ほむら「まどかの・・・検尿ボトル・・・」ゴクリ

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/12(木)
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:23:32.21 ID:xegZJ/c+0
まどか「どうかしたの、ほむらちゃん?」

ほむら「!? な、なんでもないわ」

ほむら(あなたの尿に見とれていました、なんていえるわけないじゃない!)

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「な、何?」

まどか「なんだかさっきからボーっとしてるけど……熱でもあるの?」

ほむら「いえ、その……えーっと……」チラッ

まどか「検尿がどうかした?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:27:33.50 ID:xegZJ/c+0

ほむら「検尿……そ、そう!検尿のことでちょっと悩んでいたの」

まどか「あ、もしかして忘れちゃったの?よくあることだからそんなに気にしないでもいいんだよ。先生には私か」

ほむら「そ、そうじゃないの。」

まどか「え?」

ほむら「忘れたのは忘れたのだけれど……私、ずっと入院していて、学校にまともに行っていないことは知ってるわよね?」

まどか「うん。でもその割りには勉強もよくできるし運動神経もいいよね!」

ほむら「ありがとう……。でね、私こういう……検尿を自分でやるのって初めてで……採り方がよくわからないの」

まどか「そうなの……」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:32:58.81 ID:xegZJ/c+0


ほむら「そう……でもこんなことを言うのは恥ずかしいし……あ」

まどか「」

ほむら「ご、ごめんなさい……鹿目さんって話しやすくて……」

まどか「いいんだよほむらちゃん、誰にだって初めてのことはあるんだから」

ほむら(よしよし……苦しい言い訳だったけれど、意外と通じるものなのね!)

ほむら「明日はきっと持って来るわ」

まどか「わかったよ!でもほむらちゃん、一人で大丈夫?」

ほむら「えっ?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:37:24.56 ID:xegZJ/c+0
まどか「今日は採り方がわからなくて持ってこられなかったんだよね?」

ほむら「え、えぇ……でも」

まどか「じゃあ明日もわからないんじゃないかな?」

ほむら「い、いえでもきっと……」

まどか「わからないよね?」

ほむら「はい……」

まどか「ふぅ……ほむらちゃんは14歳にもなって一人じゃおしっこを採ることもできないんだ?」

ほむら「……ごめんなさい」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:39:08.22 ID:6YiiVM2/0
ほむほむがMに目覚める…




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:43:25.56 ID:xegZJ/c+0


まどか「どうして謝るの?仕方ないことだよ、だって今までずっと病院暮らしだったんだもの」

ほむら「そうね……」

まどか「うーんでもどうしよっか?ほむらちゃんには任せられないし……」

ほむら「そ、それなら……鹿目さんがその……」

まどか「ん?なぁに?」

ほむら「お、お手本を……見せてくれたら……フヒッ、きっと……」

まどか「えぇ~……でも、恥ずかしいよ」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:43:50.40 ID:zQDrT4Nx0
>>27
フヒッwww




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:45:51.90 ID:+bRfIjfQ0
ほむら本性見えてる!




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:45:53.27 ID:ZjL0K+a30
おいwwwwwwwwwwww




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:46:57.20 ID:xegZJ/c+0

ほむら「そ、そうよね……ごめんなさい、こんな気持ちの悪いことを言って……」

まどか「ううん、いいの……よし決めたよ!」

ほむら「?」

まどか「恥ずかしいけれど、ほむらちゃんのためなら一肌ぬぐよ!」

ほむら「そ、それって……」

まどか「私がほむらちゃんにおしっこの採り方を教えてあげる!」

ほむら(キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:47:56.64 ID:qaaUqCdxO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:53:21.88 ID:xegZJ/c+0

ほむら「あ、あ、ありがとう鹿目さん……そ、それでその、い、いつ教えてもら、フフ、教えてもらえるのかしら?」ファサッ

まどか「ほむらちゃんちょっと怖いよ……」

ほむら「あ、あらごめんなさい。まさか引き受けてくれるとは思わなかったから、ちょっと動揺、してしまったわ」

まどか「うふふ、でも私保険委員だから!それに……」

ほむら「……それに?」

まどか「新しいお友達のためだもん、少しくらい恥ずかしくてもへっちゃらだよ!」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:56:00.26 ID:GPsRpMY/0
クラスのみんなには・・・内緒だよ?




