まどか「ほむらちゃんと貝合わせだよ」ティヒヒ

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/18(金)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 12:48:51.55 ID:SZotJyALP
メガほむ「あの、鹿目さん…貝合わせってなんですか??」

まどか「え?ほむらちゃん知らないの!」

メガほむ「は…はい……ごめんなさい…」

まどか「私もマミさんから教えてもらったんだけど、とっても気持ちいいんだよ!」

ほむら「そっ、そうなんですか?」

まどか「うん、今じゃさやかちゃんや仁美ちゃんとも良くやるんだよ!」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 12:54:58.48 ID:SZotJyALP
まどか「ほむらちゃんだけ知らないなんてかわいそうだよ!そうだ今からマミさんのところにいってやってみようよ!」

まどか「(マミさんのとこなら声抑えなくてもいいもんね!)」

ほむら「で…でも今から突然だなんて、巴先輩にご迷惑じゃ」

まどか「マミさんもきっと喜ぶよ!ほら行こっ!」

ほむら「はっ…はいっ…」






8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:02:22.44 ID:SZotJyALP
マミ「あら、鹿目さんに巴さんいらっしゃい、突然どうしたの?」

まどか「ほむらちゃんにもあれ教えてあげたいなって」

ほむら「突然押しかけてすみません…」

マミ「あらあら、鹿目さんすっかりはまっちゃったのね」

まどか「だって気持ちいいじゃないですか!」

マミ「ふふっそうね、じゃあ二人とも中へどうぞ」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:10:33.84 ID:SZotJyALP
マミ「じゃあ、暁美さんにどうやって教えてあげる?」

まどか「私もしたいですけど…やっぱりマミさんが教えてあげるのが…」

マミ「あらあらいいのかしら?」フフッ

まどか「えと…その…」

ほむら「あ、あのやっぱりご迷惑じゃ…」

マミ「迷惑なんてことはないわよ、ただねえ……」チラッ

まどか「…?」

マミ「いいわ、じゃあ鹿目さん代わりたくなったら声をかけてね、暁美さんは私と鹿目さんのすることに逆らっちゃだめよ?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:19:21.49 ID:SZotJyALP
マミ「暁美さん、貝合わせってのはね…」ミミモトヒソヒソ

ほむら「ひゃ…ん…巴先輩…耳元くすぐったいです」

まどか「…」

マミ「女の子の大事なところをくっつけて気持ち良くなることよ」フーッ

ほむら「ふあっ…えっ…ええっ!」

マミ「その準備にね」チュッ

ほむら「やっ…巴先輩…」

マミ「キスしたりおっぱいを触りあったり大事なところ触りあって、お互いを気持ちよくするのよ」チラッ




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:21:54.48 ID:BOlD0Hcu0
マミさんなら貝合わせじゃなくてオサレな呼び方しなきゃ




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:23:29.54 ID:QkhfNjapO
円環の貝合わせ




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:25:18.02 ID:SZotJyALP
まどか「…マミさん…あの…やっぱり代わってもらっていいですか?」

マミ「ふふ、やっぱりね。もちろんいいわよ」

ほむら「か…鹿目さん??」

まどか「ごめんねほむらちゃん、マミさんほど上手くないと思うけど…ん…んんっ」

ほむら「んん…ん………」プファ

まどか「ほむらちゃんとのキス…もっと…していい?」

ほむら「」コクリ




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:38:09.32 ID:SZotJyALP
まどか「んんっ……んっ…」

ほむら「んっ!(鹿目さんの舌がっ…ぷにゅぷにゅして気持ちいい)」

まどか「んんっ……」ハアッ

マミ「 (二人の唇を繋ぐ銀の糸が綺麗ね…)」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:40:40.62 ID:jdmUnNvi0
やはりメガほむはいいな




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:46:20.84 ID:SZotJyALP
ほむら「か…鹿目さん…んっ」チュ

