上条「俺の家が燃えてる・・・」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/14(月)
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:10:11.92 ID:mptdAGgE0
上条「・・・ふ・・・不幸だ・・・何たる不幸だ・・・」

インデックス「と、とうま、元気出すんだよ!大丈夫なんだよ!きっとこもえに相談したりすれば・・・」

上条「・・・あ、ああ・・・」



~~数日前~~

上条「たっだいまぁ!」

インデックス「お、おかえりなんだよとうま!何か今日のとうまは元気がいいかも」

上条「インデックス、俺がいない間に腹が減った時の対処法を手に入れたぞ!」

上条「現代の科学の結晶・・・カップラーメンだ!いいか、このヤカンに水を入れて火にかけてだな・・・」

上条「で、このピーって音が鳴ったら中のお湯を入れて三分でラーメンが出来るんだ」

インデックス「わかったんだよ!」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:11:27.61 ID:mptdAGgE0
~~数時間前~~

trrrr

インデックス「も、もしもし!上条なんだよ!」

上条『あー、インデックスか?悪い、今日ちょっとお昼までに帰れそうに無いんだ・・・ほら、こないだのカップラーメンあるだろ?あれ食べておいてくれ』

インデックス「えっと、ヤカンに水を入れて火にかけて沸かして、入れて三分だね!」

上条『おう、ちゃんと覚えてんな!じゃあ夕方には帰るからなー』

インデックス「うん、ちゃんとお留守番してるんだよ」



インデックス「よーし、がんばるんだよ・・・えっと、まずは水を入れて・・・火にかけて・・・これでお湯が沸くまで待つんだね」

ピンポーン

インデックス「お、お客さんが来たんだよ・・・は、はい!上条なんだよ!」

運送屋「すいませーん、上条さんにお届け物なんですが・・・」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:12:50.09 ID:mptdAGgE0
インデックス「今開けるんだよ」

