キョン「ち、近寄るな! 化け物!」その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/20(金)
236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:48:07.04 ID:xzonTanS0

その2です。

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:48:07.04 ID:xzonTanS0
~翌日 キョン家~


キョン「よし、忘れ物はないな」

キョン妹「あれ~? キョンくん、荷物持ってどこ行くの?」

キョン「クラスメイトと海に遊びに行くんだよ。泊りがけでな」

キョン妹「海~! ずるーい! あたしも行くー!」

キョン「駄目だ。クラスメイトと行くのに、妹なんか連れて行けるわけないだろ」

キョン妹「行くったら行くのー!」

キョン「駄目ったら駄目なのー!」

キョン妹「いいもん! 無理矢理にでも着いていくから!」

キョン「そうはさせん! さらばだ!」ダダダッ

キョン妹「ああ! 待ってー!」

キョン「着いてくるなって!」




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:51:07.03 ID:xzonTanS0
~駅前~


クラスメイト1「あ、キョン来た。遅いぞー」

キョン「すまんすまん。妹を振り切るのに時間がかかってな」

クラスメイト3「これで全員か?」

クラスメイト4「谷口がまだだ」


???「さぁ行くわよ!!」


キョン「あの声は……げっ、涼宮」


ハルヒ「楽しみね、孤島の別荘! 何か事件でも起きないかしら?」

古泉「はは、そうですね」


キョン(あいつらもどこか行くのか。危ね、鉢合わせするところだった)

国木田「谷口来たよ。行くよーキョン」

キョン(ま、そっちはそっちで迷惑にならないように楽しんでくれ)




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:54:07.35 ID:xzonTanS0
~海~


キョン「海だー!」

クラスメイト1「着いたぞー!」

谷口「みんな! あの岩場まで泳いで競争するぞ!」

一同「おーー!!」


クラスメイト2「俺のバタフライの威力、見せてやる!」

クラスメイト4「俺の背泳ぎが唸りを上げる!」

クラスメイト3「位置について、よーいドーン!」

一同「うおーーーー!!」バシャバシャバシャバシャ!!


国木田「みんなー、海に入る前に準備体操しないと駄目だよー」


キョン「ぐわっ!! 足つった足つった!?」

クラスメイト1「救助!」

クラスメイト4「救助ー!!」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:57:07.25 ID:xzonTanS0
~すいか割り~


クラスメイト3「もうちょい右ー。そのまま真っ直ぐ真っ直ぐ」

クラスメイト2「そこだ! おもいきりぶっ叩け!」

キョン「ちええい!!」 ゴンッ!!

谷口「ぎゃあああ! あ、頭が! 何すんだ!? 馬鹿になったらどうする!」

クラスメイト4「ぎゃははは!」

クラスメイト1「元からだろーが!」



~ナンパ~


谷口「任せとけって。俺のテクを見せてやる!」

キョン「本当に大丈夫かよ」

国木田「期待しないほうがいいよ」

谷口「へいそこのお姉さん! 玉ねぎ食べれる?」

キョン「お前はどこぞの5歳児か」




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:00:08.58 ID:xzonTanS0
~夜 花火~


キョン「あちち! 花火こっちに向けるな!?」

谷口「わはは! 喰らえ、ネズミ花火爆弾!」

国木田「線香花火は綺麗だねー」パチパチパチ

クラスメイト1「おーい、ロケット花火打ち上げるぞー」

クラスメイト4「よっしゃこーい」


ヒュ~ルルルルルル・・・・・・  パパーン!!


谷口「おー」

キョン「見事だな」


キョン(……楽しい、本当に楽しい。これだよ、これが俺の高校生活だ!)

キョン(危うく非日常に巻き込まれるところだったが、これが俺の日常なんだ!)




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:02:38.00 ID:MraHQ5VPO
素晴らしく充実した高校生活だな




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:03:05.46 ID:xzonTanS0
~図書館~


キョン「という感じでだな。楽しかったぞ、海!」

佐々木「へー、よかったじゃないか」

キョン「いやぁ、また行きたいな。馬鹿騒ぎってのはいいもんだ」

佐々木「キョン、手が止まってるよ」

キョン「あ、ああ。厳しいな」

佐々木「君が夏休みの宿題を早めに全部すませたいから手伝ってくれと言い出したんだろう」

キョン「それはそうだが」

佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「……いいなぁ」

キョン「佐々木?」

佐々木「海か。ちょっと羨ましいよ」




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:06:08.65 ID:xzonTanS0
キョン「……」

佐々木「……」

キョン「あー、佐々木よ」

佐々木「何?」

キョン「これ、なんだがな」スッ

佐々木「これは……チケット? 水族館のだね」

キョン「友達にお前とのことを話したらな、ニヤニヤしながらこれをくれてよ」

キョン「その、せっかくだし、よかったら一緒に行かないか?」

佐々木「……」

キョン「……何をポカーンとしてるんだよ」

佐々木「ああ、すまない。まさか君から誘われるとは思ってもいなかったからね」

キョン「何だそりゃ。それで行くのか?」

佐々木「……行くよ。喜んで」

キョン「決まりだ。今度の土曜日な」

佐々木「うむ、楽しみにしてるよ」




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:09:05.73 ID:xzonTanS0
~土曜日 水族館前~


キョン「お~、随分でかい水族館だな。人も多い」

佐々木「2ヶ月ほど前にオープンしたばかりらしいよ」

キョン「よし、早速入るとするか」



佐々木「あの魚はハマクマノミ。スズメダイ科で珊瑚の有るきれいな海に生息しているよ」

佐々木「あっちの魚はアカマダラハタ。ハタ科の魚で体長は1メートルにもなるそうだ」

キョン「佐々木よ。解説もいいんだが、もう少し素直に楽しんだらどうだ?」

佐々木「素直にかい?」

キョン「そう、素直にだ」

佐々木「分かったよ」


佐々木「あの魚はおいしそうだね。刺身か焼くか、から揚げにするか」

キョン「おい」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:12:11.18 ID:xzonTanS0
佐々木「キョン、クリオネだよ。綺麗だね」

キョン「おお、ホントだな」

佐々木「何だか幻想的だね」

キョン「そうそう、そういう風に楽しめばいいんだ」

佐々木「わ、こっちも綺麗」

キョン「おお、クラゲが光ってる」

佐々木「キョン、こっちもこっちも」

キョン「はいはい」


キョン(どうやら楽しんでくれてるようだな。よかったよかった)

キョン(勉強ばかりじゃつまらないもんな。チケットをくれたアイツには感謝しなきゃな)


佐々木「深海魚はあまりおいしそうじゃないね」

キョン「それはもういいって」




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:15:05.57 ID:xzonTanS0
ペンギン「キュー」ヨチヨチ


佐々木「きゃー! 見て見てキョン! ペンギンだよペンギン!」

キョン「あ、ああ……」

佐々木「ヨチヨチ歩いてる! ヨチヨチ! ヨチヨチ!」

キョン「おーい……」

佐々木「あーんもー! かわいぃー! あ! 写真撮らなきゃ写真!」

キョン「佐々木さーん……」


佐々木「はっ!」

キョン「……正気に戻ったか?」

佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「あのペンギンはフンボルトペンギン。日本の水族館ではもっともポピュラーなペンギンで」

キョン「もう遅いって」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:17:47.59 ID:MPGhVfzk0
佐々木可愛すぎだろ…




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:18:05.25 ID:xzonTanS0
~イルカショー~


イルカ「キェー」ザッパーン!


佐々木「わー凄い凄い! あんなに高く跳んでる!」

キョン「お前、もう開き直ったな」

佐々木「何か言った?」

キョン「何でも」


キョン(しかし……)

佐々木「わ! 水しぶきが! あはは冷たーい!」

キョン(佐々木って……)

佐々木「あははは、あはははは!」


キョン(こんなに……可愛かったっけ?)




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:21:05.16 ID:xzonTanS0
~夕方~


佐々木「キョン、今日はありがとう。楽しかったよ」

キョン「ああ、俺もだ。佐々木の意外な一面も見れたしな」

佐々木「あ、あれは忘れてくれ。僕も我を失ってたんだ」

キョン「そうはいかんな。その時の写真もバッチリ撮れてるし」

佐々木「……キョン、そのカメラをこっちに渡すんだ」

キョン「断る!」ダダッ

佐々木「あ! こら、待つんだキョン!」

キョン「わははは! 永久保存にしてやる!」

佐々木「待てー!」


キョン(ん? よく考えたら……)

キョン(今日、佐々木と一緒に水族館周ったのって…………デートじゃないか?)




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:24:14.48 ID:xzonTanS0
~夏休み中盤 夜 北高~


クラスメイト1「よーし、今から北高に潜入するぞー!」

クラスメイト3「みんな覚悟はいいかー!」

一同「おー!」


キョン「まったく。誰だ、夜の学校で肝試ししようなんて言い出した奴は」

谷口「まあまあ、結構楽しそうじゃねえか。お前も何だかんだで来てるくせに」

キョン「ほっとけ」

谷口「でもよ、メンバーが男だけってのは味気ないよな。俺が海でのナンパに成功していれば……」

キョン「はいはい」

クラスメイト2「お前ら行くぞー」

キョン「おっと。しょうがない、行くか」

谷口「待ってくれー」




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:27:06.14 ID:xzonTanS0
クラスメイト1「うおー真っ暗だ。ライトライト」

クラスメイト4「いやー、雰囲気出てるなー」

キョン(肝試しか。佐々木を連れてきたらどんな反応をしただろうな)

谷口「お、おいキョン」

キョン「どうした?」

谷口「前、あそこ、何かいないか?」

キョン「別に何もいない…………んん?」


ヒタ・・・・・・ ヒタ・・・・・・


キョン(確かに何かいる……まさか本当にお化け? いや、お化けなんているわけが……)


ヌオオオオオオオオオ!!!!

キョン「う、うわああああああああ!!」


長門「ばあ」

キョン「ぎゃああああああああ!!」




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:28:17.31 ID:+FMuqMFi0
長門かわいい




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:28:26.33 ID:AZlvJHNQ0
長門wwwwwwwwwwww




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:30:14.63 ID:xzonTanS0
谷口「何だよ長門かよ。驚かせやがって」

キョン「ああああああ!! うわああああああ!!」

谷口「落ち着けよキョン、長門だって」

キョン「俺にとってはこっちの方が怖い!!」

長門「……」


ハルヒ「ちょっと有希、どうしたのよ? あ!!」

キョン「うげ! 涼宮!」

古泉「おやおや、これはこれは」

みくる「キョンくん……」


ハルヒ「まったくもう! せっかく何か発見したと思ったのに。ぬか喜びさせるんじゃないわよ!」

キョン「な、何でお前らこんなところにいるんだよ!」

ハルヒ「あたし達は北高の七不思議を調べるために、学校に泊り込んでるのよ!」

キョン「はぁ? また物好きな。って、俺たちも似たようなものか」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:33:05.34 ID:xzonTanS0
キョン(ん? 涼宮は何でも叶える力を持ってるんだったよな。それで七不思議を調べている)

キョン(……ということは)

古泉「ふふ……」ススッ

キョン「うわ! 何だよ! 顔を近づけるな気色悪い!」

古泉「あなたも体験してみますか? なかなかスリリングですよ」

古泉「黒板に食べられそうになったり、ドッペルゲンガーと遭遇したり……」

キョン「うわあああああああああ!!」

谷口「ど、どうしたキョン!?」

キョン「みんな! ここは危険だ! 早く学校から出るんだ!」

クラスメイト1「何だよキョン、びびってんのか?」

キョン「いいから早く!!」

クラスメイト2「わ、分かったよ。そんな泣きそうな顔で怒鳴るなよ……」

クラスメイト1「みんな帰るぞー。撤収ー」


古泉「賢明な判断です。さて、我々はもう少し頑張るとしますか」




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:36:14.43 ID:xzonTanS0
~夏休み終盤~


キョン「まさか宿題のやり忘れがあったとはな……全部終わらせたと思って安心しきっていたのに」

佐々木「君らしいね。どこか抜けている」

キョン「うるせー」

佐々木「でも気づかないまま新学期を迎えるようなことにならないで良かったじゃないか」

キョン「そうだな。早く図書館に行ってすませてしまおう」


キョン「それにしても、はぁ」

佐々木「どうしたんだい?」

キョン「楽しかった夏休みももう終わりかと思ってな」

佐々木「そんな小学生みたいなことを言ってないで。ほら、早く行くよ」

キョン「誰が小学生だ。おい、待ってくれ」

佐々木「でも……確かに楽しかったね。充実してたよ」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:39:08.39 ID:xzonTanS0
~夏休み終盤~


キョン「まさか宿題のやり忘れがあったとはな……全部終わらせたと思って安心しきっていたのに」

佐々木「君らしいね。どこか抜けている」

キョン「うるせー」

佐々木「でも気づかないまま新学期を迎えるようなことにならないで良かったじゃないか」

キョン「そうだな。早く図書館に行ってすませてしまおう」


キョン「それにしても、はぁ」

佐々木「どうしたんだい?」

キョン「楽しかった夏休みももう終わりかと思ってな」

佐々木「そんな小学生みたいなことを言ってないで。ほら、早く行くよ」

キョン「誰が小学生だ。おい、待ってくれ」

佐々木「でも……確かに楽しかったね。充実してたよ」




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:39:30.20 ID:IhaJoSWN0
あう?




