まどか「ほむらちゃんのソウルジェムがブドウ味飴みたいで美味しい」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/23(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:30:48.96 ID:6vSxnwNb0
まどか「レロ……ちゅぱ……」

ほむら「あの……」

まどか「どうしたのほむらちゃん」

ほむら「ソウルジェムを舐めるのやめてもらえないかしら?」

まどか「でもほむらちゃんのソウルジェムすごく美味しいんだもん」

ほむら「一応それが私の魂だから……その……感覚がゾクゾクってして変な感じだから……その……」

まどか「でもこの味、美味しすぎてとまらないよ……れろれろ……」

ほむら「ん……そ、それに誤って飲み込んでしまう可能性とか……」

まどか「……だめ……かな?」

ほむら(上目づかいなんて反則よ……)

ほむら「……わかったわ……」

まどか「ウェヒヒ、ありがとうほむらちゃん……ちゅぱ……れろぉ……美味しい……」

ほむら(うぅ……妙な体の内側から全身をなめられるような感覚がずっと……)




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:37:43.34 ID:6vSxnwNb0
ほむら「あの……そろそろ……」

まどか「名残惜しいけど……これ以上は迷惑だもんね、ごめんねほむらちゃん……」

ほむら「気にしなくていいわ、良いといったのは私だもの」

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃん優しいね……綺麗に磨いて……はい!」

ほむら(なんかソウルジェムが一回り小さくなってるけど……大丈夫よね?)

まどか「大丈夫だよほむらちゃん!」

ほむら「え?」

まどか「あれ?今ほむらちゃんの声が直接脳に聞こえたような……」

ほむら(まさか魂の一部がまどかの体内に入って私の思考がダダ漏れに!!)

まどか「そうみたいだね、ほむらちゃんの考えてることが全部わかっちゃうよ」

ほむら「え、えっと……ちょっと魔女退治に行ってくるわ!」

ほむら(慌てちゃダメ……変に意識したら……まどかに私の気持ちが!!)

ほむら(あぁ!ダメ、今増えないで!脳内で増えないでまどか!)

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃんってクールに見えてかわいい思考してたんだ」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:43:20.58 ID:6vSxnwNb0
まどか「マミさんやさやかちゃん、杏子ちゃんの味はどんな味なのかな?」

まどか「ほむらちゃんがブドウだったから、マミさんは黄色……レモンだったらいいな!」

まどか「さやかちゃんは青いから……ソーダ?」

まどか「杏子ちゃんは赤いから……うーん……」

ほむら(ダメよ!あぁまどかが脳内で50人を超えて!でもこれだけ離れたら……)

まどか「それにしてもほむらちゃんの思考がダダ漏れだよウェヒヒ」

マミ「あら?鹿目さん?」

まどか「あ、マミさん!いいところに!」

マミ「どうかしたの?」

まどか「ソウルジェム見せてください!」

マミ「いいけど……はい」

まどか「レロ……ちゅぱ……」

マミ「ちょ、ちょっと鹿目さん!何をしているの!!」

まどか「うーんパイン味かな……ほむらちゃんの味のほうが好きかな……ありがとうございました」

マミ「え、えぇ……」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:47:34.73 ID:6vSxnwNb0
まどか「あんまり舐めなかったからかマミさんの思考はわかんないや」

ほむら(一度性欲を爆発させてしまえばしばらくは……それにあんなの一時的なものに決まってるわ)

まどか「ほむらちゃんの思考は相変わらずダダ漏れだねウェヒヒ」

さやか「おっすまどか!」

杏子「よう」

まどか「あ、ふたりともいいところに!」

さやか「どうかしたの?」

まどか「ふたりともソウルジェム見せて!」

杏子「え?まぁいいか、ほれ」

さやか「別にいいけど?はい」

まどか「杏子ちゃんのは……レロ……」

杏子「お、おい!」

まどか「うーん……リンゴ飴かぁ……マミさんのほうが美味しかったな……」

杏子「なんか知らないけどマミに負けたって気に食わねぇ……」

まどか「味は悪くないんだけど……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:51:06.96 ID:6vSxnwNb0
まどか「さやかちゃんは……れろ……」

さやか「なんか変な感じがする……」

まどか「予想通りソーダだね!」

さやか「予想とか言われ手も意味が分からないんだけど……」

まどか「マミさんがパイン、杏子ちゃんがりんご、さやかちゃんがソーダ、ほむらちゃんがブドウだね!」

杏子「全員舐めてきたのかよ……」

さやか「まどか……なにしてるのあんた……」

まどか「ほむらちゃんのソウルジェムがすっごく美味しくて、二人も一度舐めたら病みつきになっちゃうとおもうよ!」

さやか「……なんかそう言われたら舐めてみたくなってきた……」

杏子「……確かに……」

さやあん「……自分のソウルジェム……舐めてみようかな……」


さやか「……何の味もしないよ?」

杏子「こっちもだ」

まどか「他人のじゃないとだめなのかな?」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:55:57.01 ID:6vSxnwNb0
杏子「……じゃあ……さやかのを……」

さやか「え、あっうん……」

さやあん(さっき私が舐めていたソウルジェムを杏子(さやか)が舐める!!)

さやあん「……美味しい!」

さやか「たしかに元はリンゴ飴だけどすっごい美味しいよこれ!」

杏子「さやかのもうめぇぞこれ!病みつきになる味だ!」

まどか「うーんそうかなぁ?ほむらちゃんのほうが病みつきになっちゃう味だったけどなぁ……」

まどか「うーん……」

ほむら「どうしたのまどか?」

まどか「あ、ほむらちゃん!性欲はもう問題ないの?」

ほむら(バレてる……)

まどか「うん、ばればれだよ!ほむらちゃんの変態妄想も全部」

ほむら(もうやだ……まどかに知られるなんて生きていけない……)

まどか「それよりほむらちゃん、ソウルジェムもう一度出してみて」

ほむら「……わかったわ……」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 20:56:53.64 ID:sueNHFwr0
まどっちが全部なめて消化しちゃったらほむほむはどうなるのっと




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:01:55.72 ID:6vSxnwNb0
杏子「ちょいと……ペロ……」