まどか「んっ…(ほ、ほむらちゃんの舌がはいってきたぁ)」

ほむら「んんっ!(鹿目さんの舌気持ちいいっ)」

マミ「 (二人ともキスだけであんなにとろんとしちゃって、妬けちゃうなあ…)」

マミ「 (あ、鹿目さんが暁美さんの胸を)」

ほむら「きゃっ!」

まどか「ほ、ほむらちゃんごめんね!痛かった??」

ほむら「あ…その…びっくりしただけで」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:51:43.44 ID:SZotJyALP
まどか「よ、よかった。それじゃあ続けるね」

ほむら「あの…その…」チラッ

マミ「?」

ほむら「巴先輩みたいに、胸がなくてごめんなさい…」

まどか「だ、大丈夫だよ、ほむらちゃん、私もそんなに大きくないし」

ほむら「で、でもやっぱり巴先輩みたいな……んっ!」

マミ「 (キスで口封じして、そのまま胸を優しく触るだなんて、鹿目さんやるわね)」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:59:14.76 ID:SZotJyALP
ほむら「んんっ!やっ、あん…」

まどか「ほむらちゃん…直接触るね」

ほむら「ひゃっ…ひゃい!どうぞっ!」

マミ「 (暁美さん、顔紅く染めちゃってかかわいいわね)」

まどか「ほむらちゃんの胸、すごくドキドキしてるね。私も一緒だよ…」

ほむら「…」

マミ「 (暁美さん、そこは鹿目さんの胸に触れて確かめるとこでしょ!黙ってうつむいてちゃだめよ!)」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:11:44.29 ID:SZotJyALP
ほむら「あっ…んっ…」

まどか「ほむらちゃんの乳首、固くなってきたよ、気持ちいい??」

ほむら「うん、鹿目さんの指気持ちいい…もっと…」

まどか「あ…あのね…ほむらちゃんにも私の胸…触って欲しいな…」

ほむら「あ…ご…ごめんなさい…私ばっかり」

まどか「ううん…ほむらちゃんはじめてだからほんとは私がうんと気持ちよくしてあげなきゃいけないのに…一緒に気持ちよくなりたいなって…」

ほむら「わたしも…鹿目さんと一緒に…」

まどか「うん一緒にね…」

マミ「 (うるうると見つめあって、わたしがいること忘れてるわね…はぁ)」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:29:47.95 ID:SZotJyALP
まどか「 んっ!!」

ほむら「か、鹿目さん大丈夫ですか!?」

まどか「うん…大丈夫…すごく気持ち良くって声が…」

ほむら「よかった…んんっ(あっ、私も鹿目さんの指が触れるとすごく…)」

まどか「はぁっ…んっ…(マミさんやさやかちゃんの時と何かちがっ気持ちいいっ)」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:50:30.50 ID:SZotJyALP
まどか「ん…(ほむらちゃんの…もうヌルヌルしてる)」チュプ

ほむら「ひゃ、やっ、かっなめさん!!」フルフルッ

まどか「ほっほむらちゃん?きゃっ!」グラッ

マミ「 っと、暁美さんいっちゃったみたいね」

まどか「あ、ありがとうございます(マミさんが支えてくれなかったら二人でころんでたぁ)」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:56:01.31 ID:SZotJyALP
マミ「鹿目さんももう準備できてるんでしょ?二人ともこのまま続けると制服汚しちゃうわよ」

まどか「あ…(わたし触られてもないのに…)」///

マミ「暁美さんも、制服脱いでベッドに…ね?」

ほむら「ふぁ…ふぁい…」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:03:32.39 ID:SZotJyALP
マミ「ふふ…鹿目さんあんまり触ってもらってないのに、パンティに凄い染みができてるわね、暁美さんはタイツまで」クスクス

まどか「うう…いちいち言わないでくださいよぉ…」///

ほむら「…」///

マミ「癖になっちゃいそう?」クスクス

まどか「マミさんっ!」

ポフッ

マミ「ほら鹿目さん、暁美さんがベッドでお待ちかねよ」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:14:33.68 ID:SZotJyALP
まどか「ほむらちゃんまたせてごめんね、それでね貝合わせっていうのはここからが本番なの」

