ほむら「まどか、好き嫌いはよくないわ」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/18(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:12:41.70 ID:bFSWjWoF0
まどか「ふう、ごちそうさまっ! 美味しかったね!」

杏子「ん、こうやってみんなでメシってのもいいもんだな!」

さやか「まあファミレスだからそれなりだけどね……っていうか、あんたは本当によく食うなー」

マミ「まあまあ、健康的でいいんじゃないかしら?」

ほむら「限度というものがあると思うのだけど……いえ、あなたもデザートに関しては……」


まどか「それじゃあ、そろそろお会計にする?」

ほむら「あら? まどか、まだお皿に残ってるわよ」

まどか「えっ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:16:57.41 ID:bFSWjWoF0
マミ「あら本当、ニンジンのグラッセが残ってるわね」

杏子「おいおい、忘れてたのか? 早く食っちまえよ」

まどか「……」

ほむら「……まどか?」

さやか「もー、まどかは甘えんぼさんだなー! ほーら、さやかちゃんが食べさせてやるのだー!」ヒョイ

まどか「……」フルフル

マミ「鹿目さん? もしかして……」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:20:32.89 ID:bFSWjWoF0
まどか「だ、ダメ! 駄目なんです私、ニンジンだけは……っ」

杏子「はあ? お前、そんな子供みたいなこと……そんなんじゃ大きくなれねーぞ?」

ほむら「……そうね、好き嫌いはあまりよくないわ」

まどか「でもでも駄目! 本当に食べられないんですってば!」

マミ「グラッセは特に甘く仕上げてあって美味しいと思うんだけれど……」

まどか「その甘さが駄目なんですーっ!」

さやか「今だー!」スポッ

まどか「むぐっ!?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:23:52.76 ID:bFSWjWoF0
さやか「ほーら、まどか? 口に入れちゃったものは仕方ない。観念してモグモグするのだー!」

まどか「……」ヒクッヒクッ

マミ「鹿目さん? 騙されたと思って噛んでみなさいな」

まどか「……」

まどか「……」モグッ

まどか「……」

まどか「あー……」エレー

さやか「ちょっ!? まどか、出しちゃ駄目ーっ!?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:26:20.15 ID:bFSWjWoF0
杏子「おい、何やってんだよテメエ! 食い物を粗末にするんじゃねえっ!」バンバンッ!

マミ「ちょっと、佐倉さんも落ち着きなさい! 机叩かないの!」

さやか「そんなことより、こっちが……ん?」


ほむら「まどかの口からこぼれたニンジンッ! 甘いニンジンッ!」ホムッホムッ

ほむら「ニンジンッ!」ハムッハフハフッハフッ

まどか「」エレー


さやか「……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:27:40.18 ID:l+ZiX4sVO
まどかの口からこぼれ落ちたニンジンのグラッセをお口でダイレクトキャッチしちゃうほむほむペロペロ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:30:33.92 ID:bFSWjWoF0
チーン アリガトーゴザイマシター


さやか「やれやれ、何とかなったか……」

ほむら「私の機転が利いたようね」キリッ

さやか「いや、あんたのあれの方がアウトだから」ビシッ


まどか「うう……さやかちゃんひどいよ、まだ気持ち悪い……」ゲンナリ

マミ「鹿目さん、大丈夫?」

杏子「……いや、今回はまどかが悪いぞ」

まどか「……ええ?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:34:15.04 ID:bFSWjWoF0
杏子「あんなもったいない真似しやがって……農家のおじさんやコックさんに悪いと思わねーのかよ?」

まどか「私だって吐きたくて吐いたんじゃないもん……」ムッ

さやか「あー、まあその、ごめんって。それにしても、まどかに好き嫌いがあったなんて初めて知ったなあ」

ほむら「そうね、意外だわ。いつもお弁当の彩りもよくて、バランスよく食べているのに」

まどか「パパはお料理上手だし、ニンジンなんて使わなくても栄養があって美味しいもの作ってくれるもん!」

杏子「……だからって好き嫌いしていい理由にはなんねーぞ」

まどか「……」ムスー

マミ「まあまあ、佐倉さんもその辺りにしておきなさいな」

杏子「……」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:38:18.28 ID:bFSWjWoF0
さやか「ところでまどか、ニンジンのどこがそんなに嫌いなのさ?」

まどか「そんなの……全部だよ。あんなの食べ物じゃないもん」ムスッ

杏子「テメエ、まだそんなこと」

マミ「はいはい、落ち着いて。鹿目さんも、いくら嫌いでもそういう言い方はよくないわ」

まどか「……はぁい」


ほむら「さっきも言っていたけど、甘いから駄目なのかしら?」

まどか「それもあるし、匂いも嫌。あの煮た時の変な柔らかさとか、後味も……ううう」ゲンナリ

ほむら「……ごめんなさい、もう思い出さないでいいわ」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:42:37.00 ID:bFSWjWoF0
マミ「ほら、鹿目さんもせっかく美味しいご飯の後なのに、いつまでもそんな顔しないの」

まどか「だって……」ムー

マミ「仕方ないわねえ……みんな、口直しに寄り道しない? 近くに美味しいケーキ屋さんがあるのよ」

さやか「マミさんのオススメですか!? 行きます行きますっ!」

まどか「……うん、行きたいです!」

ほむら「あなた、あれだけデザートを食べてまだケーキを……?」

マミ「専門店は別腹よ」キリッ

ほむら「そこ、決めるところじゃないわ」

マミ「だからほら、あなたも機嫌直しなさいな?」

杏子「あ、あたしは別に……ちぇっ仕方ねーな、付き合ってやるよ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:48:19.48 ID:bFSWjWoF0
――後日・マミホーム


ほむら「さて。みんなに集まってもらったのは他でもないわ」

マミ「私の家なんだけど……」

さやか「まあまあ、マミさんの家って居心地いいですから」

杏子「ほむらが召集かけるなんて珍しいよな。しかもまどかの奴抜きなんてさ」

ほむら「……そう。議題はそのまどかの好き嫌いについてよ」

杏子「ほう?」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:53:09.33 ID:bFSWjWoF0
ほむら「率直に言えば、このままではいけないと思うわ。早急に改善する必要がある」

さやか「へー……なんか意外。転校生ってまどかにだけは甘いのに」

ほむら「相変わらずあなたは実に愚かね、美樹さやか。まどかのためを思えばこそよ」

さやか「……あたしには意味もなく特別厳しいよね」

ほむら「まどかのお父様は確かに料理上手……栄養、味ともにニンジンを他の食材でカバーすることは可能でしょう」

さやか「ナチュラルに無視すんなよー、濁るぞ? さやかちゃんのソウルジェムが濁っちゃうぞー?」

ほむら「けれど、今日のように外で出た場合は? 我慢して食べることもできないようでは、いずれまどか自身が恥をかくわ。そんな事態は避けたい」

さやか「おーい……」

マミ「はいはい、美樹さんは一度引きなさい。ね?」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 19:57:03.26 ID:bFSWjWoF0

