水銀燈「もう、しょうがないわね」+他

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/11(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:04:02.08 ID:8VPyQRdH0
めぐ「今日もゲロみたいな病院食がやってきたわー」

めぐ「ねえ水銀燈、食べてみる?」

水銀燈「仮にも人に(人形だけど)勧めるモノをゲロみたいって言うのはやめなさいよ。まあ食べてあげるけど」

モグモグ

めぐ「どう?」

水銀燈「やっぱり美味しくないわぁ」モグモグ

めぐ「そうよねー。病院食を食べるくらいなら一生点滴でいいわ」

水銀燈「不味いのわかってて私に食べさせるなんて、貴女も意地悪ね」モグモグ

めぐ「でもそんな私の言う事聞いてくれるなんて、やっぱり水銀燈はMの素質があるわね」

水銀燈「あら? 私は真性のSよ?」モグモグ

めぐ「ふふ、冗談よ。やっぱり水銀燈は優しいわ」ギュ

水銀燈「……病院食が不味いから中々飲み込む事が出来ないわぁ」モグモグ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:06:38.01 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ、水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「髪とかしてもいい?」

水銀燈「いいわよ」

サラ、サラ

めぐ「フフッーン♪」ギュギュ

水銀燈「(私の髪で)何してるの?」

めぐ「イメチェンよ」ギュギュ

めぐ「出来たわ。ほら見て、三つ編みよ」カガミ

水銀燈「……ふぅん、悪くないわね」

めぐ「でしょ。水銀燈可愛いわ」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:08:06.54 ID:8VPyQRdH0
めぐ「次はね……」シュルシュル、キュキュ

めぐ「ツインテールよ」カガミ

水銀燈「……これはちょっと嫌だわ」

めぐ「そう? 結構似合ってると思ったんだけど」

水銀燈「似合う似合わないの問題じゃないの。ツインテールが嫌なだけ」シュル

めぐ「ごめんね。じゃあ……」キュッ

めぐ「ポニーテールはどうかしら?」

水銀燈「……まあまあね」

めぐ「水銀燈って似合う髪型が多いわね。次は……」

水銀燈「ちょっと、そう何度も髪いじらないで。オモチャじゃないのよ」

めぐ「だって、色んな髪型の水銀燈が見たいから。お願い! もうちょっとだけいじらせて!」

水銀燈「もう、しょうがないわね」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:09:50.59 ID:48O7uYCR0
真紅とおそろいでもいいじゃないか・・・




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:11:54.45 ID:8VPyQRdH0
めぐ「次は……」キュキュ

めぐ「『みずら』よ」ジャーン!

水銀燈「! ちょっと、本当にオモチャにしないでよ!」

めぐ「だってやってみたかったし」

水銀燈「全く、ツインテールの方がマシだわ」シュルル

めぐ「じゃあ次はね……」アミアミ

水銀燈(まだやるの?)

めぐ「※私と同じ髪型」パッ

※水銀燈の番外編

水銀燈「……」

めぐ「やっぱり似合ってるわね」

水銀燈「……今日は一日この髪型でいるわ」

めぐ「やった♪」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:13:48.66 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「着てほしい服があるの」

水銀燈「また? 次は何よ?」

めぐ「こーれ」スッ

水銀燈「!? こんな古臭いの着れるわけないじゃない!」

めぐ「それはわかってるんだけど、どうしても着てほしいの。お願い!」

水銀燈(そ、そんな上目づかいで頼まれたら断りづらいじゃない)

水銀燈「わ、わかったわよぉ。着てあげる。もう、しょうがないわね」

めぐ「わーい。水銀燈大好き!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:15:41.43 ID:8VPyQRdH0
めぐ「水銀燈、いいわ。最高よ」タラッ

水銀燈「鼻血とよだれが出てるわよ」

めぐ「ハッ! いけないいけない。それにしても、もんぺ姿の水銀燈、本当に萌えちゃうわ。いいえ、今はもうブヒると言った方が正しいわね」ハアハア

水銀燈「よくこんな服があったわねえ。それも人形用のが」

めぐ「水銀燈、私、黒い死神役するからあなたはその死神をずっと待ってる少女の役やって!」

水銀燈「貴女それがしたかったの?」

めぐ「ええ! 水銀燈、死神を待ってる少女になりきって!」

水銀燈「……まだかしら? 早く帰って来て欲しいわぁ」ハァ

めぐ「違うわ。そんな愚痴っぽい台詞はいらないわ。もっとこう、何も喋らずに、ちょっと不安そうな顔で待ってる様に演じて」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:18:16.25 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「……」ソワッ

めぐ「いい感じよ。さらに目もウルウルさせて。まあ実際のシーンは再会するまで顔が隠れてるから目をウルつかせてるかどうかはわからないけど」

水銀燈「……」ウルッ

めぐ「もう少し」

水銀燈「……」ウルウル

めぐ「ぶひいいいいいいいいい!!!!!!」

水銀燈「!?」ビクッ

めぐ「ハア、ハア」

水銀燈「ちょっとぉ、大丈夫?」

めぐ「今の水銀燈の表情、最高だったわ。点滴三リットルはいけるわ」ハアハア

めぐ「さて、次は私ね。戦争が終わって故郷に帰って来た黒い死神。そして感動の再会シーン。まあ私の場合は死人の方が合ってるんだけどね」

めぐ「水銀燈、さっきの役、お願いね」

水銀燈「ええ」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:19:30.67 ID:48O7uYCR0
真面目に付き合ってあげてる銀様の優しさに泣いた




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:20:29.48 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「……」ソワソワウルウル

水銀燈「……!」

めぐ「黒い死神に気付く少女。そして、それに気付いた死神は微笑みながら少女に近付く」テクテク

シャガム

めぐ「少女の目線の辺りにまでしゃがむ死神。何か色々台詞があるんだけどこの際カット」

水銀燈「……」ウルウル

めぐ「ずっと待ち望んでた再会。それと色々台詞があるんだけどこれもカット」

めぐ「そして二人で手を繋いで歩く」ギュ

水銀燈「…」ギュ




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:21:47.26 ID:8VPyQRdH0
テクテクテク(病室の中)

めぐ「歩きながらお互いの顔を見て微笑む」ニコ

水銀燈「…」ニコ

めぐ「ああ、見えるわ! 二人の輝かしい未来が!」

水銀燈(テンション高いわね)

コツコツコツ

めぐ「!! 看護婦だわ。隠れて水銀燈!」
ササッ

水銀燈「……」

めぐ「何? 何か用?」

めぐ「薬? そんな物必要はないわ。どうせ死ぬんだし」

めぐ「いいから早く出てって! 欝陶しいのよ!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:22:58.59 ID:8VPyQRdH0
めぐ「……行ったわ。水銀燈、もう出てきていいわよ」

水銀燈「私が言うのもアレだけど、もう少しまともに接したらぁ? (体の)負担になるわよ?」

めぐ「いいのよ、あんな奴ら。どうせ私の事なんか心配してないんだし」

水銀燈「……まあ、好きにすればいいわ」

水銀燈「でも私が心配しない程度にしてよね」ボソッ

めぐ「何か言った?」

水銀燈「何でもないわぁ」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:25:23.68 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈(元の服)「何?」

めぐ「水銀燈って普段何食べてるの?」

水銀燈「あまり言いたくないけど、生ゴミや狩った獲物(虫など)を主に食べるわぁ。でも、空き缶をいっぱい集めてお金に代えたりお金を拾ったりもするから、たまにご馳走にありつけるわね」

