マミ「中学デビュー失敗したわ…」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/20(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:22:09.84 ID:HQaFvWNj0

先生「はい…次は巴さんね!どうぞ」

マミ「巴マミです…よろしくお願いします!」

パチパチ…




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:25:11.18 ID:HQaFvWNj0
「巴さん!今日帰り何処かよってかない?」

マミ「えっ?あっ…行く…」

QB『マミ!また魔女が現れたみたいだ!』

マミ「いえ…やっぱり今日は用事があるから帰るわ…」

「そっかーまた明日ねー!」

マミ「ええ、明日ね…」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:26:09.39 ID:oim7jQ7c0
おのれQB…!




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:27:19.81 ID:HQaFvWNj0
ターン!

マミ「ふぅ…やっと倒したわ…」

「なんだ、この街にはもう魔法少女がいるのか」

マミ「…!?誰っ!?」

「名乗る時は自分からって教わらなかったのかい?」

マミ「…私の名前は巴マミよ…貴方は?」

杏子「佐倉杏子だ…アンタと同じ魔法少女さ」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:31:45.33 ID:HQaFvWNj0
マミ「あらそうなの…?でも残念ね…その魔女なら私が倒してしまったわ?」

杏子「どうやらそうみたいだな…でも今は魔女なんてどうでもいい…」

マミ「?」

杏子「食べ物を…持って…」バターン!

マミ「ちょ…!大丈夫!?ちょっと!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:35:04.51 ID:HQaFvWNj0
トントントン…

杏子「う…うーん…ここは?」

マミ「あら、起きたのかしら…?」

杏子「誰だお前は!?」

マミ「えっ!?忘れたの!?」

杏子「?」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:37:32.28 ID:HQaFvWNj0
………。

杏子「あはは!そうだったな!てっきり忘れてたぜ!」

マミ「もう勘弁してよ…いきなり現れたと思ったら倒れるし…何か食べさせてあげようと思って連れて帰ってきたらいきなり誰だ!なんて…」

杏子「おい…お前今なんて言った?」

マミ「えっ!?」ビクッ

マミ「い、いきなり誰だなんてって…」

杏子「その前だよ!」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:39:44.27 ID:HQaFvWNj0
マミ「その前…?貴方が倒れたって事?」

杏子「それよりもうちょい後だ!」

マミ「貴方にご飯を食べさせようと…」

杏子「それだっ!!!」

マミ「!?」ビクッ!?




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:40:56.87 ID:HQaFvWNj0
杏子「飯を食べさせようと…って事は…アタシに飯をくれるのか…?」

マミ「え、ええ…そのつもりよ?」

ガシッ!

マミ「!?」ビクッ!!

杏子「アンタいい奴だな!」

マミ「あ、ありがとう…」

マミ(私はちょっと…苦手かも…)クスン…




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:44:01.37 ID:HQaFvWNj0
杏子「うめぇ…うめぇよ…!」

マミ「それはよかったわ…」

杏子「これアンタが作ったんか?」

マミ「ええ、そうだけど?」

杏子「アンタ天才だな!」

マミ(…ちょっと嬉しい)




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:45:41.03 ID:HQaFvWNj0
杏子「ふぅ…ご馳走様!」

マミ「結構量あったのに全部食べたわね…」

杏子「残すのは勿体無いからな!」

マミ「まぁ…そうね」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:51:36.78 ID:HQaFvWNj0
マミ「それで…そろそろ説明してくれない?」

杏子「何をだ?」

マミ「何をって…なんであんなふらふらな状態で魔女の所にきたの?」

杏子「一昨日からなんも食べてないからなぁ…倒れるとは思ってなかったけどなぁ
」アハハ

マミ「な…馬鹿じゃないの!?そんな状態で魔女と戦おうとしたの?一歩間違えたら死ぬかもしれないのよ!?」

杏子「死ぬか…別にいいんだけどな…死んでも」

マミ「…っ!」パシーン!

杏子「!?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:54:28.19 ID:HQaFvWNj0
杏子「な、何をするんだよ!」

マミ「死んでも良いなんて…そんな軽々しく言わないで!」

杏子「ちっ…飯ごちそーさんもう行くぜ…じゃあな」ガチャ

マミ「……」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 16:58:19.44 ID:HQaFvWNj0

マミ「死んでもいいなんて…私の願いを否定してるじゃない…」


マミ「ママ……パパ……」グスン




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:01:55.89 ID:HQaFvWNj0
翌日


「巴さーん!今日皆でカラオケ行くんだけど行かないー?」

マミ「えっ…あ、うん!行く!行くわ!」

「じゃあ放課後◯◯前に集合ねー」

マミ「分かったわ!」

マミ(中学になって初めて友達ができるかもしれない…楽しみだなぁ)




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:07:12.31 ID:HQaFvWNj0
放課後

マミ「◯◯…◯◯はっと…」

QB「マミ!こんな所にいたのかい!」

マミ「あら…何?キュゥべえ?」

QB「孵化しそうな魔女の卵があるんだ!早く行かないと大変な事になるよ!」

マミ「でも…今日は約束が…」

QB「死人が出てもいいのかい?」

マミ「……分かった、行くわ」

マミ(断りのメールを入れなきゃいけないわね…)




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:08:25.42 ID:HQaFvWNj0

マミ「あっ…よく考えたらメールアドレス知らないじゃない…」


マミ「……明日謝ればいいよね?」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:09:38.81 ID:RO+/yq2v0
QBは研究足りてないな




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:14:49.96 ID:RJtZqPYk0
オワタ\(^o^)/




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:14:52.39 ID:HQaFvWNj0
翌日


マミ「おはよう…」


「昨日のカラオケ楽しかったねー!」
「まさかあんな歌歌うなんて思ってなかったよー!」アハハ!


マミ「あっ…昨日は急に用事が出来て行けなくなっちゃったの…ごめんなさいね」


「あっ…巴さんそうだったんだー」
「まぁ別に来ても来なくても良かったけどねー」
「そういう言い方は酷いと思うよー」アハハー


マミ「……ごめんなさい」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:25:06.91 ID:HQaFvWNj0
一ヶ月後

先生「はい!じゃあ今週の週末は課外活動をグループで行くので5人組のグループを自由に作ってください!」

マミ「えっ…」


「ねぇねぇ一緒に組もう?」
「いいよー!楽しみだねー!」


マミ「あっ…あの…」


「グループっていう事は自由時間あるのかなー?」
「そしたら遊びに行こうねー!」


マミ「だっ…誰か…」

先生「あれ?巴さんにまだ入ってないのかな?何処か巴さんをグループに入れてあげてくださいー!」



「じゃあ…うちのグループでいいよ…?」

マミ「あっ…ありがとう…」

「「「………」」」」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:32:14.12 ID:HQaFvWNj0
マミ(あの日から遊びに誘われる事も無くなって会話する機会もめっきり減ったわ…)

マミ(いえ…正確に言えば喋りかけてくれる事もあった…でも…)


「巴さん!昨日のテレビ見た?」

マミ「いえ…見れなかったわ…」


「巴さんは好きな歌手いる?」

マミ「さ、最近の歌手はあんまり分からなくて…」


マミ(魔女退治が忙しいから最近の話題に疎くて全然話題についてけなかったわ…)




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:35:55.62 ID:HQaFvWNj0

マミ(で今回のグループ分け…)

マミ(もうクラスの女の子は仲のいい子同士でグループを作ってしまって私がはいる余地が無かったわ…)

マミ(先生の気遣いが恨めしい…)


マミ「もう…学校に行きたくない…」クスン…




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:39:52.35 ID:HQaFvWNj0

マミ「……ダメよ!ママとパパは私にちゃんと学校に行って欲しいって思っているに決まっているわ…」


マミ「私…頑張るから見ててね?」


マミ「ママ…パパ…」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:43:34.05 ID:HQaFvWNj0
ある日教室で

「巴さん!付き合ってください!」



マミ「え、えっ!?」

マミ(なんで私告白されてるのかしら…)

