QB「巴マミに重大なエラーが生じた」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/29(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:43:36.59 ID:SarKMWEN0
QB「困った、この状況は想定していなかった。
解析がすんでいない今はまだうかつに動けない。
なにより、誰かに見られたくない。
動けないマミのためにグリーフシードをストックしておかなければ。
魔女退治も誰かに……」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:44:17.57 ID:SarKMWEN0
マミホーム


ピンポーン


ほむら「で、なんのようかしら」

QB「玄関先で申し訳ないが、マミが風邪をひいてね。
彼女のためにグリーフシードをいくつか頂きたいんだ。
あと見滝原の魔女退治を頼みたい」

ほむら「グリーフシードはかまわない。
けれど、風邪ならば一人で大丈夫なの?」

QB「僕がいるから大丈夫だ」

マミ<オキャクサンキテルノー?

QB「マミ、君は寝ているんだ!
大丈夫、僕がなんとかする!」

ほむら「……」

QB「早くグリーフシードを置いて引き取ってくれないか」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:45:10.55 ID:SarKMWEN0
マミ<QBチャーン、マミオネツナイカラモウオキルノー

ほむら「QBちゃん?」

QB「……」

ほむら「あがるわね?」

QB「ど、どうぞ……」


リビング


マミ「あー、ほむらちゃんだー」

ほむら「お邪魔するわ、マミ」

QB「大丈夫だよ、マミ。
ほむらはすぐに帰るから」

マミ「えー、帰っちゃうのー?
遊んでいってよー。
マミ寂しい~」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:47:59.31 ID:lmlIif8s0
再起動しかないな…




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:48:59.45 ID:SarKMWEN0
ほむら≪どういうこと?≫

QB≪今朝起きたらこうなっていたんだ。
他の魔法少女にもいくらかエラーが出ているらしい。
いつ治るのか、治らないのかも不明だ≫

ほむら≪……≫

QB≪嘘は、嘘はついていないぞ!≫

ほむら≪けれど、秘密にする理由はないわ≫

QB≪ドッキーン!≫

ほむら≪QB、あなた≫

QB≪そそそそそ、そうさ!
萌えたさ! 萌え萌えだよ!
独占したかったんだよ!
くそお!≫

ほむら≪あなたの性的嗜好に興味はないわ。
しかし、放っておくわけにもいかない。
協力させてもらうわ≫

マミ「ねえねえ、三人でできる遊びしよ!」

ほむら「ええ、かまわないわ」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:49:59.50 ID:SarKMWEN0
QB「いいよ。
『汝は人狼なりや』がいいかい?
『パンデミック』?
『グローカルヘキサイト』か、
『ブロックス』。
僕は『リコチェットロボ』がいいな」

ほむら「……トランプにしましょう。
QBあなたは一人で『クトゥルフの呼び声』でもやってなさい」

マミ「えー、マミおままごとがいい」

ほむら≪我々に拒否権は≫

QB≪ない≫




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:51:12.39 ID:SarKMWEN0
>>4再起動ボタンの場所教えて


マミ「マミお母さんやるね。
QBちゃんはお父さん、
ほむらちゃんは子供ね」

QB「まかせて!
こう見えても銀河系おままごと選手権でベスト3さ!」

ほむら「かまわないわ」

マミ「QBちゃん、ネクタイとお髭つけてね。
じゃあ、はじめるね。
QBパパ朝ですよー。
もう、おねぼうさんはだめよ」

QB「(ムッハー)お、おはようマミ。
今日も綺麗だね」

マミ「やだ、パパったら。
朝から、ママ恥ずかしい///」

ほむら≪ムッハー≫

QB≪心が漏れてるよ≫




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:53:20.64 ID:SarKMWEN0
マミ「ほむらちゃんも、学校遅刻しちゃうわよ」

