インデックス「好きだよ、あくせられーた」一方通行「…はァ?」その1

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/11(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:15:36.78 ID:GhsHk+yE0
「ご飯くれるとうれしいな」

「あァ?」

 ある日、とある少年が一人の少女と出会った。
 少女は、その身にとても複雑な事情を抱えていた。
 その事情に同情したわけではないし、ましてや共感したわけでもない。
 だけれども、様々な思惑と偶然が重なって、少年は少女の抱える事情に顔を突っ込んでいった。
 結果、少年は――有り体に言って、少女を救った。
 代わりに、その過程で得た『無敵の力』と、過去の記憶を失って。

 それが、この物語の起こり。




前作
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?
インデックス「お腹がすいたんだよ」一方通行「そォか」
インデックス「行こ!あくせられーた!!」一方通行「…おォ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:24:22.13 ID:GhsHk+yE0
「お腹がすいたんだよ」

「そォか。テメエの指でもしゃぶってろ」

 少年は少女を救ったけれど、その人格は決して善良な物とはいえなかった。
 いや、むしろ逆で――彼の人格は悪逆非道と言っても差し支えなかった。
 それは少年が紛うことなき『人殺し』である点からも明らかなことで。
 彼はたくさんの人間を殺した。
 本当に――たくさんの人間を。

「よォ…実験の内容ってのを復習させてくれよ」

「『妹達(シスターズ)』と呼ばれる二万人のミサカを二万通りの方法で虐殺することでLEVEL6に至るという試み――今回はその10020回目の実験になります」

 殺したその数、実に一万十九人。まさに戦慄すべき殺人鬼。
 それが、彼の忘れた彼の正体。彼の罪。
 だけど、記憶を失くし、真っ白に戻った彼の本質はそれを是としなかった。
 そして彼はボロボロになりながら、本来死すべき定めにあった少女達――他ならぬ彼自身の手によって殺される定めにあった少女達を救った。
 罪滅ぼしなんてつもりは毛頭ない。その程度で滅ぼされる罪だなんて思っちゃいない。
 ただ、嫌だったから。
 殺したくなかったから、彼は救った。

 救って、束の間の安息を得て――だけど、彼の物語は終わらない。
 続いていく。彼の願いとは裏腹に、誰かの思惑の通りに、悪夢は継承されていく。




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:29:26.08 ID:GhsHk+yE0
「帰ろう、あくせられーた」

「……おォ」

 訪れた安息の日々は余りにも短くて、少年と、少年が救った三人の少女達は再び争いの中に巻き込まれていった。
 少年は強かった。敵対するあらゆるものをその強大さで蹴散らし、弾き返した。
 けれど、その強さは己を守ることしか出来なくて。
 少女達は、拐かされ、心を弄ばれ、腕をもがれ、命を脅かされた。

 ―――俺の手じゃ、届かねェンだよ

 そして少年の心は折れた。だけど。

 ―――ふざけんな

 そんな彼を闇の底から引っ張り上げた男がいた。
 自分勝手な奴だった。少年の都合などおかまいなしで理想を押し付けてくる、厚かましい男だった。
 だけど、その男は強かった。
 本当に強かった。
 少年の心に巣食っていた絶望を、ぶち殺してしまうくらいに。

 そして物語は転回する。
 ヒーローによる逆転劇が、悪党による殺戮ショーが開催される。




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:32:35.77 ID:GhsHk+yE0
 それでは、結びの物語を始めるとしよう。

 時計の針を今に戻す。

 少年は――学園都市最強の超能力者(LEVEL5)であり、前回終盤に「潰すぜ、学園都市」とカッコよく宣言した『一方通行(アクセラレータ)』は。









 今現在、幼女の尻に敷かれていた。

 いや、比喩ではなく。





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:35:05.17 ID:GhsHk+yE0
というわけで もしインデックスが上条さんに出会う前に一方さんに出会っていたらという妄想

起承転結の『結』

前回で最後だといったが すまんな ありゃ嘘だった


原作読んでないとわけわかめかも

原作読んでてもわけわかめかも

まあいいや 妄想だし 知らね




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:35:11.03 ID:ejGjBeXFP
あの最後上条さんが覚醒して一方通行が噛みつかれたやつか




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:36:29.51 ID:GBt48eo6O
また誰かの腕が吹き飛ぶのか
いや、待ってたよ




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:36:43.77 ID:1g8o32SK0
まさか続きが来るとは




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:40:31.72 ID:GhsHk+yE0
打ち止め「見て見て! お猿さんが気持ちよさそうに温泉に入ってるよ! ってミサカはミサカは見ているテレビを実況してみたり!」

一方通行「いちいち実況すンな。見りゃわかる」

打ち止め「かわいいかわいいかわいいな、ってミサカはミサカは心からの感想を述べてみる!」

一方通行「あっそォ。よかったデスネェ」

打ち止め「え、打ち止めの方が二万倍かわいいって? やだ、そんなこと言われたらミサカどきどきしちゃうよ……ってミサカはミサカは……」

一方通行「もしもォーし。オマエの耳はどうなってンですかァ? ちゃンと現実にチューニング合ってますゥ?」

打ち止め「ね、さわってみて…? ミサカがすっごくどきどきしてるの、すごく伝わると思うから……」

一方通行「俺の手をナチュラルに胸に持っていこうとすンじゃねェ今すぐ離しやがれコラァァァあああああ!!!!」

 テレビを見ながら楽しそうに一方通行にじゃれつく打ち止め。
 特筆すべきは二人のその姿勢である。
 一方通行が胡坐をかき、打ち止めがその組んだ足の上に座っている。
 打ち止めは一方通行の体に背を預けており、もはや完全に座椅子扱いだ。




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:45:53.30 ID:GhsHk+yE0
 んで、なんでこんな状況になっているかというと。
 前回、己の争いにインデックス、打ち止め、ミサカを巻き込んでしまった一方通行は、二度と同じ過ちを起こさぬよう三人の前から一時期姿を消していた。
 一方通行のこの判断は非常にわかりやすく、また共感できるものではあったが、三人の少女はこれにひどくご立腹であったらしく。
 心を改めて戻ってきた一方通行に三人は激しく食って掛かったのである。
 そして、今のこの状況。
 つまり、罰ゲーム。
 一方通行は今日一日、三人からのスキンシップに対し『反射』を使ってはならないことになっているのであった。

ミサカ「うむ、相変わらずのきめ細やかな肌。うらやましい、とミサカは少しだけ嫉妬します」スリスリ

一方通行「……何してンの?」

ミサカ「もちろん頬擦りです。とミサカは端的に自分の行動を説明します」スリスリスリ

ミサカ「この、たまに唇と唇が触れそうになる瞬間がまたたまりません、とミサカは心のままに感想をこぼします」スリスリスリ

一方通行「……」ドン!

ミサカ「あいた。なに突き飛ばしてるんですか。契約違反ですよ、とミサカは憤慨します」

一方通行「別に『反射』は使ってねェしィ。約束は守ってますゥ~」

ミサカ「そっちがその気なら、ミサカにも考えがあります」


ミサカ「レッツゴー、ロケットアーム」ボシュッ!




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:52:55.90 ID:GhsHk+yE0
 ミサカの気の抜けた掛け声と共に、左手の手首から先が射出された。
 回収可能なように手首と腕はワイヤーで繋がっているが、これは紛れもなくロケットパンチである。
 先の戦いで片腕を失くしたミサカ。
 学園都市の最先端科学を結集して、彼女はとんでもない義手を取り付けていたようだ。

一方通行「おォ!?」グルングルン

 手首から伸びたワイヤーがぐるぐると一方通行の体に巻きついて両腕を封じる。

打ち止め「あいたっ!」ゴチン!

 ついでに打ち止めを一方通行の胡坐から落とす。

ミサカ「これで抵抗は出来ません。いただきます、とミサカは両手を合わせ、あっ、片手あっち行ってた。てへ」

打ち止め「仮にも上位の個体に対してなんてことするのー!! ってミサカはミサカはぷんすかぷんすかしてみたりーー!!」

一方通行「これもォスキンシップじゃねェよなァ反射使っていいよなァ!!?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:57:41.39 ID:GhsHk+yE0
 そんで、この状況の中インデックスは何をしていたかというと。

インデックス「う~~~」ヤキモキ

 すごくやきもきしていた。
 今日一日、一方通行へのスキンシップが解禁されて、彼女は何をしたらいいか咄嗟に思い浮かばなかったのである。
 打ち止めのように天真爛漫に甘えることなど出来ないし、ミサカのように恥じらいをかなぐり捨ててぶつかっていくことも出来ない。
 そういった意味では中途半端だったインデックスは、このスキンシップ合戦に激しく出遅れてしまっていたのだ。

打ち止め「えい! って思い切ってミサカはミサカの定位置確保ーーー!!」

一方通行「オマエどこに顔突っ込ンでンだコラァァあああ!!!!」

ミサカ「くっ、やりますね。さすがはミサカの上位個体、とミサカは彼の股座にダイブをかました上位個体の行動力に感服せざるをえません」

一方通行「うるせェェェええええほどけェェェェええええええ!!!!」

インデックス「うぅ~~~~~~~~~~!!!!」

 そして遂に感極まったインデックスは。

インデックス「がうっ!」ガブッ!

一方通行「ぐァあ!?」

 とりあえず噛み付いた。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:06:19.94 ID:GhsHk+yE0
インデックス「ごっはん♪ ごっはん♪」

ミサカ「まったく、食事と聞いただけであのはしゃぎよう……先程の剣幕はどこへやら、とミサカは呆れます」

打ち止め「ほんとほんと。さっきもあの人に噛み付いてたし、歯を通してしか自分の感情を表現できないのかな、ってミサカはミサカはため息をついてみたり」

ミサカ「欠陥乙女ですね、とミサカはばっさり切り捨てます」

打ち止め「欠陥乙女だよね、ってミサカはミサカはあっさり同意してみる」

インデックス「ちょっと! 聞こえてるんだよ!!」ガルル…!

一方通行「往来でギャアギャア騒いでンじゃねェよ。さっさと行くぞ」

打ち止め「はーい、ってミサカはミサカは素直に返事してみたり!」

 とてとてと一方通行の右側に回り、その右手を取る打ち止め。

ミサカ「!!」

インデックス「!!」

 駆け出し、一方通行の左手を同時に掴むインデックスとミサカ。

ミサカ「離しなさい、とミサカは欠陥乙女に通告します」

インデックス「それは私のセリフなんだよ!!」

一方通行「俺のセリフだボケ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:11:59.63 ID:GhsHk+yE0
ミサカ「むむむ…!」

インデックス「ぐぬぬ……!」

 一方通行の左手を掴んだまま睨みあう二人。

一方通行(メンドクセェ……)

 そんな二人を横目で眺めつつ、いっそ反射したろかと思う一方通行だったがしかし、掴まれているのは義手である左手であるためそれも叶わない。
 まさか左手を思い切り振り回して二人を吹き飛ばすわけにもいかず、一方通行はやれやれとため息をついた。

ミサカ(むう…あからさまに呆れてますね…とミサカは冷静に状況を分析します)

インデックス(このままここでねばってもあくせられーたからの印象が悪くなるだけかも……)

インデックス(うぅ…だからといってこのポジションを譲って一人で歩くのは悲しすぎるんだよ!!)

ミサカ(ふむぅ…どうしたものか……)

ミサカ(……)

ミサカ「!!」ピコーン!




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:17:28.91 ID:GhsHk+yE0
ミサカ「わかりました。ここはあなたに譲りましょう、とミサカは大人の女の余裕を見せつけます」

 そう言ってミサカはあっさりと一方通行の左手を離す。

インデックス「ほんと!? やったぁ!!」

 インデックスは一方通行の左手を取り、ほくほく顔で隣に並んだ。
 にやり、とミサカの顔が邪悪に歪む。

ミサカ「代わりにミサカは上位個体と手を繋ぐことで我慢しましょう、とミサカは上位個体の空いた手を母親のように優しく取ります」

打ち止め「わあ、なんだか家族みたいだね! ってミサカはミサカははしゃいでみたり!」

インデックス「はっ!?」ザワ…

 インデックスはそこで初めてミサカの企みに気付いた。

インデックス(なんてこと…! あくせられーたとの間にらすとおーだーを挟むことで、あたかも家族のような雰囲気を作り出しているんだよ…!)

インデックス(みさかとらすとおーだーがそっくりなことで、その周囲に与える認識効果はさらに倍増……!)ザワ…ザワ…

インデックス(手つなぎはあの三人で完成してしまっている……私は確かにあくせられーたの左手を確保したけれど、いまやただの異物と化してしまった……!)

インデックス(勝てない…ここからの逆転は…不可能……!)グニャァ~


 インデックス、完全敗北。
 後にやけ食い。食べ放題のバイキング店を営業不能に追い込む。




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:23:43.17 ID:GhsHk+yE0
一方通行(やァってられるかァァあああ!!!!)

 バイキングレストランを出た所で一方通行が遂にキレた。
 もう無理だった。我慢の限界だった。
 いくらなんでもこの三人、べたべたしすぎだった。
 本来であれば、部屋の中でのあのやり取りだって一方通行にとっては許容出来る物ではなかった。
 だけど、一方通行が姿を消して、それからしばらくして幻想殺しの少年の手によって連れ帰らされたあの時。
 少女達は泣いたのだ。
 本当に、ぼろぼろぼろぼろ涙を零したのだ。
 それを、まあ、ほんのちょっぴりだけ、悪かったなと一方通行は思って。
 だから、彼女達の願いを出来るだけ聞いてあげようと、柄にもなくそんな殊勝なことを考えていたのだ。

 でも無理でした。マジ無理でした。

 以下店内描写。
 四人掛けのテーブルを前にして、席順で揉める三人。
 テーブルは長方形のスタンダードなもので、二人掛けの長椅子がテーブルの長辺に備え付けてあるタイプのもの。

インデックス「となりがいい」

ミサカ「隣がいいです」

打ち止め「あなたの傍にいたい!」

 揉めた。揉めに揉めた。
 最終的に、一方通行の膝の上に打ち止め、その両隣にインデックスとミサカが座る形で落ち着いた。
 二人掛けの長椅子にぎゅうぎゅうに座る三人。ぽっかり空いた向かいの長椅子。
 ただでさえ目立つ風体をしているのだ。周囲の目は嫌でも集中する。
 ナンダアレ? アラアラホホエマシイワァ。
 ヨウジョハーレムwwwwwパネェwwwwwwwww




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:28:51.46 ID:GhsHk+yE0
 だから、一方通行は次の目的地をゲームセンターに指定した。
 三人は特に疑わず(むしろ一方通行がデートにやる気を出したことに喜んで)入店する。

一方通行「さァ、これで好きなだけ遊ンでらっしゃい」

打ち止め「うわあ! いちまんえん! ってミサカはミサカは目を丸くしてみる!!」

インデックス「あくせられーた太っ腹! カッコいい!!」

ミサカ「甲斐性のある男の人って素敵。抱かれたい。とミサカは顔を赤らめます」

 大はしゃぎで店内に散らばる三人。
 まさに目論見通りの展開に一方通行はにやりと笑った。

ミサカ「……おや? いつの間にかあの人の姿が見えませんね、とミサカは店内を見回します」ブブブブブ…!

ミサカ「む、携帯電話に着信ですね。……? あの人からメール……?」

『眠ィから帰る。ガキ共の世話任せた』

ミサカ「……逃げやがったあのヘタレ、とミサカは逃亡した彼に失望を隠せません」

ミサカ「……」メルメル


『任務遂行のご褒美として帰ったら頭なでなでして下さい』

『死ね』




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:31:58.24 ID:GhsHk+yE0
 ミサカは店内に散らばっていたインデックスと打ち止めを集め、事情を説明した。

インデックス「むぅ~。元々私達に黙っていなくなったことに対する罰だったのに、また黙っていなくなるなんて許せないんだよ!!」

打ち止め「まあまあ、今回の不始末を理由にまた罰ゲームしたらいいんじゃないかな、ってミサカはミサカは提案してみる」

ミサカ「そうですね。今度は範囲をベッドの中に限定しましょうか、とミサカは上位個体の提案に追従します」

インデックス「でも、まだまだお金たくさんあるよね? このまま帰っちゃうのはちょっともったいないかも」

打ち止め「そうだね。今すぐ帰ってもどうせあの人は帰ってないだろうし、もう少しだけ遊んでいこうよ! ってミサカはミサカは進言してみたり!」

ミサカ「異議なしです、とミサカは上位個体に賛成します」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:38:23.43 ID:GhsHk+yE0
打ち止め「う~ん、う~ん……うわぁ~! また駄目だった!」

打ち止め「UFOキャッチャーって難しいなあ。あの人はどうしてあんなに簡単に取れるんだろう、ってミサカはミサカはしょんぼりしてみる」

打ち止め「あ、小銭無くなっちゃった。両替機両替機……」

打ち止め「お、お札を入れるところに背が届かない…! ってミサカはミサカは精一杯の背伸びを、ふんぎぎ、して、みた、りぃ~……!」


「あ、あの…大丈夫?」

打ち止め「ほえ?」

 かけられた声に振り向く。
 眼鏡をかけた女の子が立っていた。
 学校の制服のようなものを身に纏っており(高校生だろうか?)、何より目を引くのはその大きな胸。
 見た目の年齢にそぐわぬほど発達したその胸は、シャツをぱつんぱつんに押し上げ、激しく自己主張している。

打ち止め「いったい何を食べればそうなるの? ってミサカはミサカは素朴な疑問を発してみる」

??「え…? あの……」

 つい口をついてしまった打ち止めの言葉に女の子は混乱した様子を見せる。
 打ち止めは慌てて「いやいや今のなし」と手を振った。




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:42:14.05 ID:GhsHk+yE0
??「代わりに入れてあげようか? そのお金…」

打ち止め「ほんと!? じゃあお願いします! ってミサカはミサカは頭を下げてみる!!」

??「う、うん。じゃあ、お金預かるね」

 少女は打ち止めから受け取ったお札を持ち逃げしたりすることなく、素直に両替機に投入する。
 じゃらんじゃらんと小銭の落ちる音が響いた。

打ち止め「ありがとう! ってミサカはミサカは改めて頭を下げてみたり!!」

??「ど、どういたしまして……」

打ち止め「ミサカは打ち止めっていいます! ってミサカはミサカは恩人に対して活発に自己紹介してみる!」

??「ら、らすとおーだぁ? か、変わった名前だね……」

打ち止め「おねえさんのお名前は?」

??「わ、私? 私は……」

 打ち止めの勢いに圧倒されたまま、少女はどこかおどおどしたような様子で。


「氷華……風斬、氷華……」

 そう名乗った。




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:46:55.02 ID:GhsHk+yE0
打ち止め「カザキリヒョウカさんだよ! ってミサカはミサカは新しい友達を早速紹介してみる!」

ミサカ「む?」

インデックス「ほえ?」

風斬「あ…の……」

 持ち前の人懐っこい性格で、すぐに風斬と打ち解けた打ち止めは、ミサカとインデックスに風斬を引き合わせていた。
 打ち止めとは対照的に、ひどく引っ込み思案で内気な様子の風斬は、どうしたらいいものかともじもじしている。

ミサカ「なにその生意気おっぱいいったい何食えばそんなことになんだよふざけんなよとミサカは思わず本音が口をつきます」

風斬「ひう…!」

打ち止め「こら! 駄目だよミサカ! まあ気持ちはわかるけど!! ってミサカはミサカは下位個体を諫めてみる!」

インデックス「私の名前はインデックスっていうんだよ! よろしくね、ひょうか!!」

ミサカ「ミサカの名前はミサカです、とミサカは先程の非礼を詫びつつ自己紹介します」

風斬「う、うん……」ホッ…

 若干一悶着あったけれども、インデックスとミサカはどうやらあっさり新しい友達を受け入れたようだった。




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:51:26.88 ID:GhsHk+yE0
 とはいえ、それは考えてみれば当たり前のことで。
 インデックスも、ミサカも、打ち止めも、それぞれがそれぞれに抱える事情によって、今まで友達といえる人物はいなかったのだ。
 皆、年頃の女の子である。
 人との関係性に飢えていないはずがない。
 そしてそれは―――