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:39:55.38 ID:MCTne0gn0
結局ループするんかいww




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:39:56.73 ID:azhq0VKr0
うわあああエンドレスエイトだ




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:41:16.21 ID:biteKeH50
単なるコピペミスだろうけど




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:42:05.75 ID:xzonTanS0
~夏休み終盤~


キョン「まさか宿題のやり忘れがあったとはな……全部終わらせたと思って安心しきっていたのに」

佐々木「君らしいね。どこか抜けている」

キョン「うるせー」

佐々木「でも気づかないまま新学期を迎えるようなことにならないで良かったじゃないか」

キョン「そうだな。早く図書館に行ってすませてしまおう」


キョン「それにしても、はぁ」

佐々木「どうしたんだい?」

キョン「楽しかった夏休みももう終わりかと思ってな」

佐々木「そんな小学生みたいなことを言ってないで。ほら、早く行くよ」

キョン「誰が小学生だ。おい、待ってくれ」

佐々木「でも……確かに楽しかったね。充実してたよ」



キョン「……………………ん?」




323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:42:25.22 ID:ZtvDUXXn0
エンドレスじゃねえかあああああ




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:45:14.45 ID:xzonTanS0
~夏休み終盤~


キョン「まさか宿題のやり忘れがあったとはな……全部終わらせたと思って安心しきっていたのに」

佐々木「君らしいね。どこか抜けている」

キョン「うるせー」

佐々木「でも気づかないまま新学期を迎えるようなことにならないで良かったじゃないか」

キョン「そうだな。早く図書館に行ってすませてしまおう」


古泉「おや、こんにちは」

キョン「むっ、古泉……」

佐々木「どちら様かな?」

キョン「……知り合いだ、一応な」

古泉「どうも、古泉一樹です。仲睦まじいようで羨ましいですよ」


キョン(こいつ、佐々木のことも知ってるのか? 怪しいな……)




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:45:59.12 ID:r8KnkFht0
おお




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:48:14.23 ID:xzonTanS0
キョン「それで、何か用かよ?」

古泉「いえいえ。たまたま会ったので挨拶をしただけです。これからSOS団でカラオケに行くのですよ」

キョン「何だ、結構楽しそうじゃねえかよ」

古泉「そう思いますか? 実は今、結構大変なことが起こっていましてね」

キョン「大変なこと?」

古泉「おっと失礼。今のあなたには関係ないことでしたね。お二人はこれからどちらへ?」

キョン「図書館へ宿題をしに行くんだよ」

古泉「宿題、ですか」

キョン「もう話はいいだろう。佐々木、行くぞ」スタスタ

佐々木「おっと。では失礼」

キョン「何が大変なのかは知らんが、俺たちを巻き込まないでくれよ」


古泉「ふむ、宿題……宿題ですか」

古泉「……試してみる価値はありそうですね」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:51:05.01 ID:xzonTanS0
~始業式 教室~


谷口「あーあ、夏休み終わっちまったなぁ」

国木田「楽しかったよね。いろんな所に行ったし」

キョン「ああ、充実してた」

クラスメイト1「おーい、体育館に移動だってよ」



~廊下~


古泉「やあ、どうも」

キョン「またお前か」

古泉「あなたのおかげで無事に9月を迎えられました。感謝しています」

キョン「……何のことだ?」

古泉「こっちの話ですよ。では失礼します」


キョン「……何のこっちゃ。相変わらず訳分からん」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:54:05.37 ID:xzonTanS0
~放課後 図書館~


キョン「よっ。今日もよろしく頼む」

佐々木「任された」


キョン「……」カリカリ

佐々木「……」カリカリ

キョン「なぁ佐々木」

佐々木「何?」

キョン「お前と一緒に勉強するようになって、結構経ったよな」

佐々木「そうだね」

キョン「お前のおかげで成績も上がったよ。お袋も喜んでくれたしな」

キョン「だから…………ありがとな」

佐々木「なに、礼を言われるほどのことはしてないさ」




352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:57:05.31 ID:xzonTanS0
キョン「佐々木、前からずっと聞きたかったんだが」

佐々木「何かな?」

キョン「どうしてお前はここまで俺の勉強に付き合ってくれるんだ?」

佐々木「うーん、電話で僕の愚痴を聞いてくれたお礼、というのもあるけど」

キョン「けど?」

佐々木「1番の理由は…………僕がキョンと一緒にいたかったから、かな」

キョン「佐々木……」


キョン(おいおいおい! まさか……これってまさか……)


佐々木「ふふ。キョン、そこの問題間違えてるよ」

キョン「え? あ、ああ……」

佐々木「ふふふ……」


キョン(…………からかわれてるのか?)




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:00:02.18 ID:xzonTanS0
~SOS団 映画撮影中~


ハルヒ「カットカット! そうじゃないって言ったでしょ! 何度言ったら分かるのよ!」

みくる「ご、ごめんなさい……」

ハルヒ「まったく、こんな調子で文化祭までに間に合うのかしら。もう1回、よーい、アクション!」


みくる「ユ、ユキさん! あにゃたのおみょいどおりにゃあ」

ハルヒ「カットー!! いい加減にしなさいよ! この!」


バコッ!!


みくる「痛い!! ご、ごめんなさいごめんなさい!」

古泉「涼宮さん、暴力は……」

ハルヒ「何よ、文句でもあるの?」

古泉「……いえ」

長門「……」




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:01:20.10 ID:m5CRVMH10
そろそろみくる達が過労死するレベル




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:03:14.84 ID:xzonTanS0
ハルヒ「まったく。もういいわ、別のシーンから撮りましょ。移動するわよ」

古泉「分かりました」

みくる「はい……」

長門「……」

ハルヒ「あ、機材は古泉くんが全部1人で運んでね」

古泉「……了解です」

ハルヒ「ほら、さっさとする!」

みくる「は、はいぃ~!」

長門「……」

ハルヒ「ボーっと突っ立ってんじゃないわよ! そこどきなさい!」


ドンッ!!


長門「…………」

古泉(お、重い……今回はいつになく人使いが荒いですね)




377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:06:03.73 ID:xzonTanS0
~文化祭 当日~


佐々木「や、キョン。来たよ」

キョン「おう。じゃあ一緒に周るか」


谷口「ああ! キョン、そいつが噂の彼女だな! 羨ましいぞコンチクショー!!」

国木田「はいはい。邪魔しないの」ズルズル

谷口「くきぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」


佐々木「今の目から血の涙を流していた人物は誰だい?」

キョン「気にするな。覚えなくていい。それよりどこから行く?」

佐々木「キョンのクラスの出し物が見たいな」

キョン「ただのアンケート発表だ。見る価値はない」

佐々木「おや、そうかい」




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:07:19.33 ID:VDWvAlxK0
血涙流すなよ谷口wwwwwwwwwwww




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:09:11.88 ID:xzonTanS0
キョン「お、やけに長い行列があるな。あれは何の店だ?」

佐々木「どうやら焼きそば喫茶らしいよ」


鶴屋「寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 焼きそば1つ300円! 水道水はただで飲み放題だよー!」


キョン(ずいぶん元気な人だな。それにしてもあの格好……)

佐々木「キョン、何を見とれているのかな?」

キョン「は! 何でもない! 何でもないぞ!」

佐々木「確かに綺麗なウェイトレスさんだ。君が夢中になるのも分かる」

キョン「だから違うって…………あ!」


みくる「い、いらっしゃいませ~。こちらへどうぞ~」


キョン(朝比奈さんだ……見つかったら気まずいな……)

キョン「佐々木、ここは待ち時間長そうだから別の場所へ行こう」

佐々木「ん、分かった」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:12:03.90 ID:xzonTanS0
キョン「ほう、ここでは占いをやってるのか」

佐々木「キョン、入ってみようよ」

キョン「へえ、興味あるのか。お前は占いといった類のものは信じないたちだと思ってた」

佐々木「たまにはね。入るよ」ガラッ


キョン「うわ、ここもいっぱいだ」

佐々木「人気あるみたいだね」

キョン「お、あそこ空いてるぞ」

佐々木「チャンスだ、行くよ」


キョン「すみませーん。よろしくお願いしまーす」



長門「……」


キョン「お邪魔しましたー」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:15:04.72 ID:xzonTanS0
キョン「結構周ったな」

佐々木「そろそろお昼だね。少しお腹がすいてきたかな」

キョン「そうだな。どこかで昼飯食うか。どこかいい所なかったかな」

佐々木「ちょっとパンフレットを見せて」

キョン「おう……って佐々木!?」

佐々木「?」

キョン「足元足元! 階段が!?」

佐々木「え? わぁっ!」

キョン「危ない! くっ!」


ダンッ! ズダーン!


キョン「ぐえっ!!」




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:18:03.95 ID:xzonTanS0
佐々木「…………あれ? あまり痛くない?」

キョン「いててて。だ、大丈夫か、佐々木……」

佐々木「キョン! 君が庇ってくれたのか」

キョン「すまんが、早くどいてくれ」

佐々木「ああ、すまない。すぐに…………ひゃ!」

キョン「ど、どうした!? どこか怪我でもしたのか!」

佐々木「い、いや、どこも怪我はしてないよ。ただ……」

佐々木「その、右手は問題ない。ガッシリと僕の上半身を支えてくれて頼もしい限りだ」

佐々木「ただ、左手が、その……僕の……を……鷲掴みに……」

キョン「え? わあああお尻!?」

キョン「凄い柔らかい! 違う!! すまん佐々木!?」パッ

佐々木「い、いや、いいんだキョン。よっと」スック

佐々木「それより……助けてくれてありがとう、キョン」

キョン「あ、ああ、どういたしまして」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:21:07.12 ID:xzonTanS0
キョン「だいぶ周ったな。最後に体育館行くか。ライブとかいろいろやってるらしいぞ」

佐々木「いいね。行ってみよう」



~体育館~


キョン「お、ちょうどライブをやって……ええええ!?」


ハルヒ「大好ーきな人が遠ーい♪ 遠すぎて泣きたくなるのー♪」


キョン「な、何であいつが歌ってるんだ……?」

古泉「それはですね」

キョン「びっくりした! いたのかお前!」

古泉「涼宮さんがライブで歌いたいと言い出しましてね。強引にボーカルを代わってもらったのですよ」

キョン「ひでぇな、おい!」

佐々木「ふむ、あの人が涼宮さんか……」




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:24:06.69 ID:xzonTanS0
佐々木「今日は楽しかったよ」

キョン「そうか、それは良かった」

佐々木「涼宮さんのライブ、凄かったね」

キョン「そういえば、何でお前が涼宮のこと知ってたんだ?」

佐々木「噂はよく聞いていたからね。いろんな噂を」

佐々木「どうやら君は、涼宮さんと何やらただならぬ関係にあったようだね」

キョン「変な言い方をするな」

佐々木「好きだったのかい?」

キョン「ないないないないないないないないないないないない!!」

佐々木「ふふ、じゃあ…………僕のことはどう思ってる?」

キョン「え? あ、え、えっと……」

佐々木「くっく、冗談だよ。じゃあ今日はこのへんで。バイバイ」

キョン「あ、ああ」


キョン(佐々木…………俺は佐々木のことを……)




