一方「『三下のエロ画像下さい』っとォ・・・」その1

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/06(日)
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 18:23:01.89 ID:CUHFgDFS0
麦野自宅


麦野「今日は仕事も無いし暇ねぇ……」

麦野「……たまにはネットでもしよっかな」

麦野「VIPでスレでも立てて能力コンプレックスの無能煽って遊ぼっと」

麦野「でも最近そういうスレ伸びないしなぁ……つまんないわねぇ……

麦野「何か別の…………」

麦野「…………」

麦野「浜面のエロ画像下さい……っと」 カチャカチャ

みたいな感じで




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 18:37:45.57 ID:Pq6CKaBx0
>>16
早くしろよ




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 18:41:41.42 ID:CUHFgDFS0
麦野「…………ま、遊びよ遊び。別に他意は無いっつーの」

麦野さてさてさて……」 カチカチ

麦野「…………まあ出ないよね。出てきたらそれはそれで引くし」

麦野「第三位のブログでも晒して炎上させるか……」 カチカチ

麦野「一人ごと多いな私……フレンダでも呼ぼうかしら」

麦野「……ん? なんだこのURL」


浜面のエロ画像下さい

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:20XX/XX/XX 18:30:40 ID:MeltDown
むぎのんとの絡み希望

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:20XX/XX/XX 18:30:45 ID:AleisterCr
http://underline●jp/room/category-hero/HAMADURA.html






21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 18:50:20.20 ID:CUHFgDFS0
麦野「……ブラクラか?」

麦野「でもURLにHAMADURAって入ってるしな……」

麦野「誰か踏むの待ってみるか?」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:20XX/XX/XX 19:25:22 ID:darkmatter
>>2
みれない

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:20XX/XX/XX 19:50:33 ID:biribiriJC
それより上条当麻×御坂美琴が見たい


麦野「全然伸びねぇな……」

麦野「でも見れないって書きこんでるしもういいか」

麦野「……けどHAMADURAって何だろう……」

麦野「あーもう! いいや、押す!」 カチッ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 18:57:42.25 ID:CUHFgDFS0
麦野「ん? なんだこれ……なっ!」


パンパンパンパンッ!

『あんっ! あんっ!! だめっ! そんなの駄目だよぉ……っ!』

『ああ……! 俺も……イk』 ブチッ!


麦野「わぁあああ!! 何よこれ……! エロサイトに繋がったじゃねえかよふざんけんなオラァッ!!」 ゲシッ

麦野「最悪……しかもハメ撮り映像みたいな奴だったな……もしかしてLive映像とか……はは、まさかね」

麦野「それより今の声誰かに似てたような……?」

麦野「も、もう一回見てみよっかな……」

麦野「…………」 ドキドキ…




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:02:57.87 ID:CUHFgDFS0

『あ……はぁ……はま……づら……すごかった……』

『ああ……はぁ……はぁ……すげぇ気持ちよかったよ……滝壺』


麦野「…………え?」


『ほら、こっち来いよ……風邪ひくぞ』

『うん。ふふ、はまづらの腕枕だ。嬉しいな……』


麦野「こっ、これって……浜面と滝壺?」 

麦野「い、いやまさか! 何でこんなもんが……でもこれ滝壺の部屋だよな……」

麦野「こんなの……だって……えっ? だって……嘘……あいつらがエッチしてるなんてそんな……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:05:49.30 ID:WLJ7q4Cs0
☆自重wwwww




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:07:38.91 ID:CUHFgDFS0

麦野何かの間違いに決まってる! ……ちゃんと見なきゃ……」 ゴクリ…


『中に一杯出たね……垂れてきちゃった……』

『すげー溜まってたからな。まだまだイケるぞ……ほら』

『……すごく元気だね……えい』

『うぉっ! た、滝壺。出したばっかだと敏感だから……あうっ!』

『ふふっ。可愛いねはまづら。お口で綺麗にしてあげるね……』

ゴソゴソ… モゾモゾ… 


麦野「えっ……ちょっ、布団潜って何するつもりよ……」

麦野「や、やだ……やめてよ……!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:13:18.14 ID:CUHFgDFS0

ジュッポジュッポジュッポ…

『うぅ……滝壺それは……』

『きもひいい? ふぁまふらぁ……』


麦野「こ……こいつら……! 最近やけに一緒に帰ってる日が多いなと思ったら……こんなことしてやがったのか!」


ジュッポジュッポジュッポジュッポ…!

『だ、駄目だ滝壺……で、出るっ……うっ!』

『んぅっ! …………コクコクッ』


麦野「の、呑んでるの……? 滝壺がこんなエロいこと……浜面も気持ちよさそう……いいなあ」 ゴクリッ




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:19:06.73 ID:CUHFgDFS0

麦野「……って何考えてんのよ! よくねぇだろ!
    わ、私は……そんなの別に……あいつの×××なんて……」

麦野「そ、それより! 何なのこのサイト! ん? URLに何か見覚えある単語が……under…line……アンダーライン!
    ま、まさかこれアレイスターが情報収集のために使ってるんじゃ……!」

麦野「……いやいや、仮にそれが本当だとしたらあのクソ野郎変態過ぎるだろ……。
    下手すりゃこの私の部屋まで覗かれてるんじゃ……。
     駄目駄目考えたら怖いから考えないようにしよう」


『はまづら出し過ぎだよ……お腹いっぱいになっちゃった』

『滝壺が上手すぎんだよ。どこで覚えたんだそんなの……』

『気になる?』

『そ、そりゃあ……な』


麦野「はっ! 童貞臭い発言しやがって。昔の男の話なんて聞いたって凹むのはテメェだろうが。
    …………こいつら付き合ってんのかなぁ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:25:15.63 ID:CUHFgDFS0

『ふふっ、心配しなくてもいいよ。むぎのに借りた雑誌に載ってたのを実践してみただけだから』

『雑誌って……麦野でもそんなの読むんだな』

『むぎのはまづらがいないところだとエッチなこと結構言うよ』


麦野「ちょっ!」


『マジかよ……キレたら叫ぶけど、普段からか……まあ想像通りっちゃ想像通りだけど……』

『でもおかげではまづらを気持ちよくしてあげられた」

『だ、だな。はははっ、麦野に感謝しなきゃなー』

『うん、むぎののおかげだね!』

アハハハハハハ…


麦野「…………クスンッ」

麦野「嬉しくねぇっつんだよぉっ!!!
    滝壺のクソビッチがぁあ! あの女そ知らぬ顔してしっかりテク磨きやがってぇええええええ!!!
    クソッ! クソッ! わ、私の方が浜面を上手く……! クソガァアアアア!!!!!!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 19:32:15.65 ID:CUHFgDFS0
麦野「はぁ……はぁ……! ちっ! まあいいわ。
    いいもん見つけたし、要はアンダーラインへのアクセス権限を私が所有出来たってことでしょ。
    あいつらの弱み握って別れさしてやんよぉっ!」

麦野「特にはーまづらぁっ!!。
    ちょっとでも部屋に女連れ込む気配見せやがったらすかさず滝壺に報告だ!
    ふ、ふふふ……いいじゃない。いいじゃないこれ。
    私の悪口とか言おうもんなら全力で磨り潰してやるんだからね」


『滝壺、腹減ったな。何か食いに行こうぜ。疲れただろ?』

『うん……今日は外で済ませちゃおうか。ラーメン食べたいな』

『よし、じゃあ着替えて出発だ。はいブラジャー』

『もう……はまづらのエッチ……』

『はははっ』

イチャイチャイチャイチャ…


麦野「…………」

麦野「今に見てなさいよ……!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:14:30.15 ID:CUHFgDFS0
――――