ガチャリ

運送屋「じゃあすいません、こちらにサインを」

インデックス「ま、魔法名はいるのかな!?」

運送屋「・・・へ?」

インデックス「何でもないんだよ!」



インデックス「じゃあこれでいいのかな?」

運送屋「はーい、どうもー」

スフィンクス「ニャァ」

インデックス「あっ!スフィンクス!待つんだよ!に、荷物おいとかなきゃ・・・スフィンクスー!」

ギィ・・・バタン・・・




ピーーーーーーーーーー・・・・




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:14:03.11 ID:mptdAGgE0

インデックス「ふぅ、やっと捕まえたんだよスフィンクス」

スフィンクス「ニャア」

インデックス「早く帰ってカップラーメン食べ・・・て・・・」

ボォォォォ ウ---ウーー-

消防士「下がってくださーい!!危険です!!」

消防士「危ないですから!下がって!」

インデックス「お、おうちが・・・燃えちゃってるんだよ・・・」

ドサッ

インデックス「・・・あ、と、とうま・・・」

上条「へ?あ、あれ・・・インデックス?なあ、あれは・・・ひょっとしてひょっとすると、上条さんのお家なのでは・・・?」

インデックス「そ、そう・・・かも・・・」

上条「う、嘘だぁーーーーーっ!!」

~~~回想終わり~~~




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:15:01.68 ID:mptdAGgE0

上条「事情は分かった」

インデックス「・・・ぐす・・・ごめんなさいなんだよ、とうま・・・ぐす・・・」

上条「イ、インデックス!?泣くな、大丈夫だ!説明不足だった俺も悪かったんだからさ」

インデックス「・・・うん・・・」

上条「インデックス・・・とりあえずお前はこもえ先生に事情を説明して泊まらせて貰ってくれ」

インデックス「え、うん・・・と、とうまは・・・?」

上条「ああ、学校の友達の所にでも泊まらせて貰うよ・・・流石に姫神もいる小萌先生の家に二人で押しかけるのは無理があるしな」

インデックス「う、うん・・・わかったんだよ、後でまた電話するんだよ!」

上条「ああ、小萌先生に謝っといてくれ」

インデックス「行って来るんだよ!」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:16:06.91 ID:mptdAGgE0
--夕方・公園

上条「とは言ったものの・・・まあこれしかないよなぁ・・・ダンボールは意外と暖かいって言うし、まあ何とかなるだろ」

吹寄「・・・貴様、何してるのよ」

上条「お、吹寄じゃないか?お前こそこんな所で何してんだ、お前の家ってこの辺じゃないだろ」

吹寄「火事があったって言うから心配で見に来たのよ、うちの生徒の寮だったって言うし・・・って貴様、まさか・・・」

上条「おう・・・なんつーか、まあ・・・上条さんの家は見事全焼しましたのですよ」

吹寄「それにそのダンボール・・・貴様ここで寝よう何て思ってるんじゃ無いでしょうね?」

上条「んー、まあ何とかなるだろと思ってさ、寮だって代わりの寮とかすぐに何とかしてくれるだろうし」

吹寄「き、貴様はどういう神経してるのよ!この時期に外で泊まるって事は風邪をひきやすくなるし、いや、ビタミンCを摂取していない貴様の事何だから絶対にひくわ!それにどうせ貴様の事だから公園を通りかかった女性に不埒な事だってするかもしれないでしょう!?

上条「上条さんはそんな通り魔染みた事しませんよ!?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:17:27.94 ID:mptdAGgE0
吹寄「・・・土御門君とかに連絡して泊めて貰うとかもっと方法が・・・」

上条「あー、それは無理だ。土御門の部屋、隣だからあいつの家も全焼だ」

吹寄「・・・じゃ、じゃあ・・・」

上条「青髪ピアスの奴も無理だ、連絡先も知らねえ。小萌先生は・・・えっと、ちょっと無理だってさ」

吹寄「・・・分かったわ、仕方無いわね」

上条「分かってくれたか!」

吹寄「貴様、今日は私の家に泊まりなさい」

上条「・・・ハイ?」

吹寄「し、仕方無いでしょう!貴様の知り合いには女性が多いみたいだし、不埒な事を働かせるわけにはいかないでしょう!」

上条「いやいやいやいや、ちょっと待ってくれ!流石に吹寄の家に泊まるのは・・・」

吹寄「・・・貴様、私に不埒な事をする気?」

上条「そ、そんな事するわけねえだろ!?」

吹寄「じゃあ大丈夫じゃない、さっさと来なさい!」

上条「・・・お、お世話になります・・・」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:18:41.20 ID:mptdAGgE0
--学生寮:吹寄の部屋


吹寄「どうしたの、さっさと入りなさい」

上条「いや、そのですね、女の子の部屋っていうのは男子禁制のイメージが強くてですね」

吹寄「・・・貴様、一発貰いたい?」

上条「お、お邪魔しますっ!!」

吹寄「全く・・・貴様は本当に碌な事を考えないわね」

上条「いやー、何ていうか女の子の部屋に上がるのなんて初めてっつーか」

吹寄「あ、あんまりジロジロ見るなっ!!」

上条「・・・ま、まあ何ていうか・・・色々と見慣れないものが・・・何だコレ、"重量パージ、飲むプロテイン入り青汁ゼリー"・・・?」

吹寄「み、見るなって言ってるでしょ貴様っ!!」

ゴキン!!

上条「」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:19:36.60 ID:mptdAGgE0

吹寄「全く・・・さて、貴様は夕飯どうせまだなんでしょう?」

上条「え?まだだけど・・・流石にそこまで世話になるわけにはいかないだろ、どっかで軽く食べてくるよ」

吹寄「良いから食べて行きなさいよ、一人分も二人分も変わらないし、どうせ普段碌な物食べて無いんでしょう上条当麻?」

上条「なっ・・・上条さんはこれでもちゃんと自炊してますよ!?」

吹寄「・・・怪しい物ね、貴様の事だからどうせ肉肉肉肉肉肉野菜肉みたいな食生活で栄養素も何も考えてない食事ばかり作ってるんじゃないの?」

上条「うっ・・・そ、それはイン・・・いや、何でも無い・・・」

吹寄「全く・・・買い物に行って来るから大人しくしてなさい上条当麻」

上条「あぁ、待ってくれ吹寄。俺も一緒に行くぜ、荷物持ちくらい出来るしな」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:20:28.62 ID:mptdAGgE0
--スーパー

吹寄「さて、上条当麻、何か食べたいものはあるかしら?」

上条「ん、何でも良いぞ。作って貰うんだし、文句言わず何でも食べる」

吹寄「何でも良いって答えが一番困るのよ・・・まったく貴様は本当に主体性が無いわね」


上条「じゃ、じゃあスパゲッティーとか・・・」

吹寄「スパゲッティー・・・へえ、貴様にしては中々のチョイスだわ上条当麻」

上条「ん、普段スパゲッティとか食ってないから適当に言っただけなんだけどな」

吹寄「・・・はぁ・・・早く行くわよ」

上条「ん、おう」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:21:20.33 ID:mptdAGgE0
--帰り道

上条「吹寄、そっちの荷物も貸してくれ」

吹寄「こ、これくらい私でも持てるわよ、そんな重くないし」

上条「良いから良いから、貸してみろって・・・」

吹寄「あっ・・・」

上条「ん?どうした吹寄」

吹寄「・・・貴様は本当に誰にでも優しいのね」

上条「荷物持ちくらい優しいの内に入らねーって、それにそんな事言ったら吹寄の方が優しいじゃねえか」

吹寄「わ、私が?・・・別に優しくしてるわけじゃ・・・」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:24:03.74 ID:mptdAGgE0
上条「お前がそうでもさ、普段クラスメイトの心配して・・・大覇星祭の時もそうだし、今日だって寮が火事になって心配で見に来たんだろ?それに路上で寝泊りしようとしてた俺を泊めてくれたりさ」

吹寄「だ、大覇星祭の時は実行委員だったし・・・貴様を泊めたのだって・・・」

上条「それでも泊めてくれただろ?俺じゃなくて他の女性の心配をしてさ」

吹寄「・・・貴様に優しいって言われる何て思いもしなかったわ」

上条「まあその優しさをもっと俺に向けてくれると上条さんは助かるんですけどねー」

吹寄「え・・・えぇっ!?貴様、何を・・・そんな、貴様だけにってそれは・・・何ていうか・・・その・・・」

上条「いやー、何時も頭突きとか説教とかが凄いから・・・あ、あれ・・・吹寄さん、そんな俺の肩を掴んで何を・・・ちょ、ちょっと?そんな頭を仰け反ら・・・」

吹寄「フンッ!!」

ガコン!!

上条「・・・な、何か酷い事言ったかな・・・不幸・・・だ・・・」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:25:20.41 ID:mptdAGgE0
--学生寮:吹寄の部屋

上条「ただいまーっと・・・くそ、まだ頭が痛い」

吹寄「き、貴様が馬鹿な事を言うからでしょう!」

上条「す、すいませんでした・・・あ、この袋は台所で良いのか?」

吹寄「ええ、そっちに置いておいて頂戴」

上条「おう・・・しかし流石吹寄だな、すげえ整理整頓されてる」

吹寄「性分なのよ、それに貴様の部屋が片付いてないだけじゃないかしらね?」

上条「む、それは流石に上条さん・・・を・・・」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:26:15.19 ID:bSf82CwwO
イマイチ全焼の規模がよく分からん
寮まるごと消滅?




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:26:27.65 ID:mptdAGgE0
>>16 そこまで考えてなかったのが本音


吹寄「・・・?どうしたのよ上条当麻」

上条「いや・・・その、似合うなと」

吹寄「似合うって・・・貴様、エプロンに欲情する趣味でもあるの?」

上条「いやいや、女の人のエプロン姿ってのはある種の男の浪漫がですねー」

吹寄「・・・全く、本当に貴様の思考回路は呆れるわね・・・とにかく、大人しくテレビでも見て待ってて頂戴」

上条「あれ?俺も手伝うぜ、これでも上条さんは─」

吹寄「良いから!」

上条「うわ!?ちょ、そんな押すなって!分かった、分かったから!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:27:58.03 ID:mptdAGgE0

上条「うおお・・・ちゃ、ちゃんとしたミートソーススパゲティ・・・それにサラダ付で手作り・・・上条さんは今猛烈に感動しています」

吹寄「け、結構簡単な部類だと思うのだけど・・・貴様、やっぱり家では碌な・・・」

上条「いや・・・まあちょっと事情があって・・・上条さんは人の手作り料理なんて久しぶりなのですよ」

吹寄「・・・?まあ良く分からないけど、とりあえず食べるわよ」

上条「おう、頂きまーす!」

吹寄「・・・」

上条「・・・ん・・・?」

吹寄「・・・は、早く食べなさいよ上条当麻」

上条「いや・・・そんな見つめられても」

吹寄「い・・・一応気になるのよ、作った身としては・・・」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:28:50.82 ID:mptdAGgE0
上条「お、おう・・・それじゃあ」

吹寄「・・・どう・・・なのよ?」

上条「ん・・・うん、すげえ美味いぞ」

吹寄「よ、良かった・・・」

上条「ん、こっちのサラ・・・ダも・・・あれ?吹寄、なんかこれ・・・隠し味とか使ったか?」

吹寄「隠し味なんて使ってない筈だけど・・・数百種類の栄養素が一度で取れるウーピードレッシングくらいかしら」

上条「あ、ああ・・・成る程・・・」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:29:39.64 ID:mptdAGgE0
吹寄「あれだけ作ったのに全部食べるって・・・貴様、どんな胃袋してるのよ」

上条「いやー、本当に美味かったんだって・・・」

吹寄「そ、そう・・・さて、じゃあ私はシャワー浴びてくるわ」

上条「へっ!?お、おう!」

吹寄「貴様・・・今何か不埒な事を想像したでしょう!?」

上条「滅相も無い!上条さんは健全な思考しかしてません!」

吹寄「覗いたら貴様・・・どうなるか分かってるでしょうね?」

上条「覗きません!神に誓って!絶対に!覗きたくないです!はい!」

吹寄「の、覗きたく無いって貴様・・・!」

上条「へっ!?いやいや、これは言葉のアヤで・・・っていうか何でそこに怒るんですか!?」

吹寄「な・・・何でも無いわよ!そこで大人しくしてなさい上条当麻!」

上条「お、おう・・・」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:30:27.51 ID:mptdAGgE0


ザァァァァ

上条「・・・」

ザァァァァ

上条「(吹寄って胸大きいんだよな・・・クラス1、いや校内でも・・・)」

ザァァァ

上条「(シャワーとか浴びてると水滴とかが谷間に流れ込んで・・・)」

ザァァァ

上条「(腰とかも細いし・・・クラスの奴らは色気が無いって言うけど・・・はっ!?)」


上条「だ、駄目だ・・・このままじゃ・・・!落ち着け、落ち着くんだ・・・下条さん、お前は今日は出番は無いぞ、スタンバイするんじゃない・・・!」


上条「そ、素数・・・素数を・・・」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:31:13.65 ID:mptdAGgE0

吹寄「・・・貴様、壁に向かって何やってるのよ」

上条「う、うわぁっ!?」

吹寄「ま、まさか貴様の、の、覗いたりしてたんじゃ無いでしょうね!?やはり貴様は一度徹底的に・・・」

上条「覗いてない!覗いてないぞ!本当に覗いてないぞ!」

吹寄「・・・」

上条「本当だって!ずっとここにいましたとも」

吹寄「なら良いわ、さっさと貴様も入って来なさい」

上条「えっ」

吹寄「えっ」

上条「い、いやー、今日は風呂入っちゃいけない日でして・・・」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:32:42.39 ID:mptdAGgE0

吹寄「何よ、何か病気でもあるの?上条当麻」

上条「あー、そ、そうなんだ、ちょっと風邪気味でさ、風呂とか入るとヤバいから」

吹寄「さっきまで咳の一つもしてなかったじゃない、鼻水だって出てなかったわよ?」

上条「それはそのですね・・・」

吹寄「貴様の事だからどうせ遠慮してるんでしょう?高校生の男子は新陳代謝が激しいんだから毎日体の汚れと汗を流さないと不潔に見えるわよ」

上条「んー・・・分かった、シャワー借りるよ」

吹寄「・・・何で貴様そんな前屈みなのよ」

上条「お、お腹がちょっと痛くて!シャ、シャワーこっちだよな!」

吹寄「え、ええ・・・」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:33:32.11 ID:mptdAGgE0
ザァァァァ

吹寄「・・・」

ザァァァァ

吹寄「(上条当麻・・・か・・・)」

ザァァァ

吹寄「(全く、ふしだらな事ばかり考えてる男なのよね・・・)」

ザァァァ

吹寄「(・・・でも、その・・・悪い男じゃ無いのよね、大覇星祭の時だってあんな必死な顔で・・・私の事、心配してくれてたし)」

吹寄「(な、何を考えているのよ、私は・・・あんな上条当麻何かに)」

吹寄「お、落ち着くのよ吹寄制理・・・今日一日上条当麻と過ごしすぎて毒気に当てられただけよ」

吹寄「当てられた・・・だけ、よ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:34:13.54 ID:mptdAGgE0
上条「か、壁に向かって・・・何やってんだ?吹寄」

吹寄「きゃ、きゃあ!?」

上条「いや、そんな話しかけただけで叫び声上げられると流石の上条さんも傷つくのですが」

吹寄「いきなり貴様が話しかけるからでしょう!」

上条「・・・?わ、悪い」

吹寄「なっ・・・その・・・ちょっと考え事してて・・・悪かったわ」

上条「おっ?」

吹寄「ど、どうしたのよ貴様・・・」

上条「いやー、吹寄が素直に謝ってくれる所なんて初めてみたからさ」

吹寄「----っ!!」

ゴシャン!!

上条「な、何故・・・」

吹寄「貴様が変な事いうからよっ!」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:35:33.68 ID:mptdAGgE0
吹寄「あっ・・・」

上条「ん、どうしたんだ?吹寄?」

吹寄「来客用の布団、無いんだったわね・・・」

上条「ああ、別に良いぞ?上条さんは玄関でもお風呂場でもどこでも寝れますよ、毛布貸してくれると嬉しいけどな」

吹寄「いくら貴様とは言え流石にそんな所で寝かせられないわよ、ちょっと待ちなさい・・・」

吹寄「あったわ、これ使って」

上条「これはっ・・・!歩ける寝袋っ!!」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:36:32.53 ID:mptdAGgE0
吹寄「あら、貴様これ知ってるの?買ったは良いけど・・・その、使い道が無くて持て余してたのよ」

上条「マジで持ってる奴なんて始めてみたぞ・・・」

吹寄「あらそう?流行ってるって聞いたんだけど」

上条「・・・ま、まあ・・・一部で、ちょっと・・・」

吹寄「じゃあそろそろ電気消すわよ、上条当麻・・・ちょっと、何処行くのよ」

上条「え、いやあ・・・流石に男女が同じ部屋で寝るのはマズいんじゃないかとですね」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:39:31.62 ID:mptdAGgE0
吹寄「・・・上条当麻、もう一度だけ聞くけど」

上条「へ?」

吹寄「寝てる間に私に何かする気でもあるのかしら貴様は」

上条「だ、だから無いってそんなの・・・上条さんはこれでもご近所じゃ"ジェントルマン当麻"として有名なんですよ?」

吹寄「だったら普通に寝て頂戴、態々泊まってるのに風邪を引かれたなんて言ったら私の責任になるじゃない」

上条「そ、そうか・・・悪い、吹寄」

吹寄「電気消すわよ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:42:21.29 ID:mptdAGgE0


上条「(しっかし妙な事になっちまったな・・・)」

上条「(あ、そういえばインデックス・・・ちゃんと泊めて貰えたかなアイツ)」

上条「(まあ・・・明日・・・小萌先生に・・・聞い・・・)・・・ぐぅ・・・」



吹寄「(・・・まさか上条当麻を泊める事になるなんて・・・)」

吹寄「(まあ・・・悪く、無い・・・かな・・・)・・・すぅ」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:44:03.63 ID:mptdAGgE0

--次の日

ピピピッ ピピピッ ピピタンッ!

吹寄「ん・・・上条当麻?」

吹寄「トイレかしら?・・・あら」

『お世話になりました、お礼言ってから出ようと思ったんだけどまあまた直ぐに会えるしな。
小萌先生に寮の事も聞きたいので先に出ます。ありがとな-上条当麻 P.S寝顔可愛かったぞ』

吹寄「ね、ねがっ!?あの男っ・・・!次会ったら覚えてなさい・・・!」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:47:13.79 ID:mptdAGgE0

--元学生寮前

上条「あ、もしもし・・・おはようございます、小萌先生ですか?」

小萌『か、上条ちゃんっ!?その、あの、昨日インデックスちゃんが!』

上条「ああ、突然スンマセン。その、寮がですね・・・燃えてしまいまして、寝る所とかが・・・」

小萌『はい・・・その事なのですが・・・今の寮を立て直す事になったのですよ』

上条「あ、やっぱり建て直しですか・・・あー、その間住むところとかは・・・』

小萌『はい、一応あるにはあるんですが・・・そのですね、上条ちゃんは・・・』

上条「お、俺は・・・?」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:47:58.96 ID:mptdAGgE0
小萌『た、担当の方に頼んだのですが・・・あちらのミスで・・・その、仮住まいが・・・用意されなかったのですよ・・・」

上条「・・・ふ、不幸・・・だ・・・」

小萌『か、上条ちゃん!?上条ちゃーん!?」

上条「す、すいません小萌先生・・・余りの事に上条さんの意識がですね」

小萌『し、しっかり気を持ってください上条ちゃん!ところで・・・インデックスちゃんはうちに来たのですけど上条ちゃんは?」

上条「それはその、実は・・・吹寄の家に泊めてもらったのです、はい」

小萌『ふっ、吹寄さんのお家にですか・・・仲が良かったのですね二人は』

上条「な、仲が良いというか無理やり連れ込まれたというか」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:50:23.23 ID:mptdAGgE0
小萌『そうですねー、上条ちゃんのご実家はちょっと遠いのですよね?』

上条「ん、いやまあ・・・一応実家に連絡とってみます、何とかなるかもしれないんで」

小萌「そうするべきですねー、インデックスちゃんはどうするですか?」

上条「あー・・・申し訳ないんですが何とかなるまで・・・その」

小萌『・・・わかったのですよ、インデックスちゃんは先生が責任を持ってお預かりするのです』




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:52:29.51 ID:mptdAGgE0
上条「すんません、小萌先生」

小萌『それじゃあちゃんと上条ちゃんはご両親に連絡を取るのですよ?』

上条「はい、インデックスの事頼みます」

小萌『任されたのですよー、それではー』

上条「はい、また」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:56:12.89 ID:mptdAGgE0


上条「ふぅ・・・って待てよ・・・親父はどうせ外国にいるだろうし・・・」

上条「お袋の携帯・・・知らねえぞ俺・・・」

上条「ま、待てよ!?部屋のどっかに連絡先くら・・・い・・・」

上条「・・・燃えたんだった・・・な・・・はぁ・・・」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:04:08.99 ID:mptdAGgE0
--第七学区

上条「とりあえず学校には来てみた物の、学校に寝泊りするわけにはいかねえよなあ・・・」

青ピ「あっれー?上やんこんなとこで何しとるん?」

上条「うーん・・・金も無いし・・・」

青ピ「か、上やん?おーい?」

上条「かといってまた吹寄の部屋に戻るってのもなあ・・・書置きしてきた手前戻りにくい・・・」

青ピ「上・・・やん・・・ちょっとー?」

上条「まあ・・・適当にぶらついてどっか適当な寝床探すしかねえかな」

青ピ「上やーーーん!!」

上条「裏路地ってわけにもいかねえし・・・あの壊れた自販機・・・のとこは確か前アンチスキルが来たしな」

青ピ「かっ、上やんなんてもう知らん!もう知らんもーん!!」

上条「やっぱり予定通りあそこでダンボールで寝るしかねえかな?・・・戻るか」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:08:38.56 ID:mptdAGgE0
--公園

上条「よし、ダンボールもそのままだし・・・流石に路上の家無き子みたいに掘っ立て小屋は建てれねえけどベンチに寝れば良いしな」

上条「よっ・・・と。おお、意外に良い寝心地」

上条「・・・早く出てきたからちょっと眠いな・・・ちょっと寝るか・・・」

上条「・・・ぐぅ」

--夕方

上条「・・・むにゃ・・・」

少女「ママ、あそこで寝てる人がいるよー?」

母親「見ちゃいけません!良い?あの人は可哀想な人なのよ」

少女「そうなんだー!」

--夜

上条「・・・ぐぅ」

吹寄「・・・なっ・・・!?




