まどか「わたし、ほむらちゃんのおち○ちんになりたい!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/18(土)
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:15:55.20 ID:3PIHEGWm0
ほむら「まどかが私のおちんちんになった…」


ほむホーム

チュンチュン

『…』モゾ

ほむら「んんっ…」ゴソゴソ

ほむら「いい天気ね…」

ほむら(ループしてるんだからわかりきったことだけど…)

ほむら「まどか、今日も一日がんばるわ…」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:17:02.31 ID:3PIHEGWm0
『う、ん…』モゾモゾ

ほむら「え…?」クルリ

ほむら「…」

ほむら「気のせいかしら」

ほむら「…おトイレ済ませちゃいましょう」

ほむら(なんだかおまたが気になる…)

ほむら(あの日は来週くるはずだし、なんなの?)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:18:28.26 ID:3PIHEGWm0
ほむトイレ

ほむら「よっと…」スルリ

ほむら「…?」ジッ

ほむら「もしかして視力が低下した?」

ほむら「おまたに変なものが見えるような…」ゴシゴシ

おちんちん『うぅん…』モゾモゾ

ほむら「ひっ!?」

ほむら「こ、これって…お、おおおおちんちん!?」カァッ

ほむら(お父さんの以外初めて見た…じゃなくって!)

ほむら「なんでこんなものが生えてるのよ!?」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:20:19.22 ID:3PIHEGWm0
おちんちん(CV.悠○碧)『あ、ほむらちゃんおはよう…』ボケー

ほむら「え!?」ドキッ

ほむら(頭の中にまどかの声が!?)

おちんちん(念話)『あれ?ここどこ?』ピョコピョコ

ほむら「…」

ほむら「もしかして、まどかなの?」

まどか(おちんちん)『そうだけど…』




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:21:23.58 ID:3PIHEGWm0
ほむら「…あなた、いま自分がどうなってるかわかる?」

まどか『え?』

まどか『そういえば体がなんだかおかしいような…』

ほむら「やっぱり…」

まどか『やっぱりって?』

ほむら「まどか、落ち着いて聞いて?」

まどか『う、うん』

ほむら「まどかが股間に生えた、ような……」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:22:36.23 ID:3PIHEGWm0
ほむリビング

ほむら(下半身丸出し)「どうしましょう、まどか…」

まどか『どうって言われても…』

まどか『今の私ができることって「かたくなる」と「からをやぶる」だけだよ』

ほむら「困ったわね」

まどか『それと「みずてっぽう」も使えるよ!』

ほむら「…なんで例えが全部ポケモンなの」

まどか『ウェヒヒヒ』

ほむら「…」

ほむら(…まどかとはいえ、おちんちんに話しかけてるのってどうなのかしら)




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:23:53.28 ID:3PIHEGWm0
ほむら(大好きなまどか…)

ほむら(おちんちんになっても可愛い…)

ほむら(…)

ほむら(わけないわね…)

ほむら(普通にグロいし流石に無理よ)

ほむら(アワビとか割り箸よりレベル高いわ)

まどか(ほむらちゃん、真剣な顔で考え込んでる…)

まどか(かっこいいなぁ…)ドキドキ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:24:57.99 ID:3PIHEGWm0
ブルッ

まどか『あっ…』

ほむら「どうかした?」

まどか『お、おしっこ…』カァッ

ほむら「あら、大変…って」

ほむら「私は別に尿意を感じないけど…」

まどか『で、でも漏れちゃいそう…』プルプル

まどか『お願い、おトイレに連れて行って!』

ほむら「わかったわ…」

ほむら(膀胱とか共有してるわけじゃないのかしら?)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:26:25.71 ID:3PIHEGWm0
ほトイレ

ほむら「さぁ、おしっこしちゃいなさい」

まどか『…』プラーン

まどか『あ、あの…ほむらちゃん』

ほむら「…どうしたの、まどか?」

まどか『手で支えててくれないかな…』

まどか『このままだと床にこぼしちゃう…』

ほむら「あ、迂闊だったわね、ごめんなさい」ニギッ

まどか『あっ…』ビクン




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:27:44.44 ID:3PIHEGWm0
まどか『…』ポッ

ほむら「まどか…?」

まどか『…ほむらちゃんの手、すべすべで気持ちいいねっ!』

ほむら「そ、そんなことはいいからっ」

ほむら「早く済ませちゃって…」

まどか『う、うん…』コクリ

ショワアアアアアアア




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:28:52.33 ID:3PIHEGWm0
ほむら(まどかのおしっこ、巴マミの金髪みたい…)

まどか『ああ…』ジョロジョロ

ほむら「…気持ちいいのかしら」

まどか『え、あ、あの…』ジョロジョロ

まどか『うん、気持ちいいよぉ…』ジョロジョロジョロ

ほむら「そう」

ほむら(よっぽど溜まってたのね…)




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:29:37.54 ID:VDy8R5Jq0
人間ってさ
小便するために生きてるよな




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:29:58.22 ID:3PIHEGWm0
ブルッ

ほむら「んっ」

まどか『ほむらちゃん?』ジョロジョロ

ほむら「…まどか、一旦おしっこ止めてもらえる?」

まどか『え、ど、どうしてかな』ジョロジョロ

ほむら「さっき結局おしっこできなかったから…」

ほむら「私も出そうなの、便座に座らせて?」

まどか『ウェヒヒヒ!連れションだね!』ジョロ…ピタ

ほむら(まだ、出るのかしら…)




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:31:01.41 ID:3PIHEGWm0
スッ

ほむら「もう出してかまわないわ…」

まどか『うん!』ジョロロ

ほむら「じゃあ私も…」チョロ…ショアアアア

ほむら「んん…」ジョロジョロ

まどか『ウェヒヒヒ』ジョロジョロ

ほむら「…なに?」ジョロジョロ

まどか『私のと、ほむらちゃんのがミックスされてくね!』ジョロジョロ

ほむら「…そうね」ハァ

ほむら(あのピンク髪の可愛い可愛いまどかに言われるならともかく)

ほむら(こんな陰茎に言われても…)




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:32:07.28 ID:3PIHEGWm0
まどか『~~~♪』ジョロジョロ

ほむら「それにしても…」ジョロジョロ

まどか『なーに?ほむらちゃん』ジョロジョロ

ほむら「お互いに長いおしっこね」ジョロジョロ

まどか『ウェヒヒヒ♪』ジョロジョロ

ほむら「笑うところかしら…」ジョロジョロ

ほむら「…」ジョロジョロ

ほむら「ふふっ」ジョロジョロ

ほむら(なんだかんだでまどかが愛おしいわ…)




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:33:22.15 ID:3PIHEGWm0
チョロ、チョロロ…