ほむら「う…うん…」

まどか「ほむらちゃん足…広げて」

ほむら「こ…これで…いい?」

まどか「うん、ほむらちゃんの綺麗…ちょっと触るね」

マミ「 (胸に負けず劣らず、下の方も幼い感じね…)」

ほむら「んんっ!」クパァ

まどか「この、ほむらちゃんの中のヒダヒダとね、わたしのヒダヒダがこすれ合うんだよ…」クパァ

ほむら「まどかのピンクのヒダヒダ」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:27:11.87 ID:SZotJyALP
まどか「ほむらちゃん、ちょっとだけお尻あげて…」

ほむら「これで…いいですか?」

まどか「うん、大丈夫だよ」スルッ

ほむら「ふぁっ…(お尻に鹿目さんのすべすべした太ももが…)」

まどか「はふっ…(ほむらちゃんの肌、スベスベで気持ちいい)」

まどか「じゃあほむらちゃん、するね…」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:33:40.60 ID:SZotJyALP
クチャアッ

ほむら「ひゃん!!」

まどか「ふぁっ!」

ほむら「ひゃ…こ…ひもち…よすぎ…」

まどか「わたしも…すご…(まだ押し付けただけなのにっ!)」

ほむら「か…鹿目さん!!」

まどか「ほむらちゃん、動かす…ねっ!」ニチャクチャ

ほむら「あ…んんっ!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:50:05.37 ID:SZotJyALP
ほむら「ひゃ…ま…た…」

マミ「暁美さん、いい匂い嗅がせてあげる」

ほむら「ん…あん…(ふぁ、この匂い…な…に…?)」

マミ「鹿目さんのエッチな匂いよ」

ほむら「んんっ!!(鹿目さんのパンツ…染みのついたところから甘い匂い…)」

まどか「やっ…マミさん!」///

マミ「鹿目さん…恥ずかしい?でも、暁美さんはすごく気にいったみたいよ」ニコ

ほむら「鹿目さん…に全身んんっ!」ビクッ

マミ「ほぉら、暁美さん鹿目さんの臭い嗅ぎながらいっちゃった、鹿目さんも恥ずかしがってるのに腰激しく動いたままよね?」クスッ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:59:48.21 ID:SZotJyALP
まどか「んっ!(ほむらちゃんの腰がビクビク…)ごめんねでも止まらないのっ!」

ニチャッ クチャッ

ほむら「ひゃ…んんっ……かなめさぁん!」スーハースーハー

まどか「ほむら…ちゃん…わたし…も…んっ!」ビクビクッ

ほむら「!」クテッ

マミ「あら、暁美さん失神しちゃった、鹿目さんもヨダレたらしちゃって」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:13:32.05 ID:SZotJyALP
マミ「さってと…」

ペチペチ

ほむら「ん…鹿目さん…とっ巴先輩!!」

マミ「ふふ、気持ちよかったみたいね」

ほむら「あ…」コクリ

マミ「鹿目さんも、あんなにとろんとしてすごく気持ちよかったみたいよ…」

ほむら「よ…よかったぁ…」

マミ「ねぇ、鹿目さんのヨダレ…美味しそうじゃない?」

ほむら「え?あ…(鹿目さんの口の端から…とろーっとして…)」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:30:26.54 ID:SZotJyALP
マミ「暁美さん…舐めてもいいのよ。鹿目さんもきっと喜ぶわよ」

ほむら「あ……」ペロッ

まどか「ん…あ…(ほむらちゃんがわたしの唇を舐めて)」ペロッ

マミ「ふふ、仔猫どうしがペロペロしてるみたいね」

ほむら「鹿目さん…美味しい…」レロッ

まどか「ほむらちゃん…」ペロペロ




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:38:20.50 ID:SZotJyALP
マミ「うふ、二人の大事なところが丸見えよ、二人とも綺麗ね」クチュクチュ