水銀燈「この前なんて奮発して鮭おにぎりを一個買ったの。あの時は嬉しかったわぁ」

めぐ「……」

水銀燈「! ごめんなさい。ちょっと調子に乗りすぎたわ。貴女の食事は病院食なのに……」

めぐ「違うの。水銀燈、すごい苦労してるんだなぁ、って」ウル

水銀燈「だ、大丈夫よぉ。このくらい全然たいしたことないわよ」

めぐ「水銀燈! お腹が空いたらいつでも私の所に来て! いっぱいゲロみたいな病院食食べさせるあげるから」

水銀燈「だから人に(人形だけど)勧めるつもりならゲロみたいなって言わないの」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:27:04.92 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「青春って、良いわよね」

水銀燈「どうしたのよ急に?」

めぐ「なんとなく」

水銀燈「ふぅん」

めぐ「青春、素晴らしいわ」

めぐ「青春スイッチオン! なんちゃって」
めぐ「ねえ水銀燈、私ね、叶わないと思うけどやってみたい事があるの」

水銀燈「どんなの?」

めぐ「学校の男子生徒を全て私の下僕にする事よ」

水銀燈「おい」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:29:24.73 ID:8VPyQRdH0
めぐ「そして、ご褒美には素足で踏み踏みしてあげるの」

水銀燈「うぉい!」ビシッ!

めぐ「それとね、教師達(男)も私の下僕にするの」

水銀燈「やめなさい」

めぐ「なーんてね。今のは全部冗談よ」

水銀燈(全然冗談には聞こえないわぁ)

めぐ「でも桜田君は本当に下僕にして踏み踏みしたいなぁ」

水銀燈「や め な さ い」

めぐ「あと百合は一度でいいからやってみたいわね」

水銀燈「え?」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:31:19.63 ID:8VPyQRdH0
めぐ「柏葉さんも良いけど……ウッ!」

水銀燈「! めぐ!?」

めぐ「心臓が……水銀燈、私もう駄目かも」フラフラ

水銀燈「ナ、ナナナースコール、ナースコールはどこ?」オロオロ

ギュッ(水銀燈の手を握る)

水銀燈「!」

めぐ「捕まえた…!」

水銀燈「……本当に心配しちゃったじゃない。バカ」

めぐ「一番百合をしてみたい相手は水銀燈ね」

水銀燈「え?」

めぐ「ふふふ、それー」

水銀燈「キャッ!?」

以下略




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:32:31.76 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「羽モフモフさせて」

水銀燈「えぇ……」

モフモフモフモフ

めぐ「ハァハァ、モフモフ~モフモフ~」

水銀燈「あまり乱暴にしないで」

めぐ「だって、気持ち良いんだもん」モフモフ

めぐ「ねえ水銀燈、翼大きくして」

水銀燈「えぇ……おもちゃじゃないのよ」ブワッ!




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:33:37.06 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ふへぇ~もっとモフモフ~モフモフ~」

モフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフ

水銀燈「ん……(やだ……ちょっとくすぐったい)」

めぐ「第二ラウンド」

水銀燈「え?」

めぐ「それー」

水銀燈「キャッ!?」

以下略




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:35:14.99 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「私ね、叶わないと思うけど夢があるの」

水銀燈「また下僕作りたいとかじゃないでしょうね?」

めぐ「ううん。今度のは真面目よ」

めぐ「私ね、もし心臓が病気じゃなかったら旅館の女将になりたいの」

水銀燈「ふぅん」

めぐ「それでね、もし高校生くらいの男の子が旅館に来て私の事をおばさん呼ばわりしたらこの世から消してあげるの」

水銀燈「おい」

めぐ「あと、弟みたいなかわいい男の子をいっぱいいっぱい愛でてあげたいな」

水銀燈「結局そっちかい!」ビシッ!




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:37:03.93 ID:8VPyQRdH0
めぐ「水銀燈は何か夢とかある?」

水銀燈「夢も何もアリスゲーム以外ないわよ」

水銀燈「まあ強いて言えばお腹いっぱいになるまで美味しい食べ物を食べる事ね」

めぐ「うっ!」ブワッ

水銀燈「な、何よぉ」

めぐ「ご、ごめんね。あまりにもささやかな願いだったから涙が……」

水銀燈「大袈裟ね」

めぐ「それと水銀燈、もし、あなたが人間だったら何がしたい?」

水銀燈「私が人間? 考えた事もないわぁ」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:39:11.97 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「そうねぇ、私が人間だったら海の家でもやろうかしら。妹や弟みたいな人が一緒に手伝ってくれたら嬉しいわ」

めぐ「へー」

水銀燈「海の家を経営して、そこでイカみたいな女の子も働いて、おふざけが過ぎたらその娘をジャンク寸前になるまでお仕置きしてあげるの」

めぐ「こーら」

めぐ・水銀燈「……」

水銀燈「この話はもうやめましょう」

めぐ「そうね。やめましょう」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:41:06.28 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「めぐ、何読んでるの?」

めぐ「彼岸島よ」

水銀燈「なぁにコレ? 表紙が不気味ね」

めぐ「結構面白いわよ。いえ、ウケるわよ。読んでみて」

水銀燈「貴女がそういうなら」ペラッ

水銀燈「!? 何よコレェ、血とか変な化け物とかグロいのばかりじゃない! これのどこがウケるのよ?」

めぐ「とりあえず一巻分読んでみて」

水銀燈「嫌よ。いくら貴女の頼みでもさすがにこんな気持ち悪い漫画読めないわぁ」

めぐ「読まないとドS美少女めぐ様に変身しちゃうぞ♪」

水銀燈「わかったわ。読むわ」ペラッ

めぐ「ふふ、冗談よ。でも読んでみればわかると思うわ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:43:27.70 ID:8VPyQRdH0
ペラッ、ペラッ、ペラッ、パタン

水銀燈「読んでみたけど、やっぱり不気味な漫画としか思えないわぁ」

めぐ「うーん、水銀燈にはちょっと難しかったかもしれないわね」

水銀燈「とりあえず主人公が吸血鬼と戦う漫画だってのはわかったわ。でも、これのどこがウケるの? 確かにバトル漫画やサバイバル漫画としては面白いかもしれないけど」

めぐ「水銀燈、この漫画はバトル、ホラー、サバイバル漫画の皮を被ったギャグ漫画なのよ」

水銀燈「ハァ? これのどこがギャグ漫画よ? グロシーンばかりじゃない。刃牙ならまだわかるけど」

めぐ「まあギャグ漫画と言うよりはツッコミ所満載の漫画と言った方が正しいわね」

めぐ「水銀燈、人間は吸血鬼の血に感染すると吸血鬼になる事はわかったわよね?」

水銀燈「ええ」

めぐ「でもこの吸血鬼を一刀両断してる明をよーく見て」ペラッ




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:45:03.31 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「……これが何?」

めぐ「何か変だと思わない?」

水銀燈「……吸血鬼の体真っ二つにしてるところかしら。体真っ二つにするって貴方どれだけ腕力があるのよ! って突っ込めばいいの?」

めぐ「惜しい! それも確かに突っ込むところなんだけどそれじゃないの」

水銀燈「じゃあ何よ?」

めぐ「水銀燈、さっきも言ったけど、血に感染したら吸血鬼になるわよね?」

水銀燈「ええ」

めぐ「明が斬った吸血鬼、血がいっぱい噴き出てるわよね?」

水銀燈「そうね」

めぐ「どうしてこんなに大量の血が出てるのに、明は感染していないの?」

水銀燈「!! そういえば!」

めぐ「普通、これだけ血が噴き出せば目や口に入ってもおかしくないわ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:47:59.44 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「たまたまそういう描写だったとかじゃないの?」