ほむら「ふぅ…」

ほむら「私のほうは終わったわ」オマタフキフキ

まどか『私もあと少しだから待っててー』ジョロジョロ

ほむら「ええ」

まどか『…』ジョロジョロ

ほむら「…」ジーッ

まどか『あ、あのほむらちゃん…』ジョロジョロ

ほむら「なぁに?まどか」ニコニコ

まどか『あまり見つめないてよぉ…』ジョロジョロ

まどか『は、恥ずかしいから…』ジョロジョロ

ほむら(まどかったら照れちゃって、可愛いわ)ドキドキ




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:34:25.61 ID:3PIHEGWm0
チョロチョロ…

まどか『終わったー!』

ほむら「お疲れ様」

まどか『ウェヒヒヒ…』ポタ、ポタ

ほむら「…あら?」

まどか『ん?』

ほむら「皮からおしっこが垂れてるわ、拭いてあげる」スゥ

まどか『い、いいよ!おかまいなく!!』

ほむら「駄目よ、パンツが汚れるのは私なんだから」オチンチンフキフキ

まどか『あ、あふぅ…!』ビクビク




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:35:29.89 ID:3PIHEGWm0
ほむら「…」フキフキ

まどか『も、もう拭けたでしょ…』ビクビク

ほむら「…皮の中も拭かないと病気になっちゃうわ」ムキムキ

まどか『!? うにゃあああああああああ!!!』ビクビク

ほむら「変な声を上げないで、まどか」フキフキ

まどか『あ、あぁん…』ビクビク






70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:36:48.79 ID:3PIHEGWm0
ほむリビング

まどか『もうお嫁に行けないよぉ…』グスグス

ほむら「その…調子に乗りすぎたわ、ごめんなさい」

まどか『ふんだっ!』プイッ

まどか『…せ、責任とってくれるなら許してあげるけど』ポッ

ほむら「もちろん、責任はとるわ…」

ほむら「どんな姿でもまどかのことが大切なのは変わらないから」

まどか「ほ、ほむらちゃん!」パァ




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:38:00.93 ID:3PIHEGWm0
まどか『これで私とほむらちゃんは恋人同士だね!』

ほむら「そ、そうね…」

ほむら(おちんちんが恋人って…)

ほむら(まぁまどかだし、ありかしら)

まどか『嬉しいなぁ…』ピョコピョコ

ほむら「ふふっ、はしゃいじゃって…」ツンツン

まどか『ウェヒヒヒ…』テレッ

この日から、私とまどかの奇妙な同棲生活が始まった…

第1話『股間に生えた、ような…』





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:42:05.13 ID:3PIHEGWm0
第2話『これはとってもおいしいなって』

通学路

ほむら『そういえばまどかの元の体はどうなってるのかしら?』

まどか『わからないよ、起きたらこうだったんだし…』

ほむら『…もしかしたら行方不明扱いになってるかもしれないわ』

まどか『そんなぁ!ママ達が心配しちゃうよ!』

ほむら『あなたに親しい人には事情を説明しておく?』

まどか『こ、この姿見せるのはちょっと恥ずかしい…』モジモジ

ほむら(露出する私のほうが恥ずかしいと思うけど…)




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:43:33.94 ID:3PIHEGWm0
ほむら『…でも魔法少女達には話しておきましょう』

まどか『マミさんやさやかちゃん?』

ほむら『ええ、それと佐倉杏子にも』

まどか『杏子ちゃんは私のことに関心ないんじゃないかなぁ』

ほむら『一応、よ』

まどか『うん、わかった』

しかしそんな会話とは裏腹に事態は意外な方向へ進む…




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:44:53.98 ID:3PIHEGWm0
教室

ほむら「どう…して…!?」

まどか「あ、ほむらちゃんおはよう!」

鹿目まどか(人間)はそこにいた

まどか「顔色悪いけど大丈夫?」

ほむら「え、ええ大丈夫よ、まどか…」

ほむら『まどか、これはどういうことなの?』

おちんちん(以下まどちん)『わ、わからないよ、まさか私がもう一人いるなんて…』

ほむら『お昼休みにじっくり話す必要があるわね…』




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:46:30.69 ID:3PIHEGWm0
ホームルーム

早乙女「美樹さんは病気で欠席です」

仁美「まぁ…」

まどか「さやかちゃん大丈夫かなぁ」

ほむら『なんらかの悪意を感じるけど気にしないわ』

まどちん『話がこじれるしね』




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:47:47.33 ID:3PIHEGWm0
お昼休み

ほむら「鹿目まどか、少し話があるのだけれど…」

まどか「あ、ほむらちゃん!いいよ」

ほむら「それじゃあ屋上に行きましょう、お昼もそこで」

まどか「うん!」

まどちん『…まさか私を見せちゃうの?』

ほむら『ええ、まどか同士ならわかりあえるかもしれないし…』

まどちん『でも見た目ただのおちんちんだよ?』

ほむら『成り行きに任せるわ…』




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:49:06.63 ID:3PIHEGWm0
屋上

まどか「ほむらちゃんのお弁当、今日はポークビッツが多いね」

ほむら「なんとなく沢山食べたくなっただけよ」ホムホム

ほむら(おちんちんのまどかをイメージしたとは言えない…)

まどちん『あ、ほむらちゃんを通して味が伝わってくるよ!おいしい!』

ほむら『それはよかったわ…』

ほむら「…」

ほむら(ハ、ハーレムじゃないのこれ…)ドキドキ






86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:51:00.85 ID:3PIHEGWm0
まどか「ところでお話って何かな?」

ほむら『一瞬ナニの話かと…』

まどちん『ほむらちゃんの変態…』ジト目

ほむら「あなたに見てもらいたいものがあるの」

まどか「? なんだろう、気になるなぁ」

ほむら「んっ…」スルスル

まどか「!? ほ、ほむらちゃん!急にストッキング脱ぎだして…!?」アワワ

まどちん「ストッキングだけじゃないよ!ウェヒヒヒ!」

まどか「え!? こ、この声は…」

ほむら(まどちんって普通にしゃべれたのね…)パンツモスルスル




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:52:43.62 ID:3PIHEGWm0
ほむら「…まどか、私のスカートの中を見て欲しいわ」

まどか「え?」

ほむら「訳わからないよね?気持ち悪いよね?」

ほむら「それでもあなたには見てもらいたいの…」

まどちん『ほむらちゃん…』キュン

まどか「うん、わかったよ…、スカート上げてくれるかな?」ドキドキ

ほむら「ありがとう、まどか…」

ペラッ




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:54:11.52 ID:3PIHEGWm0
まどちん「ウェヒヒヒ…」ピョコピョコ

まどか「…!?」カァッ

まどか「おおおおおおちちちんちん!?」

ほむら「今朝の私と同じ反応してるわね、まどか」

まどか「ど、どうしてほむらちゃんのおまたにおちんちんが…」アタフタ

まどか「し、しかも笑ってるんだけど…」

ほむら「今朝なぜか生えてたの、そしてしゃべってる理由は…」

ほむら「このおちんちんは鹿目まどか、あなた自身だからよ」

まどか「ええええええええ!?」

まどちん「クラスの皆には内緒だよ!」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:55:27.22 ID:3PIHEGWm0