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 17:59:30.09 ID:xegZJ/c+0

ほむら(女神……)

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「あ、はい、どうかしたの?」

まどか「その、いつ教えるかってことなんだけどね」

ほむら「い、今すぐにでも!」

まどか「ここ学校だよほむらちゃん……」

ほむら「そ、そうね……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:05:46.54 ID:xegZJ/c+0
まどか「流石に学校で教えるってわけにはいかないし、放課後より後ってことになりそうなんだけどて……それでもいいかな?」

ほむら「大丈夫よ。特に予定はないし、あっても空けておくわ」

まどか「うふふ、ありがとうほむらちゃん。放課後、4時すぎに下駄箱で待ち合わせってことでいいかな?」

ほむら「了解したわ」

まどか「じゃあまた後でね」トテトテ

ほむら「はい」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:12:20.16 ID:xegZJ/c+0
さやか「まどか、転校生と何の話してたの?」

まどか「んー?別に、たいしたことじゃないよ。学校にまだ慣れてないからそのへんのことをちょっとね」

さやか「ふーん……仏頂面だと思ってた暁美さんがなんだか表情豊かになったからびっくりしちゃった」

まどか「ほむらちゃんも緊張してたんだよ、いい子なんだよ。仲良くしてあげてね、さやかちゃん」

さやか「おう、嫁の頼みとありゃあ聞かないわけにはいかんね!全力でかわいがってやろうじゃあないのー!」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:15:42.09 ID:KOD4gaKz0
さやかぁ…




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:19:27.06 ID:xegZJ/c+0


さやか「と、いうわけで暁美さん!」

ほむら「何?」

さやか「放課後、街に遊びに」

ほむら「結構よ」

さやか「あの、案内も兼ねて」

ほむら「遠慮しておくわ」

さやか「さきっちょだけ、さきっちょだけだから」

ほむら「ごめんなさい、予定があるの」

さやか「そ、そう……それなら仕方ないよね……ごめんね……」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:20:32.50 ID:wLWWaYCs0
さきっちょ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:26:36.98 ID:xegZJ/c+0

まどか「うふふ、ふられちゃったねさやかちゃん」

さやか「なんかあたしにだけ厳しくない?」

まどか「そうかな?」

さやか「そうだよ……」

まどか「じゃあ慰めてあげる」ナデナデ


さやか「ふぇ~んまどかぁ~」

まどか「よしよしいい子いい子」

さやか「よし立ち直った!やっぱりまどかはあたしの嫁だ!」

まどか「もう、さやかちゃんったら」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:30:38.92 ID:xegZJ/c+0
ほむら(……)

ほむら「泥棒猫……」ギリッ

仁美「ヒィッ!」

ほむら(私のまどかに……)

ほむら(おのれ美樹さやか……この時間軸でも私の行く手を阻むか……)

ほむら(落ち着け……落ち着くのよ明美ほむら……放課後にはまどかの尿レッスンが待ってるんだから……)

ほむら(まどかの尿……まどかのおしっこ……やはりまどかには「尿」よりも「おしっこ」って言ってもらった方がクるものがある……)

ほむら(こういうのを萌えって言うのかしら……まどか萌え……ふふ……)

ほむら(あぁ……放課後が待ち遠しい!)




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:35:51.28 ID:xegZJ/c+0

放課後

ほむら「……」ソワソワ

ほむら「……」チラッ

ほむら「……ソワソワ

ほむら「……」チラッチラッ

ほむら「まどかはまだかしら……」

「……ラチャーン」

ほむら「……」ピクッ




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:36:14.16 ID:+bRfIjfQ0
イクラチャーン




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:39:22.25 ID:DFsVaoqG0
ハーイ




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:40:27.05 ID:xegZJ/c+0
まどか「お待たせー!ほむらちゃん、待った?」

ほむら「ま、待ってなどいないわ」

まどか「そう、それならいいんだけど……あ」

ほむら「どうかしたの?」

まどか「なんだか今のやりとり、デートの待ち合わせみたいだね!えへへ」

ほむら「デート……」ゴクリ

まどか「あはは、冗談冗談」

ほむら「わた、私は本当にそうなっても……ゴニョゴニョ」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:45:07.12 ID:xegZJ/c+0

