まどか「私のまんまんがアワビになった……」その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/14(土)
299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 11:39:38.88 ID:7VYA16+i0

その2です。


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 11:39:38.88 ID:7VYA16+i0
――――


仁美「私、シーフードセクステッドを抜けさせて欲しいんですの」

まどか「ええっ!? ど、どうして!?」

仁美「どうしてもこうしても……」

まどか「考え直してよシーウィード仁美ちゃん……」

仁美「そう呼ばれるのが嫌だから抜けたいんですわ!」

まどか(そんな……、シーフードセクステッドに亀裂が!?)




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 11:45:55.91 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「……ということがあったの」

マミ「なんですって!?」

杏子「シーウィード仁美が……、抜ける!?」

さやか「いや。これって抜けるとか入るとかそういうものじゃないっつーか……」

ほむら「私はずっとまどかについていくわ」

まどか「ありがとうほむらちゃん。でも私やっぱり、シーウィード仁美ちゃんとも一緒にやっていきたい……」

杏子「ったく、シーフードセクステッドの何が不満なんだよ」

さやか「いやあの杏子。シーフードなんちゃらってのは元々悪口で……」

杏子「ちょっと説得しに行ってくる」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 11:48:08.41 ID:nbFciOWoP
まさかの仁杏




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 11:53:17.64 ID:7VYA16+i0
――――


杏子「おい! あんたがシーウィード仁美か!?」

仁美「どなたか存じませんが、その名で呼ばないでください!」

杏子「アンタな、シーフードセクステッドを抜けたいってのはマジかよ」

仁美「ああ、もしかしてさやかさんやまどかさん以外のメンバーの方ですの?」

杏子「そうだよ。アンタは活動に参加しないから、これが初顔合わせになるな」

仁美「活動……?」

杏子「そうだ。街頭使用済みインクカートリッジ集めに、ベルマークの仕分けに……」

仁美「待ってくださいまし!」

杏子「考え直してくれたか!?」

仁美「いえ、そうではなく……。何ですのその活動は」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:03:05.61 ID:7VYA16+i0
杏子「何ってそりゃ、ボランティアサークル・シーフードセクステッドの恒例行事だろ?」

仁美「えっ? ボラ……、ンティア……?」

杏子「なっ!? まさかテメェそこから忘れちまったのかよ!?」

仁美「わ、忘れるも何も……」

杏子「世界を海のような大きなぬくもりで包み込むっていう、
     シーフードセクステッド設立時から続く精神も忘れちまったのかよ!?」

仁美「いえ、だから……、何ですのそれは、そんなフレーズは聞いたことが……」

杏子「シーウィード仁美! テメェはもうシーウィード仁美じゃない! ただの仁美だ!」

仁美「そ、そんな!? ……いえ、むしろラッキー?」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:12:05.77 ID:7VYA16+i0
仁美(はぁ……、なんだかよく分かりませんが、脱退できたようですわね)

早乙女「では教科書の12行目を……」

仁美(これでようやく平穏な日々が……)

早乙女「志筑仁美さん!」

仁美(これまで辛かったですわ……)

早乙女「志筑仁美さん!」

仁美「あっ、はい!」

仁美(あれ……、私……)

仁美(何故ですの?)

仁美(志筑仁美というのが、まるで自分の名前ではないかのように感じられて……)




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:15:23.60 ID:7VYA16+i0
クラスメイト1「仁美、帰ろう」

仁美「……」

クラスメイト2「仁美?」

仁美「……」

クラスメイト1「おーい」

仁美「……あ、はい! なんですの!?」

クラスメイト2「帰ろうって誘いに来たんだけど……、大丈夫、仁美?」

仁美「ええ、御心配には及びませんわ」

仁美(またですの……)

仁美(また私、シーフード仁美と呼ばれない自分に、違和感を……)




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:15:56.62 ID:TmzaoTu70
もうまんまんがアワビとかどうでもいいだろwwwwwwww




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:23:45.03 ID:7VYA16+i0
――――

稽古事の習い場


仁美(シーフード仁美でなくシーウィード仁美でしたわ……)

講師「では仁美さん。今日は新しい型を覚えましょう」

仁美「……」

講師「まずは私の手本を見てください」

仁美「……」

講師「お返事は?」

仁美「……」

講師「どうやらやる気がないようですね。いいでしょう、今日の稽古は中止に」

仁美「……!? ま、待ってください!」

仁美(一体どうしてしまったんですの私は!?)




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:32:41.21 ID:7VYA16+i0
仁美「はぁ……」

仁美(今日は失敗続きでしたわ……)

杏子「おいおい。ずいぶん辛気臭ぇ面してんな、ボンクラ」

仁美「あなたは……」

杏子「そういえば名乗ってなかったな。あたしは佐倉杏子だ」

仁美「杏子さんですか……」

杏子「本当に大丈夫か? 水で戻す前の増えるわかめみたいな面してやがる」

仁美「……」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:34:59.72 ID:/rFHc4ki0
なんなんだよその喩はwwwww




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:35:11.01 ID:rS2qNH9A0
どんな面だよw




323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:38:34.63 ID:7VYA16+i0
仁美「……どうして杏子さんは私に声を?」

杏子「さあね。ただなんとなく今日1日あんたを見ていて思ったんだ」

仁美「……」

杏子「ああこいつ、窮屈な生活してんだなって」

仁美「家の方針ですもの……」

杏子「それと、後悔してそうだな、とも」

仁美「……」




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 12:52:55.38 ID:7VYA16+i0
杏子「なあ、仁美。アンタは自分の人生を通して何がしたい」

仁美「私は志筑家の娘として恥じないように……」

杏子「それは志筑仁美がしたいことだ。そうじゃない、素のままの仁美がしたいことは何なんだ」

仁美「私は……」

杏子「いいもんだぞ、やりたいように生きるのって」

仁美「……」

杏子「6番目の席はいつでも空けておくから」

仁美「!?」キュン

杏子「待ってるから。……じゃあな」

仁美(な、なな何ですの!? このドキドキは! まるで……、ああ、まるで、
     あの上条恭介さんに感じるときめきのような……、いえ、ひょっとしたらそれ以上の)

杏子(ま、無理強いはできないわな。それに、アイツ自身がシーフードセクステッドを選択するとも限らないし)

仁美「……」ドキドキドキ




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:13:57.02 ID:7VYA16+i0
――――


杏子「はあっ、今日も晩飯はカップ麺か……」

杏子「うめぇけど侘しい……」

仁美「……あのっ」

杏子「ん? なんだ仁美か」

仁美「いえ。私のことは……シーウィード仁美と呼んでくださいまし」

杏子「そっか。戻ってきてくれたんだな、アンタ」

仁美「ええ。そ、それでその……」

杏子「なんだい?」

仁美「サンゴのそばには、必ず海藻が生えていますのっ!!」

杏子「そうだな。それで?」

仁美「だからえっと、つまり……」

杏子「つまり?」

仁美「……杏子さんの鈍感!」

杏子「ええっ!? な、なんでだよ!?」




336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:14:52.06 ID:CA8tjqPX0
なにその口説き方w




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:20:41.07 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして私達は解散の危機を乗り越えることができました)

まどか(シーフードセクステットはますます結束力を高めたかに思われました)

まどか(しかしある日、イエロー巻貝のマミさんが……)




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:22:33.74 ID:7VYA16+i0
まどか(やっぱり解散はちょっと言いすぎました)

まどか(縮小の危機ぐらいで)




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:23:40.31 ID:qu9+vCqa0
言い直すなwwww




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:23:56.52 ID:b68KVRDK0
んなことどうでもいいわwwww




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:31:49.16 ID:7VYA16+i0
マミ「リーダーを決めましょう!」

マミ(ふふ……、リーダーになって、最近薄くなった存在感を取り戻すのよ!)