ほむら「え、ええマミ」

マミ「もう、違うでしょ?」

ほむら「おはよう……。マ、ママ///」

マミ「うふふ、いい子。
ほむらちゃん、学校は楽しい?」

ほむら「え、ええ……うん」

マミ「お友達できた?」

ほむら「うん。まどかって子」

マミ「よかった。
あら、もうこんな時間。
パパ出発しなきゃ。会社遅刻しちゃう」

QB「ああ、マミいってくるよ」

マミ「あら、あなた忘れものよ」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:55:09.70 ID:SarKMWEN0
QB「お弁当だね。ごめんごめん」

マミ「違うでしょ。もう。ンー」

QB(これはあれか!
いってらっしゃいのチューかあ!
ほ、ほむらがすごい目で睨んでる!)

マミ「ンー///」

QB≪許可を求む。
代償は人類から手を引く≫

ほむら≪了解した≫

QB「チュッ///」

マミ「うふふ!
あなた、いってらっしゃい!」

QB「いってくるよ。
ほむらも気をつけて。
(ふぉおおおお!
危うく感情が芽生えるところだったああああ!)」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:57:18.73 ID:ht6vTM0eO
えっ




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:58:06.99 ID:SarKMWEN0
ほむら「ママ、私もいくわ」

マミ「あ、待って」

チュッ

マミ「ほむらちゃんはおでこにね。
いってらっしゃーい」

ほむら「あ、ありがとう。
いってきます」


隣の部屋


QB≪ラッセーイ! ラッセーイ!≫

ほむら≪マミ、恐ろしい子。
決して邪な気持ちがわかないのがすごいわ≫

QB≪そうなんだよ!
この庇護欲というのか、
こんなに愛しく思えるのか!≫

マミ「二人とも早く戻ってきてー」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 21:59:41.16 ID:AdU9kmC30
解析班、他の魔法少女たちのエラー状況の報告を可及的速やかに




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:07:20.30 ID:SarKMWEN0
>>14
解析班より第一報
誤報も含まれる可能性あり
注意されたし

さやか「ぼく、ピーマンきらいー」

杏子「迷子になっちゃった……
うぇーん、ひっくひっく……」

まどか「ままー、まろかおなかすいたー」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:00:32.17 ID:SarKMWEN0
二時間後


ほむら「マミ。もう遅いから寝ましょう」

マミ「ぶー」

QB「そうだよ、マミ。
まずお風呂入らなきゃ」

ほむら「……」

QB「ぼぼぼぼぼ僕は入らないよ!
ほむら、君がいれるんだ(チクショウ)」

ほむら「……はぁ。
わかったわ」

マミ「わーい、ほむらちゃんとお風呂ー」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:02:45.55 ID:SarKMWEN0
バスルーム


マミ「マミね、お風呂好きなの。
あわあわするでしょ?
ふしぎなの。それでねそれでね」

ほむら「ほら、腕あげて」

マミ「あ、うん」

ほむら「(しかし、大きい胸……。
くっ、なにか悔しくなってきたわ)」

ギュウ

マミ「いたぁい!
ほむらちゃんやめて、
おむねがいたいよぉ」

ほむら「ご、ごめんなさい。
しっかり洗おうとしてつい、力が」

マミ「ううん、いいの。
ほむらちゃんマミの為にしてくれてるんだもんね。
ありがとうね、ほむらちゃん」

ほむら「(ドッキーン)」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:05:25.56 ID:bbe5jD5qO
ほむら「ちょっとぉ!? 萌えるでしょ!」

このスレ思い出した




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:11:23.36 ID:SarKMWEN0
>>20
いつ言おうかと思ったけど、
それでインスパイアされて、
パロディを、
模倣して、
オマージュの、
コピーで、
パクった

というかあのマミさんが可愛すぎて
自分を抑えられなかった




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:13:31.78 ID:SarKMWEN0
脱衣所


QB「くっ、くぅ、ほむらめ。
僕だって
『QBちゃんのしっぽきもちいいね』
とか言われたいわー!」


リビング

マミ「ねえ、マミのパジャマ可愛い?(クルクル)」

ほむらQB『最高よ/だ』

マミ「えへへ///」

ほむら(無言で親指を立てる)