まどか「何か言った?」

ほむら「いいえ……どこに行くのかと思って……」

まどか「うーん、それなんだけど……ほむらちゃんちってご家族の方がいたりする?」

ほむら「いいえ。今は一人暮らししているから誰もいないわ」

まどか「そう……あのね、私の家は専業主夫のお父さんがずっといるの」

ほむら「知っ……そうなの。じゃあ私の家で……」

まどか「ほむらちゃんがよければ……どうかな?」

ほむら「問題はないわ。じゃあ、行きましょうか」

まどか「うわぁ、ありがとう!」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:48:32.35 ID:xegZJ/c+0


ほむら「いえ、お礼を言うのは私のほうよ」テクテク

まどか「あはは、このくらい気にしない気にしない」トテトテ

ほむら「えぇ……」

ほむら(今思えば……この子には何度も救われた……最初の世界……その次の世界……私に光と希望をくれたのはまどか、あなた……)

ほむら(どれだけ感謝の言葉を連ねてもとても足りない……そのくらい……私はまどかに……)グスッ

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「何でも、ズビッ、ない……ちょっと目にごみが入ってしまったみたいで……」

まどか「そう?大丈夫?」

ほむら「えぇ、もう平気よ。ありがとう」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:55:59.67 ID:xegZJ/c+0



ほむら(……こんな女神のようなまどかのおしっこするところを見たいと思ってしまう私って……)

ほむら(なんだかすごく罪悪感が沸いてきたわ……)

ほむら(こんな無垢で天使のようなまどかを騙すようなことをして……)

ほむら(……)

ほむら(やっぱりいけないことだわ)

ほむら(一時の感情に任せてとんでもない間違いを起こすところだった)

ほむら「あ、あの、鹿目さんっ!」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 18:59:31.46 ID:xegZJ/c+0


まどか「なぁに、ほむらちゃん?」

ほむら「あのね……私よく考えてみたら病院で自分でその……検尿をしたことがあって……勝手が違うからわからなかったけれど、きっと一人でできると思うの……」

まどか「うん」

ほむら「……その、鹿目さんに教えてもらわなくてもたぶん大丈夫だから……」

まどか「……そっか」

ほむら「そう、だから今日はもう」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:00:29.42 ID:llUk7yQa0
そこでへたれるのかよ




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:01:46.86 ID:xegZJ/c+0
まどか「ほむらちゃんってばうっかり屋さん!」

ほむら「!?」

まどか「一人でできるんなら教えなくても大丈夫だね!」

ほむら「えぇ、だから」

まどか「でも、せっかくここまで来たんだから……ほむらちゃんのおうちに遊びに行っちゃダメ……かな?」

ほむら「問題ないわ!」

まどか「わぁい!」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:07:45.55 ID:xegZJ/c+0

ほむら(……いけない、上目遣いのまどかがかわいすぎて即答してしまった)

ほむら(この時間軸ではまどかグッズはまだ写真くらいしか持っていないし……特に隠すものはないはず……)

ほむら(……)

ほむら「着いたわ」

まどか「お邪魔し」

ほむら「待って!」

まどか「どうかしたの?」

ほむら「いえ……えーと……散らかっていたら恥ずかしいから少しだけ片付けたいの……5分くらい待っていてもらえないかしら」

まどか「お安いご用だよ、ほむらちゃん!」

ほむら「ありがとう、鹿目さん」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:13:47.52 ID:xegZJ/c+0
ほむら「とりあえず……まどかアルバムは押し入れに入れて……」

ほむら「そうだ、お茶を淹れる用意を……」

ほむら「あとは……座布団を出して……女の子の部屋としてはちょっとダサいかしら……」

ほむら「でもまどかだし、きっと気にしないわ!」

ほむら「あっ、戸締りしなきゃ……インキュベーターがいつ入ってくるかわからないものね」

ほむら「……よしっ」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:17:25.51 ID:xegZJ/c+0
ギィ

ほむら「お待たせ……もう入ってもいいわ」

まどか「はぁ~い。お邪魔しまーす」

ほむら「ふふ、いらっしゃい」

まどか「わぁ、畳のお部屋って初めて!」

ほむら「や、やっぱりその……格好悪いかしら……」

まどか「ううん、長い黒髪のほむらちゃんにはぴったりだよ。とってもいいと思う!」

ほむら「そ、そう……ありがとう……エヘヘ……」

まどか「あっ、座布団出してくれてたの?ありがとう!」

ほむら「と、当然のことをしたまでよ……そ、それじゃ私、お茶を淹れてくるから……」

まどか「はぁ~い」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:17:53.46 ID:KgDSBaRf0
スタイリッシュほむホームじゃなかった