マミ「き、気持ちは嬉しいけど…私貴方の事よく知らないから…ごめんなさい…」


「そうですか…すいませんでした…」

マミ「いえ…こちらこそ…」

「………」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:47:28.46 ID:EKkGFGCF0
「ぼっちだから簡単に落ちるかと思ったけどダメだったわwww」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:51:03.18 ID:HQaFvWNj0
「…なんであの子ばっかり持てるのよ!?」ヒソヒソ…

「私昨日彼に告白したら、好きな人がいるからって振られたの…」ヒソヒソ…

「何それひどーい!じゃあそれあの子のせいなの?」ヒソヒソ…

「どうせあの胸で男をたぶらかしてるのよ…」ヒソヒソ…

「なんか喋り方気持ち悪いしね…」ヒソヒソ…

「大体入学した時、私達がせっかく誘ったのに連絡一つよこさないで来ないなんて…生意気じゃない?」ヒソヒソ…

「いじめちゃおうか?」ヒソヒソ…

ヒソヒソ…ヒソヒソ…
ヒソヒソ…ヒソヒソ…

マミ(今日は何故か視線が痛いわ…)




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:56:36.80 ID:OmT0AW6PO
マミさんは学校にいたらファンクラブがあってもおかしくない




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 17:57:36.70 ID:HQaFvWNj0
翌日

マミ「私の上履きがない…?なんでかしら…」

マミ(仕方ない…職員室でスリッパ借りてきましょう…)

マミ「って机も無い…ねぇ?私の机知らない?」


「知らなーい?ねぇ?」

「知ってる訳ないよねー」アハハ!



マミ「そう…ごめんなさい…」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:00:23.06 ID:MmsmARf80
見中の机は床に収納するタイプ、だった……ような




60 :>>53ドライバーで取り外した…すいません忘れてました:2011/07/03(日) 18:06:15.26 ID:HQaFvWNj0

マミ(教科書に落書きもしてある…これってイジメよね…)

先生「巴さん!?その教科書どうしたの!?」

マミ(あっ……)

先生「ちょっと!こんな酷い事したの誰かしら?」

「………」

先生「犯人が名乗りでてくれるまで今日は授業をやりません!」

「えぇー!」
「私達関係無いのに…」
「巴さん自分でやったんじゃないの?」
「何それ笑えるー!」

マミ(………)




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:35:27.95 ID:HQaFvWNj0
先生「こら!静かにしなさい!やった人は正直に名乗り出なさい!先生怒らないから!」

マミ(そんなんで名乗り出る訳ないじゃない…)

先生「……分かりました、放課後まで待つのでやった人は正直に先生の所まで名乗り出るように!」

マミ(そうやって中途半端に投げ出すくらいなら話を大事にしないでよ……)

マミ(帰りたい……)




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:38:03.61 ID:tQgb0uLT0
先生(わたし良いことしてる・・・!)




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:39:54.60 ID:HQaFvWNj0
「次は体育の時間だねー!」

マミ「体操服も無い…」



先生「こら!巴さん!体操服忘れたの?」

マミ「いえ……はい、そうです…」

先生「はぁ…分かったわ…じゃあ見学してなさい…」

マミ「はい……」



クスクス…クスクス…

マミ「………」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:47:24.25 ID:HQaFvWNj0
マミ(保健室行って早退させてもらいましょ…)

マミ「すいません…具合が悪いので早退してもいいですか?」

先生「あら?症状は?」

マミ「吐き気や頭痛がします…(本当に…)」

先生「分かったわ…じゃあここにクラスと名前を書いて先生の所に持ってって許可もらってね?」

マミ「はい……」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 18:52:18.86 ID:HQaFvWNj0
マミ(とりあえず許可はもらったし…帰りましょ…)

マミ(あっ…カバンとって来なきゃ…)



マミ(これは…カバンの中身が全部出されてボロボロになってる…)

マミ「あっ…」

マミ(ママから買ってもらったシャーペンも折られてる…)

マミ「こんなの酷い…うぅ…」タタッ



「見た?最後泣いてたよねー!」
「ってゆーか早退とかマジウケるw」



マミ(死にたい…)




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:00:32.56 ID:ahX/kcgj0
これは心折られる…
マミさん…




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:02:28.15 ID:HQaFvWNj0

QB「おや?今日は早かったねマミ?」

マミ「っ……今日は早帰りの日でね?」

QB「そうなのかい?ところでさっき使い魔の反応があったよ!」

マミ「分かった…行くわ…」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:06:41.09 ID:HQaFvWNj0
ドカーン!

マミ「くっ…!」

QB「マミ!」

グァァァ…!

マミ(ああ…このまま死ねばママとパパの所に行けるかな…)



ジャキーン!



杏子「おい…大丈夫か!」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:10:50.73 ID:HQaFvWNj0
マミ「貴方は…」

杏子「なんで使い魔如きにてこずってんだよ?」

マミ「………てよ」

杏子「あ?何だって?」

マミ「ほっといてって言ってんのよ!」

杏子「…はぁ?」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:16:33.05 ID:HQaFvWNj0
マミ「私はこのまま死にたかったのよ…だからほっといてよ!」

杏子「っ…!」パシーン!

マミ「!?」

杏子「てめぇ…人に『死んでもいいなんて軽々しく言わないで』だなんてご立派な事言ってたじゃねーか!」

マミ「あっ…あっ…」

杏子「それがなんだ?自分はいいってか?ふざけんじゃねぇ!」

マミ「………」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:23:45.70 ID:HQaFvWNj0

杏子「……あぁもう!このままじゃ埒があかねぇ…おい!話くらいなら聞いてやる!」

マミ「えっ……?」

杏子「お前ん家行くぞ!」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:34:17.12 ID:HQaFvWNj0




杏子「はぁ?虐められてもう人生が嫌になって?んな事ぐらいで死にたくなったってアホじゃねーの!?」

マミ「アホじゃないのって…酷いわ!貴方にはこの辛さが分からないのよ!」

杏子「ああ!そんなアホな辛さ頼まれても分かりたくは無いね!」

マミ「アホな辛さって…大体貴方だってこの間まで死にたいって言ってたのに…!それはどうしてよ!?」





杏子「………アタシのせいで家族が死んだからさ」

マミ「えっ…?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:47:43.84 ID:HQaFvWNj0

杏子「アタシさ…実はこれでも神父の娘でさ…へへっ…似合わないだろ?」

杏子「まぁそんな訳でアタシの親父は神父でさ…優しすぎる人だったから教義にない事まで説教するようになったんだけどさ…」

杏子「そんな事したら胡散臭いって思うよな?世間もそうさ…誰も正しい事を言ってる親父のいう事に耳を貸さなかった…」

杏子「だからさ、キュゥべえに皆が親父の話を真面目に聞いてくれますようにって頼んだんだよ」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 19:57:56.18 ID:HQaFvWNj0
杏子「翌朝には親父の教会は押しかける人でごった返していた」

杏子「アタシもアタシで裏の世界を救うって馬鹿みたいに意気込んでたよ…この前までは…」

マミ「この前までは…?」



杏子「…カラクリが親父にバレたんだ」

杏子「そしたらさ…娘のアタシを人の心を惑わす魔女だって罵ってさ…」

杏子「結局堕ちるところまで落ちた後アタシ一人を置き去りにして無理心中したんだ…」

杏子「それでさ…これまで結構自分で自分の事強いと思ってたんだけどさ、ダメだった…死にたいと思っちまった」

マミ「佐倉さん……」

杏子「情けないよなぁ…アハハ…笑ってくれよ…」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:05:24.58 ID:HQaFvWNj0
マミ「ごめんなさい…それを知らないで私…」

杏子「いいよ…それよりも…な?お前も笑えよ…この馬鹿な私を…アハハ」



マミ「もうやめて…泣いてもいいのよ…それ以上自分を傷つけないで!」

杏子「そんな…事言われたってさ…うぅぅ…うわあああああん!」



マミ(きっとこの子も私と同じなんだ…)

マミ(心が壊れて…立ち直れない…)




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:10:27.79 ID:HQaFvWNj0
杏子「うぅ…ん?ここは…?」

マミ「目が覚めた?」

杏子「誰だおm」

マミ「はいはい、そのネタはもういいわ…それより貴方お腹空いてない?」

杏子「そういえば…」グゥゥゥ…

杏子「……空いてる///」

マミ「ふふふ…じゃあ食事にしましょ?」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:17:29.99 ID:HQaFvWNj0
ここでお風呂に入ってる間アンケート

3種類くらい終わり方考えてあるんだけどどれがいいかな?