風斬「ごめん、ちょっとトイレに行ってくるね」

 ガンアクションゲームでハイスコアを更新し続けるミサカと、それを興奮しながら観戦する二人にそう告げて、風斬氷華は化粧室に足を向ける。
 別に、もよおしたわけではない。
 風斬は、手洗い場に備え付けられた鏡に目を向けて。

風斬「ともだち……友達、かあ……」

 緩む頬をどうしても抑えることが出来なかった。


 一体いかなる事情によるものか。
 人との関係性に飢えている。
 それは、この少女にとっても同様であったらしい。




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:56:42.41 ID:GhsHk+yE0
風斬「あ…」

 化粧室から出て、目に付いたものがあった。
 プリクラである。
 友達同士で顔を寄せ合って写真を撮ってシールに加工する機械。
 今まで友達と呼べる人物が一人もいなかった風斬である。
 正直に言って、プリクラには少し憧れがあった。

風斬「へえ…コスプレしたりも出来るんだ……ってうわ、この衣装は……露出度が高すぎるんじゃ……」

 入り口横に備え付けられた説明パネルに目を通し、頬をひくつかせる風斬。
 その直後。
 ぞくり、と背筋が震えた。

風斬「ひ…う…!」

 汗がだらだらとこぼれて、まともに声を出すことが出来ない。
 後ろに何かがいる。
 風斬氷華の命なんて一瞬ですり潰してしまえるような、そんな得体の知れない怪物が立っている。

「入れ」

 音もなく背後に現れた怪物の言葉に抗う術はなく、風斬はプリクラの筐体の中に足を踏み入れた。




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:01:49.40 ID:GhsHk+yE0
 中に入ると即座に胸倉を掴まれ、吊り上げられた。

風斬「あう…!」

 風斬はそこで初めて怪物の姿を確認する。
 真っ白な髪、同じく真っ白な肌に爛々と輝く赤色の瞳。
 左手一本で風斬の体を持ち上げるその少年の体はひどく華奢で、どこにそんな力があるのかまったくわからない。
 そこに居たのは――言わずと知れた学園都市最強のLEVEL5、一方通行だった。
 成程、怪物――風斬が感じた印象は、まったくもって正しかったらしい。

一方通行「よォ、早速だが質問だ。テメエは何の目的があってあのガキに近づいた?」

風斬「か…ふ…」

一方通行「さっさと答えろ。挽き肉にされてェか?」

風斬「わ、私は…ただ、あの子が困ってるみたいだったから……」

一方通行「世の中がそンな風に善意で溢れてりゃ俺も楽なンだがなァ」

 風斬の体を吊り上げたまま、一方通行は言葉を続ける。

一方通行「善意は気まぐれで、悪意は狡猾だ。それをいちいち判別してる余裕は今の俺にはねェ」

一方通行「俺の居ねェ所であのガキ共に接触持とうとしやがる奴は敵だと決めてかかることにしてンだよ」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:06:08.70 ID:GhsHk+yE0
風斬「う…うぅ……!」

 一方通行の赤い瞳に睨まれて、風斬は震えた。

風斬(こわい、こわい、こわい、こわい)

 恐ろしくて仕方が無かった。逃げ出したくて仕方が無かった。

風斬(殺される、殺される、殺される、殺される)

 恐怖が精神を押し潰す。潰された心は容易にパニックを引き起こす。

風斬「うああ!!」

 風斬は思わず一方通行の左手を掴み、無我夢中で抵抗していた。
 襟首を掴んでいた一方通行の左手を振りほどく。
 解放された風斬はしかし着地に失敗し、どしんとその場に尻餅をついた。

風斬「ひ…ひぃ…」

 狭い筐体の中を、それでも必死で一方通行から離れようと後ずさる。
 一方通行は、そんな風斬を唖然とした様子で見つめていた。

一方通行「……人間の力で解けるようなヤワな掴み方したつもりはなかったンだがなァ」

 自身の左手に目を落としてから、一方通行は風斬氷華に向き直る。

一方通行「何モンだ……テメエ」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:12:33.87 ID:GhsHk+yE0
風斬「何者か…なんて……!」

 風斬は爆発した感情のままに口を開く。

風斬「知りませんよ! 何者かなんて私の方が知りたいですよ!」

風斬「どこで生まれたのかも知らない! なんでこの街に来たのかも覚えてない!」

風斬「お腹もすかない、トイレに行きたいなんて思ったことも無い!」

 一方通行は今度こそ呆然としてしまう。
 その目に涙を浮かべ、意味不明なことを口走る風斬氷華。
 その風斬氷華の顔にノイズが走っている。
 まるで映りの最悪なテレビ画面の中にいるように、風斬氷華の姿がぶれている。

一方通行「テメエ…本当に何モンだ……いや、」

 一方通行は言葉を止め、言い直した。

一方通行「テメエは一体、何だ?」

風斬「本当に……一体何なんでしょうね……?」

 一方通行の言葉に風斬はうなだれたまま、ただ力なく笑っていた。




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:18:14.01 ID:GhsHk+yE0
「あれ? ひょうかがいないよ?」

「トイレに行くって言ってたよ、ってミサカはミサカは彼女の言葉を思い出しつつ言ってみる。でも、確かに遅いね」

「乙女のトイレの長さに言及するのはマナー違反ですよ、とミサカは上位個体に教えてやります」


一方通行「チッ……」

 三人の声に敏感に反応した一方通行は身を屈め、風斬と視線の高さを合わせる。

一方通行「いいか、今後あのガキ共に指一本でも触れてみろ。即座に挽き肉にしてそこらの犬にくれてやる」

一方通行「犬のクソになりたくなけりゃ、このまま黙ってガキ共の前から消えろ」

 一方通行に促され、風斬はふらふらと立ち上がる。
 既に風斬の体に走っていたノイズは消えていたが、その足取りはおぼつかなかった。

一方通行「行け」

 一方通行の言葉に押し出されるように、風斬はよろよろとプリクラの筐体を出て。


インデックス「あ、ひょうかだ」

 そこで、あっさり三人に見つかった。




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:24:33.58 ID:GhsHk+yE0
風斬「あ…う…」

 どうしようと風斬が混乱する間に打ち止めとインデックスがとてとてと傍まで歩み寄ってきた。
 今さら走り出して姿を消すのはあまりに不自然すぎる。

インデックス「ひょうか今この箱から出てきたよね? これなーに?」

ミサカ「これは俗にプリクラと呼ばれる機械ですね。このメーカー製のものは正式にはプリントシール機と呼称しなくてはなりませんが、とミサカはプチトリビアを披露します」

打ち止め「え~! やりたいやりた~い! ってミサカはミサカははしゃいでみたり!」

風斬「で、でも……」

打ち止め「え~やろうよやろうよ~ってミサカはミサカはおねだりしてみる!」

風斬「あ…」

 打ち止めは風斬の手を取って、キラキラした目で風斬の顔を見上げている。
 指一本でも触れれば殺す――風斬の脳裏に一方通行の言葉が蘇る。

 ―――だけど、風斬は打ち止めの小さな手を振り解くことが出来なかった。
 初めての友達を手放すことが出来なかった。

風斬「うん……撮ろう。私も、撮りたい」

 そんな様子を、陰から観察していた一方通行は。

一方通行「……チッ」

 苛立たしげに舌を鳴らして――だけど、それだけだった。




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:30:03.47 ID:GhsHk+yE0
ミサカ「それじゃあ早速やりましょうか、とミサカはカーテンをくぐります」

風斬「あ、そこは…!」

インデックス「あー! カナミンの衣装があるんだよ! これ着てみたいかも!!」

打ち止め「ん? どうしたの? ってミサカはミサカは尋ねてみるけど、何か変なことあった?」

風斬「え、あれ?」

 すたすたと筐体の中に入った三人に続いて、風斬も中を覗き込む。

風斬(……もうどっかいっちゃったのかな)

 先程自分を脅かした白い怪物が消えていることに、風斬はほっと胸を撫で下ろす。
 しかし、この場で風斬以上に胸を撫で下ろしている人物が実はいた。
 言うまでもなく、一方通行である。

一方通行(アッッッブねェェェえええええ!!!!)

 そう、一方通行は実はまだ現在進行形で筐体の中にいた。
 視覚情報とはつまるところ光の反射である。一方通行は光の反射方向を操り、自らを透明人間と化しているのだ。
 とはいえ、周囲の景色と同化する様に光の反射角を操るには複雑な演算が必要だ。
 一方通行がこれまでの争いの中でこのセルフ光学迷彩を使わなかったのも、出来るかどうかわからなかったからだ。
 学園都市第一位のLEVEL5、一方通行。
 とんだ所で火事場の馬鹿力を発揮したものである。
 しかし、彼の地獄はここから始まる。
 忘れてはならない。
 彼が今居るここは、コスプレ用のプリクラなのだ。




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:35:31.60 ID:GhsHk+yE0
ミサカ「さてさてどれに着替えましょうか、とミサカは衣装を物色します」ゴソゴソ

打ち止め「うわぁ…すごいこの衣装。服っていうかもう紐だよね、ってミサカはミサカは絶句してみたり」

インデックス「それはカナミンの敵で出てくる女幹部の服なんだよ!」

風斬「……これ……着るの……?」

ミサカ「あらためて見るとすごいボリュームですね。真剣にうらやましいんですが、とミサカは思わず手を伸ばします」モニュモニュ

風斬「ひゃう!?」

ミサカ「感度も良好……だと……?」モミモミモミモミ

風斬「や…は…! ん…やめ……!」

打ち止め「うーん、ミサカもそろそろブラジャーつけてみようかな、ってミサカはミサカは思い悩んでみたり」

インデックス「らすとおーだーはまだいらないでしょ」

打ち止め「あなたがいう!? ってミサカはミサカは憤慨してみる!!」

インデックス「ど、どーゆー意味かな!?」


一方通行(おおおォォォォォおおおおおお!!!!!!)

 一方通行、全身全霊を以ってその場を逃走。
 別にガキ共の裸を見たって何も感じはしないが、それでもここに居続けては自分の中の何かが終わると、彼の魂は全力で訴えていた。




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:40:05.40 ID:GhsHk+yE0
 わいわいきゃっきゃとはしゃぎ声が聞こえるプリクラを遠目に眺めながら、一方通行は自動販売機で購入したブラックコーヒーを口に運ぶ。

一方通行「ったく、何て無様だ……学園都市第一位が聞いて呆れるぜ」

 手近なベンチに腰掛けて、一方通行は苛立たしげに髪を掻き毟る。
 その時、彼のポケットの中で携帯電話が鳴った。
 取り出し、相手を確認して一方通行の口元がにやりと歪む。
 それはまさに、学園都市第一位にふさわしい不敵な笑みだった。

一方通行「よォやくかよ。待たせやがって」

 三人の少女達とじゃれついて、無為に時を過ごしていたわけではない。
 彼はただ、この連絡を待っていた。
 一方通行の持つ携帯電話の着信画面には。


 かつて一方通行を完膚なきまでに叩き伏せた、『幻想殺し』の少年の名が表示されていた。




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:45:09.79 ID:GhsHk+yE0
一方通行「状況を確認するぜ」

 時は夜。場所は一方通行たちが暮らす部屋。
 そこに集まった面々の顔を一方通行は見回す。

一方通行「俺達はこの学園都市に反撃する。この俺にちょっかいかけてきやがったクソ共を殲滅する。俺の機嫌を損ねたらどうなるかってのを連中に教育してやる必要があるからだ」

一方通行「だが連中はクソらしく手段を選ばねェ。人質とったりも平気でやりやがる。だから俺達は先ンじて手を打っとかなきゃなンねェワケだが」

 一方通行はそこである一人の少年に目を向けた。
 黒いツンツン頭のLEVEL0――『幻想殺し』の上条当麻である。

一方通行「その辺についてはテメエが何とかするっつゥ話だったよなァ?」

上条「おう。上条さんにお任せあれだ。連絡つくまでに手間取ったけど、事情を話したら快く手を貸してくれるって言ってくれたぜ」

 上条はそう言って彼の隣に座る面々を手で示した。

上条「紹介するぜ。神裂、ステイル……言わなくてもわかるだろうけど、御坂美琴だ」

 上条の紹介を受け、『聖人』神裂火織は頭を下げ。
 炎を操る天才魔術師、ステイル=マグヌスは口元に挟んだタバコを揺らし。
 学園都市第三位のLEVEL5、『超電磁砲(レールガン)』御坂美琴は憮然としたまま顔をそらした。

上条「俺達がいない間はこいつらがインデックス達を守ってくれる。皆頼りになる奴等だ。安心しろ!」

 何やら自信満々の上条とは対照的に、一方通行はものすごく微妙な顔をした。




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:50:53.05 ID:GhsHk+yE0
 まあ、『超電磁砲』についてはわかる。
 一人で軍隊を相手取ることが出来るのがLEVEL5という存在だ。
 戦力としては申し分ないだろう。
 だが、残りの二人はなんだ?
 いや、素性はわからないが、上条当麻がこういう局面で頼るのだ。そこそこ腕が立つのは間違いあるまい。
 なのに、なんかこう、なんだろう。
 この二人から立ち上る獣のような香りは。
 もっと言えば犬のような臭いは。
 はっきりと言っちゃうとかませ犬の臭いがそこはかとなく漂っている気がする。

一方通行「オイ、コイツらで本当に大丈夫か?」

神裂「なッ!? し、失礼な!! 確かに私達は以前あなたにあっさりと不覚を取りましたが、それは相手があなただったからであって! 決して私達が弱いということでは!!」

一方通行「あン?」キョトン

神裂「そ、存在自体を忘却されている!?」ガーン!

ステイル「……まぁ、しょうがないかもしれないね。僕達は彼の前であまり印象的な活躍が出来たとは言い難いから」フゥ…

一方通行「……」ポリポリ

上条「なんだ? お前らなんかやりあったことあんのか?」

一方通行「……らしいなァ」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:57:46.58 ID:GhsHk+yE0
一方通行「妹達(シスターズ)はどうなってる?」

ミサカ「言われたとおり、学園都市に残っていた個体に関してはあの『冥土帰し』のいる病院に集合させています、とミサカは報告します」

打ち止め「世界中に散らばってる個体についても、何か異変があれば即座にミサカが把握できるよ、ってミサカはミサカは補足してみる」

一方通行「状況に変化があれば即座に俺に知らせろ。おい、『オリジナル』」

美琴「……私には御坂美琴って名前があるんだけど」

一方通行「……御坂」

美琴「なによ?」
ミサカ「なんでしょう?」

一方通行(……メンドクセェ)

一方通行「……」

一方通行「……………………美琴」

美琴「んな! 何でアンタに下の名前呼び捨てにされなきゃなんないのよ!! まだコイツにすらそんな呼ばれ方されたことないのに!!」

上条「えぇ!? 何でそこで上条さんの名前が出てくるんでせう!?」

一方通行「メンドくせェェェェえええええええええええ!!!!!!!!」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:03:18.43 ID:GhsHk+yE0
 結局『超電磁砲(レールガン)』に落ち着きました。
 あと、上条さんも御坂とミサカが被るから美琴って呼ぶ事にしたそーです。
 そしたら美琴が顔を真っ赤にしてなんやかんやあったけどめんどくせーから省略。

一方通行「『超電磁砲』、頼ンでたモンは持ってきたか」

美琴「ん」パサッ

上条「ありゃ。なんだよ、一方通行からも美琴に声かけてたのか?」

一方通行「護衛とは別件でな。学園都市内に点在する研究施設を探ってもらった」

上条「それをまとめたのが美琴が持ってきたこのプリントってわけか」

一方通行「そォいうこった。……クックック。あるねあるねェ、明らかに真っ当じゃねェ領域の研究やってるトコが」パラパラパラ…

美琴「調べてる間吐き気をこらえるのが大変だったわよ」

一方通行「しかしまァよく調べたモンだ。養護施設に擬態してるようなトコまでしっかり拾ってンじゃねェか」

美琴「こういうのが得意な友達がいたのよ……悪いこと手伝わせちゃったわ。後でいっぱいお礼しなくっちゃ」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:06:09.27 ID:tH8iQt6e0
まあオリジナル呼ばわりは無いよね




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:07:56.29 ID:GhsHk+yE0
上条「それで、このリストを何に使うんだ?」

一方通行「ちったァ自分で頭使え。学園都市を潰すっつっても、まさか街ごと消滅させるわけにもいかねェだろうが」

上条「でも、このリストだけじゃ俺達の敵を特定することはできないだろ」

一方通行「そォでもねェさ。この前の襲撃で、『奴等』はこの学園都市の第二位と第四位のLEVEL5を動員してきた」

一方通行「この学園都市の頂点に君臨するLEVEL5を顎で使えるような人物……そンな奴がゴロゴロいるはずはねェ」

上条「確かに、そんな権限を持つ奴なんて、学園都市のお偉いさんでもほんの一握りだろうな」

一方通行「だから、この施設の中でより深く闇に潜ってる所から手当たり次第潰していく。十中八九は俺にちょっかい出してきた馬鹿に繋がってるだろォさ」

上条「もし、襲撃した施設が何の関係もない所だったら?」

一方通行「そりゃご愁傷様だ。目ェつけられるよォな研究やってンのが悪ィ」

上条「はは、まるで悪党だな俺達」

一方通行「ハ、他の何だと思ってたンだオマエ」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:11:59.02 ID:GhsHk+yE0
 第十学区内にある研究施設、『神永(かみなが)』医療技術研究センター。
 心臓や肺、その他内蔵機能、果ては脳髄に至るまで機械で代用できないか研究する施設である。
 研究内容としては、至極真っ当な印象を受ける。
 ――『置き去り(チャイルドエラー)』と呼ばれる、身寄りの無い子供たちを人体実験に利用しているという一点を除けば。

一方通行「潰すぞ」

上条「あぁ」

 一方通行の背中から黒い翼が噴き出す。
 上条当麻の右手から『竜王の顎(ドラゴン・ストライク)』が発現する。
 まるで、二人の感情の昂ぶりを表しているように。
 侵入者を告げるサイレンが鳴り響く。
 研究所内を黒服の男達が駆け回る。
 だがしかし。

 全ての機械兵器を反射し、無力化する一方通行を前にして。
 全ての異能を喰らい、無と帰す上条当麻を前にして。

 暗部組織の守護を受けていたことなど一片の意味もなく、神永医療技術研究センターは文字通り『壊滅』した。




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:16:48.38 ID:GhsHk+yE0
 第七学区内、通称『窓のないビル』。
 その最深部で、学園都市統括理事長アレイスター=クロウリーは培養液の中に逆さまに浮かびながら、部下からの報告を聞いていた。

男「現在、一方通行及び幻想殺しの襲撃によって壊滅した施設は六つ……その全てが我々の管理していた施設です。連中、どうやって把握しているのか我々に繋がる研究施設をピンポイントで襲撃してきています」

アレイスター「驚くには値しまい。この学園都市の暗部はほぼ全てが『ここ』に繋がっているのだ。逆に外す方が難しい」

男「それはそうですが……このままでは遠からずこのビルへの侵入を許してしまう可能性があります。連中の人脈の中にはテレポーターもいるようですし」

アレイスター「ふむ、確かにそれは少しだけ煩わしい。『一方通行』と『幻想殺し』が規定のレベルに達した以上、後はこちらの準備が整うまで彼らには大人しくしていてもらいたいのだが」

男「いかがいたしますか?」

アレイスター「『垣根帝督』と『麦野沈利』はどうなっている?」

男「今しばらくは時間がかかるかと」

アレイスター「虚数学区を制御するための『回路』の最終調整にも時間がいるな……あと少し時を稼ぐ必要があるか……ふむ……」




アレイスター「『グループ』を使おう。土御門元春をここに呼んでくれ」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:21:32.54 ID:GhsHk+yE0
「仕事だ」

 キャンピングカーの中で、金髪にサングラスにアロハシャツという風体の少年が口を開く。

「今度はかなり厄介な仕事だぜ」

「おやおや、『グループ』に厄介じゃない仕事が回ってきたことなんてありましたかね?」

 答えたのはパリッとしたスーツに身を包んだ少年だった。
 柔和な笑みを浮かべたその顔は、非常に整ったものであるといえる。

「いいからさっさと内容を言いなさいよ。回りくどいわね」

「今度のターゲットは『一方通行』だ」

「げっ」

 仕事の内容を端的に告げた金髪の少年に対し、露骨に顔をしかめる少女。
 胸の部分にまいたサラシ、肩にかけただけの上着、丈の非常に短いスカートと、かなり露出度の高い格好をしている。

「冗談じゃないわ。イヤよ私。アイツ相手が女だろうが躊躇なく顔面殴ってくるわよ絶対。何でかわからないけど確信できるわ」

「何を今更。顔に傷を負ったことなんて一度や二度じゃないだろう」

「ふんっ」

 金髪サングラスのオールラウンダー、土御門元春。
 アステカの魔術師、海原光貴(エツァリ)。
 『座標移動(ムーブポイント)』を操る大能力者(LEVEL4)、結標淡希。
 この三人が学園都市の暗部組織『グループ』を構成するメンバーだ。




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:26:31.31 ID:GhsHk+yE0
結標「で? あの一方通行をどうしようというの?」

土御門「心配するな。始末しろってわけじゃない。丁重におもてなししてやれだとさ」

海原「やれやれ。おもてなしといっても、相手がアレでは我々だけではどうにも人手不足な気がしますがねえ」

土御門「そこら辺は人材を都合してもらった。『アイテム』を使う」

結標「『アイテム』? 第四位が率いていた?」

土御門「あぁ。第四位が行方不明になって現在活動を休止していたらしいがな。構成員の能力を聞いたが、今回の任務にはかなり有用だ。使わない手はない」

海原「それなら第二位の率いていた『スクール』も使えばどうです?」

土御門「もちろんそれも考えたが駄目だった。一人使えそうな能力の女がいたが、精神をやられちまってる。一体何を見れば人間あれだけ壊れることが出来るのか、見当もつかんよ」

結標「あの化け物を相手取るにはいくら人がいても足りないというのに……任務成功の確率はどれくらいだと読んでいるの?」

土御門「まあ、100%だろうな」

結標「!?」

海原「!?」

土御門「アレイスターから素敵なプレゼントをもらった。最高に胸糞が悪くなるヤツをな」

 土御門の合図とともに、キャンピングカーのドアが開く。
 そこに乗り込んできたのは―――




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:29:59.83 ID:VIN4o3vW0
ま、まさか!