ほむら「かくかくほむほむというわけなの」

まどか「そ、そうだったんだ…」

まどちん「私のことは『まどちん』でいいよ、まどかちゃん!」

まどか「あ、うん。よろしくね、まどちんちゃん!」

ほむら(まどか同士の友情の成立…、絵になるわね)

ほむら(…片方おちんちんだけど)ホムゥ




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:56:28.57 ID:3PIHEGWm0
まどか「だけど妬けちゃうなぁ…」

ほむら「…何がかしら?」

まどか「ほむらちゃんとまどちんちゃんは恋人同士なんでしょ」

まどか「本当は私もほむらちゃんのこと好きだったんだよ?」

ほむら「え?」

ほむら「…初耳だったんだけど、まどか」

まどか「告白するまで内緒だよ、こんなの…」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:57:43.57 ID:3PIHEGWm0
まどか「あーあ、私も早く告白しちゃえばよかった…」

まどちん「…」

まどちん「大丈夫だよ、まどかちゃん!」

まどか「ん?」

まどちん「私とほむらちゃんとまどかちゃん…」

まどちん「3人で恋人になろうよ!」

まどか「え!?」ドキッ

ほむら「ちょ、ちょっと!まどちん…」

まどちん「だってまどかちゃんも私なんだから気にしないよ、ほむらちゃん!」

まどか「わ、私もほむらちゃんがよければ…」ポッ




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:58:52.55 ID:3PIHEGWm0


ほむら(なんと今日1日で恋人が2人もできてしまったわ…)

ほむら(しかも浮気ではなく合意の上で…)

まどちん「嬉しいねぇ、まどかちゃん!」ピョコピョコ

まどか「そうだね!まどちんちゃん♪」ツンツン

ほむら(これが理想郷なのね…)ウンウン




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:59:56.85 ID:3PIHEGWm0
まどか「ちょっとしゃべりすぎて喉が渇いちゃった、お茶お茶…」キュッキュ

まどか「…あ、無くなっちゃってる」ショボーン

ほむら「最近暑いものね…」タラタラ

まどちん「そうだね、私も汗が止まらないよ…」ダラダラ

ほむら「それは本当に汗かしら?」

まどちん「ウェヒヒヒ!」

ほむら(はぐらかされた…)




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:01:34.99 ID:3PIHEGWm0
まどちん「まどかちゃん、喉が渇いたなら私のおしっこ飲まない?」

ほむら「え!?」

まどちん「だっていつも飲尿健康法で飲んでるもんね!」

まどか「ウェヒヒヒ、やっぱり私だし知ってるよね…」

ほむら(まどかが自分のおしっこ飲んでたなんて…)ドキドキ

まどか「それじゃあ飲ませてもらおうかな!」ズイッ

まどちん「はい、咥えていいよ!」ピョコピョコ

ほむら(く、咥えるって直飲み!?)




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:01:51.11 ID:SSeYo47k0
理想郷すぎる……!




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:03:11.76 ID:3PIHEGWm0
ほむら「き、汚くないの?2人とも…」

まどちん「大丈夫だよ、朝しっかりほむらちゃんが拭いてくれたし!」

まどか「それにまどちんちゃんのおしっこだったら、これはとってもおいしいなって」

まどか「私、いつまでも言い張れるよ!」

まどちん「まどかちゃん…、あなたは私の最高の友達だったんだね」

まどか「えへへ、一緒にほむらちゃんと幸せになろう!」

ほむら「これが友情パワーなのね…」ホロリ




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:04:21.53 ID:3PIHEGWm0
まどか「それじゃあ、いただきます」パクッ

まどちん「んっ…」

ほむら(まるで私がまどかにおちんちん咥えられてるようにも見えるわ)

ほむら(感覚がないのが惜しいところね)

まどちん「だ、だすよ?」ブルッ

まどか「ん…」コクリッ

ショアアアアアア




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:06:40.49 ID:3PIHEGWm0
まどか「んん…」ゴクゴク

まどちん「ああっ…!」ジョロジョロ

まどか「んっ…にが…」ゴク

まどちん「うっ…!」ジョロジョロ

まどか「…しょっぱいのかな?…んぐっ」ゴクゴク

まどちん「あぁん…!」ジョロジョロ

ほむら「…」

ほむら「え、えろい…」モンモン




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:08:27.89 ID:3PIHEGWm0


まどか「ちょっと苦しょっぱかったけどおいしかったよ、ごちそうさま!」

まどちん「お粗末さまでした!」

ほむら「ふふっ、2人ともお疲れ様…」ニコニコ

まどか「あ、ほむらちゃんすごい笑顔だね」

ほむら「2人が仲良くしてるの見たら頬が緩んでしまって…」ニコニコ

まどか「え、えへへ…」テレテレ

まどちん「照れちゃうよぉ…」テレッ

ほむら「3人でこれからも仲良くしましょうね?」

まどか「うん!2人ともよろしく!」

まどちん「ウェヒヒヒ!」

第2話『これはとってもおいしいなって』





134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:24:43.37 ID:3PIHEGWm0
第3話『もうナニも怖くない』

放課後

まどか「ほーむらちゃーん!」タタタ

ほむら「まどか、どうかした?」

まどか「ウェヒヒヒ!一緒に帰ろ♪」

ほむら「もちろん、かまわないわ」

ほむら『まどちんもいいかしら?』

まどちん『ティヒヒヒ!放課後デートだね!』

ほむら「でーと…!?」カァッ

まどか「ほむらちゃん顔が真っ赤だよ?」

まどちん『ウェヒヒヒ♪』

ほむら(もう…!)プイッ




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:25:53.82 ID:3PIHEGWm0
市街地

マミ「今日は一人で魔女狩り」

マミ「美樹さんが休みだから仕方ないけど…」

マミ「…暁美さんと鹿目さんはさっさと帰ってたみたいだし」

マミ「…」

マミ「さ、寂しくなんかないんだからね!」

ソウルジェム『ピコーン』

マミ「あっ」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:27:10.65 ID:3PIHEGWm0
マミ「この近くにいるわね…!」キョロキョロ

男「…」フラァ

マミ「あ、あの男の人!首に魔女の口付け(ダークネス・キッス)が…!!」

マミ「追いかけましょう!」タタタ



マミ「路地裏にきたけど、あの男性は…?」

ガシッ

マミ「なっ…?」

男「ウェッヒヒヒ…、お嬢ちゃんこんなところに何の用だい?」サワサワ

マミ「ひっ!?」ゾワ




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:28:15.59 ID:3PIHEGWm0
男「女の子1人でこんな場所にくるなんて覚悟できてるんだよな」サワサワ