まどか「ひゃっ!マミさん!」

ほむら「巴先輩っ!」

マミ「二人とも、もう一つ気持ちいい場所…ちゃんと使ってないのにあんなに気持ちよくなっちゃって」

ほむら「ふぇ?」

まどか「んぁっ!」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:04:03.43 ID:SZotJyALP
マミ「二人とも、そのままキスしたりおっぱいこすり合わせてなさい、いまからわたしがそこでいかせてあげるから」

ほむら「ひゃ…ひゃい…」

まどか「んんっ」チュ

マミ「ふふ、二人ともいい仔ね、じゃあ触ってあげる」ニチュ

ほむら「んあっ!」

まどか「ふぅっ!」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:19:34.32 ID:SZotJyALP
マミ「ふふ、すぐに固くなっちゃった、クリトリス」クチャッ

ほむら「ふぁっや…鹿目さぁん…」

まどか「ほ…ほむらちゃん好き…んっ」チュ

マミ「ふぅ…まるで二人を気持ちよくするためだけの機械ね…まぁいいけど」クリクリッ

ほむら「んんっ!(や…無理やり…持ち上げられて…)」

まどか「ひゃ…感じてる…ほむらちゃん、かわいい」ペロッ

マミ「二人ともかわいいわよ」グリグリッ




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:33:44.74 ID:SZotJyALP
ほむら「だっ…めっ!(鹿目さんに、ひゃ…やっ!)」ブルッ

まどか「ほむら…ちゃん…」ギュッ

マミ「暁美さんは感じやすいのね、でもまだよ、鹿目さんそのままちゃんと抱きしめてあげてね」

まどか「ひゃっ、やっ、摘ままないで!!」

ほむら「ん…や…(や…ヨダレが…まどかの顔に…)ごめ…ごめんなさいぃぃ!」

マミ「ここも固くしてからこすり合わせるともっと凄いのよ、二人とも覚えておきなさい」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:46:35.40 ID:SZotJyALP
キュッ

まどか「!!ほむら…ちゃん!!」ギューーーッ

ほむら「鹿目ひゃ…ごめ…にゃ…」

キュキュッ

ほむら「しゃい………」クテッ チョロチョロ

まどか「ほむら…ちゃぁ……」クタッ チョロチョロ

マミ「ああっ!ちょちょっと!二人ともだめえ!!ベッドがぁぁ……もう遅いわね…グスン」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:50:37.96 ID:4TsNWpmq0
勿体ない、貴重な高級茶が…




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:07:51.53 ID:SZotJyALP
マミ「まぁ…いっか…鹿目さんこの間よりずっと可愛かったし…暁美さんも可愛いし」

マミ「取り合えず…暁美さんの手…借りちゃおうかな」

シュル

マミ「わたしも人のこと言えないわね、二人を可愛がってただけなのにこんなに濡れてる…」

マミ「暁美さんの指…綺麗」クチュ




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:16:10.89 ID:SZotJyALP
マミ「指二本…入っちゃいそう…んっ…!」クチュッ ツプッ

ほむら「ん………(指が……って巴先輩わたしの指で!)」ピクン

マミ「んんっ…ごめんね暁美さん…このまま指だけ貸して頂戴」

まどか「……マミ…さん…指だけでいいんですか?」チラッ

ほむら「」コクン

マミ「鹿目さん…してくれる??」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:28:07.50 ID:SZotJyALP
まどか「じゃあ、ほむらちゃんはマミさんの後ろからおっぱい担当ね!マミさんのおっぱいは触り心地がいいんだよ。」

フニュッ

ほむら「あ…すごくやらかい…巴先輩うらやましい…」フニュッ プニッ

マミ「んっ」

まどか「おっぱいに夢中になって乳首いじるの忘れちゃダメだよ、ちゃんと両方コリコリしてあげてね」

キュッ

マミ「んんっ!」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:37:07.77 ID:SZotJyALP
まどか「ん…わたしのおっぱいもくっつけて、ほむらちゃんに一緒に気持ちよくしてもらいますね」