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:18:12.67 ID:llUk7yQa0
ほむるーむ、和室か




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:26:07.78 ID:xegZJ/c+0

*ほむホームはコミカライズ版準拠

ほむら「やっぱりまどかは女神だわ……」

コポコポ


ほむら「はい、急だったからお茶菓子はないのだけれど……」

まどか「ううん、ありがとう」

ほむら「……」

まどか「フーフー……アチチ……」

ほむら(かわいい……)




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:32:46.92 ID:xegZJ/c+0
まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「何?」

まどか「ほむらちゃんって気がきくし、いいお嫁さんになれるねっ」

ほむら「あ、ありがとう……」カタカタ

まどか「……?」

ほむら(私に……私に美樹さやかのような度胸があれば……)

(ほむら「じゃあまどかに嫁にもらってもらおー!」)

ほむら(なんてことができたかもしれないのに……)

ほむら「ご、ごめんなさい…その……お友達を家に呼んだことがなくて……何を話せばいいかわからないの」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:39:41.32 ID:xegZJ/c+0
まどか「じゃあ私はほむらちゃんの初めての人ってことになるね!」

ほむら「はじ、はじめて……」

まどか「えへへ、あんまり気負わずゆっくりお話しようよ」



QB「そうして暁美ほむらはまどかとの会話を楽しんだよ」
QB「初めは言葉少なだった暁美ほむらも、にこにこと急かさず話を聞いてくれるまどかに心をほだされていったんだ」
QB「言葉遣いはともかく、心が『初めの時間軸』のような無垢な暁美ほむらになるのにそんなに時間はかからなかった」


ほむら「……」フルッ

まどか「ほむらちゃん、急に黙っちゃってどうかしたの?」

ほむら「えぇと、ちょっとその……お茶をたくさん飲んじゃったから……お手洗いに行って来るわ」

まどか「あぁ、そっか!ごめんね言いにくいこと聞いちゃって」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:44:48.77 ID:xegZJ/c+0
ほむら「ううん、いいの……じゃあ……」

まどか「あっ、いいこと思いついた!」

ほむら「何?」

まどか「検尿のやり方、ほむらちゃんがおしっこしてるときに教えてあげるよ!」

ほむら「……えっ?」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:51:19.69 ID:xegZJ/c+0
まどか「思い出したとはいえ、本当にできるかどうかわかんないでしょ?だからほむらちゃ」

ほむら「ちょ、ちょっと待って……その話は終わったはずじゃ……」

まどか「うん……でもね、私ほむらちゃんのことが心配なの。2日連続で忘れちゃうときっと怒られちゃう。だから」

ほむら「でも」

まどか「いいからいいから、おトイレはこっち?」





118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 19:57:14.85 ID:xegZJ/c+0

まどか「さておトイレに着いたわけですが」

ほむら「あの、ホント大丈夫だから、ね?鹿目さん……」

まどか「ほむらちゃん、パンツはいたままじゃおトイレはできないよ。早く脱がなきゃ」

ほむら「鹿目さ」

まどか「……」

ほむら「……わかったわ……」スルッパサ




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:04:34.54 ID:xegZJ/c+0


まどか「よくできましたぁ~」

ほむら「あ、でも入れる物が……」

まどか「紙コップがあるよ!」

ほむら「……準備がいいのね」

まどか「ほむらちゃん、スカートはいたままじゃあよく見えないから脱いだ方がいいよ」

ほむら「でも、そんなことをしたら見えてしまうわ……」

まどか「見えずに汚しちゃうよりはよっぽどいいよ!」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:06:28.38 ID:ZjL0K+a30
まどかノリノリじゃねーか




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:07:24.50 ID:DbtwLL8+0
まどか分かっててやってるだろwww




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:09:29.70 ID:xegZJ/c+0

ほむら「うぅ……」

まどか「ほむらちゃんって薄めなんだね!」

ほむら「言わないで……」

まどか「さて……まずはコップを持ちましょう!」

ほむら「持ってるわ……」

まどか「あのね、検尿では最初の方のおしっこは捨てちゃうの」

ほむら「うん……」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:14:42.52 ID:xegZJ/c+0
まどか「でも今日は練習だしもったいないから集めちゃおう!」