麦野「さてと、浜面と滝壺がラーメン食いに行ったし、食ってるとこ見てても仕方ないからもうちょっとコレ試してみるか」

麦野「URL削って……http://underline●jp/でトップに行けるといいんだけど……お、行けた」

麦野「カテゴリが分かれてるな……。学区別、人物別、組織別、学校別、能力別……ふむふむ。
    とりあえず人物別っと」カチッ

麦野「いっぱい出てきた……うーん……『御坂美琴』でいっか」 カチッ

麦野「何々? 部屋、人物を選べ……とりあえず部屋で」 カチッ

麦野「お、映ったわね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:20:22.50 ID:CUHFgDFS0

シャワァァァアア…

『~♪ ~♪』


麦野「あれ、誰もいない……。シャワーの音聞こえてるからお風呂か。
    ってことはこっちの人物ってのをクリックすればあいつが映るのかな」


『お姉様~。ただいまですのー』 ガチャッ


麦野「っと、誰か入ってきた。ルームメイト?」


『あらあらお姉様ったら。ベッドにお洋服を脱ぎ散らかしてお風呂だなんて。
 まったくもう、仕方の無いお人なんですから』 ヨイショッ


麦野「常盤台の学生寮。いいとこ住んでんな。言葉づかいまでお嬢様って感じだし」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:24:55.09 ID:CUHFgDFS0
『……お姉様~』 ボソッ


麦野「なんだ? 呼ぶならもっと声張れよ」


『やれやれ。お姉様の下着がこんなところに』


麦野「案外ずぼらなんだね」


『…………これはわたくしへのプレゼントですわねっ!!』


麦野「ん? えっ……!?」


『ハァ…ハァ……お姉様の大事なところがここにっ……すぅ~はぁ~……嗚呼、なんて芳しい香りですの!!
 むほー! ちょ、ちょっと味見を……ペロペロ』


麦野「……おい」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:31:14.06 ID:sT1/qrbW0
まるで麦のんが常識人みたいじゃないか!




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:31:29.53 ID:CUHFgDFS0
『ああ……も、もう駄目ですの……汗とお姉様の匂いがいっぱい!?
 嗚呼――! 嗚呼ぁああっ! んほぉおおおおおお!』 ガクガク


麦野「えー……」 


『黒子ー? 帰ってんのー?』

『ハッ……は、はいお姉様! 風紀委員の活動で少々遅くなってしまいましたの。

『そっかー、もっと遅くなると思ってたから着替え出しっぱなしだったわ。
 汚くてごめんねー! すぐ上がるからー!』

『いえいえ。堪能……ゴホンッ、わたくしが畳んでおきますわよ』

『え、いいわよそんなのー。それにあんた私の着替えで変なことしそうだし』

『んまっ! それは心外ですわお姉様! わたくしのお姉様への気持ちはもっと純粋で高潔なものですのに!
 お姉様の衣服にいかがわしいことをしようだなんて一度たりとも思ったことがありませんわ!』


麦野「おー……ひでぇ悪党がいたもんだね。おもっくそ×××の部分舐めてやがったくせに……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:36:13.39 ID:DG04e9ga0
むぎのんですらまさかのドン引きですよ




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:38:10.76 ID:CUHFgDFS0
麦野「まあいいか。第三位の方はっと」 カチッ


『ほんとかしら。まぁいいけどー。触らなくていいからね、でもお言葉に甘えてもうちょっとゆっくり入らせてもらうわよー』

『どうぞおかまいなくですのー。わたくし遊んd……勉強しておりますので』


麦野「くくっ、やっぱ中学生ねぇ、ガキっぽい体。
    お風呂にカエルのおもちゃなんて浮かべちゃってさ」


チャプッ…

『やっぱお風呂はいいわねー……ふぅ……』 


麦野「ごく普通にお風呂……特に面白そうなことは無さそうだな……他の奴を……ん?」


『ん……ぁ……』


麦野「おいおいまさかこいつ……」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:43:21.73 ID:pa/blqzQP
さあ盛り上がってまいりました




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:44:13.65 ID:CUHFgDFS0

『はぁ……ぁん……とうまぁ……』 チャプッ


麦野「ギャハハハハハハッ! オナニー始めやがった!!
    何いっちょ前に胸揉んでんだよ! 揉むほどねぇじゃねえかっ!!」


『んっ……んぅ……』


麦野「ふぅん、なるほどなるほど。『とうま』ってのがこいつの好きな男か。こりゃまた何かに使えるかもな。
    にしても常盤台のお嬢様でもオナニーなんてすんだねぇ」


『……ぁっ……ぁあ……』


麦野「ちっ、つまんないわね。さっきの変態ツインは何してんのかしら」 カチッ


『んほぉおおおおおおおお!! お姉様! お姉様が黒子のお口に広がってますのぉおお!!!」 ペロペロペロ!


麦野「うん、駄目だ。第三位が可愛く見えてきた」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:49:10.47 ID:CUHFgDFS0
麦野「第三位見てちょっと落ち着こう」


『……よいしょ』 キュッ

シャワァアアアア…


麦野「二人部屋だとオナニーすんのも一苦労ね。わざわざシャワーでカムフラージュか」


『んぅ……とうまぁ……駄目だよぉ……』 ハァハァ

『いいじゃねぇか御坂。本当は俺にこうしてほしかったんだろ?』

『ぁんっ……駄目……黒子に聞こえちゃう……』

『こんなに濡らしてるくせに何言ってんだ。……指いれるぞ』

『あっ……ぁあ……気持ちいい……』 ピクピクッ


麦野「…………こいつ一人で何やってんだ? こっちも十分変態の素養あるよ」

麦野「他人の性癖って見てると面白いわねぇ」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:58:47.73 ID:CUHFgDFS0

シャワァアア…

『んっ……もうだめっ! とうまぁ……いっちゃうよぉ……』 ピクンピクンッ

『い……いっちまえよ……き、ぁんっ……きもちいいんだろっ……はぁん!』

『ぁ……ぁあっ……!』 ガクガクッ


麦野「どいつもこいつも盛りやがって……あっちの変態ツインにお姉様の××汁たっぷりの湯船にどうぞって勧めてやりたい気分だな」


『ふぅ……っくしゅんっ! ………あがろ』 ジャバッ


麦野「他人のオナニー後なんて初めて見たよ当たり前だけど。んで変態の方はっと……』


『お姉様のお股の香りらめぇえええ……ハッ!」


麦野「慌てて机に座った……なるほど空間移動系か。爛れてんねぇ常盤台も」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:07:46.81 ID:CUHFgDFS0
麦野「まあこいつらの愉快なとこは見れたしこんなもんにしとくか。
    んじゃ次は…………『一方通行』っと」 カチャカチャ

麦野「こいつがオナニーとかしてやがったクソ笑えるんだけどなぁ。
    動画保存してYou tubeにアップしてやろうかね。人物人物っと」 カチッ


『…………』 ゴシゴシ


麦野「天下無敵の第一位が風呂掃除してやがる……」


『おーい、一方通行。風呂洗えたじゃん?』


麦野「何だこの女。スタイルいいね。……まさか第一位の女? 無いか、噂じゃロリコンって話だし」


『今やってンだろォがクソったれがァっ! わざわざ電話かけてきやがったと思ったら俺に風呂掃除させるためとはどォいう了見か
 説明してくれンだろォなァっ!』

『警備員(アンチスキル)の仕事で遅くなるからじゃん』

『芳川はどうした芳川はぁっ! しかもオマエ普通に帰ってきてンじゃねェか!!』

『とか言ってー、しっかり美味そうな晩御飯まで用意してくれてんじゃん。桔梗たちももうすぐ帰ってくるから、一緒にご飯にしよう』




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:15:10.63 ID:CUHFgDFS0
麦野「何だこのホームドラマ。つまんねぇの」


