:tTXxJJjS0
ズズ・・・

QB「『黒の衝撃』……あらゆるものを吸い込む、ブラックホールの創出」

QB「しかし、ワルプルギスなど吸い込めるはずも……」

ほむら「吸い込むのはワルプルギスじゃないわ……」

ほむら「今まさにぶつかっている、美樹さやかの氷の魔力と、佐倉杏子の炎の魔力」

QB「……何を狙ってるんだい?」

ほむら「マイナスのエネルギーを持った魔力と、プラスのエネルギーを持った魔力」

ほむら「これらをスパークさせて『熱の無』を生み出す」

ほむら「それはすなわち、全てを消滅させる、最強の魔力となる」

QB「なるほどね。でも、その魔力は今君のブラックホールの中だよ」

ほむら「それをこれから……取り出してみせる!」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:57:42.81 ID:tTXxJJjS0
名も顔も知らぬ魔術師よ。

呪われし黒杖を生みし者よ。


ほむら「ブラックホールには、対となる存在がある」


私も力が欲しかった。

だからあなたの気持ちもわかる。


ほむら「それは、全てを吐き出すホワイトホール」


きっとあなたは壁にぶつかり。

乗り越えるために力を欲した。


ほむら「巴マミ……後は任せたわ」


あなたの正義は歪んだけど。

私の正義に、力を貸して。


ほむら「『白の衝撃』!」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:59:13.83 ID:vCuqc4Jp0
合体技とか最初からの技を超え編み出した新たなる必殺技とかって展開燃えるよな




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:02:30.12 ID:tTXxJJjS0
ギュン

QB「魔法が、マミの砲台に……」

マミ「みんな……ありがとう」

マミ「みんなの想いが込もったこの一撃、絶対に無駄にはしないわ」

ワルプル「アハハハハハハハハハハハハ!」

マミ「……ワルプルギスの夜、あなたに教えてあげるわ」

マミ「明けない夜は、決して無いということを」

まどか「マミさん!」

さやか「マミさん!」

ほむら「巴マミ!」

杏子「マミ!」

マミ「おやすみなさい」

マミ「ティロ……フィナーレ!」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:02:54.74 ID:5cyrNJGA0
>>143
わかるよ、凄くわかる




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:04:14.05 ID:vCuqc4Jp0
しかし最後の最後に"一番最初の"技でトドメを決めるって展開も大好きです




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:04:36.44 ID:Zps0d/7CO
>>149
すごいわかる




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:08:36.55 ID:tTXxJJjS0
まどか「終わったね……」

杏子「あぁ……勝ったんだな、あたし達……」

QB「途中からツッコむ気も失せてきたよ」

QB「そもそも元はと言えば、凍った世界も天才魔術師も、全部マミの妄想じゃないか」

QB「大体マミと杏子以外は、最初は凄く恥ずかしがってたのにいつの間にかノリノリだし」

まどか「いやー、やってみると以外と楽しくて」

さやか「私も五つ目の印を作り出したりしちゃったしね」

ほむら「かつての暁美ほむらは死んだわ……今の私は黒の魔術師、暁美ほむら……」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:10:27.64 ID:D5xeF/+20
ほむほむwww




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:11:09.17 ID:vCuqc4Jp0
ダメだ完全に飲み込まれてる




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:12:04.10 ID:7+/Qg39e0
ほむほむは素質あったもんね・・・仕方ないよ・・・




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:15:44.22 ID:tTXxJJjS0
マミ「ワルプルギスの夜は去ったわ」

まどか「でも、私達の戦いは終わらない」

さやか「この世に魔女がある限り」

ほむら「世界の平和を守るため」

杏子「あたし達は戦い続ける!」

まどか「銀河の妖精、鹿目まどか!」

さやか「氷結の剣士、美樹さやか!」

ほむら「黒の魔術師、暁美ほむら!」

杏子「炎獄の使者、佐倉杏子!」

マミ「魔弾の銃士、巴マミ!」

マミ「5人そろって!」

「「「「「マジカル・ワーカーズ!」」」」」

QB「わけがわからないよ……」



END




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:16:05.83 ID:talaJrXY0
乙乙乙




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:17:39.54 ID:5cyrNJGA0
乙!突き抜けたら中二病といえどかっこいいよね




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:17:42.32 ID:vCuqc4Jp0

マミさんの説明の所はひやひやしてたが燃える熱い話だった




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 23:19:57.13 ID:DtVOl+Bq0
乙面白かった








-----------------
当ブログについて
※欄903さんありがとうです。



劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”
劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子