マミ(最年長だもの、自然と私がリーダーという流れになる筈)

さやか「リーダー?」

まどか「あ、それいいかもしれませんね!」

仁美「活動がしやすくなりそうですわね」

杏子「ま、あたしはどっちでもいいけど、自分がやるのはパス。柄じゃない」

仁美「杏子さんを推薦しようと思っていましたのに……」

ほむら「私はまどかがいいと思うわ」

まどか「ええっ!? わ、私はそんな……、さやかちゃんとかどうかな?」

さやか「えっ、あたし!? あたしより、委員長やりなれてるシーウィード仁美の方が……」

仁美「私は杏子さんの方が」

杏子「だからあたしはパスだっての。ほむらとかどうだ?」

ほむら「いえ、やはり私はまどかが」

マミ(……あれ?)




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:44:00.43 ID:7VYA16+i0
マミ「おほん! おほんおほん!」

まどか「マミさんどうしたんですか? 風邪とか?」

ほむら「まどか、今すぐ巴マミから離れなさい。あなたにうつってしまっては大変だわ」

マミ「ちょ、ちょっとむせただけよ」

杏子「……んで、どうすんだよ。このままじゃ埒があかないよ」

仁美「でしたら……、私はまどかさんを推すことにしますわ」

まどか「私!?」

杏子「ああ、それでいいんじゃねーの? アンタが創始者みたいなもんだし」

さやか「そうだね。あたしもまどかがリーダーなら納得できる」

ほむら「私はさっきも言った通りよ」

まどか「わ、私にできるかなぁ……」

ほむら「大丈夫よ。きちんと支えるわ」

まどか「それなら……やってみよっかな」

さやか「決まりだ!」

マミ「……」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:51:52.19 ID:7VYA16+i0
マミ「まっ、待ってちょうだい!」

ほむら「何かしら」

マミ「その……、今は場の勢いで鹿目さんに票が集まっているわ。
     でもみんな本当に冷静な判断ができているのかしら?」

ほむら「何が言いたいのよ」

マミ「もっと適確な人材がいるんじゃないかな……、なんて」

杏子「そんなのいたかなあ」

マミ「とにかく! 1週間後に改めて投票をしましょう!
    それまで各自、自分の意見をまとめるということで」

まどか「そうですね。私もそれでいいと思います」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:53:58.41 ID:7VYA16+i0
――――


マミ「はあっ……」

マミ「あんなこと言っちゃったけど……」

マミ「日を置いたからってどうなるのよ……」

QB「随分悩んでいるようだね、マミ」

マミ「QB……?」

QB「事情は何となく察しているよ」

マミ「私どうしたらいいのかしら……」

QB「なーに、簡単なことさ。1週間で鹿目まどか以上の実績を上げれば、
    自ずと皆の票はマミに集まる筈だよ」




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:56:31.81 ID:a6YzfjkX0
QBいたのか




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:05:12.90 ID:7VYA16+i0
マミ「無理よそんなの……鹿目さん以上の実績なんて……」

QB「確かに、彼女と同じベクトルのことをしていてはね。どうしても埋もれてしまうよ」

マミ「でしょ……?」

QB「だから彼女がまだ手を出したことのない領域に挑戦したらどうだろう」

マミ「えっ?」

QB「例えば……、グリーンマーク集めだとか」




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:06:28.81 ID:EDIf4JWZ0
グリーンマークとか集めてたの俺くらいだろwwwwwww




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:07:01.31 ID:/rFHc4ki0
もう終わらせてやれwwwwいたたまれないwwwwww




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:10:36.22 ID:7VYA16+i0
――――

街頭


マミ「グリーンマーク集めにご協力お願いします!」

通行人5「おっ、ちょうど使い終えた自由帳を持っているんだ。はい、どうぞ」

マミ「ありがとうございます!」

通行人6「バッグの中にティッシュの空箱があったわ。これでもいいのかしら?」

マミ「もちろんです! ありがとうございます!」

マミ(いい感じね!)

さやか(……あれはマミさん?)




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:11:30.04 ID:9NtLDEk90
もうやだこの町の住人




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:15:09.44 ID:7VYA16+i0
マミ「ご協力お願いします! ご協力……、けほっけほっ」

さやか「はい、差し入れのココアです」

マミ「さやかさん? ……あ、ありがとう」

さやか「ずーっと叫びっぱなしだと喉に悪いですよ?
      水分補給はきちんとしないとね」

マミ「そうね……」

さやか「グリーンマーク集めてるんですね」

マミ「ええ」

さやか「頑張ってください。応援してます」




377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:16:41.71 ID:l9oi6ZPO0
手伝わないのかよw




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:16:43.37 ID:7VYA16+i0
――――


マミ「ふうっ、たくさん集まったわ」

マミ「今日のところはこのぐらいかな」

マミ「……」

マミ「……」

マミ「ココア、美味しかったな……」




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:20:05.37 ID:7VYA16+i0
マミ(そういえば……)

マミ(グリーンマークは何枚で苗木と交換してもらえるんだったかしら)

マミ(調べてみましょう)

マミ(……)

マミ(……えっ? な、何これ!?)

マミ(嘘!)

マミ(グリーンマークの交換事業は……何年も前に終了している……?)

QB「……ふっ」




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:20:45.85 ID:kPGPoIwF0
QBキサマ!




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:25:10.83 ID:7VYA16+i0
マミ「そ、そんな……」

マミ「じゃあ私のやったことは……、全部無駄だったの……?」

マミ「あはは……」

マミ「本当に駄目な子ね、私……」

マミ「これじゃあリーダーになんか選ばれなくても仕方ないよね……」

マミ「う、ううっ……」

QB(これでマミは魔女化するだろう)

QB(そうすれば恐らく通常の魔法少女3人分のエネルギーは確保―――)


ぴんぽーん


マミ(……? お客、さん……?)




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:32:16.01 ID:7VYA16+i0
ぴんぽんぴんぽんぴんぽーん


マミ「は、はい……」

さやか「ちっす、マミさん! ……って、うおっ!? どうしたんですか、目が充血してますよ!?」

マミ「あ、ご、ごめんなさい。何でもないの」

さやか「本当に大丈夫ですか?」

マミ「ええ」

さやか「それならいいんだけど……。あっ、そうそう。家からこれ持ってきましたよ!
      グリーンマーク付きのトイレットペーパー!」

マミ「……もういいのよ」

さやか「へっ?」

マミ「後から調べたら、グリーンマークの交換事業はもう終了していたの……」

さやか「そ、そうなんですか……」

マミ「私って本当馬鹿よね。こんな無駄なことの為に……」

さやか「……無駄なんかじゃありません」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:41:57.46 ID:7VYA16+i0
さやか「あたしね、こう思うんです。効率主義に走り出したら、
      そんなのはもうボランティアとしては駄目駄目だって」

マミ「……」

さやか「大切なのは気持ちです。……まあ、だからこそこういう活動っていうのは、
      周りに無理強いしちゃいけないんですけどね。押し付けはもはやただの迷惑行為ですから」

マミ「……」

さやか「その点マミさんの行為には、真っ直ぐな気持ちがこもってましたよ」

マミ「美樹さん……」

さやか「100点満点のグリーンマーク収集活動です」

マミ「……違うのよ」

さやか「そんなことありませんよ。マミさんは―――」

マミ「私、本当は下心から活動を始めたの!」




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:56:36.92 ID:7VYA16+i0
マミ「私はただ皆に認めて欲しくって……」

さやか「マミさん……?」

マミ「張り切ったものの、何をすればいいか分からなくて、それで……」

さやか「動機や結果はどうあれ、頑張ったという事実は変わりませんよ」

マミ「……ありがとう美樹さん。貴女のその言葉で救われたわ」

QB(なんてこった……)





406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:00:08.55 ID:7VYA16+i0
――――


ほむら「投票結果を発表するわ」

マミ「……」ドキドキ

ほむら「まどか3票、巴マミ2票、美樹さやか1票」

マミ(に、2票!?)