ほむら「わけがわからないわ……」

まどか「もうずっと我慢してるしそろそろ限界じゃないかな?はい、コップは私が持っててあげるから出していいよ」

ほむら(まどかが……まどかが私の股間を凝視してる……私、まどかが持ってるコップにおしっこを出しちゃうんだ……)

まどか「……」じーっ

ほむら「……ぁっ」

チョロ……




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:20:45.01 ID:xegZJ/c+0
シャアアアアア

まどか「すとっぷ!」

ほむら「!?」ビクッ

まどか「もう最初の捨てる分は出終わったからそろそろ本番のを採るんだよ」

ほむら「わ、わかったわ……」

まどか「じゃあコップ交換して……はい、どうぞ」

ほむら「うぅ……」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:26:59.54 ID:xegZJ/c+0
ショオオオオオ

ほむら(顔から火が出そうだわ……)

まどか「……とってもたくさん出るね」

ほむら「ごめんなさい……」

まどか「謝ることなんてないんだよ。ほむらちゃんはたくさん飲んでたくさん出す健康的な女の子なんだから」

ほむら「……ごめんなさい」

まどか「ふふ、溢れちゃう……3つ目のコップ使わなきゃね」

ほむら「……」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:35:11.19 ID:xegZJ/c+0
ポタ……

まどか「終わったかな?長いおしっこだったねほむらちゃん」

ほむら(やっと終わった……)

まどか「じゃあきちんと拭いておしまいだよ。」

ほむら「流石にそれは言われなくても……」

まどか「それもそうだね。でも念のため……」

さわ……

ほむら「か、鹿目さん!?」

まどか「 濡 れ て た ら パンツ汚しちゃうかもしれないからね!でも大丈夫そう」

ほむら「……」ドキドキ




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:39:21.72 ID:xegZJ/c+0
ほむら「やっと終わった……」

まどか「ほむらちゃん、おトイレの後は手を洗わなきゃ、だよ」

ほむら「ええ……」ゴシゴシ

まどか「……ほむらちゃんのおしっこの飛沫で手が濡れちゃったよ」

ほむら「……ごめんなさい」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:41:35.47 ID:xegZJ/c+0
まどか「……」ペロ

ほむら「か、鹿目さん……そんなこと……しては汚いわ……」

まどか「そう?……ほむらちゃん、このおしっこどうしよっか」

ほむら「どうもこうも……トイレに流しておしまいでしょう?」

まどか「そうだね?……でもほむらちゃんはそれでいいの?」

ほむら「もちろん……」

まどか「私に飲んで欲しくない?」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:42:39.66 ID:OBeWsNLc0
変態だああああああああああああああ




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:44:41.09 ID:xegZJ/c+0
ほむら「……え?」

まどか「ほむらちゃんが出したたくさんのおしっこを、ほむらちゃんの目の前で、私が喉を鳴らして美味しそうに飲むのを見たくはない?」

ほむら「な、何を言って……」

まどか「ほむらちゃん、嘘はダメだよ?」

ほむら「嘘なんてついていないわ……」

まどか「また嘘」

ほむら「……」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:50:11.67 ID:xegZJ/c+0
まどか「ほむらちゃん、私、保健委員だよ?」

まどか「検尿を集めたのは、私」

まどか「当然誰が出したか出していないかチェックしたのも、私」

ほむら「……あっ」

まどか「私、ほむらちゃんが検尿を出したの、知ってるよ?」

ほむら「……ごめんなさい」

まどか「うん、きちんと謝れるのはいいことだね」

まどか「……どうして嘘ついたのかな?」




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 20:57:06.30 ID:xegZJ/c+0
ほむら「鹿目さんの……検尿の……おしっこに見とれているのを知られたくなくて……」

まどか「は、恥ずかしいな……そんなに珍しい色だったの?」

ほむら「違う、違うの!色とかそういうのじゃなくて……鹿目さんの……まどかのおしっこだから……」

まどか「私のおしっこだから、何?」

ほむら「……まどかだから……おしっこも……汚くないっていうか……」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:03:04.52 ID:xegZJ/c+0
まどか「汚くないから?」

ほむら「……飲んだり……」

まどか「飲んだり?」

ほむら「浴びたり……」

まどか「浴びっ……」

ほむら「炊いたり……」

まどか「ほむらちゃんが私が思ってるよりヘンタイさんだってことはよくわかったよ」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:10:24.89 ID:xegZJ/c+0
ほむら「だ、だってまどかが、まどかが嘘はダメって……」