杏子「確かに美味しいけど……そこまでいうほどか?」

まどか「え!あんなに美味しいのに?」

さやか「どれどれ……れろ……」

さやか「え!すっぱ!なにこれ!まず!」

ほむら「……人の魂をまずいとか言うのはやめて欲しいのだけど……」

まどか「えー……れろぉ……やっぱりとっても美味しいよ?」

ほむら「あぁ、これ以上舐めないで!というか美樹さやかや佐倉杏子にまで思考がダダ漏れになるのは!」

まどか「ある程度舐めないとだめみたいだから大丈夫だよ、ほむらちゃん!」

ほむら「もうすでに一人にダダ漏れになっている時点で大丈夫でもなんでもないのだけど……」

QB「気がついてしまったみたいだね、ソウルジェムの隠された秘密に」

まどか「どういうこと?」

QB「僕達は感情を理解できないからね、ソウルジェムを通して感情を理解しようという試みからつけられた機能だよ」

QB「好きな相手に舐められると美味しく、嫌いな相手ほど不味くなるそういう機能さ」

さやか「それってつまり、ほむらは私のことが嫌いってことじゃん!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:11:01.08 ID:6vSxnwNb0
ほむら(嫌いっていうか苦手なのよね……あとまどかの近くにいつもいて妬ましい……)

まどか「この思考がダダ漏れになっちゃうのはどうして?」

ほむら「ほむぅ!!」

QB「元々魂だからね、舐められて体内に吸収されるとそうなってしまうだけさ」

まどか「ふーん……とにかく私のことがほむらちゃんは大好きで、さやかちゃんとマミさんはお友達として好きで、杏子ちゃんはまだであって日が浅いから普通ってこと?」

QB「その理解で問題ないよ、それにしても思考がダダ漏れになるほど病みつきになる味なんて、そうそう出るものじゃないんだけどね」

ほむら(もうダメ……まどかに知られた……同性なのに……死にたい……)

まどか「だめだよほむらちゃん、死にたいなんていっちゃ……」

さやか「言ってないとおもうけど……」

杏子「というか体内に吸収って……確かにほむらのソウルジェムは小さくなってるけど……これ全部舐められたらどうなるんだよ」

QB「さぁ、そんなことになったことがないからね、その人と同化するのか、それとも魔女になるのか……」

マミ「あら?またあったわね鹿目さん、それに皆集まってどうしたの?」

ほむら(ふふふ、どうせ知られてしまったならもう襲ってしまえば……ふふ、ふふふ)

まどか「だめだよほむらちゃん、犯罪なんてしちゃ……お付き合いには順序があるんだよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:24:28.73 ID:6vSxnwNb0
マミ「えっと……どういう状況?」

まどか「えっと……カクカクシカジカで」

マミ「なるほどね……そんな秘密が……」

さやか「それでまどか大好きなほむらの思考がまどかにダダ漏れだそうですよ」

杏子「でもこいつがまどかが好きなのはわかりきってただろ……」

ほむら(ふふふふふ……そうよ……まどかを拉致してゆっくりと……ふふふふふ……)

ほむら(聞いているんでしょうまどか……ふふ……ふふふふふ……)

ほむら(ねぇ、拉致してもいい?ねぇ、まどか……聞いているんでしょう?ふふふふふ)

まどか「ほむらちゃんがどんどんダークサイドにおちちゃってるよ……」

QB「暁美ほむらのソウルジェムを舐めすぎた君がいけないんだよまどか」

まどか「どうしたらいいんだろう……」

QB「僕と契約しt」

タァン

QB「」

ほむら「死ねインキュベーター……」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:31:33.79 ID:6vSxnwNb0
さやか(あれ?いまさらだけど……杏子のソウルジェムってすっごく病みつきになっちゃうような味だった……ってことは……)

杏子(ん?そういやさやかのソウルジェムって病みつきになるような味だったような……つまり……)

さやか「え、えっと……杏子?」

杏子「な、なんだよさやか……」

さやか「そ、その……えっと……」

マミ(まぁ、誰かの一番になれるなんて思ってはいなかったけどこの空気はけっこうツライわね……)

ほむら「……ブツブツ……」

マミ(暁美さんよりはましなのかしら……)

ほむら(らぶらぶとしたオーラだしてるんじゃないわよ赤青……こちとら変態妄想も全部筒抜けだったってのよ……)

まどか「ほむらちゃんの変態妄想……全部あいてがわたしだってね」ボソ

ほむら「ほむぅ!」

マミ「……皆のソウルジェム……ちょっとだけ私も舐めてみていいかしら?」

杏子「まぁいいか」

さやか「別にいいですよ」

ほむら「もうどうにでもしなさいよ……砕きなさいよ……ふふふふふ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:38:15.25 ID:N5EM5GPF0
砕きなさいよwww




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:39:37.10 ID:6vSxnwNb0
マミ「……」

マミ「全員美味しいけど……普通ね……」

マミ「まぁ嫌われてないってだけで救われるわね」

さやか「そうですよマミさん、私なんてほむらのソウルジェムがすっぱくて舐めれたものじゃなかったんですよ」

ほむら「まず拉致して私の家に監禁……手錠を……だめね、肌が傷ついちゃう……布でやさしくしばって……」

ほむら「次に媚薬なんてつかっちゃったり……いえ、初めては私のテクニックで……」

ほむら「そして最後には私がいないと生きられないような……ふふふふふ……素敵ね……」

さやか「もうほむらが思考を隠す気がないんだけど……」

杏子「一番隠したい相手にばればれだからな……隠す意味もないんだろ」

マミ「仮に何とかできたとしてももう記憶がある時点でバレバレなのよね……」

ほむら「家に変えるとまどかがとびついてきて……」

まどか「……ほむらちゃん……」

ほむら「何かしら?」

まどか「もっとソウルジェム舐めてもいい?」

ほむら「好きにしなさい、噛み砕いてくれれば私も楽になれるわ……」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 21:54:13.17 ID:6vSxnwNb0
まどか「えへへ」コロコロ