1.グッド
2.トゥルー
3.バッド




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:18:20.79 ID:MqZ7pOt60
えーと全部やればいいと思うよ




145 :了解しました。1→3→2で行きます。もうしばらく共通ルートでお楽しみください。:2011/07/03(日) 20:46:22.31 ID:HQaFvWNj0
杏子「やっぱりアンタの料理美味いなぁ…」

マミ「ふふふ…ありがとうね」

杏子「……さっきは恥ずかしい姿を見せたな」

マミ「ううん、恥ずかしくなんてない…私こそアホな事で相談したなって恥ずかしがってるところよ?」

杏子「くくく…そうは見えねーけどな?」

マミ「ふふふ…分かっちゃった?」




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:49:11.80 ID:HQaFvWNj0
杏子「しかし食ったなぁ…このまま寝ちまいたいくらいだよ…」

マミ「ふふふ…別に構わないわよ?」

杏子「えっ…でもアンタの家族にも迷惑かかるだろ?」

マミ「私の家族はもう……」

杏子「……悪い事聞いたな」

マミ「ううん、気にしないで!それより気になったんだけど…」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 20:53:47.55 ID:HQaFvWNj0
杏子「なんだ?」

マミ「貴方今どこで寝泊まりしてるの?」

杏子「うーん…どこって事はないなぁ…毎日がその日暮らしみたいなもんだし…野宿する事もあるしな?」

マミ「……!?ダメよ!若い女の子が野宿だなんて!」

杏子「そうは言ってもなぁ…」

マミ「……そうだ!貴方、私の家に住まない?」

杏子「は?」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:03:49.26 ID:HQaFvWNj0
マミ「そうね…それがいいわ!」

杏子「ちょ…人の話を…」

マミ「そうとなったらまずは日用品を買って来ないと…ちょっと待っててね!」ガチャン

杏子「ちょっ…!」

杏子「ったく…人の話を聞かないやつだな…」

杏子「でもたまにはこういうのも良いかもな…」フフッ…




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:12:37.54 ID:HQaFvWNj0

杏子「Zzz…」

マミ「誰かと一緒に過ごす夜は久しぶりね…」

マミ「ママとパパが逢わせてくれたのかな…?」

マミ「何はともあれこれからも頑張っていこうと思います…だから…見守っててください」

杏子「んん…もう食えないよぉ…ムニャムニャ…」

マミ「ふふふ…おやすみなさい佐倉さん…」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:17:37.77 ID:Hz2yks6+0
翌朝
マミ「ない・・・お金も・・・家財道具も・・・何もかも・・・」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:21:47.01 ID:HQaFvWNj0
翌朝

杏子「なぁ?本当に行くのか?昨日はああ言ったが嫌だったら休んでもいいんだぜ?」

マミ「ふふふ…大丈夫よ?家で待ってる人が居るって思えば頑張れるから!」

杏子「な…何言ってんだよ…!バカ…///」

マミ「じゃあ行ってくるわね?鍵は置いて行くから出かける時は鍵をかけてポストにいれといてね?」

杏子「ああ分かったよ…いってらっしゃい」

マミ「行ってきます!」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:31:36.23 ID:HQaFvWNj0
マミ「上履きが無くなってるけど対策は出来てるわ…」

マミ「もう一組予備の上履きを持ってるから!」

マミ「持ち物には全部鍵をかけて…もうこれで何も怖くない…!」




「ねぇ…なんであの子立ち直ってんの?」

「そんな事よりどうする…?持ち物に鍵をかけてるからイタズラは出来ないよ…?」

「こうなったら…直接やっちゃおうか…?」ニヤッ




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:35:12.00 ID:yf5ERIRNi
ひどいよ…こんなのあんまりだよ…




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:38:39.76 ID:HQaFvWNj0
放課後

「ねぇ?巴さん?」

マミ「!?……何かしら?」

「貴方親居ないんでしょ?」

マミ「………ええ、それが何か?」

「じゃあお金持ってるんでしょ?」

マミ「………はい?」

「出しなよ…そのお金」

マミ「…………」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:44:45.74 ID:HQaFvWNj0
「ほら?お金出してくれるなら今までの事は水に流して仲良くしよ?」

「私達本当は巴さんと仲良くしたかったんだから」

「友達料って思えば安いでしょ?」







マミ「………遠慮させてもらうわ」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:52:58.60 ID:HQaFvWNj0
「……!?」

「あのさぁ…こっちはそういう事聞きたい訳じゃないんだよねー」

「さっさと出せって話をしてるんだけど…巴さんは日本語分からないのかなぁ?」クスクス…

「仕方ないんじゃない?親も馬鹿なんでしょ?」アハハ…






マミ「馬鹿にするな…」ボソッ…

「え?なんだって?」クスクス

「ちゃんと日本語話してよー」アハハ!





マミ「私の親を……馬鹿にするなぁあああああああ!!」ボカッ!

「痛っ…!?」




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 21:58:59.98 ID:HQaFvWNj0
マミ「私の事はいいっ…!どんなに馬鹿にされたって!我慢すればっ…!!」ドコッ!バキッ!

「痛いっ…!やめてっ…!」

「ちょ…皆で抑えなきゃ!」ガシッ

マミ「邪魔を……するなぁああああ!」ドカッ!

「痛っ…痛いよぉぉぉ!」

マミ「でも…ママとパパを馬鹿にするのは…許せない……許さない!」ボコッ!

「…………」

マミ「あっ……」


「ヤバイよ…逃げなきゃ!」

「ひいぃ!殺される!」タタッ…


マミ「……帰らなきゃ」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:03:05.84 ID:HQaFvWNj0
ガチャッ…



杏子「おっ、おかえりー……ってお前!?その血はどうしたんだ!?」


マミ「杏子……私……人殺しちゃったかも……」


杏子「おい……どういうことだそれ…説明しろよ!」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:09:34.25 ID:HQaFvWNj0


杏子「なるほど…親の事を馬鹿にされて魔法少女の力を制御せずに殴ったってか…」


マミ「私最低だよね…人を守る力を傷つける力に使っただなんて…正義の味方失格だよね……」


杏子「…………」




杏子「何言ってんだ…お前?」

マミ「えっ…?」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:17:50.26 ID:HQaFvWNj0

杏子「魔法少女はさ…正義の味方じゃないんだよ…所詮自分の利益のために魔女を倒してるんだ…」


マミ「でも……」


杏子「それが結果的に人を救う事になってるってだけさ」

マミ「……」


杏子「だからさ?割り切っちゃいなよ?な?」




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:23:03.42 ID:HQaFvWNj0
マミ「……それでも私は助けられるなら全員助けたい…それが例え偽善って言われても…」

杏子「………ふぅ、そう言うと思ってたぜマミなら」


マミ「杏子……」

杏子「だってアンタは超がつくほどのお節介だからな!」

杏子「大丈夫なんとかなるさ…ならなくても私がなんとかする…」





杏子「だからマミは祈っててくれ…!」




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:29:31.01 ID:HQaFvWNj0
翌日

マミ「今日は……休みたいな……」

杏子「ダメだ!ちゃんと行け!」

マミ「うぅ……いってきます…」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:34:12.10 ID:HQaFvWNj0
マミ(はぁ……人殺しちゃったかもしれないのに学校になんて行ける訳ないじゃない…)

マミ(でも杏子…佐倉さんは大丈夫って言ってたし……)

マミ(………)


マミ(最低ね…私ったら…佐倉さんに任せっきりな上に罪から逃げようだなんて…)

マミ「ちゃんと裁きは受けないとね…」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:42:23.72 ID:HQaFvWNj0
マミ「おはよう…」

「「「!?」」」

マミ「………」

「「「巴さん…ごめんなさい!」」」

マミ「………えっ?」

「私達どうにかしてたの…」

「中学校入ってうまく行かない事があったりしてその捌け口にイジメなんかりして…」

「巴さんの昨日姿を見て私達のやってることの愚かさに気付いたの…」

マミ「えっ…?」

マミ(おかしい…この反応は何かおかしい…!)