『あァそォですかァ。つゥかよォ、オマエあのクソガキにこのシャンプー使わせてンじゃねェだろォなァっ!』

『そうじゃん。何か問題あるの?』

『あのガキの肌にこの大人用シャンプーは駄目だっつってンのが分かンねェのか!
 俺が買い溜めしといた弱酸性の肌に優しいやつがあンだろォが!!』

『気にし過ぎじゃん。私なんか子供の時はレモン石鹸で髪洗ってたじゃん』

『オマエの話なんてしてねェンだよ! こっちのボトルに打ち止めって名前書いとくから今日からこれ使わせろよ黄泉川ァっ!』

『はいはい。オマエは打ち止めに甘過ぎじゃん。っていうか過保護じゃん』

『うるっせェ! ブチ殺すぞ! そンなンじゃねェよ!!』

『じゃあリビングいるから、終わったら来るじゃんよ』

『ちっ、とっとと失せろ』


麦野「……ぷっ、なかなか微笑ましいわね。
    一人暮らししてるとこういうやりとりは無いからムカつくけど。
    …………ん?」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:22:14.20 ID:CUHFgDFS0
麦野「携帯取り出して何やってんだろう。ズームは出来ないのか?」


『ちっ……いつになったら画像張りやがンだよこの能無しどもはよォ……』

『どいつもこいつも……クソったれが、誰得だと? 俺得に決まってんだろォが……!』


麦野「何の話してんだろこいつ……っていうか何かデジャブ」


『クソ女共のエロ画像なんかいらねェンだよ。三下の割れた腹筋とか強靭な二の腕とかよォ、そォいうのを俺は求めてンだクソが』


麦野「あれー? 何か面白そうな匂いがプンプンするねー! 第一位の口からエロ画像とか出ちゃったよー?」


『ちっ、エロ画像ってのは言い過ぎだったか? 三下の画像にしときゃァよかったぜ』


麦野「三下ってのは誰だ? ……検索したら出ないかな」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:28:02.95 ID:CUHFgDFS0
麦野「三下……っと、お、『もしかして 上条当麻  ではありませんか?』 。出るんかい……」


『ただいまー! ってミサカはミサカは玄関まで漂ってくる良い匂いに心を躍らせてみたり!』

『おー、おかえりじゃん。おーい一方通行! ご飯の時間じゃん!』

『あら、あの子も来てるのね』

『えー! 本当!? ってミサカはミサカはまさかのサプライズに飛び上がってみる!』

『ちっ……』


麦野「っと、こっちはここまでか。ふぅん、第三位と第一位はこの上条当麻ってのにご執心かぁ。
    これも覚えとこっと」

麦野「何これ楽しっ……! 学園都市中の人間の情報が私のとこに集まってくるわけでしょ!?
    こりゃあ止めらんないわ!」 ゾクゾクッ




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:35:17.17 ID:CUHFgDFS0
――――

麦野「さぁて、そろそろ浜面は帰ってきたかにゃーんと」


『…………』


麦野「お、いるねいるねー。さすがに泊まりはしないのか。よしよし。
    テレビ見てるだけだからつまんないわね」


『…………』


麦野「動きも無いし。あ、そだ」

trrrrrrrrrr…

『もしもし?』

麦野「あ、浜面ー? 今何してんのー?」

『今か? テレビ見てるよ。どうしたんだ麦野、仕事か?』

麦野「ほんとにー? 滝壺とエッチでもしてんじゃないのー?」

『ブッ!! な、何言ってんだよ! す、するわけないだろ!』





86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:40:39.95 ID:CUHFgDFS0
麦野「ふぅん……じゃあさ、私とするぅ?」

『なっ……』

麦野「私ねー、今すっごい切ない気分なんだ……浜面に抱いて欲しいにゃー……」

『ゴクリッ……だ、駄目だ、女の子だろ。そんな簡単に……』

麦野「もう下着びちょびちょになっちゃった……ねぇ浜面……はやくぅ……浜面が欲しいよぉ……イクッ、いっちゃう!」

『な、なっ…………ほ、本気で言ってんのか?』

麦野「ううん、嘘」

『おい!!』

麦野「ギャハハハハハハッ! ばーか! 暇だったからアンタからかっただけよ。
    あ、今の声でオナニーすんのは勝手だけどねー」

『しねえよ!』

麦野「どうかなーん。じゃねー、バイバーイ」 ピッ


『あっ!ちょっ! ……くそっ、何だったんだ?』


麦野「くくくっ……」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:41:42.56 ID:NYfrc98y0
絶倫だな




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:46:40.78 ID:CUHFgDFS0
麦野「さぁて、これでムラッと来たろ。浜面のオナニーシーンはまだかにゃー」


『…………』 ソワソワ


麦野「くくっ、そわそわしちゃってかーわいい。
    私をおかずにしちゃうの? 滝壺じゃなくて私を? くくくっ、いいねいいねー。
    さっさと私で抜いちまえよ……」


『…………』 ゴソゴソ


麦野「よしよし。あの猿め、狙い通りエロ本探してるわ。
    滝壺に二発も抜いてもらってまだ出るとはね、なかなかの絶倫だわ」


『…………ハァハァ』 モゾモゾ


麦野「へぇー、ああやってするんだー。…………へぇ……」 ムラッ


『…………ハァハァ』


麦野「わ、私もしよっかな……」    




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:50:59.92 ID:CUHFgDFS0
麦野「……んっ……」 クチュクチュッ


『……ハァハァ』


麦野「はーまづらぁ……ぁっ……んっ!」 クチュクチュッ


『……ハァハァ』


麦野「ぁあ…………はぁ……ん……ぁっ!」 グチュグチュッ

麦野(浜面のオナニーを見ながらオナニーする私……何これ……すっごい興奮する……) ハァハァ


『……うっ……で、出る……』


麦野「いいよっ、イって! 私のこと考えながらイってよ浜面ぁっ!」


『た、滝壺っ……!』 シコシコドッピュンッ


麦野「!」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:52:23.57 ID:qmCpXjm50
oh....




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:52:45.64 ID:/XFYRexu0
あぁ……




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:56:40.58 ID:CUHFgDFS0
『ふぅ……』 ゴソゴソ…フキフキ


麦野「…………くそっ、最悪だ」


『ふぁ~あ、ねむ』


麦野「……ちっ!」 ピッ!

trrrrrrrrrrrrr…

『もしもし、今度は何だよ麦野』

麦野「オナニー終わったかにゃー?」

『えっっ!? えっ!!!?』 キョロキョロ

麦野「滝壺で抜いてんじゃねぇぞ猿」

『な、何言ってんだよ麦野。悪い冗談だぞ、暇なのか?』

麦野「えー暇ねー。生憎とだーれも相手してくれないもんでさー。ご無沙汰なんだよねー」

『な、何が?』

麦野「セックス」

『そ、そうなのか……』




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 21:59:57.09 ID:CUHFgDFS0
麦野「ちょっとアンタの×××貸してよ。何か突っ込みたい気分だからさ」

『はっ!?』

麦野「冗談だよクソが……。お前明日殺すから」

『な、何で!?』

麦野「私がくれてやったおかず返せ!」

『麦野に……? シャケ弁もらったことないような……』

麦野「…………もういい、じゃね」

『え? ちょっおま』


麦野「あームカつく。何か面白いもん見て気分転換したいな……クソッ」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:06:12.44 ID:CUHFgDFS0
麦野「あ、そだ。上条当麻ってのを見てみるか」 カチャカチャ


