金糸雀「カナはもっと目立ちたいかしら!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/01(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:26:07.57 ID:bPArvD6L0
金糸雀「今日も桜田家潜入大作戦かしら」

金糸雀「まずは双眼鏡で敵情視察かしら」カチャ

ジッー

金糸雀「ふむふむ。お庭には誰もいない。一階には真紅と雛苺と蒼星石に翠星石。
だいたいいつものメンバーかしら。ジュンは多分二階かしら」

金糸雀「真紅は読書中。雛苺はお絵かき。蒼星石はカメラの調整。翠星石は制服を着てナイフの素振り。怪しい所は無し」

金糸雀「潜入開始かしら」

ソロリソロリ

金糸雀「今日は潜入がスムーズかしら」

金糸雀「さて、一階の様子は……変化なし」

金糸雀「皆がいなくなるまでお庭で待機するかs」

水銀燈「銀ちゃんトルネェエエエエエエエエエエド!!!!」パリーン!

金糸雀「!?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:29:44.94 ID:bPArvD6L0
真紅「水銀燈!?」

水銀燈「真紅ゥ! 今日は久々に殺り合うわよぉ! たまには体を動かさないと体が怠けるわぁ」

真紅「すぐに追い払ってやるのだわ!」

雛苺「うわー! 怖いのよー!」

蒼星石「僕も援護する。レンピカ!」シュウウン、シャキン

翠星石「ヤンデレナイフで切り刻んでやるです!」ブンブン

金糸雀「あわわわ、大変かしら」

水銀燈「ほらほらほらぁ!」シュピピピ

蒼星石「く、くそ」

真紅「だわー!」ビュオオオ

翠星石「ですー!」メキメキ

雛苺「頑張れー!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:31:02.24 ID:bPArvD6L0
水銀燈「そいやそいや!」ドラゴン!

真紅・翠星石・蒼星石「わあああああああ!!?」ドォーン!

水銀燈「まだまだぁ!」シャキン

金糸雀「まずいかしら。ピチカート!」シュウウン!

金糸雀「攻撃のワルツ!」ギュオオオ!

水銀燈「! くっ!」ツバサガード!

金糸雀「危なかったぁ」

真紅「! 今だわ」ステッキ!

ガキンガキン

水銀燈「くっ、運がいいわね」ガキン

真紅「貴女こそ悪運が強いわね」ガキン

金糸雀「……?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:32:30.97 ID:bPArvD6L0
蒼星石「やー!」

翠星石「あたー!」

水銀燈「せーい!」

金糸雀「カ、カナも援護しなくちゃ」

金糸雀「追撃のカノン!!」キーキキーキー!

水銀燈「!? ああああ!! 頭に響く! 誰よ? こんな真昼間から大音量で音楽流してる馬鹿は?」

金糸雀「え?」

真紅「はいはいはいー!」

水銀燈「チィ! 何だか不利になってきたわぁ。今日はもうこのくらいにするわぁ」バサッ、ピューン!




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:33:42.04 ID:bPArvD6L0
雛苺「わーい。追い払ったのー」

真紅「ふぅ、激しい戦いだったのだわ」

蒼星石「でも家がボロボロだ」

翠星石「水銀燈も迷惑な奴です」

金糸雀「あのー」

JUM「うわああああああああ!!!!? 家の中がめちゃめちゃじゃないか!」

真紅「ジュン、水銀燈が襲って来てだわわーな展開になったの」

JUM「どうすんだよコレ。姉ちゃんに何て言ったらいいんだ?」

金糸雀「あのー」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:35:06.05 ID:bPArvD6L0
真紅「しょうがないわね。直してあげるから待ってなさい」

金糸雀「カナも手伝うかしら」

JUM「しょうがなくねーよ。しかも僕の体力ごっそり奪われちゃうじゃないか。誰か他に手伝う奴いないのか?」

金糸雀「……」

蒼星石「ごめんね。僕達は何も出来ないや」

翠星石「そういう訳だからチビ人間ファイトです」

雛苺「ジュン、持ちこたえるのよー」

真紅「ハァ、一人で直すのは大変ね」

金糸雀「皆無視しないで欲しいかしらー!」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:36:44.07 ID:bPArvD6L0
真紅「あら、金糸雀?」