マミ「そ、そういえば昨日の私が殴っちゃった子は!?」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:47:40.25 ID:HQaFvWNj0

「全治一ヶ月だってさ…」

「まあいじめようって言ってた張本人だし仕方ないっちゃ仕方ないよねー」

「あれだよね…裁きってやつ?」


マミ「………」

マミ(昨日からの手の返しよう…まさか佐倉さんがやったの…?)


「だからさ…改めて仲直りってことでどっか行かない?」

「いいね!巴さんどう?」


マミ「悪いけど遠慮するわ…(貴方達みたいなのと付き合いたくもない…)」

マミ(それより佐倉さんに話を聞かないと…!)




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 22:57:33.56 ID:HQaFvWNj0

杏子「久しぶりに幻術なんて使ったからすっかり魔力消費しちまったな…」


杏子「グリーフシード集めに行ってくるか…」


杏子「帰ってきてマミの奴に幻術の事伝えたらどう思うかな…?」

杏子「案外あいつの事だからズルして助けた事に怒るかもなぁ…あはは、怒る姿がカンタンに想像できる」

杏子「まぁあいつが救われてくれるならなんでもいいや…いってきます」




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:05:54.18 ID:HQaFvWNj0
帰宅

マミ「あら?ポストに鍵が入ってる…?」

マミ「ただいま…佐倉さん?いないのかしら…?」

マミ「ん…?メモが…」

『ちょっくら魔力消費したから近くで反応してる魔女を倒してくる 遅くならない内に帰る 杏子
P.S.昼飯うまかったぜ』

マミ「魔女狩りに行ったのね…」

ゾクッ…

マミ「……!?なんか嫌な予感がしたわ…」

マミ「佐倉さん…」



マミ「うん…!探しに行きましょ!」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:15:23.75 ID:HQaFvWNj0
杏子「へへっ…思ってたより魔力の消費が激しかったみたいだな…!」

杏子「!?……血?目くらましか?しゃらくさいな」

バシッ

杏子「なっ(変化した!?)」

ジュウゥゥ…バツン!

杏子「四肢を切られた…!?」

杏子(まいったなこれ死ぬじゃん…しけた人生だったなぁ…)

杏子(まぁ最後にあいつの役に立てたしまあいいや…)








マミ「そうはさせない…!!」




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:21:02.07 ID:HQaFvWNj0
杏子「マミ!?どうしてここに!?」

マミ「そんなのはどうでもいい!貴方は回復に専念して!」

杏子「わ、分かったよ…」




マミ「さぁ…私の友達を傷つけ罰…受けてもらうわよ?」




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:26:37.94 ID:HQaFvWNj0
ギャアァァァァ…

マミ「杏子!?大丈夫!?」

杏子「体の方はどうにかなりそうだけど…ソウルジェムが…」

マミ「このグリーフシードを使って!」

杏子「あ、ありがとう…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マミ「間に合って本当によかった…」

杏子「迷惑かけてすまねぇ…」

マミ「別にいいわ…貴方が助かった…それだけで私は嬉しいわ…」

杏子「マミ……」

マミ「さあ…湿っぽい空気は終わり!帰ったら事情聴取だから覚悟しててね!」

杏子「マミ……」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:30:17.70 ID:HQaFvWNj0
マミ「なるほど…幻術ね…」

杏子「うぅ…」

マミ「それで?なんで黙ってたの?」

杏子「それは……マミが怒ると思ったから……」シュン…

マミ(可愛い…)

マミ「ふふ…馬鹿ね…友達が自分の為にしてくれた事に怒る訳ないじゃない」

杏子「マミ…!」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:39:48.08 ID:HQaFvWNj0
マミ「ううん…もう友達じゃない…」

杏子「えっ…」

マミ「だって…友達以上に大切な存在なんだもの…!」

杏子「マミ…!」

マミ「これからもよろしくね、杏子!」

杏子「ああ!」

GOOD END




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:41:10.30 ID:bTyRGeVwi
バッドの始まりか




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:41:18.08 ID:ZoT0n7G20
>>1乙!

じゃあもういっちょいこうか
楽しみマミマミ




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:50:23.79 ID:HQaFvWNj0
>>203の続きから


マミ「おはよう…」

「「「!?」」」

マミ「………」

「「「巴さん…ごめんなさい!」」」

マミ「………えっ?」

「私達どうにかしてたの…」

「昨日皆で話し合ったら、なんで巴さんをいじめようって事になったか誰も思い出せなくて…」

「それなのに今まで私達がやってる事を考え直したら物凄く悪い事をしてるって気がついたの…」

マミ「えっ…?」

マミ(おかしい…この反応は何かおかしい…!)

マミ「そ、そういえば昨日の私が殴っちゃった子は!?」




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日) 23:58:09.83 ID:HQaFvWNj0

「巴さん…誰それ?」

マミ「……えっ?」

「大体昨日巴さんは学校終わっちゃった後まっすぐ帰っちゃったじゃない?」

「あの姿を見てなんで私達いじめてるんだろって思って皆で話し合ったんだからねー」

「ねー?」


マミ「………」


マミ(昨日の事が無かった事に…いやそれどころじゃない…あの子の存在自体消されてる…まさか佐倉さんがやったの…?)



「だからさ…改めて仲直りってことでどっか行かない?」

「いいね!巴さんどう?」



マミ「悪いけど遠慮するわ…(貴方達みたいなのと付き合いたくもない…)」

マミ(それより佐倉さんに話を聞かないと…!)




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:04:10.33 ID:5MO+681T0


杏子「久しぶりに幻術なんて使ったからすっかり魔力消費しちまったな…」

杏子「さてと…」














杏子「死体ヲショリシニイッテクルカ…」




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:06:28.69 ID:33ipvv1P0
死体処理\(^o^)/




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:06:29.84 ID:5MO+681T0

杏子「帰ってきてマミの奴にこの事伝えたらどう思うかな…?」


杏子「あいつの事だからして殺した事に怒るかもなぁ…あはははははは!怒る姿がカンタンに想像できる!」


杏子「まぁあいつが救われてくれるならなんでもいいや…いってきます」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:11:15.33 ID:5MO+681T0
帰宅

マミ「あら?ポストに鍵が入ってる…?」

マミ「ただいま…佐倉さん?いないのかしら…?」

マミ「ん…?メモが…」

『ちょっくら色々あったから近くで反応してる魔女ん所にいってくる 遅くならない内に帰る 杏子
P.S.昼飯うまかったぜ』

マミ「魔女狩りに行ったのね…」

ゾクッ…

マミ「……!?なんか嫌な予感がしたわ…」

マミ「佐倉さん…」



マミ「ううん…祈っててていってたじゃない…信じて待たなきゃ」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:12:12.81 ID:kV4pmZZYO
おいいいいいい




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:13:55.62 ID:2jcgt0kHi
やっちまったああああああああ




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:21:05.36 ID:5MO+681T0

杏子「ここら辺にこのクズを捨ててっと…」

杏子「へへっ…思ってたより魔力の消費が激しかったみたいだな…」

グオオオオ…

杏子「……!?ちっ!魔女に気づかれたか!?」

ガキィィィン!