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:32:00.14 ID:GhsHk+yE0
 第十二学区――学園都市で最も神学系の学校を集めている学区。
 宗教を科学的な面から学び取ろうという試みが多くなされているこの学区にも“真っ当でない”研究所は存在した。
 その研究所を襲撃している現在、矢面に立っているのは上条当麻だった。
 研究所を襲撃するに当たって、全く予定外のことが起こったからである。
 魔術師の存在だ。
 確かにここはオカルトを科学で解明しようという研究をしている場所だ。魔術師がそこに関わっていてもおかしくはないのかもしれない。
 一般的には。
 ここが科学の総本山、学園都市でなかったならば。

上条(前に都市内に魔術師が侵入した時は極秘裏に排除を行っていたってのに……学園都市の暗部は、魔術と深い関わりがあるのか?)

 とにかく、相手が魔術だというのなら上条の出番だった。
 その理由は彼の『幻想殺し』は対魔術においてこそその本領を発揮できる――からではない。
 もちろんその理由もあるがそれだけではない。
 最も大きな理由は――相手の操る魔術に触れてからの一方通行の変調にあった。

一方通行「が…ァ…!」

上条「おい! 大丈夫か一方通行!!」

一方通行(ク…ソが……なンなンだこの頭痛は……!)ズキズキズキズキ




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:37:07.94 ID:GhsHk+yE0
 魔術師の放った炎が一方通行に迫る。
 別にそれはいい。こんな炎は一方通行に危害を加えない。
 炎は一方通行が常時展開している『反射』の膜に触れ、明後日の方向に飛んでいく。
 これがおかしい。
 一方通行の『反射』は力の向き(ベクトル)の反転によって起こる現象だ。
 本来であれば放たれた方向そのままに返っていかなくてはおかしいのだ。
 それだけではない。
 非常に抽象的な表現になってしまうが、魔術で創られた炎は反射膜に触れてから反射されるまでに、少し一方通行側に“食い込んで”くるのだ。
 危害は加えない。しかしそれが薄気味悪い。
 だから一方通行は能力を使って炎の持つ性質を解析し、その原因を探ろうとした。
 ―――瞬間、猛烈な頭痛が彼を襲ったのである。

一方通行(クソが! 一体どうなってやがる!? 『未知のベクトル』を解析してパターンに組み込むだけだろォが!!)

一方通行(なのに出来ねェ! この“脳みそ削られた”みてェな意識のもやは何だ!?)

一方通行(難問前にして頭痛がしますゥ~、だ!? 馬鹿が!! テメエは学園都市最高の脳みそ持ってるってだけが取り柄だろォが!!)

上条「落ち着け一方通行!! ここは俺に任せて休んでろ!!」

 上条の右手から顕現した『竜王の顎』が一方通行に迫っていた氷の刃を喰らい潰す。
 上条はそのまま右手を払う。
 呼応するように『竜王の顎』はその身を振るい、新たな魔術の詠唱を始めていた魔術師達を薙ぎ払った。




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:42:02.53 ID:GhsHk+yE0
 一方通行はガシガシと頭を掻き――ふぅ、とため息をついた。
 そして、今までしゃにむに取り組んでいた魔術の解析をすっぱりと諦める。
 途端に、一方通行を苦しめていた頭痛があっさりとひいた。

一方通行(もォいい。癪に障るが放っておく。こンなモンに拘泥している暇はねェ)

 とりあえず跳ね返すことは出来るのだ。ならばそれでいい。
 これから研究所内に突入する。
 銃を持った兵士もいるだろう。
 ここから先は一方通行の力が絶対に必要なのだ。

一方通行「大はしゃぎご苦労サンだったな三下ァ。選手交代だ。後はノンビリ茶ァでも飲ンでろ」

上条「了解だ。でも、なるべく殺すなよ」

一方通行「知らねェよ。俺は敵意を反射するだけだ。敵がさっさと戦意喪失するよォなヘタレばっかであることを祈っときな」

 一方通行が施設の中に消えてから、きっかり五分後。
 外に飛び出し、上条のことなど目もくれずその場を去っていく職員達の必死の逃走も落ち着いた頃。
 施設の中から噴出した黒い『何か』が建物全体を切り裂いて。
 この夜、魔道研究所は地図からその姿を消した。




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:47:58.12 ID:GhsHk+yE0
 月明かりの下、瓦礫の山と化した研究所から一方通行が姿を現す。

上条「どうだった?」

一方通行「あァ、ここもだ。開発された技術はいくつかのクッションを挟ンじゃいるが、最終的にはある場所に集約されてやがる」

上条「『窓のないビル』…か……」

一方通行「確定だな」

上条「俺達の敵は……本当の本当に学園都市のトップだったってわけか」

一方通行「わかりやすい話で結構なこった。あそこを攻めるにはテレポーターがいるな。心当たりはあるか?」

上条「あるにはある……けど、あまり巻き込みたくはないなぁ」

 と、二人がそんな会話をしていると。
 倒壊したこの研究所に向けて、車のライトが近づいてくるのが見えた。

上条「ん? 何だ? お迎えか?」

一方通行「あン? 手配した覚えはねェぞ?」

 近づいてくる。暗くて色はわかりにくいが、多分赤色のオープンカーだ。
 乗っているのは―――前に二人、後ろに一人で三人、か。顔まではわからない。
 二人から少し離れた所で車は止まって、後部座席にいた一人が車から降りてきた。




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:55:22.90 ID:GhsHk+yE0
 心臓が止まったのではないかという程の衝撃を、一方通行は覚えた。

 その人物は白いピッタリした戦闘用の衣類に身を包んでいた。

 元々は恐らく雪原用の戦闘服なのだろう。

 夜の闇の中で、『ソイツ』の纏う白色は眩しすぎた。

 まるで、私を見てと言わんばかりだ。

 『ソイツ』は女だった。体格からの第一印象としては、高校生ぐらいの少女に見える。

 その顔に、肩まで伸びた茶色い髪に、ビリビリと『ソイツ』の周りで飛び散る火花に、一方通行は見覚えがありすぎた。

 そしてそれはきっと、隣りで固まっている幻想殺しの少年にしたって同じなのだろう。

 『ソイツ』は――御坂美琴が成長したらこうなるんだろうなと思わせるような風貌をした『ソイツ』は。

 ぎゃはっ、と、およそ御坂美琴にも『妹達』にも似つかわしくない笑みを浮かべ、言った。


「こんばんは。いい夜だね、第一位。それと幻想殺しのヒーローさん。
 自己紹介の必要はあるかな? あは、その顔を見る限りでは必要なさそうだけど、一応自己紹介しておくね。
 ミサカは『妹達(シスターズ)』とは別系統で生み出されたミサカ。本来生まれる必要のなかったイレギュラーなミサカ。
 差し詰め『番外個体(ミサカワースト)』ってところかな?
 感激してね第一位。ミサカのこの魅力的な体は、全部全部あなたを弄ぶためだけに用意されたものなんだからさ」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 04:20:13.45 ID:VIN4o3vW0
ミサワきたぁぁぁぁ!!




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:39:31.50 ID:GhsHk+yE0
 一方通行も上条も反応を返せない。
 目の前の状況に理解がまったく追いつかない。
 スタスタと『番外個体』を名乗った少女が歩み寄ってきた。

番外個体「えっとぉ~、ミサカ今からあなたを思いっきりぶん殴りま~す。『反射』されちゃったら手首がグチャッってなっちゃうけど~命令だからしょうがないみたいな~?」

 おどけるように言いながら拳を振りかぶる番外個体。
 グシャ、と鈍い音がして、一方通行の顔に拳が叩きこまれた。
 吹き飛んだ一方通行の体が無様に地面に転がる。

番外個体「ぎゃはは! 本当に『反射』しなかったよ!! 何考えてんの!? 何考えてんのぉぉぉぉおおおお!? すっげぇ! ミサカ全然理解できなぁ~~い!!」ゲラゲラゲラ!

上条「おい! お前ッ!!」

番外個体「おっと、ミサカに触るのはやめてよね幻想殺しのヒーローさん。あなたに触られたらミサカ死んじゃうんだから」

上条「な…!?」

一方通行「にィ…!?」

 口元から零れる血を拭い、一方通行は身を起こす。

番外個体「ハッタリじゃないよ」

 驚愕し、目を見開く一方通行と上条に対して、番外個体はにやにやと笑いながらトントンと後頭部を指でつついてみせた。

番外個体「ミサカのここには『セレクター』っていう自爆装置が埋め込まれている」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:45:37.32 ID:GhsHk+yE0
番外個体「『セレクター』の起爆条件は4つ」

番外個体「ひとつ。『幻想殺し』がミサカの体に触れること」

番外個体「ふたつ。ミサカが何らかの大きなダメージを負って瀕死の状態になること」

番外個体「みっつ。学園都市第一位、一方通行が『窓のないビル』内部に侵入すること」

番外個体「そして最後のひとつはぁ~」

 バウン! と番外個体の足元が爆裂し、その体が宙を舞った。
 くるりと空中で縦に一回転し、乗ってきたオープンカーの後部座席に着地する。

番外個体「ミサカと一方通行の第一次接触の後、両者の間の距離が1200m以上離れること」

一方通行「なにッ…!?」

 エンジンがかかる。赤いオープンカーが発車の準備を整える。

番外個体「さあ、始めようよ第一位。一から十まで仕組まれたくっだらねえ茶番劇だけどさ。あなたとミサカでならそこそこ楽しく踊れると思うんだよね」

 オープンカーが煙を吐いて走り出す。
 50m、100m、200m―――二人の距離がどんどん広がっていく。

番外個体「捕まえてみてよ、王子様!!」

一方通行「ふ、ざけンなコラァァァァあああああああああ!!!!!!」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:51:26.92 ID:GhsHk+yE0
一方通行「三下ァ!! テメエは部屋に戻れ!!」

上条「そんなわけにもいくか!! 一人であいつらを追うのは危険すぎるだろ!! 一体どんな罠を仕掛けているか……」

一方通行「馬鹿が! ちったァ脳みそ使え! 奴等が走り去ってンのは俺の部屋がある方角と真逆だ!!」

一方通行「俺達をこうやって部屋から遠ざけよォとする意図は何だ!? そンなモンひとつしかねェだろォが!!」

上条「なッ…!?」

 その意味を理解する。
 危機感と怒りで、上条と一方通行の感情が爆発する。

上条「おおおぉぉぉぉぉおおおおおおお!!!!!!」

一方通行「おおおォォォォォおおおおおおおお!!!!!!」

 全速で駆け出す。二人、真逆の方向へ。

一方通行(クソ、クソ、クソ! クソッたれが!!)

 吹きすさぶ風をその背中に集中させ、己の体を射出する翼へと変えながら、一方通行は歯噛みする。

一方通行(クソ共のクソッぷりを甘く見てた!! 作りやがった、また作りやがった!! 俺の足を止めるためだけに!! 俺への嫌がらせのためだけに!!)

 彼の心中を代弁するように、彼の背中で空気が爆発する。
 一方通行の体が射出された。四本の竜巻が一方通行の背中に接続され、進む方向を安定させる。
 視線の先では、番外個体が赤いオープンカーの後部座席で立ち上がり、にやにやと笑いながらこちらを見ている。

 益体もない追いかけっこが始まった。




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:58:30.46 ID:GhsHk+yE0
一方通行(馬鹿がッ!! 五秒で追いついてやらァッ!!)

 咆哮と共に、一方通行は己の体をさらに加速させる。
 あっという間に番外個体の乗るオープンカーとの距離が詰まった。
 たった三秒でオープンカーに追いついた一方通行が悠然とトランク部分に降り立つ。

番外個体「げげっ、さすがにこんなに早く追いつかれるなんて予想外なんだけど」

一方通行「舐めンな。伊達に最強名乗ってるワケじゃねェ」

番外個体「カックイー。ミサカじゅんじゅんきちゃう。でも何事も早すぎる男ってのは嫌われちゃうよーん?」

一方通行「求められる以上に口を開く女は論外だ。歯ァ全部へし折って俺好みのおしゃぶり上手なツラにしてやろォか?」

番外個体「きゃ~、こわ~い。助けて絹旗さ~ん」

 おどけたように助手席に向かって声をかける番外個体。
 ここまで近づいたことで、一方通行にも残りの二人の姿が確認できた。
 助手席にいたのは女で、運転席にいたのは男。
 セーターのような生地のワンピースを身に纏った少女。
 パリッとしたスーツに身を包んだ、非常に整った顔立ちをした少年。

「まったく、基本的に私の出番は無いって話だったのに、もう破綻しちゃってます。超杜撰なプランですね。これだから頭が金色の奴の仕事ってのは超信用なりません」

 その助手席にいた少女が。
 番外個体に絹旗と呼ばれた少女が、のそりと立ち上がった。




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:05:48.65 ID:GhsHk+yE0
 学園都市暗部組織『アイテム』の構成員、『窒素装甲(オフェンスアーマー)』の絹旗最愛。
 ゆっくりと後部座席に移った絹旗は、次いでその手をぐっと腰元に引き寄せる。
 まるで力士が張り手を繰り出すような格好だ。

一方通行(図に乗りやがって馬鹿が!! 勝手に自滅してろ!!)

 一方通行は問題なく『反射』の膜を展開させる。
 それで絹旗の存在は意識から切った。
 彼の目に入っているのは、変わらずにやつく番外個体ただ一人。

一方通行(まずはこのガキの確保を最優先だ! これ以上クソ共の思惑に踊らされてたまっかよ!!)

 一方通行は番外個体へと手を伸ばす。

番外個体「手を差し伸べて、王子様気分も結構だけどさ」

 そんな一方通行を嘲笑うような調子で番外個体は口を開く。

番外個体「どんなに優れた外科技術をもってしても、ミサカの中の『セレクター』を取り出すことは出来ないよ。そう、たとえあの『冥土帰し』の腕でもね」

一方通行「なにィ…?」

番外個体「バイバイ滑稽な王子様。次に追いつくのは何秒かかるかな~?」

 番外個体はひらひらと手を振った。
 完全に意識から外していた絹旗がその手を一方通行に突き出し――

 ――瞬間、鳩尾をハンマーでぶっ叩かれた様な衝撃が一方通行を襲った。




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:13:36.68 ID:GhsHk+yE0
一方通行「ぶッ…がッ……!?」

 訳もわからず吹き飛ばされ、後ろを走っていた大型のワゴン車に衝突する。
 ビシリ、と真っ白な罅がフロントガラスを覆った。

運転手「はぁ!? なぁ!?」

 あまりにも突然の状況に混乱するワゴン車の運転手。
 しかし一方通行に答える余裕はない。

一方通行(クソ…! 何だ…!? ヤロォは何をしてきやがった!?)ゴフ…!

 『反射』は間違いなく機能している。
 車に突っ込んだダメージはまるで無いのがその証左だ
 ならば何故先程の攻撃は通ったのか。

絹旗「体表から数センチの範囲内でなら、空気中の窒素を自由自在に操れるのが私の能力、『窒素装甲』」

絹旗「その私の能力で一方通行の体表面付近の窒素を思い切り引き寄せる」

絹旗「結果、“引き寄せる力のベクトル”を“自動的に反転させてしまう”一方通行は勝手に衝撃を自分の体側に引き込んで自滅する」

絹旗「こんな超トンデモ理論が本当に第一位に通用するとは超驚きですね」

海原「土御門には通用する確信があったようです。過去に同様の方法で一方通行の『反射』を打ち破った『前例』がいたそうですから」

絹旗「通用する保証もないのにこんな超あやふやな理論であの怪物に立ち向かった奴がいたんですか? そいつは超イカレてますね」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:21:07.78 ID:GhsHk+yE0
運転手「おいなんだよ! なんなんだよぉ!! アンタ一体誰なんだよぉ!!」

一方通行「学園都市第一位のLEVEL5っていやァわかるか?」

運転手「な…? は…? あ、あく、アクセラ…レータ……?」

一方通行「おゥ、お利口さンで何よりだ。体に教える手間が省ける」

運転手「は、う…! 何で…? 何で何で…!?」

一方通行「前の車を追え。ブレーキを踏ンだら殺す。勝手にハンドルを切っても殺す」

運転手「つっても、ガラスが罅だらけで前なんて見えねぇよお!!」

 ボンネットに腰かける形になっている一方通行が拳をフロントガラスに叩き付けた。
 パァン、という甲高い音を立てて、フロントガラスが粉々に砕け散る。

一方通行「これで見通しも風通しもバッチリだ。だろ?」

運転手「あひゃふはははは!! 何だコレ!? 何でこんなことになってんだ!? ちくしょお、ちくしょおぉぉおおおおお!!!!」

 半狂乱になりながらハンドルを握る運転手。
 そんな運転手に一方通行は少しだけ哀れむような視線を向けた。

 ―――迂闊にも、番外個体から目を外してしまった。




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:25:44.39 ID:GhsHk+yE0
 パキン、と何かが一方通行の腕に触れた。
 ダメージは無い。反射は問題なく機能している。
 機能してしまっている。

一方通行「……あァ?」

 一方通行の目には、崩れ落ちる番外個体の姿が映っていた。
 その右肩に刺さっている鉄釘は一体なんだろう?