マミ「な、なんの…?」ゾワゾワ

男「これからお嬢ちゃんをレイプするよ」モニュモニュ

マミ「レイプ…!?」

マミ「いやあああああああああ!!たすけてええええええ!!」ジタバタ

男「うるせえな、これでも咥えてろよ」プラン

マミ「ひっ!?おちん…!?」

男「フェラしろオラアアアア」グイッ




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:30:14.43 ID:3PIHEGWm0
ほむら「そこまでよ!」ファサッ

まどか「マミさん!大丈夫ですか!?」

マミ「鹿目さんに暁美さん!?(なんで手を繋いでるのかしら…)」

男「なんだお前ら…」

カチッ、ピタッ

まどか「わ、本当に時間が止まった…」キョロキョロ

まどちん「すごーい!」

ほむら「まどか、私から手を離さないでね、あなたの時間まで止まってしまうわ」ギュッ

まどか「わかったよ、ほむらちゃん」ギュッ

まどちん「ウェヒヒヒ、ちょっと羨ましいな!」

ほむら「ふふ、後で存分に握ってあげるわね」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:31:31.44 ID:3PIHEGWm0
ほむら「とりあえず今はこの男よ」

まどか「そうだね」

まどか「いくら魔女の口付けで変になってるからって…」

まどちん「レイプは許せないよ!!」

ほむら「全裸にひん剥いて路上放置くらいはしましょう」

Wまどか「おーっ!」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:33:39.32 ID:3PIHEGWm0


カチッ

マミ「助けて!…ってあれ?」キョトン

マミ「さっきの人が消えた…?」

ほむら「レイプ魔は時間を止めて追い払ったわ…」ファサッ

まどか「ほむらちゃんかっこいい!」

まどちん『抱いて!』

ほむら(ブフォ!?…しかしおちんちんってどうやって抱くのかしら?)

マミ「あ、暁美さんありがとう…うぅ」グスグス

ほむら(魔女の気配も消えたしここは大丈夫かしらね…)




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:34:49.35 ID:3PIHEGWm0
マミ「怖かったよぉ…、いきなりあんなもの見せられて…」グスグス

ほむら「まどか、あなたが巴マミを慰めて」

まどか「えっ」

ほむら「私は、その…そういうの苦手だから…」モジモジ

まどか「…わかったよほむらちゃん!」トテトテ

まどちん『ウェヒヒヒ』

ほむら『何よ、まどちん』

まどちん『ほむらちゃんでも大丈夫だと思うよ?』

まどちん『ツンケンしててもマミさんのこと大事に想ってるのわかるしね』

ほむら『…その想いをちゃんと伝えれるかは別よ』




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:35:52.34 ID:3PIHEGWm0
まどか「マミさん落ち着きましたか?」ナデナデ

マミ「え、ええ…ありがとう鹿目さん…」グスグス

マミ「…あ、暁美さんも」グス

ほむら「当然のことをしたまでよ…」

まどちん『ウェヒヒヒ』

ほむら『からかわないで…』

マミ「でも、もう男の人のアレを見るのが怖いわ…」ガクブル…

マミ「私、もう結婚して子供なんて作れない…」グスグス

ほむら「巴マミ…」





146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:37:06.92 ID:3PIHEGWm0
まどちん『ほむらちゃん…』コソコソ

ほむら『…まどちん、あなたに任せてもいいかしら?』

まどちん『勿論だよ!!』グッ

まどか(あ、今ほむらちゃんとまどちんちゃんがマミさんを慰めようとしてる気配を感じたよ!)

まどか(2人ともがんばって…!!)

まどちん「マミさん!!」

マミ「何、鹿目さん…?って、今暁美さんのほうから聞こえたような…」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:38:17.80 ID:3PIHEGWm0
ほむら「その通りよ、巴マミ」ペラッ

まどちん「ウェヒヒヒ…」ピョコピョコ

マミ「!? おおおおおおおおちんちん!?」ビクッ

ほむら「面白いくらい皆同じ反応するわね」

まどか「あ、ほむらちゃんもだったんだ?」

まどちん「ちょっと恥ずかしいよぉ…」ウェヒヒ

マミ「なんなのよこれ…」ピクピク




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:39:58.88 ID:3PIHEGWm0
ほむら「かくかくほむほむ」

まどか「まどっちまどまど!というわけなんです」

マミ「…じゃあこれは鹿目さんなの?」

まどちん「そうですよ、マミさん!」

マミ「声が鹿目さんのものだし、信じるしかないわね」

ほむら「話が早くて助かるわ」

マミ「それでこのまどちんさんを紹介して何を…?」

まどちん「私を触ってください!マミさん!」

マミ「え!?」





149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:41:27.65 ID:3PIHEGWm0
まどちん「私に触れることでマミさんの恐怖がとれるなら、それはとっても嬉しいなって」

まどちん「ほむらちゃんと相談してたんです…」

マミ「暁美さん、あなた…」

ほむら「…ただのきまぐれよ」プイ

まどか(ほむらちゃんは素直じゃないなぁ)ウェヒヒ

ほむら「まどかおちんちんだったら少しは安心して触れるんじゃないかしら?」

マミ「そうね、確かに…」

ほむら「これでおちんちんへのトラウマを克服して、巴マミ」

マミ「…わかったわ!暁美さん、私がんばる!!」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:42:48.43 ID:3PIHEGWm0
まどちん「ウェヒヒヒ!じゃあマミさん、どうぞ…」

ほむら「あ、たくし上げだと疲れるから座らせてもらうわ…」スッ

まどか「わわわっ…」カァッ

まどか(ほ、ほむらちゃんのM字開脚…)ドキドキ

ほむら(これはさっきから空気になりつつあるまどかへのサービスよ…)

マミ「えーっと…まどちんさん、触るわね?」ドキドキ

まどちん「や、優しくしてください…」ドキドキ




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:44:22.32 ID:3PIHEGWm0
サスッ

まどちん「あっ…」ピクッ

マミ「だ、大丈夫…?」アタフタ

まどちん「は、はい…そのまま触っててください…」ドクンドクン

マミ「わ、わかったわ…」サスサス

マミ(暖かい…)ドキドキ

まどちん「んん…!!」ピクピク

マミ「…こんな気持ちでおちんちんを触れるなんて思わなかったわ」サスサス

まどちん「マミさん…!」ピクピク

マミ「…」サスサス

マミ「私、もうナニも怖くない…!!」ホロリ

ほむら(しかし、まどちんを寝取られたような気分ね…)




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:46:27.19 ID:3PIHEGWm0


マミ「皆、ありがとう!私はもう大丈夫よ!」

まどちん「ティ、ティヒヒヒ…」

まどか「よかったね、マミさん!」

ほむら「やっぱり元気なあなたが一番よ…」

マミ「それで順番が逆になったかもしれないけど…」オズオズ

3人「?」

マミ「まどちんさん、私とお友達になってください!」ペコッ




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:47:30.34 ID:3PIHEGWm0
まどちん「あっ…」