めぐ「いいえ違うわ。他のページも見て」ペラッ

水銀燈「これは……!」

めぐ「ゴーグルもマスクもしないでバッサバッサと相手の血が噴き出すくらい斬ってるわ。これは普通に感染しててもおかしくないわ」

水銀燈「本当だわ。変よ」

めぐ「でもね、まだこれは序の口。彼岸島はまだまだ笑わせてくれる所がいっぱいあるの」

めぐ「彼岸島ってとっても小さな島の筈なのに、火山とか峡谷とか豪雪地帯とか、炭鉱とか製鉄所があるの」

めぐ「しかも、五重塔まであるのよ。どれだけ島大きいのよwww」

水銀燈(草……)

めぐ「あとあと、
五重塔の中はなぜか巨大なチワワの化け物(チワワ様)が入るくらい異様なまでに広かったり、
人間を溺死させる様なトラップが仕掛けられてたり、とっ~~~~~ても広い研究所があったり、五重塔とは思えない構造してるの」

めぐ「それとね、まり子に体をフレ/ンダ状態にされた隊長を見て!」ペラッ

めぐ「隊長、体が上半身だけになって歩けないからリュックに入って明に背負ってもらってるの。すごいシュールwwwww」

水銀燈「ふぅん……」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:50:13.87 ID:8VPyQRdH0
めぐ「まさにシリアスな笑い。他にもまだまだいっぱいあるんだけど……駄目、思い出したら笑いが……アッハハハハハハハ!!!」バンバン

水銀燈「……で、貴女、どうしてこれを私に読ませたの?」

めぐ「ハハハ…ハハ……ヒッー、ヒッー……それはね、こういうホラー・サバイバル漫画も、見方を変えるとギャグ漫画と言う全然違うものに変わる。すなわち新しい発見。それは人生においても言える事なの」

水銀燈「人生に?」

めぐ「例えば商店街の福引きで一等を当てるつもりが全部外れてポケットティッシュばかりになったとするわよ」

めぐ「普通は一等当てられなくて悔しいー! ってなるわ。でもね、捉え方、考え方を変えると、福引きはハズレたけどポケットティッシュがいっぱい手に入った。つまり、ティッシュ代が浮いたのよ」

めぐ「そう考えると得でしょ?」

水銀燈「そうね」

めぐ「それだけじゃない。見たい番組が野球が延長したせいで見れない。退屈。でも、延長で余った時間を勉学に使う事が出来る。学力アップ。結果オーライ!」

めぐ「こうやって考え方を変えると、結構得になる事が見つかって楽しいわよ」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:52:00.09 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「何だか無理矢理感が否めないわぁ。でも、貴女が言いたい事って視点、考え方を変えると別の価値観や利益が得られるって事ね」

めぐ「ええ」

水銀燈「それは場合によっては自分の人生を楽しい方向に向ける事も出来る。というかプラス思考」

めぐ「その通りよ」

水銀燈「それなら貴女ももう少し自分の人生を明るい方向n」

めぐ「私は私。でしょ?」

水銀燈「……ええ、そうね」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:53:45.39 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ふふふ、どんどん死期が近づいてきてるわ。ふふふふふふふ」

水銀燈「(また始まったわ。あまり聞きたくないのよね)私、ちょっと出かけるわね」

めぐ「いってらっしゃい。水銀燈、人生はプラス思考よ。プラス思考で出掛ければ何か良い事があるかもしれないわ」

水銀燈「だったら貴女ももう少しプラス思考になりなさい」バサッ!




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:55:49.42 ID:8VPyQRdH0
ガンガンガン

水銀燈「ジュン、開けなさいー。さもないと窓ガラス割るわよー」ガンガン

ガララ

水銀燈「……そんなに睨みつけないでよ。窓ガラスを割るのは冗談よ」

水銀燈「何しに来ただって? 真紅に嫌がらせしに来たの」

水銀燈「え? 今日は皆いない? どうして?」

水銀燈「くんくんの映画を見に行った? ふぅん。で、どうして貴方は家にいるの?」

水銀燈「勉強以外で外に出るくらいなら家でゴロゴロしてた方がいい? 引きこもりらしいわぁ。どこぞの元貧乏姫が歌ってたようなゴロゴロ死体にでもなるつもり?」

水銀燈「!! ちょっと、そんなに落ち込まないで。ごめんなさい。言い過ぎたわ」

水銀燈「な、泣かないでよ。そこまで落ち込むとは思わなかったのよぉ」アセアセ

水銀燈「ほ、ほーら、泣かないで。いい子いい子ねー」アタマナデナデ

水銀燈「ヤクルトあげるから元気になりましょうねー」アセアセ

水銀燈「!! ……嘘泣き? 私の事からかったわね!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:57:13.04 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「ニヤニヤしないでよ! くっ、不覚だわぁ」

水銀燈「もういいわ。真紅達がいないならつまらないし帰るわね」

水銀燈「ん? 真紅達がいない?」

水銀燈(それってつまりこの家はジュンを除けば無防備に等しい)

水銀燈(何かあの子達の弱みとなるモノが見つかるかも……)

水銀燈(これ、プラス思考ね)

水銀燈「気が変わったわぁ。しばらく貴方の家にいるわ」

水銀燈「え? 何か企んでないかですって? 別に。ただの気まぐれよ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:58:48.47 ID:8VPyQRdH0
一階

水銀燈「何かないかしら。弱みになるモノ。特に真紅」キョロキョロ

水銀燈「何もないわねー。それともジュンの部屋にあるのかしら?」キョロキョロ

水銀燈「ん?」

猫「……」

水銀燈「猫じゃない。地味にでかいわね」

猫「……」

水銀燈「さっきから何見てるのよ? 遊んで欲しいの?」

水銀燈「それなら」ブチ(羽を抜く)

水銀燈「ほーら、猫じゃらし代わりよー。食いつきなさい」フリフリ

猫「……」スッ、トコトコトコ

水銀燈「何よ、可愛いげがないわね」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:00:44.88 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「何か、弱みになるモノはないかしら~」

水銀燈「! これ、くんくんのDVDじゃない!」

水銀燈「やだ、見たいわ」

水銀燈「……弱みを握るのは後回しよ」ガチャ

数十分後

水銀燈「くんくんは相変わらず華麗だわぁ。しかも私が見てない回だし。ラッキーね」キャッキャッ

水銀燈「『捜査に必要なのは、どんな小さなことも見落とさない観察力』、相変わらず名言ね。そういえば私が弱みを探すのってくんくんの捜査にそっくりじゃない。私、くんくんの助手になれるかもしれないわぁ!」キャッキャッ

水銀燈「! ジュン!?」ピッ

水銀燈「何しに来たの? え、私? と、特に何もしてないわ」

水銀燈「くんくん? え、ええそうよ。確かに見ていたわ」

水銀燈「べ、別に暇つぶしよ。別にくんくんが大好きってわけじゃないわ。って何ニヤニヤしてるのよ!」

水銀燈「私が子供みたいにはしゃいでた? い、良いじゃない別に! くんくん見てはしゃいじゃ悪い? 貴方もしかしてずっと覗いてたの?
ひどいわぁ! プライバシー侵害よ!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:03:37.08 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「すまぬ…すまぬ…って謝る気なしかい!」