杏子「く…これ以上魔力を消費すると…!」




杏子「消費スルトナンダッケ?」





杏子「ククク…今更なに保身的になってるんだっつーの?」

杏子「こんな人生いらねぇ!どうせもうアタシは家族から見捨てられた魔女なんだ…!!!」

杏子「だったら魔女は魔女らしく戦ってやるさ…!」

ピシッ…




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:26:21.57 ID:5MO+681T0
ゴーン…ゴーン…

マミ「もう12時…佐倉さんはまだ帰って来ない…」

マミ「どこにいったのよ…今日は貴方の好きなハンバーグなのよ?」

マミ「貴方がいないともう何をしても生きてる気がしないのよ…」







マミ「探さなきゃ…」




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:33:56.66 ID:5MO+681T0
マミ「魔女の結界はここね…」

マミ「あら?この麻袋なにかしら…?」



マミ「あの子の死体が入ってる…!」

マミ「やっぱり佐倉さんがやってくれたのね…うふふ…それで気まずくなって帰って来ないのかな?」


マミ「佐倉さーん!別に私は怒ってないから出ていらっしゃい!今日は貴方の好きなハンバーグを作ったのよー?」



マミ「あれ、あそこに見えるのは…」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:40:40.10 ID:5MO+681T0
マミ「やっぱり佐倉さんじゃない!」

杏子「」

マミ「もうこんな所で寝てたら風邪引くわよ?」

杏子「」

マミ「そういえばあの子の死体をさっき見つけたのよ?」

杏子「」

マミ「それで貴方にやってくれたって気がついたのよ?」

杏子「」

マミ「そういえば今日は貴方の好きなハンバーグを作ったのよ?」

杏子「」

マミ「今までより美味しいのが出来たから冷める前に食べないと美味しくないわよ?」

杏子「」

マミ「だから…お願い…目を…覚ましてよよ…?」




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:47:29.28 ID:5MO+681T0
QB「それは無理な注文だと僕は思うよ?」

マミ「キュゥべえ!?……どういうことなの?

QB「彼女は魔力消費と呪いの溜め込みすぎで魔女になってしまった」

QB「そしてここの魔女に最後の一発を食らわせた後自身も消滅してしまったみたいなんだ」

QB「正直こういうケースは始めてだから僕も驚いてるよ」





マミ「何をいってるの?」

QB「ん?どういう事だい?」

マミ「佐倉さんは生きてるわ?だってここにいるじゃない?」

QB「……は?」

マミ「ね?佐倉さん?」




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:55:04.76 ID:5MO+681T0
QB「だからそれは彼女の抜け殻で…魂はすでに消滅して…」



マミ「少なくともこれは佐倉さんじゃない…うふふ…ねぇ?佐倉さん?いっそこのままここで暮らそうか?」

マミ「そういえば佐倉さんってどういう生活をしてたの?」

マミ「へーすごいわね!うふふ…今度私にも教えてね?」

マミ「もう…杏子ったら…///」



QB「どうやら巴マミ…君の心は壊れてしまったみたいだね?」

QB「でも魔女にならないで心だけ壊れるっていうのは初めてのケースだ!」

QB「これだから人間って訳が分からないよ?」

QB「まぁ…お幸せに?っていうのが正しいのかな?じゃあ僕は次の魔法少女の所にいくね!」




マミ「じゃあハンバーグ一緒に食べましょ?」

BAD END




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:56:51.67 ID:0TgmSctX0
乙っちまどまど
さぁ最後だ




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 00:57:10.37 ID:NwEblPEA0
BADが最後じゃなくて本当によかった




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:03:44.76 ID:5MO+681T0
>>203の続きから


マミ「おはよう…」

「「「!?」」」

マミ「………」

「「「………」」」

マミ(まあ…そりゃそうよね…普通あれだけ暴力をふるっておいて話しかけてきてくれる人なんて居ないよね…)


先生「はーい!席に着いてー!HR始めるよー!」


マミ(はぁ…いよいよ裁きの時か…)




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:11:27.92 ID:5MO+681T0
先生「昨日○○さんが怪我で一ヶ月の重傷をおいました…」

マミ(はぁ…もうダメ……)

先生「それで原因を知ってる人がいたら教えてくれるかな?」

マミ(………えっ?)

先生「どうやら彼女…今回の事件のショックでなにがあったのか忘れてるそうなのよね……だから分かることがあったら何でも先生に教えてね?」

マミ(そんな都合よく忘れるものかしら…?)

マミ(……まさか杏子!?帰ったら確かめてみないと…)




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:16:42.18 ID:5MO+681T0

杏子「久しぶりに幻術なんて使ったからちょっとだけだけど魔力消費しちまったな…」




杏子「しかし完全に改ざん出来なかったな…マミの奴に顔向けできねぇ…」


杏子「帰ってきてマミの奴にその事伝えたらどう思うかな…?」

杏子「あいつの事だからガッカリした所も微塵も見せず気持ちは嬉しいとかいってくれるんだろうな…くそっ、アタシの馬鹿野郎」

杏子「あいつ一人も救えないなら魔法なんてあったって意味ねーじゃん…!」




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:33:51.21 ID:5MO+681T0
放課後

マミ(帰って佐倉さんと話さなきゃ…)

「あの…巴さん?」

マミ(何よこんな時に!)

マミ「……何?」

「い、いえ!ただ昨日を含めてこれまでの無礼を謝りたくて…」

マミ「ああ…そんな事…別にいいわ(そんな事より早く帰りたい」

「そんな事って…」
「巴さんって心が広いね…」
「とにかくこれまでごめんなさい」
「「ごめんなさい」」

「仲直りにどこか行きませんか…?」

マミ「いえ…遠慮しとくわ(貴方達みたいなのとは付き合いたくない…)」

「そ、そうですか!」

「ごめんなさい」

マミ(………うっとおしい)




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:37:26.35 ID:5MO+681T0
帰宅

マミ「あら?ポストに鍵が入ってる…?」

マミ「ただいま…佐倉さん?いないのかしら…?」

マミ「ん…?メモが…」

『今まで世話になったな 杏子
P.S.昼飯うまかったぜ』

マミ「佐倉さん…!」







マミ「早く探さなきゃ…!」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:40:48.39 ID:5MO+681T0

マミ「もう9時になるわね…佐倉さん…どこへいったのかしら…?」

マミ「ママ…パパ…お願い…もう一度だけでいいから彼女に逢わせて…!」







マミ「……っ!あの髪の色は…!?」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 01:44:30.20 ID:5MO+681T0
マミ「佐倉さん…待って!」

杏子「っ…!?マミ!?どうしてここに来た!?」



マミ「何も言わずに居なくなるってずるいじゃないっ…!」

マミ「何があったか教えて…そして帰りましょ?」





杏子「………」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:07:53.87 ID:iEaVrwC40
杏子「…無理だ」

マミ「……!?どうして!?」

杏子「なんせアタシは『大丈夫なんとかなるさ』って言っておいてマミを期待させたのにその期待を裏切った…許される事じゃねーよ」

マミ「だからって…だからって出ていく事ないじゃない!」

杏子「マミ…実はな?アタシ幻術なんて大層な物使えるんだ」




331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:16:43.19 ID:iEaVrwC40
杏子「いや…正確には『使えてた』かな?ダメだったよ…あの過去を思い出すとどう頑張っても使えない…」

マミ「杏子……」

杏子「あはは、悪いな…やっぱりアタシは大切な人を守る事なんて出来ないんだよ…じゃあな」

マミ「ま、待って!じゃああの子が昨日の記憶を失くしてるのはどうして!?」

杏子「それは…さぁな?知らねーよ?じゃあもう行くわ…ここ何日間か楽しかったよ…」



マミ「杏子!待ってよ!」

マミ「私貴方がいれば他はどうなっても良いって思えて来たの…だからお願い…一緒にいて?」

杏子「………」タタッ

マミ「杏子!杏子……うぅぅ…」




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:25:17.25 ID:iEaVrwC40
マミ「……でそれ以来彼女に会ってないの…」