杏子「ま、動機はともかくあたしは賛成だね。食い物があんな扱いされるのは黙ってらんないし」

さやか「でもさ、だからってどうすんの?」

ほむら「もちろん、まどかにニンジンを美味しく食べてもらうのよ」

さやか「だからどうやってさ?」

ほむら「愚鈍なうえに物わかりも悪いわね、美樹さやか。工夫して料理するのよ」

さやか「あんたが?」

ほむら「私たちが、よ」

マミ「……え? 私たちも?」

QB「なるほど、好き嫌い克服料理勝負ということだね?」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:01:19.65 ID:v0XE+qp40
QB急に出てきてまとめてるぞ




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:02:36.11 ID:bFSWjWoF0
ほむら「出たわね淫獣」グリグリ

QB「ここはマミの家だよ? 一緒に住んでいる僕がいても何もおかしくはないじゃないか」

マミ「暁美さん、やめてあげて。キュゥべえにはお茶菓子を運んでもらってるのよ」

QB「まったく、人間の世界ではお客さんをもてなしたら銃口で額をグリグリするのが礼儀なのかい? わけがわからないよ」

ほむら「引き金を引かれなかっただけありがたいと思いなさい」スッ

QB「それはどうも。それより、決行はいつなんだい? 今日かい? 明日かい?」

杏子「なんかいつになく乗り気だな、お前」

QB「人間の『好き嫌い』というのは感情を研究するうえで非常に興味深い材料だからね」

マミ「本音は?」

QB「人間の『料理』という文化は素晴らしいよね!」キュップジュルリ




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:07:17.74 ID:bFSWjWoF0
さやか「まあキュゥべえのことはいいけど……料理勝負ってどういうこと? 協力すればいいじゃない」

QB「おや、さやかは自信がないのかい?」

さやか「なぬ?」ピクッ

QB「料理上手というのは女性にとって重要なステータスなんだろう? これだけ集まって料理するんだ、勝負するしかないじゃないか」

QB「それともさやかは魔法少女の実力と同じで、料理の腕も貧弱で脆弱で最弱なのかい?」

さやか「うん、よし。背開きか三枚下ろしか、特別に選ばせてあげちゃおう」チャキッ

QB「調子ぶっこきすぎました、すみません」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:11:44.44 ID:bFSWjWoF0
<キュップ ウボァー


ほむら「淫獣の言うことはくだらないわね、そんな無駄なことをする必要はないわ」

杏子「あん? どういう意味だよ?」

ほむら「結果が見えていると言っているのよ。まどかのことを一番思っているのは私。なら私が勝つに決まっているもの」

杏子「へえ? 凄い自信じゃねーかよ……ほむらが料理してるとこなんて見たことねーけどなあ?」

ほむら「……何が言いたいの?」

杏子「案外自信だけでたいしたことねーんじゃねーの? あたしに任せといた方が無難じゃねーかなあ?」

ほむら「あら、冗談が上手いのね。あなたは食べる方専門でしょう?」

杏子「おいおい、あたしが何年一人で生きてきたと思ってんだ? 食い物を無駄にしないようにと思えば、行き着く先は料理じゃねーか」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:14:28.14 ID:bFSWjWoF0
マミ「ちょっと、話の雲行きが怪しくなってるわよ? 二人とも落ち着きなさい」

ほむら「巴マミ、あなたの出る幕はないわ」

杏子「そうそう、デザート専門は引っ込んでな」

マミ「……今、何て言ったかしら」ピクッ

杏子「ん?」

マミ「デザート専門は引っ込んでろ? それはつまり、食事においてデザートは他のメニューより一段下だと……そう言いたいのかしら?」

ほむら「そうは言わないけれど、今回扱うのはニンジンよ。デザートで使う食材ではないわ」

マミ「……なるほど、よくわかったわ。あなたたちの食に対する浅はかさが」

杏子「ああ?」

ほむら「……何ですって?」

マミ「その程度の心構えで作る料理なんて、たかが知れてるわね」

ほむ杏マミ「「「……」」」ゴゴゴゴゴゴゴゴ…




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:18:45.25 ID:bFSWjWoF0

さやか「ちょっとちょっと! 誰か忘れてませんかー?」

ほむら「引っ込んでなさい」

杏子「さやかは料理できねーだろ」

マミ「美樹さんには……味見をお願いできるかしら」

さやか「……」

さやか「ふふ、舐められたもんだね、この美樹さやかちゃんも……」

さやか「これを見ろぉ!」バーン

ほむ杏マミ「「「こ、これは……!?」」」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:23:22.56 ID:bFSWjWoF0
マミ「キュ……キュゥべえの生け作り!」

杏子「うお、赤身肉なのに皿が透けるくらいの薄切りだ……」

ほむら「血の跡も、内臓を破いた臭いもないわ……」

さやか「ふふふ、包丁を持たせたら右に出る者はいない。『見滝原中学の板前』と呼ばれたさやかちゃんの腕前、恐れ入った?」ドヤア…

QB「」ガクッ


QB2「やれやれ、まさか生きたまま刺身にされるとはね。貴重な体験だったよ」

QB「とはいえ、自然と勝負の流れになってくれたようだね……」

QB(いがみ合う魔法少女同士の戦い……これは良質な感情エネルギーが回収できるに違いないよ)

QB(ついでに美味しい料理が4人分も食べられる……言うことなしだね)キュププププ…




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:27:30.14 ID:bFSWjWoF0
――数日後・マミホーム


さやか「というわけで! お料理バトル開始ー! いえーっ!」

ほむら「……」ピリピリ

杏子「……」ジリ…

まどか「あ、あの……美味しいものが食べられるのは嬉しいんだけど、なんか雰囲気が……」

マミ「ええと、大丈夫よ。出てくる料理はまともだから、鹿目さんは安心して審査してちょうだい」

まどか「あ、はい」





64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:32:04.23 ID:bFSWjWoF0
さやか「えー、では厳正な抽選の結果、一番手は転校生から! 張り切っていってみよー!」

ほむら「ええ」スッ

まどか「え? 今から作るの?」

マミ「全員ほとんど下ごしらえは終わってるわ。仕上げだけね?」

杏子「さーて、ほむらの腕はどんなもんなのかねえ?」

ほむら「楽しみにしているといいわ。私のものだけで満足させてしまうでしょうけど」フフン

まどか(ほむらちゃん、あんなキャラだっけ……?)




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:36:35.29 ID:bFSWjWoF0
さやか「さてさて、現在の状況の中継が入っております! 厨房のキュゥべえさーん?」

QB「はい、こちら現場のキュゥべえだよ!」キュップイ!

まどか「え? ここから見えるよね、台所もキュゥべえも……」

マミ「まあ……楽しそうだから続けさせてあげてちょうだい」


QB「ほむらは蓋をした平たい鍋と、たっぷりお湯の入った大きな鍋を火にかけてるね」

QB「で、持参したタッパーを開いて……なるほど、麺を茹でるんだね!」キュップイ!