水銀燈「ううう、私の方が弱み握られたわぁ」

水銀燈「? 貴方何してるの? 少し早めの夕食? 貴方料理できるの?」

水銀燈「ああ、冷蔵庫の中に貴方の為に作っておいた夕食があるのね」

水銀燈「ちょっと見せなさい。ふーん、肉じゃがに味噌汁にサラダ。肉じゃがは結構量が多いわね」

水銀燈「……」ジュル

水銀燈「!? 別にお腹なんか空いてないわ! ほら、レンジでチンしてさっさと食べなさい!」

モグモグ

水銀燈「……」ジッー

水銀燈「そんなにジロジロ見られたら食べにくい? 見てなんかないわよ」

水銀燈「え? そういえば今日は髪型が少し違う? あら、気付いてくれたんだ」

水銀燈「意外と似合う? あらありがとう。でもおだてても何も出ないわよ」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:05:16.27 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「……」ジッー

水銀燈「ち、違うわ。私は何も見てな……え、肉じゃが食べていいの?」

水銀燈「い、いいわ。お腹空いてないし」

ガタ、テクテク、カチャカチャ、パカッ、ポン、テクテク、スッ

水銀燈「! ホカホカのご飯!? 私に?」

水銀燈「だ、だから私は……わ、わかったわよ。貴方がそこまで言うなら食べてあげる」

水銀燈「! 箸が大きすぎて使えない……ねえ、スプーンとフォークある?」

スッ

水銀燈「どうも」

水銀燈「(白米は後回しにして最初は肉じゃがね)いただくわ」ブスッ、スッ

水銀燈「……」モグモグ

水銀燈「………………」モグモグモグモグ

水銀燈「美味しーーーーーーーい!!!」ニパァー---!!!




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:06:43.31 ID:6dD2o94NP
   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、  ノ / ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_  
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::::::::::::<_
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |:::::::::::::::::::::::| ̄
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l ̄
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /
    \ く;::::::::::::ノ弓厶ノ| /:::::/\}/ /  /
     \ト、 ̄了了弓イ不ゝ:::::\{厶-‐'j /
        >|二ユノ‐'´/ \,-‐''´廴,-‐'´|/
  , -─':´::::/:::::::::::::::::/\/ ヽ::::::::::::\
/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ ./\  \::::::::::::\




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:07:28.01 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「ハッ!」

水銀燈「ち、違うのよ。これは…って、ニヤニヤするな!」

水銀燈「もう…」モグモグ

水銀燈(白米も美味しいわ)モグモグ

水銀燈「……!」

水銀燈「ねえ、タッパーあったら貸してくれない?」

しばらく時間が経って…

水銀燈「タッパーとフォークはそのうち返すわ」

水銀燈「そうそう、今日私がここに来た事は言わないで。えっ? タッパーとフォークが無いからそのうちバレる? そこは何とかごまかしなさい」

水銀燈「後、くんくんの事も言わないで。って、ニヤニヤしないで! 喋ったらジャンクにするわよ!」

水銀燈「全く、じゃあもう私は行くから。さようなら」

水銀燈「……一つ言い忘れてた事があったわ。ご飯、美味しかったわ。ごちそうさま」ニュプン(nのフィールドに入る)




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:09:25.11 ID:8VPyQRdH0
有栖川大学病院

ニュプン

めぐ「あ、水銀燈」

水銀燈「ただいま」

めぐ「お帰りなさい。あら、それどうしたの?」

水銀燈「真紅のミーディアムから頂いたの」

めぐ「桜田君から? そっか。それじゃあ今度お礼に素足で桜田君の」

水銀燈「やめなさい」

めぐ「あら、肉じゃがだわ」

水銀燈「食べない?」

めぐ「ええ、病院食なんかよりずっと良いわ」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:10:49.59 ID:8VPyQRdH0
めぐ「水銀燈、私に食べさせて」アーン

水銀燈「もう、しょうがないわね。甘えん坊さんなんだから。はい」スッ

パクッ

めぐ「美味しいー! 本当は病院食以外は食べちゃ駄目なんだけど水銀燈が持ってきたものなら全然問題ないわ」

めぐ「じゃあ次は私が食べさせてあげる」

水銀燈「私はいいわ。それに、これは貴女の肉じゃがなんだし」

めぐ「いいのいいの。はい」スッ

水銀燈「じゃあお言葉に甘えるわね」パクッ、モグモグ

めぐ「美味しい?」

水銀燈「美味しいわ」モグモグ

めぐ「水銀燈、肉じゃがありがとう」

水銀燈「……別に礼を言われる程じゃないわ」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:12:55.90 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ねえ水銀燈」

水銀燈「何?」

めぐ「髪とかしてもいい?」

水銀燈「いいわよ」

サラ、サラ

めぐ「ハァ、ハァ」

水銀燈「な、何?」

めぐ「吸血鬼だぞー」

めぐ「水銀燈の首をカプリ」カプッ

水銀燈「やん」ビクッ

めぐ「水銀燈の血をチューチュー」ハムハム

水銀燈「血なんか出ないわよ。ん、ちょっとぉ、やめてぇ」ピクピク




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:14:53.57 ID:8VPyQRdH0
めぐ「ふふ、水銀燈、何か今日は良い事があったみたいね。プラス思考で行動したからかな?」

水銀燈「そうねえ。確かにプラス思考になれば案外ラッキーな事に巡り逢える事はわかったわ」

めぐ「良かったわね。プラス思考万歳ね」

水銀燈「それなら貴女ももう少し自分の人生に希望とか持ちなさいよ」

めぐ「私は私。夢も希望もないわ」

水銀燈「……」

めぐ「でも、一つだけ病気で良かった事があるわね。確かに病気のせいでこんなつまらない人生を過ごしてるけど、病気のお陰でこんな素敵な天使さんに会えたんだから」

水銀燈「そう、良かったわね」

めぐ「あ、水銀燈照れてるー」

水銀燈「て、照れてなんかないわよ」




55 :まいぺーす ◆qgXEy7ZweA :2011/10/04(火) 20:16:45.34 ID:8VPyQRdH0
水銀燈「ねえめぐ、彼岸島貸してくれない?」

めぐ「ええ」スッ

水銀燈「……確かにツッコミ所満載ね」ペラ、ペラ、ペラ

水銀燈「……」

水銀燈「クスッ」



終わり




56 :まいぺーす ◆qgXEy7ZweA :2011/10/04(火) 20:17:34.11 ID:8VPyQRdH0
>>1です。読んでくれてありがとう。




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:17:57.15 ID:Xpxix8df0
乙!