ほむら「噛み砕くのはいいけど、飲み込んじゃダメよ?外壁の金属っぽい部分はとがってるんだから」

マミ「その心配はどうなのかしら……」

ほむら「まどかの喉が傷ついたら大変でしょう?」

さやか「それ以上にあんたは大変な状況でしょうに……」

まどか「やっぱりほむらちゃんのソウルジェム美味しい……」

ほむら「そのまま全部舐めてしまっていいから存分に味わいなさい」

杏子「絶望してるけどまどかに舐められて死にたいって感じなのか?」

さやか「多分ね……」

まどか「あれ……ほむらちゃんの思考だけじゃなくて記憶も流れこんできた……」

ほむら「え!ちょ、ちょっとまって!やっぱり舐めるのはやめて!」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:00:23.34 ID:6vSxnwNb0
まどか「ほむらちゃんがループしてたのはやっぱり本当なんだねー」コロコロ

まどか「ほむらちゃんもじもじしててかわいい」

ほむら「やめて!もう噛み砕いて!お願い!いやもう返して!自分で砕くから!」

まどか「メガネと三つ編みでドジっこ病弱っこだったんだ」

ほむら「しょうがないじゃない!ずっと病院だったんだもの!最初は会話なんてわからなかったんだもん!」

さやか(よかったー杏子にあんまりなめられる前にマミさんがきてくれて)

杏子(あっぶねー全部もろばれするのかよ……舐められ過ぎる前に戻ってきてよかったー)

マミ「どんどん暁美さんの過去が暴露されていくわね」

まどか「ほむらちゃんっておねしょをピ―――までしてたんだね、それも病院で」

ほむら「あーーーあーーーああああーーーー」

まどか「あ、私がほむらちゃんに抱きついた時から恋愛感情いだいてくれたんだね」

ほむら「記憶をみるのはいいから暴露しないで!やめて!おねがい!」

まどか「あれ?ほむらちゃんまだ下の毛」

ほむら「あああああああああああああああああああああ」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:09:14.68 ID:6vSxnwNb0
さやか「クラスメイトのクールで文武両道ってイメージがどんどん壊れていくよ……」

杏子「ミステリアスなイレギュラー魔法少女ってイメージだったころが懐かしいぐらいに1日でぶっ壊れたな」

マミ「冷たい子なんて思っていた頃が遠い昔に思えるわ」

ほむら「返して!ソウルジェム返してよまどか!」

まどか「えーだってほむらちゃんが舐めてもいいって……」

ほむら「じゃあ噛み砕いてよ!」

まどか「人殺しになりたくないし……それも好きな人のなんてやだよ」

ほむら「自分で砕くから!そのあとなめていいから!」

まどか(あれ?好きって言ったのに気づいてない?)

マミ「てんぱってるのね」

杏子「そりゃあ、普段から考えられないいじめられっ子みたいなかんじがするし……」

さやか「えっと……邪魔しちゃ悪いし帰ります?」

マミ「そうね……」

杏子「だな……」

ほむら「かえしてぇ!」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:19:14.61 ID:6vSxnwNb0
まどか「ねぇほむらちゃん」

ほむら「……なに?」

まどか「ほむらちゃんのソウルジェムが口の中でなくなっちゃった……」

ほむら「……」

まどか「すごく美味しくて……」

ほむら「どうなるのかしら……」

まどか「ごめんねほむらちゃん」

ほむら「いいのよ、私が許可したのだから……」

ほむら「……今日は帰るわ……」

まどか「え、でも……」

ほむら「じゃ、じゃあね」タタタ

まどか「あ、まってよほむらちゃん!」

ほむら「」

まどか「私から100m離れたらほむらちゃんがってもう遅いや……」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:24:39.25 ID:6vSxnwNb0
ほむら(これから私はまどかから100m離れられず、なおかつ思考はだだもれで恥ずかしい記憶すらもみられるのね……)

まどか「そうなるね」

ほむら(ふふっさも当然のように人の思考を聞いてるんだもの……)

まどか「そういわれても勝手に聞こえちゃうんだもん……」

ほむら(あれ?魔法少女になったらどうなるのかしら?)

まどか「なってみたらどうかな?」


ほむら「やったわ!腕にソウルジェムがついてる!」

まどか「これでグリーフシードで穢がとれるね!」

ほむら「よかった……ってあれ?」

ほむら(え?どこ?ソウルジェムはどこ?)

まどか「変身解いたらまた私の体内に戻ったね」

ほむら「……」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:27:46.15 ID:krbTFaqG0
ほむほむが穢れを溜めたらまどかが黒くなるの?




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:29:13.77 ID:ClXfm/oK0
むしろまどっちを洗えば穢れがおちる




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:32:40.68 ID:6vSxnwNb0
ほむら(素直に諦めたほうがいいみたいね……ただ、魔女との戦いにまどかを連れて行かないといけないみたいだけど……)

まどか「そうなるね、ごめんねほむらちゃん」

ほむら「いいわ、元々まどかを守る……それが私の戦いだもの」

まどか「いいこと思いついた!」

まどか「ほむらちゃんもう一回変身して!」

ほむら「え、えぇ……」


ほむら「何をするの?」

まどか「この状態でほむらちゃんのソウルジェムを取って……」

ほむら「えぇ……」

まどか「あむ」

ほむら「!!!」ゾクゾクゾク

まどか「金属みたいな部分がないからさっきより美味しい!」

ほむら(え?なにこれ!さっきまでは舐められてもちょっと変な感じがする程度だったのに!)

まどか「あの金属みたいな部分が守ってくれてたのかもね」コロコロ

ほむら「だ、だめ……まどかぁ……」ゾクゾクゾク




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:43:41.36 ID:6vSxnwNb0
ほむら「こんなのされてたら……ひぅ……」ゾクゾクゾク

まどか「とっても美味しいよ、ほむらちゃん」コロコロ

ほむら「そ、そうじゃなくてやめてぇ……」ゾクゾクゾク

まどか「ただ、ほむらちゃんのソウルジェムって返信してると角張っててちょっと痛いかも……」

ほむら「だったらぺっしなさい!ね?」ゾクゾク

まどか「ウェヒヒ、もう角ばった部分はなめきったから大丈夫だよ」

ほむら「あ、だめ……意識が……」パタン

まどか「あ、ほむらちゃんが倒れて変身がとけちゃった……うーん……どうしたらもっとほむらちゃんのソウルジェムを味わえるのかな……」

ほむら「」ビクンビクン




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:56:39.78 ID:6vSxnwNb0
まどか「というわけで、今日からほむらちゃんは鹿目家の一員になりました」