QB「さて、じゃあこっちの平たい鍋の中身は何か」

ほむら「うるさいわ」ジャコッ

QB「……ここからはサイレント中継でお送りするよ!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:41:01.86 ID:bFSWjWoF0
キュップ ステップ カールルイス!


さやか「ああっ、ざんねん!! きゅぅべえのれぽーとは これでおわってしまった!!」

杏子「麺ねえ。ここからだとよく見えねーけど、乾麺じゃねーな……うどんか?」

マミ「鍋に何か垂らしたわね。あれは……オリーブオイル?」

まどか「あの、わざわざここから覗かなくても台所まで行ったらいいんじゃ」

QB3「それは野暮というものだよ、まどか」

まどか「うわっ、もう復活したの!? 急に後ろから出てこないでよ……ん、この甘酸っぱい匂いは」クンクン


ほむら「よし、茹で上がったわね……水気を切ってソースをかけて、と」ザバー




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:46:02.34 ID:bFSWjWoF0
ほむら「できたわ、召し上がれ」

まどか「やっぱりミートソースのスパゲッティだ! 私の大好物だよ!」

ほむら「ええ、事前にまどかの好物はリサーチ済みよ」フッ

杏子「なっ……汚ねーぞ!」

ほむら「勝負に万全を期するのは当然だわ。異論があるかしら?」

杏子「く……」

まどか「粉チーズをたっぷりかけて~」パッパッ

さやか「さやかちゃんはその上にタバスコを一振り、これが大人の味なのだー!」

ほむら「待ちなさい、美樹さやか。タバスコをかけるのは味を見てからの方が賢明よ」

さやか「へ?」

まどか「いただきまーす!」カチャカチャ パクッ




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:49:40.52 ID:bFSWjWoF0
マミ「……んっ!?」モグ…

さやか「辛っ!?」

ほむら「だから言ったのよ……チリソースを加えた辛めのソースに仕上げてあるのよ」

まどか「ん……でも甘みも凄いね! 後味はなんだか優しい感じ……」

ほむら「そうでしょう?」

杏子(この麺……)




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:52:28.75 ID:WGMKrIj20
ああああああ腹減ったああああああ残業前になんてスレ見つけちまったんだああえあああああああ




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:53:36.38 ID:bFSWjWoF0
QB「そろそろ種明かししてもいいんじゃないのかい?」

さやか「そうだね……よーし、まどか! これを見るのだー!」


『          料理勝負!』


まどか「え? あ、それ……なんだか妙に右に寄った横断幕だと思ってたけど」

さやか「そう、実はここのところが剥がれるようになってまして」


『          料理勝負!』

『苦手克服! ニンジン料理勝負!』ピラッ


まどか「おおー……って、ええええええ!?」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 20:56:56.26 ID:bFSWjWoF0
まどか「な、何これ!? どういうこと!?」

QB「見ての通りだよ、まどか。君にニンジンを使った料理をいかに美味しく食べさせて、好き嫌いを克服させられるか。そういう勝負さ」

まどか「こんなの絶対おかしいよ!」

ほむら「落ち着いてちょうだい、まどか」

まどか「落ち着けないよ、ほむらちゃん! この間のファミレスでわかったでしょ? 私、本当にニンジンは駄目なんだよ!」

ほむら「大丈夫よ……ほら、ちゃんと食べられたじゃない」

まどか「……え?」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:00:10.65 ID:bFSWjWoF0
まどか「え、もしかして、これ……?」

ほむら「ええ。ミートソースにはすりおろしたニンジンがたっぷり加えてあるわ。チリソースとトマトで目立たないでしょうけど」

マミ「後味が甘くて、辛さがおさえられるのはニンジンのおかげってわけね?」

ほむら「ご名答よ」

杏子「……それだけじゃねーだろ」

ほむら「……」

さやか「どういうこと?」

杏子「麺だよ。見てみな」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:03:54.18 ID:bFSWjWoF0
まどか「うん、モチモチしててちょっと変わってるけど美味しいよね……」

さやか「ん……? ソースでわかんなかったけど、このパスタ、オレンジ色してる……!」

マミ「生パスタね?」

ほむら「ええ、手作りよ。これにもニンジンを練りこんであるわ」

QB「んぐ、なるほど! ハムッ、後味として残る甘みはムグムグ、ソースだけじゃなくてパスタからもきていたわけだね!」キュップモッチャモッチャ

マミ「キュゥべえ、食べるかしゃべるかどっちかにしなさい! ああもう、ソースで毛がベトベトじゃないの……」ゴシゴシ




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:06:16.78 ID:dvwYQKzk0
ぐああああああ
腹減ったああああああああああ




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:08:59.71 ID:bFSWjWoF0
まどか「……」

ほむら「どうかしら、まどか。確かにこのパスタにはニンジンが入っているわ……不味くて食べられない?」

まどか「……」

まどか「……」カチャ… モグ

まどか「ううん、美味しい……」

まどか「美味しいよ、ほむらちゃん!」

ほむら「マドカァー!!」

まどか「ホムラチャン!!」


さやか「でも本当にニンジン気になんないね、これ。ヘルシーな感じでさー」チュルッ

杏子「……」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:09:22.96 ID:M2+xVHxbO
QBの分も用意してあげてるほむほむ




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:13:53.78 ID:bFSWjWoF0
杏子「なるほど、言うだけのことはあってたいしたもんだ……でもな、これじゃ勝てないね」

ほむら「……何ですって?」

まどか「あの、本当に美味しかったよ? ニンジンの匂いとかあんまりしないし……」

杏子「そう! それだよ!」ビシッ

まどか「!?」ビクッ

杏子「確かにニンジン入りの料理を美味しく食べさせた……でも、言われなきゃ気付かない、わからないようにしたうえでの話だ」

杏子「このメニューならニンジンが食える……でも、他のメニューだったら? これでまどかのニンジン嫌いは克服できたのか?」

ほむら「そ、それは……」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:17:19.47 ID:bFSWjWoF0
マミ「そうね……これで前のニンジンのグラッセのような料理が食べられるようになるかというと、難しいでしょうね」

ほむら「不覚……まどかに美味しいものを食べてもらおうと思う余りに、目的を見失った……」

まどか「そ、そんなことないよ、ほむらちゃん! 私の大好物が一つ増えたよ! また作ってね?」

ほむら「!? まどか……マドカァー!!」


マドカァー!! ホムラチャン!! キャッキャッ ウフフ


さやか「また始まっちゃったよ……」

杏子「ま、美味い料理だったのは認めてやるさ……今度はあたしの番だ!」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:21:45.60 ID:bFSWjWoF0
さやか「よーし、気を取り直して、会場のさやかちゃんが中継を繋ぐよ! 厨房のキュゥべえさーん?」

QB「こちら、現場のキュゥべえだよ!」キュップイ!