番外個体「いったぁい……」

 ぽたぽたと血を流しながら、番外個体は一方通行を見る。
 非難するような目で。蔑むような目で。

番外個体「痛い痛い。本当に痛いよ。あなたに一万回殺された『妹達』もこんな痛みを感じてたのかな?」

 共にその身は疾走する車上。
 届くはずの無い声が、やけに鮮明に聞こえてくる。

番外個体「意味がないと知りつつも、攻撃は反射されるだけだってわかってても」

番外個体「それでもミサカはあなたを命令通り攻撃しなきゃならないんだよねぇ。あっは。番外なんて銘打たれといて、結局ミサカも他のミサカと一緒なんじゃん。嬉しくなっちゃうね」

 番外個体の手から鉄釘が発射される。
 御坂美琴(オリジナル)の『超電磁砲』には及ばぬまでも、十分な殺傷力をもった一撃が音速を超えて一方通行に迫る。

 『反射』は発動しない。
 ぶづり、と一方通行の右肩に鉄釘が埋まった。




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:32:03.56 ID:GhsHk+yE0
番外個体「ぎゃははっ!! まぁた始まったよ!!」

 大口を開けて哄笑しながら、番外個体は次の鉄釘を撃ち出す。
 やはり『反射』は発動しない。『操作』すらも作用しない。
 鉄釘は一方通行の体を貫いていく。

一方通行「……ァ…」

番外個体「やぁめなって~!! 一万人も殺しといて今さら何取り繕ってんのさ!! 安っぽいヒロイズム見せられたって、こっちは吐き気がするだけなんだっつの!!」

 撃ち出す。鉄釘が一方通行の右足に突き刺さる。

番外個体「いい加減気付けよ第一位。あなたのやってるそれはただの自己満足だ。どれだけ献身的に尽くされても、ミサカ達があなたを許すことなんて絶対にないんだから」

 撃ち出す。刺さる。今度は左足。

海原「やめなさい。やり過ぎです番外個体。自分たちの任務はあくまで足止めであって、始末することではない」

番外個体「ごめんなさ~い。ミサカ達が受けた痛みの一万分の一でも味わわせてやりたくって~。あ、それじゃ死んじゃうか。きゃははっ」

絹旗「………」

 絹旗はその服に赤色を次々と染み出させる一方通行の姿をしばらくじっと見つめていたが。
 やがてひとつため息をつくと助手席に戻り、ぼすっと乱暴に腰を下ろした。




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:37:03.32 ID:GhsHk+yE0
絹旗「……こんなもんですか」ボソッ

海原「どうしました?」

絹旗「別に……」

絹旗「………」

絹旗「…………私と一方通行の間にはそれなりの因縁があったんですよ」ポツリ

海原「『暗闇の五月計画』……一方通行の演算パターンを参考に『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』を最適化する試み、ですか」

絹旗「ちっ、やっぱり超知ってやがりましたか。そうです、私はそこの被検体だったんです」

絹旗「そこで私はそれなりの地獄を味わってきました。体を色々といじくられて……いや、弄ばれてと言った方が超正しいでしょうね」

絹旗「一方通行っていう超桁外れの怪物がいなければ、こんな目に遭わなくてもすんだのに……って思うことも、あったんですよ」

 そこまで言ってから、絹旗はチラリと後ろに目を向ける。
 赤く染まり、無様にうなだれて顔も上げない一方通行の姿を見る。

絹旗「……もう少し、こう、超スカッとするもんだと思っていたんですけどね」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:42:13.96 ID:GhsHk+yE0
番外個体「あ」

絹旗「え?」

 番外個体の間抜けな声に、絹旗は前に戻した視線を再び後ろに戻す。
 一方通行が、ボンネットの上にゆっくりと立ち上がろうとしていた。
 にたぁ、と番外個体の口の端が吊りあがる。

番外個体「そうこなくっちゃ。撃っていいよね?」

海原「……向こうが戦闘の意思を失くさないようでしたら、仕方ありません」

番外個体「じゃあ遠慮なくッ!!」

 番外個体の手から鉄釘が発射される。
 やはり『反射』は発動しない。
 が、一方通行に鉄釘が突き刺さることも無い。

番外個体「あん!?」

 止まっている。一方通行の皮膚に触れた時点で、鉄釘はその場に留まっている。
 時が止まってしまったかのように動きを止めた鉄釘を、一方通行は悠然と掴み取った。

絹旗「んなッ!? もう『対応』したっていうんですかッ!?」

番外個体「ちょっと!! 早すぎるでしょお!?」

 絹旗と番外個体は同時に悲鳴のような声を上げた。




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:48:21.83 ID:GhsHk+yE0
一方通行「よォ、番外個体」

番外個体「……なに?」

一方通行「ひとつ、オマエの愉快な勘違いを正してやる」

 一方通行は、迷いのない瞳で番外個体を射抜く。

一方通行「俺は、ただの一度たりとも、テメエらに許しを請うた覚えはねェ」

番外個体「……ッ!!」

一方通行「許されねェことなンて知ってンだよ。許されるなンて思ったこたァねェンだよ」

 罪滅ぼしなんてつもりは毛頭ない。その程度で滅ぼされる罪だなんて思っちゃいない。

一方通行「オマエの言うとォりだぜ、実際。俺は俺のために、俺の自己満足のためだけに、テメエらを救い続けるって決めてンだよォ!!!!」

 もうその瞳には一片の迷いも無く。
 一方通行は、二本の足でしっかりとその場に立ち上がった。




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:54:58.19 ID:GhsHk+yE0
番外個体「いけしゃあしゃあと…! この恥知らずがッ!!」

 番外個体は再び鉄釘を放つ。
 何本も何本も、息つく暇も無く、連続で。
 しかし無意味。全ての攻撃は一方通行に届かない。

番外個体「クッソ!!!!」

海原「これはいけませんね。絹旗さん、運転を代わってください」

絹旗「はぁ!? あ、ちょ!!」

 絹旗の返事も聞かず、海原は運転席を立ち上がり後部座席に移動する。

絹旗「ちょおー!! ちょ!! 超無理ですよ私運転したことなんて超ないです!!」アタフタアタフタ

海原「右がアクセル、左がブレーキ、道順はナビに従えば迷うことはありません」

絹旗「足届かないー!! シート動かすのはどうするんですかーー!!」ギャー!

 海原はその手に学生鞄ほどの大きさの石版を持っていた。
 一方通行の背中に風が集中している。
 怪物が、今にも襲い掛からんとしている。
 だが、海原の顔に焦りはない。

海原「それでは苦労してこの身に収めた『原典』の力を試させていただきましょうか」

絹旗「前見えないーーー!!!! シート高くすんのどれーーーーー!!!?」ギャー!ギャー!




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:03:29.74 ID:GhsHk+yE0
 海原がポケットから取り出した物を見て、番外個体はうえ、と顔を歪めた。

番外個体「なにそれ? 骨? うわうわ、あなたってそっち系の趣味の人なワケ?」

海原「そんな目で見るのはやめてくださいよ。結構傷つきます。心配しなくても人骨じゃありませんよ」

 言って、海原は手のひらでその5cm程の大きさの骨片を転がす。

海原「これは『ウサギの骨』です」

番外個体「ウサギぃ?」

海原「自分の所有する二つの原典のうちのひとつ、『月のウサギ』。その迎撃用記述内容は『長距離射撃』。つまり、この骨は弾丸なんですよ」

 ドゴン! という凄まじい轟音と共に閃光が生まれた。
 海原の手の中から生まれたその閃光は一直線に一方通行を襲う。
 しかし、先程の番外個体の一撃と同じように、撃ち出された『ウサギの骨』は一方通行の皮膚に触れた時点でその動きを止めた。

一方通行(ッ!? どォいうこった!!)

 だが、一方通行の顔に生まれたのは焦り。
 この攻撃を仕掛けてきたのは番外個体ではなく、得体の知れない男のほうだ。
 故に、一方通行は反射を発動させている。
 発動させているのだ。なのに。

一方通行(反射の膜に触れてンのに……こっちに“食い込ンで”きやがる!!!!)

 ズブリ、と『ウサギの骨』が一方通行の体に抉り込んだ。




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:11:57.49 ID:GhsHk+yE0
 一方通行は自分の体に抉りこんできたソレの解析に取り掛かる。
 瞬間――凄まじい頭痛が一方通行を襲った

一方通行(クッソが……! コレも魔術って代物かよッ!!)

 駄目だ。解析出来ない。ベクトルを操作することが出来ない。
 ウサギの骨はどんどん一方通行の体に食い込んでくる。

一方通行「がァァァッ!!!!!!」

 一方通行は無我夢中で『反射』を適用させた。
 もう、そうする他に手段がなかった。
 第十二学区の研究所で魔術師と相対した時と同じように、ウサギの骨は明後日の方向へと飛んでいく。

一方通行(クソッ!! 反射じゃ駄目だ!! 流れ弾が番外個体に当たっちまう可能性がある!!)

 なのに、『操作』はきかない。だからといって反射を解くことも出来ない。海原の放ってくる一撃は、直撃すれば即死してもおかしくない威力なのだ。
 八方塞。打つ手なし。動けば撃つと、海原の瞳はそう言っている。

番外個体「えっげつなーい」

海原「これでも、本来の威力の数万分の一以下なんですがね。やはり魔術的な意味を何も持たない、そこらの山にいるウサギの骨じゃ、これくらいが限界ですか」

 そう言って、海原は一方通行を見る。
 もう最強の風格など欠片もなく、ただただ焦燥に駆られる一方通行を。

海原「まあ、それでも十分なようですけれどね」

 そんな海原の声が届いたからかは知らないが。
 ぶちん、と一方通行の頭の中で何かが切れた。




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:17:41.14 ID:GhsHk+yE0
一方通行「づおおォォォォォおおおおおおおおらあァァァァああああああああ!!!!!!」

 咆哮と共に、一方通行の背中から黒い翼が噴き出した。

運転手「は、あ、うぁ」

 その威容に、ワゴン車の運転手はうわ言の様な声を出すばかりで。
 その敵意を真っ直ぐに向けられた番外個体と海原も、体の震えを押さえることが出来なかった。
 明らかな『怯え』をみせる番外個体の姿に、一方通行は少しだけ――ほんの少しだけ、寂しげな笑みを浮かべた。

一方通行「……チッ…」

 だから――この力は使いたくなかった。
 『ベクトルコントロール』とは違う、ただただ破壊のためだけにあるこの力を、『アイツ等』にだけは向けたくなかった。

 でも、もォいい。もォこうなっちまったらしょうがねェ。
 テメエの無力さのツケだ。
 安っぽいセンチメンタリズムなンぞ捨てちまえ。

海原「くッ…!」

 海原がウサギの骨を撃ち出す。
 閃光は一方通行の前に躍り出た黒い翼にあっさりと飲み込まれて消えた。

一方通行「もォいいか? いいなら潰すぞ、害虫ども」

 黒い翼をはためかせ、一方通行が飛翔した。




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:22:22.53 ID:GhsHk+yE0
番外個体「おうおう、奴さんいよいよマジになっちゃったみたいだよ。どうすんの?」

海原「搦め手は使い切りましたからね。あとは下種な手を使うしかないでしょう」

 海原はスーツの内ポケットに手を突っ込み、そこに収められていた黒曜石のナイフを取り出した。
 『トラウィスカルパンテクウトリの槍』。海原が本来主戦力として使用していた魔術霊装だ。
 金星の光をナイフで反射させ、不可視の光線として放ち、当たった物を問答無用で『分解』するという強力な魔術。

番外個体「でも奴さんに当たんのそれ? 反射されちゃわない?」

海原「ですから、狙うのは彼ではありませんよ。下種な手――です」

 海原は術式を発動させる。
 黒曜石のナイフから不可視の光線が発射され――後ろを走っていた大型のワゴン車を『分解』した。

運転手「へ? は? うわああぁぁぁぁぁああああああああ!!!!」

海原「時速160kmを超えているこの状況で、道路に放り出されたら……まあ、死にますよね普通」

 慣性の法則に従い、まったく速度を減じさせないまま、運転手の体がアスファルトに迫る。
 運転手の体が大根おろしのように摩り下ろされようかという瞬間――その僅かな隙間に、一方通行の体が滑り込んでいた。

海原「そう――だからあなたはそうやって救わざるをえない」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:28:08.26 ID:GhsHk+yE0
海原「甘いですねぇ。かつて闇に君臨していた一方通行とは思えないほど甘い」

番外個体「ゲスいねぇ。人の良心につけこんだ、本当にゲスい手だ。ぎゃははっ。そういうの、ミサカ嫌いじゃないけどさ」

番外個体「しかしこいつは驚天動地の事実だよ。まさか奴さんに人の良心なんてものが存在していたとはね」

海原「彼に良心が無ければそもそもこんな鬼ごっこは成立していませんよ」

番外個体「………」

海原「さて、これで打てるだけの手は打ちました。あとは予定のポイントまでひたすら全速で逃げるだけです」

番外個体「あんな風に空まで飛ばれちゃ、到底逃げ切れるとは思えないんだけど」

海原「それでも、最短距離を進んでいけば何とか間に合う計算ですよ。さて絹旗さん、ご苦労様でした。運転変わりますよ」

絹旗「………」

海原「……あれ? 今走ってるのがここ? ん? だって目的地はこっちなんだから……おやおや?」

絹旗「………」ダラダラダラダラ

海原「…………絹旗さん?」

絹旗「だ、だってだってしょうがないじゃないですか!! 運転超初心者の私が右折なんて超高等技術超出来るわけないでしょう!?」

番外個体「おいおい使えねえぞアイテムぅ~~~」

絹旗「むっきゃあーーーー!!!! 超トサカにきました!! そのにやけ顔を超叩き直してやります!!!!」ドッタンバッタン!




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:33:58.33 ID:GhsHk+yE0
一方通行「クッソが……!!」

 運転手の体を抱え、速度を殺す。
 慣性を無視して一気に制動をかけることも出来るのだが、その際にかかる反動を無視できるのは一方通行だけだ。
 だから運転手の体に負荷がかからぬよう、段階を踏んで速度を落としていく。

運転手「は、はう、ふはっ、はぁ、はぁ……い、生きてる…! 生きてた……!」

一方通行「そりゃ何よりだ。歩道まではテメエの足で歩け。腰が抜けたなンてウゼェ事は言わねェよな?」

運転手「は、はいぃ……」

 わたわたと歩道まで走る運転手を尻目に、一方通行は番外個体達の乗った車が走り去った方角に目を向ける。
 いない。どこかで道を曲がったのかもしれない。
 とはいえ、直線距離で1200m以上は離れられないのだから、そこまで遠くには行っていないだろうが。
 人質は生きていて初めて人質として成り立つのだ。
 一方通行は少しだけ冷静になった頭で状況を確認する。
 インデックス、打ち止め、ミサカ達のことも気になるが、戻ることは出来ない。
 番外個体達が、一方通行が戻ろうとする動きにまで対応して距離を調節してくれるとはさすがに思えないからだ。
 あちらの方は『超電磁砲』達と上条当麻に任せるしかない。

一方通行「おい」

運転手「は、はい!?」

一方通行「前の車に乗ってた奴等はクチャクチャにしてあとでその辺に捨てといてやる。賠償の請求はその時にしろ」

 一方通行は運転手にそう言い捨ててから、地面を蹴った。
 どこからか聞こえる人を虚仮にしたような呼び声だけを頼りに、一方通行は夜の街を駆け抜ける。




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:37:39.09 ID:GhsHk+yE0
 同刻――上条当麻はようやく一方通行が住居としているマンションに辿り着いていた。

上条「おっちゃん!! 金ここに置いてく!! 急いでくれてありがとう!!」

タクシー運転手「あ、あぁ、どういたしまして」

 釣銭をもらう手間ももどかしく、上条はタクシーを降りる。
 周囲に目立った変化はない。
 一方通行の部屋は八階だ。階段を使うか、エレベーターを使うか。

上条「おおぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!!!」

 上条はどちらの手段も選ばなかった。
 右腕から顕現させた『竜王の顎(ドラゴン・ストライク)』を思い切り地面に叩きつける。
 結果、猛烈な反動を得た上条の体が上空に撃ち出された。
 八階まで浮かんだ所で手すりを掴み、マンションの中に体を引き入れる。
 一方通行の部屋はもうすぐそこだ。

上条「皆、無事かッ!!?」

 そして――息を切らせ、ドアを開けた上条の目に飛び込んできた光景は―――




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:40:41.25 ID:GhsHk+yE0




 ステイルに餌付けされているインデックス。



 テレビゲームに興じるミサカと打ち止め。



 こっちを向いて固まる堕天使エロメイド神裂と大精霊チラメイド美琴。






 そして床に転がって大爆笑している土御門元春の姿だった。





123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:45:58.30 ID:GhsHk+yE0
上条「……何してんの?」

ステイル「いやいや、違う。僕はただ単純に、お腹をすかせたこの子が哀れでならなかったから給餌の役目を買って出たに過ぎない」

ステイル「決して、物で釣って気を引くだとか、これを機に何とかして昔の親交を取り戻せないかな~とか、そういう狡いことを考えているわけじゃないんだ」

ステイル「ほうらインデックス、本場ドイツのミュンヘン名物白ソーセージだぞぅ」

インデックス「そ、そんな餌でこの私が釣られクマーーーーーー!!!?」


上条「……何してんの?」

ミサカ「見ればわかると思いますが、ゲームに興じているところです、とミサカは端的に状況を説明します」

上条「……ああ、そうだね。任天堂の看板キャラが元気に画面内をグリグリ動き回ってるね」

ミサカ「ウォウ!」

打ち止め「ホッホウ!」

ミサカ・打ち止め「「やっふぅーーーー!!」」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:49:57.95 ID:GhsHk+yE0
上条「何してんの? ねえホントに何してんの?」

美琴「いやーーー!! 見るな見るな見るなーーーー!!」

神裂「ちちちちち、違うんです!! これは、これはこれは、その、土御門の口車に乗せられて!!」

土御門「口車って言われてもにゃー。俺はカミやんがこういう服好きだって話をちょろっとしただけだぜぃ? 後は勝手にねーちん達が盛り上がったんだろ」

美琴「ぎゃわわわわ!! 閉じろ閉じろッ!! その口を閉じろーーーー!!」

神裂「違うッ!! 違うんですよ上条当麻ッ!! 今土御門が言ったのはまったくの出鱈目!! 嘘偽りです!!」

上条「うん? いや、実は今土御門の言ったことよく聞こえなかったんだ。何て言ったんだ?」

美琴「でたよ!! どうなってんのよアンタの耳はッ!! 奇跡か!!」

土御門「心配するなカミやん。事の顛末は後で必ずメールしてやる」

美琴「メールってアンタ何を送る気!? 撮ったんか!? まさか撮ったんかおんどりゃぁぁぁあああああああ!!!!」

土御門「みこちん、年上の男としてひとつだけアドバイスしてやるにゃー。その格好に短パンはねえって」

美琴「やかましいッ!! データよこせぇぇぇぇえええええええ!!!!!!」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:01:15.52 ID:r1UMshrm0
温度差ww




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:31:48.58 ID:GhsHk+yE0
上条「はあ……とにかく、何事もなかったみたいでよかったよ」

土御門「そういえば随分血相変えて飛び込んできたなカミやん。何かあったのか?」

上条「ああ、すげえ厄介なことになった……土御門がこっちに参加してくれるってんなら正直心強いよ。この場所は神裂に聞いたのか?」

神裂「え? 上条当麻が彼を応援に呼んだのではなかったんですか?」

上条「…………ステイル?」

ステイル「知らないよ。僕じゃない」

 一瞬、嫌な沈黙が部屋を支配した。
 そんな中で、土御門元春だけがいつも通りに飄々と笑っている。




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:40:11.41 ID:GhsHk+yE0
土御門「カミやん、ちょっと右手貸ーして?」

上条「は? お、おい」

土御門「ほいっと」ペタッ

インデックス「ふえ?」

 土御門は上条の右手を取り、インデックスの肩を掴ませる。
 キュゥン――! と甲高い音がして、『歩く教会』を失った修道服がストンと床に落ちた。
 インデックスの身に着けていた清楚な白の下着が上下共に露になる。

インデックス「はう……!」

 インデックスの顔がみるみるうちに真っ赤に染まっていく。

インデックス「うきゃ、」

 悲鳴を上げる暇は無かった。
 土御門の手刀が首筋に叩き込まれ、インデックスの体が崩れ落ちた。




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:44:18.49 ID:GhsHk+yE0
 土御門は意識を失ったインデックスの体を抱え上げる。
 玄関に向けて一歩踏み出した所で――ようやく事態の変化に頭が追いついた上条たちが動き出した。

上条「打ち止め、ミサカ!! お前らは俺の後ろに下がれ!! 美琴、ステイル、神裂!! 土御門を逃がすな!!」

 神裂が出入り口を塞ぎ、美琴とステイルが土御門を取り囲む。
 しかし土御門は焦らない。
 一歩目は布石。
 土御門はくるりと反転すると今度はベランダに向けて駆け出した。

ステイル「止まれ土御門!!」

土御門「炎を撃つか? この子に当たるぞ? 電撃も一緒だぜみこちん」

 土御門の言葉にステイルと美琴の動きが一瞬止まる。
 それで十分。土御門は一瞬で二人の脇を抜け、ベランダへと到達する。

神裂「土御門……どうして!?」

土御門「腑抜けたかねーちん。まさか俺の魔法名を忘れたとは言わせんぞ」

 『Fallere825』――――背中刺す、刃。




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:49:44.76 ID:GhsHk+yE0
土御門「んじゃ、ちっとばかし禁書目録は借りてくぜ」

 土御門は柵に足をかけ、そのまま外に飛び出した。

上条「なッ!? ここ八階だぞオイ!?」

ミサカ「どいてください、とミサカは射線を確保するため声を張り上げます」

ミサカ「レッツゴー、ロケットアーム」ボシュッ!