ほむら「え?え?」

まどか「私から離れららないんだからしょうがないよねほむらちゃん」

ほむら(そりゃあ夢にまでみていたシチュエーションだけど)

まどか「そんなに喜んでもらえるとこっちも嬉しいよほむらちゃん」

ほむら「えっと……親御さんに迷惑じゃ……」

まどか「私の恋人で同棲するって言ったら家族会議にはなったけどなんとか押し通したよ」

ほむら「そ、そう……」

まどか「そんなことはどうでもいいんだけど」

ほむら(よくないと思うのだけど……)

まどか「ほむらちゃんのソウルジェムを舐めると、ほむらちゃんの意識が途絶えちゃうんだよね」

ほむら「なめられるだけで力が入らなくて……舐められ続けるともう……」

まどか「だからほむらちゃんにはもっと意識を強く持ってもらいたいなって思うの」

ほむら「え?」

まどか「目標は私がソウルジェムをなめきっても意識が途絶えないようになることね!」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:12:57.15 ID:6vSxnwNb0
さやか「……で、こうなったと」

ほむら「……あ……ぅ……」

まどか「だってほむらちゃんのソウルジェムが美味しくて美味しくて……ずっと舐めていたいって思うんだもん」

マミ「糸の切れた人形みたい……」

杏子「まぁ、なんども絶頂しただけで意識はあるみたいだけど……」

さやか(ここまで出来るなら……杏子のソウルジェムをバレないように奪って舐めとりたいかも……)

杏子(さやかの家に忍び込んでソウルジェム舐めとってやろうかな……しかもさやかの家に住みつけるかも)

ほむら「ま……どか……もう……ゆるし……」

まどか「ウェヒヒ、今は何もしてないよほむらちゃん……でも今日も訓練するからね」

マミ(鹿目さんがここまで依存するなんてもう麻薬なんじゃ……)

さやか(まずは杏子の隙を突かないと……)

さやか「杏子、今日私の家にこない?」

杏子(願ってもないチャンスだ)

杏子「かまわないよ」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:28:04.05 ID:6vSxnwNb0
まどか「今日も訓練するよほむらちゃん」

ほむら「おねがい、いひにちだけでいいはら……やひゅまひて……」

まどか「だーめ、ほら変身してほむらちゃん」

ほむら「や、やぁ……」

まどか「うーん……ほむらちゃんが変身してくれないとソウルジェム舐められないよ……」

ほむら「じゃ、じゃあきょうはゆるひてくれる?」

まどか「代わりにほむらちゃんの大事なところなめちゃおっと」

ほむら「え?だ、だめよまろかぁ」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:33:39.28 ID:6vSxnwNb0
さやか(さて……まどかとほむらを見る限り、ソウルジェムをバレないように舐めるのは不可能……となると実力行使だけど……)

杏子(奪いとって100mダッシュしちまうのが一番手っ取り早いか……)

さやか「い、いやーほむらもこれから大変だね」

杏子「え?あ、あぁそうだな、まぁ相手があいつなら本望なんじゃないか?」

さやか「あはは、そうかもしれないね」

杏子(襲いかかってっていうのは抵抗されて逆に相手にソウルジェムを奪い取られるかもしれない……)

さやか(しかもその場合奪われたら相手に舐める大義名分を与えてしまう……)

さやあん(睡眠中を狙うべきか……)




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:47:55.47 ID:6vSxnwNb0
さやか「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか(杏子は……こっちを伺ってる……まさか杏子も同じ狙い?ただ眠れないのか……)

杏子(まずいな……さやかも狙ってたのか?それともただ眠れないのか……)

さやか(どうしよう……早く寝てよ杏子!)

杏子(早く寝てしまえさやか!)

さやか(やばい、眠くなってきた……でも今寝るわけには……その気になれば眠気だって消せる!)

杏子(いいよ、とことんつきあってやるよさやか!)



チュンチュン

さやか「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:49:35.92 ID:QUahUt8S0
さやばかとあんばかwwww




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:57:13.80 ID:6vSxnwNb0
まどか「あ、またほむらちゃんが気絶しちゃった……」

ほむら「」ビクンビクン

QB「やぁまどか」

まどか「……愛しあう二人の中に入ってくるなんて無粋だよねQBって」

QB「そういう感情も僕にはわからないからね、まぁ用が済んだらすぐに出ていくよ」

まどか「何の用?契約ならしないよ、ほむらちゃんの過去を見たし、元々ほむらちゃんが嫌がることなんてしたくないし」

QB「いやがる暁美ほむらを無理やりこんなふうにしているっていうのはつっこむべきなのかい?」

まどか「……」

QB「まぁいいや、僕としてはソウルジェムを全て舐めきった君がどうなっているのかを調べに来たんだ」

まどか「ふーん」

QB「いままで全てをなめさせるなんて子はいなかったからね、普通は魂がなくなるんじゃとか考えてやめるはずさ」

QB「だから僕としては暁美ほむらの魂がどうなっているのか、そういったことを調査したいんだ」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:07:39.82 ID:Tlh5deLN0
QB「なるほどね……暁美ほむらの魂は君の魂に寄り添い合うように君の中にいる……」

まどか「それで?」

QB「そうだね、まどかがその気になれば感覚を共有できるんじゃないかな?」

QB「感覚を共有しているときに魔法少女になろうとすれば暁美ほむらは強制的に魔法少女になるかもしれないね」

QB「あとは、暁美ほむらの魔法を君も使えるかもしれないね、ただ君は素質があるだけで魔法少女じゃない……暁美ほむらの魔力を消耗して魔法が使えるだけだ」

QB「今わかるのはこれぐらいかな?データを持って帰らせてもらうよ」

まどか「うん」

まどか(感覚を共有にほむらちゃんの時間を止める魔法……ほむらちゃんをいじるには最高だねウェヒヒ)

ほむら「ん……」

まどか「起きた?ほむらちゃん」

ほむら「まど……か……」

まどか「ほむらちゃん……魔法少女になってよじゃないと……」

ほむら「な、何?」

まどか「無理やり魔法少女にしちゃうよウェヒヒ」

ほむら「え!ど、どうして!」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:16:18.28 ID:Tlh5deLN0
まどか「やっぱりほむらちゃんのソウルジェムは美味しいや」コロコロ