まどか「うん」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「……みたい」

まどか「ん?なぁに?」

ほむら「まどかが、私のおしっこを飲むところが、見たい……」




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:10:53.02 ID:5MyR24oB0
よく見たらスレタイの時点でゴクリしてるじゃねーかwwwwwwww




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:11:16.13 ID:r8pIlgva0
>>183
その発想はなかったwww




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:19:55.49 ID:xegZJ/c+0
まどか「ふぅん……」

ほむら「……」

まどか「でもだめー」

ほむら「えっ」

まどか「ほむらちゃんが私のおしっこに固執するヘンタイさんだってことはわかったけれど、別に私はほむらちゃんのおしっこをどうこうしたいわけじゃないし」

ほむら「で、でも、まどか、まどかが飲むのを見たくないかって」

まどか「聞いたよ?」

ほむら「それで、嘘はいけないって」

まどか「言ったよ?それがどうかした?」




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:26:33.08 ID:xegZJ/c+0
ほむら「そんな……」

まどか「私、ほむらちゃんに質問したけれど、実際にやってあげるなんて一言も言ってないよね?」

ほむら「……えぇ、そうね」

まどか「じゃあこのおしっこはおトイレに流しちゃうね」

ジャー

まどか「おしまい、と」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:32:32.62 ID:xegZJ/c+0
ほむら「……手、洗ったし、部屋に戻るわ……」

まどか「私もトイレ済ませたら行くね。ほむらちゃんの淹れるお茶美味しいから飲みすぎちゃうよ~」

パタン

まどか「……ふぅ。ほむらちゃんったら思ったとおり、可愛いんだ。クールなのにたまに子犬みたいな目をするんだもん。いじめたくなっちゃうよね」

スルッパサッ

まどか「次はどうやっていじめてあげようかな」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:33:58.87 ID:6QaaWEQi0
このまどかはいいまどか




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:34:43.12 ID:xegZJ/c+0

カチッ











カチッ




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:36:16.48 ID:xegZJ/c+0


まどか「……えっ?」

ほむら「……」

まどか「な、えっ、なんでお風呂に、えっ?」

ほむら「まどか、嘘はいけないと思うから正直に話すわ」

まどか「ほむらちゃ、え、何で私、縛られ……」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:37:41.51 ID:2PV+an0C0
ほむほむの逆襲ぅ




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:40:46.91 ID:xegZJ/c+0
ほむら「実は私、時間を止める能力があるの。」

まどか「能力……?」

ほむら「そう。そして、まどかがパンツをおろした瞬間を狙って時を止め、トイレの鍵を開け、ここまで運んで、手足を固定した」

まどか「わけがわからないよ……」

ほむら「わからなくてもいいわ。私はもう嘘をつかないと決めたもの」

まどか「ほむらちゃ」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:45:42.66 ID:xegZJ/c+0
ほむら「私……まどかがおしっこしているところをじっくり見る!そして採取して、様々な用途に使うわ!」

まどか「どうかしてるよ」

ほむら「私……もう逃げない!自分の心に嘘はつかない!」

まどか「格好いいけど使いどころを考えた方がいいと思う」

ほむら「さぁまどか、準備は万端よ。思う存分放尿なさい!」

まどか「い、いやだよ……ほむらちゃん、ほどいて、手が痛いよ……」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:53:19.08 ID:xegZJ/c+0
ほむら「まどか、おしっこをすればすぐにでも開放してあげられるわ。だから今は、おしっこのことだけを考えて」

まどか「うぅ……やだよぉ……」

ほむら「まどか、我慢は体に良くないわ。膀胱炎にでもなったら大変。だから、ね?」

まどか「気遣ってるように聞こえるけど我欲120%じゃない……」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:54:47.54 ID:vw5PvX4A0
ホムッホムッ!ホムッホムッッ!