ほむら(この字は……、まどかと美樹さやかね、巴マミにいれたのは)

さやか「惜しかったですね、マミさん」

マミ「ううん、いいのよ。私はこれで満足」




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:05:42.82 ID:EXvGaB1l0
イイハナシダナー




412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:12:47.33 ID:n5HHr8Lo0
いい話だな




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:17:55.33 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして私はリーダーになってしまいました)

まどか(そうこうする内に、ワルプルギスの夜も過ぎ、季節は夏に)

まどか(夏ということで、私はある企画の提案をします)




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:18:24.01 ID:TmzaoTu70
>まどか(そうこうする内に、ワルプルギスの夜も過ぎ、季節は夏に)
おいィ?




420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:18:58.73 ID:n5HHr8Lo0
ワルプルギスあっさり




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:19:41.66 ID:ekM4p/5u0
なんでワルプルギスが季節の変わり目行事みたいな扱いになってんの!?




424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:22:34.46 ID:dPulqzi90
ワルプルギスって春の季語かなにかなの?




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:24:02.14 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「みんなで海水浴に行こうよ!」

杏子「おいおい帰巣本能でもはたらいたか?」

さやか「ははっ、あり得るあり得る」

まどか「もうっ、ちゃかさないでよー。せっかくの夏なんだもん、
      皆で海水浴ぐらい行っておきたくない?」

マミ(皆で……、海水浴……! そして美樹さんの水着!)

ほむら(まどかの水着!)

仁美(杏子さんの水着!)




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:25:15.65 ID:SHBQoEYM0
アワビはどうなったんだよwww




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:25:29.13 ID:fZdUMJyr0
仁美が侵されてるwwwwwwwwwwwww




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:32:59.87 ID:7VYA16+i0
まどか「皆はどう思う?」

マミ「いいんじゃないかしら」

ほむら「そうね。私もどちらかといえば賛成よ」

仁美「私も予定さえあれば」

さやか「過半数が賛成かー。そんなら決まりでいいんじゃない?」

杏子「……」

仁美「どうしましたの杏子さん?」

杏子「ぶっちゃけあたし水着持ってねぇ」

仁美(みみ水着が無いということは裸で泳ぐぐぐぐぐぐぐぐ!!?)

まどか「それなら皆で買いに行かない? 私もおニューの水着買いに行きたかったから」

ほむら(!? まどかの水着選びに同行できるということは、
      色々試着してもらったりなんかしてバラエティー豊かな水着姿を……)

ほむら「ぜひ買いに行きましょう。ぜひ」




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:42:19.84 ID:7VYA16+i0
――――

まどか「てなわけで、お買い物にやってきましたショッピングセンター!」

さやか「モノが貝だけに買い物ならぬ貝モノ、なんつってー」

杏子「さむっ!」

まどか「あはは、もう勘弁してよさやかちゃーん」

さやか「へへっ、悪い悪い」









ほむら(いい? 自然な流れでペア3つに分かれるわよ)

マミ(ええ)

仁美(打ち合わせ通りにいきましょう)

3人(ファイト・オー)




455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:56:59.97 ID:7VYA16+i0
まどか「それじゃあ水着売り場に……」

ほむら「あっ、ツメタガイ!」

まどか「ひっ!? ツメタガイ!? いやぁー、肉食の貝はいやぁあああああー!!」

ほむら「まどかがあっちへ走っていってしまったから、ちょっと追ってくるわね」

さやか「あ、うん」

杏子「ツメタガイって何だ?」

仁美「貝を食べる貝のことですわ。ただし基本的にアワビは食べない筈ですわ」

杏子「ふーん。貝が貝を食べるのか」

仁美(……あれ? ひょ、ひょっとしてこれ、なんだか物凄くエロくありません?)

仁美(貝が貝を……食べ……)

仁美「き、禁断の愛の形ですわ……でも素敵」

杏子「??」




465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:07:22.89 ID:7VYA16+i0
マミ(さて、次は……)

仁美(ええ。私の番ですわね)

仁美「あっ! リンゴの試食コーナーですわ!」

杏子「マジで!? 悪い、ちょっと行ってくる!」

仁美「ということなので、私も杏子さんに付き合いますわ」

さやか「へっ? ……あ、シーウィード仁美も杏子も行っちゃった」

マミ「仕方が無いから私たち2人で見て回りましょう」

さやか「そうですね」

マミ「美樹さんはどんな水着を買うつもりなのかしら」

さやか「あたしは……、うーん、あんまり考えてないかなー。マミさんは?」

マミ「私はサイズの関係で種類が少ないから、少しでも可愛いものを選べたらなって」

さやか「おっ。スタイルいい人ならではの悩みですね」

マミ「そんな! 私は美樹さんぐらいの大きさが1番いいんじゃないかなって思うわよ」

さやか「えーっ。あたしは自分でもなんか中途半端な感じですよ」

マミ(ああ、なんだか普通の中学生っぽい! 私今普通の中学生っぽいわ! やった!)




467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:10:26.28 ID:AeMSFZdl0
よかったねマミさん(´;ω;`)




472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:16:22.84 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「ツメタガイ怖いツメタガイ怖い……」

ほむら(震えながら縮こまってるまどかも可愛いわね)

ほむら(だけど流石にちょっと可哀想かな)

ほむら「大丈夫よまどか。もうツメタガイはいないから」

まどか「本当に?」

ほむら「ええ。杏子が佃煮にして食べていたわ」

まどか「よかったぁ……」




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:25:04.40 ID:7VYA16+i0
まどか「あれ? そういえば……、皆は?」

ほむら「はぐれてしまったみたい」

まどか「そっか。私、パニックになって走っちゃったから……。
       でもそれならどうしてほむらちゃんは」

ほむら「そんなことより水着を選びましょう」

まどか「あ、うん。そうだね」

まどか(ほむらちゃん、もしかして私を心配して追いかけてきてくれたのかな?)

ほむら「えーっと、水着売り場は……」

まどか「……ありがとね」

ほむら「っ!? い、今、なんて」

まどか「ふふ。なんでもー。さあ、行こう!」

ほむら(ツメタガイなんてでまかせだったのに……)

ほむら(罪悪感が……)




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:45:44.06 ID:7VYA16+i0
まどか「あっ、ほむらちゃん! この水着どうかな!?」

ほむら「し、白色!?」

ほむら(白って……、それ、水に濡れたら最悪アワビが透けて見えたりとか……)

まどか「ちょっと試着してくるね!」

ほむら「待ちなさい」

まどか「??」

ほむら「その……、白は駄目よ」

まどか「なんで?」

ほむら「なんでもよ」

まどか「それじゃあ納得いかないよ」

ほむら(ど、どう説得すればいいのよ!)

ほむら(口にするしかないの? 白だとアワビ透けんぞーって?)