まどか「マミさんにそんな過去が…」

マミ「ふふふ…みっともないからあまり話したくない話だけどね?」

マミ「でも彼女のお陰で今の私があるから…感謝してもしきれないわ…」

まどか「やっぱり魔法少女って大変なんですね…」

マミ「大変だよ、怪我もするし、恋したり遊んだりしてる暇もなくなっちゃうよ?」


マミ「それでも本当に、これから私と一緒に戦ってくれるの?傍にいてくれるの?」

まどか「はい、私なんかでよかったら」

…………。




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:34:07.00 ID:iEaVrwC40
QB「まさか君が来るとはね!」

杏子「マミの奴がくたばったって聞いたからさぁ!わざわざ出向いてやったっていうのに」

杏子「何なのよっ!ちょっと話が違うんじゃない?」

QB「悪いけど、この土地にはもう新しい魔法少女がいるんだ。ついさっき契約したばかりだけどね」

杏子「何ソレ?超ムカつく」

杏子「でもさあ、こんな絶好の縄張り、みすみすルーキーのヒヨッ子にくれてやるってのも癪だよねぇ」

QB「どうするつもりだい? 杏子」

杏子「決まってんじゃん!要するに、ぶっ潰しちゃえばいいんでしょう?…その子」

QB「なるほどね?」

杏子「なんだ?もしかして邪魔する気?」

QB「いやいや…じゃあ僕は行くね」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:38:33.72 ID:iEaVrwC40
杏子「………」

杏子「もうマミの奴の料理が食えなくなるなんて残念だな…」

杏子「しかし新人の面倒を見るなんて…お前のお節介は治ってないんだな…」フフッ…



杏子「なぁ…マミ?」










杏子「最期の瞬間…お前は幸せだったか?」

TURE END




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:40:40.84 ID:2fvXppt6O
乙・フィナーレ




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:41:03.27 ID:UPP7I2kG0
乙ー




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 07:41:12.53 ID:drVSkuyTi
乙っちまどまど!




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 19:36:19.25 ID:5MO+681T0



マミ(杏子が友達以上の存在になってからもうすぐ一年……)




マミ(最近…すれ違う事が増えてきたわ…)





420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 19:39:49.26 ID:5MO+681T0


マミ(すれ違いを感じるようになったのは……やっぱり二ヶ月前のあの事件からよね……?)





422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 19:44:09.96 ID:5MO+681T0
二ヶ月前


杏子「なぁなぁ!今日の晩飯はなんだ?」

マミ「ふふ…今日はビーフシチューよ?」

杏子「よっしゃ!マミのビーフシチューは美味いからなぁ…おかわりしても大丈夫か?」

マミ「そういうと思って沢山作っておいたわよ?」

杏子「さすがマミ!」




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:07:39.33 ID:5MO+681T0
………。

杏子「ふぅ…食った食った!やっぱりマミの料理は天下一品だな!」

マミ「ふふふ…そんなに褒めても食後のデザートしかでないわよ?」

杏子「なに…!?きょ、今日はデザートがあるのか!?」

マミ「ええ、美味しいケーキ屋でケーキを買ってきたのよ?今からお茶いれるからちょっと待っててね?」

杏子「ああ!いつまでも待ってるぜ!」




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:16:28.01 ID:5MO+681T0
マミ「紅茶が入ったわよー!今日はケーキにあうようにアッサムを淹れてみたの…どう?」

杏子「そんな事よりケーキは?ケーキは!?」ピョンピョン!

マミ「はいはい、飛び跳ねない…はい!チョコレートケーキとショートケーキどっちがいい?」

杏子「うーん…チョコレートも好きだけどショートケーキも捨てがたいなぁ…うーん…」

マミ「じゃあ半分こしよっか?」

杏子「いいな!うん、それがいい!」




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:28:07.50 ID:5MO+681T0
………。

杏子「ケーキ美味しかったな…ふう…満腹満腹……」

マミ「お茶の方はどうだった?」

杏子「アッサムだったっけ…?うーん…アタシはダージリンの方が好きかなぁ?」

マミ「あらそう?じゃあ今度からダージリンにするわね?」

杏子「そうしてくれるとありがたい…さてと、じゃあアタシが今日は片付けるよ」

マミ「あっ…杏子!一気にそんなに一杯運ぶと危ないわよ…!?」

杏子「大丈夫大丈夫!って…うわっ!」




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:36:09.50 ID:5MO+681T0
ガラガラガッシャーン!

杏子「うわあああ!」

マミ「杏子!?大丈夫!?」

杏子「あぁ…アタシは大丈夫だけど…食器が割れちまったな…」

マミ「………物はいつか壊れるんだから気にしないで!それよりも貴方の方が大事なんだから…」

杏子「マミ………」




434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:45:23.81 ID:5MO+681T0
マミ「さぁ…片付けは私がしといてあげるから…杏子はお風呂に入っちゃいなさい?」

杏子「あ、あぁ…じゃあ入ってくる」


カチャカチャ…

マミ「ふふふ…この食器ママがよく大事にしてしてたなぁ…よくホットケーキ焼いてくれた時に使ってくれたよね…?」

カチャカチャ…

マミ「壊しちゃってごめんね?でも杏子は手伝ってくれようとして壊しちゃったの…だからママなら許してくれるよね…?」




杏子「…………」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:51:31.24 ID:5MO+681T0
杏子「上がったぞー…?」

マミ「あら?早かったのね?そういえば怪我は無かったかしら…?」

杏子「ああ…大丈夫だったよ…」

マミ「うふふ…それはよかった…片付けは終わってるからテレビでも見てゆっくりしててね?」

杏子「うん……」

マミ「どうしたの?食器を壊した事は気にしなくていいわよ?」

杏子「ああ…ありがとう…」




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:56:32.58 ID:5MO+681T0
杏子「……はぁ気にしないでって言われても…あんな姿見たらそういう訳にいかないよなー…」

杏子「しかも第一にアタシの事を考えてくれてるなんて…」






杏子「ん?これは…?」




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:04:40.23 ID:5MO+681T0
翌日

マミ「じゃあ学校に行ってくるわね!」

杏子「ああ…いってらっしゃい…」

マミ「あら?元気ないわね?どうしたの?」

杏子「い、いやなんでもない!いってらっしゃい!!」

マミ「……?いってくるわね?」ガチャン…




杏子「………」




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:19:53.62 ID:5MO+681T0
学校

マミ(あの日の後周りのクラスメイトはそれまでとは打って変わったように私に優しくしてくれた…)

マミ(でも私ったら意固地になっていじめられた子とはなるべく関わらないようにしてきたわ…)

マミ(そして私が暴力を振るった子も怪我が治って学校にきた日…私に仲直りを申し込んできたのよね…)

マミ(形式上は仲直りしたけど私の中のわかだまりは消えなかった…)

マミ(そんなこんなで一年微妙な距離感を保ったまま一年生が終わったわ…)




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:39:04.51 ID:5MO+681T0


マミ(そして学年が変わってクラスメイトも変わった…)

マミ「おはよう」

「あっ巴さんおはよー」

「おっはー今日は巴っち元気?」

マミ「ええ、すこぶる元気よ」

マミ(私の事をいじめていた子とは全員離れ、ようやく私にも少しずつ友達が出来ました)




448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:44:13.56 ID:5MO+681T0
「そういえば巴さん今日何処かでお茶しない?」

マミ「ええ、いいわよ?」

マミ(杏子に遅くなるって連絡入れなきゃね…)

「ん?巴っち何か考えごとかい?」

マミ「いえなんでもないわ、大丈夫よ」

「そっかーじゃあ放課後カフェに集合ねー」

マミ「ええ」

マミ(こうして遊ぶ事も少しずつですが増えてきました)




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:49:18.47 ID:5MO+681T0
放課後


マミ「さてとカフェに向かいましょうか…あっ、その前に杏子に連絡を入れないと…」ピッポッパッ…


プルルルルル…
プルルルルル…


マミ「あれ?家にいないのかしら?」

マミ(まさかまた一人で魔女退治に…?)

マミ(…いいえ、それは無いわよね…あの日今後魔女は一緒に倒すって決めたし…まぁ多分用事があって出かけてるのよね…?)