ほむら「ん……いや……どうして……」ゾクゾク

まどか「ほむらちゃんのソウルジェムを取り込んだせいで感覚を共有できるんだって、ちなみに私からほむらちゃんへの一方通行らしいけど」コロコロ

ほむら「感覚を……共有……」ゾクゾク

まどか「うん、それに私がほむらちゃんの魔法も使えるんだって」コロコロ

ほむら「く……ん……」ゾクゾク

まどか「私の魂とほむらちゃんの魂が寄り添い合ってるんだってさ」コロコロ

ほむら「そ……う……」ゾクゾク

まどか「あれ?舐め終わっちゃった……耐え切ったねほむらちゃん」

ほむら「はぁ……はぁ……よかった……わ……」

まどか「じゃあ変身を解いてもう一回変身!」

ほむら「え!」

まどか「だってほむらちゃんの魂……ずっとずっとなめていたいんだもん……」

ほむら「あ、ああぁ……///」ゾクゾク




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 00:35:29.48 ID:Tlh5deLN0
さやあん「はっ!」

さやあん(ソウルジェム……ある)

さやか「……おはよう、杏子」

杏子「……おはよう、さやか」

さやか「いやーよく寝たね」

杏子「そうだなー」

さやあん(あと5分早く起きたら……)

さやか(絶好のチャンスを逃しちゃった……)

杏子(となると……次の手は……)

さやあん(ひらめいた!)

さやか「ねぇ杏子、マミさんのところにいかない?」

杏子「ちょうどあいつの家の紅茶とか飲みたいって思ってたんだよね」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:01:58.30 ID:Tlh5deLN0
マミ「え?私のソウルジェムを舐めたい?」

杏子「お前に私達のソウルジェムは舐めさせたのにお前のソウルジェムを私達は舐めてないだろ?」

さやか「マミさんだけ私達の事どう思ってるのかかくすなんてずるいですよ!」

マミ「まぁ、いいけど……」

杏子「じゃ遠慮なく……パイン味……普通に美味しいってぐらいだな……」

さやか「じゃあ私も……私も美味しいとは感じますねー」

マミ「あなた達も暁美さんや鹿目さんも私にとっては大事な友だちって思っているけど、鹿目さんと暁美さんや、あなた達みたいな仲ではないもの」

さやか「だ、だれがこんなやつと!」

杏子「そ、そうだ!」

マミ「ふふっそういうことにしておくわね」

マミ「それにしても自分の魂を舐められてるって思うとちょっと怖いわね……」

さやか(恥ずかしさのあまり否定しちゃった……)

杏子(ソウルジェムを舐める流れを作ってさやかのを舐めようって思ってたのに……)

マミ(なんで落胆してるのこの子達……私何かしちゃった?)




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:19:22.00 ID:Tlh5deLN0
マミ「そういえば、ソウルジェムの味って色で決まっているのかしら」

さやか「マミさんはパイン味、杏子はりんご、ほむらはぶどうですっけ?私はソーダらしいですけど……あれ?私だけ果物じゃない?」

杏子「お祭りとかのりんご飴なら確かに赤いけど、りんごの飴って黄色くないか普通」

マミ「まぁ、変とかいいだしたらそもそも飴みたいな味がする時点で変なのだけど……」

杏子(一度……一度でいいからさやかのソウルジェムと自分のソウルジェムを私の手元に持つことができれば……)

杏子「あーこんな話してたらソーダ飲みたくなってきた」

杏子(ここでマミがあら、美樹さんのソウルジェムを舐めさせてもらったらといえば!)

マミ「ソーダならあるわよ、持ってきてあげる」

杏子「え、あ……ありがとう……」

さやか(やっぱり杏子は私のソウルジェムを狙ってる?まさかね……でもさっきの杏子の発言でさやかちゃんも思いついた!)

さやか「あーなんかりんごのお菓子食べたくなってきた」

さやか(あくまでお菓子、リンゴがあっても関係ない!そしてでてくるのはりんごのお菓子のような飴!杏子のソウルジェム!)

マミ「あら、アップルパイがあるわよ、一緒に食べましょう」

さやか「わーい……」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:19:56.56 ID:Kb7TCFNr0
QB「わーい」




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:21:08.10 ID:VqJ2GtMz0
やったー!




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:41:38.76 ID:Tlh5deLN0
マミ「あら、鹿目さんもきたの?」

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃんも一緒ですよ」

ほむら「……」

マミ「えっと……暁美さんは大丈夫なの?」

ほむら「問題ないわ」

マミ「そう……ならいいけど……」

マミ「じゃああがって、ちょうど美樹さんと佐倉さんでアップルパイを食べようとおもっていたの」

まどか「美味しそうですね!」

マミ「ふふ、もうできるからあっちで待っていてね」

まどか「いこ、ほむらちゃん」

ほむら「えぇ、まどか」

マミ(昨日見た時よりなんだかげっそりしているような……)




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 01:57:41.28 ID:Tlh5deLN0
さやか「あれ?まどか」

まどか「ウェヒヒ、お邪魔だったかな?」

杏子「なにいってんだよ」

ほむら「……」

さやか「ほむら……なんかやつれてない?」

さやか(まぁ原因はなんとなくわかるけど……)

ほむら「そんなことない……わ……」

まどか「ウェヒヒ、アップルパイ楽しみだねほむらちゃん」

ほむら「ふふ、あまり食べ過ぎてはダメよまどか」

さやか「堂々といちゃついちゃってまぁ」

まどか「ウェヒヒ、だってほむらちゃんと私の魂はもうずっと一緒なんだもん」

杏子(いいなぁ……さやかの魂ほしいなぁ……)

ほむら「そう……ね……」

さやあん(なんかほむらの様子がおかしいような……)




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 02:22:39.87 ID:Tlh5deLN0
まどか(ウェヒヒ、QBの言うように、ほむらちゃんの魂が私の魂と寄り添い合っていて、ほむらちゃんに自分の感覚を与えられるってことは……)

まどか(私が受けた感覚をほむらちゃんの魂に送っているってことだよね、つまり……その要領でほむらちゃんの魂をいじってあげれば……)