『おーい、インデックスー風呂上がったんならもう寝るぞー』

『嫌なんだよとうま! 今私はテレビを見てるんだから』

『そうですかー。まあ上条さんは明日も学校なので寝ますよーっと』

『あ、とうまとうま!』

『何だよインデックス』

『何かお茶請けになるようなものが食べたいかも!』

『お前なー、こんな時間に食ったら太るぞ?』

『大丈夫なんだよ! 私は日々敬虔な十字教徒として祈りを捧げているから、
 エネルギーの消費が多いんだもん!』

『へーへー、でも残念ながらおやつなんてもん家にはありません。
 腹が減ったなら寝るのが一番だぞ』

『うう……ひもじいかも……』




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:12:32.56 ID:CUHFgDFS0
麦野「何だこのちっこいの。にしても女と同棲中とはねぇ、第三位も可哀想に、くくっ……」

麦野「って私全然人の事笑えねぇじゃん……。
    滝壺からいつか寝取ってやる……そしてあいつの目の前でフッてやるのよ……」

麦野「あーだめだめ、暗くなったら敗けだろ。せっかくこんないいモンがあるんだから。
    それより続き続き」


『とうまとうまー……』

『今度は何だ? ちゃんと寝る前には歯磨きするんだぞ』

『分かってるよそんなこと! じゃなくて、そろそろお風呂場で眠るのは寒くない?』

『はあ? そりゃまあ寒いけど、布団あるし耐えられないってほどじゃないぞ』

『じゃ、じゃあその……私と一緒にベッドで眠るといいかも』

『んなっ、インデックスさん? それはちょっとまずいんじゃないでしょうか……?』

『ま、まずくなんてないもん! それはとうまがエッチなことばっかり考えてるからそう思うだけなんだよ!
 清らかな心で眠れば何も起きるはずなんて無いんだから!』


麦野「ここもか……まあ一緒に暮らしてんだもんな。
    こいつらヤッてるとこ保存して第三位に見せたら泣くかな?」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:21:31.32 ID:CUHFgDFS0
『か、上条さんは別にエッチなことなんて考えていませんのことよ!
 よ、よーし、そうまで言うなら一緒に寝てやる。いいのか? いいんだなー?』

『う、うん……こっちに来るといいかも……』

『一人用ベッドだと狭いな……あ、そっか風呂場の布団をここに敷けば……インデックスさん?』

『私はそんなことを言ってるんじゃないんだよ……とうま、一緒に寝よ?』

『うっ……あ、ああ……』


麦野「お、電気消えた。暗視機能まで着いてやがるとはね……にしても、何だこりゃ、三位も一位も割り込む隙間なんて無いわよ」


ゴソゴソ モゾモゾ

『狭くないか? インデックス』

『大丈夫だよ。温かいな、とうま……』

『インデックスさん……ちょっとくっつきすぎなんじゃないでしょうか……』

『とうま、もっとギュッてしてほしいんだよ……』


麦野「いいねいいねー。これは保存保存」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:27:46.37 ID:CUHFgDFS0
『こ、こうか……?』

『あっ……とうま、何か当たってるんだよ……』

『こ、これは違うぞ! やましい気持ちじゃなくてだな、えーっと……お、女の子と一緒に寝ていると思えば仕方の無いことなんだ!
 だ、だから噛み付きはー!』

『……とうまは私を女の子だと思ってくれてるんだね』

『え? あ、当たり前だろ。何言ってんだよ』

『……とうま、私もう寝てるんだよ……』

『え?』

『…………だから私、寝てる間にとうまに何をされても、きっと明日には忘れてしまっているんだよ』

『インデックス、それって……』

『ここまで誘った女の子に……恥をかかせないで欲しいかも……』

『インデックス……!』

『とうま……優しくしてね……』

ゴソゴソ…ハァハァ…モゾモゾモゾ…


麦野「……さぶっ、くっだらねぇ茶番だなおい。じんましん出てきた。でもよーし、これ携帯に変換して第三位に送るか」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:39:01.89 ID:CUHFgDFS0
麦野「あ、でも私あいつのアドレスなんか知ってる訳ないし……ん? 待てよ。よく考えたらこれアンダーラインだよな。
    ってことはそういうのも調べられるんじゃないか?」

アッ…トウマァ…ソコハ…

麦野「トップに戻って、せめて書庫(バンク)にでもアクセスできれば……お、これか?」

トウマァ…アンッ…

麦野「よしよし、アドレス手に入れるのなんて訳無いわね。御坂美琴のアドレス発見geko-geko.railgun@xxxxx.ne.jpね」

アッ…アッアッ! ス…スゴインダヨ…!

麦野「ふふふっ、泣けよ第三位。
    お前の好きな男が他の女の×××に突っ込んで犬みたいに腰振ってる姿を見てさ」 カチッ


『ふぁ~あー……そろそろ寝るー?』

『そうですわね、ではご一緒に』

『あんたはあっち! ったく毎晩同じことやらせないでよね!』

『あだっ……もう、スキンシップの一環ですのにー』

『どこがよ。あれ、メールだ』




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:40:21.43 ID:qmCpXjm50
鬼畜すぎるw




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:48:02.45 ID:CUHFgDFS0
『あらこんな時間にどなたですの? も、もしやあの上条さん等では!? おおお、お姉様! まずはわたくしが検閲を!』

『そ、そんな訳ないでしょ! そんな訳……』 

『期待を隠しきれてませんわよ。早くご覧になって下さいまし』


麦野「当たらずとも遠からずだよクソガキ。上条さんのセックス動画だ。それ見て泣きながらオナニーするんだね」

麦野(私が味わった苦しみを……お前も味わえよ……)


『何言ってんのよもうー……ん? buchikoroshi-kakutei@xxxxx.ne.jp……誰?』

『開かない方がいいんじゃありません? 何かのウィルスかも』

『あ、でも私こういうの解析できるし。ちょっと調べて見るわね。えーっと……』 バチバチッ

『どうですの?』

『大丈夫みたい。何か添付ファイル着いてる。見てみるわ』

『ショッキングな画像が出てこないといいですわね』

『まっさかー今時そんな…………え………』


麦野「……」 クスッ




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:49:26.45 ID:DAXuWO3P0
アドレスwww




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 22:53:40.86 ID:CUHFgDFS0
『な……何よこれ……』

トウマー…イッショニネヨ…?

インデックス…

『どうなさいまして? お姉さ』

『何なのよこれぇえええええ!!!!!!!!!』 

トウマ…ヤサシクシテネ…

インデックス…コウカ…?

『や……やだっ! 止めてよ……! 何やってんのよ! あんたその子とは何も無いって!
 やだ! いやああああああああああ!!!!!!!!!!』

『お、お姉様! 気をしっかり! 何を見て……こ、これは……!』

アンッ! アンッ! トウマァ! トウマノガハイッテルンダヨ!

パンパンパンパンッ

『あああああああ!!!! 嘘よ! 嘘嘘嘘!!』

『と、とにかくこれを閉じて! お姉様! これはタチの悪いイタズラですの! しっかりしてくださいまし!』




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:01:37.25 ID:CUHFgDFS0
麦野「はははははははっ…………傑作だわ第三位。くくくっ………」


『はぁ……はぁ……な、何だったのよこれ! 何の悪戯なの!?』

『もしかするとあの女王様からの嫌がらせなのでは……』

『心理掌握……! 確かに精神的にグサグサくるこのやり口……無いとは言えないけど……。
 最悪なもん見ちゃった……あんな……あんな……ぐすっ……』

『お姉様、わざわざ思い出すようなものではございませんの。
 さ、お水をお飲みになって。落ち着くまで黒子が傍にいて差し上げますから』

『ありがと……黒子……』
 

麦野「…………つまんない。何だこれ、何が面白いの? くそっ……」


『黒子……今日は一緒に寝てもいい?』

『もちろんですの。さ、今見たものは忘れて下さいまし。お姉様がショックを受けている顔を見て喜ぶ下賤の輩のすることですもの。
 気にしては負けですの』

『そうね……そうよね』


麦野「……はぁ」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:12:24.62 ID:CUHFgDFS0
麦野「……パートナーとの絆? はっ! 反吐が出るもん見せつけられたわ。
    気分悪い、せっかくだから第一位にも送ってやんよ。あいつは私と一緒で孤独とお友達のカワイソーな奴だし?
    慰めてくれる奴もいないから良い感じに壊れてくれそうだわ。
    アドレスは……last-order.for.your_eyes@xxxxx.ne.jpね。何だこのアドレス」


『ねえねえ、今日は泊まっていくんでしょ? ってミサカはミサカは期待を込めて尋ねてみる!』

『るっせェなァ。帰るのも面倒だからよォ、仕方ねェから今日はここで寝てやンよォ』

『素直じゃないじゃん』

『ね、本当は打ち止めのために時間を作ってくれているのに』

『あァ!? あンまり舐めた口聞ィてるとその歯全部叩き折るぞクソニートがァ!』

『あら、家事手伝いっていう立派な仕事をしてるわよ』

ピロリンピロリンッ!