翠星石「一体いつからいたんです?」

金糸雀「皆が水銀燈と闘ってる時からかしら! ひどいかしら! せっかく皆の援護もしたのに!」

真紅「じゃあさっきのラッキーな強風は貴女だったのね」

蒼星石「そういえばさっき大音量で流れてた音楽も君だったのか」

金糸雀「ラッキーな強風って何? 大音量で流れてた音楽って何? わざとらしい言い方しないで! 新手の嫌がらせかしら!?」

翠星石「嫌がらせって言われても……」

雛苺「ヒナ達、闘いに夢中で全然気付かなかったのー」

金糸雀「気付かなかったって……」

ピチカート『!!』ヒュンヒュン

金糸雀「? 手帳を見て? ま、まさか!」パラパラ

金糸雀「や、やっぱり。今日はド空気の日かしらー!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:39:25.33 ID:bPArvD6L0
蒼星石「ド空気の日?」

金糸雀「実は、カナは自分の空気の度合いを研究して、どの日が空気だったり空気じゃなかったりするのかを調べたかしら。占いみたいなものかしら」

金糸雀「そして今日はド空気の日。占いで例えると仏滅。カナが一番目立たない日かしら」

JUM「いきなりな設定だな」

金糸雀「すっかり忘れてたかしら。その日は透明人間にも等しいくらいの空気になるかしら。でも、まさか援護までがあの扱いになるほどひどい日だとは思ってもなかったかしら」

金糸雀「どうりで潜入がスムーズに行ったわけかしら……」

真紅「金糸雀、家直すから貴女も手伝って」

金糸雀「あ、うん……」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:40:36.75 ID:bPArvD6L0
しばらく時間が経って……

キラーン!

真紅「これで終わりね」

JUM「ああ……」ゲソー

のり「ただいまー」

真紅「お帰りなさい。のり」

のり「今日も皆来てるわね。よーし、お姉ちゃん今日も皆の為に花丸ハンバーグを作るわよー」

雛苺「やったー」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:42:29.72 ID:bPArvD6L0
のり「はーい。花丸ハンバーグよー」

雛苺「わーい」

のり「ふふ、全員分作るのは大変だったけど、皆の嬉しそうな顔を見てたら疲れも吹っ飛んだわ」

ピチカート「!」ヒュンヒュン

真紅「ピチカート?」

金糸雀「あのー」

JUM「しまった! お前の事すっかり忘れてた!」

のり「え……金糸雀ちゃん居たの……?」

金糸雀「う、うん……」

のり「ご、ごめんね! 今すぐ新しい花丸ハンバーグ作るから!」

金糸雀「き、気にしないで……」

金糸雀「……」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:44:14.17 ID:bPArvD6L0
金糸雀「ハァ……今日は本当に最悪だったかしら」

ピチカート「!」チカチカ

金糸雀「今日はド空気の日だからしょうがない? そうなんだけど……この日はイジメにも近いから嫌かしら」

金糸雀「ハァ、カナは空気ドールかしら」

ピチカート「!!」ヒュンヒュン

金糸雀「大丈夫。私はそんな空気な金糸雀を応援してる? ありがとうかしら。ピチカート」

金糸雀「でも、私は空気キャラを卒業したい」

金糸雀「カナは、カナは……」

金糸雀「カナはもっと目立ちたいかしら!」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:47:06.71 ID:bPArvD6L0
金糸雀「ねえ、みっちゃん」

みつ「なーにー?」

金糸雀「カナってやっぱり空気かしら?」

みつ「そんな事ないよー。カナは空気どころか私にとっては太陽の様に目立ってるんだからー」スリスリスリ

金糸雀(みっちゃんだけかしら。ド空気の日でもまともに相手してくれるのは。ああ、今日はこの摩擦が愛おしく感じるかしら)

金糸雀「みっちゃん!」

みつ「なーに?」スリスリスリ

金糸雀「カナはもっと輝く存在になってみせるかしら!」

みつ「キャー! カナが太陽どころか銀河の様に大きな存在になっちゃうー!」スリスリスリスリスリスリ!




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:49:15.99 ID:bPArvD6L0
金糸雀「と言う訳で、錬金術やら魔術やらの本をいっぱい集めてカナの魅力をアップさせる薬を作るかしら」

ピチカート「!」チカチカ

金糸雀「いきなりぶっ飛んだ展開になった? うん。それは分かってるかしら」

金糸雀「でも空気なカナが目立つにはそれしかないかしら」

ピチカート「!」チカチカ

金糸雀「ちょっと邪道? ピチカート、それは間違ってるかしら」

金糸雀「人間の女性はお化粧や香水を使って自分の魅力を上げてるかしら。カナがやる事はそれと同じ」

ピチカート「……!」チカチカ

金糸雀「理解してくれてありがとうかしら。薬の精製はカナのフィールドでやるかしら」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:53:47.18 ID:bPArvD6L0
数週間後

金糸雀「駄目かしら! 失敗作ばかりかしら」ドン!