フニュフニュ クリッ

マミ「あっ!」ピクン

まどか「んっ、ほむらちゃん気持ちいい…マミさんもとろとろですね」

マミ「あなたたちが…可愛いからよ…」

クリクリッ

ほむら「あ…巴先輩の乳首…固くなって」

マミ「んんっ、暁美さんもっと強くうっ!」

まどか「マミさんは…指いれていいんですよね?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:51:04.65 ID:SZotJyALP
マミ「ん…二本までにしてね…」

チャブニュルッ

マミ「んんっ!ふあっ!」

まどか「マミさんの中…吸い込むみたいに入って…指あったかいです」

ほむら「あ…鹿目さん…私も巴先輩に…」

まどか「いいよ、じゃあ一本ずつね!」

マミ「ん…それじゃ二本で……っ!」ニュルン

ほむら「ごっ、ごめんなさい!もう入れちゃいました!」クニッ

まどか「二本だから約束守ってますよ」クチャッ クチュッ

マミ「んんっ! ふぁ……これいあかも…」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:07:29.21 ID:SZotJyALP
まどか「マミさん…んっ乳首が、こすれて」

マミ「んんっ!」

ほむら「マミさんの中の指、すごく気持ちいいです…くにくに気持ちいい物に包まれてるみたい」

マミ「あ…わらひも…気持ち…いいっ…」

まどか「マミさんも顔とろーんとしてますよ…ほむらちゃんにも見せてあげてください」

マミ「んんっ…暁美さん…みえ…る?」

ほむら「巴先輩…綺麗…」ペロッ

マミ「んんっ!」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:32:38.47 ID:SZotJyALP
まどか「マミさん…そろそろこっちも」グリグリ

マミ「ひゃっ…んんっ!もっと…強く…う…」

ほむら「きゃっ…巴先輩の膣がビクビクッで!」

まどか「固くなってきましたね、マミさんもう少しですよ」

マミ「んっあっ鹿目さん、暁美さん…もっ…とぉ」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:48:16.25 ID:SZotJyALP
まどか「ウェヒヒ 固くなりましたねー、じゃあ」ニュポン

マミ「やっ…んんっ…抜いちゃやだぁ…」

まどか「剥く間だけですよ…」クチャッ ヌチャッ

マミ「ひん!!」

まどか「ほら、親指が直に触れましたよ…じゃあまた入れてあげますね」ヌプッ

マミ「んっ!!」

ほむら「巴先輩…気持ちよくなってください」ペロッ




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:04:32.40 ID:SZotJyALP
まどか「ほむらちゃん、マミさんの乳首を強くつまんであげて」

ツネッ

マミ「ふぁっっ!!」ビクッ

グリグリッ ヌチュッ

マミ「んああっっっっ!…はぁ…っ…」 プシッ プシッ ビクビクビクッ

ほむら「きゃっ!!巴先輩…お漏らしっ!?」

まどか「みたいなものかなー、マミさんすごく気持ち良くなると、これしちゃうんだよね」ペロッ

まどか「んっ…美味しっ…」

マミ「あ…すご…かった…」ハアッ

ほむら「鹿目さん…美味しいの…?」

まどか「マミさんのだからかな?ほむらちゃんのもきっと美味しいよ!さっきのほむらちゃんのヨダレもとっても美味しかったもん!」

ほむら「 (そ…そうなのかな?)」ペロッ

まどか「どう?」

ほむら「ん…美味しい…です…」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:11:30.36 ID:SZotJyALP
まどか「だって、マミさんよかったね!」

マミ「鹿目さんの…ばか…」

ほむら「」ギューッ

まどか「はむらちゃん、一緒に抱きしめようとしてくれるのは嬉しいけど…」

マミ「?」

まどか「マミさんの胸挟むとちょっと難しいよ!」

マミ「もっ、もう!」プンスカ

ほむら「」クスクス




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:16:32.48 ID:SZotJyALP
マミ「それにしても…全身汗とかでベタベタね。」