『あ、メールだ! ってミサカはミサカは軽快な音声に驚いてみる!』

『ちっ、何だってンだ』 カチッ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:17:39.07 ID:CUHFgDFS0
『誰からー? ってミサカはミサカは浮気を疑う妻の気持ちを理解してみたり!』

『どれどれ? 私達にも見せるじゃん』

『もしかして彼女とか』

『えー! それは困る! ってミサカはミサカは湧き上がる嫉妬心を抑えきれずに困惑してみる!』

『うっとォしンだよ見えねェだろォが! ったく! あー……?』

『むぅー』

『まぁまぁ。お友達とのメールを見られたくない年頃なのよ』

『かわいいとこあるじゃん』

『…………ちょっと風呂入ってくらァ』

『えー! 一緒に入ろう! ってミサカはミサカは新妻の心構えで誘ってみたり!』

『今日は駄目だ。また今度な』

『はぁい……』


麦野「リアクションが薄いな……どういうことだ? もうちょっと追うか」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:18:07.71 ID:qmCpXjm50
君の瞳にラストオーダー?




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:23:30.96 ID:CUHFgDFS0

ガチャッバタンッ


麦野「来たね。……貧弱ねぇ……。女みたい。肌が無駄に綺麗なのがムカつくわ」


『…………』


麦野「こいつの風呂なんて見てもねぇ……」


『くひゃっ!』


麦野「あん?」


『ひゃァァっほォォォォォォォォォおおおおおおおうっっ!!!!!!!!!!!!!!』


麦野「」


『クククカカカカカカキキキキキキクククク!!!!
 きたっ! きたっ! きたァァァァァァァァァあああああああああ!!!!!!』


麦野「……な、なんなのよアンタは」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:24:04.30 ID:a2+unbN50
一方さンテンション高すぎたろwwww




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:25:15.67 ID:DAXuWO3P0
ワロタ何があったwww




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:26:36.52 ID:4xECZT3U0
ばっかスレタイみろよ




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:30:30.63 ID:CUHFgDFS0
『これだ! これだよ俺が待ってたのはよォ!
 三下の引き締まったケツの動画とは、どこのゴミクズが撮影したもんだか知らねェがグッジョブだ!
 女の方が邪魔だったがまァいい! 腰を打ち付けた時に飛び散る汗!
 力強く抱きしめる血管の浮いた腕! 躍動する脚! そして百戦錬磨を思わせる傷だらけの肉体!
 完ァ璧じゃねェか!』

『こりゃアレか? 昼間っからスレ立てた俺に対する誰かからのご褒美ってな奴かァ?
 誰だか知らねェが悪かねェ。名乗り出るなら報酬もくれてやりたいくらいだぜ』


麦野「こいつって……やっぱり……そうなの?」


『これだ! これさえありゃァ俺も――――』


麦野「ん?」


『――――三下みたいな男らしい肉体になれるじゃねェか!!』


麦野「は?」


『ククククッ! もうモヤシとは言わせねェぞクソったれ共。
 手本になる肉体さえありゃァあとは効率的な筋トレでどうにでもなる。
 ここはやっぱ俺の憧れるヒーローの体っきゃねェよなァ』




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:38:30.24 ID:CUHFgDFS0
麦野「ああなんだ……そういうことか。いや、それでもおかしいだろ」


『よォし、早速腕立てといきますかァ! 明日プロテインも買ってこなくっちゃなァ!』


麦野「好きにしろよ。っつかやっぱお前ちょっとおかしいわ」


『ふぅ、今日はこンくらいにしといてやンよ』


麦野「少なっ!! 一回もできてねぇじゃん! 滝壺でももうちょっと出来るわよ!!」


『銃撃つ度に肩外れそうになるのはもう勘弁だしよォ』 フゥ…


麦野「なっさけねぇなぁ……そう思えば浜面はやっぱたくましいよね」


『次は腹筋いくぜェ!』 フンッ

『よし、終わりだ』


麦野「だから少ないって……」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:43:21.11 ID:HjY3lTRj0
全裸でぷるぷるしながら筋トレする一方さん胸熱




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:47:20.74 ID:CUHFgDFS0

――――

翌日


麦野(昨日は遊び過ぎたな。あの後も第一位の人形抱いて寝てる木原とか、部屋で延々鏡見てる第二位とか見ちゃったし)

滝壺「あ、おはようむぎの」

麦野「んー、はよ。……滝壺、昨日はお楽しみだったみたいだね。浜面の精液美味しかった?」

滝壺「えっ……」

麦野「冗談よ。そんな顔するとマジっっぽいな」

滝壺「そ、そんな。むぎのの意地悪……」

絹旗「あ、おはようございます。どうしたんです滝壺さん青い顔して? 具合でも超悪いんですか?」

滝壺「だ、大丈夫だよ…」

麦野「浜面とセックスし過ぎて疲れてんだってさ」

滝壺「も、もう麦野っ」

麦野「冗談だよ」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:48:22.58 ID:a2+unbN50
>部屋で延々鏡見てる第二位

じわじわくるwwww




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:55:28.46 ID:CUHFgDFS0
浜面「悪い遅れた!」

絹旗「遅いですよ。超罰金にでもしますか」

滝壺「可哀想だよ」

麦野「だね、お金無いとラブホも行けないしね。っと、家でやればいっか」

滝壺「……むぎの、やけに引っ張るね? も、もしかして見て……」

麦野「何が? それよりフレンダは?」

フレンダ「ごっめーん! 遅れちゃった訳よ!」

麦野「遅いわよ。何してたの?」

フレンダ「えへへ、結局、ちょっと夜更かししちゃってさー」

麦野「何? 何かしてたの? ははーん、まさかアンタもオナニーとか」

浜面「……!?」

フレンダ「ははー、やだなぁ麦野ー。それは麦野の方じゃない」

麦野「あ?」


フレンダ「――――麦野、昨日はお楽しみだったみたいだね?」

―おしまい―





164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:56:31.13 ID:CUHFgDFS0
一旦終わり。
また二日後残ってたら書くかも。
ネタあれば誰か続きやってくれて構わない




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:56:41.39 ID:DAXuWO3P0
やっぱ見られてたのか




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:56:46.61 ID:JuOU2J910
フレ/ンダ




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:56:49.46 ID:5uM/+sPI0
この後にフレ/ンダになるのか……




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 23:58:41.63 ID:xN9JVj360
フ/レ/ン/タ/゛
このぐらいには細かくなる




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:19:46.14 ID:Tq6eKTUO0
――――

麦野(思わず適当に誤魔化して帰ってきちゃったけど、フレンダの言ってたのはどういう意味だ?)

麦野(あいつがアンダーラインに接続してる?)

麦野(いやそれは考えにくい。私だってそもそも偶然繋がったみたいなもんだし、現に見れないって書きこんでる奴もいた。
    信憑性には疑問もあるけど、アレイスターの使う秘密回線にフレンダみたいな一応一般人が介入できるとは考えにくいわ)

麦野(ってことはどういうこと? ……あいつのカマかけ? いや、もしかすると別の方法で私を監視している……?)