金糸雀「どうして……どうして出来ないのかしら!」

ピチカート「!」ヒュンヒュン

金糸雀「この際化粧とかで済ませたら? 駄目かしら! その程度じゃカナは空気キャラを脱却出来ないかしら!」

金糸雀「もっと研究しなきゃ……カナの頭脳は伊達じゃないかしら!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:56:41.98 ID:bPArvD6L0
一週間後

金糸雀「ゴクゴク、プハァ」

金糸雀「どうピチカート? 何かオーラ的なモノは感じる?」

ピチカート「……!」ヒュンヒュン

金糸雀「駄目……か」

金糸雀「あーあ、全然完成しないかしら。ちょっと精神的に疲れてきたかしら」

ピチカート「!」

金糸雀「もうやめたら? 金糸雀は今のままでも十分魅力的? いいえ。空気キャラである限りカナは日の目を見ないかしら」

金糸雀「でも、どうしてカナだけ空気キャラなのかしら? 不公平かしら」

金糸雀「……空気キャラ? その手があったかしら!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:58:33.32 ID:bPArvD6L0
ピチカート「?」

金糸雀「カナが目立てないなら、皆をカナより空気キャラにしちゃえば良いかしら!」

ピチカート「!?」ヒュンヒュンチカチカピューン

金糸雀「アカン! それはアカン! そんな事したらカナちゃんダークサイドに堕ちるで? ふふ、もうカナはとっくにダークサイドに堕ちてるかしら」

金糸雀「それに、皆には思い知って欲しいかしら。空気キャラがどれだけ辛い事か」

ピチカート「!!!」チッカチッカ!

金糸雀「それしちゃったら皆ローゼンメイデンじゃなくなる! エアメイデンや!
そしたら皆空気すぎてどんなお話かも分からなくなってしまうやん? ちょっ、カナはそこまで空気じゃないかしら。ド空気の日は別だけど。
それよりもピチカートってエセ関西弁だったのね」

金糸雀「とにかく、やるったらやるかしら! へへへ、カナは悪の道を行くかしら」

金糸雀「かっーしっらっらっら! かっーーしっらっらっら! かっーーーしっらっらっら!」




23 : ◆qgXEy7ZweA :2011/09/09(金) 00:00:03.20 ID:Tlbau1T70
三日後

金糸雀「出来た……空気キャラになる薬」

金糸雀「これで皆をカナより空気キャラにするかしら!」

金糸雀「その前に失敗作じゃないか確かめなきゃ。誰かで試してみるかしら!」

数時間後・nのフィールド

金糸雀「こいつで決まりかしら!」

ピチカート「!!!!!!!」ビカビカビカビカビカ!!!!!

金糸雀「さすがにまずい? 別の世界の人間だから大丈夫かしら」

ピチカート「!!!!!」ビュオンビュオンチカチカ

金糸雀「金糸雀はこんな子じゃなかった! もっといい子だった! どうしてこんな酷い事をするの? ごめんねピチカート。もうカナは昔のカナじゃないの」

金糸雀「それに、人を殺す訳じゃないから大丈夫かしら」

アレルヤ「こ、ここは一体どこなんだ?」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:04:00.29 ID:Tlbau1T70
金糸雀「案外捕まえるのは簡単だったかしら」

アレルヤ「に、人形が喋ってる!? 君は一体? い、いやそれよりもここは? ロックオン! マリー!」

金糸雀「悪いけど、実験台になってもらうかしら」

アレルヤ「な、何をするつもりだ? くそ!体中縛られて動けない! せっかくELSとの戦いが終わってマリーと夜の対話をいっぱいしようと思ってたのに!」

金糸雀「大丈夫。この薬を飲んでもらうだけかしら」

アレルヤ「や、やめろ」

ハレルヤ(アレルヤ、俺に代われ。このデコ人形の毛をむしり取ってスクラップにしてやんよ!)




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:06:53.95 ID:Tlbau1T70
ハレルヤ「オラァ! この呪い人形! テメェ調子n」

金糸雀「ピチカート」

ピチカート『ピカー!』

ハレルヤ「があああああああ!? 目があああああ!!!!?」

金糸雀「今かしら」ポイ

ハレルヤ「!?」ゴクン

金糸雀「さあ、空気になるかしら」

ハレルヤ「テメェ……何を……の………ま……せ」

アレルヤ「! あれ? 戻った?」

金糸雀「なんだか感情の起伏が激しい人かしら」

ハブラレルヤ「ハレルヤ!? !!! 何だ? 僕の名前が変わってる!?」

金糸雀「おっ、これは兆候かしら?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:10:06.01 ID:Tlbau1T70
ハブラレルヤ「ハレルヤに何をした? それよりも僕はどうなるんだ!!」

金糸雀「大丈夫かしら。ちょっと空気キャラが強くなるだけかしら」

「そんな……、やっとELSとの戦いで活躍出来たのに! って、名前が出てない!?」

金糸雀「きたきた」

「待ってくれ! 僕は人類とイノベイダーの争いを何とかしなくちゃいけないんだ! こんな所で空気になるわけにはいかないんだ!」

金糸雀「元の世界には返すから安心して欲しいかしら」

ソレデスムハナシジャナイ! ウワアアアアアア!!! セリフマデ!?