マミ「あ、そのノリは続けるのね」


QB「さて、杏子の用意したのは……おおう!?」

QB「な、生のニンジンがこんなにいっぱい!」ドッサリ

杏子「何をいまさら……ニンジン料理なんだから当たり前だろ?」トントントン

QB「それをスライスして……あああ、こんな山盛りに……!」

QB「君は何を考えているんだい? いくら好き嫌い克服とはいえ、こんなニンジンだけ用意されても無理に決まってるじゃないか!」

QB「それにこの段階で生ニンジンって、全然料理の気配がしないよ! 僕は美味しいものが食べたいんだ!」キュップイキュップイ!

杏子「黙 っ て ろ」ジャキッ

QB「……うわあ、すごくおいしそうなにんじんだね! たのしみだよ!」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:25:32.83 ID:bFSWjWoF0
キュップ ウーア ウーア ウーア… ズン ズズン


さやか「杏子ウィン、パーフェクト」

ほむら「あの淫獣、学習しないわね……」

マミ「あ、暁美さんと鹿目さんも復帰したのね」

まどか「あの、あんなニンジンばっかりって……絶対食べなきゃ駄目なの……?」

ほむら「安心しなさいまどか、食べられないなら正直に言えばいいのよ。そういう勝負なんだから」

まどか「うん……」

さやか「あ、フライパンで炒め始めたね……それに、他にも材料はあるみたいだよ? えーと、豆腐?」

ほむら「すりおろしのニンジンも作ってるわ……成功のビジョンが見えないわね」フッ




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:29:04.17 ID:bFSWjWoF0
杏子「おーし、できた! これがあたしのニンジン料理だ!」ドンッ

まどか「……」

マミ「見事にニンジンだけの炒め物ね」

さやか「それに、こっちは冷ややっこ? すりおろしニンジンが乗ってるね」

ほむら「……」フッ

杏子「おいおい、勝ち誇るのは一口食ってからにしてもらおうか?」

まどか「……」フルフル

杏子「大丈夫だって、騙されたと思って食ってみな……もし無理なら、吐き出したって怒らねーよ」

QB4「杏子がそこまで言うとは……すごい自信だね」ゴクリ

まどか「う……えいっ」パクッ




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:32:34.66 ID:bFSWjWoF0
まどか「……」モグッ シャクシャク

まどか「……?」

まどか「……あれ? 嫌な匂い、しないよ?」

さやか「んんっ、香ばしいなこれ! ゴマたっぷりだね」

杏子「いけるだろ? これがあたしの『ニンジンのきんぴら シリシリ風』だぜ!」

さやか「しりしり?」

マミ「沖縄料理で『スライス』って意味だそうよ。向こうでは卵やツナを炒め合わせることが多いらしいけれど」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:36:04.36 ID:bFSWjWoF0
杏子「そう、沖縄料理のシリシリを元に、きんぴらの味付けを加えたのがこいつさ」

杏子「よーく炒めたニンジンに、ダシ、醤油、酒、たっぷりのすりゴマを炒め合わせたんだ」

杏子「ニンジンってのはな……えーと、油と相性がよくて、かろてん?ってののきゅ、きゅ」

マミ「吸収率アップ」

杏子「そうそれ!」

ほむら「……何を読んでるのよ」ピラ

杏子「あっ!? おい、返せよ!」

さやか「うわ、汚い字だなー」

まどか「でも、すごいいっぱい書いてある……」

マミ「ふふ……毎日頑張って調べて、練習した甲斐があったわね?」

杏子「ちょっ、マミ!? 何ばらしてんだよ!?」カアア




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:41:23.81 ID:bFSWjWoF0
ほむら「練習?」

マミ「ええ。勝負が決まってからうちに泊まりこんで、パソコンは占領するわ台所は占領するわで大変だったんだから」

杏子「代わりに色々手伝っただろ!? つーか言わない約束だったじゃねーか!」

マミ「あら、そうだったかしら?」


QB「それにしても、ゴマがくどいかと思ったらさっぱりしてていくらでも食べられるね!」モシャモシャ

さやか「お、冷ややっこかと思ったらあったかい!?」

杏子「ああ、そっちは温やっこ。すりおろしニンジンに薄いダシ、柚子ポン酢をかけたんだ」

マミ「さっぱりしてるけど、なんだかホッとする味ね」ホクホク

まどか「……」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 21:47:22.67 ID:bFSWjWoF0
まどか「……」パク

まどか「……」ムグムグ

まどか「……」

まどか「……ん、美味しいよ、杏子ちゃん」

杏子「お、おう」

まどか「いっぱい頑張ってくれたんだね? ありがとう!」

杏子「別にっ、あたしはただ食い物を粗末にしてほしくなかったのと、ほむらの奴に負けたくなかっただけだし」

まどか「ううん、それでも。あと……この間はごめんね?」

杏子「いや……うん、あたしもちょっと言いすぎたよ。どうせなら、メシは楽しく食いたいもんな」


ほむら「……」イラッ

マミ「はいはい、妬かないの。せっかく二人が仲直りしたんだから、少し我慢なさいな」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:12:50.09 ID:bFSWjWoF0
さやか「よーし、ここで真打ち登場! さやかちゃんの出番ですよー!」

「「「「……」」」」

さやか「……あれ?」

さやか「ほら、誰かあたしの代わりに『厨房のキュゥべえさーん』ってやってよ!」

杏子「正直あれは、なあ」

ほむら「お断りよ」

マミ「普通にやったらいいんじゃないかしら」

まどか「うーん……」

さやか「え、何それ……」


QB「さやかさやか」

さやか「現場のキュゥべえさーん! あんただけだよ、あたしの味方は!」

QB「いや、もういいんじゃないかな」

さやか「……」ブワッ




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:16:47.83 ID:/94uyv4C0
さやかェ…




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:17:19.43 ID:bFSWjWoF0
キュップ フェイタリティー


マミ「美樹さん、しょんぼりしちゃったわね……」

まどか「ちょっと可哀想かなあ」

ほむら「平気よ、料理してるうちにすぐに立ち直るわ」

杏子「うん? なんでそんなことわかるんだ?」

QB5「簡単なことさ、ほむらはさやかと一緒に練習してたからね」

まど杏マミ「「「えっ」」」

ほむら「……!!!」ジャコッ




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:22:16.30 ID:bFSWjWoF0
キュッ ズパラタタタ…ッ


杏子「どういうことだよ、オイ……?」

ほむら「……」フーッフーッ

ほむら「……」…スーハー

ほむら「そのような事実はないわ」キリッ


QB6「つまりだ、ほむらは料理はできるけど、包丁の扱いだけは苦手だったんだよ」

ほむら「……ッ!!!」ジャココッ

マミ「これ以上うちで発砲するのはやめてもらえないかしら?」シュルル…

ほむら「あッ……! リボンをほどきなさい巴マミ! ほどいて!」バタバタ




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:27:09.15 ID:bFSWjWoF0
QB「あの会議の後の話さ……」