マミ「って…!こんな時間!早くいかないと遅れちゃうわ!」




451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:54:47.98 ID:5MO+681T0

マミ「ふぅ……」

マミ(今日も皆でおしゃべり楽しかったなー…これも皆杏子のお陰ね……あっ!)

マミ「いけない…早く帰って晩ご飯の支度をしないと!」





マミ「ただいまーって杏子?居ないの?」




452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:57:36.91 ID:5MO+681T0
マミ(おかしいわね…いつもは出かけててもこの時間には家に居るのに…)

マミ(メモもなし…何かあったのかしら…)

マミ(とりあえず探しに…)


杏子「ただいまー」

マミ「あっ!」




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:04:03.90 ID:5MO+681T0
マミ「杏子!遅かったわね?どこいってたの?」

杏子「あっ、いやその…」

マミ(ん…?いつもはちゃんと答えるのに今日は歯切れが悪いわね…)

マミ(でもまぁあんまり追及するのも悪いわね…)

マミ「言えないなら別にいいわよ?」

杏子「ああそうして貰えると助かる…でマミ!今日のご飯はなんだ!?」



マミ「あっ」

杏子「?」




455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:08:07.38 ID:5MO+681T0

杏子「おしゃべりに夢中で忘れるなんてマミらしいっちゃあマミらしいよなぁ…」

マミ「もう…だからゴメンなさいっていってるじゃない?」

杏子「まあこうして外食もできるんだし良いんだけどな?」

マミ「そう言ってもらえると助かるわ…それで?何処へ食べに行きたい?」

杏子「そうだなぁ…じゃあファミレスがいいな!」

マミ「じゃあ行きましょうか!」




457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:13:18.48 ID:5MO+681T0
杏子「しかしやっぱりマミの料理を食べた後だとファミレスの料理が見劣りするなぁ」

マミ「もう…お店に失礼よ?でもそう言ってもらえるのは嬉しいわ…///」

杏子「じゃあそろそろ帰るか?」

マミ「ええそうね」




杏子「あっと…今日は私の奢りでいいかな?」

マミ「えっ?ま、まぁいいけど大丈夫?」

杏子「へーきへーき!さぁいくぞ?」

マミ「……ええ」




460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:21:34.78 ID:5MO+681T0
マミ(ところであの日以来我が家で二つのルールを決めた)

マミ(一つは合鍵の所持、流石に一本だと私も杏子も不便だからって事でもう一本作ってプレゼントしたの)

マミ(そしてもうひとつのルールがお小遣い制)

マミ(これは杏子が昼間家に居る間家事をやってもらう代わりに私が出している…)

マミ(その制度を始める前にちょっと色々あったけどね…)




463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:29:01.80 ID:5MO+681T0
マミ「ねぇ杏子?いつも私が学校行ってる間にお手伝いしてくれるじゃない?」

杏子「ああそうだな…それがどうした?」

マミ「お小遣い…欲しくない?」

杏子「お小遣いって…ガキじゃないんだからいらないよ!第一手伝いだってこの家においてもらってる感謝のつもりでやってるんだし…」

マミ「でも年頃の女の子が好きな時に好きな物買えないと大変でしょ?」

杏子「まぁそうだけどさ…」

マミ「ね?だからお小遣い制にしましょうよ?」

杏子「でも…」

マミ「いいのいいの!受け取っておきなさい!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マミ(結局杏子は根負けしたのよね…)クスッ




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:37:37.43 ID:5MO+681T0
マミ(でもそんなに貯めてたのかしら…?)

杏子「おーい?マミ?いくぞー?」

マミ「あっ…今いくわ!」




マミ(まぁ心配しなくても大丈夫…よね?)




467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:41:12.54 ID:5MO+681T0
翌日


マミ「ただいまーって今日も杏子が居ない…」

マミ「まぁ…食事の支度をして待ってましょ…」




469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:48:15.77 ID:5MO+681T0


杏子「ただいまぁ…」

マミ「あっ杏子!おかえり!今日も遅かったのね?」

杏子「ああ…」

マミ「今日はボルシチよ!」

杏子「それは楽しみだ…」

マミ(……?元気がないわね…?)




475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:56:10.46 ID:5MO+681T0
杏子「ご馳走さま…」

マミ「ねえ?疲れてるように見えるんだけど大丈夫?」

杏子「えっ!?そ、そうかな?アタシは今日も元気だけどなー?あはは…」

マミ(嘘が下手ね…でも嘘をつくぐらいなんだから多分話題に上げて欲しくないのよね?)


マミ「そう?ならいいわ?」




477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:03:56.73 ID:5MO+681T0
さらにそんな日が続き…


マミ(昨日もあんまり話さない内に杏子が寝ちゃった…)

マミ(一体私が居ない間なにしているのかしら…?)

「巴さん?なにか考え事?」

マミ「あ…うん…」

「何々?私たちに相談できる事があれば聞くよ?」

マミ「ありがとう…実はね……」




478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:09:18.45 ID:5MO+681T0
「ふむふむ…巴っちの友人の帰宅が毎日遅くなってしかも日に日にやつれている…とな?」

マミ「ええ…そうなのよ…」

「誰なのそれ?うちの学校の生徒?」

マミ「いえ、うちに住んで…よく遊びにくる子なのよ!」

「ふーん…遅くなってやつれるかぁ…」

「私…似たような事例聞いたことあるかも…」



マミ「何?教えてくれる?」




482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:19:08.02 ID:5MO+681T0
「あんまり気持ちのいい話じゃないからこんな事もあるんだーって気持ちで聞いてくれる?」

マミ「ええ、分かったわ」

「実はね私の友達の友達が貧乏な子でね…その子がグループで窃盗団を作って夜な夜な万引きしたり盗みを働いたりしたみたいなの…」

マミ「………」

「でも結局罪の意識に苛まれて日に日にやつれていってついにはご飯が入らなくなっていったのよ…」

マミ「……それでその子は?」

「結局最後は自宅で首を吊ってるのが見つかったんだって…」

マミ「………」

「あ、あくまでも私の友達の友達の話だから…巴さんの言ってる子は多分違うと思うよ?」

マミ「そうよね…あっ、相談に乗ってくれてありがとう」

「ううん…」

「巴っちも心配だったら直接聞いてみたらいいと思うよー?」

マミ「ふふ…分かった今日聞いてみるわ…」




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:31:36.57 ID:5MO+681T0
放課後

マミ「ただいまー…やっぱり今日もいない…」

マミ「まあ今日ちゃんと理由を聞けばいいのよね…」

マミ「先に晩ご飯だけ作っておきましょ…」




489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:34:03.90 ID:5MO+681T0
杏子「ただいま…」

マミ「あら?おかえり?今日はミートパイよ?」











杏子「すまねぇ…今日は悪いけどもう寝るわ…そのミートパイは冷蔵庫にいれてくれ明日食べるから…」

マミ「!?」




491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:41:03.79 ID:5MO+681T0
マミ(あの、人が食べ物を残すとものすごい剣幕で怒った挙句食いかけでも食べちゃう杏子が晩ご飯要らないだなんて…)



『結局罪の意識に苛まれて日に日にやつれていってついにはご飯が入らなくなっていったのよ…』

マミ「っ…!」

『……それでその子は?』

『結局最後は自宅で首を吊ってるのが見つかったんだって…』

マミ「」

マミ「や、やばいじゃない!」




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:47:30.18 ID:5MO+681T0

マミ「きょ、杏子…」

杏子「うん?なんだマミ…?」

マミ「お小遣い足りたない?」

杏子「は…?いきなりなに言い出すんだ?」

マミ「欲しい物があるなら遠慮しないで言ってね…?」

杏子「あ、あぁ…分かったよ…?まぁもう寝ようぜ?」

マミ「ええ…」




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:51:40.50 ID:0TgmSctX0
杏子ちゃん……




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:51:41.70 ID:5MO+681T0
翌日

マミ(結局杏子が気になって一睡も出来なかった…)

杏子「おい!マミ!」

マミ「……!?何?杏子?」

杏子「ちょっと今日は言いたい事があるんだ…だから早めに帰って来てくれないか?」



マミ(いよいよ来たわね…)

マミ「ええ、分かったわ…なるべく早く帰るわ…」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:54:49.62 ID:5MO+681T0
マミ「おはよう…」

「わっ!巴さん!目の下の隈すごいよ!?」

マミ「昨日一睡も出来なかったからね…」

「もしかして昨日のアレ?どうだった?」

マミ「うん…今日話が有るみたいで…」

「そっか…まぁ何はともあれファイト!」

マミ「ありがとう……」




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:57:12.12 ID:5MO+681T0
放課後

マミ(ついにこの時が来てしまった…)

マミ「うぅ…家にはいるのが緊張する…」


マミ「ただいま……」

パーン!