金糸雀「さて、実験は成功したから薬を生産するかしら」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:11:40.91 ID:Tlbau1T70
それから

金糸雀「さぁて、空気キャラになる薬をたくさん作ったかしら」

ピチカート「!」

金糸雀「解毒剤? 今は必要ないかしら」

ピチカート「!!」

金糸雀「万が一の時の為に? 安心して。カナはそんなミスはしないから」

金糸雀「さて、後はこれらを催涙弾として使えば良いかしら。飲ませるのだとてこずるし」

金糸雀「ふっふっふ、ついに、ついにカナが目立つ時が来たかしら! もう空気キャラなんて言わせないかしら!」

金糸雀「かっーしっらっらっら! かっーーしっらっらっら! かっーーーしっらっらっら!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:13:20.56 ID:Tlbau1T70
金糸雀「みっちゃん!」

みつ「なーに?」

金糸雀「カナは、絶対に輝いて見せるかしら!」

みつ「よくわかんないけどカナはいつも輝いてるよ。あっ、お弁当作らなきゃ」

金糸雀「今日はいいかしら。何せ今日はカナの人生を大きく左右する日だから」

みつ「オッー! よくわかんないけどカナいってらっしゃーい」

金糸雀「行ってきますかしら!」ピョン! フヨフヨフヨ

ポトン

みつ「あれ? 何か落とした。催涙弾?」

みつ「カナー、催涙弾落としt」

プシューーーーーーーーーーー!!!!




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:14:33.25 ID:Tlbau1T70
教会

金糸雀「水銀燈は……いた」

金糸雀「水銀燈、覚悟かしら!」ポイッ

カランコロン

水銀燈「? 何?」

プシューーーーーーーーー!!!!

金糸雀「次は薔薇水晶かしら」

ドールショップ

カランコロン

薔薇水晶「?」

プシューーーーーーーーー!!!!




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:15:50.76 ID:Tlbau1T70
金糸雀「次は雪華綺晶かしら。雪華綺晶は物で釣るかしら」

雪華綺晶「黄薔薇のお姉様、ひ、雛苺の裸の写真は? ふひっ」ハアハア

金糸雀「これをプレゼントするかしら」ポイッ、シュタタタタ!

プシューーーーーーーーー!!!!

金糸雀「後、四体……」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:17:07.99 ID:Tlbau1T70
金糸雀「次は蒼星石のマスターの家かしら。 入る前に催涙弾出しときゃなきゃ」

金糸雀「!! 後一個しかない!? そんな、後二個はある計算だったのに」

金糸雀「まさかどこかに落とした。くっ、しまったかしら」

金糸雀「残りの一個は蒼星石に使うのはやめて真紅達に使うかしら」

桜田家

金糸雀「ラッキーかしら。蒼星石もいるかしら。これなら全員空気キャラに出来るかしら」

金糸雀「風呂場から潜入するかしら」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:18:31.44 ID:Tlbau1T70
ソロリソロリ

金糸雀「潜入成功かしら。真紅達は今何をしてるのかしら?」チラッ

金糸雀「くんくんを見てるのね。……あれ? 蒼星石はどこに」

蒼星石「何をしているんだい?」

金糸雀「!! 蒼星石!?」

蒼星石「妙な気配を感じたから何かと思えば君か。で、何をしてるんだい?」

金糸雀「見つかるなんて……この前のド空気の日とは大違いかしら」

蒼星石「! 君が持ってるのって催涙弾?」
金糸雀「あっ」

蒼星石「金糸雀、何をするつもりなんだ?」

金糸雀「えっと、その……」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:20:14.45 ID:Tlbau1T70
翠星石「何だか騒がしいですね」

真紅「何? せっかくくんくんを見ているのに」

雛苺「あ、金糸雀だー」

金糸雀「ま、まずい」

蒼星石「金糸雀、その催涙弾を僕に渡すんだ」

金糸雀「い、嫌かしら」

翠星石「催涙弾? 何でチビカナがそんな物を?」

蒼星石「くっ、それを渡せ!」

金糸雀「渡さないかしら!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:21:22.15 ID:Tlbau1T70
蒼星石「なら、レンピカ!」ピューン!