さやか『包丁の使い方を教えろって?』

ほむら『ええ』

さやか『へえー……あんたがあたしに頼むなんて、意外じゃん』

ほむら『非常に不本意ではあるわ。あの腕前が他の誰かのものであったらと、小一時間葛藤した末の決断よ』

さやか『ねえ、それ本人を目の前にして言う?』

ほむら『先にぶちまけておかないとやってられないもの』

さやか『そこはさー、お願いします美樹さんっ! 私にその華麗な包丁捌きを伝授してくださいませっ! ってくらいやるべきだと』クネクネ

ほむら『オネガイシマス ミキサン ソノホーチョーサバキヲ ワタシニヨコセ』

さやか『棒読みなのはいいからさ! せめて忠実に復唱しない!? ねえ!?』




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:31:59.75 ID:bFSWjWoF0
QB「とまあ、そんな具合に数日がかりでほむらの包丁修行が行われていたわけさ」

QB「その特訓中に交わされた会話はコントのようでありながら、なかなか二人の距離が近いものであることを感じられずにはいられない息の合いようで」ペラペラ

杏子「お前、いくらさやかでも少しくらい下手に出ろよ……」

ほむら「……」ズーン

マミ「本人はばらされたショックでそれどころじゃないようね」

ほむら「ワタシノセンジョウハココジャナイ…」ブツブツ

杏子「ひどいなこれ。まどか、ちょっと元気付けてや……」

まどか「……」サヤカチャン… ギリッ

杏マミ「「」」ビクッ




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:35:28.13 ID:bFSWjWoF0
>モウ ホドイテモヘイキヨネ… アケミサン ホラ、ゲンキダシテ、ネ?

杏子「ま、まあとにかく! それだけ凄腕の包丁捌きなんだ、技を活かしたすげー料理が出てくるよなっ! いやー楽しみだな、なあまどか!?」

まどか「え? あ……うん、そうだね!」


さやか「できたー! はいはい、おっ待たせー!」コトッ

まどか「わ、本当に機嫌直ってる」

杏子「さーて、どんな包丁技を活かした料理なんだ……ん?」


QB「天ぷらに、肉巻きの炒め物……普通だね」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:39:14.16 ID:bFSWjWoF0
さやか「板前だと思った? 家庭料理でしたー!」

ほむら「空気読みなさいよ……!」

さやか「いやいや、魚でも捌くならともかく、ニンジン料理だよ? ニンジンでお刺身なんて作っても仕方ないでしょ?」

ほむら「……」ワナワナ

マミ「落ち着きなさい! ばらされ損なうえに正論で返されたからって取り乱さない!」


さやか「まあまあ、ちゃんと美味しく料理してきましたって! どうぞ召し上がれ!」

杏子「ま、そう言うんなら」

まどか「うん……大丈夫、大丈夫……」ブツブツ パクッ




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:43:22.74 ID:bFSWjWoF0
まどか「んっ」モグッ

まどか「あ……美味しい」コク…

杏子「おおっ!? 本当か?」

まどか「うん、味付けがしっかりしてるからかな……甘辛くって、お肉とよく合ってて」

さやか「へへー、豚肉でアスパラと一緒に巻いて焼いたんだよ。味は醤油ベースの甘辛ダレか塩胡椒! ほら、こっちのも食べてみなよ!」

まどか「う、うん」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:47:07.19 ID:bFSWjWoF0
マミ「ん、天ぷらも何種類かあるのね」

さやか「へへ、短冊切りにしたニンジンのかき揚げです! 桜エビ入り、じゃこ入り、ニンジンだけの3種類がありますよー!」

まどか「あちち……んんっ、エビがパリパリしてて香ばしいねっ」

QB「じゃこもいいね。天つゆだけじゃなくて、塩やポン酢でもいけそうだ」

杏子「へえ、ニンジンだけってのもいいな。甘いのに、ご飯とよく合いそう」

ほむら「……!」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:51:12.49 ID:bFSWjWoF0
マミ「……気付いてる? この料理、すごく考えられてるわ」ボソボソ

ほむら「……」コクリ

ほむら(衣や肉でコーディングし、しっかりした味付けや別の食材と合わせることで抵抗なく食べられる……)

ほむら(そして何種類か作って徐々に食べていくことで、自然とニンジンが目立つものでも食べられるようにしてある……!)

さやか「どう? まどか、食べられそう?」

まどか「うん! 色んな味があって楽しいよ!」

さやか「へへ、それそれ。さっき杏子も言ってたけど、やっぱり食べ物は楽しく食べなきゃね」

さやか「だから、嫌いなものなんて気にならないくらいに楽しめばいいのだー!」

杏子「いいこと言ってるように聞こえるけど、さやかが言うとなんかすっきりしねーなあ」

さやか「ちょ、どういう意味さ!?」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 22:55:13.43 ID:bFSWjWoF0
ほむら「……」

マミ「ふふ、どうだった? 先生のお料理は」

ほむら「先生じゃない」プイ

ほむら「……まあ、見直してあげなくもないわ」ボソ


さやか「お、どうした転校生? さやかちゃんにはとても敵わないって? いやーまいっちゃうなー!」

ほむら「あなたは本当に耳も頭の中身も残念ね、美樹さやか」


マミ「本人に言ってあげればいいのに」クス




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:00:15.57 ID:bFSWjWoF0
さやか「ラストを飾るのはもちろんこの人、マミさんだー!」

さやか「さあさあ準備はいい? 厨房のキュゥべえさ」

マミ「はい、お待たせ」コト

さやか「早っ!?」

さやか「あの、マミさん? ここはお約束のパターンじゃないですか! それにマミさん、何も料理してないでしょ!?」

マミ「だって、もう作ってあるんだもの。今から焼き上げるんじゃ時間がかかっちゃうでしょ?」


QB「諦めなよ、さやか。正直あのパターンは誰も待ってな」

さやか「……」チャキ

QB「……ぷるぷる! 僕悪いインキュベーターじゃないよ!」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:04:25.07 ID:bFSWjWoF0
キュップ テレレレッテッテッテー


マミ「というわけで、はい。クッキーとケーキを用意したわ。後でお茶も淹れるわね」

まどか「普通のクッキーだ……あの、やっぱりこれもニンジン入りなんですか?」

マミ「ええ、茹でて潰したものを加えてあるわ。少し風味は残るけど、わからないでしょう?」

ほむら「歯切れがよくて、しっとりしてるわね」

さやか「甘すぎなくて素朴な感じですね。なんか落ち着く……」
マミ「ヨーロッパには野菜を使ったお菓子はたくさんあるのよ。ケーキはスイス、クッキーはドイツ風かしらね」

杏子「へえ、悪くねーな」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:08:06.25 ID:bFSWjWoF0
マミ「さ、紅茶が入ったわよ」

さやか「待ってましたー、もうお腹いっぱいだー」

ほむら「少しずつとはいえ、かなりの量になったものね」

杏子「あれ? マミ、砂糖とかミルクは?」

マミ「ふふ……今日は代わりにこれを使ってもらうわ」トンッ

まどか「ジャム……もしかして」

マミ「ええ、ニンジンで作ったジャムよ」




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:12:58.89 ID:bFSWjWoF0
マミ「ロシアンティーっていってね、寒いロシアでは紅茶のお供にジャムとウォッカを添えるのよ」