QB(強く頷く)

マミ「今日は三人で寝ようね!
マミいつも一人で寝てて寂しかったの。
QBいないときも多かったから……」

QB「だ、大丈夫だよ!
もう離れないよ! ずっと傍にいるよ!」

ほむら「私もよ」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:14:15.29 ID:SarKMWEN0

QB≪君にはまどかがいるだろう≫

ほむら≪このマミは私とまどかの子にするわ≫

QB≪じゃあ、僕は弟にしてくれよ!≫

ほむら≪検討するわ≫




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:16:35.45 ID:SarKMWEN0


マミ「マミマミ……ムニャムニャ……」

QB≪ほむら、おきてほむら≫

ほむら≪なに、QB。まだ早いわ≫

QB≪気づかないかい? マミが……≫

ほむら≪布団が湿って……!
まさか、この子、マミっているの?≫

QB≪そうだ、マミらししてしまっている≫

ほむら≪しかし、他のスレならあなた、
余裕で飲んだり、舐めたり、嗅いだりしてるでしょう?≫

QB≪だから、おかしいんだよ!
このマミと一緒にいると邪気が祓われてしまうんだよ!
最初なんか消し飛びそうになったさ!≫

ほむら(邪神の眷属かしら……)




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:19:37.17 ID:SarKMWEN0
QB≪彼女が目を覚ます前に僕がお風呂の用意をする。
君は着替えの準備とフォローを頼む≫

ほむら≪わかったわ≫

マミ「むにゃ、あれ、ほむらちゃ……。
あっ……///」

ほむら「おはよう、マミ。
どうかした?」

マミ「あのね、ほむらちゃん。
怒らないって約束してくれる?」

ほむら「ええ、するわ」

マミ「誰にも言わないって約束する?」

ほむら「するわ」

マミ「あのね……マミ……。
お漏らしシチャッタミ……タイナノ……。
エッ……ヒック……」

ほむら「泣かないでマミ。
そういうこともあるわ。
気にしないで。
お風呂入りましょう」

マミ「ウン……」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:25:02.12 ID:SarKMWEN0
ほむら「いい子ね。
では、目を閉じなさい」

マミ「うん」

カチッ

ほむら「時を止めたわ。
確かここに。
こんなバスセットなんて持っているのね。
あとは……マミの為に遊んであげるのも悪くないわね。
……準備は揃った」

カチッ

ほむら「いいわ。目を開けて」

マミ「……!
わ、あわあわのおふろ」

ほむら「この水着に着替えて、
QBと遊びましょう」

マミ「うん!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:35:15.01 ID:SarKMWEN0
マミ「ねえ、ねえ、ほむらちゃん、QBちゃん」

ほむら「なに?」

QB「なんだいマミ!」

マミ「えへへ、プレゼントなの!」

ほむら「うんとね、いつも優しくしてくれるから、
マミ内緒で作ってたの。
折り紙の冠!」

ほむら「あ、ありがとう。
大事にするわ」

QB「宝にするよマミ!」

マミ「うんとね、二人とも大好きだから、
大事にしてた金と銀の折り紙もつかったんだよ!
ほむらちゃんは女の子だから特別に金色。
QBちゃんは男の子だから銀色で我慢してね」

QB「構うもんか!
マミがくれたものはどれも最高だよ!」

ほむら「嬉しいわ。
だから最近おままごとしなかったのね」

マミ「うんっ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:38:11.26 ID:iEvU38gp0
あれ…ほむときゅべの仲がいい…?