フライングドッグ 2011-03-09
売り上げランキング : 292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ユニバーサル・バニー マクロスF cosmic cuune マクロスF VOCAL COLLECTION「娘たま♀」 放課後オーバーフロウ マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 11:28: :edit
    そんな馬鹿なっ!?たかが5人の魔法少女にあのワルプルギスの夜が敗れる筈がない!!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 11:31: :edit
    マミさんの厨二っぷりにニヤニヤが止まらない!www
  3. 名前: ちょこぶ〜 #-: 2011/12/07(水) 12:08: :edit
    www
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 12:08: :edit
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 12:17: :edit
    何か鏡にきめえニヤケ顔が映ってるんだが

    ええ面白かったですよ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 12:54: :edit
    マミさん好きだけど説明長くて読まなかったがラスト何これ…カッコいい(キュン)
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 13:05: :edit
    確かに思い入れは抜群だな
    しかしほむほむが闇に飲まれてしまったかwww
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 13:48: :edit
    あんこのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 14:12: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│  秘  │\         がしゃーん
    <  \____/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    フフ……
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 14:41: :edit
    ワルプルギスの朝「ワルプルギスの夜がやられたか」

    ワルプルギスの昼「奴は我らワルプルギス四天王の中でも最弱…」

    ワルプルギスの夕方「ワルプルギスの面汚しめ…」
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 15:21: :edit
    妄想力が力になる類いの作品だとマミさんが凄まじい事になるよな。
    最終的に自力でソウルジェムが濁らなくした作品もあったりするし。
  12. 名前: 名無しさん #-: 2011/12/07(水) 15:51: :edit
    ほむらさん、対象の時間を巻き戻す、早送りする杖とかいかがかな?
    これで幼まどかともイチャイチャ出来るのですけども
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 15:55: :edit
    これは稀に見るレベルの秀作だな

    めちゃくちゃ面白かったし、綺麗にまとまってて素晴らしかった

    そういえば美琴はリアル中二か
    マミさんは中三だけど、厨二病が治らないんだね・・・
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 16:43: :edit
    3ゲットロボで笑ってしまった…
    死にたい
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 17:01: :edit
    にやけちゃうけど、元々魔法少女って名前からこんな感じの内容想像してたし面白かった。
  16. 名前: 名無しさん #-: 2011/12/07(水) 20:04: :edit
    最後にネタと妄想が勝つストーリー

    熱いぜ
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 20:15: :edit
    いいもんだな、厨二病もw
  18. 名前: 名無しの萌さん #-: 2011/12/07(水) 21:15: :edit
    思い込みが力を生む作品だから、これで良い

  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 21:31: :edit
    四天王書こうと思ったら※10に書かれててワロタ。
  20. 名前: 通常のナナシ #OARS9n6I: 2011/12/07(水) 22:23: :edit
    中学生だと他の作品では「とれたてフレッシュ、キュアピーチ」とか言ってる年代だから、これくらいの名乗りは許してやれよ。

    「弾けるレモンの香り」はダメだが
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 22:56: :edit
    やっぱりみんなで力を合わせて戦うっていいよな~乙!
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/07(水) 22:59: :edit
    ほむほむが中二になったか・・・w
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 01:20: :edit
    すごく良かった
    銀河の妖精さんが可愛いv
  24. 名前: \エターナル/ #-: 2011/12/08(木) 01:37: :edit
    アイスエイジと聞くとどうしても「自分が砕ける音を聞きな!」を思い出す

    中学生らしくてよかった
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 04:35: :edit
    五つ目の印~に素で興奮しちまったい
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 08:07: :edit
    >>86のマミ(私私私私私!)のマミの必死さにワロタ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 11:19: :edit
    ワルプル「私が倒れても人の心の闇が消えることは無い……そしていつか、第二、第三のワルプルギスが……ぐはっ」
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 11:37: :edit
    きめえんだよks

    何がきもいかってこんなの見てニヤニヤしてる俺が一番きもいわ
  29. 名前: チハリス #-: 2011/12/08(木) 14:33: :edit
    へへっ、燃えたろ?
  30. 名前: 名無し #-: 2011/12/08(木) 15:03: :edit
    まどかの「ねぇ 知ってる?」で
    堪えきれない寒気と共に

    …まめしばが脳裏に浮かんだ
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/08(木) 19:40: :edit
    ※30のまめしばが浮かんだで噴いた
  32. 名前: 通常のナナシ #pIctKegs: 2011/12/08(木) 23:32: :edit
    「マミの世界」最強説
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/09(金) 00:44: :edit
    気持ちの良い厨二だったなw
  34. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/12/09(金) 18:01: :edit
    クソ、こんなので・・・
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/12/09(金) 21:06: :edit
    素晴らしき作品!
  36. 名前: 通常のナナシ #ZwfR/HBo: 2011/12/09(金) 21:37: :edit
    メドローアは伝説だよなー。
    ブラックロッドもそうだがやっぱりダイ大は凄いわ。
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。