マミ「まずはジャムをそのまま舐めて、それから紅茶を召し上がれ」

杏子「ふーん、変わったことするなあ」ペロ

さやか「ジャムは何かに塗って食べたいなあ……」パク

ほむら「ん……?」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:17:19.91 ID:bFSWjWoF0
マミ「どうかしら?」

まどか「このジャム、すごくさっぱりしてますね……紅茶と飲んだら、なんだか優しい味のレモンティーみたい」

マミ「ジャムを作る時、レモン汁とキュラソーを多めに加えたのよ」

さやか「きゅらそー?」

ほむら「……確かオレンジのリキュールだったかしら」

マミ「ええ。行きつけのケーキ屋さんから分けてもらってね」

マミ「ニンジンも紅茶も、レモンとかオレンジみたいな柑橘系の果物がよく合うのよ。上手くいってよかったわ」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:21:41.16 ID:bFSWjWoF0

杏子「ふいー、食った食った」

さやか「美味しかったー、もうしばらく動きたくなーい」

マミ「二人とも、食べてすぐ横になるのは行儀が悪いわよ?」

ほむら「まどか……どう? 自信はついたかしら」

まどか「うん、みんなありがとう! 私、これからはニンジンもちゃんと食べられそうだよ!」

ほむら「そう、よかったわ……それじゃ」

ほむら「優勝を発表してもらおうかしら」

まどか「えっ」




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:25:15.64 ID:bFSWjWoF0
杏子「……ああ、そういや料理勝負だったっけか」

さやか「作ったり食べたりしてるうちに、すっかり忘れてたね」

マミ「忘れてた方がいい雰囲気だったんじゃないかしら……?」

ほむら「……さあ、お願い。まどか」

まどか「……えっと」


まどか「あの、みんな優勝じゃ駄目かな?」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:29:26.50 ID:bFSWjWoF0
ほむら「まどか、そんな遠慮はいらないのよ? 勝負である以上、はっきりさせておきたいだけで」

まどか「ううん、遠慮とかそういう理由じゃないの」

まどか「ほむらちゃんのスパゲッティがなかったら、ニンジンってだけでみんなの料理も食べようとしなかったと思う」

まどか「杏子ちゃんのきんぴらがなかったら、ニンジンがちゃんと食べられるって思えなかった」

まどか「さやかちゃんの料理は楽しくって、普通にニンジンが入っててもいいんだって思えた」

まどか「マミさんのお菓子とお茶で、初めてニンジンの甘さって美味しいって思った」

まどか「みんなの料理、どれかひとつでも欠けてたらこんなに満足できてなくて、自信もつかなかったと思うから」

まどか「だからみんな優勝! ……じゃ、駄目かな?」

「「「「……」」」」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:35:13.14 ID:bFSWjWoF0
ほむら「そんなふうに言われたら、納得するしかないわ」

まどか「よかったぁ……!」

杏子「ああ、いいよそれで。美味いもんばっかりだったしな!」

さやか「そんなことよりマミさん、お茶のおかわりもらっていいですかー?」

マミ「もうお腹いっぱいじゃなかったの? 仕方ないわね、ちょっと待っててくれるかしら」


???「そうかい……よかったねえ、まどか」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:39:20.93 ID:bFSWjWoF0
QB7「でもね、料理はまだ一品残ってるよ」

マミ「キュゥべえ?」

さやか「そういえばさっきから復活してなかったね」


QB「本当に好き嫌いが克服できたのか……最後のメニューはこれさ!」コトッ

まどか「……っ!」


杏子「テメエ、こいつは……!」

ほむら「ニンジンのグラッセ……!」




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:43:14.78 ID:bFSWjWoF0
QB「その通り。何の変哲も工夫もない、ごく一般的なニンジンのグラッセさ」

まどか「……」

QB「あの時まどかが食べられなかったというニンジン料理……さあ、どうしたんだい? 本当に克服できたのなら食べられるはずだよ?」

まどか「……っ」

QB「おや? やっぱり食べられないのかい? ということは、この料理勝負も意味のないものだったのかもしれないねえ?」




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:46:27.33 ID:bFSWjWoF0
ほむら「インキュベーター! まさか、最初からこれが狙いで……!」

杏子「汚ねーぞ!」

QB「僕は事実を言っているだけさ。どうしたのかな? まさか、この程度で絶望してしまうとでも?」

マミ「キュゥべえ、あなた……」

さやか「本当に嫌いなものを克服するのが、どれだけ大変かも知らないで……!」


まどか「……大丈夫だよ、みんな」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:48:13.09 ID:an8U3IyU0
このべぇさんはいいべぇさん




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:49:51.53 ID:bFSWjWoF0
ほむら「まどか、いけるの……?」

マミ「無理しなくていいのよ? そんな急に……」


まどか「ううん、大丈夫」

まどか「ほむらちゃんが、食べても大丈夫だって教えてくれた」

まどか「杏子ちゃんが、食べられるように努力してくれた」

まどか「さやかちゃんが、楽しく食べられるって教えてくれた」

まどか「マミさんが、また食べたいって思わせてくれた」

まどか「キュゥべえの思い通りにはさせない……!」

まどか「絶対に、今までのみんなの料理を無駄にさせたりしない!」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:52:50.47 ID:bFSWjWoF0
パクッ モグッ

まどか「……」


ほむら(まどか……!)

杏子(まどか……っ)

さやか(まどか!)

マミ(鹿目さん……!)




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:56:04.84 ID:bFSWjWoF0
ゴクッ

まどか「……ふはっ」

まどか「大丈夫、食べられるよ……!」


ほむら「まどか! よかった! マドカァー!!」ダキッ ギューッ

杏子「やったじゃねーか! これで完全克服だな……!」

さやか「さすがはあたしの嫁なのだー!」

マミ「本当に……よく頑張ったわね!」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:57:55.71 ID:rdasjEu70
QB「ふっ、たまには汚れ役も買ってみるもんだね」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/12(水) 23:59:43.00 ID:bFSWjWoF0
QB「……」

QB「……」


QB「おめでとう、まどか! 君なら克服できるって僕は信じてたよ!」


「「「「「……」」」」」




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:02:50.53 ID:2NSMg15F0



キュップーーーーーイ!!!

キュップーーーーーイ!!

キュップーーーーーイ!