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:42:56.55 ID:SarKMWEN0
QB「マミ、君は本当に
いい子だね」

マミ「テレッテレッ///
えへへ、おままごとも我慢したの」

QB「君の為なら宇宙を犠牲にしてもいいよマミ!」

マミ「? マミよくわからないけど、
QBちゃんが嬉しいならマミも嬉しいな」

QB「マミ大好きだ!」

マミ「うん、マミもQBちゃん大好きだよ!」

QB「(感情芽生えるっちゅーねん!)」

ほむら「ウズウズ」

QB「ほら、ほむらも言ってごらんよ」

ほむら「マ、マミ。
私も……マミが好きよ」

マミ「うんっ、ほむらちゃんも、
マミだいーすき!」

ほむら「あ、ありがとう」

ほむQ≪いい!≫




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:55:52.07 ID:SarKMWEN0
またある日

マミホーム

ほむら「ぐっ、珍しく苦戦したわ」

QB「ほむら、大丈夫かい」

マミ「あれ、ほむらちゃんおかえり……。
どうしたの?
お腹痛いの?
お怪我したの?」

QB「ほむらはちょっと疲れてるんだ。
大丈夫だよ、マミは奥にいたほうがいい」

ほむら「そうよ、気にしないで」

マミ「やだ……マミここにいる。
ほむらちゃん……苦しいのいや……」

ほむら「すぐよくなるわ。
だから、泣かないで」

マミ「本当?
本当によくなる?
痛いのやだよ、ほむらちゃん痛いと、
マミもすごく辛いの」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:57:19.24 ID:SarKMWEN0
QB「……ほむらっ!」

ほむら「……」バタッ

マミ「ほむらちゃん、ほむらちゃん!
だめ!
マミ、ほむらちゃんが苦しいのいや。
ほむらちゃーん!」

ピカー




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 22:58:00.30 ID:SarKMWEN0
QB「これは!」

ほむら「? どうして……私」

QB「わからない。
でも、契約のときと同じエントロピーの凌駕を感じた。
恐らく例のソウルジェムの浄化作用と関係があると思う。
彼女の可愛さからすれば、当然だけど」

マミ「あれ、ほむらちゃん?
大丈夫なの?」

ほむら「ええ、あなたのおかげよ」ギュッ

マミ「よかった///」

ほむら≪解析は進んでる?≫

QB≪あ、ごめん。
全然報告受け取ってなかった。
こんなエラーなら取り除かなくてもいいかなって≫

ほむら≪それもそうね≫




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:08:15.45 ID:SarKMWEN0
またある日

ほむら「ケーキを買ってきたわ」

マミ「マミね、マミね、
いちごのがいいっ」

ほむら「フレーズ……
いちごのショートケーキね」

QB「紅茶を入れたよ。
僕はモンブランをいただこう」

ほむら「私はガトーショコラね」

マミ「いちごっいちごっ」

QB「いただきまーす」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:10:50.21 ID:SarKMWEN0
QB「ああ、マミ。
僕のモンブランに乗ってる栗をあげるよ。
甘くておいしいよ?」

マミ「でも、でも、
QBちゃんの一番おいしいのなくなっちゃう……。
マミだったら減るのやだもん。
だからいらないの」

QB「君が嬉しいのが僕の一番の喜びだよ。
だから、食べて欲しいんだ」

マミ「じゃ、じゃあ、半分こね」

QB「そうしようか」

マミ「えへへ、
QBちゃんとはんぶんこー♪」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:13:07.89 ID:SarKMWEN0
ほむら「マミ、ほっぺたにクリームついてるわ。
今拭いて上げる」

マミ「う、うにー。
綺麗になった?」

ほむら「ええ」

マミ「ありがとうほむらちゃん!
お礼に苺半分あげるね!
マミもQBちゃんと一緒。
ほむらちゃん嬉しいとマミも嬉しいの」

ほむら「そんなの悪いわ……」

マミ「ほむらちゃんマミの苺いらない?」ジワッ


ほむら「いえ、いただくわ
私も苺が食べられて本当に嬉しい。
ありがとうね、マミ」

マミ「えへへ。
みんないっしょなの!」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:25:29.65 ID:SarKMWEN0
またまたある日