まどちん「勿論ですよ、マミさん!こちらこそよろしくお願いします!」ピョコ

マミ「まどちんさん…!ありがとう!!」ウルウル

まどか「よかったね!ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「そうね、まどか…」ギュッ

ほむら(この時間軸は限りなくうまくいってるように思える…)

ほむら(今度こそあの夜を越えてみせる…!!)グッ

第3話『もうナニも怖くない』





159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:58:53.44 ID:3PIHEGWm0
第4話『性器も、摩擦も、あるんだよ』

さやルーム

さやか「うぅ、病気で体調悪いなんて…」

ブルッ

さやか「おしっこ…」ガバッ

『んん?』モゾモゾ

さやか「!? 股間で何かが!!」ヌギヌギ

杏子(おちんちん)「…くうかい?」

さやか「性器も、摩擦も、あるんだよ…!!」シコシコ

杏子「あ、あぁん…!一人ぼっちは寂しいもんな!!」ドピュッ



さやか「股間に杏子が生えた…」

杏子「これでいつも一緒だな…///」

第4話『性器も、摩擦も、あるんだよ』





162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:20:09.21 ID:zoZtsbIQ0
4話みじけえwww




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:23:48.23 ID:3PIHEGWm0
第5話『強姦なんて、あるわけない』

杏子「上条って奴の手足ぶっ潰して今すぐあたしをハメればいいんだよ!」

さやか「強姦なんて、あるわけない…」

さやか「だってあたし、今こんなにも満ち足りてるんだもん!」

杏子「さやかぁー!」ピョコピョコ

さやか「杏子ー!」ツンチン

第5話『強姦なんて、あるわけない』





165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:25:39.40 ID:O3opzk/i0
超スピード展開




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:29:13.94 ID:3PIHEGWm0
第6話『これ、ちょっと気持ちいいね』

ほむら「はい、まどちん握ってあげるわ」ニギニギ

まどちん「あっ…」ピクッ

まどか「まどちんちゃん、亀頭が真っ赤だよ!」

まどちん「ウェヒヒヒ…」テレテレ

まどちん「これ、ちょっと気持ちいいね…///」

まどか「じゃあ私も一緒に握るね!」ニギニギ

まどちん「ひゃああん!」ビクビク

ほむら「は、鼻血が…」ツー

第6話『これ、ちょっと気持ちいいね』





170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:35:21.53 ID:3PIHEGWm0
第7話『本当の性器と向き合えますか?』

仁美「実は上条さんをお慕いしてましたの」

さやか「へぇ」

仁美「さやかさん、本当の性器と向き合えますか?」

さやか「うん、これでしょ?」ペラッ

杏子(おちんちん)「よっ!」

さやか「恭介は仁美に譲るよ!」

仁美「」

第7話『本当の性器と向き合えますか?』





171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:36:44.07 ID:X3T1BhKV0
酷すぎるwwww




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:43:00.02 ID:3PIHEGWm0
第8話『あたしって、ほんとマラ』

さやか「ねぇ、杏子…」シコシコ

杏子「な、なん…だよっ…さやか…あんっ…」ビクビク

さやか「あたしって、ほんとマラ好きだよね」シコシコ

杏子「いい…んじゃねえ…の?そういうのぉ…」ビクビク

杏子「あ、あんたが自分で決めたんだろ…?」ビクビク

杏子「だったら進むしかないじゃん…あ、んん…!」ドピュ

さやか「うん、ありがと杏子」オチンチンフキフキ

第8話『あたしって、ほんとマラ』





180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:03:04.33 ID:3PIHEGWm0
第9話『そんなの、私が許さない』

さやか「ねぇ杏子…」

杏子「どうした?さやか」

さやか「あたし、妊娠した」

杏子「は!?嘘だろ?」

さやか「本当だよ」

さやか「あんたの精子のついた指でオナニーしてたからかなぁ…」

さやか「あたしってホントばか…」

杏子「さやか…」

さやか「堕ろすよ」ボソッ

杏子「なっ!?」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:06:09.15 ID:3PIHEGWm0
ガチャッ

ほむら「話は聞かせてもらったわ!美樹さやか!」

さやか「て、転校生!?勝手にうちに入ってこないでよ!!」

ほむら「そんなことはどうでもいいの…」

さやか「なっ」

ほむら「堕ろすなんて…そんなの、私が許さない」ペラッ

まどちん「そうだよ、さやかちゃん!」

さやか「ま、まどか!?」

杏子「どういうことだよ、おい…」

杏子「こいつもちんちんじゃねえか!」

まどちん「ウェヒヒヒ!」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:12:38.52 ID:3PIHEGWm0
ほむら「今あなたのお腹に存在してる小さな命…」

ほむら「それを否定するのがあなたの正義なのかしら」

まどちん「さやかちゃん性器の味方になりたいって言ってたよね!?」

まどちん「元のさやかちゃんに戻って!」

さやか「転校生、まどか…」

さやか「あたしが間違ってたわ…、杏子と一緒にこの子を育ててみせるよ…」オナカサスサス

杏子「さやかぁー!!」ピョコピョコ



まどか「こうして皆の団結力が増しました…」

まどか「そしてまどちんちゃんから語られる衝撃の真実…」

第9話『そんなの、私が許さない』





188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:29:55.60 ID:3PIHEGWm0
第10話『もうだれもオナれない』

一つ前の時間軸…

まどか「マミさんもさやかちゃんも杏子ちゃんも皆死んじゃった…」

まどか「もうだれもオナれないなんて…」

まどか「こんなのあんまりだよ…」グスグス

QB「だけど君にはこの運命を変える力がある…」

まどか「…本当なの?」

まどか「こんな私に本当にそんな力が?」

QB「勿論!だから僕と契約して魔法少女になってよ!」

ほむら(だめええええええええええ!!!)