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:19:28.77 ID:6dD2o94NP









真紅「そうね。確かに今日は貴方と私の二人だけね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:20:33.62 ID:8VPyQRdH0
一階

JUM「ふわぁ~」テクテク

真紅「あらジュン、やっと起きたのね。朝のニュース番組はもうとっくに終わってしまったわ」

JUM「昨日ちょっと夜更かしし過ぎた。まだ眠いや。ふわぁ」

真紅「寝不足は良くないわよ。体の調子が狂うわ。勉強でもしてたの?」

JUM「いや、ちょっとネットにハマっちゃって」

真紅「呆れた。ほらジュン、のりがせっかく作ってくれた朝ご飯がもう冷めてしまってるのだわ。レンジで温め直して早く食べなさい」

JUM「はいはい」

真紅「『はい』は一回」

JUM「はいはい。ん?」

真紅「どうかしたの?」

JUM「なあ真紅、そういえば雛苺と翠星石はどこにいるんだ?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:25:30.98 ID:8VPyQRdH0
真紅「二人なら家にはいないわ」

JUM「じゃあどこに?」

真紅「雛苺はみっちゃんさんの家に遊びに行ったわ。翠星石は蒼星石と一緒に薔薇屋敷の手入れをしに行ったわ」

真紅「二人とも長居するから帰りは遅いと思うわ」

JUM「ふーん。あれ? と言うことは今日一日家にいるのは僕とお前だけか」

真紅「そうね。確かに今日は貴方と私の二人だけね」

JUM「久しぶりだな」

真紅「ええ」

JUM「じゃあ一気に静かになるな。まあ、静かな方が良いんだけど」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:27:46.05 ID:8VPyQRdH0
JUM「さて、朝食をレンジでチン、レンジでチンっと」

真紅「ジュン、その前に紅茶を入れてくれない?」

JUM「たまには自分でやれよ」

真紅「あら? 主人に対してそれはないんじゃないの?」

JUM「僕はお腹がペコペコなんだ。いくら僕が下僕だからって食事の楽しみを邪魔していいのか?」

真紅「そうね。頼み方が悪かったわね。ごめんなさい。レンジで温めてる間に紅茶を入れてくれないかしら?」

JUM「まあそれだったら」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:28:47.31 ID:8VPyQRdH0
ブーン(レンジ作動中)

コポコポ

JUM「ほら」スッ

真紅「ありがとう」

真紅「あら、今日は中々良いわね」

JUM「ふふん! 僕がいつまでも紅茶の入れ方が下手だと思うなよ?」

真紅「上達したわね。でも、まだまだ私が求める味には程遠いわ」

JUM「うわっ、ひっでぇ」

真紅「でも、確かに程遠いけど、この味の上達は貴方自身が成長している事にも等しいわ」

JUM「いや~、照れますな~。デュヘヘヘヘ」

真紅「こら、調子に乗らないの。キャラが崩壊してるわよ」

チーン!

JUM「お、温まったか。じゃあ食うか」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:31:04.56 ID:8VPyQRdH0
JUM「ふう、食った食った」

真紅「ジュン! 大変よ!」

JUM「どうした?」

真紅「今くんくんで応募やってたんだけど、なんと! 応募して当選した人には純金くんくんフィギュアが当たるかもしれないんですって!!七名様まで大丈夫なの!!!」キラキラ

JUM「へえー」

真紅「へえー、じゃないわ。ジュン、善は急げよ。ハガキ出して頂戴!」ソワソワ

JUM「わかったわかった。そんなに急(せ)かすな。今食器片付けるから待ってろ」

真紅「黄金に輝くくんくんを私の手の平に!」ソワソワ




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:33:25.16 ID:8VPyQRdH0
ガチャガチャ

JUM「あれー? おかしいなー」

真紅「どうしたの?」

JUM「ハガキが見つからないんだよ」

真紅「ええ!?」

JUM「切らしたかも」

真紅「何ですって!?」

真紅「ああ……なんて残酷なの。こうしてる間にも純金くんくんを狙う輩がハガキを送ろうとしてるのだわ!」ワナワナ

真紅「嫌! 純金くんくんに会えないなんて嫌よ!」

真紅「ジュン、早くハガキを買いに行って!」

JUM「姉ちゃんが帰って来てからでいいだろ?それに、そんなすぐに応募する奴はいないだろ。早く送れば当たるとも限らないんだし」

真紅「何を言ってるの? 世の中にはラジオの応募を聞いてその場でハガキを書いて応募するハガキ職人の主婦だっているのよ! くんくんだってマニアが沢山いるの。
2ちゃ○ねるの実況板でいつも1000レスを超える程の人気なのよ!(再放送は別)」

真紅「ハガキ職人は沢山はいるわ。だから彼らに当選されないように早く買いに行って! 先手必勝なのだわ!」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:36:16.61 ID:8VPyQRdH0
JUM「落ち着け真紅。半狂乱になってるぞ」

真紅「当たり前じゃない。これが落ち着いていられるわけないわ」

JUM「全く、くんくんの事になるといつもこれだ。まさにスイッチが入ったら止まる思考回路じゃないか」

真紅「不完全燃焼になるよりはまだいいわ」

JUM「ハァ、しょうがない。仕度するか」

真紅「くんくん待ってて。必ず会いに行くのだわ」キラキラ

数分後

JUM「じゃあ買いに行くから」

真紅「お願いね。それと、ハガキは50枚から100枚は必要ね」

JUM「!? 待て待て、そんなに必要なのかよ?」

真紅「ジュン、これは戦いよ。数の暴力が勝敗を決めるの。これがお菓子に付いてくるシールを集めて応募するタイプとかだったらしょうがないけど、ハガキだけが必要ならいっぱい送った方が断然良いわ」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:39:28.40 ID:8VPyQRdH0
JUM「いやいや、それで当たるとは限らないだろ」

真紅「当たらないとも限らないわ。それにね、数の暴力はとても恐ろしいのよ」

真紅「EW(エンドレスワルツ)では、
いくら相手を殺してはいけないハンデがあったとは言え、ガンダム勢は数の暴力で追い詰められたじゃない?
ソレスタルビーイングだって、一期の時には数の暴力で追い詰められたじゃない?
劇場版だって、ELSによる数の暴力が原因で追い詰められたわ。相手がチート過ぎたのもあるけど」

真紅「だからね、戦いは数なのよ」

JUM「やだこの子恐い」

JUM「でも僕はそんなにお金持ってないぞ。それに、官製はがきが一枚50円だから、100枚で5000円。50枚で2500円。げっ、全然足りない」

真紅「えぇ……」

JUM「姉ちゃんが今ここにいるならお金の問題は解決するけど、学校に行ってるからな。だからって家のお金をネコババするわけにもいかない」

真紅「そうね。私もネコババしてまでは応募したくないわ」

真紅「ちなみにジュン、今所持金はどれくらいなの?」

JUM「千円ちょい……」

真紅「……」ズーン

JUM「いやだってしょうがないだろ! 引きこもりだから外に出る機会少ないんだよ! そりゃあ図書館には行くけどお金は使わないだろ!」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:43:12.78 ID:8VPyQRdH0
真紅「くんくん……」ズーン

JUM「そんなに落ち込むなよ。それにたくさん応募すれば良いってわけじゃないんだぞ」

JUM「ハガキにマーカーで色を付けたりしてハガキを目立つ様にすれば、当たる確率も上がる。
他にも、液晶テレビを当てたい時にハガキに『つい最近子供が生まれたばかりで新しいテレビを買う余裕がないんです』とか書いて相手の同情を誘うやり方もある」

JUM「量より質だ。ホワイトベースも戦争を生き残れた理由の大半が白い悪魔の性能と天パのニュータイプのお陰だ。主人公補正もあるけどさ。
∀の前じゃどれだけ多くのモビルスーツを用意したって、月光蝶の前じゃ一部のモビルスーツを除けば瞬殺さ」