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 21:59:50.43 ID:xegZJ/c+0
ほむら「……仕方ないわ。自然放尿を待ちたかったけれど、このままではまどかの身が危ない」

まどか「じゃあ一人でさせて……ひあっ!?」

ほむら「いい子だから、私に身を任せて……」

まどか「出ちゃう、出ちゃうぅっ!」

ほむら「さぁ、この洗面器に!」

ショオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:06:08.95 ID:xegZJ/c+0
ほむら「綺麗……まどか、とっても綺麗よ……」

まどか「やだぁ……おしっこやらぁ……」フルフル

ほむら「さっきまでのまどかも素敵だったけれど、やっぱり素のまどかが一番美しいわ」

まどか「止まらないよぉ……」

ほむら「ずいぶん長く続くのね。私とお話している間もずっと我慢していたのかしら?健気なまどか、とっても可愛いわ」




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:08:55.09 ID:OBeWsNLc0
やっぱり尿っていいものですよね




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:09:36.76 ID:xegZJ/c+0
シャアアアアアアア……ポタ……ポタ……


ほむら「……終わったようね」

まどか「ぐすっ、ヒグッ……こんなの絶対おかしいよ……」

ほむら「まどか、あなたのおしっこってとっても綺麗な色をしているのね……透き通った黄色……まるで巴マミのソウルジェムのよう……」

まどか「とも……まみ……?ソウルジェムって……」

ほむら「あなたは知らなくてもいいことよ」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:10:59.99 ID:+bRfIjfQ0
もうマミさんのソウルジェムまともに見れない




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:12:52.12 ID:xegZJ/c+0
ほむら「出したてほかほかのまどかのおしっこ……ほんのり黄色で温かい……」

ほむら「芳しい香り……適度な粘度……MADOKA・KANAMEブランドにふさわしいおしっこだわ……!」

ほむら「すぅー……はぁー……」

ほむら「それでは……テイスティングを始めさせてもらうわ」

まどか「私、自分のおしっこが飲まれるのを見なくちゃいけないの……」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:15:38.39 ID:xegZJ/c+0
ほむら「……」ぽろ

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「……うぅぅぅ……」ぽろぽろ

まどか「泣い……てる……」

ほむら「こんな……こんな液体があっただなんて……感動で……涙が止まらないわ」グスッ

まどか「驚いて損した」

ほむら「……泣いてる場合じゃあないわ。試すべきことはたくさんあるもの」

まどか「……もう好きにして」




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:17:36.58 ID:uZjHSnkL0
ほむほむwwwwww




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:18:36.52 ID:xegZJ/c+0





ほむら「……ふぅ……一通り、終わったわ」

まどか「そう……」

ほむら「群を抜いて優秀だったのはやはり、炊き込みごはんね。本当はとぐときもまどかのおしっこを使いたかったのだけれど……まぁそこまで贅沢をするわけにはいかないしね」

まどか「そう……」

ほむら「あと、マスクに染みこませて軽く絞ったまどか☆マスクもかなりよかったわ。まどかと常に一体化している感覚が癖になりそう」

まどか「そう……」




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:21:41.82 ID:xegZJ/c+0
ほむら「……あぁっ、ご、ごめんなさいまどか!すぐに開放するつもりだったんだけど、あなたのおしっこが予想以上に素敵で我を忘れていたわ!」

まどか「そう……」

ほむら「……跡は残らないようにやさしく固定したし、問題はないと思うけれど……どこか調子が悪いところはある?」

まどか「体はなんとも……」

ほむら「そう、よかった。」

まどか「心がちょっと……もういいや」




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:29:06.41 ID:xegZJ/c+0
まどか「……私、帰るね……」ゲッソリ

ほむら「その必要はないわ」ファサッ

まどか「えっ?」

ほむら「ご両親にはもう私の方から連絡しておいたわ。鹿目まどかさんはウチでお友達とお泊まり会をすることになりました、と」

まどか「や、やだ……わたしおうちにかえる……ママ、パパ、たっくん……さやかちゃん……仁美ちゃん……」

ほむら「まどか……安心してちょうだい、変なことは一切しないわ」

まどか「安心できないよ……ほむらちゃん怖いよ……」




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:32:44.01 ID:xegZJ/c+0
ほむら「ただ、布団が一組しかないことと、私が眠るときに何かを強く、離れられないほどに抱きしめてしまう癖があること、そして人間大のものを抱きしめたときの手の位置が、利尿作用があるツボってこと……このくらいかしら」

まどか「ひっ……」

ほむら「まどかはパジャマ派だったわね。ネグリジェもあるけれど……どっちにする?」

まどか「ほむ」

ほむら「ど っ ち に す る の 」

まどか「ぱじゃま……」

ほむら「夜は長いわ。楽しみましょう、まどか」

まどか「わたしって、ホントバカ……」

おしまい




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:34:27.78 ID:dLtSYvLo0
いやこっからだよおしまいじゃないよ