キュップーーーーーイ

キュップーーーーーイ…

プーーーーーイ…

……




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:05:22.71 ID:bFSWjWoF0
まどか「うーん、ごちそうさまっ! 美味しかったね!」

さやか「いやー、やっぱりみんなで食べに来るのはいいもんですなー」

杏子「まどかもニンジン食えるようになったしな!」

まどか「ティヒヒ、みんなのおかげだよ!」

マミ「じゃあ次はこのパフェと……こっちのケーキもいいわね」

杏子「マミはぶれねーなー……」


ほむら「……」




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:09:05.83 ID:EWs3tgx30
まどか「あれ? ほむらちゃん、お皿にまだ残ってるよ?」

ほむら「……」ビクッ

マミ「あら本当……ブロッコリー?」

杏子「おい、ほむら……お前まさか……」

ほむら「……」

さやか「ひっひっひ……ほーら転校生、あーん!」ヒョイ

ほむら「……」フルフル




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:09:58.09 ID:r96Uj5iL0
お約束wwww




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:10:50.61 ID:ALKdAn5TO
確かにブッコロリーは味しないから不味い




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:11:56.59 ID:IGIDC4eQ0
俺もブロッコリーはお気に入りのドレッシング大量にかけないと食えないわ




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:12:08.97 ID:2NSMg15F0
まどか「ほむらちゃんも好き嫌い、あったんだね」

マミ「暁美さん、なんというか、その……」

杏子「我慢して食べることもできないようでは、いずれまどか自身が恥をかくわ。そんな事態は避けたい」キリッ

ほむら「違っ! 違うのまどかっ」

さやか「隙ありー!」ズボッ

ほむら「むぐっ」モグッ




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:17:41.99 ID:2NSMg15F0
ほむら「……」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん……?」


ほむら「……」チーン


マミ「気絶してるわ……」

杏子「こいつは筋金入りだな……さえ、どうしてくれようか」

さやか「いやいや、ここは決まってるじゃないですか!」

まどか「そうだね……」


まどか「苦手克服! ブロッコリー料理勝負だよ!」


≪おしまい≫




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:19:15.23 ID:51iJBnW10
乙乙

グルメバトルとかラーメン屋QBの人?




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:19:23.56 ID:myQDlEnq0
乙。思わず夜更かししちまったよ。おやすみ




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:19:48.93 ID:IGIDC4eQ0
乙!
ブロッコリー料理は相当難しそうだなw




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:25:11.83 ID:2NSMg15F0
支援、合いの手などありがとうございました。
久々の投下だったので嬉しさもひとしおです。

>>240
なぜばれたし




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:26:30.64 ID:51iJBnW10
>>248
いや、みんなで料理っつったら…なぁ…




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:29:20.05 ID:2NSMg15F0
≪ニンジンと相性のいい食材について≫


1.油

油を使って調理することでカロテンの吸収率がアップ!
独特の匂いも表面がコーディングされるからか弱まるようです。


2.柑橘系の果物

煮込みなどで甘みを出した場合、ニンジンのクセのある風味も強まってしまう。
レモンなどの柑橘系は甘みを残してクセを取ってくれます。
グラッセにもレモン汁を加えるレシピがあるようです。


3.トマト

野菜の中でもクセの強いニンジンに真っ向から対抗できる食材。
野菜ジュースだとニンジンがメインになることが多いけれど、トマトが入れば味が塗り替えられるほど。
トマトソースに自然な甘みがプラスされます。ただ、ニンジンメインにはならないかも。




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:33:12.80 ID:2NSMg15F0
≪シリシリについて≫


沖縄の郷土料理として「にんじんシリシリ」が県民ショーで紹介され、有名になったらしいです。

スライサーでスライスして細切りにしたニンジンをよく炒め、味付けは醤油。

ツナを一緒に炒め合わせる、卵でとじる、あるいはその両方を加えているレシピが多いです。

「シリシリ」とはスライスする工程を指す言葉で、炒める工程はご存じ「チャンプルー」です。

今回はダシ、酒、すりゴマを使ってきんぴら風にしてみました。

ニンジン嫌い向けの料理としてもよく紹介されていますが、余りがちなニンジンを大量に消費するための料理でもあるようです。




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:37:02.59 ID:2NSMg15F0
ニンジンが苦手な方の反応もあるようで嬉しいです。

正直、こんなトントン拍子に好き嫌いが治ったら苦労しませんよね。

説得力があったか、ニンジン嫌いでも食べたいと思える料理があったか、

ニンジン嫌いな方にぜひ聞いてみたいです。


ちなみに、最初は食材を安価で決めるつもりでました。

ただ、私の嫌いなピーマンに当たってしまうと書けなくなるので泣く泣く見送りました。




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:43:28.61 ID:5nL4IdRU0
>>257
すりおろして料理にいれるのは人参嫌な人でも難なく食べられるようになるね
いい方法ほむほむ




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:45:15.66 ID:2NSMg15F0
本当はこういう名乗る行為はやらない方がいいのはわかってるんですが、
言い当てられて心底喜んでいる自分があり……
どうにも治りそうにありません。


また、某SSを書いた時に調子こいた態度をとってしまい、
気分を悪くされた方がたくさんいらっしゃったと思います。
思い当たる方にはこの場を借りて猛省・謝罪させていただきます。
たいへん申し訳ございませんでした。


では、おまけを少し投下して終わりにします。




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:45:54.80 ID:skcYOf200
ほむっ




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:49:45.23 ID:2NSMg15F0
≪おまけ≫


ゴウンゴウンゴウンゴウン…

ワルプルギスの夜「キャーーーーーーーーーーーーハハハハハハハハハハハ!!!」


杏子「くそっ、強ええ……まったく歯が立たねーぞ……!」

ほむら「弾薬も残り少ないわね……」

さやか「魔力が……治療がもう追いつかないよ……!」

ビッ

マミ「鹿目さん、危ない!」ドンッ

まどか「ひゃあっ!?」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:53:44.94 ID:2NSMg15F0
ドーーーーーーーーーーーーンッ!!!


ほむら「まどかっ、無事!?」

まどか「う、うん……大丈夫だよ」

マミ「間一髪だったわね」

杏子「にしても、なんて威力だよ! あの一角の建物が吹っ飛んじまった……!」

さやか「ああ、八百屋さんが跡形もなく……」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:57:53.99 ID:2NSMg15F0
゙ウンゴウンゴウンゴウン…

ヒューーーーーーーン


ワルプルギスの夜「ギャハハハハハッ…キャハ?」

ポトッ


ピーマン「……」

ワルプルギスの夜「……」

ワルプルギスの夜「ヒギャアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーッ!!!?」




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:58:19.38 ID:icG5rZkN0
ワルプルさんきゃわわ




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 00:59:03.53 ID:zizFuW9v0
ワルプルさんをこれ以上可愛くするんじゃない




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:00:32.68 ID:2NSMg15F0
ズズーーーーーーーーンッ ドゴッ グシャア


さやか「うわわっ、何!?」

マミ「ワルプルギスの夜が降ってきたわ……」

ほむら「降ってきたというか、完全に墜落ね」

まどか「ビルにぶつかちゃってボロボロだよ……」

コロン

杏子「ん……? これ、ピーマン?」




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:03:45.70 ID:2NSMg15F0
ワルプルギスの夜「」ヒクヒク

杏子「……」

杏子「……」ピーマン ズイッ

ワルプルギスの夜「!!!」

ワルプルギスの夜「……」フルフル




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:07:19.13 ID:2NSMg15F0
ほむら「……どうやらピーマンが嫌いなようね」

杏子「あたしたち全員の戦力より、ピーマン一個の方が上かよ……」

マミ「どうしましょうか? 完全に倒せたわけじゃないようだし……」

さやか「いやいや、ここは決まってるじゃないですか!」

まどか「そうだね……」


まどか「苦手克服! ピーマン料理勝負だよ!」


≪5人の料理が世界を救うと信じて……!≫




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:09:58.75 ID:2NSMg15F0
というわけで、本当に終わりです。

ありがとうございました!