QB「マミ、今日は何が食べたい?」

マミ「うーんとね、なぽりたん!」

QB「なんとか僕でも作れそうだ。
昨日一昨日とほむらにまかせっぱなしだったからね。
今日は僕が作るよ。
この間のハンバーグもよくできてただろう」

ほむら「意外に器用で驚いたわ。
では、お願いするわ。
今回はあなたにアレを譲るわね」

QB「感謝するよ」

ほむら「でも、レトルトは却下よ。
マミの栄養バランスが崩れるのはよくない」

QB「まかせてよ。
君に作ってもらってる間ずっと料理の本で研究したから」

ほむら「期待しているわ」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:29:27.19 ID:SarKMWEN0
調理中……

QB「できたよ!」

マミ「わー……」

QB「どうしたんだい!
君が食べたいって言ったナポリタンだよ!」

マミ「マミ……。
たまねぎ、ピーマン嫌い。
人参も嫌い……。うー」

ほむら「だめよ、野菜食べなきゃ大人になれないわ」

QB「そそそそ、そうだよ!
ほむらの言うとおりだ」

ほむら≪QB、マミが気にするから
野菜の見た目は気をつけなさいと言ったでしょう≫

QB≪しまったぁああ!
五つ星シェフの見た目再現に力を入れすぎた!
ででででも、ピーマンも人参も糖度高くて苦くないし、
たまねぎは一度水に晒して辛くないようにしたよ!
チーズだって、子供向けのを吟味してきたんだ≫

ほむら≪味は、いいのね≫

QB≪種族を賭けて誓う≫




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:30:12.24 ID:SarKMWEN0
ほむら「ほら、あーんして」

マミ「むぐー」

ほむら「わがまま言ったらだめよ。
せっかく作ってくれたQBが泣いちゃうわよ」

QB「しくしく……」

マミ「ごめんなさい……。
マミ食べるね! あーん!」

ほむら「はい、あーん」

マミ「んぐんぐ……。
わっ、すごくおいしいよ!
ありがとうQBちゃん!」

QB「本当かい!
ありがとう、マミ!
じゃあ、ご褒美は?」

マミ「えへへー、用意してあるよー。
マミメダルー。
はい、首にかけてあげるね。
あと、ほっぺにーちゅー」

QB「ひゃぁっほーい!」

マミ「えへへ///」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:31:07.95 ID:SarKMWEN0
ワルプルギスの夜戦



ほむら「くっ、核兵器でもダメなの?
しかし、マミをつれてくるわけには」

QB「ダメージが通らないんだ。
くそっ、僕たちはマミを守りたいだけなのに!」

ほむら「私はまどかよ」

QB「(忘れていなかったんだ)
……あ、マミ!」

マミ「あ、ほむらちゃんいーなー!
私もやるー!」

QB「ダメだマミ!
君は隠れていなきゃ!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:32:14.06 ID:SarKMWEN0
マミ「てぃろ・ふぃなーれ☆」


カッ


ほむQ
( Д )  ゚  ゚
( Д )  ゚  ゚

ほむら「ワルプルギスの夜が……
……消えた」

QB「い、今報告があった。
マミの攻撃は直系50km、距離280パーセクの空間に渡って、
時空と空間を浄化した……らしい」

ほむら「どういうこと?」

QB「もうワルプルギスの夜は現れない。
全時間軸において……だ」

ほむら「私の苦労って……」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:34:06.14 ID:AdU9kmC30
マミさん最強的に天使過ぎワロタ