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:27:06.75 ID:xzonTanS0
~11月~


キョン「うわ、雨降ってきやがった。傘、傘」

キョン「はあ。今日は佐々木も塾だし、まっすぐ帰るとするか」


古泉「くっ、よっ、はぁっ」


キョン「ん? あれは古泉か? 何か運んでるようだが」

キョン「ま、俺には関係ないか。こんな雨の中ご苦労さん」



古泉「はぁ、やっぱり片手では運びにくいですね。昨日の閉鎖空間で左手を骨折してるというのに」

古泉「こんな状態なのに、1人でストーブを取りに行かせるなんてひどいですよ……」

古泉「うわっと! 危ない、落とすところでした……」


古泉「あー…………ちくしょ…………」




423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:28:19.52 ID:i8k7WtfO0
古泉がかなりスレてるぞ




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:28:29.28 ID:xkr485pu0
古泉は苦労人だよな……


ただでさえアレなのに、キョンが消えた今の苦労は計り知れない




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:30:06.96 ID:xzonTanS0
~12月17日~


佐々木「そういえば、もうすぐクリスマスだね」

キョン「ああ、あと1週間だな。お前は何か予定はあるのか?」

佐々木「いや、何もないよ」

キョン「そっか。それならよ…………クリスマス、俺と一緒に過ごさないか?」

佐々木「え?」

キョン「お、お前がよければだが……」

佐々木「…………くっくっ」

キョン「何だよ、何笑ってるんだよ」

佐々木「ごめん、悪気はないよ。ただ嬉しくて……」

キョン「じゃ、じゃあOKなんだな?」

佐々木「喜んで。まさか君から誘ってくれるとはね」

キョン「よし、決まりだ!」

佐々木「ふふ、楽しみにしてるよ」




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:33:03.93 ID:xzonTanS0
~夜 キョン家~


キョン「クリスマスは佐々木と一緒か……」

キョン「クリスマスに女の子と2人きりなんて、人生で初めてだ」

キョン「どうしよう……どうすればいい……?」

キョン「1人じゃ分からんな……誰かに相談するか」


キョン妹「キョンくーん」

キョン「だあっ! びっくりした!? いつからいた!」

キョン妹「さっきから何をブツブツ言ってるのー?」

キョン「何でもない何でもない。ほら、もう寝ろ」

キョン妹「うん、おやすみー」


キョン「さてと、俺ももう寝るとするか」

キョン「ふふふ、今から楽しみだ」




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:36:06.72 ID:xzonTanS0
~翌日 教室~


キョン「よう、おはよ」

谷口「おっす」

国木田「おはよう」

キョン「なあ、ちょっと相談したいことがあるんだが……」

ハルヒ「キョン! 今日の放課後を楽しみにしてなさいよ!」

キョン「びっくりした! 何だいきなり!?」

ハルヒ「何よこれくらいで。とにかく、放課後ちゃんと部室に来なさいよね」

キョン「はぁ? 何で俺が」

ハルヒ「口答えしない!」


キョン(何だ? あれ以来1度も話しかけてきたこともなかったくせに、今日はやけに絡んでくるな)

キョン(何か企んでるのか? ま、俺には関係ないか)




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:39:19.70 ID:xzonTanS0
~放課後~


ハルヒ「キョン! 部室に行くわよ!」

キョン「だから何で俺が!? 何しに行くんだよ!」

ハルヒ「部室でやる鍋パーティの打ち合わせよ! ほら、つべこべ言わずに来る!」グイグイ

キョン「ぐえええ! ネクタイを掴むな! 離せ!」



~部室~


ハルヒ「みんな! 揃ってるー?」バァン

みくる「あ、こんにちは。涼宮さん、キョンくん」

古泉「やあ、どうも」

長門「……」

ハルヒ「よーし! 早速打ち合わせを始めるわよ!」


キョン(……何だ? 何かおかしいぞ、この反応)




465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:42:12.88 ID:xzonTanS0
みくる「キョンくん、今お茶を淹れますね」

キョン「え? え?」

古泉「どうです? 久しぶりに将棋でも」

キョン「何だと!?」

長門「……」ペラ・・・ ペラ・・・

キョン「ちょっと待て! 何でお前らそんなに馴れ馴れしいんだよ! おかしいだろう!」

ハルヒ「はぁ? アンタ何言ってるのよ?」

キョン「何って……俺はもうお前らとは関係ないはずだ! 何でここにいなきゃならない!」

みくる「え……?」

古泉「何でもなにも…………あなたはSOS団の一員ではありませんか」

キョン「…………は? 何を言って……?」

ハルヒ「今日のアンタおかしいわよ。何か変なものでも食べたんじゃないの?」


キョン(おかしい……これは絶対におかしい! どうなってるんだよ!)

キョン(と、とにかく、俺はここにいてはいけない……ここは俺の居場所じゃない! 逃げなきゃ!)




478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:45:04.01 ID:xzonTanS0
みくる「キョンくん、いったいどうしちゃったんですか?」

古泉「少し落ち着きましょう」

キョン「う……う……うわああああああ!!」ガチャ! ダダダダッ!!

ハルヒ「あ! こらキョン! どこ行くのよ!」



~下駄箱~


キョン「ぜえ、ぜえ、い、いったいどうなってるんだよ。わけが分からん……」

キョン「とにかく、一旦家に帰って落ち着こう。それから…………ん?」

キョン「ない! 鞄がない! しまった、部室に落としてきちまったか!」

キョン「くそ、どうする? 取りに戻るか、諦めるか」

キョン「あの中には勉強道具一式が入ってるからなぁ。あれがないと佐々木との勉強が……」

キョン「……仕方ない、取りに戻ろう」

キョン「なぁに、取ってすぐに逃げれば大丈夫さ! 俺ならできる!」




482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:48:06.87 ID:xzonTanS0
~部室前~


キョン(よし行くぞ! そ~っとそ~っと)


カチャ


キョン(…………あれ? 誰もいない……?)

キョン(いや、いる! 誰かが椅子に腰掛けて……)


長門「……」ペラ・・・ ペラ・・・


キョン(長門1人か。他の奴らはどこかに行ったのか?)

キョン(長門は怖いが……鞄を取ってくるだけだ! 大丈夫!)


長門「あ」


キョン(しまった! 気づかれたか!)




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:49:50.58 ID:kYhpW7KA0
この長門ってまさか




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:51:03.98 ID:xzonTanS0
長門「あ、あの……どちらさま……?」


キョン(くそ! こうなったら強行突入を…………あれ?)

キョン(何かさっきまでと長門の雰囲気が違うような……)


長門「あの……その……」


キョン(それに、最近の長門って眼鏡はかけてなかったよな……?)


長門「あ、あなたは……」


キョン(おかしい、おかしいおかしいおかしいおかしい!)

キョン(駄目だ! 頭がおかしくなりそうだ! 世界はいったいどうなっちまったんだ!?)


長門「あの……」ガタッ


キョン「うわ!! うわ、わあああああああ!!」ダダダダッ




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:54:03.79 ID:xzonTanS0
~廊下~


キョン(間違いない! ここは俺の知ってる世界じゃねえ! 何で俺はこんな世界に!)


???「あ! キョンくん、待ちなさい!」


キョン「え! な、何だ!?」


朝倉「キョンくん! 今日掃除当番なのにサボったでしょ!」

キョン「え……あ、朝倉……?」

朝倉「代わりにわたしがやっといたわよ。罰として明日は掃除当番代わってよね」

キョン「な…………なん……で……?」

朝倉「キョンくん聞いてるの? 何をボーっとしてるのよ?」

キョン「あ……あ……あああああああ……」

朝倉「もう! キョンくんったら!」




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:57:04.65 ID:xzonTanS0
キョン「ひ……ひ……ひぃぃぃぎゃああああ!!」ダダダダッ

朝倉「あ! キョンくん!」


キョン(何で! 何で朝倉がここにいるんだ! 長門にやられて消えたはずだろう!?)


朝倉「キョンくーん! どうしたのよー!」タタタッ


キョン(ひいいいい!! 追ってきやがった!?)

キョン(と、とにかく今は逃げないと! 捕まったら殺される!?)


朝倉「待ちなさーい! もー!」


キョン(逃げろ! 逃げろ! 逃げろ! 逃げろ! 逃げろ!!)



朝倉「キョンくーん! 待たないと…………このナイフで刺 し 殺 し ちゃ う よ!」


キョン「ぎ、ぎゃあああああああああああああああ!!!!」




501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:57:35.83 ID:V/iivzYn0
こいつwwwわかってやってやがるwww




507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:00:00.10 ID:xzonTanS0
佐々木「キョン! キョン! しっかりするんだ!」


キョン「ああああああああああ…………はっ!!」

佐々木「きょ、キョン! 目が覚めたのかい? 大丈夫?」

キョン「あ、あれ? 佐々木?」

佐々木「よかった……よかった……」

キョン「何だ? どうなってるんだ? ここはどこだ?」

佐々木「ここは病院だよ。君は交通事故に遭ったんだ」

キョン「事故! 俺が!」

佐々木「うん。僕と別れた直後にトラックに撥ねられて……君は3日間も昏睡してたんだよ」

キョン「3日もか! あれ? ということは……」

佐々木「どうしたんだい?」


キョン(さっきまでのは夢……か。そうか、全部夢だったんだな)

キョン(そっか、そりゃそうだよな。あんなことがあるわけないもんな)




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:03:03.22 ID:xzonTanS0
キョン「しかし、やけにリアルな夢だったな。そういえば身体中が痛い……」

佐々木「あまり動かない方がいいよ。10日間は安静にしろと言われたし」

キョン「10日間! マジかよ……」

佐々木「どうかした?」

キョン「すまんな。せっかくクリスマス一緒に過ごそうと約束したのに」

佐々木「そのことか。いいんだよ、気にしなくて」

佐々木「僕は……キョンが無事だっただけで充分だから」

キョン「佐々木……」






喜緑「まったく長門さんたら。監視していて正解でしたよ」

喜緑「それにしても、ずいぶんと無茶苦茶な改変をしましたね。修正するのが大変でした」




513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:03:48.67 ID:kYhpW7KA0
キョンがハルヒと関わってないから、キョンの知らん所で事が起きてんのか




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:06:00.51 ID:xzonTanS0
~翌日~


谷口「ようキョン! 目が覚めたって聞いて見舞いに来たぞ!」

国木田「思ったよりも元気そうだね。よかった」

キョン「おう、サンキュー」

谷口「ちなみに俺たちだけじゃねえぞ」

キョン「え?」


クラスメイト「おー、いたいた」

クラスメイト2「おっすキョン!」

クラスメイト3「元気かー?」

クラスメイト4「生きてて良かったなー、おい」

クラスメイト5「キョンくん、大丈夫ー?」

キョン「うお、いっぱい来たな」

谷口「まだまだ来るみたいだぞ。どうだ、感動したか?」

キョン「ああ。やっぱり持つべきものは友達だな」




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:09:00.34 ID:xzonTanS0
~退院の日~


佐々木「退院おめでとう、キョン」

キョン「ああ。それにしても、10日間も入院する必要なかったような」

佐々木「何を言ってるんだい。目撃者によれば、本当に凄い事故だったんだよ」

佐々木「何せ車に跳ねられて10メートル以上吹っ飛んだ後、さらに別の車に轢かれたらしいからね」

キョン「そんなに凄いことになってたのか俺!?」

佐々木「ああ。その程度の怪我ですんだ幸運に感謝しないとね」

キョン「そうだな。一生分の幸運を使い切っちまったかもな……」


キョン「ところで佐々木。お前俺が意識を失っている間、ずっと付きっ切りでいてくれたらしいな」

佐々木「あ、うん」

キョン「ありがとな。お前のおかげで俺は助かったのかもな」

佐々木「僕は別に……ただ君のことが心配だったから……」

キョン「そっか。じゃ、帰るとするか」




532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:12:03.48 ID:xzonTanS0
~元旦 神社~


佐々木「キョン、あけましておめでとう」

キョン「おう、あけましておめでとう。それじゃ初詣をすませるとするか」



佐々木「それにしても、凄い人だね」

キョン「はぐれないようにな。手を繋ぐか?」

佐々木「何で君はさらっとそういうことを……」



ガランガラン! パンパン


キョン「何てお願いしたんだ?」

佐々木「今年は2人とも健康でいられますようにって。去年みたいなことにならないようにね。君は?」

キョン「今年は平穏無事に過ごせますように」

佐々木「何だいそれ?」

キョン「なに、平穏が1番ってことだ」




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:15:00.34 ID:xzonTanS0
ハルヒ「まったくもう! せっかく初詣に来たのに、何よこの凄い人だかり!」

長門「……」

ハルヒ「ほら有希! モタモタしないでちゃんと着いてきなさい!」

長門「……」


ハルヒ「それにしても、みくるちゃんも古泉くんも情けないわね。風邪ひいちゃうなんて」

ハルヒ「たかが雪山で3日間遭難しただけなのに。あの身体の弱さはどうにかならないかしら?」

長門「……」

ハルヒ「はあ、さっさとすませちゃいましょ。でもあたしは神様にお願いなんてしないわ!」

ハルヒ「『願いを叶えさせなさい!』と命令するのよ! それがあたしのやり方よ!」

長門「……」

ハルヒ「ほら、ボーっとしてないで行くわよ!」グイッ!!