 掛け声と共にミサカの左手が土御門に向かって伸びる。
 そしてその手がインデックスの体を掴もうとした瞬間――土御門とインデックスは一瞬にしてその姿を消した。

美琴「テレポート!?」

 その現象にすぐに思い当たった美琴はベランダに飛び出し、下を確認する。
 階下では黒いワンボックスカーが今にも走り出そうとしていた。

美琴「逃がすかぁ!!」

神裂「私も追います! 上条当麻とステイルはそちらの少女達の護衛を!!」

 ベランダから飛び出し、宙を舞う美琴と神裂。
 落下する二人の前に突如六つの爆弾が出現し、爆発した。




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:57:31.99 ID:GhsHk+yE0
上条「美琴ッ!! 神裂ッ!! くそ、無事なんだろうなあいつ等」

 ベランダから階下を見下ろして、上条はギリリと歯噛みする。
 爆煙に隠れて二人の様子は確認できない。
 直接降りて確認しようと玄関に目を向けたところでまたも状況が激変した。
 鍵をしていたはずの玄関をこじ開けて、黒ずくめの戦闘服に身を包んだ男達が部屋に突っ込んでくる。

上条「なんだこいつら…!?」

ミサカ「記憶にあります。かつて第四位と共に行動していた非公式工作部隊、確かその名は―――」

打ち止め「『猟犬部隊(ハウンド・ドッグ)』!! ってミサカはミサカは報告してみる!!」

 部屋に突入してきた男の数は三人。
 ステイルはその手に生み出した炎を男達に投げつける。
 しかし男達は炎をまったく気にする様子もなく突っ込んできた。

ステイル「何ッ!?」

上条「何だ!? 服の中に耐熱材でも仕込んでんのか!?」

 ステイルの炎を突破し、先頭にいた男が打ち止めに向かって手を伸ばす。
 その顔に上条の拳が突き刺さった。

上条「こいつら…狙いは打ち止めか!!」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:02:51.30 ID:GhsHk+yE0
フレンダ「結局、この私にかかればこの程度お茶の子さいさいって訳よ」

 上空で上がる爆煙をサンルーフから眺めながら、金髪碧眼の少女―――『アイテム』構成員であるフレンダはにししと笑う。

結標「何を言っているのかしら。私の『座標移動』あってこその成果でしょう」

フレンダ「ふん、わかってないわね。あそこまでドンピシャリのタイミングで爆発させるのにどれだけテクが必要か……」

土御門「くだらん雑談は後にしろ」

運転席にいる土御門から鋭い声が飛んだ。
土御門と一緒に転移されてきたはずのインデックスは、今は結標淡希とフレンダのいる後部座席に移されている。

土御門「後ろに禁書目録が着ていたものと同じデザインの修道服が積んである。いつまでも下着姿じゃ不憫だろう。着せてやれ」

フレンダ「それは了解したけどさ、何でそんなにピリピリしてる訳? 追っ手は潰したんだから、もっとのんびりしてもいいんじゃないの?」

土御門「奴等を甘く見るな。『超電磁砲』は恐らく爆発を回避している。もう一人は直撃していてもまともにダメージが通っているかはわからん。奴は少し特別だからな」

フレンダ「何それ? 体が鉄で出来てたりする訳?」

土御門「恐らくマグナムが直撃しても死なんぞ。あの女は」

フレンダ「げりょげりょ。そんなんもう人じゃねーっつの」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:09:06.72 ID:GhsHk+yE0
土御門「滝壺理后」

 土御門は助手席に座っていたピンクのジャージ姿の少女―――『アイテム』の構成員、滝壺理后に目をむける。

滝壺「……なに?」

土御門「すまんが、能力を使ってもらうぞ」

 言いながら、土御門はシャーペンの芯ケースのようなものを滝壺に渡す。
 ケースの中には『体晶』と呼ばれる粉末の薬が詰められていた。

滝壺「………」

 滝壺は何も言わずに頷くと、手の甲に出した体晶を舐めとる。
 常に眠たげにまぶたを下ろしていた滝壺の目が完全に覚醒した。

土御門「海原達の位置特定を頼む。出来れば一方通行の方もな」

滝壺「……きぬはた達は予定のルートを大きく迂回してポイントに向かってる。南西800の地点に極めて特異なAIM反応……恐らくこれが『一方通行』」

 滝壺の持つ能力、『能力追跡(AIMストーカー)』は対象のAIM拡散力場を記憶し、どこまでも探査・追跡することができる。
 ただし、その使用には体晶という体に相当な負担を強いる薬を服用する必要があり、今も滝壺は体を汗でぐっしょりと濡らし、背もたれにぐったりとその身を預けていた。

土御門「ご苦労だった。あとはゆっくり寝てていい」

滝壺「ん……」

土御門「それにしても、海原達に何かあったか。まさか単純に道を間違えたなんて言わんだろうな」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:12:11.63 ID:GhsHk+yE0



フレンダ「ところで土御門」


土御門「ん?」


フレンダ「結局、あとは向こうと合流するだけな訳?」


土御門「そうだな。俺達の目標だった禁書目録の確保には成功した。“ここでするべきことはもうない”。あとは向こうについてからまた働いてもらうぞ」


フレンダ「ふん、人使いの荒い奴ね」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:20:28.67 ID:GhsHk+yE0
ステイル「イノケンティウスッ!!」

 ステイルの呼び声と共に炎の巨人が立ち上がる。
 黒い戦闘服を身に纏った男達は得体の知れない怪物の突然の登場に明らかにうろたえた様子を見せた。

ステイル「土御門の時は使う暇が無かったがね。もちろんルーンの札は部屋のあちこちに仕込ませてもらった」

 炎の巨人、イノケンティウスの腕が一人の男を掴み上げる。
 顔を隠すマスクの下からくぐもった叫びが漏れた。

ステイル「さっきは僕としたことがつい敵である君たちに気を使っていたみたいでね。無意識に炎の温度を落としていたんだよ」

 吊り上げられた男が足をばたつかせる。
 首を掴まれた苦痛と、炎の熱さに耐えかねて。

ステイル「僕の炎の最大出力は摂氏3000度を超える。参考までに教えておくと地球上のマグマで大体800~1200度といったところだ。さて」

 ステイルの顔に酷薄な笑みが浮かぶ。

ステイル「君の身に着けているそのご自慢の防護服、マグマの海に飲まれても活動できるだけの耐久力を備えているのかい?」

 男のマスクの下から、今度ははっきりとした悲鳴が漏れた。




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:25:43.36 ID:GhsHk+yE0
 猟犬部隊の最後の一人がステイルに向かってナイフを抜いた。

上条「この野郎ッ!!」

 上条はその男に飛び掛る。振るった拳は男にかわされ、あっさりと空を切った。

上条「やば…!?」

 がら空きになった上条の顔面に男の裏拳が叩き込まれる。

上条「が、ふ……!」

上条(ナイフを使わなかった…!? 殺す気はないのか…!?)

ミサカ「どいてください、とミサカは射線を確保するため声を張り上げます」

上条(またロケットアームか!? でも通じるのか!? ナイフでワイヤーを切られちまうんじゃ……!)

 直後、その心配は全くの杞憂であったことを上条は知る。
 ミサカの左腕、その肘関節の部分がガパンと下に折れた。

ミサカ「レッツゴー、ファイナルインパクト」

 ミサカの掛け声と共に、ぽっかりあいた左腕の空洞から直径5cm程の大きさの鉄球が凄まじい勢いで発射された。
 めきぱきごきゃ、と余り耳によろしくない音と共に鉄球が胸元に食い込み、男はたまらず昏倒する。

ミサカ「ミッションコンプリート、とミサカは軽やかに宣言します」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:30:17.39 ID:FN+aJUTo0
なんでもありだなwww




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:30:20.38 ID:MXA/RNvvO
義手の機能がめちゃくちゃな件




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:31:49.02 ID:GhsHk+yE0
上条「と、とんでもねえな……」

 吹き飛んだ男を尻目にいそいそと左腕をセットしなおすミサカを見て、上条は苦笑を浮かべる。
 前回の騒動で片腕を失くし、代わりに義手をつけたことは知っていたが―――まさかここまでファンキーな代物をつけてくるとは思わなかった。
 どさり、という音に振り向けば、イノケンティウスが吊り上げていた男が泡を噴いて気絶したところだった。

上条「なんとか撃退したな」

ステイル「インデックスをどうする。彼女を救わなければ」

上条「今は手がかりが何も無い。土御門からの連絡を待つしか……」

ステイル「そんなもの、連絡が来る保証がどこにある!!」

上条「連絡は来る。多分……いや、必ず」

 ―――心配するなカミやん。事の顛末は後で必ずメールしてやる。

上条(土御門……お前は一体何を考えているんだ……?)


 バシュウ! と突然白い煙が部屋全体を覆った。
 見ると、上条によって最初に昏倒された男がスプレー缶のようなものにナイフを突き立てている。
 その煙の正体はすぐにわかった。
 上条たちの体を、耐え難い眠気が襲う。

上条(しまった……敵が三人ってのは、いくら何でも少ないと……思うべき…だっ……た……)

 まどろみの中で、新たに突入してくる三人の猟犬部隊の姿を捉えながら――――上条の意識は闇に沈んだ。




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:38:20.89 ID:GhsHk+yE0
 打ち止めと気絶した三人の仲間の回収を完了した猟犬部隊は、それぞれ二台の黒いワンボックスカーに分かれて乗り込む。

猟犬A「任務完了だな」

猟犬B「ま、あの木原さんをぶっ殺したっていう『一方通行』がいないんじゃこんなもんだろ。それでも負傷者を三人も出しちまったけどな」

猟犬A「さっさと出発しようぜ。万が一にもソイツがここに戻ってきたらコトだ」

猟犬B「だな」

 猟犬部隊の男達は車を発進させる。

猟犬B「ん?」

 ライトの先に映った奇妙な人影に、ハンドルを握っていた男は思わず眉を顰めた。

猟犬B「何だあのいかれた格好の女は。轢くか?」

猟犬A「馬鹿、無駄な騒ぎを起こすな。避けろ避けろ」

 道路の真ん中に仁王立ちしていた少女の両隣を二台の車は通り抜ける。
 瞬間―――ビタリ、と車の進行が止まった。
 まるで、“超強力な磁石で後ろに引き寄せられているかのように”。

猟犬B「な、なんだなんだぁ!?」

 男達は少女のおかしな格好に気をとられ、気付かなかった。
 少女の顔が、自分達が拉致してきた小さな少女と瓜二つだということに。
 男達は失念していた。
 『一方通行』程ではないとしても、LEVEL5という確かな怪物がこの場にいたことを。




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:44:14.88 ID:GhsHk+yE0
猟犬A「おい! 何やってんだ!! 早く進ませろよ!!」

猟犬B「わかってる! アクセル踏み込んでんだよこれでも!!」

 しかし、男がいくらアクセルを踏み込んでもタイヤは虚しく空回りするばかりだ。

猟犬A「おい……なんかいる……前にまた何かいるぞ!」

 男の指差す方を見れば、確かにそこには抜き身の刀を手にした黒髪の女が立っている。

猟犬B「またおかしな格好しやがって!! 何だ!? 変身ヒロイン物でも気取ってんのかよ!!」

 刀を持った黒髪の女が―――言うまでもなく神裂火織だ―――駆け出す。
 駆ける速度はさながら疾風で、その一閃はまさに迅雷。
 石川五エ門よろしく車の屋根を斬り飛ばした神裂はその手で打ち止めの体を掴み上げた。

神裂「済みましたよ、美琴さん!!」

 神裂の声と同時にぷつりと磁力は切れ、

猟犬B「おぅわ!! うわわわわわわッ!!」

 突如凄まじい速度で発進した黒いワンボックスカーは運転手の制御を離れ、二台とも街路樹に突っ込み大破した。




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:49:06.56 ID:FN+aJUTo0
いかれた格好ってメイド服のままwww




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:49:28.15 ID:GhsHk+yE0
美琴「神裂さん、あの子は!?」

神裂「見たところ、外傷はないように思えますが……この面妖な機械が何なのか、私には……」

美琴「……ッ!?」

 神裂が不安げに指した物を見て、美琴は思わず息を呑む。
 打ち止めの頭に取り付けられたヘルメットのような『ソレ』は間違いなく―――!

美琴(――――携行型『学習装置(テスタメント)』!!)

美琴「うああぁぁぁああああああああ!!!!!!」

 美琴は打ち止めの頭に取り付けられた学習装置を強制的に停止すべく、無我夢中でシステムにクラッキングを仕掛ける。
 インストール中にシステムを強制的にシャットダウンすることは打ち止めの脳に何かしらの悪影響を及ぼす恐れがある。
 しかしそれよりも、今現在も打ち止めに入力され続けている悪意を放っておく方が危険だと美琴は踏んだ。
 バシュウ、と煙を吐き、携行型学習装置が停止する。

美琴「打ち止め? 打ち止め?」

 すぐに学習装置を取り外し、打ち止めの体を揺するがしかし反応がない。

美琴「打ち止め!?」


 打ち止めは、目を覚まさない。




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:54:39.62 ID:GhsHk+yE0
美琴「うああああああああああああああああああ!!!!!!」

 美琴は先程街路樹に衝突した黒いワンボックスカーへと駆け出す。
 捻じ曲がったドアを無理やりこじ開け、中で気絶していた猟犬部隊の男を引きずり出した。

猟犬A「か……は……」

美琴「何をしたッ!! アンタ達はあの子に一体何をしたぁぁぁああああああ!!!!」

猟犬A「し、知らん……俺達は何も聞かされていない……」

美琴「知らんじゃないのよ!! 何なのよッ!! 何なのよアンタ達はッ!!」

 昂ぶる感情を抑えきれない。美琴の瞳に涙が滲む。

美琴「アンタ達はあの子の命を何だと思ってるのよぉッ!!!!」

 感情の爆発と共に、美琴の体から雷光が迸った。
 バチバチバチと、蒼白い輝きが明滅する。果たしてそれがいい刺激となったのか。

打ち止め「お姉様……?」

 打ち止めが起き上がり、美琴の方を見つめていた。




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:01:40.76 ID:GhsHk+yE0
美琴「打ち止め……?」

打ち止め「あれ? 何でミサカは道路で寝てるのってミサカはミサカは記憶を探ってみるけど、う~ん、うまく頭が回らない……」

美琴「打ち止め……!」ダキッ!

打ち止め「わっぷ! お、お姉様?」

美琴「よかった……本当によかった……」ポロポロ…

打ち止め「……未だに状況はよく分からないけれど、何だか嬉しいからミサカもミサカもお姉様を抱きしめ返してみたり」ギュッ













 学園都市最暗部、『窓の無いビル』―――――

アレイスター「ふむ、『タイマー』のセットも完了したか。順調だな」

 その奥底で、学園都市統括理事長、『人間』、アレイスター=クロウリーは逆さまに浮かんだままそう言って笑った。




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:07:32.43 ID:GhsHk+yE0
神裂「良かった。無事なようですね」

美琴「おかげさまで。あと少し遅れてたらどうなってたかわからなかったわ」

打ち止め「ミサカからもお礼します! ありがとう! ってミサカはミサカは深々と頭を下げてみたり!!」

神裂「礼には及びません。そのために私はここにいるのですから」

 神裂は踵を返し、美琴と打ち止めに背を向ける。

美琴「神裂さん?」

神裂「申し訳ありませんが私はこのまま土御門たちを追います。土御門のことですから、彼女に非道な真似は行わないとは思いますが……その保証はない」

神裂「上条当麻とステイルにはよろしくお伝えください。それでは」

美琴「あ、神裂さん!」

 神裂はぐっ、と地面を踏み込み、そのままマンションの屋上まで一気に跳躍する。
 上条が『竜王の顎』を使ってようやく為したことを、彼女は単純な身体能力のみでやってのけた。

美琴「神裂さん……服くらい、着替えていっても……」

 美琴は改めて自分の姿を確認する。
 爆発の影響で所々焼け落ちてさらに露出が増してしまった感のある大精霊チラメイド。
 神裂は美琴よりもさらに生地が焼け落ちて、とんでもないことになっていたような気がするのだが……

美琴「………おぉぅ」アカァ~

 今更ながらに羞恥心が込み上げてきた美琴は、アンチスキルやジャッジメントが集まってきてはたまらんと、そそくさとその場を離れるのだった。




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:10:47.71 ID:GhsHk+yE0
神裂「土御門……どこにいる……!」

 神裂はその常人離れした視力と聴力でもって土御門たちの乗る車を探す。
 手がかりとなるのはあの時聞いた車の走り去る音だけ。
 神裂はその意識を土御門たちの探索にのみ集中させる。
 そこに、己の痴態を気にする隙間はない。
 そしてついに。

神裂「見つけたぞ、土御門!!」

 標的の姿を発見した神裂は進撃を開始する。
 ビルからビルへ。屋根から屋根へ。
 ただ、かつての友を救うためだけに――――



 ―――堕天使が、学園都市の夜空を舞う。




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:15:39.13 ID:GhsHk+yE0
 番外個体達が乗る車を追い続け、一方通行は次第に違和感を覚え始めていた。

一方通行(ヤツらは一体どこに向かってやがる……このまま行けば学園都市を囲む『壁』に当たるだけだ)

 二百三十万人弱の人間が住まうこの学園都市は、機密保持と防衛のため周囲をぐるりと壁で囲んでいる。
 壁の大きさは高さ八メートル、幅三メートル程もあるといわれており、壁の外に出るには専用の門に回る必要があるのだ。
 奴等が進む先に、その門があった覚えはない。

一方通行(また何かくだらねェコトを考えてンのか、ただ追い詰められて袋の鼠になっちまっただけか……)

 どちらでもいい、と一方通行は切り捨てる。

一方通行(どっちでもやるこたァ変わらねェ)

 前方から襲ってきた閃光―――『ウサギの骨』を黒い翼で打ち払い、一方通行は加速する。

一方通行(さっさとこの不愉快な状況を終わらせる。そンで、この茶番を仕組んだクソ共は纏めて潰して肥溜めン中に帰してやらァ!」

 後半部分はつい声に出してしまっていた。
 地平線に学園都市を囲む壁が見えている。

 鬼ごっこの終わりは近い。




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:20:19.75 ID:GhsHk+yE0
 いよいよ壁が近づいてきた。
 しかし、相変わらずオープンカーには進行方向を変えようとする気配がない。

一方通行(なンだァ? マジで壁に突っ込む気かよ!?)