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:10:02.65 ID:EzO9dp5GP
ベンチの上で堂々と寝てんのかよwwwwww




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:12:46.94 ID:mptdAGgE0
吹寄「な、何でまたここにいるのよこの男は!?」

上条「うーん・・・」

吹寄「お、起きなさい上条当麻!!」

上条「うぅ・・・上条さんはおなかいっぱいですよ・・・」

吹寄「お、起きろぉーっ!!」

上条「ん・・・何d・・・」

吹寄「ちょ、なっ・・・」

チュッ・・・

吹寄「っ・・・!!」

上条「・・・は・・・はい・・・?」

吹寄「なななな、何でそこで起き上がるのよ貴様っ!!」

上条「お、起きたら吹寄が頭突きで俺とキッ、キス・・・!?」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:15:50.09 ID:d2BVuHxA0
頭にキスしたのか




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:16:26.97 ID:mptdAGgE0
吹寄「か、上条当麻っ・・・!!貴様・・・!」

上条「ま、待て!落ち着け吹寄!今のは上条さんは何も悪くない!悪くないぞ!!」

吹寄「もっ、問答無用っ!!」

ドゲン!!

上条「ふ、不」

ゴガン!!

上条「」

吹寄「はぁ・・・はぁ・・・」

上条「・・・な、何で起きただけで二連発も頭突き貰わなきゃいかんのだろう・・・不幸・・・だ・・・」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:20:56.59 ID:mptdAGgE0
吹寄「で、上条当麻・・・貴様、何でまたこの公園で!ダンボール何て被って!ベンチで寝てるのよ!」

上条「あー・・・それは、ですね・・・話すと上条さんの一大冒険スペクタクルになってしまうのですよ」

吹寄「・・・簡単に纏めて頂戴」

上条「立て直すまでの仮住まいが手違いで住めなくなって実家に連絡も取れなかった」

吹寄「み、短い・・・つまり上条当麻、貴様結局寮が新しく建つまで住む場所が無いのね?」

上条「ん、まあ・・・そういう事だ」

吹寄「・・・はぁ・・・」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:27:00.56 ID:mptdAGgE0
上条「まあこれ以上お前の部屋に泊まるわけにもいかないだろ?それに寒いっつっても上条さんはこれでも頑丈なのです」

吹寄「・・・上条当麻」

上条「そ、それにほら・・・一緒にいるとやっぱ吹寄も・・・」

吹寄「・・・っ!?私が、何よ?」

上条「ほ、ほら・・・やっぱ年頃の男女なわけだし・・・良くないと思うのですよ」

吹寄「質問に答えなさい、上条当麻」

上条「へっ!?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:30:07.09 ID:mptdAGgE0
吹寄「私が何なのかよ」

上条「い、いやー・・・ほら、やっぱしっかりした吹寄が俺を見てると怒りたくなったりするだろうし・・・」

吹寄「・・・」

上条「様子もちょっと変だったっていうか・・・吹寄?」

吹寄「・・・う、うるさい!」

上条「え、ええ!?上条さん何か変な事言いましたか!?」

吹寄「確かに上条当麻、貴様と一緒に居たのは昨日だけだし言いたくなる事も沢山あるわよ」

吹寄「・・・でも、楽しく無いわけじゃなかったわよ」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:32:33.54 ID:mptdAGgE0
上条「・・・吹、寄・・・」

吹寄「べべべ、別に私が貴様に恋愛感情があるとかそういうんじゃないけどっ!・・・別に話したりしてて悪い気分がする、わけじゃないわ」

上条「・・・」

吹寄「・・・こういう時くらい、とっ、とっ!友っ・・・達を頼っても・・・良いんじゃないかしら?」

上条「・・・お、おう・・・」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:34:12.85 ID:mptdAGgE0
吹寄「・・・じゃ、じゃあ行くわよ」

上条「いっ、良い・・・のか?」

吹寄「新しく寮が建つまでよ!それと・・・別に泊めてくれる人が・・・いや、しょ、食費くらいは入れて頂戴!よ、良く食べるんだから貴様は」

上条「・・・おう、当然だって!そうだ、吹寄」

吹寄「・・・?何よ、上条当麻」

上条「お世話になります、宜しくな」

吹寄「・・・えぇ、宜しく」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:50:33.09 ID:mptdAGgE0
--学生寮:吹寄の部屋

上条「それじゃあ・・・お邪魔します」

吹寄「か、上条当麻」

上条「ん・・・どうした吹寄、通れないんだが・・・」

吹寄「い、一応ここは・・・その、今のところの貴様の寝場所・・・よね」

上条「あ、ああ・・・悪いが世話になる」

吹寄「・・・お、お帰り・・・」

上条「・・・ぷっ!」

吹寄「なっ、何よ貴様っ!!私だって恥ずかしいのよ!?」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:51:33.01 ID:mptdAGgE0
上条「だ、だって・・・くくっ・・・それ、吹寄お前"えうぁんげりおん"の真似だろ・・・くくっ」

吹寄「いっ!良いシーンだと思ったし・・・じ、実際貴様の仮とは言え住まいでしょここは!」

上条「クク・・・腹痛い・・・プクク・・・」

吹寄「----っ!!」

上条「はー・・・あー・・・吹寄」

吹寄「なっ、何よ上条当麻!」

上条「・・・ただいま」

吹寄「お、おか・・・えり・・・」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:56:00.08 ID:mptdAGgE0

吹寄「あっ、そうだ上条・・・貴様、晩御飯は食べたのかしら」

上条「あー、そう言えば朝から何も食ってないな・・・電話した後ずっと公園で寝てたし・・・」

吹寄「まさか・・・貴様あの状態のまま朝からベンチで寝続けてたの・・・?」

上条「おう、ダンボールは意外と寝心地が良くてですね」

吹寄「・・・どういう神経構造をしてるの貴様・・・」

上条「なっ・・・す、数時間とは言え俺の事を守ってくれたダンボールさんを馬鹿にするのは許さねえぞ!?」

吹寄「そっちじゃないわよ!」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:02:35.75 ID:MrWIDeJr0
吹寄「全く・・・それにしても、どうしようかしら・・・」

上条「何がだ?ダンボールさんの手に入れ方か?」

吹寄「違うってば!今日、ご飯炊いてないのよ・・・えっと、昨日のパスタの残りと・・・」

上条「あー、吹寄」

吹寄「ん?」

上条「今日は、その、ファミレスにでも食いに行こうぜ」

吹寄「はぁ・・・上条当麻、外食っていうのは栄養バランス的に・・・」

上条「良いから良いから、ここは上条さんに任せておきなさい」

吹寄「ちょ、ちょっと!大体こんな時間に高校生が外に出るのは」

上条「ほら、行くぞー」

吹寄「っ・・・!ま、待ちなさい上条当麻!」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:09:38.06 ID:MrWIDeJr0


--同時刻:第七学区

黒子「お、お姉さま!急いで下さいまし!門限はもうとっくに!」

美琴「わ、分かってるわよ!くっ・・・全てはこの"ダンボール被りゲコ太ストラップ"が悪いのよ・・・!」

黒子「(た、ただのダンボールに足が生えてるだけに見えますわ・・・)・・・あら?あれは・・・」

美琴「ちょっと!どうしたのよ黒子!」

黒子「あらぁ・・・あちらにいらっしゃいますのは、まぁさかあの殿方ではぁ?」

美琴「・・・えっ!?」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:15:05.03 ID:MrWIDeJr0
黒子「あらあら、女性連れでいらっしゃいますのねえ」

美琴「・・・黒子」

黒子「はい?」

美琴「私、疲れたからファミレスで休んでくわ」

黒子「えっ!?いや、門限・・・寮監はどうするんですの!?」

美琴「手は・・・打ってあるわ」

黒子「えっ!?」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:17:45.68 ID:MrWIDeJr0
--常盤台中学学生寮:208号室

コンコン

寮監「・・・御坂、白井。居るか?」

『はい、二人ともいます』

寮監「そうか・・・消灯時間だ、すぐ寝るように」

『はい、二人ともいます』

寮監「・・・?何を言っている、御坂」

『はい、二人ともいます』

寮監「・・・御坂?」

ガチャリ

寮監「っ・・・これは、テープレコーダー・・・か?」

『はい、二人とも』バキン!!

寮監「ふ、ふふ、良い・・・度胸だ・・・」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:20:30.59 ID:MrWIDeJr0
--同時刻:第七学区

御坂「っとまあ、こういうわけよ・・・行くわよ黒子」

黒子「・・・お姉様、相変わらずツメが甘いですの・・・」

御坂「何か言った!?」

バチィン!!

黒子「なっ!何でも無いですの!(・・・お姉様、黒子・・・地獄の扉だろうとお姉様となら潜ってみせますの・・・)」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:27:36.08 ID:MrWIDeJr0
--ファミレス

吹寄「ま、全くもう・・・強引ね貴様は」

上条「こうでもしないと、吹寄ついてきてくれないだろ?吹寄外食とかあんましなさそうだしな」

吹寄「・・・そういう場所に行く友達、あんまり居ないのよ私は・・・」

上条「・・・良し、吹寄」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:30:29.96 ID:MrWIDeJr0
吹寄「え?」

上条「明日、その・・・なんだ・・・」

吹寄「・・・な、何よ」

上条「あっ・・・遊びに・・・行か「ドリンクバーとティラミスでっ!!!」っ!?」

吹寄「ず、随分声大きなお客さんがいるのね・・・」

上条「そ、そうだな・・・」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:32:36.76 ID:MrWIDeJr0
--後ろの席

黒子「わ、私はド、ドリンクバーとこちらのケーキを・・・」

美琴「・・・・・・・・・・・」

ウェイトレス「ご・・・ご注文は・・・以上でっ・・!」

黒子「は、はいですの・・・」

美琴「・・・・・・・・・はい」

ウェイトレス「少々お待ちくだっさいっ!!」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:35:54.63 ID:MrWIDeJr0
黒子「お、お姉様・・・あちらの殿方、随分あちらの女性と仲が良いようですわね・・・」

美琴「ええ・・・本っ・・・当に仲が良さそうだわ・・・ふふ・・・ふふふ・・・」

黒子「・・・(お姉様、髪がスーパーサイヤ人みたいですの・・・)」

美琴「黒子・・・」

黒子「な、何ですのお姉様・・・」

美琴「何かあったら、後の事・・・頼むわね?」

黒子「・・・な、何か・・・ですの・・・?」

美琴「・・・ええ・・・」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:42:02.99 ID:MrWIDeJr0
--上条・吹寄席

上条「あー、それでですね、明日、一緒に遊びに行かないかなーなんて」

吹寄「っ!?ゲホッ!突然何言い出すのよ貴様は!?」

上条「あぁ、ここは一つ・・・上条さんが高校生の遊びって物を教えて差し上げましょう」

吹寄「・・・何か不埒な事をするように聞こえるのだけど、上条当麻?」

上条「そんな事しないぞっ!?しょうがないだろ、女の子遊びに誘うなんて初めて・・・っつーか・・・」

吹寄「は、初めて・・・って、冗談でしょう、あれだけ女の子の噂が耐えない貴様が・・・」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:43:22.01 ID:MrWIDeJr0
上条「マジだ」

吹寄「・・・そ、そう・・・」

上条「おう」

上条「・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・」

吹寄「・・・良いわよ」

上条「・・・へっ?」

吹寄「あっ、明日遊びに行くって言ってるのよ・・・」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:44:27.65 ID:MrWIDeJr0
上条「そ、そうか・・・へへ」

吹寄「貴様、気持ち悪いわよ・・・」

上条「い、いやー・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・へへ」

吹寄「・・・気持ち、悪いってば」

上条「・・・おう」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:45:22.80 ID:3/k+PgxJ0
この沈黙はなんだか気恥ずかしい




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:47:33.94 ID:MrWIDeJr0

--美琴・黒子席

ガタガタガタガタガタガタガタ
バチバチバチバチバチバチ

美琴「・・・っ!!」

黒子「お、お、お姉様、落ち着きますの・・・火花、火花が・・・」

美琴「落ち着いてるわよ。ええ私は落ち着いてるわ」

ウェイトレス「お・・・お待たせ・・・しました・・・」

黒子「あっ、す、すいませんですの・・・お姉様、ティラミスですのよ・・・」

美琴「・・・ええ・・・」

パク

美琴「あ、美味しい・・・」

黒子「・・・(思いたくなかったけど、お姉様単純ですの・・・)」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:52:06.43 ID:MrWIDeJr0

上条「さて、腹も膨れたし・・・そろそろ帰りますかー」

吹寄「ええ、つい長居しちゃったわね」

上条「ああ、今日は上条さんが持ちますよー」

吹寄「えっ・・・貴様が?」

上条「おう、お前の部屋に・・・その、"住む"になるのは今日からだろ?昨日"泊めてくれた"、お礼・・・まだだしな」

吹寄「・・・貴様、変な所で律儀ね」

上条「おう、上条さんは借りは返しますよ」

美琴「・・・アンタァッ!!」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:56:26.06 ID:MrWIDeJr0
上条「ん?おうビリビリ、お前どう・・・して・・・ここに・・・」

吹寄「き、貴様・・・中学生にも手を出してたの!?」

上条「へっ!?いやいや、上条さんはロリコンじゃありません事よっ!?」

???「へっくし!だにゃー」

美琴「今、"住む"って聞こえたんだけどォ・・・どういう事なのよォッ!!」

レジ係「あ、あのー・・・お客様・・・」

黒子「お、お姉様!落ち着いてくださいまし!」

美琴「離しなさい黒子ォ!」

吹寄「どういう事なのよ貴様、言い逃れできるのかしら!?」

上条「いや・・・あのですね、こいつは」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:01:19.62 ID:MrWIDeJr0
上条 黒子 吹寄 美琴「あっ」

???「あっ・・・停電だにゃー?」

???「あァン?停電かァ?」

???「わーい、真っ暗だってミサカはミサカは貴方に既存の事実を報告してみるっ!」

上条「おっ、御代ここに置いときます!行くぞ吹寄!」

吹寄「きゃ、きゃあ!?貴様、ちょっと!?」

美琴「待てェーーーーーッ!!」

黒子「お、お姉様!?ちょっと待っ」ガシリ

レジ係「お会計、1140円になります」

黒子「・・・ふ、不幸ですわ・・・」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:02:37.57 ID:LqntqFFV0
御坂ェ




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:07:48.75 ID:MrWIDeJr0

--第七学区

上条「はぁ、はぁ・・・くっそ、ビリビリの奴、まだ追ってきてるか!?」

吹寄「ちょ、ちょっと待ちなさいよ貴様・・・げほっ・・・はぁ・・・」

上条「悪い・・・大丈夫か、吹寄」

吹寄「食事後に・・・はぁ、直ぐ運動するなって・・・貴様は、げほっ・・・言われなかったのかしら・・・?」

上条「はぁ、はは・・・大丈夫、そうだな・・・げほっ」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:12:11.13 ID:MrWIDeJr0
吹寄「はぁ・・・で、あの女の子は?」

上条「あー・・・ちょっとした知り合いでさ・・・事あるごとに俺に勝負挑んでくるんだよ・・・

吹寄「勝負・・・?あの子達が着てた制服、常盤台中学のじゃない・・・何で貴方と知り合いなのよ」

上条「まぁ色々ありまして・・・」

御坂妹「こんばんは、とミサカは夜の挨拶をします」

上条「み、御坂妹っ!?」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:18:03.15 ID:MrWIDeJr0


御坂妹「はい、そちらの女性はどちら様でしょうか?とミサカは警戒心を出しながら問います」

上条「あぁ、俺のクラスメイトの吹寄だ」

吹寄「あ、あれ・・・この女の子、さっきの・・・あれ・・・?」

御坂妹「お姉さまにお会いしたのですか?ミサカは絶対能力進化実験におけ「ちょ、ちょっと待った!!」・・・どうしたのでしょうか、とミサカは自己紹介を止められて不満を口にします」

上条「こ、こいつさっきのビリビリ中学生の双子でさ・・・」

吹寄「・・・き、貴様・・・」

上条「へっ・・・」

吹寄「双子揃って毒牙にかけるなんて何を考えているのよ!!」

上条「違うーーーっ!?」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:22:24.09 ID:MrWIDeJr0
上条「あー・・・で、御坂妹は何でここに?」

御坂妹「はい、学園都市内にいるミサカ達の一人からミサカネットワークを通じ連絡がありました」

上条「れ、連絡・・・って?」

美琴「見つけたっ・・・!上条当麻ァッ!」

吹寄「さ、さっきの女の子!?」

御坂妹「・・・お姉さまが能力を暴走させながら街を走り回っていると」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:25:46.45 ID:MrWIDeJr0
美琴「はぁ・・・はぁ・・・ちょっと、アンタその隣の女の子は誰なのよ・・・!」

上条「おっ、落ち着けビリビリっ!!」

美琴「それと!さっきの"住む"って何なのかしら・・・?一緒に住んでる、とか言うんじゃないでしょうね?」

上条「いっ、いや・・・それは、その・・・」

吹寄「住んでるわよ」

上条「えぇーーーーーーーーっ!?ふ、吹寄さん!?今の状況分かってますかぁっ!?」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:31:25.77 ID:MrWIDeJr0
吹寄「貴様は黙ってなさい、上条当麻」

美琴「へ、へぇ・・・一緒に・・・住んでるの・・・!」

吹寄「・・・ええ、ちょっと彼がとある事情で住む場所が無くなってるのよ」

美琴「・・・えっ!?」

吹寄「で、ベンチでダンボールで寝ようとしてる所を拾ったの」

上条「か、上条さんは犬や猫じゃないんですが・・・」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:35:39.70 ID:MrWIDeJr0

美琴「で、でもっ・・・高校生同士が一緒の部屋に住むなんて・・・!」

吹寄「私はこれでも彼を信用してるわ、貴方はしてないのかしら?」

美琴「なっ!?」

吹寄「私だってその辺の奴なら泊めたりしないけど」

吹寄「私は、彼なら信用できるわ」

美琴「・・・」

吹寄「・・・えっと、ビリビリさん?」

美琴「ビッ!?」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:37:15.19 ID:3/k+PgxJ0
これは美琴にとっての修羅場だな…




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:37:32.31 ID:MrWIDeJr0
上条「ふ、吹寄・・・あいつ、御坂・・・えっと・・・御坂・・・」

美琴「あたしのっ!名前はっ!御坂美琴よぉぉぉっ!!」

バチィン!

上条「うぉわっ!?」

吹寄「・・・み、御坂さんね、ちょっとこっちに来て頂戴」

美琴「は、はい・・・」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:45:27.24 ID:MrWIDeJr0
--こっち

吹寄「・・・御坂さん、貴方・・・上条当麻に恋愛感情を持っているの?」

美琴「れっ、れっ、恋愛感情!?・・・その、何ていうか・・・」

吹寄「・・・違うのかしら?」

美琴「そ、うです・・・」

吹寄「・・・そう、そうなの・・・」

美琴「あっ、貴方こそ!あいつとっ・・・どういう関係なんですか!?」

吹寄「友達よ、クラスメイトの」

美琴「・・・クラスメイト、ってだけであんな仲良くは・・・」

吹寄「いい加減にしなさい!」

美琴「っ!?」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:48:52.95 ID:3Ys1TwOL0
美琴説教キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:52:17.80 ID:14xG6dhG0
吹寄△




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:52:57.67 ID:MrWIDeJr0
吹寄「貴方、よっぽど彼の事信用してないのね!?」

美琴「しっ、信用っていうか・・・あいつ、何時も女の子と一緒で・・・私の事なんか無視して・・・」

吹寄「・・・無視?あの男が無視・・・?そんな器用な真似があの上条当麻に出来るわけないじゃない」

吹寄「あの男はね、馬鹿でやる気が無くて不幸だ不幸だ言って人生を諦めてるような奴だけど」

吹寄「どうしようもない、お人好しで・・・優しい男よ」

美琴「・・・はい・・・」

吹寄「貴方が無視されるのは、あの男に対しての接し方の問題よ」

美琴「接し方・・・」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:57:34.04 ID:MrWIDeJr0
吹寄「さっきも言ってたわよ?"事あるごとに勝負を挑んでくる"って」

美琴「そ、それは・・・アイツが何時も・・・その・・・」

吹寄「女の子と一緒にいるから、かしらね」

美琴「・・・うん・・・」

吹寄「任せなさい、私が一緒に住む間に上条当麻を矯正してみせるから」

美琴「・・・一緒に、住むんですよね・・・」

吹寄「あたしの家、この先の寮の×××号室よ」

美琴「え?」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:00:22.10 ID:t5MdCOX5O
>>1のIDが人名みたい




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:02:22.33 ID:kpORWqGj0
Mr.Wide Jr(ジュニア)




137 :Mr.WID:2011/02/07(月) 02:02:28.28 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・たまに、様子見にきなさいな」

美琴「あ、ありが・・・とう・・・って、まだ大事な事、聞いてないんです」