ほむら(そんなこと、私の口からまどかに言えるわけないじゃない……)




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 16:58:51.22 ID:7VYA16+i0
ほむら(……そうだわ)

ほむら(まどかが着ようとしている水着よりもいいデザインのものを勧めれば)

ほむら(まどかの好みを強く否定することなく、他の水着を着る方向に持っていけるかも)

ほむら「そうだまどか、この水着はどうかしら!?」

まどか「えっ?」

ほむら「ほら、猫のイラスト付きで可愛いわ!」

まどか「……これ、子供用だよ?」

ほむら「あ……」

まどか「……じゃ、白の水着を着てくるね」

ほむら「あわわわ待って待って! それじゃあえっと、この黒い水着なんかどうかしら!?」

まどか「!! それ可愛い!」

ほむら(ホッ……、黒なら……)

ほむら(……あら? 色だけ見て咄嗟に手に取ってしまったけど)

ほむら(この水着、黒いのはいいけど布面積がかなり低いビキニじゃない!?)




501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:05:09.42 ID:7VYA16+i0
ほむら「待ってまどか! その水着はやっぱり良くないわ!」

まどか「えーっ? 勧めてくれたのほむらちゃんだよ?」

ほむら「そ、それでもよくないの!」

まどか「どうして? 凄く気に入ってるのに」

ほむら「だってその……」

ほむら(言えない。まどかアワビがはみ出るからなんて……)

ほむら(美樹さやかや杏子ならズバッと言えるのかもしれないけれど、私には……)

ほむら(そんなまどかを傷つけかねないことは……)




502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:05:58.64 ID:7VYA16+i0
まどか「もういいや、着替えてく―――」

ほむら「私が! 私が着たいのよ、その水着!」

まどか「えええええっ!? ほむらちゃんがこれを!?」

ほむら「ええ! 今年の夏は開放的にいきたいの!」

まどか「そっか。それなら仕方ないね。先に目をつけたのはほむらちゃんだし」

ほむら(ああ、終わった……)




506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:15:03.16 ID:7VYA16+i0
まどか「それじゃあさっそく試着しなよ!」

ほむら「え、ええ……」

――――

試着室


ほむら(やばいやばいやばい何よこれ実際に着てみたら露出度物凄いじゃない!?)

ほむら(は、恥ずかしい……)

ほむら(やっぱり止め……)

ほむら(……い、いいえ)

ほむら(まどかの為だもの)

ほむら(私がこれを着ないと、まどかがハミアワビするはめになっちゃう)

ほむら(……)

ほむら(……)

ほむら(泣きたい)




507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:15:34.59 ID:kPGPoIwF0
ハミアワビwwww




513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:24:49.19 ID:7VYA16+i0
まどか「あ、ほむらちゃーん! 私この水着にしたよ!」

ほむら(あれは……、ゲーマーズのまどかマギカBD全巻購入特典のイラストと同じ水着……)

ほむら(無難なものに落ち着いてよかったわ)

ほむら「私ももっと落ち着いた水着にしようかしら」

まどか「えっ? ほむらちゃんがその水着を止めるなら、私がそれにするよ」

ほむら「……」

まどか「どうする?」

ほむら「やっぱり黒ビキニにします!」

まどか「そっかぁ。残念」

ほむら(まどかはどんだけ黒ビキニ気に入ってるのよ……)




523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:45:27.01 ID:14vtW6GF0
特典ってこれか





527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:54:55.47 ID:7VYA16+i0
――――


杏子「うめぇ超うめぇ!」

仁美(杏子さんは焼きウインナーが好物)

店員1「よかったらこちらもどうぞ」

杏子「おお、いいのか!? やべぇなこの店!
     なんでこんなに気前がいいんだ!? そしてまたうめぇ!」

仁美(杏子さんは魚肉ハンバーグも好物)




528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 17:55:12.98 ID:7VYA16+i0
店員2「こちらもよろしければ」

杏子「おっ、今度は飲み物かい。悪いね!」

仁美(杏子さんはぶどうジュースが好物)

店員3「ケーキのご試食はいかがですか?」

杏子「デザートまで!? やべーよ食の革命だよ!」

仁美(杏子さんはケーキも好き)

仁美(……)

仁美(……)

仁美(むしろ何でも好きなんじゃありませんの?)




532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:05:49.28 ID:7VYA16+i0
杏子「ショッピングモールっていいもんだな、シーウィード仁美!」

仁美「そうですわね。でも私は杏子さんと一緒ならどこでも……」

店員4「ご試食いかがですかー?」

杏子「ん? あ、それはパスで」

仁美(なっ!? 杏子さんが試食をスルー!?)

仁美(いったい何の試食なのか……)







店員4「海藻サラダいかがですかー? ワカメたっぷりですよー!」

仁美(なんでよりによって海藻が駄目なんですのー!?)




533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:12:32.02 ID:7VYA16+i0
仁美(はあ……、海藻だけが駄目だなんて)

仁美(少し嫌な方向に想像を働かせてしまいますわ)

杏子「なんかさっきから元気ないね。あたしと一緒じゃ退屈?」

仁美「いっ、いえ! そういうわけでは!」

杏子「ならいいんだけどさー」

仁美「……」

杏子「あ、そうそう、1つ聞きたかったんだけど」

仁美「何でしょう?」

杏子「シーウィードってどういう意味?」





541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:36:01.25 ID:7VYA16+i0
仁美「シーウィードというのは海藻という意味ですわ」

杏子「そうだったのか! いやー、あたしはてっきり、そういう種類の魚か何かがいるのかと」

仁美(ということは……)

仁美(海藻だけスルーしたことに他意はないんですわよね……?)

仁美(ホッ……)

杏子「あたしさー、ぶっちゃけ海藻って苦手なんだよね」

仁美(がーん)

杏子「でも仁美のことは嫌いじゃないよ」




543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:36:51.46 ID:7VYA16+i0
仁美「えっ!?ほ、本当ですの!?」

杏子「ああ」

仁美「やりましたわ暁美さん! 巴さん!」

杏子「へっ?」

仁美「い、いえ……、何でもありませんわ。こちらの話ですの」

杏子「そうか……? ま、いいや。そろそろ水着を見に行こうか」

仁美「はい!」




545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:40:45.76 ID:7VYA16+i0
まどか「ほむらちゃんの水着かっこいー!」

ほむら「も、もういいよね? 着替えていいわよね?」

まどか「えーっ、もうちょっと見てたいな」

杏子「なんだなんだ。アンタ案外大胆なの着るんだな」

ほむら「きょ、杏子!? ということは……」

仁美「本当ですわね」

ほむら「ああ、シーウィード仁美も……」

ほむら(なんでこんなタイミングで合流しちゃうのよ……)

ほむら(泣きたい……)




546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:42:08.48 ID:yz8XavMY0
仁美だけ二つ名つきなのがジワジワくる




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:50:24.20 ID:7VYA16+i0
――――


さやか「ああー、なかなかいいの見つからないなあ」

マミ「そうねえ……」

マミ(お友達と一緒に水着選びだなんて、まるでリア充になったみたい)

さやか「……あ、これいいかも。ちょっと試着してきますね!」

マミ「ええ……」

マミ(折角だしもっとこう、ガールズトークっぽいことをしたいわね)

マミ(でも普通の女子中学生ってどんな話をするのかしら)




548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:51:05.94 ID:7VYA16+i0
マミ(TAKE1!)

マミ(昨日の魔女はどうだった?)

マミ(うーん、それがグリーフシードを落とさなくてね。まいったまいった)

マミ(……)

マミ(無いわね)

マミ(そもそも美樹さんは魔法少女じゃないし……)




549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:52:53.73 ID:7VYA16+i0
マミ(TAKE2!)

マミ(最近ソウルジェムどうよ)

マミ(いやー、ちょっと黒ずんできてね。まいったまいった)

マミ(……)

マミ(だから私は魔法少女から離れなさいよ……)




551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:56:35.91 ID:7VYA16+i0
マミ(TAKE3!)