金糸雀「キャッ!」ポロッ

カランコロン

金糸雀「しまったかしら!」

蒼星石「翠星石、その催涙弾を取っt」

プシューーーーーーーーーーー!!!!

蒼星石「!! 誤爆!?」

真紅「キャア!」

翠星石「です!?」

雛苺「うゆ!?」

シューーーーーーーーーーー!!!!




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:23:26.14 ID:Tlbau1T70
モクモクモク

「ケホッ、ケホッ、しまったかしら。ガスを吸っちゃったかしら。このままじゃカナは空気以下の存在になっちゃうかしら」

モクモク……

「ケホッ、でも、皆も吸ったはず……」

Think(シンク)「ケホッ、ケホッ」

悪苺(わるいちご)「カッー! 何なのよさこれはー!」

翠性石「ドキドキしちゃったですぅ……」

蒼性石「ハァ……ハァ……」

「え?」

Think「あら? 名前が変わってるわ」

悪苺「ああん? 何だこりゃなのー」

翠性石「あれぇ……いつもと違うですぅ……」

蒼性石「ン! ンンン!!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:26:12.57 ID:Tlbau1T70
「これは一体……?」

Think「金糸雀、貴女も名前が変わってるわよ」

お馬金糸雀「! おばかなりあ……?」

Think「ふむふむ、貴女が投げた特殊な催涙弾は、相手の名前を変え、名前の通りのキャラにするモノ見たいね。なるほどなるほど。納得したのだわ。考えるのが楽しいのだわ」ウンウン

お馬金糸雀「そんな、あのときの実験は確かに……」

ピチカート「!」チカチカ

お馬金糸雀「マイスターの人はなまえの通りのキャラになってはぶられただけ? なるほど、そういうことかしら」ポン

Think「何の話?」

お馬金糸雀「なんでもないかしら」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:28:16.17 ID:Tlbau1T70
Think「でも、どうしてこんな事に? 金糸雀、貴女、一体何をするつもりだったの?」

お馬金糸雀「それはひみつかしら。まさか、みんなをカナよりも空気キャラにするためにさいるいだんを投げにきたとはいえないかしら」

Think「なるほど。それが目的ね」ウンウン

お馬金糸雀「しまった」

悪苺「おいデコスケ! テメェよくもやってくれやがったなのー」

お馬金糸雀「ヒィ!?」

Think「空気化させるつもりがただのキャラ変更になってしまったのね。うっかり者の貴女らしいわ」ウンウン

翠性石「蒼星石ィ……もっと舌を入れて欲しいですぅ」チュパチュプ

蒼性石「翠星石ィ、体が熱いよぅ」チュパチュプ




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:30:12.55 ID:Tlbau1T70
お馬金糸雀「まさか、しっぱいさくだったなんて……」

Think「それよりも貴女、さっきから台詞がひらがなばかりだわ」

お馬金糸雀「えっ? ちゃんとかんじもはいってるかしら。 あれ?」

Think「なるほど。お馬鹿な金糸雀だからお馬金糸雀。貴女、お馬鹿キャラになったのね」ウンウン

お馬金糸雀「エッーー!?」

悪苺「ヒャーハハハ!! こいつは傑作なのよ!」

お馬金糸雀「か、カナはおばかキャラになりたくないかしら!!」

Think「でも、空気キャラよりは良いと思うわよ。そっちのキャラの方が可愛いげがあるわ」

お馬金糸雀「いくらくうきキャラをだっきゃくできてもおバカはいやかしらー!」

Think「元々ドジッ子だったんだからいいじゃない」

お馬金糸雀「ドジッことおばかはぜんぜんちがうかしら!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:31:34.66 ID:Tlbau1T70
Think「でも、いつまでもこのままじゃまずいわね」

お馬金糸雀「と、とりあえずうちにもどってかんがえてみるかしら」ピューン

Think「私も解決策を見つけなきゃ」ウンウン

Think「Let's thinking timeなのだわ!」

悪苺「ヒナはグレるのよー!」

翠性星「蒼星石、好き……」チュー

蒼性石「翠星石、僕も」チュー




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:33:11.09 ID:Tlbau1T70
フヨフヨ

お馬金糸雀「まさか、こんなことになるなんて」フヨフヨ

お馬金糸雀「ただいまー。っていってもみっちゃんはしごとでいないかしらー」

「……」ズーン

お馬金糸雀「あら? みっちゃん? みっちゃん、しごとにはいかないのかしら」

「……」ズーン

お馬金糸雀「みっちゃん、どうしてへやのすみっこでふさぎこんでるのかしら?」

「……カナー↓↓↓」

お馬金糸雀「あれ? みっちゃんのこえがすごくのぶといかしら」

ミッツ・マン○ローブ「カナー! 私、オカマになっちゃったよー!」

お馬金糸雀「キャアアアアアアアアアアアアアア!!!!???」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:35:03.42 ID:Tlbau1T70
ミッツ「どうしようカナー!」