JUM「そしてその一部のモビルスーツが瞬殺されないのはモビルスーツの性能が良いからだ。同じターンタイプならまだしも、クアンタなら生き残る可能性はあるだろ?」

真紅「月光蝶は質とは関係がない気がするわ。でも確かにそれも一理あるわね」

真紅「わかったわ。ハガキは10枚くらいでいいわ」

JUM「それでも10枚も買わなきゃいけないのかよ。やれやれだな」

JUM「じゃあ、そろそろ行くよ」

真紅「行ってらっしゃい。頼むわね」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:46:01.27 ID:8VPyQRdH0
テクテクテク、ガチャ、バタン

真紅「ハァ、ジュンが行ったら何だか気が抜けちゃったわ」

真紅「でも、純金くんくんは絶対に手にいれたいわ」

真紅(裏声)「こんにちは真紅」

真紅「くんくん!? くんくんなの?」クルッ

真紅(裏声)「ああ、そうだよ。真紅、君が応募してくれたお陰で僕は君に会えたんだ。会えて嬉しいよ真紅」クルッ

真紅「あああ……くんくん、貴方、とっても輝いてるのだわ」クルッ

真紅(裏声)「純金だからね」クルッ

真紅「素敵。百式やアカツキよりも、そしてゴルドランよりも黄金で高貴よ」クルッ

真紅(裏声)「真紅、もしよろしければ僕と踊ってくれないかい?」クルッ

真紅「ええ。喜んで」クルッ




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:47:41.58 ID:8VPyQRdH0
「ククク……」

真紅「!? その声はジュン?」クルッ

JUM「やべぇ……もう我慢出来ねえ」プルプル

真紅「ど、どうしてここに? ハガキは?」

JUM「実はな、お前が一人で何してんのか気になって玄関の扉が開く音だけを出して、外に出たふりをしてお前にばれない様に家にいたんだよ」

JUM「それで覗いてみたらお前ププッ、一人でブハッ、何か演じてるハハハハッーーーーハ!!」

真紅「笑わないで! それよりもさっさとハガキを買いに行きなさい!」

JUM「ぷくく、行ってきまーす」ニヤニヤ

真紅「ニヤニヤしない!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:48:02.47 ID:uL2mSNTT0
ニヤニヤジュンさん




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:50:37.87 ID:8VPyQRdH0
ガチャ、バタン

真紅「出てったふりしてないわよね?」サササッ

真紅「良かった。本当に出てってくれたわ。全く、恥を書いてしまったのだわ」

真紅「くんくん(ぬいぐるみ)に慰めてもらいましょう」

ポフッ

真紅「くんく~ん」スリスリ

真紅(裏声)「どうしたんだい真紅? すごい悲しそうな顔をしてるよ」

真紅「聞いてくんくん。私、ジュンに虐められたの」

真紅(裏声)「Oh……一体何があったんだい?」

真紅「私が金ぴかの貴方に会う時のイメージトレーニングをしてるのをジュンが見てて、それを馬鹿にしたの」

真紅(裏声)「かわいそうな真紅。僕が原因でそんな辛い目にあってたんだね。すまない真紅」

真紅「いいえ。貴方は何も悪くないわくんくん。悪いのは全部ジュンよ」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:53:19.84 ID:8VPyQRdH0
真紅(裏声)「ああ真紅、君はなんて優しいんだ。優しくて気高くて美しい真紅。
その傷ついた心を癒してあげたい」

真紅(裏声)「真紅、僕で良ければいっぱい甘えて欲しい。僕の胸の中で思う存分涙を流してくれ」

真紅「ありがとうくんくん。貴方みたいな素敵な紳士の胸の中で泣けるなんて、私は幸せ者よ」ギュッ

真紅「! 視線を感じるわ」クルッ

JUM「窓からこんにちは。プクク、腹が痛い。何やってんだよお前」ピクピク

真紅「ジュン!!」

JUM「やばい……最高ブォハハハハ!!!」

真紅「早く行きなさい!!!」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:55:08.33 ID:8VPyQRdH0
数十分後

JUM「ただいまー」ガチャ

真紅「お帰りなさい……」

JUM「ほら、買ってきたぞ」スッ

真紅「ええ」パッ

JUM「何だよ冷たいな」

真紅「当たり前じゃない。あれだけ馬鹿にされたら」ツン

JUM「ごめんごめん。僕も調子に乗りすぎたよ」

真紅「……」プイ、スタスタスタ

JUM「お、おい」

真紅「……」スタスタスタ

JUM「……本当にごめん」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:56:03.10 ID:8VPyQRdH0
ピタッ

真紅「……ジュン、ちょっとこっちにいらっしゃい」

JUM「あ、ああ」テクテク

真紅「しゃがんで」

JUM「こうか?」シャガム

真紅「私の方に顔近づけて」

JUM「お、おお」ドキッ

真紅「それ」ビンタ!

JUM「痛ッ」ペチ

真紅「ハガキ買ってきてくれたからビンタは弱めにしたわ。これで許してあげる」

JUM「……うん」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:57:39.89 ID:8VPyQRdH0
真紅「さっそくだけどジュン、ハガキを書いてくれないかしら」

JUM「宛先はメモしたのか?」

真紅「録画したから問題ないわ。今見るわね」

数分後

真紅「応援メッセージは赤のマーカーで目立たせて」

JUM「ああ」

真紅「それとペンネームはエリーホよ」

JUM「おう」

真紅「二枚目行くわよ。二枚目はもっと情熱的なメッセージにするわ」

JUM「根気が入るな、ホント」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 20:59:41.28 ID:8VPyQRdH0
真紅「……ジュン」

JUM「何だ?」

真紅「さっきはビンタしてごめんなさい」

JUM「いいよもう。悪いのは僕だし。それに謝る必要ないじゃん」

真紅「でも、いくら貴方が私を馬鹿にしたからと言っても、のりの帰りを待たないで、貴方になけなしのお金で半ば強制的に買いに行かせたんですもの。ストレスも溜まるわ。あんな行為に走ってもしょうがないわよね」

真紅「くんくんの事で盲目的になってた私にも非があるわ。ごめんなさい。それとジュン、ハガキ買ってきてくれてありがとう」

JUM「ん、うん」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:01:19.78 ID:8VPyQRdH0
JUM「ふぅー、五枚目も書き終わったぞ」

真紅「今日はこのくらいでいいわ」

JUM「もう書かなくてもいいのか?」

真紅「確かに善は急げとは言ったけど、残りは間隔をあけて応募するのが良いわね。当選の確率を上げるためにも」

JUM「わかった。じゃあポストに入れてくるよ」

真紅「ありがとう。お願いね」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:03:22.62 ID:8VPyQRdH0
そして

JUM「ただいま」

真紅「お帰りなさい」

JUM「いやぁ疲れた。今日は二回も外出しちゃったよ」

真紅「体の運動には良いと思うわよ」

ギュルルルル

JUM「ん、腹減ったな」

JUM「昼飯は……ないか」

JUM「まあお米だけでも食うか」パカッ

JUM「げっ!? 炊飯器の中空っぽだ」

真紅「そういえば今日はのり、寝坊したみたいだから結構急いでたわね」

JUM「マジかよ。じゃあ帰ってくるまで我慢するしかないか」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:04:49.06 ID:8VPyQRdH0
真紅「作ってあげてもいいわ」

JUM「え?」

真紅「料理、私が作ってあげてもいいわよ」

JUM「全力で遠慮します」

真紅「……あら、そんな言い方はないじゃない?」ピクピク

JUM「いやいや、真紅さんに料理を作らせるなんてとんでもない。真紅さんはいつもの様に家でくつろいでいれば良いのです」

真紅「何急に敬語になってるのよ? それに、私は貴方が見てない所でちゃんと練習してるのよ」

JUM「でもなあ……」

真紅「見てなさいジュン。涙が出るくらい美味しい料理を作ってあげるから」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:06:08.91 ID:8VPyQRdH0
真紅(エプロン)「さて、準備は出来たわ」

JUM「(不安だな)何を作るんだ?」

真紅「材料見てみたんだけど野菜炒めが無難ね」

JUM「野菜炒め……」ゾクリ

真紅「そんなに怯えないでよ。大丈夫だから」

JUM「なあ、手伝おうか?」

真紅「結構。一人で出来るわ。ジュンはテレビでも見てて」

JUM「……ああ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:07:15.33 ID:8VPyQRdH0
ピッ

JUM(テレビ視聴中)「ちゃんとした料理が出てきますように」

トントントン、ガシャーン! キャッ、タイヘンナノダワ! ウッ! コッチハメチャクチャナノダワ!