麦野(…………現に今もこの部屋を……) ゾクッ

麦野(……焦るな、もし私を見ているとすれば妙な動きを見せたら弱みを握られる可能性もある)

麦野(普段のこともあるし、どんな仕返しをされるか分かったもんじゃないわ)

麦野(フレンダを黙らせないと。アンダーラインを使用している線は薄いと考えて、室内に監視カメラが無いかどうかを
    確認しなくちゃ)

麦野(でもどうする……?)

麦野(さっきのフレンダの言葉をよく思い出せ……)




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:21:21.47 ID:MHw+G2BQ0
ふぉおおおおお




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:21:28.57 ID:WGA2u3gK0
本物?




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:26:59.05 ID:Tq6eKTUO0
本物です

――――

麦野「お楽しみって……何言ってんのアンタ」

フレンダ「んー? ふふーん、結局、言っちゃっていいのー?」

絹旗「何の話ですか?」

浜面「何かしてたのか麦野?」

麦野「な、何でも無いわよ。フレンダちょっと来なさい」 ガッ

スタスタスタ

フレンダ「ありゃ、麦野どうしたの? 顔色悪い訳よ。昨日オナニーし過ぎて疲れちゃった?」

麦野「な、何の話よ」

フレンダ「とぼけちゃってぇ! 麦野パソコンの前でもぞもぞやってた訳よ。
      あと、お風呂でも一回しちゃってたよね? 結局、お盛んなんだからー」

麦野「…………」

フレンダ「てへ☆ 麦野、何をおかずにしてたの? あ、もしかして浜面だったりしてー」

麦野「な、何言ってんのか分かんねぇな! 帰る! 次くっだらねえこと言いやがったらブチ殺すからね!!」




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:38:30.19 ID:Tq6eKTUO0
―――

麦野(……駄目だ、あの会話からじゃ大したことは掴めない。
    確実なのは、私が浜面でオナニーしてたことは知らないってこと。そして少なくとも部屋とお風呂の二か所にはカメラが仕掛けられている
    ということ)

麦野(虱潰しに探し出してフレンダをブチ殺すという手もあるけど、あいつが何かしらの策を講じている可能性を捨てきれない。 
    例えば私のオナニー動画の流出とか……そ、それは駄目! あんなもんが学園都市のネット上に流れたら私は終わる!
    …………どうする?)

麦野(待てよ。……ふ、ふふっ、私にはコレがあるじゃないの)

麦野(アンダーライン。これはもともとアレイスターが学園都市中の不測の事態に対応するための情報網よ。
    忘れてたけど他人の性癖覗き見るための変態アイテムじゃねえ。
    っつーことはよ、当然私の部屋に設置してある監視カメラを発見することだって出来るはず)

麦野(……顔に出すな、気付かれる前に勝負を決める)

麦野(……くくっ、ぬかったわねフレンダ。すぐに真っ二つにしてやるから覚悟しなさい)

麦野(アンダーラインに接続。……さてフレンダ、最後の晩餐を済ませておきなさいよ)




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:47:45.93 ID:Tq6eKTUO0
―――

麦野(検索結果、89機ですって……?
    な、何考えてんのよあいつ! トイレの便器の中にまで仕掛けてるなんて正気の沙汰じゃないわ)

麦野(さてどうする? あいつをブチ殺すのは簡単だけど、これは少しオシオキもしておきたいところね)

麦野(……同時にあいつのHDも物理的に消滅させないと)

麦野「……そうだ!」


―――
フレンダ宅

フレンダ「ふんふーん♪ 麦野出かけちゃったし、昨日の麦野オナニー動画でも編集してどっか買い取ってくれないか交渉してみる訳よ」

フレンダ「何たってレベル5の流出オナニー動画なんて学園都市中の男の子達に需要があるもんねー」

フレンダ「結局、普段から私をいじめてる仕返しって訳よ。街中の男共に性的な目で見られればいい訳よ」

フレンダ「ふ、ふふふふ……あははははははは! おっかしー!
      麦野のAVで稼いだお金で何買おっかなー! もっと高性能なカメラにしてもっともっと稼ぐ訳よー! あはははは!」

麦野「ハァイ、フレンダ、何か楽しそうだねぇー」




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:52:59.83 ID:Tq6eKTUO0
フレンダ「……え?」

麦野「ごっめーん、ドア壊して入ってきちゃったー。
    …………文句ねぇよな?」

フレンダ「……えっ、えっ!? 結局、な、何で麦野がここに!」

麦野「アンタを殺しに来たのよ」

フレンダ「……気づいたの?」

麦野「ええ。89個も仕掛けてくれちゃって。私の×××のアップなんて撮ってどうするつもりだったのかにゃー?」

フレンダ「そ、それは……」

麦野「AVがどうとか言ってたねー」

フレンダ「ふ、ふふーん! 結局、バレちゃ仕方ない訳よ! でも麦野、私に手を出したら終わりだよ。
      私の命が途絶えたら、各地に保存してあるバックアップから学園都市中にある学校のPCを経由して世界中に麦野の
      オナニー動画がばら撒かれちゃうんだから!」

麦野「私の事心配してくれてんの? ありがと。でも安心して、そのバックアップは既に物理的に破壊済みだから」

フレンダ「…………へ?」




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:57:16.73 ID:sflVzgM+0
フレンダが危ないwww




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:58:25.90 ID:Tq6eKTUO0
フレンダ「ど、どういうこと!?」

麦野「嘘だと思うなら確認してみろよ。……ほら早く」

フレンダ「う、嘘な訳よ! ……あ、あれ? あれ? 接続できない。何で……?」

麦野「学園都市最強のクラッカー、誰か分かる?」

フレンダ「……だ、誰な訳よ。……長点上機の情報工学研究者? それとも……」

麦野「ぶっぶー! 正解は……」


御坂「麦野さん、終わった?」 ガチャッ


フレンダ「……超電磁砲」

麦野「大正解。こいつにアンタのPCハッキングさせて、そこから学園都市中に分割されたバックアップを破壊させてもらったわ。
    そこにある一代を除いてね」

フレンダ「そ、そんな。どうして超電磁砲が麦野に協力を!」

麦野「まあ冥土の土産に教えてあげるわ」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:04:45.99 ID:Tq6eKTUO0
御坂「む、麦野さん……」

麦野「いいじゃない。ほら、こいつが報酬よ」

御坂「……うっ」

フレンダ「そのディスクは何な訳よ……?」

麦野「こいつの想い人の日常生活風景が収められた大容量ディスク。
    今日まで半年分、学園都市内部での出来事を余すことなく全て収めたお宝ムービーよ」

フレンダ「何それ……結局、どうしてそんなもの麦野が」

御坂「麦野さん、早くそれ……」 チラッ

麦野「はいよ。ご苦労さん」

フレンダ「麦野!」

麦野「ごちゃごちゃうるせぇなあ。
    …………いつまでお友達気分でいるんだフレンダ。テメェは今日から私の奴隷だよ」 

フレンダ「な……」

麦野「まあアンタのこととやかく言えないけどさ、私にもちょっとした情報網があってね。
    それこそ、学園都市全土の人間の情報を長期に渡って記録し続けることが可能な反則兵器がね」

フレンダ「む、麦野……わ、私をどうするつもりな訳よ……」




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:14:51.80 ID:Tq6eKTUO0
麦野「んー? ふふふ……」