長門「……」




539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:18:00.33 ID:xzonTanS0
~2月 バレンタインデー~


佐々木「はいキョン、チョコレート」

キョン「おお! ありがとう佐々木!」

佐々木「手作りだ。あまり自信はないけどね」

キョン「いやいや、手作りってだけで嬉しさ倍増だって」


キョン「いやー、佐々木からも貰えるとはな」

佐々木「僕からも?」

キョン「あ、いや、その……」

佐々木「キョン、僕以外の女の子からも貰ったのかい?」

キョン「あ、ああ、クラスの女子から2つほど……」

佐々木「ふーん、キョンって案外モテるんだね」

キョン「で、でも1番嬉しいのはお前のチョコだぞ!」

佐々木「ふ~~~ん……」

キョン「本当だって!?」




540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:18:15.76 ID:lB5mOlqs0
ハルヒェ・・・




545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:21:00.43 ID:xzonTanS0
ハルヒ「ああああもう! 何も不思議が見つからない!」

ハルヒ「イライラする! あーイライラする!!」


古泉(ああ、今日も無事に閉鎖空間から生きて戻れるでしょうか……)

みくる「す、涼宮さん、落ち着いて」

ハルヒ「うっさい! 話しかけんな!」

みくる「ひっ!!」

長門「……」

ハルヒ「ったく! 今日はもう解散! 各自勝手に帰りなさい!」ズンズンズン


みくる「最近の涼宮さん、怒ってばかりですね……」

古泉「そうですか? 元からあんなものでしょう。では、お仕事がありますので僕も失礼します」

長門「……」スタスタ


みくる(SOS団を結成してずいぶん経つのに…………いまだに皆バラバラだなぁ)




552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:24:00.40 ID:xzonTanS0
~3月~


キョン「へえ、新しい友達ができたのか」

佐々木「うん。まだ知り合って日は浅いけどね」

キョン「どんな奴なんだ?」

佐々木「面白い子だよ。いろんな話を聞かせてくれる」

キョン「へー、面白いか。名前は?」

佐々木「橘。橘京子さんだよ」

キョン「橘か。お前が面白いと言うくらいだから、よほどなんだろうな。俺も会ってみたいな」

佐々木「うん。本当に面白い話を聞かせてくれたよ」

佐々木「…………本当に……ね」


ゾクッ!!


キョン(な、何だこの感じ!? 何か、猛烈に嫌な予感が……)




558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:27:00.44 ID:xzonTanS0
~数日後~


キョン「コンビニコンビニ~」

???「こんにちは」

キョン「ん? 誰だ?」

橘「初めまして。あたしは橘京子といいます」

キョン「橘? 橘……ああ、佐々木の友達の」

橘「佐々木さんから話は聞いているようですね。好都合です」

橘「今時間ありますか? 少しお話があるのです」

キョン「別に構わんが……何の話だ?」

橘「佐々木さんについてです。佐々木さんと…………涼宮さんについて……ね」

キョン「な、何だと!?」


キョン(何でだ! 何でこいつの口から涼宮の名前が出てくるんだ! 何者なんだこいつは)




564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:30:00.43 ID:xzonTanS0
橘「――――――――と、いう訳なのです」


キョン「つまり……お前は古泉たちとは別の超能力者の組織の一員で……」

キョン「その組織では、涼宮が持っている能力は、本来佐々木が持っているはずだったものと考えられていて……」

キョン「そして、涼宮の能力を佐々木に移そうとしている……」

橘「その通りです。さすが涼宮さんたちに関わっていただけあって、理解が早いですね」

橘「ここまではいいですね。そこで、あなたに頼みたいことがあるのです」

橘「ズバリ! あなたにも手伝ってほしいのです。佐々木さんと親しいあなたなら……」

キョン「……」ブツブツ

橘「……あれ? どうかしましたか? 何だか様子がおかしいですけど」


キョン(嘘だろ……せっかく涼宮たちから離れたというのに、また危険なことに巻き込まれるのかよ)

キョン(それも、よりによって佐々木を巻き込んで…………佐々木……佐々木……)

キョン(そうだ、佐々木を巻き込んじゃいけない! 佐々木をこんな危険な連中に関わらせたら駄目だ!)




571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:33:00.78 ID:xzonTanS0
橘「あのー、聞いてますか?」

キョン「させねぇ……」

橘「はい?」

キョン「そんなことはさせねぇって言ってんだよ!」ダダッ!!

橘「あ! ちょっと、どこに行くのですか!」


キョン「佐々木……佐々木……」ピッ プルルルル プルルルル

キョン「佐々木、早く出てくれ!」

佐々木『や、キョン。何か用かな?』

キョン「佐々木! 今すぐ駅前の喫茶店に来てくれ!」

佐々木『喫茶店? いきなりどうしたんだい?』

キョン「大事な話があるんだ! 頼む!」

佐々木『……どうやらただ事ではない様子だね。何かあったのかい?』

キョン「いいから! すぐに来てくれ!」

佐々木『……分かった。すぐに向かうよ』




572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:36:00.29 ID:xzonTanS0
~喫茶店~


佐々木「いったい何事だいキョン。急に呼び出したりして」

キョン「ついさっき、橘京子が俺に接触してきた」

佐々木「橘さんが?」

キョン「お前、聞いたのか? 涼宮のこととか能力のこととか全部」

佐々木「……半信半疑だったけど、君のその様子を見るとどうやら本当だったみたいだね」

佐々木「荒唐無稽な話だったけど、実に興味深いと思ったよ」

キョン「佐々木、橘とは金輪際関わるな! 関係を断て!」

佐々木「どうして?」

キョン「あいつは危険だ! 一緒にいたらお前の身が危ない!」

佐々木「……知り合って日が浅いとはいえ、橘さんは僕の友人だ」

佐々木「その友人を悪く言われると、あまりいい気持ちはしないね」




577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:37:47.69 ID:RnL/xCnM0
あって数週間の友人に負けるキョンwwwwwwwww




580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:39:03.26 ID:xzonTanS0
キョン「駄目だ佐々木! 俺の言うことを聞け!」

佐々木「少し落ち着こうキョン。君は頭に血が上っている」

キョン「落ち着いてるよ!」

佐々木「全然落ち着いてない。どうしてそこまで必死なんだい?」

キョン「佐々木! 聞いてくれ! 俺は…………俺は…………」




キョン「お前のことが好きなんだ!!」




佐々木「……………………え?」



キョン「お前が好きだ!! 好きで好きでたまらない!! 世界で1番大切な存在だ!!」

キョン「だから……だからこそ、お前を危険な目に遭わせたくない! お前を失いたくないんだ!!」




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:42:00.37 ID:xzonTanS0
佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「キョン、何でこのタイミングで告白? 脈絡がなさすぎるよ」

キョン「……」

佐々木「それにここは喫茶店だ。大勢の人がいる中でそんなことを大声で……恥ずかしくないのかい?」

キョン「……」

佐々木「まったく、君という奴は。少しは常識というものをだね……」

キョン「佐々木」

佐々木「何?」






キョン「顔がニヤけてる」


佐々木「!!」




598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:45:00.77 ID:xzonTanS0
佐々木「こ、これは、心の準備もなくいきなり言われたから……その…………」


キョン「佐々木、俺は何の根拠もなくこんなことを言ってるんじゃない」

キョン「実際に涼宮たちと関わって危険な目に遭ったからこそ、警告してるんだ」

佐々木「……」

キョン「頼む佐々木、俺はこれからもずっとお前と一緒にいたいんだ」

佐々木「……分かったよキョン。君がそこまで言うのなら」

キョン「ほ、本当か佐々木!」

佐々木「ああ、橘さんとは距離をとる。もう関わらないよ」

キョン「ああ! それでいい!」

佐々木「それに、もともと涼宮さんの能力を僕にという話には興味なかったしね」

佐々木「僕には能力なんていらない。そんな強力な能力、持ちたくもないよ」

キョン「よかった……本当によかった……」




609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:48:03.71 ID:xzonTanS0
佐々木「ああ。キョン、それからもう1つ」

キョン「え? 何かあったか?」

佐々木「君からの告白の返事さ」

キョン「あ」

佐々木「僕も…………ううん、わたしもキョンのことが大好き」

キョン「ええと、それじゃあらためて。佐々木、好きだ。俺と付き合ってくれないか?」

佐々木「うん、喜んで」








佐々木「キョン、これからもずっとよろしくね」

キョン「ああ佐々木。もちろん、ずっと一緒だ」




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:49:00.44 ID:azhq0VKr0
いちゃいちゃしやがって・・・
いちゃいちゃしやがって!!!!




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:51:00.58 ID:xzonTanS0
~夜 キョン家~


キョン「いやぁよかったよかった。安心した」

キョン「佐々木が了承しない限り、能力の移し替えなんてしないだろうからな」

キョン「……いや、そんなことで諦める連中か?」

キョン「そうだよな。佐々木の意思に関係なく、強引な手で来るかもしれない。不安は尽きないな」

キョン「何か対策を考えないとな。一般人の俺に何が出来るかは分からんが……」

キョン「いや、佐々木は俺が守る! 俺が守らないとな」


キョン「……あれ? コーヒーがない」ゴソゴソ

キョン「あ、そっか。コンビニに行く途中で橘に話しかけられたから……」

キョン「しょうがない。今から買いに行くか」


キョン妹「あれ? キョンくんどこ行くのー?」

キョン「コンビニだ。すぐに戻る」




630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:54:00.48 ID:xzonTanS0
キョン「たしかにまだ不安の種はある…………が! それよりもだ!」

キョン「佐々木と恋人同士か……ずっと一緒にいたけど、恋人となると特別だよな」

キョン「ふふ、ふふふ、恋人か。まさか俺に彼女ができるとはな。しかもあんなに可愛い!」

キョン「……やばい、今凄い幸せだ。こんな幸せがいつまでも続けばな」


???「残念ながら、そうもいかないんだよな」


キョン「だ、誰だ!?」

キョン(何だ今の声は! 何者だ! 橘の仲間か!)


???「お前には本当にすまないと思っている。けど、仕方ないんだ」


キョン「な、何を言って……かは! な、何だ!? 急に……眠気……が…………」


???「大丈夫だ。少しの間眠っててもらうだけだから」


キョン(くそ……いったい…………何だって……ん……だ…………――――)




639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:57:00.23 ID:xzonTanS0
キョン「う……ん……は! こ、ここは……?」

キョン「こ、この灰色の世界は……どこかで見たような……」

キョン「思い出した! ここは閉鎖空間だ! 何で俺がこんなところに……?」


???「目が覚めたようだな」

キョン「……え?」

???「悪かったな、眠らせたりして。でも眠らせないとお前抵抗しただろうし」

キョン(これは……どうなってるんだ……?)