ほむら「あ…この臭い……」

マミ「あら、記憶が二人ともないのかしら、それはもう二人で見事にお漏らししちゃったのに?」

ほむら「そ…そ…そ…ええっ!」

まどか「うっうそっ!」

マミ「明日はマットレス交換ね、二人とも手伝ってね」




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:26:57.24 ID:SZotJyALP
ほむら「ごごご、ああっ!巴先輩ごめんなひゃいっ!!」

まどか「マミさんの潮吹きなんてまだまだだったんだ…」

マミ「あ…あの…二人ともそんなに気にしなくていいわよ!そっそうそうどうせ明日交換するならもっと激しいことしちゃおうか?なーん………鹿目さん…」

まどか「そうだよ、こうなったらマミさんもお漏らしするまで気持ち良くするよっ!ほむらちゃん!」

マミ「ちょっ…だめーっ!それはだめーっ!」

まどか「ほむらちゃん、マミさんをおさえてっ!」

マミ「自分がお漏らしはいやーーーっ!」

==終わり==




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:27:33.84 ID:u2h8Tdnc0
乙乙乙









くちびるに透けたオレンジ (IDコミックス 百合姫コミックス)
くちびるに透けたオレンジ (IDコミックス 百合姫コミックス)ロクロイチ

一迅社 2010-07-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
少女セクト (メガストアコミックス) 少女セクト(2) (メガストアコミックス) 純水アドレッセンス (IDコミックス 百合姫コミックス) 瑠璃色の夢 (IDコミックス 百合姫コミックス) Sweet Little Devil (IDコミックス 百合姫コミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 02:16: :edit
    まどかとほむらの貝の間におにんにんはさみたいよぅ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 02:49: :edit
    なんだこのSSぷん太は変態か




    ありがとうございます。
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 03:02: :edit
    ふぅ・・・やはり百合はいいものだな
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 03:58: :edit
    なんだ、古式ゆかしい貝合わせに誘われたホムが
    エロい意味の貝合わせと勘違いしてオロオロするSSかと思ったら直球かよ
    風情がないな
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 05:32: :edit
    羨ましい…まどかやメガほむみたいにマミさんの胸をマミマミしたいし胸におにんにん挿みたいよぅ
  6. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/11/18(金) 05:39: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│  棒  │\         がしゃーん
    <  \_棒_/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    自動でクリーニングしてくれるすごいやつだからそのマットレスこっちに持ってきてよ!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 06:28: :edit
    007getだぜ!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 07:21: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 08:12: :edit
    オチがあると思ってたらガチだった
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 08:36: :edit
    ギガほむ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 08:53: :edit
    まどか…桜貝
    ほむら…黒貝
    マミ…巻貝
    杏子…赤貝
    さやか…馬鹿貝
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 10:22: :edit
    これは変態ではない
    モロだ
    食べられないよ
  13. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/11/18(金) 11:24: :edit
    スレタイからまどカス余裕でした
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 13:47: :edit
    まどまんがアワビになるSS思い出した
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 14:02: :edit
    ロボってどこで見ても上手いよなぁ…としみじみ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 14:48: :edit
    ふぅ…
    けしからん…
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 15:53: :edit
    うっ


    実に怪しからん
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 18:42: :edit
    ふぅ・・・
    ありがとうございます
    ありがとうございます
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/18(金) 22:51: :edit
    ほむほむ
  20. 名前: 名無しさん #-: 2011/11/19(土) 20:56: :edit
    ふぅ・・・百合って最高だな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/20(日) 00:23: :edit
    蛤の殻使ってやる雅びな遊びって落ちかと思ったら普通にエロかよ
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/23(水) 15:44: :edit
    まーたスレタイ詐欺か…と思いながら開いたらストレートなガチだった

    逆に珍しいパターンだなけしからん
  23. 名前: あ #-: 2012/01/22(日) 11:11: :edit
    またスレタイがっ・・・ぐっ・・・!!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。