JUM「大丈夫だよなあ……?」ガタガタ

40分後

真紅「ジュン、出来たわよー」

JUM「おお……」スタスタ

真紅「どうかしら?」スッ

JUM「! ちゃんとした野菜炒めになってる……!?」

真紅「失礼ね。練習してるんだから当たり前じゃない」

JUM「(これは期待出来るかもしれないな)食べてもいいか?」

真紅「ええ。もちろん」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:09:02.17 ID:8VPyQRdH0
シャキン!(箸の音)

JUM「いただきます」スッ、パクッ

モグモグモグモグ

真紅「どうかしら? ジュン?」ソワソワ

JUM「……」モグモグ

JUM「…………」モグモグモグモグ

真紅「ジュン?」

JUM「マッズウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!???」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:10:23.30 ID:8VPyQRdH0
真紅「え?」

JUM「うっぷ」シュタタタタタタ!

ガチャ、オエエエエエエエエ! ビチャビチャ……、ジャー!

JUM「……」スタスタ

真紅「ジュン……?」

JUM「ふう、すっきりした」キラキラ




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:11:52.75 ID:8VPyQRdH0
真紅「ひどい! いくら何でもそれは作ってくれた人に失礼だわ!」

JUM「じゃあ食ってみろ。涙が出るほど不味いぞ」

真紅「そんなの、食べてみなきゃわからないわ」パクッ

モグモグモグモグ

JUM「どうだ?」

真紅「普通に美味しい…じゃ……ない……………」

真紅「うっぷ」シュタタタタタタ!

ガチャ、オエエエエエエエエ! ビチャビチャ……、ジャー!

真紅「……」スタスタ

JUM「真紅……?」

真紅「ふう、すっきりしたのだわ」キラキラ




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:15:00.34 ID:8VPyQRdH0
それから……

JUM(そろそろ上で勉強するか)

JUM「真紅、ハガキ、二階に持ってくから必要になったら言ってくれ」

真紅「わかったわ……」

二階

JUM「さて、勉強勉強」

ガンガンガン

JUM「何だ?」

ガララ

JUM「ああ、お前か。あんまり窓ガラス叩くなよ。本当に割れるからさ」

JUM「で、何か用か?」

JUM「タッパーとフォークを返しに来た? そういえばお前に貸してたな」

JUM「うん。確かに受け取ったよ」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:17:32.20 ID:8VPyQRdH0
JUM「ん? 何見てるんだ?」

JUM「何も見てない? いや、確かに何か見てただろ?」

JUM「意地張るなよ。しかも見てないって言っときながら何か見てるし」

JUM「お前の視線の向こうにあるのは……ハガキ?」

JUM「どうしてハガキなんか……そうか、お前もくんくんを見てハガキが必要になったのか」

JUM「何の事だって?とぼけても無駄だ。思いっきりきょどってるぞ」

JUM「純金くんくんなんか興味ない? おや、僕は純金くんくんだとは一言も言ってないぞ」

JUM「まだ認めないか。ふふふ、意地っ張りな奴よのぉ……」

JUM「ハガキが欲しいんだろ? そうなんだろ? そうなんだろ?」

JUM「! いや、土下座するなよ。ヤクルトと交換してってお前……別にいいよ。ハガキくらいタダであげるさ」

JUM「そんな号泣しなくても……え? もしかしたら当選者発表の時にくんくん見れないかもしれないからペンネーム覚えといてくれないかだって?」

JUM「まあ、別にいいけどさ。ペンネームは……ヤクルト大好き娘。うん。わかった」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:19:57.37 ID:8VPyQRdH0
一階

真紅「料理もっと上手になれないかしら……」

真紅「さすがの私も落ち込むのだわ」ショボン
真紅「ちょっと外の空気でも吸って気分でも変えようかしら」テクテク

ガララ

真紅「深呼吸して暗くなった心をヒィイイイイイイイイイイイイ!!!?」

猫「……」

真紅「猫なのだわ……!?」ガタガタ

猫「……」

真紅「ク、ククククッキーとマジックハンドはどこ? どこにあるの?」ガタガタ

真紅「あ、あったわ。ほ、ほ~れ、お前の好きなクッキーよ~。あ、これデジャヴっぽいのだわ」ガタガタ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:21:09.80 ID:8VPyQRdH0
猫「!」クンクン、パクッ、バリボリ

真紅「い、いい子ねー。オ、オーホホホ」プルプル

猫「……!」スッ、タッタッタッ

真紅「どうしたのかしら? もう帰るの? まあ私としてはその方が助かるんだけど」

ポツ

真紅「あら?」

ポツ、ポツポツポツ、ポツポツボツポツ

ザッーーーーーーーーー!!

真紅「雨だわ。大変! そういえば今日はのり、洗濯物出したままだったのよね。早くジュンに知らせないと」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:22:54.31 ID:8VPyQRdH0
JUM「……お?」テクテク

真紅「! ジュン、調度良かった。今雨が降ってるんだけど洗濯物干しっぱなしなままなの」

JUM「マジかよ。早く入れなきゃな」

真紅「! そのタッパーとフォークはどうしたの?」

JUM「ちょっとな」

数分後

JUM「うわぁ……せっかくの洗濯物が濡れちまったよ」

真紅「Oh……」

JUM「濡れなかった服もあったからまだ助かったけど。しょうがない、また洗うか」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:24:36.37 ID:8VPyQRdH0
洗濯物を洗濯機の中に入れて一分後

真紅「ねえジュン」

JUM「何だ?」

真紅「さっきのタッパーとフォークはどこから?」

JUM「ちょっとな」

真紅「そういえばこの前のりがタッパーとフォークが足りないって言ってたわね。貴方何に使ったの?」

JUM「ちょっと個人的な事に」

真紅「……何か隠してるわね」

JUM「隠してなんかないよ」

真紅「そうかしら? 目が泳いでるわよ」

JUM「し、知らないな」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:26:34.34 ID:8VPyQRdH0
真紅「隠し事されると少し寂しいわね」

JUM「んー、そんな風に言われたら僕も罪悪感を感じるな。ならこうしないか?」

真紅「何を?」

JUM「オセロ対決でお前が僕に勝ったら話すよ。逆に僕がお前に勝ったらもうこの事は追及しないでくれ」

真紅「……いいわよ」

そして

JUM「これで良し」

JUM「じゃあ始めるか」

真紅「ええ。すぐに吐かせてあげるわ」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:27:30.22 ID:8VPyQRdH0
数分後