???「さて、何から説明するべきか。とりあえずは自己紹介だな」

キョン(何で…………何で……?)


キョン(……どうして俺が、そこにいる?)



キョン(異)「俺はこことは違う世界から来た。違う世界のお前だよ」




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:59:28.55 ID:xj0g3YQZP
正史のキョンか?




644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 23:59:54.79 ID:xzonTanS0
キョン「お、俺が……2人……?」

キョン(異)「ちなみに、俺だけじゃねえぞ」

古泉(異)「どうも」

みくる(異)「こ、こんばんは」

長門(異)「……」

キョン(異)「こいつらも俺と同じ、異世界のSOS団だ。ここまでは理解したか?」

キョン「あ、ああ、何とか……かなり驚いてるが」

キョン(異)「ちなみに、ここはハルヒが発生させた閉鎖空間の中だ。ああ、ハルヒとはそっちの世界のハルヒな」

キョン(異)「……ん? 何かボーっとしてるな。大丈夫か?」

キョン「大丈夫なわけあるか! いったい何がどうなってる!」

キョン「何で異世界人のお前らがここにいる! 何をしに来た! どうして俺はここにいる!」

キョン(異)「……」

キョン「な、何だよ。どうして急に黙り込む?」


キョン(異)「この世界は……………………間もなく消滅する」




648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:02:54.60 ID:PzagToH80
キョン「……は? しょ、消滅するって…………この世界がか?」

キョン(異)「そう、お前の世界がだ」

キョン「ど、どういうことだよ!? いきなり消滅するって!?」

古泉(異)「僕から説明しましょう。あなたは5月の出来事のことを覚えていますか?」

キョン「え? 5月?」

古泉(異)「涼宮さんが世界を改変しようとした時のことです」

キョン「あ、ああ、あったな」

古泉(異)「あの時、涼宮さんは突然改変するのをやめて、世界は救われましたよね。なぜだと思います?」

キョン「さ、さあ? 古泉たちも結局教えてくれなかったからな」

古泉(異)「涼宮さんはギリギリで踏みとどまった。そして、新たなもう1つの世界を創り上げたのですよ」

キョン(異)「それが俺たちの世界、ということらしい」

キョン「もう1つの世界……何で涼宮はそんなことを」

古泉(異)「あなたですよ」

キョン「え?」




653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:05:54.64 ID:PzagToH80
古泉(異)「あなたがいるこの世界を壊したくない。心の奥底でそう思ったからですよ」

古泉(異)「だからこそ『世界を上書きして書き換える』のではなく『もう1つの世界を創る』という方法をとったのですよ」

キョン「ん? ちょっと待て。お前らにとって、こっちの出来事は異世界の出来事だろう?」

キョン「なのに、何でここまで詳しく知ってるんだよ?」

キョン(異)「そりゃ、長門がいるからな」

キョン「ああ……そういうことね……」


長門(異)「……」


キョン「もう1つの世界か。涼宮はいったいどんな世界を創ったんだ?」

古泉(異)「簡単なことです。あなたも含めたSOS団『5人』が仲良く活動する世界、ですよ」

みくる(異)「あたし達の世界の涼宮さんは幸せそうです。5人揃ってて、何よりキョンくんがいて……」

古泉(異)「不思議はいまだに見つけられていませんが……」

キョン(異)「それでも、馬鹿騒ぎをしている時のあいつは心底楽しそうだ」




659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:09:01.98 ID:PzagToH80
古泉(異)「そちらの涼宮さんは、そんな理想の世界を創りあげることにより、ストレスを発散させていたのでしょうね」

キョン(異)「……だが、それは単に気を紛らわせていたにすぎない」

古泉(異)「ええ。現にそちらの涼宮さんは、一見楽しそうに見えてもまったく満足できていなかった」

みくる(異)「1番重要なキョンくんがいませんからね……」

古泉(異)「そんな不満が積もりに積もって……ある出来事をきっかけに一気に爆発した」

キョン「ある出来事? 何だそれは?」

古泉(異)「……」

みくる(異)「……」

キョン(異)「……」

キョン「な、何だよ。いったい何だってんだよ?」




古泉(異)「涼宮さんもいたのですよ、あの喫茶店に」

古泉(異)「そして見てしまった。あなたが佐々木さんに告白するところを」




670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:12:01.67 ID:PzagToH80
キョン「な……そ、そんなことが原因で涼宮はこの世界を消そうとしているのか!?」

キョン(異)「ああ。しかも事態はもっと厄介なんだ」

キョン「何だよ! まだ何かあるってのか!」

キョン(異)「この世界だけじゃないんだ。ハルヒが消そうとしているのは」

キョン「え?」

古泉(異)「このままでは僕たちの世界も消滅してしまうのですよ。涼宮さんの凄まじいエネルギーの余波を受けてね」

キョン「な、何だと……」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・


キョン「うわ! じ、地震か!?」

古泉(異)「どうやら世界に影響が出始めているようですね。世界中に閉鎖空間が発生しています」

キョン「す、涼宮は今どこにいるんだ!」

古泉(異)「強力な閉鎖空間を作り、閉じこもっています」

古泉(異)「我々でも侵入は不可能なため、説得に行くこともできません」




680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:15:03.12 ID:PzagToH80
キョン「ど、ど、どうすればいい! どうすればこの世界は助かるんだ!」

古泉(異)「…………ハッキリ言いましょう。手遅れです。もはやこの世界が助かる方法はありません」

キョン「…………は?」

キョン(ま、またかよ……5月の時に続いてまた……)

古泉(異)「ただし、我々の世界が助かる方法はあります」

キョン「え……?」

古泉(異)「それは……涼宮さんが世界を消すよりも早く、我々が涼宮さんごとこの世界を消すことです」

古泉(異)「元凶である涼宮さんをこの世界ごと消すことにより、我々の世界だけは助かるのです」


キョン(この世界が助かる方法はない? 涼宮より早くこの世界を消す? オマエ、ナニヲイッテルンダ……?)


キョン(異)「分かったか? 俺たちはそのためにこの世界に来た」

キョン「この世界を…………消す……」

古泉(異)「ええ、それしか方法はありません」

キョン(異)「すまんな。俺はもっと他に方法はないのかと食い下がったんだが……」




692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:18:07.84 ID:PzagToH80
キョン「ま……待て! ちょっと待て! 今、この世界もお前らの世界もやばい状況だってのは分かった」

キョン「だけど、この世界を消すなんて…………お前ら、本気か?」

古泉(異)「……これが冗談に聞こえますか?」

キョン「う……」

みくる(異)「あたし達、他に方法がないか必死に探したんです! でも、何もなくて……」

みくる(異)「何より、もう時間が……ないんです……」

キョン「ふざけるな! 自分の世界が消されると聞いて黙っていられるか!!」

みくる(異)「ひっ!!」

キョン「おい! 本当に、本当に他に手はないのかよ!」

古泉(異)「先程も言いましたが、涼宮さんは強力な閉鎖空間に閉じこもっているため、手が出せません」

古泉(異)「それに、仮に涼宮さんの元に辿りつけても何もできませんよ。完全に心を閉ざしています」

キョン「な、長門! お前なら何とかできるだろ! お前のトンデモパワーで……」

長門(異)「不可能。わたしでも涼宮ハルヒの閉鎖空間へは侵入できない」

キョン「そんな……本当に手はないのかよ……」




698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:21:01.82 ID:PzagToH80
キョン「待て……ちょっと待て……おかしい、おかしいぞ」

キョン「何でこの世界が消されなくちゃいけない。お前らの世界が消えればいいだろう!」

キョン「そうだ、そうだよ! もともとこっちが本当の世界で、そっちが後から創られた世界なんだからよ!」

古泉(異)「駄目です。原因である涼宮さんがいる以上、そちらの世界が消えるしかありません」

キョン「す、涼宮だけを消すってわけにはいかないのか! 何も世界全部を消すことはないだろう!」

古泉(異)「涼宮さんは閉鎖空間の中にいるため、ピンポイントで涼宮さんだけを消すことはできません」

古泉(異)「丸ごと……世界全てを丸ごと消すしかないのです」

キョン「お、お前らに世界を消すなんてことできるのかよ! そんな力があるのか!」

キョン(異)「できるんだよ。長門になら」

キョン「な!」


長門(異)「……」

キョン(異)「今の長門は、情報統合思念体からあらゆる能力を使用できる許可を得ているからな」

キョン「う……うう……」




712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:23:59.12 ID:PzagToH80
キョン(異)「本当にすまん。俺たちにとってもこれが最後の手段なんだ」

古泉(異)「道は2つ。そちらの世界が消えて僕らの世界が生き残るか、両方の世界が消えるか……」

古泉(異)「僕たちは前者をとらざるを得なかったのです……」

キョン「本当に……本当に俺たちの世界が助かる方法は……?」

古泉(異)「…………ありません」


キョン「ふざけるな……ふざけるなよ…………あまりにも……突然すぎるだろう……こんなの……」


キョン(異)「……」

古泉(異)「……」

みくる(異)「……」

長門(異)「……」


キョン(異)「本当に…………すまん……」




724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:27:02.41 ID:PzagToH80
長門(異)「……」ピクッ

古泉(異)「むっ……」

キョン(異)「どうした、2人とも?」

古泉(異)「どうやら、この世界の僕たちも奮闘しているようです。ですが、もう……」

キョン「本当に…………もうおしまいなのかよ……」

みくる(異)「キョンくん……」


キョン「何で…………何でこのことを俺に教えに来た?」

古泉(異)「異変の原因であるあなたには、知っておいてもらうべきだと思いまして」

キョン「原因? 原因だと? 俺は普通の人間なんだ! 一般人なんだよ! お前らとは違うんだ!」

キョン「俺はただ普通の生活を送りたかっただけなんだ! 普通に友達を作って遊んで勉強して恋をして」

キョン「普通じゃない連中と関わり合いになりたくなかった! それがそんなにいけないことだったのかよ!」


キョン(異)「……」




730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:30:02.78 ID:PzagToH80
古泉(異)「……あと30分ほどで崩壊が始まります。そろそろ始めましょう。長門さん」

長門(異)「……」スッ

キョン「待て……待ってくれ……せめて最後に佐々木の声を……」

古泉(異)「残念ですが……今や世界中を閉鎖空間が多い尽くしているので、携帯は繋がりませんよ」

キョン「そんな……最後の悪あがきすら俺にはできないのかよ……」

古泉(異)「悪あがき……ですか」

キョン「……そうだ、悪あがきだ! 悪あがきだよ!」

キョン「俺は涼宮のところへ行く! 黙って最後を迎えるよりマシだ!!」

古泉(異)「行ってどうするのです?」

キョン「決まってるだろう! 説得するんだよ!」

古泉(異)「無理です。涼宮さんの閉鎖空間には誰も侵入できませんし、できたとしても……」

キョン「それでも行くんだ! 必ず、必ず奇跡を起こしてみせる!!」

古泉(異)「……」

キョン(異)「……」




736 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:33:05.43 ID:PzagToH80
古泉(異)「分かりました。ギリギリまで……そうですね、残り10分まで待ちましょう」

キョン「涼宮は今どこにいる?」

古泉(異)「場所は……――――」

キョン「…………分かった。じゃあ俺は行く」


キョン「……」

キョン(異)「……」

キョン「……せいぜいそっちの涼宮を大切にしろよ」タタッ・・・・・・



古泉(異)「行ってしまいましたね」

キョン(異)「……いけると思うか?」

古泉(異)「……」

キョン(異)「奇跡、起きるといいな」




742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:36:05.22 ID:PzagToH80
タッタッタッタッタッタッタッタッタ!!



キョン(走れ! 走れ! 走れ!!)

キョン(諦めてたまるか! 諦めてたまるか! 諦めてたまるかよ!)

キョン(こんなので終わってたまるか! 終わりにしてたまるか!)


ガッ!!


キョン「おわっと!!」ビターン!!

キョン「いって、小石か…………くそ!!」ダダダッ!!