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:30:57.42 ID:3PIHEGWm0
まどか(何度も、何度も同じ一ヶ月を繰り返してるほむらちゃん…)

まどか(あなたがいるからこそできる最後の抜け道…)

まどか「QB!私の願いは『次の時間軸のほむらちゃんのおちんちん』になること!!!」

QB「その願いは…君はただの性器になるつもりかい!?」

まどか「おちんちんでもなんでもいい…」

まどか「さぁ叶えてよ、インキュベーター!!!!」



まどちん『それが今ほむらちゃんの股間にいる理由だよ…』

第10話『もうだれもオナれない』





190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:31:55.40 ID:3PIHEGWm0
次回『サブタイトルすら未定』お楽しみに?
多分今度は時間かかる




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 22:52:07.40 ID:d4d2fsFB0
最後に残った残尿感
わたしの、最高の友達ンコ




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 07:55:27.40 ID:bjfyefac0
第11話『最後に残った残尿感』

ほむホーム

ほむら「…つまりまどちんは既に魔法少女ということ?」

まどちん「ウェヒヒヒ、思い出したのは最近だけどね…」

まどか「まどちんちゃんは一つ前の世界の私だったんだね」

まどか(あとほむらちゃんはずっと私を助けようとしてたんだ…)

まどちん「うん…、だからワルプルギスの強さもよく知ってるよ」

まどちん「私の魔力の一撃だけで倒せるってね」

ほむら「ええ、それは私も見たわ」

ほむら「ところでまどちんのソウルジェムは…?」




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 07:56:28.50 ID:bjfyefac0
まどちん「あ、まだ見せてなかったね」

まどちん「邪ッ!!」ニュルン

ほむら「ヒッ!?こ、股間から何か…!!」ビクビク

まどか「きゃっ!?」

まどか「た、タマタマ…?」

まどちん「ウェヒヒヒ!タマタマ(カタキン)に偽装したソウルジェムだよ!」

まどちん「コツカケっていう技術でお腹にしまってたんだ!」エッヘン

ほむら「こんなのがずっと入ってたのね…」

ほむら(まどちんのタマタマ…)ドキドキ




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 07:57:41.34 ID:bjfyefac0
まどちん「それで2人にお願いがあるんだけど…」

ほむら「…なんでも言って、まどちん」

まどか「私たち恋人なんだから何でも力を貸すよ!」

まどちん「ありがとう…ほむらちゃん、まどかちゃん」ホロリ

まどちん「…」キリッ

まどちん「私を使ってセックスして!」

ほむら「え」

まどか「え」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 07:59:03.67 ID:bjfyefac0
まどちん「私のソウルジェムとおちんちんはセックスを介することでまどかちゃんに移植できるの」

まどちん「それによってまどかちゃんは契約をしないで魔法少女になれるんだよ!」

まどか「それって…」

まどか「私とまどちんちゃんが合体するってこと!?」

ほむら「多分そういうことね…」

まどちん「そして、その力でワルプルギスを倒してほしい…」

まどちん「それが私の祈り…、希望…」

まどちん「まどかちゃん自体は魔女にならないから安心して!」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:00:46.39 ID:bjfyefac0
ほむら「でも、それじゃあまどちんはどうなるの!?

まどちん「ウェヒヒヒ、魔女化するまえにほむらちゃんに砕いてほしいな…」

まどちん「…この体じゃあ自害もできないし」

まどか「そんなの駄目だよ!!」

ほむら「そうよ!あなたも私の大切な人なのよ!?」

まどちん「ウェヒヒヒ、2人にそこまで言ってもらえるとすごく嬉しいなぁ…」

まどちん「でもこれは前の時間軸から決めてたことだから…」

まどちん「私の願いを受け入れて!」

ほむら「まどちん…」

まどか「まどちんちゃん…」グス




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:02:07.50 ID:bjfyefac0
ほむら「…わかったわ」サス

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「ここまでのあなたの覚悟を無駄にすることなんか絶対にできない」サスサス

まどちん「ウェヒヒヒ…、ほむらちゃんありがとう!」ピョコピョコ

まどちん「…ごめんね?まどかちゃん」

まどちん「勝手に話を進めてあなたの初めてをもらっちゃおうとしてるけど…」

まどか「ううん…、私もほむらちゃんと同じ考えになれたから…」

まどか「今日までのあなたを絶対に無駄にしない!!」

まどちん「まどかちゃん!!!」ピョコピョコ




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:03:46.54 ID:bjfyefac0
まどちん「それじゃあ今からセ、セックスをする2人のために…」

まどちん「私の精神を一旦ソウルジェムタマタマに封じ込めるね!」

ほむら「…それってどういうことかしら?」

まどちん「私が今まで持っていた感覚を一時的にほむらちゃんに譲るの!」

まどちん「ほむらちゃんにいっぱい気持ちよくなってほしいんだ、ウェヒヒヒ」

ほむら「別に気を使わなくてもいいわ、まどちんが気持ちよくなって…」

まどちん「ウェヒヒヒ!というわけで頑張ってね2人とも!!」ヒュンッ

ほむら「あっ!」

ほむら「まどちんの反応が消えた…」

まどか「まどちんちゃん…」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:04:51.13 ID:bjfyefac0
ブルッ

ほむら「!? ま、まどか…」

まどか「どうかしたの?」

ほむら「ちょ、ちょっとおトイレに…」プルプル

まどか「うん…、え、えっちもその後かな…?」ドキドキ

ほむら「そ、そうね…」プルプル

ほむら(げ、限界までおしっこ我慢してたのね、まどちん…)




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:05:55.83 ID:bjfyefac0
ほトイレ

ジャーッ、ゴボゴボ

ほむら「…たくさん出たわ」

ほむら「でもまだ残ってる気が…」プルンプルン

ほむら「最後に残った残尿感までとらないとすっきりしないわね」

ほむら「もうちょっとトイレに篭るわ」

ほむら「…」

ほむら「ま、まだ、まどかとえっちする決心がつかないし…」ドキドキ

チョロッ

ほむら「あ、出た出た…」チョロチョロ

Aパート終了




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:07:29.46 ID:bjfyefac0
Bパート公開は未定です
用事で出かけるんで帰ってきてから制作→投下になると思うよ

あとよければ12話のサブタイ案募集




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 08:10:56.27 ID:DXYri60A0
私の、最高の友達んこでいいんじゃないかな




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:02:29.93 ID:bjfyefac0
番外編

さやか「ところでなんで杏子はあたしの股間に生えてるの?」

杏子「ゆまっているだろ?」

さやか「あんたとたまに一緒にいる子だよね」

杏子「あいつが『キョーコとさやかが仲良くなれるようにくっつけて!』って願いで契約したらしくて…」

杏子「気が付いたらこうなってた…」

さやか「それはひどい…」



ゆま「喧嘩してるキョーコ見るのなんてやだよ!」

ゆま(でも最近杏子見かけないなぁ…)グスグス

※この世界に杏子(人間)はもう存在しないよ!