マミ(あなたって何座だったかしら?)

マミ(私は○○座ですよ。でも突然どうして?)

マミ(貴女の運勢を占ってあげる)

マミ(わあっ、星座占いですか!?)

マミ(ええ。今日の貴女の運勢は……1位ね)

マミ(やったー!)

マミ(……)

マミ(っぽい! 凄くガールズトークっぽい!)

マミ(この線でいきましょう!)




552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 18:57:19.20 ID:z3WFHdqE0
脳内マミさんによるマミ会議




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:03:27.70 ID:7VYA16+i0
さやか「マミさーん! 着替えてみたんですけど、どうですかこの水着?」

マミ「あ、美樹さん。貴女の星座は水着ぃ!? えっ!?」

マミ(え? え? い、いつのまに美樹さんが水着になって、えええっ!?)

さやか「そ、そんなに変だったかな……」

マミ「いっ、いえ、凄く似合っているわよ! 星座占いに例えると本日の1位って感じね!」

さやか「星座占い……? あはは、何その例えー」

マミ「あはははは……」

さやか「でも似合ってるって言ってもらえたのは嬉しいです」

マミ「はははっ、はい!」

さやか「あたしこの水着に決めよっかな」

マミ(凄いわ私! 今物凄くガールズトークしてる!)




556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:04:29.39 ID:kaPaJJzCP
マミさん輝いてるよ




560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:12:26.61 ID:7VYA16+i0
さやか「マミさんの方は決まりましたか?」

マミ「そうね……。これなんかどうかしら」

さやか(く、黒地に白で骸骨のイラストがプリントされた水着……? あははっ、すっごい水着だ)

さやか「マミさん冗談上手いなー、もう」

マミ「えっ?」

マミ(この水着、冗談だと思われるほど変だったのかしら……)

さやか「その様子だとまだいいのが見つかってないんですね」

マミ「じっ、実はそうなのよ!」

さやか「それならあたしと一緒に選びましょう」

マミ「ええ!」

マミ(さよなら骸骨君……)




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:23:50.91 ID:7VYA16+i0
さやか「これなんかどうです? 黄色いチューブトップの水着」

マミ(ちゅ、チューブトップって何かしら……?)

さやか「マミさん胸大きいし、なんとなく黄色が似合うんで、これ絶対いいとと思いますよ!」

マミ「美樹さんがそんなに言うのなら試着してみようかしら」

さやか「ぜひぜひ!」




567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:33:23.69 ID:7VYA16+i0
――――

試着室


マミ(こ、この水着)

マミ(肩ひもが無いからか、妙に落ち着かないわね)

マミ(でもちょっぴり大人な感じ……かもしれないわ)

さやか「おっ、似合ってるじゃないですか!」

マミ「そうかしら……。って、み、美樹さん!?」

さやか「いやー。布が擦れる音が聞こえなくなったんで、
      もういいかなって思って勝手に入っちゃいました」

マミ「あ……。へ、変じゃない……?」

さやか「さっきも言った通り、凄く似合ってますよ!」

マミ「そう。よかったわ……」

マミ(狭い試着室に2人、それも水着でなんて)

マミ(なんだか急に緊張してきたわ……)




569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:35:37.13 ID:8Bd4RaeK0
マミさんブラジャー上下反対につけてる…




570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:35:58.41 ID:DXhgEpol0
MAMI STYLE




575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:40:31.08 ID:7VYA16+i0
さやか「にしてもマミさん、やっぱ嫉妬するぐらい大きいなー。ほれほれ」

マミ「ちょっ、つ、つつかないで……」

さやか「じゃ、揉んじゃおうかな」

マミ「み、みみ、美樹さん!?」

さやか「あはは、ごめんなさい。ちょっと調子に乗りすぎました」

マミ「いえ……、いいのよ」

マミ(ああ、ドキドキするなぁ)

さやか「野外活動の時とか、よくこうやってまどかとじゃれあうんですよねー」

マミ「えっ? 鹿目さんと?」

さやか「はい。あの子ったらあれで意外と反撃がしつこくって、ついじゃれあいが加熱しちゃったり」

マミ「……」




579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:47:32.50 ID:7VYA16+i0
マミ「……揉んでもいいわよ」

さやか「えっ?」

マミ「わっ、私の胸も鹿目さんみたいに」

さやか「そうですか? それじゃ遠慮なく!」

マミ「……」

さやか(……? な、なんかマミさん、黙って目をつぶっちゃった)モミモミ

マミ「……」

さやか(しかも頬が赤らんでて……)モミモミ

マミ「もっといいわよ」

さやか「あ、はい」モミモミ

さやか(だんだん変な気分になってきた……)モミモミ

さやか(何この空気は……)モミモミ




584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:52:50.24 ID:7VYA16+i0
さやか「あの、マミさん……」モミモミ

マミ「何かしら……」

さやか「えっとその」





「放して! 放して杏子! シーウィード仁美!」

「そう言われると放したくなくなるな」

「いやだー! いやー! 助けてまどかー!」




585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 19:53:07.92 ID:7VYA16+i0
さやか「……あれ、ほむら達の声ですよね?」

マミ「そのようね」

さやか「何やってんのやら。行ってみましょっか」

マミ「うっ、うん」

マミ(……)

マミ(いいところだったのにぃぃ……)




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 20:40:02.33 ID:7VYA16+i0
――――


ほむら「助けてまどかー!」

まどか「ええー。似合ってるからいいと思うよ」

さやか「……あんたら何やってるわけ?」

ほむら「この際、美樹さやかでもいいから助けて!」

さやか「うわー。そんな言い方されると助ける気が失せちゃうな」

ほむら「嘘うそ! 助けて美樹さやか! 巴マミも!」

マミ「いったい何なのこれは?」

杏子「いやな。ほむらには、水着を着たままレジを通してもらおうって話になってさ」

ほむら「そんな恥ずかしいことできるわけないじゃない!」

ほむら(うう……、ワルプル期間過ぎて時止めできなくなったのが痛すぎるわ……)

仁美「ほむらさん。あんまり暴れすぎると他のお客様に迷惑ですわよ」

ほむら「だってぇ……」




619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 20:50:46.00 ID:7VYA16+i0
ほむら「い……今着てるこの商品をください……」

店員「はい。では、少し失礼いたします」

ほむら(む、胸にバーコード読み取る機械当てられるなんて……)

ほむら(羞恥プレイにもほどがあるわ……)

店員「水着が1品で、3980円になります」

ほむら「……」

店員「10000からお預かりいたします。こちら大きい方からお先に、
     1、2、3、4、5、6000円になります」

ほむら(もう何でもいいから早くして……)








まどか「ほむらちゃん恥ずかしそうだね」

杏子「いやー、あいつあんな顔するんだな」

マミ(何故かしら……、私のぼっち心が痛む光景だわ)




621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 20:53:00.60 ID:7VYA16+i0
店員「ご確認願えますか? 1、2、3、4、5、6000円」

ほむら「は、はい……」

ほむら(確認なんていいから早くぅ……)

店員「では、こちら20円になります」

ほむら(よし、やっとこれで―――)

店員「お客様、当店のスタンプカードはお持ちですか?」

ほむら「え? あ、も、持ってないです」

ほむら(まだ解放されないのぉおおおお!?)