キョン(時間がない! 急げ! 急げ! 急げ!!)

キョン(生きるんだ! これからもずっと!)

キョン(あいつと…………あいつと一緒に……ずっと…………)




748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:39:03.08 ID:PzagToH80
     絶対に……

               絶対に…………


















                   






                           佐々木…………




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:42:02.37 ID:PzagToH80
~朝 登校中~


谷口「おっすキョン!」

国木田「おはよう」

キョン「ああ、おはよう……」

谷口「いよいよ明日から春休みだな! 待ちわびたぜ!」

国木田「何か予定でもあるの?」

谷口「決まってるだろう! 今度こそナンパを成功させてだな」

国木田「はは、谷口は相変わらずだね。ねえキョン」

キョン「……」

国木田「キョン? どうしたの?」

キョン「え? ああ、何でもない」



谷口「何をボーっとしてるんだ?」

キョン「何でもない。大丈夫。大丈夫だ……」




767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:45:07.38 ID:PzagToH80
~放課後 部室~


キョン「うーす」ガチャ

みくる「あ、こんにちはキョンくん」

長門「……」

古泉「こんにちは。涼宮さんは?」

キョン「掃除当番だ」


みくる「今お茶を淹れますね」

キョン「ありがとうございます、朝比奈さん」

古泉「昨日はお疲れ様でした」

キョン「ああ……」

古泉「……どうかされましたか?」

キョン「…………そうだよな」


キョン「そう簡単に起きないから、奇跡っていうんだよな……」




778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:48:01.74 ID:PzagToH80
キョン「結局あいつは駄目だったんだな」

古泉「ええ、涼宮さんの元へは辿りつけませんでした」

キョン「長門、あいつの最後の様子はどんな風だったんだ?」

長門「知りたい?」

キョン「……いや、やっぱりいい」


キョン「はぁ、あまりにも後味が悪すぎるよな……」

古泉「ええ。しかし、ああするしか我々の世界を守る方法はなかったのです」

キョン「それは分かってるけどよ。はぁ……」

みくる「キョンくん、元気出してください」

キョン「ありがとうございます。はぁ……」

長門「……」

キョン「はぁ…………」




787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:51:04.91 ID:PzagToH80
キョン「ん? 電話だ。部室の外に出るか」


バタン


キョン「もしもし」

佐々木『キョン…………僕だよ…………』

キョン「その声は……佐々木か。どうした? 久しぶりだな」

佐々木『…………やっぱり。僕の「キョン」はいなくなってしまったんだね』

キョン「お前……まさか記憶が……?」

佐々木『キョン、僕は諦めないよ。必ず僕の「キョン」を取り戻してみせる』

佐々木『僕には頼もしい味方もいるからね。では』 ツーツーツー

キョン「佐々木……」 



古泉「おや? どうかされましたか?」

キョン「ああ。どうやらほんの少しだけ、奇跡は起きていたようだ」




807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:54:08.37 ID:PzagToH80
長門「……」

キョン「ん? 長門、どうしたんだ?」

長門「わたしは……………………化け物?」

キョン「長門……」

長門「……」

キョン「そんなことはない。絶対だ! もしそんなことを言う奴がいたら、俺が許さねえよ」

長門「……そう」



ハルヒ「みんなー! 揃ってるー!」バァン!

キョン「もう少し静かに入ってこい! 相変わらず騒々しい奴だ」

みくる「こんにちは、涼宮さん」

古泉「どうもです」

長門「……」

ハルヒ「ちゃんと揃ってるわね! それじゃ、今から春休みの予定についてミーティングを始めるわよ!」




817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:57:03.74 ID:PzagToH80
~帰り道~


キョン「……他人事じゃないよな。現にこの世界だって何度か消えかけている」

キョン「またいつそんなピンチに見舞われてもおかしくない。その時、俺はどうするんだろうな」

キョン「あいつと同じように最後まで悪あがきするのか。それとも……」


    諦めてたまるか……
                       絶対に……   
                     

キョン「今のは…………空耳か……?」

キョン「……」

キョン「今日はもうさっさと帰ろう。明日もSOS団の活動があるからな」



 
  ――――「キョン、これからもずっとよろしくね」――――

  ――――「ああ佐々木。もちろん、ずっと一緒だ」――――


~おしまい~




820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:57:44.02 ID:zmHmp/+W0

楽しませてもらった




823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:57:56.49 ID:SdttNH2QP

あとは脳内補完させてもらうよ




837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 00:58:23.53 ID:OGKjGzpV0
俺たちの戦いはこれからだってか

新刊発売に向けていい感じにテンションが上がったよ




852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 01:00:02.32 ID:PzagToH80
無事に投下終了

支援してくれた人
保守してくれた人
最後まで読んでくれた人

本当にありがとう!


では








-----------------
当ブログについて
※欄366さんありがとうです。



涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)谷川 流 いとう のいぢ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-05-25
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) 涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫) 涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫) 涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)



読み物:ハルヒ
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #R9IOr/ic: 2011/05/20(金) 02:00: :edit
    1ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:01: :edit
    にげと!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:06: :edit
    異世界キョンが切なすぎる…
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:17: :edit
    佐々木のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:33: :edit
    余裕すぎて話にならない4
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:34: :edit
    これはかなり来るものがあるな
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:34: :edit
    やっぱり佐々木の立ち位置が不憫すぎる…
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:42: :edit
    最後が倫理学的だな
    自分が生き延びるために他人を殺していいのか
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 02:56: :edit
    まぁある意味どっちの世界もキョンはリア充なわけだ。忌々しい、ああ忌々しい、忌々しい。
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 03:08: :edit
    なんだか、無性にくやしい話だな。
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 03:20: :edit
    てか別に現実のキョン何も悪いことしてなくね?

    普通の反応をして、普通の高校生活をエンジョイしてたのに、ハルヒのわがままで全部ぶっ壊されるとか不憫すぎる。
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 04:44: :edit
    これまじおもろいって。別のとこで読んだけどまた読んじゃった
    ふと思ったんだが佐々木(悪)のssあったんだけどこれの続編なんかな?
    すげえそれっぽいし。佐々木に能力渡るヤツな
  13. 名前: 通常のナナシ #0hxr4hYM: 2011/05/20(金) 04:55: :edit
    米11
    バットエンドってそういうの多いよな、フェイトで聖杯戦争に参加しないと帰り道でバーサーカーにバラバラにされたし。
  14. 名前: 名無し #-: 2011/05/20(金) 05:49: :edit
    これ悪いの完全にハルヒだよね
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 05:57: :edit
    ハルヒとかただのキチガイだろ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 06:02: :edit
    >>米11
    仕方ないよ、おかしな力を持った馬鹿が一人いるだけで
    他の一般人が迷惑するのはどの作品でも一緒だし
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 06:03: :edit
    ※12
    本気で言ってるのか分からんが、そのSSは2008年の作品だ
    時期が3年前後してるだろバカが

    長門「パーソナルネーム・キョンを敵性と判断」は秀作だったし、佐々木のキチガイっぷりが最高だった

    しかしハルヒは相変わらずぶっころしたいぐらいウザいな
    マジでしねばいいのに
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 06:46: :edit
    なんか世にも奇妙な物語っぽかった
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 07:11: :edit
    途中までは佐々木大好きな俺得SSだったのにハルヒが全部ぶちこ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 07:12: :edit
    ハルヒうぜええええええええ




    ああ、振り切るぜ
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 07:32: :edit
    全面的にハルヒがしねばいいと思うんだが?
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 07:38: :edit
    面白かったけど、なんか佐々木が一番とばっちりくらってる気がするな…

    ※11
    ハルヒはヤンデレ入ってるからなぁ
    まあ、主人公補正ってのは何もいいことばっかじゃないってことなんだろう
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 07:45: :edit
    運が悪すぎだ、このキョン。
    目をつけられた時点でお仕舞いとか……。
  24. 名前: 通常のナナシ #3VuGMyDI: 2011/05/20(金) 08:01: :edit
    バッドエンドすなあ。
    たまにはこういうのもいいね。
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 08:28: :edit
    同じ時間帯に立ってた逆バージョンのssものせてくれないか
    来いよ化け物、だったかな
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 08:33: :edit
    ひさびさに良作
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 08:34: :edit
    キョンがハルヒとくっつけば何も問題が無いのにな

    キョンが他の奴とくっついたら世界が終わるって(´Д`)
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 08:47: :edit
    米欄のハルヒの言われようが不憫すぎるwwwwww
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 09:01: :edit
    てかこのキョンだと七夕の落書きを手伝いに行かないから、ハルヒが北高に来る理由が…
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 09:55: :edit
    ※29
    エンドレスエイトもキョンの言葉をヒントに解決の糸口を見つけたとはいえ3人でクリアしてるから七夕も未来側で代役でも立てたんじゃない?
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 10:01: :edit
    ていうか、ハルヒはこのキョンは好きにならんだろ、どうかんがえても。
    普通に古泉とくっついて四人でのSOS団に満足しそう。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 10:13: :edit
    こんな奇跡なら起こらない方がマシだろうなぁ
  33. 名前: 通常のナナシ #XnESHXvQ: 2011/05/20(金) 10:30: :edit
    キョンが不憫すぎるなぁ
    原作の時点で既にそうだが・・・
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 10:47: :edit
    佐々木が可愛かった

    それだけでご飯三杯はイケる
    更に茶漬けも追加できる

    佐々木はキョンの嫁
  35. 名前: 名無し…ああ、名無し #F7XyYRXo: 2011/05/20(金) 11:00: :edit
    ハルヒが悪いってのはちょっと違うくね?
    イライラしてたらそりゃ何かに当たりたくなるしお前らだって誰か殺したくなるぐらいぶちギレる事はあるだろ。
    問題なのは無意識に発動しちまうふざけた能力の方だと思うが…長文・駄文スマソ
  36. 名前: チハリス #-: 2011/05/20(金) 11:17: :edit
    神の決定が理不尽なのは世界の理だからな('A`)
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 11:54: :edit
    キョンかわいそすぎわろえない

    ハルヒ氏ね
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 11:55: :edit
    とりあえず、ハルヒがムカツクってことだけはわかった。
  39. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/20(金) 12:07: :edit
    ハルヒは悪くないよ
    ハルヒを責めないで

    だが視ね
  40. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/20(金) 12:19: :edit
    なかなか面白かった。ハルヒ嫌われ過ぎワロタwwwww
  41. 名前: 名無し三世 #-: 2011/05/20(金) 12:19: :edit
    ホントハルヒっ奴は読者をイライラさせるキャラだな
  42. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/20(金) 12:21: :edit
    ハルヒなんなんだよ
    佐々木とキョンが可哀想すぎる
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 12:24: :edit
    例えばお前らが生きてるだけで他人に迷惑かける体質で、全くの赤の他人がお前に迷惑だから氏ねって言ってきたら、俺何も悪いことしてねーって思うだろ。
    少なくともはいそうですかって死んでやったりはしないだろ。

    悪いのは谷川
  44. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/20(金) 12:28: :edit
    やっぱライトノベルの主人公は自称普通の一般人ということが分かるなぁ・・・。
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 12:31: :edit
    ※35
    まったくその通りだけど、ハルヒ自体性格がよくはないからなぁ
    同情されにくいよな
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 12:33: :edit
    今度の新刊でハルヒは口から血を吐いて苦しみながら死ぬらしい
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 12:47: :edit
    フリーザがハルヒの右腕を引きちぎりクリーザがハルヒの左腕を引きちぎりクウラがハルヒの両足を引きちぎりコルド大王がトランクスの剣でハルヒの首を切り落とす
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 14:21: :edit
    いやはやこれは気分が悪い
    ssは完成された話なんだが、
    個人的に奇跡も魔法もない終わりは胸にくるぜ・・・
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 14:25: :edit
    ハルヒがキョンに執着する理由が見えてこないのが難点。
    そこさえ目をつぶれば面白かった。

    まあ、この点は原作も同じなんだが…。
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 14:29: :edit
    古泉やみくるに八つ当たりしてる時点でハルヒはクソだろ
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 14:42: :edit
    ハルヒ消すのがOKなら時間遡行で適当な時間に戻ればいいのにな