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:07:34.29 ID:rmwYDaaD0
ゆまを救ってやってくれ

具体的に言うと杏子とゆまをこう一つにだな




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:44:36.74 ID:bjfyefac0
Bパート(抜けないエロ文章注意)

~ほむ寝室~

真っ暗な部屋のベッドの上で2つの影が動く

まどか「ほむらちゃん…」スッ

まどかはほむらの股間に生えている『まどちん』に触れる

ほむら「んんっ…!」ビクビク

まどか「あっ…ご、ごめんね!?」ヒョイ

触った瞬間身悶えするほむらを見てまどかは慌てて手を引っ込めた

ほむら「ち、ちがうのまどか…」

まどか「え…?」

ほむら「その…気持ちよくて…」カァッ




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:45:55.82 ID:bjfyefac0
赤かった顔をさらに染めるほむら
その反応でまどかの心に火が付いた

まどか「うぇひひ…じゃあいっぱい気持ちよくしてあげるね…」

サスサスと『まどちん』を撫でる
あくまで撫でるだけ、決して握ったりはしない

ほむら「あっ…!んっ…!」ビクビク

まどか「『まどちん』ちゃんが硬くなってきたよ…」サスサス

ほむら「まどかぁ…、撫でるだけじゃ…んっ!!」

まどか「に、握っていいのかな…」ニギッ

おずおずと『まどちん』を握るまどか
その瞬間、トロッと『まどちん』から先走りが溢れ出た




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:47:35.71 ID:bjfyefac0
まどか「わわ、何か出てきた…せ、精液?」

ほむら「た、多分違うと思う…」

まどか「そうなんだ…」

ほむら「こ、このまま擦ってもらえるかしら…」

まどか「う、うん…」シコシコ

まどかは竿を握りながら手を上下に動かしだす
動かすたびに先走りが溢れ既に手はヌルヌルだった




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:50:05.12 ID:bjfyefac0
まどか「…そろそろいいかな?」スッ

ほむら「あっ…」

『まどちん』から手を離され切なそうな声を上げるほむら

まどか「続きはこっちで、ね?」ネチョッ

ほむら「え、ええ、わかってるわ…」

まどかが自らの秘所を開き言った
そこは心なしか濡れているようにも見えた




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:51:59.22 ID:bjfyefac0
まどか「てぃひひひ、こっちも準備できてるよ…」

ほむら「そうみたいね…」

スッ

最大まで勃起した『まどちん』を『まどまん』にあてがう

まどか「あ…」

ほむら「まどか、やっぱり怖い?」

まどか「ううん違うの!」

ここまできてまどかにある疑問が浮かんだ

まどか「このまましたら私、妊娠しちゃうのかな?」




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:53:35.36 ID:bjfyefac0
ほむら「ふふっ…」

いまさらな疑問につい吹きだしてしまう

まどか「あ、笑わないでよぉ!真剣な問題だよ?」

ほむら「ごめんなさい、ついね…」

まどか「もう!」プイッ

ほむら「『まどちん』から出てくる精液は厳密には精液じゃないの」

ほむら「QBの耳毛から出てくるお汁とほぼ同じ成分らしいわ」

まどか「つまり?」

ほむら「美容健康にいいの、しかも妊娠したりはしないから安心して」

まどか「やったー!」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:55:43.65 ID:bjfyefac0
ほむら「それじゃあ…いくわよ?」

まどか「…うん」

グイッと『まどまん』に『まどちん』を強く押し付ける…

まどか「ぐううううううっ!!」

ほむら「まどか、力を抜いて…」

初めての苦痛に顔を歪ませるまどか

ミリミリミリ

そんなの関係ないと言わんばかりに『まどちん』をどんどん沈めていくほむら
すでに肉欲に支配されている

ほむら(まどまんってすごく気持ちいい!もっともっと!!!)グイグイ




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 16:00:06.84 ID:bjfyefac0
まどか「いたいいたいいたいいたいいたい!!」ジタバタ

ほむら「ああ…!!」ズコズコ

全てを沈めきったほむらはピストンを開始する
その速度1秒間に16連打である

ほむら「まどかが『まどちん』を締め付けてきてすごく気持ちいいわ!!」ニュップニュプ

まどか「ほ、ほむらちゃんタンマ!ストップストップ!!」ズキズキ

ほむら「そんなに喘いじゃって…えっちねまどか…」ニュプニュプ

まどか「ちがうよおおおおおおおおおおおお」ガクガク




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 16:02:19.13 ID:bjfyefac0
まどかが激痛で呻いてるなか、ほむらの限界が迫っていた

ほむら「あ、何か出そうよ…!!」ニュップニュップ

まどか「何かって…?」ジタバタ

ほむら「た、多分精液…!」ニュップニュップ

まどか「も、もうなんでもいいから終わらせて!!」

まどか「痛いのはやだよぉ…」グスグス

ほむら「わかったわ、まどか!!」ズコズコ




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 16:03:58.27 ID:bjfyefac0
射精を促すべく更にピストン速度を上げるほむら…!!
その速度はすでにマッハ1!
射程距離を1メートルと考えたなら1秒間に100回という恐るべきもの…!!

ほむら「!!」

ほむら「出るわ!まどかぁー!!!」ズッギョオオオズッギョオオオオ

まどか「うん、きて!!ほむらちゃん!!!!!!!」




カッ



生命の神秘であった




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 16:05:39.67 ID:bjfyefac0


ほむら「…いつまのにか寝てしまったのかしら?」ガバッ

まどか「…うぅん」ムニャムニャ

ほむら「まどか、大丈夫?」ナデナデ

ほむら「…あっ」

ほむら「まどちんもいるなら大丈夫ね…」

そこには股間に『まどちん』を生やしたまどかがスヤスヤと穏やかな寝息を立てていた…

ほむら(やれるべきことは全てやったわ…)

ほむら(あとは『あいつ』との戦いだけ、ね)

第11話『最後に残った残尿感』





277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 16:07:03.48 ID:bjfyefac0
次回予告

ほむら「まさか、ワルプルギスまで因果で強くなっていたなんて…」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん…」

まどか「今日まで戦ってきたまどちんちゃんを絶望なんかで終わらせたりしない…」

最終話『私の、最高の友達んこ』

君は、刻の涙を見る




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:41:30.91 ID:/Zk3ae/e0
最終話『私の、最高の友達んこ』

見滝原・某所

ほむら「…くるわ!皆引き締めて!」

まどか「わかったよ!」

マミ「援護は任せて」カチャッ

さやか「傷ついたらすぐ助けるからね!」

杏子「やっべ、あたし役立たずじゃねえか…」

まどちん「ウェヒヒヒ、私もだよ杏子ちゃん!」

ほむら(緊張感あるんだか、ないんだか…)

5 4 2 1

Walpurgis nacht




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:43:44.50 ID:/Zk3ae/e0
ワルプルギス「アハハハハハハ」デデーン

さやか「でっか!」

ほむら「まどか、とりあえず一発当てて!」

まどか「うん、今日という今日は速攻で終わらせるよ!」弓グイーッ

マミ「鹿目さんそれ死亡フラグよ!?」

まどちん「ねぇねぇ杏子ちゃん、どこまで伸びるか比べっこしよ?」グイーッ

杏子「暇だしね、かまわないよ」グイーッ




336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:46:25.36 ID:/Zk3ae/e0
ワルプルギスとの戦いは熾烈を極めていた