ほむら「ん……く……」

まどか(ウェヒヒ、ほむらちゃんずっと耐えてる、帰ったらたっぷりソウルジェムなめちゃおっと)

マミ「アップルパイもってきたわよ」

さやか「まってましたー」

杏子「いい匂いだな」

ほむら「そう……ね……」

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃん食べさせてあげる!」

ほむら「それじゃあ……おねがい……するわ」

マミ「ふふっラブラブね」

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃんのことなら何でも知ってますから!」

さやか(何考えてるかも記憶もわかるんじゃあ当然な気が……)




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 02:38:25.57 ID:Tlh5deLN0
まどか「はいほむらちゃんあーん」

ほむら「ほむ……ほむ……」

ほむら「美味しいわ」

マミ「それはよかったわ」

さやか「あ、本当!すっごく美味しいですよ」

杏子「マミの家にいくといつもごちそうだな」

さやか(にしても杏子のソウルジェムどうやって奪おうかな)

杏子(今日も泊まりたいとは言い難いし……)

さやか(普段は指輪なせいでお風呂とかでも奪えないし……)




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 02:53:17.13 ID:Tlh5deLN0
さやか(今日はやめておこう……明日……睡眠薬やその他もろもろを用意すれば……)

杏子(明後日には……)

さやあん(杏子(さやか)は私のもの!)

まどか「ウェヒヒ、ほむらちゃんあーん」

ほむら「恥ずかしいのだけど……」

まどか「あーん」

ほむら「あーん……」

マミ「本当にラブラブねぇ……ちょっと羨ましいわ」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 03:13:48.77 ID:Tlh5deLN0
まどか「どうだったほむらちゃん」

ほむら「……あなたは私のことは聞かなくても解るでしょう?」

まどか「うん、でもほむらちゃんの声で聞きたいな」

ほむら「……3回……」

まどか「そっか、ほむらちゃんは3回イッちゃったんだね」

まどか「本当はまたほむらちゃんのソウルジェムを舐めたいなって思ったけど……ほむらちゃんも疲れてるよね……今日はもう寝ちゃおっか」

ほむら「え?えぇ……」


まどか「すぅ……すぅ……」

ほむら(ゆっくりできるはずなのに……なんだかがっかりなような……)

ほむら(まどかに完全に主導権を奪われちゃったのよね……私もまどかにせめてみたい……)

ほむら「それにしても……かわいい寝顔なんだから……」

まどか「すぅ……すぅ……」

まどか(ほむらちゃんが実は期待してたのはわかってたけど、そっかほむらちゃんもせめてみたいんだね)

まどか(襲ってきたらいつでもOKなのにほむらちゃんったら)




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 04:14:01.99 ID:Tlh5deLN0
ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ソウルジェムに味があることを発見してから数日でこんなことになるなんて思ってなかったな……」

まどか「ほむらちゃんとこういう関係になれたのはとっても嬉しいし、ほむらちゃんも私が好きだったのは嬉しい……」

まどか「ほむらちゃんの過去を実際に記憶として見ることができて、もっと好きにもなっちゃった……」

まどか「でも……ほむらちゃんは私に逆らえないような状況になってるからついてきてくれてるのかも……無意識に逆らえないからっておもってたら……私じゃわからない……怖い……」

まどか「怖いよ……ほむらちゃんの事を全部知りたいよ……そうじゃないならこんなほむらちゃんの弱みにつけ込んだ状態やめたいよ……」

ほむら「集中していると私の思考も気がつかないのね」ギュウ

まどか「え、ほ、ほむらちゃん……どうして起きて……」

ほむら「まどか、私のソウルジェム……外したりせず、手についたこのままで舐めて」

まどか「で、でも……」

ほむら「舐めなさい、まどか」

まどか「う、うん……ん……れろ……ぴちゃ……」

ほむら「ふふ、あなたのおかげでなめられるのにも慣れてきたわ……見て、あなたの唾液で手がどんどんベタベタになっていく……」

まどか「ちゅるる……ぴちゃ……なんだかえっちだよ……れろぉ……れろ……」

ほむら「私の手を必死に舐めるまどかは犬みたいね……」




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 04:17:06.57 ID:w3ochn010
立場逆転キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:24:33.66 ID:Tlh5deLN0
まどか「ちゅぱ……れろぉ……美味しい……ちゅるる……ぴちゃ……」

ほむら「もう半分以上舐めとったのね」

まどか「だってぇ……美味しくて……舐め始めたら止まらなくて……れろ……」

ほむら「ほら、手についたあなたの涎がシーツに落ちそうよ、舐めとりなさい」

まどか「ん……ちゅぅ……」

ほむら「いい子ね、まどか」

まどか「全部舐め終わっちゃった……」

ほむら「おもったより速かったわね、まぁあれだけ必死に舐めていればそうもなるわ」

ほむら「次はこのべたべたになった手で…………あなたのべたべたになったところをいじってあげる」

ほむら「その間、犬のまどかはどこを舐めたらいいのか……私が言わなくてもわかるわよね?」

まどか「ほむらちゃん……うん……な、舐めるね?」

ほむら「まどかがこんな変態だったなんて何度も世界を繰り返したけど知らなかったわ」

まどか「うぅ……だって……ほむらちゃんのソウルジェムが美味しくて……そしたらこんなことになっちゃって……」

ほむら「私のせいだって言いたいのかしら?舐めたのはあなた、私は止めたわ」




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:28:58.48 ID:Tlh5deLN0
ほむら「ねぇ、まどか……誰があなたに逆らえないの?」

まどか「ん……ぴちゃ……れろ……はぁ……んん……ほむらちゃんが……」

ほむら「そうね、まどかが契約を盾にしたり、本気でそうしようと思えば私は逆らえないわ」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「誰が舌を止めていいって言ったかしら?」

まどか「はぁ……ぴちゃ……はぁ……はぁ……れろ……」

ほむら「それでいいのよまどか……」

ほむら「まどか……あなたは私の恥ずかしい記憶を知ったことで弱みを握ったと思っているのかしら」

まどか「え?」

ほむら「ほら、舌をとめちゃダメよ、黙って聞いていなさい」

ほむら「それともあなたと100m以上離れられない事、思考がダダ漏れな事、私を少しだけ操れる事」

ほむら「どれもまどかからみたら弱みと捉えてしまうのもしょうがないわね……」

まどか「んはぁ……ぴちゃ……れろ……はぁ……はぁ……ぴちゃ……」

ほむら「私がまどかにされてばかりだからそう考えちゃったのかしら?間違いは正してあげないといけないわね……」




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:32:16.53 ID:Tlh5deLN0
まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「私がまどかの側にいるのは……まどかにソウルジェムを舐めとられたなんて関係ないことを……」