おやすみなさい




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:10:49.64 ID:skcYOf200
乙乙乙

乙乙乙




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:11:41.92 ID:T7qCe/eX0
お腹がすきました
お疲れ様でした
おやすみなさいノシ




288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/13(木) 01:16:46.35 ID:fllfoM2d0
克服したら滅ぶだろうよ







関連
まどか「おいでませ、ラーメンQB!」
まどか「魔法少女クッキングバトル!」
まどか「魔法少女クッキングバトル決勝!」



-----------------
当ブログについて
※欄811さんありがとうです。



魔法少女まどか☆マギカ 美樹 さやか (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
魔法少女まどか☆マギカ 美樹 さやか (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Wave 2011-11-28
売り上げランキング : 1085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女まどか☆マギカ 鹿目 まどか (1/10スケール PVC塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ 暁美 ほむら (1/10スケール PVC塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか (1/8スケール PVC塗装済み完成品) ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 14:57: :edit
    ほむらは俺の嫁
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 15:08: :edit
    なんでも食べないと大きくなれないでゲソ!!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 15:08: :edit
    読んでる途中からそうじゃないかと思ってたら、やっぱりラーメンとクッキングバトルの人か……。

    この人の書くSSは本当にハズレがないな。
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 15:11: :edit
    004getだぜ!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 15:59: :edit
    人参ピーマンは好きだけどトマトだけは無理だ…
    トマト編書いてくれないかなー
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 16:41: :edit
    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  7. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/18(火) 17:01: :edit
    俺には「優しい味」と言う意味が理解できない…気持ちが篭ってると言う意味だろうか…
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 17:28: :edit
    これは素晴らしいものだと思う。
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 17:41: :edit
    俺が何故今でもナスが食べられないか分かった
    克服させようと懸命になってくれるおにゃのこがいないからだ
  10. 名前: ゆとりある名無し #-: 2011/10/18(火) 17:51: :edit
    腹へってきた
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 17:59: :edit
    米7
    糞寒い日に飲む、親しい人が作ってくれた胡椒の効いた野菜スープの味だよ
  12. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/10/18(火) 18:05: :edit
    開く前からニンジンだって分かってた

    ほむほむは意外だったな
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 18:25: :edit
    さて、ニンジンを買いに行くか
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 18:30: :edit
    昔は嫌いだったレバーも今ではこの通り パクッ



    うぼぉおええええええええ!!!!
  15. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/10/18(火) 18:43: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│ 唐辛子 │\         がしゃーん
    <  \____/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    自動でピーマンと青色唐辛子をシャッフルしてくれるすごいやつだよ
    ていうか辛いよ、辛いよ! 誰が焼いただけの青唐辛子なんか食うんだよ!
  16. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/10/18(火) 18:56: :edit
    乙っ
    この人のSS見ると必ずお腹空くんだよなぁw
  17. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/18(火) 21:52: :edit
    子供の頃は人参食えなかったなぁ…
    今思うと、なぜ食えなかったんだと疑問
    甘くて美味しいのにな
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/18(火) 23:21: :edit
    食べられない程嫌いなものなんてイナゴの佃煮くらいだな。味は許せるんだが……
  19. 名前: 通常のナナシ #XnESHXvQ: 2011/10/19(水) 01:07: :edit
    人参シリシリーって一応(一部地域での)共通言語だったのか
    この言い回しをするのは我が家だけだと思ってたわ・・・

    元から好物なんだが、杏子ちゃんが作ってくれるなら
    更においしくいただけちゃうぜー

  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 01:52: :edit
    皆が仲良しなSSはいいね
  21. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/19(水) 02:22: :edit
    ブロッコリが味しないって奴は
    よっぽど料理下手な環境に住んでいるのか
    舌が病気なのか?
  22. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/19(水) 02:27: :edit
    トマトの何が嫌かって、あの中の青いドロドロだと思う
    湯剥きしてザク切りにし、スープの中に叩き込め
    たぶん食えるようになる
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 02:38: :edit
    苦手な食材はセロリとか色々あるが、絶対にこれだけは食べられないってレベルなのはマヨネーズだけだな。調味料だけど。
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 03:23: :edit
    楽しいw
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 04:25: :edit
    ※22
    あの部分くり抜いて、炒飯やオムライスの器にする所から始めると食べやすくなるよー
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 08:27: :edit
    野菜は素材としての個体差大きいからなあ。いくら好きでも不味いと感じる素材はある。
    一番最初に食べたのがそういうのだと嫌いになってしまうのもわかる。
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 09:10: :edit
    きゅうり大嫌いです。
    サラダや漬け物以外に
    調理方法無さそうだし
    多分一生食べられんだろうね
  28. 名前:   #-: 2011/10/19(水) 16:52: :edit
    *27
    炒めてもいいんだぜ。
    他の食材と炒めて塩こしょうかニョクマムで味付けしてみろ。
  29. 名前: 通常のナナシ #a2H6GHBU: 2011/10/19(水) 20:55: :edit
    ブロッコリー苦手な人は天ぷらにしてみるとよい
  30. 名前:   #-: 2011/10/19(水) 21:25: :edit
    ハプニングのないときのマミさんは
    お姉さんしてて素敵だ。
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/19(水) 23:17: :edit
    人参の甘いってのがいまだにわからんどっちかといえば辛いと思うんだが
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/20(木) 05:56: :edit
    人参は煮るとほんのり甘い
    と言いたい所だが最近の人参はガチで甘いから困る
    甘すぎじゃね?と思うほどに
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/21(金) 21:05: :edit
    この人のSSはそこまでキャラ崩壊してないし、読みやすいからお気に入り

    クッキングバトルの時も思ったが、料理描写にすごい気合い入ってるなぁ
    そっち系のお仕事してたりするのかしら
  34. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/10/22(土) 00:12: :edit
    亀だけど米15

    あれ、何付けても美味しくないな
    最後には微塵切りにして粉に潰してタレに混ぜたけど
  35. 名前: 名無しさん #z7Xcv.4o: 2011/10/23(日) 01:25: :edit
    ※31
    皮際は癖強いから真ん中の辺り、
    生のままゴリっと齧ってよく噛んでみな。
    抵抗あるようなら齧り付き用にちょっぴりマヨ付けても良い。

    他の野菜もそうなんだが、
    よく噛まないから本来の味に気づいてないのって結構あると思うよ。
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/29(土) 01:05: :edit
    まどかが吐き出した人参を躊躇なく食べるほむらにどん引きした。
    SSは面白かった。
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。