お馬金糸雀「みみみみみみっちゃん!?」ガクブル

ミッツ「そうだよー! 私みっちゃんだよー!」

お馬金糸雀「ど、どうして……! ゆかにさいるいだん!?」

お馬金糸雀「まさか、ここにおとしたのかしら?」

ミッツ「うわーん! オカマになったらもう私お嫁に行けないよー! 助けてカナー!」ゾリゾリ

お馬金糸雀「せいかくにはじょそうかかしら。って、なんだかおかおがゾリゾリしてていつもよりまさつがはげしいかしらーーー!!」

ミッツ「びぇええええええん!!!」ゾリゾリ

お馬金糸雀「いたいかしらー! ぶきみかしらー!」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:36:09.44 ID:Tlbau1T70
お馬金糸雀「みっちゃんがこわいからここにもどったかしら」

JUM「こいつはひでぇや」

悪苺「汚物は消毒なのよーヒャッハー!」

翠性石「チビ人間、翠星石はエッチなお人形さんになっちゃったですぅ……」

蒼性石「ジュンきゅん、エッチなお人形さんは嫌い?」

JUM「大好きです」

Think「ジュン、おふざけも大概にしときなさい。今は私達が元に戻る方法をthinkして」

Think「Let's thinking timeなのだわ!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:39:22.15 ID:Tlbau1T70
JUM「でもまさか全員変わったなんて……」

水銀糖「さっきから黒砂糖を舐めるのが止められないわぁ」ペロペロ

雪の様な白い華が入ってある綺麗な水晶を持ち歩く少女「私は>>1が名前を思いつく事が出来なかったので名前ですらありません」

三段腹水晶「シクシク、私の体がだらし無くなりました」

お馬金糸雀「あるいみくうきよりひどいかしら」

三段腹水晶「返せ! 返せ! 返せ! 返せ! 体を返せ!」

お馬金糸雀「ひぃ! ゆるしてほしいかしら!」

水銀糖「ちょっとぉ、戻す方法ないの?」ペロペロ

お馬金糸雀「えっと、おもいつかないかしら」

悪苺「アァン? テメェふざけてんのか?」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:40:46.00 ID:Tlbau1T70
お馬金糸雀「で、でもぉ……」ガクブルガクブル

ピチカート「!」ヒュンヒュンチカチカ

雪の様な白い華が入ってある綺麗な水晶を持ち歩く少女「解毒剤を作れば元に戻るらしいです」

お馬金糸雀「そうだったかしら! おもいだしたかしら」

Think「じゃあ早速作りなさい」

蒼性石「ジュンきゅん、青姦しようよぉ」

翠性石「3Pですぅ」

JUM「喜んで」ズルッ

お馬金糸雀「わかったかしら……あれ?」

Think「どうしたの?」

お馬金糸雀「げどくざいのつくりかたがわからないかしら」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:43:11.11 ID:Tlbau1T70
水銀糖「ハァ? そんなの作った薬のデータを見て作ればいいでしょ」ペロペロ

お馬金糸雀「でも、いまのかなじゃしりょうがあってもつくれないかしら」

翠性石「お股とお股の間に」

蒼性石「入れて。ジュンきゅん」

JUM「やべぇ。興奮してきた」ハァハァ

水銀糖「役に立たないわね。真紅、今の貴女は頭が良さそうだから作れない?」ペロペロ

Think「悪いけど、私は考える事は出来ても、作る事は出来ない。
想像(imagination)と創造(creation)は違うのよ。あっ、thinkあまり関係ないわね」

雪の様な白い華が入ってある綺麗な水晶を持ち歩く少女「それ以前に料理が下手な紅薔薇のお姉様に薬を作る事が出来るとは思えません」

三段腹水晶「嫌ァ……三段腹は嫌ァ」

悪苺「ヒナはこのままでもいいのよー」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:45:25.03 ID:Tlbau1T70
水銀糖「どいつもこいつも……とりあえず薬の資料がどこにあるか教えて」ペロペロ

お馬金糸雀「……しょぶんしちゃったかしら」

水銀糖「え?」

お馬金糸雀「しりょう、ぜんぶしょぶんしちゃったかしら……」

水銀糖「ハアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!?」

JUM「行くぞ!」ニュプリ!