フレンダ「ひと思いに殺してほしい訳よ」

麦野「フレンダ、ちょっとパソコン使うわよ」

フレンダ「……」

麦野「まあこの映像を見なさい」

フレンダ「……こ、これは……私?」

麦野「……くくっ。そうよ、三日前のね」

御坂「麦野さんこれ何の映像?」

麦野「まあ見てな」


『……ふぅ、今日も疲れた訳よ。麦野ってばまたオシオキだなんて言って……いたた、自分のストレス解消したいだけじゃん』

『これだからおばさんのヒステリーは……』

『フレンダちゃんの綺麗な脚に傷がついたらどうする訳よ』

『さーて、今日も日課のアレをする訳よ。PC起動起動』




328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:18:56.67 ID:Tq6eKTUO0
フレンダ「……ガタガタガタガタ」

御坂「も、もしかしてこの子の……オナ……とか」

麦野「うん、そうなんだけどね。その内容ってのがさー、クククッ」

フレンダ「や、止めて!!!」


『よいしょっと。服なんて邪魔な訳よ』


麦野「よく見てろよド変態。自分のはずかしー姿をさぁ」

御坂「まあこの時点で死にたくなるけど……」

麦野(昨日思いっきり見ちゃったことは言わないけどね)


『なははは、たっだいまー! 絹旗ぁ♪』


御坂「ん? 何でそんなブリッジで……」




330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:20:18.14 ID:Tq6eKTUO0


『絹旗!絹旗!!絹旗ぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!絹旗絹旗絹ぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!絹旗最愛たんのふわふわショートボブの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
原作19巻のモアイたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送されても登場しないけど3期では登場しそうで良かったねモアイたん!あぁあああああ!かわいい!モアイたん!かわいい!あっああぁああ!
超電磁砲5巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
モ  ア  イ  ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!アイテムぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?モアイちゃんが私を見てるの?
超電磁砲特装版拍子のモアイちゃんが私を見てる訳よ!モアイちゃんが私を見てる訳よ!挿絵のパンチラモアイちゃんが私を見てる訳よ!!
アニメ(予定)のモアイちゃんが私に話しかけてる訳よ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!私にはモアイちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのモアイちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ麦野様ぁあ!!は、浜面ー!!滝壺ぁああああああ!!!電話の女ァぁあああ!!
ううっうぅうう!!私の想いよ絹旗へ届け!!学園都市暗部の絹旗へ届け! 』


プシャァアアアアアアア…!


御坂「」

フレンダ「いやあぁああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!」




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:25:52.52 ID:g5x1V0u80
なんという変態www




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:27:11.89 ID:Tq6eKTUO0
御坂(モ、モニターに何か良くわからない液体が勢いよく……)

麦野「ギャハハハハハハハハハッ! オラァド変態のフレンダぁ! ねぇねぇどんな気持ち?
    毎晩家帰ってすぐにする日課のブリッジオナニー晒されてどんな気分? 
    あはははははははっ! 私もこれを見た時はビックリしたわよ。
    テメェが、絹旗萌えだったなんて初めて知ったからねぇ!
    他にもあるわよぉ? お風呂でケツ穴に指突っ込んで同じ様なこと叫んでるアンタの動画とかさぁ!」

フレンダ「やめてぇええええええええええ!!!!!!!!」

麦野「おら遠慮すんなってド変態! こいつを絹旗に見せたらどんな顔するかなぁ?
    あーきっと口利いてくれないねぇ。
    あいつキレたら私よりヤバイしさぁ。あんたぐっちゃぐっちゃのミンチになっちゃうんじゃないかなぁ?
    ああけどアンタみたいなクソ変態女ならそれでも嬉しかったりする訳?
    ギャハハハハハハハハッ! オラ何とか言えよブリッジ女ぁ!」

フレンダ「…………プルプルプルプル」

御坂「ま、まぁまぁ麦野さん……その辺で」

フレンダ「……て」

麦野「あン?何だってぇ?」

フレンダ「やめて! 絹旗に言うのだけはやめて欲しい訳よ! お願い! 何でもするから!」




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:34:30.50 ID:Tq6eKTUO0
麦野「そうかそうかぁ。何でもしてくれるんだねぇ?」

フレンダ「こ、殺すなら殺せばいい訳よ。でも結局、私が死んでも絹旗にそれを見せるのだけは……」

麦野「誰に交渉してんだあァ!?」

フレンダ「ひっ!」

麦野「分かってないねぇ。アンタがどうなるのももう私次第なのよ。
    ってことはさぁ、アンタは私に精いっぱい媚び売ってケツ振っといた方がいいってことなんだけど」

フレンダ「……何をすればいいの?」

麦野「おいおい、言葉使いがなってねぇなぁ。けどまあいいか。ほら、私とアンタって、お友達だし」

御坂(めっちゃ調子に乗ってるわね……っていうか早くこれ見たいなぁ……) ソワソワ

フレンダ「……ぐっ、な、何でもしますから、許して下さい……」

麦野「アンタ私をAVで売り飛ばすつもりだったみたいだけど」

フレンダ「ま、まさか私を……」

麦野「そうだね、アンタが今後私に反抗的な態度を摂ったら……くくっ、『路地裏の悪逆非道レ●プ! 金髪JK強勢中〇し24時間耐久戦~妊娠カクテイネ~』
    ってタイトルで売り出してあげよっかなー。そしてそれを絹旗にプレゼント」

フレンダ「お、鬼だ……鬼がいる訳よ……」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:35:56.68 ID:cHDND5vtO
4万までなら出す




348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:37:01.46 ID:dtss08/l0
フレンダそのものを買い取るわ、むぎのん頼む売ってくれ




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:37:18.68 ID:LhOqxME60
いかんタイトルワロタwwwwwwwwwwww




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:42:21.61 ID:Tq6eKTUO0
麦野「まあでも私もそこまで鬼じゃない。同じ女として、アンタがそんなつらい目に合うのは心が痛むわ」

御坂(嘘だ)

フレンダ(嘘な訳よ)

麦野「だから代わりに、アンタにはこれから浜面以下の下っ端として活動してもらうわ」

フレンダ「なっ! わ、私が浜面以下って! そ、それはあんまりな訳よ!」

麦野「あァ? 誰に口利いてんの? そういう態度が続くと私もスナッフムービーの監督デビューを考えなくちゃいけなくなるけど?
    『金髪JK真っ二つ! ~フ〇/ンダ カクテイネ~』ってタイトルどうよ」

フレンダ「わ、分かった訳よ……それで水に流してくれるなら」

麦野「分かればいいのよ。このパソコンは破壊させてもらうけど、後はいつも通りにしてくれればいいわ。
    私の便利屋として今後動いてくれればね」

フレンダ「……はい」

麦野「んじゃ早速仕事を頼むわね」

フレンダ「……分かった訳よ」




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:50:41.03 ID:Tq6eKTUO0
麦野「まあそんな顔しないの。その代わり、報酬としてアンタには絹旗の映像ディスクをあげるから」

フレンダ「え、ほんと?」

麦野「ええ、本当よ。上手く仕事を果たしてくれればね」

フレンダ「わ、わかった! 結局、がんばる訳よ!」

麦野「ええ、応援してるわよ。安心して、それで私たちの関係は元通りだわ。だって私達、仲間だもんね」 ニコッ

フレンダ「あ、ありがとう。麦野」

御坂(酷いアメとムチを見たわ……)

麦野「おい、帰るわよ」

御坂「あ、う、うん。それよりこれどうやって……」

麦野「教えてやってもいいけど……」

御坂「や、やっぱいい」

麦野「そうね、世の中には知らない方がいいこともいっぱいあるから」

御坂「これありがと……」

麦野「防水の小型PC買ってお風呂とかで楽しめば? いいオナニーライフを」

御坂(……ど、どうしてそれを……) ゾクッ




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:57:30.59 ID:Tq6eKTUO0
――――

麦野宅

麦野「さてと。これで御坂は押さえたし、フレンダもあまりハードなことを要求しなければ言う通りに動いてくれるはず」

麦野(くくくっ、順調だわ。アレイスターのクソ野郎。こんな面白いもんを一人で楽しんでるなんてずるいじゃない?
    ……悪いけど、このシステムは私が頂くわ)