 さらに壁に近づいたところで異変に気付いた。
 壁の真下にもう一台車がいる。
 黒い大型のワンボックスカー。
 一人の男がそこに寄りかかるようにして立っている。
 夜の闇の中で、男の金髪は異彩を放っていた。
 金髪の男はサングラスを持ち上げ、不敵に笑い、開けっ放しになっていた後部座席を親指で指す。


 そこには、夜の闇の中でさらに眩い、純白の、修道服の少女が――――


一方通行「クッッッソヤロォがァァァァァァあああああああああああ!!!!!!!!」

 咆哮と共に、一方通行の背中の黒翼がさらに勢いよく噴出した。




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:25:35.23 ID:GhsHk+yE0
土御門「あの反応、インデックスに気付いたか。急げよフレンダ。恐らく奴の到達まであと30秒無いぞ」

フレンダ「うえぇっ!? ちょ、ちょっと待ってよ! 車一台通る範囲にテープ張るのもけっこう大変なんだっつの!!」

フレンダ「ってか、アンタも手伝え!!」

土御門「結標。結標淡希。おいショタコン」

結標「………やかましいクソ御門……うぷ…まだ完全にトラウマを克服したわけじゃないって言っているのに……馬鹿みたいにこの車ごとテレポートを繰り返させて……」

土御門「この場所に先回りするためには仕方なかった。お疲れの所悪いがもう一働きしてもらうぞ」

結標「……見ての通り、もう能力使えそうなコンディションじゃないのだけれど」

土御門「なら俺達はめでたく全滅だ。原形を保ったまま死ねるかも怪しいな」

結標「………ビニール袋の用意はしてある?」

滝壺「はいこれ。ダッシュボードに入ってた」

結標「……ありがとう滝壺さん。あなたも体調がよくないのに、悪いわね」

滝壺「がんばって、あわき。そんなゲロ吐きそうなあわきを私は応援してる」

結標「…………」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:32:31.86 ID:GhsHk+yE0
フレンダ「やっと出来たーーッ!!」

 学園都市を囲む『壁』に、扇形に『テープ』を貼り付けたフレンダは快哉の叫びを上げる。
 もちろん、フレンダが貼り付けたテープはただのテープではない。
 このテープは、フレンダが着火する事で鉄板などを容易く焼き切る特殊な導線となるのだ。
 フレンダはその手に持った着火用のツールをテープに押し付ける。
 バヂィ! と音を発してテープが発火し、壁に扇形の亀裂が走った。

フレンダ「もちろん、厚さ三メートルもある壁を焼き切ることなんて出来ないけど、こうやって切れ目さえ入れておけば」

 猛烈な勢いで近づいてくるエンジン音があった。
 海原光貴がハンドルを握る赤いオープンカーは、最高に近い速度を維持しながら亀裂の走った壁へと突っ込んでいく。

フレンダ「後は絹旗がやってくれるって訳よ!!」

 衝突の瞬間、ボンネットのギリギリの所に貼り付いていた絹旗がその腕を振りかぶり―――
 ボゴォン!! と凄まじい音を立て、亀裂に沿って壁にトンネルが開通した。

フレンダ「へへん! 結局『アイテム』のチームワークの勝利って訳よ!!」

 勝ち誇るフレンダの隣りを抜け、黒いワンボックスカーが開通したトンネルを走り抜けていく。

フレンダ「はえ?」

 振り返る。誰もいない。車もない。一方通行はすぐそこまで迫ってきている。

フレンダ「はれーーーーーーー!!!?」

 暴虐の翼を振るう一方通行が『壁』に空いたトンネルに突っ込んだ。
 その後には、フレンダの体など塵ひとつ残っていなかった。




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:36:35.00 ID:W/8SqINH0
フレ/ンダェ……




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:37:18.74 ID:FN+aJUTo0
フレ



ンダ




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:38:17.71 ID:FfQPjKGx0
/フ/レ/ン/ダ/

これでも足りねえよ……




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:39:32.11 ID:v+WvDeQmO
>>1
クソッ
どいつもこいつもフレンダを使い捨てしやがって
お前絶対フレンダ主役の話やれよ
絶対だかんな




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:40:21.61 ID:GhsHk+yE0
フレンダ「ふわぁーーん!! 見捨てられたかと思ったーーーー!! 見捨てられたかと思ったよーーーー!!」エーン!

滝壺「大丈夫だよフレンダ。そんないつでも死亡フラグにまみれてるフレンダを私は応援してる」

土御門「お前を待ってたら完全に捕まってたんでな。……結標」

結標「………………何よ」ゼェ…ゼェ…

土御門「ビニール袋は何枚でもあるからな」




一方通行(『壁』を破壊したのに警報ひとつ鳴りやがらねェ! クソが! 何もかもが奴等に都合がいいよォに動くようになってやがる!!)

 一方通行は考える。
 もう追いつくのは簡単だ。問題は追いついたあと、どうやって車の足を止めるかだ。
 どんなに穏便な方法でも、外から止めるやり方では乗車している人間にダメージがある。
 気絶している様子のインデックスにはなおさらだ。
 やはり直接乗り込むしかない。
 そう結論付け、一方通行は加速し、黒いワンボックスカーに追いつく。
 その屋根に拳を叩き込もうとして―――――突如、ワンボックスカーそのものがふっと姿を消した。
 消えた後の空間にはただ爆弾の群れだけが漂っていて。
 連続する爆発をかわす術はなく、一方通行は爆炎の中に飲まれた。




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:41:29.71 ID:v+WvDeQmO
>>1
>>173だけど
…………………ゴメン




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:42:59.92 ID:FfQPjKGx0
正直すまんかった……




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:47:53.36 ID:GhsHk+yE0
 もちろんそんなものは一方通行に一切のダメージを与えない。
 だがもうもうと立ち上る爆煙が一方通行の視界を極端に阻害した。
 これではあの車が“どちら”に“どれくらい”『飛んだ』のかわからない。
 飛んだのがあの黒いワンボックスだけなのか、それとも番外個体の車も飛んでいるのか、それさえもわからない。
 わからない以上迂闊に動くことが出来ない。
 まったく逆の方向に進んでしまい、それで番外個体から1200m以上離れてしまったりしたらお話にならないからだ。

一方通行「うざってェッ!!」

 一方通行は翼を振るい、周囲を漂う煙を消し飛ばす。
 そしてすぐに周囲を確認した。

一方通行「……あァ?」

 一方通行は思わず困惑の声を上げた。
 連中はそう離れていない所にいた。距離は精々200mといったところだ。
 黒いワンボックスと赤いオープンカーは揃って停車し、その前に番外個体とインデックスを除く全員が横一列に並んでいる。

一方通行(何だァ…? あれも、魔術ってやつなのか?)

 まあいい。何がこようと構いはしない。
 奴等は致命的なミスを犯している。
 一体何を企んでいるかは知らないが。


 そこにインデックスも番外個体もいないのならば、一方通行は一切の容赦なく全てを叩き潰すことが出来る。




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:54:36.12 ID:GhsHk+yE0
土御門「いいか、タイミングを合わせろ。全員が揃わなければ恐らく奴には通じん」

海原「やれやれ。たとえ我々が最高のパフォーマンスを発揮出来たとしても、それが通じるかは神のみぞ知る、ですか」

フレンダ「何で私たちまでこんなことしないといけない訳よ!! 報酬倍もらうくらいじゃすまないからね!!」

絹旗「超不愉快です! もし無事にこの仕事が終わったらその超ダサダサな金髪を超むしり取ってやります!!」

結標「………もういい。もうなんでもいい。早くこの仕事が終わりさえすれば」

滝壺「がんばって、あわき。そんな上司に恵まれないあわきを私は応援してる」

番外個体「ミサカは一体何するのか聞いてないんだけどさ、暗部最高峰の六人の共演による切り札なんだ。こりゃわくわくしちゃうね」



一方通行「おおォォォォォォォォおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」




土御門「来るぞッ! 心を込めろッ!! 全身全霊を注ぎ込めッ!!」



土御門「いくぞぉッ!!!!」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:56:24.07 ID:GhsHk+yE0











土御門他「  ご   め   ん   な   さ   い  ! ! ! ! ! !  」
















183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:57:49.97 ID:v+WvDeQmO
wwwwwwwww




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:58:37.89 ID:MXA/RNvvO
いきなり土下座w




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:59:33.55 ID:W/8SqINH0
これは攻撃できないだろwwww




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:03:15.96 ID:GhsHk+yE0
 土下座である。
 学園都市暗部最高峰、『グループ』と『アイテム』の共演によるこの上ない謝罪の形である。

一方通行「……おゥ?」

 六人がピシィ――! と揃って土下座するこの光景にさすがの一方通行も目が点になった。
 どォいうこと?
 同じく目が点になっている番外個体に目で問うてみる。
 首を傾げられた。
 どうやら番外個体もよくわかっていないらしい。

土御門「すまなかったな、一方通行。色々と迷惑をかけたが、悪気はなかったんだ。許してくれ」

 リーダー格らしい金髪サングラスが立ち上がり、膝についた砂を払いながら話しかけてきた。

一方通行「悪気はなかった……だァ? 悪気はねェで済ンだらなンちゃらかンちゃらって言葉知らねェのか?」

土御門「仕方がなかったのさ。一方通行の足止めはする。番外個体も救う。両方やらなくっちゃならないのが暗部のつらいところでな」

一方通行「なに……?」

 一方通行は顔をしかめる。
 今、この金髪は何かおかしなことを言わなかったか?
 番外個体を―――どうするって?

土御門「俺達は味方だ、一方通行。今から番外個体の中にあるクソッタレな爆弾を取り外すぞ」




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:09:20.45 ID:GhsHk+yE0
一方通行「……どォいう事だ」

土御門「そういきりたつな。ちゃんと説明してやる。番外個体の頭には『セレクター』という爆弾が埋め込まれていることは聞いたな?」

土御門「その起爆条件は『1.カミやんの幻想殺しが番外個体に触れること』、『2.一方通行が窓のないビル内部に侵入すること』、『3.番外個体が瀕死の状態に追い込まれること』の三つだ」

一方通行「待て。俺から1200m離れたら爆発するってのがあったろが」

土御門「あぁ、そりゃ嘘だ」

一方通行「あァッ!?」

土御門「俺がでっち上げた、お前をここまで連れてくるための方便だよ」

一方通行「テメ…!」

土御門「話を続けるぞ。この起爆条件の1番から俺は『セレクター』の起爆には魔術が絡んでいると読んだ」

土御門「魔術ってのは超能力とは違う形の異能の力だとでも理解しといてくれ」

土御門「『セレクター』はすでに起動済みで、いつ爆発してもおかしくない状態になっていて、それを魔術で無理やり押し留めているものと俺は推測する」

土御門「どんなに優れた外科技術―――たとえ『冥土帰し』でも摘出出来ないって理由はここにある」


土御門「そこで『禁書目録』の力が必要なのさ」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:14:42.99 ID:GhsHk+yE0
土御門「……あまりカミやん達を責めてやるなよ」

一方通行「あン?」

土御門「俺がインデックスの奪取に成功したのは不意打ちに騙し討ちを重ねたからだ。あいつらは“そういうやり方”にひどく弱い。なんせ奴等はとことん善人だからな」

一方通行「……ンなこたァ、言われるまでもなくわかってンだよ」

土御門「ならいい。説明を続けるぞ。俺達はこれから……」


神裂「土御門ぉぉぉぉおおおおおおおお!!!!!!」ズシャアッ!


土御門「うげ、ねーちん! 追ってきてたのか!!」

神裂「あの子を返してもらいます! もしあの子に何か危害を加えていれば、この刀の錆となることを覚悟しなさい!!」

土御門「待て! 落ち着けねーちん! 落ち着いてまず周りを見ろ!」

神裂「周り!? 周りが一体どうしたと……」

フレンダ・絹旗・滝壺・結標・海原・番外個体「…………」ポカーン

神裂(堕天使)「はっ!?」

一方通行「……オマエ何してンの?」

神裂(エロメイド)「はぁぁッ!?」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:18:26.82 ID:GhsHk+yE0
一方通行「オイ、何してンだって聞いてンだよこっちはよ」

神裂「は、はう、あの、ええと、これは、その」

一方通行「オマエがそンなカッコして遊ンでっからあっさりインデックスを連れ去られたりしてンじゃねェのかオイ」

神裂「はうぅ!!」ズキーン!

土御門「ねーちん……まさかその格好のままで追ってくるとは思わなかったにゃー……聖人としての誇りはどこにいったぜよ……」

絹旗「性人……」ゴクリ…

フレンダ「成程……これ以上なくふさわしい呼び名って訳よ」ゴクリ…

一方通行「もォいい。馬鹿に構ってねェで話続けンぞ」

神裂「うぐぅ……!」シューン

土御門「……あんまり責めてやるなよ、一方通行」




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:24:18.69 ID:GhsHk+yE0
一方通行「インデックスの力が必要ってのはどォいうこった」

土御門「必要なのはあくまで『禁書目録』だ。インデックス自身に何かしてもらおうって訳じゃない」

土御門「番外個体の『セレクター』を除去する方法を、俺も色々考えた。本当に色々な。結果、『セレクター』を爆発させることなく除去できそうな方法はひとつしか思いつかなかった」

土御門「俺達が禁書目録に求める魔道書の名は『時流考察』。その名の通り時間の流れを操る術が記された魔道書だ」

土御門「それを利用し、“番外個体の時間を巻き戻すことで『セレクター』が取り付けられた事実そのものを無かったことにしちまおう”って訳だ」

一方通行「……また随分ファンタジーでオカルトな事を言い出したモンだなオイ」

土御門「魔術ってのはファンタジーでオカルトな物だと相場は決まってるのさ」

一方通行「……疑問しか残ンねェが」

土御門「質問はいくらでも受け付けるぞ」

一方通行「記憶はどうなる。『セレクター』ってのは確か頭についてンじゃなかったか?」

土御門「それは問題ない。時を戻す範囲を『セレクター』取り付け部周辺に限定すれば脳に影響は及ばん」

一方通行「誰がソレをする。そンな夢みてェな真似が出来るマホーツカイ様に心当たりはあンのかよ?」

土御門「もちろんだ。術式はウチの海原が行う」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:30:05.07 ID:GhsHk+yE0
一方通行「へェ……そォいうコトならよろしく頼むわセンセイ。早まって殺しとかなくてよかったぜ」

海原「まあ……全力は尽くさせてもらいますよ。自分も、『ミサカ』を名乗るあの子達には少々思い入れがあるのでね」

一方通行「……?」

神裂「ま、待て土御門!」

土御門「どうした性人」

神裂「コラァッ!!」

土御門「悪い悪い。それで、どうしたんだ?」

神裂「さっきから黙って聞いていたが、お前の言っていることは無茶が過ぎる! そもそもあの子の頭の中から特定の魔道書を引き抜くことなど不可能だ!」

神裂「そうやって魔道書を盗まれるのを防ぐために『必要悪の協会(ネセサリウス)』がどれ程の対策を打っているか、お前も知っているだろう!」

土御門「確かにな。だが出来るのさねーちん。今回のケースに限っては、他ならぬ海原光貴が、他ならぬ『時流考察』を求める場合に限っては例外なのさ」

神裂「ど、どういうことだ……?」

土御門「海原は既に魔道書の『原典』を二つ所持している」

神裂「!?」




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:35:30.44 ID:GhsHk+yE0
土御門「詳しい説明は省くが、海原が所有する二冊の内の一冊は『生と死に関する時間』について記述されたものだ」

土御門「その『原典』だが、どうも自分の意思を持っているのではないかという程に自身の完成と普及に貪欲らしくてな」

土御門「海原の持つ『原典』も『時流考察』も、共に時の流れについての知識が書かれた魔道書同士。海原の方の原典は恐らく『時流考察』の方の知識を欲しがるはずだ」

土御門「だから、俺達はただ海原の持つ『原典』に『禁書目録』を差し出してやればいい。後は勝手に『原典』が『時流考察』の知識を引き出してくれる」

神裂「しかし…! 魔道書の『毒』はどうなる!? 既に二冊も取り込んだ身で、さらにもう一冊取り込んだりしたら……!」

海原「二冊も三冊も大して変わりませんよ。二度あることは三度あると言うでしょう?」

一方通行「三度目の正直とも言うぜ?」

海原「それなら仏の顔も三度まで、という言葉に期待するとしましょう」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:40:51.69 ID:GhsHk+yE0
土御門「わざわざこんな回りくどい真似をしたことについては謝るよ。しかし、監視の目を誤魔化すためには仕方なかった」

一方通行「監視衛星を誤魔化す方法なンて他に幾らでもあったろォが」

土御門「監視衛星? そんなもんじゃない。学園都市の中には『滞空回線(アンダーライン)』と呼ばれる極微細な監視機が常時5000万機も飛び回っている」

土御門「学園都市内に『連中』の死角など存在しないのさ。だから、何とかして番外個体と禁書目録を学園都市の外に連れ出す必要があった」

一方通行「それだけのためにしちゃ随分とまァ殺すよォな勢いで俺を攻めてくれたモンだな」

土御門「下手に手心を加えれば『連中』に勘付かれる危険があった。俺達の目論見がばれて『セレクター』を先に爆発させられてはたまらんからな」

土御門「それに、思いっきりやってもお前が死ぬことはないだろうと踏んでいた。信頼って奴だよ、一方通行」

一方通行「まさかその言葉をこンな反吐の出る思いで聞くことがあるとはな」




204 :ハイパー理屈タイム終了:2011/02/05(土) 14:46:20.07 ID:GhsHk+yE0
番外個体「何か勝手に盛り上がってるとこ悪いんだけどさ、ミサカの意思は完全に無視なわけ?」

土御門「断る理由があるか? お前も自分の中に爆弾があるなんて疎ましく思っていただろう?」

番外個体「ま、それは確かにそうなんだけどねー。忘れちゃいけないよ。ミサカという個体は『一方通行』を苦しませるためだけにこの世に存在している」

番外個体「そんなミサカが何であなたが喜ぶようなことに進んで協力しなきゃなんないのさ」

一方通行「………」

番外個体「どうしてもって言うんならさぁ、そこに土下座してお願いしなよ。そしたら考えてあげてもいいよー? ぎゃははっ!」

一方通行「………」ザッ

番外個体「え、ちょ、何してんのさアンタ」

 その場にいた全員が言葉を失った。
 “あの”一方通行が、迷いなく地面に膝をつけ、頭を下げていた。

一方通行「頼むわ」

 ―――今更プライドなどいるものか。
 既に命すら捨てる覚悟で事に臨んでいる。

番外個体「……だからさぁ、そういうキャラに合わないような真似されると、ミサカリアクションに困るんだって……」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:51:25.49 ID:GhsHk+yE0
 そして―――――

番外個体「………」

 心なしか軽くなったような気がする後頭部を番外個体は撫でさする。
 そんな番外個体に土御門が近づいてきた。

土御門「調子はどうだ?」

海原「良好とは言い難いですね。戻す長さと範囲にもよるでしょうが、『時戻し』はあと一度使うのが精々といったところでしょう」

土御門「お前じゃねえよ。空気読め」

海原「やれやれ、これほど血まみれになった同僚に向かって随分と冷たい事を仰いますね」

滝壺「大丈夫だよ、エツァリ。そんな恋も仕事も報われないエツァリを私は応援してる」

海原「ちょっ!? あなた一体何を知ってるんです!? っていうか何で本名知ってんのぉぉぉぉおおおおおおお!?」

滝壺「……次元の彼方から電波が来てる……」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:01:08.08 ID:GhsHk+yE0
土御門「で……どうなんだ?」

番外個体「そうだね。頭の中にずっとあった異物感は無くなってる。確かにミサカの中から『セレクター』は消えてなくなったみたいだ」

土御門「これでお前が上の命令に従う必要は無くなった。後は好きに生きればいい」

番外個体「といわれてもね~……」

土御門「やはり許せんか? 一方通行の事が」

番外個体「……ミサカはさ、『妹達(シスターズ)』によって形成されるミサカネットワークの中から憎悪の感情を汲み取りやすいように調整されているんだけど」

土御門「ああ、確かそんな話だったな」

番外個体「……薄いんだよね、その感情が。一万回も殺されてきたってのにさ。『妹達』が何を考えているのか、ミサカには理解不能だよ」

土御門「お前だってネットワークを構成する『妹達』の内の一人だろう」

番外個体「ふん」

一方通行「おい」

 今までインデックスの調子を確かめていた一方通行が、今度はこちらに声をかけてきた。




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:03:40.53 ID:7F1YY5MeO
後から土下座で謝るにしろ歩く教会壊すのはやり過ぎじゃね?