吹寄「・・・何かしら」

美琴「ア、アイツの事・・・どう思ってるんですか・・・?」

吹寄「・・・分からないわよ、私も」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:05:52.63 ID:MrWIDeJr0

--あちら

上条「・・・なあ、御坂妹・・・」

御坂妹「はい、どうしましたか?とミサカは首を傾げます」

上条「・・・俺等、どうすりゃいいんだろうな」

御坂妹「・・・貴方はここで待つ義務があるように思いますが?」

上条「そうだよなぁ・・・はぁ、不幸・・・へっぶし!・・・不幸だ・・・」




147 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:20:38.23 ID:MrWIDeJr0
吹寄「終わったわよ、上条当麻」

上条「お、おう・・・ビリビリ、落ち着いたか?」

美琴「・・・美琴」

上条「・・・へ?」

美琴「ビリビリじゃない、美琴・・・よ」

吹寄「・・・ふふっ・・・」

上条「あ、あー・・・美、琴?」

美琴「・・・うん」

吹寄「さて・・・上条、貴様にも少々話があるわ」

上条「へっ!?か、上条さんは何もしてません事よ!?」




148 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:21:38.35 ID:MrWIDeJr0
吹寄「帰ったら言いたい事が山ほどあるのよ!」

美琴「あ、あのっ!」

上条「ど、どうしたビ・・・美琴?」

美琴「今日は、その・・・ごめん」

上条「・・・えぇっ・・・!?」

吹寄「・・・上条当麻、女の子が謝ってるのに何も言わないのはどうかと思うのだけど?」

上条「お、おう・・・まあ・・あんま気にすんなよ、美琴」

美琴「うん・・・それじゃ、今日は帰るね」

吹寄「御坂さん」

美琴「えっ?」

吹寄「遊びに、いらっしゃいね」

美琴「あ、はい・・・!それじゃあ!」




149 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:26:46.22 ID:MrWIDeJr0

上条「な、なぁ吹寄サン・・・?」

吹寄「何よ上条当麻、豆が鳩鉄砲に撃たれたような顔して」

上条「・・・豆が・・・?いやいや、あいつに何言ったんだ・・・?」

吹寄「・・・女同士の秘密よ」

上条「おっ、女同士の・・・!?」

吹寄「さて・・・さっき言ったわよね、言いたい事が山ほどあると・・・」

上条「えっ」

吹寄「さあ、帰るわよ!」

上条「ちょ、待ってくれ吹寄!引っ張るな、ちょ、ちょっとぉ!?」


御坂妹「・・・ひょっとして私の出番はコレだけなのでしょうか、とミサカは・・・苦虫を噛み潰したような顔をしてみます・・・」




152 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:33:15.01 ID:MrWIDeJr0
--学生寮:吹寄の部屋

吹寄「さて・・・覚悟は良いわね、上条当麻」

上条「・・・何で上条さんは正座させられてるのでしょうか・・・」

吹寄「貴様の節操の無さが!全ての!原因だあっ!」

ドゴン!

上条「」

吹寄「・・・全く・・・!」

上条「か、上条さんの頭蓋骨にも限界があるのですよ・・・?」

吹寄「知るかっ!」

上条「ふ、不幸だ・・・」




154 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:38:56.20 ID:MrWIDeJr0

上条「なあ、吹寄・・・一つ疑問があるんだ」

吹寄「・・・?何よ、上条当麻」

上条「ビリビリ・・・いや、美琴は何で俺の事をあんなに追い回すんだ?」

吹寄「・・・上条当麻、貴様・・・馬鹿?」

上条「ほ、本当に分からんねえんだって!」

吹寄「・・・はぁ・・・貴様は一度病院に行くべきね」

上条「・・・?病院ならつきに2、3回上条さんは行ってますの事よ?」

吹寄「・・・シャワー・・・浴びてくるわ」

上条「お、おーう」




155 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:44:12.38 ID:MrWIDeJr0

ザァァァァ

吹寄「・・・」

ザァァァァ

『美琴「ア、アイツの事・・・どう思ってるんですか・・・?」』

ザァァァァ

吹寄「・・・分からないわよ・・・」

ザァァァァ

吹寄「・・・はぁ・・・」

ザァァァ・・・




156 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 02:45:48.90 ID:MrWIDeJr0

吹寄「・・・上条、シャワー空いたから入ってきなさいよ」

上条「おーう、借りるぜー」

吹寄「ええ」



ザァァァァ

上条「・・・そういえば、遊びに誘ったものの・・・」

ザァァァ

上条「何処行くか全く決めてなかったな・・・」

ザァァァ

上条「ま、適当にぶらつくしかねえかな・・・」

ザァァァ・・・




160 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:04:02.92 ID:MrWIDeJr0

吹寄「じゃあ、電気消すわよ」

上条「ああ・・・へっぶし!」

吹寄「・・・ちょっと、貴様・・・さっきもクシャミしてたけど・・・大丈夫なの?」

上条「あ、ああ・・・大丈夫大丈夫、言ったろ?上条さんはこう見えても頑丈なのですよー」

吹寄「そ、そう・・・じゃあ、おやすみ」

上条「おう、おやすみ」




161 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:08:04.60 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・ねえ、起きてる?上条当麻」

上条「・・・んー、どうした吹寄・・・?」

吹寄「・・・貴様、あの・・・御坂さんの事、どう・・・思ってるのよ」

上条「へっ?あー、まあ・・・何つーか、お嬢様らしくないっていうか何ていうか」

吹寄「・・・違うわよ」

上条「ち、違うって・・・何が?」

吹寄「恋愛対象として見てるのか、って事よ」

上条「れっ!?恋愛対象!?」




162 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:11:09.57 ID:MrWIDeJr0

吹寄「・・・や、やっぱ何でもないわ」

上条「お、おう・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・別に、あいつはそういうんじゃねえんだ」

吹寄「・・・そ、そう・・・良か・・な、何でもない」

上条「えっ!?」




164 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:12:23.10 ID:MrWIDeJr0
吹寄「何でも無いって言ってるのよ!」

ガンッ!!

上条「痛ぇ!何投げたんだよ吹寄!?」

吹寄「う、うるさい!」

上条「・・・ったく・・・」

吹寄「・・・ふん・・・」




166 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:16:16.44 ID:MrWIDeJr0
上条「・・・なあ、吹寄」

吹寄「・・・何よ、上条当麻」

上条「吹寄は・・・彼氏とか、作らねえのか?」

吹寄「な、な・・・別に・・・その・・・」

上条「吹寄、スタイルも良いし・・・モテそうなもんだけどな」

吹寄「な、な、な」

上条「いやいや、冗談じゃなく」

吹寄「・・・私、さ・・・こんな性格だし、彼氏とか・・・駄目、なのよ」




167 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:21:39.60 ID:MrWIDeJr0

上条「そうか?気が利くし・・・優しいし、そういうとこ知ったら男がほっとかないと思うぜ?」

吹寄「・・・き、貴様はどうなのよ」

上条「か、上条さんは・・・そのですね」

吹寄「ど、どう・・・なのよ」

上条「み、魅力的だと思いますです、はい」

吹寄「かっ、上条当麻!?」




168 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 03:22:34.47 ID:MrWIDeJr0
上条「い、いやそうじゃない!違う!客観的事実をですね」

吹寄「あっ・・・わ、悪かったわね」

上条「・・・おう・・・」

吹寄「・・・ただ、さ・・・気になってる奴は、一応・・・居るって事になる」

上条「えっ!?」

吹寄「お、おやすみ!」

上条「おっ、おう・・・おやすみ・・・」




174 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:14:46.14 ID:MrWIDeJr0
解除されてたり・・・しないかな!?


--次の日



吹寄「上条当麻!起きなさい!」

上条「・・・お・・・おーう・・・ズズー・・・」

吹寄「ほら、顔洗ってくる!目覚ましてきなさい」

上条「お、おう・・・お、おっとっと・・・っ!?」

吹寄「きゃっ!?」

上条「っ・・・」

ギュッ

吹寄「・・・!」




175 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:19:22.34 ID:MrWIDeJr0
吹寄「はっ、離れろ上条当麻っ!」

上条「わ、悪い・・・ちょっとフラついて・・・へっぶし!」

吹寄「・・・?ちょっと、額を出しなさい貴様」

上条「へ?お、おわっ」

吹寄「・・・上条当麻、ベッドに横になりなさい」

上条「いやいや、別に上条さんは─」

吹寄「早く!」

上条「は、はいィ!!」




176 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:22:12.66 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・やっぱり・・・」

上条「な、なぁ・・・吹寄」

吹寄「48.6分・・・完璧な病人ね、上条当麻」

上条「・・・」

吹寄「もしかして・・・昨日からキツかったんじゃないの、貴様?」

上条「・・・まあ、ちょっと」

吹寄「貴様、やっぱり馬鹿ね?」

上条「・・・今日、楽しみだったからさ」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 04:24:01.29 ID:vs29UfxT0
おい普通死ぬぞ




178 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:24:47.16 ID:MrWIDeJr0
>>177
ごwwwwwめwwwwんwwwwwww38.6だwwwwwww

吹寄「はぁ・・・」

上条「・・・悪い、吹寄」

吹寄「・・・悪いと思ったんだったら早く治しなさい、今日は寝てるのよ」

上条「おーう・・・上条さんは感動していますよー・・・」

吹寄「か、感動・・・?」

上条「ほら、一人暮らししてるとさ・・・熱とか出ても一人だしな」

吹寄「・・・そう、そうね」




179 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:28:40.86 ID:MrWIDeJr0
吹寄「とりあえず、薬飲んで・・・これ、貼っておきなさい」

上条「お、冷えピタか・・・さんきゅ」

吹寄「あとこの栄養剤と、あとこれとこれと・・・あとこれと・・・」

上条「・・・そ、それはご免こうむります・・・」




180 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:33:18.65 ID:MrWIDeJr0

--昼

吹寄「上条、おきなさい、上条」

上条「う、うーん・・・上条さんは王様に会いたくありません・・・」

吹寄「(・・・どんな夢見てるのよ、この男は)ほら、起きる!」

上条「お・・・悪い、寝てたのか・・・」

吹寄「ええ、もうお昼よ・・・昼食におかゆ作ったから」

上条「ありがたやありがたや・・・上条さんは吹寄さんに惚れてしまいそうですよ」

吹寄「ばっ・・・馬鹿言ってないで早く起きろ!」

上条「へーいへーい」




182 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:35:46.89 ID:MrWIDeJr0
吹寄「よいしょ・・・ほら、食べなさい上条」

上条「お、おう・・・」

吹寄「・・・?どうしたのよ?」

上条「いやー、こういう時はですね・・・看病してくれてる女の子が食べさせてくれる、ってのが夢なんですよ」

吹寄「・・・」

上条「あ、いや!すいません、頭突きは・・・あ・・・?」




184 :Mr.WidJr:2011/02/07(月) 04:38:26.59 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・」

上条「あ、あれ・・・スプーン・・・ちょっと、吹寄さん・・・?謝るから飯抜きは・・・」

吹寄「・・・ほ、ほら・・・口、開けなさいよ貴様・・・」

上条「・・・!?」

吹寄「は、早く開けろこの馬鹿!」

上条「あ、あーん・・・がぶぉ!?」

吹寄「・・・ほら、次・・・行くわよ・・・」

上条「お、おう・・・(何がどうなった・・・ま、まさか吹寄がやってくれるとは・・・)」




185 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 04:40:21.26 ID:MrWIDeJr0

吹寄「・・・お、美味しかったかしら」

上条「お、おう・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・」

吹寄「しょ、食器洗って来るわ」

上条「お、おう・・・(正直味なんてわかりませんでした・・・)」




187 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 04:44:48.43 ID:MrWIDeJr0
--夕方

吹寄「・・・どう、体調の方は?」

上条「おーう、薬と冷えピタと吹寄先生のあーんのおかげで大分楽ですよー」

吹寄「なっ・・・!わ、忘れなさい上条当麻!」

上条「いやー、あんな夢のようなシチュエーションをこの上条さんは忘れませんとも」

吹寄「・・・わ、忘れさせてやるっ!!」

上条「ま、待て!俺は病人・・・や、やめろっ!!」




189 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:07:14.85 ID:MrWIDeJr0
--夜

上条「ご、ごちそうさまでした・・・」

吹寄「お粗末・・・さまでした」

上条「・・・(夕飯もあーんだとは・・・吹寄、恐るべし・・・)」

吹寄「さて・・・準備してくるからちょっと待ってなさい」

上条「へ?準備・・・って、何の?」

吹寄「何の・・・って、貴様、ずっとベッドに入ってて汗かいてるじゃない」

上条「ま、まあ・・・かいてるけど・・・い、一緒にお風呂とかそんな破廉恥な事は上条さんは許しませんよ!?」




191 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:09:42.64 ID:MrWIDeJr0

吹寄「だ、誰が入るか馬鹿っ!!タオルで貴様の体を拭くのよ!」

上条「そ、そうか・・・そう、だよな・・・はは・・・」

吹寄「・・・貴様、入りたいの・・・?」

上条「い、いやいやいや!そんな事はっ!!」

吹寄「そ、そう・・・じゃあ用意してくるから」

上条「・・・(言ったらしてくれたのか・・・?)い、いかんいかん・・・」




192 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:14:24.96 ID:MrWIDeJr0
上条「・・・」

吹寄「ほら、上条・・・腕上げなさい」

プニ

上条「お、おう・・・」

フニ

吹寄「よっと・・・」

フニフニ

上条「(落ち着くんだ上条、いやさ下条・・・吹寄は純粋な好意、好意なんだ・・・だから決してやらしい意味なんかでは)」




193 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:17:02.43 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・ふぅ、じゃあ後ろ向きなさい上条当麻」

上条「・・・はい・・・」

吹寄「よいっしょ・・・」

上条「・・・(・・・か、解放・・・された・・・)」

吹寄「ふう・・・じゃ、じゃあ・・・ズッ・・・ズボン、脱ぎなさい」

上条「へぇあ!?」




195 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:18:33.60 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・いっ、一番・・・汚れてる所、じゃない・・・」

上条「いや、あの・・吹寄さん・・・?目が・・・怖いんですが・・・」

吹寄「・・・な、何よ・・・貴様、恥ずかしいの?」

上条「ど、同年代の異性に裸を見せるってのはいくら上条さんでもですね・・・」

吹寄「きっ、貴様・・・あの時私の裸見といて何を言う!」

上条「あ、あれは不幸な事故だっ!?」




196 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:19:58.92 ID:MrWIDeJr0
吹寄「観念しなさい!上条当麻ぁっ!!」

上条「だ、誰かっ・・・!!」

pipipipipipi

吹寄「・・・?」

上条「・・・お・・・?」

pipipipipi

上条「もっ、もしもし!?」




198 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:24:14.91 ID:MrWIDeJr0
インデックス『も、もしもし?聞こえてるかな?』

上条「お、おう!聞こえてるぞインデックス!」

インデックス『昨日、連絡くれなくて・・・心配したかも』

上条「悪い、ちょっとドタバタしててさ・・・小萌先生には連絡したんだけど・・・そっちはどうだ?」

インデックス『うん、あいさとこもえと一緒に晩御飯食べて・・・楽しいかも』

上条「・・・そ、そうか・・・(ごめん、小萌先生)」




199 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:28:32.20 ID:MrWIDeJr0
インデックス『とうまは今どこにいるの?』

上条「俺か?ちょっと今クラスメイトの家に居候って感じだ」

インデックス『・・・それ、女の子だったりするのかな・・・』

上条「え・・・あ、ああ・・・そうだけど」

インデックス『や、やっぱりとうまはとうまかもっ!!』

上条「落ち着けインデックス!何で怒ってるのかは分からないけど別にやましい事は」

電話「ガァァ!」「シッ、シスターちゃん痛いです!痛いですーっ!!」「お茶。美味しい。」「姫神ちゃん助けてくださいなのですーっ!!」「ガァァァ!!」

上条「もっ、もしもし!?もしもーし!!」

ツー・ツー・ツー




200 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:31:10.07 ID:MrWIDeJr0
吹寄「貴様の知り合い?」

上条「あ、あー・・・ちょっとな」

吹寄「・・・下、拭くのはやめておいてあげるわ」

上条「おう(インデックス、ありがとう・・・っ!)」

吹寄「じゃあ、私はシャワー浴びてくるから・・・大人しく寝てなさい、上条当麻」




202 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 05:35:06.66 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・」

上条「・・・むにゃぁ・・・」

吹寄「・・・」

上条「ぐぅ・・・」

ゴソ

吹寄「お、起きてない・・・わね」

バサッ

上条「んー・・・」

吹寄「っ!?」

上条「・・・ぐぅ」

吹寄「お、驚かせないでよ・・・」

ゴソリゴソリ

吹寄「・・・ふぅ・・・」




206 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:00:32.83 ID:MrWIDeJr0
--次の日

ピピピ・・・ピピピ・・・ピピピ・・・

上条「朝、か・・・って、俺ベッドで寝ちまったのか・・・吹寄ー?」

上条「あれ、いないのか?・・・っと、やっぱまだ体が重・・・」

吹寄「・・・すぅ」

上条「は!?」




207 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:05:57.39 ID:MrWIDeJr0
吹寄「ん・・・」

上条「・・・なっ・・・あ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・俺は起きて体が重いと思ったら同じベッドに吹寄が寝ていた・・・何を言っているのかわからねーと思うが・・・」

吹寄「・・・うーん・・」

上条「・・・俺も、わからねー」

吹寄「・・・うるさいわよ、上条当麻」




208 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:08:40.17 ID:MrWIDeJr0
上条「お、おはよう吹寄・・・」

吹寄「貴様、もう熱は下がったの?体温計はそこよ」

上条「・・・あのですね、一つ聞きたいのですが・・・何故に吹寄さんはここで寝ていらっしゃるのでせう・・・?」

吹寄「ね、熱の時は暖かくするのは常識でしょう・・・それとも貴様、ネギをお尻に刺された方が良かったの?」

上条「選択肢違う。絶対違う」




210 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:11:08.98 ID:MrWIDeJr0
吹寄「まあ、その調子なら大丈夫そうね・・・一応体温計で熱計っときなさいよ、私は顔洗って来るわ」

上条「おっ、おう・・・」

上条「ま、待てよ・・・俺は寝こけて吹寄の添い寝を全く味わえなかったという事か・・・!?」

上条「不幸だ・・・」

pipipi

上条「・・・36.5分・・・平熱、だな」




212 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:14:36.09 ID:MrWIDeJr0
---

上条「なあ、吹寄・・・お前今日、暇か?」

吹寄「暇か?って・・・今日学校よ?昨日、一昨日と土日だったけど・・・」

上条「そ、そう・・・だった・・・じゃあ!放課後、空いてるか?」

吹寄「えっ!?あ、空いてるけど・・・」

上条「あー、昨日遊び行けなかっただろ?今日の放課後付き合えよ」

吹寄「べ、別に良い・・わよ」

上条「うおっしゃあ!!」

吹寄「な、何をいきなり大声出してるのよ!?」

上条「いやー、やっぱり嬉しいものなのですよ」

吹寄「・・・はぁ・・・」




214 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:20:22.10 ID:MrWIDeJr0
--第七学区

上条「いやー、昨日一日閉じこもってたせいか太陽が肌に染みるぜ・・・」

吹寄「吸血鬼なの?貴様は・・・」

青ピ「あぁーーーーーっ!!」

上条「ん?」

土御門「かっ、上やんが!!」

青ピ「いいんちょと!」

土御門・青ピ「二人で登校しとるゥーーーーーっ!?」




219 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:27:14.31 ID:MrWIDeJr0
筆休めに

思えば、インデックスとの生活の中では自分で処理する事も出来なかった。
苦節数ヶ月その事を思えば、隣にそのような目で見た事が無かったわけではないような、美少女が添い寝しているのだ。

耐えろという方が無理である。

「・・・お、起きない・・・よな」

そっと、触れた指先に伝わる感触は女性の胸特有の感触を脳裏に伝えていき、