真紅「負けた……」

JUM「ふふん」

真紅「も、もう一回、もう一回勝負よ。さっきのは調子が悪かったのよ」

JUM「ふふ、いいぞ」

数十分後

真紅「あれから三回も負けた……」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:29:01.83 ID:8VPyQRdH0
JUM「どうする? まだやるか?」

真紅「もういいわ……」

JUM「おや? 僕にはまだやりたそうに見えるぞ」

真紅「別にそんな事ないわ。強いわね、ジュン。参ったわ」

JUM「それで良いのか? まだ未練たらたらに見えるぞ」

JUM「不完全燃焼なんだろ? そうなんだろ? そうなんだろ?」

真紅「貴方それが言いたいだけでしょ。でもそこまで言われたらやらないわけにはいかないわね! いいわ。ここからが本当の勝負よ!」

真紅「オセロ界のハチワンダイバーの力、見せてあげる!」

数分後

真紅「……」ズーン




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:32:17.41 ID:8VPyQRdH0
JUM「もうやめるか?」

真紅「実力差がありすぎるわ。キョンと古泉並の実力差じゃない」

JUM「じゃあこれで終いだ」

真紅「ねえ、どうしても聞いちゃ駄目?」

JUM「駄目だな」

真紅「う、ううう……」シクシク

JUM「な、泣いたふりするなよ。僕はそんなんで騙されないぞ」

真紅「ひどいのだわ……私は貴方の事が心配でヒクッ、聞いてるのにクスン」ポロポロ

JUM「(え? マジ泣き?)ちょ、ちょっと待てよ真紅」

真紅「私は……貴方のドールなのにヒクッ隠し事だなんて……」ポロポロ

JUM「わかったわかった。言うよ。あのタッパーとフォークは実は水銀燈に貸したんだよ」

真紅「水銀燈に?」クスン




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:33:50.73 ID:8VPyQRdH0
JUM「ああ。あいつ、この前姉ちゃんとお前らがいない時にやって来てさ、それで僕が早めの夕食を食べようとしたら、ヨダレ垂らしてご飯を物欲しそうに見てたんだよ」

JUM「なんか可哀相だからあいつにもご飯食べさせたんだよ。それであいつが天使みたいな顔で美味しそうに食べてたらさ、水銀燈の奴、タッパーに入れて持ち帰りたいって言ったから貸したんだよ」

真紅「そうだったの。まあ大体予想はついてたけどすぐに言って欲しかったわ」ケロッ

JUM「水銀燈に口止めされてたんだよ。来た事誰にも言うなってさ。ていうかお前結局嘘泣きかよ」

真紅「こうでもしなきゃ言ってくれないじゃない。涙は女の武器よ」

JUM「お前意外と黒いな。ってか予想してたんなら聞かなくてもいいじゃん」

真紅「確信が欲しかっただけよ」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:40:22.32 ID:8VPyQRdH0
真紅「けど、嘘泣きはしたけど寂しかったのは本当よ」

JUM「ごめん。でも水銀燈に口止めされてたし」

真紅「まあ口止めされてたら仕方がないわよね」

真紅「ただ、別に脅されて口止めされてたわけでもなさそうだったから、ちょっと嫌だったの。なんだか避けられてる様な感じがして」

JUM「む、それはないぞ。なんだかんだでお前は僕にとって大切なドールなんだからさ」

真紅「え……?」

JUM「!? ち、違うぞ! そういう意味で言った訳じゃないからな。家族と言う意味でだ。雛苺も翠星石もそうだ!」

真紅「……ふふ」

JUM「わ、笑うなよ」

真紅「ねえジュン、ちょっとお願いがあるんだけど良いかしら?」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:42:52.44 ID:8VPyQRdH0
ポフッ

JUM「座る所はここで良いのか?」

真紅「ええ。くんくんの再放送は貴方の膝の上に座りながら見たい気分なの」

JUM「それにしてももうすぐ5時か。一日があっという間だな」

真紅「そうね。後は皆が帰って来て夕食を食べて、眠りにつく。そしてまた明日がやって来る」

JUM「だな」




57 :まいぺーす ◆qgXEy7ZweA :2011/10/04(火) 21:44:28.54 ID:8VPyQRdH0
真紅「ねえジュン、私ね、またいつか貴方に私の料理を食べて欲しいの」

JUM「全力で遠慮する」

真紅「こら、話は最後まで聞きなさい。確かに今回の料理は最悪だったわ。だから私ね、また貴方に料理を食べさせる時が来るまでいっぱい練習しようと思うの。もちろん味見もちゃんと確かめるわ」

JUM「期待しないで待ってる」

真紅「そこは期待しなさいよ」

JUM「ごめんごめん」

真紅「もう……でも、もしその時が来たら」

真紅「貴方と二人っきりで食事がしたいわ」



終わり




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:45:09.64 ID:6dD2o94NP









---------------
当ブログについて
※欄779、800、806さんありがとうです。



ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)
ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)PEACH-PIT

集英社 2011-11-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:   #-: 2011/10/11(火) 01:23: :edit
    イイハナシダナー
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 01:43: :edit
    海の家は中の人つながりか
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 01:43: :edit
    はっ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 01:43: :edit
    水銀燈のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 01:55: :edit
    いいねぇ...
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 02:46: :edit
    さすがめぐだ、すげェ!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 03:12: :edit
    このめぐは、めぐの皮を被ったみっちゃんだとおmうわ何を。
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 06:50: :edit
    008getだぜ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 09:45: :edit
    死神とか何かと思ったら
    下半身ふっ飛ばされた気がしたけどそんな事はなかったぜ
    を真顔でやったあの駄ニメかw
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 10:03: :edit
    銀様の普段の髪型が思い出せねえ
    帰ったら原作読むか
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 10:13: :edit
    ヴィクトリカ銀ちゃんだと……!
  12. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/10/11(火) 10:45: :edit
    真紅「欲しいものは必ず手に入れる主義なの♪」
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 11:30: :edit
    今年に入ってぷん太にどのくらいローゼンSSがあるか調べてみたら20もなかった。本当に減ったな…
    それと調べてみて思ったんだけど、この作者のローゼンSS、薔薇水晶がバイトするSSからこのSSまで並べてみると、
    薔・雪→翠・蒼→雛・金→銀・紅ってそれぞれ対になって順番に載ってるのは気のせいか?
  14. 名前: 人間七七四年 #-: 2011/10/11(火) 22:20: :edit
    10月投下か。
    ローゼンでまだここまでのSSが読めるとは。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/11(火) 23:47: :edit
    やっぱり真紅はいいな
    好きだ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/12(水) 02:03: :edit
    今月は3本めだな。ローゼン。ぷんたもがんばってくれてうれしいかぎりだ。
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/12(水) 04:55: :edit
    なんだ、銀ちゃん可愛いじゃん
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/15(土) 17:35: :edit
    >>23 >>50 あたりの
    「素足で踏み踏み」の意味がわからん人は
    11月18日発売の6巻を読んで
    しっかり確認すること。
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/21(金) 23:03: :edit
    ローゼン3期やんないかしら
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/06(月) 08:53: :edit
    めぐ×銀ハアハア
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/01(金) 08:52: :edit
    ※19
    時期は未定だけど再アニメ化決定なのだわ!
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/08(月) 09:08: :edit
    なかなか良かった!めぐと銀様、ジュンと真紅、良いコンビだよホント!
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/06/05(水) 00:58: :edit
    ※21
    新アニメは今年の夏!7月から放送なのだわ!
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/07/04(木) 00:42: :edit
    ※23
    楽しみなのだわ!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。