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:08:30.44 ID:4BFFBf/S0
実際の歩く教会の能力がどこまでのものかは原作でも語られてないけど
絶対防御に近いみたいだから捕縛やガスなんかも効かないんじゃないか。




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:09:22.88 ID:XiPfKG1NO
つーか猟犬部隊が打ち止め襲うの黙認した時点でグ/ル/ー/プ、ア/イ/テ/ムは避けられない気が……




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:10:00.36 ID:JuXfIFaX0
その歩く教会が初っ端から打ち壊されてるからどれだけ考えようと無意味だろ




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:31:42.82 ID:GhsHk+yE0
>>207
歩く教会壊さないと結標の『座標移動』で部屋から連れ出せなかったし、海原が魔道書を頭から盗むことも出来なかったからやむをえずやった
この話では歩く教会はあらゆるものを無効化するというかなりチートな防御力設定 これまで突き破ったのは垣根帝督の『未元物質』だけ

>>210
土御門は『猟犬部隊』の襲撃を知らない
それを強調したくて>>143を挟んだんだけど逆効果だったみたいね 書き方が悪かった

以上、ちょっと気になった部分のプチ補足でした




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:07:41.53 ID:GhsHk+yE0
一方通行「オマエはこれからどォする気だ」

番外個体「それを今考えてたとこだったんだよ」

一方通行「……行く当てがねェならウチに来い」

番外個体「はぁ? 本気?」

一方通行「今の時点でガキとガキと馬鹿が居候してンだ。今更一人増えた所で構やしねェよ」

番外個体「……ミサカは、あなたへの憎悪を汲み取りやすいように調整されている」

一方通行「そォか」

番外個体「いつ寝首を掻きに行くかわからないよ?」

一方通行「好きにしろ。で、どォすンだ」

 言いながら、一方通行は番外個体に向かってその手を差し出す。
 番外個体は目を丸くして、それからしばらく逡巡していたが―――やがて、パァン! と盛大な音を立てて一方通行の手を取った。

番外個体「ま、今更他にやりたいことなんてパッとは思い浮かばないし? しばらくはあなたの周りをウロチョロさせてもらうよ」

 結局自分にはそれしかないのだと、番外個体は思う。
 なんせ、生まれてから今までずっと。
 ずっとずっとずっと。


 ――――ミサカは、ただあなただけを想い焦がれてきたんだから。




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:12:37.72 ID:GhsHk+yE0
 風斬氷華は夜の街を散歩していた。

 決して治安がいいとは言えないこの学園都市の夜を、彼女はこうやって一人でよく歩いている。

 好きでそうしている訳ではない。

 ただ、共に歩む者がいないから。ただ、帰る家が存在しないから。

 風斬氷華はずっと一人で歩いている。

 いつもいつも、泣きそうになりながら歩いている。

 けれど、この日、風斬氷華の顔には笑みが浮かんでいた。

 胸のうちには初めて出来た友達との思い出が溢れている。

 だから、彼女が今この時この場所にいたのは偶然なんかじゃなくて。


 少女達との再会を望む風斬氷華の想いが、彼女をこの場所へ導いた。




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:19:24.47 ID:GhsHk+yE0
上条『すまん!!』

 電話をかけた一方通行に対し、最初に出てきたのは謝罪の言葉だった。

上条『俺がいながらインデックスをみすみすと連れ去られちまった……!』

一方通行「あァ…その件についてはもォいい」

 この件について、一方通行に上条を責める気は無かった。
 当の一方通行だって散々踊らされた挙句、まんまと学園都市の外までおびき出されているのだ。
 これは上条を責めるのではなく、単純に土御門の手練手管を褒めるべきなのだろう。

一方通行「インデックスは無事だ。馬鹿女が狂った格好してる以外はこっちに異常はねェ。そっちの状況はどうだ?」

上条『うわぁ……神裂の奴、ホントに着替えずに行ったのか……打ち止めとミサカは無事だ。他に怪我人もいない』

打ち止め『もしかしてその電話の相手はあの人!? 代わって代わってー! ってミサカはミサカはお願いしてみる!』

一方通行「……ガキは相変わらず能天気丸出しで何よりだ。一時間かそこらでそっちに戻る。詳しい話はその後に……」

 ごとん、と電話の向こうで音がした。
 それは、一方通行が今まで散々聞き慣れている音だった。
 意識を失った人間が、何の受身も取らず地面に転がった音だった。

一方通行「おい……どォした」

上条『打ち止め!? どうした! 打ち止め!! な……ミサカまで!?』

一方通行「どォしたオイ返事しろ三下ァッ!!!!」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:25:53.44 ID:GhsHk+yE0
上条『打ち止めとミサカが急に倒れた! 打ち止めのほうはずっとうわ言みたいに訳のわからない言葉を繰り返してる!』

一方通行「なンだとォ…!?」

番外個体「ねぇ。まずいよ。何かよくない事が起こってる」

一方通行「あァッ!?」

番外個体「上位個体から訳の分からない演算命令がきてる。ミサカは特別な処理がされてるから命令を拒否出来るけど、他の『妹達』は多分演算を強制されているはず」

 番外個体はまるで頭痛をこらえているかのように額に手を当てている。

番外個体「何このコード……ミサカはこんなコード知らない……『ヒューズ=カザキリ』……? 何それ…?」

上条『何だ…うわぁぁぁあああああ!!!!』

 ブツン、と電話は突然切れた。
 原因を問う必要はなかった。
 学園都市の壁の内側で、何か得体の知れない光が空に向かって噴き上がっている。
 次々とその数を増やし、生き物のように蠢くその光は、まるで巨大な昆虫の羽のようだった。

一方通行「オイ……アレもオマエの差し金か…?」

土御門「いや、知らん……“あんなもの”、俺は知らんぞ……!」

 一方通行の握り締める携帯電話がビキィ、と音を立てた。
 長さ百mにも及ぶ光の翼が噴き上がるその場所は、一方通行の部屋がある方角と完全に一致していた。




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:39:18.86 ID:GhsHk+yE0
 ゆらり、ゆらりと『風斬氷華だったもの』の体が揺れる。
 辺りの建物は彼女の背中から生えた大小数十本もの光の翼によって薙ぎ倒され、瓦礫の山と化していた。
 風斬氷華――否、科学の力によって生み出された人工天使、『ヒューズ=カザキリ』の半開きになった口元からは、涎が止め処なく零れ落ちている。

風斬『う…ぁ…あ……』

 だらしなく伸ばされた舌。焦点の合っていない眼球。
 今の風斬氷華にまともな思考能力など残ってはいない。
 彼女の頭上に浮かぶ直径五十センチ程の輪が、高速で回転し、無数の棒を外周部でガチャガチャと出し入れし、風斬氷華に『ある情報』を入力し続ける。
 すなわち、恐怖。
 色を失い、白黒になった視界の中で、風斬はただ恐怖に駆られ、力を振るう。

風斬(……た…す……け……て……)

 思う事は出来ても、言葉にすることは許されない。
 チカチカと風斬の周囲で光が瞬いた。
 その光から逃れるように、または引き寄せられるように、風斬は操られ、歩を進めていく。

 ―――その足が、ピタリと止まった。
 白黒になった世界の中で、あらゆる意味をなくした世界の中で、黒々とした『何か』が風斬の前に立ち塞がっていた。

「いいぜ……お前が、あの子達を犠牲にしてまでそんな力を手に入れたいっていうのなら」

 その『闇』が何を言っているのか、今の風斬には理解することができない。
 ただ、怖い。その思いだけが、今の風斬の中にある全てだった。

「そんな幻想は、この俺がぶち殺してやる」

 瓦礫の山と化した街の中で、上条当麻と風斬氷華が対峙する。




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:48:48.53 ID:GhsHk+yE0
 倒壊したマンションから奇跡的に無傷で脱出した後―――
 “打ち止めとミサカは目の前にいる『天使のような何か』と電波を介して干渉し合っている”、と御坂美琴は言っていた。

上条「……お前は一体、何者なんだ?」

 ふらふらと足取りおぼつかなく佇む風斬に上条は問いかける。
 答えはない。
 風斬の頭上でガチャガチャと天使の輪が蠢いた。
 風斬の背中から生える数十の翼の周りで、バチバチと電撃のようなものが迸り始める。

上条「もし、あの子達を苦しめているのが本当にお前だっていうんなら、やめてくれ。あいつらはもうこれ以上苦しんじゃいけないんだ」

 電撃のような何かが上条に向かって放たれた。
 蛇のようにのたうち、上条に迫ったその力はしかし突き出された右手によって掻き消される。

上条「そうかよ……それがお前の答えだってんなら」

 上条は拳を握る。風斬氷華は怯えたように一歩下がる。

上条「力尽くでもやめさせるぞッ!! 馬ッッ鹿野郎!!」

 駆け出した上条に向かって次々と紫電が放たれる。
 だが、その全てを上条の右手は掻き消していく。
 上条と風斬の間の距離が詰まる。上条が右手を振りかぶる。
 風斬の前方で強烈な光が瞬いた。
 その光は上条の目を眩まし、風斬氷華を怯えさせ後ろに転ばせる。
 結果、上条の拳は空を切り、風斬の右腕を掠るにとどまった。


 でも―――――それだけで十分だった。




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:54:40.40 ID:W/8SqINH0
上条さんマジ勘違い




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:55:36.50 ID:GhsHk+yE0
風斬『ィィィァァァァァアアアアアア―――――――――――――!!!!!!』

 耳をつんざく絶叫が空気を震わせた。
 上条の右手が触れたところから、風斬の右腕が『分解』されていく。
 まるで立体に組み上げられたパズルのピースがバラバラと崩れ落ちていくように。

上条「なっ……!?」

 あまりに予想外の出来事に、上条の目が見開かれる。
 そんな上条が見ている前で、ボン! と音を立て、風斬の右肩が爆散した。

風斬『ヒィィィィィィイイイイイイイイッ!!!!!!』

 根元からちぎれた風斬の右腕がぼとりと地面に落ちる。
 途端に急速に分解が進み、地面に落ちた右腕はあっという間にその姿を消した。

風斬『あ…ひ…』

 くるりと風斬は上条に背を向ける。とにかく上条から逃げ出そうとふらふらと足を進めようとする。
 ガチャガチャと頭上の天使の輪が蠢いた。
 ごきごきと無理やり関節を捻じ曲げるような音が響き、ぐりんと勢いよく風斬の体が反転し、再び上条の方を向いた。
 ガチャガチャと蠢く天使の輪。
 無くなった筈の右腕が、ビデオを巻き戻したように復元されていく。




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:01:31.29 ID:GhsHk+yE0
上条「なん…だよ……どうなってんだよ……」

 上条はその場に立ち尽くしていた。
 握っていた拳はもう解けてしまっている。

上条「違うのか…? これは、お前の意思じゃ……ないのか……?」

 風斬氷華は答えない。
 ただ、ギシギシと風斬の体を無理やり捻じ曲げる音だけが聞こえている。
 ぽとり、と風斬のポケットから何かが落ちた。

上条「え?」

 それは、一枚のプリントシール。
 その中では、おかしな格好をした少女達が、照れくさそうに、楽しそうに、笑ってVサインをしていて――――

風斬『ぅゥアああアアあああああアあアアあああアアアアア!!!!!!』

 風斬が弾ける様に飛び出した。
 思わず上条は反射的に身構える。
 しかし風斬はそんな上条に目もくれず―――落ちたプリントシールをかばう様に蹲った。
 ガチャガチャと天使の輪が激しく音を鳴らす。
 風斬の周りで光が連続して何度も何度も瞬いている。
 でも、風斬はその場を動かない。
 ギシギシと、ゴキゴキと風斬の体から嫌な音が鳴っている。
 それでも――――風斬はその場を動かない。

上条「ふざけんな……! 誰だ、ちくしょう!! 誰がこんなふざけた真似をやってんだぁぁぁぁぁあああああああ!!!!」

 その拳の向ける先を定められないまま、上条当麻は絶叫した。




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:02:18.24 ID:H1zNdttG0
お前だよ




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:04:59.27 ID:37CG4PIb0
>>227
盛大にワロタwwwwwwwwww




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:07:42.77 ID:GhsHk+yE0
 瓦礫の山の中で、御坂美琴は立ち尽くしていた。

美琴「何よ…これ……どういうこと……?」

 美琴は倒壊した建物に埋もれてしまった住民の救助に当たっていた。
 そして、既に瓦礫の下から救出した住民の数は六人。

 その六人は、誰一人として死んでいなかった。
 それどころか、たったひとつの傷すらない。

 意識を失った住民の周囲に、黄金に輝く鱗粉のような物が漂っていた。
 ふと、美琴はすぐ近くに寝かせていた打ち止め、ミサカ、ステイルの体に目を走らせる。
 同じだ。よく見れば光り輝く鱗粉が打ち止め達の体にこびり付いている。

 崩れるマンションから無傷で脱出出来たのは奇跡だと思っていた。
 でも、違った。それにはちゃんと理由があった。
 誰かが何かをしたからここにいる人間は誰一人として傷ついていない。

美琴「……ッ!!」

 美琴は救出活動を中断し、『天使のようなもの』の下へ、そこにいるはずの上条当麻の下へ走る。

 伝えなきゃいけないと思った。
 どうしてかはわからないけれど、絶対にこの事をアイツに教えてやらなきゃいけないと、御坂美琴は強く思った。




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:14:39.45 ID:GhsHk+yE0
 困惑する上条の背後で車のブレーキ音が連続する。
 振り向くと、そこには四台の装甲車が現れており、その中から上条にも見覚えのある集団が降りてきた。

上条「あれは……『警備員(アンチスキル)』か!?」

警備員A「一班、二班、三班はすぐに付近住民の救助に当たれ! 四班は目標と距離40を保って包囲!」

警備員B「了解!」

警備員C「おい、君! ここは危険だ! すぐに離れろ!!」

 リーダーと思しき男の号令の下、『警備員』は迅速に行動を開始する。
 八人の『警備員』がそれぞれの手に物騒な武器を持ち、風斬氷華を包囲した。

上条「な…! 待て! 待ってくれ!! 違う! ソイツは違うんだ!!」

警備員C「馬鹿! 離れろと言っているだろう!!」

上条「離せ! 離してくれ!!」

警備員A「警告する! これ以上破壊活動を行うなら直ちに発砲するぞ! すぐにその『能力』を解除し、投降しろ!!」

風斬『あ…う…』

 警備員の恫喝に風斬が反応した。
 ふらふらと立ち上がり、ぎょろぎょろとその見開かれた眼球を動かす。
 その胸に、拾い上げたプリントシールをかき抱くようにして。




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:19:38.07 ID:GhsHk+yE0
 ガチャガチャと天使の輪が蠢いた。
 バチバチと音を立て、電撃に似た何かが風斬の翼の周りに集中する。

警備員C「チッ…! おいやめろ! 本当に撃つぞ!!」

 ガォン! と風斬の翼から光の矢が放たれた。
 光の矢は『警備員』が乗ってきた二台の装甲車を巻き込み、そのまま地平線の彼方へ消え―――
 直後に、空の彼方が爆発の光に照らされて、ズズン……と低い振動が上条たちの立つ場所まで伝わってきた。

警備員A「……おい、あっちの方角には何があった?」

警備員D「あっちの方角はすぐ海になってます。被害は大きくはないでしょう……あの攻撃が海の向こうの大陸まで届いていなければ、ですが」

警備員B「冗談じゃないぞ。あんなものをそこかしこに撃たれたら、学園都市は滅んじまう!!」

警備員A「やむをえん。全員撃ち方構え! 目標を直ちに無力化しろッ!!」

上条「やめろぉッ!!」

 体を押さえつけていた『警備員』を振りほどき、上条は風斬の前に躍り出る。
 その両腕を広げて、まるで風斬の壁となる様に。




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:26:47.88 ID:GhsHk+yE0
警備員A「な…何をしている! どけ! どくんだ!!」

上条「どかない……コイツだって、こんなことやりたくてやってるわけじゃないんだ……!」

警備員A「何を……言っている……」

美琴「待ちなさい!!」

 息を切らせながら駆けつけた美琴が声を張り上げた。
 今度は何だ、と『警備員』達の目が美琴に集中する。

美琴「その子じゃない! これをやったのはその子だけど、でも、きっとその子じゃないの!!」

警備員B「何なんだよ! 突然出てきて訳わかんねえ事言いやがって!!」

美琴「誰も死んでない! 誰も傷ついてなんかいない!! きっと、その子が守ってるんだ!!」

 美琴の言葉に、上条はやっぱりそうか、と一人納得する。
 上条は目の前にいるこの少女の事を何も知らない。
 でも、プリントシールに映る『彼女達』の姿を見てしまったから。
 この少女が、風斬氷華が、『あの子達の友達』が、悪人であるはずはないと確信していた。

 でも、上条には何も出来ない。

 上条の右手に出来るのは、風斬氷華を殺す事だけだ。


上条(くそ…! どうする!? どうすれば、こいつを救う事が出来る!?)




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:31:17.32 ID:GhsHk+yE0
風斬『―――――――――ッ!!!!』

 怯えが、恐怖が、不安が、風斬の心を押し潰す。
 数を増した己への敵意に、風斬が反応する。
 風斬の翼が胎動を始めた。
 来る。先程水平線を赤く染めたあの桁外れの一撃がまた発射されようとしている。

上条(ちくしょう……打ち消せるか……!?)

 上条は右手を握り締め、光が集中する翼を睨みつける。
 さっき見た光弾の威力、速度―――右手以外に当たれば、間違いなく即死だ。
 『竜王の顎(ドラゴン・ストライク)』で発射前に食い潰すか―――いや、駄目だ。下手すれば風斬ごと殺してしまう。

風斬『――――――――――――――――――ッ!!!!』

上条「おおぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!」

 答えは出ぬまま、光弾は放たれ、上条は右手を突き出し―――――



 そこに、一方通行が舞い降りた。




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:40:29.03 ID:GhsHk+yE0
 一方通行の体に触れた光弾は即座に向きを反転し、風斬の翼を何枚も纏めてもぎ取って、空の彼方へ消えていく。

風斬『いぎ―――――ヒィィイッ!!』

 風斬がかざした手から爆発的な光の奔流が生まれた。
 光は束となり、一方通行に襲い掛かる。
 しかしその全ては呆気なく『反射』され、逆に風斬の体を吹き飛ばす。
 大きく跳ね上がった風斬の体がどちゃりと地面に落ちた。

風斬『ひ…あひ…ヒィ……』

 風斬はそのまま四つん這いになって一方通行から逃げ出そうとした。
 また天使の輪がガチャガチャと音を立てる。
 風斬の周りで明滅する光が、戻るよう風斬を誘導する。
 でも、風斬はそれを全力で拒絶した。
 思考能力をほとんど奪われていても、もっと根源的な感情が風斬の体を動かしていた。
 白黒に染まった視界の中で、真っ白に輝くその存在。
 アレの恐怖を、風斬は知っている。
 アレの恐怖を、ゲームセンターで風斬はその身に刻み込んでいる。
 風斬の周りで明滅する光は、風斬に恐怖を認識させ、その行動を縛っている。
 だが、そんな恐怖など――目の前の白い狂気に比べれば、笑い飛ばせてしまえるくらいちっぽけなものだった。

 戦えと繰り返される命令(コード)。体を軋ませ、拒絶する風斬。
 結果、彼女は固まったようにその場を一歩も動く事が出来ず―――

一方通行「よォ、こりゃまた随分おめかしして現れたモンだなァオイ」

 一方通行という絶対的な恐怖の接近を許してしまった。




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:47:31.00 ID:GhsHk+yE0
一方通行「まったく、派手な登場してくれちゃってよォ。見ろ、俺ン家なンかもォ滅茶苦茶じゃねェか」

 殺される。
 嫌だ。死にたくない。
 風斬はふるふると首を振る。

一方通行「まァ、ある種のイベントに対してテンション上げンなァテメエの勝手だが、物事には限度ってモンがあるだろォが」

 ごめんなさい。
 謝ります。
 もう二度とここには現れません。
 だから、どうか、どうか許してください。

風斬『ぁ…ふ…ぁ……』

 思う事は出来ても―――言葉は、許されない。
 ガチャガチャと動く天使の輪。ぴかぴかと明滅する光。

 風斬氷華は動けない。


 そして、一方通行は風斬に向かってその手を伸ばし―――――




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:49:01.67 ID:GhsHk+yE0











 ――――ごつん、とその頭を殴りつけた。














241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:51:51.78 ID:GhsHk+yE0




『ちょっと待ちなよ。血相変えて飛び出そうとしてるあなたに伝えたい事があるんだけど』



『ミサカネットワークの中には今、“打ち止め(ラストオーダー)”のたったひとつの想いが溢れてる』



『助けて、助けて――――ヒョウカを、助けてあげて――――ってミサカはミサカはお願いしてみる』



『ぎゃは、どお? 今の物真似、似てた?』






243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:56:20.33 ID:VIN4o3vW0
ナイスアシストだワーストォ!