ほむら「からだに教えてあげないといけないわね」

まどか「うん……教えて……ほむらちゃんのこと……もっと私に教えて」

ほむら「黙って聞いていなさいって言ったのに途中から喋ったりして……」

ほむら「舐めるのも忘れているなんて……まどかがこんなに馬鹿な犬だなんて思わなかったわ」

ほむら「お仕置きが必要ね」

まどか「うん……いっぱいお仕置きしてほしいなって……」




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:37:57.95 ID:Tlh5deLN0
さやか(睡眠薬OK……その他リラックスするようなものも準備できた……あとは杏子を……)

さやか(あとは明日杏子を家に呼び出せば……)

杏子(私に家があればさやかを呼び出せるけど……家ないからなぁ……)

杏子(さやかのソウルジェム……美味しかったな……ん?あれは……)

さやか(やっぱり我慢出来ない!今日中に決めてやる!)

杏子「おーいさやかー」

さやか(まさか獲物のほうから来てくれるなんて)

さやか「杏子、どうしたの」

杏子「ん?いや見かけたから呼んでみただけだけど」

さやか「あっそう、あんたも暇人だね」

杏子「なんだよその言い方」

さやか「暇ならうちに遊びに来る?」

杏子「いいのか!」

さやか(自然な誘い方……さやかちゃんの才能が怖いね!)

杏子(またもさやかのソウルジェムを舐めるチャンス到来……)




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:41:56.54 ID:Tlh5deLN0
さやか「……ふふふ……ついに……ついにさやかちゃんの勝利が確定したね……」

さやか「睡眠薬で眠る杏子……そして起きている私……敗北はない!」

さやか「さっそく杏子のソウルジェムを……あれ?指にない!ど、どこに……」

杏子「ん……んん……」

さやか「落ち着くのよ私……この100m以内のどこかにあるのは間違いない……」

杏子「あむ」

さやか「へ?」

さやか「あ!ちょっと!わたしのソウルジェム(指輪)を指ごと加えて持っていこうなんてやめなさいよ!」

杏子「ん……れろぉ……ぴちゃ……」

さやか「うぅ……指をなめられる感触と同時に全身を内側からなめられるような感触が……」

さやか「よかった……取り出せ……あ!わたしのソウルジェム(指輪)だけない!」

杏子「んー……」

さやか「ちょ!ちょっと口を開けなさい杏子!あーん!」

杏子「これは私のくいもんだぞ……んん……」

さやか「ベタな寝言なんて聞いてる場合じゃないのよ!ちょっと!」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:45:16.40 ID:2PNArD930
杏子の勝利か?




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 17:45:44.83 ID:Tlh5deLN0
さやか「なんとか取り出せた……よかったぁ……」

さやか「それはそうとして杏子のソウルジェムはどこに……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「両手両足、ポケットもない……」



チュンチュン

さやか「……」

杏子「んーあれ、寝ちまってたか」

さやか「おはよう杏子……」

杏子「お前なんだよその顔……あれ?おい!私のソウルジェムどこだよ!」

さやか「は?知らないわよ……」

さやか(むしろ私が知りたいわ!)




386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:14:52.81 ID:Tlh5deLN0
杏子「いつ外したっけ……えぇっと……そうだ!風呂だ!」

さやか「風呂でも普通こんな大切なもの外さないでしょ……」

杏子「そう言われてもな……」

さやか(お風呂に入る時外すってわかったのは収穫かも……)

さやか(そう思わないとここまでやったのに何もなかったことになっちゃうよ……)

杏子「ん?なんか言ったかさやか?」

さやか「え?」

さやか(まさか……そんな……)

杏子「なにがまさかなんだよ」

さやか「なんでもない……ただのテレパシーだから気にしないで……」

杏子「まぁいいや、今日は用事があるからもう出ていくよ、じゃあな」

杏子(舐めるチャンスはなかったなーまぁしょうがないか)


さやか「これからあいつに私の思考ダダ漏れかぁ……でもまだ逆転のチャンスは……」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:21:41.69 ID:Tlh5deLN0

マミ「あら、茶葉が切れてるわ……買いに行かないと」


マミ「あら、鹿目さんに暁美さん」

ほむら「奇遇ね巴マミ」

まどか「マミさんこんにちわ!」

マミ「ふふっ日に日に仲良くなっていくわね、腕なんて組んじゃって」

まどか「ウェヒヒ、だってほむらちゃんが昨日///」

ほむら「ちょ、ちょっとまどか!」

マミ「はいはい、ごちそうさま、鹿目さんを泣かせたりしちゃダメよ暁美さん」

ほむら(昨日いっぱい鳴かせた気がする)

まどか「もうほむらちゃんったら///」

マミ「じゃあおじゃま虫は退散するわね」

ほむら「またね」




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:24:06.21 ID:Tlh5deLN0
マミ(何か心境の変化でもあったのかしら?まぁ暁美さんも鹿目さんも笑顔だったしいいことよね)

マミ「って今度は佐倉さん」

杏子「ん?ようマミ」

マミ「何をしているの?」

杏子「八百屋の手伝い」

マミ「あら、あなたってそういう子だったかしら……」

杏子「手伝いしたらりんごがもらえるからな!それに盗みはやめろって言われたし」

マミ「いいことね、じゃあそこのりんごを5つもらえるかしら」

杏子「まいどー」

杏子「そういえば、さやかがずっとテレパシー送ってくるんだよね」

マミ「へぇ、返事してあげたら?」

杏子「そうだな、今は仕事中だから後でいいや」

マミ「じゃあお仕事頑張るのよ佐倉さん、またね」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:26:27.83 ID:Tlh5deLN0
マミ(佐倉さんも美樹さんと出会ってからいい子になってきたわね)