もっと感触を味わいたいという欲求が、ふつふつと湧き上がってくる。

「・・・っ、はぁ・・・・・・んっ・・・」
「吹、寄・・・っ・・・」

少し、強く。
かと思えば柔らかく揉みしだく。

クラスメイトの、体を自由にしている。
そういった感覚が背徳感を生み、当麻の行為を加速させていった。




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:28:12.40 ID:pCjxvMir0
けしからんもっとやれ




222 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:32:16.69 ID:MrWIDeJr0
上条「なっ、何だよお前ら!?」

土御門「つ、ついに我等の最終防衛線が・・・」

青ピ「これは・・・由々しき事態やな・・・」

吹寄「あなた達・・・何を想像してるのよ・・・」

土御門「いやいや・・・やはり上やんは旗を作る天才だにゃー?」

上条「べっ、別に旗なんか立ててねえっつーの!」

青ピ「せやかて上やん・・・昨日は土日、そして今日は月曜日・・・そこに二人で登校してくる男女やで?」

土御門「状況証拠は揃ってるにゃー」




225 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:36:01.03 ID:MrWIDeJr0
上条「はぁ・・・ところで土御門、お前の部屋も燃えちまったけど・・・どうしてたんだ?」

土御門「そうなんだよ上やん、聞いてくれにゃー」

吹寄「そっか、土御門君の所も燃えたんだったわね」

土御門「・・・(い、いいんちょがいるんだったにゃー・・・)あー、何ていうか・・・とにかく大変だったんだにゃー」

上条「そ、そうか・・・」




226 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:41:02.38 ID:MrWIDeJr0
--上条の高校:教室

土御門「もうやってらんないにゃー・・・それでな、俺のメイド服からメイド本から何から全部燃えちまったんだぜよ・・・」

青ピ「それは災難やなあ・・・」

上条「燃えてしまえそんな物」

小萌「席につくのですよー」




227 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:44:39.14 ID:MrWIDeJr0

小萌「えーっと、一昨日の事なのですけど、第七学区で火災があったのですよ」

小萌「それでうちのクラスの子の中にも住む場所が無くなってしまった子がいるのです」

小萌「その方達は、新しい寮が立つまでもうしばらく辛抱するのですよー」

小萌「じゃあ出席をとるのです」




228 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:52:07.08 ID:MrWIDeJr0

---昼休み

上条「さて、昼飯か・・・」

土御門「・・・さぁーて」

上条「・・・んぁ?」

土御門「上やぁん!今日朝からいいんちょと登校してきた理由を教えて貰うんだぜい!」

上条「なっ、お前!?」

男子「ふ、吹寄と・・・あの吹寄とか!?」

男子「お、俺達の・・・俺達のサンクチュアリィが・・・ついに上条に・・・」

男子「・・・上条・・・!!」

上条「あ、あれ・・・皆さん・・・?どうしてそんな、にじり寄ってくるのでせうか・・・?」

男子「・・・・・・・・・・」




229 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:52:57.21 ID:MrWIDeJr0
土御門「許すんだにゃー、上やん・・・これも天の裁きぜよ」

男子「待てぇ!上条!!」

男子「今日こそ手前を懲らしめてやるぞ!」

上条「ふ、不幸だぁ!?」

男子「逃げたぞ、追え!!」

男子「回り込めっ!奴を抑えろっ!!」


姫神「馬鹿。ばっか。」




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:53:43.50 ID:ny5+rEQn0
土御門は普通にもてるはず




232 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 06:59:25.75 ID:MrWIDeJr0
--放課後

小萌「では皆さん気をつけて帰るのですよー」


上条「く、くそ・・・結局昼飯は食いそびれるし、不幸、だ・・・」

土御門「自業自得なんだにゃー」

青ピ「せやでー、上やん?ただでさえ上やんの周りにはシスター、巫女さん、ツンデレ、お嬢様、ほんわか、
優等生、男口調、年下、幼馴染、お姉さん、先生、科学者、中性的・・・数え切れん程のフラグがあるんやで?」

上条「し、知るかっての!大体フラグなんて俺は立ててないって言ってるだろ」

青ピ「(無自覚ってのは恐ろしいもんや・・)」
土御門「(無自覚ってのは恐ろしい物ぜよ・・・)」




233 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 07:02:40.73 ID:MrWIDeJr0
吹寄「上条当麻!」

上条「ああ、悪い吹寄!今行く」

土御門「・・・ンン?」

青ピ「・・・上やん、この後いいんちょとどっか行くのん?」

男子「えっ」

男子「えっ」

上条「・・・は、走れ吹寄っ!!」

吹寄「かっ、上条!?手っ・・・!ちょ、ちょっと待ちなさいよ馬鹿!」

男子「「「待てぇーーーい!!」」」




238 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 07:10:43.10 ID:MrWIDeJr0
上条「ふぃー・・・ここまでくりゃ撒いただろ・・・」

吹寄「な、何で貴様と外にいると・・・はぁ、走る事になるのよ・・・」

上条「上条さんの不幸体質は伊達ではないのですよー」

吹寄「・・・はぁ・・・」

上条「さて・・・じゃあ行くか!」

吹寄「ええ、ところで上条当麻・・・貴様、行き先は考えてあるの?」

上条「・・・えーっと・・・」

吹寄「・・・貴様の計画力の無さは本当に賞賛に値するわね・・・」




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 07:17:12.21 ID:fYYQGBN30
湯上がりの上条さんの髪型ってどうなってるんだろう




241 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 07:17:57.91 ID:MrWIDeJr0
--To.Aru-Cafe

上条「・・・」

吹寄「ふぅん、意外と美味しいのね」

上条「・・・お、おう」

吹寄「ちょっと、貴様・・・急に黙り込んでどうしたのよ?」

上条「いや・・・カップルと女性が多いなぁと・・・」

吹寄「でしょうね。ここ、クラスの女の子達の間で話題なのよ」

上条「へぇー、道理で」

吹寄「食べたら行く場所、決めるのよ上条当麻」

上条「も、もうちょっとゆっくり食べないと消化に悪いのではないでしょうか・・・?」

吹寄「高校生の遊び方、教えてくれるんでしょ?」

上条「・・・おう・・・」




248 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 07:56:01.95 ID:MrWIDeJr0
--Seventh mist

上条「えーっと、確かここだな」

吹寄「服屋、かしらね」

上条「おう、前ちょっと知り合いと来た事があってな」

吹寄「そういえば・・・ここ、数ヶ月前に爆発事故があったらしいわよ」

上条「そっ、そうなのか!?いやぁ、上条さん初耳ですよ」

吹寄「貴様、どんだけ周囲に無関心なのよ・・・」

上条「・・・(関わった何て言えねえ・・・)」




250 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 07:58:18.94 ID:MrWIDeJr0

吹寄「で、当然連れてきたからには・・・」

上条「は、はい?」

吹寄「選んでくれるのよね、上条当麻?」

上条「お・・・おう!このコーディネーター上条に任せてくれ」

吹寄「・・・やっぱ自分で選ぶわ」

上条「そりゃ無いっすよォーー!?」




251 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:00:59.99 ID:MrWIDeJr0
上条「これと・・・これなんてどうだ?」

吹寄「ふむ・・・貴様にしては中々・・・」

上条「財布にも優しいし・・・あ、いや、そのっ!?」

吹寄「・・・」

上条「す、すいません、肩掴まないで下さい、吹、吹寄さん!?」




252 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:05:59.61 ID:MrWIDeJr0

吹寄「・・・これ、買おうかしらね」

上条「お?買うのか、それ」

吹寄「貴様のセンスはあてにならないという事も分かったわ」

上条「め・・・面目無い・・・」




253 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:12:08.85 ID:MrWIDeJr0
---地下街

上条「次はどうすっかなー」

吹寄「・・・貴様、だから計画を作って動けとあれほどっ!」

上条「だーかーら、地下街を目指して来たんだっての」

吹寄「・・・はぁ・・・」

上条「お、ゲーセンか・・・」

吹寄「ゲ、ゲーセン・・・か・・・」

上条「お?もしかして吹寄、ゲーセン行ったこと無いのか?」

吹寄「・・・行ってみたい、って思った事はあったけど。実際に行ったことはないわね」




255 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:17:39.55 ID:MrWIDeJr0
上条「よし、吹寄・・・これがUFOキャッチャーっつーもんだ!」

吹寄「それくらい知っている!」

上条「ほほう・・・ならやってみるが良いさ・・・」

吹寄「か、簡単じゃない・・・このアームを移動させて中の景品を掴めば良いのでしょう?」

上条「その通りだ」

吹寄「・・・制理、行くわよ」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 08:18:08.15 ID:WQhq9ClYO
グラビトン事件の記憶は…いや、続けてくれ




257 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:19:32.20 ID:MrWIDeJr0
>>256
あっ

--30分後

上条「・・・あの、吹寄・・・さん?」

吹寄「あっ・・・き、貴様が話しかけたせいで落としちゃったじゃない!」

店員「あの、お客様・・・もし宜しければ・・・位置を・・・」

吹寄「結 構 で す !」

上条「・・・お、お気遣い無く・・・」




258 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:21:56.76 ID:MrWIDeJr0
--

上条「・・・まさかあれだけやって景品一個とは・・・」

吹寄「な、何よ・・・」

上条「いやいや・・・次は、そうだな・・・カラオケにでも入るか」

吹寄「カッ、カラオケ!?」

上条「行ったこと、無いだろ?」

吹寄「馬鹿にしてるわね、貴様・・・私だってカラオケに行ったことくらいあるわよ」

上条「ほほう・・・では吹寄さんの美声を聞かせて頂きましょう!」




259 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:25:55.94 ID:MrWIDeJr0

上条『うららかに揺られるつんつんツララからポタリポタリ透明の粒が降るんだ』

吹寄「・・・(上条当麻の癖に・・・う、上手いじゃないの・・・)」

上条『すなわち暗がりには僕らがいるフラジャイルの咲く日だまりの丘で』

吹寄「・・・(やるしか・・・無い・・・!)」

吹寄「・・・(でも、選曲・・・が・・・くっ・・・)」

上条「(な、悩みまくってる・・・)」




261 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:28:46.00 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・ふぅ・・・どうよ、上条」

上条「・・・上手い、けどさ・・・」

吹寄「何よ、何か文句でもあるのかしら?」

上条「・・・トトロは無いだろう・・・吹寄・・・」

吹寄「う、うるさいわね!貴様にはあの良さがわからないの!?」

上条「いや、わかりますけど・・・うーん・・・」




262 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:33:09.53 ID:MrWIDeJr0
---帰り道

上条「ふぃー、今日は遊びましたねえ」

吹寄「そうね、こんなに遊んだのは久々」

上条「なぁ、吹寄」

吹寄「何かしら、上条当麻」

上条「ほら、これやるよ」




263 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 08:34:38.00 ID:MrWIDeJr0
吹寄「・・・ネックレス?・・・貴様、何時買ったのよ?」

上条「何つーか、ほら・・・二人で遊びに行った記念っつーかさ」

吹寄「・・・き、貴様・・・その首のネックレス・・・まさか」

上条「あー、ま、まー・・・デザインが気に入ったから」

吹寄「・・・も、貰っておくわ」

上条「・・・おう」




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 08:48:33.67 ID:14xG6dhG0
吹寄にも首輪をつける上条△




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 08:55:43.49 ID:Ti+RgPVRO
後はリードだな




268 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 09:00:16.16 ID:MrWIDeJr0
上条「それじゃあ・・・帰りますかね」

吹寄「・・・ええ、私達の家に」

上条「・・・それ、何か・・・夫婦みたいだな・・・」

吹寄「ばばば馬鹿言うんじゃない!」

上条「うわっとぉ!?」




327 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 22:54:46.60 ID:MrWIDeJr0
吹寄「それにしても上条、貴様・・・土御門君とか青ピ君とか以外と友達って居ないんじゃないの?」

上条「ん、それなりに自分じゃいるつもりだけど・・・」

吹寄「・・・あの二人以外と遊んでるの、見た事無いのだけど」

上条「そうだな・・・姫神とか・・・後はイギリスとかにも知り合いがいるな」

吹寄「・・・(イギリス・・・?)」




329 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 22:58:04.17 ID:MrWIDeJr0
上条「他は・・・そうだな、ビr・・・美琴も・・・まあ友達だな」

吹寄「・・・」

上条「後は、吹寄かな」

吹寄「・・・貴様、本当にストレートに言うのね」

上条「・・・言葉にしなきゃ、伝わらないからな」

吹寄「・・・そう、ね」




333 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:05:22.75 ID:MrWIDeJr0
上条「あー、そうだ・・・インデックスに連絡入れないと」

吹寄「・・・ば、晩御飯どうする?」

上条「へ?あー、考えてなか・・・いや、あるぞ!」

吹寄「・・・どうせ貴様の事だから考えてなかったのではないかしらね」

上条「いやいや、上条さんはちゃんと考えてますよー?"高校生らしい"と言えば・・・!」

吹寄「・・・言えば?」

上条「ファストフードしかないでしょう!」




335 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:10:22.54 ID:MrWIDeJr0

吹寄「・・・上条当麻」

上条「は、はい?」

吹寄「普通デッ・・・デートの最後がファストフードなのは有り得ないと思うのだけれど」

上条「・・・でえと?・・・」

吹寄「な、何でも無いわよ馬鹿!行くわよ!」

上条「・・・吹寄」

吹寄「なっ・・・何よ?」

上条「そっちじゃなくてこっちだ」

吹寄「・・・っ!!」




336 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:13:19.98 ID:MrWIDeJr0
--ファストフード

上条「あ、吹寄」

吹寄「ん?」

上条「俺さ、インデックスにちょっと連絡入れてこn」

吹寄「かっ、上条貴様は何にするの!?」

上条「いや・・・電話をでs」

吹寄「・・・し、してくれば良いじゃない・・・」

上条「おう、悪い!ちょっと行ってくる」

吹寄「・・・」




341 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:27:09.54 ID:MrWIDeJr0
prrrr...prrrr...

上条「んー、出ねえな・・・」

prrrr...prrrr...

上条「・・・うーん」

prrrr...prrrr...

上条「また後でかけ直すか・・・」

--小萌のアパート

インデックス「そこだ!やっつけるんだよカナミン!」

小萌「シ、シスターちゃん・・・ちょっと音量が大きいのですよー?・・・あ、携帯が鳴ってるのです」

インデックス「そんな事より今カナミンがピンチな方が重要かも!」

小萌「ご、ご近所さんがあ・・・」




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:30:08.44 ID:MrWIDeJr0
--ファストフード:二階客席

上条「えーっと、吹寄・・・は・・・」

上条「・・・!?」


吹寄「・・・」

姫神「・・・」


上条「・・・ふ、二人とも笑ってるのに・・・なんだあのドス黒いオーラは・・・!?」




344 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:35:09.19 ID:MrWIDeJr0
--ファストフード:二階客席(数分前)

吹寄「・・・(インデックス、さん・・・って誰なのかしら)」

姫神「・・・吹寄さん。珍しい」

吹寄「あら、姫神さんじゃないの・・・ちょっとね、連れてこられたっていうか」

姫神「・・・上条君。だよね」

吹寄「え、ええ・・・」

姫神「・・・羨ましい。貴方が」

吹寄「・・・そ、そう・・・」

姫神「・・・」

吹寄「・・・」




348 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:39:36.63 ID:MrWIDeJr0

--ファストフード:二階客席

上条「よ、よう、姫神じゃないか」

姫神「上条君。貴方は。吹寄さんとどういう関係」

上条「へっ!?」

吹寄「ひ、姫神さん!?別に私と上条当麻は・・・!」

姫神「・・・上条君。答えて」

上条「えっ、まあ・・・友達、だけど」

姫神「・・・そう。良かった」

吹寄「・・・(・・・良かった・・・そう、良かった・・・のね)・・・一緒に住んでるけどね」

姫神「!?」




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 23:40:54.01 ID:eofFLs570
修☆羅☆場




350 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:43:21.76 ID:MrWIDeJr0

姫神「上条君。どういう事?」

上条「え?ああ・・・インデックスが小萌先生の家にいるから知ってると思ってたんだが」

姫神「・・・クラスメイトの、家に居るって」

上条「だから、クラスメイト・・・なんだが」

吹寄「な、何も問題無いわね」

姫神「・・・(そう。そういう事)・・・」




351 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:47:14.17 ID:MrWIDeJr0
姫神「私。そろそろ帰るね」

上条「え?もう食い終わったのか?」

姫神「・・・うん。・・・吹寄さん。頑張って」

吹寄「・・・ごめん」

姫神「譲るつもり無いけど。今日は吹寄さんに譲る」

吹寄「・・・」

上条「え、えーっと・・・上条さんは話が見えないのですが・・・」

姫神「・・・はぁ・・・」

吹寄「・・・はぁ・・・」




353 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:51:17.71 ID:MrWIDeJr0
上条「譲る・・・って、何だ、ハンバーガーでも取り合ってたのか?」

吹寄「・・・上条、貴様・・・本当に気づいてないの?」

上条「だから何がだよ・・・」

吹寄「・・・本当の馬鹿ね、貴様」

上条「失礼な!?」




355 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:54:49.78 ID:MrWIDeJr0
上条「で・・・どうだ、吹寄」

吹寄「どうって・・・何がよ?」

上条「だからさ、ファストフード。あんまり食べないだろ?」

吹寄「・・・栄養バランスが悪い食べ物だと思うわ。味も雑」

上条「・・・いや、まあそりゃそうなんですけど・・・友達と食うと美味いんだぜ、これも」

吹寄「ええ、確かに。・・・美味しいわね」

上条「・・・へへ」




357 :Mr.WIDeJr:2011/02/07(月) 23:57:45.19 ID:MrWIDeJr0
吹寄「だ、だからその笑い方をやめろ上条当麻!」

上条「いやー、嬉しいとついこう・・・分かるだろ?」

吹寄「・・・へへ」

上条「・・・うわっ・・・」

吹寄「き、貴様・・・」




361 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:14:58.69 ID:4hAaAyr40
--学生寮:吹寄の部屋

吹寄「ふぅ・・・ただいま」

上条「ただいま」

吹寄「・・・疲れたわね、楽しかったけど」

上条「おう、また行こうぜ」

吹寄「・・・つ、次は・・・デー」

pipipi...pipipi...

上条「お、インデックスかな?」

吹寄「・・・シャワー浴びてくるっ!!」

上条「!?」




363 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:20:59.06 ID:4hAaAyr40
上条「もしもーし」

インデックス『と、とうま?聞こえてるかな?』

上条「はは、だから聞こえてるって」

インデックス『と、とうまの右腕が無ければでんわなんて使わなくても良いんだよ!』

上条「いや、そう言われましても」




367 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:27:06.97 ID:4hAaAyr40
インデックス『え、えと・・・今日ね、あいさがとうまに会ったって言うんだけど・・・元気が無いかも』

上条「あ、あー・・・ちょっとな」

インデックス『・・・またとうまはとうまなんだね・・・?』

上条「いや、俺にだって分かんねえんだって・・・」

インデックス『はぁ・・・それじゃあまた明日電話するんだよ、ばいばいとうま!』

上条「おう、また明日な」




372 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:38:58.78 ID:4hAaAyr40
ザァァァ・・・

吹寄「(インデックス・・・名前・・・?あだ名、かしらね・・・?)」

ザァァァ・・・

吹寄「(・・・あの、白いシスターの女の子・・・の事よね)」

ザァァァ・・・

吹寄「(・・・ま、まさか・・・あの男・・・!ロリ・・・コン・・・!?)」

ザァァァ・・・

吹寄「(・・・そ、そんな訳無いわよね・・・)」

ザァァァ・・・

吹寄「(・・・・・・シャンプー目に入った、痛い)」