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:00:45.32 ID:GhsHk+yE0
風斬『……ぇ…?』

一方通行「俺も金持ってねェ訳じゃねェからよ。家の件はこれでチャラにしといてやる。つっても二度目はねェぞ」

風斬『あ…? う…?』

一方通行「あン? 聞こえねェよ。はっきり喋れ」

風斬『あ……』

 ガチャガチャガチャガチャ! と今まで以上に天使の輪が激しく動き出す。

一方通行「うるせェよ。人が喋ってる時は黙ってろ」

 一方通行が天使の輪を掴み、その動きを押さえつけた。
 あくまで『科学』によって作られたそのシステムは、一方通行の『ベクトル操作』の前に屈服する。
 風斬の目に光が戻る。光の翼が宙に融けて消えていく。

風斬「私を……許してくれるんですか……?」

一方通行「ハァ? 許すも許さねェも何も」



一方通行「オマエは、ただの一度でもあのガキ共を裏切ったンかよ?」




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:08:22.82 ID:GhsHk+yE0
風斬「……私は、この世界に存在していてもいいんですか?」

 一方通行はガシガシと頭を掻いた。
 正直言って、辟易だ。一方通行の周りには、こんな単純なこともわかっていない奴が多すぎる。

一方通行「生きるも死ぬもテメエの勝手だろォが。そンなモンに一体誰の許可がいるンだよ」

 風斬の目からぽろぽろと涙が零れ落ちる。

風斬「私は……あの子達の友達でいてもいいんですか?」

一方通行「オマエがあのガキ共の相手してくれりゃァ、その間に俺も落ち着いて飯食えたりするンだがなァ……ンン? オイオイ、こりゃ思った以上に魅力的なプランじゃねェか?」

風斬「………ありがとう……ありがとう、ございます………!」

一方通行「礼を言われる筋合いは欠片もねェよ。ンでよォ」

 一方通行は「悪い」と手で謝るようなポーズをとった。

一方通行「折角出向いてもらったトコ悪ィンだが、出直してくれや。ちょっと今、ガキが遊べるよォなコンディションじゃねェンだよ」

 本当に申し訳ないと思っているようには微塵も見えやしない。
 投げやりな、実に彼らしいと思えるその態度に、風斬は微笑みを浮かべて頷いた。
 そして―――風斬の姿が煙のように消えていく。
 最後の瞬間、「また遊びに来てもいいですか?」と風斬は言った。
 それに返す彼の言葉は決まっている。


 ――――好きにしろ。




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:17:03.05 ID:GhsHk+yE0
警備員A「消えた…? 何だ…? 一体何だったんだ…?」

一方通行「コラ、何呆けてンだ。そこらにどれだけの数の人間が埋まってると思ってやがる。人命救助こそテメエ等の本懐だろォが」

警備員A「はっ……よ、四班も直ちに救助活動に入れ! それと、応援を要請しろ!!」

 一方通行の言葉を契機として、『警備員(アンチスキル)』達はすぐに瓦礫の除去作業に取り掛かった。
 次に一方通行は風斬の消えた辺りをぼうっと眺めていた上条の尻を蹴り上げる。

上条「うぁいて!」

一方通行「なにボサッとしてやがる。『警備員』に捕まると面倒だ。今の内にサッサと場所移すぞ」

上条「なぁ……アイツは、一体どこに行っちまったんだろうな」

一方通行「知らねェよ。家に帰ったンだろ」

 気心の知れた友人相手に余計な気遣いをしないのと同じように、一方通行はあっさりとそう言い捨てた。
 一方通行の視線の先では意識を取り戻した打ち止め達がこちらに駆けて来ている。

 長い夜が終わろうとしていた。




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:19:06.33 ID:fsZnShptO
流石一方さんやで……
女の子ビビらせたかと思えばすぐデレるんだもんな
むぎのんだって、もう少し堪えられればデレられたかもしれないのに
あの時は惜しかったにゃん☆




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:22:02.75 ID:7F1YY5MeO
>>250
「ほら!私も腕落としたから!お揃いお揃い!だから許して、ね?」

とか言えば許してもらえ

ねーよ




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:23:11.82 ID:GhsHk+yE0
 一方通行達は、土御門の案内で、『グループ』が隠れ家として使用しているいくつかの廃墟のうちのひとつに身を隠していた。

一方通行「………」イライラ

 一方通行が苛々しているのには理由がある。
 インデックス、ミサカ、打ち止め、上条当麻、御坂美琴、神裂火織、ステイル=マグヌスという最初の面々に、新たに加わった番外個体。
 だけでなく、『グループ』はおろか何故か何となくついてきた『アイテム』のメンバーまで集まったこの部屋は騒々しいことこの上なかった。

美琴「おぉう……」

番外個体「はろー。初めまして、お姉様」

美琴「妹…? どう見ても年上なのに、妹なの…?」

番外個体「そうだよー。これからよろしくしてね、おねーちゃん」

美琴「ていうか……ずるくない!? そんなにあちこちばいんばいん成長してて、ずるくないアンタ!?」

番外個体「まあまあ落ち着いて。将来はお姉様もミサカみたいに魅力的なボディになるってことじゃんか」

美琴「おぉう……」




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:26:49.16 ID:GhsHk+yE0
ステイル「……いい加減泣き止んだらどうだい、神裂」

神裂「まさか着替えを取りに戻る事が出来ないなんて……私はいつまでこの格好でいれば……」シクシクシク…

ステイル「迂闊にそんな格好に着替えた自分を恨むんだね。やれやれ、そんな姿を天草式の連中が見たらどう思うやら……」

神裂「……何人かは腹を抱えて笑い転げるでしょうね」ズーン…

ステイル「とりあえず僕のマントを羽織るといい。何も無いよりはマシだろう」

神裂「ありがとうございます、ステイル……」

ステイル(……痴女にしか見えないな、とは言わないでおこう)




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:31:45.15 ID:GhsHk+yE0
上条「土御門! 俺に戦い方を教えてくれ! 右手だけに頼った今までのやり方じゃ駄目だってわかったんだ!!」

土御門「いいだろう。じゃあ俺がインデックスの意識を刈り取った技を教えようか。あれは手っ取り早く敵の戦力を削ぐにはかなり有効だ」

上条「わかった! 頼む!」

土御門「フレンダ、ちょっとこっち来い」

フレンダ「なーに? ってか、気安く名前呼んでほしくないんだけど」

土御門「そいッ!!」

フレンダ「オゥフ」ドサァ…

土御門「こうだ! わかったかカミやん!!」

上条「わかった! でも俺は一体誰で練習すればいいんだ!?」

土御門「任せろ! 来い、絹旗!!」

絹旗「はぁ? 『窒素装甲』の私にそんな単純な物理攻撃が効くわけないじゃないですか」

絹旗「ま、やれるもんならどうぞって感じですけどね。逆にあなたの手が超イカレると思いますけど」

上条「そいッ!!」

絹旗「オゥフ」ドサァ…




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:35:36.48 ID:cgdGm7630
右手で攻撃とかワロスwwwwwww




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:35:41.42 ID:47k3lipQ0
おいバカてめぇ上条!もあいちゃんに何しやがる




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:36:00.89 ID:fsZnShptO
もあいにも首筋、あるんだね




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:39:40.51 ID:GhsHk+yE0
海原「………」コソコソ…

滝壺「何をこそこそしているの?」

海原「いや、その、御坂さんと直接顔を合わせるのは非常に気まずい事情がありまして……」

滝壺「……どのみさか?」

海原「あ~っと、一番元気な御坂さんです」


番外個体「あっれ~? お姉様は一体誰に見せるためにおっぱいを大きくしたいのかにゃ~?」

美琴「だだだだ、誰とかは別にないわよ!! なな、何言ってんのよ!! ば、ばかねアンタ! ほんとばかだわ!!」

打ち止め「きゃっほーーう!! ってミサカはミサカは自身の体調を確かめるためにあえてはしゃぎまわってみたりーーー!!」

ミサカ「来たる危機に備え、左手の具合を確かめるためにミサカはおもむろに鉄球をぶっ放します。どーん」ドカーーン!


滝壺「……………どのみさか?」

海原「……え~っと……」




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:45:29.15 ID:GhsHk+yE0
一方通行(ウゼェ……)イライライライラ

インデックス「あくせられーた、怒ってる?」

一方通行「あァ!?」

インデックス「あう。やっぱり、怒ってる……ごめんなさい。あっさり捕まって足手まといになったりして……」

一方通行「……はァ?」

インデックス「ごめんなさい……こんなんじゃ、あくせられーたの隣りにいる資格なんて私にはないかも……」

一方通行「だァれがオマエに戦力なンてモンを期待すっかよ。オマエが足手まといになることなンざ織り込み済みなンだっつの」

一方通行「っつかよォ、俺にとっちゃ俺以外の全ての人間が足手まといなンだよ。オマエだけが特別なンて愉快な勘違いしてンじゃねェ」

インデックス「あう……そうやってばっさり戦力外通告されるのもちょっとキツイものがあるかも」

一方通行「まァ、オマエが今俺のために出来る事がひとつだけある」

インデックス「…ッ!! それはなに!? 私、何でもするんだよ!!」

一方通行「眠ィから黙ってろ」

インデックス「優しい言葉を期待した私が馬鹿だったんだよ!!」

一方通行「……これから寝ようって人間に、クソくだらねェ寝言聞かせてンじゃねェよ。馬鹿が」




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:50:59.36 ID:GhsHk+yE0
打ち止め「う~ん」コロン

 突然、打ち止めが胡坐をかいた一方通行の足の上に頭を乗せてきた。

一方通行「……何勝手に人の膝に頭乗っけてンだクソガキ」

打ち止め「やっぱりあの時ミサカに入力されたウイルスコードのせいでまだ調子がよくないんだよ~、ってミサカはミサカは自分の状況を報告してみる」

打ち止め「あなたの膝で眠れればすぐに回復できると思うんだけど、ってミサカはミサカは対処療法を提案してみたり!」

一方通行「元気じゃねェか。どけ」

ミサカ「おっとそうはいかんざき。その理屈であればミサカにもあなたの膝を枕にする権利が発生します、とミサカは上位個体の隣りにポジショニングしつつ主張します」ゴロン

一方通行「どけ」

インデックス「え~と、え~と、わ、私も殴られた頭が痛むんだよ!」イソイソ…ポフン

一方通行「どけ」

 どきませんでした。




 反射しました。




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:58:02.08 ID:GhsHk+yE0
 一方通行はここで寝るのは無理だと判断した。
 その気になれば音を遮断する事も出来るのだが、それでもこの連中と同じ空間にいてはとても落ち着けるとは思えない。

土御門「どこへ行く」

 立ち上がった一方通行に土御門が声をかけてきた。

一方通行「場所変えて眠るンだよ。ここじゃどォしたって寝れる気がしねェからな」

土御門「そうだな。そうしろ。“明日に備えて”……な」

 番外個体の『セレクター』は無くなった。
 窓のないビルに侵入するためのテレポーターも確保した。
 ならば、一方通行が立ち止まる理由は無い。
 一方通行は一晩の休養の後、窓のないビルに突入し、自分にちょっかいをかけてきたクソの親玉を叩き潰す。

土御門「ここにいる連中は俺とカミやんで命に代えても守ってみせる。だからお前は安心して休め」

一方通行「ふン……」

 一方通行はドアのノブを握り、部屋を後にしようとした所で――――
 ふと、思い出したようにずっと床に突っ伏して死んでいた結標淡希の手を取った。

結標「……なに? 放っておいてほしいんだけど……」グデ~

一方通行「何言ってやがる。オマエは俺と一緒に寝るンだよ」

結標「はぁ!?」

インデックス・打ち止め・ミサカ「!?」




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:02:52.01 ID:fg6aeUGq0
!?




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:03:19.43 ID:BHexvm540
ガタッ




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:03:53.73 ID:GhsHk+yE0
一方通行「……なンだそのツラァ。俺達がこれからやること考えりゃァ当然だろォが」

結標「はあ? ヤ、ヤるって、いや、ちょ…えぇ!?」

一方通行「他の奴等はどうでもいいが、オマエだけは別だ。俺と一緒に行く以上、オマエにも最高の状態まで昇りつめてもらう」

結標「わ、わたしだけとくべつ!? い、いっしょにイク!? 最高の状態まで!?」

一方通行「何うろたえてやがる。オマエもとっくに覚悟は出来てンだろォが」

結標「そ、そりゃ、いつかはって思ってたけど、そんな、急に、いきなり」

一方通行「いい加減にしろ。嫌がンなら強制的に連れてくぞ」

結標「は、はぅ…!」

 もちろん一方通行は明日の『窓のないビル』突入作戦のためにテレポーターである結標を完調にしておきたいだけだ。
 一緒に寝ようというのも、別に同衾しようと言っているわけではない。
 でもなんかうまく伝わんなかった。

 ミサカ、ロケットアーム発射。一方通行の体を縛り上げる。
 打ち止め突貫。たまらず転げる一方通行。
 がちがちと歯を鳴らし、インデックスが宙を舞う。


 まあ、概ねこんな感じで夜は更けていった。




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:06:39.70 ID:0Eki90ok0
まさかの一日三人攻略ですかァ!?
一方通行さんは落とし神なンですかァ!?




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:10:00.86 ID:GhsHk+yE0
 翌朝―――といっても、未だ日も昇っていない午前四時。
 別室で睡眠を取っていた一方通行と結標淡希が戻ってきた。

土御門「行くのか?」

 壁に背を預けて座っていた土御門が一方通行に声をかける。
 隣りには上条当麻もいる。どうやらこの二人は一睡もしていないようだった。

一方通行「あァ……何か数が減ってねェか?」

土御門「俺達がこれからやろうとしていることを教えてやったら『アイテム』の連中は離脱したよ。そこまで付き合う義理はないとさ」

結標「ま、そうでしょうね」

上条「気をつけろよ。一方通行」

一方通行「誰に向かって言ってンだ三下」

上条「一緒に行けなくてすまない」

一方通行「気にすンな。別にいらねェ」

 そして一方通行は部屋を後にする。
 穏やかに眠る打ち止め達を起こさないように、ゆっくりとドアノブを回して。




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:15:56.52 ID:GhsHk+yE0
「あくせられーた」

 廃墟を出たところでかけられた声に振り向く。
 インデックスだ。

一方通行「部屋に居ねェと思ったら……一体何してンだこンなトコで。迂闊に外出てンじゃねェよ」

インデックス「ごめんなさい。星にあなたの無事を祈っていたんだよ」

一方通行「そォかい。余計な気遣いありがとよ」

インデックス「あくせられーた」

一方通行「なンだよ」

インデックス「私、待ってるから。あくせられーたのこと……待ってるからね」

一方通行「……はァ~あ。ったくどいつもコイツも……一体誰に向かってクチ聞いてると思ってやがンだか」

 一方通行は煩わしそうにぼりぼりと頭を掻いて、言った。

一方通行「余計な心配してンじゃねェよ。オマエはいつも通りばかすか飯食いながら俺の凱旋を待ってろ」


 そして一方通行は窓のないビルへと突入する。

 全てを終わらせるために。




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:18:45.81 ID:GhsHk+yE0




 興醒め甚だしい事この上ないが、先に戦果を報告させていただこう。


 『全てを終わらそう』という彼の願いはある意味叶う。












 一方通行は敗北し、


 今日この日、世界は終わった。








286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:25:20.75 ID:FfQPjKGx0
何……だと……!?








その2へ







とある科学の超電磁砲(限定版「figma 白井黒子」同梱)
とある科学の超電磁砲(限定版「figma 白井黒子」同梱)
アスキー・メディアワークス 2011-05-26
売り上げランキング : 219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とある魔術の禁書目録 (限定版:figma 御坂美琴 1体同梱) ブラック★ロックシューター THE GAME(限定版:オリジナルフィギュアfigma「WRS」、ブラック★ロックシューターアートワークス、リミテッドサウンドトラック同梱)(発売日未定) クイーンズゲイト スパイラルカオス(限定版) 特典 数量限定リバーシブルバッグ付き 「涼宮ハルヒの追想」 長門有希の落し物BOX 特典 「スペシャルカスタムテーマ」プロダクトコード付き 「涼宮ハルヒの追想」 長門有希の落し物BOX 特典 「スペシャルカスタムテーマ」プロダクトコード付き

コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 13:49: :edit
    インデックスのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 15:11: :edit
    ぷんた乙!
    やっときたかー
  3. 名前: 通常のナナシ #3qyes9Ns: 2011/02/11(金) 15:15: :edit
    一桁ゲットだぜ!!
  4. 名前: 通常のナナシ #KtOtvm9U: 2011/02/11(金) 15:18: :edit
    まさかの続きかな?
    一通目録の人?

  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 15:19: :edit
    ここでその2に切り替えとかセンスよすぎるだろwwwww
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 16:04: :edit
    管理人へ





    もし良かったら、前作の方へも今作へのリンクがほしいでゲス
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 17:01: :edit
    007getだぜ!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 17:07: :edit
    kome4
    いつも通り1にあんだろ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 17:07: :edit
    kome6だったわ
  10. 名前: 照井竜 #-: 2011/02/11(金) 17:17: :edit
    続きだと・・・?いいだろう、それが貴様の望みなら、全て・・・振り切るぜ!!
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 17:41: :edit
    カプ厨ってなんでここまで暴走するの?
  12. 名前: 名無しさん #-: 2011/02/11(金) 18:16: :edit
    フレンダ絡みで爆笑したww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 18:28: :edit
    運転押し付けられた後の絹旗が愉快すぎる
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 18:49: :edit
    kome9
    前作側にもこの作品のURLを貼って欲しいって意味じゃねえの?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 20:04: :edit
    kome14
    貼ってあったからどういう意味だったんだろうな
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 20:22: :edit
    ついにつづきが・・・でた・・・だと?
  17. 名前: 名無しさん #-: 2011/02/11(金) 20:58: :edit
    相変わらずハンパねえくらい面白え。もうこの人を原作にスピンオフで何か連載させてもいいんじゃね電撃
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 21:28: :edit
    うおおおおおおおおおおおおおお
    まだ読んでないけどコレは来ただろおおおおおおおおおお
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/11(金) 23:29: :edit
    ここまで続きが気になるssは初めてだ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/12(土) 21:49: :edit
    最後なんて言葉は信じないでずっと待ってたんだよ
    続きが来てうれしいな
  21. 名前: 名無しさん #-: 2011/02/12(土) 22:46: :edit
    >「さァ、これで好きなだけ遊ンでらっしゃい」
    鼻水吹いた
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/14(月) 02:12: :edit
    >>153あたりで美琴は打ち止めが連れ去られたのをどうやって知ったんだ?
    猟犬部隊が来た時には居なかったし、打ち止めが連れ去られた時には上条らは昏倒してるし
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/27(金) 20:53: :edit
    とりあえず一緒に寝るくだりのあわきんがかわいすぎる
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/27(水) 06:39: :edit
    続き行くか…
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。