麦野「ま、それはそれとして、今日も誰か見て遊ぼうっと」

麦野「あははっ、楽しくなってきちゃった。
    じゃあまずは誰にしよっかなー」

麦野「うーん…………『垣根帝督』……あのクソメルヘンは何してんのかしら」

麦野「昨日はずっと鏡見てたけど……あいつってやっぱナルシストなのかね」


『…………』


麦野「今日も姿見の前……こいつ何やってんだよ」


『俺ってかっこいいよなぁ』


麦野「ブフォッ!!!」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:02:11.91 ID:Qnwdfwsh0
           ミ\                      /彡
           ミ  \                   /  彡
            ミ  \               /  彡
             ミ   \            /   彡
              ミ   \         /   彡
               ミ    \      /   彡
                \    \   /   /
    ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡
     ミ____        \  |.  .| /        ____彡
           / ̄ ̄\|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|/ ̄ ̄\
          /   / ̄|               || ̄\.   \
        /   /   |〕   帝凍庫クン   .||   ´\   \
       /    │   ..|              ||    |     \
     /    /│    |___________j|    |\.     \
     彡   /  │  ./..|   -―- 、__,        |ト、  | ´\    ミ
      彡/   │ ../ |   '叨¨ヽ   `ー-、  || \ |    \ ミ
            │ / ..|〕   ` ー    /叨¨)  ..||   \|     
    r、       |/   !         ヽ,     || \  \      ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / |    `ヽ.___´,      j.| ミ \   ̄` ー‐'´ (_
  とニ二ゝソ____/ 彡..|       `ニ´      i|  ミ |\____(、,二つ
             |  彡...|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i| ミ |
             \彡 |               .|| ミ/
                       |〕 常識は通用しねぇ  ||
                  |             ..||
                  |___________j|

                 「俺ってかっこいいよなぁ」




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:03:33.42 ID:Gr/+b/f90
ていとくんが俺ってかっこいいとか言ってても違和感ないわwww




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:05:36.83 ID:Tq6eKTUO0
『クソメルヘンとか言われてるけどよー、実際学園都市でも屈指のイケメンだよなぁ』

『第一位なんかただの虚弱体質だし、ナンバーセブンは暑苦しい脳筋だしよ。
 こりゃモテても仕方ねぇよなー』

『そういやこの前も心理定規の奴俺と目が合ったら逸らしやがったし、あれ俺に惚れてんな』


麦野「ギャハハハハハハハッ……んだよこいつ! 筋金入りじゃねえか!
    あー面白っ! ずっと髪いじってるしうぜー」 


『っつか第四位も俺と目が合ったら舌打ちするし悪態つくし。
 ヤベェ、愛されてんな』


麦野「あ?」


『っかしいと思ったんだよなー。突然攻撃してきたりするし、あれはやっぱ愛情の裏返しってやつか。
 あいつ素直じゃなさそうだし、ははっ、ツンデレってやつか?
 まあ顔も悪くねえしあいつがそこまで言うなら付き合ってやってもいいけどよー』


麦野「おいこら何勝手なこと言ってる」




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:07:45.93 ID:jEBR98zH0
ていとくんwww




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:12:37.48 ID:Tq6eKTUO0
『けど参ったな。俺って尽くしてくれる女が好みなんだよな。
 あー、でも抱けば意外と素直になるか? 仕方ねぇ、今度抱いてやるか』


麦野「悪寒がしてきた……」


『今度見かけたら後ろから抱きしめて

 「俺の愛に常識は通用しねえ」

 って囁きゃ一発で落ちんだろ。股緩そうだし、セフレにしてやるか』


麦野「……ほー、誰の股が緩いってぇ?」


『ちっ、女のこと考えたらムラッときちまったぜ。オナニーでもしようか』


麦野「……キモいけど……こいつをブチ殺すにはちょうどいいか。
    さてさて、おかずに何を使うのかしら」


『今日はどんなポーズにするか……』


麦野「ん?」




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:14:03.68 ID:y6KcWBdw0
学園都市最強のナルシズムwwww




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:17:24.31 ID:Tq6eKTUO0
『やっぱこの角度かな。こいつが一番この俺をかっこよく魅せる』


麦野「……何、やってんだ?」


『ここで俺の息子の登場だ』 ポロンッ


麦野「ぷっ、ちっちゃ。あんな自信満々のくせに大したことねえじゃねえか。包茎だし」


『いくぜっ、今日もかっこいいぜ俺!』 シコシコシコシコシコ


麦野「」

麦野「え? ちょっ、待って? えっ?」


『はっ! 笑えるぜ! 俺の常識外れの×××が脈打ってやがる!』


麦野「おい! おい!! 何で鏡見てオナニーしてんのよぉおおおおおおおおお!!!!!!!!」


『そこを動くなよ。今ぶっかけてやるからなぁ!』 シコシコシコシコ


麦野「えー……」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:25:06.98 ID:Tq6eKTUO0
『いくぜぇええ! くらいやがれぇえええええ!』 ピュッピュッ ニチャッ


麦野「うげぇ……」


『はぁ……はぁ……はははっ、なかなかいいオナニーだった。セクシーだぜ。
 今日のは95点ってとこか。空気中にオナホールを作るのもいいが、やっぱ右手が最高だ。
 女の×××の次に良い。知らねえけど』 フキフキ


麦野「しかもこいつ童貞かよ……いや当たり前か」


『さぁて、常識外れのファンタジックオナニーも終わったことだし、街に繰り出して第四位の奴でも探すとするか』


麦野「……今日は外に出ないでおこう」


『まあ俺の便器になれるんだ、喜んで股開くよな。さ、行くか。はははははははははっ!』 スタスタスタ


麦野「…………」

麦野「……さてと、動画編集して御坂使って街中の巨大スクリーンにアップする作業に移るとしましょうか」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:26:39.04 ID:1mrjJS/u0
ていとくんまんまナルキッソスじゃねぇかwwww
ナルシストの鏡だなwww







その2へ




とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(6)
とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(6)
アスキー・メディアワークス発行/角川グループパブリッシング発売 2011-02-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 20:58: :edit
    編集おつです
    その2なのにその4wwwwとかいってすいませんでした><
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 21:05: :edit
    以下ゲッター毛根死滅
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 22:08: :edit
    スレタイで落ちてんだろ

    以下ゲッターはおにんにんが爆散して死亡
  4. 名前: 通常のナナシ #X.Av9vec: 2011/02/06(日) 22:08: :edit
    以下ゲッターは大魔法使いになる
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 22:40: :edit
    うおおおおおおおおお!!!!!!!!
    5キターーーーーーーーーーー
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 22:56: :edit
    006getだぜ!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 22:58: :edit
    仲間だもんげ
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 23:21: :edit
    ていとくんにげてーwww
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/06(日) 23:43: :edit
    麦野のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  10. 名前: 暇な名無し #-: 2011/02/07(月) 04:00: :edit
    ぎりぎり二ケタな俺
  11. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2011/02/07(月) 12:32: :edit
    どっちかっていうとむぎのんが主題
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/07(月) 17:50: :edit
    鏡見てオナ●ーでヤマジュン作品思い出した
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/02/09(水) 17:43: :edit
    どうでもいいけどスレタイェ
  14. 名前: ・ #zuELP3sE: 2011/06/13(月) 16:45: :edit
    「三下」で検索したらこのページが出て吹いた
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/09/05(月) 01:38: :edit
    「こんな垣根は嫌だ」という紙芝居があったら掲載確実なほど嫌なていとくんwww
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/09(月) 10:44: :edit
    14<<俺もww「三下」で出てきたww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。