625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 20:59:54.56 ID:7VYA16+i0
ほむら「死ぬかと思ったわ……」

まどか「お疲れ様、ほむらちゃん! かっこよかったよ!」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「よしよし。後でパフェおごってあげる」

さやか「でもなんであんな流れに?」

杏子「ほむらのやつ、シーフードじゃんけんで負けたんだよ」

さやか「ああ、シーフードじゃんけんなら仕方ないや」

マミ「そうね、シーフードじゃんけんなら」

仁美「ですわね」

ほむら「うう……、あそこでエビを出しておけば……」




626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:01:17.41 ID:S/d4hiG60
シーフードじゃんけんwwwww




630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:06:15.60 ID:7VYA16+i0
仁美「ところでほむらさんはそのままお帰りになるんですの?」

さやか「まあ、シーフードじゃんけんで負けたんならそうなるんじゃない?」

ほむら「ううう……それだけは許して」

まどか「あはは、確かにこのフロアの外はさすがにキツイよね」

杏子「だな。ここらへんで終わりにしとくか。よく頑張ったなほむら!」

ほむら「よかった……」

まどか「やりすぎちゃってごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「いいのまどか。元はといえばシーフードじゃんけんで負けたのが悪いんだから……」

マミ(とりあえず流れに乗ってみたけどシーフードじゃんけんって何なのかしら)




636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:21:31.31 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして私達シーフードセクステットは水着を入手しました)

まどか(どっきどきの海合宿まで後わずか!)

まどか(……合宿へ出発する前の私は、まだ知る由もありませんでした)

まどか(私が海水浴すると、どんな悲劇を巻き起こすかを)




640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:23:53.88 ID:7VYA16+i0
――――




仁美「大丈夫ですの、杏子さん? 水で戻した後の増えるわかめみたいな顔色ですわ・……」

杏子「正直バス酔いした……。普段乗り物なんて乗んねーからな……」

ほむら「同じく……」

まどか「大丈夫ほむらちゃん? 背中さすってあげるね」

ほむら「……ふうっ、……ふうっ……」

まどか「ほ、本当に大丈夫? 息が荒いよ?」

ほむら「ええ……」

ほむら(まどかの優しさと可愛さで私のハートがオーバーヒートしそう)




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:26:44.10 ID:ekM4p/5u0
水で戻した後の増えるわかめ・・・分かるような分からんような・・・




644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:31:51.34 ID:7VYA16+i0
さやか「そろそろ2人とも落ち着いてきた?」

杏子「ああ……、もたつかせて悪かったな」

マミ「ふふ、仕方ないわよ。責任を感じることはないわ」

マミ(かっいすいよっく! かっいすいよっく!)

まどか「それじゃあ海水浴開始ー! ビーチをシーフードで埋め尽くしちゃおう!」

さやか「と、その前に着替え着替え」

まどか「ふっふっふ。実は私は服の下に水着を着てきたから一瞬で泳げるんだよ!」

さやか「えー、そんな子供っぽ―――」

杏子「実はあたしも」

仁美「私もですわ」

ほむら「私もよ」

マミ「あら。皆もなの?」

さやか「……あたしが少数派かよ!」




652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:39:35.65 ID:7VYA16+i0
まどか「1番乗りー!」

杏子「負けるかー!」

ほむら「……」サッ

杏子「いってぇ!? ちょ、ほむら、テメェ! 足出しただろ今! 転ばせにかかってきたな!」

ほむら「偶然よ偶然」

まどか「わー、気持ちいい! まるで久しぶりに自分のお家に帰った時みたいな気分!」

ほむら「素敵よまどか」

まどか「ほむらちゃんもおいでよー!」

杏子「ちっくしょ!」

仁美「あらあら」

さやか「あーあ、皆待ってくれてもいいのに」

マミ「私だけじゃ嫌だった?」

さやか「そんなことないですよ! やっぱマミさんはやっさしー!」




656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:49:04.15 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「それそれっ! 水アターック!」バシャバシャ

ほむら「やったわね」バシャバシャ

まどか「きゃっ!? お返しだー」バシャバシャ

ほむら「お返しのお返しよ」バシャバシャ

杏子「ほむらに加勢するかな!」バシャバシャバシャ

仁美「では私も」バシャバシャ

まどか「ひどいよ、いじめだよー」

杏子「おっ、まどかが逃げたぞ。待てま……ぶわっ!?」

ほむら「次は杏子……、貴女の番よ」

杏子「いいだろう。受けて立ってやる」

まどか「ほむらちゃん頑張れー」

仁美「杏子さんも頑張ってくださいまし」




657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:52:12.62 ID:7oSidDk40
ここからが本当の地獄だ...




664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:57:20.42 ID:7VYA16+i0
まどか「あはははは……」

まどか(……あれ?)

まどか(なんだか……、下半身に違和感が)

まどか(ま、いっか)

さやか「あたし達も混ぜて混ぜて!」

まどか「仁美ちゃん。さやかちゃんが的役を引き受けてくれるって」

仁美「あら、そうなんですの」

さやか「おおっ、言うね2人とも。マミさん、一緒にこの生意気な連中を懲らしめましょう!」

マミ「そうね。シーフード・フィナーレ!」バシャアアアアアッ

さやか「うおっ!? 水量凄っ!?」




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 21:58:50.97 ID:syNYLKtM0
下半身に違和感きたか




670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:06:06.48 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「はあっ、たくさん遊んで疲れたー」

ほむら「まどか。2人で砂浜にお城でも作らない?」

まどか「楽しそう! いったん砂浜に戻ろうか!」




679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:10:58.92 ID:7VYA16+i0
まどか「うわあ、外に出ると砂がべたついて気持ち悪い」

ほむら「ちょっと困っちゃうよね」






客1「くすくすくす」

外人客1「Oh! アンビリーバボー!」





まどか(……? なんだか周りから笑い声が)

ほむら「ね、ねえまどか……、その下半身、どうしたの?」

まどか「えっ? あ、あああっ!!?」

まどか(海水でアワビが膨らんで……下の水着がモッコリしてる!?)




684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:15:13.12 ID:7VYA16+i0
外人客2「HAHAHA! ジャパニーズモッコリガール! HAHAHA!」

まどか「いやっ、いやあっ!」

ほむら「まどか……」

まどか「やだやだやだ! 海の中に戻る!」

ほむら「え、ええ……」

外人客3「ファンタスティーック!」

まどか「う、うう……見ないでよぉ……」

ほむら(まどか……。せっかくコンプレックスを忘れつつあったのに……)




685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:18:20.58 ID:TmzaoTu70
外人うぜぇwwwwwww




686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:19:18.59 ID:fst/UHdP0
誰かパレオ持ってこい




688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:21:35.61 ID:7VYA16+i0
まどか「う……ぐすっ……ぐすっ」

――――


まどか「ぐすっ、ぐすっ……」

ほむら「もう大丈夫よ、まどか。海の中なら誰も気付かないわ」

まどか「本当……?」

ほむら「ええ。だから安心して。……ね?」

まどか「うん……」ギュッ

ほむら(まどかの方から手を握ってきてくれた……)

ほむら(なのに何故かしら、よこしまな気持ちが湧いてこないわ)




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:25:16.20 ID:7VYA16+i0
まどか「ほむらちゃん、私やっぱり変なのかなぁ」

ほむら「……」

まどか「これから一生、磯臭いモッコリガールとして生きていくしかないのかな……」

ほむら(まどか、私は……)

まどか「何も言ってくれないんだね」

ほむら「違う、そうじゃないの! 私は……」









まどか「私、海に帰る」

ほむら「っ!?」




694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:26:04.77 ID:FOese4lA0
実家に帰らせて頂きます的な展開の昼ドラになった




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:33:21.46 ID:7VYA16+i0
まどか「私の股間がね、こう言ってるんだ。海が恋しいって」