ほむら「まさか、ワルプルギスまで因果で強くなっていたなんて…」

まどか「まどちんちゃんのソウルジェムがうまく扱えない…!!」

まどちん「ウェヒヒヒ…、失敗だったかなぁ?」

マミ「それを含めても強すぎるわ!」

さやか「だーっ!杏子暴れないで!!」

杏子「こんな戦いで興奮しないほうがおかしいぜ!」チンポビンビング




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:48:46.77 ID:/Zk3ae/e0


QB「やぁ、がんばってるね」

ほむら「インキュベーター…!」

まどか「キュゥべえ…」

QB「所詮君たちがワルプルギスを倒すのは無理だったんだよ」

QB「だけどこの時間軸のまどか、君ならあるいは…」

まどか「…」

QB「運命をも変えられる」

QB「避けようのない滅びや嘆きを、全て君が覆せばいい」

QB「だから僕と契約して、本当の魔法少女になってよ!」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:50:01.06 ID:/Zk3ae/e0
まどか「…」

まどか「…」スタスタ

ほむら「まどか…」

まどちん「まどかちゃん…?」ピョコ

まどか「ごめんね、ほむらちゃん…、まどちんちゃん…」



まどか「私、魔法少女になる」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:52:34.95 ID:/Zk3ae/e0
ほむら「そ、そんな…!」

まどちん「だったら私たちのしてきたことは…!」

まどか「…これまでずっと、ずっとずっとほむらちゃん達に守られて望まれてきたから今の私があるんだと思う」

まどか「そんな私が、やっと見つけ出した答えなの」

まどか「信じて? 絶対に今日までのほむらちゃん達を無駄したりしないから」

ほむら「…わかったわ」

まどちん「まどかちゃん…」




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:55:53.33 ID:/Zk3ae/e0
QB「…数多の因果の糸を束ねて、君はどんな祈りをするんだい?」

まどか「…私、男になる」

QB「その願いは…!」

QB「君は自ら少女を捨てる気かい!?」

まどか「男になればきっと股間のタマタマは黒く染まらない…」

まどか「男の子が魔『女』になるはずがないから!」

まどか「今日まで戦ってきたまどちんちゃんを絶望なんかで終わらせたりしない…」

まどか「これが私の願い、祈り…」

まどか「さぁ叶えてよ、インキュベーター!!」

パァッ




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 08:57:31.29 ID:/Zk3ae/e0
そこには2段階変身を経て煌びやかな『彼』いた

まどか(男)「ソウルジェム、ツインドライブ!!」

ほむら「まどかの股間に2つ目のタマタマが…!!」

まどか「私はもう男の娘」

まどか「だから決して魔女になりはしない!!」

QB「まさか、こんな方法で魔女化を防ぐとは…」

まどか「…ほむらちゃんとまどちんちゃんの2人がいたからこその奇跡だよ」

まどちん「まどかちゃん…!! よかったよぉ…!!」グスグス

まどか「ありがとう、まどちんちゃん…」

まどか「あなたは私の、最高の友達んこだったんだね!」サスサス

ほむら(まどか、それちょっと古いわよ…)




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 09:05:14.89 ID:/Zk3ae/e0
まどか「…」キッ

まどかは強い眼光でワルプルギスを睨み付ける

ワルプル「アハハハハハハハハハ」

まどか「今からあなたを倒してみせる…!!」

キュインキュイン!!

タマタマに内臓されたソウルジェム粒子が散布され始める
最強の魔法少女まどかを起動させるために

まどか「ワルプルギス…」

まどか「ここには『まどちん』ちゃんと『ほむら』ちゃんと…」

まどか「『私』がいる…!!!」

桃色の矢がまどかから発射された




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 09:06:53.98 ID:/Zk3ae/e0


ほむら(真の力に覚醒したまどかにとってワルプルギスの夜などもはや雑魚同然だった)

まどか「ウェヒヒヒ、終わったね」

ほむら「…お疲れ様、まどか」

まどか「ほむらちゃんこそ…」

まどか「…」

まどか「私ね、契約した瞬間に見えたんだ」

ほむら「何がかしら?」

まどか「今まで私のためにがんばってきたほむらちゃんが、だよ…」

まどちん「あ、それ私も見た!」

ほむら「あなた達…」

まどか・まどちん「「ほむらちゃんは最高の恋人だよ!」」

最終話『私の、最高の友達んこ』





346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 09:28:52.84 ID:fkcrz1MEO
( ;∀;)イイハナシナノカナー
面白かった




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 10:15:02.30 ID:aOFYp2Qs0
最後さやか達空気wwwwwww




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 11:01:50.65 ID:8wmAeGDU0
おわってた~~、いやぁよかったっすよ!
おつ!











---------------
当ブログについて
※欄492さんありがとうです。




コスプレ少女 まじかる☆マジック [DVD]
コスプレ少女 まじかる☆マジック [DVD]
TMA 2011-07-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女まどか☆マギカ 公式ガイドブック you are not alone 月刊アニメスタイル第2号 (ねんどろいどぷちナディア付属) 可愛いコスプレ娘1日貸します。 [DVD] STEINS;GATE ダブルパック TVアニメ『侵略!イカ娘』イカ娘2ndシングル



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #- #zilq7r5U: 2011/06/18(土) 13:52: :edit
    初めての1ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 14:16: :edit
    2です… うっ!!
    ふぅ。
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 14:17: :edit
    まどちん・・・
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 14:36: :edit
    これはとってもおいしいなって
    私、いつまでも言い張れるよ!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 15:22: :edit
    005getだぜ!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 15:24: :edit
    ほむらちゃんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  7. 名前: 通常のナナシ #SWLx4y6U: 2011/06/18(土) 15:28: :edit
    マミのおち○ちんはQB?
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 15:52: :edit
    ちんつぶ思い出した
  9. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/06/18(土) 16:47: :edit
    批判してるのは全部同一人物ですwww
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 18:14: :edit
    ※10
    男が魔法少女になると魔法が使えるようになるんです
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 19:38: :edit
    まだ終わって二か月くらいだよな

    ほんま最近の流行サイクルはやすぎ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 19:53: :edit
    杏ちんにお に ん に ん挟んで振り切るぜ!
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/18(土) 20:18: :edit
    射程距離1m・・・ということはこの時のまどちんは1m以上の長さになってたってことか!?
  14. 名前:   #-: 2011/06/19(日) 00:12: :edit
    未来的すぎて途中で読むの諦めた
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 00:56: :edit
    トランザム!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 01:23: :edit
    1秒間に16連打www高橋名人wwwww


    その時俺の脳裏に東京タワーをレ○プするクラウザーさんが浮かんでは消えていった…
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 01:56: :edit
    >「ソウルジェム、ツインドライブ!!」
    そうか、これはツインドライブだったのか・・・
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 03:33: :edit
    チ○ポビンビング!
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 07:36: :edit
    まどかは男になっても髪はピンクなんスかね
  20. 名前: チハリス #-: 2011/06/19(日) 11:15: :edit
    かっ跳びすぎんだろww
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/19(日) 15:39: :edit
    魔法ふたなりほむら&さやか・・・
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。