蒼性石・翠性石「あああああああああああああん!!!!!!!」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:47:31.55 ID:Tlbau1T70
水銀糖「アンタ何で処分したのよおおおおお!!!」ブンブン

お馬金糸雀「だってだれかにぬすまれたらまずかったからかしら。それにカナのあたまのなかにくすりのないようがぜんぶはいってたからかしら」ガクンガクン

水銀糖「だったら全部思い出せ!」

お馬金糸雀「ないようがむずかしすぎていまのカナじゃおもいだせないかしらー!」

三段腹水晶「お腹元に戻してええええ!!!」

Think「新しい解決方法をthinkしなくちゃ」ウンウン

Think「Let's thinking timeなのだわ!」

雪の様な白い華が入ってある綺麗な水晶を持ち歩く少女「名前じゃない名前が長すぎてめんどくさいです。戻りたい」

悪苺「ハッ! 小さな事でウジウジしてんじゃねーよ!」

JUM・蒼性石・翠性石「イクーーーーーーーーー!!!」ビックーン




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:49:07.47 ID:Tlbau1T70
水銀糖「じゃあ元に戻るまで待てって言うの?」ペロペロ

お馬金糸雀「たぶん」

水銀糖「いつまでよ?」ペロペロ

お馬金糸雀「そこまではわからないかしら。さいあく、いっしょうつづくかも」

水銀糖「ふざけないで!」ペロペロ

JUM「気持ち……良かったな」

蒼性石・翠性石「うん……」

悪苺「ツッパることがドールのー、たった一つの勲章なのよ!」

ピチカート「!」チカチカ

水銀糖「何? 薬のデータは全部覚えてる!? 本当なの?」

お馬金糸雀「ピチカート、どうして……」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:52:04.21 ID:Tlbau1T70
ピチカート「!!」チカチカ

水銀糖「最近金糸雀が暴走ぎみでちょっと心配してた。だから、こんな事もあろうかと調合法は全部覚えてる。解毒剤の作り方も考えたですって!?」ペロペロ

お馬金糸雀「どうして? あれだけカナのやることにはんたいしてたのに……」

ピチカート「!!」チカチカ

水銀糖「何言ってやがる。主人をサポートをするのが人工精霊の仕事だろ?」

水銀糖「どれだけ道を踏み外したとしても、アンタはアタイの主人には変わりないのさ。全く、世話の焼けるドジッ子ご主人様だぜ。えっ? こいつこんなキャラだったの?」ペロペロ

雪の様な白い華が入ってある綺麗な水晶を持ち歩く少女「実は一番優秀な人工精霊なのでは?」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:53:21.80 ID:Tlbau1T70
お馬金糸雀「ピチカート……ありがとうかしら」ウルッ

Think「ひらめいたのだわ! 槐に解毒剤を作ってもらえばいいのだわ!」

Think「錬金術関連の知識もあるし、さっそくピチカートを連れて頼みに行くわよ」

三段腹水晶「お父様万歳」

悪苺「ヒャッハー! 打ち切り臭がプンプンするのー!」

JUM「もう一回する?」

蒼性石・翠性石「うん」

こうして、槐に解毒剤を作ってもらって、みんな元に戻りましたとさ。

めでたしめでたし。




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:54:22.30 ID:Tlbau1T70
その後

みつ「カナー!」タタタッ

金糸雀「みっちゃーん!」タタタッ

みつ・金糸雀「うわーーーん!!」ダキィ

みつ「カナー、私もうオカマじゃないよー。女の子に戻ったよー。お嫁に行けるよーーー!」スリスリスリ

金糸雀「ああ……この摩擦が愛おしいかしらー!」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:55:27.90 ID:Tlbau1T70


槐「薔薇水晶のお腹が元に戻ったああああああ!!」

薔薇水晶「お父様……お腹触って///」

槐「薔薇水晶! 薔薇水晶のお腹! ぶひぃいいいいいいいいん!!!」



JUM「おーい、またセックスしy」

蒼星石・翠星石「ダブルキック!!」グシャ

JUM「」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:56:28.49 ID:Tlbau1T70
真紅「よくもまあ私がいるのにエッチが出来たわね」

JUM「お前気にしてなかったじゃん」

真紅「あの時は考える事が好きになってたからあまり気にならなかったのよ」

真紅「オシオキとしてステッキでお尻叩きの刑なのだわ!」バシンバシンバシン!