    あと、キョン抜きで消失を解決した場合、長門は思念体に消されてないとおかしい
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 14:49: :edit
    昔の名作マザコンのキョンのをやや思い出した
    しかし団長のキチ加減が再認識できる作品だわ、ハルヒ好きだけど
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 15:02: :edit
    もっとハルヒ視点が多ければ更に良かった
    ヤンデレ側の視点って面白いよね
  54. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/20(金) 15:35: :edit
    映画化決定(AAry
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 16:01: :edit
    米11
    この世界のキョンのやっていることは「産んでくれなんて頼んでない」って親に我儘言っている子供と一緒。
    与えられた環境に文句ばかりたれて向き合おうとしなかっただけ、たとえその環境を作ったのが自分でなくても文句をいっていても仕方がない。順応して生きていかねばならないの、人間は特にね。
  56. 名前: - #-: 2011/05/20(金) 17:17: :edit
    自分の力で環境を変えていくのが人間だと思うけど?
    与えられた環境に仕方ないと諦めてるだけじゃ何のために生きてるかわからん。
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 17:46: :edit
    つまりキョンが犠牲になれば他は皆ハッピーになれるんだよ
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 17:55: :edit
    最初はモブにすらなれない脇っぷりだったけど最後の最後で原作よりも主役らしかった
    流されまくりのキョンが自分のために奔走するのは見てて気持ち良い

    「せめて最後に」でなく「何が何でも」だったなら・・・ってやつだわな
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 18:02: :edit
    長門が可愛そうだったなあ。旦那に化け物呼ばわりされて無視されて…
    まあムナクソ悪い偽キョンの世界がなくなって、よかったか。元の世界で長門と幸せにやれよキョン。
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 18:19: :edit
    >>49
    ハルヒが我慢すれば無意識に神人が暴れだすんだぞ
    過労で古泉殺す気かよ
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 18:56: :edit
    なんとなくフーミンが浮かんできて
    マサルとハルヒどっちがマシかなあと思った
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 19:14: :edit
    確かにリアルでSOS団の能力を知ったらSANチェックもんだな。
    幾らかわいい子でもちょっとね・・・。
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 19:36: :edit
    クラスメイトに殺されかけて、助けにきた美少女も規制なしのグロ画像になるところをみたら、非日常がトラウマになったキョンが当たり前かもな。
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 19:50: :edit
    久々の佐々木SSかと思ったらバッドエンドかよ・・・
    ハルヒ氏ね
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 20:37: :edit
    ハルヒは好きになれんなあ
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 20:39: :edit
    そもそもこのキョンがいたとしても主人公にはなれない

    なぜなら主人公は大概、大抵、ほとんど内に責任感を持っているけど、このキョンはただのめんどくさがりで、自分じゃ納得出来ずに逃げているだけだから
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 20:48: :edit
    ハルヒウザイ
  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 20:53: :edit
    キョンはわるくないし、ハルヒが全面的に悪いわけでもないな
    SOS団の面々にも非があると思う

    けどこのキョンはジョン・スミスになってないわけだし、
    このあたりで抜けただけならハルヒも気にすることないだろうに
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 20:54: :edit
    キョンは最後、愛する人のため試練に立ち向かったじゃん
    結果はともあれ、それは主人公らしい行動だよ
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 21:08: :edit
    バッドエンドはどうしてもなぁ
    もやもやして。

    続編で救ってくれ
  71. 名前: 名無し中毒 #BsqUATt6: 2011/05/20(金) 21:44: :edit
    誰か古泉の話してやろうぜ…
    ハルヒと直接の会話が多くて苦労させられてるキョンも可哀相だけど、古泉が一番可哀相。
    キョンはまだ可愛い子達から好意寄せられてる分マシだけど、古泉は自分を苦労させてるワガママ女の恋のキューピッドまでやらされて、しかも脇役なのにいつも笑顔で……どんな聖人君子だよ。
  72. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 21:51: :edit
    ワタシ ハルヒ キライ
  73. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #- #BsqUATt6: 2011/05/20(金) 21:51: :edit
    >>米61
    どう考えてもハルヒのほうがうざいし、マサルさんの方がマシでしょ。
    マサルは変人だがフーミンのことを親友と思ってるし、無理やり命令したり力づくで言うこと聞かせたりはしない。
    フーミンはセクシーコマンドー部に加入させられたけど、マサルはハルヒみたいに「入部しろ」って強制したわけでもないし、フーミンも拒否しなかったんだし、全然状況が違う。
    まぁセクシーコマンドー部に入ったせいでフーミンは高校を二留するハメになってしまったが、宇宙人に殺されそうになったり無限ループ世界に放り込まれたり何度も世界崩壊の危機に直面して、いつ死んでもおかしくないキョンとどっちがマシかといわれると…
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 22:01: :edit
    朝見たときはコメが17件くらいだったのになんだこの伸びww

    俺も基本ハルヒ嫌いだが、ここまでアンチ多いと逆に笑えてくるな
  75. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/20(金) 22:23: :edit
    原作もキョンとハルヒが結ばれれば全て解決みたいになってるけどそれってキョンに何の選択肢もないんだよな。
    キョンがハルヒを好きになったのなら兎も角ハルヒを拒否したり他の奴選んだら即世界の危機とか理不尽にも程があるよな。
    あれで性格いいならまだしも傲慢自己中女と仲良くしなきゃ明日がない未来とか早急に諦めて自分の命絶つかも知れない。
    古泉や朝比奈に長門もも勝手に巻き込んでキョンに何も知らないで生きるって選択肢を封じたも同然だからな。

    ただ原作もそうだが一般人キョンはそれ以上にクソリア充だから同情なんかしないが
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 23:10: :edit
    これってキョンが普通を望んだから、理不尽に巻き込まれたら奇跡も起きず普通に理不尽に終わるって解釈でいいの?
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 23:20: :edit
    ※74
    面白いから伸びてんだよ
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 23:22: :edit
    結論ハルヒ悪
  79. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/20(金) 23:29: :edit
    やっぱりハルヒはイラナイなあ
  80. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 00:09: :edit
    理不尽だなぁ。
    オチが秀逸だから好きだけど
  81. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 00:16: :edit
    最近では1番のコメ数だな
  82. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 00:29: :edit
    てめえら理不尽理不尽って嘆いてりゃなんとかなると思ってんのかぁ?
    甘ぇよ…甘すぎんぜ!
    殆んどのやつがそうだ。国の政策がどんだけ理不尽でもただ鳴くだけのてめえらは一生身の不幸を嘆いて死んでいくんだよ。
    てめえらにゃ人一倍の権利を受ける資格なんざねぇ。
    戦いぬいて勝ち残ったものにのみ権利は与えられる。権利を手にする資格があるんだよ。
    人を呪って恨んで憎んで一生費やすやつなんざ愚の骨頂だ。
    誰かを憎んでる暇があったら少しでも人より偉く成りやがれってんだ。
  83. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 00:37: :edit
    ハルヒ「朝○竜!頑張れー!!」
    朝○竜「俺に頑張れとは何事だー」(はり手)
    ハルヒ「ぶひぶひぶひぶひぶひぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!」(首がもげる)
  84. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 00:49: :edit
    ※欄がキモすぎて吹いた
  85. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 01:31: :edit
    ※59
    やっぱり湧いたよ、長キョン厨www

    佐々木とキョンの話なのに何で
    「キョンは長門の旦那」なんだよwwwwww頭おかしいんじゃねえの?
    ハルヒの話をするんだったら分かるがこれだから長門厨はきめぇ

    まぁとにかく・・・ハルヒしねしねしねしねしねしねしね
  86. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 01:33: :edit
    『口だけ男』『主人公(笑)』とか馬鹿にされてるキョンだけど
    もしいなければSOS団がいかにギスギス・絆なしの集まりかわかるな
  87. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 02:45: :edit
    >>75
    ハルヒとキョンが結ばれたら何も解決しないよ
    これまでの原作でのやりとりが永遠に続くだけ。

    >>85
    SS内容も原作もまともに読まず明後日の方角を向いてしねしね言ってらあ。
    こいつはあらゆる意味でかわいそうな奴だね。
  88. 名前: 通常のナナシ #0Q3WCu86: 2011/05/21(土) 03:07: :edit
    神に見初められた人間の末路なんて、悲惨なもんだってか。
    割れ鍋に綴じ蓋だから持ってるんだな、原作世界…
  89. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 05:52: :edit
    これってキョンが本当に普通の人の場合の話って感じがするけれど、見て見ぬ振り、勝手にしてろ、巻き込むなって言ってるけど、結局キョンも自分のやりたいようにやった結果なんだから、普通はそこで我慢したり諦めたりするのが普通なんじゃないか?でもこのキョンの反応じゃこのキョンが嫌ってる化物と同じだよな?てゆうか世界がどうなるか、自分がどういう存在かすらもギリギリで聞かされたんじゃ無理あるか。まぁ、聞かなかったからギリギリになって聞かされたんだけどな。でもこのキョン=ジョン・スミスなのか?ジョンじゃないならまずハルヒに目もつけられないはずなんだけどなぁ。原作ではキョン自身で選択して(この選択を無理矢理とか仕方なく、どうしようもなくとか思っている人よ、それだったら12月まで世界は続いてるわけないだろさ)世界を、SOS団を、ハルヒを守るって言ってるから、僕は原作を応援するぜ。
  90. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 06:13: :edit
    この話のキョンに「これが普通の反応だよな」って言うヤツがいるが
    それはないだろ
    これだったらまだ原作のキョンの方が人間っぽい
    普通どんな危険な目にあったって、助けてくれた友達に化け物なんて台詞は言えないだろう
    原作のキョンように冷静にはいられないだろうが、リアルにもしあんなことがあったとしても、なんだかんだ受け入れちゃうんじゃないかな
  91. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 15:00: :edit
    俺は「普通の反応」って複数あると思うけど。

    ※90の言う反応も普通だと思うし、このSSのキョンも普通の反応してると思う。
  92. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/21(土) 15:10: :edit
    いや受け入れないだろ…そもそも娘の段階だと長門とは友達と言えるほどの仲でもないし、むしろ原作では何考えてるか良く解らん奴って感じだった気がする。
  93. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 16:55: :edit
    普通なんてそんなものはないよ

    異常しかないんだよ
  94. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 19:20: :edit
    なんか長門厨がわいてるな。
    少々リアクションオーバーだが、これが一般人の反応だと思うんだ。原作のキョンがしている、ハルヒに反論なんざ、自分が消されるかもしれんのにようやるわ。
    そもそもキョンは高校生なのに社会的な責任どうたら言ってる奴なんだよwww
  95. 名前: ななし! #-: 2011/05/21(土) 19:29: :edit
    良作でした。
    しかしこのハルヒには全く感情移入できないよ。
  96. 名前: 通常のナナシ #HfMzn2gY: 2011/05/21(土) 21:02: :edit
    好きでも無い人間のご機嫌取りしなきゃいけないのは辛い
    それが自分だけじゃなくて世界丸ごと背負わされるとか
    マトモな人間じゃ勤まらねえって意味で原作のキョンはやっぱちょっとズレてるのをこれ見て再確認
  97. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 21:03: :edit
    わいてるのはオーバーリアクションの長門アンチだけだw

    >>89
    ハルヒを守るって言ってたっけ。
    長門とSOS団相手には言ってたけど。

    >>92
    あくまで原作の場合だけど、この時の長門への思い入れは「予想外の電波ちゃん」「笑えばさぞ可愛いだろうに」
    くらいのもので、長門に助けられてきっかけができて…で
    今の濃厚な関係にいたる。
  98. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 21:05: :edit
    佐々木にかつてのキョンの記憶が残っただけでもハッピーエンドだと思う俺はおかしいかな。
    エピローグで、キョン(異)が「奇跡は起きていたようだ」って言ってるし、
    作者もそのつもりで書いたんじゃないか?
  99. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 22:27: :edit
    とんでもなく面白かった。

    そしてハルヒだけは消えてしまえ
  100. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/21(土) 23:17: :edit
    楽しめました。
    でも、とても恐ろしい話・・・。
    「この世界」のキョンと佐々木が悲しいです。