ほむら「……」

まどか「地上の世界は私を受け入れてくれない。
      でも、海なら……、私の股間を優しく包み込んでくれる」

ほむら「まどか聞いて、私はあなたのことが」

まどか「それ以上言わないで!」

ほむら「えっ……」

まどか「ほむらちゃん、優しすぎるんだよ……。
      だから私、ついつい普通の女の子に戻ったような気になっちゃうの」

まどか「そんな筈無いのに……。家でお風呂に入る度、現実を知って泣くはめになるのに……。
       それでも、夢見ちゃうんだ……、ほむらちゃんといると」




707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:40:20.97 ID:7VYA16+i0
まどか「……ごめん。幼馴染の赤貝の赤子ちゃんが呼んでるから、もう帰るね」

ほむら「……」ギュッ

まどか「放してよ……」

ほむら「嫌よ」ギュッ

まどか「放してよぉ……」

ほむら「お願い、行かないで」




708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:40:51.00 ID:ROLzJfop0
幼馴染ってなんだよwwwwwwwwwww




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:41:28.58 ID:fst/UHdP0
いつから幼なじみが赤貝になったんや




717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:45:02.33 ID:7VYA16+i0
ほむら「貝の仲間のまどかにとって、海中の方が住みやすいのは分かってる」

まどか「うん。だから私は……」

ほむら「それでも駄目なの。私、まどかがいないと駄目になっちゃうのよ……」

まどか「……」

ほむら「凄く勝手だよね? ごめんね。だけど私、まどかとずっと一緒にいたい。
      股間のアワビも何もかも、全部ひっくるめてまどかが好きだから!」

まどか「……」

ほむら「あなたは私の全てなの! 愛してるの!」

まどか「……」

ほむら「だからお願いします。私のわがままに付き合って下さい。
      私と……、ずっと一緒にいてください、お願いだから」




728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:51:30.23 ID:7VYA16+i0
まどか「こんな私なんかを全てだって言ってくれるの?」

ほむら「ええ」

まどか「濡れるとモッコリしちゃうんだよ?」

ほむら「それはそれでいいわよ」

まどか「……ほむらちゃん好き」

ほむら「私も」




729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:52:43.53 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして私は地上で生きる決意を固めました)

まどか(しかし、私とほむらちゃんが外人客2に報復している裏で)

まどか(もう1つの重大な事件が起こっていたのです)




735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:56:03.70 ID:woaFVRyK0
外人客2?

あぁwwwジャパニーズモッコリガールwww




737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:58:03.85 ID:7VYA16+i0
杏子「お、おい仁美……、アンタ髪の毛が……」

仁美「?? そういえばなんだか頭が重いような……、って、なんですのこれー!?」

杏子「髪が膨らんでやがる!」

仁美「そんな……、まさか私の髪の毛が増えるわかめでできていたなんて……」

杏子「まーでも髪の毛なら切って調節できるからいいんじゃね?」

仁美「それもそうですわね!」




738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:58:15.61 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして第2の事件も解決されました)

まどか(しかしこの後、最後の事件が発生します)




740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:58:57.13 ID:TmzaoTu70
仁美の事件どうでもよすぎワロタwwww




741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 22:59:22.82 ID:1ZzzDGWc0
第二の事件必要だったか?www




752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:05:55.34 ID:7VYA16+i0
さやか「よーし、マミさん! どこまで泳げるか競争しましょう!」

マミ「いいわよ!」


ばしゃばしゃばしゃばしゃ


さやか「ふうっ、大分遠くまで来ましたね、マミさん」

マミ「……」

さやか「えっ、マミさん……? 嘘ですよね? マミさん!」

マミ「……」

さやか「そんな……、マミさんが死んでる……」

さやか「とりあえず砂浜に連れ帰って、心臓マッサージをしないと……」




754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:06:20.79 ID:TmzaoTu70
え、ちょ




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:06:30.30 ID:1ZzzDGWc0
大事件すぎるだろw




758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:07:09.32 ID:SHBQoEYM0
なんでだよwwww




759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:07:18.82 ID:7VYA16+i0
――――


さやか(マミさん……息を吹き返してください、マミさん……)

マミ「……あら? 私、一体どうしてさやかさんに引っ張られてるの?」

さやか「!? 気がついたんですかマミさん、よかった!」

マミ「え、ええ……。あの、一体何が……?」

さやか「びっくりしたんですよー、いきなりマミさんが意識を失ったんです!」

マミ「ええっ!?」

さやか「何故か砂浜の方に近づいたら息を吹き返しましたけど……。
      ああ、もうなんでもいいや! 本当に良かった! 心配しました!」

マミ(あ、だ、抱きつかれ……、胸が当たって……)




762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:07:51.32 ID:nBI2jfHc0
ソウルジェム持ってこなかったのかよ
うっかりさんめマミマミ




763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:08:31.16 ID:YTt5YRuS0
そういえばマミさんはソウルジェムが本体だって知らないのか




765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:09:24.77 ID:7VYA16+i0
マミ「よーし。それじゃあもう1度泳ぎの競争をしましょう!」

さやか「大丈夫ですか?」

マミ「もっちろん!」











マミ「……」

さやか「マミさぁああああああああん!」




767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:12:04.42 ID:RNsTmZ3N0
一回で学習はむりかwww




768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:13:25.40 ID:7VYA16+i0
マミ「はあ、はあ……。あら? もしかして私……」

さやか「気がついたんですか!?」

マミ「そっか、また意識を失って……」

さやか「もうっ、心配させないでください!」

マミ「ごめんなさいね」

さやか「……じゃ、もう一勝負いっときます?」

マミ「ええ」









マミ「……」

さやか「マミさぁああああああああああん!」




769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:13:51.52 ID:nHmTzb97i
さやかってホント馬鹿




770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:13:52.41 ID:nET6frX40
もういいだろwwwwww




772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:14:21.23 ID:Nqa3MksX0
まさかのループ展開wwww




780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:18:58.88 ID:7VYA16+i0
――――


さやか「マミさぁあああああああああああん!」

マミ「はーい!」

さやか「お。やっぱりここらへんまでくると生き返るなあ」

マミ「えーっと、これで何度目?」

さやか「23回目です」

マミ「もうこれ、1個人の蘇生回数としては有史以来最高クラスなんじゃないかしら!?」

さやか「いけますよ! これきっとギネス狙えます!」

マミ「すごーい! そしたらお友達たくさんできるかしら!」

さやか「そんなもん余裕ですよ余裕!」




781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:19:51.56 ID:5Jvg+gZV0
こいつらwwwwwwwwwwwwwwww




789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:21:46.26 ID:yVBvSSDJ0
沿岸の理




798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:26:23.49 ID:zD26BIaQ0
>>789
心意気は評価しよう




790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:22:44.54 ID:7VYA16+i0
まどか(こうして私達の海水浴は終わりを迎えました)

まどか(ちなみに蘇生回数のギネス記録は認められなかったそうです)

まどか(それから、私達はバスで見滝原に帰り、その足で公園に向かいました)

まどか(そしてそこで、最後のイベントに入ります)

まどか(そう。夏の夜恒例のあれです)




799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:27:48.70 ID:7VYA16+i0
――――


まどか「どっきどき! シーフード花火!」

杏子「いえーい!」

さやか「いや何だよシーフード花火って!?」

ほむら「シーフード花火と言ったらシーフード花火よ」

さやか「なんだそりゃ」

マミ「ああ……、貧血で倒れそう……」

さやか「ちょっ、マミさん大丈夫ですか!?」

マミ「え、ええ。ごめんなさいね……、沿岸の理に導かれかけすぎて疲れが……」

仁美「随分大はしゃぎしていましたものね」




802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:29:01.10 ID:nHmTzb97i
使いやがったwww




809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:32:59.25 ID:7VYA16+i0
まどか「ほむらちゃん、一緒にエビ花火しよう!」

ほむら「そうね」

さやか「エビ花火? ……って、ただの赤い花火じゃん!」

まどか「ねね、私と左右対称に動かしてくれる?」

ほむら「ええ、いいけれど……」

ほむら(何が目的なのかしら?)