JUM「ひぎぃいいいいいいい!!!?」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:57:27.83 ID:Tlbau1T70
二日後

のり「みんなー、買い物に行ってくるわねー!」

真紅・蒼星石・翠星石「いってらっしゃい(です)」

雛苺・金糸雀「いってらっしゃーい」

ガチャ、バタン

金糸雀「皆」

「何?」

金糸雀「この前は本当に申し訳ありませんでした!」ペコリ




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 00:59:37.39 ID:Tlbau1T70
金糸雀「これからは空気キャラと言う属性をコンプレックスだと思わずに長所として生かすかしら!」

雛苺「金糸雀頑張れなのー!」

真紅「いえ、もういいのよ。もうこの話は忘れましょう。
頭を切り替えて皆でくんくんシリーズを鑑賞するわよ!」

「オッーーーーーー!!」

数時間後

のり「ただいまー!」

雛苺「お帰りなさいなのー」

のり「皆、花丸ハンバーグの材料は買ってきたから今すぐ作ってあげるね」

雛苺「わーい!」




59 :まいぺーす ◆qgXEy7ZweA :2011/09/09(金) 01:01:08.02 ID:Tlbau1T70
金糸雀「久々に花丸ハンバーグかしらー!」

のり「あ」

翠星石「どうしたんです?」

のり「一人分、買うの忘れちゃった……」

真紅・雛苺・翠星石・蒼星石「……………………」チラッ

金糸雀「え……?」

のり「ご、ごめん」

金糸雀「や、やっぱり空気キャラは嫌かしらあああああああああああああ!!!!」



終わり




60 :まいぺーす ◆qgXEy7ZweA :2011/09/09(金) 01:02:10.08 ID:Tlbau1T70
後半グダグダになったけど読んでくれてありがとう。




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/09(金) 01:12:47.05 ID:npoA/KVm0
乙!面白かったー
ピチカート結婚してくれ








----------------
当ブログについて
※欄759さんありがとうです。




PEACH-PIT画集「Rozen Maiden」 (PEACHPIT画集「Rozen Maiden」) (愛蔵版コミックス)
PEACH-PIT画集「Rozen Maiden」 (PEACHPIT画集「Rozen Maiden」) (愛蔵版コミックス)PEACH-PIT

集英社 2009-09-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ローゼンメイデン 2 (ヤングジャンプコミックス) Rozen Maiden 新装版 1 (ヤングジャンプコミックス) ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス) ローゼンメイデン 1 (ヤングジャンプコミックス) ローゼンメイデン 5 (ヤングジャンプコミックス)



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #V6iQZ20Q: 2011/10/01(土) 15:53: :edit
    1?
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/01(土) 15:59: :edit
    2ゲト
  3. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/10/01(土) 16:13: :edit
       △  ¥ ▲
      ( 三 皿 三)  がしゃーん
      (        )      
     /│  ?① ;◆澄        ,?靴磧爾
    <  \____/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    名前に3ゲットって入ってるのに3ゲットしてくれないすごいキャラだよ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/01(土) 17:01: :edit
    三段腹水晶の三段腹におにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/01(土) 18:32: :edit
    金糸雀マジプリティー
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/01(土) 19:21: :edit
    6ゲト
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/01(土) 22:41: :edit
    金糸雀SS不人気さんより不人気でワロタ
  8. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/02(日) 01:05: :edit
    金糸雀のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/02(日) 02:18: :edit
    thinkが意外とツボったw

    あとJUM代われ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/02(日) 03:32: :edit
    カナリアキタアアアアアアアア!!!!!!
    ありがとうぷん太ああああああああ
    ローゼン大好きだよおおおおおおおお
  11. 名前: 通常のナナシ #gxUNCQjQ: 2011/10/02(日) 08:33: :edit
    金糸雀大好き
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/02(日) 09:15: :edit
    面白さ0

    0点のSSだな
  13. 名前: 名無しさん #-: 2011/10/02(日) 19:22: :edit
    この半分のレス数で十分だったなこの話
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/02(日) 20:39: :edit
    なんだこりゃ、中身が全くねえぞ

    内容が薄っぺらくて駄作もいいとこだな

    3年前は信じられない程の秀作が林立してたのに・・・流行の移り変わりってかくも残酷なんだな
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/05(水) 01:28: :edit
    原作のカナリアがめちゃ可愛くなってて驚いた
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/05(水) 12:57: :edit
    中身が詰まってたらそれはほんわかSSでない

    俺は好きだよこいうほんわかSS
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/28(金) 22:04: :edit
    内容薄い上に途中で飽きて尻切れか…
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/06/04(火) 22:23: :edit
    金糸雀は可愛いなぁ!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。