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:36:46.40 ID:SarKMWEN0
後日

マミホーム
早朝

マミ「きゃぁあああああああああ!」

ほむら「なに!」

QB「どうしたのマミ!」

マミ「あああああああ、暁美……さん?」

ほむQ『!』

マミ「///」

ほむら「ひょっとして……」

QB「ワルプルギスの夜が消滅したことで、
どうやらエラーが解消されたらしい」

ほむら「その間の記憶は全部……」

マミ「し、死ぬわ!
死んでやるわぁ!
こんな生き恥さらして生きられない!」

ほむら「おちついて!
すべては不可抗力よ!」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:38:27.38 ID:SarKMWEN0
QB「そうだよマミ!
夜中に僕が一緒にトイレにいったのだって、
君が幼児退行していたのならやむないことだ!」

ほむら「そうよ!
私が歯磨きしてあげたのも、
着替えさせてあげたのも、
三人で遊園地いったのだって、
メリーゴーランド乗ったのだって、
みんないい思い出よ!
大丈夫、気にしていないわ!」

マミ「い……いやぁあああ!」



マミ「すん……すんっ。
絶対に、みんなには内緒ですからねっ!」

ほむら≪これはこれで≫

QB≪可愛いな≫



QB「巴マミに重大なエラーが生じた」 end.




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:39:27.50 ID:n2eMPlzX0
乙マミマミ




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:40:22.92 ID:SarKMWEN0
以上で終了です
御支援くださった方々、
本当にありがとうございました

マミさん、マジ天使




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:41:55.40 ID:MeejwyOPO
乙でした




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 23:42:12.46 ID:CIIy2eop0
チッ、戻りやがったか……
乙マミ






関連
ほむら「ちょっとぉ!? 萌えるでしょ!」




figma 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ
figma 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ
Max Factory 2012-01-31
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
figma 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら figma 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか figma 侵略! イカ娘 イカ娘 figma 化物語 千石撫子



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2011/10/29(土) 18:51: :edit
    萌え萌えの1ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 19:13: :edit
    残るエラーは杏子とまどかとほむらか
    まどかは魔法少女にならなくてもエラー起こしまくっているし
    ほむらは対象のエラーSSがあるわけで
    杏子ちゃんのエラーに超絶期待
  3. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/10/29(土) 19:36: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│  失  │\         がしゃーん
    <  \_禁__/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    3歳から○○歳まで夜尿症が治らなかったすごいやつだよ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 19:54: :edit
    3ゲットロボが3ゲットできてるだと……!
    マミさんかわいいよちゅっちゅっ
    てかQB冒頭から感情芽生えてるだろこれw
  5. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/29(土) 21:46: :edit
    巴マミのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: 名無し@まとめいと #-: 2011/10/29(土) 22:05: :edit
    マミさんがマミさんである以上エラーが起きようが起きまいが
    エラーの内容がどのようなものであろうが
    可愛いのは確定的に明らか乙
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 22:48: :edit
    ※2
    おい、一人忘れて……ないな。すまない。魔法少女は四人だったな。
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 22:57: :edit
    なんだこれ・・・なんだこれなんだこれ・・・!!!
    ヤバイよ可愛い過ぎるよこんちくしょう!


    マミ「てぃろ・ふぃなーれ☆」

    ぐぁあああああああ・・・・・
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 23:17: :edit
    これはエラーやない・・・
    アップグレードや!
  10. 名前: 通常のナナシ #K4hmh3UY: 2011/10/30(日) 03:24: :edit
    *7
    マジレスするとさやかは書かれている。
  11. 名前: _ #-: 2011/10/30(日) 12:55: :edit
    大天使マミエル
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/30(日) 13:15: :edit
    とても好きだわ、こーゆーの
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/31(月) 08:41: :edit
    なにこの破壊力
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/01(火) 05:47: :edit
    オマージュ元も読んだけど、この作品を産むためだけに作られた作品だな。この作品が良すぎて元が残念。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/09(水) 00:43: :edit
    >68
    ほむQの表情でワラタwww

    やはり、可愛いは正義だな!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/26(土) 18:43: :edit
    オレはオマージュ元のが断然イイ

    ま、好みの問題だ
    コレはコレでクるようんキちゃったよ

コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。