まどか「見てみてー! 2人で作った真っ赤なハート!」

ほむら「あ、そういう……。まどかったら、もう」

まどか「えへへ」

さやか「ひゅーひゅー! 熱いね熱いね!」

まどか「いやぁー、それほどでもあるかも」




813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:37:38.40 ID:7VYA16+i0
マミ「くらげ花火……?」

仁美「やってみましょうか。それっ!」

杏子「おー、すっげー!」

さやか「ああ、くらげ花火はパラシュートが打ち上げられるアレね」

仁美(あ、落下傘がちょうど私の方へ……)

杏子「落下傘はいただくぜ!」

仁美(え? ちょっと、ええっ!? きょ、杏子さんが私の方へ―――)








杏子「……」

仁美「……」

杏子「お、押し倒したりなんかしちまってワリィ」

仁美「いえ……、あの、私はもう少しぐらいこのままでも……」




816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:43:21.04 ID:7VYA16+i0
さやか「イソギンチャク花火? これはもしや……」

マミ「火をつけてみましょうか」

さやか「あっ、ま、マミさん! 名称的に、それは手で持ったままだと危ないです!」

マミ「えっ? あ、あっつぅぅぅぅううう!?」

さやか「大丈夫でしたか?」

マミ「ええ……。まさか勢いよく火を噴き出すタイプの花火だなんて」

さやか「……ぷっ、あはははは」

マミ「ちょっ、美樹さん!?」

さやか「あはははは、すみません……、ただ、おかしくて、あはははは!」

マミ「ふふふっ、そうよね。普通は形で気がつくわよね」

さやか「はははっ、ですよですよ! マミさんうっかりしすぎです!」

マミ「ぷっ……、自分で自分が馬鹿みたいに思えてきちゃった、あはは……」

さやか「笑いすぎてお腹が……」

マミ「私なんて涙が出てきちゃった」

マミ(ああ、楽しい)




818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:45:11.27 ID:7VYA16+i0
まどか「最後はハリセンボン花火で締め、だね」

ほむら「綺麗ね……」

杏子「なんつーか、情緒があるよな」

仁美「いいですわよね」

さやか「誰が最後まで残るか競争しようよ!」

マミ「負けないわよ!」




828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:52:42.38 ID:7VYA16+i0
――――

こうしてシーフードセクステットの夏は終わりました


「まどかー! コンビニに寄ってラムネでも買っていきましょう!」

「あ、待ってよほむらちゃーん。もうちょっと余韻に浸らせてー!」

「杏子さん、今度家で美味しいお食事を召し上がりませんか?」

「やったー! 行く行く!」

「マミさんって案外うっかりやさんなんですね、ちょっと親近感」

「あー、言ったわね? 美……、ううん。さやかさんったら!」


夏の夜風と、鼻に残る火薬の匂いと、べたつく汗は、何故だかとても心地よくて
この夏のこと、きっと一生忘れないのだろうなと、そんな予感がしました


「シーフードセクステットは永久に不滅だよ! みんな!」






おわり




832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:54:10.51 ID:DXhgEpol0
あわび受け入れエンドか




833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:54:16.46 ID:aFDn5hLtO
ちょっとかっぱ寿司行ってくる




834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:54:18.96 ID:ztweW+RM0





837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:54:38.51 ID:fst/UHdP0
結局アワビのままなんかい!





844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:55:28.36 ID:f4V7amLSP
乙!
でもスレタイから何も解決してねえwwwww




845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 23:55:47.89 ID:7VYA16+i0
蛇足かもしれないけど念のため補足


マミさんが海で死んだ理由→砂浜にソウルジェムを置きっぱなしにしていたから
ハリセンボン花火→線香花火









----------------
当ブログについて
※欄358さんありがとうです。



魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)原案:Magica Quartet 原作:平松正樹 画:天杉貴志

芳文社 2011-05-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 13:57: :edit
    さぁ、振り切るぜ!ヽ(゜∀゜)ノ
  2. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/14(土) 13:58: :edit
    わけがわからないよ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 14:18: :edit
    アワビ兄貴オッスオッス
  4. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/14(土) 14:31: :edit
    ベルマークどこへ行ったwww
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 14:43: :edit
    僕は何を思えばいいんだろう?
  6. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/14(土) 15:16: :edit
    なんだかわからんけど面白かったw
    言葉のチョイスが絶妙だな
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 15:30: :edit
    ※5僕は何て言えばいいんだろう?
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 15:36: :edit
    中々面白かったわ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 15:44: :edit
    シーウィード仁美の語感が良すぎるwww
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 15:51: :edit
    もうアワビ喰えない…
  11. 名前:   #-: 2011/05/14(土) 16:54: :edit
    ※10
    いやむしろ食べるだろ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 17:14: :edit
    グリシーフード
  13. 名前: シルヴィア #-: 2011/05/14(土) 17:26: :edit

    確かな才能を感じる

  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 17:47: :edit
    ここ最近で一番面白かったわ
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 17:59: :edit
    マミさんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 19:02: :edit
    アワビになったら…おにんにんはいるのか…?
  17. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #BsqUATt6: 2011/05/14(土) 19:33: :edit
    意外といいなマミさや
  18. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/14(土) 19:47: :edit
    杏仁、さやマミは新しかった。
  19. 名前: チハリス #-: 2011/05/14(土) 20:03: :edit
    みんな幸せに過ごせて良いじゃないか( ^ω^)
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 20:32: :edit
    イイハナシナンダケドセッテイガナー
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 20:58: :edit
    さやマミは意外と相性いいなw
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 21:01: :edit
    イイハナシダナー
  23. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2011/05/14(土) 21:04: :edit
    磯臭い人が海が恋しいとか言ってると深きものどもと間違えられるぞ
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 22:49: :edit
    なんかこのss磯臭くね?
  25. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/14(土) 22:51: :edit
    シーフードじゃんけんって
    パーはヒトデさん
    チョキはカニさんなんだろうが
    グーはなんなんだろ
  26. 名前: 名無し #-: 2011/05/14(土) 22:53: :edit
    ぷん太のアワビをくちゅくちゅしたいよぅ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 23:03: :edit
    ちょっと意味わからないです
    でも面白www
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/15(日) 00:23: :edit
    沿岸の理コントワラタw
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/15(日) 00:25: :edit
    名作だな
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/15(日) 04:05: :edit
    センスが凄過ぎるw作者天才だなw
  31. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/15(日) 06:12: :edit
    ※25
    お前シーフードじゃんけん知らないのか?
    バフンウニに決まってるだろ
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/15(日) 13:51: :edit
    今後料理番組のアワビを平静な心境で見れない気がする。

    検索してみた 5/22 18:30~BS朝日「食彩の王国」
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/15(日) 14:01: :edit
    わけがわからないよwwww
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/16(月) 01:32: :edit
    さやマミいい!えろもみたいー
  35. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/18(水) 16:26: :edit
    おもしろかったよw
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/02(木) 16:16: :edit
    まどかのまんまんがアワビになると
    皆こんなにも幸せになるんだな…




    ……あれっ……


    俺はいったいなにをいっているんだ…


  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/09/07(金) 15:17: :edit
    異様に面白かった
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。