376 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:45:02.35 ID:4hAaAyr40
キュッ

吹寄「ふう・・・って、あ・・・!?」

--

吹寄『ちょ、ちょっと・・・上条当麻・・・!』

上条「ん、ど、どうした吹寄?」

吹寄『その・・・き、着替え・・・忘れたのよ・・・』

上条「な、何です・・・と・・・」




381 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 00:50:36.25 ID:4hAaAyr40
吹寄『か・・・壁に向かって!正座!』

上条「へ、へ!?」

吹寄『う、後ろ向いたら・・・どうなるか分かってるだろうな!貴様!』

上条「ハイィ!!」

--

吹寄「・・・ダッシュで、取りに行くだけ・・・取りに行くだけなのよ・・・」

吹寄「制理、行くわよ・・・!」




387 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:01:36.08 ID:4hAaAyr40
--

ガチャッ...

上条「・・・(意識するな、落ち着け、落ち着くんだ上条当麻・・・!)」

吹寄「・・・(あ、足音たてない方が・・・良いわよね・・・取るだけ、取るだけなのよ)」

ガサッ...ガタッ...

上条「・・・(うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお)」

吹寄「・・・(着替え・・・着替・・・え・・・?)」

Mr.G「カサリ」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 01:02:18.21 ID:lhJD2yhy0
Mr.Gwwwwwwwwwwwwwwwwwww




393 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:10:17.19 ID:4hAaAyr40

吹寄「」

上条「・・・(待てよ、今バスタオル・・・バスタオルだよな・・・チラっと・・・待て、いかんぞ上条当麻・・・)」

Mr.G「サカサカサカサカサカサカサカサカサカ」

吹寄「っきゃああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」

上条「うわあああああああああああああ!?」

Mr.G「カサカサカサカサミカサカサカサ」

吹寄「来るな!来るな来るな来るな、来るなーーーーーっ!!」

ハラリ

上条「ふっ、吹寄!?どうし・・・う、うわああああ!?」

ギュム

吹寄「かっかっかっ上条!上条当麻!何とかしろ!あれ!」

上条「え!?え!?(吹寄さんだだだだだきききつつつ胸が胸が胸がおっぱいが)」




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 01:11:05.90 ID:lhJD2yhy0
この上条は不幸が足りない




399 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:18:22.31 ID:4hAaAyr40
吹寄(ネイキッド)「くっ・・・上条当麻!奴を食い止めるのよ!」

上条「食い止める・・・って、アレをか!?」

Mr.G「・・・」

上条「・・・(・・・隙が無え・・・こいつ・・・!)」

吹寄(ネイキッド)「た、確かこの辺に・・・!」

Mr.G「・・・カサッ」

上条「・・・っ!!」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 01:20:53.89 ID:XvpBVxW10
ミカサがいた




401 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:22:11.00 ID:4hAaAyr40
Mr.G「・・・カサカサカサカサ」

上条「いいぜ・・・お前が・・・この部屋の平和をぶち壊すなんて幻想を抱いているなら!」

上条「そのっ!幻想をぉおおおお!!ぶちっ」

吹寄「食らえ!」

シューーーー

Mr.G「」

吹寄「・・・倒、した・・・のね・・・って、何やってるのよ貴様・・・そんな変なポーズで」

上条「・・・あ、いや・・・何でもない・・・です・・・」




403 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:25:27.75 ID:4hAaAyr40
吹寄「・・・はぁ・・・部屋、もうちょっと片付けないと駄目かしらね」

上条「そうか?綺麗だとお・・・も・・・」

吹寄「・・・?どうしたの・・・よ・・・っ!?」

上条「待て!今回は俺は悪くな」

吹寄「みっ、見るな!上条当麻!!」

ガッッゴン!!

上条「ふ、不幸・・・だ・・・」




405 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:33:37.92 ID:4hAaAyr40
--

ザァァァ...

上条「(・・・いかん、頭から離れないぞ・・・)」

ザァァァ...

上条「(・・・お、落ち着け下条さん・・・スタンバイしないでくれ)」

--

上条「ふぅ、吹寄ー、って・・・あれ」




406 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:39:40.74 ID:4hAaAyr40
吹寄「・・・」

上条「・・・寝ちまったのか」

吹寄「・・・」ゴロ

上条「(・・・な、何か一人分開けてる・・・)」

吹寄「・・・」

上条「(ま、まさか・・・な・・・いや、しかしこれは・・・)」

吹寄「・・・」




412 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:55:15.72 ID:4hAaAyr40

上条「(ま、まさか・・・な・・・いや、しかしこれは・・・)」

吹寄「・・・」

上条「(ね、寝袋・・・寝袋って、あ・・・れ?)」

上条「・・・あ、あのー・・・吹、寄・・・さん?私目の寝袋は・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・ふ、吹寄さん・・・?」




416 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 01:59:24.92 ID:4hAaAyr40
上条「・・・(し、仕方が・・・ない・・・)」

上条「お、お邪魔・・・します、よ?」

吹寄「・・・(み、耳まで熱い・・・気づいてないわよね、この男・・・)」

上条「・・・(何で俺は吹寄と同じベッドで寝てるんだ・・・教えてくれ、神様・・・)」

吹寄「・・・今日、楽しかった」

上条「お、おう・・・」

吹寄「・・・」

上条「・・・」




418 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:05:52.45 ID:4hAaAyr40
吹寄「・・・」

上条「・・・なあ・・・上条さんが使ってた寝袋君は・・・」

吹寄「・・・し、知らないわよ・・・」

上条「ちょ、ちょっと探して・・・」

吹寄「!」

上条「あ、あの・・・吹寄、さん・・・離してくれないと探せないんですけども」

吹寄「クッ・・・クラスメイトなんでしょ」

上条「えっ・・・お、おう」

吹寄「・・・同じベッドで寝るくらい・・良い、じゃない・・・」




424 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:12:13.81 ID:4hAaAyr40

上条「なあ、吹寄」

吹寄「・・・何よ、上条」

上条「クラスメイトである前に俺と吹寄は男女な訳でですね・・・」

吹寄「・・・」

上条「流石に年頃の・・・まあ、そういう関係じゃない男女が一緒にベッドに寝るというのは上条さんは・・・」

吹寄「・・・き、貴様にしては常識的な意見ね・・・」

上条「上条さんは何時でも常識人ですよ」

吹寄「・・・じゃあ」

吹寄「そういう関係なら・・・良いのよね?」

上条「・・・へっ!?」




430 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:20:07.36 ID:4hAaAyr40
吹寄「・・・」グイッ

上条「どわっ・・・と」

吹寄「・・・」

上条「(な、何で涙目で顔真っ赤なの吹寄?何で俺覆いかぶさってるの?何でこんな可愛いの吹寄・・・)え、えっと・・・」

吹寄「・・・察しろ、馬鹿」




440 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:36:40.08 ID:4hAaAyr40

「そ、それじゃあ・・・その」

心臓の高鳴りが耳に響いてた。
色々な魔術師や、能力者と戦った時でさえ、こんなに緊張しただろうかという程の動悸。
それ程な高鳴りを、相手の─吹寄制理も、感じているのかは謎だったが。

「・・・早くしろ、馬鹿・・・」

そっと、薄手のTシャツの肩に触れると、それだけで女性特有の柔らかさが伝わってくる。
先ほども、その前も感じてはいたのだが、やはり女の子だ、と改めて認識してしまう。

「ぬ、脱がす・・・ぞ?」
「・・・ん」

ゆっくりと、もったいぶる様にTシャツを脱ぐ。
白いお腹、そして同学年の中でも、稀に見るほどの谷間を包む下着。
全てが上条当麻の興奮を昂ぶらせていく材料になる。

「な、なあ・・・この下着って・・・大覇星祭の時の・・・だよな?」
「・・・よ、良く覚えてるわね・・・貴様、そういう事だけ記憶力が良いんだから・・・」
「まあ・・・年頃ですから・・・」




445 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:48:34.18 ID:4hAaAyr40
「じゃ、じゃあ・・・その、ブラ・・・取るぞ?」

飲み込んだ唾が、アルコールのようだった。
静かに震える手を片手で握り、もう片方の手で黄色の柄の下着を─

「・・・待ちなさい、上条当麻」
「お、おう!?」

「・・・ふ、普通・・・こういう事をする前にやる事があるんじゃないかしら」
「やる・・・事?あ!ゴムが」
「ち、違うわよ!それも重要だけっ・・・」

不意打ちのキスは、吹寄の思考を奪うには十分であった。
数日前の、事故のようなキスではなく、意味のあるキス。

「んっ・・・んんっ!?」

舌先が、吹寄の前歯をノックすると、吹寄がそっとそれ受け入れる。
上条の舌が、前歯から奥歯を弄り、舌先と絡み合った。

「んっ・・・はぁ・・・ちょ、ちょっ・・・」
「っ・・・はぁ、ど、どうした吹寄?」
「がっつきすぎよ、貴様・・・」




449 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 02:56:02.95 ID:4hAaAyr40
(は、初めてのキスがディープキスって・・・それにしてもこの男、やけに手馴れてるわね・・・)
そう心の中で呟き、また自分から口付ける。
啄ばむ様なキスから、深く─もったいぶる様に舌を引き、また絡め合う。

「んっ・・・やっ、あ・・・んんっ・・・」

キスをしながら、上条の右手が動き始めていた。
最初は形を確かめるように表面をそっと撫で、乳首の位置を確かめるように指先がくすぐる様に動き回る。
胸からの感覚、舌同士が絡めあう感覚。
そのどれもが、吹寄には未体験の物であり、自分の感覚を溶けさせていく。




451 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:02:40.59 ID:4hAaAyr40
「・・・あ、あれ・・・」
「・・・どう・・・したの・・?」

突然、上条が背中を弄り始めた。
それすらも背筋をゾクリとさせ、自分ですら知らないような声が上がりそうになる。

「やっ・・・な、何よ?」
「いや・・・ブラ・・・これどうやって外すんだ?」

まさか、自分で外す事になろうとは思わなかった。
何処ぞの調教物のように、脱がさせられるような感覚を多少覚えたが、
快感で朦朧としている頭はさらなる快楽を求め、上条の手を掴み、導いた。

「こっ・・・これ、フロントホック・・・」
「こ、ここか・・・」

パチン、と音を立てると、ぶるん、と音が立ったような感覚すら覚えるほどの胸が、上条の前に差し出された。

「あの・・・吹寄さん?隠されるとですね・・・その」
「目、怖いわよ貴様・・・」




455 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:10:00.67 ID:4hAaAyr40
「そ、そりゃあ上条さんだってこんな状況なら狼になりますよ!」
「きゃっ!?」

隠していた左腕を上に押さえつけ、胸にむしゃぶりついていく。
右腕で片方を揉みしだきながら、左胸の乳首を甘噛みし、舌先で飴玉を転がすように舐め上げる。
暴力的なまでの快楽が、吹寄の思考を融解させていき、甘い声を上げさせていった。

「やっ、ちょっと、貴・・・あんっ、や、やあっ!!」
「吹寄さん・・・この胸はちょっと犯罪的じゃないかと上条さんは思いますよ?」
「しっ・・・知らないっわよ・・・!あっ!」

上条の右腕が胸を離れ、お腹へと移動していく。
左右の脇腹を往復するように撫で上げ、背中に腕を回し抱き上げる。

「上・・・じょっ・・・んっ・・・」

強く抱きしめながら、深いキス。
抱きしめられながらのキスが、こんな気持ち良い物だったとは─。
そう頭の隅で考えながら、溶け合っていく。




460 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:18:06.76 ID:4hAaAyr40
気づくと、右腕が、背中を伝い、形の良いヒップへと伸ばされていた。
柔らかな感触を楽しむように揉みしだき、時には内股を撫で上げ、吹寄の性感を嫌が応にも高めていく。
吹寄とて、年頃の女性だ。
数回程自分でした事もあったが、快感というものが理解できなかった、それが─この男、上条当麻に触られているだけで、こんなに違うものなのか。
そんな思考すら奪われながら、自分も上条の背中に手を回し、強く抱きしめる。

「そ、その・・・脱がす、ぞ」
「・・・う、うん・・・」

腕がスライドし、寝巻き代わりのスウェットの下を脱がしていく。
下着一枚を残し、全てを上条に見せている。
それだけで、体が熱くなっていくのを感じる。

「き、貴様も脱ぎなさいよ・・・その、窮屈・・・じゃないの、ソレ・・・」
「え、あ・・・まぁ・・・それじゃ・・・その」




464 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:24:54.35 ID:4hAaAyr40
布団の中で脱いだので分からないものの、太股に感じる上条自身の熱さが伝わってくる。
同年代のソレは知識としては知っているものの、見るのは当然初めてであり、
クラスの女子が話している内容よりも、幾分か大きく感じた。

「な、何か恥ずかしいな・・・これ」
「い、今更何言ってるのよ馬鹿!」

激しい口調をしながらも、そっと、上条自身に触れる。
「ちょ、吹寄!?」

声を上げる上条を無視し、形を確かめるように、擦り上げる。
(す、凄い・・・こんな脈打ってて、大丈夫なのかしら・・・)
「き、貴様・・・さっきから好き放題してくれたわね・・・」
そう言い放ち、反論が出る前に口を、口で塞ぐ。
先程の反撃とばかりに、自分から舌を差し入れ、上条の口内を舐め上げていき、
右手で上条自身を擦り上げていく。




465 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:33:04.49 ID:4hAaAyr40
「はぁ・・・んっ・・・負け、無いんだから・・・」
「吹、寄・・・んっ・・・」

「上条・・・んっ、ちゅっ・・・んっ・・・!」
「んっ・・・はぁ、ちゅっ・・・ん・・・吹寄・・・吹寄・・・!」

口付けが激しさを増す事に比例し、右手の動きも早くなって行く。
意識してやっている事では無いのだが、上条を追い詰めるように、その動きは加速していった。

「はぁ・・・吹寄っ・・・!で、出るっ・・・!」
「ん・・・え、えっ!?」

上条の動きが強張った瞬間、右手で気づけば強めに掴んでいた上条自身が、激しく脈打つ。
熱い白濁が、吹寄の右手、腹部を汚していった。
上条自身から離した右手を擦り合わせると、粘ついた感触。
(こ、これって・・・イ、イッた・・・って事よね・・・?)

「わ、悪い吹寄・・・」
「上条当麻・・・貴様、その・・・イッた、のよね・・・」
「まあ・・・その通りです・・・」




469 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:40:28.67 ID:4hAaAyr40
もう一度触れてみると、上条自身のふにゃりとした感覚。

「ちょ、ちょっと上条・・・貴様、柔らかくなってるわよ」
「しょ、しょうがないだろ!?男ってのはそういう物なの!」

(そ、そうだ・・・こういう時は確か・・・)

「上条当麻!」
「ん・・・な、なんだ吹寄」
「な・・・舐めたら、その・・・大きくなる・・・の?」
「い、いやいや吹寄、汚いし!それは俺達にはまだ早いのではないでしょうか!?」

「・・・やる、わよ。多分大丈夫」

そう言うと、体を起こした吹寄が体の位置を入れ替えた。
俗に言う、シックスナインの体制。
上条にとって、土御門や青ピとの会話の中で稀に出るような状況でしかなく、
目の前にある吹寄の下着がその現実を上条に叩きつけてきた。




474 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 03:53:28.82 ID:4hAaAyr40
「ち、近くで見ると・・・グロテスクね、これ」
「まぁ・・・そうだろうな・・・やっぱ無理しなぁっ・・・!」

止めようとする間もなく、上条自身に未知の感触が襲い掛かった。
ざらついた舌が亀頭に触れ、鈴口をくすぐり上げたかと思えば、くびれを一周するように舐め上げる。
吐き出した汚れを舐め取るように、舌が上条自身を這い回っていく。

「ちゅっ・・・ん、んっ・・・はぁ、ちゅっ・・・不味い、わね・・・コレ・・・ちゅっ」

その感覚をもっと味わいたい、と言う様に硬さを取り戻していく上条自身。
むせ返るような精臭も、白濁とした液体の苦さも、全てが吹寄を酔わしていく。

「硬く・・・なって、きた・・・ん・・・ちゅっ・・・」
「ふ、吹寄・・・何でそんな上手いんだ、おま・・・え・・・っ!」

硬くなった上条自身を、ぱくり、と加え、亀頭を舐め転がす。
右手で幹を擦り上げながら、涎と先走りが混じった音を上げさせながら。
その時、自分の、秘部に何かが触れた。
湿った下が、秘部の肉芽から蜜壺までを何回も何回も舐め上げていく。

「か、上条・・・っ!!あっ、やぁあっ!はっ、あ、あぁっ・・・!!」
「く、口がお留守だぜ、吹寄・・・!」




477 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:01:14.36 ID:4hAaAyr40

布越しとは言え、その感覚は吹寄には強烈であった。
神経を直接弄られるような快感が、自分を責め上げてくる。
それが後押しするかのように、上条自身に対する愛撫も激しさを増していった。

「ふ、吹寄、のっ・・・ちゅっ・・・蜜、凄いぞ・・・ちゅっ・・・」
「ちゅ、んあっ、う、るさいっ・・・んっ・・・あぁっ!?」

その時、今までに無い感覚が、吹寄を襲った。
下着を横にずらした上条が、淫猥な音を立てながら蜜をすすり上げ、舌で直接舐め上げていく。

「だ、だっ・・・めっ・・・んぶっ、んっ!?」

気づくと、上条自身が吹寄の口内に入り込み、腰を動かしていた。
口内を蹂躙され、自分の秘部を舐めしゃぶられ─。

「んっ、んんっ!!」
「い、イクぞ・・・吹、寄ぇっ!!」




478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 04:01:56.21 ID:up+zRT8p0
ぱいずり!ぱいずり!




479 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:06:57.67 ID:4hAaAyr40
「あ、あぁっ、あ、あ、あぁっ・・・・!!!」
「くっ・・・!!」

口の中で、上条自身が熱く脈打つと同時に、自分の体が強張る。
太股で強く上条の頭を挟み込みながら、自分の体が弾け飛ぶような感覚。

「げ、げほっ・・・げほっ・・・はぁ、はぁ・・・げほっ・・・」
「はぁ・・・はぁ・・・悪い、吹寄・・・大丈夫か?」

「大・・・丈夫に・・・見え、るの貴様・・・苦しいし・・・不味いし・・・はぁ」
「ほ、本当に悪い・・・」

「はぁ・・・ま、また柔らかくなってるじゃないの・・・貴様・・・」
「ふ、吹寄だって・・・その、イッたじゃねえか」
「・・・か、上条当麻ぁ!!」
「す、すいませんっ!?」




481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 04:13:44.93 ID:lhJD2yhy0
上条「俺の息子に打ち止め(ラストオーダー)があるっていうのなら、」
上条「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!」




484 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:19:27.02 ID:4hAaAyr40
・・・これは、一度徹底的に懲らしめないと駄目では無いのだろうか。
そう思い、吹寄はクラスの女子が読んでいた、低俗な雑誌を思い出す。

「・・・そこに、座りなさい」
「は、はい」
「正座じゃないわよ!そこに腰掛けろって言ってるのよ!」

そう言い、ベッドの縁に上条を腰掛けさせ、上条の足元に座り込む。

「吹、寄・・・さん?あの、何をやろうとしてらっしゃるので・・・」
「・・・こうするのよ」

そう言うと、自らの胸を上条の腹筋に押し付けるように、上条自身を挟み込む。
多少コンプレックスにもなっていた自分の胸ではあるが、こんな武器になろうとは思いもしなかった。




485 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:20:20.08 ID:4hAaAyr40
「こ、これ難しいわね・・・動くなよ、上条当麻」
「は、はははははい!!」

不器用ながらも、上条自身を胸で擦り上げていく。
上条自身を胸で強く挟みながら、上下に動いていくと、上条自身が固さを取り戻していくのを感じた。

「き、気持ち・・・良いの?」
「おう・・・気持ち、いいです」
「・・・そう・・・んっ・・・む、難しいわね・・・あっ、はぁ・・・」

乳首が、上条の腹筋で擦り上げられていき、自らも昂ぶっていく。
気づけば上条自身の鈴口から、先走りが溢れ滑りを円滑にしていた。

「はぁ、はぁっ・・・ふ、吹寄っ・・・ス、ストップ・・・」
「あっ・・・も、もう・・・大丈夫そうね」




488 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:27:28.18 ID:4hAaAyr40
「そ、それじゃあ」

そう言い、上条に手を引かれてベッドに戻る。
こういう時だけリードする辺り、やはり男という事だろう。
上条当麻らしい、といえばらしいのだが。

「・・・い、良い・・・よな?」
「い、今更聞くなっ!!」

そう言うと、吹寄の下着に手がかかった。
そっと、太股から脹脛を伝い、足から外されていく。
生まれたままの姿を、上条に見せている─。
鏡を見なくても分かるほど、顔が赤くなっているのだろう。

「・・・綺麗、だ」
「ありきたり」
「・・・へへ」
「その笑い方、止めろ」

今まで何回も繰り返したやり取りも、何処と無く上手くいかなかった。




490 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:33:24.44 ID:4hAaAyr40

「んっ・・・」

そっと、上条の指先が触れる。
直接指先で触れられる感覚に、体が言う事を聞かずに跳ね上がった。

「んっ、や、やあっ・・・・だっ・・・」
「可愛いぞ」
「・・・馬鹿・・・っ!」

ベッドの上で、淫猥なダンスを踊るように体を跳ねさせる。
指先が少し動くだけで、神経を撫で上げるような感覚が突き刺さり、
上ずった声が喉から勝手に出ていった。

「や、やぁ・・・っ!!あっ、上、条っ・・・!!あっ、あぁ・・・ああっ!!」