マミ「!?」




499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:00:09.62 ID:iJx2v+Mq0
杏子「えへへ!クラッカーだよ!」

マミ「へっ……?」




杏子「なんだよマミ忘れたのか?」

杏子「今日はお前の誕生日だろ?」





マミ「えっ…?」




502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:07:29.92 ID:iJx2v+Mq0
マミ「あっ…そういえば…」

杏子「だからさ…はい!これプレゼント!」



マミ「これって…ウェッジウッドの食器じゃない!?どうやってこれを!?」




杏子「ほらさ…最近アタシ帰ってくるの遅かったろ?」

マミ「あっ……」




504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:13:44.21 ID:iJx2v+Mq0
杏子「実はさマミに頼まれた手伝いが終わった後にファミレスのバイトに行ってたんだよ…」

マミ「じゃあ最近遅く帰ってきて疲れてる様子だったのは…」

杏子「へへっ…思った以上にバイトがキツくてさ…帰ってきた頃にはもうヘトヘトだったんだ」

マミ「な、なんで最近ご飯も食べなかったの?」

杏子「賄いの量が増えて残すのがもったいなかったから全部食べたら入らなくてさ…ホントごめんな?」



マミ「よかった……」ヘナヘナ…

杏子「マミ!?」




509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:20:12.42 ID:iJx2v+Mq0
杏子「アタシが自殺ぅ?あっはっは!それは最高のジョークだね!」

マミ「もう笑わないで…割と本気で心配したんだから…」

杏子「いやぁ、でもさ?今は絶対死ねないよ?」

マミ「……?なんで?」

杏子「なんでって…マミの悲しむ顔を…見たくないからに決まってるじゃん…///」

マミ「杏子……///」




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:24:45.42 ID:iJx2v+Mq0
マミ「あっ、でもなんでお皿だったの?」

杏子「ほら…ちょうど二ヶ月前くらいにさアタシがマミの大切にしてる食器割っちゃったじゃない?あれ凄く気にしててさ……」

マミ「なんだそんなことだったの…?」

杏子「そんな事って…大事にしてたんだろ?」

マミ「今は貴方が一番大切なんだから他のなんてどうでもいいわよ…///」

杏子「よ、よくそんな恥ずかしい事言えるな!」

マミ「さっきのお返しよ」フフフ…




517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:35:05.55 ID:iJx2v+Mq0
マミ(ママ、パパ)

マミ(二人が死んでから辛い事、悲しい事が沢山ありました)

杏子「じゃあさ!さっそくそのお皿使ってみてよ!」

マミ(一度は死んでしまおうかと思ったこともありました)

マミ「じゃあホットケーキでも焼きましょうか?」

マミ(でも今はそんな事よりもっと素敵で大事な物を見つけました…)

杏子「いいねホットケーキ!楽しみに待っとくよ!だから早くね!」

マミ(それを見つけさせてくれた彼女とはもう少し一緒にいたいと思ってます)

マミ「はいはい…お茶はダージリンね?」




マミ(だからそちらにいくのはもう少し時間がかかりそうです)






おしまい




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:36:04.76 ID:q84Yi/BK0
>>517
乙!
面白かった




519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:36:09.43 ID:0f2FF9CM0
乙!面白かった!




530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:41:56.17 ID:iJx2v+Mq0
いちゃらぶ編終了です
あんまりいちゃらぶさせられなかったかな…?

という訳で長らくお付き合い頂きました
ありがとうございます












-------------------
当ブログについて
※欄588さんありがとうです。




魔法少女まどか☆マギカ 暁美 ほむら (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
魔法少女まどか☆マギカ 暁美 ほむら (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Wave 2011-12-28
売り上げランキング : 83

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
figma 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら けいおん!! 中野梓 水着ver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成) けいおん!! 秋山澪 水着ver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 八神はやて 水着ver. (1/4スケール PVC塗装済み完成品) レジーニャ! 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂桐乃 (PVC塗装済み完成品)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 11:10: :edit
    1すぐる
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 11:39: :edit
    あんこちゃんの働いてるファミレスはどこですか?
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 11:40: :edit
    マミ「失敗した 失敗した 失敗した 失敗した 失敗した 失敗した 失敗した 失敗した 失敗した」
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 11:47: :edit
    ※2
    ガスト
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 12:41: :edit
    マミさんの食器におにんにんはさみたいよぉ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 12:55: :edit
    杏子ちゃんバイト何やらせても画になると思う

    誰か杏子ちゃんのバイトシリーズ書いてくれんかのぉ
  7. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/07/20(水) 13:17: :edit
    マミさんまじ結婚してくれwww
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 13:37: :edit
    素晴らしい
  9. 名前: 774 #-: 2011/07/20(水) 13:44: :edit
    あんこちゃんは誰とのカップリングでもしっくりくるのぉ

    きっと俺とだって……
  10. 名前: 名無しさん #-: 2011/07/20(水) 14:12: :edit
    つれえんど
  11. 名前: チハリス #-: 2011/07/20(水) 14:43: :edit
    ちゅあえんど
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 17:33: :edit
    マミさんはやっぱり名字+さんで読んでくれないと違和感あるなぁ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 17:43: :edit
    マミさんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  14. 名前: たねは #-: 2011/07/20(水) 17:56: :edit
    これはり
  15. 名前: たねは #-: 2011/07/20(水) 17:56: :edit
    これは良作
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 19:23: :edit
    すっごくよかった!!

    マミさんのうけた虐め、あれはやられると結構辛いんだよなぁ・・・・・
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 19:58: :edit
    そんなグッドエンドでもないじゃん。
    傷害罪・・・
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 20:56: :edit
    あの振られたの俺だわwww
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 22:35: :edit
    杏子ちゃんに良さが滲み出てる
    読んで良かった
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 22:56: :edit
    マミさんいじめに参加したいと思った俺は人間の屑
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/20(水) 23:38: :edit
    杏子ちゃんを頼るのはやめといた方が・・・
  22. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/07/21(木) 00:39: :edit
    いちゃらぶ編が一番よかったな
    つかバッドエンドも深いな
    改めて魂の抜け殻って設定はいいと思うわ
  23. 名前: 虚ろな名無しさん #-: 2011/07/21(木) 06:34: :edit
    それぞれのエンディング、考えさせられたわ
    最後に 「いちゃらぶ」 後日談持ってきてくれて救われた
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/21(木) 13:48: :edit
    あんこちゃんの喋り方に違和感ががが
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/21(木) 20:35: :edit
    最終的には、どうあがいても絶望なのは原作の使用上仕方ないか
  26. 名前: 名無しさん #-: 2011/07/22(金) 20:31: :edit
    マミあんいいなあ
  27. 名前: 名無しのやる夫だお #-: 2011/07/23(土) 23:10: :edit
    書き手ががまど☆マギファンじゃないことはわかった
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/27(水) 21:38: :edit
    QBにペロペロされるとかぜんぜん無いじゃん!
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/30(土) 10:47: :edit
    SSでウェッジウッドなんて名前きけるとは思わなかった
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/07/31(日) 01:09: :edit
    マミさんとあんこちゃんが幸せだと私も幸せ
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/05(木) 21:23: :edit
    もう杏子ちゃんマジ聖女
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。