マミ「と思えば今度は美樹さんね」

さやか「へ?マミさんどうしたんですか?」

マミ「知り合いによくあうなって思っただけよ」

さやか「そーでふか」モガモガ

さやか「あ、マミさんも食べます?たい焼き」

マミ「一ついただこうかしら、お礼にリンゴをどうぞ」

さやか「ありがとうございます、たい焼き熱いんで気を付けてくださいね」

マミ「えぇ、ありがとう」

さやか「そういえば杏子知りませんかマミさん」

マミ「あっちの八百屋でお手伝いしていたわよ」

さやか「あそこか!」

マミ「そういえば美樹さん、佐倉さんにテレパシーを送り続けてるの?」

さやか「いやー不覚をとってソウルジェム舐められちゃって……ばらすのもあれなんで嘘を……じゃあ杏子のところにいくんで」

マミ「そう、これから大変かもしれないけど頑張って、それじゃあね」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:29:36.15 ID:Tlh5deLN0
マミ(ソウルジェムに味があるっていう騒動から、一気に皆の仲が深まってるわ……)

マミ(皆の一番になれなくてもいいって思ってたけどこうなると寂しいものね……)

ゆま「ねぇねぇおねーちゃん」

マミ「あら、どうしたの?迷子?」

ゆま「寂しそうな顔してたけどだいじょーぶ?」

マミ「子供に見ぬかれちゃうほど顔に出てたのね、心配してくれたの?ありがとう」

ゆま「痛いとこある?ゆま治すよ?」

マミ「あら、あなた魔法少女なのね」

ゆま「おねーちゃんも?」

マミ「えぇ、こう見えてもベテランなんだから」

ゆま「おー」

マミ「よかったらあなたも今度から私達と一緒に魔女と戦う?」

ゆま「いいの?」

マミ「大歓迎よ」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:30:07.62 ID:Tlh5deLN0
ゆま「ゆまは……ひとりじゃなくなるの?」

マミ「あなたがよければね」

ゆま「ゆま……ずっと一人で……だから……」

マミ「辛かったのね、その気持ち……とても解るわ」

ゆま「えっと、私ゆま!」

マミ「私は巴マミよ、よろしくね、小さな魔法少女さん」

おわれ




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:30:35.87 ID:VqJ2GtMz0
乙乙乙




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:31:01.76 ID:VYB4l5hX0
まさかのマミさんエンド




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:32:11.92 ID:Tlh5deLN0
保守してくれたのにぶん投げてごめんなさい
でもね、俺はほむほむとまどっちのソウルジェムを舐めて溶かして一つにしたいの




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:50:34.66 ID:A4AfrEpD0
乙乙

最後にまどっちのソウルジェムが何味なのかだけよかったら教えてくんろ




411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:53:05.83 ID:Tlh5deLN0
>>410
順当に考えて桃、ただまどっち契約はほむほむにとってバッドなのでまどほむ厨の俺には辛いので無契約
ゆまちゃんはメロン!キリカちゃんは……黒……黒飴?
おりこがハッカ飴なんていうネタは考えたけど結局出さないっていう




412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 18:58:13.49 ID:2zEM5C9N0
乙ほむ











------------
当ブログについて
※欄672さんありがとうです。



ソウルジェム シルバーペンダントトップ 暁美ほむら
ソウルジェム シルバーペンダントトップ 暁美ほむら
エーシージー 2011-09-15
売り上げランキング : 704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら ソウルジェムシルバーリング 25号 小説版 魔法少女まどか☆マギカ 初回限定版 【書籍】 ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア) figma 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら 魔法少女まどか☆マギカ カラコレ (トレーディングマスコット) BOX



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 18:27: :edit
       △  ¥ ▲
      ( ㊤ 皿 ㊤)  がしゃーん
      (        )      
     /│  肉  │\         がしゃーん
    <  \____/  >
        ┃   ┃
        =   =
    3ゲットロボだよ
    ソウルジェムレロチュパされてイキそうなほむほむのふとももにおにんにんはさんでくれるすごいやつだよ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 18:52: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 18:54: :edit
    >>1
    3じゃないしロボとふともも関係ないしで、なんかもういろいろと偽者め!!
  4. 名前: 天才まーくん #-: 2011/08/23(火) 18:56: :edit
    一桁余裕
  5. 名前: 名無し #-: 2011/08/23(火) 19:23: :edit
    ※1冗談はスパッツだけにしてくださいよ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 19:25: :edit
    一桁ゲッター
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 19:45: :edit
    レロチュパぺろぺろ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 19:53: :edit
    ※2
    偽物めっ!

    さやかのふとももにおにんにんはさみたいよぅ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 20:18: :edit
    杏さやのほうもっと見たかったな
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 20:34: :edit
    変身したら何回でもソウルジェム復活するんか。
  11. 名前: 究極の名無し #-: 2011/08/23(火) 20:48: :edit
    あんこのおにんにんにふとももはさんでゆっくりしごいてから快楽爆発させたいお。
  12. 名前: チハリス #-: 2011/08/23(火) 20:48: :edit
    (*^ω^)ムラムラしちまうおっおっおwww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 21:33: :edit
    もうちょっとでソウルジェム発売だってタイミングでこの話かw
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 22:09: :edit
    なかなか面白い設定だった
  15. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/08/23(火) 22:43: :edit
    さやかはブルーベリー味じゃないのか

    ブル…ブル…
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/23(火) 22:47: :edit
    オリコとキリカは渋いな
    杏子ちゃんペロペロ
  17. 名前: 通常のナナシ #rqXrGS2M: 2011/08/24(水) 02:37: :edit
    設定が斬新でよかった
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/24(水) 03:46: :edit
    ゴクリ…
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/24(水) 07:23: :edit
    ほむほむのほむほむをほむほむ
  20. 名前: 照井竜 #-: 2011/08/24(水) 07:26: :edit
    「すまん、飴は噛み砕く派なんだ」

    さあ、振り切るぜ
  21. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/08/24(水) 09:26: :edit
    これならペロペロがペロペロじゃなくなるなw
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/24(水) 10:38: :edit
    ほむほむ味のソウルジェムが欲しい
  23. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/08/30(火) 18:55: :edit
    いいですねただのレズも設定でとても新鮮

    つかソウルジェム型のキャンディー出したら売れるんじゃね
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。