激しく動く指先が、肉芽に触れた瞬間、先程と同じ感覚が吹寄の全身を襲う。
二回目の絶頂に叩き上げられた吹寄の体が、痙攣を繰り返した。




494 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:40:36.93 ID:4hAaAyr40

「じゃ、じゃあ・・・行くぞ・・・?」
「う、うん・・・」

そっと、亀頭を入り口に宛がう。
それだけで熱さを感じる吹寄の秘部は、どこまでも柔らかかった。

「なるべく、ゆっくりするから・・・痛かったら言えよ?」
「・・・ん」

ゆっくりと、腰を進める。
滑り、締め付ける感覚と吹寄の体温を感じながら、掻き分けていく。

「ん、んんっ・・・はぁ、んっ・・・」

腰を進めていくと、突っかかりを感じた。
吹寄の、初めての証─。
無論自分も初めてではあるが、吹寄自身も当然初めてなのだと、改めて実感する。

「吹寄・・・良いんだな?」
「く、くどいわよ上条・・・」

「貴様が、良いって言ってるのよ・・・察しろ、馬鹿」




496 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:46:51.30 ID:4hAaAyr40
その答えに、力強く頷くと、腰を押し出す。
ぶつり、と破ける感覚と共に、吹寄の初めての証がベッドに流れた。

「く、あぁっ・・・!!・・・こ、こんなに痛い物・・・なの、ね・・・」
「・・・やっぱ、ここで止めとくか?」
「最後までしろ・・・ってば・・・!」
「・・・分かった」

そう言うと、最奥まで一気に腰を進める。
こつん、とぶつかる感覚と共に、一瞬吹寄の体が跳ねた。

「あっ!・・・ぜ、全部・・・入った?」
「おう、全部入ったな・・・」




497 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 04:55:56.75 ID:4hAaAyr40
「ちょ、ちょっとだけこのままで・・・」
「そ、それがですね・・・上条さん、もう限界でしてですね」
「えっ・・・」

そう言うと、緩やかに上条自身を引き抜き、また緩やかに挿入していく。
引き抜く際のカリを擦る感覚、挿入する際の掻き分ける感触が強烈な快感を送り込んでくる。

「い、痛いっ・・・てば・・・あっ、痛い・・・!」
「悪い・・・止まら、ないんだっ・・・!」

当初は緩やかだったものの、段々と腰の速度を上げていく。
処女を失ったばかりで悲鳴を上げていた吹寄にも、段々と甘い声色が混じっていった。

「や、あっ・・・はぁ、上条っ・・・!あっ、あぁっ!!」

上条の亀頭がザラついた天井を擦り上げると、吹寄から媚声が上がった。

「・・・ここっ・・・気持ち、良い・・・のか?」
「言うっ・・・なぁっ!!」

"そこ"を重点的に擦り上げるように腰を動かし、吹寄を責め立て、媚声を上げさせていく。




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 04:56:56.18 ID:GpnceZhyO
いいねェ…最高だねェ…Mr.WIDeJrァァ!!




499 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:04:14.84 ID:4hAaAyr40
"そこ"を重点的に擦り上げるように腰を動かし、吹寄を責め立て、媚声を上げさせていく。

「・・・ふ、吹寄っ・・・!」
「上条・・・っ!あ、んっ・・・あっ・・・!」

上条自身の亀頭が、膨らむのを感じる。
自分自身に、またあの感覚が近づいてくるのが分かり、つい体を強張らせてしまう。

「吹寄、イ・・・クぞっ・・・!!」
「はぁ・・・んっ・・・えっ・・・?」

そう言うと、一際大きく腰を引き、柔らかい肉同士がぶつかり合う音と共に吹寄は最奥を強く叩かれ串刺しにされる。
子宮口を強く叩かれる感触が、吹寄自身を絶頂へと叩き上げた。

「あっ・・・?や、やぁぁーーーーっ!!」
「くっ・・・!!」

その時、中で上条自身が爆ぜた─。
絶頂の最中に、子宮口に精液が叩きつけられ、重ねての感覚が吹寄をより高い絶頂へと押し上げる。

「ああああああっっ!!」
「は、はぁっ・・・」




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 05:08:57.76 ID:5J1vHIH3O
当麻パパ誕生の瞬間である




501 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:09:05.91 ID:4hAaAyr40
今までに無い位の、強い絶頂を味わい、呆然となる。

「は、はぁ、はぁ・・・ま、まだ・・・出て、る・・・はぁ」
「・・・な、中で・・・出し・・・ちゃったん・・・ですが・・・」

「・・・責、任・・・・とってよね」
「・・・あー、その前に一つ言う事があるんだ、吹寄・・・」




504 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:11:16.53 ID:4hAaAyr40
--

「はぁ・・・何よ・・・上条」

「そのですね、非常に今更と言いますか、何と言いますか」

「・・・早く言いなさいよ」

「お、俺と・・・その、付き合ってくれ・・・ない、か?」

「・・・遅いわよ・・・馬鹿」

そう言い、返答の代りとして─。

熱い口付けを、返すのだった。




506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 05:12:15.69 ID:5R6CqszGO
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




507 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:22:01.85 ID:4hAaAyr40
--エピローグ的なあれ

pipipi...pipipi...

吹寄「・・・うーん・・・」

上条「おーい、制理ー、朝ですよー」

吹寄「・・・後、五分・・・寝かせなさい」

上条「起きないと悪戯しますよー?」

吹寄「・・・貴様・・・昨日の夜あれだけしといて・・・」

上条「・・・へへ」

吹寄「その笑い方止めろって言ってるじゃない・・・」




509 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:23:54.44 ID:4hAaAyr40
--

上条「おいーっす」

土御門「おはようだぜい、上やん・・・あれ、嫁さんと一緒じゃないのかにゃー?」

青ピ「カミジョー属性完全ガードも過去の話やなあ・・・」

上条「・・・だから何だよ、そのカミジョー属性ってのは・・・俺はまだ打ち明けた時のアレ、忘れてねえからな」

土御門「・・・教室のど真ん中で打ち明けた上やんもどうかと思うんだにゃー・・・」

青ピ「せやね・・・」




510 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:24:44.53 ID:4hAaAyr40
吹寄「ちょっとそこの3バカ!早く席につく!小萌先生、もう来るわよ」

土御門「噂をすれば嫁さんだにゃー」

上条「よ、嫁さんってお前・・・」

吹寄「・・・あら、違うのかしら上条当麻?」

上条「・・・違わないです」

吹寄「後、忘れ物したでしょ」

上条「へっ?」




511 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:25:33.96 ID:4hAaAyr40

チュッ

吹寄「・・・あ、朝のキス」

男子「」
青ピ「」

上条「・・・なっ、み、皆さ・・・ん・・・?」

上条「不・・・」

吹寄「不幸?」

上条「し、幸せ、かな」

吹寄「宜しい!」

終わっとく




514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 05:28:26.76 ID:5R6CqszGO
本当にありがとうございました!




515 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 05:31:17.97 ID:4hAaAyr40
当初の筋書きから大分脱線しましたが、何とか完結。
完結まで延々と平坦な展開なのは自分の書く文の欠点ですorz
保守してくれた方、支援してくれた方、皆さんのお陰で書けたような物です。
ありがとうございましたー。

後最後にぶっちゃけると・・・


俺、吹寄よりルチア派なんだ・・・




516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 05:32:01.05 ID:5J1vHIH3O


パピコを傍らやろう




518 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 06:00:46.97 ID:4hAaAyr40
そして気づけば後日談のカップル編を書き出すのだった




523 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 06:29:01.68 ID:4hAaAyr40
--学生寮:吹寄の部屋

吹寄「ところで、カップルって・・・何、するのかしら」

上条「そりゃまあ・・・い、一緒に住んだりとか・・・」

吹寄「もうしてるじゃないの・・・」

上条「そうでした」




526 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 06:33:58.08 ID:4hAaAyr40
こっからは結構適当にイチャつき駄文散らす感じです。
フラグ回収とかも適当にしていく・・・予定。
出したかったキャラとかも適当に出して行く・・・予定。

吹寄「そ、そうね・・・イチャつく・・・とか、かしらね・・・貴様、ちょっとイチャついてみろ!」

上条「イ、イチャつくって普通二人でするもんなんじゃねえのか!?」

吹寄「・・・い、嫌よ恥ずかしい!」

上条「・・・(理不尽だ・・・)」

吹寄「とっ、とにかく!こういう時は貴様がリードするべきよ!」




527 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 06:37:20.15 ID:4hAaAyr40
上条「いやいや、そんな事言われてもですね・・・・」

吹寄「・・・じゃ、じゃあ・・・ちょっとだ、抱きしめてみな・・・さい」

上条「・・・は、はい」


吹寄「・・・」

上条「・・・」

吹寄「・・・な、何か・・・しなさいよ貴様・・・」

上条「じゃ、じゃあ・・・」

サスサス

吹寄「・・・こ、子供か私は」

上条「・・・口元笑ってるぞ」

吹寄「・・・う、五月蝿い馬鹿」




528 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 06:45:51.89 ID:4hAaAyr40
上条「しかしまあ、上条さんの寮は何時建つんでしょうねえ」

吹寄「そうね・・・一般的には階数+5ヶ月、らしいけど」

上条「・・・待てよ、って事は・・・8+5で・・・一年と・・・一ヶ月・・・!?」

吹寄「そういうことになる」

上条「か、上条さんが寮に住めるのは2年になってからって・・・事か・・・不幸だ・・・」

吹寄「まぁそう言われてたのも数年前の話よ、今は分からない」

上条「・・・それまで吹寄の家に世話になりっぱなしってのもな・・・」




532 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 07:04:00.64 ID:4hAaAyr40
吹寄「ま、まあ・・・そうね・・・流石に女子の部屋に男子が一年以上住み続けるっていうのは」

上条「ううむ・・・かと言って住む所借りる、何て余裕も無いしな」

吹寄「・・・今は、まだ良いんじゃない」

上条「い、いや・・・こういうのは早めに」

吹寄「そ、そんなに出て行きたいんだ貴様は・・・」

上条「えっ」




533 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 07:09:59.06 ID:4hAaAyr40
吹寄「・・・」

上条「・・・も、もうちょっとお世話になろうかな・・・」

吹寄「そう・・・しなさい」

上条「よろしく頼む」

吹寄「・・・ん」




535 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 07:21:04.17 ID:4hAaAyr40
上条「さーて、じゃあ晩飯の買出し行ってくる」

吹寄「分かった、これ、買い物リスト」

上条「・・・」

吹寄「な、何だ?その目は」

上条「子供のお使いみたいだなあ、と・・・」

吹寄「変わらないだろ」

上条「・・・行ってきます・・・」




599 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:14:45.27 ID:4hAaAyr40
--

上条「この時間だと・・・特売に間に合いそうだ・・・なっとぉ!?」

御坂「ん?」

黒子「あら、どうしましたのお姉様?」

御坂「いや、アイツの声が聞こえた気がしたんだけど・・・黒子、あんた聞こえなかった?」

黒子「あの殿方の声ですの?黒子は聞こえませんでしたわ」

御坂「・・・あっれー?」

上条「(・・・み、見つかる所だった・・・仕方ない、迂回だ!)」




600 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:17:56.88 ID:4hAaAyr40
--

上条「い、急がないと特・・・っ!?」

インデックス「・・・あれ?とーま?」

姫神「・・・上条君?」

小萌「どーしたんですか二人揃って・・・?」

姫神「今。上条君の声が」

インデックス「私も聞こえたんだよ?」

小萌「先生は聞こえなかったのですよ?」

インデックス「あれー?」

上条「(こ、このルートも駄目だっ・・・!)」




604 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:24:31.13 ID:4hAaAyr40
--

神裂「・・・?気配が・・・」

土御門「どーしたんだにゃーねーちん?」

上条「(な、何であいつがここにいるんだっ!?)」

--

御坂妹「・・・?」

上条「(・・・)」




608 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:34:47.65 ID:4hAaAyr40
--

上条「はぁ・・・」

青ピ「あっれー!カミやん何しとるーん?」

上条「ば、馬鹿!声が大きい」

青ピ「声が大きいて・・・カミやん、何や追われとんの?」

上条「い、いや・・・追われてるわけじゃないんだが・・・」

青ピ「さては・・・カミやんの事やからまた女絡みやないの・・・?」

上条「・・・その通りというか何と言うか・・・他の女と仲良くしただけで騒がれるからな・・・」

青ピ「・・・」

上条「彼女が出来た、何てバレたら・・・姫神の時だって大変だったんだぜ?」

青ピ「・・・で、カミやんは逃げてると・・・」




610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 22:36:09.25 ID:XvpBVxW10
青ピ は 大声でなかまをよんだ!




611 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:39:34.04 ID:4hAaAyr40
上条「ま、まぁ・・・」

青ピ「・・・なるほど・・・上条当麻はここにいまあああああああああああああす!!」

上条「っ!?」

青ピ「上条当麻はここやー!天誅与えたってー!!」

御坂「ど、どこ!?」

インデックス「とーま!?」

姫神「上条君!?」

御坂妹「・・・やはり居たのですね?とミサカは予想を確信に変えます」

土御門「やっぱりカミやんだったんだにゃー?」

神裂「つ、土御門どこに・・・あ、か、上条当麻・・・?」

上条「ち、ちきしょう!?」




612 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:44:42.27 ID:4hAaAyr40
--学生寮:吹寄の部屋

吹寄「・・・で?説明しろ上条当麻・・・」

上条「その、な・・・成り行き?」

吹寄「何で貴様は買い物に行っただけでこんなに大勢連れてくるのよ!?」

インデックス「お邪魔するんだよ!」

土御門「いいんちょの部屋に入るのは初めてなんだぜい」

青ピ「いいんちょテレビつけてええー?」

御坂「・・・」

黒子「お、お姉様・・・?」

神裂「申し訳ない・・・」

小萌「家庭訪問なのですよー」

姫神「吹寄さん。気にしすぎ」

吹寄「・・・はぁ・・・」




616 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 22:53:43.05 ID:4hAaAyr40
--

吹寄「・・・で、貴方達はどういう用件で来たのよ」

インデックス「とーまが住んでる所を見に来るのは元々一緒に住んでる私としては当然の権利かも」

御坂「えっと、あ、遊びによ」

黒子「お姉様について来ただけですわ」

土御門「いやー、ねーちんが事情を聞いたら是非いkぶごぁ!?」

神裂「土御門が行きたいと」

青ピ「いいんちょの部屋に上がれると聞いて」

姫神「・・・成り行き?」

吹寄「・・・」

上条「に、睨まないで・・・」




620 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:02:19.47 ID:4hAaAyr40
土御門「それにしてもここがカミやんといいんちょ夫婦の部屋と思うと何かやら・・・ど、どーしたんだにゃーねーちん・・・?」

神裂「・・・"夫婦"、とはどういう意味でしょうか・・・?」

土御門「い、痛い、痛いぜよねーちん・・・!」

インデックス「・・・とーま?」

上条「いや、何と言うか・・・夫婦というのは語弊が」

青ピ「まあカップルっていうより夫婦って言った方が正しいやろなあ」

御坂「・・・え?」

インデックス「え?」

御坂妹「・・・え?」

神裂「・・・え?」




622 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:07:00.39 ID:4hAaAyr40

御坂「ちょ、ちょっとアンタどういう事よ!?カップル!?訳分かんないわよ!?」

黒子「(キマシタワー)」

神裂「か、上条当麻・・・!?」

上条「ま、待てビ・・・美琴!?神裂も刀抜かないでー!?」

インデックス「とうま!?ちゃんとした説明を要求するかも!」

吹寄「で、一体誰なのよこの人達は」

上条「いや、知り合いっつーか何つーか・・・イ、インデックス!?口を開けるな!?落ち着け!」

小萌「上条ちゃんも大人になったのですねー・・・ほろり」

上条「教え子がピンチですよ小萌先生!止めて!」




624 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:10:44.78 ID:4hAaAyr40
--

上条「・・・」

御坂「・・・で?」

上条「・・・で、で・・・とは・・・」

御坂妹「二人が付き合っているのは本当ですか?とミサカは真偽を問います」

上条「・・・本当・・・です」

御坂「へ、へえ・・・付き合って、るんだぁ・・・!」

吹寄「・・・へへ」

姫神「(吹寄さん。気持ち悪い)」




627 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:18:45.00 ID:4hAaAyr40
神裂「・・・」

土御門「ね、ねーちん・・・大丈夫かにゃー・・・?」

青ピ「カナミン面白いわー」

上条「・・・お、お前等が何でそんな怒ってるのかは分からねえけど」

小萌「(相変わらず超ド級の鈍感なのです・・・)」

上条「俺は吹寄が好きだし、誰に何と言われようと気持ちは変えない」

吹寄「・・・(べべべべ別にうれれれれしくなんか)」」

姫神「・・・(吹寄さん。口元むにむにしてる)」




628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/08(火) 23:19:40.52 ID:8Y4uAYY00
上条さんが怒られる理由なんてないのに…




630 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:24:23.94 ID:4hAaAyr40
--

上条「・・・割と大人しく帰ったな・・・」

吹寄「・・・ずるいのかな、私」

上条「へ?」

吹寄「・・・はぁ・・・何でも無い」

--

御坂「・・・黒子」

黒子「どうしたんですの?」

御坂「・・・ちょっと、一人にして」

黒子「・・・(お姉様・・・)」




631 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:26:42.07 ID:4hAaAyr40
--

神裂「・・・私は、やるべき事があります」

神裂「・・・色恋に惑わされるようでは・・・いけないのでしょうね」

土御門「・・・諦めるのはまだ早いんだぜい、ねーちん?」

土御門「ねーちんにはまだ"借りを返す"という大義名分があるにゃー!!」

神裂「・・・!つ、土御門・・・」

土御門「だからまだ慌てる時間じゃ無いんだぜい?(・・・スマン、カミやん・・・)」




633 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:28:37.66 ID:4hAaAyr40
--

インデックス「・・・」

姫神「・・・」

小萌「・・・二人とも、辛いでしょうけど・・・それを乗り越えないといけないのですよ・・・?」

姫神「・・・うん。分かってる」

インデックス「・・・」

小萌「・・・今日は、焼肉にするのです」

小萌「嫌な事があった日にはー、美味しい物を食べると良いのですよ?」

インデックス「・・・うん」




634 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:29:39.40 ID:4hAaAyr40
--

御坂妹「・・・」

青ピ「・・・」

御坂妹「・・・」

青ピ「・・・(帰り道同じ方らしいんやけど・・・気、気まずい・・・)」




636 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:35:23.94 ID:4hAaAyr40

吹寄「貴様に聞きたいことがあるのだけど」

上条「え、何だ急に」

吹寄「・・・あの人達以外に、女性の知り合いはどれくらいいるのよ」

上条「し、知り合い・・・えっと・・・(・・・御坂妹達も入れるのか、それ・・・)」

上条「一万・・・ちょいかな?」

吹寄「は!?」




638 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:38:16.79 ID:4hAaAyr40
上条「ああ、間違えた・・・9975人・・・くらいかな?」

吹寄「・・・貴様、何者なのよ・・・」

上条「何者って・・・普通の高校生だけど」

吹寄「・・・(9900人以上のライバルって訳・・・?)」




642 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:53:21.20 ID:4hAaAyr40
上条「・・・な、なあ」

吹寄「・・・?何よ、上条当麻」

上条「もしかして、そのー・・・嫉妬とかしてたりして・・・?」

吹寄「知らないわよ・・・」

上条「・・・大丈夫だ、吹寄」

吹寄「何がよ」




643 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:55:43.90 ID:4hAaAyr40
上条「・・・揺るがない・・・と思う」

吹寄「お、思うって・・・言い切れ貴様」

上条「・・・揺るぎません」

吹寄「・・・シャワー、浴びる」

上条「ん?ああ」

吹寄「・・・きっ・・・貴様も来い!」

上条「へ?いや、ちょっと?吹寄さん?ちょっとー!?」

後日談おわり




646 :Mr.WIDeJr:2011/02/08(火) 23:58:52.14 ID:4hAaAyr40