    続編があるみたいですね。
    楽しみに拝読させていただきます。
  101. 名前: あ #-: 2011/05/22(日) 01:08: :edit
    >>97
    長門厨きんもー☆
    あんな無感情で食欲「だけ」はご立派なクソロボットどこがいいの?^^
  102. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 01:24: :edit
    百コメなんて久々にみたな
    まあ、コメの中身はあれだけど

    面白かったよ
  103. 名前: 通常のナナシ #JalddpaA: 2011/05/22(日) 03:03: :edit
    結論としては
    佐々木かわいい
    ハルヒしね
  104. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 10:17: :edit
    ※103
    素晴らしいコメントだ!
    心の底から同意する
  105. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 10:51: :edit
    ハルヒもQBみたいなもんだろ
  106. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 12:38: :edit
    >キョン「俺はただ普通の生活を送りたかっただけなんだ! 普通に友達を作って遊んで勉強して恋をして」
    >キョン「普通じゃない連中と関わり合いになりたくなかった! それがそんなにいけないことだったのかよ!」

    ここの言葉が一番心に痛い…
    「普通による幸せ」が丁寧に描写されてきたからこそ余計に
  107. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 13:01: :edit
    QBは自覚あり
    ハルヒは自覚なし

    倫理(学)上では自覚の有無は大きい
  108. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/22(日) 18:53: :edit
     ハルヒは死なないぜぇww殺れるのはキョンだけだろ。
     佐々木か涼宮か・・・最初にどっちかが神だったとしてもう片方は最初の神の力によって2番目の神となったというふうに考えると

     どちらが先かと考えると佐々木の方がしっくりくるんだな、これが。
  109. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 00:20: :edit
    >>101
    原作くらい読めw
    お前馬鹿と無知を晒してるだけだぞw
  110. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 01:02: :edit
    良作
  111. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 01:13: :edit
    ↑確かに長門は感情あるよな!作り物のロボット野郎だけど

    食うことしか能が無いゴミだし、古泉にはシカトかますくせにキョンには色目使う、性悪根暗ブスだよな

    マジで長門うざいわ・・・ハルヒの次にしんでほしい
  112. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 12:23: :edit
    魂のあるないに関わらず涙を流すことは出来るんだ
  113. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 12:42: :edit
    ラストを見る限り二人はアダムとイブになったっぽいね
    狂人ハルヒに襲われても二人の愛は永遠だってことだ
    魂があるないに関わらず(ry
  114. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 14:58: :edit
    >>111
    ロボット野郎→ロボットじゃない
           野郎じゃない
    食うことしか能が無い→食うこと以外の能力の方が多くいずれも優秀
    ゴミ→ゴミじゃない
    シカトかます→かましてない
    色目使う→使ってない
    性悪根暗ブス→性悪じゃない
           根暗じゃない
           女神といわれるほど可愛い
    うざいわ→うざくない

    お前ウソしか言わないなあ。
  115. 名前: 通常のナナシ #NdhKOZCE: 2011/05/23(月) 17:14: :edit
    佐々木可愛い
    適当な訳の朝倉可愛い
  116. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 17:58: :edit
    すっげー伸びてると思ったら、長門信者が張り切ってただけか
  117. 名前: 111 #-: 2011/05/23(月) 18:23: :edit
    ※114
    クッソワロタwwwwwwwwwww
    参った!俺の負けでいいよ
    お前のゆきりんへの愛は本物だったんだな
    ※116
    信者のみなさん頑張ってるよな
    マジで頭の下がる想いだわ
  118. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 21:31: :edit
    ※116
    SSへの感想とか、もうひとつのキョンの反応が正しいとか正しくないとか
    についてが9割くらい。長門アンチの必死すぎる書き込みが一部散見してるくらいで
    長門信者は別に張り切ってない。
  119. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/23(月) 23:04: :edit
    キョンがキャラ崩壊とか以前にただの
    SS作者のアバターになっとるな
    「俺だったらこう言う、こう思う」ってのの繰り返し

    まあそれは別にいいんだが、自分と違う存在は差別も苦労も当然、
    だが自分に降りかかる理不尽は決して許せない、ってカンジの
    作者の根性が透けて見えるようでキモチワルイ

    オチは怖いからと思考停止させてた予定調和の世界崩壊すか
    なんか脱力するSSだわ
  120. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 23:20: :edit
    肉がぐちゃぐちゃになってるのに平然としていて、しかもその怪我を一瞬で治す。
    更にわけわからん呪文を唱えて目の前の敵を砂に返す。
    いくら助けてくれたとはいえ、その気になれば瞬き一つする間に自分を消すことのできる存在が無表情にこっちを見ているんだぜ。
    キョンの反応は正常だとおもう。

    更に言っちゃえば、魂のあるないに関わらず涙を流すことは出来るんだ
  121. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/23(月) 23:51: :edit
    それはきみのフィルターを通して状況を脳内で解釈した場合でのきみにとっての正常であって
    キョンにはそういう風には見えていないんだ
    第一それが初対面だったりすれば不安もあろうが、戦いが起こる前から顔を合わせていたし
    そのときには普通に笑ったりすればきっと可愛い…とか考えていたりもする
    それに戦っている間、長門はキョンに動かないで、と声をかけたりあくまでキョンを守るために全力を傾けている
    戦いが終わったあと倒れた長門に即座に駆け寄って心配していたことからも、長門個人に対して恐怖心は持ち合わせていないのがわかる。
    あと長門は決して無表情ではない。
  122. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/24(火) 00:28: :edit
    長門=クトゥルフ
  123. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/24(火) 05:23: :edit
    ※121
    お前、ホントに長門ゆきりん好きなんだな
    俺も柏木ゆきりん好きだから仲間だな!^^
  124. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/24(火) 05:42: :edit
    ※欄延びすぎワロタ
    お前ら振り切りすぎだろwwwwwww
  125. 名前: 通常のナナシ #JalddpaA: 2011/05/24(火) 15:47: :edit
    いっとくがハルヒはキョンと同じだぞ
    好きで力を手に入れたわけでもなく、ただ思春期特有の不思議にあこがれる、恋もしたいどこにでもいる女子高生
    普通、こういう状況なら失恋しても若いんだから1年もたたないうちに立ち直る

    その選択肢すら与えられないハルヒは可哀想な女の子だよ
  126. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/24(火) 18:03: :edit
    ※125
    違う違う、全然違う
    お前の言っていることは確かに合ってる

    しかし、ハルヒは神社で爆竹鳴らしたり、コンピ研を脅してパソコン強奪したり、みくるの胸を男に揉ませたり、
    みくるをはたいたり、キョンが親が貯めてくれた定期預金を解約しなければならない程奢らせたり、
    朝倉や他のクラスメイト達のことを見下して無視したり、

    と、どうしようも無いクズ人間だから死ぬ程嫌われてんだよ
    俺だってハルヒのこと本気でころしたいもん

    ボコボコに殴って、顔をナイフで傷付けて、ちつ内で電球割って・・・
    凄惨な拷問を加えて生まれて来た事を心の底から後悔させた後にころしたいね
  127. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/25(水) 22:11: :edit
    ↓後半はともかく、前半の部分は改めて考えるとマジ酷い屑女だな。原作でキョンがハルヒと付き合うとかなったら本燃やすわ。キョンが付き合うなら正統で佐々木、対抗馬で長門、大穴で朝倉がいい。どうせキチガイと付き合うんだろうが。
    てかキョンそんなに奢らされてるのかよ…。ハルヒも元凶だが、他の奴らも少しは遠慮しろ。
  128. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/25(水) 23:28: :edit
    ※127
    俺もキョンには佐々木と付き合って欲しい、長門はペットだなw

    長門は喫茶店とかで、ハルヒ以上にキョンにたかってやがるからな・・・ハルヒはドクズだが長門もクソだよな
    つうか、機関が鍵に対して資金援助しろって話だよな
  129. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/26(木) 01:21: :edit
    ※でも一番不思議なのは、キョンが素直に毎回おごってやってる所だな。「金がないから無理」、「いい加減、罰ゲームやめろ」とか言って断りゃあ良いものを。キョンも異常。佐々木は可愛いい。
  130. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/26(木) 01:36: :edit
    >>128
    こいつ本物のアホだなあ…
    何がそこまで長門を憎ませているか知らないが歪めて見すぎだぞ
  131. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/26(木) 08:46: :edit
    ↑別に※128は長門のことけなして無くね?
    長門狂儲キモいからしねよ^^
  132. 名前: 名無し…ああ、名無し #F7XyYRXo: 2011/05/26(木) 17:12: :edit
    何でいつの間にかキョンは誰かと付き合う前提で話が進んでるんだ?
    原作ではそんな話はなかったと思うが、別に誰と付き合ったからといって同行なるもんでもないだろうに…
  133. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/26(木) 18:52: :edit
    長門信者きんもー☆
    ペットとかロボットだとか言われたぐらいで切れんなよwwwww

    長門有希の時代は終わった、これからは柏木由紀の時代だ!
    ゆきりん4位やったぜ、ひゃっほおおおおおおおおおおお!!!!!!!
  134. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/27(金) 02:47: :edit
    関係ない話なんだが、AKBの柏木由紀のファンの人は、このSSを目当てに来て読んだ上で柏木由紀についての自慢?というか称賛?のコメするのか、ハルヒのSSだから「ゆき」繋がりで柏木由紀アゲのコメができると思って読まずにコメするのかどっちなの?
  135. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/28(土) 10:50: :edit
    ↑わりとどうでもいい!
  136. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/28(土) 21:03: :edit
    消えたキョンのセリフが切なすぎる
  137. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/28(土) 21:03: :edit
    消えたキョンのセリフが切なすぎる
    良作
  138. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/30(月) 03:27: :edit
    >>133
    これキチガイですわ
  139. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/03(金) 17:46: :edit
    長門を批判するのやめろよ…
    魂のあるないに関わらず涙を流すことは出来るんだから
  140. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/05(日) 17:00: :edit
    そうだな
    海亀だって涙を流す事は出来るんだから
  141. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/05(日) 21:41: :edit
    0354667255
    お願いです
  142. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/06(月) 23:37: :edit
    クソだのなんだの言いつつ討論できる程知識がある奴等
    それなら読むな来るな書くな忘れろっつー話
  143. 名前: 通常のナナシ #ftsrdwtQ: 2011/10/23(日) 16:22: :edit
    爆発しろ
  144. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/10/23(日) 23:15: :edit
    こう考えるとラノベの主人公ってホント頭おかしい奴ばっかだよな
  145. 名前: 名無しさん #-: 2011/11/15(火) 02:29: :edit
    >>133
    そんなに興奮して長門アンチに精を出しても
    お前が長門よりもまともな人間であるとは証明できないのに…
    かわいそう…
  146. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/11/29(火) 07:30: :edit
    よくできてんな~
    楽しませてもらったよ
  147. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/02/14(火) 15:44: :edit
    このハルヒ、ずっとイラついてるんだよな
    その要因の一つであるキョンの告白とか
    爆発しても仕方ないわ

    キョンの反応もありえる範疇だし
    誰も悪くないってのが面白い話だわ
  148. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/05/08(火) 15:54: :edit
    力なんて望んで得たもんでもないし
    ハルヒはその存在すら知らないんだから
    責任どうこう言うのはお門違いってのは
    よくわかるんだけど それ抜きで考えても
    このハルヒはワガママでクソ野郎すぎるな
    特に能力とは関係ない部分で腹が立った

    元々性格カスだった初期ハルヒが
    キョンいないまま長い時間過ごしたら
    まぁこんな感じになってもおかしくないか・・・
  149. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/08/10(金) 23:34: :edit
    ( ;∀;) イイハナシダナー
  150. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/08(月) 17:52: :edit
    馬鹿な長門アンチにはすぐに異議が出るけど、
    ハルヒは誰にも庇ってもらえないんだなww
    ここに限ったことじゃなくww
    確かにこのハルヒはひどい 違和感もない
    私ももとからハルヒはあまり好きじゃない
    でも一番嫌いなのは九曜だ あの腐れ昆布だ
    長門の出番を奪ったあの陰険機械悪魔だ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。