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:34:44.59 ID:xegZJ/c+0
さやか宅
さやか「まどかのケータイ通じないからおうちの電話にかけてみたら暁美さんの家にお泊り……」

さやか「こんなのってないよ……暁美さんの用事って、まどかのことだったの……まどかがとられちゃうよ……」

さやか「あたしって、ホントバカ……」

マミ宅
マミ「……なんだかさっき、どこかでとってもバカにされた気がしたんだけど」

QB「気のせいだろう、マミ。魔法少女になってから確かに君の第六感は強化されているけれど……マミは美人でスタイル抜群。勉強もよくできるし非の打ち所がないじゃないか」

マミ「そ、そんなことないわよ……?でもありがとうねQB。どうでもいいこと気にするなんて、私ってホントバカ」

コンビニ
杏子「147円のお茶と178円のカップ麺を買って500円玉で払うと……おつりが……えーと……いくらだ?ポッキー買えるかな?」

杏子「あたしってほんとばか」

ほんとにおしまい




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:38:31.97 ID:ecAJSS9zO
Sなまどかさんもっと見たかった




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:54:35.99 ID:LQYDsnmA0





267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 22:56:43.75 ID:DKdMWLLZ0
ふう……乙!!









-----------------
当ブログについて
※欄340さんありがとうです。




にょう☆どう? (MUJIN COMICS)
にょう☆どう? (MUJIN COMICS)高城 ごーや

ティーアイネット 2010-10-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
覗いてはいけない (いずみコミックス) 覗いてはいけない 2 (イズミコミックス) 覗いてはいけない 3 (いずみコミックス) 文科系露出愛好会 (MUJIN COMICS) 失禁中毒 (いずみコミックス)



読み物:まどか
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 01:31: :edit
    ぷん太ダイスキ!
    いっつもありがとう!

    ほむほむマジほむほむ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 01:41: :edit
    まったく
    下のssで感動してトップに戻ってみたらこのタイトルだ。
    ぷん太いい趣味してるわw

    まどっちマジまどまど
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 01:51: :edit
    こいつら……ホントバカwwwww
  4. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/12(木) 02:12: :edit
    ( ;∀;) イイハナシダナー
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 02:13: :edit
    ごげっと
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 02:20: :edit
    Sなまどかをもう少し見たかったけれど、ほむらさんが炊いてくれたので良かった。
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 02:24: :edit
    一粒で二度美味しいとはこのことか
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 02:26: :edit
    なんでこうも尿とかパンツネタが多いんだ…
  9. 名前: 名無しだから恥ずかしくないもん! #-: 2011/05/12(木) 03:19: :edit
    ほむほむのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 03:47: :edit
    こんなじかんにwww
  11. 名前: 名無しさん #-: 2011/05/12(木) 03:52: :edit
    あんこが一番バカ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 05:05: :edit
    スレタイの時点で飲んでしまったのかと
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 05:32: :edit
    ニア「お金が足りなかったらごめんなさいで良いんです」

    杏子「そうか!」

    月(言ってもわからぬ馬鹿ばかり…)
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 05:59: :edit
    もっと苛められてるほむほむがみたかったな・・・。
    最後は駆け足だったし、もっと頑張って欲しかったぜ。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 07:09: :edit
    まさかのほむほむ逆襲とは…作者は解っているな!
    てか、さやかさんの本命がどう考えてもまどかな件についてw
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 07:22: :edit
    ※9
    偽者めっ!

    まどかのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 13:37: :edit
    おっきした
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 13:43: :edit
    アマゾンもひっどいw
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 20:02: :edit
    ほむッ!?
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 20:03: :edit
    これは秀逸。
    ほむほむのフヒッでクソワロタw
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 21:16: :edit
    ぷん太ってほんとバカ(褒)
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 22:04: :edit
    もうみんなほんとバカwwwwwww


    いい意味で
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/13(金) 00:49: :edit
    炊いたりはねーよwww
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/14(土) 02:29: :edit
    まさかの逆襲ww
  25. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/05/18(水) 14:27: :edit
    ワロタwwwwwwww
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/19(木) 01:56: :edit
    あんこ可愛すぎて全部持ってかれた

    あんこあんあんしたいよあんこ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/06/06(木) 12:17: :edit
    飲尿だけは駄目だ俺wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。