何と言うか、自分の中で話が終わったというかそんな感じなのです。
これ以上キャラが動かないというか・・・何と言うか。




647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/09(水) 00:00:16.19 ID:J9Jj+v/10
何はともあれ乙でござる




648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/09(水) 00:00:40.75 ID:CaoaxX5d0
そして三年後…




649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/09(水) 00:01:36.96 ID:voU2dYPX0
惜しいけど今度また吹寄SS書いてくれ!!








--------------
当ブログについて
※欄197さんありがとうです。




図書委員長の品格(1) (アクションコミックス)
図書委員長の品格(1) (アクションコミックス)紺野 比奈子

双葉社 2010-11-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バナナのナナ(1) (ブレイドコミックス) みのりスキャンダル 1 (チャンピオンREDコミックス) U15’s (CR COMICS) お願い神サマ! (1) (まんがタイムKRコミックス) ハツハナ (角川コミックス・エース 308-1)



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:17: :edit
    1げと
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:18: :edit
    吹寄のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:19: :edit
    余裕の3ゲットおおお!!!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:20: :edit
    エロが無ければ騙されたと嘆く
    しかしエロを求めていたのかと訊かれれば…
    むつかしい問題だ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:22: :edit
    おにんにん死滅しろ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:24: :edit
    ※2
    偽者めっ!

    小萌せんせいのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:25: :edit
    Mr.WIDe Jr
    いい響きだ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 23:55: :edit
    今、イギリス編書いてるね
  9. 名前: 通常のナナシ #0HMKsla6: 2011/02/15(火) 00:03: :edit
    俺もいちゃいちゃしたい
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:12: :edit
    インデックスの喋り方がウザい(いつも以上に)
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:23: :edit
    お、Mr.WIDeJrの作品採用されたか
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:25: :edit
    素晴らしい      MrWideJr
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:26: :edit
    この吹寄クズ過ぎワロエナイ
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:36: :edit
    おにんにんはさみたいとかいうの
    やめたらどうかな?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:47: :edit
    やべぇ、吹寄スキ―な俺としては嬉しいSSだ
    作者GJ!良くやった!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 00:50: :edit
    ライバルの桁やばすぎだろ
  17. 名前: 通常のナナシ #X.Av9vec: 2011/02/15(火) 00:50: :edit
    あれ、ミコトさん南無・・・w
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 01:09: :edit
    オレンチカジダー
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 01:25: :edit
    最近吹寄多いな
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 01:27: :edit
    ここの土御門は義妹宅に転がり込んでるんだな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 01:47: :edit
    俺も家燃やしたくなった
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 02:10: :edit
    ※2,6
    偽物めっ!

    Mr.WIDeJrのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 02:25: :edit
    終始にやにやしっぱなしで、本番シーンでは遂に顔面崩壊&悶え苦しみ爆発した!!!
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 02:26: :edit
    最近とあるしか無いな
    面白くない
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 02:31: :edit
    吹寄好きだから楽しめたが、美琴かわいそうだなw
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 03:13: :edit
    これだ、このSSによって吹寄スキーに洗脳されたのだ、、、
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 03:18: :edit
    かわいいなあもう
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 03:19: :edit
    土御門は一方通行のとこだろ?
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 03:47: :edit
    さて、トイレ行ってくる
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 04:20: :edit
    こんなSSで降神の曲を目にするとは思わなんだ。
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 06:07: :edit
    学園都市ならガスコンロじゃなくなってそうな気がしないでもない
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 06:23: :edit
          、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
         /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
       __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
       ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
      _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
      >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了   なに吹寄?上条が誘いに乗ってこない?
     _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
      ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  ジョジョ それは無理矢理関係を持とうとするからだよ
      く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
       ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ    逆に考えるんだ
        ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}
       { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   「そういう関係になれば良い」と
        ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´
        ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |       考えるんだ
      ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
    __ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
          \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
             \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
                \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
              `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
              `、 \ /ヽLf___ハ/  {
                  ′ / ! ヽ


  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 06:23: :edit
    さあ・・・振り切るぜ!!
  34. 名前: 通常のナナシ #TWrhelU2: 2011/02/15(火) 06:35: :edit
    イイねェ!イイねェ!、最,高だね!。
    エロかわいいの大好きな俺様的には面白かったぜ 作者、ぷん太、乙ゥ!
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 09:05: :edit
    当麻、早漏すぎw
  36. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/02/15(火) 09:47: :edit
    姫神の圧倒的な存在感!台詞量!
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 12:33: :edit
    コレはすばらしいssw
    禁書ssは登場人物多いし
    いろいろ想像できるからssネタが尽きないな

    原作もまだまだ進むみたいだし
    これからも良ssが多く投稿される事を強く祈る
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 13:44: :edit
    i-deA feat 降神 / 暴風雨
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 15:52: :edit
       _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
    -''":::::::::::::`''>   さぁ、振り切るぜ!!!   <
    ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
     |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
    _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
    ::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
    r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
    !イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
    `!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
    ,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
     (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
    ,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´


  40. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/02/15(火) 17:55: :edit
    違う吹き上げが採用されたから
    推薦したこっちは取り上げられないかなと思ったら来てた
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 18:07: :edit
    マジでおにんにん房と振り切り房はどっか行ってくれ

  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 18:41: :edit
    ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 19:48: :edit
    吹寄のふとももにおにんにん振り切りたいよぉ
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/15(火) 21:04: :edit
    おにんにんににん
  45. 名前: 名無しさん #-: 2011/02/15(火) 23:47: :edit
    素晴らしかった
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/16(水) 00:49: :edit
    いやぁ面白かった。作者様、お疲れ様ですっ!
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/16(水) 07:03: :edit
    ああ、おまえらのおにんにん爆ぜろ
  48. 名前: チハリス #-: 2011/02/16(水) 20:54: :edit
    エロスwww
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/18(金) 00:29: :edit
    土御門君とか青ピ君とか突っ込みたかったけど
    48.6度に全部もってかれたわ
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/18(金) 10:38: :edit
    48.6www
    Mr.WIDe Jr GJwww
  51. 名前: 通常のナナシ #d3xRQPUk: 2011/02/18(金) 20:24: :edit
    …へへ
    が吹寄にも写ってるんだなww
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/26(土) 02:02: :edit
    そろそろ捥げてもいいころ合いだなうん捥げるべきだなそうだなうん
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/26(土) 17:09: :edit
    本編も途中のエロも面白かった
    Mr.WIDe Jrか、偶然とはいえいいペンネームだなw
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/28(月) 16:25: :edit
    マスターアジア「東方が赤く燃えている・・・」
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/04/19(火) 16:40: :edit
     馬鹿野郎!おにんにんはさみたい奴等はな・・・誰よりも素直で中二なんだよ!
     奴等から居場所を奪わないでやってくれ・・・・・
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/30(月) 22:04: :edit
    米18
    モウダメダー
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/08/25(木) 17:38: :edit
      >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
           ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
              ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
            /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
              ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
             /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
               /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄
              ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
               厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }
                ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
                    |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/
                      x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/
                     / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\
                  /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
                 /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
                /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\
    | ̄上 ̄条 ̄ ̄当 ̄麻 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |────────────────────────────
    | いいぜ…てめぇが何でも思い通りに出来るってなら      
    | まずはそのふざけた幻想をぶち壊す
    |____________________________
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/10/21(日) 04:20: :edit

            /≦三三三三三ミト、          .  ―― .
           《 二二二二二フノ/`ヽ       /       \
           | l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨{ミvヘ      /      ,   !l ヽ
           ト==   ==彡 》=《:ヽ     ′ ―‐ァ!l / ̄}
             /≧ァ 7¨7: :ァ.┬‐くミV!ハ    |    (__   _ノ    |
           ′: /: イ: /': :/ |:リ  ヽ }i! : .     |  _j_   ツ    |
          i. /: il7エ:/ }:/ ≦仁ミ ト:.i|: i|   |    d   __ 、、   |
          |:i|: :l爪jカV′´八ツソ Vミ :l|   |   ノ  - ノ    |
          |小f} `   ,    ´  ji }} : .{    {   ┌.  ー ´    }
           }小    _      ,ムイ|: :∧    .    |/   ヨ
           //:込  └`   /| : :i i : :.∧   、  o   ―┐!l /
            /:小:i: :> .    .イ _L__|:| :li {∧   \    __ノ /
    .      /′|从 :|l : i :爪/´. - 、 〈ト |ト:ト :'.   /       く
                N V 「{´ /   ヽ{ハ|   `\ /        ヽ
               | }人ノ/   li  V    _.′贈  惜  と  '
           i´ }    //} i′′ ハ 、|   `ヽ.   り   し  ミ   !
           { {     〃ノ {l l!  } :  {     }  ま  み  サ  |
       rー‐'⌒ヽ  ,イ   i{| |   i      |  す  な  カ
       〉一 '   ∨n     ∨   ′  ハ      |      い. は  }
       `r‐‐ ´   V    |       |      !      称     ′
        ‘r‐‐ ´    \   }/i⌒ヽ   {      .      賛    /
          `¨¨` ー .、  ` < ` |    `ト、 }     ヽ     を
             }}\      ̄ `ヽ ト ソ      \     /
             ノi  \        } }         ` ―‐ ´
              //     > .     | ノ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。